私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


5月分  7月分

6月30日 バン子は元気

バン ヒナ   トンボはコシアキトンボ ♂  2013年6月30日  長野県 松本市

 27日に孵化したバンのヒナ、28日には2羽しか見えなかったが、全部で6羽だった。バンは5〜8個の卵を産むとされているから、平均的な数だが、こんなにいると子育ては大変そう。カモのヒナは孵化後すぐに自分で食べ物を探して食べるが、バンやカイツブリは親が与えなければならないから。

 親鳥と6羽のヒナ、つまり家族が揃った画像を撮りたいが、それはかなり難しい望み。親鳥とヒナ6羽がひと塊で水面を移動するチャンスがほとんどないから。この点、すぐに集合するカモの方が親鳥は常に1羽だけれども撮りやすい。

 浮島から親鳥がヒナを連れ出し、別の浮島や、岸辺のショウブの茂みへ移動するとき、親鳥はヒナを何度かに分けて移動する。あるいは、2羽の親鳥がそれぞれに何羽かを引き連れて移動する。

 今日も、まず3羽のヒナが別の浮島へ、後から1羽が追いつき、残り2羽は長いこと元の浮島から出たり入ったりしながら待つ。2羽が待機中に、親鳥の1羽が4羽のヒナをまとめてショウブの茂みへ移動。残りの2羽はまだ元の浮島に残ったまま。

 ヒナ4羽と親鳥2羽がしっかりショウブの茂みへ入ってから数分後、親鳥1羽が水面へ出た残りの2羽を回収しに近づき、無事に2羽もショウブの茂みへ。広い水面を移動するときに、ヒナを分けるのは、外敵から守るためなだろうと推測するが、はたしてそれが正答かは分からない。

 感心するのは、残ったヒナが、カモのヒナがするように大声を上げて親を呼んだりしないこと。そして親鳥が、我が子の数が足りないと認識出来るのか、探しに来たこと。もしかすると、人間には聞こえない程度の声をヒナが出していたとも推測出来るが。

 ともかく、千鹿頭池はまた賑やかになった。

 下の画像、ヒナの足が、体の大きさと比べると、異様に大きいと分かる。そして、指に水かきが着いていないが、孵化後まもなくからヒナは泳ぐからたいしたものだ。


 

バンの親子  2013年6月30日  長野県 松本市

 下は待たされているヒナ2羽。池には画像に写っているコシアキトンボとクロイトトンボがたくさんいる。通過するトンボをヒナが目で追えるのか分からない。連続画像では、なんとなく視線が追っているように見えるが、さてどうなのか。ヒナの視力は親鳥同様だろうと見ていて推測出来るが。


 ヒナが、腹減ったなんかくれ〜と、せがんでいるところ。千鹿頭池の水面上では多くの場合ヒシの若芽を与える。岸辺の茂みの中では何を与えているのか見えない。
 水面で食べ物を与えるときも、ヒナは全部が1か所に集合しない。数羽ずつ分かれていて、親鳥もそれぞれに分かれている。

 6羽ともバン子はとても元気でした。


 8羽生まれたカルガモのヒナ、28日には5羽に減っていたが、今日、毎日カモたちを見ている池を愛する方がおっしゃるには、どうやら2羽になってしまったらしい。カルガモは頻繁に水田へ食事に出かけるので、事故に遭遇する回数が多いからだろう。

 昨夏「しろちゃん」も水田へ出かけてヒナを失っている。それを学んだのか、今年は池の堤までは上がるが、水田へは未だ行かないとのこと。
 「しろちゃん」のヒナたちは大きくなり、体つきがひよこスタイルからしっかりカモらしくなった。カルガモ色をしたヒナは幼羽がちょっぴり伸び始めていた。

 下は端のコンクリート壁で休憩する「しろちゃん」家族。コンクリート壁は斜めになっているので登りやすし、太陽熱で暖まっているから、冷えたヒナの体を温めるのには都合よいだろう。

 ヒナが寝てしまっても、さすがはおっかさん、「しろちゃん」はしっかり警戒していました。ここはアオダイショウもいるから、ヒナがもっと小さいと危険度は高いのだが、アオダイショウが飲み込めないほどヒナは大きく育っているから、今は「しろちゃん」もヒナを連れて行くのだろう。



休憩中の 「しろちゃん」家族  2013年6月30日  長野県 松本市

 「しろちゃん」の黄色い2羽のヒナも白くなり、体つきもカモらしくなった。2羽のハッキリした差違はまだ現れない、体の色の濃淡が違う程度。上嘴に黒い斑点でも現れるか、何処かに黒い羽毛が出て来るかしなければ2羽を見分けるポイントがなく、名前が宙に浮いたままになってしまう。いずれ小さな違いが現れると信じているのだが。




6月28日 千鹿頭池はすごい

ショウジョウトンボ ♂  2013年6月28日  長野県 松本市

コフキトンボ ♀  2013年6月28日  長野県 松本市

縄張り争いをする コシアキトンボ ♂  2013年6月28日  長野県 松本市

オオトラフトンボ ♀  2013年6月28日  長野県 松本市

オオトラフトンボ ♀  2013年6月28日  長野県 松本市

 千鹿頭池へ行く。10日ぶり。千鹿頭池は雑種ガモの勉強に加え、最近凝っているトンボの勉強も出来る、私には好都合な場所。ちなみに、今日見つけて、名前が分かったトンボは11種。不明なヤンマが1種。

 しつこく、今日もトンボの話からスタートで、すみません。画像はたくさん撮った中から、綺麗どころを使います。

 午前中、庭の草取りをしていたら、トンボが1匹、花の苗に止まっていた。以前なら、おや、トンボがいるで済ませたが、凝り性人はカメラを持ち出し・・・。画像は使いませんが、秋にはたくさん飛んでいるノシメトンボだった。我が家の庭もトンボシーズンのおこぼれを頂いた感じ。しかし、ノシメ君どこで生まれたのだろう、我が家の近くにはトンボが産卵出来るような池はないのだが。

 千鹿頭池にもノシメトンボがいたから、ノシメトンボのシーズンも始まったみたいです。

 突然トンボに凝ったのは、松本平では6月中旬になるとたくさんのトンボが羽化をすると知っていたから、鳥見が難しい時季なので、鳥見を休憩してトンボ見を始めたのです。

 ただ、トンボの名前はほとんど知らず、持ち合わせは、6月はシオカラトンボや水色のイトトンボがたくさん生まれる程度の知識だけ。よく出来た図鑑が手に入り、大いに付け焼き刃ができた。それが凝り始めた一番の要因です。

 水面に溺れているイトトンボが2匹いた。おやおや可愛そうにと、折った雑草ですくい上げてやった。すくい上げてびっくり、ホソミオツネントンボの雌雄だった。ホソミは東北以南の日本に広く分布しているから、千鹿頭池にいても不思議はないが、これまで見ているイトトンボは全部クロイトトンボだったので、ちょっと驚き。

 翅が乾き、飛べるようになって、♂の方はちゃんと礼儀を知っていて、草に止まりモデルをしてくれた。しかし、♀の方は、挨拶もなく何処かへ、ふいっと消えてしまった。やな奴。また水に落っこちて溺れてしまえ、とは思いませんでしたが。

 池の端を20〜30m、1時間ほど行き来するだけで、10種以上のトンボが撮れる、これすごい場所だと思います。まだ違う種も現れそうだから、トンボ見でも千鹿頭池はすごい場所です。

 
 10日ぶりだったが、「しろちゃん」と6羽のヒナは元気で、ヒナはずいぶんと大きくなり、第1幼綿羽が抜け始めていた。黄色い2羽は見た目にも白くなった。昨年見続けていた「先輩」の2羽の黄色いヒナと全く同じに変わっている。まだ2羽の差違が明瞭にならないので、用意した名前を付けるのは先になる。

 誕生以来20日が過ぎたので、ヒナたちは、ときどきおっかさんとは別の方向へ行ってしまったり、勝手に浮島へ入ってしまったり、やんちゃになった。特に黄色の1羽と黒が先走る傾向が強かった。少々気がかりなのは、黒が他の子に比べて小さいこと。成長が遅れているように見えてしまう。

 「しろちゃん」昨夏はヒナを3羽も失ったが、経験を積んだ分賢くなったか、用心深くなったらしい。この夏は、しっかり6羽を育てている。無鉄砲な2羽が先走ると、ちゃんと後を追いかけていた。池を出て隣接する水田へ採食に行こうとは、ほとんどしないらしい。

 他方8羽のヒナを孵したカルガモは、ときどき家族ごと池から姿を消すので、ファンクラブの皆様がやきもきするとのこと。今日はヒナを連れて水田から戻っていた。

 しかし、いつ減ったか分からないが、ヒナは5羽になっていた。水田への行き来の間に何事かがあったのだろう。カルガモ家族、「かも八」から「かも五」へ名前を変更せねばならなくなった。

 昨日バンもヒナを孵し、今日はちらり2羽を見かけた。全部で何羽いるかは不明。常連さんの話だと、昨日バンの親子がいる浮島へアオダイショウが侵入したそうな。バンの親鳥が、蛇のしっぽをくわえて、大いにはばたいて、浮島から蛇を追い出したとのこと。それは、是非にも見たいシーンだった。乗鞍へ行かず・・・後の後悔先に立たず、です。

 昨年カイツブリもヒナを孵した。10日前は、カイツブリはいなかった。それで、今夏のカイツブリの子育見物は諦めていた。だが、今日、つがいのカイツブリが池にいて、しかも、巣作りと見える行動をしていた。これから産卵するのは、他所に比べて時期的に少し遅いが、昨夏も抱卵を始めたのが6月30日だったから、今年も期待が出来そうな雰囲気。

 どうやら、昨夏同様にバンやカイツブリのヒナ、雑種ガモのヒナとカルガモのヒナを同時に見られそう。千鹿頭池はさほど大きくない溜め池だが、鳥見にも、トンボ見にもすごく楽しい場所です。


カルガモ  2013年6月28日  長野県 松本市

「しろちゃん」家族  2013年6月28日  長野県 松本市

 下は浮島のひとつ。島は4個あります。手前はカルガモ、奥は換羽で抜けた羽毛だろうか、くちばしに不ら下げた雑種ガモ。昨夏生まれの「先輩」の1羽「色男バフ」で、その手前に、困ったちゃんのミシシッピーアカミミガメ。千鹿頭池は賑やかです。


休憩中の 「かも八」改め「かも五」家族 カルガモの親子  2013年6月28日  長野県 松本市


6月27日 カオジロトンボ

カオジロトンボ ♂  2013年6月27日  長野県 松本市

 あれッ、梅雨なのに、と思わず見上げた空。久しぶりの青空、青空した真っ青な空。こんな日はどこへ行こうか・・・千鹿頭池を愛する方からメールが来ているし、サンコウチョウもご無沙汰だし、御宝田池の怪しい目玉の正体も知りたいし・・・。

 せっかくの好天気だから、6月10日の宿題を片づけることに。ちらりと見てしまったカオジロトンボの確認と撮影に乗鞍高原まで。我が家からせっせと走って1時間10分・・・物好き、凝り性もここまで来れば、ちょっとしたものと自画自賛。

 始めに行った池には3匹の♂がいた。ところが、水芭蕉の葉陰に止まって、全身をしっかり見せてくれない。ジリジリ来るお日様の下、汗が頬から首筋へ流れる。それでも、じっと我慢していると、何とかなる。今日はそんな日でした。

 カオジロトンボは北海道と本州の山岳地帯のごく狭い範囲にしか分布していない。北海道以外ではかなりレアーなトンボ。そして、図鑑の写真の撮影地が松本市となっていれば、松本に住んでいる以上是非にも挑戦しなければ。動機は単純です。


 

 日射しが強いと、トンボの影が葉にハッキリ出る。背後から撮るとまるで2匹が重なっているかに見えてしまう。それは、面白くない。これには困った。せっかく撮れるチャンスが来たのに。草地なら、自分が移動して頃合いの角度から撮影すれば済むのだが、カオジロ君は池の中央付近の水芭蕉の上、撮影位置をほとんど変えられず。

 ところが、山の天気は変わりやすい。池に着いたときは青空だったのに、いつの間にやら黒雲が乗鞍岳から押し寄せ空の4割方が曇り空に。そして、頑張った甲斐があったのか、運がよかったのか、太陽が雲に入り、影が消えた。



 ともかく、雑記帳に載せても恥ずかしくない程度の画像が撮れたので、、♂しか撮れなかったが、引き上げることに。時刻は15時30分。家に帰るには少し早いからどうしようと考え、近くの別の池を見に行くことに。

 そちらは山道を7分ほど歩かねばならないから、重たいレンズを担いで行くのはやめて、双眼鏡だけを下げて山道を下る。この、重たいから車に残して・・・が、失敗の元と度々経験しているのに、全然学習出来ていない。今日もまた・・・。

 池に着くと、なんとカオジロ君が20匹以上も飛んだり、止まったりしている。♂♀が連結している組もいる。おまけに、真っ赤なショウジョウトンボに、カオジロよりもっとレアーなホソミモリトンボではないかと見えるトンボも飛んでいる。なんということ、今日も失敗。

 車に引き返し、改めて機材を背負い再度山道を下る。そのころ空はすでに8割以上が雲に覆われ、しかも雨が来そうな模様になっていた。しかし、雨の前にひとコマでもと駆け下る。

 再度池に着いたら、あれほど飛んでいたトンボが一匹も見当たらない。なぜだ?必死で双眼鏡。しかし、遠くにホソミらしきトンボが飛んでいるだけ。それでも諦めきれず、双眼鏡。見つけたのは下の画像のトンボだけ。羽化の時間帯を間違えたのか、夕暮れ間近なのに、幼虫時代の殻の上に止まった羽化間もない未成熟だった。

 他のトンボ達は、空の色が黒くなり、気持ち気温も低下したので、雨を予期して、池の周りの林の中へ逃げ込んでしまったのだろう・・・と推測した。羽化直後の未成熟は飛ぶまで翅が完成していないので、避難出来ないでいたのだろう。ともかく、カオジロトンボの未成熟だろうと考え撮影する。

 そこで、ぽつりと来た。やれやれ、また「所によりにわか雨」の「所」へ来てしまったらしい。大急ぎでザックへ機材を仕舞い込み、小走りで山道を登る。このくらいの坂道、昔はなんと言うことはなかったのに、息が切れて、ぜいぜい、はぁはぁ。歳は取りたくない、ぶつぶつ・・・。

 カオジロトンボの♂は撮れた。これで宿題は半分片付いたが、まだ♀の撮影が残っている。宿題は延々と続いてしまいそう。次は始めから機材を背負って2番目の池に行こうと、降り始めた雨の中を車で走りながら考えた。



6月25日 バトル

アジアイトトンボ ♀  2013年6月25日  長野県 安曇野市

 今日の午後は最低だった。午前中晴れていたのだが、午後は雷雨とゲリラ豪雨に遭遇。気象予報の言った「所により雷雨」の「所」を2度も引いてしまった。

 久しぶりにサンコウチョウでもと、森へ行く。カメラ担いで森の中へ。しばらく鳥さんのお出ましを待つ。そこまでは曇りだった。ところが、いきなりぽつりと来たと思ったら、豪雨襲来、雷ごろごろ。こんもり茂った森の中にいたので、少しは雨を避けられたが、背の高い杉が何本も立っているから雷が落るかも・・・ずぶ濡れで車へ逃げ込む。上半身は全部着替え、下半身は体温で乾かすことに。

 這ほうの体で豪雨から抜け出し、少しは明るい方向へと走る。結局、辿り着いたのは御宝田池。探し出せなかったアジアイトトンボの成熟個体を探し始める。

 もしやとレンズを向けても、たくさんいるクロイトトンボの♀ばかり。しめたこれだと見つけた1匹。なにせ全長3cmほどのトンボだから、肉眼では識別が難しい。とにかく撮影して、カメラのディスプレーで拡大してチェック。ちょっと背面の黒さが薄いが胸の模様や全身の黄緑色は間違いなし。よしみつけた、さて全身をしっかりピントを合わせて撮らねば・・・。

 ところが、ここでまたぽつりぽつりと始まった。もう着替えがないから、今度は走って車へ。なんとか、背中が冷たい程度の濡れで2回目は切り抜けた。

 雨の中のヒバリ・・・と昨日の場所へ。しかし、前方が霞むほどの雨だからヒバリは出てこない。普通そうだろう。もう少し、しとしと雨でなければ。
今年の梅雨は陽気な梅雨。雨は激しく降る豪雨型ばかり。

 小降りになって出てきたのがオオヨシキリ。それでもずぶ濡れ。



オオヨシキリ  2013年6月25日  長野県 安曇野市

ワニ ??  2013年6月25日  長野県 安曇野市

 雨が止むまで待って、池の端へ。昨日見つけたセスジイトトンボの♀がいないかと双眼鏡で捜す。浮かぶヒシやゴミを双眼鏡で舐めていたら、??な目玉が見えた。始めカエルかと思ったが、こんな長い顔をしたカエルはいない。

 もしかすると、ワニ??さして大きくはなかったが。全身を出さないか待つが、このままの状態を続け、やがて潜って何処かへ行ってしまった。みなさんこれワニなんでしょうか、どう思いますか?ワニだとしたら、だれかが放り込んだと考えられますが。御宝田池にミニ怪物が出現か??ワニだと、ちょっとやばい感じがしますが。

 
 後日追記:これはスッポンだと判明しました。

争う カイツブリ  2013年6月25日  長野県 安曇野市

 今日のお題「バトル」編です。6月20日カイツブリが6羽のヒナを孵しました。今は3羽になっています。今日現在、この池には、他に2家族のカイツブリが居ます。狭い池ですので、家族が衝突してしまうのでしょう。

 5月からカイツブリが3つがいがいたか、3つがいが御宝田池で抱卵し孵化させたかは不明です。一度に6羽のカイツブリは見ていませんから、家族のどれかが、後から入り込んできたのではと推測します。

 最近の雨で、犀川本流に付随していた細流、溜りなどが全部濁った水の流れる本流と化しています。私が楽しく走っていた、河原の中の工事用の道路も、工事で平されて出来た砂利の広場も、今は全部本流の泥水の下です。それで、河原の何処かで生活していたカイツブリが池へ逃げ込んだと推測します。

 3家族の構成は、親鳥と同じくらいの大きさに育った幼鳥1羽と多分その親鳥。この親鳥ペアーは幼鳥とは別行動をしている。小さなヒナ1羽を連れた親鳥。こちらは見た限り片親だけのよう。そしてヒナ3羽を連れた親鳥、こちらも片親に見えた。

 夕方、3羽連れと1羽連れが出会い、猛烈なバトルとなった。バトルは5分間ほど続き、いったん物別れで双方散ったが。改めて10分間ほどの再バトル。途中オオバンが仲裁?に入るが効果なし。こんなに長時間続くバトルは始めて見ました。

 相手の首をくわえ水中へ引き込み、窒息死させる、これがバトルの戦法。使いませんが2羽とも水中に沈み足だけが水面に出ている画像もあります。バトルの間ヒナたちはそれぞれ岸辺のマコモの陰に入り隠れていました。

 

カイツブリのバトルをうかがい見るカルガモ   2013年6月25日  長野県 安曇野市

カイツブリのバトルに加わるオオバン   2013年6月25日  長野県 安曇野市

 けたたましい叫び声を上げながらバトルをするので、カルガモが近寄って様子をうかがったり、親切なオオバンが仲裁?に入ったりしましたが、バトルは延々と続きました。

 オオバンは、御宝田池に1羽だけいます。オオバンが仲裁に入ったように人間の目には見えますが、おそらくカイツブリの叫び声に興奮したオオバンがバトルに加わったのだと思います。画像は撮れませんでしたが、成鳥と同じ大きさに育っている幼鳥もバトルの横へ来て、当事者に追われていました。

 オオバンの参加は、これまた激しいもので、組み合うカイツブリの上へ飛びかかり、水中へ押さえ込みました。カイツブリは分かれて、それぞれ逃げて、離れた水面へ出ました。オオバンはこれで引き上げましたが、カイツブリは再び走り寄るとバトルを再開。

 アジアとセスジイトトンボ、カイツブリのバトル、そしてワニのような御宝田池のミニ怪物・・・これは、しばらく御宝田池へ通わねばならないという天の啓示でしょうか。

 

バトル中のカイツブリに走り寄るオオバン   2013年6月25日  長野県 安曇野市

バトル中のカイツブリに飛び乗るオオバン   2013年6月25日  長野県 安曇野市


6月24日 たまに鳥

ヒバリ  2013年6月24日  長野県 安曇野市

アジアイトトンボ ♀(未成熟)  2013年6月24日  長野県 安曇野市

 久しぶりにフィールドの御宝田池へ。松本盆地でも、ときどき50羽ほどのアマツバメの群を見かける。先日は盆地の北端、中綱湖で、今日は御宝田池で飛び交う群を見た。

 2日とも、挑戦したけれど、アマツバメの飛行速度はとても早い。米粒くらいならいくらでも撮れるが、ものになる大きさでは、いつも失敗している。アマツバメは嫌いだ・・・とぼやく。今使っている機材で、感度(ISO)を16,000ほどに上げれば、撮れるけれど、ノイズだらけの画像になるから、とてもじゃないけれど使えない。今日も失敗、残念でした。

 伝え聞くところに寄ると、長野・岐阜・富山県境の三俣蓮華岳付近で営巣しているらしい。そこの群が飛び回っているのだろうか。ともかく、わぁ〜とやって来て、空中を飛び回り、たまに池の水を飲んで、ものの5分ほどで飛び去ってしまう。次に出会ったら、今度こそ・・・と今日も思った。

 河原の花も一段落し、緑色が視界の大半を占める。ヒバリが毎度のポーズ。これで、雨でも降っていると、もうちょっとましな画像になるのだが。でも、のんびり止まっているから、ヒバリはいい。今日の鳥さんは、ヒバリだけでした。

 鳥、ときどきトンボのつもりだったが、6月は、ほとんどトンボ、たまに鳥になってしまった。しばらくは、トンボから抜け出せそうもない。初心者はいいですね。見るはしから、初めて見るトンボばかりですから。いかにトンボを見ていなかったかの証明をしているようなものですが。

 なんと、御宝田池にもアジアイトトンボがいた。今日は未成熟を3匹見た。はるばる50km先の中綱湖までいかなくても、自分のフィールドで見られた。まるでメーテルリンクの青い鳥。トンボは赤いけれど。しかし、初心者の悲しさ、成熟した個体を見つけられない。子供がいるなら、大人だっているはずなのに。

 今に見つけてやろう・・・なんて考えてしまうから、どんどんトンボにはまってしまうのだが。まぁ、6、7月は鳥さんをあまり期待出来ないから、トンボ追っかけでも仕方がないと。



アオハダトンボ ♂  2013年6月24日  長野県 安曇野市

 このアオハダトンボ、840mmで撮っていると書いたら、へぇ〜!と思われるかも。トンボを撮るのに超望遠大砲レンズを使うなんて。でも近づくと逃げてしまう、近づきにくいトンボは超望遠マクロがいい。背景だって綺麗にぼかすことが出来るし。

 アオハダトンボは松本盆地では少ない部類で、昨年、某ローカル紙が盆地の何処かで群れている場所があり、増えている、珍しい的な記事を書いた。でも、その記事の出た日、白鳥湖には10匹以上はいたし。今私がフィールドにしている犀川沿いには、あちこち何匹もいた。よく似たハグロトンボほどではないが、珍しいというほどではなかった。

 そもそも55年昔、我が家の前を流れる用水にだって飛んでいた。私の標本箱にも並んでいた。用水がコンクリート化されたとたんに消えてしまったが。あの標本は、管理が悪かったので、全部虫に食われてしまい、最後は菓子箱ごと焚き火の中へ送った。トンボもチョウもたくさん殺した・・・ほろ苦い思い出。今はいい、殺さなくても画像で残せるから。



アオハダトンボ ♀  2013年6月24日  長野県 安曇野市

 ダビドサナヘは、人生初めて見たトンボ。図鑑をひっくり返して初めて知った名前。東北以南に広く分布しているトンボだが、しっかり見て認識したのは初めて。視界の何処かを通過していた可能性は十分あるが。初心者には楽しい一種増えた状況。

 図鑑によると幼虫期間2年程度だそうで、セミほどではないが、2年間も水の中なんて。ようよう飛べるようになったのに、でかい目玉のお化けで睨んでしまい、ちょっと気の毒をした。



ダビドサナエ ♂  2013年6月24日  長野県 安曇野市

 そもそもは、松本盆地と周辺で見られる水色のイトトンボを撮ろうと思って始めたトンボ撮りだった。水色が綺麗だから。しかし、いつの間にやらはまり込んでしまい。

 水色のイトトンボで、残るは、オオイトトンボ、ルリイトトンボ、アオイトトンボの3種になった。ルリイトトンボはとても珍で、それこそ乗鞍か上高地かなので、半分諦めている。オオイトトンボの♂は見つけられそう。

 ♂が水色をしているイトトンボの♀は、よく似ていて、まだ識別が出来ない。画像はたくさんあるのだが、図鑑と微妙に違っているとギブアップ状態。もう少し勉強せねばとディスプレーを眺めながら思う。

 松本盆地でのセスジイトトンボの分布は広くない。捜していたが見つけられずにいた。ところが、なんと御宝田池に浮かぶヒシの上に止まっていた。なんとも、メーテルリンクではないが、青いトンボはすぐ近くにいた。

 さてさて、鳥さんを追っかけねばと、雑記帳を書きながら思うのだが、出かける段になり、行く先を考えると・・・トンボになってしまう。明日こそ鳥さんを・・・。



セスジイトトンボ ♂  2013年6月24日  長野県 安曇野市


6月23日 ふられふられて

ホソミオツネントンボ 上 ♂  下 ♀ x1.5  2013年6月23日  長野県

 ふられふられて、溜息つけば、空は夕暮れ、夕立模様。最近はお目当ての鳥さんにふられっぱなし。もしかすると高望み過ぎるのかもと考えたり。

 例年の今頃は、レンゲツツジに止まるノビタキやホオアカなど撮っていた。それもいいかなと思ったが、ちょっと飽きちゃった気持ちの方が前に出て・・・やはり、高望みをしているのかも。

 昨日見ていたお目当て君は、立ち入り禁止の水道施設の奥の方が大好きで、歯が立たず。今日の鳥さんは姿も見せず。
 まぁ、明日は、うまく出会える、うまく行くだろう・・・と、信じよう。

 今日のトンボは雌雄の色がよく似ていて、単独でいると雌雄の別をつけにくい。なんとなく♀の翅の色が濃いように思え、それを識別のポイントにしているが、はたして妥当なのか、わずかな数しか見ていない素人の考えだから当てにはならないでしょう。ホソミオツネントンボの色はとても写真写りがいい。この水色すっきりしていて、曇り空色の世界の中でまばゆく見える。

 このトンボは成虫で越冬する。「オツネン」の意味は「越年」から来ているとはネットの情報。このか細い4cmほどの体で冬を乗り切るとは、驚異です。

 帰路の途中、休耕地の中をのんびり歩いているキジと出会った。普通、車は止まらずに通過するから、キジ君も警戒していなかったと思う。ところが、車は止まり、窓からなにやら目玉がのぞいたから、キジ君大あわて、早足で草の間を進むと身を伏せた。隠れたつもりらしい。でも、丸見えなんだよね。


 伏せてみじんも動かず、しかし目だけはこちらを見据えていた。数分間この姿勢でいた。飛んで逃げる姿を期待していたが、キジ君やおら立ち上がると平然とした様子でゆっくりと数歩歩き、いきなり全速力で走り去った。鳥なんだから飛べばいいのに。

 今日撮れた鳥さんはこのキジだけ。やれやれの半日が終わる。明日は久しぶりにフィールドでも回ろう、雨でもいいから。


 

キジ 上 ♂   2013年6月23日  長野県


6月20日 モートン捜し

コヤマトンボ   2013年6月20日  長野県 大町市
 この2日間、悪天候だったので、お出かけをやめて、山と貯め込んでいる未整理の画像を何とかしようとPCに向かった。だが、3時間もディスプレーに向かっていると、目は疲れる、肩は凝る、頭はぼ〜っとなる・・・で、もうさんざん。

 目指す相手を探し出すのは楽しい。そして撮るのも楽しい。しかし、見つくろった画像を使って雑記帳を書いてしまうと、残るは整理という作業だけ。これが全然楽しくない。苦行です、まったく。

 画像の整理中、13日にかろうじて撮れた赤いイトトンボを、モートンイトトンボの未成熟な♀と思っていたが、違うと気付いた。図鑑を見直して、モートンではなくアジアイトトンボの未成熟♀だと気付く。やれやれ、早とちり。でも、トンボについてはズブの素人だから、ご勘弁を。

 2日もお出かけを休むと、足の裏がこそばゆくなって来る。それで、凝り性は凝りに凝り。アジアとモートンの両方を撮れば、宿題は解決するし、識別力もアップするだろうと赤いイトトンボを捜しに行くことにする。本当に凝り性。

 前回、モートンと間違えたアジアのいた付近を探し回る。今はイトトンボの羽化最盛期。モノサシトンボとクロトンボの羽化したばかりの未成熟がわんさといた。その数、佃煮にして売り出せるほど。しかし、赤いトンボは見つからず。

 葦原をのぞき回っていたら、ヤンマが通った。見ただけでは何者かなど全然分からない。ピントが甘くても、画像がたくさんあれば、夜に図鑑に助けてもらえるだろうと、ヤンマが通るたびにシャッターを切る。

 けれども、飛んでいるトンボを撮影するテクは全然ないので、まるでピントが合わない。やっと合ったときには、後ろ姿だったり。ピント甘々の画像も含め、図鑑にお助けを乞う。どうやらコヤマトンボらしい。また間違えているかもだが、コヤマトンボとしておきます。

 

アジアイトトンボ ♀ 未成熟   2013年6月20日  長野県 大町市

 さんざん捜して、赤いトンボを1匹見つけ出した。今日は間違えないようにと、じっくり見る。アジアイトトンボの未成熟♀と識別。赤いアジアはこれでよしとして、残るはモートン・・・だが、全然いない。
 鳥なら鳴き声を頼りに捜す手もあるが、トンボは声を出さないから、耳は使えず、ひたすら目だけ。

 今日撮影したアジアも13日とほぼ同じ場所にいた。周囲にはモノサシとクロがたくさんいる。まれにエゾイトトンボやオゼイトトンボが混じる。だが、モートンはいない。そもそもこの湖にはいないのか・・・。いやいや、かなり広く分布している普通種のはずだから、何処かにいるはず・・・。

 もしかすると、捜している場所が違うのかも・・・3cmほどの小さなトンボだから、ヤンマが飛び回るような場所を嫌うのかも・・・と考えてみた。ならばと葦原から水田や用水路を探してみる。

 休耕田で、捜し物に辿り着けた。1匹見つけると、不思議に数匹見つけられた。未成熟が多いので、モートンの羽化はこれから山が来るのだろうか。持参した図鑑のコピーと比較して、モートンイトトンボの未成熟♀だと識別。これで、赤いイトトンボ2種を見つけて撮影する宿題は片付いた。


 

モートンイトトンボ ♀ 未成熟   2013年6月20日  長野県 大町市

モートンイトトンボ ♂   2013年6月20日  長野県 大町市

モートンイトトンボ ♂ 未成熟  2013年6月20日  長野県 大町市

 ♂も近くにいた。上の画像の♂は、背と腹の胸に近い部分(腹部第1節と第2節)がまだ黄緑色になっていないので、未成熟と思う。

 下の画像がモートン♀でいいと思うが、腹部の色が胸のような明るい黄緑色になっていないので、完全に成熟した♀ではなさそう。

 ともかくモートンイトトンボは探し出せた。アジアとモートンの未成熟の撮影も出来たし、違いも覚えられた。だいぶ宿題は片付いたが、今度はアジアイトトンボの成熟した♂と♀を捜すという宿題が生まれてしまった。


モートンイトトンボ ♀   2013年6月20日  長野県 大町市


6月18日 モンキチョウ

モンキチョウ   2013年6月14日  長野県 松本市

 午後から雨降りという予報なので、今日は車の休養日とした。毎日走り回り、車だって疲れているだろうから。しかし、やはりひでり村、午後になっても雨は来ず。むむ・・・、3時間ほど損をした気分。
 出かけないと決めると、とたんに気がゆるみ、何のことはない1時間ほどくーすかと昼寝をしてしまった。さらに1時間損した気分。

    白黄色 蝶も組合したりけり  (一茶)

 鳥がいる、トンボがいるとチョウだっている。そんな環境で鳥見をしている。最近ちょっとだけ?トンボに凝っているが、蝶にはレンズを向けないようにしている。

 ざっくり言えば、日本で見られる野鳥は650種、トンボは200種、チョウは250種ほど。全部足すと1100種。とてもじゃないが、全部を見るなんて気の遠くなる話し。
 でも、目の前でひらひらされると、時々撮ってしまう。ピント合わせの練習なんて言い訳しながら。

 へなへなと飛んでいるチョウの姿は、あの世とこの世を行き来している存在のように見えてしまう。トンボのように、す〜ッと飛ばず、なんとも頼りなさげな飛び方に、見えている世界がゆらいでしまい、自分さえもがたゆとう陽炎みたいに感じられてしまう。

 白い♀に、黄色の♂が3匹、代わる代わる接近するが、♀は腹端を突き上げていやいやをした。テレビの科学番組などで取り上げられる、交尾拒否シーンである。いつもは、振られる♂も、しつこく付きまとう♂も、腹端を上げ続ける♀も、ご苦労さんなことでと眺めているが、目の前1.5mでいやいやポーズを見せつけられると、やっぱり撮ってしまった。好奇心には勝てません。

 あの世とこの世を行き来している存在が、急に艶めかしいというか、生命力の塊みたいに見えた。

 暑くって、汗がたらたらとしたたる、昨日の午後のことでした。

 
 

交尾を拒否するモンキチョウ ♀   2013年6月17日  長野県 松本市

交尾を拒否するモンキチョウ ♀   2013年6月17日  長野県 松本市


6月17日 続々トンボ

「13しろちゃん家族」池を行く   2013年6月17日  長野県 松本市

「13しろちゃん家族」池を行く   2013年6月17日  長野県 松本市

 長ったらしいが、「しろちゃん」の今年の家族を「13しろちゃん家族」とします。昨年の家族と区分するために。私が勝手に名付けているだけなので、この雑記帳以外には通用しない名称です。

 黄色と黒色以外の3羽のヒナは、カルガモのヒナによく似ている。上嘴が黒っぽい色をしているのもカルガモのヒナに似ている。「しろちゃん」の昨夏のカルガモ色の子は、上嘴も肉白色だったから、少し昨夏の子と違いがある。細かいことでどうでもいいことだが、凝り性故に、何かとデータ集めや比較が好きなもので。

 黄色いヒナ2羽の甘ったれ度は、色の薄い子の方が高い。何かとおっかさんの近くにいたがる。これ以外6羽の行動に特に注目したくなるような点はまだ見えない。

 機会を見ては、ツバメの水浴びを撮っている。ハリオアマツバメやイワツバメは水浴びのため、水面へ突入するときに、足はたたんで腹に付けている。ところが、ツバメは多くの場合足を出して突入する。ちょうどカモが足を伸ばして水面へ降りるように、足でブレーキをかけるように、ツバメも足を出している。その足を出している瞬間の1コマが撮りたいので、ツバメが来るとレンズを向ける。これまで、足を出している瞬間を何コマか撮ったが、全部ピントが甘かったので、残念ながらゴミ箱行き。千鹿頭池へ行くたびに、この宿題をかたづけようとしています。


ツバメ  2013年6月17日  長野県 松本市

 ただいま勉強中のトンボ、松本盆地では、どうやら6月10日を過ぎるころから、羽化のシーズンが佳境に入るらしい。千鹿頭池でも行くたびに、新しい種の羽化直後の個体に出会う。

 トンボ業界では羽化後、成熟して種固有の色になった状態、またはそうなった個体を「成熟」と言うらしい。鳥業界の「成鳥」に当たる。そして、「成熟」する前の状態、またはその状態の個体を「未成熟」と言うらしい。鳥業界の「幼鳥」に当たる。以降、この雑記帳でも「未成熟」という語を使うことにします。

 今日のトンボは、ハラビロトンボとショウジョウトンボ。どちらも全国に分布するトンボで、普通種なのだが、初心者には、今のところなんでも珍です。とにかく、トンボの種を覚える、写真を上手く撮るというお勉強中ですから。今日はかなりシャキッと撮れたと思ってます。


ハラビロトンボ ♂  2013年6月17日  長野県 松本市

ハラビロトンボ ♂ 未成熟  2013年6月17日  長野県 松本市

ショウジョウトンボ ♀?  2013年6月17日  長野県 松本市

 ショウジョウトンボの成熟♂は全身が真っ赤で目立つのだが、まだみつからない。たぶんこれから見られるはずと考えている。♀と未成熟♂の識別は難しくてよく分からない。初心者の辛いところ。今日の2匹は、両方とも未成熟♂の可能性も大です。♀と考えたのは翅の色が、未成熟♂のように全面橙色ではないからなのですが、正解か不正解か、今後の勉強です。

 大きなヤンマも飛んでいて、なんとか撮りたかったのですが、飛んでるツバメの何倍も難しい。図鑑に、飛んでいるヤンマの写真がたくさん載っている。よく撮れるものだと、今は感心するばかり。しかし、やがて私も負けない写真をと思っている。勉強課題がいっぱいで・・・。


 

ショウジョウトンボ ♂ 未成熟  2013年6月17日  長野県 松本市


6月16日 ベビーラッシュ

オオヨシキリ   2013年6月16日  長野県 安曇野市

 ベビーラッシュ、正確にはベビーの誕生ラッシュと言うべきか。鳥のヒナに、トンボの羽化したばかりの個体(未成熟)に・・・ベビーラッシュのこの頃。

 日が傾き、逆光になる頃を見計らって、ちょっとお邪魔虫をする。このオオヨシキリ、白鳥写真仲間のおばさんが、もとへ、お姉様が専属モデルにしている。お姉様の留守を狙って、10分ほどお邪魔虫。オオヨシキリのおっかさんはレンズと人間にすっかり慣れているらしく、なんのためらいも警戒もせずに虫を与え、糞を運び出した。始めは気を遣って、カムフラージュネットにしっかり隠れていたが、気遣い無用だった。

 昨日の雨が嘘のようなかんかん照り。もう歳だからと、最近は用心して長袖着用だったが、今日はうっかり半袖のままで、とんぼ追っかけに。デリケートな?お肌が真っ赤になってしまった。

 我が家から20km以内にある池や沼を回って、イトトンボを見ている。とんぼ追っかけ、今日はこの池、明日はあっちの、そんな毎日。
 6月上旬現在、どこにでもいるのがクロイトトンボ。私の回っている範囲内では、図鑑通りオゼイトトンボは中綱湖以外では見られない。エゾイトトンボも乗鞍高原でしか見かけない。ふむふむ、勉強になる、そんな実感。ともかく、素人だから、何を見ても勉強になる。

 鳥は、スズメとカラスとハトと、後はニワトリしか知らなかった方が、いきなりオオルリやキビタキ、ちょっとおごってアカショウビンを初めて見て、びっくり!とんぼ追っかけの私は、ちょうどそんなレベル。

 今日のトンボは、スイレンに止まり産卵するクロイトトンボとクロスジギンヤンマ。クロスジは初めて見た。初めてだから何とか1コマ撮りたくて、炎天下で1時間、スイレンへ止まるクロイトトンボをねらって30分。日焼けもするはず。

 池の横に、なんとこんな場所にいるのかと思うヤブサメがいた。背後でさえずり声がすると、背後の灌木の間を透かし見る。確かに、ヤブサメが枝から枝へ移動している。しかし、ごちゃごっちゃの茂みの中だから、撮れず。声が収まると、池へ向き直り、クロスジ君何処かに止まってと旋回飛行するクロスジギンヤンマを目で追うが、こちらも撮れず。暑い!撮れない!・・・もう、参った、参った。それで、河原のオオヨシキリの見物に行くことにした。



クロイトトンボ 上が♂   2013年6月16日  長野県 安曇野市

この♀は胸が♂のように青色をしている。♂型と言い、よく見られると図鑑に。

クロイトトンボ 上が♂   2013年6月16日  長野県 安曇野市

こちらは、胸が緑色の♀

クロスジギンヤンマ ♂   2013年6月16日  長野県 安曇野市


6月15日 カモ八誕生

カルガモの親子  「カモ八」   2013年6月15日  長野県 松本市

 やっと雨らしい雨が来て、梅雨らしくなった。少し乱暴な雨だが。雨の合間に庭の草取りと、花の移植などをして、大汗をかき、へたっていたらメールが来た。毎朝池を見回っている「千鹿頭池を愛する方」から、カルガモのヒナが現れたとの連絡。
 へたっている場合ではないと、昼食もそこそこに、急ぎ池へ行く。

 小雨模様の中、レンズとカメラに雨具を着せて、少しだけ頑張る。機材はセーフだったが、自分の雨具を忘れてたので、短期即決で引き上げようと。

 昨夏も、「しろちゃん」のヒナの他、カルガモのヒナが9羽、雑種ガモ「先輩」のヒナが10羽、別のカルガモのヒナも数羽が加わって、賑やかだった。今夏もカルガモが8羽のヒナを孵したので、少し賑やかになった。「しろちゃん」家族以外の雑種ガモのヒナも生まれるといいのだが。いまのところ「先輩」の母ガモは見当たらない。どこかで抱卵中かと思ってみるが。

 取り敢えず、カルガモのヒナ8羽を確認。私はこの親子を「カモ八」と呼ぶことにする。


「しろちゃん」家族と 「しろ並」   2013年6月15日  長野県 松本市

 「しろちゃん」のヒナは日ごとに成長する。今日は、親のガモの前へ出て泳ぐから一歩前進、それぞれが好きな方向へ泳ぎ採食していた。
 
 池には、「しろちゃん」の昨夏の子、「しろ並」と「しろしろ」
がいる。ときどき親子はすれ違うのだが、もはや親子の関係は消滅している。今日も、「しろちゃん」の前を2羽が通過した。「しろちゃん」は散り散りだったヒナを集めて警戒モード。「しろ並」はまるで興味なしの感じで通過した。(上の写真)「しろちゃん」の前にいる今夏のヒナで、カルガモのヒナ色をした3羽は、8月になると前を行く「しろ並」みたいな色になるだろう。

 2羽の黄色いヒナはわずかに体色の濃さに違いがある。それ以外、今日も違いを見つけられなかったので、まだ名付けられない。

 
「しろちゃん」の昨夏の子は3羽
 「しろちゃん」の子なので、頭に「しろ」を付けてある。
 「しろしろ」「しろ並」「しろバフ」

「しろちゃん」のヒナ 2羽の黄色い子   2013年6月15日  長野県 松本市


6月14日 盛りだくさんの日

ツバメ   2013年6月14日  長野県 松本市

ツバメ   2013年6月14日  長野県 松本市

 「所によりにわか雨が降ります」と気象予報のお姉さんが言う。これまで、我が家の周りはいつも「所により」の「所」以外の場所で、雨が来なかった。ところが、と、ちょっと駄洒落てみたくなる。我が家の周りが、ついに「所」になり、道路で飛沫が跳ね飛ぶくらいの雨が来た。これで、家庭菜園のナスもひと息つけるだろう。何はともあれ、嬉しいことです。

 今日はあちこち回り、盛りだくさんの日でした。まず、「しろちゃん」のお子さん達のご機嫌伺いに。「しろちゃん」浮島で昼寝中で、なかなかお子様を見せてくれず。仕方がないので、水浴びに来るツバメで遊ぶ。

 30度を超え、真夏のように蒸し暑い日だったためか、ツバメの水浴びも大胆で。小さい体に似合わず、飛沫をたいそう飛ばして水浴びするので、カメラマンには嬉しい瞬間。

 「しろちゃん」昼休みをしていた浮島から水面へ出ると、子供を浮島に残したまま水田方面へ飛び去る。しばらくして戻ったが、何をしに行ったのか気になるところ。この行動、昨夏もしたから、「しろちゃん」特異の行動で、ヒナたちを連れて行く候補地の探索にでも行ったのだろうか、などと考えてみる。子守に飽きて、ちょっと羽を伸ばしただけなのかもとも思うが、なんだか分からない行動。



雑種ガモ「しろちゃん」   2013年6月14日  長野県 松本市

「しろちゃん」と6羽のヒナ   2013年6月14日  長野県 松本市

 孵化後7日目、お子様は6羽とも順調に育っている。水面を移動するとき、ヒナたちは、まだ好き勝手な方向へばらばらに泳がず、ひとかたまりになっている。だが、親鳥より前に出て泳ぐ。これ、昨年観た行動と同じ。

 黄色のヒナ2羽を「バター」と「マーガリン」としたいのだが、外見上の違いを見つけられず、名付けはしばらくお預け。黄色の1羽は、何かと親にべたべたする。もう1羽より甘えん坊なのかと思う。今のところ、違いはこれだけ。
 昨夏生まれた黄色の2羽「プリン」と「バニラ」は、第2幼綿羽が伸びて違いが現れた。今度の2羽もたぶん第2幼綿羽になると違いが現れるだろう。

 黒君を「コーラ」と、勝手に名付ける。昨夏生まれた「先輩家族」の黒いヒナ2羽のうち「コーヒー」が今日は池に戻っていた(下の中央)。
 真っ黒なヒナが、1年経つとこんな色になる。「コーラ」も恐らくこんな色になるだろう。

 ところで、「コーヒー」は♀で、右にいる「五人組」の「四郎」とペアーになっている。2月の中頃、生まれて半年の「コーヒー」が交尾をした。されたと言うより、双方気が合いラブラブだった。相手はこの「一郎」。「一郎」も雑種ガモ。以来、2羽はペアーでいる。血縁的には「四郎」は「コーヒー」の叔父に当たると考えられる。

 カモは生後1年経たないと繁殖可能にならないと記憶していた。生後半年で交尾をした「コーヒー」には驚かされたが、アヒルは生後半年すれば繁殖が可能だと知り、アヒルの血を引く「コーヒー」だから交尾をしても不思議ではないと理解した。

 もう1羽の黒い雑種ガモ「ココア(♀)」も同じ頃、生後半年で交尾をした。相手は「しろちゃん」の子の「しろしろ」。2羽とも生後半年で交尾し、ペアーになったのである。

 今夏生まれた「しろちゃん」の黒色の子も、♀で、半年後には他の雑種ガモと交尾するのだろうか・・・宿題は増える一方。


昨夏生まれの雑種ガモ「コーヒー」(中央) と そのパートナー 雑種ガモ「一郎」   2013年6月14日  長野県 松本市

 オシドリが毎春配偶者を替えるという話は、定説になっているようで、あちこちでそんな記事を見たり、話を聞く。
 ならば、「しろちゃん」もカモなのだから、相手を替えるのでは。これも勉強課題だった。

 しかし、「しろちゃん」は貞操が固く、知る範囲では相手は「五人組」の「三郎(ガード君)」で変わらない。今春、雑種ガモの♂数羽が「しろちゃん」に迫ったが、「しろちゃん」は常にはねのけていた。近づく♂を小刻みに首を振って拒否、近寄るのを許したのは、ちょっと気弱な「三郎」だけだった。「しろちゃん」の交尾する瞬間を見てないので、確信をもって今夏の6羽のヒナの父親が「三郎」とは言えないが、恐らく「三郎」だろうと考えている。


「しろちゃん」とヒナ   2013年6月14日  長野県 松本市

傷病コハクチョウ「のぶちゃん」   2013年6月14日  長野県 安曇野市

「のぶちゃん」は相変わらずで、元気です。

 千鹿頭池の次に、白鳥湖のアヒルの子4羽の様子を見に行く。こちらのヒナは生後15日以上が経過しているので、かなり大きくなっていた。黄色かったヒナは第2幼綿羽に変わり、かなり白っぽくなった。カルガモ色をしていたヒナは母親の「歌舞伎」に似てきた。
 純粋にアヒルのヒナなので、体は雑種ガモのヒナより孵化時から少し大きく、成長も早そうである。

 雑種ガモは父親と思えるカモがヒナの回りに近づくことはない。自然状態で生活しているアヒルは興味深い。今日見ていたら、父親の「ジャイアン」と「のび太」が、親子の横へ、何のためらいも近づいた。母アヒルの「歌舞伎」がどうするかと注視していたが、何の行動も取らず。ヒナたちも無反応。
 ♂2羽を「歌舞伎」は追い払うか、拒否反応取るのではと、いらぬ事を想像していた私が拍子抜け。

 下の画像、親子水入らずとでもタイトルを付けても通りそう。しかし、この後、2羽の親父はこの場からさっさと離れ、あっちの方で採食などしていた。何のために近づいたのか、ご機嫌伺いか、またまた「歌舞伎」と交尾をしようとでもしていたのか・・・カモではまず起きないだろう行動。彼らはアヒルだからなのか、不思議な光景だった。


アヒルの家族   2013年6月14日  長野県 安曇野市

 そして今日のトンボ。現場で名前が分からなかった。こんな腰の黄色いトンボを初めて見た。
 夜、図鑑をくくると、コシアキトンボの♂の未成熟個体だと分かった。と言うことは、この個体は羽化したばかりなのか。なるほど、風に吹かれてへろへろと30cmほど飛んで地面に落ちたから、まだ飛ぶ力がなかったのだろう。腰の黄色い部分は、成熟すると白くなる、それは千鹿頭池でもよく見かけるトンボである。



6月13日 やっぱしトンボ

コサナエ ♂   2013年6月13日  長野県 大町市

 関西以西は青空で真夏日・酷暑日、37度を超えた地域もあったそうな。関東は梅雨空で雨がしょぼしょぼだそうで。その中間に位置する松本盆地は、こっちは梅雨空で重苦しく、あっちは青空がのぞきいい天気、そんな状況。まさに中間。ただし、我が家の周りは、相変わらずの空梅雨。霧が降る程度の小雨は通過しましたが。

 さてどの方面へ出かけようと考え、アマツバメが団体で水を飲みに来る湖へ行くことに。そっち方面は青空が輝いていたから。アマツバメを外しても、トンボはたくさんいるはずだから、ガソリン代を無駄にせずにすむ。見たいトンボは、モートンイトトンボとセスジイトトンボ。

 結論。アマツバメを撮るには撮った。50羽ほどが目の前で乱舞し、楽しかった。しかし、風向きを読み違えて座ってしまったのか、アマツバメ達は構えたレンズに背を向ける方向へばかり降下・・・敗北。いっぱい撮ったのに全滅。恥ずかしいので使いません。

 トンボは、羽化の季節が真っ盛りなのか、未成熟な個体がたくさんいた。前回来たときより個体が増え、種の数も増えていた。しかし、希望のトンボは見つからず。なんとか
モートンの未成熟な♀を1匹見つけた※が、大きさ3cmほどにくわえ、風でゆらゆらするのでうまく撮れず、また宿題を作ってしまった。このイトトンボだけオレンジ色をしているから、いつか成熟した個体を撮りたいと思っている。

 ※ 後日訂正 13日にモートンと考えたが、アジアイトトンボの未成熟♀でした。

アジアイトトンボ ♀ 未成熟   2013年6月13日  長野県 大町市

後日修正 モートンイトトンボの未成熟♀と考えたが、アジアイトトンボの未成熟♀でした。

 手持ちの機材をいろいろ組み合わせて、イトトンボを撮るにはどの組み合わせがよいか試す。それで、今日の画像は後に行くほどきっちりしていると思います。トンボに嵌ったのだから、鳥さんを撮るついでに望遠マクロで・・・の、お手軽方法はやめにして、自分なりのイトトンボ仕様をと思い。

 トンボを探していると、1、2時間はすぐに過ぎてしまう。飛んでいるヤンマを撮ろうなんてチャレンジを始めると、午後はたちまち夕方になってしまう。

 鳥見で新たな1種をリストに追加するには、いまや多額の費用と日数がかかる。まだ見てない代表的な鳥さんは、ルリカケス、ノグチゲラ、アカヒゲなどだから。しかし、トンボは、どれを見ても新発見のような気分になれし、今のところ、家から1、2時間の距離圏内で遊べるから、しばらくトンボから抜け出せそうもない。そろそろ、オオヨシキリの巣にカッコウの雛が鎮座していないかチェックする時だと一方で思いながら。


 

蚊を食べている クロイトトンボ ♀ およそx 2  2013年6月13日  長野県 大町市

クロイトトンボ ♀ およそx1.5  2013年6月13日  長野県 大町市  花はキショウブ 

 モノサシトンボは何度かこの雑記にも登場したので、今日は未成熟個体を撮ることにした。前回は1匹も見かけなかったモノサシトンボだが、未成熟個体がたくさんいたので、今、この湖では羽化が最盛期なんだろう。モノサシトンボとクロトンボは似ているので、未成熟個体だと初心者はときどき間違えてしまう。今日の画像、間違えていないと思いますが、もしかすると・・・。なお、下の画像は実物のトンボの1.7〜1.8倍の大きさです。


モノサシトンボ ♂ 未成熟   2013年6月13日  長野県 大町市

モノサシトンボ ♀ 未成熟   2013年6月13日  長野県 大町市

モノサシトンボ ♀ 未成熟   2013年6月13日  長野県 大町市


6月12日 今日もトンボ

トンボの住む沼   2013年6月12日  長野県 松本市

緑の植物はミツガシワで花は終わっている。水面の浮葉植物は名前が分からない。ヒルムシロの仲間か。

 凝り性人は凝り始めると止まらない。止まらないから凝り性なんだろうけれど。

 トンボの図鑑をくくり、私の住む松本市で見られるはずのトンボを拾い出し、その中からレアな種を選び出し・・・。トンボについて、ほとんど勉強してなかったから、知らなかったとは言え、レアな種が松本市で何種も見られる(はず)と知る。

 鳥さんを追いかけるなら、今時は北海道の原野で・・・可能ならとうに出かけているが。または、有名探鳥地で有名な鳥さんを見るのも可能だが、虫さんを腹一杯食べてゲップしているコマドリさんなどは飽きたし・・・。

 それで、始めてしまったのがトンボ。秋は赤トンボ。夏は青色のイトトンボと限定する積もりだったが、現場で見たこともないトンボを見てしまうと、トンボ追っかけがどうにも止まらなくなってしまう。

 トンボ見のよい点は、上の画像のような環境を探し出してチェックすればいいので、かなり目的地を絞れること。それに、誰もいない山中の沼なので静でいい。蚊と蝿の対策さえすれば、山道を歩き回わらなくてもいいから楽ちんだし。



エゾイトトンボ ♂  2013年6月12日  長野県 松本市

 実は昨日も出かけた。しかし、台風の余波か雨降りになり、トンボは一匹も現れず。カオジロトンボを是非確認したかったが、雨には勝てない、すごすごと帰る。

 今日、リベンジに出かけるが、運転中に気が変わり、目的地を変更。こちらの池の方が出会える可能性が高いのではと考えて。

 まだ時期的に早いのか、そもそもこんなものなのか、トンボは2種しかいなかった。まずはエゾイトトンボ。こちらは、♂型の♀を見つけたので、来た甲斐があったと満足。イトトンボはゆっくり飛ぶので、3、4cmの大きさでも何とか撮れるのでうれしい。
 

 

産卵中のエゾイトトンボ 上♂ 下♀ 2013年6月12日  長野県 松本市

 上の画像で、産卵している♀は胸や腹が緑色で、♂のような青色はない。図鑑に寄れば、「♀の体色は緑色の個体と青色の個体(♂型)がある」そうで、下の画像の♀がその♂型だろう。

 おまけで、羽化したばかりの個体が近くへ来たので、それもゲット。どうも♂のようだと、少しばかりの知識を総動員して判断してみる。
 これで、エゾイトトンボは、いったん宿題終了としよう。



産卵中のエゾイトトンボ 上♂ 下♀  2013年6月12日  長野県 松本市

エゾイトトンボ 羽化後間もない個体  2013年6月12日  長野県 松本市

 そして、今日のややこしトンボは、名前が分かりません。カオジロトンボは見当たらなかった代わりに、下のトンボが5匹ほど飛んでいた。例のごとく、5秒以上静止してくれず、見える範囲に止まってもくれずで、さんざん粘ったが識別に使えるような画像が撮れず、悔しい。トンボの撮り方を考え出さなければと、真剣に悩む。

 ややこしトンボ君、全国的に広く分布しているタカネトンボと考えるのが一番妥当なようだが、まだ識別出来ません。

 ホソミモリトンボなら、これは超レア。鳥に例えるなら、もう松本盆地では過去の鳥になってしまったブッポソウを見つけたようなもの。図鑑の写真の撮影地が松本市になっているから、可能性がゼロではない。ただ、上高地も松本市だから。それに発生時期が6月だと少し早いかも。

 これで、見たけれど、正体が分からないややこしトンボは、カオジロトンボと今日のトンボの2種になった。2種ともイトトンボではないけれど。さて、明日は、トンボ追っかけの続きをするか、それとも・・・暇人は、優雅な悩み。お仕事忙しい方々には、誠に申し訳なくと思いつつ。



??なトンボ  2013年6月12日  長野県 松本市


6月10日 エゾ、みッけ

エゾイトトンボ ♂  2013年6月10日  長野県 松本市

 矢印の先の黒い斑紋がスペード状。これがエゾの特徴

 鳥さんを休憩して、トンボに凝ってしまった。7日にエゾイトトンボを探しに行って、オゼイトトンボしか見つけられなかった。やはり、悔しい・・・凝り性なもので。

 簡単な話、トンボを見たければ、ネットで調べて、たくさんいるそれなり有名な池へ行けばいい。しかし、凝り性人は、図鑑の分布図を見て、長野県のそれも中部が南限なんてところに興味津々なわけで。図鑑のあら探しをしているのではありません。念のため。

 例えば、鳥で言えば、長野盆地北部がチゴハヤブサの営巣の南限とされている。わずか50km南に位置する松本盆地では営巣しないのか、いつかきっと営巣して、ここが南限という日が来ると信じて、きょろきょろしている。猛禽好きではないが。

 トンボも同じ。今日は乗鞍高原まで出かけた。始めからエゾ探しに。分布図からすると、そこが南限。トンボの研究者がチェックするなら、この池という池が乗鞍高原にあるから。鳥見であちこち彷徨していると、鳥以外の情報も多少は記憶に残っている。
 エゾイトトンボは北海道から北陸まで分布し長野県の中部が南限です。

 らしい水色のイトトンボはすぐに見つかったが、風があったためか、またはとても気弱な奴なのか、大きな水芭蕉の葉陰からなかなか出で来ない。出て来ても、3〜4cmのちっちゃなトンボだから、撮るのに苦労する。捕虫網で捕まえてなんて乱暴なことはしない、近くへ来るまで待つ。時間がかかるが。
 ともかく、エゾ、みッけ。宿題ひとつ解決。そして、乗鞍高原はエゾイトトンボの産地であると確認した。次はこの池より南のエゾのいそうな池をチェックすることに・・・凝り性はいやですね。

 

産卵中のエゾイトトンボ  2013年6月10日  長野県 松本市

 池には、エゾよりヨツボシトンボの方がたくさんいて、わいわいと飛び回っていた。もちろん飛んでいるところを撮ろうとしたが、5秒以上静止しない。10秒あればピントを合わせ、2コマは撮れるが、5秒だとピントが合う瞬間に視界から消えてしまう。ストレスが溜まる嫌な奴。もっとも840mmで飛んでいるトンボを撮ろうという方が異常なのかも。しかも、雌雄の別が全然分からない。ほとんど同じ色をしているので。

 イトトンボは連なったままで産卵し、連なったままで飛んでいるので、雌雄の別も付けやすい。ところが、ヨツボシトンボは、空中で繋がったと思うとすぐに離れてしまう。しかも、産卵は雌だけでする。それで、産卵した個体が雌だからとレンズで追いかけるが、すぐに視界から出てしまうので撮れず。止まっている個体は、雌雄の別は分からず。

 次はもう少し短いレンズで飛んでいるヨツボシに挑戦しよう。今日、とてもレアと思えるカオジロトンボらしい個体を見た。残念ながら、ついに撮れなかった。あの、赤黒いトンボは、まずカオジロに間違いない。それで、凝り性人は晴れたら絶対また来ようと決めた。カオジロトンボも、恐らく今日の池が産地の南限だと思う。図鑑の写真も撮影地が松本市になっているし。そして、もっとレアなホソミモリトンボもいるらしいから。

 しばらく、鳥見はお休みで、雑種ガモかトンボの撮影になりそう。育雛中の巣をのぞき回るのは、あまり気が進まないから。


ヨツボシトンボ   2013年6月10日  長野県 松本市

ヨツボシトンボ   2013年6月10日  長野県 松本市

ヨツボシトンボ   2013年6月10日  長野県 松本市


6月8日 しろちゃん再び

ハシボソガラス  2013年6月8日  長野県 松本市

 千鹿頭池をこよなく愛している方から「今朝、しろちゃんが、ヒナを連れて出てきました」とメールを頂く。車の中に携帯を置きっぱなしで、そのメールを11時まで気付かず。間の抜けた頃に返信をして、大いに恥ずかしいのでした。

 寝ているババ様をたたき起こして、いつもより30分早く昼食。大急ぎで出かけ、12時40分に池へ着く。

 いつもカモ見をする木陰はハシボソガラスが占拠していた。近づくと、「おう、おじさん上等じゃねぇか、一発やったろか」と肩を怒らす。なかなか根性のある奴と思ったら、すたこら逃げてしまった。

 2年前、「しろちゃん」は2羽、カルガモのヒナ色の子を孵すが、間もなく2羽とも行方不明になった。行方不明とは、何らかの要因で死亡したと言うことと同義です。

 1年前の6月13日、「しろちゃん」は5羽のヒナを孵した。黄色いヒナが1羽と、カルガモのヒナ色だが、白っぽい感じに見えるヒナが4羽。黄色いヒナともう1羽は6月19日に行方不明になる。「しろちゃん」は残った3羽を育てあげた。育った3羽は私が勝手に「しろしろ」「しろバフ」「しろ並」と名付けて、以降ずっとチェックしている。「しろ」3兄弟は今日も池にいた。

 そして、今年も「しろちゃん」は頑張りました。黄色いヒナが2羽、黒いヒナが1羽、カルガモのヒナ色のヒナが3羽を孵しました。小さなヒナたちは、いつもどおり団子状態で「しろちゃん」の後にぴったりと付いていた。

 今日、親子を17時まで見ていたら、その間、1回だけ危機があった。親子でアオサギが立っている浮島へ入って行き、アオサギに近づいてしまった。アオサギ君、ご馳走の方からやって来たのだから、とうぜんヒナを食べようと首を伸ばした。瞬間、母は強し!「しろちゃん」が思い切り翼でアオサギをぶったようだ。茂った草の陰でよく見えなかったが「しろちゃん」がはばたき、アオサギがグェ〜グェ〜と叫びながら飛んで逃げ、支離滅裂に池の上を飛び回った。母は強し行動を「しろちゃん」が取ったことはほぼ間違いない。



浮島内の 「しろちゃん」と6羽のヒナ  2013年6月8日  長野県 松本市

「しろちゃん」と6羽のヒナ  2013年6月8日  長野県 松本市

「しろちゃん」と6羽のヒナ  2013年6月8日  長野県 松本市

 昨日まではヒナはいなかったと、池を毎日観ている方がおっしゃるから、昨夜から今朝にかけ孵化したのだろう。カモのヒナは、孵化してから1時間もしないで泳ぎ、しかも自分で採食するから、親鳥はヒナを連れて、孵化後間もなく水面へ出る。

 昨年たくさんの雑種ガモのヒナと、カルガモのヒナをこの池で観た。それで、今日のように団子状態でヒナが親の後をついて回るのは孵化後3日目までと記憶している。4日目になると、ヒナはばらばらに親の周りに散って行動するようになる。この記憶からも、今日のヒナたちは孵化して間もないと分かる。

 池の堤防上をカルガモが歩いて来た。腹の部分の羽毛が抜けて皮膚が露出している。これは、単に羽毛が抜けたのではなく、抱卵斑だろうと思う。卵を抱くとき、効率よく体温を卵に伝えるために、断熱効果の高い羽毛は抜けて、皮膚が直接卵に接触出来るようになる。この羽毛が抜け、皮膚の露出した部分を抱卵斑という。
 とすると、このカルガモも近くで抱卵していると推測出来る。何日か後に、カルガモのヒナも池へ出て来るだろう。



カルガモ  2013年6月8日  長野県 松本市

 カルガモを見ていたら、後方に「しろちゃん」家族が現れた。恐らく孵化した当日なのに、随分元気なお子達です。池から堤防へ上がるには、緩やかな傾斜とはいえコンクリートの斜面を登り、さらに背丈の何倍もある茂った草の斜面を登らなければなりませんから。

 6羽のヒナが無事に育つよう、大いに祈ります。昨年、「先輩」と名付けた家族の白いヒナ2羽は「プリン」と「バニラ」、黒いヒナ2羽は「コーヒー」と「ココア」と名付けた。「プリン」は7月28日に不幸な事故死を遂げたが、他の3羽は元気に成長し、現在も何処かで生きているはず。そのうちに池へ戻って来るでしょう。
 すると、白い子や、黒い子が入り乱れてしまう。今年の「しろちゃん」ヒナにも名前を付けなければ・・・会話をするとき、画像と記録を整理するとき、名前があると便利だから。
 
 さて、黒い子は昨年候補に上がった名前の「コーラ」でいいとして、白い子は・・・「マーガリン」と「バター」とでもするか・・・勝手に悩んでいます。ともかく、「しろちゃん」お子様の誕生おめでとう。

 


6月7日 雨

ツバメ  2013年6月7日  長野県

 今日は午後から雨だと気象予報。東京のキー局の予報も、ローカル局の予報も雨だと。そこで国交省のリアルタイムレーダーの画像を見て雨の降っていない場所を選択する。そこはニュウナイスズメがたくさんいて、ついでにトンボもいる、都合のいい場所。

 途中は雷が鳴り、激しい雨降り。気象予報、今日は当たり。これで我が家の周囲にも雨が降れば、言うことなしなのだが。我が家の周囲は雨の少ない特異な地域で、昔は、住人が自分の村を「ひでり村」と自嘲的に呼んだほど。それは今も同じ。
 結果を言えば、あれほど午後は雨降りと予報が出ていたのに、今日も一滴の雨も降らず。畑は乾いてパサパサのまま。

 土砂降り雷雨を通過して、曇りの範囲に入る。目的地に着き、予定通り鳥見を始めようとしたら、雨が後を追って来て、ぽつりぽつり。やがて、ぱらぱら。参ったなぁ〜、読み違えたと思う。時間に余裕があれば更に北上するのだが、家へ帰り着かねばならない時刻から逆算すると、もはや北上する時間的余裕もない。

 雨はしとしと降りとなり、これが一番始末に悪い。カメラもレンズも濡れるし、鳥さんも出て来なくなるから。ほとんど鳥見も出来ず、電線に止まり、おしゃべり中のスズメさんを撮って車の中へ逃げ込む。この2羽とニュウナイスズメの奥さんは、雨の中を水浴びをしに来たのだから、酔狂ですね。ここは、普通のスズメとニュウナイスズメが共存している、ちょっと面白い場所。それで、画像のようなシーンが撮れます。


右 ニュウナイスズメ ♂ 左 スズメ  2013年6月7日  長野県

 雨は、短時間に降ったり止んだりを繰り返す。この状況が一番商売にならない。土砂降り雨なら、雨の中のアヤメでも撮って諦めるのに。
 しとしと雨でトンボも隠れてしまい見つからない。ちょっと頑張って、エゾイトトンボなど目標にしていたのだが・・・。

 雨の中を、傘も差さず行きつ戻りつ水辺の草むらをのぞく。ともかく、水色をしたイトトンボを探す。しっかりトンボマニアになってしまった。まだ時期的に早いのか、それとも雨降りのためか、トンボはみつからない。

 水色をしたイトトンボをかろうじて3匹見つけた。現場では名前は分からず。夜に図鑑で照合するとして、ともかく草の合間を透かしてスナップ。トンボはこの3匹しか見つけられなかった。せっせと1時間半以上走ってきたのに。それに、雨さえ降っていなければ、もっとましな画像が撮れたのですが。

 始めに見つけた個体はまだ未成熟なのだろう胸の色が薄い。これがエゾイトトンボなのか、オゼイトトンボなのか、さらにオオイトトンボなのか、素人は大いに悩む。皆よく似ているので。

 

オゼイトトンボ ♂ ? 未成熟 ?   2013年6月7日  長野県

オゼイトトンボ ♂  2013年6月7日  長野県

 2匹目はうまいこと特徴を写せたので、図鑑の写真やあちこちのブログを参考にさせていただき、オゼイトトンボでよいだろうと判断。ちなみに、左の画像の矢印の先、黒い斑を「ワイングラス状の斑紋」と言うそうで、これがオゼである決め手のようです。今日のトンボはオゼイトトンボでした。

 2匹目のトンボの画像をと比較して、上もオゼイトトンボだろうと推測しました。

 オゼイトトンボは北海道から信越地方にかけて分布するトンボで、長野県では白馬・小谷地区と八ヶ岳山麓に分布すると図鑑の分布図は言ってます。

 エゾを探しに行って、オゼを見つけてしまった。2種とも長野県では珍なトンボで、どちらかと言えばオゼの方が珍しいらしい。雨の中、ちょっとだけいい思いが出来ました。


 家に帰り着き、パサパサの家庭菜園のナスやら移植した花や芝生に水やり。なんでここだけ雨が来ないのかと、天を恨む。

 水まきをしていると、やけにボソガラスが騒ぐ。いつも隣家のヒノキでごそごそやっているから、またかうるさい奴めと見上げると、なんとオオタカがいるではないか。大あわてで部屋に駆け込み、愛機を担いで庭へ。三脚など立てている暇はない、手持ちでばしゃばしゃ。1枚でもピントが来て、手ぶれをしていなければラッキーと。

 猛禽大好きさんには羨ましい話でしょう。住宅地なのにときどきオオタカがやって来ます。今日の獲物はかなり大きい鳥。とても料理が上手なオオタカらしく、羽毛を全部むしり取ってあったので、獲物の正体は不明でした。画像はノートリ。腹ぺこだったのでしょう、大きなレンズも、近寄る人間も委細かまわず食事に没頭していました。騒いでいたカラスの方が私を見て逃げていった。

 ひでり村なので、鳥さんが水を飲む場所もほとんどない。それで、我が家の庭の、農業用水路から水を分けてもらっている小さな水溜に材木を浮かべて、水を飲めるようにしてある。一番よく来る鳥はキジバト。それを見つけてオオタカが来たのなら、お邪魔虫のオオタカめ、次はロケット花火でもぶつけてやろうと思う。最近保護のランクも下がったことだし。これはちょっと言い過ぎか・・・。

 たくさん撮ったので、獲物の足の爪が見える画像もあった。爪からするとなんとなくハトに見えもする。う〜〜、憎いオオタカめ。


 

オオタカ ♂  2013年6月7日  長野県


6月6日 イワツバメのこと

2013年6月6日  長野県 松本市

 イワツバメのコロニー(集団営巣地)が、この歩道橋にある。我が家から一番近いコロニーで、いつから営巣が始まったか分からないが、10年以上前からだと思う。我が家から、ほんの750mの距離、周囲には水田と住宅が混在している。買い物に行くときも、鳥見に出かけるときも、この交差点を通る。

 画像中央の彼方に我が母校の小学校が見える。この校舎は新築移転でこの場所へ引っ越して来たので、私の通った古い木造校舎の小学校とは違う校舎だが。

 この歩道橋を大勢の児童が通学に使用する。その裏側が左の画像のように、イワツバメのコロニーになっている。反対側から見ても、同じように巣が並んでいる。すべてが使われてはいないが、20個ほどが使用中である。

 イワツバメは、コロニーを数年使用すると、なぜか一斉に放棄して、別の場所へ集団で移動してしまうケースが多い。ここは、珍しく長く続いているコロニーである。

 毎春、今年も来るかしら、もう放棄されるかしらと、交差点を通るたびに見上げている。今春は3月16日に数羽が飛来し、さっそく巣に出入りしていた。今年も営巣するのだと、なぜかほっとする。

 イワツバメは団体行動を好むようで、一度飛来しても、揃って何日もコロニーに戻って来ない。まるで姿を見かけない日が数日続くと、放棄してしまうのかと心配になる。
 すると、次の日には、なにげに集団で歩道橋の周囲を飛び回っている。

 抱卵していると思える期間も、歩道橋の周囲を飛ぶ姿をほとんど見かけないので、もしや住居を移転してしまったかと、また心配になる。落ち着いて考えれば、私が心配することではないのだが。
 集団で飛び回っていたり、何処かへ出かけるのか一羽も見かけなかったり、イワツバメは不思議な行動をする。

 
 

イワツバメ ヒナ  2013年6月6日  長野県 松本市

 水田が近くにあるので、巣材にはしっかりした土が使われている。それに使われている枯れ草の中に、ビニール繊維などひとかけらもない。丈夫な巣は、補修もされず、使わないままでも、何年も壊れない。

 スズメが空き家を乗っ取った例を見たことがあるが、ここはスズメが入った巣はひとつもない。また、ヒナを強奪しにカラスが飛来して、巣ごと地面へ掻き落としてしまった例も見たことがあるが、付近にハシブトガラスがいないし、ボソガラスもほとんどいないので、カラスに襲われた巣もここにはない。
 

 もう巣立ちが近いと思えるヒナは顔を出すが、シャイなヒナが多く、ほとんど巣の中へ隠れてしまい、ヒナが何羽いるのか数えようと試みてはいるが、出来そうもないので、今年も諦めた。


 イワツバメ見物の後、空を見回すと、怪しげな黒雲が覆っている場所と、明るく日が射している場所があった。雨に遭うのもいやなので、明るい空の下を目指して鳥見に出かける。

 しかし、黒雲が追って来て、結局雨宿りをする羽目に。暇なので、アヤメなど撮ってみる。画像処理能力が上がったはずのカメラだから、色再現も改良されたかと、紫色の濃いアヤメを選ぶ。でも、やはり、目で見た色とは違う色になってしまう。sRGBで拾えない範囲の色なのかも。



雨が降り始める  2013年6月6日  長野県

 そして、今日のトンボ・・・だんだんトンボマニアになりそうです。雌雄が連なっているところが撮りたかったが、雨が来たら離れてしまった。君たちの愛はその程度か・・・。

 北海道以外は全国的に産地が分布するので、珍なトンボではなさそうですが、私は数度も見たことがない。もっと、鹿を追う者山を見ずの例えの通り、鳥を撮る者、トンボなど見ていないから、近くにいても見えなかったのだろう。目に情報が入っても、脳がその情報を受け取らなかったからだろう。全長が小指よりも短い小さなトンボだから、こんなに綺麗な色をしていても気付かなかったのだろう。下の画像、トレミングしたので、実物の2倍ほどの大きさになっています。

 次は是非とも雌と繋がっている写真を撮りたいものだ・・・かなりトンボにはまり込んでいる鳥馬鹿です。



ホソミオツネントンボ ♂  2013年6月6日  長野県


6月5日 珍トンボ?

エナガ 幼鳥  2013年6月5日  長野県 松本市

 松本市の山麓でもアオバトが繁殖している。この時期に、森の中で盛んにアォ〜、アォ〜と鳴いているから、営巣していると考えてもいいと思う。そのアオバトが見えるところに出て来ないかと、顔の周りを飛び回る小さなハエにうんざりしながら待つが・・・敗北。

 あくまで、私は鳥馬鹿でして、鳥見のためにうろうろしているのでして。可能なら写真も撮りたいのだが、出てこない鳥、見えない鳥には歯が立ちません。

 ひょいと溜め池の水面を見たら、見慣れぬトンボが飛んでいた。かなり速い速度で飛ぶので、しっかりと正体を見極められないが、双眼鏡で追いかけて見ると、どうやらトラフトンボらしい。最近仕込んでいるトンボの知識を総動員してそう考えた。しかし、トラフトンボの目玉は緑色だっけ?珍トンボかしら・・・結論は夜に考えるとして、ともかく証拠写真を手に入れようと撮影にかかる。
 だんだん自分がトンボ馬鹿になりそうで、ちょと怖い。



オオトラフトンボ ♂  2013年6月5日  長野県 松本市

 夜、パソコンに取り込んでチェックする。ピントが合っている画像が数コマあった。これで十分だろうと図鑑を開き、トラフトンボのページを見る。

 私が参考にしている図鑑は
 「ネイチャーガイド 日本のトンボ 文一総合出版 2012年7月 初版第1刷」です。
 とてもよくできた図鑑で、ど素人の私にも、識別にとても役立つ。ヘボな野鳥図鑑など足元にも及ばない。

 トラフトンボの図版とパソコンのディスプレイを見比べる。ちょっと違う感じが・・・説明文をひとつずつ確認して行くと、このトンボはオオトラフトンボだった。たとえば「後翅の基部に黒斑がある」との説明の通り、私の画像にもちゃんと写っていた。

 オオトラフトンボは長野県以北に産地が分布している。そして、長野県も中信以北だけに分布し、松本は産地のギリギリ南限。(図鑑によると山梨県の一部にも産地がある)

 今日撮影した溜め池はまさに南限ギリギリか、図鑑の図が示す範囲の外側、西に位置している。ともかく、分布の最西端に当たりそうだ。これは拾い物をした、珍なるトンボを見てしまった、そんな気分。

 鳥さんの写真は全然撮れなかったが、出かければ、何かいいことがあるらしい。皆様のブログなどを見ると、オオトラフトンボを見るためにご苦労なさっている。今日の溜め池など、ちょっとそこにあるただの池で、車が横付け出来る。ブラックバスがウジャウジャいるのがうっとうしいが。池の名前は「田溝池」と言います。

 (下の画像はトレミングしてあります)


6月4日 「歌舞伎」母になる

アヒルの「歌舞伎」と4羽のヒナ  2013年6月4日  長野県 安曇野市

休憩する親子  2013年6月4日  長野県 安曇野市

 犀川白鳥湖に3羽のアヒルがいる。一番古顔の雄のクロアヒル「ジャイアン」は足かけ10年以上白鳥湖で暮らしているはず。アオクビアヒルの雄「のび太」と、多分アオクビアヒルの雌「歌舞伎」は、後から「ジャイアント」と合流した。3羽とも、ある日突然白鳥湖に現れた。おそらく誰かに捨てられたのだろう。

 その「歌舞伎」が4羽のヒナを孵した。ヒナの色は、黄色・黒色・カルガモのヒナ色2羽である。これは実に興味深い。ちなみに、父親は下の2羽、「ジャイアン」と「のび太」である。彼らが交尾している現場を何度も見ているから、まず間違いない。

 ただ、同じく白鳥湖にいる雄のアイガモ2羽も交尾をしたのかは不明。昨年は「歌舞伎」を追い回して交尾したが、この春はたぶん交尾はしていないと推測している。ヒナが成長し、もし空を飛び回ったら、その子は間違いなくアイガモの子供である。アイガモは飛べるが、アヒルは飛べないから。

 

     左がアオクビアヒルの「のび太」 右がクロアヒルの「ジャイアン」

 左が「歌舞伎」である。この3羽から画像の4羽のヒナが生まれた。黒い子はクロアヒルの血を引いていると想像出来る。また、2羽のカルガモのヒナ色をした子はアオクビアヒルの血を引いていると思う。興味深いのは黄色のヒナである。

 黄色いヒナは間違いなく白いアヒルになる。これは、千鹿頭池の雑種ガモを観察した経験からまず間違いないと考える。千鹿頭池の、白い雑種ガモ「しろちゃん」、「バニラ」はまさに黄色いヒナだった。(千鹿頭池の雑種ガモについては、雑記帳のストック分をお読み下さい)
 白アヒル同士の子供でないのに、白いアヒルが生まれたということは、やはり先祖返りなのだろうか。


 このヒナたちがどんな成鳥になるかときどきチェックしなければならない。千鹿頭池の雑種ガモとの比較も興味がわくところ。この黄色い子が大きくなって白いアヒルになったとき、虹彩の色は青みがかった灰色だと、これも経験から予想出来るが、さてこの子はどうなるだろうか。そうそう、この冬、間違ってもアルビノのカモが白鳥湖にいると勘違いしないで下さいと、今から書いておきます。

 


6月3日 今日はテン

テン  2013年6月3日  長野県

 7500円も出してカムフラージュネットを買った。後で出会った写友に話すと、彼も同じ物を購入したという。「ホビーズ・世界」さん儲かりますな!
 冗談はおいて、購入したネットの効力を試してみた。

 湿地から流れ出る細流を見渡せる場所で、ネットをかぶり座り込む。鳥さんが水飲みか、水浴びに来るはずと予想して。
 しかし、気温が28度ほど、湿度は40%以下のからから天気の午後なのに、1羽の鳥さんも来ない。予想は大外れ、少しへこみ始める。それでも頑張って座り続ける。もうシジュウカラでも、ヒヨドリでもいいから来て・・・と思いつつ。

 不意にイタチが樹を登り始めた。実は現地で撮影している間ずっとイタチだと思っていた。随分真っ黒な顔の、木登りの上手いイタチだと思いつつ。夜にしっかりチェックしたら、イタチではなくホンドテンだった。ほ乳類の識別は鳥類の識別ほどすんなりできません。なにせ、「野鳥写真家」なので。


 

 テン君、あちこちの樹を登ったり、降りたり、枝伝いに移動したり、まるでリスのよう。
 この間、全身をネットで覆い、レンズでずっと追っていたが、テン君全然警戒する様子がない。ネットの効果は大いにありと思っていいのか・・・。

 テン君、鼻で何かをかいでいたが、桜の幹を駆け上がり、枝の折れた部分に顔を付けて何かを始めた。下からなので、ハッキリとは分からなかったが、折れた断面を舐めていたと思う。樹液でも出ているのだろうか。そもそも、テンは樹液をなめる動物なのか、私は知らなかった。

 下はトレミングした画像ですが、美味しい物を食べられたらしい。しきりに舌なめずりをしていた。しっかりこちらを見ているから、大きなレンズには気付いているはず。しかし、逃げようとしないところを見ると、ネットの効果大いにありと考えてよさそうだった。



 テン君、しばらく樹上で舌なめずりをしてから、幹を下り、地面を歩いて近づいて来る。まだ、私を警戒していないと見える。なんだか可笑しくなって、こみ上げる笑いを懸命にかみ殺す。

 この後、下の画像の左側にぼんやり写っている大きな松に登り、しばらくして降りて来た。次に、私から5mほどの所に立っている広葉樹に登り、ほとんど私の頭上へ枝伝いに来た。近すぎて撮れない・・。地べたにぺたんこ座っているので真上は撮れない・・・。

 ネットから顔と右手を出して、テン君に向かって手を振ってやった。テン君、びっくり仰天、枯れ枝を1本へし折り、5mほどの高さから地上へ飛び降りると、一目散に走り去った。
 どうやら、ネットは効果を期待してもよさそうだ。しかし、鳥さんが来ないことには・・・商売あがったりです。



 ネットはメッシュ地になっているから、一見風通しが良さそうに見える。しかし、実際は風などまるで通らず、40分もかぶりっぱなしでいると、暑いのなんの。メッシュのカメラマンベストを着ていても、全然涼しくないと、とうに経験済みだから、カムフラージュネットも同様と理解していた。しかし、やはり暑い。

 鳥さんか来ないので、ネットを脱いで片付けていたら、トンボが1匹す〜と飛んで来て、草に止まった。得意の望遠マクロ、2コマ撮影。そこで、このトンボ見知らぬややこしそうな奴と気付く。

 夜、トンボ図鑑をくくり、行きつ戻りつ、カワトンボ類を見るが、結局判断出来ず。翅の先端にある白い縁紋の形と位置からするとアサヒナカワトンボと言えそうだが、翅胸の黒い斑が図鑑の写真とは随分違うし・・・。
 もし、ニホンカワトンボの無色翅型の♀だとしたら、図鑑の分布図では、まだ分布していない地域で撮影したから・・・ひとつの発見となるが。
 トンボは難しいから、深く追究しないことにしよう。何だか分からないカワトンボとしておこう。



6月1日 今日はチョウ

ツキノワグマ  2013年6月1日  長野県

 今日はちょと、いやいや、かなりやばかった。谷の中でヤブサメの声がしたような・・・。道路の縁まで寄って谷をのぞき込んだら、熊と目が合ってしまった。その距離20m、いやもっと近かったかも。双方一瞬固まる。ほんの2、3秒間のお見合いだった。その数秒間に考えたのは、今日はやられるかも。やられるなら、一発でも三脚とレンズでぶってやろう、ただやられるのでは悔しいから・・・。

 しかし、熊君の方が譲ってくれた。熊君、体を反転すると一気に谷底へ走り下り、反対側の斜面を少し登って木の陰に入った。どうやら子連れではなかったらしい。これは救いだった。

 山の中でうろうろしていると、まれにツキノワグマと出会う。これまで50mは離れていたし、熊の方が先に逃げたので、逃げる熊のお尻を見送るだけだった。今日はものすごく近かったので、「じぇ!」なんて冗談を言う暇もなかった。

 熊君、谷の反対斜面から、こちらを見上げていた。葉が茂っているので上手く撮れなったが、1枚だけでも押さえなければカメラマンのメンツもある・・・なんて。動物カメラマンなら、もっと接近するだろうか。私はローカル紙で野鳥写真家とされているから、動物カメラマンのまねは止めて、超望遠で遠くからスナップした。



アサギマダラ  2013年6月1日  長野県

 今日も、鳥さんは全然撮れず。声を楽しんだけ。昨年は千鹿頭池で雑種ガモと遊んでいたので、鳥見には事欠かなかったが。低山は木々がしっかり茂ってしまい、もはや鳥見には向かない状況。今年はどうしよう。また雑種ガモに相手をしてもらおうか・・・。

 それで、今日はチョウにレンズを向け、鳥さんのお出ましを待つことに。得意?の超望遠接写。まずはアサギマダラ。時季を考えると多分南方から移動して来た個体だろう。さかんにイケマ(ガガイモ)?に産卵していた。

 少し山を下ってハルジオンの群生の横で杉林から鳥さんが出て来ないか待つ。ここにもサンコウチョウがいたと少し感激しつつ。
 里の水田の畦では、春のハルジオンから夏のヒメジオンに交代しているのだが、低山とはいえ高度は1000mほど、まだハルジオンが花盛り。花には鳥さんは来ないが、チョウは来る。だんだん鳥馬鹿度が薄れるような・・・。

 森林性のクモガタヒョウモンは里山が手入れされず、放置されているので、最近は増えているらしい。そちら方面の「凝り性人」から聞いたところに寄ると。



クモガタヒョウモン  2013年6月1日  長野県

ウスバシロチョウ  2013年6月1日  長野県

 ウスバシロチョウは松本平の山麓にはたくさんいる。行動がのんびりしているので、指でつまんで捕ることもできるほど。このチョウも増えているらしい。減る一方の里山の鳥さんに比べうらやましい存在。「凝り性人」から教わるに、氷河期の生き残りチョウと言われているそうだ。生き残り組のライチョウもウスバシロチョウのように普通に見られ、くわえて増えると嬉しいのだが。

 下の2匹の名前は分かりません。たぶんイチモンジセセリとカラスシジミだろうと素人考え。イチモンジセセリは稲の害虫だから農家の嫌われ者。子供の頃からそれは刷り込まれている。そのためか、セセリチョウを見ると、全部イチモンジセセリに見えてしまい情けない。

 シジミチョウは翅(羽)の裏側を見なければまったく分からない。おまけに地域で差があり、同じ種でも紋様や色まで違う場合もあるから、素人には識別が星4個のナンプレよりも難しい。

 トンボで、チョウで・・・まじ鳥さんに戻らないと、チョウを見ながら、サンコウチョウの声を聞きながら、少し焦りを感じた午後でした



イチモンジセセリ ?  2013年6月1日  長野県

カラスシジミ ?  2013年6月1日  長野県


5月分   ホームヘ 7月分