私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


7月分  9月分

8月31日 ホシハジロのこと

カイツブリ 親子    2013年8月31日   長野県 安曇野市

 ホシハジロが近くへ来るまで待っていたら、例のカイツブリの親がまたギンヤンマを運んできた。ところが、3羽のヒナとも口を開けたり、トンボを受け取ろうとしない。思わず笑ってしまった。

 ヒナ3羽とも満腹で食欲が無かったのではない。すぐ後に別の親が運んで来た小さな魚は食べたのだから。ギンヤンマは羽が引っかかって喉を通らないと、ヒナは学習したと思える。親鳥はまだ理解出来ていないらしい。また、ギンヤンマは親鳥の胃袋へ入った。親ばかちゃんりん蕎麦屋の風鈴。


ホシハジロ ♀中央 とキンクロハジロ ♂ 3羽    2013年8月31日   長野県 安曇野市

 上は現在白鳥湖の遊水池にいる越夏組。右の3羽グループは春以来ずっとここにいる。このグループにはホシハジロ♂もいたが、メジロガモが加わり、メジロガモが去ったときに共に消えてしまった。

 左のキンクロハジロ♂は8月11日にふらりと現れ、24日前後は御宝田池へ行っていた(と思う)が、再び白鳥湖へ戻った。ただ、3羽のグループとは、距離を開けていて、グループには入れない状態。

 ホシハジロ♀は、なぜかほとんど飛べない。昨年の夏もここで越夏したホシハジロ♀が1羽いた。その個体も飛べなかったから、同一の個体と考えている。


ホシハジロ ♀    2013年8月31日   長野県 安曇野市

 特にホシハジロに凝っていないが、自然状態で越夏しているから、しかも、2回目の夏を過ごしたと考えられるから、見るだけは見なければと、ちょっといい加減な動機。

 換羽の推移を見ているが、冬の繁殖羽と大きく変化しないのでちょっとつまらない。大きな変化がないというのもひとつのデータだが。左は4月上旬のホシハジロ♀の画像。

 16時頃、ようやく他のカモたちに混じって近くへ来た。喧噪の夏が終わり、カモたちにも平穏な秋が来たのだろう。

 冬でもシックな色合いのホシハジロ♀だが、非繁殖羽はさらに渋めの色になる。羽衣の色の変化は小さいと言ってしまおう。

 はっきり変化が現れるのは嘴で、繁殖羽の状態では灰色部がはっきり見えるが、非繁殖羽の状態では灰色は見えなくなる。嘴部分を拡大してみると、灰色をしていた部分の痕跡は見えるが、見極めるつもりで光線具合を考えて撮影しなければ、まず分からない。灰色は6月末から徐々にかすれて見えなくなった。

 次は、嘴に灰色が戻る様でも撮影しようかとホシハジロを見ながら考えた。


 遊水池にはバンの幼鳥もいる。人出が去り、カモたちが遊水池に広がると、バンの幼鳥も現れる。
 バンがどこで繁殖していたのか、チェックミスで分からない。想像するに、遊水池ではなく、犀川のどこかで生まれてここへ入って来たのではないか。
 ときどきオオバンにいじめられるけれど、カモたちはまるで関心を示さないし、狭いながら葦原もあり、水生植物も豊富なので、バンには住みやい場所だろう。

 バン同様に、オオバンの若い個体も遊水池へ現れ、どうやら住み着きそう。占有者のオオバンのつがい、蛇に卵を食われてしまったつがいに追われるが、追撃を適度にかわして池生活に馴染みそう。

 次のシギ・チが降りて来るように、雨雲に願いを込めて、8月を送りましょう。


バン 幼鳥    2013年8月31日   長野県 安曇野市

オオバに追い払われる バン 幼鳥    2013年8月31日   長野県 安曇野市


8月30日 遠いお客様

ヒバリシギ 幼鳥    2013年8月30日   長野県 安曇野市

 三重のシギ見から帰って3日後に、コオバシギ、ヨロネン、エリマキシギなどが入ったと当地の先輩鳥見人さんからメールを頂いた。羨ましいかぎり。足がぴくぴくしてしまう。いいさ、いまに私のフィールドにだってお客様は来るから・・・そう思っているが・・・。

 台風と前線で天候が悪化するとのこと。喜んでは不謹慎と思いつつ、雨がたくさん降れば、休耕田に水が溜まるし、悪天候を避けてシギが降りるだろうと、内心期待している鳥馬鹿です。

 今日は、まずホシハジロの♀を撮影し、その後水田回りをする予定でした。ホシハジロは非繁殖期の羽衣をしているし、嘴にある白いリングも消えている。彼女は飛べないので、ふた夏越夏した個体。いや、白鳥湖の遊水池に定住していると言った方が正確か。

 だれかが池の近くで花火をしたので、傷病コハクチョウ「のぶちゃん」を始めキンクロハジロの♂(現在3羽)など全然近づいて来い。メジロガモが来たときには、それこそ10mの距離まで来ていたのに。

 今日もホシハジロは遠くにいた。雨降りで、誰もいないから、チャンスかと思ったが。やれやれと思いつつ、遠いホシハジロを双眼鏡していたら、写友から連絡が来た。シギが3羽いるけれど、遠くて名前が分からない、去年キリアイが来たときに一緒にいたシギに似ているとのこと。ヒバリシギだろうとすぐにピンと来た。
 まだ大雨の前だが、お客様が来た!大急ぎで休耕田へ。

 確かに遠かった。2羽のタカブシギはすぐに分かったが、小さなヒバリシギは双眼鏡でも識別が困難なほど遠かった。
 

ヒバリシギ 幼鳥    2013年8月30日   長野県 安曇野市

 遠くても、識別するために、とにかく撮影。カメラのモニターで目一杯拡大して、ヒバリシギに違いないと識別する。

 お尻を振り振り歩くタカブは双眼鏡でも識別出来た。2羽ともタカブの幼鳥と思う。後は15m以内まで近づいて来るのを待つだけ。止めた車に籠って待つ。1時間半ほど待ったが、近づいてくれなかった。例のごとく、お帰り時刻になったので、しぶしぶ引き上げる。

 今季初のお客様だからと、150コマほど撮ったが、証拠写真が精一杯でした。今日の画像は4コマともピクセル等倍近くまでトレミングしてあります。

 8月末から9月初めに、ヒバリシギは例年来ます。ただし1、2羽で、幼鳥ばかりですが。今年も来てくれてありがとう、です。次は成鳥が来てくれないかと願っている。鳥馬鹿は欲張りですから。


タカブシギ 幼鳥    2013年8月30日   長野県 安曇野市

 タカブシギは、運がよいと春の渡り期にも現れます。春も秋もほんの数羽ですが。

 上の画像は警戒モードに入ったところです。休耕田には他にチュウダイサギ、コサギ、ムクドリ、ハクセキレイ、セグロセキレイがいました。ハクセキレイが一斉に鳴いて飛んだり、ムクドリが一斉に飛び立つと、タカブも警戒モードに入ります。

 下は水浴び後にジャンプした瞬間です。ほとんどの場合、シギは水浴び後にジャンプし、翼を伸ばします。1羽が水浴びを終えたので、即連写。こんな瞬間を撮らないと、翼の下面や脇羽の色などなかなか見られませんから。

 今季初のお客様は遠かった。しかし、旅の途中、立ち寄ってくれて、本当にありがとう、です。ほいほいと、昔のように海辺までシギ見に出かけられない鳥馬鹿には、たったの3羽でも嬉しい限りです。

 

タカブシギ 幼鳥    2013年8月30日   長野県 安曇野市


8月29日 親ばかちゃんりん

カイツブリの親子    2013年8月28日   長野県 安曇野市

 白鳥湖の遊水池でカイツブリが2回目の繁殖活動をしている。ヒナ4羽が孵ったが、今日は3羽しか見られなかった。早くも1羽欠けたのか。
 今日の画像は、夕方で、日陰で、水面ばかりが明るい場所で撮影したので、とても色彩が悪いと始めにお断りします。画像の出来が悪いので、4枚しか使いません。

 上の画像、ヒナがくわえているのはギンヤンマの♂。ギンヤンマはたくさんいるので、ときどき捕食される。しかし、この大きなトンボを小さなヒナが食べられるのか・・・。

 親鳥がくわえているのはトノサマガエル。たくさん食べて速く大きくおなり・・・と、親鳥。もちろん、そんなことを鳥は考えもしないですが。どう見ても、親ばかちゃんりん蕎麦屋の風鈴の図。小さなヒナには飲み込めそうもない大きな食べ物を次々に与えるのだから。

 このカエルを他のヒナに与えたが、飲み込めないので、別のヒナに与えようとしていたが。別の親鳥がギンヤンマを捕って来て、先に与えてしまった。それが上の画像の実状です。

 このヒナはトンボを飲み込めず、親鳥は別のヒナに与えた(下の画像)。しかし、そのヒナも挑戦したがトンボを飲み込めず。この間に、もう1羽の親鳥は別のヒナにカエルを与えたが、そのヒナも飲み込めず、最後は自分でカエルを食べてしまった。

 結局、ヒナたちはギンヤンマを飲み込めなかったので、最後は親鳥が食べてしまった。親鳥2羽とも初めての子育てではないはずなのに、手際が悪いというか・・・やはり、親ばかちゃんりんですね。


 羽が出っぱっているトンボや、手足が飲み込むのに邪魔なカエルはだめだったので、次は大きなドジョウを捕って来た。与えられると、ヒナはとにかく飲み込もうとする。ドジョウも一度は吐き出してしまったが、親が再度与えるので、ヒナも必死で飲み込んだ。たくさん食べて、大きくなるのも大変です。

 

 今日のトンボはナツアカネ。雑記帳にいろいろなトンボの画像を載せてたが、気付くとナツアカネ♂がまだだった。「赤トンボ」の代表格を忘れてはいけませんね。それに、アキアカネとシオカラトンボもまだと分かりました。今日のトンボが続けられそうです。

 ナツアカネはアキアカネほどたくさんはいないが、探せばそこそこ見つけられる、としておこう。実は、雑記帳へ載せるために探し回り、赤くて綺麗な個体を見つけ出すまでに1時間かかった。♀を見つけるまでに更に30分。

 この個体、胸の部分がまだ完全に赤くなっていない。9月になれば、もっと真っ赤な個体が見つけられると思う。

 松本盆地と周辺で見られるトンボは、図鑑の分布図を頼りに数えると最大で84種と思う。なんだかんだで43種は雑記帳に登場させた。鳥見の合間のトンボ見だったが、ますます深みにはまりそうです。「赤トンボ」で追跡中はコノシメトンボ、マイコアカネ、ヒメアカネ・・・もう深みから抜けられないかも。
 

ナツアカネ ♂  2013年8月29日   長野県 安曇野市

ナツアカネ ♀  2013年8月29日   長野県 安曇野市

 最後はカマキリに捕まったノシメトンボ。食う者と食われる者、それを眺める者・・・自然は様々です。



8月28日 スカの日

トビ    2013年8月28日   長野県 安曇野市

 涼しいまでもう少しだが、北風から生ぬるい暖かさが消えた。24日から秋の大気に包まれ始めている。1匹もいなかったアキアカネやノシメトンボが戻って来て、あちこちで見られるようになった。
 発生の時期が来たのか、御宝田池の周りでミヤマアカネが突然たくさん現れ、飛び回っている。
 トンボを見始めてまだ3か月だが、トンボは季節や気温の変化を鳥以上に感じるらしいと、素人ながらに分かった。

 まだ撮れていないコノシメトンボの真っ赤な♂を見つけた。やれ嬉しやとレンズを付け替えている間に飛ばれてしまった。探しても見つけられず。どうやら、今日はついてない日だと思う。

 鳥さんにも恵まれず。だいたい、トンボを探す目玉になっていると、鳥は見えず、鳥を探す目玉になっているとトンボは見えない。目玉がふたつでなく、トンボの複眼のようにたくさん欲しいところ。

 昨年は、この時季にトウネンやキリアイが出たのだが、今年はいまのところシギはゼロ。コチドリの幼鳥が数羽乾いた休耕田にいただけ。水の入った休耕田が無くなったので、犀川の川原へ降りていないか見回るもゼロ。どうやら、シギには恵まれない晩夏になりそうだ。

 ところで、例年の習いでは、そろそろ気の早いコガモが渡って来るはず。トンボから鳥へ目玉を入れ替えなければ・・・スカ日の帰り道の運転は眠たくなってならない。
 
 

トビ 幼鳥   2013年8月28日   長野県 安曇野市

アキアカネ ♀   2013年8月28日   長野県 安曇野市


8月26日 がんばれ モズッ子

      バッタが空を歩いた日

 暦の上では August でもハートは Sptember

 過ぎゆく夏のたわむれに
 たまに 空など 歩いてみよか

 昨日の私はリメンバー ただよう気分はロンリー
 歩き疲れて もう 落ちそう

 暦の上では August でもハートは Sptember

 過ぎゆく夏のはかなさに
 たまに 花など めでようか

 昨日の私はリメンバー ただよう気分はロンリー
 歩き疲れて もう 眠りたい

 夏だった みんな夏だった
 夏だった みんな夢だった

 夏はなんでも すり替える 
 昨日と明日を すり替える
 たのしさとさみしさを すり替える
 
 夏だった みんなみんな夏だった
 夏だった みんなみんな夢だった

 

ハシボソガラス    2013年8月24日   長野県 安曇野市

オオバン ヒナ    2013年8月26日   長野県 安曇野市

 オオバンはほとんど近くへ来てくれない。それに、雑草やヨシが背丈まで伸びてしまったので、水面を見られる場所が限られてしまった。それでもヨシや雑草の隙間から、ちょっとだけ失礼。

 オオバンのヒナはまだ甘えん坊。自分で水中へ潜って水草を採れるのに、親鳥にねだって水草をもう。親鳥も甘過ぎるのかも知れない。なにせ、1羽だけのヒナだから。


オオバン 親子    2013年8月26日   長野県 安曇野市

 モズの幼鳥がいた。しきりに何かを見ていた。この大きさだから、まだ親鳥から食べ物を運んでもらうのではと思い、親鳥が来るのを待つことに。しきりに見ているのは、動き回る親鳥だろうと思った。


モズ 幼鳥    2013年8月24日   長野県 安曇野市

 モズッ子が移動し始めた。親鳥の方へ近づこうとしているのだと、勝手に判断。いよいよシャッターチャンスが来るかと目をこらすが、親鳥はどこにも見えない。

 モズッ子が見ていたものは、なんと速贄(はやにえ)だった。どうやら川原にたくさんいるバッタらしい。

 考えてしまった。こんな幼鳥が速贄を作れるだろうか?バッタを捕らえることは可能だろうし、捕らえて食べているだろう。しかし、まだ速贄を作るまでは成長していないのでは。
 すると、この速贄は親鳥が子供のために用意したのだろうか。速贄作りの学習をしているのだろうか・・・これは考え過ぎだろう。

 誰かの作った速贄を、モズッ子が偶然みつけたと考えるのが正解だろうか。速贄を前に、すぐに食い付かず、モズッ子はためらう。どうやら食べられるか判断しているらしい。


 2、3回つついてみて、食べられると判断したらしい。速贄をくわえ、ひきはがすと、美味しそうに食べてしまった。

 モズッ子、これで速贄が何ものかを学んだろうか。次から作ることが出来るだろうか。モズは本能的に速贄を作るのだろうか、それともこのモズッ子のような経験を通して学んで行くのか・・・これは難しい問題。モズ研究の文献でも漁らなければならないだろう。

 少し強めの風で、枝はゆさゆさと揺れ、不安定な状況だったが、モズッ子は上手くバランスを取り、食事を終えた。

 がんばれ モズッ子!

 


8月25日 オオバン 初記録のこと

オオバン親子    2013年7月16日   長野県 安曇野市

7月16日に孵化したオオバンのヒナ 7月16日に「初記録」とこの雑記に書いた

 7月16日に御宝田池でオオバンがヒナ1羽を孵した。同時期白鳥湖の遊水池でもオオバンが抱卵していたが、こちらはアオダイショウに卵を食べられてしまい、繁殖は失敗に終わった。
 御宝田池のヒナが安曇野で誕生した第1号、つまり初記録でした。ローカル紙でも後に記事になりました。

 ところが7月24日、初記録を書き換えねばならない事態が起きました。白鳥湖の本流にある木の茂った中州の陰から、かなり大きくなったオオバンの幼鳥5羽が親鳥と共に現れました。数名で確認しましたので間違いありません。大きさからすると、明らかに白鳥湖の幼鳥が先に生まれたと考えられます。つまり、初記録は白鳥湖の親子のものと記録を書き換えねばなりません。

 下の画像2枚は御宝田池のヒナの現在です。


オオバン ヒナ    2013年8月24日   長野県 安曇野市

オオバン ヒナ    2013年8月24日   長野県 安曇野市

 御宝田池のヒナはだいぶ大きくなり、灰色で小さいながらも額板が出来ています。嘴がだいぶ黒くなりました。成鳥の嘴は白いので、黒くなるのは不思議な気がしますが。虹彩はまだ褐色で赤味はない。体色は親鳥より薄く、濃いめの灰色をしている。

 (※ 額板=がくばん 上嘴の元から額にかけてある板状の白い部分。個体によって厚さ・大きさが違う。人間の指紋のように個体ごとに違うと言われている。額板の大きさがオオバンの優劣に関係するとも言われているが、何のためにあるのか定説はない)

 オオバンの成長過程を見るのは初めての経験ですから、大いに楽しんでいます。

 上の画像で正面を向いているヒナの後ろにウキヤガラが積み上げられていますが、これがオオバンの巣です。孵化後ヒナの小さいときは巣に上がって休憩していました。その後巣は使われないだろうと考えていました。ところが、画像のように緑色のウキヤガラが積み上げられている。これは巣を補修していると考えてよいと思う。ただ、観察している限りでは、オオバンは巣に入らない。推測するに、夜間の寝場所に使っているのではないか。

 次は、新記録を書き換えた白鳥湖のオオバンです。遠くにいて近くへ来ないので、明瞭な画像はまだ撮れていません。

 下の画像、水面にオオバンが7羽います。右の2羽が親鳥で、他の5羽は幼鳥です。少しだけですが、飛べますから、ヒナより幼鳥と言うべきでしょう。体の大きさはほぼ成鳥と同じ、嘴はほとんど白く、額板も白くなっています。


オオバン 親子    2013年8月25日   長野県 安曇野市

オオバン 幼鳥    2013年8月24日   長野県 安曇野市

 これまで、白鳥湖の犀川本流側もチェックをしていました。鳥撮影に目覚めてしまった写友も、週に何度かはこの場所で撮影しています。その目にかからなかったのは、恐らく中州の陰で生活していたからでしょう。
 
 幼鳥の大きさや成長の度合いから、孵化は御宝田池のヒナより15日は早いのではと推測しています。この日数差は御宝田池のヒナの成長を観察し続ければ、やがて分かると思います。

 下は水面を走り、わずかばかり飛んだ幼鳥の1羽です。


オオバン 幼鳥    2013年8月25日   長野県 安曇野市


 今日のトンボはルリボシヤンマ。

 雑木林の中の道に出来た水溜まりでルリボシヤンマがホバリングをしていた。図鑑には「狭い範囲を飛び回り、縄張りを占有する」とある。

 この個体、わずか2m四方の水溜まりが数個あるなかのひとつの水溜まりだけを「占有」していた。ほんとうに狭い範囲!おまけに、数日晴天が続けば干上がってしまう水溜まり。少し気の毒になってしまう。

 葉が茂り薄暗い雑木林の中、ホバリングをしているとは言え、トンボを超望遠レンズで撮ろうなんて・・・しかし、他の大型ヤンマに比較してルリボシはホバリングで停止している時間が長い。5秒間だと苦しいが、7秒間停止すれば文明の利器なら何とかなります。あとは感度を30000まで上げて・・・。

 鳥とトンボの二刀流になってしまった。しかし、トンボはあくまで自分用の図鑑作りです。


ルリボシヤンマ ♂    2013年8月24日   長野県 安曇野市

ルリボシヤンマ ♂    2013年8月24日   長野県 安曇野市


8月24日 夏休み そして夏は行く 2

アオアシシギ    2013年8月22日   三重県

アオアシシギ    2013年8月22日   三重県

 古の暦や節気を考えた人は実に凄い人物だと思う。21、22日と猛暑の夏だった。23日、処暑になった途端に暑さが消えてしまった。処暑「暑さ退かんとす」、まさにドンぴしゃ。

 20日まで、窓を開け放しても暑くてたまらないので、エアコンをかけっぱなしで寝ていた。そして猛暑の海岸で2日間過ごし、23日は雷雨。その夜、つまり処暑の夜、窓を開けていたら寒さを感じるくらい、エアコンどころか、窓を開け放したまま寝ると風邪を引きそう。それまで何も体にかけず、ベットでごろ寝していたが、いそいで厚めのタオルケットを出した。かくて今年の夏は行く・・・。


アオモンイトトンボ ♂    2013年8月22日   三重県

 海辺まで出かけて、トンボを探しているとシギ見は出来ない。トンボ探し根性は松本に残したはず、しかし、見慣れぬトンボが目に付いてしまうと、もう止まりませんでした。これは松本盆地と周辺には分布していないイトトンボ。さっそく撮影ーモードにスイッチがON。22日のトンボはアオモンイトトンボ。松本盆地と周辺で見られるトンボを撮っているので、1種増えたことにするか・・・ちょっと悩む。
 見た瞬間に、松本盆地にいないトンボと判ったから、6月から始めたトンボの勉強も少しは身についたらしい。

 

アオモンイトトンボ ♂未成熟?   2013年8月22日   三重県

セイタカシギ 幼鳥    2013年8月22日   三重県

 もちろん、日の出前から鳥見をしました。潮が引き始め、目覚めたシギやチドリたちが歩き始め、オオメダイも2羽出て来た。しめしめの状況が始まったところで、元気なおじいさんが砂浜の早朝散歩。一斉に飛び去るシギとチドリの群。赤味のある海上を飛ぶシギの群は撮れたが、早起きの甲斐がない朝になってしまった。だいたい鳥見はこんなものです。

 そうこうしている間に潮はどんどん引いて、シギたちは広がる干潟を沖へ沖へ。仕方がないので、水田といつもの池を巡ることに。この夏雨が少ないせいか、ここでも水の入った休耕田が見つからず。あちこち走り回ってガソリンの無駄遣いをしただけ。

 大潮の時は、潮が満ちるまで暇です。いつもの池にもセイタカシギがいるだけで。トンボ探しに変更したらと悪魔がささやくけれど、我慢して広い干潟を双眼鏡。貝採り人間とサギ・・・ちょこちょこ走るキアシシギ・・・やれやれ。暇なので、高校野球の決勝戦をカーナビで見ながらときどき干潟を双眼鏡。

 9回裏1点差、ノーアウト1、2塁・・・バントしないなんて、強気な監督・・・。その時、遙か彼方の干潟にいる1羽のダイシャクシギが双眼鏡に入った。それまで、チュウシャクシギやソリハシシギなど大型のシギに全然会えなかったので、もの足りなかった。しかし、ごま粒みたいに小さくしか見えないがダイシャクを見つけて、思わずにんまり。後はひたすら潮が満ち、ダイシャクが近くへ来るのを待つだけ。

 

ダイシャクシギ    2013年8月22日   三重県

ダイゼン 幼鳥    2013年8月22日   三重県

キョウジョシギ    2013年8月22日   三重県

食べ物を探すキョウジョシギ    2013年8月22日   三重県

ソリハシシギ    2013年8月22日   三重県

 22日はときどき雲が広がったので21日よりは楽だった。曇っている間に鳥を撮ると、背中が白飛びしたりしなくていい。しかし、影なしの画像は物足りない。

 下は、内緒話中のミユビシギ。「ねぇ、近くまで群で来たんだけれど、はぐれちゃったみたい」「それより、朝までいた子はどこへ行ったの」勝手な想像です。

 ミユビシギ22日の早朝までは3羽いたのですが、夕方には2羽しか見つかりませんでした。この時期、まだ夏羽の赤褐色の羽が残る個体や、大半が冬羽に換わって白くなった個体などが入り混じった群を見られると思っていました。渡りが遅れているのか、それとも別の場所に群れているのか、ミユビシギは3羽だけで、ちょと寂しかった。

 久しぶりのシギ見、8月20日前後はこんなものでしょう。シギやチドリが渋谷のスクランブルの人混みみたいにわんさかいたら、それはそれで楽しいでしょうが、逆に有難味が薄れるというもので。
 猛暑の中、滴る汗を拭き拭き、昼間が大潮という悪条件でも、これだけシギが見られれば十分です。アカアシシギもダイシャクシギも他のシギも1年ぶりでしたから。

 滴る汗の2日間の夏休みが終わりました。そして夏は行きました。


ミユビシギ    2013年8月22日   三重県


8月23日 夏休み そして夏は行く 1 

お昼寝中のトウネン    2013年8月21日   三重県

 16日に「孫台風」が来て、例年だと1、2日で引き上げて行くのだが、今年は21日の朝まで頑張られ、「じじ」は鳥見どころではなく、へとへと。でも、お供でヘラクレスオオカブトやカピパラなどが見られたから、それなりよかったか。

 「じじ」の部屋は、大型のエアコンが付いているので、たちまち占領されてしまい、パソコンはゲームに、テレビは「逃走中」のビデオが終日流れ、「じじ」の居場所が・・・。

 盆に田舎へ帰省して、「じじ・ばば」にランドセルを買ってもらうのが流行とか。誰がそんなこと流行らせたのだ。「じじの財布」もくたびれた。思うに「じじ」に会いに来たのではなく、「じじの財布」に会いに来たのでは・・・。

 で、応援に来たかあちゃんにババ様のお守りを頼み、やっともらえた夏休みが21・22の2日間。2日間だけの鳥見となると、考えるまでもなくシギ。例のごとく海辺へ。

 しかし、何とも日が悪く、満月の大潮で、干潮時刻が昼の12時頃。つまり干潟が沖合まで広がって、シギやチドリはお食事にお出かけしてしまう。彼方の干潟にいる鳥さんは双眼鏡くらいでは歯が立たず。分かっていて来たのだから仕方がないけれど。

 おまけに、暑いこと、暑いこと。同じ35度でも信州の暑さは乾いた暑さだが、海辺の暑さは体にまといつく、粘着質のべたべたな暑さ。大いに参りました。


ゴミの陰に隠れているつもりのムナグロ    2013年8月21日   三重県

 朝の7時頃に出発したので、現地へ着くのに4時間半もかかった。当然現地は昼下がり。干潟は広がり、大気は蒸し風呂状態。しかし、そんなことで鳥見をやめるほどの初心者ではないですから、汗を拭き拭き、お〜い鳥さん!

 昨年メダイチドリとオオメダイチドリがいた場所を、今年もいるかと訪ねたら、なんと、綺麗に積まれていた石積みが、護岸工事でならされて、なくなっていた。堤防上に止めた車から、ちょうどいい目線の高さで撮影出来たのに、アクセントの雑草も適度に生えていたのに・・・。
 それでも諦めずに双眼鏡。4羽のムナグロと4羽のトウネン・・・沖合彼方にいるアオサギとチュウダイサギ、飛ぶはカワウかウミネコか・・・。

 真夏の砂浜の撮影で一番の障害は陽炎。少し距離がある鳥さんを撮ると、ゆらゆらのもやもや画像になってしまう。堤防上から撮っても使い物にならない。

 陽炎を避けるために、鳥さんを飛ばさないように15mの距離まで、それも陽炎が立っていない水で覆われている場所まで移動する。全身滝のような汗。たかがトウネンとムナグロを撮るために大汗をかかなくてもいいのだが、そこは久しぶりのトウネンにムナグロだから、やはり張り切ってしまい。


アカアシシギと3羽のセイタカシギ   2013年8月21日   三重県

 アカアシシギもセイタカシギも何度も撮っているから見るだけでいいのだけれど、でも撮ってしまうのは、鳥見人の性ではなく、カメラ好きの性ゆえ。行けば何かしらのシギと出会える、出会えば撮ってしまう。その繰り返しで、家へ帰ってパソコンへ取り込む段になって、またまた1000コマ以上も撮ってしまったと、少し反省はするけれど、毎度同じ事を繰り返す。反省だけならサルでも出来る、私しゃサルにも劣るかも。

 堤防の上を走っていたら、頭上でチョウゲンボウの幼鳥がホバリング。あまりの近さに画角からはみ出す。砂浜のバッタを探している最中で、人間のことなどかまっていられない、そんな雰囲気でした。嘴に付いているゴミは食べたバッタの残骸のようです。


チョウゲンボウ 幼鳥   2013年8月21日   三重県

キアシシギ   2013年8月21日   三重県

 影が長くなる頃、満ちる潮で干潟が徐々に消え、沖にいたシギやチドリたちが近くの浜へ戻って来た。いつものように堤防の上から眺める。
 
 シロチドリが相変わらずたくさんいた。ここでは見慣れた常連のチドリだが、しかし私のフィールドの松本盆地へはシロチドリは入って来ない。海岸を回っている鳥見人さんには意外でしょうが、未だ松本盆地で出会った経験がない。渡りの途中で盆地の上空を通過しているはずと思うが。安曇野へ現れた記録はないと思う。

 休耕田で、ヨーロッパトウネンを期待するより、シロチドリを期待した方が現実的かも。もし、シロチドリが現れたら、安曇野初記録のはず。

 シロチドリが羽を膨らませて、小走りに走る姿が面白い。いつも見とれてしまう。21日も眺めていたら、砂浜に溜まったゴミの中からメダイチドリが現れた。

 おやおや、昼に行った海岸にはいなかったが、今年はここにいたのだ。1羽見つけるとぞろぞろ見つかる。そうなると、見たかったオオメダイもいるのでは・・・。ゴミの間を双眼鏡。


奥から キョウジョシギ キアシシギ メダイチドリ   2013年8月21日   三重県

オバシギ 幼鳥   2013年8月21日   三重県

メダイチドリ   2013年8月21日   三重県

 メダイチドリも、過去1例の記録はあるが、松本盆地へは来ない鳥。もちろん私はまだ松本盆地で出会っていない。いつか、ちょっとだけでいいから立ち寄って欲しい鳥である。

 慣れるまでは、メダイとオオメダイの識別は難かしい。オオメダイみたいなメダイを見るたびにドキッとする。30羽ほどのメダイの群を1羽ずつ見て、オオメダイは4羽まで見つけられた。うん、今日は勉強になったと汗を流しながら満足。

 メダイの群の中にオオメダイがいると比較出来るので助かる。オオメダイを見つけて、隣のメダイと比較。確かに嘴は長いし、足も長いし、足の色も淡色だし・・・と、ひと安心。下の画像は見下ろして撮影しているので、やや背丈が縮んで見えるが、いちばん近くまで来てくれたオオメダイチドリです。

 地元の鳥見人さんの話だと、4羽ではなくもう数羽いたらしい。とにかく、一時に複数のオオメダイと出会ったのは与那国以来だから、この一点だけでも半日汗まみれで鳥見をした甲斐がありました。


オオメダイチドリ 幼鳥  2013年8月21日   三重県

ミヤコドリ   2013年8月21日   三重県

 越夏したミヤコドリは10羽だったとのこと。現在は12羽になっていた。

 オオメダイが近くへ来ないので、砂浜へ降りて近づこうかと考えていたら、地元の先輩鳥見人さんに先を越されてしまった。横から割り込み、お邪魔して、シギたちを飛ばしては申し訳ないから、堤防に止めた車の中から眺めることに。その結果、上のオオメダイが撮れたのだが。

 先輩が鳥見を終えて上がって来たので、改めて挨拶。「お久しぶりで」1年ぶりの挨拶だった。
 その後、もっと大先輩の鳥見人さんもおいでになり、しばし雑談。私のフィールドでは交わせない密度の濃い鳥の話、とても楽しい夕方でした。

 先輩と分かれて、いつもの夕焼けを眺める場所へ。21日は興奮するほどの夕焼けは現れなかったが、それでも赤い太陽が降りて行く様を見ていると暑さも忘れます。

 かくて、汗まみれの夏休みの1日が終わりました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 21・22日とシギ見をした。現地では、大潮なので、日が悪いと思っていたが、今日23日から振り返ると、グットタイミングの2日間でした。

 今日、前線が一気に南下して、全国的に雨降り、それも大雨になったから。しかも、前線が太平洋まで下がれば、猛暑の夏から一気に秋になってしまうだろうから。夏の最終日にシギを見て、行く夏を満喫し、汗まみれで夏を見送れました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この雨で、安曇野の休耕田も水が溜まるだろうし、行く手を豪雨で遮られたシギやチドリが降りるかも。ヨロネンやオオメダイなんて贅沢は言わないから、せめてアオアシ、アカアシくらいは休憩して欲しい。明日の天気が気になります。


セイタカシギ   2013年8月21日   三重県


8月14日 盆です

オオアオイトトンボ ♀   2013年8月14日  長野県 安曇野市

 盆です。さしたる用事もなく、来客の予定もなく、さりとて、祭壇の用意をせねばならず、墓へお迎えに行かねばならず、坊さんが来るので湯茶の用意もせねば・・・お布施はいくら包んだっけと思い出そうとしたが、思い出せず。こんな時は1万円も包めばいいだろうと、たぶん昨年も同じように考え1万円だったろうと・・・。
 盆です。なにせ労働力がひとりだから、多忙ではないけれど、忙しいです。

 昨日、写友がカササギを2羽見かけたと連絡をくれた。1時間ほど隙間時間で見に行くが現れず。残念至極。盆でなければ、少なくとも4時間は現れるのを待つのだが、13日は迎え盆だから、途中で線香を買ってしぶしぶ帰る。安曇野の何処かにカササギが2羽いるはず。
 90年代の終わり頃、小谷村で繁殖行動をしたカササギのペアーがいた。恐らく、それ以来の出現だと思う。カササギが松本平を彷徨していれば、また出会うチャンスはあるだろう。

 今日も隙間時間に出かけるが、撮れるような、撮りたくなるような鳥さんに出会わず。

 なにせ暑いですね。気温35度が続く盆など始めてかも。このまま温暖化が進むと、ゲリラ豪雨の頻発よりも、マラリア蚊の侵入が起きたりして。なにせ、雑木林で頻繁にヤブ蚊に襲われるから、ややこしい病を持った蚊だけは御免被りたい。

 いつものように、突拍子もないことを考えながら、オオシオカラトンボを捜していたら、うん?と思うイトトンボがいた。とっさに名前が分からず。腹の先端(腹部第9節)がやけに太い・・・図鑑を持ってくればよかった・・・そこで思い出した。第9節がやけに太い緑色の目玉のトンボはオオアオイトトンボの♀ではないかと。

 前置きが長くて、どうも、です。こんな経過で、また1種見つけました。今日のトンボは、オオアオイトトンボです。15時を回っていたので、薄暗くて絞り込めず。明日の隙間時間にもっと図鑑的な写真を撮りに行こうと思う。明日もいるといいのだが。


 オナガシジミ ?  2013年8月14日  長野県 安曇野市

 イトトンボの撮影をしていたら、横のクズの葉へチョウが止まった。チョウには手を出さない、撮影はトンボだけ、鳥見のついでにトンボだけと決めていたが、このチョウは始めて見た、はず・・・瞬間に名前が浮かばないチョウは、かって標本箱に並んでいなかったチョウ。では、夜に名前を調べるためにスナップしておこうとシャッターを切り、もう少し低い位置から撮ろうと体を動かしたら飛んでしまった。ほんの瞬間のお付き合いだった。

 夜に図鑑を開く。チョウの図鑑も2冊持っています。なんだかんだと分からないことを調べるには、まず図鑑からが子供の頃からの習慣なので。たぶんオナガシジミでいいと思います。よく似たウスイロオナガシジミというチョウも図鑑に載っているが。トンボよりチョウについては、さらに素人だから、間違がえているかもです。

 17時過ぎに家へ着き、庭の菜園へナスを採りに行くと、またまた見慣れぬチョウがいた。ついでだからと車からカメラを出してスナップ。このチョウも、見たことがあるような無いような・・・。

 子供の頃、小さなシジミチョウは展翅板にうまく止められなかったので、あまり採集しなかった。ミヤマカラスアゲハのような大型で綺麗なチョウを追いかけたから。

 随分と殺生をした。盆だからではないが、この歳になると、標本箱は楽しい思い出でもあり、苦い思い出でもある。このチョウは、図鑑によると、トラフシジミの夏型らしい。

 最近は、撮影で楽しめるから、殺生をしなくて済む。これはいいことだと思っている。昔は、ずらっと並んだ昆虫標本を見るために、夏休み昆虫標本展などへ出かけたが、最近は見たいと思わない。これも歳のなせる業か。

 そうそう、白鳥湖の遊水池でキンクロハジロの♂が3羽になった。越夏している2羽に加え、何処かから1羽が来たらしい。2羽と1羽に分かれて、付かず離れず状態で行動している。間に入っているのが、ホシハジロの越夏している♀。

 渡りの個体が来たとは思えない、可能性がゼロではないが。日本の何処かでふらふらしていた個体が、偶然来たのだろうか。メジロガモの例もあるから。

 抱卵中のカイツブリは、そろそろ孵化する頃だが、まだしっかり抱卵していた。巣の修復にも熱心に取り組んでいた。アオダイショウが現れませんように。

 

トラフシジミ 夏型♀ ?  2013年8月14日  長野県 松本市


8月10日 暑いですね

オオムラサキ   2013年8月10日  長野県 安曇野市

オオムラサキ   2013年8月10日  長野県 安曇野市

 いやはや、暑いですね。信州人は、と一般的に言ってもいいと思う、寒さにはそれなりに強いけれど、暑さには弱いですね。バテバテです。

 昨日は、盆が来るから、庭を雑草畑にしておけないし、庭木も森に帰ってしまう前にやっつけないと。そのままの方が、虫さんがたくさん発生するから楽しいのだが。
 珍しく早朝から庭木の剪定など・・・しかし、気温は鰻登り、たちまち30度を超え、35度も超え・・・私はふらふら。

 今日はもっと暑くなると気象予報。予報士はいいや、エアコンの効いた部屋でお仕事だもの・・・ぼやいていても片づかないので、午前中だけ雑草退治をして、午後はいつものようにお出かけ。いやはや、今日も暑いの一言。

 ゴマダラチョウは、いつもエノキの高い梢にいたので、子供の頃、さんざん苦労して1匹だけ捉まえた。人生60余年、この1匹だけが手で触れられたゴマダラチョウである。

 ゴマダラチョウを見かけたので、懐かしくて何とか撮影しようと待っていたら、オオムラサキが来た。8日の個体ほどボロボロではなかったが、この個体も翅が傷んでいた・・・で、ゴマダラが現れないので、代わりに記念撮影。翅を閉じると、枯れ葉に見えた。オオムラサキの紫色は本当に綺麗ですね。

 ぽたぽた汗を垂らしながら、15分ほど待ったが、ゴマダラとは再会出来ずに終わりました。

 以下、あれこれと出会った順に書きます。


オオシオカラトンボ ♂   2013年8月10日  長野県 安曇野市

 出会った鳥は、シジュウカラの幼鳥、セグロセキレイの幼鳥、コゲラの幼鳥、ホオジロ、スズメ・・・撮ろうかな、暑いからやめよう。本日は少々軟弱者で、車から出なかった。炎天下は暑かったから。

 そこで、水田と雑木林が隣接する場所へ移動。雑木林の陰に入れば、幾分暑さはしのげるから。トンボだってこの暑さだから日陰に入っている、多分そうだろうと初心者の考え。シオカラトンボにマユタテアカネが数匹林縁にいた。ここまでで500mlのペットボトルが1本空に。飲んだ分だけ汗が出るのに。

 トンボは体温をどうやって調整するのだろう、鳥は呼吸で体内の熱を放出するが。体温が低下すると、日向へ出て日光浴をし、体温が上がり過ぎると日陰で静止して熱の発生を防ぐのだろうか・・・昆虫学者に教えを請わなければ分からない・・・そんなことを考えていたら、青灰色のトンボが目の前にいた。

 このトンボは・・・しばらく記憶を探るが、名前を思い出せず。今日は図鑑を持参していなかったので、頭の中で図鑑を思い出すしかない。コフキトンボに似た色だが、腹部の形状が違うし、コフキより大きい。シオカラトンボじゃないし・・・などと考えながら、ともかく撮影はする・・・正面顔を撮りながら、はっと気付いた。これは、オオシオカラトンボではないか。だとすれば、60余年の人生で始めて出会ったトンボである。

 帰宅して、真っ先に図鑑を開く。間違いなくオオシオカラトンボの♂でした。また1種ゲット。今日のトンボはオオシオカラトンボということで。明日時間がとれたら、もう一度見に行こう。♂がいたから、♀もいるのでは。凝り性は際限なしです。


オオシオカラトンボ ♂   2013年8月10日  長野県 安曇野市

ツマグロヒョウモン ♀   2013年8月10日  長野県 安曇野市

 林縁を更に移動していたら、オニヤンマと見えるトンボが周回していた。大きさといい、トラロープ色の体といい、オニヤンマ。かなりのスピードで飛び回り、全然ホバリングもしない。撮りたいけれど、とても無理そう。そこで、何処かへ止まるのを待つことに。暇人だから待つのは慣れている。しかし、15分見ていたが、ついに止まらず。

 諦めようとしたところへ、ふわりとツマグロヒョウモンが飛んで来た。ツマグロヒョウモンが現れる時季になったのか・・・記憶だと少し早いようだか。記憶の中では、ツマグロヒョウモンはセイダカアワダチソウの黄色い花とセットである。アワダチソウが咲くのは、まだ先のこと。

 飛来時季が早まった?・・・これも温暖化と猛暑のせいだ・・・としておこう(なんの根拠もない、単なる当てずっぽうです)。結局オニヤンマは撮れずじまい。

 こんなことしていると、鳥見人の影がだんだん薄くなり、今に鳥さんの名前も分からなくなるかも・・・それはやばいからと、オオバンのヒナを見に行くことに。


オオバン 幼鳥   2013年8月10日  長野県 安曇野市

 オオバンのヒナは健在で、相変わらず2羽の親鳥がせっせと面倒を見ていた。5日に会ったときよりかなり首や胸が白くなり、顔の赤い色も、敢えて捜さなければ見えないほど、目先のごく狭い部分だけになっていた。ヒナの成長は驚くほど早いですね。

 オオバンがもっと近くまで来ないかと待っていたら、上空を旋回するタカが目に入った。さっそく双眼鏡するも、遠くて小さくしか見えない。しかし、あれは形からサシバではないか・・・。撮影してモニターで目一杯拡大してみる。サシバの幼鳥で間違いなしでした。

 サシバの幼鳥、旋回を続け、高度を少しずつ上げながら南の方角へ消えて行った。中には気の早い奴もいるのだろうが、それにしても渡りにはまだ早い。8日のミサゴに続き、この秋に見た渡るタカの第2号でした。

 暑かったので、軟弱にも、ほとんどエアコンを効かした車の中からの見物でした。でも、3時間の間にたくさんの出会いがあり、滴った汗の分だけ、楽しさとラッキーを拾えました。

 しかし、この暑さ、何とかならないですかね。苦情は誰に言えばいいのだろう。八百万の神様なんとかしておくれ・・・。


サシバ 幼鳥   2013年8月10日  長野県 安曇野市


8月8日 立秋の頃

立秋の頃  カルガモ   2013年8月8日  長野県 松本市

 昨日が立秋だった。暑さで頭がぼんやりしていたので、忘れていた。この5年ぐらい、立秋の頃の話題は同じ。夜半ガラス戸を開けると虫の音が聞こえる、日中は厳しい暑さが続いているが、夜はもう秋が来ている・・・。今年も同じ、元気のいい虫たちの声が賑やか。

 昨夏のちょうど今頃、千鹿頭池ではチョウトンボがたくさん発生していた。まだトンボに入れ込む前だったので、適当に撮影しただけだった。また、毎度の反省をしている、撮れるときに撮らないと次はないと。

 この夏、これまでチョウトンボを3匹見ただけで、撮影も出来ていない。なぜ今年は発生しないのか。トンボの発生にも波があるのか。近くの別の池を見に行って、一点気付いた。

 昨年、千鹿頭池は水面の8割をヒシが覆っていた。そのヒシは一昨年から増え続けていたと記憶している。この夏は、管理組合がヒシを大幅に除去したので、ヒシはわずかしかない。

 隣の池ではチョウトンボが10匹くらい飛んでいた。昨夏の千鹿頭池に比べると決して多くはないが、ヒシが繁茂している上をさかんに飛び回っていた。なるほどと思った。ヒシが繁茂していないとチョウトンボは発生しないのだ。トンボ見初心者の思いつきだが、たぶん原因はこれだろう。

 チョウトンボの撮影は、見送りになりそう。昨夏、せっせと撮っておかなかったと悔やんでも、後の祭り。


雑種ガモの兄弟姉妹   2013年8月8日  長野県 松本市

 上の6羽は満1歳になった雑種ガモで、「先輩」家族と名付けた兄弟姉妹関係のカモたち。
 雑種ガモを見続けていて、気付いた。池にはカルガモもたくさんいるが、なぜか雑種ガモは雑種ガモだけで集合し、団体行動をする。しかも、同世代で集合することが多い。

 「先輩」は10羽のヒナが生まれたが、現在確認出来るのは上の6羽だけ。1年たって、生き残りが6羽だとしても、生存率は6割。6割は自然界では大きな数字だと思う。カルガモ色をしている個体がもう2羽生存している可能性もあるが、このグループと行動を共にしていないので、生存の確認は出来ない。

 「しろちゃん」の昨年の子共は3羽が生き残っていたが、現在確認出来るのは「しろ並」の1羽だけ。彼は千鹿頭池近くの生妻池でカルガモと仲良しになっている。特に下のカルガモと仲良しで、連れ立っている。

 「しろ並」は、現在換羽中で風切羽が無い状態なので、飛べない。今日トップのカルガモたちと休憩は一緒にしているが、カルガモたちは飛べるので、さっと飛んで行ってしまう。そんな時、下のカルガモ1羽だけが「しろ並」と共に残る。このカルガモ見る限りでは飛べるのだが。まぁ、「仲良きことは美しき哉」

 

雑種ガモ「しろ並」(左) と カルガモ   2013年8月8日  長野県 松本市

 秋の話題をふたつほど。まずはミサゴ。14時40分頃、千鹿頭池上空にミサゴが現れた。池のすぐ上まで降りて来たので、魚捕りでもするかと見ていたが、再度上空へ舞い上がり南へ飛び去った。

 有名なタカの渡りのタカ柱同様に、上昇気流を捉まえて、螺旋を描き、最後は肉眼でかろうじて見えるほど小さくなるまで上昇し、空を滑って行った。秋の渡りのタカ、私が見たこの秋の第1号です。


ミサゴ   2013年8月8日  長野県 松本市

ノシメトンボ ♂(成熟)   2013年8月8日  長野県 松本市

 ふたつめはノシメトンボが増えたこと。ウスバキトンボは、松本平のあちこちで普通に見かけられるほど増えた。水田や河川上で見る機会が断然多いが。そして、ノシメトンボも気付けば、農業用の園芸棒の先や枯れ枝の先などに止まっている。

 画像は「竿の先」ならぬ鉄パイプの先に止まった「赤トンボ」。夕焼けが始まるまで待ちたかったが、ままならぬのが日常というしがらみ。ぼやきは置いて、ノシメトンボ、数日前までは、赤くない若い個体ばかりだったが、今日は成熟して赤くなった♂を数匹見かけた。「赤トンボ」は秋の代名詞。確かに立秋を過ぎました、そんな感じ。しかし、現実は汗が滴る農道の昼下がり。

 最後に、今日のトンボ。飛んでいる姿は何度かみかけたが、ホバリングをしてくれないので、まるで撮影出来ず。くっそ〜!と思うトンボでした。10秒間ホバったら絶対撮れるのに。

 池の端の雑木林で、ボロボロのオオムラサキを、あれまッ、可愛そうにと見ていたら、突然視界の中に大きなトンボが飛び込んで来て、なんと頭上に止まった。薄暗いので双眼鏡で見ても識別出来ず。ただ、緑と黄の胸の模様だけは見えた。後はデジタル任せ。感度を上げ、露出補正をしてパチリ。いやはや、文明の利器はありがたいです。見えにくいものが見えてしまう(撮れてしまう)のだから。
 コヤマトンボ。ゲット。このトンボは「立秋の頃」とは関係ないけれど、かくて1種増えました。

 (後日加筆訂正 コヤマトンボは6月20日に撮影して、雑記にも載せましたので「1種増えた」は記憶違いでした。トンボをたくさん見ているうちに記憶が混乱してしまいました。)
 

コヤマトンボの連結  上が♂ 下が♀   2013年8月8日  長野県 松本市


8月7日 まだ静かです

今年は豊作   稲穂が出始める  チュウダイサギ   2013年8月7日  長野県 安曇野市

ハクセキレイ 幼鳥   2013年8月7日  長野県 安曇野市


 舌の先に付いている、イトミミズのようなものを飲み込む直前。水が張られた水田にはこれがたくさんいる。

 分からないシギがいるとのこと、早くもシギが来たかと出かける。しかし、イソシギだった。まぁ、私くらい鳥馬鹿になれば、ひと目でイソシギなんだが。初級鳥見の方には?かも。

 例年だと渡りのシギが現れるのは盆過ぎだから、まだ早いけれど、自然は往々にして予測や経験を裏切ってくれる。メジロガモしかり。暑い最中に水田回りは大変だけれど、見回らなくてはシギとの出会いもない。

 昨年、ややこしいセキレイがいて、ついに正体を確かめる前にいなくなってしまった。ツメナガセキレイの幼鳥ではないか・・・まででお別れだった。

 セキレイだってチェックしなければ。今年の4月にホオジロハクセキレイが出たから、越冬地へ向かう途中でまた立ち寄るかも知れないし。

 画像のような光景で、ハクセキレイがシギだったら・・・ヨロネンなんて贅沢は言わないトウネンでもヒバリシギでもいいから・・・暑さで頭がくらくらする農道、休耕田はまだ静かでした。

 


8月5日 雨のち、また雨

オオバンの親子   2013年8月5日  長野県 安曇野市

オオバン ヒナ   2013年8月5日  長野県 安曇野市

2007年7月5日  長野県 諏訪湖

 雨が上がり、幾分か日が出た。雨上がりはトンボが見つけやすい。濡れた翅が乾くまで動きが緩慢だから。初心者のわずかな経験なので、これが正解なのかは保証外。ともかく出かけなければ写真は撮れないから、蒸し暑さをこらえて、鳥見とトンボ見。

 止んだ雨が、また降り出した。車から出られないので、池の端でオオバンを待つ。ラッキーにも、今日は近くを通った。ヒナが大きくなったので、危険度が減ったと親鳥は判断しているのだろう、ウキヤガラの林から出て池を広く巡り、ひたすら食べていた。

 左は諏訪湖で撮ったヒナの画像。御宝田池のヒナも間もなく左のように頭部が白くなるだろう。成鳥の額にある白い額板がいつ出来るのか、もっかこれが一番の関心事、楽しみ。

 この池で、今のところアオミドロを一番たくさん食べている。親が与えたり、ヒナが自分で水中からくわえ上げたりする。
 
 下は、想像するに、アオミドロを大量に飲み込んで喉に詰まらせたので、親鳥が引き出しているところだろうか。この後ヒナは改めて全部を飲み込んだから、親鳥が子供の食べ物を横取りしようとしたのではなさそう。人間の勝手な想像だから、本当のところは分かりませんが。

 ともかく、親鳥は2羽とも実にかいがいしく世話を続けている。初記録のヒナ、早く大きくなっておくれ、早く額板を見せておくれと、鳥馬鹿は願う。


マユタテアカネ  ♂  2013年8月4日  長野県 安曇野市

マユタテアカネ  ♂(未成熟)

 昨日見つけられなかったマユタテアカネの♂成熟を見つけた。まだ完璧に成熟してはいないが、それでも「赤トンボ」にはなっていた。昨日と同じごく狭い場所に今日は10匹ほどいた。すぐ横に、一年中干上がらない泥質の水溜まりがあるので、そこから発生したのだろう。

 マユタテ♀には「翅端に黒色斑が現れる個体も多い」と図鑑。この場所の♀は黒色斑のあるものがほとんど。10匹ほど見た中で1匹だけ黒色斑がなかった。その1匹を見つけて嬉しくなったから、そうとうトンボマニアに傾きつつあると自分でも思う。

 ともかく、マユタテアカネはこれにて卒業としたいが、図鑑によると腹が♂のように赤くなった♂型の♀という変わり者もいるらしい。それを見るまで卒業はお預けにしておこう。

 

マユタテアカネ ♀  翅斑のない型

マユタテアカネ ♀(翅斑型)

ミヤマアカネ  ♂(未成熟)  2013年8月5日 長野県 安曇野市
 
 3日にウスバキトンボをあちこちで見かけるようになったと書いた。この場所でも、ぱらりと数匹見かけていた。

 雨が上がり、日が射すと、なんと驚き、どこからわいて来たのか、100匹以上のウスバキトンボ空いっぱいに広がった。昨日はぱらりしかいなかったのに。毎度の表現ですが、佃煮に出来るほどたくさん、それも一気に現れた感じ。

 皆同じ方向を向き、あるものは高く、あるものは手が届くほどの高さでふんわり浮かんでいる。ときに羽虫を追いかけるのだろう、す、すーッと高速で飛ぶが、また定位置でふわふわと飛んでいる。夏の終わりの予告というか、ウスバキトンボの群にしばらく見入ってしまった。

 そして、また秋のトンボを見つけてしまった。これは誰も見間違えないミヤマアカネ。同じ河原のマユタテとは違う場所で10匹ほどが群れていた。やはりごく狭い場所で。ミヤマは今年の雑記帳には初登場。

 昔は水田にたくさんいて、子供の捕虫網に捕まる常連だったが、最近松本平では減少していると思う。ほんの5m四方で10匹も同時に見たのは久しぶりだった。

 最後の画像は、捜してもなかなか見つけられなかったオオイトトンボ。なんの気なしに水辺をのぞいたら、連結状態のオオイトがススキの葉に。ラッキーの一言。

 これまで、7、8月は、バンやカイツブリの幼鳥、雑種ガモなどを見ていた。また、シギやチドリ見物に遠出をして、身の回りでトンボなどほとんど見なかった。鹿を追う者山を見ず、鳥見人はトンボなど見ず、だった。ちょっと気分転換にと、トンボを見始めたら、まぁ、たくさんの種がいること。改めて驚いています。

  

ミヤマアカネ  ♀  2013年8月5日 長野県 安曇野市

ミヤマアカネ  ♂  2013年8月5日 長野県 安曇野市

オオイトトンボ  ♂ 上  ♀ 下  2013年8月5日 長野県 安曇野市


8月4日 季節は巡る

ハグロトンボ  ♂   2013年8月4日  長野県 安曇野市

産卵中のハグロトンボ  ♀   2013年8月4日  長野県 安曇野市

オオイトトンボ  ♂(未成熟)   2013年8月4日  長野県 安曇野市








マユタテアカネ  ♂(未成熟)  2013年8月4日  長野県 安曇野市

 今日は正味1時間しか撮影時間がなく、15時過ぎから走り回った。1時間だと鳥さんとの出会いは、カルガモ以外はほとんど絶望的。そこで、トンボ達に協力を願う。鳥よりトンボの方が、短時間で何とか勝負出来るから。ただし、図鑑写真ばかりになってしまうが。それでよし。初級入門者は、まず自分の図鑑作りからと思う。

 昨日撮り損ねたハグロトンボの♂をまずゲット。それから、雑木林の中を彷徨。マユタテアカネを見つけ、1種増えた。付録で、オオイトトンボも見つけ、2種新しく雑記帳へアップ出来た。1時間の追っかけにしては上出来。

 鳥を追っていると、夏鳥と冬鳥の交代など、巡る季節を実感出来る。例えば、フィールドを回っていて、このところツバメが減ったと実感。早くもツバメの何割かが南へ向かって移動を始めていると思う。夏の真っ盛り、しかし、もう夏鳥の渡りは始まっている。「風の音にぞおどるかれぬる」よりも前に、ツバメの数で秋の気配は感じられる。

 6月からトンボを追って2か月、トンボでも移ろう季節が垣間見える・・・初心者だから大胆に言ってしまった。

 何種かいた、それもわさわさといたイトトンボが、7月末からめっきり減ってしまった。しつこく産卵したり、未熟成が飛んでいるのはクロイトトンボだけ。わずかにモノサシトンボも飛んではいるが。私のフィールドでは、イトトンボは6月だけのお楽しみと記憶した。イトトンボは真夏の猛暑が嫌いなのだろう。

 代わりに、「アカネ」とつく、秋の代名詞のようなトンボが現れ始めた。31日のリスアカネ、今日のマユタテアカネなど。代表格のアキアカネはそろって高地へ避暑に行っているので、ぜんぜん見つからない。一時は佃煮に出来るほどわらわらといたのだが。ハッとして見るとナツアカネだったり。真夏に「アカネ」が出始める。やはり「風」より前に秋の気配がかすかに。

 今日のマユタテアカネの♀は翅の先端が褐色なので、ノシメトンボかと思い通り過ぎかけ、ノシメにしては小振りだと気付く。引き返して、双眼鏡でまじまじと見ると、胸の部分の黒斑がほとんどない。これはノシメではない。初心者ですが、ここまでは判断出来ました。

 今日は図鑑を持参していたので、大急ぎで双眼鏡を老眼鏡に替えて図鑑をくくる。そしてマユタテだと分かる。

 1匹見つけたので、近くにお仲間がいるはずと、ごそごそ雑草をかき分ける。初心者の感想だが、トンボって不思議。1匹見つけると、近くに何匹か同種の個体がいる。ほんの狭い場所に固まっている。同じような環境の場所が近くにあるのに、なぜかまんべんなく広がっていない。あちこちにわらわらと飛び回るアキアカネは例外だと、初心者は思う。

 6月に見たモートンイトトンボは、スイレンを植えてある1枚の水田の隅の方にいただけ。隣の同じようなスイレン田んぼにも、隣接する葦原にもいなかった。その狭い場所におよそ15匹もいたのだから、不思議。

 マユタテは同じ場所に4匹いた。左の未成熟は、ヒメアカネかと、そうであって欲しいと思い、図鑑をくくる。しかし、残念、マユタテが結論。

 曇り空も加わって、薄暗くなり始めた雑木林の中だったので、手ぶれ画像を量産してしまった。左の画像も、実はピントが甘い。これで、明日の行く先は決定。マユタテ♂の成熟と未成熟をしっかり撮る、これが第1目標。

 早く、田んぼへシギが来ないかしら。トンボ追っかけも楽しいけれど、季節の鳥さんを見ないことには、鳥見人がトンボ見人になってしまう。

 それにつけても、海辺が恋しい。もうトウネンやチュウシャクシギなどが歩き回っているだろうな。チュウシャクシギのハドソンを見つける目標も、コシジロオオソリハシシギをしっかり撮る目標も、棚上げのまま・・・語るほどの人生ではないけれど、ちょっぴし辛いでありまする・・・なんて。


マユタテアカネ  ♀  2013年8月4日  長野県 安曇野市


8月3日 オオバン子は元気

ハグロトンボ ♀ (手前) ハグロトンボ ♂   2013年8月3日  長野県 安曇野市

 ガソリンがまた高騰している。行きつけのスタンドは、これまでたいてい土日に安売りをした。メル友会員なので、そこそこの値引きがあったのだが。最近安売りをしなくなった。財布の中味と相談すると、お出かけ回数を減らさないとならない。辛いけどれど、仕方がないかなぁ・・・。

 2010年12月19日にアマゾンへ注文した図鑑「Birds of Mongolia (Princeton Field Guides )」の、延び延びになっていた納品予定日が知らされて来た。なんと、2015年7月29〜31日ですって!一瞬13年と間違えているのではと思ったが、今日になっても届かないところをみると、やはり2015年らしい。2年も先の話し・・・やれやれです。世界中から注文を集めて、部数がまとまったから作ろうかな・・・なのかしら。邪推してしまう。 

ハグロトンボ ♀



アオハダトンボ ♀

 今日もトンボから。今日のトンボはハグロトンボ。

 アオハダトンボの発生は6月初旬からだった。始めはアオハダだけだったので、特に識別の必要もなかったが、7月中頃から同じ川筋でハグロトンボの発生が始まり、2種が混在している。2種はよく見れば識別可能なのだが、似ているのでときどき間違える。
 
 ♀は腹の先端の形から♀と識別出来、翅に白い斑があればアオハダだから識別は割りに容易。

 ♂は腹の最先端の第9、10節の腹側が白ければアオハダで、ハグロは白くない。翅の光沢も違う。覚えれば識別容易なのだが、実際川筋で見ていると、日陰だったり遠かったり、初心者は混乱してしまう。

 ハグロの♂を撮ったはずだったが、パソコンで拡大してみると、全部アオハダだった。明日また撮り直しに行かねば・・・初心者はいろいろ楽しくていいですが。


            アオハダトンボ ♂

ウスバキトンボ   2013年8月3日  長野県 安曇野市

 7月上旬、ウスバキトンボをたくさん見かけた。ところが、みな何処へ行ってしまったのか、7月中旬以降ほとんど見かけなかった。最近またあちこちで飛んでいる。

 図鑑によると「幼虫期間が1〜2か月程度(1年多世代)、成虫は春〜秋にかけて全国各地で見られ、一時的な発生を繰り返す」とのこと。なるほどと初心者は納得。イロハのイから勉強していると、毎日目から鱗というか、いかに何も知らなかったかと痛感する。

 もちろん鳥を忘れてはいません。今日は基本的には水が張られた休耕田の確認が第1目的だった。シギの渡りシーズン前に、シギの降りそうな場所をチェックしておくことは大切です。休耕田の場所は毎年変わるから。ウスバキトンボは休耕田で撮ったもの。

 休耕田はたくさんあったが、水が張られた、あるいは張られるだろう休耕田はほんの2、3枚だった。はたして、渡り途中のシギが休憩に寄るだろうか。もっとたくさん欲しいが、それは鳥見人のわがままだから何ともいたしかたなく。

 昨晩夏には、キリアイ、オジロトウネン、ヒバリシギが来た。皆1羽で幼鳥だったが、それでも探し出せたときの興奮は震度5強、メジロガモと同じくらいくらい「じぇ、じぇ」。今でも3羽の動き回っている姿をハッキリ思い出せる。
 今年は、ヨーロッパトウネン(ヨロネン)を期待しているが・・・さて。もちろん見つければ安曇野初記録。


シジュウカラ 幼鳥   2013年8月3日  長野県 安曇野市

 鳥さん、ときに説明困難な行動をする。雑木林をエナガとシジュウカラの幼鳥混群、およそ50羽が採食しながら賑やかに移動していた。皆元気そうで何よりと見ていたら、1羽が地面へ降りて、いきなり画像のスタイルを取った。何か悪い物でも食べて苦しんでいるのか、それとも怪我をしたか・・・助けてやろうかと思いながらも見ていると、急にしゃんとして、群と一緒に飛んで行った。

 シジュウカラが砂浴びをするか分からない。スズメは時々するが。この場所砂浴びには不向きな場所だし、日光浴にしては、気温30度以上の真っ昼間だし・・・私には説明出来ない光景だった。

 最後に、安曇野初記録のオオバンのお子様に会いに行く。頭部の真っ赤な色はほぼとれて、白っぽい羽毛が生え始めていた。孵化後ちょうど20日でこのくらい大きくなった。

 自分で水面のアオミドロを食べたり、アオミドロを採るために水中へ潜ったりもした。親からも食べ物を与えられていて、そちらの方がまだ多かった。


オオバン ヒナ   2013年8月3日  長野県 安曇野市

 下は親鳥からウキヤガラの髄をもらったところ。親鳥は水中へ潜り、横に生えているウキヤガラの葉を水中でもぎ取り、水上でその葉の元の髄の部分を嘴でむしり取った。これは栄養豊富なご馳走なんだろうか。

 初記録のヒナは無事に育ちそう。あとは、盆にこの池の横で打ち上げ花火大会がある。その騒ぎにショックを受けなければよいのだが。

 (画像3枚は、大きくトレミングしています。なにせ親子は遠くにいて、近づいて来ませんから)



8月1日 やるせないこと

ショウジョウトンボ ♂   2013年8月1日  長野県 松本市

ここまで赤いと、見事と言うほかない。

 かなり大きくなっていたし、水田へも行かないようだから、「しろちゃん」のヒナはもう欠けないだろうと、常連さん達や私も考えていた。

 ところが、千鹿頭池へ行くと「しろちゃん2」家族が駐車スペースの近くにいたが、白い子が1羽いない。池を見回してもいない。どうやら行方不明になったと判断。またか、と思う。昨夏は「プリン」と名付けた白いヒナが事故死した。行方不明になったヒナは「マーガリン」と名付けた子。おそらく死亡したと考えられる。

 後で常連さんに伺うと、7月31日の朝からいないとのこと。夜中、「係累図」にまた「7/31 不明」と書き加えた・・・合掌。

 また悲しいことが起きてしまった。すべてのヒナがすべて成鳥になるなどあり得ないこと。頭では分かっているが、やはり気持ちは沈む、やるせない。自然は厳しいと思い出す。

 親に捨てられたのか、いつも1羽だけでいる「かも一」の幼鳥、今日も1羽で泳いでいた。「捨てられっ子」では可愛そうだし、名前を考えようかと思っていたら、なんと親鳥が戻って来た。

 ヒナがこの程度の成長段階だと親鳥は必ず付いている。それが普通だが、「かも一」の親鳥は例外的なスパルタ教育論者らしい。ほとんど付き添うわず、我が子をほったらかしにしている。

 それで、このヒナは他のカモにいじめらても、広い水面にぽつんと1羽でいても、平気でヒシの若芽などを食べている強い子に育っている。

 親鳥が戻って来たら、やはり嬉しそうにピーピー鳴きながらそばに寄り、ぴったり並んで泳いでいた。
 ところが、スパルタかあさん、ものの5分も一緒にいなかった。ヒナを残し飛び上がり、水田上をひと回り飛んで、池の人工浮島へ潜り込んでしまった。ヒナはまた1羽残され、泳ぎ回っていた。なにか・・・やるせないと思うのは人間の勝手なんだろう。


カルガモ 「かも一」の  ヒナ   2013年8月1日  長野県 松本市

カルガモ  「かも一」親子   2013年8月1日  長野県 松本市

 カイツブリは、かいがいしく親鳥2羽で子育てをする。「かも一」のおっかさんは見習うべきだ。

 孵化後1週間過ぎるとヒナはしっかりする。親の背から水面へ降りて泳ぎ回ったりする。親鳥2羽ともが離れても4羽で浮かんでいる。

 孵化後間もない頃は小魚をもらってもすぐに飲み込めず、水面へ落とし、親が拾い上げて再度口移しする、そんな光景をよく見たが、1週間過ぎると、即座に飲み込んでしまい、落とすこともなくなった。

 下は、おきまりのお食事シーン。この池は稚魚が多いので、与える物はほぼ小魚である。画像は大トレミングしています。


 池にはトンボがたくさんいる。今はコフキトンボが特に目に付くほか、常時2、3匹のウチワヤンマ、3、4匹のギンヤンマがいる。チョウトンボはまだ集団発生前のようで、今日は見かけなかった。

 ギンヤンマの連結が解けて、♀が産卵を始めた。少し遠いがとレンズを向け、ピントが来た。瞬間、なんとカイツブリがぱくり、そりゃないぜ!
 瞬間にシャッターを切ったが、やはり運動神経が鈍っている。くわえる瞬間は撮れていなかった。

 食う者、食われる者、これが自然というもの。

 下はギンヤンマを食べられるように、「料理」しているカイツブリ。画像は大きくトレミングしています。

 

7月分   ホームヘ 9月分