私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は2か月くらいで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


8月分  10月分

9月30日 ノビタの山は来たけれど

オニヤンマ ♂  2013年9月30日  長野県 安曇野市

ノビタキ  2013年9月30日  長野県 安曇野市

 最近、雑木林の中や、林の中を流れる川でオニヤンマと頻繁に出会う。さして早い速度で飛行しないし、ほとんどが低空飛行をしているので、ちょろりとスナップ出来るのではと思ってしまう。鳥さんを見つけながら、オニにチャレンジ。簡単に撮れそうで、上手く行かないのは、腕が悪いからなのだろう。

 ミゾソバの花を見かけるようになった。松本盆地でセイダカアワダチソウの黄色とミゾソバのピンク色が目に付くようになると9月が終わる・・・などと、ぼんやり考えながら鳥さんを待つ。しかし、エゾビタキが1羽、ちらりと姿を見せただけ。

 1時間ねばったが、らちが開かないので、川原へ移動。ノビタキの1羽くらいはいるだろうと思い。

 ところが、1羽どころか1回目の山が来ていた。昨日、山が来ると20羽ほどの集団と出会えると書いたが、まさにその状況。ノビタが、控えめに15羽ほどとしておくが、林立する枯れたビロードモウズイカや、花の終わったオオマツヨイグサの先端に止まっていた。虫を見つけては先端から草むらへ飛び込み、再び先端へ戻る。あっちにも、こっちにもノビタキの状況。

 惜しむらくは、さんざん撮ったシーンの再現だったこと。今日のような画像は、もう卒業したいと思っているのだが、望む場所へノビタが行ってくれない。そこには虫さんがいないのだから、仕方がにのだけれども。万が一でもいいから15秒間止まってくれたら、望む絵が撮れるのだが。

 ここでも、結局らちが開かず。北風が強くなり、ノビタがお立ち台ごと揺れだしたので、川原での撮影も切り上げ。ノビタの山は来たけれど・・・まぁ、そのうちに期待の場所へも止まってくれるだろう。

 いつもの巡回コースに戻り、次の雑木林へ移動。しかし、何も見つからず。エゾやコサメの山はまだ来ていないのだろう。最後にいつもチェックする大きなヤナギを見上げる。先日カッコウがいた大木。杜鵑がいるなら、たいてい付近にいるはず。

 9月も終わるというのに、相変わらずヤブ蚊の執拗な攻撃が。今日は耳たぶをやられ、痒いのなんの。どうやら今日は外れ日、もう帰ろうとカメラを担ぎ上げたら、何かが動いた。大きさから、またカッコウかと思い、枝葉を透かして見上げると、黄色い脚と太めの黒い横斑が見えた。

 およッ!ツツドリらしい。三脚をつかんで、左右前後に立ち位置を変えるが、全身を見られる隙間が見つからない。とにかく胸と腹が見えたところで証拠写真を撮る。全身が見える枝へ移らないかと、ヤブ蚊を追い払いながらしばらく待つが、ツツドリ君あっちの方へ飛んしまい、はいお仕舞い、でした。ツツドリの成鳥と思うが、よ〜く見られなかったので断定出来ない。

 暑さにふうふういいながら鳥を探した9月。水の入った休耕田がなく、タシギ以外のシギは4羽しか見られなかった9月。トンボ追っかけに半分のめり込んだ9月・・・晦日に振り返れば、夢幻のような、一瞬だったような、短い長月でした。
 
 

ノビタキ ♂ 冬羽に換羽中  2013年9月30日  長野県 安曇野市

ツツドリ ?  2013年9月30日  長野県 安曇野市


9月29日 秋だ、ノビタだ

ノビタキ  2013年9月29日  長野県 安曇野市

ノビタキ  2013年9月29日  長野県 安曇野市

ノビタキ ♂  2013年9月29日  長野県 安曇野市

 楽しい話を聞いた。鳥馬鹿にしか興味のわかない話かも知れないが。

 白鳥湖で撮影されたミサゴに、偶然足環が付いていた。足環の番号を照会したところ、北海道で付けられたと分かった。

 ミサゴの移動についてはほとんど分かっていない。サシバのように東南アジアまで渡るのか、南西諸島止まりなのかも。夏季、南西諸島では個体数が減少する。逆に北海道では夏季に増え、冬季はほとんどいなくなる、この程度しか知られていない。

 私のフィールドでは8月下旬から9月いっぱいミサゴが南方向へ通過して行く。この秋も、渡るタカのカウントをしている研究グループの公開データによれば、白樺峠を36羽が越えた(9/1〜9/29、)。御宝田付近を通過した個体が、すべて白樺峠を越えているとは限らないと思うから、40羽ほどが松本盆地を越えて南下していると推測出来る。

 1羽が北海道から松本盆地まで移動したことは確かである。いずれ、山階か鳥学会の研究紀要にでも報告が出るだろう。

 さて、小さな鳥たちの渡りだが、まだ少なめの傾向のまま。10月に期待しよう・・・そう思うしか道はないです。

 今日はノビタキ専門で、川原や水田地帯を探し回った。2時間で5羽に出会えた。数的にはまぁまぁ。ただ、5羽が全部単独でいたから、ノビタの渡りの山はまだ来ていないと言える。山が来ると、数羽が集団で採食したり、移動するから。多いときは20羽ほどの集団と出会える。

 秋だ、ノビタだ、輝くススキ。ここまでは毎年撮っている。

 さて、この先をどうしようと、例えば、背景を夕焼けか黄金色の斜陽にするとか、犀川の流れのきらめきを入れるとか・・・アイデアはいっぱいあるのだけれど、舞台がなかなか整わないし、役者も希望する立ち位置へ立ってくれないし・・・。秋だ、ノビタだ、頑張るぞ!


ノビタキ ♂  2013年9月29日  長野県 安曇野市

 もろ逆光のススキの原、穂が輝く。こんな舞台でノビタキを撮りたいと、見回していたら、ひょっこり鳥が止まった。しめたと撮影を始めたら、ホオジロの♂だった。なぁ〜んだ・・・ホオジロ君ごめんチャイです。ホオジロ君、もう1本前のススキに止まってと願う。しかし、連続シャッター音に、一瞬だけ金縛り状態になったホオジロ君、我に返って、これはやばいと飛んで逃げました。


ホオジロ ♂  2013年9月29日  長野県 安曇野市


9月27日 木漏れ日

コサメビタキ  2013年9月27日  長野県 安曇野市
 木漏れ日の中で鳥さんを撮ると、日の当たる部分は白くなり、影の部分は黒くなりで、どう撮ったらいいか悩んでしまう。
 そんな状況下で撮らなければいい。それがひとつの結論。完全に日の当たる場所か、影の中へ全身が入るまで待てばいい。それもひとつ。

 今日の出会いはこのコサメビタキ1羽だけだった。悩んでいたら、シャッターを押すのをためらっていたら、何処かへ飛んでしまう。ともかく撮るしかない・・・で撮ったが、まぁ、何とか拾えるかの画像が精一杯だった。
 
 私のフィールドでも、通過する渡り鳥が多い年と少ない年がある。今年は現在まで少ない年の傾向で推移している。昨年は多い年だったので、昨年の今頃はいっぱいいたのにと、つい、ぼやいてしまう。残念だが状況を受けいれるしかないと分かっていても。

 久々、懐かしい友からメールが来た。「ときどきHPを覗いて」私が「生きているか確かめてる」だって。ムフフ・・・と嬉しい反面、雑記帳をさぼれないプレッシャー。10日もさぼったら「死んじまった」扱いにされそう。

 御宝田池でたまたま出会った方から、HPを見て参考にしていると言われてしまった。嬉しかったが、プレッシャーも。時々間違えるから、そのお積もりでお読み下さいと、ちょっと予防線を張ったりして。
 
 夜中に半分居眠りしながら作文をするので・・・なんて言い訳は、もう通用しないと肝に銘じなくては・・・と、書きながら、今も目がしょぼしょぼの0時55分。

 このところハッとする出会いが無く、トンボのシーズンも終わりかけているし、雑記帳のネタが切れそうで、明日こそいい出会いがあるようにと期待して、もう寝ます。



9月24日 エゾもコサメも

エゾビタキ  2013年9月24日  長野県 安曇野市

エゾビタキ  2013年9月24日  長野県 安曇野市

 エゾもコサメも愛想の悪い個体だった。コサメが1羽、エゾが3羽いたのに、ほどよいお立ち台へ止まらず、葉隠れごっこばかり。この3コマのために2時間も使ってしまった。

 昨日は、エゾやコサメを見たいという方を案内したが、昨日に限って1羽も現れず、なんとも申し訳なかった。
 昨日いなかった場所に、今日はちゃんといるのだから、鳥見はそんなものだと知っていても、気分悪る〜〜。4羽ともたぶん昨夜に来たのだろうが。もう1日早く来れば、ご覧いただけたのに。

 もっと悔しかったのは、葉隠れ専門で、ちらちら見えるけれど1度も全身を見せず、もちろんお立ち台にも来ずのムシクイがいたこと。センダイムシクイかメボソムシクイだろうと思いながら目を凝らすが、頭央線の有り無しもよく見えず、識別も出来ぬまま終わってしまった。
 あれはきっと、まだ見たことのないコメボソムシクイだ・・・としておこう。夢想と思い入れだけは勝手に出来ますから。もちろんコメボソがいたなどと記録は残しませんが。

 エゾもコサメも来たから、残るはサメビタキ。私のフィールドを通過するサメはとても少なく、ひとシーズンに1羽出会えるかどうか。どうということのない雑木林を、うろうろするのは、サメビタキを見たいがためなんですが。

 15時40分、御宝田池へ。今日はどんなカモが到着しているかチェックに。ところが、残念、白鳥シースンを前に、白鳥の会の皆様が人工島や池の周りの草刈りを始め、加えて池の周りを子供が駆け回ったので、カモは全部飛んで逃げてしまいました。

 飛び去る寸前にしたチェック。カモは全体で200羽ほど。キンクロハジロの新しい個体が1羽増えていた。ヒドリガモは5羽まで数えられた。3羽増えた。オナガガモは10羽〜13羽の間。新しい種は来ていなかったが、カモたちがほどよく増えている状態です。

 エゾもコサメも見られたし、2羽目のキンクロも確認出来たから、今日もいい日だった・・・と、今日は無理矢理思い込むことに。

 神奈川でセグロサバクヒタキが出ていて、大賑わいとか。私が昔鳥見に回っていた場所・・・行きたいなぁ・・・。メールで、ほらよ!と画像まで届いてしまった。やれやれ、日常というやつは重たいものよ。

 

コサメビタキ  2013年9月24日  長野県 安曇野市


9月23日 ヒドリガモも到着


 巻雲が足早に東へ流れ、空の青さが夏の青さより澄んで見えた。空が深くなったなんて言うと、少しこそばゆいが、私が鳥見をしているフィールドもススキの穂が一面に広がり、すっかり秋になった。

 このススキの原で数羽のノビタキがフライングキャッチをするのもまもなくです。今日はノビタキが1羽いただけ、まだ静なススキの原です。

 この秋、カモの渡来が自己流の鳥暦通りで、楽しい毎日です。ハシビロガモとヒドリガモはヒドリガモが先に来た。皆様のブログを拝見すると、全国各地でも各種のカモが飛来している。安曇野は内陸なので、他の地より飛来はやや遅れる傾向にあるが、それでも、2週間以上は遅れない。

 例年ホシハジロとオカヨシガモは10月にならないと飛来しないが、今年はどうだろうか。
 
 この時期、オシドリは半日から1日の休憩で通過して行く。今日は雌雄1羽ずつが、たぶんつがいなのだろう、御宝田池にいた。かなり綺麗になった雄だったので、しめしめと思い、カメラを出している間に飛び去られてしまった。オシドリとは大抵こんな出会いで終わる。

 ヒドリガモは2羽来た。まだ疲労がとれないのか、ほとんど動かず状態で、遠くにいたので雌雄の別は分からない。1羽(下の画像)の個体は他のカモたちの真ん中で寝ていたので、カモがたくさんいる環境を経験している成鳥と思う。たくさんのカモの中に混じっている方が安全だと学んでいる個体だと思う。

 カモの飛来を見つけてしまったオオタカの幼鳥が現れるようになった。ハヤブサの幼鳥も複数が、カモを襲ないと思うが、池や雑木林や川原を巡回している。危険がいっぱい。これも秋になった証し。


ヒドリガモ  2013年9月23日  長野県 安曇野市

 一番乗りのキンクロハジロとヒドリガモの幼鳥。キンクロハジロはまだ1羽だけ。たくさんいるコガモ・カルガモ・マガモの群に入れず、ヒシの原で1羽だけでぽつんといる。池の雰囲気に慣れるまでまだしばらく時間がかかりそう。
 ヒドリガモは幼鳥と思うが雌雄については遠くてよく分からなかった。こちらも慣れるまで、たくさんのカモの中へは入れない感じ。

 この広がるヒシは昨夏から急激に増えた。それまで、ヒシは存在していなかったから、ヒシの増殖する力、繁茂する速度は速く、驚くばかりです。諏訪湖から飛来したカモにヒシの種が付着して来たのだろうと推測しています。ヒシが繁茂して喜んでいるのはカイツブリくらいで、カモたちはヒシの無い水面に集まっている。カモたちには、水面を横取りして迷惑千万な存在だろう。


ヒドリガモ 幼鳥 左  キンクロハジロ ♂   2013年9月23日  長野県 安曇野市

ミサゴ  2013年9月23日  長野県 安曇野市

 魚を主食としているが、ミサゴもさすがの猛禽です。顔つきや嘴は猛禽そのもの。おまけに大きな魚をつかんで離さない脚は逞しい。ちょっとグロテスクなほど。

 これで案外綺麗好きな鳥で、枯れ木で魚を食べた後には、よく足を洗う行動が見られる。水面に足をつけて、スーッと線を引くように飛行する。そして少し上空へ上がってから体をぶるぶると震わせ足の水気を切る。ミサゴのこの様子を見るのが大好きです。猛禽を疎ましいと奴と見ている私ですが。



 最近ミサゴが増えているのだろうか。実態は知らない。しかし、犀川(下流は信濃川)を遡って来る、つまり南下して来るミサゴが増えたと感じている。私のフィールドで、秋のタカの渡りの時季に、以前は10羽も見られれば、今年は多いなと感じていた。今年はすでに10羽以上が通過している。犀川にいると、ほぼ毎日ミサゴを見ることが出来る。

 ミサゴもタカの渡りで有名な白樺峠を越えて行く。犀川に現れた個体のほとんどが犀川、梓川と遡り峠越えに向かうのだろう。白樺峠でカウントをしているグループの公表データによれば、9月1日以降今日までミサゴは19羽通過している。

 なにより、昨冬は犀川の何処かで越冬している個体が2羽いて、ときどき白鳥湖へも現れた。冬の間、白鳥湖でミサゴが見られたのは昨冬が初めてだと思う。川が凍らなくなったこと、人間がせっせと魚を放流することなど、越冬可能な状況が生まれと、思い当たる節はある。

 カワウが爆発的に増えて、冬季になると夏季より一段と増える。ます釣りの人間が、それも県外ナンバーの人間が増えているのも同じ節だろう。

  


9月22日 ノビタを捜して

今日の夕焼け  2013年9月22日  長野県 松本市

御宝田池の怪物 ワニ?? 実はスッポン

咲き始めたセイダカアワダチソウ  2013年9月22日  長野県 安曇野市

 なんたって、秋は夕暮れ。そして夕焼け。台風の通過以降ずっと快晴で、雲が無く、夕焼けを望めなかった。久しぶりにたくさんの雲が出たので、期待したのだが・・・どうと言うことのない、ごく平凡な夕暮れだった。でも、これも秋の夕暮れ。平凡だっていいではないか。平凡がなければ非凡は存在しないのだから。

 御宝田池の怪物、ワニでは??と6月25日の雑記帳に書いた。その後多くの写友が怪物探しをしてくれ、正体は大きなスッポンと確認できました。御宝田池をフィールドにしているお姉さんから、ばっちし撮影した写真を頂いたので、勝手ながら紹介させていただきます。

 御宝田池へ、ミシシッピーアカミミガメや、ちょっとややこしいカエルなどペットを放す方がいて、それはまずいことです。怪物がワニでなくスッポンだったことは幸いです。

 セイダカアワダチソウの花が咲き始め、黄色味を帯びると、秋の渡りのノビタキが来る。私のフィールドの季節・鳥暦はそうなっている。
 昨日ノビタがいたので、今日はノビタおっかけをメインにあちこち捜しす。だが、まったくいない。例年10月に入ってからの方がノビタはたくさん来るから、昨日の個体はまだ走りなんだろうと思いながら、それでも捜し回る。諦めの悪い鳥馬鹿です。

 16時過ぎに、やっとのことで1羽と出会った。そのノビタはしょうもない柵に止まってフライングキャッチを繰り返していた。でも、今季2羽目のノビタだからとしばらく見ていたが、柵の上から離れてくれず。仕方がないので、記念撮影をして引き上げた。

 昨年は30日に台風17号が通過し、その置き土産か10月1日にオジロトウネンが出た。その後ノビタキがどっと通過た。台風20号は何を連れてくるだろうか、豪雨や洪水、土砂崩れはいらないから、珍しい鳥さんを是非・・・。

 

ノビタキ  第1回冬羽  2013年9月22日  長野県 安曇野市


9月21日 ノビタも来た

初秋色   ノビタキ  第1回冬羽  2013年9月21日  長野県 安曇野市

 ガスレンジの調子が悪くなった。えいやッ!で、最新機種に取り替えた。その立ち会いで1日潰れる・・・仕方がないこととは言え、秋の渡りが始まっているのに・・・ぶつぶつ。

 最近の家電製品は賑やか。親切というか、うるさいと言えばいいか。洗濯機、冷蔵庫、電気釜、電子レンジ、みなピッ、ピッと警報音やお知らせ音を出す。台所には風呂のリモコンもあり、もうすぐ風呂が沸く、風呂が沸きました・・・と、お姉さんのお声が。

 そこへもっと賑やかなガスレンジが加わった。鍋をかけろ、火力を大きくする・・・いちいちお姉さんがお教え下さる。うるさッ!と思う。フライパンを振るとき、えいやッとやると、五徳からフライパンが浮いてしまう。浮いたままにしていると、レンジの中のお姉さんが「鍋がかかっていません」。そして、火が消えてしまう。自動消火という機能。有り難いのか迷惑なのか。対処法は、1回振ったら、すぐにフライパンを置くこと。お姉さんが話し出す前に。新製品は便利なのか、かったるい道具なのか。音無しにする機能も付いているので、そのうちにお姉さんを無口にしてやろう。

 さて、ノビタキが来るのが先か、気の早いキンクロハジロが先かと書きました。今日の14時半頃に御宝田池へ行くと、なんと両方が来ていた。1羽ずつですが。後から写友に聞いたら、ノビタは午前中からいたらしい。ノビタは飛び回っていたので、旅の疲れは取れたのだろう。キンクロは池の1か所で浮いたままほとんど動かず。まだ疲れが取れないのだろうか。

 次は、ハシビロガモが先か、ヒドリガモが先かです。ともかく秋は進み、冬鳥達が次々と到着します。


キンクロハジロ ♂  2013年9月21日  長野県 安曇野市

 オオバンの幼鳥は、遠目には成鳥と同じに見えるほどになった。まだ親鳥の近くで採食しているが、親鳥と2〜3m距離を開けていて、以前のように親鳥の元へ甘えに行かない。もちろん親鳥も食べ物を与えない。

 誕生から68日目なので、おそらく、親離れをしたのか、親離れ直前なのだろう。オオバンは、カイツブリのように子供を追いかけて独立を急かすことはしない。白鳥湖のオオバン家族を見てそう推測している。

 虹彩もだいぶ赤くなった幼鳥君、惜しくも2番手になってしまった幼鳥君、でも、元気で大きくな〜れ。


オオバン 幼鳥  2013年9月21日  長野県 安曇野市

 傷病コハクチョウ「のぶちゃん」も元気です。健康体でシベリアにいたら、そろそろ渡りを始める頃。白鳥湖の遊水池で越夏したとはいえ、体はそろそろ渡りのモードになっているのだろう。水面を走り、飛ぼうとしている。左の翼が半分無いので、飛ぶことは出来ないが、涙ぐましくも、報われない努力をしている。切ない光景です。

 水面に星くずのように散っているのは、遊水池にいるカモたちから抜け落ちた羽毛。傾いた日の光の中で遊水池がなんとなく星くずの空に見えたりして。


左翼の欠けたコハクチョウ 「のぶちゃん」  2013年9月21日  長野県 安曇野市

「のぶちゃん」 と カイツブリのヒナ  2013年9月21日  長野県 安曇野市

 8月22日前後に生まれた4羽のカイツブリのヒナは、いまや2羽になってしまった。1か月で半減、自然は厳しいものですね。「のぶちゃん」は幼鳥をいじめたり、食ってしまおうなんてことはしない。しかし、好奇心は旺盛なので、お前は誰だ?いつもぴーぴー鳴いてる子かと近づく。幼鳥は潜って逃げました。

 もう1か月すれば、白鳥たちがやってくる。


はばたく「のぶちゃん」   2013年9月21日  長野県 安曇野市

報われない努力をする 「のぶちゃん」   2013年9月21日  長野県 安曇野市

むくわれない努力する 「のぶちゃん」   2013年9月21日  長野県 安曇野市


9月19日 セイタカシギが来た

セイタカシギ 幼鳥  2013年9月19日  長野県 安曇野市

 9時半前ころ、家事でどたばたしていたら「へんなシギが来た」と写友から電話が来た。特徴を話してもらうとアカアシシギのよう。それでも、電話ではなんとも分からず。最近は安曇野にも鳥見の目が増えたので、珍しい鳥が見つかる機会が増えた。嬉しい限り。

 便利な世の中になった。スマホで撮って、すぐに私のパソコンまでメールで画像が届く。画像をしっかり見ればよかったが、先の会話でアカアシシギと先入観があり、アカアシシギの幼鳥だろうと答えてしまった。

 初級の大間違いをしてしまった。確認に行ったら、アカアシシギではなくセイタカシギでした。アカアシシギだと伝わってしまった皆様ごめんなさいです。お詫び申し上げます。ときどき、こういうポカをしますので。

 午後までお買い物に、銀行に・・・バタバタ。一息付けたのが15時。今から行ってもまだシギはいるだろうか・・・いる確率は少ないが、それでも、この秋は渡り途中のシギを3羽しか見ていない。ジシギやクサシギは別として。いる方にかけて、いつもは使わない高速道路をぶっ飛ばして御宝田池まで。

 幸いなことにまだいました。見た途端、ありゃ失敗した。アカカシではなくてセイタカだ!いい加減な識別をしてしまい大いに反省。

 近年、セイタカシギは松本盆地にも希に現れるようになった。生息範囲を拡大している鳥だから、遠からず春秋の渡り時期にはいつも現れる鳥さんになるかも。そうあって欲しい

 初秋、彼岸も間近。さすがに15時を回ると日は傾く。御宝田池で15時過ぎに撮影すると、もろに逆光となる。しかし、逆光のおかげで秋色気分がたっぷりになった。私好みのハイキー写真が撮れるいい光線具合。もっと赤い光でもいいのだが。今日も快晴で雲ひとつ無いから、夕焼けは望めず、赤い光は現れないから、それは諦め。

 1時間半ほど、飛んだり、背伸びする瞬間を待つ。気のいいセイタカ君は全部やってくれた。ありがとさん、感謝感謝。
 今日は中秋の名月。雑用がなければ、夜半まで頑張って、月明かりでセイタカ君を撮るのだけれど・・・17時を回ったので、また高速道路をぶっ飛ばして帰りました。

 


9月18日 杜鵑に追いつく

カッコウ 幼鳥  2013年9月18日  長野県 安曇野市

カッコウ 幼鳥  2013年9月18日  長野県 安曇野市

カッコウ 幼鳥  2013年9月18日  長野県 安曇野市

 毎度すれ違いばかりで悔しいので、杜鵑(とけん)を探しに行ったが、なかなか出て来ない。いつもは、開けた場所から雑木林をチェックする。林に入ると、ヤブ蚊に襲撃される。それが嫌なので。しかし、今日は我慢して繁る木々の間へ入ることに。

 杜鵑を撮影するには、毛虫がたくさんいる樹をチェックするといい。都会の公園では、ほぼ桜と相場が決まっているが、私のフィールドでは、ヤナギがメインになる。

 チェックの途中で杜鵑1羽が飛んでしまった。やはりすれ違い。杜鵑が私を見つけて逃げる前に、私が見つけなければならないのだが、なかなか上手く行かず。待っていれば、杜鵑の方から現れる都市公園とは違う天然の雑木林。

 例年エゾビタキやコサメビタキがたむろしている大きなヤナギまで辿り着く。じっと立ちつくしてヤナギの大木をチェックしていると、まずエゾビタキが2羽現れた。その時は、すでに10匹ほどのヤブ蚊に襲撃されていた。虫除けスプレーを持参するのを忘れたと悔やむ。

 やはり秋の渡りの最盛期になった。エゾが5羽、コサメが1羽繁るヤナギの中を飛び交っている。ヤブ蚊を追い払いながら更に待つ。そのヤナギの巨樹が一番出合う確率が高い樹だから。

 そしてついに杜鵑が現れた。やったぜ!なんだけれど、枝葉の間を飛び回り、ほとんど撮影出来る所へ出てくれない。ヤブ蚊だけがわんわんと寄ってくる。

 杜鵑は3羽いた。3羽とも双眼鏡で見る限りカッコウの幼鳥に見えた。実は、ツツドリの幼鳥とカッコウの幼鳥は似ているので、双眼鏡で遠くにいる個体をヤブ蚊と戦いながら識別するのは、かなり難事業。すでに手の甲が凸凹になっていた。ここはカッコウとツツドリの両方が通過するので、次はツツドリを見つけ出そう。

 絵作りは抜きにして、とにかく証拠写真と、夜に画像を拡大して識別するのに都合がよいように撮る。背面からの画像が欲しかったが、一度も背中を見せてくれなかった。

 ともかく、逃げ隠れする杜鵑に追いつけたので、1時間弱で、ヤブ蚊に追われて退散。1度見つけると、付近に2、3日はいるから、虫除けスプレーに、防虫ネットに、手袋に、蚊取り線香に、たくさん用意して再挑戦しよう。


 杜鵑を切り上げて、白鳥湖へ。写友が遠方より来たので、挨拶に。カレンダーを頂きましたが、お返しするものがなくて恐縮の限り。

 今日は、カワウがいつもよりたくさん魚捕りに成功した。他に撮るものが見当たらないので、鳥見の後半はカワウで遊んでしまった。
 250コマほど撮った中から、楽しい3コマを。

 まずは、「やったぜ!だけど、まずいとこくわえちゃったなぁ〜」とカワウ君。魚の名前は分かりません。犀川には大きい魚がたくさんいるらしく、先日、ミサゴはもっと大い魚を捕獲しました。


 「あッ、しまった!」の瞬間。上の画像の続きです。


 上とは違う魚を、飲み込む瞬間です。



9月17日 エゾが来た

エゾビタキ  2013年9月17日  長野県 安曇野市
 空気が入れ替わったと、昨日の帰路で感じた。空に広る夕焼けも、秋色の夕焼けだった。夕食を作りながら、窓から流れ込む冷気に、明日はサシバがたくさん飛ぶだろうと思う。

 午後から鳥見に出る。まさに快晴とはこんな空、真っ青な全天に雲ひとつ無く、北アルプスがくっきり、はっきりと、いつもより2歩も3歩も近くに見えた。北アルプスへ向かって走ると、ますますくっきり、はっきりの山並みが近づく。爽快な気分。

 空気が入れ替わったと、目にも見え、肌でも感じられた。すると、サシバもたくさん渡るだろうが、なによりエゾビタキやコサメビタキがフィールドへ現れるはず。大気の肌触りから、今日はエゾが来ているはずと確信が持てた。いつもエゾを見つける場所へまっしぐら。

 エゾビタキやコサメビタキ他、秋の渡り鳥たちは、9月前から山間を移動している。タカの渡りで有名な白樺峠を小さな渡り鳥たちも越え行く。すでに越えているはず。
 だが、私のフィールドは平野部だから、やや遅れて渡り鳥たちが現れる。

 まだ緑が濃い雑木林は見通しが悪い。繁る葉を透かして探す。エゾもコサメも、たいてい枯れ枝や太い幹などに止まり、周囲を見回して虫を探している。声を立てることはまず無いが、いれば比較的見つけやすい鳥。

 探し始めて5分、こんなにぴったり勘が当たることも珍しい。まずエゾビタキを見つけた。薄暗い葉陰から日の当たる場所へ出るまで、目線を切らず、ずっと見続ける。いったん見えなくなっても、大きく移動はしない鳥だと知っているから、レンズをなでなでしながら待つ。

 エゾは2羽いた。他にオオルリの♂幼鳥が、何を思ったか小声で歌っていた。業界用で「ぐぜる」という行動。画像は撮れたが、あまりにも不出来なので使いません。杜鵑も1羽いたが、例のごとく、さっと飛んでしまったので、またもすれ違い。カッコウだろうと見たが、確信はない。

 2羽目のエゾと向かい合っていたら、いきなり茶々を入れる鳥が現れ、エゾを追ってしまった。3羽目のエゾかと思ったら、コサメだった。コサメがエゾを追う行動は始めて見た。逆は以前に目撃した。コサメよりエゾの方が優位なのかと、そのとき考えたが、今日の出来事で、どちらが優位なのか分からなくなってしまった。

 ともかく、エゾビタキとコサメビタキが現れ、いよいよ鳥見も秋の渡りの部に入ります。

 夜に「白樺峠のタカの渡り速報」を見たら、サシバが2357羽も飛んだと報告が。台風でたくさん足止めされていたのでしょう。これから1週間は晴天が続き、渡りには好条件が続きそう。サシバもハチクマも毎日どんどん渡って行くでしょう。

 エゾやコサメ、なによりサメビタキがたくさん現れてくれると嬉しいのだが。

 

エゾビタキ  2013年9月17日  長野県 安曇野市

コサメビタキ  2013年9月17日  長野県 安曇野市

 エゾを追ったコサメが青虫を捕らえた。そのまま丸呑みするには大きかったのか、または虫が活発に動くので食べにくかったのか、枝に虫を打ちつけて、ふにゃふにゃにしてから食べた。ちょうどカワセミが魚を打ちつけるように、カッコウが毛虫を打ちつけるように。

 そして、お呼びでないノスリが現れた。虹彩の色などから幼鳥だろう。ノスリもたくさん渡って行くので、この個体も渡り途中なのだろうか。ここで越冬しようなんて考えず、どんどん南下しておくれ。ノスリ君がいなくてもかまわないから。

 8月末から、9月下旬まで、犀川上空にミサゴが何羽も現れる。ほぼ渡り組なので、数日で、早ければその日のうちにいなくなり、次の個体が現れる。一昨年、現れたミサゴを片っ端から撮影して、胸や翼の斑を比較して、どんどん入れ替わると確認した。ミサゴは斑に個体差があるので、比較し易い。今年もすでに数羽が現れ、渡って行った。

 フィールドには、例年の渡り鳥の手順(!)だと、次はノビタキが現れるはず。ノビタキよりも、気の早いキンクロハジロが先だと記録が生まれるが。どうでもいいことで興奮するのは鳥馬鹿の性です。

 いよいよ、秋です。鳥見も忙しくなります。


ノスリ 幼鳥  2013年9月17日  長野県 安曇野市


9月16日 台風の後

タシギ  2013年9月16日  長野県 安曇野市

 駆け足台風が通過、被害にお遭いになった方々、お見舞い申し上げます

 大雨が降り、休耕田はもちろん、稲刈りが終わった田も水浸し状態。どこかにシギが降りていないかと回るが、ジシギが数羽いただけ。しかもかなり遠くにいる個体ばかり。8倍の双眼鏡ではタシギだろうな・・・までしか識別出来ず。こんな時はりっぱなプロミナが欲しくなります。

 一番近いタシギを撮ってみたが、刈り取り後の水田のゴミ状態。それでも、動き出すまで待とう、もしかすると近づいてくるかもと、車の中から見ていたら、お邪魔なハシボソガラスが近づいて行った。こらこらと胸の内で叫び、念波を送るがカラスには届かず。

 近づくカラスに、タシギは及び腰、数歩前へ逃げる。どうせ近づくなら、反対側からこちらに向かって近づいてよ、カラス君。そんな気持ち。タシギ次は左方向へ数歩逃げるが、堪えられず、ついに飛んで逃げてしまいました。
 (上はトレミング無し画像、下2コマはトレミング有りです)


タシギ と ハシボソガラス  2013年9月16日  長野県 安曇野市

タシギ  2013年9月16日  長野県 安曇野市

 私のフィールドにしている、犀川、御宝田池、白鳥湖と遊水池はすべて泥水になった。洪水を起こしたいくつかの川がテレビで放映されるが、犀川も同様に、川幅いっぱいの濁流が流れていた。

 すると、川原にいた鳥たちが川岸付近に避難するはず。あるものは水田へ行くはず。たとえば、常連3種以外のセキレイがいたら、それを見つけるチャンスなわけで。

 たしかに、セキレイは川岸にたくさんいた。河川敷の水没していないグランドにも、ラジコン飛行場にも。しかし、お馴染みのハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイだけ。これが普通、当たり前と言えば、その通りなのだが。風に飛ばされて何か違うセキレイが来ていないかと・・・欲張り鳥見人なのでした。

 しょうもないと思いつつ、近くにいたハクセキレイの記念撮影。顔が黄色いから、ほぼ第1回冬羽になった個体。ここまではさして難しくはないが、さてこの子は♂か♀か。前頭部の白色部が広いと♂で、♀はやや狭い。これは成鳥夏羽で見られる傾向だが、果たして第1回冬羽も同じだろうか。そういう風に書いてある図鑑もあるが・・・もう少し勉強しなければ何とも分からない。暇つぶしには手ごろな課題だから、トンボのシーズンも終わったことだし、勉強してみようか・・・なんてハクを見ながら考えた。

 普段は中州にいるイカルチドリが10羽ほどグランドに。全部幼鳥と言うことは、この川原で今年生まれた子達なのか、それとも移動中に台風に遭遇したグループなのか。全部第1回冬羽に換羽が始まったばかりの個体だった。換羽が少々遅いのでは。もしかすると、遅く生まれた子達なのか・・・いろいろ推測してみるが、まぁ、結論の出ない設問でした。

 イカルチドリは犀川で年中見られる、いわゆる留鳥なのだが。たぶん、夏にいる個体は暖地へ移動し、冬季にいる個体は北の方から移動して来た個体なのではないか。とすると、この10数羽の団体は、これから暖地へ向かう途中なのか、それとも冬を過ごすためにここへ来たのか。これも答えの見つからない設問。たかがイカルチドリでも、分からないことだらけ。

 台風一過、さしたる鳥は現れず・・・残念・・・の午後でした。


ハクセキレイ 第1回冬羽 ♂?  2013年9月16日  長野県 安曇野市

イカルチドリ 幼鳥  2013年9月16日  長野県 安曇野市

イカルチドリ 幼鳥  2013年9月16日  長野県 安曇野市


9月14日 初秋の路傍

お散歩中?  キジ ♂ 幼鳥  2013年9月14日  長野県 安曇野市

オニヤンマ ♂  2013年9月14日  長野県 安曇野市

 7月末に出会ったときは、まだ大きなひよこ状態で、親鳥の後をぞろぞろと歩いていた。同じ場所で出会ったから、あのひよこが大きくなったのだろう。顔の赤い肉垂だけは、それなりりっぱな男の子。体はパッチワークみたいに成鳥と同じ色の羽が揃い始めていた。幼鳥は他に3羽いたけれど、横の草むらへ逃げ込んでしまった。この子だけ、怖い物知らずか、長兄の威厳を示そうとしたのか、ゆっくりと道路の上を歩いて行った。

 トンボがたくさんいる場所へ。まだ撮影が出来ていないトンボを探しに。水田地帯は稲刈りが始まり、コンバインや軽トラで混雑しているので、お邪魔虫にならないように、水田地帯のずっと外れに車を止める。双眼鏡を首に、カメラを肩に歩き始めるが、途端に汗がぽたぽた。路傍は初秋、秋の雑草が生い茂っているが、大気はまだ真夏のまま。暑さが肌にへばりつく。

 今日のトンボはオニヤンマ。この場所にオニヤンマが飛んでいると前から知っていたが、飛び回るオニヤンマはとてもじゃないが撮れない。縄張りらしき場所で往復飛行するが、ホバリングをしないのでピントを合わせる隙がない。

 今日は偶然か狭い場所に4匹のオニヤンマがいた。それぞれで飛行しているが、お互いを見つけると、たちまち空中で組んずほぐれつ絡み合い、そして追い掛け合いを始める。安定飛行をして、同一地点を通過すれば、ピント合わせもなんとかなるが。

 オニヤンマと1時間以上付き合ってしまった。オオシオカラトンボの♀やコノシメトンボの♀を探していたのだが。道路に立って、飛び回るトンボをじっと見ているなんて、物好きの極みです。

 トンボだって、24時間飛び続けはしない。きっと何処かへ止まるはず。止まったら、そこを撮ろうと見続ける。オニヤンマの嫌なところは、地面すれすれに飛び回っていても、休むときには高い木の枝へ行ってしまうこと。

 この1匹だけが、目線の高さのこの草に止まった。しかし、別個体がちょっかいを出し、すぐに飛んでしまった。そのわずかな時間に記念撮影。雑記帳へアップしたトンボが1種増えました。

 帰りに、また御宝田池へ寄る。20羽を超えると数えられないと書いたコガモ、実数は分からなくても、見えるだけはと数える。32羽まで数えられた。ふむふむ、順当に増えている、と確認。近くの土手でトビが大口を開けていた。トビもさぞかし暑かろう、秋なのに。
 
 

トビ  2013年9月14日  長野県 安曇野市


9月13日 悪あがき
 彼岸はもう少し先、暑さが戻っても不思議はないが、去り際の夏が悪あがき。いまさら気温が30度にならなくてもいいのに。いまさら入道雲が沸き立たなくてももいいのに。しかも、夕方なのに。

 真夏と違うのは、空にトンボがたくさん飛んでいること。たくさんのトンボの背景に入道雲もいいじゃない、これぞ秋の入口と考えた。

 ところが、大気の急変をトンボも感じ取るのだろうか、トンボはどんどん空から消え、入道雲が入道雲らしく育ったときには、彼方に1匹飛んでいるだけ・・・というのが、左の画像。この後、雷があばれ、ひと雨が通って行った。

 時間を昼に戻そう。
 今日の午後は、トンボを探しに乗鞍高原まで出かけた。トンボおたくへ誘い込まれた元凶のルリイトトンボを探しに。

 ルリイトトンボは中部以北の高山帯にわずかに分布しているだけ。本州ではかなりレアな存在。私の持っている画像はたった1コマ。

 この夏は暑く、降水量も少なかった。それで、トンボがたくさん発生する「まいめの池」は干上がってしまい、7、8月にチェックに行ったときは、トンボほとんど見つからなかった。

 その後、少しは雨が降ったから、池の水も戻ったかと思い、ルリイトトンボを見るなら最後のチャンスと出かけたが。やはりほとんど水はなく、干上がったままだった。

 それでも、アオイトトンボが20匹ほど飛んでいた。かなりしつこく捜したがルリイトトンボは見つからず。悪あがきをしているなと思いながら。
 この夏の長期に干上がった状況から、来年の夏のルリイトトンボの発生が減ってしまうのではと思われる。

 「まいめの池」の隣の「偲ぶ池」もチェック。こちらも例年より水は少ない。それに「偲ぶ池」は抽水植物がほとんど無いので、イトトンボ類の生息環境としては条件が悪い。やはり、飛び回っているのは大型のオオルリボシヤンマと、じっと止まっているネキトンボ数匹だけで、イトトンボ類はいなかった。

 ルリイトトンボの撮影は来年へ、宿題がまたひとつ。

乗鞍で残るはムツアカネをちゃんと撮ること。「アカネ」と名が付くのに真っ黒なトンボで見栄えはしないが、ルリイトトンボ以上に分布が限られているレアなトンボだから、しっかり撮らないと。
 こちらは9月後半にたくさん現れると昨秋チェック済みだから、今秋になんとか。ますますトンボ病が重症化しています。

 

アオイトトンボ ♂  2013年9月13日  長野県 松本市

オオルリボシヤンマ ♀  2013年9月13日  長野県 松本市

ネキトンボ ♂  2013年9月13日  長野県 松本市

 下は久しぶりに出会った、翅のどこにも傷みがない、これぞクジャクチョウ。マツムシソウが咲いているので、それへ止まらないか待ったが、願いは叶わず。


クジャクチョウ  2013年9月13日  長野県 松本市


9月12日 秋の入口

オナガガモ ♂ エクリプス  2013年9月12日  長野県 安曇野市

 秋の入口は夏の匂いがまだ強い。生い茂る草の匂いも、日射しもまだ夏のまま。しかし、予定通りと言うか、義理堅いと言うか、気の早いオナガガモが1羽やって来た。秋めく風に乗って来た。たぶん安曇野への渡来第1号だろう。

 御宝田池の周囲や、人工島は雑草が生い茂り、その草の中へカモたちが入り込んで休んでいる。懸命に見ても草の中へ入り込まれると見つけ出せない。だから、このオナガガモがいつ来たのかは正確には分からない。しかし、10日までは見かけなかったから、11日か12日に来たと思う。

 ともかく、オナガガモが来た。コガモも20羽を超えた。コガモはもう数えられなくなる。到着後1〜2日は旅の疲れからか、池の一か所に固まり、休んでいてほとんど移動しない。しかし、4〜5日過ぎると、勝手知ったる越冬地なのか池の中を広く移動し、散らばってしまう。それで、20羽を超えるともう数えられなくなる。


カイツブリ 幼鳥  2013年9月12日  長野県 安曇野市

 11日にアップしたカイツブリが、この夏に一番先に生まれた子なら、この4羽がこの夏最後に生まれたヒナたちだろう。8月25日頃に孵化したと推測する。チェックミスで正確な日は分からない。

 現在カイツブリのつがいはふた組池にいる。それで11日アップした子とこの4羽の親が同一なのか、それも分からない。この夏は白鳥湖でも御宝田池でもカイツブリは2回繁殖した。カイツブリの繁殖は当たり年だったのだろう。
 最後の夏が、秋の肌触りがする風の中を元気に泳いでいた。私のフィールドは秋の入口をくぐった。

 毎度のオオバン子も秋の入口をくぐり、大人っぽくなった。しかし、親鳥が子離れをしないのか、まだ親子3羽で仲良くしている。2か月間は「給餌」を受けるとレポートがあるから、まだ独り立ちしないのだろう。まもなく2か月になる。次は、この子の独り立ちするシーンを見なければ。


オオバン 幼鳥  2013年9月12日  長野県 安曇野市

 今日はチョウトンボが5匹いた。図鑑を見ると、チョウトンボの出現期はそろそろ終わりのはず。夏の名残か、今頃になってチョウトンボが飛び回るなんて。♀の画像がないので、♀を捜すが、今日も見つけられず。どうやら来年へ持ち越しの宿題になりそう。

 御宝田池のヒシは広く繁茂し、池を管理する会はヒシを根こそぎ除去する積もりはなさそう。すると、来年の8月始めからチョウトンボがたくさん飛び交うのではと予測する。宿題は来年の夏に片付けよう。


チョウトンボ ♂  2013年9月12日  長野県 安曇野市

モンキチョウ  2013年9月12日  長野県 安曇野市

 今はたくさんいるチュウダイサギ。図鑑では夏季のチュウダイサギの嘴は黒いとされている。しかし、今、安曇野にいるチュウダイサギのほとんどの嘴は黄色い。いや、黒い嘴のチュウダイサギを見つけ出すには、ひと苦労もふた苦労も必要。もう黒い嘴の個体はいないかも。

 それは、成鳥が早くも冬羽に換わり始めているので、嘴のほとんどの部分が黒から黄色に変わり、今年生まれの幼鳥の嘴は黄色だからである。秋の入口のチュウダイサギの嘴は黄色い。

 オナガガモが来た。秋の入口をくぐると、南へ去る夏鳥達が現れる。平野にもエゾビタキやコサメビタキが現れる。池や河から、そろそろ雑木林へ戻らねば。

 

秋の入口  チュウダイサギ  2013年9月12日  長野県 安曇野市


9月11日 待ちぼうけ

キアゲハ 手前♀  2013年9月10日  長野県 安曇野市

 写友によると、御宝田池を含めた犀川にアジサシが数羽、この数日時々現れているとのこと。午前中の目撃談ばかりで、午後の出現話しがない。午後から鳥見の私が出会えるか、運がいいか悪いか、試しに昨日の午後、川原で待機した。

 たくさん飛んでいるトンボや2匹で戯れているキアゲハなど見ながら、じっと待つ。キアゲハは戯れていたのではなく、♂がさかんに♀にアタックしていたが、振られてしまった、お気の毒。

 トンボは、わやわやと飛んでいたウスバキトンボが減り、今はアキアカネが主流派になった。双眼鏡で飛んでいる鳥を見ていると、必ず視界にゴミがいっぱい見える。ゴミに見えるのは全部トンボ。どの方角の空を見てもゴミだらけ。そのくらいトンボがいっぱい。

 飛んだ鳥は、アオサギ、チュウダイサギ、カワウ、ハシボソガラス、カワセミ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ。で、アジサシはついに現れず。待ちぼうけ。運の悪い日の方でした。


ハシボソガラス  幼鳥  2013年9月10日  長野県 安曇野市

 帰りに御宝田池をのぞく。この夏何羽のカイツブリが生まれたか、ついに合計数はつかめずじまい。10羽前後だと推測しているが。下は、一番先に生まれたヒナで、大きく成長した。現在2羽が残っている。画像の2羽は別個体だが、さすがに同種の鳥、見分けが付かない。あっちとこっちへ同時に現れたので別個体と分かったが、単独で代わる代わる現れたら、とても識別出来ません。

 昨年は10日に御宝田池にオナガガモが現れた。それで、今年はどうかと、見えるカモは全部チェックしたが、コガモが21羽に増えていただけ。しばらくチェックを続けないと、早く来い来いオナガガモ、そんな気分。


カイツブリ 幼鳥  2013年9月10日  長野県 安曇野市


9月9日 今日もいろいろ

ハナオチバタケ   2013年9月9日  長野県 安曇野市

 6日に「秋になったと思う」と書いて、7日に朝露を撮って、「白露」ですね・・・なんて予定していた。しかし、自然は甘くないですね。7日は曇りで雨がぽつぽつ。確かに露もどきが花の上で光っていたが、雨の抜け殻では、とてもとても「白露」なんて書けません。

 7、8日と雨降り。雨が上がったので、シギは降りていないかと出かけたが、いつもの水田にはコチドリが1羽いただけ。やれやれで、トンボ見に変更。

 少し離れた水田へ。ここで、コチドリの幼鳥12羽とクサシギ1羽と出会う。しかし、先に上のキノコに引かれたので、背後の休耕田を後回しにした。どうせギンヤンマの連結が産卵しているくらいだろうと思って。失敗。車から降りた途端に、13羽が揃って飛んでしまった。先に鳥さんに気付けば、絶対撮れたのに・・・また、後の後悔先に立たず・・・でした。

 コチドリは渡り組だが、クサシギは越冬組と思う。コガモが到着しているから、越冬組のクサシギが来ても、時期的におかしくはない。

 ピンク色の傘のハナオチバタケは何度も見ていたが、褐色の傘は初めてだった。それで引かれてしまったのだが。クサシギには逃げられたが、キノコのおかげで別のラッキーに出会えた。

 

コノシメトンボ ♂   2013年9月9日  長野県 安曇野市

 6日と比べ何倍もトンボが増えた。ノシメトンボが一番たくさんいたが、アキアカネの数が大きく上回った。水田にも川原にもトンボが飛んでいるが、特にトンボがたくさん集まる特異な場所があると、トンボ見を始めて知った。

 その特異な場所をまめにチェックしていれば、お初の種に出会う確率が高くなると考えている。実際にマユタテアカネ、オオシオカラトンボに出会った。そして今日は、キノコの近くに探していたコノシメトンボがいた。何度かチェックしていたが、今まで出会わなかったから、急激に増えたアキアカネと共に移動して来たのだろうか。

 今日のトンボはコノシメトンボ♂。♀はノシメトンボの♀とそっくりなので今日は見つけ出せなかった。気付いたことは、ノシメよりコノシメの方が警戒心が強いこと。ノシメなら近づける距離でコノシメは飛んでしまう。ノシメは飛ぶ前に止まっていた場所へ戻るが、コノシメはどこかへ飛んでしまう。♂を3匹見つけたが、3匹とも同じ行動を取ったから、取り敢えず、そんなものなのだろうと記憶した。いよいよ、トンボおたくへ転落しています。


コノシメトンボ ♂   2013年9月9日  長野県 安曇野市

コガモ   2013年9月9日  長野県 安曇野市

 鳥見の部へ移ります。御宝田池のコガモは18羽になり、順当に増えています。例年のペースと言えるでしょう。
 白鳥湖の遊水池には、6日にいなかったコガモが5羽入っていました。こちらは少し早い到着。
 次は渡り途中の、まだばっちい羽衣のオシドリが現れ、気の早いオナガガモがチラリ現れて、また何処かへ行ってしまう・・・9月って普通はこんな感じです。

 9月のサプライズ、去年はアカエリヒレアシシギでした。ちょっとサプライズはシマアジの幼鳥がコガモに混じっていたこと。今年は何が起こるか楽しみです。午前中アジサシの幼鳥と思える個体が御宝田池に現れたと、写友が画像を見せてくれた。これもサプライズ。


マガモ ♂ (左) ♀ (右)   2013年9月9日  長野県 安曇野市

 今時のマガモは上の画像のような羽衣をしている。たくさんいるマガモの平均的な羽衣の色です。ところが、中には気の早い個体がいて、ほとんど繁殖羽に変わっている。もしかして、これから非繁殖期の羽衣に変わるのなら、それはかなり遅い。どちらだろうと考えてしまった。カモがたくさんいると、なやましい個体もたまに現れる。


マガモ ♂   2013年9月9日  長野県 安曇野市
 
オオバン 幼鳥   2013年9月9日  長野県 安曇野市

 オオバンの幼鳥は生後54日目、採食はほとんど自分でするが、まだ親鳥から水草をもらっていた。前に紹介した環境省の報告書のコメントには生後2か月は給餌を受けるとなっている。それをこの目で確認出来る日が近づいている。さて、9月16日以降、親子はどうするか。拾い出せば勉強材料はいくらでもあります。

 今日もいろいろと出会い、お初もあり、忙しい午後でした。それにつけても、一番欲しいのは時間。トンボ見用と鳥見用に、体もふたつ欲しいところ。

 


9月6日 杜鵑

アキアカネ 未成熟♂ ? 2013年9月6日  長野県 安曇野市
 チェックを始めた雑木林でひっかかってしまった。久しぶりに渡り杜鵑(とけん)に出会ってしまい、なんとか撮れないかと、報われない時間を2時間ほど使ってしまった。

 文学の世界や国語辞典の世界では「杜鵑」は「ほととぎす」と読み、「とけん」でも登録しているのは広辞苑級の分厚い辞典。

 鳥見の世界では「杜鵑類(とけんるい)」とか、単に「杜鵑(とけん)」と使う。この場合、ホトトギスだけでなく、カッコウ・ツツドリ・ジュウイチを含めたカッコウ科の鳥の総称のように使っている。
 ちなみに、上の4種の学名は「Cuculus」ではじまり、科学技術用語辞典で「杜鵑類」を英訳すると「Cuculidae」。

 今日出会った杜鵑はたぶんツツドリの幼鳥と思う。なにせ、茂った葉の間からちらちら見えるだけなので、カッコウの幼鳥と見間違えているかもしれない。

 9月上旬、クルミの樹が生えている場所をチェックしていると、例年1、2羽の渡り杜鵑を見つけることが出来る。それで、杜鵑見たさに雑木林に入るのだが、安曇野では満足できる写真はまだ撮れていない。今日もまた、貴重なチャンスを逃してしまった。

 ツツドリは暗い青灰色をしている。薄暗い雑木林の中だと黒く見える。まれに赤色型と言われる赤褐色をした個体もいる。東京暮らしの頃、その赤色型を撮りたくて、遠い都市公園まで通った。証拠写真は何枚か撮れたが、未だに宿題として残してある。15年以上も昔の懐かしい思い出。

 松本へ転居してから、初夏に1羽だけ赤色型を見た。実に色鮮やかだった。ビーナスラインを疾走中だったので、大急ぎで車を止め、カメラの用意をしている間に赤色型君は唐松林の中へ消えてしまった。

 杜鵑を見ると、たいてい赤いツツドリを思い出す。今日も、君が赤かったら、とても楽しいのにと・・・無い物ねだり。

 今日の午後は、杜鵑を眺めて終わった。いや、終わらせるのも悔しいので、トンボおたくを少しだけ。
 相変わらずノシメトンボだらけだが、天気が回復したからか、アキアカネもたくさん現れた。

 張られたトラロープに並んで止まるたくさんのアキアカネを見ると、秋だと思う。飛び交うツバメをぱらぱらほども見かけなくなった。秋になったと思う。



9月5日 トンボおたく?

ノシメトンボ  無翅斑型成熟♂   2013年9月5日   長野県 安曇野市

ノシメトンボ ♂   2013年9月5日   長野県 安曇野市

今日のトンボは、ノシメトンボの「無翅斑型成熟♂」、これはちょっと珍しい部類に入ると思う。もちろん始めて見ました。

 トンボ道は初心者だが、なんとなくトンボおたくになりかかっていると自覚。いやいや、ちゃんと鳥見もしている。今日は平野へ戻って来たイカル3羽を撮ろうと頑張ったが・・・木々が茂っていて撮影出来ず、無念の敗退。そこで、御宝田池へチェックに回る。

 御宝田池のオオバンの幼鳥は元気。コガモは13羽に増えていた。コガモを1羽ずつじっくりと見る。もしかして、シマアジの幼鳥が混じっていないか・・・起こりそうもない望み。しかし、3年に1度ほど御宝田池でもシマアジを確認出来る。旅の途中の個体なので、1〜2日でいなくなるが。

 鳥とトンボの両方を見るので、かなりくたびれます。最近はどこへ行ってもノシメトンボがいっぱいいる。1匹でもいいからコノシメトンボに化けてくれないかしら。無い物ねだりのような願望。とにかく、ノシメトンボがいればチェックをする。コノシメに変われ、コノシメに変われと呪文を唱えながら。

 枯れ枝の先のノシメを見ていたら、その先の空でミサゴがホバリングを始めた。犀川が雨の余波で濁ってしまい、魚が見え難いのだろう、御宝田池の上をしばらく旋回。飛んでいるだけのミサゴは食傷気味なのでレンズは向けず。

 トンボ見に視線を戻す。それにしてもノシメだらけ・・・??なノシメを見つけた。どう見ても体はノシメトンボだが。そうだ!と図鑑の図譜を思い出し、持参していた図鑑を開く。「無翅斑型成熟♂」に間違いなさそう。1種増えたにならないが、変わり種を見つけてしまった。


やつれた チョウトンボ ♂   2013年9月5日   長野県 安曇野市

 再びコガモのチェック。寝ている個体は顔が見えないので後回しにしていた。なかなか起きないコガモ、参ったなと思っていたら、再びミサゴが現れ、水面へ急降下。魚を捕らえたかとカメラを握り直したが、捕獲は失敗。ミサゴ君、体を揺さぶって、体に付いた水気を振り落とし、行ってしまった。、そのぶるぶると空中で震える様は面白い。

 ミサゴの出現で、水面のカモたちは一斉に身構える。寝ていたコガモも首を伸ばす。おかげさまで13羽が間違いなくコガモと分かりました。メモノートにコガモ13と記入して、鳥見はお仕舞い。

 御宝田池はヒシが繁茂し始め、水面の3〜4割りを覆っている。ヒシが増えて変わったことのひとつに、チョウトンボの出現がある。ここで羽化したのかは分からないが、数匹が飛び回っている。幅広の翅をしている割りに飛ぶ速度が速いし、ホバリングをしても3〜4秒間ほど。目の前を飛ばれると、トンボ撮りおたくは、いらッ。

 風で大きく揺れ騒ぐ葦に止まり、吹き飛ばされそうになりながらしがみついているチョウトンボを、なんとか撮ってみる。だいぶ「年輩」の♂らしい、翅がぼろぼろでやつれていた。縄張りを確保して飛び回っているが、はたして♀はいるのだろうか。

 揺れるチョウトンボを見ていたら、視線を感じた。ファインダーから目を離して横を見たら、あらまッ、カワセミがこちらを見ながら揺れていた。

 シギ・チは30日の3羽以降出会っていない。今日の午前中にムナグロがいたらしい。午後から行ったが見つからなかった。鳥見は早朝からすべきなんだろうが・・・午後からでも何とかなるのはトンボ・・・だんだんトンボおたくになりそうです。



9月4日 再びオオバンのこと

コオニヤンマ ♂    2013年9月4日   長野県 安曇野市
 竜巻に豪雨、この9月は乱暴ですね。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

 我が家の周りは、日頃から雨が少ない地域なので、これだけ全国が豪雨に見舞われていても、少し強めの夕立程度しか雨が降っていません。今日も西隣の富山・岐阜・愛知県、それに三重県は豪雨に見舞われたが、木曽山脈や飛騨山脈のおかげでしょう、我が家の周りは通り雨程度。そびえ立ち、雲を遮る山々に感謝すべきなのだろう。日没が早くて、沈む真っ赤な太陽が見られないと、平素は不平を漏らしているが。

 南風が強く、草木は大揺れ。そんな揺れる月見草にへばりついて、コオニヤンマが揺れていた。長い脚を使って、月見草を抱きかかえるようにして。こんな日に出て来なくてもいいのに、愛想のいいヤンマだこと。

 犀川本流を見渡せる、いつもの観察ポイントに椅子を据えて、今日はオオバンだけを見ることに。遠いオオバンの幼鳥5羽が近くへ来るまで待つ。その目の前に止まったのがコオニヤンマ。暇つぶしに付き合ってくれ、ありがとさん。

 犀川白鳥湖のオオバン幼鳥5羽が安曇野での初誕生記録保持者達です。この夏初めて、安曇野でオオバンが繁殖したと確認出来た。卵を食われ繁殖に失敗したつがいも含めると、3組が繁殖行動をし、現在6羽の幼鳥が頑張っている。

 オオバンの「ヒナはふ化後約2か月間は親の給餌を受ける」と、環境省の第6回自然環境保全基礎調査鳥類繁殖分布調査報告書にある。調査は1997−2002に行われているので、少々古い。もちろん松本盆地での繁殖は記録されていない。

 幼鳥5羽と親鳥2羽が数度合流したが、何となく親鳥が幼鳥を追い払っているように見えた。つついたり、後を追いかけたりはしなかったが。
 親子が共に行動することはなく、幼鳥5羽が揃って移動しては水中の草や、水辺の雑草を食べていた。もちろん親鳥から食べ物をもらうことは一切無かった。
 

オオバン幼鳥 5羽は兄弟    2013年9月4日   長野県 安曇野市

雑草を食べる オオバン幼鳥   2013年9月4日   長野県 安曇野市

 5羽の幼鳥は、ほぼ親離れをしたと考えられる。また、少しは飛べるようになっているので、まもなく分散してしまう恐れがある。そうなる前に、5羽が揃った証拠写真を・・・これが今日の目的。

 幼鳥達、私の意図を感じてくれたのか、前回試みたときよりかなり近くまで来た。つまり、親の保護下で行動していた前回より行動範囲を広げ、行動も活発になっていた。このことからも、親鳥からほぼ独立したと考えられる。

 ちなみに、画像ではハッキリしないが、額板、嘴ともかなり白くなっている。しかし、親鳥と比較すると、まだ黄色みを帯びている。また、虹彩は個体差があり、ほとんど褐色の個体と赤く変わり始めている個体がいる。虹彩が赤く見えるようになる頃、5羽はそれぞれに分かれて生活するようになるのだろうか、これは単純に思いついただけの考えだが。


逃げる オオバン幼鳥   2013年9月4日   長野県 安曇野市

 5羽がひとかたまりになり、水中へ潜っては水草を食べていた。そのかたまりの横へカワウがひょっこり顔を出したので、驚いた幼鳥達は、一斉に走って逃げた。画像に4羽しかいないのは、1羽は皆と違う方向へ走ってしまったからです。ときどき、列を乱す奴はどこにでもいます。

 30〜40m走ってから幼鳥は、わずかな距離だが飛んだ。走って逃げ、最後は少し飛んで安全と思える場所まで行く。これはオオバンに普通に見られる行動パターンです。

 まもなく越冬組のオオバンがやって来る。そうなると、5羽を見つけ出せなくなるだろう。それまでにもう少し撮影をしたいものです。

 


9月3日 千鹿頭池の鳥たち

ノシメトンボの連結 上が♂    2013年9月3日   長野県 松本市

 図鑑に寄れば、ノシメトンボは「飛びながら空中から卵をばらまく」とのこと。それは是非にも見たいと双眼鏡するも卵が小くて見えず。ならば、得意の超望遠マクロ撮影で押さえてやろうと20コマほど撮影した。飛び散る卵は写せなかったが、♀の腹を離れる瞬間は撮れた。60年以上生きて、初めて見た。なるほどと感心する。

 矢印の先の白く小さな球体が卵です。見えづらいのでピクセル等倍まで拡大しました(左の画像)。今日のトンボはノシメトンボの産卵シーンです。

 久しぶりに千鹿頭池へチェックに。雑種ガモ達は元気だろうかと。
 雑種ガモ達を見ている途中で、尾羽の色が普通ではないカルガモを見つけた。またまたややこしいカモかとよく見れば、カルガモの幼鳥。しばらく行動を見ていて、「かも一」の幼鳥だろうと気付く。

 例の、スパルタ教育おっかさんカモが、ほったらかしにしたヒナ。いつも一羽でピーピー鳴きながら池を回っていたヒナ。他のカモたちにいじめられても頑張っていたヒナは、こんなに大きくなっていました。

 ほったらかされて、一羽で生きて来た、その経緯・経験を引きずっているのだろうか、相変わらず一羽で池を回り採食していた。たくさんいるカルガモが集まって休んでいても、その場へは近づかず、唯我独尊の様。鳥にもいろいろなやつがいるのだ。
 これは、人間の勝手な解釈で、「かも一」の幼鳥がどう感じているかは分かりません。


カルガモ  「かも一」幼鳥   2013年9月3日   長野県 松本市

「しろちゃん2」の幼鳥4羽    2013年9月3日   長野県 松本市

体から下がっている黒いものは、ヒシの実です。

 上の画像は遊歩道の散歩(菜食)から池へ戻る「しろちゃん」の今年のヒナです。「しろちゃん2」家族と呼んでいます。

 左が「バター」右端が「コーラ」、他の2羽はまだ名付けていない。名無しの2羽はあまりにもカルガモそっくりなので、遠からず識別が不能になりそうです。黒い顔の「コーラ」の嘴は、カルガモとそっくりです。

 この夏「しろちゃん」は6羽のヒナを孵した。7月31日に、白い1羽「マーガリン」が行方不明になり、ヒナは5羽のはずだが、団体行動をしている「しろちゃん2」を見ていると、どうやらもう1羽欠けたように思える。

 これまの雑種ガモ観察で、兄弟姉妹は、ばらばらで行動していても時々集合したり、あるいは集団で行動すると分かった。12年夏生まれの「先輩」の家族しかり、09年夏生まれの「五人組」しかり。

 ややこしいことは置いて、上の画像、「バター」が兄弟姉妹に、「散歩は終わりよ、ここから池へ戻るから、はい、並んで」と姉ちゃんが仕切っているように見えます。これも人間の勝手な想像ですが。
 生まれたての頃から人間を見知っているし、写真を撮られ慣れているから、近くで撮影しても4羽は全然動じず、ゆっくりと池へ戻って行きました。

 

「しろちゃん2」の幼鳥「バター」    2013年9月3日   長野県 松本市

 「バター」の嘴の黒い斑点はだいぶ増えたが、下の「バニラ」ほどではない。白い雑種ガモ3羽は嘴で識別出来ます。一番斑点が多いのが「バニラ」1歳2か月、ややたくさんあるのが「しろちゃん」4歳、一番少ないのが「バター」3か月(上)。
 なお、「しろちゃん」は右目の上後方の頭部に黒い斑点があり、「バター」は尾羽の1枚が黒い。

 生まれたては黒かったヒナも、成長すると頭部だけが黒い。白い雑種ガモ3羽を「しろちゃんず」としたので、黒い3羽は「くろちゃんず」としよう。3羽はやはり嘴の先端の黄色い部分の形で識別が可能です。

 

「先輩」家族の  「バニラ」(手前) と コーヒー(後方、「くろちゃんず」の1羽)    2013年9月3日   長野県 松本市

2羽とも♀で、姉妹の関係です。2羽とも風切羽が伸びている最中です。

「先輩」家族の「ココア」  「くろちゃんず」の1羽    2013年9月3日   長野県 松本市

「ココア」も♀で、上の2羽と姉妹です。換羽中で風切羽が全部脱けているので、まったく飛べません。

 雑種ガモたちは、8月8日にチェックしたときと同じに健在でした。雨が通ったり、日が射したりで蒸し暑い日でした。おまけに小さな蚊がたくさんいて、あちこち刺され、痒さを堪えながらの撮影と観察の日でした。

 7月25・26日に孵化したカイツブリのヒナ4羽はともに元気で、ときどき親から食べ物をもらっているが、独立間近まで成長していた。大きくなったので、4羽は1か所に集合ぜず、それぞれで行動していたが、一番小さいヒナだけがまだ甘ったれで、鳴きながら親鳥の後を追いかけていた。

 千鹿頭池のカイツブリはひと家族6羽だけで、池を独占していた。ところが、幼鳥1羽が入り込んでいた。素性は全く分からない。ときどきカイツブリの親鳥に追いかけられていたが、うまいこと逃げ回り、家族と離れた場所を選んで採食していた。この池の水が抜かれるまで定着するか、どこかへ移動して行くか、次回のチェック項目が増えました。

 
 

入り込んで来た カイツブリ 幼鳥    2013年9月3日   長野県 松本市

千鹿頭池、今年生まれの カイツブリ 幼鳥    2013年9月3日   長野県 松本市


9月2日 コガモ来る

アカタテハ    2013年9月2日   長野県 安曇野市

 9月、花は、なんたってコスモス。冬鳥の来る月。冬鳥季節はコガモの渡来から始まる。

 例年8月末から9月5日までの間にコガモの一番乗りがやって来る。安曇野で、初めに渡来を確認出来る場所は御宝田池である。毎日御宝田池をチェックしなければならないが、例年遠出のシギ・チ見や雑種ガモやと浮気をしているので、渡来初日の確認をミスってしまう。

 ちなみに、09年は9月2日(?)に3羽、10年は8月29日に1羽、11年は8月24日に1羽、12年は9月4日に1羽。以上は情報を頂いたり、自分で確認した渡来初日です。

 今年は今日7羽を確認した。ただし、今年は28日以降今日まで御宝田池へ行かなかったので、確認した方から情報を頂かない限り、初日は確定出来ない。

 慣れるまで、コガモの幼鳥と換羽中の成鳥の識別が上手く出来ず、うかつに「幼鳥」と書くと、「違う、換羽中の成鳥♀だ」とメールを頂いたりするので、今日はコガモが7羽いただけにします。
 7羽は5羽と2羽に分かれていて、なんとなく5羽は全部幼鳥で、2羽は成鳥のように見えました。


コガモ    2013年9月2日   長野県 安曇野市

コガモ  背後はアオサギ  2013年9月2日   長野県 安曇野市

 安曇野初記録の称号をのがしたオオバンの幼鳥は元気に成長しています。色はまだアイボリーですが、額板もハッキリしました。
 時々、親鳥と離れて単独行動をするようになり、親鳥から食べ物をもらう回数も減少、ウキヤガラの髄を取り出して食べたり、トンボを補食出来るようになっています。


オオバン 幼鳥    2013年9月2日   長野県 安曇野市

 雨降りで色が上手く出ず、遠かったので画像はトレミングしてありますから、写真的には不満だらけですが、クロイトトンボを捕食した様子を下にアップします。

 雨の中、よくも小さなイトトンボを見つけるものだと感心しました。カイツブリも同様の行動をする。それを何度も見ているので、この姿勢で泳ぎだした瞬間に、ハエかトンボを狙っていると分かりました。
 狙っているトンボは、矢印の先、葉の上に黒いゴミのように見えています。


トンボを狙う オオバン 幼鳥    2013年9月2日   長野県 安曇野市

 ピクセル等倍までトレミング。トンボだと分かるでしょうか。オオバンがここまで近づいたので、さすがにトンボも逃げました。1回目のチャレンジはオオバン君の失敗でした。
 

トンボを狙う オオバン 幼鳥    2013年9月2日   長野県 安曇野市

次の瞬間、トンボは飛んで逃げました。

 これでめげないのは、好奇心旺盛な幼鳥の性なのでしょう。トンボが降りた先に再び忍び寄り・・・2回目も失敗。

 飛んで逃げるトンボをしっかり目で追うオオバン君。飛んでいるところを捉えようと、嘴をパクッとするも、トンボだって食われてはならじと、必死で(?)逃げました。雨降りの中両者ともご苦労さん。このトンボは池にたくさんいるクロイトトンボです。


飛んでいるトンボを狙う オオバン 幼鳥    2013年9月2日   長野県 安曇野市

 3回捕食に失敗し、背中に溜まった水滴を振り落とす。体を揺さぶり、水を落とす様子は親鳥と同じですが、まだ翼が十分に成長していないのでしょう、羽ばたきは見られませんでした。

 これでトンボ捕りをやめるかと思ったが、以外にしつこい幼鳥君でした。いやいや、研究熱心な努力家だと認めましょう。トンボも遠くへ逃げればいいのに、雨降りのせいもあるのか、幼鳥君の視界から出なかったらしい。


 4回目の挑戦で、幼鳥君、見事にトンボの捕獲に成功。こんな小さなトンボを食べても、何の足しにもならないと思うが、しっかり食べてしまいました。幼鳥君、大人の階段を一段登れました。


イトトンボを捕獲した オオバン 幼鳥    2013年9月2日   長野県 安曇野市

8月分   ホームヘ 10月分