私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


4月分  6月分

5月31日 ときどきトンボ

アカモズ ♂  2013年5月31日  長野県

 5月が終わる。カワガラスの幼鳥、オオアカゲラの巣立ち、巣作り中のサンコウチョウ、こんなにも見られたから、楽しい5月だった。しかし・・・欲深な鳥馬鹿は、しかしと思ってしまう。常駐組のイソシギ以外のシギを1羽も見られなかったから。

 鳥さんを探しに出かけた。途中アカモズが毎年来る場所を通過がてらにチェック。角を曲がったら、いきなり目の前にアカモズがいたので、びっくり。モズ君もびっくり。3コマ撮ったら飛んでしまった。しかし、減り続けているが、毎年律儀に少数が来てくれるから嬉しいですね。アカモズはまたのお楽しみで先を急ぐ。

 結論を言えば、お目当ての探す鳥さんには出会えず、声も聞かれず。やれやれでした。もっと遠くまで出かけねばならないのだろうか。いつか早朝から丸1日探しまわろうと思う。

 今日撮れたのは、下のキセキレイだけでした。


キセキレイ ♀  2013年5月31日  長野県

ニホンカワトンボ ♂  2013年5月31日  長野県

 「風と光と鳥たちと」遊んでいるが、ときどきトンボ君とも。鳥さんと出会えないからとすごすご帰るのも悔しいから、最新のトンボ図鑑をくくり、独学を。鹿を追う者山を見ずのごとく、鳥を探す者周りを見ずではないのでして、トンボもチョウも一応見ています。それらを撮影するとなると、これまたひと苦労だから、手を出さないだけ。

 しかし、全然鳥さんが見えないと、トンボにレンズを向けたりします。今日は、珍しいトンボと出会った。図鑑で少しだけ勉強していたので、瞬間珍しいトンボだと分かった。

 ニホンカワトンボは、他県では広く分布しているが、長野県では今のところ限られたごく狭い地域でしか見られない、図鑑ではそうなっている。トンボ通の方には、私がどこへ出かけたか看破できるはず。そのくらい長野県では珍しいはず。
 珍鳥ならぬ珍トンボに出会ったので、以後は鳥見がトンボ見になってしまった。

 シオヤトンボは、子供の頃から見知っている。ときどきシオカラトンボと見間違えたが。改めてよ〜く見ると翅の縁紋が黄褐色だった。黒いと覚えていたのだが・・・夜に図鑑をくくったら、縁紋が黒いのはシオカラトンボで、しっかり記憶違いをしていた。トンボ道はほんの入口に立ったところだから、当分こんなヘボミス続きをしそう。



シオヤ ♂  2013年5月31日  長野県

サラサヤンマ ♂  2013年5月31日  長野県

 飛んでいるトンボを撮ろうなんて・・・・しかし、ヤンマの仲間は同じ場所をぐるぐる回っているから、マニュアルでピント合わせをすれば、なんとかなる。同じ場所をぐるぐる回るのは、縄張りを維持するためらしい。まぁ、背景まで入れてツバメを撮るよりはやさしい練習でした。


サラサヤンマ ♂  2013年5月31日  長野県

 下はとても小さな、弱々しい感じのするトンボだった。撮りながらオツネトンボだろうと思ったが、夜に図鑑を見ると、なんだか分からなくなってしまった。格好つけて逆光で撮るからいけないのだ。
 縁紋が、ハッキリしないが、重なった前翅と後翅でずれているように見えるから、オツネトンボの雌の未成熟な個体なんだろうと、取りあえず識別しておきます。自信がないけれど。

 トンボを撮りながら、探す鳥さんの声がしないか、耳だけは鳥見をしていた。ひと声聞こえさえすれば、即いると分かるのだが。いると分かれば、トンボと遊んでいる場合ではなくなるのだが・・・結局トンボと遊んで今日は終わってしまった。



5月29日 梅雨入り 

チュウサギ  2013年5月29日  長野県 安曇野市

チュウサギ  2013年5月29日  長野県 安曇野市

 松本平も梅雨に入り、空が重くなった。陽気な梅雨と、はにかみ屋の梅雨がある、と勝手に区分している。陽気な方は、どしゃばしゃと、時には集中豪雨・ゲリラ豪雨的に強い雨が降り続いたり、いきなりかっと晴れて青空が広がったりする。はにかみ屋の方は、しとしと雨が続き、何日も青空が出ない。雨が止んでも、空はどんよりと曇ったまま。

 わたし的には土砂降りの方が写真を撮り易いので、土砂降り雨の中の白いサギを撮りたいと、ずっとねらっているのだが、以外に難しく、未だ満足出来る写真は撮れていない。

 梅雨入りしたし、朝方は雨が降ったので、サギのいる水田へ行けば、もしかするといい雨が降っているかもと、午後からいそいそ出かけた。白いサギが10羽ほどがひとつ水田で採食していた。

 かって見たことがなかったチュウサギも、最近は時々出会えるようになった。上の画像のように虹彩(目)が赤いのは深夜遊びに興じたからではなく、婚姻色になったからである。嫁さんが欲しくて、もちろん逆もあるが、目が血走っているのだ・・・これは冗談だが、繁殖期になると虹彩が赤くなり、目先(目と嘴の間)が黄色になるのは事実です。

 有名?観光地大王わさび農場の脇にサギのコロニーがある。苦労してコロニーをチェックしていたら、昨夏チュウサギがひとつがい営巣していた。今夏はまだ見つけ出せないでいるが、今日チュウサギを5羽見たし、2羽で連れ添っている、たぶん番(つがい)と思える個体もいたから、ことしも営巣するのではと期待している。

 アマサギもチュウサギ同様、1995年頃から松本盆地、特に安曇野へ来るようになったサギである。こちらは、初夏と秋の2回10羽前後の群がやって来た。まだ繁殖は確認してないので、おそらく通過個体が休憩に立ち寄っていたのだろう。
 ところが、最近は、群がひとつが通過するのではなく、5月中旬からばらばらと数羽ずつ現れ、ある時は1羽で現れたりしている。この地で繁殖して欲しいと願っているのだが、さてどうなるか。
 下は、アオサギに追われるアマサギ。とにかく安曇野はアオサギが異常なほど増えてしまい、アオサギ天下になっている。

 

アオサギに追われるアマサギ  左はコサギ  2013年5月29日  長野県 安曇野市

 今風にいうと、「じぇじぇッ!」と見えたサギがいた。下の右の個体。目の錯覚か思いこみで、趾(し=足の指)まで赤橙色に見えた。婚姻色で足の先まで赤橙色の大きなサギは、冬季に渡来するオオダイサギである。もし、オオダイサギなら「じぇじぇッ!」ものなのだ。

 冬季にたくさん来るオオダイサギは4月中頃になると見事に北へ渡去してしまう。そして4月末に南からチュウダイサギが繁殖に渡来する。これが普通だが、中には夏も安曇野で過ごそうなんて、変わり者のオオダイサギがいるかも知れないではないか・・・と、いつも変な?期待をしている鳥馬鹿なので、思わず「じぇじぇッ!」でした。

 横にアオサギが来て、大きさを比較出来たのと、飛び上がったら、足は上部だけが赤橙色だと分かった・・・これぞ婚姻色のチュウダイサギ。なぁ〜んだの落ちでした。


婚姻色のチュウダイサギ  左の3羽はコサギ  2013年5月29日  長野県 安曇野市

 白いサギを眺めながら雨を待つが、ついに雨は止んだまま。曇り空が恨めしい。この地でまだ見た事がない白いサギは、カラシラサギとクロサギの白色型である。もし現れたら、この地ではどちらも超が付く珍鳥、それこそ「じぇじぇじぇッ!」なのだが。

 雨が来ないので、ツバメで遊ぶ。水面上を飛ぶツバメはそこそこ撮れるので、レベルを上げて、初夏の花の中を飛ぶツバメに挑戦。840mで撮ろうというのだから、少々無謀な試みである。しかし、カメラとレンズの性能のおかげで、1回目の挑戦で撮れた。30コマほどしかシャッターを切らなかったが。決して、私は腕がいいなんて思っていません。機械のおかげです、カメラとレンズ様々です。


ツバメ  2013年5月29日  長野県 安曇野市

 下は、草に付いている虫をくわえ捕る瞬間。まさにツバメの早業でしたが、ピントが合っていたので、びっくりでした。

 白いサギは梅雨の間ずっといるから、また挑戦します。アマサギがいいのだが、今日の個体は単独だったので、長くはいないだろう。雨雨降れ降れなんて願うと、皆さんに叱られるかしら。梅雨入り1日目の午後はこうして終わりました。



5月27日 三度目なので

サンコウチョウ ♂  2013年5月27日  長野県

サンコウチョウ ♀  2013年5月27日  長野県

サンコウチョウ ♂  2013年5月27日  長野県

  〜恋も二度目なら 少しは上手に・・・。
  〜恋も二度目なら 少しは器用に・・・って。

 恋したサンコウチョウ、挑戦三度目なので、少しは上手に、少しは器用に撮れた・・・みたい。(横位置画像は全部トレミングしてあります。40〜50m離れて撮りましたので。)

 生活リズムが崩れるのを承知で、5時に現場へ。雑記帳を書いたり、諸々していて寝たのが未明の2時頃。正味2時間ほど寝たか。鳥見はやはり早朝がいいですね。午後から出勤だとほとんど出て来ないクロツグミがばらばらとやって来たり、それなり楽しい。サンコウチョウもばんばん鳴いて・・・と考えていたが。

 サンコウチョウは、早朝から会いに行ったのに、ほとんど鳴かず。有名なさえずり「月日星ホイホイホイ」は30分に1回ほど。地鳴きの「ゲ、ゲ」だけがときどき聞こえる。これでは、居所を捜すどころか、いるのかいないのかさえ疑わしくなってしまう。今日こそ撮影しようと意気込んでいたのだが。

 今日なんとか撮影出来たのは、ハシブトガラスのおかげです。よそ様の巣から卵やヒナを失敬して食べてしまうやなやつなんだけど、今日だけは感謝しよう。

 森の中を2回ハシブトガラスが通過した。おそらく獲物を探して巡回したのだろう。1回目に通過したとき、サンコウチョウが雌雄で激しくハシブトを攻撃した。その攻撃行為から、ふたつ推測した。まず、攻撃をした場所付近に営巣しているか、巣を造ろうとしているのだろうと。朝から頑張ったのにほとんどさえずらなかったのは、営巣準備中か抱卵中なんだろうと。

 ともかく、サンコウチョウが攻撃をした場所付近を集中的に観察していると、茂った葉の間から鳥影がちらりと見える。しかし、森の中の高い木の梢付近なので、撮影どころか、しっかり見ることもならず。


 4時間ほどカムフラージュネットをかぶって座り続けた。時々現れるクロツグミを撮って気を紛らわしたが、いかんせんサンコウチョウの撮影が出来ないのでは座り続けても意味がない。

 そこで、サンコウチョウが攻撃した付近を大きく迂回して、朝座り込んだ場所と反対側へ移動する。もろ逆光になるが、それは仕方がないとして。

 倒木が絡み合った場所でカムフラージュネットを張り、倒木の間へ入って、一応隠れたつもり。さて、サンコウチョウはと探していると、キビタキが、ついでコサメビタキがけたたましく叫び出した。あれ?と声のする方を見ると、あっち見て、こっち見てをしながらハシブトガラスが再び来るところ。

 これは見もの。幸い隠れている私は無視されたようで、朝通ったとほぼ同じコースをハシブトが移動。すると、期待通り、雌雄のサンコウチョウがどこからか現れ、ハシブトの周りで叫ぶ、飛び回る。これで、サンコウチョウの大切な場所がほぼつかめた。

 ハシブトが去った後、大切な場所がよく見える位置へ移動して、再び隠れたつもり。今度は、簡単にサンコウチョウの行動が観られた。挑戦三度目だもの、そろそろこう来なくっちゃ・・・幸せ気分でいっぱい。
 サンコウチョウは、巣造りの真っ最中で、頻繁に巣材を運んでいた。鳴いている暇などないはずと納得。

 始めは三脚を一番低い位置にして、地面へ座り込み、私はただの枯れ木よと隠れていたが、サンコウチョウが目の前まで来たり、すぐ横で杉の皮の繊維を採ったりするので、上半身を晒してみる。作成中の巣まで40〜50m。サンコウチョウまるで警戒せずに巣造りに夢中。これはしめたと、三脚を目一杯高くして、私も棒立ちスタイルで全身を晒す。距離を開けていたからか、サンコウチョウは巣造りに専念。

 

サンコウチョウ ♂左  ♀右  2013年5月27日  長野県

 巣材は杉の皮の繊維か、皮の柔らかな部分とクモの糸。上は杉の皮から繊維をくわえ採った雄。下は飛びながらクモ糸を集めている雌。


 恋も三度目なので、少しまともな画像が得られた。幸せだったとして、今回の挑戦はこれにてお仕舞い。もっといい画像が撮りたいし、雄の尾羽がカールするかっこいい飛び姿や、フライングキャッチの瞬間も撮りたいが、サンコウチョウが落ち着くまで、しばらくは近づかない方がいいと思うから。

 気象予報士のおじさんが梅雨の走りか、本番が始まるとおっしゃる。なんとなく空模様が怪しい。雨模様の日が続きそうだから、森から田んぼへ戻り、サギやややこしいカモのカップルがいないか見に行こう。

 怖いのは、あのハシブトガラスが、もしかすると巣の位置を覚えてしまったのではないかと言うこと。カラスに荒らされませんようにと祈る思い。



5月26日 一歩前進

今日の入道雲  2013年5月26日  長野県

サンコウチョウ ♀  2013年5月26日  長野県

 季節が1ぺージ進みました。昼から入道雲がわき上がり、雷が鳴り、やがてこの初夏初めての雷雲に空が覆われた。まもなく梅雨が来そうな気配。

 諦めが悪いので同じ森へ。ぐるりと森の周りを半周して、サンコウチョウがどの範囲まで飛び回るのかチェック。一周したかったが、黒雲が現れ、遠雷が近づいて来たので1時間ほどで切り上げた。

 やはり見上げるだけだったが、今日は雌を。昨日より一歩前進。サンコウチョウの特徴の青いアイリングが撮れた。そうは言ってもまだまだ写真にはほど遠いが。

 雌が虫を捕まえた。飛んでいる虫に飛びついて。業界用でフライングキャッチと言う行動。パソコンで拡大してみるとハエかアブのように見える。ごちゃごちゃの枝のないところでフライングキャッチをしたら、比較的明るい場所だったから、楽しい画像が撮れたろうに・・・は無い物ねだり。

 左が飛びつく瞬間。前方の幹の向こう側を通り、下の画像の、邪魔な枯れ枝の上空で虫をキャッチ。数コマ撮ったが、全部ピントが外れてしまい、証拠写真にもならなかった。

 虫さんをどうするか見ていたら、その場で食べてしまった。たいてい、この時期に、この地では、サンコウチョウのヒナはまだ生まれていないはずだから、さもありなんと思った。もしかすると、雌も盛んに飛び回っているから、これから巣作りをするのかも。

 まだ写真にならないけれど、昨日より一歩前進出来たか。下の画像、手前のぶら下がっている枝さえなければ、ちょっとした出来だったのに。諦めが悪いので、また挑戦しよう。もう雷様は来ませんように。



5月25日 またまた・・・

野ウサギ  2013年5月25日  長野県

 この時期になると、尾の長い鳥さんと勝負しに森の中へ行くのだが、毎度頭上高くを飛び回る姿をチラリ見るのと、さえずり・地鳴きの声を聞くだけで半日が終わる。今日も3時間ほど森の中でじっと我慢の子をしていたが、やはり頭上高くを飛び回る鳥さんに遊ばれてしまった。

 上手いこと隠れている積もりなのだが、上から見下ろすと、人間がいるとバレバレなのかも知れない。鳥さん、一度だけ目線の高さまで降りて来たが、ピントの合う前に幹の向こう側へ回り込んでしまい、あえなく今日も敗北。またまた・・・敗北。

 じっと座っていたら、野ウサギが、30mほど前方に現れた。ウサギって、やはり耳が良いです。連続シャッター音を3回立てたら、立ち止まって耳をぴくッと動かし、しばらく固まっていた。

 薄暗い森の中、ウサギが固まって動かなかったので、まずは感度(ISO)30,000で撮り、20,000、5000、2000と3コマずつ撮ってみた。もう少し感度を下げても撮りたかったが、さすがにウサギ君も嫌〜な気配を察したらしい、走り去った。
 上は2000の画像。このくらいでないと、やはりノイズが目に付く。ウサギさんに感謝。この場所での感度の勉強が出来たから。

 下は、問題の尾の長い鳥さん。サンコウチョウと言います。一応証拠写真として、写真にならない画像で恥ずかしいですが使います。こんな具合に、真上ばかり見上げていると、首は痛くなる、腰もぼきぼき言い出す。けれど、きっといつかはと・・・鳥馬鹿は諦めが悪いから。


サンコウチョウ ♂  2013年5月25日  長野県


5月24日 我が集落のカッコウ

カッコウ ♂  2013年5月24日  長野県 松本市
 我が家は古くからの住宅地にある。武田信玄が攻め込んできた頃より遙か昔から存在した集落だから、私が子供の頃、昭和30年代(1960年代)には、大空を掃き掃除出来るほどの大きな箒が何本も立っていた。つまり巨樹と言われるようなケヤキが何本もあり、柿の木などがそこいら中に植えられていて、家々は樹々の緑の中に埋もれていた。

 当時も5月になるとカッコウが来て、それも数羽がやって来て、賑やかに叫んでいた。その頃は、オナガはいなかったがモズやアカモズもたくさん営巣していて、どこかの巣がカッコウの犠牲になっていた。集落の回りは畑や水田が広がり、そこにはホオジロもいたし、農業用水路の回りに茂るヨシにはオオヨシキリも営巣していた。

 カッコウの托卵を当時から知っていたので、注意して見ていると、体が数倍も大きいカッコウの幼鳥に必死で食べ物を運ぶモズを見かけることもあった。モズの親鳥は、気の毒に、たいてい羽衣がボロボロ状態になっていた。図体の大きなカッコウの幼鳥を育てるのは大仕事なんだと、子供ながらに思った記憶がある。

 ご多分に漏れず、我が家のある集落も開発が進み、巨樹はほとんど切られ、緑の隙間から見上げていた青空も、今は空全面が青空になった。それでも、古くから住宅地だった地区は、周辺に造られた新興住宅地とは違い、まだ宅地の中に畑や木々が残っているので、モズやオナガが営巣している。そして毎年、5月中頃に1羽だけだがカッコウがやって来て集落を巡回する。そして、所々のお気に入りの高みで叫び声を上げている。

 家の窓から見えるカッコウのお気に入りの場所は枯れたケヤキの梢と、その近くの電線である。
 今日も日の出前から、元気にカッコウ時計を演じ、日没後、薄暗がりになるまで叫んでいた。チェックしてないので、雌がいるか分からないが、5月12日以来鳴き続けている。

 集落には、とうの昔にアカモズは渡来しなくなり、モズも恐らく10つがい営巣していれば多いと言え、オナガもせいぜい2、3つがいが営巣しているだろうか、そんな状況。もちろんホオジロも、オオヨシキリもとうにいなくなった。

 最近のモズは托卵についてかなり認識していて、カッコウが卵を産み付けるとそれを見つけて巣から排除するそうだ。オナガも、10年ほど托卵され続けると学習して、カッコウの卵を排除するらしい。これは信州大学の先生に研究成果として教わった。

 はたして、我が集落内に、今も托卵できる相手がいるのだろうかと疑問に思う。もしかすると、集落内で営巣しているオナガは、まだ気付いていないのか・・・などと考えたりしている。

 ともあれ、毎年カッコウは7月中旬まで鳴いている。ツバメの巣だってほとんど見かけなくなった昨今、カッコウの叫び声はとても嬉しい。出来たら、私が墓に入るまで、出来たらその後墓の上で叫んで欲しいものだ。



5月23日 オオアカゲラ 巣立つ

オオアカゲラ 幼鳥  2013年5月23日  長野県

 オオアカゲラのヒナが16時20分に巣立った。オオアカゲラの巣立ちに立ち会えたのは、もちろん初めて。残るさして長くない人生、恐らく再び経験出来ないだろう貴重な体験をさせてもらった。

 (今日の巣穴の画像は、大きくトレミングしています。幼羽がしっかり揃っているので、巣穴に籠もったままだが、ヒナではなく幼鳥と言うべきでしょう)

 昨日チェックに行った写友から、親鳥が食べ物を与えず、離れた場所で、虫をくわえたまま鳴いて、幼鳥を誘っていると電話をもらった。
 だとすとすれば、巣立つのは今日か、遅くても明日。なんとか巣立ちの瞬間を見たいと思う。毎度の午後から出勤なので、午前中に巣立っていれば、穴ぼこを見るだけになってしまう。それでもいいやと車を駆る。

 13時10分到着。この営巣場所を見つけた写友が頑張っていた。様子を聞くと、やはり親鳥が巣立ちを促しているとのこと。幼鳥は半身を巣穴から乗り出して今にも飛び出しそう。とにかく、間に合った、ラッキーと思う。

 それから延々と巣立ちの瞬間を待つ。幼鳥が巣穴から身を乗り出すたびにカメラを握りしめ、目と人差し指に神経を集中。かなりくたびれる。

 14時53分。雄親が大きな幼虫を運んで来た。


 親鳥、すぐには与えず、幼鳥に見せつける。幼鳥は必死で欲しがる。下の画像のように、ほとんど幼鳥に渡しているのだが、しかし、親鳥は虫を離さず、幼鳥をじらす。渡したり取り戻したりを何度か繰り返した。


 幹を半周して反対側に回り、虫を見せて幼鳥を誘う。幼鳥は最後の決心がつかないのだろう、巣穴から出ない。

 親鳥が足をかけている穴は、前回来たときにはなかった。どうやら幼鳥が内部から開けたらしい。今日も何度かつついていた。この穴よりやや下までが巣穴の範囲と推測出来る。
 木をつつく練習は、巣立ってから始めるのではなく、巣穴に籠もっているときからしているのだと、今頃知りました。


 再び数度幼鳥に虫をくわえさせるが、親鳥は今度も虫を離さず。この後、虫を下に落としてしまい、親鳥がそれを拾うためか下へ飛び、1分ほど続いた誘い出しは失敗に終わった。


 この後、幼鳥は何度も身を乗り出したり、穴に戻ったりを繰り返し、ときどき身を乗り出して鳴き声を上げた。恐らく空腹なのだろう。

 幼鳥が身を乗り出すたびに、緊張・・・今日は巣立たないのかと思いつつ、しかし、瞬間はいつ来るか分からないので緊張を緩められず。歳ですね目がくたびれて仕方がない。右目がぼんやりすると左目に替えてファインダーをのぞき続ける。

 15時11分、雄親が、今度は小さな虫を運んで来て、あまりじらさずに幼鳥に与えた。これで今日の巣立ちはないかと思いつつ、いや、まだじゅうぶんに明るいから・・・。

 幼鳥は相変わらず半身を乗り出したり、穴の底へ戻ったりを繰り返す。下の穴から翼の先端と思える部分が見え、頭部は巣穴の入口の奥に見える。巣穴の中で翼を伸ばしているのだろうと推測。

 お帰り時刻が迫ってくる。しかし、帰るに帰れず。30分だけと決めて、お帰り時刻を延長。所帯持ち?は辛いね。

 幼鳥の動きが活発になり、入口から身を乗り出したり、穴の中で羽を伸ばしたりをせわしく数度繰り返す。瞬間が来そうだ・・・何となく感じた。
 同時に、レンズを据えている頭上の枝へ雌親が来て、何かくわえている・・・鳴き声を上げて幼鳥を誘っている。ちらりそんな状況を見上げるが、すぐに巣穴へ視線を戻す。何となくから、巣立ちそうと感じたから。

 下は巣立ち直前、身を乗り出した瞬間。16時19分。次の瞬間、こちらに向かって幼鳥は飛び出した。飛んでいる姿を2コマ撮れたが、ぶれぶれで、恥ずかしい画像なので、とてもアップに耐えません。で、省略。その瞬間が撮りたかったのだが、ビデオじゃないので、まぁ、仕方がない。

 ともかく、巣立つ瞬間は目と記憶に焼き付けました。そう、いつだって一番いいシーンは心のアルバムに残しているのだ。


 子供はおとっさんよりおっかさんの言うことを聞くものらしい・・・なんて、思った。
 
 幼鳥はほぼ直線的に50mほど飛んだ。雌親の止まっている枝の下を通過し、レンズを構えている私たちの左上空を飛んで、木の幹に張り付くように止まった。さすがキツツキ、一発で幹にしがみつけた。

 しかし、たいしたものです。一度も両方の翼を同時に開いて、羽ばたく練習など狭い巣穴の中ではしていないはず。いきなり、ぶっつけ本番で50mほど飛んだのですから。


 そして、キツツキですね。巣立った瞬間からちゃんと尾羽で体を支え、幹を登るのですから。下の画像、1分前は巣穴から半身を乗り出し、きょろきょろと世界を眺めていた幼鳥とはとても思えません。

 今夜はほとんど満月で、丸いお月様が空に。巣穴を出て、初めて木の幹に止まりながら、巣立った幼鳥もお月様を眺めているだろうか。それとも大冒険にくたびれ果てて寝入っているだろうか。

 たぶん生涯ただ一度の経験。奇跡的な瞬間に立ち会えて、今日は超幸せでした。鳥見は止められませんね。
 オオアカゲラの家族に感謝。この巣穴を見つけた写友に感謝。状況を教えてくれた写友にも感謝。



5月21日 若いクロツグミ

若芽の並木   2013年5月21日  長野県

 ますます緑が濃くなり、鳥も見えにくく、低山歩きは労だけが多く、益がない状況。今日はクロツグミの若い男の子だけが遊んでくれた。他の鳥はちらりと見えても、声が聞こえても撮れず仕舞い。

 始めに出会ったクロツグミの雄は成鳥で、枯れ葉をかき分けてミミズを探し出した。シャッター音に驚いたのか、それとも巣へ戻る積もりだったのか、ミミズをくわえて飛び去った。

 成鳥がミミズを探している間、ずっと近くの枝でさえずったり、地鳴きをしたり、待たされていた若い雄が、待ってましたと地面へ降り、枯れ葉をかき回し始めた。

 新緑を通して降って来る、初夏の強い太陽光が世界を新緑色に染める。枝で待機している、黒いはずのクロツグミも、うっすら緑に染まっていた。


クロツグミ 第1回夏羽 ♂   2013年5月21日  長野県

 地面に降りると、黒いクロツグミがますます若葉色に染まる。若い、つまり第1回夏羽だろうと判断したのは、肩羽や大雨覆が灰色がかっていること、腮(さい=あご)から喉にかけてや頬の下に白い斑がまだあることなどから。ちょっと鳥おたくの話題ですが。

 地面にどっかりと座り、全身を晒して大きなレンズを構えている人間に向かって、成鳥は警戒心があるから、5mの近距離まで近づいて来ない。
 今日の若い個体は、最後は5mまで歩き寄って来た。その怖い物知らずの行動、警戒心の薄い行動が、若い個体だという何よりの証拠。

 下が5mの距離まで来た時の画像。ノートレミングの画像です。あまりにも近いので、常用している 1.4倍になるレンズを外しました。

 

クロツグミ 成鳥 ♂   2013年5月21日  長野県

 食べ物を探して枯れ葉をかき分ける。その行動はかなりダイナミックです。ニワトリは足で蹴るが、ツグミの仲間は頭部を回転する勢いで枯れ葉を飛ばします。かき分けるというより、ぶっ飛ばすと言った方がよさそう。下は枯れ葉をダイナミックにぶっ飛ばした瞬間。

 こんなにダイナミックなかき分けをしなくても、成鳥は上手くミミズを見つけ出す。若い個体は経験不足か、下の画像の後、結局何も食べ物にありつけず・・・何やってるんだろうねと、同情してしまう。


 何のことはない、若いクロツグミ君、枯れ葉を2、3枚どけたら土が見え、そこに何かの幼虫がいたらしい。やっと食べ物に有り付け、美味そうに飲み込んだ。下の画像。
 これで、むやみに枯れ葉をぶっ飛ばさなくても、食べ物は探し出せると学習出来たなら、君は賢いのだが・・・この後、またぶっ飛ばしていたから、だめだこりゃ・・・。

 ともかく、10分ほど遊んでくれてありがとさん。若いクロツグミ君に感謝。



5月20日 ヤブサメや〜い
 また、へんてこな、しかし作者は大まじめな、ややこしい画像を。今日のは「あした色」ではなく「きのう色」とでもしておこう。鳥さんを見つけられず、ため息が漏れるとき、こんな画像を撮って気分転換・・・。

 ヤブサメを捜してあちこちへ行くが、姿を見ないばかりか、声も聞かれず。そろそろ雄がさえずっているはずなのだが。かって出会った場所を回ってみたが、今日は敗北、1羽とも出くわさず。

 木々の葉が茂ってしまい、梢を飛び回る鳥さんはよく見えない。ならば、地面近くで移動したり、さえずっているヤブサメならなんとかなるかと・・・甘かった。

 重たいレンズを担いで山道を歩くのは辛いから、双眼鏡を片手に、まずはさえずっていないか見て回る。運が悪いと、双眼鏡だけの時にさえずるヤブサメと出くわす。急いで車へ戻り、撮影機材を担いで駆けつけるが、ヤブサメはもういない。再び近くでさえずるだろうと、顔の回りを飛び回る小蝿にうんざりしながら待つが、現れず・・・何度かそんな経験をした。
 今日は、そんな出会いすらなく、大いに草臥れた。

 帰り道、水田地帯を走っていたら、マガモのつがいがいた。安曇野では、水田や河原でマガモが繁殖している。
 畦のマガモ、どちらかがカルガモだと、いぇ〜い!なんだけど。そんな不遜なことを考えてはいけないのだが、いつかそんな組み合わせを見たいものだと思っている。

 明日は別の山地へ行ってみようか、しんどいからヤブサメ捜しはやめて、オオアカゲラにしようか・・・贅沢なことを悩んでいます。

マガモ 右♂ 左♀   2013年5月20日  長野県 安曇野市


5月18日 今日は林の中へ

クロツグミ ♂   2013年5月18日  長野県

コサメビタキ   2013年5月18日  長野県

アカゲラ ♀   2013年5月18日  長野県

 新聞によると、オオタカがレッドリストの絶滅危惧U類から準絶滅危惧種に変更、平たく言えば格下げされたそうだ。他方、ウズラは「希少鳥獣」に指定された。ウズラは昨年8月に、準絶滅危惧種から絶滅危惧U類へ格上げされている。これでウズラは完全に狩猟対象の鳥から外された。

 個人的には、取りあえず納得できる変更。長く鳥見をしているが、まだ野生のウズラを見たことがない。絶滅してしまう前に、早く見ておかなければと、そんな感想。

 それにつけても、ウズラと同様の行動をしているコジュケイは不幸だと思う。いまや野鳥のリストから外され、探鳥会ではアヒルと同じく番外扱いされる。

 ウズラだって日本列島外から持ち込まれた鳥なのに。日本で野生化した時期の差が千年から2千年ほどなのに。そんな時間差は鳥類の歴史からすればほんの瞬間。人間は意地悪だと思う。まぁ、ウズラの学名が「C.japonica」だから仕方ないかなんて思ったりもする。

 先日の若いオオアカゲラを探しに行った。もっとハッキリ見たいし、きっちり撮りたかったし。

 始めに出会ったのはアカゲラの雌。ほとんど瞬間に、虫だろうか何かを捕らえた。今は営巣中の個体が多い時季、捕らえた虫を運んで行くと思ったら、その場で食べてしまった。空腹だったのか、それとも営巣していない身軽な個体なのか・・・お節介なことを考えてしまった。

 ほんの瞬間だったが若いオオアカゲラとまた会えた。ところがびっくり、雌成鳥と見える個体と、若いと見える個体が連れだっていた。特に争うこともなく、2羽並んで木をつつき、まるでおっかさんと子供のように見えた。何だろう、この2羽の関係は。考えても解らない。

 

オオアカゲラ ♀(下) 上は若鳥?   2013年5月18日  長野県

 今日、別の場所で、オオアカゲラの幼鳥が初めて巣穴から顔を出した。初めて見る広い世界、ヒナにはどう見えたろう。しばらく周囲を見回し、穴に潜ってしまった。
 もう2、3日すると巣穴から半身を乗り出し、鳴き声を上げ、親に餌をねだるだろう。そして、1週間ほどする巣立つだろう。

 この巣穴のある林まで家から40kmほど。午後だけ鳥見人が繁く通うにはちょっと遠すぎる。近くに住んでいたら、巣立ちの瞬間に立ち会いたくて、毎日観るのに。

 雄の親鳥の飛び姿がひとコマ撮れた。これは腕というより、すぐれた機材のおかげです。しかし、飛びながら舌を出すなんて・・・。もしかすると、ブラインドの中から撮影している私に、あかんべ〜をしたのかも、なんて。

 日々緑が濃くなって、葉陰の鳥さんが日に日に見え難くなり、鳥撮りが難しくなる。過ごしやすい気候は嬉しいが、鳥見にはいや〜な時季が来た。


オオアカゲラ ヒナ   2013年5月18日  長野県

オオアカゲラ ♂   2013年5月18日  長野県


5月17日 フィールドは・・・

仲良し?   2013年5月17日  長野県 安曇野市

 1週間ぶりにフィールドを回った。フィールドは平和、変わりなしと言いたいところだが、少し変化が起きていた。
 
 飛べないコハクチョウ「のぶちゃん」は相変わらず。元気だと言ってよいものか悩んでしまうが、「飛べない」以外はとても元気。前々から残るだろうと推測していたホシハジロの雌1羽も、飛べない状態以外は元気。この2羽が遊水池で夏を迎えるだろうと考えていた。

 手前のキンクロハジロの雄2羽は、どうやらこの遊水池で越夏しそうだ。長時間観察してないので、全く飛べないのか、状態は分からない。1週間前は、2羽ともつがいを形成していて、ちゃんと雌がそばにいた。しかし、今日は2羽はとも単独だった。つまり、雌は去ってしまったと考えられる。この2羽も居残り組に入りそう。

 同じように、ひとつがいいたヒドリガモも雄だけが残っていて、こちらも、雌だけが渡去したと考えられる。ヒドリガモの雄も翼を痛めていて、北帰行が無理なのだろうか。状態は不明。

 遊水池では、「のぶちゃん」とカモ4羽が集まって、仲良し状態で採食している。「仲良し」と言うより、「呉越同舟」状態と言うべきか。

 越夏するのは、「のぶちゃん」とホシハジロの雌だけかと考えていたが、もう3羽も加わりそう。この先、「同舟5羽」がどうなるか、たまにチェックしなければと思う。


仲良し?   2013年5月17日  長野県 安曇野市

 前から、カルガモの小群の中にマガモの雄が1羽紛れ込んでいる。偶然なのか、つがいになったのか、まだ判断が出来ない。今日も、カルガモと並んで寝ていた。邪推と言われても仕方がないが、マガモの雄君、道ならぬ?恋をしていると見えてならない。

 この春まで、マガモとカルガモの交雑個体(マルガモ)が白鳥湖にいたし、「カルガモ村のマルガモ」と名付けた別の個体が、今も犀川にいるから、あながち邪推とも言い切れず・・・。

 (黄色い花は、外来種のハルザキヤマガラシで、犀川水系に広く分布している)


オオヨシキリ   2013年5月17日  長野県 安曇野市

 犀川や、その上流の奈良井川、梓川、高瀬川のあちこちにヨシ原があり、ぽつぽつとオオヨシキリが鳴いている。はたして、そこで営巣しているのかチェックしてないので分からない。

 ところで、御宝田池横のヨシ原だけは、異常なくらいオオヨシキリが集まる。20mx100mほどの広さなのだが、毎夏オオヨシキリが集中する。もちろん、毎夏、何組も営巣もする。今日も、雄20羽ほどがさえずっていた。もちろん、雌もそこそこ見かける。

 近くに大きなヤナギが何本もあり、ニセアカシヤの林もあるので、毛虫・青虫の類がたくさん発生するから、食糧事情に恵まれている場所と言えるが、それにしても密度が濃すぎると思ってしまう。フィールドの中で、ここは変わりなしである。

 これだけ、オオヨシキリが営巣しているのだから、カッコウがのぞきに来てもよいのにと、毎夏期待しているのだが、ついぞカッコウが現れたことがない。これまた不思議な状況なのだろうか。それとも、安曇野へ来るカッコウはオオヨシキリに託卵しないのだろうか。


スズメ   2013年5月17日  長野県 安曇野市

カワラヒワリ   2013年5月17日  長野県 安曇野市


5月14日 季節は進む

アズマヒキガエル  2013年5月14日  長野県

 始めに訂正を。12日のオオアカゲラの画像、「雌」と表記したら、さっそく写友からチェックが入った。雌は頭が赤くないから雄ではないかと。それで、ちょっと言い訳を。

 私は、「オオアカゲラの幼鳥もしくは若鳥は雌雄とも頭頂が赤い、且つ、幼鳥でも雄は下尾筒が薄く赤い」と記憶していた。この記憶、前半は正しいが、後半は記憶違い、つまり間違いです。

 画像の個体は下尾筒に全く赤い色が見られなかったので、誤った記憶で「雌」としてしまいました。これは間違いなので訂正します。「若い個体」以上のことは識別出来ません。以上、言い訳です。
 チェックを入れて頂いたおかげで、間違った記憶(知識)を訂正出来ました。「謝」であります。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 連続で最高気温が30度を超えている。ここは信州なのですが、いやはや暑いこと。にわかに夏モードになったので、カッコウも早めに渡来したのかなんて思ったり。今朝もカッコウが鳴きました。

 カッコウが来たと言うことは、季節が1ページ進んだと言うこと。それは、春と初夏が混在していた北アルプスの山麓も、初夏と夏の混在状態へ移行したと言うこと。

 山麓に溜まっていたメボソムシクイは、中腹より高い場所、営巣をする針葉樹林帯へ移動してしまったらしい。富士山で例えると、富士五湖の周囲で待機していたメボソが、4合目、5合目まで上がり営巣を始めたと言えばいいでしょう。

 北アルプスでは、山麓までは容易に入れるし、鳥見もしやすい。しかし、メボソが営巣する針葉樹林帯となると、容易に入れないし、歩き回ることもままならない。ムシクイの勉強は、また来春となりました。結局、ムシクイ類は難しくて簡単には識別出来ない、おまけに簡単に撮影出来ないという当たり前の結論が確認出来ました。ちょっと情けないですが。


   今日は、ムシクイ見は諦めて、うじゃうじゃと群れている蛙を見て帰りました。偶然出会った写友からヒキガエルと教わり、写友のまねをして撮影することに。

 ヒキガエルたち、1匹ごとに体の色が違う。しかもまるで別種のように変化に富んでいるので面白い。でも、よく見ると、ちょっと、ゾクッと来る肌をしている。おそらく50匹ほどはいただろうか、こんなにたくさんのヒキガエルが集まっている光景を見たのは初めて。

 夏めいた今が、蛙たちには恋の季節らしく、ペアーが多い。どうやら、集団お見合い、集団結婚、集団出産の真っ最中らしい。生み付けられた卵もあった。中には1匹の雌に2匹、3匹の雄がしがみついている組み合わせも。

 蛙のことはまったく分からないので、帰りの道すがら書店へ寄って「日本のカエル」なる図鑑を買ってしまった。
 図鑑によると、「アズマヒキガエル」というヒキガエル属の1種ということ。体の色は「個体ごとにさまざま。背中は茶褐色、黄土色、赤褐色など。白と黒または茶褐色の帯状の模様が入るものもいる」。なるほど、なるほど、今日見た通り。なんで、個体差があるのかは書いてない。ツグミの体の色も変化に富んでいるが、なぜそうなのかは分かっていないはず。ヒキガエルも同じなのだろう。
 各分野に専門家がいて、綺麗な写真図鑑を作成しているので、とても助かります。

 季節は進み、山麓を巡って、春の移動中の鳥たちを見るのはひと区切りついた感じ。さて、カエル見から鳥見に戻り、次はどこへ行こうかと悩む。
 明日も晴れて暑くなると、気象予報のお姉さんがにっこり。



5月13日 ヒガラの巣材収集

ヒガラ  2013年5月13日  長野県

 今日も短時間だったがムシクイ勉強に出かけた。やはり、声はすれどもの連続、葉陰にチラリ、またチラリ。ストレス溜まるムシクイ勉強。今日は1コマも撮れず、外れも外れ、大外れ日。

 枝にひょいと出たムシクイが、こちらを見ている。ラッキー!で連写しながらやけに大きいなと思ったら「ホ〜ホケキョ」だって。ウグイスまでムシクイに見えるとは。ちょっと病が思いかも。

 遊んでくれたのはヒガラだけ。ヒガラが苔や獣毛、羽毛を運ぶところは何度か見たことがある。しかし、ゼンマイの綿毛集めは初めて見た。綿毛はふかふかベットの材料に適しているのだろう。

 苔を集めたとき、たくさん集め過ぎて、全部を運び切れなかった。嘴でくわえて運べる分量だけ収集すればよいのに。今日の綿毛の収集も同じだった。とまっているゼンマイの綿毛を全部引き剥がしたが、半分以上は地面へ落としてしまった。残りをくわえて巣へ戻るのかと思ったら、なんと・・・。

 ちなみに、写真の背景の明るさが違うのは、せわしく動く雲が、日射しをせわしく遮ったから。葉の丸まっている部分がなく、棒状の柄だけになっているのは、人間がちぎり取ったからで、ヒガラの仕業ではありません。


 半分以上を地面へ落としてしまう瞬間の画像もありますが、それは割愛して話を進めます。

 上の画像の左下に半分綿毛が剥げているゼンマイが写っている。おそらくこれもヒガラの仕業だろう。林の奥から一直線にゼンマイめがけて飛んで来たから、ここで何度か巣材集めをしたのだろう。

 ゼンマイ一本の綿毛を全部剥がしたので、いったん巣へ戻るだろうと思い、双眼鏡を握る。飛び去る後ろ姿を追えば、建築中の巣の所在が分かるから。白樺の幹の裂け目か、それともキツツキが開けた穴か・・・勝手に想像して双眼鏡を握り直す。

 しかし、取りあえず、持ち帰れないほど大量に収集するのがヒガラの習性なのだろうか。半分以上落とした綿毛を拾い集めることもせず、少量の綿毛をくわえたまま次のゼンマイへ飛び移る。

 

 そして、やはり一本の綿毛を全部剥がしてしまった。今度は3分の1ほど地面へ落としてしまう。下の画像の足の先に落ちて行くひと塊が写っています。

 下の画像でくわえている綿毛が1回に運べる分量なのだろう。この後、ヒガラは双眼鏡の眼力では届かないほどの林の奥へ飛び去った。2分間の出来事だったが、興味深い、楽しい出会いだった。
 
 取りあえず、運びきれないほどの材料を集めてから、適量を運ぶのがヒガラの習性なのか。この推測が正しいか・・・また宿題を拾ってしまった。

 ムシクイ勉強は明日へ延期。明日こそ、ムシクイがたくさん見られますように。笑う山にお願いして下山。

 


5月12日 エゾムシクイ探し

オオアカゲラ 若鳥  2013年5月12日  長野県

ノジコ ♀  2013年5月12日  長野県

ヤマガラ  2013年5月12日  長野県

 今朝、カッコウが初夏を運んで来た。通りすがりの挨拶程度の鳴き方だったが、それでも我が家で聞く初の鳴き声。昨年は20日過ぎに初だったから、10日も早い。それだけのことだが、嬉しかった。初夏は、何と言ってもカッコウの声から始まる。鳥馬鹿はそう思っているから。

 エゾムシクイに挑戦する。まずは探し出すのにひと苦労。センダイムシクイはたくさんいるのに、探し始めると、エゾ特有の声はまったく聞こえて来ない。

 初夏の林をあちこちと歩く。久しぶりに、重たいレンズを担いで長時間歩き回ったので、肩が凝るは、足は痛くなるはで、もう散々。でも、初夏の香りが溢れ返る木々の間にいると気分は爽快。

 久しぶりに、オオアカゲラの雌(※)や、ノジコ、ニュウナイスズメなどと出会う。もちろんオオルリ、キビタキも。センダイムシクイの他にメボソムシクイもいた。
  (※後日訂正、早とちりで雌としてしまいました。腹から下尾筒にかけてまだ赤味がない若い個体と思われます。幼鳥の雌雄の別は難しいです。なお、幼鳥は雌雄とも頭頂が赤い。)

 ちょっと自信がないけれど、鳴き声はコメボソムシクイではなかった。昨日、必死でコメボソのさえずりをネットで探し出して覚えた。覚えた鳴き声と違っていたからメボソだと判断。回りくどい方法だが、よく似た2種の声を覚えるのは大変だから1種だけ覚えたのだ。だいたいコメボソはそうそういる鳥ではないから、メボソだと言い切れば9割は当たっているはず。ちょっと乱暴だが。

 探すエゾムシクイの声がした。しかし、声はすれども姿は見えず。茂り始めたハンノキやヤナギの葉陰で鳴いているとまでは判るのだが。思わずいらッとするが、じっと我慢で立ちつくす。

 さんざん待って、証拠写真だけはなんとか。2羽とも間違いなく、あの特徴ある声・・・私は自転車のブレーキが壊れたような声と言っているが・・・で鳴いたから間違いなしです。

 もっとすっきりした画像が撮れるまで何度もチャレンジしなくては。林を彷徨っていれば、コメボムシクイにも出くわすかも知れないし。

 なんだかんだ言っても、初めてエゾムシクイが撮れたから、今日もいい日だった。記録ノートに出会った鳥の名前がたくさん書けたし、全身初夏漬けで気分爽快になったし。

 しかし、ムシクイはよく似ていて、勉強不足の私には、鳴くまで正体が分かりません。

 

エゾムシクイ ♂  2013年5月12日  長野県

エゾムシクイ ♂  2013年5月12日  長野県


5月10日 今日のややこし君は

スズメ  2013年5月10日  長野県 安曇野市

 今日はフィールドを回る。冬季のカモや白鳥がたくさんいた時季からすれば、どこへ行っても、実に静かです。

 特記事項はツグミとは全く出会わなかったこと。さすがに、のんびりとタンポポの花などを愛で、春を満喫していた、ゆっくり派達も旅立ったらしい。

 残念ながら、この春には、一度もツグミの歌を聞けなかった。ツグミの歌声もクロツグミのそれに似て、なかなか綺麗だ。ただ、さえずり始めなので、声量も少なく、とぎれとぎれなのだが。一瞬でも聞かれれば、その春はとてもラッキーだったと記録が出来る

 白鳥湖から御宝田池までの範囲内に、まだコガモが27羽、キンクロハジロがふたつがい、ヒドリガモがひとつがい、ホシハジロの雌が1羽いる。ホシハジロ以外はやがて旅立つだろう。

 在留組のカルガモはたくさんいて、小群の中に冬季に苦労して撮影した「カルガモ村のマルガモ」君がちゃんと混じっていた。次の冬にも、またマルガモと出会えそうだ。

 左翼を亡くしたコハクチョウの「のぶちゃん」は、休憩場所の周囲にキツネよけのフェンスを張ってもらった。いくら羽ばたいても、空へは上がれないが、相変わらず元気に、羽ばたきながら水面を走っている。

 おそらく居残るだろうホシハジロの雌と、お邪魔虫のアイガモ2羽と夏を過ごすことになると思う。2羽いるオオバンが営巣し、ヒナを孵えしたら、狭い水面がちょっと賑やかになりそう・・・。

 さしたる鳥もいないし、さしたる事も起こらないフィールドだが、鳥見をすると何か話題は落ちています。何かややこしいことが見つかります。


ただ今口説いています コムクドリ 左 ♂ 右 ♀   2013年5月10日  長野県 安曇野市

 河原では、柳の若葉にたくさんの虫が付いているらしく、コムクドリがまだ10羽ほどの群で捕食していた。そろそろ営巣を始めなければならない時季なのに。この群のコムク達は、今年は繁殖活動をしないのかしら。そんなことを考えながら見ていたら、男の子がちゃんと女の子を口説いているから、まんざらでもなさそう・・・と思った。

 しかし、女の子は気乗りしないらしい。男の子の努力もむなしく、すぐにそっぽを向いて逃げ出してしまった。頑張れ兄ちゃん!


ただ今口説いています コムクドリ 左 ♀ 右 ♂   2013年5月10日  長野県 安曇野市

ツバメ   2013年5月10日  長野県 安曇野市

 そして、またまた、ちょっとややこし君の話。今日のややこし君は胸から腹まで(体下面)が薄く赤橙色をしたツバメです。

 下の画像が、普通にいるツバメ。更に下の2枚は、過去撮影した体下面が白くないツバメ。
 
 この体下面が白くないツバメを、たまに見かける。単に汚れただけとは思えない。下の相模原市で撮影した個体は、亜種ツバメとは違う亜種だろう考える。つまり、亜種アカハラツバメだろうと。

 しかし、今日の個体のように、白くはないが赤橙色と言うには薄い個体は何者か分からない。それで、ややこし君としたわけです。
 
 大胆に、アカハラツバメと普通のツバメの交雑個体だと言い切れると、すっきりしますが・・・ぜんぜん根拠がありません。

 ややこし君は何者だろう。これは解決まで相当勉強しなければならない宿題です。


ツバメ   2013年5月10日  長野県 安曇野市

2007年6月21日  神奈川県 相模原市

2010年9月19日  三重県 松坂市

 付録の、鳥おたくの話です。

 日本へ普通に渡来するツバメは
   亜種ツバメ Hirudo rustica gutturalis で、体下面が赤橙色をしたツバメは、一般に亜種アカハラツバメ とされている。

 ところで、かっての図鑑では、「亜種の分類が明確でないため」と但し書き付きで、亜種アカハラツバメは H.r.saturata とされていた。

 しかし、最近DNAの解析が進み、ツバメ H.rustica は6亜種に分けられ、東アジアに分布するツバメは、
    亜種ツバメ  Hirudo rustica gutturalis
   (亜種アカハラツバメ) Hirudo rustica tytleri
の2亜種とされている。このH.r.tytleri がアカハラツバメに相当する。

 ここまでは最近の図鑑で確認出来る。H.r.tytleri は上の相模原で撮影した個体のように濃い赤橙色である。
 しかし、薄い赤橙色をした、今日撮影の個体は何者かは、最近の図鑑でも分からない。

 それで、亜種ツバメと亜種アカハラツバメの交雑個体だと言い切れるとすっきりするのだがという、半端な結論しか思いつかないのが現状です。


5月9日 今日は林道へ

カケス  2013年5月9日  長野県

 今朝の最低気温は4度ほど、昼に気温がどんどん上がり、最高気温は30度ほど。その差26度。いやはや無茶苦茶な日でした。

 こんな暑い日は、涼しいところへ行くのが一番。北アルプスの山麓をちょっと登れば、まだ雪がある。およそ高度1600mまで上がり、北側斜面へ回り込めば、林道にはまだ雪が残っていて、スタッドレスでないと怖い。雪の上まで行くと涼しくていい。
 しかし、雪のある高さまで登ると、鳥さんはヒガラ以外は見つけられない。なんたって、柳の花が咲き始めたところだから。

 林道を登ったのは、雪見に行ったのではなく、エゾムシクイを探しに行ったのです。残念ながら、今日の午後は出会えずでした。
 北アルプスの東側斜面でエゾムシクイが繁殖している。そろそろ繁殖地に到着した頃なのだがと推測したが、見事に外れた。または、上った林道の周辺では繁殖していないのかも。

 数組のカケスのペアーが例年通り林道上で食べ物を探していた。この時期に登るとよく出会う。しかし、車中からは前方の撮影が出来ない。フロントガラスが外せたら、もっとたくさん楽しい写真が撮れるのだが。いつもそう思い、いつもと同じ写真を今日も撮った。

  

センダイムシクイ ♂  2013年5月9日  長野県

 北アルプス山麓で繁殖するムシクイ類では、センダイムシクイが圧倒的に多い。私の場合、目に付いたムシクイは、まずセンダイか違うかという識別から始める。真横から見ると、メボソムシクイかセンダイかと一瞬迷うこともある。

 この個体は親切で、私が迷よわぬように、すぐさま後ろ姿を披露。頭部にしっかり頭央線が。これぞセンダイの証拠。ついでに「焼酎一杯ぐい〜」と有名なさえずり声を残して飛んで行った。

 北アルプスの山麓では、センダイ、メボソ、エゾが繁殖している。他にコメボソムシクイもいる。コメボソが繁殖(※1)しているのか、通過個体なのかは分からないが、写真は撮影されている。

(※1)環境省の「自然環境保全基礎調査 鳥類繁殖分布調査報告」にはコメボソムシクイについては報告がない。つまり、繁殖が確認されていないことになっている。

 エゾよりコメボソの方が何倍も会いたいのだが、出会ってもおそらく私の識別力ではメボソと区別が付けられないだろう。鳴き声の違いを覚えれば識別出来ると教わったが、瞬間にコメボソの鳴き声を思い出せる自信は全くない。

 ともかく、ムシクイ類は識別が難しく、勉強出来るチャンスも多くないから、毎年今頃頭を悩ますことになる。
 
 

センダイムシクイ ♂  2013年5月9日  長野県

 付録の、鳥おたくの話です。

 私の使っている図鑑を始め、多くのブログなどに「ジジロ」と鳴くのは亜種コメボソムシクイとされています。鳴き声でメボソと区別するには、この「ジジロ」の鳴き声を覚えるようにと教わった。

 しかし、「ジジロ」と鳴くのはコメボソムシクイではなく、「オオムシクイ」であるというのが最近の通説である。従って、覚えた「ジジロ」はコメボソではなく「オオムシクイ」と言うことになる。

 さらに、ごく最近、DNAと声紋の解析から、コメボソムシクイは種メボソムシクイの亜種ではなく、独立の種であるという研究が報告され、間もなく種和名の変更もあるやに聞いています。

 種メボソムシクイ Phylloscopus borealis は、亜種メボソムシクイ、亜種オオムシクイ、亜種コメボムシクイに分けられていたが、それぞれが種になる。つまり、
   P.xanthodryas (旧亜種メボソムシクイ)
   P.examinandus (旧亜種オオムシクイ)
   P.borealis (旧亜種コメボソムシクイ)
の3種になるとのことです。


5月8日 谷川にて やはり  さよならでした

 たまには、鳥以外に、上のような訳の分からない?難解な?写真も撮ります。シリーズ名は「いろいろ色はあした色」なんですが。これは写真か?なんて考えや、ピント合わせなど写真の基本をばっさり捨てて、色と光だけで勝負。
 鳥撮影に出かけられなくなったら、もっぱらこのシリーズで行こうと思ってます。素人写真は、所詮自己満足の世界ですから。好きな物を好きなように撮ればよいのでして。
 
 谷川へ3日目。悪い予想通り、カワガラスの幼鳥はいませんでした。多分上流へ移動したのでしょう。例のごとく岩陰に入り込んでいたら、親鳥が1回だけ通過したから、谷川のどこかに幼鳥がいるのは確か。しかし、もう探し出せないでしょう。さようならです、今年の宴は2日間で終わりました。来春、またチャンスがありますように。

 

オオルリ ♂  2013年5月8日  長野県

オオルリ ♂  2013年5月8日  長野県

 オオルリの雌がいました。それで、雄達がそわそわ。羽虫を捕らえたり、雌に近づいたり。岩の間に座っている私の前へも何度も来きました。カワガラスを待っているのに、雄のオオルリしか来なくて・・・贅沢と言えば贅沢な話ですが。そこで、今日は岩に止まるオオルリを撮ることに。おすましオオルリなら、撮り慣れた?被写体。可愛く撮るのは、さして難しくはない。でも・・・。

 でも・・・で、飛んでいる瞬間も撮りたくなる。快晴で、お日様がしっかり中天にいたから、白い岩の上に黒い影、その上に青い鳥・・・いいじゃん!うまく撮れた絵を空想してみる。捕らぬタヌキの何とやらなんだけれど。

 もちろんチャレンジした。だが、オオルリは飛んでるツバメを撮るより何倍も難しい。感度(ISO)2000で試みたが、10000ほどで撮ればよかったとは後の祭り。飛んでる姿がピシッと決まらなかった。

 谷川の宴はお仕舞い。飛んでるオオルリは難しいから、これ以上挑戦しないことに・・・。たぶん、来春カワガラスを見に来て、また同じ事をするだろうから、宿題としておこう。

 梢でエゾムシクイが、調子外れの声で何度か鳴く。オオルリより、エゾムシクイの方が絶対撮りたいのだが、梢でちらちら動いている姿は見えたが、とても撮れる距離ではない。

 春の渡りのエゾムシクイとエゾビタキをまだ撮ったことがない。次はエゾ君にチャレンジしようかと、帰り道で考える。どこへ行ったら。彼らに出会えるだろう。
 今日も、オオルリをたっぷり見られて幸せな2時間でした。


オオルリ ♂  2013年5月8日  長野県

オオルリ ♂  2013年5月8日  長野県

オオルリ ♂  2013年5月8日  長野県


5月7日 谷川にて カワガラス 2  さよなら・・・?
 今日も谷川へ。山麓はヤマザクラが満開。春が遅い北アルプスの山麓も「山笑う」の時を迎え、新緑の輝きが眩しい。しかし、中腹はまだ春浅く、芽吹きの緑が初々しい。だが、凍てる雪と氷の頂が青空の下で白く輝いている。そこはまだ厳冬なのだ。

 山麓の夏鳥が歌い始め、オオルリのさえずる声も聞こえた。どうやら、渡り途中の休憩組に加え、この地での繁殖組も到着し始めたらしい。

 目の前を横切ったオオルリ君は、どうやら渡り途中組のようだ。3羽のグループだったので、雌がいないかしばらく見ていたが、雌はみえなかった。

 

オオルリ ♂  2013年5月7日  長野県

キビタキ ♂  2013年5月7日  長野県

 昨日カワガラスがいた場所で岩陰に入る。見える範囲の谷川を、隅々まで双眼鏡するが、カワガラスは影も形もない。それでも、昨日の幼鳥の様子から、まだ付近にいるはずと信じて座り続ける。

 カワガラス、声もしない。親鳥がひと声鳴けば、所在がハッキリするのだが。この谷川には大きな砂防堰堤がある。カワガラスのいる周辺は堰堤の上流部なので魚がいない。堰堤が「魚止めの滝」代わりをしているから。昨日親鳥が与えた食べ物は、全部水生昆虫で、トビケラ類の幼虫が多かった。カワガラス達、魚を求めて流れを下ってしまったか。そうなると、もはや見つけ出せない。少々不安になる。

 岩陰に陣取っていたら、キビタキ、オオルリ、コサメビタキ、キセキレイがご機嫌伺いに来た。実は、水辺に落ちた羽虫を食べに来たのだ。石の上のキビタキもたまにはいいかと撮影。

 オオルリが岩の上からこちらをのぞき、小首を傾けて、この人間何をしているのだろうと考えていた。撮影可能な最短距離まで、まだ少しあるから、考えていないで、もう2、3歩前に出て欲しいと願う。しかし、ばっかみたい、この人間と思ったか、オオルリ君はプイと行ってしまった。


オオルリ ♂  2013年5月7日  長野県

カワガラス 幼鳥  2013年5月7日  長野県

 待つこと30分、半分諦め気分になっていたら、幼鳥がひょいと岩の上へ。ほら、やっぱり何処かに隠れていたんだ。予想的中、上機嫌になってシャッターを切る。ここへ親鳥が食べ物を運んでくれば、逆光だし、飛沫は飛んでいるし、最高だ・・・欲深な鳥馬鹿はいろいろ思い描く。

 しかし、なんと言うこと、この幼鳥いきなり50mほど飛んだ。飛んで上流へ行ってしまった。双眼鏡で上流を見るが、見失う。
 また戻って来る方に賭けるか、隠れ場所から出て、上流へ移動するか。戸惑っていると、上流で親鳥の鳴き声が。ひと声、ビッ。

 即、移動開始。こけるとカメラやレンズを岩にぶち当てひどいことになるから、慎重に、そろりと。歳だから、運動不足だから、足が思うように上がらない。昔はこんな岩くらい軽く飛んで渡れたのに。


 ふ〜ふ〜、ぜいぜいで幼鳥が消えた付近に辿り着き、今度は倒木の陰で三脚を据えて、再び幼鳥が現れるのを待つ。
 昨日の幼鳥は2、3m飛ぶのがやっとだった。1日でこんなに飛べるようになるのか、それとも昨日とは別の幼鳥で、一番成長が早い子なのか。ともかく50mも飛べるとなれば、次の出会いがラストチャンスになるかも。もうこれ以上谷を遡れないし、今から前の場所へ戻る元気もない。

 どうやら、予想がまた当たった。しばらくすると、岩の陰から幼鳥君が現れた。そして、岩伝いにどんどん移動する。もう元気が出ないと思いつつ、しかし、鳥馬鹿はじっとしていられず。再び岩を乗り越え、片足を水に落とし・・・長靴を履いてくればよかった・・・。

 逆光に渓流も輝き、いい感じ、いざ飛べ。大急ぎで感度を5000まで上げる。準備OK、さぁ、飛んでおくれ。カワガラスの飛んでいる画像は1枚もない。上の画像で、前に飛べば、ばっちしだった。しかし、幼鳥君は飛ぶどころか、石の向こう側へ飛び降りてしまった。むむむむ・・・残念。


 カワガラスの親鳥、上手いこと幼鳥を岩陰へ誘っては食べ物を与えている。どう回り込り込んでも見えない岩の陰で。どうやら、親鳥に疎まれているらしい。しかし、幼鳥は石伝いに移動しながら近くまで来る。こんな時は、幼鳥を可愛く撮って終わりにするのがいい。日は高く、まだまだいくらでも撮影出来そうだったが、30分のお付き合いで終わりにした。

 明日、カワガラス親子はまだいるだろうか。今日を限りで、さよならとなりそうな思いも。これまで、何日も連続して幼鳥を観察したことがないので、今後の展開は予測出来ない。

 短い時間だったが、とても楽しませてもらえたから、今日を限りで、さよなら・・・それでも、いいけれど・・・やっぱし、もう2、3日は成長ぶりを見せて欲しい。

 


5月6日 谷川にて カワガラス

カワガラス 成鳥  2013年5月6日  長野県

 カワガラスの巣立ちを7日と予測していた。それでも、もしやと思い谷川へ。

 まだ鼻づまり状態が続いているから、気分はいまいちすぐれない。夏風邪は長く、しつこいとはよく聞くこと。でも、脳味噌が少しくらいふらふらでも、鳥見を休まない。これぞ鳥馬鹿の鳥見精神?休むと、もっとふらふらになりそうだから。明日熱が出ても、それはそのときのこと。

 予測は大外れ、谷川にカワガラスの幼鳥が2羽出ていました。行動を見ると、巣立ちからもう2、3日経っていると思えた。大急ぎで藪を分けて接近を試みる。親鳥には、なんども私を印象付けた(つもり)、こいつは危ないやつじゃないと。服装もいつもと同じ。さぁ、親鳥君どうする。

 

カワガラス 幼鳥  2013年5月6日  長野県

 親鳥君、私を許容したのではないだろうが、それでも幼鳥を連れて逃げたりしなかった。目の前で、と言っても30mの距離はあった、盛んに水生昆虫を捕り幼鳥に与えた。

 親鳥1羽が付ききりで、1羽の幼鳥に10分ほど集中的に食べ物を与えた。すると、その幼鳥は満腹になったのだろう、口を開けたり、羽ばたいたりする、食べ物をねだる行動を止めた。親鳥は、しばらく幼鳥のそばで羽繕いをしていたが、やがて幼鳥を残して何処かへ飛んで行った。

 残った幼鳥は、水をくぐったり、岩の陰に入って休憩したり、小さなゴミをつついたりしていた。たぶん、自立するための練習を本能的にしているのだろう。

 親鳥は、おそらく別の幼鳥に虫を運んでいたのだろう、視界から消えた。私の知る限り、巣立って1日ほどは、幼鳥はごく狭い範囲内にいる。固まっているといえるほどの近さに。
 しかし、2日目には、幼鳥はばらばらになり、それぞれが岩の陰などに隠れている。今日の2羽も50m以上は離れていた。腹が減ると目立つ場所出て親鳥にアピールを始める。すると、親鳥が飛んで行き、食べ物を運び始める。

 これは、私が見たほんの数例の経験談ですから、常にカワガラスの幼鳥がこうした行動を取るかは分かりません。

 この幼鳥君と親鳥は、デジタルカメラを使うようになって、始めて撮影出来た親子です。ほんの1時間ほどのお付き合いでしたが、10年分の撮影が出来た気分でした。感謝、感謝です。もう、明日40度の熱が出てもいい!・・・ほんとは困るけど。



5月4日 初夏の走り

オオヨシキリ ♂   2013年5月4日  長野県 安曇野市

アマツバメ   2013年5月4日  長野県 安曇野市

 体調復活!とまで行かず、自分の体が自分のものでないようなふわふわ感が、でも、今回は高熱が出ずラッキー。で、いそいそ鳥見に出てしまう鳥馬鹿。明日また寝込むかも知れないのに。

 三重でシマアジが現れたそうな。すると、フィールドの御宝田池へも立ち寄る可能性がある。チェックだけはしなければ。このところ谷川や山麓で鳥見をしていて、フィールドへは行かなかったので。

 御宝田池に着いたら、あらら!の状態。池の改修をしたらしく、池の周囲や人工島の雑草は全部土砂の下。池の底をさらって、積み上げたらしい。河原の土木工事現場みたいになっていた。これでは、シマアジは寄らないだろう。

 カモも、主のアヒルのガー子とマガモの雄2羽、コガモが4羽、カルガモ2羽だけ。翼が折れて飛べないオナガガモの雄が積み上げられた土砂の陰にうずくまって隠れていた。飛べないから池から出られない。必死で逃げ回っていただろう、可愛そうに。
 繁殖をするかと期待していたオオバンも見当たらず。雑草が再び茂るまでつまらない池になってしまった。

 河原でオオヨシキリが、例の賑やかな声でさえずっていた。野焼きの火から、かろうじて燃え残った、わずかな枯れたヨシで、いつものように。オオヨシキリの合唱が始まると、春というより初夏の感が強くなる。オオヨシキリのさえずりは初夏の走り。

 10羽ほどのアマツバメが上空を飛び回っていた。これも初物、初夏の走り。相変わらずの高速飛行で飛び回るものだから、超望遠レンズでは捉えるのが精一杯。

 水が張られたり、田植えが終わった水田をひと回り。アオサギしかいなくて残念。アマサギが来るのはもう少し先のよう。アマサギはどちらかと言えば夏の走りだから。

 最後に白鳥湖へ。こちらにはまだオオバンが3羽いた。さて、繁殖するか・・・楽しみはまだ続きそう。

  

ムクドリ ♀?   2013年5月4日  長野県 安曇野市

 柳の巨樹にアカゲラの開けた穴がふたつある。アカゲラガ営巣するかと期待していたが、止めてしまった。代わりにムクドリとやって来たばかりのコムクドリが穴の点検をしていた。今のところ、ひとつずつ分け合ったらしい。今後コムクドリを別のムクドリが追い出さなければの話だが。
 今は葉が茂っていないので、穴はよく見えるが、まもなく葉がたっぷり茂ると、全然見えなくなるだろう。

 今日は、頭の中もふわふわなので、何を書いているのかあやふやな状態。意味の通じる文になっていればいいのだが。明日熱が出ませんように。


コムクドリ ♂   2013年5月4日  長野県 安曇野市


5月2日 オオルリ日

オオルリ ♂   2013年5月1日  長野県

オオルリ ♂   2013年5月1日  長野県

オオルリ ♂   2013年5月1日  長野県

 ドジをして、風邪を引いてしまった、らしい。微熱有り、体ふらふら、鼻づまり、この症状を風邪としておこう。原因不明。

 このところ寒い日が続いているが、いつもの調子で、春だからってちょっと薄着で鳥見をしたからかも知れない。もしかすると、孫台風が東京のバイキンマンを連れて来たのかも知れない。昨日は画像をパソコンへ取り込む前にダウンしてしまった。

 昨日、カワガラスのチェックに行き、1時間半ほど、ひとつ場所に陣取って飛び回るカワガラスを見ていた。カワガラスの撮影は数日後に取りかかれるか、そんな感触を得る。

 周りにオオルリの雄が3羽いて、チェック中に飛び回るものだから、気が散ってならない。カワガラスはずっと近くにいるのではなく、ビッと鳴いて時々通るだけだから、レンズはどうしてもオオルリに向いてしまう。

 探し回っても出会えない日もあるのに、周りを飛び回られて迷惑・・・なんて、オオルリ君に失礼か。
 しかし、近くで虫探しをするのなら、写真写りのいい場所がいくらでもあるのに、そこへは止まってくれない。だから、並な画像しか撮れない・・・ぶつぶつ・・・なんて、せっかくのオオルリ君に、やっぱり失礼だろうな。

 昨日は、オオルリしか撮れず、オオルリ日になってしまった。

 今日も、まだふらふら。ともかく、画像を取り込んで、メールの返信を書いて・・・ちょこっと雑記帳を書いて、もう寝ます。

オオルリ ♂   2013年5月1日  長野県


4月分   ホームヘ 6月分