私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2012 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


1月分  3月分

2月28日 ついに出た、ややこしツグミ

 鳥見界の業界用語で、鳥さんが現れることを「出る」と言う。プロミナで真剣に観察している、いっぱし鳥見人さんと見える方に、「何が出てますか?」と質問する。「ただツグミが出ているだけ」との答え。用語はこんな風に使います。

 ツグミの見回りを始めて、20日ほど経ちました。ついに出ました、ややこしツグミ君です。私が見つけたのではなく、教えてもらったのでちょっと残念ですが、ともかく私の回っているフィールドに「ただツグミ」以外のツグミが出現しました。

 出現場所へは、昨日も行きましたが、見かけなかったので、昨夜やって来たのではと推測します。ともかく、今日は30〜40mの所にいるややこしツグミ君を撮りました。4コマの画像は、大トレミング、元画像の6分の1ほどの部分を切り取ってあります。立ち入り禁止区域内を歩き回っていて、近くへ来なかったので、証拠画像しか撮れませんでした。


 結論は、現場ではしっかり識別出来ませんでしたが、家のディスプレーで拡大して、ハチジョウツグミ雌の第1回冬羽だろうと判断しました。

 11月6日に4kmほど離れた場所で出会った、ハチジョウツグミのやはり雌第1回冬羽個体と比べましたが、別個体のようです。

 参考にした図鑑は、
 @「BIRDS OF CENTRAL ASIA」
 A「BIRDS of EAST ASIA MARK BRAZIL」
 B「BIRD GUIDE Collins」
 C「日本の野鳥590」

 @とAはイラストを描いた方が同一なので、イラストも同一。
 Aはハチジョウツグミとツグミを独立種としている。

 胸や脇、腹のどこかに赤褐色の斑があるツグミは、ハチジョウツグミ、ノドアカツグミ第1回冬羽、マミジロの雌、クロツグミの雌、そしてハチジョウツグミ(ナウマン)とツグミ(ダスキィ)の交雑個体など。

 与那国で見たノドアカツグミに似ていた。ノドアカなら、かなり珍鳥だが、こんなに赤い斑はないから違う。マミジロでもクロツグミでもない。ここまでは、現場で分かりました。

 ややこし君の下尾筒が見えるまで待つ。もし白かったら、ものすごくややこしくて、識別は私の手には負えない。白かったら、一度消したノドアカツグミの可能性が再浮上してしまう。
 雑草の中を移動するので、下尾筒はなかなか見えなかったが、最後の最後にちらり、白地に赤褐色の斑があると見えた。夜に家のパソコンで拡大して見ると、確かに斑はある。 

 これでハチジョウツグミかハチジョウの交雑個体かまで絞り込む。ここから先は、図鑑のお力を借りるしかない。上に並べた図鑑ではない某図鑑にはナウマンとダスキィの「中間個体」なんて記載もあるが、中間体なんてシノムニがあるのか分からないので、その図鑑はスルー。

 あれやこれや、辞書を片手に図鑑の中を彷徨い、ハチジョウツグミの雌第1回冬羽と今日は結論を出しました。数日滞在してくれたら、もっとしっかりした画像も撮れるし、観察も出来るのだが。

 ともかく、期待通り、この春先もハチジョウ君が私のフィールドを通過しました。次は、成鳥のハチジョウ君か、もっとややこしいツグミが現れることを期待して、3月もフィールド内をうろうろしましょう。



2月26日 知らないことばかり

逃げ損なって撮られてしまった ツグミ   2013年2月26日  長野県 安曇野市

バン 幼鳥  2013年2月26日  長野県 安曇野市
 12月にはほとんど見かけなかったツグミだが、2月に入ってから、あちこちで見かけるようになった。これは、例年通りの状況。それでツグミを見て回っているのだが、見かけたのは普通のツグミとトラツグミ5羽、シロハラ4羽だけである。残念ながら、ハチジョウツグミには、まだ会えていない。

 3月になると、渡り途中のツグミの群が通過し始め、10羽、20羽の団体が歩き回っていたりする。その中に珍しいツグミが混じっているといいのだが。

 11月に、ツグミの団体に混じってハチジョウツグミの幼鳥が通過して行った。あの個体が帰路の途上で寄らないか、それが3月・4月の楽しみ。

 12月に見かけたバンの幼鳥、同じ場所にいたクイナは何処かへ行ってしまったが、わずか50mほどの範囲内で越冬に成功。あまり姿の変わっていない幼鳥を今日見かけた。

 12月にはこの川底のアオミドロをたべていたが、凍てつく川で何を食べていたのだろう。この冬は厳しく、川はなんども凍り、大雪も2回来た。今日だって、いつも隠れている川岸は凍っていた。岸辺にわずかにのぞいていた緑色の雑草で命をつないだのだろうか。あっぱれなやつだと思う。

  何度かオオタカに狙われたが、上手いこと逃げ切ったカイツブリの幼鳥です。大きなカジカを捕らえ、いつものように、くわえたまま水面を走っています。なぜかカイツブリは食料を捕らえると口にくわえて水面を走ります。獲物を横取りする者がいなくても。これ何の意味がある習性なのかと眺めています。

 

バン 幼鳥  2013年2月26日  長野県 安曇野市

カイツブリ 幼鳥  2013年2月26日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♂  2013年2月26日  長野県 安曇野市

 ところで、カイツブリは、冬季にどのくらい遠方まで移動するのだろうか。暖かい地方へ移動するのだろうか。考えてみたが、分からない。

 カイツブリが繁殖した御宝田池や、白鳥湖横の水溜まりのすぐ近く、犀川本流にカイツブリの成鳥と幼鳥がいる。かれらは、そこで繁殖した家族なのか?識別出来たら、疑問にひとつの答えが出るのだが。

 犀川が凍ってしまわないかぎり、繁殖した場所からほとんど離れないで越冬すると考えてよいのか。それとも、今いるカイツブリ達は別の場所から来た家族なのだろうか。

 ここまで考えて、すぐに難点が浮かんだ。このまま繁殖期になり、今いる幼鳥達がそのまま犀川にいると、フィールド内の犀川はカイツブリだらけになってしまうではないか。実際、夏季にはそんなにたくさんのカイツブリはいないのだから、何羽かは、いや半数以上が何処かへ移動して行くと考えられる。

 留鳥というくくりに入る鳥の行動も、なかなか難しく、分からないことだらけ。

 雑種ガモのいる千鹿頭池で繁殖したカイツブリ家族は、池が全面結氷するから、いなくなる。かれらは、遠くまで旅するのだろうか。それとも、犀川水系の何処かで越冬しているのだろうか。これもなぞ。留鳥についても考えても、知らないことばかり。

 私のフィールドで、現在チェックに引っかかっているジョウビタキは雄が5羽、雌が2羽だが、実際はもう3、4羽はいるのではと思う。
 未だに雌雄が仲良くなれず、出会うと追い掛け合っている。それは恋愛プレーの追いかけっこではなく、縄張りを守るための騒動。今や、何種かの鳥はカップルが生まれているのに。
 ジョウビタキの仲良しカップルを見たことがない。たぶん、越冬地ではカップルになれないのだろう。

 この雄、小さな声でさえずっていた。いわゆる「ぐぜる」という行動。なかなか綺麗な歌声だった。あの甲高い「ヒッ、ヒッ・・」の叫び声が嘘のよう。
 普通のツグミも、綺麗な歌声でさえずるが、春遅くに1、2度聞かれる程度。これだけ馴染みの、普通種なのに鳴き声がほとんど聞かれないのはとても残念です。

 見慣れた普通種でも、知らないことばかり。鳥見の世界は、知らないことを並べ始めると底がない。


ジョウビタキ ♂  2013年2月26日  長野県 安曇野市

そして日が沈む  ジョウビタキ ♂  2013年2月26日  長野県 安曇野市


2月25日 viva 白鳥さん

帰り鳥 コハクチョウ   2013年2月25日  長野県 安曇野市

 ハッと気付いたら、コーヒーが切れていた。たいてい買い置きをしてあるのだが、買い置きをするのも忘れていた。それで、ふてくされて寝てしまい、気付いたら朝になっていた。全然修行が足りないと、また思い知る。たいしたコーヒー通でもないのにね。

 夜10時過ぎ、雑記帳を書き始める。まずは好きなコーヒーを飲みながら、今日したドジを思いだし・・・。子供の頃なら、鉛筆を舐め舐め、作文って嫌いだなぁ〜。原稿用紙などこの世からなくなってしまえばいいのにと思った、あの頃の気分を思い返しつつ。生活サイクルが出来上がり、小道具も決まった生活に埋もれていると、たかがコーヒーでつまずくから、やれやれです。

 ふらり知り合った方が、白鳥撮影においでになったので、お付き合いで白鳥撮影へ。まだ、何を撮りたいのか思い描けないのに、飛来する白鳥に向かう。

 上は、ソフトでいじってある画像です。こんな絵が撮りたいと、これ以上の絵が撮れないかと、夕焼けで御宝田池が燃える瞬間を待っているのだが、今季はまだ夕焼けに出会っていない。実際の色合いは下の画像。ソフトは便利、ちょいと創れる。これも写真なのだが。ほんまもんの夕焼けの色にはもっと深みがある。だから、ソフトで色を創っても、自分的には浅い写真に見えてしまう。
 
 

 25日に撮影した白鳥をみつくろって下に。得意というか、慣れたというか、こういう画像は量産出来る。外付けハードディスクに似たような画像はいっぱいある。だから、これ以上の、凄みのある絵が撮りたいのだ。今日は、白鳥を撮ったというより、撮らされたというのが正しいと思う。

 素人がいっぱしのことを言うけれど、期限も、締め切りもない撮影だから、死ぬまでに数枚撮れたら、それでよしと思っている。

 白鳥はいいですね。うまく撮れなくても、イメージが固まっていなくても、ほぼ決まった時間に、同じ場所で遊んでくれるから。viva 白鳥さん!さて、コーヒー買いに行かなくちゃ。

 (この文は26日の午前中に書きました)



2月24日 日曜日はだめよ Never On Sunday

冬色コハクチョウ   2013年2月24日  長野県 安曇野市

 昔、「日曜日はだめよ」というタイトルのギリシャ映画があった。最近の大がかりな3D映画より人間臭くて、古い映画はいいですね。頭でこね回して、むりやりキャラに押し込んだ人間性よりずっといい。この映画、アメリカ文化がグローバルスタンダードじゃないと、ちょっぴり皮肉っているところも小気味いい・・・と、話が脱線してしまった。

 人それぞれの趣味だから、ルールを守って釣りをしているなら、それはそれ。しかし、日曜日は土曜日にも増して釣り人の多いこと。皆で長い竿を振り回すから、気弱な鳥さんは皆安全地帯へ逃げてしまう。つまり人間が近づけないような場所へ。かくて、河原の鳥見は「日曜日はだめよ」。映画のストーリーとは全然違う話しだけれど。ともかく「日曜日はだめよ」


冬色コハクチョウ   2013年2月24日  長野県 安曇野市

 それでも、少し夏羽色になったタヒバリがいた。昨日まで見ていたタヒバリは白地に黒のストライプの冬服で、バフ色に黒のストライプ、夏服に変わりかけの個体はいなかったから、新しくやって来たと考えられる。2月も末だから、鳥たちの移動が少しずつ始まっているのだろう。

 昨日までと違う場所で、またトラツグミを2羽見かけた。ツグミを見て、あちこち回っていると、やけにトラツグミと出会う。この2月にトラちゃんが急に増えたのか、それとも今まで気付かなかったのか、悩むところ。両方かも知れない。

 頭の白いスズメは彼方にいた。見えているが、そこは段丘崖なので、近づく方法を思いつかない。よしんば近づいても、すぐに飛んで逃げてしまうだろう。また、偶然の出会いが起こるように、撮影可能距離での出会いが起こるように、祈るしかなさそう。

 ものすごく寒く、体感的には一日中零下の世界。おまけに、白鳥のいる水田は強い北風が吹き抜け、空は雪雲が広がり、太陽も朧で頼りない。そんな状況なのに、遠くから来た若いお二人さんが、仲良くカメラを構えて、飛び立つ白鳥を撮っていた。日曜日なのに、さすがに、今日は他に一人しかカメラマンはいなかった。こういう状況下でも頑張ると、たぶんいい写真が撮れると思う。お二人さんはがんばって最後の4羽が飛び立つまで撮っていた。

 

 雲の切れ間から、一瞬日が差した。寒々しい山を背景に飛んでいた白鳥たちが輝く。撮り慣れた、何度も撮った光景だけれど、レンズを向けてしまう。見慣れた青と白の世界。見慣れている色だけに、撮るのが難しい。ハイキーな写真が好きなので、白鳥が白トビしてもいいから、純白に撮りたいといつも思う。

 この、青と白だけの世界、南国の方には新鮮に見えるだろうなと思う。とすれば、この光景のどこに引かれるのだろう。どの色に引かれるのだろう・・・やはり輝く白なのだと想像する。だから、光が当たり、輝いている白を強調したくなる。

 雲の切れ間から差し込む太陽光が当たる範囲は狭い。飛ぶ白鳥はすぐにその範囲から出てしまう。すると、下の画像のように味気ない白になってしまう。おまけに空はグレーだし

 下の画像、「北へ帰る白鳥の群」と説明を付けると、それで通ってしまう。実際は水田からねぐらの御宝田池へ戻る群なのだ。写真って怖い。「真」を「写して」いても、説明ひとつで、どうとでもなってしまうから。


 今日の最後、雪雲に隠され、朧に見える太陽。これもよく見る光景。帰ってきた白鳥がその太陽の前を通過した。何度もチャレンジするシーンだけれど、これぞと思う画像はなかなか撮れない。しかし、いわゆるパステルカラー調も好きだから、平凡な画像だけれどゴミ箱へは入れない。

 明日は月曜日。人出は減るだろうか。減って欲しい。月曜日はOKよって。



2月23日 雑木林は静かです

トラツグミ   2013年2月23日  長野県 安曇野市

 ハチジョウツグミがいないか、もっと珍しいツグミでもいいのだが、探している。私が回っている雑木林は、今が一番静かな時期で、ほとんど鳥がいない。でも、ゼロではない。シジュウカラやエナガの群が通過するときはそれなり賑やかだし、シメがひっそり落ち葉を返していたり、トラツグミが「ダンス」をしていたり、ベニマシコがこっそり移動している。それでも、総数はカラ類の群を除けば20羽にも満たない。
 
 ノスリがいなくなった。そろそろノスリも北へ向かって移動する時期になったのだろうか。それとも、カシラダカの群もいなくなった静かな雑木林は、食料不足で、生きて行けなくなったのか。

 始めに出会ったのは、貴重なトラツグミ君。例のごとくダンスをしながら近づいて来た。上の画像のような環境だから、撮っても証拠画像程度。でも、せっかくだからとレンズを向けていたら、上空をヘリコプターが大雑音を上げて通過。トラ君おったまげ、ふっとんで逃げて行った。

 エナガが氷柱から落ちかかっている滴をホバリングしながら飲んでいる、そんな写真をときどき見返している。氷柱には樹液が混じていると写真の説明にあった。そんな光景を、まだ見たことがない。ぜひ一度見たいと思っている。

 雑木林で樹液の出ている枝があり、エナガの群が通過するときは、何羽かが舐めている。雪の後、そこに氷柱が出来るかと期待していたが、氷柱が下がる前に雪は溶けてしまった。今日も数羽が樹液を舐めて行った。

 トラツグミは足腰をリズミカルに動かしながら地中にいるミミズなどを探す。
 その様がちょうどダンスをしているように見えるので、鳥好きは「トラツグミのダンス」という。



樹液をなめようとしている エナガ   2013年2月23日  長野県 安曇野市

巣材を運んでいる エナガ   2013年2月23日  長野県 安曇野市

 まだ寒いので、少し早いのではと思うが、エナガが巣材を運んでいた。まだ昆虫の繭などを運んでいるから、巣作りはもうしばらく続きそうと思う。

 目の前を巣材をくわえたエナガが通過して行く。双眼鏡で後を追うと、造りかけの巣はすぐに見つかってしまう。今日のつがいは、あれあれと言いたい場所に巣をかけていて、6割がた出来上がっているように見えた。

 お手伝いに、白鳥のダウンを拾って来て、内装材用に蒔いてあげようかなんて思う。近くに半野良猫がいるが、その毛を拾いに行くと、危険かも。落ちてるタヌキの毛はダニが付いているかも、湯煎した白鳥のダウンがいいかしら・・・暇なので、巣造りを見物しながら、勝手なことを考える。しかし、これだけの量の虫の繭を探し出すのだから、たいしたものだ。

 

巣材造り中の エナガ   2013年2月23日  長野県 安曇野市

ベニマシコ ♂   2013年2月23日  長野県 安曇野市

 夏のベニマシコは草原の鳥だが、この時期、雑木林の鳥になると、あれこれ面白い行動をする。今日は、小枝がぐちゃぐちゃと混み合って撮れなかったが、桜の若芽を食べていた。ちょうどウソが桜のつぼみを食べるように。嘴の形状がそっくりだから、同じようなものを食べるのだろうか。もうしばらくして、柳の若芽が膨らんで、少し緑色がのぞくくらいの大きさになると、それもよく食べている。嘴が緑色をしているから、おやおやと思う。

 今日はまた、木の幹の上で何かを食べていた。苔を食べているとは見えなかったので、何を食べているかまるで分からなかった。しかし、何度も表皮をつついては、もぐもぐしていたから、何かを食べていたのに間違いはないと思うが。


ジョウビタキ ♂   2013年2月23日  長野県 安曇野市
 左はほんの冗談画像。合成でも、多重露光でもありません。ストレート写真です。ジョビ君でなく、白鳥が飛んで欲しいのだ。 


2月22日 ふられ、ふられて

イカルチドリ   2013年2月22日  長野県 安曇野市

 なんだか鼻がむずむずし、鼻水が垂れ、目がうっとうしく、やけに目やにが出る。風邪を引いたのかしらと思い、天気がよかったのに、昨日の午後は出かけなかった。昨年の今頃は、熱を出して20日近くもダウンしたので、少し用心深くなった。それに、ガソリンの単価もやけに高騰しているし。

 それでも今日は、頭の白いスズメをまた見たくて、出かけた。途中で杉の木がやけに赤くなっているのを見て、ハッと気付く。風邪でなく、花粉症の時期になったのだ。そう言えば、昨日の10時頃に、天気がよいのでガラス戸を全開して外気をたっぷり入れ、換気した。鼻の変調はそれから始まった。馬鹿やってしまった。

 鼻水をすすりながら、スズメの群を探すが、見当たらず。おそらく河原の雑草の中ででも採食しているのだろう。20分捜すが、だめ。振られてしまった。

 仕方がないので、トラのいた河原へ行くが、これまた釣り人がいて。一か所に固まっていればいいのだが、適度に間隔を開けて、あちらに一人、こちらに一人・・・。臆病な鳥は全然河原へ出て来ず。わさわさいたトビさえも、パラしかいない。河原でも振られてしまった。1羽だけ、セグロセキレイさえもどこかへ行ってしまったのに、目の前を歩き回ってくれたのが、イカルチドリ。感謝です。

 

ヒバリ   2013年2月22日  長野県 安曇野市

 ふられ、ふられて、悔しいから、再度スズメを捜しに行く。頭が白変しただけの、たかがスズメですから、そう必死になることもないと思いつつも。たった3コマしか画像がないのは本当に悔しいから。
 スズメはフィールドに数群います。もしや、別の群に合流しているのではと思い、近くの群もチェックしたが、頭の白い子はいませんでした。

 雪の上を歩いていたヒバリをスナップして、今日は諦め。スズメ君、また明日捜してやるから。

 ところで、日本で見られるヒバリ科の鳥は、クビワコウテンシ、ヒメコウテンシ、コヒバリ、ヒバリ(A.a.japonica)、チュウヒバリ、ハマヒバリまで見ている。残るはタイワンヒバリとオオヒバリ。タイワンは信州でまず見られないだろうが、オオヒバリは信州で捕獲され標本にされた個体もいるから、出会える確率が数%はあると思い、出会いの瞬間を夢見ている。

 冬季、ヒバリを見る度に、オオヒバリのことを思うが、未だ夢は夢のまま。松本平で、まじにヒバリを見て、オオヒバリじゃない、ただヒバリなんて考えているのは私だけだろう。とすれば、誰かが見つけてくれるなど期待出来ない。自力あるのみ。

 実は2月2日に水田で5羽のタヒバリの群を見たときに、一瞬オオヒバリかと思いました。嘴がヒバリの形状ではなく、セキレイのように長く尖っていましたので、オオヒバリの夢はその場で消えましたが。
 オオヒバリを見つけ出すのは、もしかすると、永遠に終わらない宿題なのかも。


ヒバリ   2013年2月22日  長野県 安曇野市

 今シーズン、ほとんど白鳥写真を撮っていない。イメージがわかないから。かの有名な「月に雁」みたいな、「三日月に白鳥」をねらえるチャンスは3月にもう1回あるが、さて空模様はどうだろう。そろそろなんとかまとめなければ、写真展募集の期日が来てしまう。下のような写真でなら、量産可能です。でも、平凡だと皆様に言われること間違いなし。う〜む、と、ない知恵を絞らねば。


助走中の コハクチョウ   2013年2月22日  長野県 安曇野市


2月20日 おッ!トラちゃん

シロハラ   2013年2月20日  長野県 安曇野市

アオジ ♂   2013年2月20日  長野県 安曇野市

 2月中旬になると、ツグミが多くなり、目に付くようになる。山で食料が乏しくなって、里へ出て来る個体が多くなるからだろう。水田、畑、芝生、雑木林の林縁、至る所でツグミを見かけるようになる。
 毎冬、今頃にハチジョウツグミを見かけるので、そろそろ探してみようかと、河原から回り始めた。

 その、初っぱなの河原で、まずシロハラと出会う。落ち葉をひっくり返していたが、例のごとく警戒心が強いというか、臆病というか、すぐに林の中へ逃げ込んでしまった。それでも、10コマほど撮影出来ました。

 アオジが声も立てず、密かに移動しながら採食をしていた。じっと待っていたら目の前まで来たので、しめしめで、連写10コマ。アオジ君シャッター音に驚いて思わずこちらを見たが、肝が据わったやつらしく、そのまま採食を続けながら歩き去った。

 ここまでは、ありふれたいつものパターンの鳥見。ところが、今日はちょっと違いました。前方の河原に、やけに大きな鳥が・・・双眼鏡で確認すると、おッ!トラちゃん。河原の水辺で出会うことは滅多にないトラツグミが採食していました。しかも、10mほど間隔を開けてもう1羽いました。


トラツグミ   2013年2月20日  長野県 安曇野市

 トラが2羽、こういうときは気をつけないと、どちらか1羽が逃げると、もう一方もつられて飛んでしまうから。そう、二兎を追う者なにとやらです。

 1羽が雑草の陰に入った、チャンス到来と、上の個体に近づこうと、ちょろり車を動かしたら、あらら、2羽とも飛んでしまいました。

 しかし、予期せぬ出来事がときには起きます。何を間違えたのか、それとも始めからここへ来ることを目指したのか、1羽が車の真横7mほど先の草の上へバサッと飛んで来ました。
 そりゃもう、驚く前にシャッターを切る。トラ君、食料を探していたが、レンズに気付き、そそくさと、枯れ枝や雑草が絡み合っている中へ逃げ込んでしまいました。この個体はそれきりでした。

 ちなみに、上の個体と下の個体が別個体だと目の後ろの黒斑の形の違いで分かります。


 もう1羽は林の木へ逃げ、様子を伺っていましたが、やおら地上へ降り、再び河原へ出て来ました。空腹の方が光る大目玉の恐怖に勝ったようです。久しぶりに、トラツグミをたっぷり見られました。


林へ逃げ込んだ トラツグミ   2013年2月20日  長野県 安曇野市

雪の上へ降りた トラツグミ   2013年2月20日  長野県 安曇野市

 トラツグミが林へ戻ったので、河原から移動。ハチジョウツグミは林縁部で出会うことがほとんどだったので、水田を通り抜け次の林へ向かおうと急いでいたら、道路脇からスズメの群が飛んで、少し先の田に降りた。瞬間、ややこしい鳥1羽が飛び去るスズメの集団の中に見えました。

 頭が白いその個体、シラガホオジロでもないし、なんだか分からず。双眼鏡で降りた辺りを見るが見つけられず。スズメがわさわさしているだけ。何だったのだろう?ツグミ探しは中止、そろりとスズメの群に近づく。

 

部分白化の スズメ   2013年2月20日  長野県 安曇野市

 双眼鏡で眺め回し、見つけました。頭の白い、つまり部分白変したスズメでした。これは、また面白い鳥さんを見つけたと、そっとレンズを出して撮影を始めると、スズメの群がいきなり飛んで逃げました。やれやれ、失敗したかと、レンズを車内へ引っ込めると、目の前をコチョウゲンが通りました。

 探すときにはいないのに、お邪魔なときに現れて、憎たらしいやつ。以前出会った雄のコチョウゲンだと思います。スズメの群をかき回したが捕獲は失敗。そのまま高スピードで飛び去りました。頭の白いスズメ君の画像が3コマだけ撮れました。コチョウゲンのおかけか、飛び立った瞬間が1コマ。コチョウゲンに感謝すべきか、恨み言をぶつけるべきか・・・。

 明日以降、このスズメを捜しに水田へ行くか、雑種ガモをチェックに行くか、それともハチジョウツグミ探しをするか・・・課題が増えて、なんだか、ちょっと忙しくなりそうって、暇人は呑気なことの選択に悩み。お仕事で忙しい方々には申し訳ありませんが、私は鳥馬鹿ですので。



2月19日 春よ春

千鹿頭池の雑種ガモ達   2013年2月19日  長野県 松本市

 はじめに、私の勉強不足と誤認のため、何人かの方に、誤った説明をしてしまいました。お詫びかたがた、訂正いたします。

 普通、カモの性成熟は1年とされています。それで、孵化から1年を経過しないと、繁殖行動や交尾はしないだろうと理解していました。それで、交雑を繰り返した雑種ガモも、孵化後1年を経てから繁殖行動をすると話しました。

 ところが、アヒルの性成熟は雌で6か月〜7か月(雄はやや遅れる)だそうです。千鹿頭池の雑種ガモはアヒルの血を引いています。ここがややこしいのでして、今日、昨年の5月31日に孵化した雑種ガモ「先輩」の2羽が交尾をしました。

 つまり、私が何人かに話した1年経たないと雑種ガモも繁殖はしない、繁殖は2年目からなどの説明は間違いでした。お詫びします。

バニラに求愛する雑種ガモ   2013年2月19日  長野県 松本市
 実に寒いですね。17日の朝は、我が家から数キロの観測点で最低気温零下17.9度が観測されました。我が家の周りも、零下15度くらいだったでしょうか。寒くて嫌ですね。

 昨日は寒さが厳しいのに二十四節気の「雨水」でした。長野県の南部も北部も雪降りでしたが、我が家の周りはなんと雨降りで、思わず暦を見直したほど不思議な気分でした。

 寒いので、部屋に籠もってストック画像を整理していましたが、2日間もディスプレーに向かっていると、頭がくらくらして来ます。お籠もりは健全な生活ではなさそうです、私にとっては。

 寒いけれど、やはり鳥見に行こう、健康のために。そろそろ、雑種ガモが何羽生存しているかを真剣にチェックしなければならないし・・・と出かけました。

 千鹿頭池が結氷している間、雑種ガモ達は近くの公園の池へ避難していますが、千鹿頭池へ戻っていると写友が教えてくれたので、今日チェックに行くことにしたのです。

 雑種ガモは18羽まで確認出来ました。識別や資料整理、雑記帳に書く利便のため、15羽には勝手に名付けていましたが、久しぶりに見ると、なかなか識別出来ませんでした。名付けてなかった個体がやけに綺麗になって目を引くし、昨秋見たときとは羽衣の色が変化しているし、もう首からネームプレートを提げて欲しい気分です。

 上の写真のカモは全部雑種ガモです。2羽が反り返って求愛行動をしています。求愛の相手は、写真には入っていませんが「しろちゃん」です。「しろちゃん」は相変わらずの人気で、「五人組」の5羽や、しろちゃんの子供までが求愛対象にしています。

 「五人組」は、おそらく「しろちゃん」の兄弟ですから、兄弟や子供から求愛を受けていることになり、ややこしいの2乗、3乗の状況です。カルガモの雄が1羽だけ、求愛行動の仲間に入っていましたが、はたしてカルガモなのか、カルガモそっくりの雑種ガモなのか分かりません。千鹿頭池では、カルガモ全部が怪しく、ややこしく見えてしまいます。

 左は「バニラ」に求愛する雑種ガモです。おそらく「先輩」の「ちょい色男」だと思いますが、だとすれば、2羽は兄弟なのでして。なんともはや、千鹿頭池は雑種ガモの大混血実験場になりそうです。これで、「バニラ」も雌だと判明しました。

 とうの「バニラ」はやはり兄弟の「色男バフ」がお気に入りのようで、2羽だけ雑種ガモ集団を離れて行動していました。2羽は春よ春、春真っ最中の感じです。

 

「バニラ」と「色男バフ」   2013年2月19日  長野県 松本市

「バニラ」と「しろちゃん」   2013年2月19日  長野県 松本市

 2羽の白い雑種ガモは健在です。さすがにこの冬は誰もアルビノだと騒ぎませんでした。雑種ガモだという正体が広く知れ渡ったからでしょうか。2羽の右隣はカルガモです。

 「しろちゃん」の頭部にある(矢印の先)黒斑は変わらずにありました。嘴の黒斑の紋様が変わっても、この黒斑があれば識別可能です。

 黒い雑種ガモの「ココア」も春よ春でした。お相手の名前は、確定出来ませんが、やはり兄弟の「色男しろ」と思います。こちらのカップルは「バニラ」カップルより「愛」が進んでいました。2羽だけで雑種ガモの集団から離れて池の隅まで行き、なんと交尾しました。

 完璧に交尾出来たのかはわかりませんが、カモの行動を知っている方ならご存じの、例の交尾スタイルをハッキリと取り、終了後も例のごとく雄の「色男しろ」が「ココア」の周りを円を描いて泳ぎ回り、「ココア」は中央で羽ばたきました。
 黒い雑種ガモ「ココア」が雌だと分かりました。すると、もう1羽の黒い雑種ガモ「コーヒー」も雌なのでしょうか。


2羽で池の隅へ移動する「ココア」と「色男白?」   2013年2月19日  長野県 松本市

交尾する「ココア」と「色男白?」   2013年2月19日  長野県 松本市

 そして、もうひと組。こちらもカップルとして成立しているように見えました。奥はどうみても雑種ガモで「先輩」の1羽と思います。名前を付けてない個体なので、いずれ名前を考えねば。
 手前は、じっくり見ましたがカルガモで、しかも雄と見えました。このカップルが繁殖行動をすると、さらにややこしいカモが誕生することになるでしょう。

 この夏は、はたして雑種ガモのヒナが何羽誕生するでしょうか。たくさん生まれると、追いかけきれなくなりそうです。

 周囲はまだ厳冬の寒さ。しかも半分凍結している千鹿頭池なのに、カモたちは、いまや春真っ最中。春よ春でした。



2月16日 残ったひとコマ

ジョウビタキ ♂   2013年2月16日  長野県 安曇野市

 そもそも土日、休日は人出が多くて、撮影し難い。それで、人がいない河原へ行くがこのところの状況でした。今日から犀川とその上流の奈良井川や梓川で釣りが解禁になったので、河原のあちらこちらにも人出があり、もう撮影など、とてもとても。

 まず、フィールドでカワアイサを見かけなくなりました。警戒心が強い鳥なので、釣り人が遠くに現れただけで飛び去りますから。
 
 釣り客のためにニジマスを6300匹放流したそうです。ちょうどカワウが美味しく食べる大きさに育ったニジマスを。カワウだって、警戒心はありますが、カワアイサほど臆病ではないので、人間の放したご馳走を見逃すはずはなく。食料が不足するこの時期に、わざわざ餌を蒔いてもらえるのですから、カワウは増える一方でしょう。

 今日は、カメラとレンズをお日様に当てて殺菌しただけ。そんな状況なので、253コマ撮りましたが、全然使い物にならないものばかり、どんどんゴミ箱へ放り込んだら、どんどん画像がなくなってしまい、かろうじてジョウビタキのこのひとコマだけ残りました。

 釣り騒ぎが収まるまで、しばらく鳥見は不調です。


2月15日 また雪が来た

コハクチョウ 幼鳥   2013年2月15日  長野県 安曇野市

 また雪が来た。この冬は雪が多いなと、雪が降る度に思う。実際に多いのか分からないが、つい愚痴を言いたくなるのは、修行が足りないのだ、たぶん。
 とか何とか言いながら、風よし、雲よし、雪もよしと。雪が降ってくれたよと、ほいほい出かける鳥馬鹿なのでした。

 今日は、雪の中の白鳥をしっかり撮ろうと決めて出かけたのですが・・・。

 まずは、田んぼで白鳥を見る。雪降りをついてコハクチョウの家族が飛んで来て、次々に田んぼへ降りるのだが、水面へ降りるのとは、勝手が違うのだろう、上の幼鳥のように、足をひねる子もいて。

 安曇野で越冬するオオハクチョウは珍しい。皆さんがどう考えるか分かりませんが、ここでは珍鳥に入ると思います。せっかくの雪降りだから、オオハクの記念写真も撮っておこうと、レンズを向けました。


オオクチョウ 成鳥と幼鳥   2013年2月15日  長野県 安曇野市

オオクチョウ 幼鳥   2013年2月15日  長野県 安曇野市

 成鳥1羽と幼鳥3羽のオオハクが白鳥湖とその周辺で越冬生活をしています。この群、たぶん家族でしょう。

 オオハクの幼鳥3羽が、何やら密談中・・・そんな雰囲気の画像です。右奥にもう1羽の幼鳥がいて、その前に成鳥がいます。どうせ謀議をするなら幼鳥4羽でやって欲しいのだが・・・勝手な想像を巡らしながら、撮っていると、前方の空をひと群れの鳥が通過。うん?・・・あれは・・・アトリの群。

 白鳥を撮ろうと決めていたのに、すぐに浮気。アトリの群について行く。背景が空だと、降る雪が写り込まない、なんとか地面へ降りてくれと願う・・・というより、採食のために、雑草などが顔を出している地面へ降りると知っているので、じっと待つ。数羽がパラパラと降り始め、いよいよチャンスが。

 だいたいこの辺りで邪魔が入るのが常で。今日は国交省の河川パトロールの橙色の車がぬっと現れ。またまた、またのまた、この車に邪魔されて。アトリの群は飛び去りました。


アトリ   2013年2月15日  長野県 安曇野市

 白鳥から離れてしまった。でも、戻る気も起きず、出だしの決心はチャラ。そう、雪はまた降るから、白鳥はそのときにと、適当に言い訳して、いつもの鳥見コースを進む。

 橙色の車は災いの種か、それとも福の神か、それはその日の運任せ。今日はちょっと福の方でした。

 例の、すぐに行方をくらましてしまうマヒワの群とバッタリ。毎度の月見草の残骸でお食事中の図だが、今日は雪がプラス出来るから、画像の出来映えにポイントを少し加算できそう。

 しかし、雪の日は地面へ降りて、枯れ草の下へ入ってしまう個体が多く、思うように撮れない。40羽ほどの群だったが、月見草に止まってお食事をしたのは4、5羽。大急ぎで雄と雌を見分けて数コマ撮り、次は幼鳥をと見回したところで、群は飛んでしまい、マヒワとはこれっきり。


マヒワ ♀   2013年2月15日  長野県 安曇野市

マヒワ ♂   2013年2月15日  長野県 安曇野市

 雪が降ると、いつもと違う景色の中の鳥見が出来る。だたの普通種、見慣れた鳥たちでも、新鮮な感じがして楽しい。
 それに、いつもより鳥達は食料探しに夢中で、こちらがじっとしていると、どんどん近づいて来るから、撮影チャンスが増え、それも楽しい。

 鳥見コースの途中で止まっては、現れた鳥さんを撮る。例えばカワセミには降る雪の中でホバリングしてなどと、いろいろな注文をしたけれど、ほとんど叶えてもらえなかった。それでも楽しい2時間半でした。

 来週の初めに、また雪が降ると天気予報が。今度こそ浮気せずに白鳥を撮ろうと、今日撮影した画像をチェックしながら思う。


カワセミ ♂   2013年2月15日  長野県 安曇野市

シジュウカラ   2013年2月15日  長野県 安曇野市

ツグミ   2013年2月15日  長野県 安曇野市

セグロセキレイ   2013年2月15日  長野県 安曇野市


2月13日 今日は河原の真ん中で

タヒバリ   2013年2月13日  長野県 安曇野市

 スタートが遅かったので、今日は河原の真ん中の中州で、タヒバリとクサシギを見物。正味2時間の鳥見は、これでめいっぱい、あっという間にお帰り時刻になってしまう。

 今、フィールドにしている河原では、大きな橋の橋脚改修工事をしている。それで、河原の中に工事用道路が作られた。砂利道だが、私にはスーパーハイウエー並。おかげさまで、のこのこと歩かなければ行けなかった場所へ、今は車ですっと行ける。ありがたや、ありがたです。

 羽虫を食べるセキレイの撮影場所も、このタヒバリを見ている場所も。スーパーハイウエーのおかげです。工事が終わり、一度増水でなみなみの水が河原いっぱいに流れると、ハイウエーは消滅してしまうから、それまでのお楽しみ。

 タヒバリ、今日は5羽いました。増えたり減ったりするのは、河原の何処かへ移動していた個体が戻って来るからです。現在、フィールドの河原にタヒバリが何羽いるのか、もう正確には分かりません。2週間ほど前までは、越冬個体が1羽だけだったのですが、2月に入り、ぱらぱらと増えてきました。もう春の移動が始まったのか、それとも私が越冬個体を1羽しか見つけていなかったのか、多分前者だと信じたいですが、さてどうなのか。

 

タヒバリ   2013年2月13日  長野県 安曇野市

 5羽のタヒバリの中で、1羽だけとてもフレンドリーというか、愛想のいい個体がいて、すぐ近くを歩いてくれる。今日は止めた車の下を歩いて行った。ものすごく近くて有り難いけれど、5mは離れてもらわないと撮影出来ません。

 クサシギは、警戒心が強いので、少しでも車を動かすと、飛び去ってしまう。今日は1時間半ほど車を動かさず、じっとしていたので、比較的近くを通ってくれました。成鳥冬羽個体だろうと双眼鏡を握りしめ、散々眺め、あれこれ脳味噌をかき回して判断しました。

 クサシギは単独でいるので、一か所で個体を見比べることができない。うまく撮れた、画像で比較することになる。また、ひと冬見られる個体数もせいぜい多くて5羽。識別の勉強に難儀します。

  

クサシギ   2013年2月13日  長野県 安曇野市


2月12日 河原の片隅で

翼の折れたコハクチョウ幼鳥   2013年2月11日  長野県 安曇野市

 昨日少しふれた、「怪我をして飛べなくなったコハクチョウ」の画像です。おそらく高圧線に衝突して、左翼が折れ、河原へ落下したと推測します。河原の片隅で怯えていました。

 実は10日、成鳥1羽と幼鳥3羽がいました。後から考えれば、落ちた幼鳥を家族が取り巻いて、なんとか一緒に飛ぼうとしていたのでしょう。白鳥がいたら、河原でも、近づかないようにしていますので、その場を離れましたが、幼鳥3羽の中の1羽が翼の折れた幼鳥だったのです。

 今日、さっそく、白鳥の会に保護され、動物病院へ搬送されました。2日ほど何も食べていなかったと思われ、かなり衰弱していたそうです。診察の結果、即左翼を切断する手術を受けたそうです。鳥から翼を取ることは辛いですが、そうしなければこの幼鳥は死んでしまいますから。

 落鳥しても、それが自然だから、放っておけと考える方もおいででしょう。しかし、助けようとする方もいて、ふたつの考えは、永遠に平行線でしょうか。
 でも、もしこのコハクチョウがトキだったらどうでしょう?放ってはおかれないでしょう。マスコミまで駆けつけてひと騒動になるでしょう、たぶん。
 トキの命とコハクチョウの命と、重さは変わらないのに・・・。

 翼を失った幼鳥君は、松本市のアルプス公園の動物園で余生を送ることになったそうです。


翼の折れたコハクチョウ幼鳥   2013年2月11日  長野県 安曇野市

 昨日タヒバリが食べていた甲殻類の残骸と思える物体を捜しに行きました。現場はすぐ分かりましたが、残骸は足の先端(上の画像)と考えられるひとかけらしか見つかりませんでした。かなり丹念に、倒れた雑草の下まで捜しましたが、すでに誰かに食べられてしまったのでしょうか。

 これは誰の足先でしょう?ザリガニではなく、付近で生息しているテナガエビではないかとのご意見もいただきました。甲殻類については全く知識がありませんので、こんな物もタヒバリが食べたという記録だけにしておきます。河原の片隅で割り箸片手に甲殻類の残骸を捜すなんて、すこし狂気じみて、いえ、おたくじみてますね。
 なお上の画像の罫線間の幅は6mm です。


キセキレイ   2013年2月12日  長野県 安曇野市

 このところ暖かい日には、河原の片隅の淀みでユスリカが飛び回ります。昆虫についても、知識はほぼゼロですから、蚊のような小さな羽虫をユスリカとしておきます。(以下羽虫と書きます)

 たくさんいる羽虫を食べに、セキレイが3種集まります。羽虫をジャンプして空中で捕らえたり、水面や石の間に落ちたものをついばんでいます。

 その、ジャンプして捕らえる瞬間を撮りたくて、チャレンジしていますが、難しい、難しい、ぜんぜん画像の中にセキレイを捉えられません。まだ3回チャレンジしただけですから、雑記帳に書くほどのコマ数を撮っていませんが。今日もチャレンジして、ほんの少し、タイミングが飲み込めたような気がしています。

 

キセキレイ   2013年2月12日  長野県 安曇野市

 上の画像は、羽虫を見つめるキセキレイです。次の瞬間、羽虫に飛びつき、たぶん食べたと思いますが、秒間10コマの撮影でも、その瞬間を押さえられませんでした。下は拡大した画像です。


 羽虫を食べに集まるのはセキレイだけと思っていましたが、今日はジョウビタキも、得意のフライングキャッチを駆使して、羽虫キャッチャーになりました。

 始め私を警戒して、淀みの縁の雑木林でウロウロしていましたが、セキレイが美味しそうに食べているので、怖さ半分、食べたさ半分でしょうか、羽虫キャッチに参加して来ました。

 セキレイよりジョウビタキの方が、若干飛びつくスピードが遅いような感じ。そこで、狙いをジョウビタキに変更。


ジョウビタキ ♀   2013年2月12日  長野県 安曇野市

 しかし、ジョウビタキ君も難敵でした。画像内には何とか収まるものの、肝心な羽虫がすでに閉じた嘴の中で、何をしているのか分からない画像ばかり。コンマ数秒の差で嘴が閉じてしまったのでしょうが。でも、セキレイよりはタイミングが取れそうなので、次のチャレンジには、ジョウビタキ専門で行こうかと。

 下は、嘴は開いているのですが、羽虫はどこだ?の画像。まだ手前を飛んでいるのか、それともすでに喉の奥なのか。
 こういう遊びを始めると、面白くてやめられません。


 ふと気付くと、目の前の雑木林から、ベニマシコがこちらを見つめていました。何をやっているのだ?と。

 明日の天気は雪らしい。雪が降ると羽虫は飛ばないだろうな。代わりに誰に会いに行こうか・・・。


ベニマシコ ♂   2013年2月12日  長野県 安曇野市

2月11日 タヒバリの食事

タヒバリ   2013年2月11日  長野県 安曇野市

 今日は、ランクで言えば、最低の底抜けの最低、最低 X 最低の日でした。全然写真が撮れず、怪我をして飛べなくなってしまったコハクチョウの幼鳥を見つけてしまうし、同じコチョウゲンには2度会えないというジンクスが復活しそうだし。帰りに白鳥湖へ回るも、今日もややこしいカモ、例のマルガモは見当たらずだし。

 昼下がり、何にもすることがなく、タヒバリがまだ3羽いたので、何を食べているのか眺めて暇つぶし。そのうち、マヒワでも、コチョウゲンでも飛んでくるといいのだがと思いながら。

 盛んについばむのだけれど、何を食べているのか正体不明。暖かい日には、寒い安曇野でも、もうユスリカがわいていて、水面近くを飛び回り、それを他のセキレイ類やタヒバリが食べるのは見知っていますが。ちなみに、タヒバリもセキレイ科の鳥なので、他のセキレイとすることはほとんど同じです。今日は北風が冷たく、カなど1匹も見えなかった。

 タヒバリが何かを見つけました。上の画像。以下状況報告です。

 

 長めの物体を雑草の下から引き出しました。現場で撮影中は雑草の茎に見えました。植物の茎など食べるのか、何か変だと感じました。
 撮影後、カメラのディスプレーで拡大してみるがなんだか分からず。というより植物の茎にしか見えず。


 長すぎて食べられないので、振り回して引きちぎろうとしているのか、さかんに振り回しました(下の画像)。
 

 引きちぎりに成功、先端だけ食べました。現場では食べたものが何なのか、結局分からず。植物の茎も食べるのだろうかと、半信半疑のまま。


 夜間にパソコンのディスプレーで、上の画像を拡大してみた。白い繊維状の物が食べている物から下がっている。この辺りで、こんな白い繊維を持っている植物なんてあったかしら・・・不思議だ。

 しばらく画像を眺めていて、はッと気付きました。下の画像で矢印の先、雑草の茎と思っていた物体は、どうも甲殻類の足らしいと気付いたのです。気付くのが遅く、ドジですねぇ〜、ちょっと情けない。

 そこで、上の画像に戻ってくわえた長い物体を拡大してみた。カニの足にしては長すぎるし、こんな浅いところにエビはいないだろうし、するとザリガニかも。正確には分かりませんが、おそらくザリガニの足だろうと推測しました。

 推測が続きます。タヒバリが雑草か石の下に隠れているザリガニの足を1本引きちぎったのだろうか。ザリガニもそれほど柔ではないはず。すると、例えばオオダイサギが食べた残りを、タヒバリが見つけたのだろうか。

 現場で甲殻類と分かれば、車から出て確認しに行ったのに、残念。明日、写真片手にもう一度見に行ってみようと決めました。暇だから。うまく現場が見つけ出せるといいのですが。

 今日は、これ以外特記事項も画像も何もなしの日でした。記録ノートに「タヒバリがまだ3羽いた」と書いただけの日でした。



2月10日 愛しの?コチョウゲン

コチョウゲンボウ   2013年2月10日  長野県 安曇野市

 はじめに、少々お知らせを。

 千鹿頭池の「しろちゃん」など雑種ガモとカイツブリについて、知りたいとこの雑記帳へおいでの方は、「雑記帳過去ログ」の「2012年6月分・7月分」をお読み下さい。6月分(←ここから行けます)

 千鹿頭池へ三日と空けずに通った縁で、町会のパンフレットに、このホームページが紹介されたそうです。特に千鹿頭池の特設ページは作ってありませんので、雑記帳をお読みいただくしかありません。

 そろそろ、過去ログ数ヶ月分を消去しようと思っていましたが、当面、消去出来なくなりました。現在、撮影した12年6月分の画像を整理している最中で、それが終わったら、千鹿頭池の雑種ガモコーナーを作りたいと考えています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、いつもの鳥馬鹿日記です。

 またコチョウゲンボウを見つけた。またまた、電線コチョウゲン。それでも、近寄って記念撮影。今日は青空いい天気。お日様がご機嫌なのはありがたいが、2月の中旬ともなると日差しが強くなり、もう陽炎がゆらゆら、遠方から撮影すると、どうしても画像が甘くなる。

 それで、人目もはばからず、道路1m進んではパチリ、1m進んではパチリ。何やってんだ、下のおっさんはとコチョウゲンは見ていました。

 前回出会った雄のコチョウゲンではなく、雌幼鳥ではないかと見ました。猛禽については、勉強不足で、識別はからっきしだめですから、たぶん雌幼鳥だろうとしておきます。

 右へ飛んで、右へ飛んで、そうしたら、ばっちし飛ぶ姿を撮るから・・・。懸命に願いましたが、コチョウゲン左下へすとんと舞い降り、そのまま地上すれすれを飛び去りました。

 前回は見失なってしまったが、今日は同じ轍は踏むまいと心の準備をし、双眼鏡もしっかり携行していたので、彼方の電線に止まるのをしっかり確認。再び車で近くまで行き、今度は電柱を隠れ蓑にして、にじり寄る。また来たおっさんがとコチョウゲンが見ていました。


 また、飛ぶまで待って、飛び姿を何とか・・・。今度は右へ飛びましたが、撮影失敗。毎度のごとく、腕の悪さを痛感。次は田の畦に降りました。しめしめ、初めて電線以外の場所で撮れると、再び車で駆けつける。

 ところが、逆光側からしか撮影出来ない。水田へのこのこ入る失礼は、自分も昔は田作り・稲作をしたから、出来ない。せっかく地上へ降りたのに、ぎんぎらお日様が憎い。ゆらゆら陽炎も憎い。
 水田には、あちこちに棒杭が立っているのだが、今日の個体も止まろうとする気配もなく飛ん行く。


 飛ぶまで待つ。今度も見失わず、枝に止まったと確認。この木は河原の中に生えていて、悔しいけれど、ここでも、順光側へ回り込めなかった。救いは高い堤防の上に車を止めて、水平位置で止まっているコチョウゲンを見られたこと。おじさんしつこいとコチョウゲン君。右へ飛んで。さぁ、右へ。

 しかし、コチョウゲン君の機嫌を損ねてしまったらしい。コチョウゲン君、前方へ、つまり川を越えて対岸の水田へ飛んで行ってしまった。鳥はいい、1分もかけずに川を横断できるから。人間は、車で数キロ走って橋を渡らなければならない。

 今日の、愛しの?コチョウゲンとの一方的なお付き合いはこれでお仕舞いになりました。今度は雪降りの日に出会いたいのだが。雪降りなら、電線でもかまわないから。



2月9日 そしてマルガモ君

カワアイサ ♂  2013年2月9日  長野県 安曇野市

 立春を過ぎましたが、1年で一番寒い時期に入っています。南の地から梅の花がほころびたなどという風の便りが届きますが。松本盆地はこの数日零下の世界。4日に最高気温が12度になったが、あれは偽り、嘘の春と、北風が大声で笑い続けています。

 3連休の初日、どこへ行っても人、人・・・。御宝田池の周りは黒山の人だかり、河原も釣り人が。こんな時は、決まった人しか集まらない白鳥湖の隅の方で、ややこしいカモでも来ないかと、立ち待ちするのが一番。いやいや、立ち待ちどころか、居待ち、寝待ちです、今は新月ですが。

 次の三日月は13日だが、雲行きがとても怪しい。連休3日目は雪降りの予報。その日は写真日和になるかも・・・それまで、三脚立てて立ち待ち、ややこし君が来ないかしらと。

 2時間、3時間立っていると、なにかしら撮れます。「ただの」鳥さん達ですが。カワアイサ君は、しっかり男前になり、後頭部のふさふさヘアーも整いました。しかし、まだ嫁さんが決まらないのか、単独行動。久しぶりに近くまで来てくれ、ありがとさんでした。

 アメリカヒドリ君は頭部の緑色部がもう少し広く、くっきりハッキリするといいのですが。アメリカヒドリの羽衣の色、特に頭部の色のバラエティについて詳しくないので、こんな感じの男の子もいるのだろうと思う。ともかく、珍客が来なかった今シーズン、ずっと付き合ってくれて感謝です。

 

アメリカヒドリ ♂  2013年2月9日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♂  2013年2月9日  長野県 安曇野市

 ホシハジロの駆け足スタートダッシュは簡単に撮れるので、走り始めると、つい人差し指が動いてしまい、毎度の画像を量産。やれやれと思いつつ。そして、ある日、目が赤ではなく黄色い個体に出会えないかしらと、思い続けています。本当に出会ったら、きっと、びっくりして、三脚をひっくり返してしまうでしょう。

 今日の最後の最後に、それでもと、カルガモの団体がいる水溜まりを見る。宿題が残っているので、時々チェックはしています・・・。今日もカルガモだけだろうと思いつつ端から見始め、1羽ずつ視野を移動。

 ところが、今日は違いました。カルガモ、カルガモ、次もカルガモ。そして、あれまッ、宿題のマルガモがいました。1度だけ現れ、証拠写真も撮れず、それきりになっていた個体です。遠い上に、日陰で、夕暮れでしたが、今日は証拠写真をなんとか確保。


マルガモ ♂  2013年2月9日  長野県 安曇野市

 マルガモを何羽か見て、カルガモの群の中に混じって共に行動する個体と、マガモの群に混じって共に行動する個体がいると気付きました。
 白鳥湖では、マガモとカルガモはそれぞれが群を作り、別の場所で越冬しています。

 カルガモと行動を共にしているマルガモを「カルガモ村のマルガモ」と勝手に呼んでいます。宿題になっていた上の画像の個体はまさにカルガモ村の住人です。

 昨年の3月以降、白鳥湖と安曇野の水田で見つけたカルガモ村のマルガモ3羽と比較してみました。もう少し近くで撮影してから判断しますが、どうやら違う個体に今日は見えました。

 下の2羽は、数羽のカルガモの群の中で共に行動していました。マルガモ2羽が並んで行動している場面は始めてみました。以降この2羽には出会えなかったので、それは、1回だけの経験でした。
 今日のマルガモは下の2羽とは別個体に見えますので、2羽のどちらかが再来したのではなさそうです。

 

マルガモ ♂  2012年5月1日  長野県 安曇野市

マルガモ ♂  2012年5月1日  長野県 安曇野市

 下の2画像は同一個体で、5月中旬になっても、白鳥湖から去らず、居残っている数羽のカルガモと行動していました。
 この個体が、再来したのではないかと、今日のマルガモを12月に見たときに考えました。しかし、比較すると、違うと見えます。

 明日以降のお楽しみとして、もう少しハッキリした画像を撮るという宿題が残りました。マルガモは、ややこし君の中では「普通のややこし」か「ただのややこし」ですが、それでもお楽しみが増えるのは嬉しいことです。


マルガモ ♂  2012年3月11日  長野県 安曇野市

マルガモ ♂  2012年5月17日  長野県 安曇野市


2月8日 消えるマヒワ

マヒワ 成鳥 ♂  2013年2月8日  長野県 安曇野市

 毎度のマヒワです。私のいつも回っている範囲内で、この時期撮れるマヒワは、枯れた月見草に止まっているシーンしかないのでして。毎年同じような画像を撮っては、あとで情けなく思っています。

 今日、マヒワの群は40羽ほどに減っていましたが、6日とほぼ同じ場所へ現れました。群で一定地域を巡っているはずと、撮影より行く先きの確認に力点を置き、ずっと群の移動先を追いました。例えば、花芽の膨らみ始めたネコヤナギに止まるチャンスはないか、などと思いながら。
 
 周りでワイワイしていた群が、いつも忽然と消えてしまう。どこへ消えてしまうのか不思議でした。マヒワがいくら小さい鳥とは言え、40羽もいる群が消えてしまうのですから。正確に言うと見失ってしまうのですから。

 マヒワは密集した集団で飛び回るので、一斉に腹を見せているときは、白い雲のように見え、居所が分かります。青空を背景に飛び回っていても確認出来ます。しかし、背景が雑木林になると、群はとても見えにくくなり、そのまま月見草へ降りてしまうか、立木の枝先に一斉に止まってしまうと、見失ってしまいます。

 今日消えるマヒワの謎が解けました。撮影場所と本流を挟んで、大きな中州が川の中央にあり、マヒワは雑木林を背景に飛んだ後、その中州へ降りてしまうから、いくら流れのこちら側で探しても見つけられないのだと。
 さすがに本流は渡れませんから、再びこちら側へ来るまでと、1時間待ちましたが戻りませんでした。

 おそらく、中州で何かに追われたら、たとえばノスリやチョウゲンボウの突撃を食ったら、こちら側へ逃げて来るのでしょう。

 1時間待って、飽きてしまい、マヒワを数コマ撮っただけで、また明日と引き上げました。

 帰り道で、いつものオオハクチョウの迷子幼鳥がいたので、眺めていたら、コハクチョウが騒ぎを始めた。この行動、何の目的でするのかは分かりませんが、人間には喧嘩としか見えません。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以下ドキュメンタリー風に。なお、コハクの雌雄は分かりませんので、適当に配役を決めてしまいました。

 家族の食事中に、よその兄ちゃん(一番左の個体)が鳴きながら走り寄り、いちゃもんを付けてきました。

 家族は迎え撃つ構え。とうちゃん(左から2羽目)が翼を広げ追い返そうと、かあちゃん(左から3羽目)も子供(幼鳥)に喧嘩の仕方を教えるために鳴き返し、子供も親のまねをして喧嘩の構え。手前に頭だけ見えるコハクは赤の他人なので、傍観を決め込む。


争うコハクチョウ  2013年2月8日  長野県 安曇野市

 よその兄ちゃん、とうちゃんに挑みかかる。父ちゃん受けて立つ。かあちゃんは応援。子供2羽は喧嘩の仕方を、真剣に?勉強中。傍観者はやはり見ているだけ。

 

 兄ちゃん首に食い付く。コハクの喧嘩はたいてい首に食い付きます。父ちゃんピンチ。傍観者はやはり見ているだけ。


 とうちゃん、子供とかあちゃんの手前負けられません。兄ちゃんの首に食い付き返しました。2羽は背伸びしてまで争います。傍観者はやはり見ているだけ。


 とうちゃん体をひねり、兄ちゃんの嘴を外しました。合わせ技で、翼で突っ張りを入れ、足でけたぐりを入れた?ので、兄ちゃん半身の体制になり、片足が浮き、及び腰。かちゃん足を踏ん張り、大声援。子供もまねて足を踏ん張る。傍観者はやはり見ているだけ。


 とうちゃんついに兄ちゃんを押し出す。にいちゃん気迫に負けて、よろめく。子供はしっかり喧嘩の仕方を学びました。傍観者はやはり見ているだけ。


 とうちゃん勝利。兄ちゃんの追い払いに成功。かあちゃん賞賛の鳴き声を上げる。にいちゃん、必死で逃げ、子供に衝突。腹いせに子供を蹴飛ばして、この場から逃げて行きました。こうして、家族の絆はいっそう強いものとなりました。
 傍観者はやはり見ているだけ。

 

 こうした争いはときどき起きます。水上で争うと、水飛沫が上がり、居並ぶカメラマン達が必死でシャッターを切ります。そして、逆光で飛沫が輝いている、そんな写真が巷に溢れることに。

 たぶん、組み合うのは雄同士だと思いますが、証明は出来ません。今日のように、1羽が突っ込んでくる場合の他、家族同士でぶつかることもあます。また、グループ同士が鳴き叫びながら向かい合い、双方の1羽が取っ組み合いをするケースもあります。見慣れた光景なので、さして感動しなくなりましたが、他所からおいでのカメラマンさん達には楽しい光景のようです。
 
 今日は蛇足の方が長くなりました。

 


2月6日 雪様々

タシギ   2013年2月6日  長野県 安曇野市

コハクチョウ   2013年2月6日  長野県 安曇野市

ツグミ   2013年2月6日  長野県 安曇野市

 予報通りと言いたいくらい正確に雪が来ました。雪が降ったからと言って、迷鳥が現れたり、珍鳥が出て来ることは、まずありません。でも、雪の中での食物探しに苦労する普通の鳥たちが、普段は出て来ない場所に集合していることはよくあります。

 雪が降るとタシギが必ず現れる場所があります。フィールドを回っていて、2か所そんな場所を見つけました。どこへ行こうかと考えて、まずタシギを見に。「必ず」が間違いないか確認しに。

 前回の雪の日には3羽いましたが、今日は5羽も。タシギを5羽同時に見るなんて、フィールドでは初めてです。タシギがぞろぞろいる三重県の池ほどではありませんが、こんなにタシギがいたのかと驚きました。5羽をまとめて撮りたかったのですが、臆病な1羽が大きな石の陰にすくんで出て来ず、仕方がない、長居は無用と4羽で諦めて次へ。

 白鳥も水田が雪に覆われてしまったので、普段は行かない犀川の中州で草を食べていました。そして、普段は浮かんでいない流れの中にいたりして。画像の2羽、嘴の黄色い部分があまりにもそっくりだったので、ついスナップ。結構つまらない部分に目が行ったりして、いやですね、鳥馬鹿は。

 次に粘った場所は、2日にタヒバリを撮影した河原の中洲。流れの周りは水の温度が高いので、雪が溶けてしまい、石ころ河原や、雑草河原が現れていて、食物を探しに鳥が集まります。また、タヒバリが出て来るだろうと、雪の中のタヒバリなんていいじゃない、などと考えて、中州の真ん中に陣取りました。

 現れた鳥は、カワラヒワ、ジョウビタキ、ツグミ、ヒバリ、タヒバリ、イカルチドリ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、それらを狙ってチョウゲンボウ。オオダイサギにトビは常連。流れにはカワウとカイツブリ、これも常連。上空をカワアイサの6羽の群が通過。私がいなければ流れに降りたでしょうが。近くの木から下りて来ませんでしたがオオタカ。

 

タヒバリ   2013年2月6日  長野県 安曇野市

 タヒバリを撮るのに散々苦労したのに、今日はタヒバリ君が目の前をすたすたと。雪が小降りになってしまい写し込められず残念と思っていたら、2羽目のタヒバリがすたすた・・・えッ、と思い双眼鏡で見回すと、向こうにも、あっちにも、合わせて5羽もいました。
 もう、渡りが始まっているのだろうか?そうそう、2日に水田で見かけた5羽が来たのだろうか・・・双眼鏡を握りしめ、よく見る。

 水田にいた個体は、白い眉斑の上にちょこっと黒い斑があったが(2日の画像を参照して下さい)、5羽ともそんな顔をしていなかったので、2日以降に移動してきた個体達なんだろうと推測しました。2月上旬にタヒバリは移動を開始しているのか?また分からないことが増えてしまった。


マヒワ   2013年2月6日  長野県 安曇野市

マヒワ 幼鳥   2013年2月6日  長野県 安曇野市

 タヒバリを見て、今日もセグロセキレイは成鳥がいないと見て、石ころ河原を歩き回るヒバリを見て・・・これでカワセミでも飛んで来れば、フルキャスト出演となるのだが。

 中州を離れて河原の中を移動。何処かでベニマシコの声がしていた。雪が降りしきっていたら、真っ赤なベニマシコも必死で探すのだが。

 雪と川霧でよく見えなかったので、木にいるのは確かにオオタカか見に行く。記録ノートに書く鳥名に「?」付きの記述はあまりしたくないので。

 枯れたヨシやらススキ、ビロードモウズイカ、月見草(オオマツヨイグサ)、ヨモギなどが渾然としている茂みがあり、その中から聞き覚えのある細い鳴き声が聞こえて来ました。

 おッ、と思い、車を止めてのぞき込むと、マヒワの群が。 1月25日に40羽ほどの群を見かけて以来、会えずにいたが、やっと見つけ出せました。雪のおかげでしょうか、ありがたや、ありがたや。しかも、マヒワは60〜70羽に増えて、幼鳥がたくさんいました。

 河原に月見草が群生していた場所がある。マヒワは月見草の種子が好物で、河原に現れると必ず月見草に群がる。それで、ときどき枯れた月見草が立ち並ぶ場所をチェックしていたが、なかなか出会えずの日々でした。

 相変わらずマヒワはせわしい鳥で、じっくり1本の月見草に居座って食べ続けない。右へ左へ移動し、数分間の後には、一斉に飛び立ち、別の場所へ移動してしまう。移動先が近ければよいのだが、入って行けない茂みの奥だと、もうお手上げ。
 今日も彼方の木へ飛び、白鳥保護のために立ち入り禁止になっている場所へ降りてしまいました・・・やれやれ。
 5分間ほどのお付き合いでしたが、久々の出会いはじゅうぶん楽しめました。

 雪でお困りの方々には申し訳ありませんが、今日は雪様々の日でした。


マヒワ 成鳥 ♂  2013年2月6日  長野県 安曇野市

マヒワ 幼鳥  2013年2月6日  長野県 安曇野市

マヒワ 成鳥 ♀  2013年2月6日  長野県 安曇野市


2月5日 たかがの続きの続き

食事中のオオハクチョウ 幼鳥   2013年2月5日  長野県 安曇野市

モズ ♂   2013年2月5日  長野県 安曇野市

 昨日は雨で、今日は晴れのち曇りで北風冷たし。明日は雪だそうで、それもまた大雪とか。お空も忙しいですね、少し休憩して4、5日晴れのままでいいのに。

 しつこいと言うか、諦めが悪いというか、今日もコチョウゲンボウを捜して水田地帯をうろうろ。コチョウゲンには出会えませんでした。捜しているときは出会えず、なんとなく走っていると、横を飛んでいたりして、嫌なやつ。

 ともかく、コチョウゲンの幼鳥は毎冬見かけますが、綺麗な成鳥雄は滅多に見られませんし、まだ雌成鳥を見たことがありませんから、猛禽嫌いと言いながら、興味津々で。

 今日の、画像は水田で出会った「たかが」と言われるだろう、普通の鳥たちです。

 オオハクチョウの迷子幼鳥は400〜500羽のコハクチョウの中でただ1羽。相変わらず20羽ほどのコハクチョウの群の後ろについて移動し、水田で食事をしている。

 コハク同士は鳴き交わす声で意思疎通が出来るだろうが、オオハクはコハク語が理解出来るのだろうか・・・などと、迷子幼鳥を見ながら考え始める。

 私が、突然英語圏に行き、皆が何を話しているのか、ちんぷんかんぷんで全然分からない、そんな状態なのだろうか。
 それでも、迷子幼鳥は元気だから、それでいいか。

 別に成鳥1羽と幼鳥4羽のオオハクの群が数キロ以内、つまり近くにいる。迷子幼鳥は、彼らと遭遇するなり、オオハク語の鳴き声を聞いているはずなのだが、なぜかそちらの群に合流しない。安曇野に飛来して以来、ずっとこの状態。迷子幼鳥は自分をコハクだと思っているのだろうか・・・いろいろ考えてしまった。

 私のフィールドで出会うモズは全部雄で、雌が1羽もいない。これは偶然なのか、それとも雌はこの地では越冬しないのだろうか。そもそも秋になると雌の数は減少し、ほとんど見かけなくなる。フィールドでも、昨年の10月8日に見た雌が最後で、以後雌は1羽も見かけない。雄は少なくとも10羽はいるのだが。この状況の謎が解けるだろうか。また、宿題を作ってしまった。
 

食事中のコハクチョウ  2013年2月5日  長野県 安曇野市

 時には説明をしなければ分からない行為がある。まったく嘘の説明をしても、通用してしまう光景もある。

 上のコハクチョウは、水面を嘴でなで、水面に浮かんでいる食料を漉し取っているのだが、春の暖かい光の中で、白鳥さんはうつらうつら夢心地、思わず伸びをしたら、あごが水に付いてしまいました、なんて解説したら、コハクを見慣れな人は信じてしまうかも。
 写真は時として嘘つきになるから、用心して見なければ、用心して使わなければと思う。


チョウゲンボウ ♀  2013年2月5日  長野県 安曇野市

 コチョウゲンボウは見つからなかったが、チョウゲンボウを見つけた。コチョウゲンを、この画像のようなシーンで撮りたいと水田地帯を巡っているのだが。見ている間に、コチョウゲンに早変わりなんて業を使ってくれると嬉しいのだが、そんなうまい話はまず起きない。

 猛禽類には暗いので、多分成鳥の雌でいいと思う。ピントが甘いので使いませんが、ホバリングしている画像で、上尾筒のグレーの部分に黒い横斑があるので雌だと判断しました。これ以上難しいことは分かりません。

 真冬の水田ですが、それでも何かしら、昆虫でもいるのでしょうか。遠くて正体は分かりませんでしたが、何度もつかみ捕っては、電柱のてっぺんまで運び、食べていました。ひと口で食べてしまう大きさですから、ネズミなどではなさそうでした。

 これで、粉雪でも舞っていると、もっと楽しい画像になるのだが・・・欲張りカメラマンは、いろいろ考えてしまいます。

 明日は雪だそうで、果たして車で出られるか、どこで、何を撮ればいいか、贅沢な思いを巡らしています。


チョウゲンボウ ♀  2013年2月5日  長野県 安曇野市


2月3日 たかがの続き

セグロセキレイ   2013年2月3日  長野県 安曇野市

 見たい鳥さんに、ことごとく振られてしまった午後。さてどうしようと考えて、セグロセキレイ見物に切り替えました。

 セグロセキレイは日本固有種ですが、ほとんど真剣に見てもらえない、まさに「たかが」の鳥さんです。かく言う私も、ほとんど撮影してない。少し反省しなければ。

 幸いにも、私のフィールドにしている河原にはセグロセキレイが何羽もいますから、見るつもりになれば容易に会えます。冬季の河原は、夏季にわさわさといたハクセキレイが、街中へ引っ越してしまうので、ハクセキレイよりセグロセキレイがはるかに多く、これも会いやすい理由です。

 上は、ちょっとグロテスクな画像ですが、セグロセキレイが好物のヒゲナガカワトビケラの幼虫を食べているところです。水の綺麗な犀川には、この幼虫がたくさんいて、セグロセキレイの食料には事欠きません。この幼虫を専門に探しているようにさえ見えるほど、よく食べています。

 セグロセキレイの雌雄は、慣れると容易に見分けられます。上の個体は、後頭部と背の色が真っ黒ではなくグレーがかった黒ですから雌です。ついでに、初列風切などに褐色が見えますから、第1回冬羽の雌です。

 たかがセグロセキレイですが、舌が何色かご存じの方は多くないでしょう。私も、黒かったような程度しか記憶していませんでした。今日撮影した画像を拡大して、改めて黒っぽい色だと確認しました。やはり、「たかが」と「いつでも見られる」という気持ちが先立ち、しっかりと見ていなかったと反省。

 下の画像は、上の続きで、幼虫を飲み込む瞬間です。舌が上手く見えましたのでトレミングしました。

 

セグロセキレイ   2013年2月3日  長野県 安曇野市

 雄の背の色は、雌に比べると、ずっと黒いので、識別可能です。下の個体も初列風切などに褐色が見えますから、やはり第1回冬羽の雄でしょう。

 成鳥の冬羽を撮りたいと、8羽を見ましたが、ぜんぶ若者で、成鳥は見つけ出せませんでした。セグロセキレイは警戒心が強いので、近寄りがたいし、待っていても簡単に寄って来ません。若者は、まだ何とかなりますが、成鳥はかなり距離が開いているのに飛んでしまうので、冬の河原では寄りがたい鳥さんです。

 今日のは、セグロセキレイだけで終わりました。15時過ぎに御宝田池で白鳥も見ましたが、光が強すぎて写真になりませんでした。

 今日は節分、明日は立春。さすがに2月になると太陽のまぶしさは12月とは段違いです。

 

セグロセキレイ   2013年2月3日  長野県 安曇野市


2月2日 たかがタヒバリですが

今日の夕暮れ   2013年2月2日  長野県 安曇野市
 久しぶりにフィールドへ戻り、半分だけ回りました。御宝田池と周辺で、水鳥関係はさしたる変化なし。コハクチョウとカモたちが増えているだけで、ハッとする客人も、ややこしい客人も来ていませんでした。

 今日の成果はタヒバリの証拠写真を撮ったこと。それだけでした。1月初旬から、犀川の河原で1羽のタヒバリが越冬していますが、遠くて写真が撮れず、見るだけでした。

 今日、やっと、必死の思いで近寄り、下の証拠写真兼記念写真を1枚もらえました。やけにハッキリした黒い斑が多い個体です。

 河原は真冬でも緑の雑草が茂っています。それが雪で倒されたり、カモや白鳥が食い散らかしたりで、それこそぐちゃぐちゃの状態。その中を歩き回っているので、見つけるだけでもひと苦労する個体です。私の回るフィールド内で越冬している個体はこの1羽だけです。

 ところで、タヒバリはそれほど皆さんの関心を引く鳥ではなく、まじまじと見る鳥見人も少ないと思います。たかがタヒバリですから。しかし、されどタヒバリなのでして。私は、前から、図鑑を見比べては悩みっぱなしの鳥さんです。

 図鑑では三通りの英名と学名が登場します。

 1 Buff-bellied Pipit  Anthus rubescens 
 2 Water Pipit  Anthus spinoletta
 3 Water Pipit Anthus spinoletta japonicus

 これって、素人には??なんですね。
 

タヒバリ   2013年2月2日  長野県 安曇野市

 ややこしい話を続けます。某図鑑によると、

 日本へ渡来するのは亜種 Anthus rubescens japonicus
 日本の分類では、イソタヒバリ A. petrosus (Rock PiIpit) と 
 ミズタヒバリ A. spinoletta  (Water Pipit) をまとめて
 A. spinoletta としている・・・そうです。

 ここまでで、少し分かりかけてきたような気分ですが。
 「japonicus」はヨーロッパの図鑑(Coiiins)、アメリカの図鑑にも登場します。

 悩んでしまうのは、Collins では、Rock、 Water、 Buff-bellied が亜種として並んでいる。では、上の個体は、どれなんだという悩み。
 もうひとつの悩みは、昔、足が肉白色〜赤褐色ではなく、黒い個体を相模川で見たこと。そして、上の写真のように冬羽の胸から腹の地の色が白くなく、薄いバフ色だったこと。あのタヒバリはなんなのだろうという悩み。

 昨年購入した図鑑「BIRDS OF CENTRAL ASIA」を開いて、ちょっとだけ悩みが解決出来た気分になりました。
 同図鑑で、Buff-bellied Pipit の冬羽は上の写真の個体のように胸から腹の地の色が白く、Water Pipit は薄いバフ色で、しかも足の色がグレー〜黒色でした。
 上の個体はAnthus rubescens japonicus でいいと、昔相模川で見た個体はA. spinoletta  (Water Pipit)と、取りあえず自分では納得しました。ややこしい話はこれくらいで。

 1羽のタヒバリで、これだけ悩めれば楽しい限りです。

 今日は気温が15度くらいまで上昇、ちょっと春めきました。河原でタヒバリを撮影したあと、水田を回っていたら、突然鳥が飛び立ち、再び水田へ降りました。??なので、双眼鏡を握る。なんと、タヒバリが5羽、水の溜まった所へ降りていました。

 25日に回ったときは見かけませんでしたので、この数日の間に来た団体なのでしょう。大急ぎで、2羽を撮影したところで、また飛んで、彼方へ行ってしまいました。5羽全部を撮り、比較したかった、残念。数日内にまたチャンスがあるといいのですが。
 
 下の画像2枚、タヒバリとしますが、半分疑ってもいます。眉斑の上の黒い斑が気になりますので。


タヒバリ?   2013年2月2日  長野県 安曇野市

タヒバリ?   2013年2月2日  長野県 安曇野市

 タヒバリを見送って、農道を少し進んだら、今度は小さな青灰色の鳥が
地面すれすれを、一直線に飛んで来ました。

 先日ジンクスが消えたコチョウゲンボウの雄が吹っ飛んで来て、飛び去りました。どうやら、コチョウゲンはこの付近を周回しているらしい。ならば、撮影チャンスがあるだろうと、車を止めて、双眼鏡で見回していたら、突然、今度は視界いっぱいにモズが飛び込んで来て、今日は。下はトレミングなしの生写真です。私もびっくり、モズ君もびっくりでした。


モズ ♂   2013年2月2日  長野県 安曇野市

 15時を回ったので、いつも通り、白鳥湖へ。こちらもカモと白鳥が増えただけで、珍客はなし。暇そうだけれど、レンズだけはとセットしたら、運がいいのか悪いのか、オオタカが飛んで来て流木の残骸に止まりました。毎度カモをかき回して、カモ見を邪魔する、ちょっと憎たらしいオオタカ君です。
 でも、まぁ、せっかくだから、飛び立つ瞬間でもと。慣れないことをしたので、シャッターを押すタイミングが、ちょっとばかし遅れました。

 タヒバリ君の団体がしばらく逗留してくれると、もう少し勉強出来るのですが。今日は、なんだか、タヒバリ日の気分でした。たかがタヒバリ、されどタヒバリでした。


オオタカ   2013年2月2日  長野県 安曇野市


2月1日 かけずりまわる青春?おまけ

アオジ ♀   2013年1月28日  愛知県

 目的地直行型の鳥見でしたが、目標の3羽以外にも近くへ出て来た鳥さんを撮影しました。ただ、じっと待っているのは退屈ですから。そんな中から見つくろって。

 アカハジロの食料はヒシの実らしい。あんな固い物を消化出来るのだろうかと思いましたが、潜水して、池の底から何個もくわえ出しては食べました。その名を負うヒシクイが食べるのですから、アカハジロが食べても不思議はないでしょうが。
 ただ、やはり実の棘のように角張った部分は苦手なようで、嘴の中で何度も回して、おそらく角を取ったのでしょう、その後で飲み込んでいました。丸呑みでした。


アカハジロ ♂   2013年1月29日  滋賀県

カシラダカ   2013年1月29日  滋賀県

タカブシギ   2013年1月28日  三重県

 かけずりまわって、ガソリンの月予定使用量が大幅にオーバーしたので、ネタの写真がある間は、なるべく動かないように、3日間は鳥見に出かけるのを我慢しました。

 実は、あれこれ用件があったので。宴の後、つまりかけずりまわって楽しんだ後は、それなり用事が溜まってしまい。

 まず、歯医者さん。まだ治療中です。一度客を捉まえると、なかなか放してくれないのが歯医者さんでして。
 おかげさまで、歯茎の腫れは引き、ゆっくりとですがスルメもしゃぶれるようになりました。ありがたや、ありがたやですが、「まだ消毒して、経過を見なければ・・・完治はしてないので・・・。」そう言われると拒否も出来ず。

 それから、ババ様の介護認定の調査に、市役所の係の方が来たので、お相手して。買い物にも行かねばならないし。
 宴の後は、味気ない。明日は絶対鳥見に行かなくちゃ。

 真冬にタカブシギを見られるなんて、やはり暖かい土地はいいですね。第1回目冬羽、成鳥冬羽といろいろ見られ、当然渡りの時期には、幼羽や夏羽も見られ、羨ましいかぎり。

 で、このタカブ君は第1回目冬羽だろうと、浅い経験で判断。家へ帰ってから、当地のシギに詳しい方のブログを拝見。第1回冬羽とされていたので、浅い経験が数ミリ深まった感じです。

 彼方にオオハシシギがいましたので、近くへ来るまでしばらく待ちましたが、物陰に入って休憩してしまい、今回は撮れませんでした。
 目標3羽の他に、もちろん第4、第5の目標も考えていました。オオハシ君は、前に成鳥冬羽を撮ってあるので第4目標でした。もしかすると、4番目にしたので、オオハシ君の機嫌を損ねたのかも。

 ほいほい近くまで来たのは、タカブとタシギでした。タシギは私のフィールドにもいますから、興奮度は低いですが、鳥さんの方から近寄って来るから、ここは楽しい場所です。

  

タシギ   2013年1月28日  三重県

 タシギ君、空を見上げて固まってしまった。だいたい想像がつくので、私も車の窓から首を出して、空を見上げると、やはりチュウヒが飛んでいました。

 猛禽については、まるで暗く、図鑑の写真を見た程度の知識しかありませんが、ちょっと見、見慣れたチュウヒとは違うのでは。翼の下面が随分と白いし、体はやけに明るい茶色だし・・・自信はないけれど、いわゆる大陸型のような服を着ている・・・。この感想が正しいのかは分かりませんが、大陸型のチュウヒ?とメモをしました。

 

チュウヒ   2013年1月28日  三重県

 防波堤の上を走っていたら、砂浜に集まっているダイゼンが目に入る。車を止めて、数えると19羽。ダイゼンが越冬していると知っていましたが、こんなにたくさんいるとは驚きでした。やはり、ここは鳥さんにとっても環境がよく、楽しいところなんでしょう。

 本当は、じっくりと構えて、第1回冬羽、成鳥冬羽と識別の勉強をしなければならないのですが、潮が満ちて来て、第2目標のホイグリンカモメに向かっている途中だったので、スナップだけして、通過しました。

 真冬に、こんなにたくさんダイゼンが集まっている光景は、再び見られないかも。髪の毛を引かれましたが・・・ダイゼンは目標外だったのでパス。こういう鳥見はよくないと思いつつ、ホイグリンへ。

 これで、今回のかけずりまわる青春?はお仕舞いです。もう一度、ダイゼンだけでも見に行きたいが・・・。さて、夢は叶うか、叶わぬか。「どこでもドア」が欲しいですね。

 

ダイゼン   2013年1月28日 三重県

1月分   ホームヘ 3月分