私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2012 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


3月分  5月分

4月30日 キビタ君到着

キビタキ ♂   2013年4月30日  長野県 松本市

キビタキ ♂   2013年4月30日  長野県 松本市

 3日間カメラにさわれずで、雑記帳もお休み。今日、「どうしたの〜ん?」なんてメールをいただく。ありがとうございます。家事都合と言いますか、孫台風が襲来して「じじ」はへとへと。そんな次第です。

 この雑記帳は鳥馬鹿が鳥見人相手に、10年ほど昔に始めました。世間の片隅で、ひっそりと開いているHPですから、鳥見好きの方々に暇つぶしでご覧いただければ、それでよしの積もりでした。

 ところが、風の便りに、鳥見好きの範疇に入らない方々も多々ご覧になっているとのこと。こいつは困ったと思っています。なるべく鳥見界の業界用語を使わないで書きますので、今後もお付き合い下さい。

 ちょっとだけ蛇足です。
 「バードウォッチング」を「鳥見」、「バードウォッチャー」は「鳥見人」と書いています。カタカナは長ったらしいし、書きにくいので。私は「鳥見」を15年以上前から勝手に使っています。なお、「鳥見」と「鳥観」を使い分けていて、後者はいっぱしの研究者の積もりで観察している場合に使っています。
 最近は、多くのブログやHPで「鳥見」が使われていますから、やがてや、「鳥見」も広辞苑に載る日が来るでしょう。

 昨日、キビタキが来たよと写友から電話が。駆けつけたいところでしたが、家事都合・・・むすッ・・・
 
 4月中に、キビタキと出会っておかなければ、記録ノートが悲しくなる。それで、家事都合から解放された今日、「春だけフィールド」へキビタを探しに・・・キビタ君いました。
 昨年も、30日に「春だけフィールド」で初キビタでした。

 コサメビタキ、センダイムシクイ、オオルリと現れて、キビタキが最後。このフィールドでは例年この順番です。

 ともかく、まだ翼が褐色の若い雄だが、キビタに出会え、今日はいい日だっとしておこう・・・欲張ってはいけませんから。


サンショウクイ ♂   2013年4月30日  長野県 松本市

 4日ぶりにカメラにさわったので、やはり腕が鈍っていました。いい日としましたが、それ負け惜しみ。

 まだヒレンジャクが15羽ほどの群で飛び回っていたが、レンジャクはもうパスでいい。ところが、ハッと驚く出会いが。クロジの雄とミヤマホオジロの雌が藪の中からひょいと現れた。大急ぎでピントを合わせるものの、少しもたついたので、両方とも飛ばれてしまった。証拠写真すら撮れず。

 春に、このフィールドで、2種との出会いはきわめて希な出来事。その貴重なチャンスを二度も逃したので、本当はいい日ではなく、むすッ!の日なのでした。

 高いところを飛び回っていたサンショウクイが一度だけ目線より低い場所へ降りた。もう必死で、藪を透かしてピント合わせ。今度こそ逃してなるものか・・・。大あわてで撮ったので、尾羽の先が画面から切れてしまった。でも、撮れたから、まぁ、いい日だ・・・。
 クロジが再度現れるのを待つが、二度と現れなかった。声だけは藪の奥からしていたのだが。

 コサメビタキはいつも可愛らしくていい。今日は数羽いた。お願いだから、見栄えのいい場所へ止まってと願うのだが・・・また今度ね、と、そっぽを向かれてしまった。

 コサメビタキを見かける度に、エゾビタキではないか、サメビタキではないかとまじまじと見る。春の渡り期に、まだエゾビタキを見たことがないので。

 春だけフィールドで出会うと鳥さんの種数は変わらないが、個体数は減少の一途です。昔は・・・と、思い出話をする積もりはないが、年々鳥が減っている事実は、なんとも悲しい限りです。



4月26日 オオルリはまだ

オオアカゲラ ♂   2013年4月26日  長野県

ザゼンソウ   2013年4月26日  長野県

 昨日鳥見をした場所から北上すること25km、春だけフィールドのひとつへ行く。オオルリはいなかった。移動の群がすでに通り過ぎてしまったのか、まだここまで来ていなのか、分からない。
 
 この場所で群れるオオルリと出会った日の環境を思い浮かべてみた。木々の若葉の開き具合や、足元のアズマイチゲの咲き具合、下草の伸び具合・・・などからすると、5日ほど時期尚早のようだ。オオルリはまだ着かずだろう。

 オオルリ他移動中の夏鳥達には、食糧事情が第1の関心事。もう少し若葉が開き、虫が発生すれば鳥たちが数日間留まる。そんな時は、目線の高さどころか、足元にまでオオルリが虫を探して飛び回り、さぁお撮りとポーズを取ってくれ、もう幸せで笑いが止まらないのだが。

 周囲を見回していたら、オオアカゲラがやって来た。大急ぎで太めの木の陰へ身を入れ、数コマ撮影。毎春ここでオオアカゲラと出会う。そして、毎春逃げられる。今日も、もう少しましな姿を撮りたかったが、やはり飛ばれてしまった。

 ここ以外にもう一か所チェックする予定だった。戻るオオアカゲラを待つか、次へ移動して鳥見をするか、瞬時悩む。飛んだオオアカゲラが戻っても、撮影出来るか分からない。そう考えて、移動する。5日後にまた来れば、きっとオオルリがぱたぱたしているだろうし、オオアカゲラにもまた会えると、都合よく考えながら。

 10kmほど先の次の場所もまだ鳥が少なかった。ウグイスがさえずっているだけで、夏鳥の気配は感じられず。やはり5日ほど時期尚早らしい。

 鳥がいなければ、することがない。しかし、ここまでのガソリン代がもったいないから、ザゼンソウと遊ぶことに。
 湿地の中に咲くザゼンソウ、16mmレンズで背景の森林もいっしょに写したかった。だが、柵があり、入っちゃだめ!の湿地だからそれは出来ない。そんな時は、得意の?超望遠レンズ接写で。偶然ザゼンソウを撮りにやって来たご夫婦が、横で感心していた。でも、感心されても困るのだ。ザゼンソウは目的外の遊びなんだから。

 


4月25日 ひと山越えた?

コマドリ ♀   2013年4月25日  長野県

 またまた谷川へ。写真仲間が数人、レンズを並べていた。何が出ているのか尋ねると、コマドリとのこと。それではと、皆さんと並んで、コマドリのお出ましをずっと待つ。

 一昨日のコマドリは雄。雌のいる場所を教えてあげたいなんて、お節介なことを考たが、今日いたコマドリはなんと雌だった。この雌、はたして先日の雄と出会ったのかは分からない。ただ、周りに縄張り宣言のさえずりをしたり、己の存在を雌に誇示する雄がいなかったから、それぞれに繁殖地へ向かって、まだ移動中なのだろう。

 一昨日見た雄のコマドリはいなかったから、この雌も2、3日の滞在で再び旅を続けるだろう。この谷川は、コマドリが営巣する環境に近いが、開け過ぎているし、人間や車の往来も多いから、営巣向きの場所ではない。

 夏鳥団体のちょっと休憩が終わったのだろう、わさわさといたというルリビタキ、オオルリ、カヤクグリはいなかった。ムシクイ類も、かすかにメボソの声がしただけで姿も見えず。この場所の休憩夏鳥の賑わいはひと山越えたと思える。次の山が来るかは分からない。おそらくオオルリはまだ随時やって来るだろうが。

 この谷川より20kmほど北の谷川か、ここよりもう少し高い所へ行けば、また夏鳥の団体に出会えると思う。北アルプスの雪融けが進み、モミやハイマツ帯の地面が現れるまで、ルリビタキやカヤクグリは山麓を移動しながら待機しているから。

 

コマドリ ♀   2013年4月25日  長野県

 はっと気付くとコマドリが出ていた、ごちゃごちゃな環境なので、とても写真にならないが、ともかく記念写真は何コマか撮った。コマドリって、だいたいこんな倒木や岩がごろごろしている場所が好きで、それらの下をくぐりながら採食している。音無し、声無しの行動だから、いったん視界から消えると、はいそれまで・・・となる。


コマドリ ♀   2013年4月25日  長野県

 コマドリを待つ間、蝶など撮って暇つぶし。レンズを据えて待っている周りをヒメギフチョウ、ルリタテハ、キベリタテハ、エルタテハなどが飛んでいた。とくにルリタテハは数匹いて、目の前を飛び回るものだから、鳥かと見間違い、目線を取られて困った。

 ヒメギフチョウとギフチョウの違いは、矢印の先、黄色いラインのわずかな差である。画像のように黄色いラインの先端が連続しているとヒメギフで、先端部で途切れ、ズレているとギフだと、これはその道の趣味人から教わったので自信がある。
 皆さんにヒメギフと教えたのだが、鳥見人さん達の関心度はいまいちだった。

 ヒメギフ君何を考えたか、足元へ来て枯れ草に止まった。カタクリの花にでも止まっていれば、その道のいっぱしの写真が撮れたろうが。しかし、久しぶりにヒメギフを見られて、ラッキーだった。


ヒメギフチョウ   2013年4月25日  長野県

 3年ほど昔、信州よりずっと南のある場所で、鳥見中に、お目当ての鳥さんが出て来ないので、数人でレンズを並べたままの雑談会になった。そして、何かの弾みで蝶の撮影の話になり、クジャクチョウの話になった。

 私が、クジャクチョウやキベリタテハなら、初冬に我が家の庭にも来るし、春先にちょっと山へ入ればそこそこ飛んでると話したら、南の方の海辺にお住まいの方がびっくりしていた。子供の頃、捉まえて標本箱に並べていたと話したら、もっと驚いていた。
 その方、2種を撮影するために、わざわざ乗鞍岳まで登ったそうな。クジャクチョウを見てとても感激したとも。それを聞いて私もびっくり。

 キベリタテハやクジャクチョウを見ると、たまにその雑談を思い出して、可笑しくなる。今日も、岩の上で日光浴をするキベリタテハを見て思い出してしまった。

 今日の午後は、2回だけ、ほとんど瞬間だけのお出ましコマドリを見て、写真仲間と雑談をして、蝶をながめて終わった。まじ、キビタキを探しに行かなくては。見つけても、ノートに記録して、雑記帳を書くだけなのだが。


キベリタテハ   2013年4月25日  長野県

ルリタテハ   2013年4月25日  長野県


4月24日 雨の日

光球   2013年4月24日  長野県

 12時〜18時の降水確率は90%。どう考えても雨降りなのだが、バケツをひっくり返したような降りでも、しとしとぴっちゃんでも雨降りに変わりなく、確率90%である。国交省のリアルタイムレーダー画像でもどちらなのか読み難かった。ならば勘が頼り。空と、北アルプスの雲のかかり具合を見て、しとしと型と勝手に決める。

 経験上の話で、信頼度は低いですが、北アルプスへ幾筋も切れ込んでいる谷は、谷ごとに雨の降り方が微妙に異なる。それは、谷の奥にある山の高さや、谷の奥深さに関係していると思う。一番深く切れ込んでいる梓川の谷が、雨、風ともに強くても、15kmほど北の谷は風もなくしとしと雨なんて事が起こる。

 一時強めの雨が来たが、勘が当たり夕方までほとんどしとしと型だった。強雨にも耐えられるゴアテックスの雨具を持っているし、レンズとカメラにもメーカー純正のレインカバーを持っているから、しとしと雨なら平気と車外へ出る。

 だが問題は、雨が降ると、鳥さんはうっそうと茂る針葉樹林の中へ逃げ込んでしまい、ほとんど出て来ない。たくさんいるはずの鳥さんの中で、雨の中でも通常の行動をしていたのは、カワガラスとキセキレイ、シジュウカラくらい。青い鳥も赤い鳥も姿を現わさず。結局、雨の中をレンズ担いでうろうろしただけ。

 ときどき雲が切れ、す〜っと日が射し込む。すると、あちこちの枝や若葉などから落ちる滴が、一瞬きらり光って、綺麗!暇なので、滴の撮影。こんな時は、どこへも焦点を合わせず、滴が落ちそうになったら、かまわずシャッターを切り続ける。それで、上のような写真が撮れたのだが。あくまでこれは暇つぶし。虹の七色に輝く瞬間も見えたが、悔しいけれど、それはひとコマも写っていなかった。


雨宿り中?のウグイス   2013年4月24日  長野県

 鳥さん、特に雨粒が体について光っている青い鳥なんて撮ったことがないから、それを期待したが、役者が現れずで、夢は果たせず。
 カワガラスは、ピントが合う一瞬前に飛んでしまい、ものに出来ず、ものすごくいい背景の中にいたのに・・・。

 山の鳥の撮影は、雨の日以外がよろしいようで。明日は晴れるそうだから、青い鳥でも見に行こう。そうそう、キビタキも探さなくては。

 

雨の中でも元気なシジュウカラ ♂   2013年4月24日  長野県

小雨の中のコサメビタキ   2013年4月24日  長野県

キセキレイ ♀   2013年4月24日  長野県


4月23日 カワガラスを探して

カワガラス   2013年4月23日  長野県

 今日は谷川を3本チェック。カワガラスがそろそろ営巣を始める頃なので。人間の作った石積み堰堤の穴ぼこではなく、天然の岩の陰などに営巣しているカワガラスが見たい、出来たら撮影したいので。

 そんなカワガラスは姫川水系まで行けばいるのだが、午後だけ鳥見人には、姫川はちょっと遠くて通えない。それで、何とか近くで間に合わせようなどと、都合のよいことを考えている。

 そんなカワガラスをひと組見つけた。しかし、さすがカワガラス、断崖絶壁をクリヤーしないと近づけないような場所を選んでいた。カワガラスに命をかけようとは思わないから、望遠鏡(プロミナ)で見学して、そこは諦め。

 渓流や林道には、営巣地を目前にしたカヤクグリ、ルリビタキなど雪解けを待ちの鳥がたくさん集まっていた。エゾビタキやセンダイムシクイも時々さえずり、彼らが浅い春の中へ初夏を運び込んで来た感じ。
 不思議に、今日はキビタキとは出会わなかった。代わりに、まだこんな所でうろうろしているハギマシコに初めて出会った。終認の記録更新である。

 15時半を回ったので、ちょっと有名な3本目の谷川へ。そこにもカワガラスが毎年営巣している。昼は人出があるので、警戒心が強いカワガラスは近くへ来ないから、人出が引いた頃を見計らってチェックに行くのがよいと考えて、谷川巡りの最後に回した。


カワガラス   2013年4月23日  長野県

 風景写真家がするようにスローシャッターで流れをソフトに撮ってみたいと、何度かチャレンジしたが、8分の1秒よりスローにすると、カワガラスが動いてしまい、単に谷川の写真になってしまう。8分の1程度だと、流れは綺麗にならず、中途半端なまま。いつかものにしてやろうと、これも宿題。

 この谷川に着いたら、白鳥写真仲間が帰るところに出くわした。白鳥だけにしておけばよいのに、他の鳥に手を出すと・・・大変ですよ、行き着く先は・・・ですから。で、彼らから、コマドリがいるよと教えられた。

 カワガラスの動きを左目で見ながら、右目でコマドリの記念撮影。このコマドリ雄なのにひと声も鳴かないので、渡り途中だと思う。もしここで雌を待っているなら、それはリスクが大きい。上高地へ行くか、ひと山越えて10kmほど北西に行けば、雌がいるはずと教えたいのだが、コマドリ語を知らないので。


コマドリ ♂   2013年4月23日  長野県

ルリビタキ ♀  2013年4月23日  長野県

 カワガラスのチェックをして、帰りかけたら、ルリビタキに出会った。ルリビタキの雌に眉斑があると明記してある図鑑は、私の手持ちの中では1冊だけ。しかし、その図鑑の写真はあまり鮮明ではない。

 出会った個体には、ハッキリ眉斑があったので、思わずその図鑑を思い出し、足を止めて、たくさん撮影してしまった。

 おかしかったのは、この個体が水浴びを始め、しっかり水をかぶったら、眉斑が見えなくなってしまったこと。もちろん同一個体の画像です。そもそも、この個体には眉斑があるのか・・・悩ましかった。
 たったこれだけのことですが、鳥馬鹿にはとても面白い、初めての経験でした。

  

ルリビタキ ♀  2013年4月23日  長野県


4月22日 雪の後遺症

クロツグミ   2013年4月22日  長野県

メジロ   2013年4月22日  長野県

 4月20・21日の雪は、松本でも最も遅い降雪記録だそうで、あまり嬉しくない新記録です。我が家の周りにはまだ雪が残っています。

 「たまにフィールド」へ行ったら、雪がたっぷり残っていて、クロツグミが枯れ葉をかき分けて採食していた湿地も、雪に覆われていた。湿地の周辺もたっぷり雪があり、たくさんいた鳥も行方知れず、声もしない。

 雪の後遺症、参ったね、帰ろうかと思ったが、せっかく来たのだからと考え直し、レンズを据え、ひなたぼっこ。日射しは暖かいが、気温は10度に届かす、寒い日でした。

 それでも、30分ほどひなたぼっこをしていたら、ぽつりぽつりと鳥が現れた。

 メジロがハンノキの若芽をしきりにつつき、芽から芽へせわしく移動する。メジロも若芽・若葉を食べるのかしらと思い、双眼鏡で見た。何かを食べているのは見える。だが、何かは分からない。遠かったので、久しぶりに7Dをセットして連写。モニターで目一杯拡大すると、どうやら何かの幼虫を探し出して食べていると分かった。

 さすが、鳥さんですね、手の届くハンノキの若芽をいくつか調べたが、私には虫さんは見つけ出せなかった。

 更にしばらくしたら、湿地に1羽だけクロツグミが出て来た。雪に負けず頑張っていたのだろう。雪解け水でべしゃべしゃの枯れ葉をかき回し始めた。写真にもならない写真だが、思わぬ雪の思い出にはなるだろう。

 空をオオタカが回っていた。新記録の降雪の次の日、ひなたぼっこで終わった午後でした。


オオタカ   2013年4月22日  長野県


4月21日 その2 エチュード ツバメ

ツバメ   2013年4月21日  長野県 安曇野市

 さすが春です。どか雪も午後にはあらかた融けました。となれば、平地の移動くらいは安全だろう思い・・・さて、どこで、何を見ようと鳥馬鹿は考えました。
 能書きはこのくらいで、午後2時間みっちりとツバメ撮影の練習をした練習作です。イワツバメは早くて、まだ刃が立ちません。修練をさらに積まねば。


イワツバメ   2013年4月21日  長野県 安曇野市

イワツバメ   2013年4月21日  長野県 安曇野市


4月21日 とんでもない雪

春のどか雪   2013年4月21日10時7分  長野県 松本市
 春の雪と言えば、ほうきで掃けるほどとか、飛び石をぬらせるほどとか、だいたい淡いものと相場は決まっている。しかし・・・とんでもない雪が来た。こんな雪を俳人はなんと詠むのだろう。いらぬ心配をしている暇人です。

 スタッドレスタイヤを脱いでしまったから、山麓へも行けず、早く日が射して雪など溶けてしまえと思う。

 時を少し遡り、3月中旬の信州なら、

  春めくや やぶありて 雪ありて雪 (一茶)

なんだけれど。

 4月も下旬に入ろうとする昨夜、天気予報を無視して、いきなり雪が来た。雪中の最終電車など眺めながら、夜明けには止むと思っていた。

 ところが、朝になってもまだちらちらしていて。なんと5cmも積もっていた。なんとも乱暴な。

 いつも庭先に来ているキジバトも、電信柱の上で息巻いているハシボソガラスも、賑やかに騒ぎまわるオナガも、けたたましく叫ぶヒヨドリも、みな何処かへ潜んでしまった。シメが何処かで「ピキッ」と鋭くひと声。

 今は春だと、雪にあがらうけなげな花々達は案外に強い。そんな花を眺め、屋根から滑り落ちる雪の落下音と、盛んに落ちる雪解け滴の連続音を聞き・・・今日は暇人が暇をしている。

  時を忘れ さめた珈琲 春の雪 (詠み人知らず?)


4月20日 23時51分 最終あずさ通過

雪が降る   2013年4月20日22時39分  長野県 松本市

 驚きました。雪が降って来ましたから。テレビの気象予報を見ながら、乗鞍高原付近は雪だろうと想像していたが、松本平にまで雪が降るなんて。部屋の窓から、雪が降るといつも眺める踏切を撮影。

 この春の天気は随分と乱暴だ。強い南西風が吹き、気温が25度まで上がったと思えば、数日後には雪降りだなんて。

 17・18日頃からオオルリが松本平の周囲の山麓へたくさん入って来た。私も見たし、数名の方からオオルリが来たと連絡をいただいた。時ならぬ雪に、オオルリ達はさぞかし驚いているだろう、気の毒に。

 雪 気がつけばいつしか なぜこんな夜に降るの・・・・


雪が降る 最終電車2本前   2013年4月20日23時25分  長野県 松本市

 この踏切を通過する最終電車は、松本23時55分着のあずさ35号。そこそこの騒音を振りまいて通過するので、普段は、苦々しく感じている。スピードを落とさずローカル駅を通過して行く特急は、それなりに震動をも振り撒いて行く。私の部屋はいつでも震度1。

 雪の中を通過して行く今日は、ちょっとだけ親しみがもてて。

 雪は夜の内にやんで、できたら融けちまって欲しいな。朝まで残っていたら、それはそれで気が重くなるから。

  夜明け前に雪が降ってたよ・・・
         きれいだねって ただ言いたかった・・・

 ・・・なんて電話でもしようかと思ったり。


最終電車 あずさ35号   2013年4月20日23時51分  長野県 松本市

最終電車 あずさ35号   2013年4月20日23時51分  長野県 松本市


4月19日 そしてオオルリ

クロツグミ ♂ 1回目夏羽 2013年4月19日  長野県

 春だけフィールドへコサメビタキが来た。ならば、あそこにもいろいろ来ているだろうと、春と秋にたまにチェックに行く山麓へ出かける。たまに行くから「たまにフィールド」とでもしておこう。

 たまにフィールドは、当たり外れが激しく、ひどいときはシジュウカラだけなんて日も。おまけに放棄された耕作地の奥なので、草木が伸び放題で、ごちゃごちゃのぐしゃぐしゃな環境。撮影には至極都合が悪い。しかし、小さな湿地になっている場所があり、そこへ鳥が集まる。とくにツグミ類が集まっている。それで、たまにチェックに行く。

 さて今日はどうだろう。当たり日ならクロツグミの雌でもいるかと思いながら湿地をのぞき込む。実は、毎春クロツグミの雌成鳥をそこで見ている。いつもごちゃごちゃの藪の中なので、全然写真が撮れないから、いつか撮ってやろうと、宿題にしてある。

 当たり日だった。いきなりクロツグミの雄と出会い、おそらく4羽はいたと思う。乱立するハンノキの隙間からクロツグミの雌も見えた。しかし、例のごとく、クロツグミの雌はゴミ箱へポイの画像しか撮れなかった。

 湿地にいたのは、クロツグミ、シロハラ、アカハラ。そう、いきなりアカハラまで見つけてしまった。アカハラの画像もゴミ箱へポイなのでアップ出来ず残念です。シロハラは渡り途中と思える10羽ほどの群が落ち葉をかき分けていた。

 

オオルリ ♂  2013年4月19日  長野県

 そして、今春初のオオルリにも出会えた。藪の中のツグミ類に手を焼いていたら、いきなりオオルリが飛んで来た。湿地へ水を飲みに降りて来たらしい。枯れたヨシに止まるオオルリなんて始めて見た。

 たまにフィールドと近くで、オオルリの雄を合わせて5羽見た。一度に5羽を見なかったので、多分5羽だと思う。雌らしい姿もヨシの陰に見えたが確認する前に飛び去ってしまった。雌がいるので、親衛隊の雄が数羽ついているのだろうと想像する。

 この時期のオオルリは以外に無警戒に近づいて来る。ツグミを見ていたら、いきなり頭の上にも来た。近くて、嬉しいやら、困るやら。久しぶりの瑠璃色は新緑の中にまばゆかった。

 

オオルリ ♂  2013年4月19日  長野県

コサメビタキ  2013年4月19日  長野県

 昨日、初コサメに喜んだが、たまにフィールドにはもう4、5羽が来ていた。どうやら、春だけフィールドよりこちらの方が夏鳥の渡来が早いらしい。

 16時を回り、お帰り時刻になる。真冬なら薄暗い時間帯に入り、撮影不可能になるから、気兼ねなく帰路につける。しかし、日が長くなった最近は、16時を過ぎても、まだまだ鳥は活動しているし、世界は斜光で綺麗だし、後ろ髪を思いきり引かれながら帰らねばならず、辛いですね。

 最後にコゲラの雄と出会った。後頭部に赤い羽毛が見え、それだけのことだが、とても得をした気分になった。コゲラの雄の赤い羽毛は、見るつもりでチェックしていないと、そうそう簡単に見られない。チラリでも見えれば、ラッキーと思う。鳥馬鹿は単純だから。

 いきなり、オオルリとアカハラに出会ってしまった。次はキビタキなんだけれど、来ているだろうか?次はキビタキ探しにどこへ回ろう。


コゲラ ♂  2013年4月19日  長野県


4月18日 コサメが来た

ヤマブキ  2013年4月18日  長野県 松本市

コサメビタキ  2013年4月18日  長野県 松本市

 ヤマブキが五分咲きほどか。冬枯れ状態のニセアカシアが卓越する雑木林で黄色は実にまばゆい。数本生えているコブシの白、ヤマザクラの淡いピンク色もいいが、ヤマブキの黄色は春の醍醐味。

 ヤマブキが咲くとコサメビタキが来る。この組み合わせが春だけフィールドの鳥暦。ヤマブキが咲いているのを見て、懸命に四方八方を双眼鏡する。しかし、コサメは影もない。

 まだヒレンジャクが10羽ほど、シロハラも2羽がセットでいる。エナガがしきりに羽毛をくわえて飛んでいる。まだ巣作り真っ最中らしい。ウグイスは例のごとく声だけで見えない。シジュウカラ、ヒガラ、メジロの団体、上空をツバメが飛び回り、渡りヒヨドリ15羽ほどの群が通過・・・コサメはまだかと、少しがっかり。

 お呼びでないのにノスリがす〜ッとやって来て、近くの枝に止まる。私を認め、一瞬たじろぎ、すぐに飛び去る。大いに結構、もう来なくていいからね、ノスリ君。

 さして広くない雑木林の中の一本道をゆっくり歩いて2往復。汗ばむほど気温が高い今日の午後。相変わらず南西風が強く、芽吹いた柳の梢が四方に揺れている。

 3往復目に入ったところで、飛び回るシジュウカラの中に、1羽違う飛び方の鳥がいた。見慣れた鳥だから、すぐにコサメと識別。やっと出会えたと、思わず笑いたくなる。鳥暦に修正を書き加えなくて済んだ。

 コサメ君高い所にいて降りて来ない。暖かいからハエや羽虫は梢辺りにも飛んでいるらしい。フライングキャッチのため、高い枝から飛んで高い枝へ降りる。これの繰り返しで、地上近くへ降りて来ない。混み入った枝の隙間を通してレンズに捉えるが、およそ春らしくない雰囲気・・・。ともかく雑記帳用に証拠写真だけでもと、梢付近を見続け、立ち続ける。

 こんな状況で、証拠写真だけはなんとか。初物をゲット出来たので、鳥暦の確認も出来たので、今日もいい日だった。ヤマブキが満開になると、キビタキとオオルリが来る。そうそう、アカハラも。これが暦の次の項。さて、今春はどうだろう。

 


4月16日 空はそこなのに

アメリカヒドリ ♂  2013年4月16日  長野県 安曇野市

 白鳥湖で越冬していたアメリカヒドリの雄はまだ旅立たない。ヒドリガモの長逗留組の北帰行は遅くて、例年4月20日を過ぎでも安曇野に100羽ほどは残っている。昨年も5月1日に御宝田池に70羽ほどが残っていた。もちろん、全羽を識別していないので、移動中の群が休憩に降りて、のんびり組と並存している事も考えられる。 
 
 最近識別出来たアメヒの雌も長逗留組なのかは分からない。今日しっかり撮ろうと捜したが、見つからなかった。旅立ったのか、何処か目に付かない場所で昼寝をしているか、不明。チェックと撮影はまたの日に。

 アメヒの雄は長逗留組で、相変わらず白鳥湖でのんびりしている。帰る気がないのかと見えるほど、相変わらずのんびり生活を送っている。頻繁に出没していたオオタカも繁殖のために山へ帰ったのか、最近はほとんど現れない。それで、カモたちののんびり度はますます増幅しているようだ。飛び立てばいつでも北帰行出来るのだが。空はすぐそこに広がっているのに。


アメリカヒドリ ♂  2013年4月16日  長野県 安曇野市

コハクチョウ 「のぶちゃん」  2013年4月16日  長野県 安曇野市

 のんびりしているのか、それとも何らかの障害があり帰れないのか、オナガガモの雌が1羽、ホシハジロの雌も1羽残っている。昨夏はキンクロハジロの雄が残っていた。おそらく、と想像するのだが、カモの数羽がここで越夏するのではないか。

 そして、左翼が半分しかないコハクチョウの幼鳥は、帰りたくても帰れない。この幼鳥「のぶちゃん」と名付けられた。ちょっとおこがましいが、第一発見者の私の名前を使うとコハク応援団が決めたので。なんだか、自分を呼んでいるようで妙な気分。

 こうした特定の個体に名を付けることが嫌いな方もいるだろう。しかし、例年何羽かが残ると、あのときのあれでは会話の内容が相互理解出来ず不便である。
 現在も、犀川を15kmほど下った場所に飛べないコハクが2羽、狐島のビニールハウスに保護されているコハクが2羽、入院中が1羽、動物園へ送られた個体が2羽と、帰れないコハクが何羽もいる。昨夏に死亡した「あずみ」もしっかり皆の記憶に残っている。
 そんなコハク達を語るにはやはり個別名称が必要なのだ。

 気象予報を無視して、今日も南西風が強かった。まだ空へ上がれないと理解出来ない「のぶちゃん」が、風に向かって羽ばたきながら走る。理解より、北へ向かえと、空へ上がれと血が叫ぶのか。運命は過酷だ。
 
 空へ上がるため、風に向かって羽ばたき走るのはコハクの通常行動。「のぶちゃん」は風が強い日には何度か空へ上がろうと水面を走る。そして左へ旋回してしまい、1cmも空へは上がれない。なんとも悲しい光景である。空はすぐそこなのに・・・。


コハクチョウ 「のぶちゃん」  2013年4月16日  長野県 安曇野市


4月15日 風が渡る

ヒメオドリコソウ  2013年4月15日  長野県 松本市

 ヒメオドリコソウは畑や水田の畦、荒れ地、河川敷など、そして我が家の庭にも当たり前な顔をして繁茂している。もはやセイヨウタンポポ同様に駆除しつくすことは不可能な外来種。

 我が家の庭で、元気のいい3大外来種は、ヒメオドリコソウ、セイヨウタンポポ、アメリカスミレサイシン。可愛らしい花だからなどと甘やかすと、除去に丸1日かけても退治出来ないやっかいものだ。

 鳥さんと出会えずの15時過ぎ、斜光に輝くヒメオドリコソウを超望遠レンズで接写?して暇つぶし。そろそろコサメビタキが来てもいい頃なのだが。
 
 春だけフィールドにいたツグミの群はいなくなった。雑木林と林縁の草地で越冬していたツグミは、渡りツグミの群が去っても、あいかわらず草地で採食している。このツグミが去る頃には、コサメビタキやキビタキが来るだろう。

 今日も南西風が時折強く吹いた。この風に乗って渡り鳥たちが来るだろう。彼らはどの辺りまで来たのだろう、早く到着して欲しい。手持ちぶさたの毎日だから。

 麦畑を分けて風が渡る。まだキジの背丈まで麦は伸びていない。彼は自分が麦の海に沈む頃になると、少し高いお立ち台に立ち、ケンケンと鳴き、激しくばたつく。業界用語でいう「キジの母衣打ち」が始まるまで、もう10日くらい。春は渡たる風に乗って初夏に席を譲る。

 

ツグミ  2013年4月15日  長野県 松本市

風が渡る麦畑   キジ ♂  2013年4月15日  長野県 松本市


4月13日 ややこし君はアメヒの雌

アメリカヒドリ ♀  2013年4月13日  長野県 安曇野市

アメリカヒドリの脇羽と下には斑がなく白く見える

 ややこし君は遠くにいて、これぞの写真が撮れず。おまけに、犬連れ散歩人が来たので、飛んでしまい、下のヒドリガモくらいの写真が撮れるまでもう少し時間がかかりそう。

 しかし、遠いながらも2点確認出きた。まず、ややこし君は雌である。しっかりヒドリガモの雄が付いていて、寄り添って2羽だけで寝ていた。散歩人に驚いて水面へ飛び出すときも、飛び去るときも2羽だけで行動したから、2羽はほぼつがいだろう。なので、ややこし君は雌であると判断しました。

 次に、1回だけ羽ばたいた瞬間を遠いながらに撮ったのが上と左の画像。日差しが当たって白くなっている分を差し引いても、ややこし君の腋羽(矢印の先)は白色でした。これはアメリカヒドリの特徴。

 下はいまどきヒドリガモの雌です。ヒドリガモの腋羽は下の画像のように、白地に灰色の斑が入っています。斑の数は個体差があり、下の個体は少なめです。それでも、腋羽は白くは見えません。

 ともかく、遠目ながらも、ややこし君はアメリカヒドリの雌と判断出来ました。これで宿題ひとつ終了です。


今時の ヒドリガモ ♀  2013年4月13日  長野県 安曇野市

ヒドリガモの腋羽や下雨覆には灰色の斑があり、翼下面全体が灰色に見える

交尾する キンクロハジロ  2013年4月13日  長野県 安曇野市

 今日はややこし君の識別だけで、他は楽しいことなし。比較するための腋羽の画像をと、ヒドリガモが羽ばたく瞬間を待っていたら、目の前でキンクロハジロが交尾しました。キンクロハジロの交尾を安曇野ではあまり見かけない。珍しいシーンを見たので、ちょっとだけラッキーでした。

 同じ調整池に帰れないコハクチョウの幼鳥がいます。諏訪湖から来た傷病鳥も一緒に放されたが、そちらは北帰行する群とともに飛び去ったらしく、白鳥湖や御宝田にはいなくなった。結局、この幼鳥が1羽で越夏する事になるでしょう。

 左の翼が半分ない。高圧線にぶつかり複雑に骨折、保護されたときは化膿が始まっていたので、切断手術で除去された。この翼で、ときどき空へ上がろうとするから、見ているとなんとも辛い。

 一昨年から越夏するキンクロハジロの雄がいる。多分今年も越夏すると思う。それとホシハジロの雌が1羽残りそうだから、白鳥君は全くひとりぼっちでの夏ではなさそうです。

 おまけは、まだ残っていたマヒワ。マヒワも柳の花を食べると見えたが、ハッキリは分からなかった。ただ、メジロ同様アクロバットが好きらしく、逆さまになって食べていた。マヒワも見納めだでしょう。


マヒワ ♀  2013年4月13日  長野県 安曇野市


4月12日 また、ややこし君みつけ!

さくら  2013年4月11日  長野県 松本市

 撮影ガイドにも出ている松本市の安養寺の桜です。桜が撮りたくてお寺さんへ行ったのではなく、桜の巨木にコムクドリが来ていたら、それを撮影しようと行ったのです。

 昔は老木に空いた樹洞でチョウゲンボウが営巣していたし、ムクドリやコムクドリで賑わっていた。しかし、桜で有名になるのに反比例して、鳥さんの安養寺人気は急降下。コムクと満開の桜なんてもう昔語りの、知る人ぞ知る思い出話しになりました。今やカメラショーの会場になってしまった。桜を数コマスナップして帰る。もうここに来ることはないだろうと思いながら。


ツバメ  2013年4月12日  長野県 安曇野市

 いつものフィールドでノビタキを探そうと、まず白鳥湖へ行った。なんと、堤防へ上がったら、目の前にノビタが。あっさり今日の目的を達成してしまった。時季なんですね、ノビタはちゃんと来ている。
 今日は、雄が1羽と雌3羽のグループだった。若様が腰元を連れてお散歩みたいな・・・。

 堤防に上がったついでに、ツバメさんに相手をしてもらい、腕磨き。ときどき練習をしないと指先が鈍るので。昨年の4月も同じことをしていたと思い出しながらツバメを追う。夜に昨年の画像と比べ、全然進歩がないと落ち込む。

 ツバメは、あれだけのスピードで飛びながら、ちゃんとこちらを、たぶん大きなレンズ玉を、しっかり見ている。どの画像を見ても、目線がしっかりこちらに来ている。


ツバメ  2013年4月12日  長野県 安曇野市

ツバメ  2013年4月12日  長野県 安曇野市

アメリカヒドリ American Wigeon ?  2013年4月12日  長野県 安曇野市

ヒドリガモ Eurasian Wigeon  2013年4月12日  長野県 安曇野市

 帰りがけに、ややこし君を見つけた。御宝田池で4月2日にみつけ、腋羽を確認する前に渡去してしまったと諦めていたアメリカヒドリと思えた個体が白鳥湖にいた。2日の画像と比較して、たぶん同一個体だと思える。

 ヒドリガモの中には、現在生殖羽に換羽中の個体がまだ何羽もいる。一見なんだか分からないばっちいカモに見える。ややこし君もそんな1羽。問題のややこし君は雌だと考えているが、決定的なポイントが見つけ出せない。

 矢印の先、嘴基部に黒色部が見える。似たようなばっちいヒドリガモ(左)には見えない。これだけでアメヒとは決めにくいが、黒色部の存在は、アメヒに1票である。明日また探し出して、今度こそ腋羽を見てやろう。真っ白だと信じている。いったん諦めた宿題の続きを楽しめそうです。

 ちなみに、嘴基部の黒色部については、図鑑
 「The SIBLEY Guide to Birds (NATIONAL AUDUBON SOCIETY)」に
 「narrow black border at gape not shown by Eurasian」
とされている。取りあえず、この説明にすがっています。
 


4月11日 初ノビタ

ノビタキ ♂  2013年4月11日  長野県 松本市

 今朝はびっくり。雪が積もっていたから。昨日車検に出したついでに、スタッドレスタイヤをノーマルに履き替えたのに雪が積もるなんて。しばらくは平地でうろうろしているのが無難だろうか。雪は1〜2センチ積もっていたが、やはり春の淡雪、昼には綺麗に消えた。

 春だけフィールドへたどり着く直前で、ノビタキを見つけた。今季初のノビタは、雄が4羽の小群で、しきりに虫を探していた。上が今季初ノビタの画像です。もう少し春らしい場所に止まって欲しいのだが。桜も梅も、花桃も咲いているのに。しかし、やっと初ノビタに会えてラッキーだった。

 ノビタキは、秋に渡って行くときも、春に渡って来るときも、2、3羽から10羽ほどの群で行動している。ヒヨドリのように30羽、100羽なんて数の群では移動しない。ヒヨドリほど生息数が多くないから当然なんだろうが。逆に、1羽単独で渡りをしている個体も見かけないから、小人数の旅行が好きなんだろう。

 春だけフィールドの雑木林が、やけに静で、シジュウカラの声もしない。たいてい聞こえているヒヨドリやエナガの声も。時雨模様で、どきどき雪が舞って来る寒い日だったが、それにしても静か過ぎて変だと思う。

 雑木林の中を進んで、静か過ぎる訳が分かった。オオタカが狩りをしていたからだ。犠牲者はムクドリだった。ムクドリはほとんど林の中までは入って来ない鳥だから、おそらく林縁で捕獲されたのだろう。石を投げて追っ払いたいけれど、それは鳥見道に反するから10コマほど撮影して林を出た。しばらくは、林の中にいても鳥さんには会えそうもないから。


オオタカ   2013年4月11日  長野県 松本市

 林を出て、林縁に沿って移動。例年、田起こしの済んだ水田やリンゴ畑の中に、1枚だけ土を起こしていない畑がある。そして例年のこの時期、そこに渡り途中のツグミの群がたむろしている。以前に普通のツグミの中にハチジョウツグミが入っていたので、ここのツグミは毎春チェックしている。

 今年も25羽以上が1枚の畑で採食していた。キジバトも21羽。ともに渡り途中の群だろう。こりゃオオタカも寄ってくるはずと思う。ツグミは普通のツグミだけで、ややこしい個体はいなかった・・・残念。

 ツグミを見て、キジバトを数えて、双眼鏡を畑の横の土手へ向けたら、あらら、ここにもノビタが。ツグミに気を取られ、気付かなかった。1羽を見つけると芋づる式に次々とノビタは見つかる。伸び始めた草の陰で虫を探しているが、少し高い所へ出て止まりしばらく静止しているので、1羽が3羽に、3羽が5羽にと、見える数が増加する。ノビタは、なんと10羽もいた。春先こんな大群!に出会うなんて。今日はノビタデーかしら。この地の渡りノビタのひと群としては、10羽は大群です。

 タンポポが咲いているし、ツクシも伸びているし、ヒメオドリコソウが赤紫のカーペットを敷いたみたいに群生している場所もあるのに。憎いことに、ノビタ達はそんな春らしい写真が撮れる場所へ行ってくれない。ツグミでもキジバトでもいいのだが、誰も行ってくれない。

 

ノビタキ ♂  2013年4月11日  長野県 松本市

 10羽のノビタキの中で、雌はたった1羽。下がその雌。親衛隊を9羽も引き連れて、お姫様はどこまで渡って行くのだろう。オオルリも雌を見つけると、たいてい周りに親衛隊の雄が2、3羽付いているが、このノビタ姫はたいした者だ、家来を9羽も連れているのだから。ときどき雄同士が追いかけ合っていた。お姫様争奪戦は当分続きそう。

 ところで、車検制度って本当に必要なのかしら。車の点検整備で食べている方がたくさんいるから、整備はしてもいいけれど、税金には腹が立つ。おまけに、いちいち収入印紙を買わなければならないのはもっと腹が立つ。印紙代くらい税の内に含めばいいのに。

 4月車検で、重量税を払い、すぐに自動車税を払わねばならないし、ガソリンを入れる度に1リットル50何円かのガソリン税を取られ、しかもガソリンの金額にガソリン税を加えた金額で消費税を算出するから、税の2重払いを強制されている・・・腹が立つ、ほんと気分悪いの!!

 ぶつぶつと腹の中で不平がたぎっていたが、2時間の間に14羽もノビタを見たので、少しだけぶつぶつが収まった。鳥馬鹿は単純です、きっと。でも、税金の高いことには、特にガソリン単価が上がりっぱなしだから、腹の虫は絶対収まらない。


ノビタキ ♀  2013年4月11日  長野県 松本市


4月9日 来た鳥・まだいる鳥

ヒレンジャク    2013年4月9日  長野県 松本市

ヒレンジャク ♀(?)   2013年4月9日  長野県 松本市


 喉の黒部と胸の境界が曖昧な個体を見つけた。これが図鑑の言う雌の特徴なのだろう。レンジャクと出会う度にのど元ばかり見ていたが、これにて、ひとまず宿題終了としよう。レンジャクもそろそろいなくなるし。

 ドジをした。包丁を持とうとして、よく見ないで握ったら、人差し指で刃のあごをなでてしまった。血がぽたぽた・・・。手の指はどれを痛めても生活に支障を来たすが、右手人差し指の腹を切ると、もう絶句。

 まずはカメラのシャッターが切れない。パソコンのキーボードは中指一本でも何とかなるが、マウスはお手上げ。クリック、クリックが出来ず、真ん中のくるくる部分(ホイール)が回せない。仕方がないので、人差し指と薬指のコンビにしたが、なんともまどろっこしい・・・。

 「防水」を売りにしている救急絆創膏を貼ったが、ウソじゃん!洗い物をするとしっかり水が入る・・・ぶつぶつ。

 しか〜し、指の怪我くらいでへこむ鳥馬鹿ではありません。しっかり午後は鳥見へ。
 カモ見シーズンが終わり、鳥見界はシギ・チシーズンになったが、信州松本盆地でのシギ見はほとんど無理な注文。早く山の夏鳥達が来ないかと願うばかり。

 春だけチェックしている雑木林がある。春だけフィールドとでも言おうか。カモや白鳥が早めに渡去してしまったので、そこへ行ってみた。

 まだコサメビタキは来ていなかったが、なんとクロツグミの雄が2羽も地面を歩いていた。もう来たんだ!と驚く。もちろん、通過個体だから、明日にはいないだろうが。
 悔しいことに、写真が撮れず。指を怪我しているので、もたついている間に飛ばれてしまった。

 10羽ほどのヒレンジャクがまだいた。柳の花が美味しいらしく、強風に大きくなびく枝先で、飛ばされそうになりながら食べていた。

 ヒレンジャクの群に混じっていたのか、偶然一緒だったのか、アトリが2羽いた。しっかり夏羽の雌雄だから渡り途中のつがいなんだろうと思う。雄も撮りたかったが、やはりもたついている間に飛んでしまった。アトリもこの2羽が今季の見納めになるだろう。

 ウグイスが、まだ小声だけれど「ホー、ホケキョ」までさえずれるようになっていた。ヤマブキのつぼみが開き始め、シナノタンポポの蕾がロゼットから顔を出していた。クロツグミ以外はすべて例年通り。アカハラが先か、コサメビタキが先か、もう5、6日で結論だ出る。


アトリ    2013年4月9日  長野県 松本市


4月8日 行く鳥来る鳥

オオバン    2013年4月8日  長野県 安曇野市

 爆弾低気圧の置き土産、上昇した犀川の水位は、ほんの少し下がっただけのまま。砂利河原だった場所も水没したまま。流れ着いた流木の陰にオオバンが隠れていた。移動中の個体か、それともここで夏を過ごす個体だろうか。

 安曇野に1960年代に現れ始めたオオバンは、これまでは冬鳥で、春になると何処かへ移動して行き、夏季には見られなかった。しかし、2012年には御宝田池で夏を過ごす個体が現れている。まだ繁殖はしていないが、カイツブリ、バンが繁殖しているから、遠からず繁殖する個体が現れそうだ。
 
 越冬するオオバンの数は増えて続けているが、今シーズンはこれまでにない数が越冬していた。と言っても、御宝田池と周辺で40羽ほどだが。
  白鳥湖にも多いときで30羽ほどが越冬していたが、遠かったり、中州の陰にいるので、正確な数は分からない。
 
 15羽ほどの群が御宝田池横の犀川本流のほぼ一定の場所でひと冬を過ごした。常に犀川本流の一定の場所で過ごしている群が現れたのは始めてと思う。
 白鳥の過ごす御宝田池と白鳥湖は同時に多数のカモが越冬している。オオバンもカモに混じって越冬している。これまで、この地では、カモがいない場所にはオオバンもいないかったが、御宝田池のすぐ近くとは言え、カモがいない本流で過ごす群が現れたことは記録しておかなければ。

 この夏御宝田池でオオバンのヒナが見られるか、楽しい宿題が生まれている。

 

カシラダカ ♂ 夏羽    2013年4月8日  長野県 安曇野市

 昨日150羽と書いた御宝田池のヒドリガモが80羽ほどになっていた。アメヒと見えた個体もしっかり確認する前に去ってしまった。そろそろカモ見もシーズンオフになる。4月中にふらりと現れるシマアジと出会えるかが、残る楽しみです。

 ツグミ以外の冬鳥達がほとんど見当たらなくなった。ひと冬ほぼ同じ場所で出会ったシロハラも旅立ったらしくいなくなった。
 シーズン最後になるだろうカシラダカと出会った。毎年10日過ぎに、か細い声でさえずるカシラダカに出会えるのだが、今年はさえずり声を聞かないまま、さようなららしい。

 いなくなったジョウビタキが1羽現れた。移動中の個体か、ジョウビタキもこの個体が今シーズンの見納め個体となるだろう。

 行く年来る年ならぬ、行く鳥来る鳥の時季。今日20羽ほどのヒヨドリの渡りの群を見かけた。運転中だったので正確に数えられなかったが、明らかに渡りの群。はばらばらと河原の柳の花に集まった越冬組のヒヨドリとは違い、渡り組は集団で南西方向から北東方向を目指して飛んで行く。時には賑やかに鳴き交わしながら。

 渡り途中のノビタキはまだ現れないが、まもなくコサメビタキがやって来る。コサメが来ると、続いてキビタキ、オオルリ・・・が雑木林を通過して行く。最近、冬季にはほとんど見かけないヒガラやコガラと出会う。彼らも移動中なのだろう。

 今の春こそ、フィールドで渡り途中のサメビタキを見つけよう。残っている宿題を思い出した。昨春は大町で出会えたが、春だけの臨時フィールドでなく、いつものフィールドで是非とも・・・。
 

ヒガラ   2013年4月8日  長野県 安曇野市


4月7日 春はばく進中

 桜が開花すると、春は一気にばく進します。鳥見をしている河原の雑木林も新緑に変わりました。今、鳥さんがたくさん来れば、楽しい写真が撮れると思うのですが、林はとても静です。ツバメはたくさん飛び回っていますが、なかなか期待通りに鳥さんは来てくれません。新緑の木々はほとんど柳です。名前は分かりませんが、3、4種類の柳が共存しています。

 昨年も4月3日に爆弾低気圧が通過して、強風吹きまくりでした。そのあと5日にノビタキが3羽、6日に5羽来ました。今年も、同じ事が起こるかと、フィールドを回りました。しかし、河原に柳はたくさん生えていますが、ドジョウはいないみたいです。


ミサゴ    2013年4月7日  長野県 安曇野市

 暴風の吹く前か、風雨のさなかか分かりませんが、御宝田池からキンクロハジロの群が去り、キンクロとスズガモの交雑個体も消えました。ややこし君、次の冬にも飛来してくれると嬉しいのですが。
 3羽いたスズガモの雌も2羽が去り、残ったのはキンクロの雄1羽と雌2羽、そしてスズガモの雌が1羽だけ。

 キンクロに比べ、いつも遅くまでワイワイしているヒドリガモはまだ150羽ほど残っています。その中に、2日に書いた、アメリカヒドリの雌に見える個体もまだいます。ノビタキが見つからなかったので、アメヒに見える個体の正体を確認をすることに。

 150羽のヒドリガモのうち、100羽がひとグループです。ほぼ揃って行動し、少し前までは陸に上がって見物人の足元で餌を待っていました。今は見物人が来ないので、そろって陸に上がり伸びた雑草を食べています。

 残りの50羽の中で、10羽ほどが小群を作っています。この小群は警戒心が強く、池の端で観察を始めると、必ず一番遠方まで離れて行きます。小群にアメヒに見える雌個体が入っています。その小群はつがいの集合で構成されていますが、アメヒに見える個体は単独で、小群に付かず離れずの位置を保っています。

 40分ほど見ていましたが、一度も羽ばたかず、従って脇羽の色は確認出来ず。脇羽でアメヒか違うかの識別が可能ですが。
 突然、カモが一斉に飛び立ち、その瞬間、問題のカモを見失いました。大失敗。飛び立つ瞬間に脇羽が見えたはずなのに。

 カモたちが飛んで逃げたのは、ミサゴが急降下して来たからです。来なくてもいいのに、お邪魔虫め!カモたちも、オオタカじゃないから、逃げなくてもいいのに。
 ヒドリガモ達が飛び去る前に、なんとか識別をしたいのですが。

 ヒドリの観察が出来なくなったので白鳥湖へ回る。4日に、千鹿頭池で雑種ガモを観ていたちょうどそのころ、白鳥65羽が北帰行したと聞きました。1000羽を超えた白鳥も、ついに3羽になりました。昨年はまだ100羽ほどいたのですが。下は残った3羽です。この狭い水面に、白鳥とカモがひしめき合っていたのですが。春はばく進中です。

 


4月5日 今年の夏は大変だ

雑種ガモ バニラ   2013年4月5日  長野県 松本市

雑種ガモ 色男しろ   2013年4月5日  長野県 松本市

 今日の登場人物(雑種ガモ)を整理します。

2009年生まれ

 しろちゃん♀ 
 五人組(一郎♂、二郎♂、三郎♂、四郎♂、五郎?)
   ※ 兄弟姉妹の関係と推測出来る。

2012年生まれ

 しろちゃんの子供
  (しろしろ♂ しろ並♂ しろバフ♂)
 先輩家族
  (バニラ♀ コーヒー♀ ココア♀ 色男しろ♂
  色男バフ♂)
   ※ しろちゃんの子供と先輩家族は従兄弟関係と推測出来る。

 メンデルもダーウィンも真っ青の遺伝実験場、千鹿頭池へ久しぶりに行きました。時々チェックを入れないと個体識別が出来なくなるので。
 2羽いるはずの白い雑種ガモの1羽「しろちゃん」は不在。その配偶者ガード君(三郎♂)も当然不在。白いカモはバニラ1羽だけでした。


雑種ガモ ココア   2013年4月5日  長野県 松本市

手前は雑種ガモ 色男しろ 2羽は交尾もしました
 

 千鹿頭池は農業用の溜め池なので、保守点検のため毎春水を抜きます。このとき池にいるカルガモや雑種ガモは他所へ避難します。現在水が入れられ、水位が戻ったので、カルガモや雑種ガモの一部が戻っています。

 なぜ遺伝実験場かというと、ややこしいカップルがぞくぞく生まれ、近親交配が起きているからです。この池を中心に生息している雑種ガモの素性をたどると、池に放されたアヒル(シキアヒル)に辿り着きます。その子孫が交配を繰り返していると考えられます。
 例えば、真っ白な雑種ガモ「しろちゃん」とその配偶者ガード君(三郎)は、兄弟姉妹の関係と推測出来ます。

 1時間半ほどの観察で、確認出来た現在のカップルは

  ココア♀と色男しろ♂ 2羽は兄弟姉妹の関係
  コーヒー♀と五人組四郎♂ 2羽は叔父と姪の関係
  先輩家族の1羽と思える♀と五人組一郎 
               2羽は叔父と姪の関係
  バニラ♀と色男バフ この関係はハッキリしない
               2羽は兄弟姉妹の関係

 こんな組み合わせが何組も出来、それぞれがヒナを孵すと、現在でも何が何だか分からないカモだらけ状態が、さらにややこしくなる事間違いなし。今年の夏は大変なことになると想像出来て、実は興味津々なのです。また黄色いヒナや真っ黒なヒナが誕生するでしょうか。

  

雑種ガモ 色男バフ   2013年4月5日  長野県 松本市

一番識別しやすい雑種ガモ 左右で初列風切の色が違う。 右は3枚が白 左は1枚だけ白

 白い雑種ガモバニラの相手は上の色男バフが一番近いと、今日は見えた。しろちゃんの子供、しろしろとしろ並が迫ると、色男バフが割っては入り、迫る2羽を追っていたので、おそらくバニラと色男バフはカップルになると思える。2羽は兄弟姉妹の関係です。


2羽は兄弟で♂同士なので、カップルではありません。

雑種ガモ しろバフ?   2013年4月5日  長野県 松本市

 「しろちゃん」の子供3羽はいつも連れ立っていたが、今日見ているとしろバフは他の2羽とは離れて行動していた。邪推だが、バニラを巡って兄弟の間に亀裂が入ったらしい・・・と擬人化して考えるのも問題有りですが、見ていると4羽の関係はそんな関係に見えた。

 しかし、まだハッキリしないので確かめねばならない。しろバフと見えた個体が、はたしてしろバフなのかを。嘴の黄色い部分の形で判断していますが、疑問が残っています。

 もしかすると「しろちゃん」の子供3羽の1羽が欠けていて、しろバフと考えている個体が、実はバニラと兄弟姉妹関係の「ちょい色男」だとも考えられる。
 
 雑種ガモが入り乱れていると、撮影しながら頭が混乱してしまいます。体の色が変わらなければ随分と識別が楽なのですが、雑種ガモも生殖羽と非生殖羽が大きく変わるので、とても悩ましい限りです。

 5月末頃、どのつがいのヒナが泳ぎ出すか、楽しみです。


4月4日 ついに・・・

タヒバリ   2013年4月4日  長野県 安曇野市

 捜しに行ったが、ホオジロハクセキレイは見つけられず。河原は広いから、セキレイ1羽を探し出すのは途方もないこと。そう分かってはいたが、何とかもう一度と、昨日現れた場所を中心に捜すが・・・諦めるしかないでしょう。

 かなり夏羽に換羽したタヒバリがピンポイントのチェック場所にいた。3月以来、ここで何度もタヒバリを見ている。比較するポイントが見つけられず、同一個体なのか知りたいのだが、分からないまま。

 タヒバリの足はこんな色だったかと、もう少し薄い肉色ではなかったかと思いながらしばらく眺めた。足の色は「暗褐色から肉色まで」と図鑑にあるから、この色もその範囲に入るのだろう。

 ホオジロハクセキレイを捜していて、揚げヒバリがたくさんになったと実感。昔は麦畑や桑畑でも揚げヒバリが見られたが、今やヒバリは河原の鳥で、河原以外で揚げヒバリがたくさんいるのは松本空港と周辺の広い芝生の公園だけ。ヒバリの繁殖地は、かなり狭い範囲に押し込められてしまった。


揚げヒバリ   2013年4月4日  長野県 安曇野市

強引に交尾するアイガモ2羽   2013年4月4日  長野県 安曇野市

 白鳥湖で生息している2羽のアイガモについては以前にも書いた。アイガモ2羽は、合鴨農法の水田から逃げ出したと推測している。2羽は、言葉は悪いがいつも「つるんでいる」ので、少し識別力があれば、マガモと混じっていてもすぐに見分けられる。

 アイガモと野生のカモが交雑する恐れがあるとの危惧が、専門家の間で語られているが、白鳥湖でその危惧が起きつつある。

 昨年の5月19日(=雑記が過去ログに残してあるので見て下さい)2羽のアイガモはアヒルの雌(通称、歌舞伎)を追い回し交尾した。昨春は、アヒルの歌舞伎にしつこく迫ったが、他の野生のカモに交尾を迫る行動は見ていない。野生との交雑はなさそうと、昨春は考えた。

 ところが、今日、ついにアイガモ2羽がマガモの雌と交尾した。つるんでいる2羽は、昨春の歌舞伎を襲ったとき同様に、2羽同時にマガモの雌の背に乗り、代わる代わる交尾。敢えて言えば、通常見かけるカモの交尾でなく、強姦状態。

 公園の池で1羽の雌アヒルに雄複数羽が交尾を迫る、そして代わる代わる交尾する様を見たことが何度かある。まさにあれと同じ光景。マガモ同士の交尾は長くても30秒もあれば終わる。しかし、アイガモの執拗さはマガモの比ではなく、2分30秒ほど続いた。


強引に交尾するアイガモ2羽   2013年4月4日  長野県 安曇野市

 雌マガモは単身者でなく、ちゃんと連れ合いがいたのだが、アイガモはそんなことにはお構いなしの乱暴狼藉。雄のマガモはおろおろと回りを泳ぎ回るだけ(下の2枚の画像)。

 昨春相手をさせられた「歌舞伎」も近くにいるのだが、歌舞伎にはアオクビアヒルの「のび太」がしっかり付いていて、現在はガードが堅い。「のび太」君、最近急に強くなって、もう一羽のクロアヒル「ジャイアン」をも寄せ付けない。おそらく、アイガモも「のび太」君に撃退されたと推測する。そこで、アイガモはマガモの雌にターゲットを絞ったのだろう。

 アヒルとマガモの交雑で作られたこのアイガモ2羽には、マガモの血が流れているが、カルガモの血は流れていない(合鴨農法のアイガモには、アヒルとカルガモの交雑で作られたものもいる)。アヒルの「歌舞伎」にもマガモの血が流れている。
 そこで、アイガモは、血のつながりとでも言おうか、マガモ系統を交尾対象とするのだろう。カルガモもたくさんいるが、カルガモには今のところ迫ってはいない。

 今日の交尾だけで、即雑種が生まれるとは思えないが、交尾が繰り返されると、雑種ガモの誕生が起こる恐れは十分ある。千鹿頭池の雑種ガモ同様のややこしい交雑ガモが生まれるだろう。

 もし、次の冬に、奇妙な羽衣のマガモが白鳥湖にいたら、まずはアイガモ2羽の子供だろうと考えるべきだろうか。ただ、周囲にマガモがたくさんいるので、このマガモ雌とそう何度も交尾すると思えないので、はたして交雑個体が生まれるか疑問です。

 しかし、白鳥湖で、ついにアイガモと野生の交雑が起こりつつあると言えるでしょう。またまた、好奇心がむくむくと。そろそろ千鹿頭池へも行かねばならないし、ノビタキやキビタキ、オオルリほか渡り鳥もやって来るし、体がいくつも欲しいですね。



4月3日 安曇野では珍鳥

ハクセキレイ ♀   2013年4月3日  長野県 安曇野市

 上は下の珍鳥君と比較のための画像、ハクセキレイです。ハクセキレイのこれぞ雌成鳥夏羽という個体を探しています。宿題、ハクセキレイの「カタログ」を作るのために。もう冬羽から換羽をすませている個体がいてもいいのですが、まだ会えていません。ただいま換羽中の個体がほとんどです。

 御宝田池へアメリカヒドリの雌に見えた個体を探しに行くが、出会えず。島の何処かで寝ているのだろう。30分ほど待つが、今日は諦め。そこで、河原へハクセキレイ見物に行く。しかし、これぞの雌に出会えず

 そして、帰路の途中、ハッと驚く出会いが。遠くの草はらにいる、やけに白いハクセキレイが目に付きました。ちょうど下の画像のように見えました。安曇野ではかなりの珍鳥です。私の好きなややこし君的な珍鳥ではなく、文字通りの珍鳥です。但し、鹿児島に行けば、そこそこ見られるはずだから、安曇野限定で珍鳥ということに。


ホオジロハクセキレイ    2013年4月3日  長野県 安曇野市

 与那国で何羽も見ているので、ひと目でホオジロハクセキレイと識別しました。昨夜は荒れ模様の天気だったので、渡り途中の変わり種が降りていないかと気を配り、鵜の目鷹の目をしていたから見つけられたのでしょう。数羽のハクセキレイに混じって採食中。
 やっほ〜!みっけ、ホオジロだ!
 
 ネパールやメンガタほど珍ではありませんし、何羽も見ているので、わたし的にはやや珍鳥の部に属します。しかし、安曇野での出会いは、やっほ〜!ものです。

 近づいて来た。ばりばりシャッターを切る。すぐに飛んでしまうのがセキレイの常だから。シャッターを切りながら、背中が真っ黒ではないと見る。シベリアハクセキレイならもっと灰色だから、シベリアではない。喉の中程や腮(えら)まで胸の黒い部分が伸びていないから、この点からもシベリアではない。シベリアは日本の普通にいるハクセキレイのように黒い部分の上部がもう少し広いはず・・・乏しい知識を総動員。背が真っ黒でないのは、おそらく夏羽に換羽中だから・・・いろいろ考える。シベリアハクセキレイとホオジロハクセキレイは似ているので、間違いやすい。


 ホオジロ君背を向ける。ありゃ、かなり灰色だ。光線具合にもよるが、横から見ると雄の第1回夏羽へ換羽中か、はたまた後ろから見ると雌なのか・・・う〜〜悩ましい。

 ここで、普通のハクセキレイがちょっかいを出して、せっかくのホオジロ君を追ってしまった。ホオジロは犀川の河原へ飛び去り、至福の瞬間は、まさに瞬間で終わってしまった。見つけてから4分。撮影開始から終了まで2分30秒の出会いでした。

 雄なのか、雌なのか、識別したいから、明日も行ってみるけれど、再会は・・・難しいだろうな。はるばる安曇野に立ち寄ってくれたホオジロ君に敬意を表して、トップの画像を入れ替えました。



4月2日 新しいややこし君
コウノトリ「えっちゃん」情報です。

 えっちゃんは健在で、始めに飛来した大町市の蓮田をベースに白馬村の各地で行動しています。ちょっと遠いのと、ガソリンが高くて、私は会いに行っていませんが、あれこれ風の便りが届きます。

 蓮田の持ち主さん、えっちゃんのために蓮田にドジョウを入れ続けているそうです。えっちゃんは大胆にも持ち主さんがドジョウをストックしている簡易いけすの中まで入りドジョウを食べたそうな。

 えっちゃんは、持ち主さんが近づいても逃げないが、他の見物人が近づくと逃げてしまうそうな。しっかり持ち主さんを認識しているらしい。

 そして、昨日、なんとえっちゃんはキツネに狙われたそうです。詳しくは信濃毎日新聞の記事をお読み下さい、キツネが狙っている写真が見られます。えっちゃんは無事でした。

 信毎Web コウノトリ危機一髪?キツネが狙う瞬間撮影
 

アメリカヒドリ ♀(?)  2013年4月2日  長野県 安曇野市

 最近のややこし君はキンクロとスズガモの交雑個体ですが、今日、さらに新しくややこしい個体を見つけてしまった。もったいぶらず、ずばり上の画像がそれです。

 私の知識では、ほぼアメリカヒドリの雌。頭部のこの色、嘴の基部に黒い部分があること、まずアメヒの雌と考えられる。翼下面の脇羽の色が白ならもう十分だが・・・実は羽ばたいてくれなかったので、最後の詰めは明日以降に。
 3月18日の雑記で取り上げた、アメヒの雌に見えたヒドリガモの雌よりずっとアメヒ的です。

 御宝田池には、まだ150羽ほどヒドリガモがいる。彼らはすれっからしで、コンビニ袋でも下げて行けば、餌がもらえると思い、陸に上がって足元までぞろぞろと寄ってくる。あるいは陸に上がってのんびり昼寝などしていて、レンズを抱えて横を歩いても、恐れもせず惰眠を続けている。

 アメヒらしい個体が2羽いて、2羽とも警戒心が強く、近づいて来ない。接近を試みるが、すぐに彼方へ泳ぎ去ってしまう。さして広くない池だが、小島がふたつ造ってあり、その陰へ逃げ込まれると、もうお手上げ。

 明日以降のお楽しみが拾えました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 宿題の、ややこし君の翼の色について。ほぼ同じスタイルで羽ばたいた瞬間をと、かなり頑張りました。2時間かけて、ややこし君は1回だけ羽ばたいてくれ、キンクロハジロと対比出来る画像が撮れました。

 スズガモも同じスタイルの画像を撮りたかったのですが、なんとスズガモの雄はいませんでした。何処かへ遊びに行ったか、それとも雌に相手にされなかったので渡去してしまったのか。雌3羽はいましたが。昨日の画像がスズガモの撮り納めになった感じ。

 ややこし君の翼上面とキンクロハジロ雄の上面はほぼ同じに見えます。先日、スズガモ雄の上面に似ている感じと書きましたが、キンクロにより似ていると見えます。


ややこし君 キンクロハジロとスズガモの交雑個体 ♂  2013年4月2日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ ♂  2013年4月2日  長野県 安曇野市

スズガモ ♂  2013年3月22日  長野県 安曇野市

 かなりおたくな話です。キンクロは初列風切P7まで外弁にはっきりした白色部があるが、スズガモはP6まで。ややこし君は画像では分かり難いですが、キンクロと同じP7まで白色部がある。ただし、画像の3羽についてのみの比較ですから、個体差でこの違いは微妙に変わるかも知れません。ともかく、上面の色はほとんど差がなく、識別には使えそうもない。


ややこし君 キンクロハジロとスズガモの交雑個体 ♂  2013年4月2日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ ♂  2013年4月2日  長野県 安曇野市

 翼の下面は違いを見つけられないほど同じに見えます。脇羽の先端にわずかに黒色に見える部分があるところまでそっくりですから、下面を見ただけでは識別は出来ないと思います。

 識別ポイントは、頭部の形と色、背の波状斑の緻密度だけと考えた方がよさそうです。これにて、ややこし君の宿題は解決とします。

 カモ見シーズン終了間際になってややこしいカモが現れ、今シーズンは珍ガモが出なくてつまらなかったと記録を書かなくて済みそうです。実際、冬の間は退屈していましたから。

 さぁ、次は新しいややこし君、アメヒの雌に食い付かなくては。


4月1日 戻ってきた、ややこし君

桜  2013年4月1日  長野県 安曇野市

 桜を見に行った。もう咲いているだろうと思って。しかし、私が鳥見をしているフィールドの桜は、もうちょいの状態のまま。頑張らなくてもいいから早く開いてしまいな・・・。
 昨日天気が悪かったので、開かなかったか。これだと開花が松本城の桜と同日になってしまいそう。

 フィールドの外縁、拡大フィールドとでも言うか、たまに鳥見に回る里山の桜は、たぶんソメイヨシノだと思う、ちらりほらりと咲いていた。
 安曇野にもいよいよ桜咲くの季節が巡り来て、七十二候の「櫻始開(さくらはじめてひらく)3月25日〜29日」に追いついた。

 「春分」「清明」の頃は、どうも節気と松本平の春の進捗はぴったし来ない。「玄鳥至(つばめきたる)」は4月5日〜9日なのだが、もうツバメは何羽も飛び回っているし、スズメはまだ巣作りを始めていないし。(「雀始巣=すずめはじめてすくう 3月20〜24日)                     

  

ヒオドシチョウ  2013年4月1日  長野県 安曇野市
 桜のつぼみを食べるウソ、できたらこのくらい膨らんだつぼみを食べるウソを見たい、撮りたいと思っている。だが、鳥見をしている範囲内では、ウソはまれにしか現れないから、お出かけしなくては撮れそうもない。

 道路にへばりついてヒオドシチョウが日光浴をしていた。たぶんエルタテハではなくてヒオドシだと思う。越冬から目覚めたばかりの個体か、翅(はね)の外縁がぼろぼろで可愛そうなくらい。この春始めて出会ったヒオドシです。「桜咲く」と「ヒオドシ見る」は、例年ほぼ同時期だったような・・・鳥でないので記憶が朧。

 まだ、例のシロハラが頑張っていた。桜が咲くのだから、はやく繁殖地へ向かいなと、今日もいらぬ心配をしてしまった。


シロハラ  2013年4月1日  長野県 安曇野市

 フィールドの3分の1ほど回ったところで16時。お帰り時刻になるが、それでも、珍なるカモが降りていないかと思い御宝田池へ。もう白鳥がいないので、見物人もカメラマンもゼロ。ゆっくり鳥見をするには好都合。双眼鏡で端から1羽ずつ見る。

 今日はエイプリルフール。まさに嘘みたいなことが起きました。エイプリルフールがフールフール(降る降る)でした。

 3月22日に見つけたスズガモとキンクロハジロの交雑個体、1日限りで消えてしまい、以降何度捜しても見つけられなかった、あのややこし君が、なんとぽっかりと浮かんでいた。

 22日にまじまじと見たので、まだ特徴ある頭頂部をハッキリ覚えていた。逆光で羽衣の色はほぼ真っ黒に見えたが、すぐにピンと来た、ややこし君だ。

 

スズガモ X キンクロハジロ 交雑個体 ♂   2013年4月1日   長野県 安曇野市

 御宝田池にいたなら、絶対見つけているはずだから、キンクロハジロと一緒に白鳥湖の隅か、犀川下流の生坂ダム湖にでもいたのだろうか。ともかく、戻ってきたのだから、明日からまた食い付くことにしよう。とにかく、羽ばたく姿が撮りたい。それだけのために。

 ちょっとだけ羽繕いをしたので、初列風切の様子が見えた。スズガモに似ている感じ。スズガモ雄の翼の上面(表)は3月に撮ったので、ややこし君とキンクロの上面を撮り、3者を比べてみたい。ややこし君はどちらに近いだろうか。また宿題を拾ってしまった。


手前から ややこし君 スズガモ♂ ホシハジロ♂


3月分   ホームヘ 5月分