私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2012 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


2月分  4月分

3月31日 ネパールか、メンガタか

メンガタハクセキレイ   2008年3月28日  沖縄県 与那国町

 与那国で鳥見中の鳥見人さんからメールが来た。ネパールハクセキレイを見た。そいつはすごい、羨ましいと返信。次の日、ネパールかメンガタか悩んでいるので調べて欲しいと再メール。画像が添付されていた。

 悩みは顎(あご)の部分に白線(顎線)があること。現地では、顎線があるのはネパールではないとの見解が有名な方から出て、皆さん悩んでしまったらしい。

 送られて来た画像を見ると、岡目八目どう見てもメンガタとしか見えない。確かに、ブログなどで広く出回っているネパールの画像を見ると、上の画像のように白い顎線がある。しかし、ネパールの背は真っ黒のはず。ちょうど日本本土にいるセグロセキレイ並に真っ黒なはず。例外として雌の非繁殖羽は灰色をしているが、メンガタほどしっかり灰色にはならない。

 全体を見ていくつかの特徴をチェックすれば、ネパールは否定出来るのだが。しかし、珍鳥が現れる与那国、悩んでしまうのも無理からぬ事と思います。かく書いている私も、ニュウナイスズメの雌を見て、すわ珍鳥と思い連写しましたから。なつかしい思い出です。

 ネパールはまだ見たことがない。ブータンへ行けば見られるよと言われたが、与那国だって今は彼方の夢の国なのに、ブータンなんて、とてもとても。
 ネパールでなくて、鳥見人さんはがっかりしているかも。しかし、メンガタだってそうそう見られる鳥ではないのだから。

 (画像は2008年に私が撮影したメンガタハクセキレイです)


メンガタハクセキレイ   2008年3月28日  沖縄県 与那国町


3月30日 そろそろノビタが

さくら   2013年3月30日  長野県 安曇野市

 名前は分からないが、私の回るフィールド内で一番に咲く桜。松本城のソメイヨシノの開花予想は4月3日頃だから、松本城よりちょっとだけ開花が早そう。桜が開花したとニュースが賑わう日、あの樹はもう咲いてるもんね・・・と、たぶん思う。

 桜が咲くより前に現れるのがオフロードバイク。今年も目覚めたのか、雑木林の中を走り回り始めた。雪や氷やの時期には現れない軟弱者共が、啓蟄の虫と同じで、春になるとごそごそわいてくる。バイクが走り始めると、この雑木林の鳥見はだめです。下草や野バラが繁茂して、軟弱者が走れなくなるまで。

  

キジ ♂   2013年3月30日  長野県 安曇野市

 キジは大胆なのか、臆病なのか、多分後者なのだろう。木の陰からこちらの様子をうかがっていた。隠れているつもりらしいが、ど派手な顔は隠れん坊には向かない。こちらがじっとしていたので、やがてごぞごぞと藪をくぐり、7、8m先を通り、ゆっくりと藪の中へ消えた。まもなくケンケン、バサバサの母衣打ちを始める季節だが、それまでキジは無口な鳥さんである。ひと声も発しない。

 そろそろシロハラも繁殖地へ旅立たねばならない時なのだが。シロハラ君といつもほとんど同じ場所で出会うから、越冬個体がまだいるのだと思う。桜の開花が早いか、シロハラ君が消える方が早いか・・。ノスリはいなくなったが、最近はオオタカの雄が飛び回っているから、早く旅立った方がいいよと、いらぬおせっかいを言いたくなるのだが・・・。

 ここで、バイクが入って来たので、雑木林から、いつもの河原へ移動する。


シロハラ   2013年3月30日  長野県 安曇野市

タヒバリ   2013年3月30日  長野県 安曇野市

 上はいつものピンポイントの場所にいるタヒバリ。そろそろ旅立つ頃だと眺めているが、相変わらず2羽で歩き回っている。この場所はずっと2羽のままで、タヒバリは増えない。

 越冬個体を撮影した、そして越冬個体を見続け、やがて新顔が来て7羽になり、越冬個体の識別が出来なくなった場所にもずっとタヒバリがいる。
 3月中旬過ぎ、7羽が2羽に減り、上の画像の個体と、こちらの2羽のどちらが先にいなくなるか・・・揚げヒバリのさえずりを聞きながら、どうでもいいことを楽しみにしていた。

 最近、越冬個体を観ていた場所は草が茂り始め、タヒバリは草陰へ入ってしまい、見えないことが多くなった。今日も2羽を捜していたら、ひょこり草の上へ現れた。なかなか気だてのいいやつで、ポーズまでしてくれた。
 実は雑草に付いている虫を歩きながらついばんでいたら、葉の上へ出てしまい、私に見つかってしまった、これが真相みたい。

 今日はさらに余談があります。なぜか急に鼻がむずむず、例の症状が起きて、河原の真ん中で誰もいないから、思い切り大声?で3発立て続けにくしゃみをした。そうしたら、近くの草むらからタヒバリが3、4羽飛び出した。そんなにすごいくしゃみをした覚えはないのだが。ウソみたいな話。で、2羽になっていた場所のタヒバリが5羽に増えていると分かった。これでまた、どの個体が残っていた2羽か分からなくなった。


タヒバリ   2013年3月30日  長野県 安曇野市

 最後はトビのノートリ画像。夕陽の中で輝くスズメ・・・この絵をずっと撮りたいと思っている。今日も、お帰り時間を気にしつつ、スズメをねらっていたら、いきなりトビが横切った。珍しく人差し指の調子がよくて、瞬間にシャッターが切れた。ブレブレ画像がまた撮れたかと思ったが、カメラとレンズの性能がよくなったので、顔にピントが合っていた。最近はもっぱら機械に助けられているようだ。

 いよいよ3月も終わりますね。渡ってくる夏鳥、残っている冬鳥、移動中の渡り鳥。白鳥はまだ90羽ほど残っているらしい。春の今時は冬鳥と夏鳥が混在する時期。普通種ばかりだが、どうしてなかなか楽しい。

 フィールドに、婚姻色の出始めたコサギが10羽ほどやって来た。今春は早めに暖かくなったから、そろそろノビタキも現れそう。チェック場所に河原の堤防もくわえなければ。ノビタ君は、堤防の草むら伝いに現れる。昨年は4月5日がノビタ君の初認日。


トビ   2013年3月30日  長野県 安曇野市


3月27日 キセキレイのジャンプ

クサシギ   2013年3月27日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♀   2013年3月27日  長野県 安曇野市

 今日の画像は、とても春と思えない情景ですが、安曇野の今の雑木林は概ねこんなものです。意識してポイントを選ばなければ春らしい背景になりません。

 ゴイサギ、チュウダイサギ、チュウサギが来ていないかサギ山を見に。アオサギしかいませんでしたが、30〜40個の巣でアオサギが座っていました。抱卵中です。

 いつもは入らない場所へ行ったので、せっかくだからと鳥見をする。不用意に歩いていたら、いきなりクサシギが飛んで逃げた。クサシギは皆旅立ってしまったと思っていたので、驚いた。ともかく証拠だけはと必死でシャッターを切る。

 いなくなったと書いたジョウビタキもいた。しかも雄と雌が同じ場所に。いないはずの鳥たちの扱いは、かなり乱暴に、すべて渡り途中の個体とすれば、すっきりする。しかし、すっきりはするが、実際の所は分からない。いっそのこと、ジョウビタキもクサシギも安曇野で繁殖すればいいのだと、鳥馬鹿は勝手なことを考える。

 川筋に羽虫が、それこそ降る星のごとく飛んでいる。2月の寒風吹きすさぶ日にも、羽虫は飛んではいるが、この時期に飛んでいる数は2月の比ではない。

 それをキセキレイが食べている。1時間ほど見ていたが、羽虫以外は食べなかった。コサメビタキのようにフライングキャッチをしたら、その瞬間をぜひにも撮りたいと、レンズを向け続けた。しかし、倒木の上を歩き回って、木に付いている羽虫を拾うばかり。その方が確実だし、短時間にたくさん食べられるから合理的なのだが。分かるけれど、飛んでくれないかと待つ。

 1時間の間に4回虫に飛びつきましたが、フライングキャッチではなく、飛びついて拾うというほうが正確な捕食でした。かなりのスピードで飛びつくので、誤って木と衝突しないかと人間は余計な事を考えてしまう。しかし、寸止めというか、木に止まっている羽虫をくわえ捕り、体が衝突しないように木へはちゃんと足を出す。たいしたものだと、液晶モニターでコマ送りをしながら感心する。フライングキャッチはトンボほど大きい虫でないとしないのだろう。やはり、小さな羽虫は拾う方がいい。

 鳥見時間が1時間ほどしか取れなかったので、キセキレイを眺めただけでした。

 

ジョウビタキ ♂   2013年3月27日  長野県 安曇野市

キセキレイ ♂   2013年3月27日  長野県 安曇野市


3月26日 続、ピンポイントの場所

キレンジャク   2013年3月26日  長野県 安曇野市

 花粉に負けずと出かける。出かければ、何かに出会える。今日は久しぶりのキレンジャクと出会った。30羽ほどのレンジャクが柳の梢で若芽を食べていた。今日こそ雌のヒレンジャク成鳥を撮影して宿題を片付けようと、1羽ずつ見ていたら、尾羽の先の黄色が見えた。ラッキー!久しぶりのキレンジャクだったので、この1羽にしか目が行かず。ヒレンジャクの雌は次回へ、宿題はサボってしまおう・・・。

 昔、少しだけ鳥見をお手伝いした西欧の方とレンジャクを見た。そのとき、関東では赤い尾がほとんどなので、黄色をたくさん見たい・・・と話したら、ヨーロッパには赤い尾のレンジャクはいないから、とてもラッキーだと言われてしまった。その方、シジュウカラを見ても、腹が白いと喜ぶし・・・。キレンジャクに会うと、いつもこの思い出が浮かんで来る。

 今日のキレンジャク、初列風切の外弁、画像では翼の横が白い破線のように見える部分が、まだ黄色になっていないので、第1回冬羽だろうと、撮影しながら思う、少し勉強していたから。
 そして、こちらを向いたときに、喉の黒い部分と胸の境界がなんとなくぼやけて見えた。なるほど雌はこんな感じなのかと見つめながら考える。すると、このキレンジャクは雌の第1回冬羽となる・・・涙目で必死に見た結論なので、取りあえずこの判断でいいとしよう。ヒレンジャクで生まれた宿題を、キレンジャクで片付けさせてもらった。


チュウダイサギ   2013年3月26日  長野県 安曇野市

 昨日の柳に群がるヒヨドリの場所へ行きたいという方が現れたので、飛び去ったレンジャクの群の追っかけは止めて、河原まで案内する。柳にヒヨドリ見物はお任せして、せっかく河原まで来たからと、私は昨日書いたピンポイントの場所へ行く。

 遠目に小振りなダイサギが見えた、もしかして・・・。かなり遠くで車を止めてレンズを構えたが、それでも飛ばれてしまった。しかし、グレーの足がハッキリ見えた。チュウダイサギは夏鳥で、そろそろ来る頃と思っていたから、また「初」をひとつ拾えてラッキーでした。

 チュウダイサギ、昨春の初見日は4月2日なので、1週間ほど早い。桜の開花が早いと伝え聞く今春、夏鳥の渡来も早いのだろうか。明日はサギ山をチェックしなければ、チュウサギやゴイサギが来ている可能性が生まれたから。


イカルチドリ   2013年3月26日  長野県 安曇野市

 昨日名前を並べなかったので、イカルチドリが抗議にやって来た。俺もいるぞ!って。まだ第1回冬羽の個体。

 イカルチドリは、コチドリの存在が気に入らないらしい。そもそもここにイカルチドリはいなかったが、コチドリの声が聞こえたのか、姿が見えたのか、ずかずかとやって来てコチドリを追い出した。私の車など目にも留めず。

 下は、ここにいる2羽のコチドリ。迫るイカルチドリを気にしつつ、次の行動に備えているところ。
 コチドリA「おまえ、あいつに文句言いに行けよ」
 コチドリB「ぼく、知らないも〜ん」と空など見上げる。
 この後イカルチドリに2羽とも追われてしまった。


コチドリ   2013年3月26日  長野県 安曇野市

タヒバリ   2013年3月26日  長野県 安曇野市

 2羽いるタヒバリの1羽。昨日アップした個体ほど夏羽への換羽が進んでいない。このタヒバリも、他のセキレイの隙を突いて採食しているが、セグロやハクセキレイに追われてしまう。

 昨日はハクセキレイの画像をアップしなかった。たかがハクだもの。それでか、やけにハクセキレイがたくさん現れ、車の屋根の上を歩く個体までいた。たくさん来ると、やはり識別したくなり。成鳥の夏羽に換わっている個体は難しくないが、換羽中の個体には思わず悩んでしまう。

 

ハクセキレイ 成鳥 ♂ 夏羽   2013年3月26日  長野県 安曇野市

 成鳥夏羽の雄が一番分かりやすい。とにかく背中が真っ黒だから。下の個体嘴が上下とも黒いので成鳥と考えられ、背中が灰色から黒色に換羽中に見えるので、雄の冬羽から夏羽へ換羽中の個体だろう。


ハクセキレイ ♂    2013年3月26日  長野県 安曇野市

 次の個体は、下嘴がまだ黒くないので成鳥でなく、第1回冬羽から第1回夏羽へ換羽中まではいいとして、さて雌雄はと悩んでしまう。感じとしては、雌だと思うのだが。たかがハクセキレイでも、春は識別困難な個体がいるから、たかがでくくれない。
 それではと、雌雄各段階のカタログでも作ろうかなんて、また宿題を考えついてしまった。遠出が出来ない身だから、たかがの普通種で遊ばねばならないから、ハクセキレイ辺りが手ごろかも。


ハクセキレイ ♀(?) 第1回冬羽    2013年3月26日  長野県 安曇野市


3月25日 ピンポイントの場所

マヒワ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

 昔、花粉症で辛かったが、松本へ引っ込んで以降は、歳を取ったこともあるのか、少し感じる程度に軽くなっていた。鳥見に出かけても、たまに鼻がむずむずする程度だから、最近はさして気にも留めていなかった。

 ところがどっこい、花粉症には完治などないのだろう。鳥見中に鼻水は出るは、涙は出るは、くしゃみは出るは、もう今日は滅茶苦茶。ティッシュで涙を拭きながら双眼鏡するなんて、世界が涙でぼやけるなんて久しぶり。そうそう、3月末から4月に与那国へ出かけていたひとつの理由は、沖縄には花粉症がないから。与那国の空気は美味しかった。

 しか〜し、花粉症くらいで鳥見を止めるほど柔じゃない・・・。柳の花を見ながら思う。マヒワもヒヨドリも花粉は平気なんだろう。くしゃみをしているヒヨドリなんて見たことないから。

 マヒワ、ヒヨドリ。ベニマシコ、シジュウカラは柳の花を食べる。ヒヨドリなどアクロバットまでして食べるのだから、とても美味しいのだろう。同じ場所にいるカシラダカ、ツグミ、キジバトが食べる姿をまだ見たことがない彼らは食べないのだろうか。

 

ヒヨドリ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

コチドリ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

 河原の中で目を付けているピンポイントの場所、シギが渡り途中に休憩する場所と信じて、時々チェックしている。タカブシギかトウネンが立ち寄るとよいのだが。

 コチドリが3羽になったが、どうも独り者達のようで、お互いに牽制し合って互いに近寄らない。3羽とは言わないが2羽をひとつ画像に納めたいと眺めていたが。

 タヒバリはだいぶ夏羽のバフ色が出て来た。この個体が越冬していた個体か渡り途中の休憩組なのか分からない。胸の黒斑で識別出来ないか試みたが、難しい。全く同じ角度で同じ姿勢の画像がないと比較は出来そうにない。ただ、2月からこのピンポイントの場所にいつも1羽がいるので、越冬個体がずっと頑張っていると思いたい。


タヒバリ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

タヒバリ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

イソシギ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

 いつもいるイソシギの第1回冬羽個体。この子もここで越冬していたと思う。ときどき行く私の車にも慣れてしまい、車の下を歩いて通ることも。それって、嬉しいけれど、やはり撮影出来る距離にいて欲しい。
 
 いつもの草陰から顔を出し、あっまた来た!草の先端がすべてちぎられているのは、たぶん夜間にカモたちが食べているから。時間的に余裕があれば証拠写真を撮りたいが、最近夜遊びが出来なくて。月明かりの鳥見も面白いのだが。


イソシギ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

カイツブリ   2013年3月25日  長野県 安曇野市

 冬羽で薄いバフ色をしていたカイツブリもすっかり夏服に着替えた。この草陰を休憩場所、避難場所にしているらしく、ときどきここに浮かんでいる。このポイントの常連です。

 キセキレイはほとんど来ない。まれに通りかかっても、セグロセキレイかハクセキレイに追われてしまう。広い河原の中の、ほんの15m四方の場所なのだから、さして争うこともないだろうに。とくべつ食料が多いのでもないと思えるが、それでもセキレイ3種は追いかけっこに見える争いを止めない。

 優位はセグロセキレイ。ハクセキレイが増加して、セグロは圧迫されているかに見えたり、ブログでそんな記述を見かけたりする。だが、私のフィールドにしている犀川では、まだたくさんのセグロセキレイが生息していて、ハクセキレイよりは優位を保っている。ポイントの場所へハクも入って来て採食するが、何処かで見ているのだろう、セグロが飛んで来て追い出してしまう。それに、セグロも特定の個体が占有権を主張しているので、セグロ同士も追い出し行動をしている。

 他に、オオダイサギ、アオサギ、カワウ、コガモ、マガモ、カワセミがここへ来たり、近くで採食しているが、彼らは警戒心が強く、私の車が彼方に見えただけで逃げてしまう。ごく普通種しかいないけれど、4月初旬には、きっとタカブシギが・・・と夢見ています。

 河原の中にいると、少しは花粉から逃れられるかと思ったが、全然だめ。涙目、鼻むずむずが止まらず、頭もぼ〜ッとして、やれやれの日でした。


水浴びをするセグロセキレイ   2013年3月25日  長野県 安曇野市


3月23日 第2部 残念の極み
 まず画像を3枚。一昨シーズン諏訪湖にいたキンクロハジロとホシハジロの交雑個体と、昨日御宝田池にいたややこし君、キンクロハジロとスズガモの交雑個体、そしてコスズガモ雄です。


キンクロハジロ X ホシハジロ交雑個体  2011年1月29日  長野県 岡谷市市

キンクロハジロ X スズガモ交雑個体   2013年3月22日  長野県 安曇野市

コスズガモ ♂   2006年1月17日  東京都 台東区 不忍池

 今日、羽ばたいた姿や飛んでいる姿をしっかり撮ろうと御宝田池へ行きました。しかし、ややこし君はいませんでした。残念の極み。昨日スズガモを追わず、ややこし君を追っていれば・・・また、いつもの後の後悔何とやらです。スズガモは今日もしっかりいましたから。悔しいけれど、どうしようもない。何処かへ出かけていて、明日は御宝田池へ戻っているなんてことは、まずないでしょう。

 渡りが始まり、安曇野の上空を通過して行くカモなどが多数いると考えられます上空を通過中、下の河原に白鳥やカモが団体でいるから、ちょっと休憩していこう、そんなカモがいるのでして。典型例はシマアジで、長くても2日、気の短い個体は、朝見つけて昼にはもう飛び立つなんてことも。ややこし君もちょっと休憩組だったのでしょう。1日でぬけてしまった。キンクロハジロが昨日より20羽ほど少なくなっていたので、たぶん一緒に渡去したのでしょう。

 ややこし君の正体はキンクロハジロとスズガモの交雑個体だと思います。私は始めて会ったので、図鑑やネット情報を参考に判断するしかなありません。あれこれ読んだり、見せていただいて、キンクロ X スズガモの交雑個体だろうと思います。比較のため、キンクロ X ホシハジロの交雑個体を上に出しました。2羽は、見た目にも明らかに違います。そして、コスズガモともややこし君は違います。

 ひとつ訂正ですが、ややこし君の体の脇は真っ白と書きましたが、何枚かの画像を拡大して見ると、脇に薄く波状斑が見えるので、ほぼ真っ白としておきます。

 検討中にぶつかった??がありました。Collins の解説では、とてもスズガモに似る、頭部は緑色となっています。
 嘴は昨日書いたスズガモ雄の嘴によく似ているが、頭部は緑色よりは、常に紫色か黒色に見えたし、遠目にはスズガモよりキンクロハジロに似ていると見えましたから・・・天下の Collins だし・・・。
 何より、ぱっと見、コスズガモではないかとまず思いました。それから冠羽が見えたので、これはややこし君だとなったのでして。
 
 素人は突拍子もないことも考えました。コスズガモとキンクロハジロの交雑個体はいないのかと。その交雑個体ついてのブログの記事や、図鑑の記載が見当たらないので、その交雑はほとんどないのでしょう。生息域がコスズガモは基本的に新大陸で、キンクロハジロは基本的に旧大陸ですから、交雑の可能性はとても低いと考えるべきでしょう。

 他にもあれこれ想像して楽しみました。あれこれは、長くなるので書きませんが、大いに楽しませてくれた交雑ガモ君に感謝。


キンクロハジロ X スズガモ交雑個体   2013年3月22日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ X スズガモ交雑個体   2013年3月22日  長野県 安曇野市

 カモ以外で、今日目にしたこと。
 御宝田池横の雑木林へ、およそ30羽のツグミの団体が入りました。渡り途中の団体です。毎春、団体が2、3は必ず通過します。御宝田池の周りは野焼きで黒こげ状態ですが、地面が露出したので虫などが探しやすいのでしょうか、こちらにも、あちらでも、野焼き後を歩き回り、近づくとケケッ鳴いて、わらわらとツグミが飛び回りました。見た範囲では、ただのツグミだけでした。ややこしツグミがまた現れないかしら。下は、野焼き跡のツグミ。

 柳の花が満開です。御宝田池の近くに、美味しい花が咲くらしい柳が1本ある。やはり、渡り途中の、または渡って来たヒヨドリが、毎春かならず群がって花芽を食べています。しかも、その柳に集中的に集まります。今日も10羽前後がたかっていました。

 柳と言えば、マヒワも柳の花芽や花を食べます。しばらく何処かへ行っていた50羽ほどのマヒワ群が河原へ戻り、やはり柳に群がっていました。

 昨日の揚げ雲雀も、たった1羽なんですが、今日も張り切ってお日様めがけて揚がって行きました。春です。

 悔しいから、もしかしてと御宝田池を3度ものぞいた。交雑ガモ君はいなかったが、お呼びでないのにスズガモが目の前でディスプレーを披露してくれた。ありがとさん。

 

ツグミ   2013年3月23日  長野県 安曇野市

ディスプレーするスズガモの♂   2013年3月23日  長野県 安曇野市 右はスズガモ♀


3月23日 まだまだ続く、どきッ!

オオタカ  2013年3月19日  長野県 安曇野市
 画像は19日に撮影したものです。オオタカの雌と思います。猛禽は不勉強なので、たぶん雌でいいと。

 猛禽素人なので、どきッ!そして苦笑いをしました。下の画像は連続して撮影したコマで、トレミングしました。

 「雄」オオタカの虹彩について3冊の図鑑は、それぞれ「橙色」「オレンジ」「淡い橙黄色」と書いている。日本で多分たくさん出回っている、写真を使用した図鑑です。皆様のお使いの図鑑はどれでしょう。

 画像をチェックしながら笑いました。このオオタカの虹彩は黄色なんですが、瞬膜を閉じた瞬間なのでしょうが、橙色のコマが3コマありました。飛び立つ瞬間が撮れるかと、連続シャッターを切り続けたので、しかも秒間12コマの勢いで切り続けたので、悩ましい瞬間が撮れてしまったのです。

 このオオタカ、虹彩だけを見ると、雌だったり雄だったり・・・ときには、とんでもないことで感心したり、迷ったり、つまずきます。もし、下右の画像しか撮れなかったとしたら、私はこのオオタカは虹彩が橙色だから、雄か?と、まず思ってしまうでしょう。

 判断はひとつのポイントだけでなく、あれこれ総合的に判断しないと・・・とは言え、一番目立つところにまず注目してしまうので、注意しないと迷路にはまってしまうことに。

 あれこれ悩みながら、ときには、どきッ!としながら学んで行くしかないですね。それだから、鳥見は楽しいし、止められないのです。 


3月22日 まだ続く、どきッ!

コチドリ  2013年3月22日  長野県 安曇野市

ヒバリ  2013年3月22日  長野県 安曇野市

 どきッ!は、まだ続きます。ネタを一気に書くのは大変だし、一気に使うと、仕入れるのに苦労するので、小出しに。

 どきッ!の前に、初コチドリと初揚げヒバリ。

 昨日ツバメを見た。もうコチドリが来ているはずと、フィールド内の河原で、目星を付けていた場所をのぞくと、いました!初コチドリ。大雨覆がかなり傷んでいるので若い個体だろうか。もしかして、この先にあった中州で昨夏生まれた子だろうか。工事で河原は大きく様変わり、中州はなくなってしまった。でも、ここを嫌わずにいておくれ。

 地上でさえずっていたヒバリ君、ついに決心して空へ揚がりました。
 
  あがりては下を見て鳴く雲雀かな
  あつけりと人は残りて雲雀かな  加賀千代女
      ※「あつけり」=ぼんやり


スズガモ ♂  2013年3月22日  長野県 安曇野市

スズガモ ♂  2013年3月21日  長野県 安曇野市

 まずは、昨日のスズガモ。嘴爪の形状というか、嘴の先端部分の黒色部が、あまりにもコスズガモに見えてしまったので、どきッ!としたのは昨日。頭部の形を見て、スズガモと昨日は判断しました。

 しかし、まだ引っかかりがあり、今日は2時間半、問題の個体を観ました。スズガモとコスズガモの交雑個体なんてことがあるのか、としたら、識別ポイントは何処か?なんて、ややこしい方にばかり思考を巡らして。御宝田池でこんな事を考えているのは私だけなので、相談する相手もいない。独力では解決出来そうもないが、観察するのは楽しいから。

 2時間半の間に飛んだのは1回だけ。機材のおかげで翼の上・下面がハッキリ撮れました。初列風切にこれだけ白い部分があれば、スズガモだろう、コスズならもっとグレーのはずと思う。
 もし交雑個体だとしたら、どんな色か知らないので、何とも言えません。

 嘴爪は嘴の先端の黒色部で小判型の部分。コスズガモは嘴爪だけが黒くて、嘴爪の両側は黒くない。スズガモは両側が黒いので、嘴の先端部が広く黒色に見える。
 で、問題の個体は一見嘴爪だけが黒く見えるが、よく見ると両側も、幅はごく狭いが黒く見える。これをハッキリ撮れなかったので、ややこしくなってしまった。

 日本の某写真図鑑によると、スズガモの「♂の嘴は青灰色で嘴爪のみが黒い、嘴爪は三角形」とあるが、そんなことはないでしょ、と思います。しかし、逆に考えれば、問題のカモのように、嘴爪だけが黒く、あたかもコスズのように見える個体もいると言うことか。

 下のスズガモの幼鳥ほどに両側が黒ければ、問題なしなのだが。まぁ、スズガモにも個体差はあるから、コスズに似た、人を惑わす嘴の個体もいると考えました。

 頭部の色は、コスズだと紫色に見えることが多く、たまに光線の具合で緑色に見える。緑より紫色に見える機会がずっと多い。スズガモは緑または黒く見え、緑色に見える機会がずっと多い。
 問題のカモは、2時間半の間、様々な角度から見たが、一度も紫色は見えなかった。

 長たらしく書きましたが、問題のカモにコスズガモの要素は見つかりませんでしたから、スズガモでいいだろうと判断しました。
 もし、交雑個体なら、私には分かりませんから、だったとしたらごめんなさいです。

 下に、説明のため、今どきのキンクロハジロ雄の顔写真を3コマ出しました。

 ひとつに、キンクロの嘴の先端は広く黒いこと。
 ふたつに、光線具合で、頭部の色は紫色にも緑色にも見えるということ。キンクロも紫色に見える機会が圧倒的に多く、緑色に見える瞬間はまれです。
 三つ目は、以下に書く、ややこしガモ第2弾の、どきッ!の説明のためです。


スズガモ ♂  2013年3月21日  長野県 安曇野市

スズガモ 幼鳥  2013年3月21日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ ♂ 2013年3月21日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ ♂ 2013年3月21日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ ♂ 2013年3月21日  長野県 安曇野市

ややこしガモ 第2弾 2013年3月21日  長野県 安曇野市

 さて、今日の本題、どきッ!の第2弾。上の画像、私は誰でしょう。キンクロハジロの雄ではありません。

 背に波状の模様(斑)があります。これはキンクロと違います。スズガモ、コスズガモに似ます。ただ、スズガモ、コスズガモより波状斑は緻密で、白く見える2種の背と違い、一見濃い灰色ないしは黒く見えます。

 頭部の冠羽は今どきキンクロやコスズガモの雄と違います。また頭部の形がキンクロやスズガモと違い、後頭部が尖り気味で、頭頂が目の真上より後方にあるように見え、コスズガモの特徴に似ます。これは、見る角度などで、また個体差もあるので、コスズガモの特徴と一概には言えないという条件付きですが。

 嘴の先端は、下の画像のように、嘴爪が黒く、しかし小判型をした嘴爪の回りも黒い。しかもキンクロの嘴先端とは明らかに違います。

 コスズガモと考えた場合、コスズガモは脇にも白地に微細な黒い波状斑があるが、この個体は真っ白で波状斑がない。真っ白なところはキンクロと同じです。

 ここまで書くと、何を考えているかお分かりと思います。このややこしいカモは、コスズガモとキンクロハジロ、またはスズガモとキンクロハジロ、またはキンクロハジロとホシハジロの交雑個体のいずれかではないかと思うのですが・・・まだ結論は出せません。
 
 図鑑やブログなどの解説を読むと、一番近いのはスズガモとキンクロハジロの交雑個体なのですが、それと判断するには、嘴の先端の黒色部があまりにも小さいこと、これがひっかります。それで、まだ、どきッ!のままです。

 またまたややこし君を見つけてしまった。今シーズン、楽しいカモが全然来なかったので、つまんないのと思っていましたが、ついに来ました♪
今日は、スズガモに集中していましたので、明日以降このややこし君に集中しようと思っています。



3月21日 どきッ!2発

スズガモ ♂  2013年3月21日  長野県 安曇野市

 柳が青くなって来た。もう、寒かった安曇野も十分に春です。今日、ようやく初ツバメに会いました。運転中だったので、撮影は出来なかったが、5羽ほどのイワツバメとツバメ2、3羽が犀川の上を飛んでいました。なんだか嬉しくなって、しっかり見ようと双眼鏡を持ちかけたら、信号が青に変わってしまった。

 御宝田池でややこしいコガモ、コガモと何かの交雑個体と思われるカモが17日に出たと教えられ、証拠写真も見せてもらった。カモが小さくしか写っていなかったので、はっきりと識別出来なかったが、嘴がオナガガモの雄と同じ色に見え、頭部はコガモと同じ色だった。

 それで、何とか見たいと御宝田池へ行く。今日で3日回目だが、どうやら抜けてしまったらしい。怪しいカモ君は見つけられず。

 だいぶカモが少なくなったと見回していたら、いきなり目の前にスズガモの雄が現れ、正面顔をもろに見た。どきッ!

 内陸の信州では、海ガモに恵まれないから、成鳥のスズガモなどほとんど見られない。毎冬幼鳥は入って来るが。そして、コスズガモともなると、私はこれまで2個体しか見たことがない。

 そんな貧しい経験しか持ち合わせていないので、どうしても先入観が先立つ。嘴の先の黒い部分、嘴爪(はしづめ)がコスズガモは小さく、スズガモは大きいと。目の前に現れたカモの嘴爪は小さい!と見えた。もしかしてコスズ・・・。
 しかし、横を向いたら、なんだスズガモか。頭の形がどう見てもスズガモ。どきッ!とした、識別力のなさが情けなかった。
 

     スズガモ ♂  2013年3月21日  長野県 安曇野市

シジュウカラ  2013年3月21日  長野県 安曇野市

    シジュウカラ ♂  2013年3月21日  長野県 安曇野市

 今日は、2回もどきッ!としたのに、結果は、2回ともな〜んだでした。鳥見は、いろいろ起きて楽しいですが、出来ることなら、本物の黄色いシジュウカラ major を見たいですね。ヨーロッパまで鳥見に行くなんて、夢のまた夢ですが。

 次のどきッ!は、かなり強烈でした。

 上の画像のシジュウカラにバッタリ出会った。いきなり胸や腹の黄色が目に飛び込んで来ました。信州に分布しているシジュウカラの胸や腹は白い。そこに通称ネクタイなどと言う黒い縦の線が入っている。Parus major minor という亜種である。

 胸や腹が黄色いシジュウカラは西ヨーロッパに分布する Parus major major という亜種(基亜種)。

 これは、籠抜けを見つけてしまったのか、まさか major が来たなんて考えられないし。ややこしいシジュウカラを見つけてしまったのか?例のごとく、鳴きながらシジュウカラが移動して行くので、見失わないように後に付いて行く。

 そして、どきッ!が、空どきッだと間もなく分かりました。柳の花が満開で、シジュウカラの小群が盛んに花芽を食べていたから。どのシジュウカラも黄色い花粉を胸や腹にいっぱい付けて。分かってしまえば、なぁ〜んだですが、始めは本当にびっくりしました。いやはや、春の珍事とメモしておこう。

 エナガもいましたが、エナガは花粉で化粧をしていませんでした。いっそエナガも、黄色いエナガになればいいのに・・・なんて余計なことを考えてしまいました。
 

シジュウカラ ♀ 2013年3月21日  長野県 安曇野市

シジュウカラ ♀ 2013年3月21日  長野県 安曇野市


3月19日 さよなら、こんにちわ

コハクチョウ  2013年3月19日  長野県 安曇野市

 こういう画像は説明なしだと、ただの飛び立ち(上)と山を背景の、それこそ並以下の画像です。説明をくわえても写真としては魅力が増しはしませんが・・・。

 白鳥湖で目の前にいた17羽のコハクチョウが固まって本流()へ出ました。数羽が首を上下に大きく振り、盛んに鳴く。常連写真家には彼らが何をしたいか想像出来ました。北帰行のために飛び立ちたいのだと。

 1回目は全羽の気分が合わず、一端中州()へ戻る。再度、本流へ出るも、また気が合わないので中州へ戻る。

 この2回の行動に予兆もありました。先走った数羽が飛び立つが、他のコハクが後に続かなかったので、白鳥湖を半周して着水、本流へ出かかっていた残りのコハク達と中州へ戻りました。

 3回目のチャレンジはいよいよ本番と見えました。コハクは風に向かってテイクオフしますから、普通風下側に並んでから一斉に飛び立ちます。
 まず17羽が縦一列に綺麗に並び、川を少し下ってから、つまり風上に少し移動してから、改めて流れを遡り、風下へ回りました。これで呼吸を合わせたのでしょう、17羽が次々に飛び立ちました。

 北帰行するときは、たいてい北アルプスより遙かに高く見える位置まで高度を上げてから飛び去ります。今日は向かい風が強かったためか、比較的低い高度で飛んで行きました。
 ひとグループが北帰行しました。テイクオフは15時39分でした。

 こんなシーンに立ち会える機会はほとんどなく、ひとシーズンに1、2回です。「いいところ見ちゃった」と言える、幸せな、そしてちょぴり寂しくなる、春の、さよならの一幕でした。

 
名称は「犀川白鳥湖」ですが、「湖」ではなく、「犀川」が小規模発電所用の堰堤で堰き止められ、少し広い水面がある小さなダム湖ですから、「中州」や「本流」があります。
 空港に例えれば、本流が滑走路、中州は駐機場だと考えていただければよろしいかと。

飛び去る、コハクチョウ  2013年3月19日  長野県 安曇野市

さえずるヒバリ  2013年3月19日  長野県 安曇野市

 明日は、鳥見をお休みするので、蛇足ながら、以下は明日分として。

 とても暖かな日だったので、去る者あれば、来る者ありで、初ツバメが見られるかと期待していたが、まだツバメに会えていません。

 午後は、暑いくらいに暖かだったので、腕まくりをしたら、強くなった日差しに晒された皮膚がヒリヒリ。この感触、3月の今時分に与那国島へ着き、さぁ鳥を探すぞと腕まくりをしたとたんに感じた日差しの強さ、あれと同じ。懐かしい感触。

 昨日の風雨の中でもさえずっていたヒバリ、今日も一段と大声で歌っていた。
 空は真っ青、上天気。今春初の揚げヒバリを撮ろうかと、しばらく待ったが、空へ上がるまで気分が高揚しなかったらしく、ヒバリ君地上でさえずるだけでした。

 暑いくらい暖かいと書いていますが、松本平はようよう梅が咲いたところ。桜が咲いたとテレビは賑やかですが、信州は寒い。桜のつぼみはまだ固く、ウソだって寄りつきもしない。

 雑木林の林縁でモンキチョウを6匹見た。今春初。こんにちは黄色いチョウチョ君。蝶は普段あまり真剣に見ないけれど、初物には目線を奪われる。飛んでいるところとレンズを向けるが、超望遠レンズでは追い切れない。
 テングチョウは数羽も見かた。モンキチョウが横を通ると、日光浴中のテングチョウが突っかかって、モンキチョウを追い払った。テングチョウのこんな行動を始めて見た。

 最近、カモがめっきり減ったので、カモ捕り専門だったオオタカが、来なくてもいいのに、雑木林へ入って来ては飛び回る。おかげでウソにヒレンジャク、ツグミもいなくなってしまった。やなやつ。

 今日も、車に籠もって、地鳴きのウグイスが、竹藪から出て来ないかと待っていたら、ふわっとやって来て、目の前に止まった。
 レンズ越しににらみ付けて、10発ほどシャッターを切ったら、殺気を感じ取ったのか、オオタカ君は飛んで行った。
 不思議なもので、いや当たり前なのか、オオタカが去ったとたんにシジュウカラがさえずりだし、アオゲラが飛んで来た。

 最後の画像は、月にトビ。これが北帰行をするコハクチョウだったら、いっぱい物語が作れるのに。今シーズン、ついに三日月と白鳥は撮れなかった。12月まで待つことになる。


オオタカ  2013年3月19日  長野県 安曇野市

月にトビ  2013年3月19日  長野県 安曇野市


3月18日 風雨の強い日でした

マルガモ(マガモ X カルガモの交雑個体) 周りはカルガモ   2013年3月18日  長野県 安曇野市

 春には強風が吹く。例年通りだが、この春は早くから強風が吹き、しかも回数が多いような感じがする。まじめに過去のデータを洗えばハッキリするが、面倒なので、感じがするだけにしておきます。

 強い南風に雨となれば、白鳥湖へは誰も行かないだろう。それとカモたちも風を避けて集まり、風上で待てば近くまで来るはず。
 この予想は大当たり。白鳥湖は無人で、いつも遠くにいて、小さくしか撮れなかったややこしいカモが、今日は近くへ来た。

 次に出会ったとき、比較する画像が欲しいから、しっかり撮っておきたいと、ずっとチャンスを待ってた。それに、そろそろカモたちとも別れの時が来る。それまでに何とかしておかなければとも思っていた。それで、風雨の中で頑張りました。もっとも、本人は車の中にいて、びしょ濡れはレンズだけでしたが。

 カルガモ村のマルガモ君、バッチし記録したので、5月に水田で出会ったも見間違えることはないでしょう。

 

アメリカヒドリ ♂  2013年3月18日  長野県 安曇野市

 アメリカヒドリも、これまでで一番近くまで来た。おまけに、しっかり羽ばたいて、腹とと脇羽が白だとしっかり見せてもらえた。旅立つ前の大サービスを有り難くいただきました。頭部の緑色が、もう少し鮮やかになって欲しかったが、それは次のシーズンに見せてもらうとしよう。もう、いつ帰ってもいいからね。


ヒドリガモ ♀  2013年3月18日  長野県 安曇野市

 前から目を付けていた、というかチェックしていたが、やはり遠くてよく分からなかった、ちょっとややこしいカモも近くへ来た。強風に感謝などすると、皆様に叱られるだろうが、でも、ちょっぴり感謝。

 この一見バッチい姿のカモ、もしかしてアメリカヒドリの雌で、第1回冬羽から換羽中なのか・・・遠くにいるときはいろいろ想像出来て楽しかった。

 しかし、双眼鏡でハッキリ確認出来たので、楽しい想像は一気に霧散。まず、嘴の根元が黒くない。これでアメリカではないと分かってしまった。 おまけに真正面で羽ばたいてくれた。翼の下面に白い羽はなく、脇羽もグレーの斑があり、これぞヒドリガモの翼の下面に間違いなし。ややこし君がただのヒドリガモの雌になりました。まぁ、ややこしい疑問が解決したので、ヒドリガモ君にも感謝しましょう。


 風雨が強かったので、頑張りましたが、車から雨の中へレンズを出しての撮影はこれが精一杯。こんな日に鳥見をしている物好きは、そう何人もいないでしょう。

 最後に、居残り決定コハクチョウ2羽のこと。彼らは白鳥湖で越夏することになりました。

 黒い幼鳥は高圧線に衝突して落下、左翼切断の手術を受け、動物園に引き取られる予定だった。ここまでは以前雑記帳で書きました。その後、最後の土壇場で動物園を所管する行政から引き取りを拒否されてしまい、白鳥湖へ戻って来ました。
 成鳥は諏訪湖で保護され、やはり動物園に引き取られる寸前で、話が立ち消えとなり白鳥湖送りとなりました。

 2羽は、白鳥湖横の農業用水調整用の水溜で過ごすことになりました。1000羽を超える白鳥が飛来すると、悲しいことに帰れない個体が出てしまいます。ときどき2羽の様子がこの雑記帳に登場することになるでしょう。



3月16日 ただのオオバンですが

 コウノトリえっちゃん(J0016)情報です。
 昨日の昼過ぎ飛び去ったえっちゃんは、昨日の夕刻18時頃に大町市の「蓮田」へ戻りました。越前方面へは行かなかったのですね。
 
今日も昼過ぎに、いったん行方不明になりましたが、17時過ぎに「蓮田」へ戻ったそうで、どうやら、しばらく滞在しそうです。

 地元の方々、コウノトリに慣れていないので、遠くの高圧線の鉄塔のてっぺんに止まっていても、少し先の川の中を歩いていても気付かないと思います。今日はそんな行動をしていて、行方不明になったのではと想像します。
 えっちゃん戻って、なによりです。また会いに行かなくては。


土ぼこり  2013年3月16日  長野県 塩尻市

 10日に東京都心がほこりで褐色に霞み、黄砂ではなく「煙霧」だとテレビの気象予報士が懸命に説明していた。たかが土ぼこりなのに、東京だと全国ニュースになるのですね。

 松本盆地の南半分では、例年春になると画像のような土ぼこりが強い風が吹く度に起きる。初回はローカル紙なども取り上げるが、2回目以降になると、皆さん諦めるのか、音沙汰なしになってしまう。

 そうそう、新聞記事などに、昨年まで「砂あらし」と表記されていた。「砂」じゃなくて「土」だよと、つぶやいていたのは私。ちなみに、粒子の径が16分の1ミリより大きいと砂と言い、それ以下はシルト、更に小さいと粘土(一般には土)と、専門家は分類します。親指と人差し指で挟んで擦り合わせたときに、ざらざら感があれば、ほぼ砂です。

 この3月14日、ローカル各紙は「土ぼこり」と表記を変えていました。むふふ、少し勉強したみたい・・・とつぶやいたのは私。

 そんな土ぼこりの中へ、土か砂か触りに行ってみる馬鹿もいて。ほこりの中へ入ると下のような事になります。で、間違いなく、飛んでいるのは土でした。暇人は、ろくな事していませんね。


土ぼこり  2013年3月16日  長野県 塩尻市

イワツバメ  2013年3月16日  長野県 松本市

 初ツバメを見る前に、初イワツバメを見てしまった。我が家の近くは、ツバメよりイワツバメの方が先に現れる。今年も例年通りです。

 我が家から400mほどの所にある横断歩道橋でイワツバメが例年10〜15つがい繁殖する。今日、その先駆け5羽が来たのです。つがいと思える2羽が、さっそく残っている巣に入ってラブラブしていました。

 ここの巣は、水田の良質な粘土で作られているので、カラスが襲わない限り、ほぼ壊れません。それに、鉄骨の狭い場所に上手くはまり込んでいるので、カラスも足や嘴が出し難いのでしょう。例年ほとんど巣は壊されずに残っています。
 歩道橋の管理者の長野県も、財政難なのでしょう。歩道橋の清掃なんてしません。それはイワツバメにはよいことでして。今年もここで繁殖するでしょう。


イワツバメ  2013年3月16日  長野県 松本市

ミコアイサ  2013年3月16日  長野県 岡谷市

 土ぼこり見学の後、現場からいつものフィールドより近い諏訪湖へ久しぶりに行きました。日本で繁殖したカナダガンが来ていると聞いたので、見ようかと。しかし、カナダガンは数日前に去ったそうで、会えず。仕方がないので、残っているカモたちや、1羽だけになったコハクチョウを見る。
 
 最近は飽きられて、誰にも撮影しないらしいミコアイサも見て暇つぶし。このミコアイサ、ミコ太郎と呼ばれていて、すぐ近くまで来るので、人気者でしたが、飽きられちゃったって、ちょっと可愛そう。

 最近、めっちゃ増えているオオバンも25羽ほどいました。ただのオオバンですが、ちょっと面白いことに気付きました。下にオオバンの顔を4枚並べます。

 オオバンは1980年頃は珍鳥の部に入る鳥でしたが、今や諏訪湖でも繁殖し、冬季は安曇野の白鳥湖や御宝田池にもぞろぞろといる、ただの鳥になりました。カワウやアオサギが増えている話は有名ですが、オオバンの方がもっと急激に増えているだろうと思います。昔々、霞ヶ浦までオオバンを見に行ったことが懐かしい。


 嘴の上部、額の白い部分を「額板」と言います。どの図鑑にも「額板は白い」と書かれている。確かに白いけれど、よく見ると、黄色い部分がある個体もいる。しかも額板の大きさには個体差がある。

 額板は成鳥になるのに合わせて、また経年に合わせてだんだん大きくなると、どこかで読んだおぼろげな記憶があります。おぼろげなので、正確なところはわかりません。大きくなる事だけは確かだと思います。
 雌雄の差は、文献などで読んだ記憶がないので分かりません。
 上の「1」は、大雨覆が極度にボロボロな状況から第1回冬羽だろうと、従って額板も小さ目なのだろうと推測。

 ところで、額板の黄色い部分と、しわしわの部分は何なのだろうと、いまごろ気付いて、考えてしまった。ただのオオバンとして、今まで雑ぱくに見ていたことを反省。
 
 以下は、私の推測ですから、間違っているかも知れません。これから勉強しなければならない宿題が、またひとつ。

 問題の部分は、額板が大きくなる過程ではないだろうか。黄色い部分が成長部分でだんだん広がり、やがて黄色味が取れて白くなる。上の画像、1→2→3→4 の順で額板が成長し、しわしわや黄色い部分が伸びきって白くなると、額板は前より大きくなっている。

 たかがオオバン、しかし考えてしまった。まことに、鳥見だけでも、ただのオオバンでも分からないことだらけで、考える頭が何個あっても足らないくらい宿題が増えて行きます。

 


3月15日 雑木林に春が来て 2

スジボソヤマキチョウ ♀  2013年3月15日  長野県 安曇野市

スジボソヤマキチョウ ♀  2013年3月15日  長野県 安曇野市

ヒレンジャク ♂  2013年3月15日  長野県 安曇野市

 えっちゃんは、残念なことに、今日の昼に飛び去りました。撮影に行っていた写友によると、不心得者が写真を撮りたくて、近づき過ぎたので、えっちゃんは舞い上がり、そのまま円を描いて双眼鏡でも見えないほど上空へ上がり、北方へ飛び去ったそうです。その高さだと、白馬村など通過して、越前市まで行ってしまったかも。今回は2日半の逗留でした。せっかく信州を思い出して来たのだし、もう少しいて欲しかった。戻ってくるといいのだが。

 鳥と人間との間には、越えてはならない「嫌な距離」がある。鳥ごとに嫌な距離は違うが、その距離より近づくと鳥は逃げてしまう。野生なんだから、動物園ではないのだから。

 なんだかんだで、3月も半分終わり、最低気温が零下の日もぱらぱらありますが、梅が咲き始め、春が遅い松本平にも春が来たと実感出来ます。しかし、フィールドの色はまだ冬モードの褐色が優勢。冬も手強い。なかなか春に席を譲りません。

 12日のテングチョウに続いて、スジボソヤマキチョウに出会った。越冬から目覚めたばかりなのか、ふらふらで少し飛んでは、すぐに地面へ降りていました。さすがに超望遠レンズで、雑木林のブッシュの中を飛ぶ蝶は撮れませんでしたが、へったている瞬間に得意?の望遠接写でスナップ。この蝶に出会うと、間違いなく春が来たと実感します。

 レンジャクが7羽いました。野バラで手の甲を引っかきながら、そろりそろりと近づき、なんとかブッシュの隙間から撮影。それから、ブッシュの簾越しに全羽を双眼鏡・・・う〜む・・・宿題が片付かない。

 羽先の白い部分に赤い斑のある個体ばかり。某図鑑の記述を採用すれば全部雄と言うことになる。首を回したり、体の向きを変えるので、のど元を見るが、皆黒い部分と胸の褐色部の境界線がハッキリしているように見える。やはり全羽雄なのだろう・・・。その境界が雌は曖昧だという証拠写真は、またお預け。宿題だらけで、もう、死ぬまで頑張っても終わらすことが出来ない。体が二つも三つも欲しい。

 

ヒレンジャク ♂  2013年3月15日  長野県 安曇野市

ウソ  2013年3月15日  長野県 安曇野市

ウソ  2013年3月15日  長野県 安曇野市

 雑木林のブッシュの中で撮るので、鳥写真家の皆様のような、熟し柿にレンジャクとか、ヤドリギの黄色の実に群がるレンジャクなんて写真は縁遠い・・・いつかは林から出て、そんな写真も・・・。

 そんなことを考えていたら、背後でウソの声が。あらッ、今日はついてる日かも。胸が真っ赤なウソだといいけれど。

 桜のつぼみを食べるウソ。そんな画像も撮りたいが、私のフィールドはまれに山桜が生えているだけ。フィールドから出ないとウソの定番写真も撮れそうもない。

 またまた引っ掻き傷をを作りながら、レンズをゴンと木立にぶつけながら、ウソの声のする方へごそごそ。ウソだから、匍匐前進まではしませんでしたが、腰が・・・の状態。

 3羽いました。木の芽をもぐもぐとお食事中。これがしっかり藪の中なので、透かして見ても、十重二十重の簾の向こうにいる高貴なお方みたいに、ぼんやりとしか見えない。赤い頬やお腹の雄君はいませんでした。全部雌に見えましたが、よく見ると1羽の頬がほんのりピンクがかっていた(ウソの一番上の画像)。これって若い雄かしら?それとも雌?ウソの幼鳥は夏の終わりに富士山五合目で見ただけだし、第1回冬羽とハッキリ識別した個体はまだないから・・・むずかしい。また宿題が増えた。上と下は同一個体。

 ちょっと春らしい色で、下の2枚が撮れたので、藪からごそごそ出て、ウソ君にバイバイ。褐色の雑木林の中に、ちらほら若芽や若葉の緑が見え始め、今日ははっきり春が見えました。

 南風が吹き、暖かかったの、もしかするとツバメを見られるかと思い、もしいたら、撮ってやろうとも思いながら、最後はいつも通り白鳥湖へ。

 

ウソ  2013年3月15日  長野県 安曇野市

ウソ  2013年3月15日  長野県 安曇野市

 ツバメには会えませんでした。私の初ツバメはもう少し先になりそうです。代わりにはなりませんが、まだ雪がたっぷり残る鹿島槍ヶ岳を背景に飛ぶコハクチョウを撮って、今日もお仕舞い。

 かなり日が長くなり、お帰り時刻にはまだお日様がアルプスの上にある。帰りたくはないのだが、雑木林の野バラの藪より、まつわり付く日常と言う名のしがらみの方がずっと手強い。ふ〜〜ぅ・・・という感じ。パンスターズ彗星も見たいけれど、味噌汁を作っている頃にしか見えないから、誰かのブログを見て諦めよう。

 今日も、レンジャクやウソに出会えたし、ややこしツグミもチラリ見えて、まだいると記録出来るし、いい日でした。


コハクチョウ  2013年3月15日  長野県 安曇野市 背後の山は鹿島槍ヶ岳


3月14日 えっちゃん、、再び

コウノトリ えっちゃん 2010年8月17日  長野県 安曇野市

 上は長逗留していた長野県白馬村から兵庫県豊岡市へ戻る途中、私のフィールド、安曇野市の白鳥湖近くへ立ち寄ってくれたときの画像です。白馬村へは何度も通い、5000コマほどえっちゃんを撮影しました。あれから2年半立ちました。
 
 有朋自遠方来 不亦楽乎 
   友有り遠方より来たる また楽しからずや・・・の気分です。

 13日、懐かしえっちゃんが、再び松本平の北縁へ飛来しました。
 今日連絡をもらう。のこのこ出て来たややこしツグミ君を見ている最中に。即、およそ25kmをひた走る。ツグミよりえっちゃん!

 ツグミは渡去したと思ってましたが、まだいたました。それと、今朝白鳥湖でツバメが2羽飛んだと連絡をもらっていたので、初ツバメに会えるかと期待もしていました。そんなことなど、全部後回し。有朋自遠方来ですから。


コウノトリ えっちゃん(J0016)  2013年3月14日  長野県 大町市

 えっちゃんは、上のような水田に蓮を植えた、「蓮田」にいました。いかにもコウノトリが好みそうな環境です。

 新聞記事によると2月28日に福井県若狭町で確認され、3月1日以降は目撃情報がなかったそうです。所有者が蓮田へドジョウを放し、農薬は使用しないため、カエルやトンボも多いそうです。

 これは、伝え聞いたうわさ話ですが、蓮田の所有者が、白馬村や安曇野市でコウノトリが出たので、この蓮田にもコウノトリが来ないかとドジョウを放したそうです。とすれば、えっちゃんまんまと策にはまってしまったのですが、所有者さんは縁起物が来てくれたと、お喜びとのこと。何はともあれ目出度いことです。

 

 えっちゃんは兵庫県豊岡市にある「県立コウノトリの郷公園」で放鳥されたコウノトリのつがいから野外繁殖で生まれた雌です。
 正式には「J0016」という名称。ちょっと味気ないですが。2009年4月22日生まれです。詳細はコウノトリの郷公園の公式HPをご覧下さい。

 「えっちゃん」と言う愛称は、福井県越前市に長らく逗留していたので、越前市の市民として住民登録され、えっちゃんという名前をもらったのです。

 えっちゃんは放浪癖があり、たびたび遠出をするので、行方不明の時期が時々あります。この放浪癖のあるところを、私は大変気に入っているのでして。北アルプスなどひと飛びで越える翼をいつも羨ましく思っています。

 現場に着くと、見慣れて懐かしい、黒・青・黄色のリングがハッキリ見えました。間違いなくえっちゃんと私も確認できました。ここへ来る前、だいぶ泥深い場所にいたのか、リングまでしっかり泥で汚れていました。

 左は、ドジョウを捕らえたところ。2009年当時よりカメラもレンズも格段に性能アップしましたので、画像の大トレミングにも十分耐えられますから、ばっちし証拠写真。「J0016」もハッキリ読めますし、所有者さんが入れたドジョウもしっかり撮れました。

 コウノトリが大好きな写友によると、コウノトリはドジョウが大好物だそうで。えちゃん、よくぞこの蓮田を見つけたものだと感心します。写友もそう言ってました。野生の勘は人知では計り知れないものなのでしょう。

 今日は体感気温が5度くらい、北風が冷たい、春らしからぬ日でしたが、コウノトリは寒さなど物ともしないから、ドジョウを食べ尽くすまでこの蓮田にいると思います。

 


3月12日 雑木林に春が来て

 さらさら流れる小川に近かった犀川本流脇の細い流れが、本流の工事にともなって、一時的に本流にされ、大量の水が流された。

 本流へ流れが戻された後も、広がってしまった幅は戻らず。左の画像の半分から下が昔の川底の色。大量の流水が底を磨いたので、ゴミも水草もすべて流され、まるで上高地の梓川みたいに綺麗になってしまった。水清ければ魚住まずのたとえ、カワセミやヤマセミが飛んでいたけれど、これからどうなるか。
 でも、綺麗な水は春の色。

 雑木林に春が来て、日当たりのよい土手の南斜面にホトケノザやナズナ、イヌナズナが咲き始めた。この2、3日は冬へ逆戻り、朝は零下の世界なのだが、咲き始めた雑草はそんな気象に負けてはいない。

 そして、強くなった日差しに目覚めたのかテングチョウが現れた。しかも、今日3羽を見かけた。このチョウが、私のフィールドにしている雑木林で、春一番に現れる。雑木林に春が来た。

 

テングチョウ ♂  2013年3月12日  長野県 安曇野市

 いつも回っているフィールドより少し広い範囲を二日かけて回った。ジョウビタキがいなくなった事を確認するために。暇人で、鳥馬鹿ならではのチェック行動。なにせ、こんな課題を思いついてチェックに走り回る鳥見人が周りにいないので、自分で確認するしかない。写真屋さんは多いけれど、鳥見人は少ない・・・いないから。

 わさび畑で有名な大王農園の横にあるサギ山で、巣に座り込んでいるアオサギが何羽も見られるようになった。巣材を運んでいる個体もいる。そろそろ抱卵が始まったらしい。サギ山にも春が来た。
 まだ、チュウダイサギやゴイサギの姿がサギ山にないので、春浅くと言えばよいか。春も中頃になると、彼らもここへやって来る。

 ハシボソガラスの作りかけの巣を3個見かけた。その中の1個で座り込んだり立ち上がったりしている個体が1羽。座り心地を確かめているのか、そろそろ卵を産みたくなったのか・・・ちょっと早い感じもするけれど、春が来たのです。


アオサギ  2013年3月12日  長野県 安曇野市

 結局、1羽もジョウビタキを見かけなかった。秋に1、2羽ジョウビタキを見かけると、3日目には雑木林や林縁のあちこちにジョウビタキが現れる。ジョウビタキは一気に越冬組がやって来る。
 そして春になると、3、4日の間に越冬組は一斉にいなくなる。実にメリハリの利いた行動を取る感じがして好きである。

 ツグミは、ばらばらと越冬にやって来て、春もばらばらと減って行き、最後は5月になってもうろうろしている個体1、2羽はいる。ジョウビタキみたいに、きりっと行かないらしい。

 こんな事を考えながら、林縁でメジロを見ていた。メジロって本当に小さい。それに、遠目に見る分には白いリング目も可愛い。近くで見ると、パンダと同じで案外怖い目をしているのだが。


メジロ  2013年3月12日  長野県 安曇野市

 上のメジロが急にキリュキリュと泣き出したら、もう1羽が現れ。あれま、2羽がラブラブ行為を始めてしまい。春ですねぇ〜。

  

メジロ  2013年3月12日  長野県 安曇野市

シメ  2013年3月12日  長野県 安曇野市

 フィールドで、春になると、たまに10羽前後のシメの群を見かけるが、おそらく移動中の群だと思う。たいていシメは単独で、ほぼ一定の範囲内で、ひっそりと越冬している。

 冬の初めは、そこそこの数を確認できるが、冬が厳しくなると、数は減って行く。おそらく暖かい地方へ移動して行く個体がいるので減るのだと思う。そして、残った10羽前後が静に地面で枯れ葉をひっくり返して採食している。

 シメの嘴は春が深くなると鉛色に変わる。まだ肉白色をしているから春は浅いのだ。

 群れていたキジバトもつがい単位で行動するようになり、巣作りなど始める時期。やはり10羽、20羽の群が突然現れるが、暖かい地方で越冬していた個体が群れて移動する途中だと思う。

 下の2羽のキジバト、随分色が違う。奥にいる個体は成鳥で、手前の灰色みが乏しい個体は第1回冬羽だと思う。虹彩の色も薄いし。この2羽はずっといっしょに行動していた。
 もしかすると、歳の差婚で、おじさん若い娘を・・・逆もあるか、おばさん若い子を・・・ちょっと考えることが脱線してしまった。

 ここで、時刻は15時半を過ぎる。白鳥湖へ回り、今日の鳥見を終える時刻。
 引き上げかけたら、なんと、いなくなったはずのジョウビタキの雌が2羽現れてしまった。自然はなかなか説明が難しい。せっかく二日もかけて、いなくなったと確認して回ったのに。それに、この冬ここにいたのは雄のジョウビタキで、雌は見かけなかった。

 それで、渡り途中の個体が現れたのだとしてしまうことに。そうしたからって、誰にも、鳥にも迷惑にはならないから。ノートに、「渡り途中の個体?ジョビ♀2」と書こう。

 

キジバト  2013年3月12日  長野県 安曇野市

 白鳥湖で、写真家さんたちと雑談したり、飛び回る白鳥を眺めてたり。そろそろ繁殖地へ向かわねばならないだろうカワアイサが飛んで来た。犀川にはまだカワアイサが数羽残っている。漁協がたくさん釣り用に魚を放流したから、ご馳走に釣られて残っているのかも。

 かなり速い速度で飛びながら、あちこちを見ているのだと、撮影した画像を見て、改めて知った。いつも真っ直ぐに、大急ぎで飛んで行くから、しっかり前方だけを見ていると思っていたが、案外きょろきょろと見ているらしい。

 春になったから、カワアイサの終認(最後に見た確認)もそろそろだろう。ツバメの初認とどちらが先か・・・鳥馬鹿はいろいろ考えてしまいます。

 今日は、ややこしいツグミ君は現れなかった。春だから、渡ってしまったかも。代わりに、六郷土手のノハラツグミが、渡り途中に立ち寄ってくれないかしら・・・なんて、無い物ねだり。


カワアイサ ♀  2013年3月12日  長野県 安曇野市


3月10日 カラスはどれだけ賢いか?

コハクチョウ  2013年3月10日  長野県 安曇野市

 強い南西風が吹き込んで、いきなり春が来てしまった。昨日など汗ばむほど。ところが、今日の昼過ぎに寒冷前線が通過すると、にわかに北風に変わり、汗ばむ陽気を否定するかのように寒気に覆われて、真冬モードに逆戻り。

 にわかに暖かくなったので、雪も氷も融けてしまった。それでも、この地では、まだ緑色に乏しい枯れ野が広がっている。野原ではやっとオオイヌノフグリが咲いたところ。暖かい地方では、梅が咲き、早咲きの桜も開花したらしいが、こちらの梅の開花はまだまだ先の話。昨日の暖かさが続くと、初ツバメが現れるかも、そんな期待も生まれたが、北風ですべてチャラのなった。

 安曇野のコハクチョウは500羽ほどに減った。諏訪湖から100羽以上が移動して来たらしいが、それでも最盛期の半数。この数日の南西風に乗って、たくさん飛び去ったのだろう。

 先日アイガモが、マガモやカルガモに興味を示していないと書いた。しかし、アイガモ2羽がややこしいことを始めてしまった。今日、カルガモの群の中で雄数羽がディスプレー(求愛行動)をしていると、アイガモが群へ割って入り、カルガモの雌にディスプレーをした。

 もしもの事態が起きると、どんなヒナが生まれるのだろう。アヒルとマガモの交配で生まれたアイガモとカルガモの交雑個体は・・・考えるだけでややこしい話だ。

 昨春は、この2羽のアイガモ、白鳥湖にいるアヒルの「歌舞伎」を追いかけ回して事に及んでいる。「歌舞伎」の卵は孵らなかったので、ややこしい雛の誕生には至らなかったが。

 この秋か冬にややこしいカモが白鳥湖に浮かんでいたら、まずは2羽のアイガモを疑うことになるだろう。ややこしい雑種ガモは千鹿頭池だけでたくさんなのだが、アイガモとカルガモの交雑個体って、どんな羽衣をしているのだろう。怖い物見たさというか、ちょっと興味がわくところです。

 

カルガモにディスプレーをする アイガモ  2013年3月10日  長野県 安曇野市

カルガモにディスプレーをする アイガモ  2013年3月10日  長野県 安曇野市

 白鳥湖で、カモやその他の鳥を撮影する場所は、いつもほぼ同じ。そこの周りにハシボソガラスが数羽いる。彼らはクルミをくわえて上昇し、河原や空き地の石の上へ落として割るので、「くるみ割りカラス」と呼んでいる。秋口から初冬には、クルミがそこそこ落ちているので、くるみ割り行動をたびたび見かける。最近は、枯れ葉の下からクルミを掘り出したりもする。そこそこ賢いと言えるだろう。

 数羽いる中の2羽が巣作りを始めた。暖かい地方のハシボソガラスはすでに抱卵している時期だろうが、安曇野ではこれから巣作りが始まる。

 ハシボソガラスの巣は枯れ枝を積み重ねただけの質素な造り。くるみ割りをするくらい賢いのだから、巣材集めなど、いともたやすいことと思うが、あにはからんや、ハシボソ君は無駄なことを何度もする。
 
 ニセアカシヤが卓越した、誰も手入れなどしない河原の雑木林だから、巣材に使える枯れ枝は地面に散乱していて、いくらでも拾える。それらを集めれば、カラスの巣など3、4日で完成すると思う。時々サボりながら作業をしても、せいぜい4、5日あれば十分。

 ところが、枯れ枝を拾わず、生の枝をくわえては折り取ろうとする。生木だから、細くてもたやすくは折れない。なのに懸命に折ろうとする。カラスはどれだけ賢いの?と思う。

 もし、生の枝の方が丈夫だから、苦労して折り取ってでも巣材に使おうとしているなら、かなり賢いと思うが。作りかけの巣を見ると、全部枯れ枝で、生木など使われていない。

 すると、立木から枯れた枝を取ろうとしているのだろうか。冬枯れの林は、すべて枯れ枝に見えるから、かまわず折り取ろうとしているのだろうか。そうだとすれば、あまり賢くはなさそう。地面に落ちている枯れ枝を拾う方がずっと楽だと学習していない個体なのだろうか。カラスはどれだけ賢いの?と思う。

 いやいやと考える。巣材集めに見えるが、実は枝を折るという遊びをしているのかも・・・。そうなら、とても賢いと思うが、そんな遊びをするだろうか。
 いやいや、かあちゃんガラスに、「あんた、遊んでばかりいないで、しっかり働きな」となじられ、ふてくされて折れない枝に八つ当たりをしているのかも・・・。それなら、ちょっと同情するが。

 吹きさらしの撮影ポイントは寒いので、寒さから気を紛らすために、カラスを見ながらあれこれ考えてしまった。もちろん、かあちゃんガラスになじられてなどは空想です。

 下は、枝をくわえて折り取ろうとしているところ。結局折れなかったので、次の枝へ移動して、再び折ろうとする。

 

枝を折り取ろうとする ハシボソガラス  2013年3月10日  長野県 安曇野市

 この枝も生なので、そう簡単には折れない。

枝を折り取ろうとする ハシボソガラス  2013年3月10日  長野県 安曇野市

 かなり、意地っ張りなカラスなのか、根性のあるカラスなのか、折れないと分かったら次へ行くか、地面へ降りればいいのに、全身を使って折ろうとする。この子、あまり賢くはなさそう。

 カラスはどれだけ賢いか、そんなテーマを扱った新聞記事や本が出ているから、カラスはそこそこ賢いのだろう。

 この枝も折れなかった。ハシボソガラス君は枝折りを諦めて飛んでいった。カラスはどれだけ賢いか?そう考えつつ行動を見るのも面白い鳥見だと思う。

 

枝を折り取ろうとする ハシボソガラス  2013年3月10日  長野県 安曇野市

枝を折り取ろうとする ハシボソガラス  2013年3月10日  長野県 安曇野市


3月8日 雑木林の縁で 2

アカゲラ ♂  2013年3月8日  長野県 安曇野市
 しつこくと言うか、懲りもせずと言うか、雑木林の縁の同じ場所に座りました。もちろんややこしツグミ君をくっきり、しっかり撮るために。

 ややこし君は同じ場所にいました。ただ、行動範囲が広がり、座った場所の背後にまで行くようになり、ますます撮り難い状況。ときどき見える範囲に現れ、歩き回りながら採食するややこし君を眺めているだけで、2時間が過ぎました。

 冬枯れのままの雑木林ですが、それなり鳥さんがいて、ややこし君が見えない間相手をしてくれました。アカゲラは雄と雌がちらちら姿を見せ、アオゲラは2羽の雄が鉢合わせして追いかけっこ。カシラダカが10羽ほど地面へ降りたり、何かに驚いて梢まで飛んで逃げたり。

 ややこし君が来て欲しい場所へハシボソガラスが来てごそごそ。ハシボソがいる間はややこし君は絶対来ないだろうなと思う。憎たらしいハシボソめ。さりとて追い払うこともできず、むむむ・・・状態。

 ごそごそしていたのは、クルミ探しをしていたらしい。枯れ葉の下からくわえ出し、得意顔?で飛んで行った。おそらく河原で石の上へ落として割るのだろう。

 ややこし君が近づいて来た。いよいよとレンズを構え、数コマ撮る。そこで、何かに驚いたのだろう、ただツグミが叫び声を上げて飛び、横を通過した。つられて、せっかく近づいたややこし君も飛んで行ってしまった。彼方にノスリが飛んでいたが、いつもは遠くのノスリくらいで飛ばないのだが。
  

ややこしツグミ君  2013年3月8日  長野県 安曇野市

クルミを運ぶハシボソガラス  2013年3月8日  長野県 安曇野市

ヒレンジャク ♂  2013年3月8日  長野県 安曇野市

 聞き覚えのある、「チィ〜い」の声。2日に出会ったヒレンジャクの残存グループか、10羽前後が梢で食べ物探しをしたり、地面へ降りたり、小1時間、目の前の林を飛び回った。

 ヤドリギに群がるレンジャクはヤドリギの実を食べていると分かるが、冬枯れのニセアカシアが卓越した雑木林で、何を食べているのだろう。梢ではエンドウ豆のお化けみたいなニセアカシアの実をつついていたが、地上にも食べられるものがあるらしく、地面へ降りたり、枝へ飛び上がったりを繰り返していた。

 近くへ来て欲しいと念じたら、気のいい1羽が目の前へ。しめしめで記念撮影。
 さて、識別の難しいヒレンジャクだが、「成鳥の場合、(初列風切)外弁先端の白斑が赤味を帯びるものが♂であろうと考えられる」という某図鑑の解説を信じるならば、この個体は雄成鳥だろう。上の画像でも初列風切に赤色が見えるから。

 すると、「(雄は)喉の黒色部下端の境界が明瞭」とは、下の画像のような状態を言うことになる。なるほど、なるほどと、今さらながら思う。次は雌成鳥個体の撮影をしなければ。またヒレンジャクに会えるといいのだが。

 ヒレンジャクが雑木林で飛び回っていると、春になったと思う。


ヒレンジャク ♂  2013年3月8日  長野県 安曇野市

モズ ♀  2013年3月8日  長野県 安曇野市

 久しぶりにモズの雌を見た。この場所は下の雄の縄張りで、隣の縄張りから別の雄が侵入すると、追いかけ回しては追い出していた。その縄張りに、ふらり雌が入って来たのです。胸や腹の波状横斑がまだハッキリしないが、確かに雌。

 雄君は、でれでれ、べたべた状態。横へすりよったりり、地面へ降りては、すぐまた飛び上がって横へ並んで止まったり。雌があっちへ行けば、すぐに追いつき、こっちへ来ると、私が座っているのもかまわずこっちまで来る。もっとシャキッとしなさいよ雄君、と言いたくなる。

 雌は、雄がいてもいっさいかまわず、いつも通りに採食。もう少し親密度が増すと、雄が雌のすぐ横で恋の歌を懸命に聞かすのだが。まだ春は浅いらしい。下の画像、雄の目線の先には雌が、雌の目線の先は・・・地面の虫だろうか。雄君嫌われないように、がんばって。
 
 どうと言うことのない雑木林ですが、見ているとそれなり楽しいことが起こります。

 

モズ ♀(右) ♂(左)  2013年3月8日  長野県 安曇野市


3月6日 雑木林の縁で

今日の空  2013年3月6日  長野県 松本市

 昨日の空は雲もなく、ただ青かった。大気が暖かくなったので、春が来たようで・・・昨日の感想。今日の空は、ばっちし春。たわわなレンズ雲がお日様にぶら下がり、空の上まで春になったらしい。

 白鳥が群れる水田で、うつらうつらの白鳥が何羽も。迷子のマガンもうつらうつら。いきなり連続シャッター音が響いたので、驚いて目を開けた。遅い春が、松本平にもやっと来た。強めの北風が吹いていたが、冷たさを感じない午後でした。


マガン 幼鳥  2013年3月6日  長野県 安曇野市

ハチジョウツグミ 第1回冬羽?  2013年3月6日  長野県 安曇野市

 ややこしツグミ君がまだいると分かったので、14時から雑木林の縁に座り込む。2時間半、じっと座り続け、レンズを構えながら、行動範囲をチェック。

 河原の雑木林なので、地上は落ちた枯れ枝や枯れ草などが雑多に散らばり、その間をぬって歩く鳥さんは、とてもじゃないけれど撮影出来ない。土手の上へ現れたときが撮影のチャンスなのだが・・・。それで、昨日より、土手へ少し近づいて座り込む。ややこし君の反応も知りたかったし。

 ややこし君の行動範囲はおおよそ飲み込めた。土手の向こう側の斜面にいることが多く、なかなか土手へ上がって来ない。こんな状況はよくあることだから、待つだけなのだが、ややこし君も変なやつがいると認識したらしく、ときどき土手の上へ出るが、すぐに向こう側へ降りてしまう。ときたま枝まで飛び上がり、こちらを伺っている。こうなったら根比べしかない。

 林には、時々オオタカがやって来る。今日も近くを2度通った。間の悪いことに、ややこし君が土手の上へ現れたときに通ったものだから、シャッターチャンス寸前でややこし君は飛んで逃げてしまった。だから、猛禽は嫌いなのよ・・・ぶつぶつ。

近くに別のただツグミもいて、時々鉢合わせをする。すると両者木立の中程まで飛び上がり、にらみ合いになる。この状態を10分も続けられると、見物人は飽きてしまうのだ。当人(鳥)同士は真剣なんでしょうが。


にらみ合う ハチジョウツグミ 第1回冬羽? と ツグミ   2013年3月6日  長野県 安曇野市

ハチジョウツグミ 第1回冬羽?  2013年3月6日  長野県 安曇野市

 1Dx を買ってよかったと感じた。上は大トレミングの画像。実画像の6分の1ほどを切り取っています。これだけトレミングしても、画像が壊れないから。それと、不意に土手下から現れたややこし君に、ほぼ瞬間にピントが合ったから。
 
 大きく撮ろうと、7Dも使ったが、フォーカススピードの遅いこと、いらッ!。ややこし君、すぐに身をかがめて歩き始めてしまうから、フォーカススピードは重要なのだ。

 まだまだ、納得の画像が撮れない。トレミングなしでも十分に使える画像がまだ撮れない。雑木林の縁に座り込んで、ややこしツグミ君、明日になったら、ワキアカツグミにでも変身していないかしらなって妄想する。シャツを1枚脱いだら、ハチジョウからワキアカに早変わりなんてこと起きないかしら・・・。

 そして夕暮れ、綺麗な夕陽。ここを白鳥が飛んで来る予定だったが、暖かくなったからか、白鳥は水田でのんびりしているらしく、日が沈んでも現れず、やっと5羽が現れたが、こちらへ向かって来ずに、左から右へ低い位置を飛んで、なんと水田方向へ降りてしまった。やれやれです。

 春になり、北アルプスに雪雲がかからなくなると、綺麗な夕焼けが現れる機会が増える。これから、夕焼けと白鳥の撮影チャンスが増えるのだが。だんだん日没が遅くなり、私のお帰り時刻との見合いが難しくなり、これが難問で。独り者なら、真っ暗になるまで眺めていられるのだが・・・。


3月5日 春が来たようで

アカゲラ ♀  2013年3月5日  長野県 安曇野市

アカゲラ ♀  2013年3月5日  長野県 安曇野市

 2日間フィールドを回らなかった間に、春が来たらしい。にわかに暖かくなり、鳥たちが渡りや移動を始めたようだ。白鳥は2月末からぱらぱら北帰行をしている。

 つがいのタヒバリがふた組、いつも同じ場所にいたが、見当たらなくなった。1月30日頃に移動して来た4羽は、約1か月滞在した。3月の太陽にせかされて旅立ったのだろう。

 越冬ツグミは、各々が縄張りを持ち、別のツグミが入って来ると追い出す。フィールド内には、毎度出会うツグミが8羽いた。それぞれ違う羽衣の色をしているから、何度か出会うと、羽衣の色を覚えられるので、識別が可能です。
 今日ツグミが減ったと感じた。毎度のツグミがいなくなった。中には見落とした個体もいるだろうが、旅立ったと思う。春になったと思う。

 越冬ツグミツグミが去った後、次は渡り途中のツグミが10羽とか20羽の群で現れるはず。群は1、2日でいなくなるが、ややこしいツグミが紛れ込んでいないか探すのが、春の楽しみ。

 今までいなかったコガラがいた。しかも10羽ほどの群で。春が来たようです。
 コガラはさえずらなかったが、シジュウカラはさえずった。3、4日前までは、半端なさえずりやぐぜり声を出すだけだったが、今日ははっきりと、高らかに歌った。春が来たのです。

 コガラがしきりに幹の苔をつついていた。前にベニマシコが同じような行動をしていたから、やはり苔の中に虫でもいるのだろう。周囲にアカゲラが5羽いたが、彼らも木に穴を開けるより、皮をつついたり、皮の裏側へくちばしを差し込んで何かを食べていた。木の表面を見ても、私には虫など全然見えないのだが、虫か卵か、さなぎか、何かがたくさんいるようだ。

 下のコガラは、柳の芽を食べているように見えたが、画像を拡大したら、くわえている物は柳の芽ではなく、何かの幼虫か卵に見える。


コガラ  2013年3月5日  長野県 安曇野市

コガラ  2013年3月5日  長野県 安曇野市

 苔をつつくコガラ。苔を食べるのか、昆虫など動物を食べているのかよく分からない。下は、苔の胞子嚢をくわえたコガラ。胞子嚢を食べたのかと思い、連写した次のコマを見ると、胞子嚢はしっかり残っていたから、胞子嚢は食べないようだ。


コガラ  2013年3月5日  長野県 安曇野市

アオゲラ ♀  2013年3月5日  長野県 安曇野市

 アカゲラより、アオゲラの方がダイナミックな穴堀をする。懸命に穴を開けたが、そこでは何も食べられず(上の画像)。少し上に移動して、数回つついた後何かを食べた。食べたものは分からないが、舌を伸ばした瞬間が撮れていた。

 雑木林で、春を感じつつ、鳥さんの食事ばかり撮った日でした。夏鳥の先駆け、ツバメが来るまであと10日ほど、安曇野も春になりました。


アオゲラ ♀  2013年3月5日  長野県 安曇野市

 最後に立ち寄った場所で、2月28日にチラリ出会ったややこしいツグミにまた会えた。2日に探しても見つからなかったので、旅立ったと思っていた。思わぬ再会、一期一会ならぬ二会。嬉しかったが、相変わらず遠くを歩き回り、近くへ来なかったので、きっちりした画像はまた撮れなかった。

 ただ、下尾筒に赤褐色の斑があると分かる画像が撮れたので、一歩前進というところ。動き回る姿を、ずっと見ながら、ハチジョウツグミの雌第一回冬羽と28日は結論を出したが、もしかすると雄の第一回冬羽かもと考えた。雄か雌かは専門家にでも決めてもらわないと、私の手に余りそう。
 下尾筒に赤褐色の斑があるのは、ハチジョウツグミ、もしくはハチジョウツグミとツグミの交雑個体。ここまでは、素人判断だが、正解だと思う。

 ともかく、春だと浮かれる前に、冬の宿題を片付けるチャンスがまだ残っていた。幸せ!

 


3月4日 ノート
 かあちゃんがニュージーランドへ行って来た。いっぱい鳥がいたと言う。すぐ近くまで来て逃げなかったとも。でも、かあちゃんは鳥に興味がほとんどないので、何がいたかは不明。スズメがいたと言うだけ・・・もったいないこと。そのスズメはイエスズメで、入植者がヨーロッパから持ち込んだもの。知識だけなら私の方がたくさんある。

 お土産に、ニュージーランドの「野鳥」のガイドブックとノートをもらった。ガイドブックは、もちろん英語で書いてあるから、辞書片手に奮戦。
 人間が持ち込んで野生化した鳥が何種もいる。知らなかった種もいるので驚く。イエスズメ、日本で言うドバト、キアオジ、カナダガン、カワラヒワ、マガモ、コキンメフクロウ、クロウタドリ、ウタツグミ、ホシムクドリ・・・人間は碌でもないことをする。

 ノートは・・・何を書こう。更のページを見ながら考えてしまった。毎日キーボードを打って駄文を書いている。、書き殴りならぬ、打ち殴りをしているけれど、更のノートと向かい合うと、何を書いてよいのか、何に使ったらよいのか思いつかない。
 昔は、国語、算数、理科、社会・・・いっぱいノートを使っていたのに。

 更のノートが怖くなった。
 


3月2日 ヒレンジャクはむずかしい

エナガ  2013年3月2日  長野県 安曇野市

 ややこしツグミを探し回ったが、出会えなかった。昨日も出なかったから、もう何処かへ移動してしまったと考えるのが妥当でしょう。ほんの1時間の出会いで終わってしまった、とても残念。

 それでも、もしや、ややこしツグミ君が現れるのではと、雑木林の中を歩き回る。草地も、河原も・・・未練ですね。いたのはだだツグミとシロハラ、エナガの群。

 たかがツグミに、これほど夢中になるなんて、日頃いっしょに白鳥見をしている諸君には分からないだろうと思う。鳥馬鹿にならなければ、こんなこだわりは持たないだろうから。

 おそらくハチジョウツグミの雌第1回冬羽だろうと思うが、そんな個体、これ以降何羽見られるか分からないし、雄の第1回冬羽はまだ見ていないから、それはもう、しっかりした画像が撮れるまでと必死に探します。

 いまどき団体で飛び回っているエナガはほとんど若い個体だろう。成鳥のエナガは巣作り真っ最中で忙しいはずだから。若いので怖い物知らずらしく、ツグミを求めて歩き回る私の先になり後になり群が移動していた。目の前でちらちらするから、やはり撮ってしまう。ツグミはほとんど諦めていたし。

 上の画像は、木の芽を食べているところ。もしくは、木の芽に虫が付いているので芽ごと食べているところと思う。エナガが植物質を食べるのか、懸命に思い出したが記憶になかった。樹液を舐めるのは知っているが。また宿題が生まれてしまった。

 下は、レンズを向けたら、ふん!と見得をきったところ。このあと、見得などきって恥ずかしかったのか、ちょっとおすまし姿をした。それがトップに使った画像です。

 更に下は、万歳をしたところ。飛び立つ瞬間です。まぐれで撮れました。


エナガ  2013年3月2日  長野県 安曇野市

エナガ  2013年3月2日  長野県 安曇野市

 エナガと遊びながら、それでも未練たらしく、木々やブッシュを透かして地面を見回す。諦めが悪い。

 すると、頭上から、聞き覚えのある小声の歌が流れて来た。子供の頃から聞いていた声なのですぐにヒレンジャクと分かった。


ヒレンジャク  2013年3月2日  長野県 安曇野市

 これはヒレンジャクです。画像にそう説明を付け、多くのブログはそれ以上書いてない。そう、雄なのか、雌なのか、成鳥なのか、第1回冬羽なのか、私はいつも悩んでしまう。私は出来たらそこまで知りたいのだが。

 いくつかの図鑑の解説は、微妙に違っているので、どれを参考にしてよいのやら、悩ましい。

 何冊かに共通な記述は、喉の黒色部下端の境界が明瞭なのが雄、雌は不明瞭という点。しかし、成鳥の雌雄の喉がハッキリ分かる写真を並べてある図鑑はないから、字面だけではなんとも分からない。
 実際にたくさんいるレンジャクの喉を見ても、どの個体も明瞭に見えてしまう。今日のように北風が強くて、風で羽衣が乱れたりすると、明瞭なのか不明瞭なのかも分からない。

 成鳥の虹彩は明るめの暗赤色で幼鳥や第1回冬羽個体は暗褐色とある。上の写真の虹彩は明るい暗赤色なんだろうか。とすれば成鳥なんだが。

 初列風切先端には白斑があり、「雌は外弁の先端だけに白斑がある(つまり内弁にはないということ)」とする図鑑。「初列風切内弁先端に白斑がないので第1回冬羽」とする図鑑などなど。ややこしくてよく分からん。

 下の画像(上の画像と同一個体)、初列風切を拡大したが、この個体は、最先端に白斑がないから第1回冬羽個体?すると上の画像の虹彩の色は暗褐色でなければならないが・・・という具合に、私にはヒレンジャクの識別は難しくて分かりません。

 わぁ〜い、ヒレンジャクの写真が撮れた!で終わっておけばよいだけのことですが。それじゃ、物足りない。なんたって、図鑑にあれこれ書いてあるんだもの。いっぱい見ているうちに何とかなるだろうと考えていたら、レンジャクは飛んで行ってしまった。



3月1日 その他の・・・

ジョウビタキ ♂  2013年3月1日  長野県 安曇野市
 春一番が吹いたそうで、松本平もお裾分けに預かり、プチ春の嵐が通って行きました。昨日のややこしツグミ君に挑戦しに行くが、雨と風を嫌ってか、現れず。2時間待つも、チラリも現れず。明日再挑戦することに。
 待つ間、近くにいる、その他のちょっとややこしい鳥さんを撮ることに。その他なんてくくって、ごめんちゃいと思うけど。

 風雨の中、律儀にもあいさつに出てきたジョウビタキ君。ひとしきり近くにいたが、やはり風雨は苦手らしく、10分そこそこでどこかへ行ってしまった.

 2回目の冬を送ったアイガモ2羽は、これほど、毎日同じ場所で、同じ行動をするのかと思うほど、水溜まり(小さな溜め池)の狭い範囲内で生活している。周りに各種のカモがいて、当然雌もいるが、今のところ交尾を迫る行動はない。
 昨春、狂気の沙汰と見えるほどの勢いで交尾した相手は、白鳥湖にいるアヒルの雌だけだった。アヒルの血統はアヒルを求めるのだろうと、勝手に推測している。

 千鹿頭池の雑種ガモが雑種ガモ同士で交配を繰り返しそうな状況にも通じそうな2羽の行動です。この2羽、知らない人が見ればマガモの雄に見えるでしょう。

 カルガモ村のマルガモ君は、徹頭徹尾人間に近寄って来ない。常に80m以上の距離を保っている。所属しているカルガモグループ全体が人間との距離を開けて、決して近寄ろうとしないので、構成員のマルガモも同じ行動をしている。もうひとグループのカルガモは、足元まで来て右往左往しているのだが。

 1月12日にちらり姿を見せて以来、一度も現れなかったアメリカコガモとコガモの交雑個体が昨日から姿を見せている。毎日オオタカの襲撃を受けている白鳥湖のカモのうち、例年と比較してコガモ、キンクロハジロ、ホシハジロはかなり少なかった。コガモは例年の3割ほどの数だった。アメリカコガモの交雑個体も含め、コガモは白鳥湖以外で越冬していたと思う。春の移動が始まり再び白鳥湖に戻ったのではないかと推測している。

 始めはちやほや、そのうち今日もいる?、やがて今日はいたっけ?と関心度が下がる一方だったアメリカヒドリの雄、しばらく見当たらなかったが、風雨の中しっかり定位置に浮かんでいた。元気で何より、来シーズンも来てくれると嬉しいのだが。そろそろお別れの時が来そうだ。

 右目でツグミの出てくる場所をちらちら見ながら、左目でその他君達を追う。左目でファインダを見る撮影も新鮮で面白いが、慣れない左目はものすごく疲れた。
 風雨が激しいと、花粉がいなくなるので、鼻がむずむずせず、わたし的には快適な日でした。


アイガモ ♂  2013年3月1日  長野県 安曇野市

カルガモ村のマルガモ ♂  2013年3月1日  長野県 安曇野市

アメリカコガモとコガモの交雑個体 ♂  2013年3月1日  長野県 安曇野市

アメリカヒドリ ♂  2013年3月1日  長野県 安曇野市

2月分   ホームヘ 4月分