私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2012 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


12月分  2月分

1月31日 かけずりまわる青春?2

カンムリカイツブリ   2013年1月29日  滋賀県

??なスズメ   2013年1月29日  滋賀県

 撮りっぱなしの日は、夕食を終えたらすぐに寝られるから楽でいいです。長期間走り回ると、その日の撮影分をパソコンに取り込み、カメラのバッテリーの充電をし・・・夜間の作業も、それなり大変ですから。今回は2泊でしたから、CFもバッタリーも予備のものに入れ替えて作業終わり。

 交通量の多い高速にあるSAで寝ると、エンジンかけっぱなしのトラックがたくさんいて、結構うるさい。第1目標の鳥さんがいる池の近くに道の駅があるが、そこもトラックがいて、しかもすぐ横に駐車したりするからとてもうるさい。これは以前経験した。

 寝るには、静かなSAがいい。伊勢道上りの安濃SAは、不思議なくらい夜間の駐車台数が少なく、とても静か。新名神に入ると、にわかにトラックだらけになる。そんな訳で、目的地まで少し距離があるが、28日は20時前に安濃SAで寝てしまった。

 29日朝、明るくなるのを待って、目的地の池でアカハジロを探し始めるが、いない。どう見てもいない。お食事に琵琶湖へ出かけてしまったのだろうか・・・仕方がないので一時休憩、池の近くにあるパーキングで琵琶湖を眺める。琵琶湖大橋以南で朝の琵琶湖を見るのは初めてでした。

 驚いたのはカンムリカイツブリがたくさんいること。見える範囲内でも40羽以上。湖上に転々と白い綿毛が浮いている感じでした。琵琶湖も、鳥がたくさんいる場所と、まるでいない場所がある。湖北は鳥が多いが、湖南も多い場所があると知りました。

 再び池へ戻り、探すが、ホシハジロしかいない。ホシハジロに混じっているはずだが・・・もう抜けてしまったかも分からず。10時まで池を見ていたが、らちが開かないので、しばし諦め。せっかく晴れて、青空になったのに・・・。

 せっかく琵琶湖まで来たので、オオワシとオオヒシクイでも見に行くかと、湖岸のさざなみ街道を北上。しかし、琵琶湖は広い、ちょっと北上のつもりが、片道70kmも走ることに。


コハクチョウ   2013年1月29日  滋賀県

 途中コハクチョウの群が湖上に。ここまで来てコハクを撮らなくてもと一瞬思いましたが、やはり広い湖の上を飛ぶコハクは安曇野で見る光景とは違う雰囲気。10分ほどコハクを見る。ここでも幼鳥を6羽も連れた子だくさん夫婦がいて、琵琶湖でも今シーズンは幼鳥が多いのだろうかと思う。
 
 湖南は晴れていたのに、中程の長浜付近から曇りに変わり、チラリと雪が、琵琶湖の天気は北と南では違う、それを体感。

 湖北の水鳥センターへ着く。ちょっとのぞこうかと入口へ行くと「閉館」の看板が。あれあれ、お休みか、暇人をしていると、曜日についてはとんと無頓着になるので、火曜日が休館日だなんて考えもしませんでした。

 仕方なく、並びにある道の駅の売店で鮒寿司の小さなパックを買う。鮒寿司でしょ、福井のへしこでしょ、伊豆諸島のくさやでしょ、信州のイナゴに蜂の子・・・皆さんは食べられますか?全部、わたしの好物です。下手物食いは、往々にして塩分摂り過ぎですが、毎日は食べませんから。

 ついでに、五目稲荷の3個パックを買って昼食。ここで昼食を取るときは、いつも五目稲荷、ずっと前から。人間はパターンが決まると、なかなか抜け出せないものなのか。

 それではと、オオヒシクイを見に湖岸へ。曇り空は晴れる気配なし。雪がぱらりと雨に。気温が上がっているのだろう。

 相変わらず、がぁ〜がぁ〜とオオヒシクイは賑やか。湖北で好きな風景は砂州の上にそびえている大木です。残念なことは、風景写真家のように脚立を持参しないと、背の高い枯れた葦が前ボケに入ってしまい、せっかくの写真が台無しになってしまうこと。下がその見本です。

 

オオヒシクイ   2013年1月29日  滋賀県

オオヒシクイ   2013年1月29日  滋賀県

 オオヒシクイを間近で見るには、10kmほど東にある西池へ行けばいいのですが。今日は、後の予定があるからパス。

 オオワシは相変わらず、枯れ木でお昼寝。天気が悪いのに、飛び姿を撮ろうと、道路に三脚を立てたカメラマンが数人、皆様ご苦労様なこと。

 車を動かし始めたら、スズメの群がワッとやって来た。中にややこしいというか、えッ?という個体が。上のスズメの画像で、一番上にいる子の首が・・・。どこで化粧したのかピンク色をしていた。それだけのことですが、話題がない場合のためにスナップ。オオワシを狙っていたおじさんが怪訝な顔をして、スズメを撮る私を見ていました。

 山本山のオオワシを見て、南進開始。再度アカハジロを探しに。私はしつこいですから。また70km走って池に着く。さて、今度いなかったら、帰るしかないかと思いながら見回すと、池の端で三脚を立てた方が一人。それだけでじゅうぶんです。アカハジロはいます。

 

アカハジロ ♂   2013年1月29日  滋賀県 守山市

 アカハジロの雄は、まだフィルムカメラの頃ですから、もう10年以上も前に安曇野の白鳥湖へも来ました。少なくとも2シーズンは見かけたと思います。それに、かなり近くまで来てくれたと記憶しています。

 今回のアカハジロ君は、遠くにいて、つまり池の中程にいて近くへは来てくれませんでした。それに午前中晴れていた空はしっかり曇りになっていて。撮影には悪い条件ばかり。しかし、それでも何とかしなければ。ともかく、第1目標をゲット。

 白い眼は写せますが、頭部の緑色が曇っているとハッキリ写らず黒くなってしまう。露出補正を何度もして、どれかは当たっているだろう、あとはフォトショップさんに手伝ってもらえば何とかなる・・・いろいろな考えが頭の中を走り回る。

 結果はアップの3枚程度には何とかなりましたが、曇り空なので、水の色がどうしても白かグレーになってしまい、残念。水は青い方がいい。
 ただ一瞬だけ、雲間から傾きかけた日が差し込んで来て、運良く羽ばたいた後ろ姿が撮れました。翼の白く太い帯が印象的でした。

 かくて、目標のふたつはクリヤー出来ましたから、今回のかけずりまわる青春?は、充実した2日間になりました。久しぶりに1000kmも走れましたし。
 


1月30日 かけずりまわる青春?1

夜明けのシノリガモ    2013年1月28日  愛知県

 かあちゃんが東京から来て、ババ様の面倒見を交代するから2日間遊んでいいと。ありがたや、ありがたやで、得意の夜討ち朝駆けで鳥見へ。2日間で回れる範囲はそう広くないから、目指す鳥を3羽にしぼり、27日の夜に走り出しました。

 第1にアカハジロ雄、第2にホイグリンカモメ、第3にコオリガモ。3番目はほぼ期待出来ないが、情報をもらったこともあるし、万が一があるかも知れないから。

 「かけずりまわる青春」は「ドクタースランプあられちゃん」の一話のタイトル。気に入っているので、時々拝借しています。まだ、まだ私は、どたばたと、かけずりまわっていますから。ただ青春には、やはり「?」がつきます。でも、自分では若いと信じています。

 2泊2日で、かけずりまわること1000km、車君が一番ご苦労様でした。


シノリガモ    2013年1月28日  愛知県

 第1目標から回る積もりでしたが、出がけにチェックした天気予報では、目的地は雪とのこと。テレビ画面で雪だるまがにっこり・・・。雪など恐れはしませんが、雪降りの屋外で望遠レンズを使うのは辛いので、お日様マークの付いている第3目標へ向かう。勝手知ったる場所なので、する〜と走り着き、毎度のごとく海辺で眠る。毎度のごとく、地震と津波が来たら、ここで終わりだろうと思いながら。

 朝いちの天気予報を見たら、晴れるはずだったのに、午前中は曇りで雪が舞うだって。なんと言うこと、逆回りを選択した意味がない。

 強い北西風が吹き続け、ときどき雪がわぁ〜と舞いましたが、コオリガモが現れないかと、夜明けから4時間ほど海を見ていました。コオリガモがいると情報をいただいてから、すでに20日以上経っているので、ほぼ絶望と思っていましたが。結果は、想像通りでした。

 待っている間、シノリガモ、ヒメウ、ハジロカイツブリがいましたので退屈はしませんでした。大波がわさわさとうねるので、波頭に鳥さんが乗った瞬間にシャッターを・・・タイミングが難しい撮影でした。


シノリガモ 左 雌 右 雄    2013年1月28日  愛知県

ヒメウ    2013年1月28日  愛知県

 シノリガモは面白い顔をしているといつも思う。特に雌は、神様が色決めをしている途中で放り出したのではと思ってしまう。シノリガモが種として生存しているということは、進化の法則からすると、この顔がなんらか役立っているのだろう。暇だといろいろ考えてしまう。

 ヒメウは10羽ほどいたが、逆光の上に、遠かったのでシルエットクイズみたいで、識別はできず。近くへ来た1羽だけは、首の色といい、虹彩の色といい、幼鳥だと識別出来た。

 ヒメウは警戒心のが強い鳥だから、隠れていないと近くへ来ない。それで、岩の陰に入っていたのだが、釣り人が来てしまい、隠れた意味がなくなってしまった。上のヒメウは、釣り人に気付き沖へ逃げているところ。


ハジロカイツブリ    2013年1月28日  愛知県

 久しぶりに、群で行動するハジロカイツブリを見ました。昔、カモメを見に銚子や波崎へ通っていた頃は、追い込み漁をしている集団を時々見かけましたが、信州で出会うハジロはたいてい1羽だけのことが多く、ちょと寂しく思っていました。

 何もこんなに波立つ海で魚捕りをしなくてもいいのにと思いますが、そこはやはり水鳥なんでしょう、実に上手く波乗りをして、一斉に潜っていました。

 ハジロの群を見ると、いつもミミカイツブリが紛れていないかと、双眼鏡を握りしめる。だが、未だハジロの群に混じったミミは見たことがない。某図鑑には混じることがあると書いてあるが。似たもの同士だから混群を作ってもいいのにと思うのは、人間の勝手な想像なんでしょう。


ハジロカイツブリ    2013年1月28日  愛知県

 やはり、久しぶりに、フェリーに乗りました。車ごとなので、いきなり6500円の出費。高いなぁ〜と思ったけれど、伊勢湾をぐるり回る高速料金やガソリン代を考えれば、そう差はない。何より時間短縮になる。東名の岡崎付近はいつでも渋滞しているし、国道23号も昼日中は混雑するし、駆け足鳥見は、いかに短時間で次のポイントへ移動するかが重要ですから。
 それに、フェリーだと居眠りしていられるから、体力温存には好都合。実際、50分の乗船時間中40分ほど眠りこけていました。

 ずっと昔、足の黄色いカモメが、当時鳥見をしていた相模川に現れ、あれはなんぞや?キアシセグロカモメか?大いに悩んだ思い出があります。
 時は流れ、セグロカモメとホイグリンカモメの交雑個体群でホイグリンカモメの亜種タイミルセグロカモメなんて分類がされ、当時の思い出も整理がつきました。

 昔、銚子や波崎ではタイミルは少なかったので、黄色い足のカモメを見つけると、とても得をした気分になりました。
 松本へ引っ込んで、カモメを伊勢湾で見るようになると、黄色い足はそこそこの数がいて、通い始めの頃は興奮しましたが、最近は、あれはタイミルね・・・くらいになってしまいました。ちょっと反省してますが。

 当地の鳥見人さんに、「これ(ホイグリンカモメ)を目的に撮りに来る人は皆無に近い」とブログに書かれてしまった、ちょっと可愛そうな?ホイグリン君です。


ホイグリンカモメ    2013年1月28日  三重県

 そもそも、鳥写真に熱中している多くの方々は、情報頼りの珍鳥追っかけ行動が主流なので、どちらかと言えば地味なホイグリン君は、追っかけられずに静かに暮らせるでしょう。
 これが、ワライカモメだ、ヒメカモメだ、チャガシラカモメだ、とでもなれば、大砲レンズがずらり50本、100本は並ぶでしょうが。

 かく言う私も、珍鳥を見るのは嫌いじゃないですから、今回の第1目標も、それなり珍鳥です。でも、第2目標にこの鳥を選択したのは、主流から外れた鳥見も好きだからです。ホイ目指して、フェリーで伊勢湾を渡り、走り着いたのですから。

 このカモメの存在とおおよその居所は前から知っていましたが、運の悪い人間は、3回も振られ続けて。なぜか、私が探すときはいない。探す時間帯も悪かったでしょうが。

 今回は潮の干満も調べ、当地の鳥見人さんのブログもしっかり見て、実は照合するために、ブログの写真をコピーして持参。

 見つけられるときは、あっさりしたもの。浜辺を見たら、1羽ぽつんと黄色い足がいて、おッ、これホイ君。コピーと比べて、間違いなし。そんな状況でした。

 翼を広げた瞬間が、初列風切が撮りたかったので、飛ぶか、伸びをする瞬間を待ちました。初列風切の黒い部分が、7枚か8枚目まであるという某ハンドブックの、その1行が撮りたくて。

 砂浜を、散歩のおばさんが歩いて来た。しめた、飛ぶ・・・普通はカモメたちは飛んで逃げるはずなのですが。おばさんは優しい人で歩行コースをカモメから離れる方向へ転じ、砂浜に座り込んでいるセグロカモメは動きもせず。ホイ君も1mほど海へ入ったものの飛ばず仕舞い。世の中上手く行きません。でもカモメを避けて歩いたおばさんに心の中で拍手。

 ホイグリンの幼鳥は銚子でプロミナをのぞかせてもらい、見た経験がありますが、成鳥冬羽個体とは初めての出会いです。リスト派風に言えば1亜種増えたことになります。ここで、28日は終わりました。第3目標は外しましたが、第2目標はゲット。いい1日でした。

 (張り切って3日分ほどの長文を書いてしまいました。最後までお付き合い下さりありがとうございました。・・・明日へ続きます)

 

ホイグリンカモメ 立っている個体 他はセグロカモメ   2013年1月28日  三重県


1月26日 寒いですね

ノスリ  2012年12月29日  長野県 安曇野市

 寒いですね。我が家の周りも明朝は零下10度以下にはなるでしょうか。夜になったら、まさにしんしんと冷え込んでいます。本当に今年1番の寒さのようです。

 今日は悪天候なので出かけませんでしたから、雑記帳は過去の画像です。最近は満足な写真が撮れず、少しへこんでいます。ただし、今日の3枚程度なら、狙えば何とかなりますが。

 朝から雑用をして、気付けば昼で。食事の用意で、片付けで。午後いちで婆さんを風呂に入れて、これがひと騒動。・・・主婦?はたいへんです。

 雑用の合間に、ちょこちょこと未整理画像をチェック。野鳥の写真集にまだアップしてない鳥の名前もチェック。HP全体も整理しなければと思っていますが、「空の写真集」や「リンク」のぺーなど何年も放りっぱなしだから・・・。さて、どうするか、労力がかかるから。

 ため息混じりに、あちこちチェックしていたら、あれあれ、もう夕食の支度をせねばと、まぁ、暇なのか忙しいのか、よく分かりません。

 1年以上放っておいた野鳥の写真集をちびちび手直ししたり、画像を加えるのが一番手軽に出来る作業と思えましたので、ちょこっと画像を加えてみました。しばらく、数枚ずつでも増やしていこうかと考えています。新しく加えた分は「最近のアップ」の欄に鳥名を並べます。お暇なときにでもご覧いただければ幸いです。

 ところで、明日から3、4日、パソコンから離れますので、雑記帳をお休みします。悪しからず。


マガモ ♂  2012年12月31日  長野県 安曇野市

カワウ  2012年12月31日  長野県 安曇野市


1月25日 凶か小吉か

タシギ  2013年1月25日  長野県 安曇野市

 頑張って、オシドリの画像を整理しました。ほぼ3日間の撮影分だけですが。取捨選択の末に残った画像の中から、26枚「野鳥の写真集・特設コーナー」の「オシドリ」にまとめましたので、お暇なときにご覧下さい。

 さて、今日もまた、全然写真にならなかったので、今日の午後は全体的には凶だった。でも、いくつかよいこともあったので、小吉にしてもいいか、そんな日でした。

 まずは小吉から。
 その1は、コチョウゲンボウに出会えたこと。雄だったし、前回とほぼ同じ場所で出会ったから、たぶん前回と同一個体だろうと思います。同一だという証明は出来ませんが、安曇野全域におそらく数羽も渡来していないコチョウゲンですから、同一個体としてもよいと考えます。

 と言うか、強引に同一個体としてしまおう。出会ったコチョウゲンの同一個体とは再び出会えないという、長く続いていたジンクスと、今日でさよならするために。

 凶は、タッチの差でコチョウゲンを撮り損ねたこと。私が彼を見つけるより、コチョウゲン君が私を見つける方が早かったので、タッチの差で飛ばれてしまいました。初めて電線に止まる姿以外の絵が撮れそうだったのに。逃がした魚(コチョウゲン)は大きかった。

 コチョウゲンがらみで、なぜ用水路へコチョウゲンが突入して行くのか、ついでにのぞきに行きました。ここまでするのは、大いに物好きの範囲です。内心、まだコチョウゲンがウロウロしているのではという打算もありましたが。

 用水路には、真冬ですが緑の雑草が茂り、タシギやアオジ、スズメがいました。コチョウゲンはそれらを狙って突入しているのだろうと想像しました。タシギの画像はそのとき撮影したものです。


タシギ  2013年1月25日  長野県 安曇野市

トビ  2013年1月25日  長野県 安曇野市
 
 トビ見に2時間ほど費やしました。ややこしいトビ、かなり黒っぽい個体をハッキリ見たい、出来たら撮りたかったので。しかし、凶でした。たくさんのトビを見ましたが、ややこし君は現れず。もしかすると、普通のトビを黒っぽいと見間違えたのかも・・・だんだん自信がなくなって、凶だ・・・。
 とりあえず、曇りで薄暗かったけれど普通のトビを何枚かは撮影しました。その中の2枚です。

 トビ見の間に、小吉その2が。
 23日に見かけた30羽ほどのマヒワ群と再び遭遇。群を見たのは夢幻でなかったと確認できましたが、出会いの時は双眼鏡しかなく。
 大急ぎで車へ戻り、600mmを手持ちでもいいからと、大砲を担いでマヒワのいた柳まで戻りましたが、目の前で、群はあっちの方へ飛び去りました。
 悔しいから、車で大回りして、あっちへ行きました。いました、40羽ほどです。車を止めて、レンズを窓から出して、さて。そこで、再び群はあっちの方へ賑やかに飛んでいきました。やはり凶だ。

 今日は、小吉の日としておこう。また明日、コチョウゲンとマヒワに出会える希望が残りましたから。そう、人生の縦糸は夢、横糸は希望。夢と希望で錦を織って、凶を覆ってしまえばいいのだから。

 

トビ  2013年1月25日  長野県 安曇野市


1月24日 キジは藪の中

キジ  ♀  2013年1月24日  長野県 安曇野市

 キジバトの次は「キジ」つながりでという積もりはまるでなかったが、今日はこの雌キジ以外シャッターを押さなかった。昨日見かけたマヒワを見つけようと目を皿にしてフィールドを回りましたが、ついに1羽も見つけられず。昨日見かけた群は幻だったのかとさえ思えて、結局、フィールド巡りをしただけで半日が終わりました。

 河岸段丘崖の下を通過中、うん??と見えたホオジロがいた。やけに顔の過眼線や頬の色が薄く、体全体が白っぽい個体だったので、もしかしてと、頭の中で図鑑をくくる。

 しかし、薄いとはいえ、どう考えても腹の色はホオジロだし、腰の色もホオジロだし、下嘴は鉛色だし・・・、やはりホオジロか、残念。一瞬シラガホオジロの雌ではと思ったのですが。

 そのとき、脇の藪の中に気配が感じられ・・・。ホオジロに視線を盗られ、気付きませんでしたが、それこそ足元にキジの雌がうずくまっていました。1.4倍になるレンズを付けていましたので、画角から溢れてしまうほどの近さ。キジは、特に雌のキジは藪の中が好きで、近くてもすっきり撮れず、ストレスの溜まる鳥さんです。

 危険を感じると、じっと動かなくなり、そのまま10分以上もじっとしているのがキジの習性。今日も5分ほど固まっていましたが、そろりそろりと歩き始めた。私から離れて行くと思ったら、何を考えたのか、逆に近づいて来ました。望遠レンズが珍しかったのか、それとも度胸試しだったのか、ほとんど最短距離まで来て、最後は一目散に走って逃げて行きました。
 今日は、それだけの写真です。

 昨日、今日とも、ちょっとややこしいトビを見ています。
 遙か遠くにいて、近寄れず、まだ撮影していません、体全体がやけに黒い個体です。このトビも、始めはトビではなく何か別の鳥かと思ってしまいましたが、飛ぶ姿を見るとやはりトビです。帰り道、運転をしながら、どうやって近寄ってやろうかと、明日チャンスがあったら、遠くても1枚押さえなくてはと考えました。またまた、ややこしもの好きの好奇心がわいて来ました。



1月23日 寂しい雑木林でも

キジバト  2013年1月23日  長野県 安曇野市

キジバト  2013年1月23日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♂  2013年1月23日  長野県 安曇野市

 特にキジバトに凝っているのではありません。大寒の雪に覆われてしまったうえに、最高気温が5度に満たない日々が続く雑木林で、鳥見をするほうがアホなのでして。冬枯れの雑木林は寂しいけれど、2時間もいれば、誰かが出て来ます。

 キジバト君がいてくれるだけで、なぜかほっとして。ともかく、フィールドと呼ぶからには、何があろうと定期的にチェックをしていなければと思い、今日も数少ない常連さんと顔合わせの午後。今日の画像は冬枯れの雑木林が舞台です。

 大寒なのに、昨日は雨が降りました。今日の夕方は雪がちらちら。ややこしい天候です。寒中なのだから降るのは雪だけでいいのに。

 さすがに雨の昨日は鳥見に出られず、未整理のままHDに眠っているたくさんの画像の整理に手を付ける。これが大変、終わりのない作業を延々とすることに。始めると一区切りが何処なのかも分からず。

 深夜までしこしこと作業して、整理が終わった鳥は、ノビタキだけ。その成果は「野鳥の写真集」の特設コーナー「ノビタキ」にありますから、お暇なときにでもご覧下さい。

 よくもまぁ、同じような写真ばかり撮っているよと思いつつ、されど大事な作品達です。次はオシドリなのですが・・・お目にかけられるのはいつのことやら。

 このジョウビタキ君は、12月始めから、もしかすると11月中旬から、ずっとこの林の中を回っている個体だと思います。途中で別個体と入れ替わっていないかと聞かれたら、確信を持って同一個体とは言えませんが。

 何度も出会っているのに、無愛想なやつで、10m以内へは決して近づいてくれません。車を止める位置を変えても、ちゃんと車から10m離れた場所を通って、林を周回します。いつか、君の姿を大写しで撮ってやろうと、鳥馬鹿は考えてますが、さてどうなるか。

 

ジョウビタキ ♂  2013年1月23日  長野県 安曇野市

 エナガとシジュウカラは混群で、多いときは総勢30羽ほどになりせわしく木々を渡っていきます。シジュウカラは雑木林の横の葦原で食べ物を探していることが度々で、そうすると混群は解消され、数羽ずつがぱらぱら林にいたり、葦原にいたりします。

 混群がやって来ると、ほとんど鳥の声のない雑木林に、シジュウカラとエナガの声が響き、寂しい雑木林がいっとき賑わいます。

 エナガはいつ見ても可愛いので、たくさん撮りたいのですが、込み入った枝の中をくるくると、せわしく動き回るので、厄介なやつです。


エナガ  2013年1月23日  長野県 安曇野市

シジュウカラ ♂  2013年1月23日  長野県 安曇野市

 ホオジロは、そもそもは雑木林の林縁で暮らしていて、何かあると林へ逃げ込みます。雑木林の鳥とは言い難いけれど、雑木林の仲間達とでもしましょう。

 周囲に邪魔者がない枝先に止まっているときは、飛び出す瞬間を撮ろうと構えます。しかし、想定した方向へはまず飛んでくれない。下の画像の雄君は、絶対右へ飛ぶと考えて構えていましたが、なんと真下へ降りました。今日もまた敗北。

 帰り道、彼方に30羽ほどのマヒワの群が見えた。大急ぎで走り着くと、群は更に彼方へ飛んで、犀川の対岸へ飛び去りました。鳥はひと飛びで川を越えられるけれど、人間は何百メートルも回らなければ橋がない。
 明日は、マヒワを探す楽しみが生まれました。


ホオジロ  2013年1月23日  長野県 安曇野市

ホオジロ ♂  2013年1月23日  長野県 安曇野市


1月21日 キジバトの食事

キジバト  2013年1月21日  長野県 安曇野市

キジバト  2013年1月21日  長野県 安曇野市

キジバト  2013年1月21日  長野県 安曇野市

 懐かしい方からメールを頂戴した。2005年3月19日、与那国で、目の前10mの所を飛び回るヤマザキヒタキの雄を並んで見た方から。退職なさったそうで、1か月間与那国へお出かけとのこと。ちょ〜、羨ましい。

 私も、自分の退職祝いにと21日間与那国に滞在し、鳥見三昧をした。毎日たくさんの鳥さんと出会えて、しかも、与那国でしか出会えない鳥さんとの出会いも多々あり、毎日忙しく、毎日天国でした。4月なのに、ちょっと夏ばてしましたが。

 いつの日にか、また与那国へ、絶対行こうと思っています。今夜は思い出が暴走して眠れそうにない。

 今日の鳥見は5段階評価で2。楽しかったのは、キジバト君が雪の下からヨウシュヤマゴボウの実を探し出して食べるのを見せてもらった、それだけ。キジバト君に、感謝。

 一番上の画像で、立っている枯草がヨウシュヤマゴボウ。ブドウの実のない房のように垂れているのが、ヨウシュヤマゴボウの実の付いていた房の名ごり。

 キジバト君、首を伸ばしたり、縮めたり、傾けたり、周囲を見回し落ちた実を探し出しては食べていた。

 例えば、シギは目で確認して食べるのではなく、くちばしを砂や泥へ差し込んで、舌先で食べ物と感じ取っているらしい。

 キジバトは、まず目で探し出し、口にくわえてから、食べられるか判断しているらしい。実をくわえてから何度か嘴の間で回していた。もしかすると、ヨウシュヤマゴボウの実はあまり美味ではないのかも。まだ広く雪に覆われ食べ物がじゅうぶん探し出せないので、我慢して食べているのかも。

 最後に白鳥湖へ回る。繁く通っていれば、ややこしいカモや珍カモとの出会いがあるやも・・・と、いつも思っているが、美味しい話は滅多に浮かんでいない。

 雲間から流れてくる夕陽を受けて飛び立つ白鳥を撮って、今日はお仕舞い。下の画像はトレミングなしです。


コハクチョウ  2013年1月21日  長野県 安曇野市


1月20日 メジロ

ニシオジロビタキ ♂  2013年1月19日  愛知県

ハエを捕らえて ニシオジロビタキ ♂  2013年1月19日  愛知県

メジロ  2013年1月19日  愛知県

 昨日の続きです。今日のニシオジロ君は参考画像なので、大いにトレミングしています。

 家に帰って、ニシオジロ君の載っている図鑑6冊を比べると、一番よかったのは「Collins」でした。ニシオジロビタキはヨーロッパ方面の鳥ですから、さすがヨーロッパの図鑑「Collins」の図は細部まできっちりしています。
 特に、尾羽を開いてホバリングをしている図は、まさに実物通り。さらに、下尾筒、脇腹や腹が白ではない薄い赤橙色をしている点も見た通りでした。

 頭頂部の色は、「Collins」では鉛色(lead-grey)と注が付いているものの、少し茶が混じった感じに描かれています。19日の個体は、グレーも感じましたが、どちらかと言えば茶系の色に見えました。これは、夏羽と冬羽の差なのでしょうか。この点だけが出会った個体と「Collins」とが違っていました。

 ニシオジロビタキの英名は、Red-Breasted Flycatcher です。メインの撮影場所から少し離れた場所で、Flycatcher の面目躍如。彼はハエを捕らえる様子を見せてくれました。さすがのキャッチングでした。
 いろいろ勉強させてもらい、ニシオジロ君に感謝です。

 愛知県は暖かい。笑い話しですが、12時に駐車場へ戻ると、私の車の下だけ水溜まりが出来ていて、まるでおしっこを漏らしたみたいに見えました。
 18日の夕方まで雪の中を走り回っていたので、車の下面に雪が付き、そのまま凍っていたらしい。暖かい駐車場で凍った雪が全部溶けて、車の下が水溜まりに・・・。
 松本と愛知では大気の肌触りが違いました。松本なら、さしずめ春を感じた日とでも書きたくなるような感触でした。

 暖かいので、鳥がたくさんいるようです。ニシオジロ君のいた場所の山茶花にメジロが何度も来て、例の逆さまに止まる芸などを見せてくれました。見慣れた地元の方には、どうということないメジロの行動でしょうが。
 
 しかし、松本で、真冬に見られるメジロは、昼に冷凍状態から融けて、ぐんにゃりとなった残り柿をつついている姿、ムクドリやヒヨドリに追われても、またこっそり戻ってくる・・・そんな姿ですから、赤い花に止まる姿はとても新鮮でした。もちろん、いっぱい撮影しました。

 これまで、山茶花にメジロの写真は撮ったことがありませんでしたから、ニシオジロ君が引っ込んで、だれもシャッターを押していないときに、私一人で秒間12コマのシャッター音を響かせました。
 遊んでくれたメジロ君にも感謝です。
 
 


1月19日 撮影会 ニシオジロビタキ 

ニシオジロビタキ ♂  2013年1月19日  愛知県

スポットライト

 モデル撮影会に行った。夜討ち朝駆け、高速道路をかっ飛ばすは得意とするところ。早朝4時30分に家を出て、7時頃に現場の公園に到着。
 着いてはみたものの、モデル撮影会の会場が分からず。周囲を見回していたら、なんとアボセット撮影時に、やはり早朝に出会ったお父さんとばったり出会う。あハハハ、気が合いますね・・・。

 土曜日なので黒山の人だかりになると十分予想出来た。出来るなら避けたかったが、高速料金が半額の方を選択。それに、天気予報が、現地は晴れ時々曇りだったので。

 ニシオジロ君は白と灰色を基調にした服を着ている鳥さんなので、快晴だったりすると、真っ白けに撮れてしまう。出来たら薄曇りが好都合なのだが。瞬間でも曇り空になったら、集中砲火で撮ろうと。

 ニシオジロ君の雄は2羽目、2007年に徳島で出会って以来。今度の個体は、徳島の個体よりしっかり大人の雄のようなので、朝駆けの気合いが入りました。

 モデル撮影会の会場は、早朝こそカメラマンが10人そこそこでしたが、9時を回る頃から、モデルをぐるり取り囲ん並ぶ高価な大砲レンズは30本以上。他に短めが20本ほど。一度三脚を据えたら、ちょっとだけ右に寄りたいけれどなんて出来ない相談。太陽の位置と、モデルの好みの止まり場所を考え合わせて三脚を立て、3時間がんばりました。

 皆さん3時間も撮ると、次の目的地へ移動するらしく、11時頃になると撮影席に隙が出たので、目星を付けた場所へ移動。ともかく、日差しが強すぎて、露出補正に神経を使いました。

 オジロビタキの名の由来は、尾の白さですが、完全に白いのではなく、12枚の尾羽の外側から左右4枚が白い。しかも、先端は黒い。尾羽をじゅうぶん開いた瞬間を撮りたかったが、実は、それが目的のひとつでしたが、上手く行きませんでした。一応撮れましたが、被写体ブレをしているので、恥ずかしいから使いません。

 オジロ君の雄を2羽しか見ていないので、何とも判断出来ませんが、いくつかの図鑑の図譜より、くちばしの色が黒くなかった。特に下嘴はほとんど橙色。

 徳島の個体もこんな色だった。徳島の個体は若かったので、嘴の色もじゅうぶん黒くなっていないのかと、当時思いました。しかし、今日の個体を見ると、この色がニシオジロ君の色なのだろうと・・・この素人判断が正解かどうかは分かりません。

 片道240kmを走り、5時間撮影して、240kmをとんぼ返り。なもので、じゅうぶんとは言えませんが、モデル撮影は出来ました。もう1度挑戦したいけれど、チャンスはあるかしら。まだまだ、気力・体力はじゅうぶんと確認出来た強行軍でした。


隠れ場所

イケメンポーズ


1月18日 雪の後 2

アオジ ♂  2013年1月18日  長野県 安曇野市

 今日は、始めから決心して、白鳥には一切近づかずの鳥見。白鳥の撮影を始めると、たちどころに2、3時間過ぎてしまい、鳥見時間がなくなってしまうから。

 寒いので、雪はほとんど溶けず、世界は雪に覆われたままなので普段は藪や茂みから出てこない鳥が、ひょっこりと出てくる。鳥撮影には美味しいけれど、雪を背景にした鳥は露出補正を頻繁に変えないと、真っ黒な鳥に化けてしまう。美味しい話には、注意が必要。

 次のミヤマホオジロは逆で、雪の上に出るものと予測して露出をプラス補正していたら、なんと、雪上へ降りず、木の幹へ取り付いてしまった。結果は、見事に露出オーバーに、あれあれ・・・。

 このミヤマホオジロは、シジュウカラと同じように木の幹や枝をつつき回っていた。ミヤマホオジロが木の幹や枯れ枝をつつく行動を始めて見たので、またひとつ賢くなった気持ち。

 11月16日に初めて見かけた迷子のミヤマホオジロ、その後見かけなかったが、しっかり雑木林で暮らしていたらしい。10数羽のエナガとシジュウカラ、2羽のアトリに混じって行動していた。こんな混群も出来るのだと、ちょっと驚く。


ミヤマホオジロ ♀  2013年1月18日  長野県 安曇野市

アトリ  2013年1月18日  長野県 安曇野市

 頭の黒くないアトリは、別の鳥のように見える。どちらかと言えば、黒くない方が可愛らしい。しかし、雪の上へふわりでなく、雪を蹴散らして、どたッというような感じで降りるから、可愛さ半減、と、まぁ、鳥馬鹿のかってな感想。


アトリ  2013年1月18日  長野県 安曇野市

タゲリ  2013年1月18日  長野県 安曇野市

 混群が去ってしまい、雑木林が静になったので、タシギ見物に回る。16日に、うかつにもタシギを「成鳥冬羽でいいと思う」と書いてしまった。しかし、落ち着いて考えると、成鳥冬羽と第1回冬羽個体は識別がとても難しくて、簡単には識別出来ない。そこで、識別の手がかりが見つけられるか、タシギをじっくり見ようと。

 タシギの前に、タゲリが遊んでくれました。「雪の後 2」に使うのだから、タゲリ君に雪の上を歩いて欲しかったが、希望は全く無視されました。代わりに、水中に顔を突っ込んで食料を探す様子を見せてくれ・・・。
 
 まさか、河原の砂地にはミミズはいないだろうと思っていたら、何やらゴミの塊をくわえ上げた。それは食べられないだろうに。

 真冬の浅い流れの砂地に昆虫やヒルなどがいるの分かりません。もっと早い流れの川底にはカゲロウなどの幼虫がいると知っていますが。

 夏だと、こんなゴミの塊にヒルや昆虫が隠れていますから、もしかすると真冬の今でも、見ていた限りでは空振りに見えましたが、顔を水中へ入れている間に、何かを捕獲できたのかもしれません。


タゲリ  2013年1月18日  長野県 安曇野市

タシギ  2013年1月18日  長野県 安曇野市

 タシギは見た範囲で4羽を同時に見ました。こんなにたくさんいたのかと、驚く。たまに1羽を見かけるので、越冬していると記録していましたが。

 上の1羽、すたすたと歩いて、迷わず雑草の陰に入りました。どうやら休憩モードに入るのかと見ていたら、草の中からもう1羽(手前の個体)が頭を出しました。この後、2羽はくちばしを背中へ入れて、並んでうつらうつらの休憩に入りました。

 4羽を見て、肩羽や背中の羽衣に少し違いが見えましたが、それだけで成鳥か第1回冬羽かの識別はできません。私の力量では識別は永遠に出来そうもないです。


タシギ  2013年1月18日  長野県 安曇野市

 タシギ見物に凝っていたら、流れの向こう側を何かが早足でやって来ました。双眼鏡で見るとなんとイノシシの子供。しかし、なんともみすぼらしいこと。イノシシと言うより鼻が長ければ子象に見えそう。

 よく見ると、可愛そうに、イノシシ君は皮膚病に罹っているらしく、背すじ以外ほとんど毛がなく、全身の皮膚がかさぶた状態。ところどころかさぶたが剥げたのか、赤く傷口が見えて。撮影しながら、やるせなくなる。

 この河原には、タヌキもキツネもいますから、タヌキに疥癬を移されたのか、歩き回っている間にタヌキの落としたダニを拾ってしまったのか。この状態では厳冬の寒さに耐えられないかも。

 イノシシ君果敢に流れを泳ぎ渡り、こちら岸へ着くと、雪の中に出来た車の轍の中を走り去りました。

 久しぶりにミヤマホオジロを見たり、タシギがじっくり見られたり、そこそこ楽しい鳥見の午後でしたが、ラストでやるせない姿を見てしまい、気落ちしてしまった鳥馬鹿の午後でした。

 


1月17日 デュエット

今夜は冷え込みそう  コハクチョウ
  2013年1月17日  長野県 安曇野市
 20日が大寒だから、冷え込んでも仕方がないと思う。厳しい寒さに晒されなければ、例えばリンゴだって美味しい実がつかないから。でも、吹きさらしの雪の中での撮影は、やはり体に応えます。

 そうそう、雪のおかげで久しぶりに運動をさせてもらった。日頃、いかにだらしない生活をしていたか、雪かきを何度かして、分かりました。体のあちこちが筋肉痛で。特に、体をひねるという動作はほとんどしないので、背筋と脇腹がこき〜んと固まって。やれやれです。

 「雪の後」の続きを行こうと、またスズメやジョウビタキなどを撮り始めたが、どうも上手く行かない。曇り空の下、雪質が出せない。昨日のように太陽が出ていると、影が生まれ、コントラストがつくので何とか雪の肌が撮れたが。勉強が足りないみたい。
 
 そこで、10日に訳が分からぬまま中断した、コハクチョウの写真の続きを撮ることに。白い白鳥を白く、好みの背景色と上手く合うように白く・・・得意の白鳥写真、いつまでもつまずいたままではいられません。

 左の縦画像以外は、デュエットでまとめました。ちょっとズルして、上手く行かない雪は写らないように、空を飛んでいるところだけでまとめました。なんとかノウハウをつかんだら、次に雪の上の白鳥を撮ろうと、段取りを考えて。

 まずは無難にグレー一色の雲を背景にして、どのくらい露出を補正すればよいか練習。徐々に背景に山肌を入れ、木を入れながら、ふむふむと。たしかに、7Dと旧型600mmレンズの組み合わせとは違いがありました。1Dx は私の乱暴な撮影には敏感過ぎるようだ。カメラやレンズの性能がよくなり過ぎたと言うことにしておこう。

 そうこうしていたら、雲が切れ、ちょっとだけ夕焼けの始まりモードの黄色い空が現れました。その夕焼けもどきの空でも練習。なんとか、昨年のレベルまで達しました。
 これで、太陽がしっかり出ている昼間の白鳥、夕暮れ色の中の白鳥、曇り空の下の白鳥と練習し、昨シーズンまでのレベルを思い出しました。残るは真っ赤な夕焼け空を背景の白鳥です。

 


1月16日 雪の後

雪の河原で  2013年1月16日  長野県 安曇野市

画像左側のかすかに見える足跡は、多分ハクセキレイの足跡です。

 大雪だったので、普段は石ころや枯れ草で雑然としている河原も当分は雪の下だろう。最高気温も5度を超えないから、早々に雪が融けてしまうこともないだろうし。

 気の毒なのは鳥たちで、1000羽を超えたコハクチョウ達、水田がすべて覆われてしまったので、落ち穂拾いもままならぬ状態。それでも何処かへ出かけている。もっと南の濃尾平野へでも行けばいいと思うが。

 ホオジロやヒバリなどは、道路の雪の溶けたわずかな黒い島や、用水路の雪の溶けた場所でたむろしている。わずかな食べ物をそこで見つけようと。冬場はほとんど見かけないヒバリが、こんなにたくさんいたのかと、雪が降るたびに感嘆する。

 水辺の鳥も面食らっている。普段隠れている水辺の枯れ草や、真冬なのに緑色を保っている雑草が、おしなべて雪で潰れてしまい、隠密行動が出来ない。カメラマンには美味しい話だが。

 以前雑記帳に登場したクイナ君とは別の個体です。私の回っているフィールドで、クイナは少なくとも4羽はいると思う。隠れ場所が雪の下になってしまったので、不本意ながら真昼の水辺を歩くクイナ君を見つけた。そこへ行けば、たぶん、今日は出てくるだろうと予想していたら、見事に的中。下の個体で、4羽のうち2羽の証拠写真を押さえられた。

 このクイナ君は、胸の色から、第1回冬羽の個体に間違いないだろう。前回もたぶん第1回冬羽個体だったから、次はなんとか成鳥冬羽個体に会いたいのだが。


クイナ  2013年1月16日  長野県 安曇野市

 タシギも普段はほとんど姿を見せず、草陰で隠密行動をとっている。オオタカやハヤブサ、チョウゲンボウなどがちょくちょく通るし、鉄砲打ちも来るし、何よりしつこい鳥馬鹿が鵜の目鷹の目で探すから、タシギ君は気軽にお散歩などしません。

 しかし、雪には勝てず、空腹にも勝てず。お食事に出てきたところを鳥馬鹿に見つかってしまった。普段はひと声鳴いて飛んで逃げるのだが、今日はシャッター音にもめげずに、ずっと歩き回っては食べていた。いつもこうだといいのだが、と鳥馬鹿は思う。
 この個体は成鳥冬羽でいいと思う。


タシギ  2013年1月16日  長野県 安曇野市

タシギ  2013年1月16日  長野県 安曇野市

タシギ  2013年1月16日  長野県 安曇野市

 ヒバリやベニマシコ、スズメ、ホオジロなど撮れましたが、たいした出来の画像ではないので、やがてゴミ箱へポイされる運命かも。今日の鳥見も最後は白鳥湖へ。白鳥の写真も撮らなければ、あっという間に3月になり、白鳥がいなくなってしまう。

 雪があると、いつもひと味違った絵が撮れるのではと思うけれど、そうそう思うようにはいかない。雪の中のコハクなら、例えば猪苗代湖の周りの方がずっといい絵が転がっているから、そちらへ行った方がいいのだが・・・いつかは、きっと行こう・・・それが夢。

 今日のコハク3枚目の画像、久しぶりに、好きな絵が撮れたと自己満足しています。雪の後は、普段と違った鳥見が出来、白鳥写真もいろいろ撮れるから、明日もがんばらなくちゃと、暇人は思う。
 そうそう、4日目のお月様が空にいましたが、その前を誰も通らず。カワウの隊列だっていいのにと思うが、カワウもカラスも通らず。明日は何処でお月様を見上げよう。


コハクチョウ  2013年1月16日  長野県 安曇野市

夕日のさす頃  コハクチョウ  2013年1月16日  長野県 安曇野市

夕日のさす頃  コハクチョウ  2013年1月16日  長野県 安曇野市

 そして、日が落ち、夕闇が迫ってきました。私もねぐらへ帰らなくっちゃ。


夕闇迫る頃  トビ   2013年1月16日  長野県 安曇野市


1月15日 大雪降る 2

コハクチョウ  2013年1月14日  長野県 安曇野市

 雪の中の白鳥は白鳥本来の色を見せてくれる。普段は真っ白と見ているが、実際にそう見えるが、雪の中にいる白鳥は、雪とは違う白さをしている。いつも撮影しながらそう思う。

 話が逸れるが、野辺山でノスリとケアシノスリを同時に見たときに、同じように白さの違いを感じた。ケアシノスリの色は雪のような白さだった。

 ともかく、白さにもいろいろな白さがあると、雪の日に思い出す。
 
 

 雪は降る降る、降る降る・・・で、14日の昼前には、多過ぎる降雪が池の表面でシャーベット状になってしまった。

 雪の中で泳ぎ回ったり、騒動を起こしたり、出来たら恋を語ったりなどの、いろいろな白鳥たちの仕草を撮りたかったが、シャーベット状の水面は泳ぎにくく、演じてくれる白鳥がほとんどいなくて、思う写真は撮れず。くわえて、水面も白くなってしまったので、降る雪が写らず。慣れない白い世界を撮るのは難しい。


 南岸低気圧って、2月か3月に通ると覚えていた。松本平の南部でも15cm以上の雪が積もる。14日のような写真は、たいてい2月中旬以降に撮っている。もう爆弾並の南岸低気圧が通ったと言うことは、春が早めに来るのだろうか。それなら、それもいいけれど。
 我が家の庭では積雪25cmでした。寒中なので、今回は当分融けそうもありません。久しぶりに軒に長い氷柱が出来ました。久しぶりにたくさんの「垂氷の融ける音」が賑やかでした。

 

 予報通り、17時過ぎると雲が切れ始め、ほんのり赤い空まで現れました。難いことに、2日目の月が雲間から現れ、やけに綺麗に輝いて。

 雪が来なかったら、濃紺の空が広がり、山の端がほんのり残る夕暮れ色にその輪郭を際立せ、2日目の月を背に白鳥が帰ってくる・・・そんな写真をねらうチャンスだったのに。

 ひとシーズンに3回しかないチャンスの1回目が消えそう。15日の夕方は多分曇るから、16日か17日にチャンスはあるだろうか。考え過ぎ?の写真を撮るために、お月様に願いを・・・。


二日目の月  2013年1月14日18時25分  長野県 松本市


1月14日 大雪降る

ホオジロ ♂  2013年1月14日  長野県 安曇野市

ホオジロ ♂  2013年1月14日  長野県 安曇野市

 気象庁が昨年導入したスパコンはなかなかすぐれもののようだ。大雪の情報、爆弾低気圧をぴたりと予測しましたから。しかも、松本平の雪の降り始めの時刻、止む時刻もほぼぴったりでした。どなたとは言いませんが、気象予報士の経験的予測の方がはずれました。スパコンをちょっと見直しました。

 雪降りとなれば、じっとしていられません。さりとて、家の玄関先や前の道路の雪かきもせねばならないし・・・。それでも、10時半には脱走。後はどうなろうと知るもんか。
 
 雪は見慣れた世界から別世界へ連れて行ってくれる。まれにしか見られない雪の中の鳥たちを見せてくれる。だから、じっとなどしていられないのだ。しかし、今日は降る雪の量がちょっと多すぎて、鳥さんがなかなか見つけられず。

 御宝田池は、雪の中の白鳥やカモたちが撮れるから、こんな時は救いの場所。あれこれ能書きを書くより、一見していただきましょう。白鳥の写真は明日に回して、雪の中の鳥たちを並べます。


シジュウカラ ♀  2013年1月14日  長野県 安曇野市

 オナガガモは大雪も関係なく飛び回っていました。雌が1羽に、雄がいっぱい。集団お見合いというより、雌が雄を選ぶための儀式。何もこんな雪の中で婿殿選びをしなくてもと思うが。恋の炎は雪降りぐらいでは消えないのでしょう。


オナガガモ  下から2番目が ♀  2013年1月14日  長野県 安曇野市

オナガガモ  先頭が ♀  2013年1月14日  長野県 安曇野市

雪降りに耐える オナガガモ  2013年1月14日  長野県 安曇野市

雪の中の オナガガモ  2013年1月14日  長野県 安曇野市

 多くの鳥が降る雪にじっと耐えているのに、オオバンだけははしゃいでいました。こんな雪降りの中でまで、追っかけっこというか争いごとはしなくてもいいのに。


 最後はスズメ。スズメは雪降りでも警戒心がゆるまないので、近くへ来るまで待つしかない。しかも、近くへ来てもじっとしていない鳥なのでピント合わせが難しい。

 雪がたくさん降っていると、オートでピントを合わせようとすると、鳥さんより、手前の雪にピントが合ってしまうから、ピント合わせはマニュアルになる。それで、動き回るスズメには手を焼きます。今日の画像のピント合わせは、全部マニュアルです。

 始めのホオジロのように、飛び立つ瞬間をねらっていたけれど、この2羽は杭の上に積もった雪の向こう側へぴょんと降りてしまった。
 飛び立つ画像は、雪降りの中よりやはり逆光の夕陽の方が好きです。次はそれをねらいましょう。


スズメ  2013年1月14日  長野県 安曇野市

スズメ  2013年1月14日  長野県 安曇野市


1月13日 やはり曇りは

チョウゲンボウ ♀  2013年1月13日  長野県 安曇野市
 今日ジンクスのひとつが崩れかけた。農道を車で走っていたら、前方の電線にコチョウゲンボウが。姿も、形も、大きさもパッと見コチョウゲンに間違いなし。
 
 曇り空が背景で、おまけに逆光だったので、はっきり分からなかったが、背中がグレーに見えた。一昨日のコチョウゲンとの再会ができるかも。

 大急ぎで車を止めて、まどから首を出して確認しようとしたら、後ろから来たおじさんが、軽トラを止めて、犬の散歩を始めてしまった。もちろんコチョウゲンは何処かへ飛んで行った。もう少しで、ジンクスを破ることができたかもしれないのに・・・。

 「曇りよし、晴れてなおよし」ですが、やはり背景は曇りより青空がいい。チョウゲンボウを撮りながらそう思いました。

 コチョウゲンは飛んでしまったが、それでも未練たらたら、周囲を双眼鏡で見回す。すると、彼方の電柱の上に何かがいる。コチョウゲンに姿は似ているが、ちょっと大き過ぎの感じ。

 それでも、もしかするともしかするからと思い、農道を遠回りして電柱へ近づく。やっぱりチョウゲンの方でした。コチョウゲンの雌と似ているので、もしやと、また未練たらしく双眼鏡を握り直すが、チョウゲンボウはチョウゲンボウ。

 曇りも、うっすらと影が出るくらいの薄曇りなら、日に当たっている側の色が飛んだりしないので歓迎だが、どんよりした曇りは色が出にくいので好きになれない。
 今日のチョウゲンボウの画像、モニターを見ながら露出を何段も補正した結果の1枚」です。デジタルはこれが出来るから好きなんだけれど。やはり、「曇りよし」は雲の厚さに寄りそう。



1月12日 なんだかアメリカ日

アメリカコハクチョウとコハクチョウの交雑個体
  2013年1月12日  長野県 安曇野市
 コチョウゲンボウを捜しに行ったが、いつものように影も形もなく。コチョウゲンとの出会いはいつも偶然で、すぐ見失い、その個体とは一度も再会出来ていない。多分今回もだめだろうと思いつつ、ジンクスは破らなければとも思い・・・。しかし、いぜんジンクスは生きていました。

 通常の鳥見に戻り、河原でベニマシコやクサシギ、オオハクチョウの幼鳥、トビのキャッチなどを見て、御宝田池へ。トビについては後半に書きます。

 にわかに御宝田池は有名になった。連休ともあって県外ナンバーも含め、駐車場がいっぱいになるほど。カメラマンに観光客に・・・ぞろぞろ。こんな日は遠くから、皆さんの撮影スタイルや、何処を狙っているか眺めている方が楽しい。さりとて、鳥見もしなければ・・・。
 
 見回していたら、くちばしの黄色い部分が無いコハクチョウが双眼鏡に入った。安曇野に飛来しているコハクは900羽を超えたから、最近飛来した個体だろう。

 くちばしに黄色い部分がなければ、アメリカコハクチョウ。大急ぎでレンズを担いで池の端まで行き、よ〜く見ると、黄色い部分がちょこっとありました。
 またまたややこしい個体です。アメリカンと言うには黄色い部分はちょっと広ろ過ぎ。ユーラシアンにはちょっと狭ま過ぎ・・・。面倒くさいからアメリカンとユーラシアンの雑種としておこう。

 15時過ぎに白鳥湖へ着く。特にややこしいカモは見えず、一度見ただけのマルガモも見当たらず・・・と思いきや、ここにもややこし君が1羽いました。

 最近、渡来するコガモが少しずつ増えています。この個体は9日にはいませんでしたから、それ以降に飛来したと思います。
 昨シーズンも2羽のややこしコガモ君が来ました。この個体が、昨シーズンの個体と同一なのかは分かりません。ただ、アメリカコガモとコガモの交雑個体であることは、側胸部に縦に入った白線と、体の中央部の水平に入った太めの白い(クリーム色)の線で分かります。
 ここでも、ややこしい半アメリカンを見つけてしまった。

 今日は2羽もアメリカンもどきをみつけ、なんだかアメリカ日でした。白鳥湖にはアメリカヒドリもいるから、次の望みは、アメリカホシハジロかクビワキンクロと、夢を書いておこう。夢は叶うかも知れないから。


アメリカコガモとコガモの交雑個体  2013年1月12日  長野県 安曇野市

 トビが生きている魚をつかみ捕ることが出来るかという疑問。やや難問ですが、犀川で、これまで2度、生きている魚を捕らえたトビを見ています。ただし、ミサゴのように川の流れにざぶんと飛び込んで魚をつかみ捕ったのではなく、上手く泳げない浅瀬でばたついていたヤマベを、捕ったというより拾ったと言う方が正確です。生きている魚に違いはないですが。

 御宝田池の周囲はトビがたくさん生息していて、トビだらけです。ときには珍芸を見せてくれるから、つまらん、トビか・・・と無視はしていません。

 数羽が、川で盛んに何かをつかみ捕っていました。流れてくるゴミ以外に何か食料が流れているようで、数羽が盛んに水面へ舞い降りています。

 たかがトビでも、ねらって損はないです。デジタルですから、あとで消せばいいだけのことですから。

 1羽が水中へ足を突っ込み何かをつかみました。その瞬間を何とか撮り、あとはカメラの連写機能とオートフォーカス任せ。7Dを使用していたので、コマが少ないですが、トビのつかんだものが魚だと分かります。おそらくニジマスです。
 
 以下は連続写真です。川に飛び込み舞い上がろうとしているトビ。ミサゴだったら、かっこいいのに、なんて瞬間思う。


トビ  2013年1月12日  長野県 安曇野市

 シャッターを切りながら、何かつかみ捕ったと見えました。ゴミじゃなく魚みたいと次のコマで見えました。

 もし、生きているニジマスをこの流れで捕ったなら、たいしたものだと拍手を送りますが、数コマ連続で写っている魚はぜんぜん跳ねていません。どうも死んでいるニジマスを拾ったと考えた方がよさそうです。こういうシーンを撮影すると、魚が生きていれば、身をくねらす様が撮れていますから。

 トビが生きている魚をつかみ捕ることが出来るかという疑問の答えにはなりませんでした。

 たかがトビにも、わからない宿題がいくつかありますから、トビも馬鹿にしないでみているという画像でした。



1月11日 1年ぶりのコチョウゲン

コチョウゲンボウ ♂  2013年1月11日  長野県 安曇野市

 昨日上手く行かなかった白鳥撮影、何が問題だったのか探し出そうと、再挑戦のために御宝田池を目指して走っていたら、コチョウゲンボウを見つけてしまった。

 安曇野でひとシーズンに3、4羽見られるかどうかの鳥さんです。この冬、出会った1羽目で、一年ぶりでした。しかも、嬉しいことに雄成鳥は久しぶり。やはり幼鳥との出会いが一番多いので。

 大急ぎでレンズを引っ張り出し、飛ばれる前になんとか証拠は押さえられました。
 また、というよりいつも電線コチョウゲンしか撮ったことがない。大地に降りている姿を一枚でいいから撮りたいと常々思っているのですが。今日こそ地面へ降りた姿をしっかり見据えて、そっと忍び寄り・・・。

 コチョウゲンはハトくらいの大きさで、しかもチョウゲンボウのように上空でひらひらとホバリングをしてくれない。一度見失うと、探し出すのはほぼ不可能。しっかり見ていて、飛んだら・・・。

 しかし、今日も見失ってしまいました。地面すれすれを飛んでいる所までは確認していましたが、ふいっと深い用水路の中へ入ってしまい、はいッ、それまでよ、でした。
 悔しいから1時間ほど探しましたが、再会出来ず。またまた電線コチョウゲンの画像だけが残りました。

 あとは斜陽にスズメを撮っただけで、今日は終わり。夜に、第一次選考する画像が100枚に満たないので、選考はすぐに終わりました。いつもは0時を回って、ようやく雑記帳の作文に取りかかるのですが、今日は22時前に終わりました。いつもたくさん撮りすぎるのだと、反省。また明日コチョウゲンを探しに行こう。

 

スズメ  2013年1月11日  長野県 安曇野市


1月10日 ・・・
 歯医者へ行く、その2です。初日の歯科衛生士さんは優しかったので、歯をギリギリ、カリカリされても肩が凝ったくらいでなんとかしのげた。2日目の彼女は力持ちで、何でもないはずの歯も、心を込めて、力も込めて磨いてくれるものだから、何でもない歯まで痛いような変な気分。

 初日は虫歯がないと言われたのに、2日目の彼女は歯をカリカリしながら、ここ虫歯になっているとつぶやく。あれ?と思っていたら、虫歯になりかかっているから、次回に治療しましょうかと来た。嫌だとはいえませんよね。

 痛んでいる歯茎の治療をしながら、奥歯を1本揺すぶって、これ動きますよね、と来た。融けてしまっているので、歯茎の炎症が治っても動きますよね・・・両脇の歯と一緒に金属をかぶせると噛んだときに3本で受けるから、ぐらつきはなくなるが、どうしましょうか・・・。嫌とはいえませんよね。

 普通、追加オーダーは客の方がするものだが、歯科医院では逆らしい。ノーと言えない理詰めに近い会話で追加オーダーが。治療はいつまで続くのか・・・参った、参った。

 昨日の5枚の画像、分からないという人、面白いという人、反応が返ってきたので、気をよくして、今日も悪のりで3枚。「いろいろ色はあした色」の続きです。昨日の5枚はおとなしめだったので、今日はちょっと尖った作品で。

 3枚はセットで、タイトルは「時の向こうは見えますか」です。これも考え過ぎのタイトルですが。

 先日、「悠久の時の流れも、瞬間を集めたパッチワーク」なんて大胆なことを書いてしまいましたが、瞬間がどう繋がってパッチワークになるのか、接着剤はなんなのだろう・・・などと考えながら、3枚を撮りました。もちろん、疑問の答えは見つかりませんが、写真遊びは楽しいですね。

 数年前、本屋でぱらぱらと立ち読みした詩集「求めない」が、NHK のローカル番組で紹介された。立ち読みの時は、胸の中にさざ波が立ったが、購入しませんでした。
 番組のメインは、その続編とも言える詩集「受けいれる」の紹介と、著者の加島祥造さんの紹介でした。

 アマゾンは便利です。注文すると翌々日には注文品が届きますから。詩集2冊を購入しました。ゆっくり読むつもりです。
 奥深い内容の詩集ですから、私が紹介するなど、僭越きわまりない行為ですが、流し読んで、まず引かれた部分を

 「求めない」の一節

  求めない──
  すると「自然」になる

  だって自然はひとに
  求めないからだ!

 (求めない 加島祥造著 小学館 1300円)


 「受けいれる」の一節

  受けいれる

  すると
  優しい気持ちに
  還る

 (受けいれる 加島祥造著 小学館 1400円)
  

 1年ぶりに、超望遠レンズで帰って来る白鳥を撮ってみた。もしかすると赤い夕焼けが現れるかもと期待しながら。昨シーズンと違うのはレンズもカメラも取り替えたこと。得意の白鳥写真が量産出来るはずでしたが、ほとんど外しました。

 新しいレンズとカメラのセットは、ピントはピン、写りはパッ・・・でしたが。もろ逆光の発色が全然違いました。撮り慣れたはずのシーンの色が全然違う。イメージしていた色とは大きくかけ離れてしまいました。

 例えば、空に月が出たら、一発勝負で決めようと安易に考えていました。真っ赤な夕焼けをバックに飛ぶ白い白鳥なんて、ちょいと撮れると、これまで撮り続けた経験から考えていました。

 今日はそんな凄い状況は起きませんでしたが、撮り慣れた夕方の光に包まれましたから、昨シーズン並みの画像は簡単に撮れそうでした。
 ところが、どっこい、大間違い。全然違う世界が撮れていました。

 7D DIGIC4 と 1Dx DIGIC5+ はかくもちがうのか、それとも蛍石レンズが2枚になったので、古いレンズとは色の出方が違うのか。ともかく、レンズはもろ逆光に弱い感じ。次は7D を付けて撮ってみなければ、また1から勉強し直しです。以下の写真は、好みの感じに近いものですが、好みの色まではまだ数歩足りません。


コハクチョウ    2013年1月10日  長野県 安曇野市


1月9日 いろいろ色はあした色

浄土への舟

 鳥写真を撮ったけれど、雑記帳に使う水準に達しないものばかり、気に入らない画像は即断でゴミ箱へポイする。今日の撮影分を第1次選考で、ポイ、ポイしていたら何も残らなかった。大いにへこむ。まいったなぁ・・・。
 
 こんな日は雑記帳をお休みしてもいいけれど、ちょっと嗜好を変えて、こんな写真も撮ってますと、紹介がてら、皆様をややこしい世界へお連れしようかと。

 全部デジタル画像です。この「いろいろ色はあした色」シリーズは偶然撮れてしまったものもありますが、かなり狙って、計算して撮って(創って)います。100マクロの画像もあれば、1320mmの画像もあります。画像処理ソフトで諸々の操作はしてありません。トレミングした画像はありますが、全部JPGストレート画像です。

 始めは「ちょっとピンぼけ」というシリーズで考えていましたが、有名な写真家の方がこのネームを使っていらっしゃったので、考え直しました。

 写真は光と影を捉えるもの、さらに光に色あり、影に色ありですから、それだけで構成しようと、つまりピントだとか、シャープさだとか、露出だとか・・・ややこしいものどもは捨てて、気の向くままに、目に映るままに撮った作品です。

 タイトルは、やや難ありですが、そのときに周りをもやもやと流れていた言葉を拾い上げたとでも言えば、外れても遠からずでしょうか。

 1枚だけ種明かしをすると、下の、真っ赤な画像は、チューリップの花びらの部分をマクロ100に接写リングを2個付けて撮ったものです。中央のぽっちりを、始めは地球か太陽の誕生などと連想しましたが、それより、自分はこの辺りで生まれたのかしら・・・なんて思いついて。

 写真表現は無限にあると思います。「いろいろ色はあした色」は実験作品群です。


きのう見たあした

0歳の記憶

あした吹くそよ風

たゆとう あしたという時


1月8日 夕陽よ、汝を・・・

コハクチョウ    2013年1月8日  長野県 安曇野市

 鳥見歴も長くなり、鳥写真歴も長いと、名刺交換をしたり、情報をいただく方も何人か出来る。私は、差し上げられる交換情報があまりないので、情報くれくれ人間にならないようにしているが、それでもご親切に、こんな鳥が出ているよと教えて下さる方がいて、とても感謝しています。私も、お話しして問題ない情報は、問われれば答えています。
 
 今も、撮りたい鳥さんの情報をいくつかいただいていますが、ふっ飛んで行けない身の辛さというか・・・愚痴になるのでやめますが、いただいた情報を生かせず、申し訳なく思っています。悪しからず。
 
 私のフィールドを一回りしましたが、さしたる変化もなく、どちらかと言えば退屈。安曇野に飛来しているコハクチョウは800羽を超えましたが、あちこちの水田に分散していて、雪でも降って舞台が変化しないと、撮影する気分がわかず。
 白鳥写真をご期待される年賀状やメールをいただいているので、何とかしたいのですが。鳥見は出来ても写真はならず状態。

 日が沈み、赤い夕焼けはしませんでしたが、ちょといい感じの空が現れましたので、帰ってくる白鳥を待ちました。しかし、いい感じの内に帰って来た白鳥は10羽ほど。舞台は整った、されど白鳥は来ず、夕陽や夕陽、汝を如何せん・・・で、薄暗くなりました。

 今日は月の入りが日没より早いので、空に月はいませんが、15日前後に同じような空が現れたら、下の画像の枯れ木の上辺りに三日月がいるはず。そんな舞台が整ったら、もう一度夕陽に頑張ってもらいましょう。


コハクチョウ    2013年1月8日  長野県 安曇野市

コハクチョウ    2013年1月8日  長野県 安曇野市


1月7日 歯医者へ行く

氷の中のコハクチョウ    2013年1月6日  長野県 安曇野市

 医者嫌いなので、自慢ではないが・・・実は大いに自慢ですが、6年前に虫歯を治して以降、5年間健康保険証を一度も使っていない。つまり、医者にかかっていない。虫歯の前は、やはり数年前に虫歯で歯医者へ行っただけ。健康保険の掛け金をひたすら皆様のために払い続けて来ました。たまに、こんな人間がいてもいいですよね。

 鯣(するめ)を奥歯でかみしめて、もぐもぐやりながら缶ビールを飲む・・・これ最高。ところが、歳相応に歯茎が痛んで来た。2か月前から、左右両方の上奥歯の歯茎が病んで、いわゆる歯槽膿漏というやつ、噛みしめると痛い。虫歯の痛さとは違うが、鯣のように固い物が噛めなくなった。前歯4本で鯣をしゃぶっても、全然美味しくない。

 かみさんが正月にやって来て、放っておくと顎の骨まで融けて、インプラントにしなければならなくなると、しかもインプラントは1本50万円もかかると脅して帰った。50万円あったら、1Dx が買えるではないか。こういう計算はすぐに思いつく。

 ともかく、正月が明けたので、歯医者へ行った。上に書いたようなことを話したら、医者様に、大決心しておいで下さりありがとうと、おだてられて?しまった。かわいらしい姉ちゃんたちにもくすくす笑われた。

 30分もあんぐりと口を開けていると、くたびれます。幸い虫歯は1本もなかったので、カリコリ、ギィーギィー歯を磨かれ、お世辞にも口当たりがよいとは言えない薬品を歯茎と歯の隙間に入れられ、本日は解放された。慣れない診察台に載せられたので、体が固まって、肩が凝ってしまった。お土産に歯ブラシ1本。やっぱり、医者は嫌いだ・・・ぶつぶつ・・・。

 

 青い山を背景に飛ぶ白鳥、パステル調の空を飛ぶ白鳥、そして夜の入口を飛ぶ白鳥とお復習いをしたが、まだ新しいイメージがわいてこない。三日月と白鳥、または満月と白鳥もいいが、それは、新しいイメージではない。
 仕方がないので、またお復習い。氷の上に薄く広がる水に映る影。白鳥写真を組で50枚と言われたら、こんな写真も1、2枚使えると思うが、水に映る影や、氷に映る影は、この雑記帳でもすでに使用済みなので、自分では今さら感。

 今日の写真も、もう少し氷のざらつきがあると面白いのだけれど、氷の表情にピントを合わせると、白鳥が消えてしまう。それに、水があると影は明瞭になるが、それでは氷の存在が薄れるか無くなってしまう。写真を撮るということは、むずかしいのひとこと。

 そうそう、今日の4枚で言いたいことは「存在の危うさ」ですが、ちょっと考え過ぎでした。



1月6日 今日はオオハクチョウ

オオクチョウ 幼鳥(グレーの個体)    2013年1月6日  長野県 安曇野市

オオクチョウ 幼鳥(グレーの個体)    2013年1月6日  長野県 安曇野市

 安曇野にオオハクチョウの成鳥1羽と幼鳥6羽がいる。そう聞いてから、自分で探し出せるまで数日かかったが、今日7羽を見つけ出せた。

 暮れに雪が20cmほど積もり、正月も、それ以降も雪原で白鳥が見られそうだった。しかし、30日にかなりの量の雨が降り、ほとんどの雪が消えてしまい、以降は近年常態化している寒いだけの枯れ野原状態のままになっている。

 北海道や東北でオオハクチョウを見たときは、いつも雪原か雪降りの中でだった。それで、雪無し田んぼにいるオオハクを見ると、いささか奇妙な感じを受けてしまう。

 オオハクチョウは東北や北海道に多く、松本平へ来る個体はほぼ迷鳥と言えます。そして、迷い込んで来ても、数日で何処かへ飛び去るのが通例です。

 

オオクチョウ   2013年1月6日  長野県 安曇野市

 始めの2枚の画像の幼鳥は、群にも家族にもはぐれた完全な迷子で、コハクチョウの家族の後ろについて回っている。おそらく、この子はコハクチョウがこの地に逗留している間はずっといるでしょうから、換羽やくちばしの白い部分がだんだん黄色に変わる様子が見られそうです。この地で、オオハクチョウの幼鳥をじっくりと観られるケースはほぼないので、ちょっと楽しそう。

 残りの成鳥1羽と幼鳥5羽は、迷子の1羽とは離れた場所で別行動しています。6羽がどういう関係かよく分かりません。成鳥と4羽の幼鳥が家族なのか、それとも迷子の集りなのか。幼鳥の1羽は塩尻市の池に降りた個体がここへ来て合流したらしい。1羽だけ換羽の遅れている個体がその子かも知れない。

 コハクチョウの幼鳥はたくさんいるので、換羽して灰色の幼羽からだんだん白くなる経過は見慣れている。
 オオハクチョウの幼鳥を見て、オオハクチョウの換羽はまだら模様に変わっていくらしいと気付きました。コハクチョウはこんなにまだら模様にはならずに白くなっていく。

 オオハクチョウを見て、これだけ喜ぶ、というか興味津々の人間はこの地では少ない。換羽の状態が・・・などと観入る人間は、2、3人だろうか。
 人それぞれだから、これでいいけれど、この地でまれにしか観られないオオハクが逗留していて、それこそ間近で観られるのだから、よ〜く観ないのは、もったいないと思うのだが。こう思うのも鳥馬鹿だけかも。

 1月5日は小寒、「寒気稍強し」。「稍」は「やや」と読むけれど、この寒さ「やや」ではない。大寒を思う。
 今日も1日中零下の真冬日。慣れたとはいえ、やはり還暦過ぎのおじさん?には寒さは応えます。鼻水がするる〜〜と出て、頬がこわばると、周りは零度以下だと体で分かります。オオハク達は、ここは暖かいねと感じているかも知れませんが。

 


1月5日 夜の入口

コハクチョウ    2013年1月5日16時15分    長野県 安曇野市

 毎日と言えるほど頻繁に、2、3時間の鳥見をしていると、なにかしら起こるか、ややこしい鳥さんを見つけるかするのですが、今日は完璧何も無し。マルガモ君も現れず、そう、零下の世界でマルガモを待っていましたが。1月中には何とか会えるでしょう。

 今日一番の出会いは、我が家の庭にアオジの雄が来たこと。3日にはカシラダカが3羽来たし、現れる鳥が昔と違ってきた。我が家は住宅地の真ん中にあるが、古い集落の名残があり、そこそこ畑が残っているからだろう。アオジは数年ぶりのお出まし。

 2番目は、先日来安曇野にいるというオオハクチョウとやっと出会えたこと。夕暮れ時だったので写真は撮れず、オオハクも近日中になんとしましょう。コハクと比べるとオオハクはやはり大きかった。

 

コハクチョウ    2013年1月5日16時37分    長野県 安曇野市

コハクチョウ    2013年1月5日16時38分    長野県 安曇野市

コハクチョウ    2013年1月5日16時42分    長野県 安曇野市

飛行機  2013年1月4日15時42分  長野県 安曇野市
 今日は日没後、夜の入口を飛ぶコハクチョウ達。刻々と闇が広がる中、ねぐらへ戻ったり、食事に水田へ出かけたり、700羽ほどになったたコハク達は賑やか。
 白鳥の飛んでいる空は黄昏時、彼方の空はまだ昼間。夜の入口は昼と夜の狭間、ちょっと物寂しい。

 晴れた日の夕暮れ時にコハクを撮るときは、月の位置をチェックします。午後だけ写真家だから、せめて三日月とねぐらへ帰る白鳥を合わせて撮ろうと考えて。

 しかし、冬は曇りが多いので月が見えないことが多いし、月が出ていても、白鳥が月の前を飛んでくれるのもまれだし。気に入っている三日月と帰り白鳥の写真は、まだ一枚しかない。

 今日は昼に月が沈んでしまったので、せめて雲が赤くなればと思いましたが、快晴の空の雲、飛行機雲の名残はすぐに消えてしまい、赤い雲も現れず。
 通過する飛行機が空の上はまだ昼だと輝いていました。

 ちなみに、今月は13日から16日が三日月のねらい目ですが、はたして空は晴れるだろうか、コハクは飛ぶだろうか。

 満月は27日。満月の前を通過する白鳥も撮りたいのですが、満月は出る時刻が遅いし、この地では月は山の端から出るので、さらに時刻が遅くなり、これまで気に入る画像が撮れていない。

 白鳥のいる期間、満月は3回。つまりチャンスは3日のみなので、撮影はなかなかむずかしい。
 映画「ET」の名シーン、満月の空を自転車が行く、あの自転車の代わりに白鳥を・・・そんなイメージを抱いていますが。

 夜の入口の写真も考えるといろいろ撮れそうです。


コハクチョウ    2013年1月5日16時43分    長野県 安曇野市


1月4日 夕陽どき

カルガモ   2013年1月4日  長野県 安曇野市

 マルガモに出会えなかった。さして広い水面ではないのだが、葦の中や物陰に入られると、捜し出せなくなってしまう。宿題はまた明日にした。

 寒さで頬がこわばるが、久しぶりに快晴になり、真青な空を飛ぶ白鳥が綺麗だった。まさに白く輝く鳥が白鳥なんだと思う。

 快晴になったので、前から撮りたかった瞬間を狙う。ほんの10分間しかチャンスはない。その10分間にうまいことカモが飛んでくれることが、まず第1条件。次は、840mmの超望遠レンズでカモと光を捕まえられるか、それが第2条件。今日は、久しぶりに写真を撮った。

 ゴタゴタと能書きはやめます。画像を並べますので、高覧下さい。

 

カルガモ   2013年1月4日  長野県 安曇野市

カルガモ   2013年1月4日  長野県 安曇野市

カルガモ   2013年1月4日  長野県 安曇野市

カルガモ   2013年1月4日  長野県 安曇野市

オナガガモ   2013年1月4日  長野県 安曇野市

オナガガモ   2013年1月4日  長野県 安曇野市

 そして、夕日は山の端の向こう側へ。光の宴は短い。今日は山の端の上空に雲がなかったので、夕焼けの赤い光が来なかった。眩しい、少し黄色味がかった光で宴は終わってしまった。もっと赤い光が欲しかった。

 次は、向かいの山の頂が、山の端に隠れた太陽に照らされ、それがみな面に映る瞬間の撮影。ほぼ5分間の光の宴。このみな面の色も久しぶり。

 真冬なのに、周りは零下の世界なのに、なぜかみな面は秋色万華。不思議な感じ。舞台は整った、さぁ、さぁ、役者よ舞台に立って・・・願いはむなしく終わることがほとんど。役者が来ても、ただ泳ぎ去るだけだとか、お尻を向けて寝ているとか・・・。5分間は本当に短い。まさに瞬間。1回だけキンクロハジロが演じてくれた。真冬なのに晩秋の舞を。

 悠久の時の流れも、瞬間を集めたパッチワーク。瞬間の中に悠久の時の流れを捉まえられたら、それこそ幸せ、それこそ写真なのだが。


キンクロハジロ ♂   2013年1月4日  長野県 安曇野市

 向かいの山が夕暮れに沈み、アルプスの頂で舞い上がる雪が最後の夕陽で色付き今日が終わりました。快晴だった空に、いつの間にか雲が忍び寄っていた。明日は、また鉛色の空に戻るのだろう。



1月3日 ホオジロガモ

マガモ   2013年1月2日  長野県 安曇野市

 ついに真冬日になりました。今日の松本の最高気温は−1℃と発表されています。北風の吹き抜ける犀川の河原は当然それより低いのでして、おそらく体感的には−3〜4℃。そこで立ち続ける人間は、辛抱強いというか、阿呆というか。そんな人間が、正月なのに何人もいるから、時代は変わりましたね。もちろん、阿呆は私だけで、他の皆さんは立派なカメラマンさんです。

 犀川白鳥湖へ白鳥が来始めた25年以上昔、寒空にレンズ構えて立ち続けていたのは私一人だけのことが多かった。鳥好きが増え、鳥写真仲間が増えるのは嬉しいことです。これで、鳥が増えるとなお楽しいのですが。

 上のマガモ、昨日撮った画像ですが、例のややこしいマガモを探していたら、目に付いたので記録用に撮りました。マガモの雌なんですが、くちばしの黒い部分がこんなに多い個体もいます。100羽もいれば、その中に数羽は個性的な個体もいます。これくらいの個性だと、ややこしいカモには入れませんが。

 今日は、他に、たぶん昨シーズンも来ていたマルガモを見つけただけで、さしたる発見はありませんでした。マルガモ君は、カルガモと一緒に行動していて、昨シーズン「カルガモ村のマルガモ」と呼んでいた個体だと思います。まだ画像が撮れないので、識別は明日以降のお楽しみにしました。

 ここでクイズです。下の画像は誰でしょう。この尾羽だけで識別出来る方はかなりのカモ通です。この画像だけなら、私は識別出来ません。


潜るホオジロガモ 幼鳥 ♂ の尾羽上面側   2013年1月3日  長野県 安曇野市

 昨シーズン、白鳥湖でホオジロガモの成鳥雄が越冬し、楽しませてくれました。今年は幼鳥と成鳥雄が1羽ずつ越冬しています。時々何処へ行ってしまうので姿が見えない日もありますが。2羽は常に行動を共にしているので、まるでつがいのように見えます。

 11月24日に渡来を確認したときは、幼鳥は雌そっくりの色をしていました。ただ、くちばしの先端に橙色が見えなかったので、女の子らしく見えるが、男の子だろうと話しました。もし、女の子だとしたら、成鳥雄が若い姉ちゃんを連れて来たことになるが・・・とも。2羽とも近くへ来ないので撮影出来ませんでした。

 幼鳥の換羽が進み、12月中旬から、くちばしの基部に白い斑が見え始めたので、雄であるとはっきりしました。今日、なんとか撮影出来る距離まで来ましたので、証拠写真を。画像は大きくトレミングしてあり、幼鳥にピントが合っていませんが、成鳥と幼鳥の目の色(虹彩の色)の違いが分かる程度の参考にはなると思います。

 この成鳥雄が、昨シーズンも越冬した個体で、白鳥湖を忘れず飛来した・・・それが証明出来れば、ちょっと物語を創れるのですが。おまけに、子連れのシングルパパで飛来して、四六時中子供の面倒を見ているなんて、勝手な想像を巡らし、物語を膨らませることも出来るのですが。
 実際、2羽は四六時中連れ立って行動しています。

 2月末まで幼鳥がいたら、茶色の頭が、緑色に変わり始めるでしょう。その姿も撮りたいと思っています。超びっくりの珍鳥は現れませんが、ちっちゃな楽しみなら、探さがせばぽつぽと落ちています。それだけのことで、真冬日の河原でも立ち続けられます。


ホオジロガモ 幼鳥 ♂(手前) と成鳥 ♂   2013年1月3日  長野県 安曇野市


1月2日 やはり白鳥

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市

 青い山肌に白い雪、そして白い白鳥。やはり、白く輝く白鳥はいいですね。山肌の青さは青空の色彩と違うし、白鳥の白さは雪の白さと違います。それらは、私の好きな冬の安曇野の色彩です。

 写友から聞いた話ですが、写友が他県からおいでのカメラマンさんに、こういう風に撮影するには何処でどうしたらいいのかと、写真のコピーを見せられたそうな。その写真、昨年前田真三賞を取った別の写友の写真だったそうです。へぇ〜、ここも有名になったね、などと立ち話をしました。

 ところが、その後、私も同じような質問を別の場所でされて、思わずびっくりしました。安曇野の特定の場所に行けば、今日アップするような白鳥写真なら、それなりの道具を用意すれば、簡単に撮れます。なにせ、7、8mの位置から白鳥が飛び立ち、舞い降りますから。しかも、道路に立っていて撮れますから。
 
 しかし、前田真三賞を射止めたような写真は、ちょろっとおいでになって、さらっと撮れはしません。夜明け前から日参しなければ、何度も通って白鳥を愛さなければ撮れません。お尋ねに、こうは答えませんでしたが、内心そう思っていました。
 そう、愛のない写真は、綺麗でも、整っていても、白鳥の息づかいや呼吸音は伝わって来ませんから。
 

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市

 以下の画像は600mmレンズで撮っています。もちろんトレミング無しの画像、私の得意とする、どアップ写真です。

 シーズンになり、改めて白鳥写真を撮り始めるときには、下のような写真から始めます。自分にとっては並な写真ですが、撮っていると、何か新しいイメージが流れて来ることもありますから。流れて来ないと、写真展に出す作品が創れませんから、大変苦しくなります。

 

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市

 もうひとつ私の好きなのは、いわゆるパステルカーの曖昧な世界を背景飛ぶ白鳥。こちらは、私の腕のせいもありますが、なかなか気に入った色合いに撮れません。背景の色は、テスト撮影をしても、本番では計算通りに撮れないことがほとんどなので、シャッターを切り続け、200コマ、300コマと、ほぼ同じような画像を量産してしまう。昨日も、20分で800コマほど。

 いつも、夜中に、パソコンへ取り込み終わった画像を見て、やれやれと自分に呆れ返り、そして相変わらず下手くそで、進歩がないなと反省し・・・。性懲りもなく、また量産し。それでも、残せるコマが2、3撮れていれば、幸せいっぱいで寝付けます。

 今日の画像は、撮りたいものがはっきり決まっていない習作なので、並の画像ばかりです。お見せするのが少々恥ずかしい代物で、お許しを請うばかりです。
 
 

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市

コハクチョウ   2013年1月1日  長野県 安曇野市


1月1日 スタート


キンクロハジロ ♂   2012年12月31日  長野県 安曇野市

 明けましておめでとうございます。

 旧年中は私の雑記帳にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。中には10年以上お付き合い下さっている方もおいでになり、心から感謝いたします。

 本年も、変わらずにだらだらと行く予定です。お暇なときにでも雑記帳へお寄り下されば幸いです。ただ、諸般の事情により、というほど大それた理由ではありませんが、フットワークが鈍くなると思います。愚痴はよそうと思いながら、つい愚痴が多くなるかも知れませんが、その点はお許しいただくほかありません。

 年の初めなので、綺麗な珍鳥写真でもストックから引っ張り出そうかと思いましたが、やめました。そもそも並の人間が、並にやっている雑記ですから、並な鳥でスタートするのが身の丈だろうと。今日は並な鳥君のスタートダッシュでまとめました。雪が降ろうが、北風が強かろうが、毎度のオオタカの襲撃にもめげず、鳥たちは元気です。

 白鳥湖のコハクチョウも670羽を超え、オオハクチョウの幼鳥も迷い込んでいます。この時期にコハクが500羽を超えるのは珍しいことで、日本海側の大雪が心配です。

 鳥見仲間の皆さんが、たくさんの鳥に出会えますように。鳥写真仲間の皆さんが、素晴らしいシャッターチャンスに巡り会えますように。鳥と人間が幸せな年になりますように、年のスタートあたり、お祈りします。


マガモ   2012年12月31日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♀   2012年12月31日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♂   2012年12月31日  長野県 安曇野市

コハクチョウ   2012年12月31日  長野県 安曇野市

12月分  ホームヘ 2月分