私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


6月分  8月分

7月31日 赤トンボ

リスアカネ ♂   2013年7月31日  長野県

リスアカネ ♂   2013年7月31日  長野県

リスアカネの♀かと思ったが よく見るとノシメトンボ ♀   2013年7月31日  長野県

ノシメトンボ ♂未成熟   2013年7月31日  長野県

イナゴ   2013年7月31日  長野県

 いやはや暑いですね。こんな時炎天下で鳥見をしていると、熱中症になりそうだから、今日は林の中の日陰でトンボ見をした。

 それにしても、この暑い夏、電気は足りてるんでしょうね?誰も足りないと言わないから、原発が止まっていても、猛暑日が続いても不足してないんだ・・・あの騒ぎは何だったんだ、木立の中でつい考えてしまった。

 昨年見かけた目玉の青いヤンマを探しに行った。たぶんマルタンヤンマかヤブヤンマだと記憶は言うのだが。残念ながら、真っ青な目玉は現れなかった。代わりに目玉の緑色のトンボがいた。例のタカネトンボだと思うが、確証はない。毎度、飛んでるトンボはドンぴしゃに撮れないので悔しさだけがまた残った。

 淀んだ真夏の大気の中で、秋の代名詞、赤トンボを見つけた。図鑑に寄れば出現期が6月中旬から10月だから、いても不思議はない。でも、もう少し涼しくなってから出て来てよと言いたくなる。

 腹の赤い♂が3匹いたので、当然♀もいるだろうと、らしいトンボを15匹ほど見たが、全部ノシメトンボだった。翅の先端が褐色のトンボは、リスアカネ、ノシメトンボ、コノシメトンボの3種で、いずれもほぼ全国に分布しているから、さして珍しくはない。トンボ専門家はそう言うでしょうが、初心者は3種の識別をするのも四苦八苦。ノシメトンボだけは分かるので、このトンがボノシメか違うか、そこから識別をスタートする。初心者ですからなんでもありの識別方法。

 リスアカネは、昨秋の赤トンボ探しでも見つけられず、雑記帳に初登場です。で、今日のトンボはリスアカネ♂。

 あの、青い目玉にもう一度会いたいと、リスアカネの♀にも会いたいと、後ろ髪を引かれながら帰りました。
 まじ、鳥見をしなくっちゃ。明日から8月だもの。シギが来るといいのだが、安曇野で見たいシギ、今の第一はヨロネン。

 

タカネトンボ? ♂   2013年7月31日  長野県


7月29日 あれから

バン  幼鳥   2013年7月29日  長野県 安曇野市

 暑い暑いと言いながら、もたもたしているうちに7月も終わりかかって。メジロガモやたくさんのトンボに救われた7月だった。
 雨なので、久しぶりにフィールドを回る。

 あれからの「あれ」は特定のある日ある時を指していません。「6月のある日」程度にお考え下さい。

 御宝田池のバンのヒナは、6月中旬に生まれたはず。孵化間もない頃から撮影が出来なかったし、トンボにかまけていたので、雑記帳にはこのバン子について書かなかった。トンボを撮りながら、ちらりちらりと姿は見かけていたが。
 久しぶりに見かけた。こんなにも大きくなったのかと驚くほど、成長していてr、雨など物ともせず頑張っていた。


バン  幼鳥   2013年7月29日  長野県 安曇野市

 同じく、ちらちらしか会えなくて、撮影もままならなかったマガモのヒナたち。7月16日にオオバンのヒナを撮っていたら、偶然目の前に現れた。そのときは7羽いたのだが、今日は5羽のグループになっていた。2羽欠けてしまったのか、もう独立して勝手に行動しているのか。ほとんど成鳥と同じ姿は、経過を知らない人が見ると、マガモの♀に見えるだろう。

 マガモが、安曇野の平地で、しかも白鳥の来る御宝田池で繁殖した証しの幼鳥達である。


マガモ  幼鳥   2013年7月29日  長野県 安曇野市

 御宝田池で6月中旬に孵化したカイツブリのヒナたちは、すでに親離れをしている。下の画像のヒナが、2回目の繁殖行動で生まれたヒナなのか、それともこ1回目のヒナなのかは、成鳥のカイツブリが数羽いるので分からない。
 手狭な御宝田池で、何組かのカイツブリ、バンがひと組、オオバンがひと組、カルガモが数組、マガモがひと組繁殖したのだから、なんともすごいことだと思っている。


カイツブリ   2013年7月29日  長野県 安曇野市

カイツブリ   2013年7月29日  長野県 安曇野市

 そしてメジロガモが来た遊水池。メジロガモ騒動の時は、まだピーピー鳴いて親から食べ物をもらったり、お尻をつつかれて独立を促されていたカイツブリのヒナも、すっかり大きくなり、独立していた。
 大きなドジョウを自分で捕まえ、しばらく苦戦したが飲み込んだ。鳥の成長は実に速いと改めて感じた。


 ギャラリーがほとんど来なくなった静かな池。越夏組のキンクロハジロ♂2羽とホシハジロの♀は相変わらず。メジロガモと共に去ったと思われるホシハジロの♂はついに戻って来ない。

 アヒルの「歌舞伎」と4羽のヒナは、犀川が増水したときに流されたのか行方不明になったまま。残った♂のアヒル「ジャイアント」と「のび太」は中州でカルガモに混じって昼寝三昧の日々を送っている。

 今日一番面白かったのは、何を考えたのか、カイツブリのヒナが、傷病コハクチョウ「のぶちゃん」とアイガモ2羽が寝ている場所へ上陸し、なんとアイガモの横で休憩モードに入った。始めはアイガモにつつかれて追われたが、懲りずに近づき、ついには並んで、あくびまでしていた。いっそ「のぶちゃん」の背にでも乗って休憩すれば、特ダネ物だが。
 下の画像の右下隅にあくびをしているカイツブリのヒナと寝込んでいるアイガモが写っています。


 アオダイショウに卵を食われてしまったオオバンのつがいは、メジロガモ騒動の時もラブラブだった。もう一度産卵するつもりなのか、ときどき2羽で巣に上がっている。

 そして、独立したヒナの親と思えるカイツブリが抱卵を始めた。カイツブリは、ひとシーズンに2、3回繁殖するとされているから、たぶん2回目の繁殖を始め、ただ今抱卵中なのだろう。この場所は、アオダイショウに卵を食われたオオバンの巣のすぐ近くなので、またアオダイショウにやられなければいいのだが。

 トンボの追っかけをしてあちこちへ出かけ、フィールドのチェック回数が減っていた。それで、久しぶりにヒナたちに出会い、彼らの成長の速さに改めて驚いた日でした。

 

抱卵中のカイツブリ   2013年7月29日  長野県 安曇野市


7月28日 カイツブリ ヒナは4羽

コオニヤンマ ♀   2013年7月28日  長野県 松本市

 千鹿頭池にこの夏もチョウトンボが発生した。常連さんの話だと、数日前から飛んでいるらしい。私も26日に1匹を見かけ、早速撮影モードに入ったが、見失ってしまった。今日の第1目的は、カイツブリのヒナの数。第2目的はチョウトンボ。

 昨夏もチョウトンボを撮り、雑記帳でも使った。しかし、今年ほどトンボに入れ込んでいなかったので、撮影した個体は全部♂だった。となれば、当然♀を見つけて・・・凝り性は止まらず。

 池の周りをうろうろ、チョウトンボが飛んでいたが、池の中央で撮れず。岸の方まで来るのを待っていたら、ヤンマがすぐ横の柵へ止まった。トンボの方からやって来る、そんなラブリィなヤンマはコオニヤンマか・・・撮りながら、何となく感じた。

 ちゃッちゃと撮影して、モニターで目一杯拡大して見る。胸の斑からコオニに間違いなし。デジタルカメラのモニターは便利だね、そう思いながら腹の先の方までスクロールした。先端部分を見て、はっとした。これは♀だ。これまで撮ったコオニは雄ばかりだった。と言う訳で、1種増えなかったが、今日のトンボはコオニヤンマの♀。


 

カイツブリの親子   2013年7月28日  長野県 松本市

 相変わらずカイツブリの家はヤナギ簾の奥で、風もない日だったから、ハッキリ見られず。画像で、親の背に3羽のヒナが乗っているのは分かるが。

 出会った写友が4羽いると断言したから、なんとしても4羽の証拠画像を撮らねば・・・。お休みタイムが終わり、お食事タイムになると、ヒナは水面へ降りるから、そのときが撮影チャンスと、アブラゼミの賑やかな合唱の中で待つ。ひたすら待つしかない。

 そしてお食事タイム。♀がヒナを乗せて池の中程へ出る。カイツブリの雌雄は識別出来ないが、なんとなく子供を背負った方が♀で、食べ物を運ぶ方が♂ではないかと想像。これって、偏見かな。

 下の画像、水面に降りている2羽が25日生まれ、背に乗っている2羽が26日生まれと推測出来る。生まれが1日の差しかないが、その1日の差で孵化から2、3日間はヒナの行動に目に見える差が出る。先に孵化た子はより活発に行動する。ともあれ、ヒナは4羽と確認出来た。


 そしてお食事タイムが来た。昨夏何度も見たから、ヒナが全羽顔を出すと分かっていたから撮りやすかった。ただ、遠かったので、画像は全部大きくトレミングしてあります。

 下の画像、何か棒のような物を運んで来た。こんなゴミのような物が食べられるのか・・・撮影しながら思う。夜、パソコンでピクセル等倍まで拡大したら、ゴミではなくクロイトトンボの♂だった。結局、ヒナは親が千切って与えた頭部と胸部だけを食べた。もう4、5日すれば、丸ごと食べられるだろうが、まだトンボまるまる1匹は無理らしい。小さな魚、それこそ爪楊枝程度の魚も、すぐさま飲み込めず、くわえたり、離したりする。その都度親が拾い上げては嘴移しに与える。これを何回か繰り返すと、魚が千切れて、ヒナは切れ端をごっくん出来る。

 生まれたてのヒナは、可愛らしい。見ていて、思わず笑えてしまうこともする。4羽とも元気で大きくなっておくれ。



7月27日 カイツブリ ヒナ誕生

カルガモの子?  「かも一」のヒナ   2013年7月26日  長野県 松本市

 千鹿頭池で2時間もカモたちを観ていると、何かしら新しい出来事を拾える。「かも一」と名付けたカルガモの親子、26日はヒナだけで親鳥はいなかった。ヒナはたった1羽で、ときどき親を呼ぶ鳴き声を上げながら池を回っていた。

 しかし、この子は実に元気、活発な子。水中へ潜り、底のヒシの実をくわえ上げた。潜水ガモのように見事に潜ったカルガモのヒナを始めて見て、喝采を送りたい気分だった。
 画像はヒシの実が食べられず「ペッ」した後に羽ばたいたところ。仮に、捨てられっ子になっても、この元気さなら一人(羽)で生きていけるだろう。

 カイツブリを撮影中、鳴きながらこの子が目の前を通った。カモが1羽もいない池の隅を。親を捜しているのだろう、胸に熱いものを覚えてた。頑張れ!かもっ子。


コフキトンボの♀に絡むシオカラトンボの♂   2013年7月26日  長野県 松本市

 池の縁を回ってカイツブリを見に行く途中で、ややこしいシオカラトンボの♂に出会った。何か勘違いをしたのか、シオカラ君はコフキトンボの♀にアタックをしていた。コフキトンボの♀は翅がだいぶ痛んでいたから「熟女」かもしれない。数回押さえ込み、つまり連結しようとして、そのつど♀に翅を振るわれ拒否された。ややこしくて、なんとも理解に苦しむことが起きる、自然界は複雑だ。


 今年のカイツブリの巣は、簾の向こうでどこから透かしても見えにくい。巣を造る場所がヤナギの下という共通点から、このカイツブリは昨夏もこの池で繁殖した個体だろうと推測する。昨年の経過はこのHPの「千鹿頭池物語7月」をご覧下さい。昨夏この池で繁殖したカイツブリはひと組だけ、この夏もひと組だけ。

 ヒナは25日に2羽孵ったとのこと。毎日観察している方から教わる。実は日数を数えて、そろそろだろうと思い池へ行ったのだが、1日遅れてしまった。

 下の画像は、風でヤナギの簾が開いた瞬間。巣にヒナが1羽と卵が1個ある。池の中程へ出ている親鳥の背に、25日生まれと考えられるヒナが乗っていたから、ヒナは全部で3羽か、4羽。数はまだ確認出来ていない。

 昨年は7月15日から1日に1個ずつ4日間かかって孵化した。昔、2日で5羽が孵った巣を観たから、4日もかかったのには驚いたが、今年は2日で孵化は完了すると、この時点で思えた。巣にいるヒナは、今日孵化したヒナか、25日生まれかは分からない。

 下の画像は15時27分に撮影。

 

 次の画像は15時46分撮影。残った卵が孵った。卵から出る瞬間は見落としてしまったが、20分間の間に孵化したと言える。上の画像と少し位置を変えて撮影している。風が止んで、簾は動かずで分かりにくい画像だが、卵の殻の横に1羽、親鳥の嘴の下付近に1羽(上の画像と同じヒナ)、親鳥の背に1羽が見える。


この後の経過は

15時47分 親鳥は巣へ上がり、孵化直後のヒナを温める。
15時56分 別の親鳥が魚を運んで来て、別のヒナに与える。
15時58分 親鳥は巣を離れ、孵化直後のヒナだけが巣に残る。
16時2分  親鳥再び来て、巣の手前で浮かんでいる。
16時4分  孵化直後のヒナ、這って巣の縁まで行く。
16時4分  孵化直後のヒナ、水に入り、親鳥の元へ行く。
16時8分  親鳥孵化直後のヒナを背に乗せて池へ出て行く。

 ほとんど孵化直後のヒナが、水に浮いている自分の所へ来るまで、親鳥は辛抱強く待っていた。ヒナは親鳥の背にはすぐに上がれず、親鳥の周りを半周し、ようやく背に乗った。孵化して1時間もしないのに、自力で泳ぎ、親の背へ登る。これが出来ないとヒナは生存出来ないのだろう。

 

撮影、16時25分

 ヒナ3羽までは確認、撮影出来た。水面に浮かんでいるヒナとこちらを向いているヒナは25日生まれの2羽だと思う。1日経てば、ヒナは親の周りを泳ぐようになるから。

 ヒナが3羽なのか、4羽なのかは、後日あらためて確認します。以下はおきまりの、ヒナに小魚を与えるの図です。

 しばらく、カイツブリのチェックに通いましょう。



7月26日 しろちゃんズ

しろちゃん2  2013年7月26日  長野県 松本市

 昨日、今日の2日間をかけて千鹿頭池でカイツブリのヒナが誕生した。たぶん4羽だと思う。今日、最後の4羽目が卵の殻から出たところを見た・・・と言う話は、明日に回します。明日は雨らしい、気象予報が言っているから。撮影に出られないから、今日の画像で明日書きます。

 今日は4羽の白い雑種ガモ、名付けて「しろちゃんズ」の識別ポイントを、誰でも識別出来るポイントを見つけようと、じっくり観た。しばらくは以下で識別出来ると思う。画像はすべて今日撮影したのものです。

 千鹿頭池の雑種ガモの家系図を作った。そのために愛称をたくさん付けたのだが。ただ、あまりにも雑種ガモが多くなったので、いまや名付けた本人も混乱しそうな状況です。

 白い4羽についてだけ系統を書くと

  おお婆さん(アオクビアヒルの♀)がそもそもの先祖。
    その子供と考えられる雑種ガモ 「A子(♀)」
      A子の子「しろちゃん(♀)」  同じくA子の子「バニラ(♀)」
        「しろちゃん」の子「バター」「マーガリン」
   つまり「バニラ」は「バター」と「マーガリン」の叔母 
 以上が、白い4羽の関係。

  「しろちゃん」と「バニラ」が2年差違いで生まれた姉妹なのかは、疑問が残る。ただ、たくさんの画像を見ると、2羽の親鳥は極めて似ている。というより同一に見える。これは、長く千鹿頭池で撮影している方とも見解が一致した。

 ややこしい話は置いて、4羽の識別について。ポイントは嘴の黒斑です。ただ、今年生まれの2羽は今後変化するので、斑が安定するまでチェックが必要。「しろちゃん」の頭部の黒い羽毛は右側だけにあり、換羽しても変わらずにある。他の3羽には頭部に黒い羽毛はない。


 「バニラ」の黒斑が一番多く、斑で識別が可能。
 バターは小さなほくろ程度の黒斑が現れた。今後黒斑は大きくなって行くと思える。「バニラ」もヒナの時はほとんど黒斑が見えなかったが、現在に至っている。おそらく「バター」もかなり黒斑が大きくなるだろう。あるいは、「バニラ」ほどになるかも知れない。
 「バター」は尾羽の1枚が黒い。これも識別ポイント。


 「マーガリン」の嘴にも黒斑になりそうな黒点が数個見える。ただ、将来黒斑が生じても、「バニラ」のようにはならないと思う。

 「しろちゃんズ」の今後が楽しみです。

 下は「五人組」の2羽。池では古株。おそらく「しろちゃん」の兄弟だと考えられる。そして、昨冬から今春の行動から「三郎」が「しろちゃん」の相手だと考えている。つまり「マーガリン」や「バター」「コーラ」の父親。(※ 「五人組三郎」の別名は「ガード君」)

 2羽とも、カルガモに見えますが、嘴の色がカルガモではない。画像では分かりにくいですが、背から上尾筒の黒い部分が緑色に光ります。緑色に光るのはマガモの♂の特徴で、カルガモは緑に光ることはない。


 雑種ガモやカルガモの密度が濃いので、ときどきトラブルが起きます。

 現在、非生殖羽(いわゆるエクリプス)に換羽中の個体が多く、初列風切が抜けていて飛べない。水田や河川に飛べない状態でいるよりも、池の方が安全とカモは考えるらしい。
 たとえば、5月以降行方不明だった「バニラ」が6月下旬池へ戻って来た。今、新しい初列風切が伸びている最中。下の画像の「コーヒー」も初列風切がない。
 風切羽がなければ、池から飛んで出られないので、カモが増え、密度が濃くなる。すると、トラブルも起きやすくなるのだろう。

 今日のいさかいは見ものだった。原因不明だが、「コーヒー」が突然「しろちゃん」のヒナの1羽(「顔ぐろ」)に馬乗りになって、どう見てもいじめ始めた。それを見た「顔ぐろ」と兄弟姉妹の「コーラ」が、猛然とダッシュ。「コーヒー」を追い払ってしまった。「コーラ」は気の強い子らしい。1歳のほぼ成鳥のカモを、生後1ヵ月半のヒナが追い払ったのだから、驚きだった。

 


7月25日 リベンジ、もう一歩

タカネトンボ? ♂  2013年7月25日  長野県

 20日の夜に発送した 1DX が、はるばる大分の修理センターから戻って来た。キャノンのHPでは1週間かかるとなっているので、今週は諦めていたが、思いの外早かった。ついでにセンサーのクリーニングもしてとメモを入れておいたら、ちゃんとクリーニングもしてくれた。キャノンさんに感謝。

 早速リベンジに出かけた。相手は、カラカネトンボ、ホソミモリトンボ、タカネトンボのどれかなのだが。ホソミだと超レアーなので、ラッキー!となるが。

 撮影を始めて30分ほど、いよいよばっちし撮れそうとの感触がわいたところで最悪な事態。今日は池に沈はしなかったが、一天にわかにかき曇り・・・「所によりにわか雨」の「所」にまたまた当たってしまった。上のひとコマ撮れただけで、リベンジ未だ成らず。

 図鑑をひっくり返してみるに、どうも、全国的に広く分布しているタカネトンボらしい。捕獲して腹部の先端を見なければ、初心者には判別出来ない。タカネトンボらしいとしておきます。


オオルリボシヤンマ ♂  2013年7月25日  長野県

 雨が降り出すと、トンボは隠れてしまうので、リベンジ成らず。中断ということにして、峠を越えて別の池へ。30分ほど走ると、お日様がぎらぎらの真夏が戻る。

 オオルリボシヤンマの♀は、1年前に雑記帳へ登場しているが、♂は初登場。池の上を飛び回る♂を600mmレンズに、1.4Xを付けて、マニュアルで撮ろうというのだから、かなり無茶な試み。しかし、この背景で撮りたかったので、無理を承知の腕試し。超望遠レンズを多用していると、背景がこのように撮れると想像出来るから。

 さんざん愚かと思えるチャレンジをしていたら、足元のミツガシワの中でごそごそと動くものが。何だろうと見ていると、マガモの♂が現れた。エクリプスへ換羽中で、風切羽が抜けてしまい飛べないのだろう、ミツガシワの間を縫って逃げていった。マガモくらいトンボも大きかったら、撮るのも楽なのに・・・しかし、カモほどのトンボがいたら、恐怖を感じて撮影どころではないか。

 

マガモ ♂  2013年7月25日  長野県

オオルリボシヤンマ ♂  2013年7月25日  長野県

 半逆光だとこんな感じ。翅のブレはまぐれ。ブレまでは計算してなかった。ちなみにISO(感度)3200。ISO10.000ほどにしておけば、翅も止められたと思う。そこまで考える余裕はなかった。まだまだ修行が足りません。でも、標本写真のようにばっちし翅が止まっているより、こちらの方が写真としては楽しい。ともかく、オオルリボシヤンマの♂ゲット。

 この池、今日はアオイトトンボがたくさんいた。6月12日に来たときには、エゾイトトンボはたくさんいたが、アオイトトンボは1匹もいなかった。トンボそれぞれの発生時期に差があるのだろう。6月、7月と自己流でトンボの勉強をして、覚えたことがたくさんある。この池でのエゾとアオの発生時期の差もそのひとつ。

 超望遠レンズを振り回していたら、とつぜん♀が飛んで来て産卵を始めた。これはラッキーと、レンズを70−200に替えて近寄る。

 産卵に夢中なのか、♀は近づいても逃げようとしない。しかし、♂がなぜかちょっかいを出しに来た。さかんに♀の上を飛び回ったり、♀の上へ降りようとする。どう見ても産卵の邪魔をしているとしか見えない。
 
 しばらく♂の行動を見ていて気づいた。この♂は、♀と交尾をしたいのだろうと。しかし♀は一切受け付けず、ひたすら水中へ腹を差し込んで産卵を続る。度胸のいい♀のおかげで、♂まで撮れた。♀に感謝しなくては。

 下の画像は、産卵中の♀を交尾のために押さえ込もうとする♂。♀は翅を振って拒否。


 ついに、♀は♂を振り払い逃げ出す。それでもしつこく♀を追いかける♂。


オオルリボシヤンマ 左♂ 右♀ 2013年7月25日  長野県

♂が飛び去ったので、産卵を続ける♀  2013年7月25日  長野県

7月23日 悪戦苦闘

オツネントンボ ♂未成熟 ?  2013年7月23日  長野県 松本市

 今日のトンボはオツネントンボ。困った時用の切り札。撮影場所は我が家の庭。ついに切り札を切ってしまった。成熟した♂は複眼背後が青くなるそうだから、まだ未成熟と思う。

 成虫で越冬し「越年」するトンボ。「えつねん」が「オツネン」に変化した。氷点下の低温にも長期間耐えられるトンボ。これは図鑑の受け売り。
 図鑑通り、春一番に庭に現れ、枯れ葉の時季にも庭にいるから、見知ったトンボ、馴染みのトンボ。ただ、どこで生まれるのか皆目分からない。それが悔しい。

 まだ見てない、あるいは撮影が出来ていない種を探しに行く。7月の半ば過ぎだから、そろそろイトトンボの季節は一段落してしまうのだろうかと思いながら。

 山の中の池へ行く途中、タマゴタケを見つけた。この赤色、派手なのですごく目立つ。美味そうなので、連れ帰って鍋に入れて・・・しかし、トンボ追っかけ中なので、撮影だけにした。

 今日は最悪だった。始めて行った池で、タカネトンボか、もしかするとホソミモリトンボか、全身が金属光沢で綺麗な緑色のトンボを見つけた。これは是非にも撮らねばと、水苔の上へ一歩踏み出したら、ズボッ!左足が膝まで沈没。両足を沈したら、抜け出すのに大変だったろうが、幸い右足は固い地面に残っていた。

 水が入り、ぐちゅぐちゅする長靴を履いたまま、緑色のトンボに挑戦するが・・・悪戦苦闘の末敗戦。7Dは感度が上げられないから、ブレブレ画像ばかり。種名の判定にも使えない画像ばかり。やれやれで2時間が終わった。

 すごすご帰るのも悔しいので、アマツバメを撮影に行く。ハリオアマツバメは何とかなるが、飛行速度が速いアマツバメは、やはりブレブレ画像しか撮れず。悪戦苦闘、ここでも実らず。

 今日始めて見たサンショウクイの行動にびっくり。サンショウクイが40羽ほどの群で飛んで来て向かいの山へ入った。至る所で鳴き声が、あのヒリ、ヒリ声がしていた。ちょうど渡りヒヨドリが群れて移動するときにそっくり。いい光景を見た。サンショウクイの渡りがもう始まっているのだろうか。


 水を飲みに来たハリオアマツバメの中に、明らかに幼鳥と分かる個体がいた嘴の元が黄色いところは普通のツバメと同じ。胸から腹にかけて成鳥は黒褐色だが、幼鳥は白い。上の画像の後、水飲みに失敗。水を飲めないまま飛び去った。ハリオの幼鳥も悪戦苦闘中らしい。

 下のような画像でアマツバメを撮ろうとしたのだが、無理難題か。全然うまく撮れなかった。この池が近くなら、毎日通うのだが。

 悪戦苦闘、いつか報われる日が来ると信じて、あの緑のトンボに再挑戦しよう。早く1Dxが帰って来て欲しい。感度が3200は欲しいから。



7月21日 違い現れる

ウチワヤンマ ♂  2013年7月21日  長野県 松本市

 1Dx に不具合があるとかで、リコールが出た。無償で修理するとキャノンのHPに。それを写友に教えられて、さっそく手続きを取る。黒猫が家まで取りに来て、しばし使い慣れたカメラとお別れ。
 今日から、もと使い慣れた7D を使用。なんとなくしっくりしないが、撮れることは撮れる。

 諦めが悪いので、メジロガモが戻っていないか見に行く。ホシハジロの♂も戻っていなかった。3日間戻らなかったから、諦めましょう。真夏の夢はお仕舞い。

 次にオオバンのヒナを見に行くが、池にはカヌーがぷかぷか。そもそも御宝田池は、釣りやカヌーをするという理由付けで許可を受け、河原の中に造られた人工池。白鳥が来るので、何となく白鳥の池になったが。そもそもの使用法て使われているのだから仕方がない。鳥見は諦め。

 そんで、困ったときはトンボか雑種ガモにお助けいただくしか道はなく、両方が叶いそうな千鹿頭池へ。本年、雑記帳に登場していないトンボを捜して池の端をうろうろ。捨てる神あれば拾う神あり。ウチワヤンマが止まっていた。普段は池の上を飛び回っているので、いると知っていても、撮れなかったやつ。拾ってくれた神様ありがとう。

 ウチワヤンマは♂に違いないが、胸の斑や腹部背面の三角に見える斑が黄緑色に近い。成熟すると黄色になるはずだから、これは未成熟なんだろう・・・初心者は必死で考えました。

 

ナツアカネ ♀(おそらく半成熟)  2013年7月21日  長野県 松本市

 トンボのついでに、アキアカネのこと。7月6日にアキアカネが佃煮にするほどいると書いたが、梅雨が明けて30度を超える日が続くと、1匹もいなくなった。あれだけの数が2、3日ですべていなくなるとは。ついでにノシメトンボやウスバキトンボもほとんどいなくなった。我が家の庭のノシメトンボもいなくなった。みな避暑のために高原へ移動したのだろう。もっとも我が家の庭にはモズがいるから、何匹かは食われた可能性もある。

 今日、やっとナツアカネを見つけた。アキアカネばかり見たので、もしかすると識別ポイントを間違えて覚えているのかと、なんども図鑑を見た。ついにはコピーを持参して現場で確認・・・初心者は必死です。ついにナツアカネに間違いなしを見つけて、一件落着。初心者はこんな事でも楽しくなれる。


雑種ガモ達  2013年7月21日  長野県 松本市

 千鹿頭池はカルガモと雑種ガモが30羽ほど入り乱れ、誰が誰やら分からない状況。それでも、記憶を掘り起こし識別。上の画像で同じ色の番号のカモは誕生日(年)が同じです。蛇足ながら、
 1 バニラ 2 コーヒー 3 ココア 4 色男しろ 5 色男バフ
  (3ココアと4色男しろはペアー )
 6 五人組一郎 7 しろちゃん 
 8〜13 しろちゃんの今年の子供(「しろちゃん2」)
  9 コーラ 11 バター 13 マーガリン

 そして、「しろちゃん2」の2羽の白いヒナに違いが現れました。毎日見ている方はさすが、違いを発見していて、教えて下さいました。これで白い2羽に名前が付けられます。

 ※ 「しろちゃん2」は「しろちゃん」と6羽のヒナを合わせた家族の名称。

 

「しろちゃん」と2羽の白いヒナ  2013年7月21日  長野県 松本市

バターの尾羽  2013年7月21日  長野県 松本市
 違いは矢印の先、わかりにくいですが、尾羽の1枚が黒色をしている。左は拡大した画像です。
 
 今後どのように変化するか見続けねばならない。次の換羽で白に戻ったりする可能性も考えられるから。それと、嘴に何となく黒斑が現れそうなので、次の違い、2羽の識別ポイントを見つける必要もある。

 昨年もずっと注目していた、初列風切が左右で違う「色男バフ」は、しっかり初列の違いを残していました。これで、幼羽(第1回冬羽)、生殖羽とも初列の色は代わらないと分かりました。どうでもいいことですが、鳥馬鹿には楽しいデータがひとつ増えました。
 

「色男バフ」 生殖羽  2013年7月21日  長野県 松本市

 たくさんカモがいると、原因不明の争いがたまに起きます。あるいは、ヒナを別のヒナが追いかけたり。バターは結構おてんば(たぶん♀だろうから)で、下に出てくる「かも一」の小さなヒナを、3回も追いかけ回した。バターはいじめっ子かも知れない。

 下は「コーヒー」とカルガモが争って、「コーヒー」が羽を1枚引き抜かれたところ。何をやってんだ!と見ているのは「色男バフ」。この争い、始めは「コーヒー」が優勢だったが、羽を抜かれたときから形勢逆転。カルガモが「コーヒー」を追い払った。

 

争うカモ  見ているカモ  2013年7月21日  長野県 松本市

 ヒナを1羽だけ連れたカルガモが現れた。数日前から池にいるらしい。ヒナの換羽状況や体の大きさから、一番下の画像の「かも八」より1週間ほど遅く孵化したと推測できる。さっそく「かも一」と名付けられた。

 このちびちゃん、なんども他のカモに追われていたが、しっかり他のカモに混じって採食していたから、元気者らしい。踏まれる麦は強くなるのたとえ。このちびちゃん強いカモに育ちそう。

 「かも八」は始めヒナを8羽連れていたので「八」なのだが、現れて10日ほど後、3羽のヒナが行方不明になり、ヒナは5羽に減った。以後5羽のまま育っている。

 とにかく、千鹿頭池のカモたちを観ていると、何かしら事件が起きたり、何かしら説明不能な事が見つかったり・・・飽きません。珍鳥も去り、シギの渡りにはまだ早いので、しばらくは雑種ガモ他に遊んでもらいましょう。


「かも一」 親子  2013年7月21日  長野県 松本市

「かも八」 親子 左下が母親  2013年7月21日  長野県 松本市


7月19日 メジロガモ君消える

アオサギ  2013年7月19日  長野県 安曇野市

 朝、写友から連絡が来た。メジロガモが見当たらないと。私が質問する。キンクロハジロとホシハジロはいるかと。それもいない、いるのはマガモだけ・・・。
 30分後、別の写友からもメジロガモがいないと連絡が来る。

 午後からフィールドを回る。まず池へ行く。連絡通りに、マガモ以外のカモたちはいなかった。

 キンクロもホシハジロもいないということは、あくまで推測だが、カモたちが休んでいる池の奥の方へ人間が近づいたのでは。そうでない限り、キンクロもホシハジロも一斉に消えることはない。

 前に釣り人が入ったときに、彼らが一斉に犀川本流へ飛んで逃げたから、今回も人間が近づき過ぎたのではと考えるのが普通。メジロガモがホシハジロと行動を共にしていれば、やがて戻るはずだが・・・それが一縷の望み。前もキンクロとホシハジロは半日ほどで戻ったから。

 フィールドを一回りして夕方4時近くに再度池へ行く。キンクロ2羽とホシハジロの♀は戻っていた。しかし、ホシハジロの♂とメジロガモは戻っていなかった。メジロガモは飛び去ったのだろうか。ホシハジロの♂と一緒なら、戻ることも考えられるが。ホシハジロの♂は、たまに2、3日姿を消すことがあるので、もしかすると明日の朝戻っていて、メジロガモが後に付いていれば共に戻るかも・・・ものすごく淡い期待。

 メジロガモは8日に現れ、18日まで12日間もいたから、珍鳥の逗留期間はこんなものとも思う。始め、ギャラリーは慎重に行動するが、やがて様々な人が来るようになると、中には勝手な行動をする方も現れる。ゲッっと思うような行動をする人も現れ・・・珍鳥は飛び去る。ままあるパターン。

 メジロガモ君、池に馴染んでいたから残念。わたし的にはホシハジロ♂の換羽がじっくり見られると思っていたので、特に胸の黒い部分がどう変化するか見たかったので、ホシハジロも消えるなら、そちらも残念です。

 河原に、子育中のオオヨシキリがいた。少々遅れ気味と思えるが。それとも2回目なのだろうか。それなら指折り数えると今頃でも不思議はないが。ヒナが1羽しか見えなかったので、もしやカッコウではないかと真剣に見た。しかし、もう1羽がヨシの葉陰にいたので、夢はつかの間で終わった。

 明日の朝、メジロガモが戻ったと連絡が来るとよいのだが。


オオヨシキリ  2013年7月19日  長野県 安曇野市


7月18日 皆元気です。

今日のメジロガモ君  2013年7月18日  長野県 安曇野市

 メジロガモがまだいるか、チェックに行く。もうブームが去ったみたいで、見物人はパラのパほど。私が着いた時は一人だけだった。メジロガモ君は相変わらず。元気で何より。ずっと逗留し続けて欲しい。チェック時間は30分ほどだったので、今日はおすまし顔の画像を撮っただけ。

 遠くから来たお兄さんが、撮影出来ずに困っていたので、ちょっとだけノウハウを教えた。

 三脚を目一杯伸ばし、大きなレンズを担いで池の周りをうろうろしたら、鳥は逃げる。そんなことも分からないのか、だいたい誰も入らない草地にまで入ったら、絶対にメジロガモ君は寄って来ない・・・怒りたかった。
 
 しかし、わざわざ遠くから来たのに気分を悪くして帰るのも気の毒だから、慇懃に車の中から出ないで、30分待てば、15mの距離まで来ると教える。こういう風に、ここにと、私の車を止めて説明。

 メジロガモ君20分で近くへ来た。お兄さんいっぱい撮れたと思う。移動する私に、盛んに頭を下げていたから。


オオバン親子   2013年7月18日  長野県 安曇野市

御宝田池は、今はこんな環境です。まもなく、水面のほぼ全面がヒシで覆われます。

 オオバンのヒナは生後3日目。一人っ子なので、親鳥が付ききりかと思ったが、案外ほったらかしで。移動するときは、親鳥だけが先にスィ〜と。後からヒナが必死で追いかけていた。これも生活訓練の内なのか。ヒナも元気で何より。


1羽だけで残されたオオバンのヒナ   2013年7月18日  長野県 安曇野市

トンボを見せて誘導しているオオバンの親鳥   2013年7月18日  長野県 安曇野市

 画像を省略しますが、シオカラトンボを捕獲した親鳥が、まず親鳥同士で受け渡しを何度もする。これって求愛行動ではないかと見ていたら、片方の親鳥がヒナの目の前にトンボをちらつかせ、先へ先へと泳ぐ。食べ物で釣ってヒナ誘導していると見えた。ヒナは懸命に親鳥の後を追って泳ぐ。

 巣のあるウキヤガラ(たぶん)の群生までヒナを誘導して、やっとトンボを与えた。ウキヤガラの林の中にいれば、ヒナは安全だからだろう。それにウキヤガラの茎に昆虫がいて、それを捕らえてヒナに与えるので、林の中にいると便利なんだろう。

 それにしても、カイツブリのヒナに比べると、生後3日目でどんどん泳いで移動し、大きなトンボを食べ・・・オオバンのヒナは随分とたくましい。

 トンボを食べる我が子を見て、「おいしい?」と見つめる親鳥・・・何んて説明を付ければ、そう見えてしまう、ちょっと微笑ましい光景。


シオカラトンボを食べるオオバンのヒナ   2013年7月18日  長野県 安曇野市

 下は大トレミング画像。ウキヤガラに付いていたヒラタアブを捕らえ、ヒナに与えている。ヒナの虹彩はグレー。これが赤くなるのだから不思議。


オオバン親子   2013年7月18日  長野県 安曇野市

 親鳥が揃って羽繕い。水浴びをしたり羽ばたいたり。ヒナも一丁前に羽繕いのまねごとなどして、なかなか逞しい。泳ぐだけかと思っていたが、3日目にして、ちゃんと陸へ上がり歩く。足元が石ころだらけでも平気で歩く。1回だけこけたが。なかなか逞しいではないかと感心した。

 今日はマガモの親子は現れなかった。ウキヤガラの林の中に潜んでいたのか、それとも池から流れ出る川筋へでも出かけたか。
 代わりにカルガモの親子が現れた。現在ヒナが5羽の家族と7羽の家族がいる。画像は7羽の家族です。カルガモのヒナも合わせて12羽も欠けることなく元気です。

 

カルガモ親子   2013年7月18日  長野県 安曇野市


7月16日 初記録!

オオバン ヒナ  2013年7月16日  長野県 安曇野市

 ついに、安曇野初記録!ちょっと自信がないので、「たぶん初記録!」。前にも触れましたが、メジロガモのいる池と御宝田池の両方でオオバンがほぼ同時に営巣を始めた。両方とも孵化に成功して欲しかったが、片方はアオダイショウにやられてしまった。御宝田池の方は成功、今日1羽だけだが、ヒナが誕生した。目出度し、目出度し。

 8時過ぎ、写友、アオダイショウがオオバンの巣を襲っている現場を目撃した写友から電話が。
 「オオバンのヒナが出ました!」
 若人は元気です、朝から鳥見とは。私は連日の炎天下での鳥見で、午後だけ鳥見なのにバテ気味。

 松本盆地では見られなかったオオバンが現れたのは、1960年代の中頃らしい。私は当時鳥見をしていなかったので、これは大先輩の著書の教え。

 その後、コハクチョウが越冬するようになり、多数のカモも越冬するようになると、オオバンもぱらぱら見かけるようになった。現在は、たくさんのオオバンが越冬していて、図々しくも?他所同様に白鳥の給餌場で陸へ上がるようにまでなった。これは冬季の話です。

 オオバンは諏訪湖ではすでに数年前(と思う)から繁殖している。
 しかし、オオバンが真夏に御宝田池で生息したのは、私の記録では昨夏からである。たぶん安曇野で越夏するオオバンが現れたのは昨夏が初だと私は考えている。

 昨夏、繁殖をするのではと期待して、何度もチェックしたが、ついにヒナを確認出来なかった。繁殖はしなかったと思う。

 この夏、2羽ずつ、つまりふた組のつがいが、それぞれの池で越夏しているので、今年こそ繁殖するのではと、チェックをしていた。
 6月始め巣材を運び始めたので、繁殖は確実だろうと確認。いつから抱卵を始めたのか分からなかったので、孵化予定日を7月1日としてチェックしていた。結果、予定日は15日もずれてしまったが。

 こんな経過で、安曇野、つまり松本盆地で初記録のヒナが誕生。つまり、繁殖を確認したとなりました。

 

オオバン 親子  2013年7月16日  長野県 安曇野市

 (手前に生えているヨシがかぶったので、色がすこし緑がかっています)

 安曇野では以前からマガモが繁殖している。繁殖は水田の中がほとんどで、小さなヒナを見かけるチャンスはとても少ない。まして、撮影はとても、とてもの状況。
 6月中頃、ちらりと御宝田池でマガモのヒナを見かけた。レンズを用意している間にヨシ原へ消えてしまい、撮影のチャンスを逃す。

 草の陰から出て来るオオバンのヒナを待っていたら、大きくなったマガモの幼鳥がおっかさんに連れられて不意に現れた。
 レンズのにらみを、おっかさんは気付き、幼鳥に小声で警告。下はおっかさんの警告声で遠ざかる5羽の幼鳥。中には、よそ見をするきかん坊もいて。


マガモ 親子 (一番右が親ガモ)   2013年7月16日  長野県 安曇野市

 そして、マガモの親子はオオバンの親鳥と遭遇。双方の親鳥とも相手を牽制、威嚇し合うが、オオバンが迫力勝ちで、マガモの♀を追い払った。
 たいていオオバンの方がカモを追い出す。メジロガモを追いかけるのもオオバンだけだし。

 真っ赤な頭部で、派手なヒナ。一人っ子なので、是非とも成鳥になるまで頑張って欲しい。この赤い頭部、やがて白に変わるから、それも見ものです。



7月15日 今日もまた

メジロガモ ♂  2013年7月15日  長野県 安曇野市

 今日もまたメジロガモに会いに。用事を済ませたら、午後2時近く、時間がちぎれ雲みたいに半端になってしまった。トンボ追っかけもにも時間が足りず・・・さりとて、近間のこれという鳥さんも思い浮かばず。メジロガモ君がいてくれ、助かります。

 伊那谷へ豊岡で放鳥したコウノトリが来た。J0048、1歳の♂。昨日行方が分からなくなったらしい。たぶん、3月に飛来した「えっちゃん、J0016♀」と同じコースを辿るだろうから、時間があったら白馬村まで行ってもよかったが。

 J0016とJ0048は親鳥が同じ(J0001♂ x J0362♀)だから、姉と弟の関係。姉弟同じような行動をするのだろうか。ちょっと興味がわきそう。

 メジロガモも、後ろに写っているマガモの雄のように、はっきりした換羽なら分かりやすいのにと思う。


ギンヤンマ ♂  2013年7月15日  長野県 安曇野市

 とくだん事件も起きず、平和だった。メジロガモが彼方で昼寝を始めると、ラブラブをしているオオバンを撮るか、カイツブリの親鳥が大きなドジョウをくわえて運ぶ様を撮るか・・・少々退屈。今日は目の前を飛ぶギンヤンマを撮るのが流行していた。

 だめなんだ、ちゃんとメジロガモを観察しなくてはと思うが、なにせ寝ているメジロガモは何の変化もなく。

 例の水中から浮かび上がる瞬間の撮影。なかなか難しい。真横からの姿を撮りたいが、希望通りには浮かんで来ない。チャレンジあるのみと思っているが。

 今日撮った出来のよい連続写真を下に揚げます。これを真横から撮りたいと、また明日もチャレンジするでしょう。しかし、メジロガモの、海坊主スタイルを撮ろうなんて、ほんと物好き。たぶん物好きは私だけでしょう。ほんとに暇人だから。



7月14日 愛 再び・・・

愛を語る?オオバン夫婦   2013年7月14日  長野県 安曇野市

 この池、農業用水が一時的に溜まる、まぁ、遊水池と言えばいいだろう。用水は、水田の間を流れてからこの池に入る。今日は、どうも水田の畦で草刈りをしたらしい。雑草のクズが流れ込んで、ゴミだらけだった。緑色のゴミだらけの水面も、振り返れば、夏に撮った画像という証拠、というか、思い出になるだろう。

 諏訪の写友と電話で話したら、諏訪湖でオオバンのヒナが出たそうだ。この池でも、うまくしたら、そろそろ孵化だった。安曇野初記録の予定だったが、憎っくきアオダイショウの食欲に夢は破られた。

 卵を食われたオオバン夫婦、少し同情していたが、このところ、メジロガモを追いはらうので、同情は薄れ、少し憎たらしさを感じる。ローカル弁で言えば「ごうさわく」の心だ。

 オオバン夫婦、また、ときどきラブラブを見せつける。いわゆる求愛行動と呼ばれる仕草。しっかり夫婦なんだから、今さらと思うが、この行動をすると、やがて、愛再び・・・産卵、抱卵再びとなる(はず)。またヒナ誕生を期待してもいいだろうか。


 メジロガモ君、オオバンが休憩している様子を見て、同じ倒木へ止まり休憩する。右のオオバンが止まっている場所へ、オオバンがいないときに上がろうとしたが、失敗した。枝の上まで上がるのは苦手らしいと勝手に推測する。潜水ガモはあまり枝に止まって休むことはしないから、メジロガモも同じなのだろう。

 こんなにオオバンに近づいて大丈夫かいと見ていたら、案の定オオバンに追い出されてしまった。メジロガモの枝に止まる珍しい画像がたくさん撮れそうだったのに、やはり、オオバンめ「ごうさわく」。


 炎天下で、今日は曇りがちで随分と楽だったが、それでもヒーヒーいいながらメジロガモが近くへ来るのを待っていると、横の看板の上で、たぶんいつものスズメが、笑ってた。暑いのにご苦労さんなことでと。君も、ぜいぜいハァーハァーで暑そうだね。


 おすましスタイルのメジロガモの画像はいっぱいあるので、水中から出るところを何とか撮りたいと・・・暇人の考えること。顔の半分出た瞬間を撮りたいが、これは難題。今日は、首から上までが精一杯だった。でも、そのうち何とかなるだろう。メジロガモ君さえ居続けてくれたら。(奥は換羽中のマガモ♂)

 

 何かに驚いたときと、池の奥の方へ移動するときに、たまに少しだけ飛ぶ。水面を走り、少しだけ飛んで降りる。今日の夕方にも、ホシハジロの♂と一緒に奥へ向かって飛んで行った。その場所で、今夜はお休みとなるのだろう。

 メジロガモが飛び始めると、ドキリとする。これで別れとなるのでは、そんな思いが一瞬よぎるので。今日で滞在1週間になった。今のところ、この池が気に入っている様子なので、別れはないと、まだ10日以上はいてくれるだろうと希望を持っているが。ある朝、いなくなっている・・・それは、じゅう分に起こることだから。たいてい別れはそんなんだから。なるべく長くいて欲しい。出来たら冬までいて、換羽の変遷を見せて欲しいものだ。



7月13日 メジロガモ君 今日も元気でした

たそがれ時   2013年7月13日  長野県 松本市

 このところ、夕焼け空も、黄昏れ行く空も見ていない。ちょうど、おさんどんをしている頃に暮れて行くので、赤く染まる台所の窓ガラスを見て空を想うのが関の山。

 久しぶりに夕空を見た。三日月が綺麗だった。でも、お月様は3個もあった。老眼プラス乱視なので、シャープな三日月様はもう私の目では見られない。それで、カメラで撮影してディスプレーでお月見をする。たそがれ時、しんみりする、ちょっとだけ。


「のぶちゃん」とメジロガモ   2013年7月13日  長野県 安曇野市

 トンボを見に乗鞍高原まで行く。ところが、トンボの種がたくさん見られる「まいめの池」が干上がっていた。なんということ。この連続する暑さが原因なのか。当然トンボはいない。やれやれ無駄足と、次の池へ回ろうとしたら、雨が来た。例の「所によりにわか雨」の「所」をまた選択してしまった。50分もかけて来たのに・・・ときには、こんな事もあるさ、今日はついてない日・・・仕方がないので50分かけて下る。

 そのまま家まで帰るのも悔しいから、平野へ出てからもうひとつ池をチェック。見えたイトトンボはクロイトトンボだけ。今日はついてない日。

 それでも帰るのは悔しいから、16時過ぎにメジロガモの池へ行く。写友が頑張っていた。

 話は昨日の「ワニ」の正体は「カメ」の続きですが、写友がこれが証拠と画像を見せてくれた。確かに大きなミシシッピーアカミミガメで、20cm以上はあったと写友は言う。こんな大きなカメは、これまで御宝田池にはいなかったから、誰かが放り込んだのではと推測する。困ったものだ。

 メジロガモ君は、池に十分慣れた様子。単独で泳いでいた。学習能力が旺盛で、賢いやつのようだ、と勝手に想像している。

 傷病コハクチョウ「のぶちゃん」のために撒かれ、水底に沈んだくず籾を、カルガモ、マガモ、ヒドリガモ、ときにはキンクロハジロも食べるが、それを見てしっかり学習したと思える。他のカモ同等に潜水しては「のぶちゃん」のおこぼれを食べている(と見える)。

 オオバンに嫌がらせを受けさえしなければ、食糧事情は十分だから、メジロガモ君しばらくはこの池に居着くだろうと思っている。希望的推測と言われれば、その通りだが。


メジロガモ ♂  2013年7月13日  長野県 安曇野市

 上は、普通にしている状態で、下尾筒の白い部分が大きく見える。ところが、潜水し食べ物を捜し、採食している間は、ずっと下の画像のように下尾筒の白がほんの少ししか見えなくなる。尾羽を下げた姿勢を続けている。
 ほぼ毎日見ていて、見えた特徴。つまり、下尾筒の白い部分の大きさ云々は、メジロガモがどのような行動中なのかによって変わる。


 上は潜る瞬間。下尾筒の白い部分はまるで見えない。下は潜る瞬間を腹方向正面から撮った画像。確かに下尾筒は白い。
 
 つまらない?ことに感心して、でも、これも毎冬見られる光景ではないし、もしかすると生涯今回限りの出会いの可能性もあるから、なんでも楽しんでしまうのがよろしいのではと。


 潜るとき、嘴が水面につく瞬間は腰や尾羽がこれほど沈んでいない。それで、潜るところか、水面に浮いている何かをくわえようとしているところか、見分けにくい。
 上の画像ほど嘴が水中へ入ると、腰を沈め、おそらく脚で水を蹴る直前と思える体勢になるので、潜る瞬間と分かる。

 下は背の色をなるべく忠実に再現したつもり。後々、何かの参考になるだろう考え。

 メジロガモ君は、今のところ愛想がよく、静に待っていれば、20mほどまで来て、潜水をしたり、羽ばたいたりしてくれる。この関係が長く続くとうれしいですね。



7月12日 メジロガモ君は元気です

クロイトトンボ ♂(未成熟)    2013年7月12日  長野県 安曇野市

 書かねばならないことがたくさんあって、長くなりそうです。

 まず、6月25日に御宝田池で「ワニ」みたいな目玉と鼻を見たと書きました。写友が粘って撮影し、正体は大きなミシシッピーアカミミガメだと証明しました。撮影した画像をまだ見ていませんが、カメが目一杯首を伸ばしたときに、6月25日の画像、一見ワニみたいに見える状態になったそうです。どうも、ご苦労様でした。そして、私のくだらない雑記にお付き合い下さりありがとうございます。

 次は、メジロガモ関連で、何人もの方から、情報ありがとうと、御礼の言葉を頂きました。御礼を頂くほどのことはしていませんので、恐縮の至りです。
 ともかく、第1発見者(識別者)として、珍しいカモなので、安曇野周辺の鳥好きの皆様には見ていただきたいと思い、信濃毎日新聞さんに協力をお願いしました。

 私の尊敬する、安曇野で50年も鳥見を続けていらっしゃる大先輩にご覧いただけたので、私の役目は果たせたと思います。

 なお、9日にメジロガモと識別し、珍鳥だと情報を発信したのは私ですが、8日に「白鳥かあさん」がお尻の真っ白な変なカモがいると見ていたそうです。そのときは、変なヒドリガモと思ったそうです。識別はお出来にならなかったが、メジロガモを8日の早朝に見ているので、「白鳥かあさん」が第1発見者です。

 オオバンの卵を泥棒したのは、アオダイショウと分かりました。本日の早出を私がサボったので、写友がせっかくプリントを持参してくれたのに、見られませんでした、写友にはごめんなさいです。
 そのプリントを見た別の写友が、間違いなくアオダイショウだと言っていました。

 それから、昨日アオダイショウが再び現れ、オオバンが横で大騒ぎしたそうです。アオダイショウにも生きる権利はありますが、次回私が出会ったら、しっぽを踏んづけてやろうと思います・・・ちょっと人倫、いや自然好き人間道から外れますが。

 次はトンボのこと。松本盆地と周辺で見られるイトトンボで、まだ未撮影のトンボは、オオイトトンボ、オオアオイトトンボ、キイトトンボ、アマゴイルリトンボです。アマゴイとの出会いは超難関、珍の度合いはメジロガモと同じくらいと私は思っているので、ほとんど諦めている。しかし、オオイトトンボは何とかなるだろうと、今日も捜した。

 そこで、今日のトンボ。どうと言うことはないクロイトトンボの兄ちゃんなのですが、オオイト、オオイトと念じているので、クロイトがオオイトに見えてしまい・・・よ〜く見ると、なんだクロイトか・・・。画像を捨てる前に、せっかくだから雑記帳に使おう、他に新種のトンボを見つけられなかったので。


オオバンのつがい   2013年7月12日  長野県 安曇野市

 オオバンが求愛行動と思える行為をした。2羽が向き合い盛んに首を振り合う。それから、♂と思える個体(左)がくわえているものを水面へ落とし、♀と思える個体(右)が拾い上げて食べた。もう一度産卵するだろうか。少し期待が膨らむ。今度抱卵を始めたら、キジの夫婦に救援依頼をしよう。アオダイショウと対決してもらうために(これ冗談)。

 オオバンとメジロガモは食べるものが同じと思う。食料を巡って競合関係になる。そのためか、オオバンはメジロガモを追う。

 メジロガモが潜水していると2羽で近づいて圧力をかけ、メジロガモを追いやる。メジロガモは衝突を避けて遠回りをして再び戻る。こんな行動を繰り返した。みんな仲良くとは行かない、それぞれが利己的な行動をするのも自然だから仕方がない。オオバンの嫌がらせ!は続くと思える。
 
 下は眼を付けるオオバンとオオバンを避けて泳ぎ去るメジロガモの画像。その下はメジロガモを追い立てるオオバンの画像です。


眼を付けるオオバン    2013年7月12日  長野県 安曇野市

メジロガモを追うオオバン   2013年7月12日  長野県 安曇野市

菱の実?を底からくわえ上げたメジロガモ   2013年7月12日  長野県 安曇野市

 ヒシはこの池にはない。実があるのは、御宝田池から飛来したカモが体に付けて来たと思える。
 ヒシを池の底からくわえ上げた様子は、1月に琵琶湖で見たアカハジロが盛んにしていた行動と同じだった。なるほど、目が白い2種は、同じ事をすると見た。結局ヒシの実は水中へ落としても拾いに潜らなかったので、食べなかったのではと推測。水中で食べていたら見えませんが。潜水時間は長くて15秒ほど。

 関東からおいでの方が、おっしゃるには、にメジロガモを見るのは10数年ぶりとのこと。その方、エクリプスと聞いて来たが、ほとんど生殖羽に近いとの見解。エクリプスとわめいたのは私なので、恐縮。この雑記で綺麗なエクリプスなんて書いてしまった。すこし判断ミスをしたかもと思っています。この点については、皆様の見解をお伺いしたいところです。

 メジロガモ君は環境に慣れて、単独行動をしていた。10日はまだホシハジロの後ろについていたが、今日は休憩するときだけホシハジロとキンクロハジロがかたまって休憩している中に混じったが、そこから単独で採食場所までやって来るまでになった。

 緑色の水面を泳ぐメジロガモ、なかなか色合いがマッチして綺麗です。水面に浮かんでいる黄色い枯れ葉は、周囲に生えているニセアカシヤの枯れ葉です。



7月11日 初記録は・・・

オオバン    2013年7月10日  長野県 安曇野市

 珍鳥の出現で、期待していた初記録とは別の初記録が生まれた。メジロガモ君には感謝だが、期待していたオオバンの繁殖は延期になってしまった。

 実は、の話になりますが、メジロガモをみつけた9日より前、8日からオオバンは抱卵をやめてしまい、つがいが揃って池で採食していて、全然巣に上がらない。経緯が分からず、キツネか蛇に卵を食われてしまったか、人間が狼藉をしたかと疑っていた。

 写友と話していたら、その話題になり、オオバンが巣で大騒ぎをしている場面を撮ったと、その画像にハッキリとは分からないが緑色の「もの」が写っているとのこと。画像をプリントしてもらい、正体を突き止められるか検討することに。

 現段階では、おそらく、アオダイショウに卵を全部食われてしまったと推測する。付近には2mを超すアオダイショウが数匹いるから、起こりえる事態です。これで、この池での安曇野初記録、オオバンのヒナ誕生は延期となりました。残念です。御宝田池でのヒナ誕生はまだ期待が続いていますが。


オオバン    2013年7月11日  長野県 安曇野市

コオニヤンマ    2013年7月10日  長野県 安曇野市

 小顔で足長のコオニヤンマの美人(?)のねえちゃん(♀)が、メジロガモ君を撮ろうと籠もっている車の周りを飛び回る。やはり、気になってしょうがない。止まる先々を目で追っていたら、ビロードモーズイカに止まった。なかなか色艶のよい光景なので、やっぱり浮気をしてしまった。この池に来ると、毎回見かけるし、先日はハクセキレイに1匹食われたし、コオニヤンマの繁殖地(産地)なのだろう。


カルガモを追う メジロガモ ♂   2013年7月11日  長野県 安曇野市

 メジロガモ、少し池に慣れたようで、カルガモを追い払ったり、若干自己主張を始めていた。それでも、苛立っているオオバンに追いかけられて逃げていたが。

 ギャラリーが行き過ぎた行動をしなければ、メジロガモ君しばらくは留まりそう。この池は狭いけれど、なんとなくメジロ君の好みに合いそう、とは、鳥馬鹿の勝手な推測だが。

 今日も3時間ほど見ていた。2時間ほどはメジロガモ君は遠くで寝ていたので、正味1時間も間近で観察とはいかなかったが。

 1%の疑いのために、あれこれ考える。世間様にはメジロガモの♂としてしまったが、果たして?メジロガモ x アカハジロの可能性は?頭部に緑色の光沢が見られないから、この交雑個体ではなさそうだが。しかし、交雑個体の7月における羽衣の色なんて、考えても分からない。

 昨年の暮れから今年の2月にかけて、関西でメジロガモが出た。別に、アカハジロ x メジロガモの交雑個体も出た。その画像をネットで見る限り、安曇野の個体も純粋メジロガモでいいと思う。

 鳥旱の時季に、緊張感を持たせてくれるメジロガモ君に感謝なのだが。君も迷子だから可愛そう。

 この池、飛べないコハクチョウ「のぶちゃん」に、飛べるのに帰らないキンクロハジロの♂2羽に、ホシハジロの♂1羽に、皆さんお気づきにならないようですがマルガモが1羽、2回目の夏を迎えたアイガモが2羽と、なんだか、ややこしいカモたちの吹き溜まりみたい。そんな状況の池を鳥馬鹿は大好きなんですが。

 ようこそ、吹き溜まりへメジロガモ君と言ったところか。



7月10日 珍鳥!!その2

メジロガモ ♂ エクリプス   2013年7月10日  長野県 安曇野市

 久しぶりに朝駆け。と言っても、目が覚めたら5時半だったから、お日様は高く昇っていたけれど。

 昨日のメジロガモ、真夏の夜の夢だったと、明け方に夢を見てしまった。メジロガモだと真剣に見ていたら、だんだんキンクロハジロの♀に変わった・・・やな夢。それで5時半に目覚めてしまった。

 昨夜1時過ぎまで雑記帳の第2部を書いていたから、目がしょぼしょぼ・・・。起きてしまったから、暑くなる前に、メジロガモが夢か幻でないと確認しに行こうと思い立つ。

 日本の図鑑にはエクリプスの写真やイラストはないが、愛用のコリンズの図鑑にはしっかりイラストが載っている。下尾筒の白い部分が大きいのは♀と♂のエクリプス。図鑑を現場へ持参。ゆっくり実物と見比べる。こんな比較が出来るのも、生涯ただ1度の経験になりそう。メジロガモ君、図鑑通りの色をしていた。いやいや図鑑が忠実なイラストを載せていたと言うべき。

 図鑑持参云々とくどいですが、99%メジロガモと信じつつ、交雑個体ではないかと1%考えているからです。なにせ、始めて真夏に見る鳥さんですから。消去法で、ホシハジロの要素は見つけられないし、アカハジロの要素もなさそうだしで99%なのですが。

 2時間ほどいて、かなり堪能出来た。羽ばたいたし、散歩のおばさんが来たときに少しばかり飛んだし。

 飽きもせず、ときにはトンボに浮気しつつ、真夏の白鳥湖のチェックを続けていると、まれにびっくり仰天の鳥さんが現れる。以前にハジロクロハラアジサシの幼鳥も現れた。こんなときは世万の神様達に手を合わせよう。

 メジロガモがどこを経由して安曇野へたどり着いたか分からないが、小さな遊水池に腰を落ち着けたのは、コハクチョウの「のぶちゃん」や帰らないホシハジロ、キンクロハジロがいたからだと推測する。彼らに手を合わせて感謝しなければ。以後、ただのカモなんて、絶対言わないようにしよう。

 びっくり仰天の珍鳥、長く留まってくれると嬉しいが、出来たら冬までいてくれるととても嬉しいが、さて、どうなるか。ときどき釣り人がうろうろするから、長逗留は望めないか。

 


7月9日 第1部 珍鳥!!

メジロガモ ♂ エクリプス   2013年7月9日  長野県 安曇野市

 情報をオープンにしようか迷う。囲い込んでもいいが、さもしい根性を丸出しにするのもなんだし・・・。

 メジロガモの♂のエクリプスだから、かなり珍しい。この雑記帳をお読みいただく方にはオープンにします。メジロガモ♂の繁殖羽は、冬季にときどき現れるので、ご覧になっている方は多いと思う。しかし、日本の図鑑を開いても、エクリプスの写真は載っていないはず。

 かなり鳥おたくの域ですが、東ヨーロッパまで出かけなくても天然物の綺麗なエクリプスが見られるチャンスです。

 ただし、同じ池に、帰れないコハクチョウ「のぶちゃん」、帰らないキンクロハジロ♂2羽、ホシハジロの♂1、♀1がいます。オオバンも営巣中(?)なので、節度のない接し方はどうかご遠慮下さい。


 他所を回って、15時30分ころ白鳥湖へ着く。写友がのんびりしている。ということは、オオバンはまだか・・・。
 双眼鏡でカモをひと通り見る。そしてメモるのが私のパターン。

 池の中央を見て、どきッ。まさか!?。双眼鏡を握りしめる。じぇ、じぇ、じぇよりランクが上。メジロガモの♂だ!これはすごいこと、夏場のメジロガモなんて果たして記録があるかしら。安曇野への飛来記録はあるだろうか・・・。写友に「珍鳥」と教える。

 まさに迷鳥。一昨日オオバンをチェックに来たときにはいなかったから、それ以降にやって来たと思う。よくもまぁ、信州まで迷ってきたものです。

 大急ぎでカメラをセット。車の中から撮影を始めるが、発見時より遠くへ行ってしまった。上の画像がノートレミング。双眼鏡でもこんな具合に見えた。下は大トレミング。なんとか証拠画像は押さえられたから、ともかくよしと。

 2羽いるホシハジロに親近感があるようで、ずっと一緒に行動していた。同じ潜水ガモだが、キンクロハジロとはなじめない様子。

 この池の、ホシハジロもキンクロハジロも、静にしていればかなり近くへ寄ってくる。と言うことは、静かにねばれば、歩き回ったり、三脚を立てたりしなければ、ホシハジロがやって来て、つられてメジロガモも近づいてくるはず。

 カモたちは寝込んでしまった。明日もいてくれることを願って、17時30分過ぎに引き上げる。

 

7月9日 第2部 バニラひさしぶり 雑種ガモ達

雑種ガモたち   2013年7月9日  長野県 松本市

 久しぶりに千鹿頭池へ。久しぶりに昨夏生まれの白い雑種ガモ、バニラがいた。6月にはほとんど顔を見せなかったが。カモに色違いの数字がふってあるのは、それなり意味があります。つまり同じ色の2羽は、とりあえずカップルになっていると考えられます。

  色男しろ 12年生まれ、先輩家族の1羽 ♂
 2 ココア   12年生まれ 先輩家族の1羽 ♀
 つまり、2羽は兄弟姉妹の関係にあるが、カップルになっている。

  しろバフ 12年生まれ しろちゃんの3羽の子の1羽 ♂
  バニラ  12年生まれ  先輩家族の1羽 ♀

  名前なし 不明   ♀
 カルガモに見える。雑種ガモとするポイントが外見的にはない。
  一郎   10年生まれ? 五人組の1羽 ♂
 カルガモと雑種ガモのカップルだと、かなりややこしい子供が生まれると思うが、今のところ繁殖行動は、交尾以外見られない。
 このことからすると、は若い(2歳未満)とも考えられる。

 昨夏に続いて、雑種ガモをときどき見ているが、上の6羽が子供を孵すと、もう訳が分からなくなる、誰が誰やら分からなくなる。それも楽しいが。係累図も作れなくなるだろう。
 他に、コーヒーと五人組の四郎もカップルのはずである。上の6羽の雌雄別が分かるのは、それぞれで交尾をしたからです。

 彼らがこの先どうなるか、メンデルも真っ青の遺伝実験は更に進行中です。


雑種ガモたち   2013年7月9日  長野県 松本市

 「しろちゃん」の今年の家族を「しろちゃん2」と呼ぶことにします。

 「しろちゃん2」は全員元気で、発育がやや遅れ気味だった黒い子コーラも元気です。今年はまだヒナが1羽も欠けていません。「しろちゃん」は子育てが上手になったとは、ギャラリーの感想。

 先に挙げた雑種ガモの団体が、池に水を取り入れる水口で食事をしていた。河川から水を取り入れるので、水口に食べ物が多いらしく、カモたちがよく集まる。
 そこへ「しろちゃん2」が近寄り、白いカモ4羽が出会った。力関係は「しろちゃん2」が優勢のようで、先に食事をしていた団体は席を譲った。譲ったと言うより「しろちゃん2」が追い出した感じ。


「しろちゃん2」   2013年7月9日  長野県 松本市

 2羽の白いヒナの明確な違いは今日も見つけられず。「バター」と「マーガリン」がまだ浮いたまま。遠からず、残り3羽のカルガモ色に近い子達にも名前を考えなければ。

 4羽のヒナたちは、体側に幼羽が生え始めている。白い2羽は幼羽が生えているのか、まだ幼綿羽のままなのかよく分からない。

 白いヒナの特徴、昨夏生まれたバニラとプリンも同じだったが、虹彩が濃い青灰色をしている。この色は「しろちゃん」と同じであり、いわゆる白アヒルの虹彩とも同じ色である。他の子供の虹彩は褐色である。
 このことから、アヒルの血を引く白い個体は皆同じ青灰色の虹彩になると考えられる。

 そして、黒い子コーラは、昨夏生まれのコーヒーかココアにそっくりになると幼羽の色から推測出来る。

 ともかく、皆元気で、誰が誰だか分からなくならないよう、懸命に見ているから、丈夫で大きくなっておくれと願う。



7月8日 確かに梅雨明け

ツバメ   2013年7月8日  長野県

 今日は梅雨明け、そして真夏がやって来たと納得した。松本も青空が広がり、最高気温が35度を超えたから。

 屋根の子ツバメも、ぐたぁ〜と、だれて、盛夏到来。鳥は汗腺がないから、呼吸で体内の熱を調節する。それは知っているが、この有様、子ツバメ君、熱中症ではないかしらと思ってしまう。この後元気に飛んで行ったから、単なる杞憂だったが。ともかく、暑い!暑い日でした。

 さて、鳥か、トンボか・・・梅雨も明けたし、どちらを撮りに行こうかと考え、面倒だから両方と欲張る。前に撮り損なったミヤマカワトンボとハリオアマツバメを・・・。

 ミヤマカワトンボを捜していたら、トンボの方からやって来て、撮影して頂戴とポーズまで取ってくれた。ありがたや、ありがたやで、1種増え、今日のトンボが書ける次第。この翅の色、翅胸の色でミヤマに間違いないが、腹を上げて第10節腹面(腹の最先端の裏側)まで見せてくれた。そこが黄褐色なのがミヤマ君の特徴。♀は見つけられず。見つける前に、ハリオ君が来てしまった。

 

ミヤマカワトンボ ♂   2013年7月8日  長野県

ミヤマカワトンボ ♂   2013年7月8日  長野県

 撮りたい鳥は、ハリオアマツバメ。来るか、来ないか、それこそハリオ任せ。でも、梅雨も明け、周囲に雨雲もないから、水浴びと水飲みに来る、必ず来ると信じて待つしかない。後は、撮りやすいコースを飛んで水しぶきを上げてくれと願うだけ。

 そこそこの数は来たが、望みのコースを飛んでもらえず。1年ぶりなので、腕も鈍ってタイミングが取れず・・・まぁ、今季の1回目だから、見られただけでもラッキーとしよう。次回はもっとうまく撮れるだろうから。

 夜、画像を見ながら、脚を伸ばしていると気付く。先月、「ハリオアマツバメやイワツバメは水浴びのため、水面へ突入するときに、足はたたんで腹に付けている。ところが、ツバメは多くの場合足を出して突入する」と雑記帳に書いた。そう信じていたから。しかし、その認識は違っていた。ハリオも、しっかり脚を伸ばしていた。必ずそうするかは分からないが、脚を伸ばしているケースもあると訂正しなければならない。またまた、よく見ていないことがばれてしまい、お恥ずかしい次第。


ハリオアマツバメ   2013年7月8日  長野県

 下は水を飲もうと大口を開けて飛んでいるところ。脚が水面をなでる程度に出ている。じっさい水面に触れながら飛んでいた。多少ブレーキの効果があるのだろうか、それとも偶然なのか。開いた尾羽はブレーキの役割を果たしている。
 
 高速で飛行するから、いつでも脚を伸ばしているのか、肉眼ではとても確認できない。せっせと通って、たくさん撮影し、画像から判断するしかなさそう。ビデオはやらないから、画像の多さでカバーするしかない。


 ハリオを撮影中に、池の隅でぱたぱたと水浴びをする3羽のカモが視界に入り、気になって仕方がなかった。遠目にはオシドリの♀に見えたが、撮影してディスプレーで拡大して見ても、オシドリらしいまでしか分からない。

 お帰り時刻になったので、飛ばれても仕方がないと思いながら近づく。肉眼でもオシドリとハッキリ分かる距離で撮影。
 どうやら、右は♂のエクリプスと思えるが、左は悩ましい。この時期うろうろしているのはたいてい♂なのだが、この時期のオシドリ、たとえば換羽中の♀とか、大きくなった幼鳥などを見たことがないから、左は??のままにしておきます。

 明日も暑いと気象情報。さて、明日は何を撮りに行こう。高い山へ行けば涼しくていいのだが。


オシドリ   2013年7月8日  長野県


7月6日 梅雨明け?

ヒバリ   2013年7月6日  長野県 安曇野市

 「関東甲信地方が平年より15日早く梅雨明けしたとみられる」と気象庁。ほんとかしら?と思ってしまう。甲信地方の「信」に松本平も入るが、空は重たい雲が全面。生ぬるい南風が強く、ゲリラ豪雨に襲われる直前の雰囲気・・・梅雨明けねぇ・・・。

 <なぜか、突然停電 0時46分。 すぐに復旧したが・・・>

 パソコンを立ち上げ直す。書きかけの作文が3分の1消えていた。やれやれ。中部電力のHPにアクセスすると「過去3日間において停電復旧情報はありません」だって・・・ふ〜ん。

 この時期さえずっているのは、オオヨシキリにヒバリくらい。強い風に吹き飛ばされそうになりながら、ヒバリが必死でさえずっていた。何もこんなときに歌わなくてもいいのに。頑張るヒバリ君に敬意を表し、今日の鳥にしよう。というか、いつものカイツブリか、帰れないカモ以外で、撮れそうな鳥さんは見当たらないフィールドでした。

 犀川他の水系は先日の大雨で濁ったまま。そろそろ、クロハラアジサシやハジロクロハラアジサシが迷い込んでくる時季なのだが、泥水の河川ではそれも期待出来そうにない。残る楽しみはオオバンのヒナ誕生だけ。


ウスバキトンボ ♂   2013年7月6日  長野県 安曇野市

 今日のトンボは・・・、この書き出しも、そろそろネタ切れになりそう。
 
 私の鳥見をしているフィールドで、ウスバキトンボが現れた。4日前のこと。今日は白鳥湖で40匹ほどが飛び交っていた。やはり、一斉に羽化したのか、それとも群で移動してきたのか、日ごと増え続けている。

 ウスバキトンボは「世界で最も広く分布するトンボで、成虫は移動性が強く、全国各地で見られる」「成虫は春〜秋にかけて全国各地でみられ、一時的な発生を繰り返すが、ほとんどの地域では越冬出来ず死滅する」と図鑑
 とすれば、どこかで発生した成虫が松本平へ流れ込んだと考えるのが一番普通か。

 ウスバキトンボ、雨水が溜まった水溜まりで産卵していた。梅雨が明けたらしいから、水溜まりなどすぐに干上がってしまうのに。
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ネイチャーガイド 日本のトンボ 文一総合出版 
      2012年7月10日 初版第1刷
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このトンボは、飛び回っているか、草むらの下の方に止まるので、とても撮りにくい。それに、他のトンボより警戒心が強いらしく、近づくとすぐに飛んでしまう。せめて1mまで近寄らせて欲しいのだが。それに、アキアカネのように、何かの先に止まれば、撮りやすいのに。トンボも種ごとの行動様式がある。初心者は1か月でいろいろ勉強出来ました。

 そうそう、フィールドを巡っていたら、アキアカネとノシメトンボが、倍々ゲームどころか、わんさか増えていた。
 とくにアキアカネは佃煮にして商売出来そうなほど。4、5日前までは、10匹単位で数えられたが、今日はもう桁違い、今日出会ったアキアカネは、500とか600匹ではないかと思う。数える気力も起きないほどいたから。

 こんなに爆発的に増えるなんて、初心者は、今日まで知らなかった。フィールドの雑木林をこの時期はほとんど巡らなかったからなのだが。


ウスバキトンボ ♂   2013年7月6日  長野県 安曇野市

アジアイトトンボ ♂上 ♀下   2013年7月6日  長野県 安曇野市

 トンボ初心者、毎日新しいことが見えて、とても新鮮です。2種は再登場ですが、ちょっと楽しかったので。

 アジアイトトンボ、始めは大町市の中綱湖まで、50kmも走って、捜しに行った。ところが、なんと白鳥湖横の遊水池、傷病コハクチョウ「のぶちゃん」のいる所にもいた。6月上旬には遊水池にイトトンボなど一匹もいなかったのに。しかも、雌雄連結していたから、撮りたい瞬間がフィールドで撮れて、ラッキー。

 昨日、突然コオニヤンマに出会って驚いたが、今日もアキアカネを見ていたら突然現れた。しかも1mまで近寄っても逃げないから、今日はゆっくり撮影出来た。
 下の画像ではハッキリしないが、雌雄の識別をするために、腹部先端のハッキリした画像が必要なので、可能な限り近づいたが、それでもコオニ君逃げずに頑張ってくれた。ウスバキトンボと大違い。なんだかコオニ君が好きになりそう。

 梅雨が開けると、暑くなるのは嫌だけれど、トンボはさらに発生するだろうから、それに1か月も待てば、気の早い渡りのシギが現れるから、それなり頑張りましょう。

 最後に、昨日のキジのことで追加です。キジはアオダイショウをさんざん攻撃し、殺してしまいましたが、ひと口も食べてはいません。ひたすら「殺」が目的だっと思います。

 ついでに、最近トンボは以下の機材でほとんど撮っています。近づけないときだけ600mmレンズを使います。
 1DX(または7D) + 70−200mm + エクステンダー1.4X + エクステンションチューブ EF25


コオニヤンマ ♂   2013年7月6日  長野県 安曇野市


7月5日 自然は厳しい

コオニヤンマ ♂   2013年7月5日  長野県 安曇野市

 まず、今日のトンボから。
 アキアカネとノシメトンボが倍々ゲームのスピードで増えている。羽化の最盛期なのだろう。この事実、トンボを見始めて始めて知った。我が家の庭のノシメトンボも増えたし、今日アキアカネも現れた。

 すると、ナツアカネだってそろそろ現れていい頃だと思い、白鳥湖の周囲で捜してみる。およそ30匹チェック、中にはナツと見える未成熟もいたが、結局全部アキだった。松本平では、ナツアカネの羽化は、しばし後のこと、と思う。

 毎日新しい種を見つけるのは、かなり大変だが、ときにはトンボの方が気を利かす。ナツアカネを捜していたら、いきなりヤンマが飛んできて目の前に止まった。とても驚いたが、手ぶれ画像を量産しないように撮影。うれしさで顔はふにゃぁ〜、手のひらは緊張で汗びっしょり。1種ゲット!

 体が大きい割に頭が小さい。このバランスの悪いトンボは図鑑を予習した成果ですぐに名前が浮かんだ、コオニヤンマ。後脚が長いこと、頭頂に角(突起)があること、図鑑通り。脚が長すぎるので、止まると言うより、枝を抱きかかえているような・・・ちょっと笑えるトンボだった。コオニはすぐに林の向こうへ飛んで行ったので、画像は5コマほどしか撮れず。でもラッキーな一瞬だった。

 この出会い、おまけが付きました。
 
 ハクセキレイが何かをくわえて飛んで来た。しきりにつつき回して食べている。遠目に黄色と黒の模様が見えたので、えッ、と思い、そろり近づいて撮影。トンボの胸の部分を食べていると見えた。右の画像は回転して上の画像と同じ向きにしたもの。コオニヤンマの胸部(翅胸)そっくりではないか。まさか、ハクセキレイ、さっき私が撮影したコオニ君を食べちゃったの?子細は分からず。だが、食べているのは黄色い斑紋の形から間違いなくコオニヤンマ。世の中狭いというか・・・。


ハクセキレイ    2013年7月5日  長野県 安曇野市

 今日の鳥見はキジ。以下、ドキュメンタリータッチで。

 キジの♀が道路上で興奮していた。遠くからは雑草で足元が見えなかったので、何に興奮しているのか分からなかった。近づくと、いつものようにそそくさと逃げ出すだろうと思いながら、近からず、遠からず、足元が見える距離まで車で近づく。

 足元に長々とアオダイショウ。キジが蛇を体に巻き付かせ、一気に翼を広げる勢いで蛇を引きちぎってしまうという話を聞いたことがある。しかし、長く鳥見をしているが、そんな光景は見たことがない。

 まさか道路の真ん中でそんなことはしないだろうが、さて何をするのだろうとレンズを構える。ピントが合う。蛇はすでにダメージを受けたのか頭部が血だらけ。なぜか尾だけとぐろを巻いていた。


キジ ♀ と アオダイショウ    2013年7月5日  長野県 安曇野市

 なぜ蛇の頭部が血だらけなのか、すぐに分かった。キジが噛みついたから。歯がないから「噛みつく」は表現上おかしいが、実際つつくと言うより、嘴でしっかり「噛み」ついた。

 なんども頭部を集中的に「噛ん」だり、離したりを繰り返す。蛇は生きていて、鎌首を持ち上げ反抗しようとするが、キジはお構いなくすぐに「噛み」ついた。


 蛇はまだ生きているが、もはや這って逃げるだけの気力もチャンスもないらしい。♀に巻き付く気力も体力もないらしい。執拗に♀の「噛み」つき攻撃が繰り返された。
 背後の雑草の中から、♂も現れた。

 蛇はかなり弱ってしまい、ほとんど動かなくなった。♀は勝負あったと判断したのだろう、雑草の中へ帰ろうと歩き出す。

 ♂は、少しは格好のよいところを見せねば(?)と、蛇をくわえ上げる。後から出て来て、ずるいのでは。しかも、蛇の腹などくわえてもさしたる攻撃にはならないだろうに。

 蛇はまだ生きていた。は虫類は生命力が強い。それを目の当たりにした。


 蛇が動いたものだから、♀が引き返して来た。再び♀の頭部への「噛み」つき攻撃が始まる。♂も腹をつついたり、くわえたりして、夫婦共同作業・・・。

 攻撃の執拗さは圧倒的に♀が勝っていた。考えるに、卵を狙って巣に近寄る蛇は天敵である。卵を飲み込んで、腹に3個こぶが出来ているアオダイショウを見たことがある。母性本能の強い♀がより攻撃的になるのは当然だろう。

 この後、5分ほど蛇は頑張った。とぐろを巻いた尾の部分をほどき、何度か鎌首を上げたり、身をくねらせて反抗したが、ついに殺されてしまった。腹を上にして長々と伸び、動かなくなった。蛇の死亡を確認出来たのだろう。キジの夫婦は背後の草の中へ戻った。

 野生のすごい光景を見てしまったので、トンボ探しをする気力も萎えてしまい、今日は早めに家路につく。食われたコオニヤンマにも、殺されたアオダイショウにも、何の落ち度もないのに、自然は厳しいです。

 


7月4日 相手は世界最小

ハッチョウトンボ ♂ 成熟   2013年7月4日  長野県 大町市

オオアオイトトンボ ♂  2013年7月4日  長野県 大町市

 雨の合間に白鳥湖へ。オオバンの孵化はまだ、で、することがなくなった。ちょうど白鳥湖にいた写友と雑談していたら、ハッチョウトンボがたくさんいる場所がある・・・。さっそく教わり、ちょっと遠いが出かける。トンボ熱は未だ下がらず。

 ハッチョウトンボは全長が2cmほど。小指の第1関節より先と同じくらい。今日の相手は「世界でもっとも小さいトンボのひとつ」と図鑑は言う。

 教わった場所へ行くが、小さいので始めは見つけられず。オオアオイトトンボやアキアカネ、シオヤトンボなど、普通の大きさのトンボはすぐに目に付いたが。
 とにかく真っ赤なトンボだから、赤い色を探し出せばと、木道の上を行きつ戻りつ。今日の相手は手強いぞと思う。

 オオアオイトトンボは未成熟ばかりで、成熟した♂も♀も見つけられず。数匹いたアキアカネは翅胸の黒斑の形からアキアカネだろう判断。やはり未成熟ばかり。4、5匹はいた。ナツアカネを見ないうちにアキアカネだと順番が逆な感じ。

 夜に図鑑で確認するが、やはりアキだった。ナツを探さねば。図鑑に載っているハッチョウトンボの写真の撮影地は大町市。ふむふむ、今日行った場所と環境はそっくり。もしかすると同じ場所か。いい場所を教えてくれた写友に感謝。

 行きつ戻りつ・・・なんと、足元のシダの葉にちょこんとゴミが付くように、ちいちゃなトンボがとまっていた。
 歩き回るとトンボは飛んで逃げる。それで、いると分かり、たいてい遠くへは飛んで逃げないから撮影できる。1か月のトンボ学習で身につけた、ちょっとばかし気が引ける素人の撮影方法。せっかくの昼寝の邪魔をして悪いもの。

 ところが、ハッチョウトンボは20cm横を歩いても全然動じず。これは嬉しい。さっそく木道に腹ばいになってカメラを構えるが、小さいのでピントがうまく合わない。手強い奴だ。

  

アキアカネ ♂ 未成熟   2013年7月4日  長野県 大町市

 一匹見つけると、目が慣れる。木道の周りにたくさんいた。行きつ戻りつしているときは気付かなかったが。こんなにたくさんいるなんて、想像していなかった。写友に感謝、感謝。

 しかし、小さいのでうまく撮れない。機材の選択を誤ったかと思いつつ、いやいや、練習すればなんとかなるとカメラを握る。アキアカネを撮るとピントが合うのだから、アキアカネの頭だけを撮るつもりでやれば・・・。

 ♀はそこそこ撮れたが、真っ赤な♂はまだ満足の一歩手前。お帰り時刻が来てしまったので機会を作って再挑戦しようと木道から出る。世界最小の相手は、なかなか手強かった。無風だったので、何とかなったが、風があってシダが揺れていたら、絶対ピントは合わないだろう。

 下は、ハッチョウトンボのいろいろです。

 

ハッチョウトンボ ♂ 未成熟   2013年7月4日  長野県 大町市

ハッチョウトンボ ♂ 半成熟   2013年7月4日  長野県 大町市

ハッチョウトンボ ♂ 成熟   2013年7月4日  長野県 大町市

 木道に座り込んでいたら、頭上をホトトギスが鳴きながら通った。いつもの大砲レンズは車の中。最小のトンボは、さすがに600mmレンズでは撮れませんから。
 木道まで運んでいたら、ホトトギスの飛び姿が撮れたのに。残念。また反省する。反省だけならサルでも出来る・・・ちょっと古いか。

 鳥さんの写真を撮らなくては・・・ちょっと焦り始めています。

 

ハッチョウトンボ ♀ 成熟   2013年7月4日  長野県 大町市

ハッチョウトンボ ♀ 成熟   2013年7月4日  長野県 大町市


7月2日 やめられないトンボ見

カイツブリだって空を飛ぶ   2013年7月2日  長野県 安曇野市

シロバナシナガワハギはハチだかり   2013年7月2日  長野県 安曇野市

ノシメトンボ 未成熟   2013年7月2日  長野県 安曇野市

 オオバンのお子様が孵化していないか、今日もチェックに。1時間ほど見ていたが、親鳥が抱卵を交代しただけ。初記録はまだのよう。

 白鳥湖のアヒルの「歌舞伎」と子供達が最近見当たらないとのこと。そちらもチェックする。確かに、♂の「ジャイアン」と「のび太」はいるが子連れアヒルの「歌舞伎」は見当たらない。白鳥湖の草木が茂った中州の何処かにいるのだろうとよい方に考えてチェック終了。

 そこへ写友が来て言うには、御宝田池でもオオバンが巣材を運んでいたとのこと。すると、初記録の誕生は白鳥湖か御宝田か。チェックせねばならない場所が増えてしまった。

 カイツブリ親子もさして楽しくなかったので、トンボを探してもよかったが、水辺で「のぶちゃん」が昼寝をしていたので追い出すのもなんだし・・・なんだかんだで、水辺から離れる。

 このところ水辺ばかりでトンボを探していたので、河原の草はらへ行く。久しぶりに行ったら、シロバナシナガワハギが最盛期で草はらを埋め尽くし、ミツバチがわんわん飛んでいた。鳥さんはいないか見回すが、ホオジロの♂が1羽ぼんやり止まっているだけ。

 5月までは、鳥さんがいなければ、はい次の場所へだったが、6月以降は、トンボはいないかしらと双眼鏡する習慣が身についてしまった。

 乾いた草はらは、モンキチョウやジャノメチョウ、それにミツバチは飛んでいるが、トンボはいないだろうと高をくくって、それでも歩いてみた。

 どっこい、トンボはたくさんいた。ショウジョウトンボが2匹飛んでいて、ハラビロトンボの未成熟がいっぱい、ノシメトンボも数匹。種数は3だったが、数はいっぱいの状況。

 草はらにトンボがいっぱいの状況は、これまで7月の梅雨明け過ぎの盛夏以降のことと思っていたが、勉強出来ました。7月上旬でもトンボがたくさんいると。

 気をよくして、初めてさんは、お初のトンボさんはいないかと草はらを歩く。ミツバチが周りでわんわんと飛んで、ちょっとばかしうるさい。五月蠅ならぬ七月蜂・・・なんて駄洒落を考えていたら、じぇ、じぇ!黒いトンボがいる!

 

ハラビロトンボ ♂ 半成熟   2013年7月2日  長野県 安曇野市

ハラビロトンボ ♂ 半成熟  正面顔  2013年7月2日  長野県 安曇野市

 初めて見た黒いトンボ。名前分からず。図鑑をさんざんひっくり返し、ヤンマの仲間以外は頭にたたき込んだはずだったが。額に金属光沢の青藍色・・・何処かで見た覚えが・・・しかし、現場では識別出来ず。夜に図鑑の助けを借りようと、角度を変えてたくさん撮る。

 図鑑をくくるが、こんな体色のトンボは出て来ない。おかしいなぁ、とても出来のよい図鑑なのに。

 図鑑は図だけを見ていてはいけません。文字も読まなくては、それに、解説ページは隅々まで目を通さないと。

 よくできた図鑑なので、私の初級な疑問にもちゃんと答えてくれました。鳥で言うと「成鳥」に当たる「成熟」、幼鳥に当たる「未成熟」、ここまでは覚えていましたが、「半成熟」という段階もあるのだと。

 とても嬉しいことに、「トンボの体色変化」という解説があり、なんと私が悩んでいる黒いトンボがそのまま説明写真に出ていた。つまり、ハラビロトンボの未成熟、半成熟、成熟の写真があり、黒いトンボは半成熟なんだと。
 なるほど、カモメ類の1st-win、2nd-win、3rd-win みたいなものだと自己流解釈。一種増えなかったが、ハラビロトンボの半成熟なんて、多分珍しいのでは・・・と勝手に決めてしまおう。

 今日も新しいことが分かって、いい日だった。鳥見をやめるつもりはさらさらないが、トンボについては、当分の間たくさん楽しいことに出会えそうなので・・・やめられそうもないです、トンボ見も。

 

ハラビロトンボ ♂ 未成熟   2013年6月17日  長野県松本市

ハラビロトンボ ♂ 成熟   2013年6月17日  長野県 松本市

ハラビロトンボ ♀ 成熟   2013年7月2日  長野県 安曇野市


7月1日 初記録までもう少し

傷病コハクチョウ 「のぶちゃん」  2013年7月1日  長野県 安曇野市

 白鳥湖へ行った。そろそろ初記録が見られる頃ではないかと。しかし、初記録はもう少し先になりそう。

 白鳥湖横の遊水池をチェックしていて、オオバンが抱卵をしていると気付いた。いつから抱卵に入ったのか分からないので、山勘で7月1日を孵化予定日とした。しかし残念。山勘はあくまで勝手な思いこみだった。

 夏にもオオバンが白鳥湖で見られるようになって、正確には分からないが、数年経つ。これまで、繁殖をしないかチェックしていたが、私の知る限り、これまでヒナは誕生していない。

 安曇野でオオバンの繁殖記録があるか、正式なデータを知らないので、何とも言えないが、おそらく繁殖記録はないと思う。現在抱卵中のつがいが孵化に成功すればおそらく安曇野初記録だと考える。

 下の画像の矢印の先にほんの少し白いものが見えるが、これが抱卵しているオオバンの額板である。この葦はときどき刈り取られるので、ここに営巣するのはやばいのだ。じっさい葦原の半分はすでにかられてしまっている。恐らく刈り取りを始めた方が、オオバンの営巣に気付き、途中で刈り取りをやめたのだと想像している。ヒナが泳ぎ出すまで、できたらそれ以後も葦をこのまま残して欲しいのだが。


オオバン  2013年7月1日  長野県 安曇野市

 下は、たぶんオオバンの♂(?)が巣をのぞきに行って、♀(?)に追い出され、池の中まで追い立てられているところ。
 この画像を撮る直前、巣の上で、2羽が求愛行動に似た仕草をした。そして、いきなり♂(?)はえらい剣幕で追い出されてしまった。上の画像のように、近くでおとなしくしていれば怒られなくて済んだのに。


オオバン  2013年7月1日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ ♂ と マルガモ   2013年7月1日  長野県 安曇野市

 冬季に撮影をしようとして、さんざん手こずった「カルガモ村のマルガモ」君、最近は遊水池へ度々姿を現し、他のカルガモといっしょに近くまで来る。なんと言うことはない、今ならいくらでも撮れる。

 羽ばたくマルガモの向こう側を、帰れないキンクロハジロが泳いでいる。一見冬に撮った画像のような光景。だが、まぎれもなく今日撮影したひとコマです。2羽のキンクロハジロは本当に飛べないのかは不明。ただ昨夏も1羽のキンクロがここで越夏したから、2羽のどちらかはその個体だと思う。

 ある夏、帰れない♀のキンクロが現れて、ここで繁殖しないかと、ちょっと邪なことを考えた鳥馬鹿なんですが・・・。今夏は飛べない♂が残ってしまった。♂同士では・・・無理だな。

 別にホシハジロの♂と♀が1羽ずつ残っている。こちらも飛べないと見るべきだろう。春からずっと残っているので、もしかして繁殖しないかと、ちょっと期待していたが、どうやら期待ははずれたらしい。


羽繕いする コハク「のぶちゃん」  キンクロハジロ  カルガモ  2013年7月1日  長野県 安曇野市

カイツブリの親子   2013年7月1日  長野県 安曇野市

 遊水池にカイツブリのヒナが2羽いる。それぞれに親鳥が付いているが、どうも別家族のようだ。ヒナの大きさも少し違うし、片方の親子が近くを通っても、もう一方のヒナはまるで関心を示さないから。

 上の画像がそのひと家族。家族と言っても親鳥と幼鳥1羽だけだが。与えているのヤゴのようだ。もしかすると、羽化して珍しいトンボになるかも知れないのに・・・先月からトンボに凝っている鳥馬鹿は撮影しながら、ちょっとイラッ。このあとオタマジャクシを与えた。

 下は別の親子。もう大きいので背中へは乗せてもらえず、それでもおっかさん(?)のお尻に嘴を差し入れて、甘えっぱなし、うつらうつらのヒナです。

 

カイツブリの親子   2013年7月1日  長野県 安曇野市

 そして、今日のトンボ。この遊水池もトンボが増えた。鳥さんを見ながらトンボを撮る。忙しいですね。

 カイツブリのすぐそばで、ギンヤンマが産卵をしていた。かなりやばい状況なのだ。1年前、千鹿頭池でカイツブリがオニヤンマを捕食した光景を2度見ている。ギンヤンマだって危ないのだ。

 産卵中を撮ろうと車から出て、大砲レンズを構えて近づいたので、賢い?カイツブリは逃げて行った。危険度を下げた御礼か、ギンヤンマは最短距離で撮らせてくれた。
 この連結態はしっかり結ばれていて、他の♂ギンヤンマがちょっかいを出しても、まったく連結を解かず、20分以上飛び回っては産卵していた。イトトンボの連結態は、他の♂がちょっかいを出すとすぐに解けてしまうのだが。

 最後はアジアイトトンボの連結態。50km先の中綱湖で未熟成の♀を見つけ、御宝田池で成熟した♀を見て、今日初めて連結態を見た。初心者は何を見つけてもお初だから、楽しいですね。

 アジアイトトンボは日本全国に広く分布するトンボだと図鑑は言う。しかし、最近までトンボに全く関心を払わなかったから、広く分布している、恐らくたくさんいるだろうトンボも知らなかった。世の中、知らないことだらけです。
 そうそう、我が家の庭のノシメトンボは3匹になった。今頃こんなにトンボがいたなんてと驚き・・・知らないことだらけです。

 早いことオオバンのヒナが無事に誕生しますようにと、八百万の神様に、お釈迦様に・・・お願い申し上げます。
 
 

連結態のまま産卵するギンヤンマ 左 ♂ 右 ♀   2013年7月1日  長野県 安曇野市

連結態のアジアイトトンボ 上 ♂ 下 ♀   2013年7月1日  長野県 安曇野市


6月分   ホームヘ 8月分