私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


9月分 ホームヘ 11月分

10月31日 ミヤマ君逃げないで

カシラダカ  2013年10月31日  長野県 安曇野市

カシラダカ  2013年10月31日  長野県 安曇野市

ミヤマホオジロ ♂ 第1回冬羽  2013年10月31日  長野県 安曇野市

 そろそろベニマシコが来ているかと歩き回った。途中で犬のものだろうか、しっかりウンチを踏んでしまった。そのまま車に乗ると臭くてならないから、水溜まりでゴシゴシ洗う。

 今日は運がついたか、洗ったから落ちてしまったか・・・そんなことを考えながら、ベニマや~い。オオジュリンでもいいのだが。

 ベニマは見つからず、オオジュリンもまだ来ていない。まだ早いのかしらと思い、探すのをやめる。どうやら、運は落ちてしまったらしい。

 あちこち巡ったが、さしたることもなく、やはり運が落ちたと帰りかけたら、カシラダカの小群を見つけた。毎度のカシラダカねと通過しながら小群を見たら、やけに頭部の黄色い個体が見えた。オッ!落ちた運が戻ったらしいと、撮影準備にかかる。

 カシラダカは♀成鳥冬羽なのか、第1回冬羽なのか私にはまだ識別が出来ない。今日も双眼鏡してみるが、やはり判らない。
 
 カシラダカは警戒心が強く、すぐに高い木の梢まで飛んでしまう。ミヤマホオジロはカシラダカより少しおっとりしているので、カシラダカと一緒に逃げても、近くの、地面に近い込み入った灌木の中へ飛び込んで、様子をうかがっている。

 今日も逃げるパターンは同じだった。近くのブッシュの中にいるミヤマの姿を確認出来たので、持久戦をすることに。久しぶりにカモフラージュネットをかぶり、ミヤマが出て来るのを待つ。

 10分ほど待つと、たいていカシラダカの偵察隊が近づき、安全を確認すると1羽、また1羽、続いて数羽がパラパラと地面へ降りて、落ちている草の種子などを食べ始める。
 
 ブッシュの中でその様子をうかがっていたミヤマも出て来た。ここで動くと元の木阿弥なので、ひたすら我慢。10分ほど群のお食事を見物。ミヤマは♂色の個体が1羽と♀色の個体が2羽だった。

 頃合いを見て、ジリっと接近を試みる。まず1m。誰も逃げない。もう1m。カシラダカの臆病な奴が首を伸ばし警戒モード。5分ほど待つ。臆病な奴も再び地面をつつき始めた。

 よしと思い、もう1mと前へ出たら、カシラダカが一斉に飛んでしまった。しかし、ミヤマ君は残った。よしよしと50cm前へ、もう50cm前へ。それでもミヤマ君は地面をつついては、もぐもぐと食べている。ここまでで、何コマか撮れたので、カモフラージュネットを外す。ミヤマ君逃げず。しめしめともう50cm近寄る。ミヤマ君までレンズの撮影可能な最短距離まで近づけた。

 久しぶりに体育座りの姿勢で1時間もごそごそやったので、腰がボキボキ、脚が攣りそうになった。逃げなかったミヤマ君に感謝。それに犬のウンチにも感謝。


ミヤマホオジロ ♀の 第1回冬羽?  2013年10月31日  長野県 安曇野市

ミヤマホオジロ ♂ 第1回冬羽  2013年10月31日  長野県 安曇野市


10月30日 普通種ばっかり

コハクチョウ 三番君  2013年10月30日  長野県 安曇野市

 白鳥湖へ3羽目のコハクチョウが来た。三番君と呼びましょう。11月の上旬までは、はぐれ者や、迷子になったコハクチョウがパラパラ来るのが例年の習いです。家族単位や団体さんのコハクが来るのはもう少し先のこと。

 3羽がすぐさま集まり、団体行動をしてくれたら集合写真が撮れるのですが。一番君と二番君はいっしょに行動したり、ばらばらだったり、三番君は1羽でぽつん。これが現状です。こんな状態も例年と同じです。

 カモが、とくにオナガガモが増た。胸や腹が褐色に汚れた個体が何羽も現れると、鉄さびが多い水田地帯から移動して来たのだろうと、いよいよカモの飛来も本格化すると思います。なんとなく、新潟の水田地帯から来たのだろうと想像しますが、真偽のほどは分かりません。安曇野ではこういう汚れ方はしません。それに、半月もすればほとんどの個体の汚れは落ちてしまいます。

 

オナガガモ  2013年10月30日  長野県 安曇野市

 オナガガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモが増えています。それはそれで楽しいですが、換羽の推移を勉強したかったヨシガモは全部飛び去りました。やはり、ちょっと休憩組だったようです。向こう傷持ちのハシビロガモも一緒にいたハシビロの団体も消えました。ハシビロも、休憩だけだったのでしょう。

 正直に言えば、つまらない状況です。今日はユリカモメの成鳥冬羽個体が1羽御宝田池に浮いていました。フィールドへ現れるカモメ類は、年に数羽だけですから、この地では珍鳥なのですが・・・ユリカモメですから、なんと言えばよいか・・・しかし、久しぶりに会った、これぞ冬羽のユリカモメでした。遠路はるばるご苦労さん。


ユリカモメ  2013年10月30日  長野県 安曇野市

カイツブリ 幼鳥  2013年10月30日  長野県 安曇野市

アオサギ  2013年10月30日  長野県 安曇野市
 10月末なのに、まだピーピー鳴いて親鳥から魚をもらっているカイツブリの幼鳥がいます。頭部もまだ「うり坊」スタイルのまま。何年も御宝田池で鳥見をしているが、10月末にまだ自立出来ない成長段階の幼鳥は初めてです。

 信州より温暖な地方では、10月末でも同じ段階の幼鳥がいるかもしれませんが、安曇野では、この子が一番遅く生まれたカイツブリの記録保持者でしょう。間もなく霜も降りる季節、この子の自立が冬に間に合うとよいのですが。

 今日一番の見ものは、オオダイサギ10羽が犀川支流の奈良井川に集団でいたこと。コサギも2羽混じっていた。彼らは恐らく渡りの途中で、これから濃尾平野方面へでも行くのだろうか。

 犀川や奈良井川に沿って南へ向かうチュウダイサギのグループは数回見たことがある。秋も本番入りしたと思いながら見ていた。しかし、南へ向かうオオダイサギのグループを見るのは始めの経験。おそらく、毎日定点観測をしていると、いくつかのグループが通過するのではと思う。

 チュウダイサギもオオダイサギも、私の子供の頃(昭和30年代)には松本盆地で見られない鳥だったと、少ない経験しかないが、記憶している。それが、2亜種の渡りの集団まで見られるようになったのだから、自然界もあれこれ変化していると言えよう。

 アオサギも同じように昔はいなかったが、いまや、それこそ年中いる鳥になった。恐らくこの地で繁殖し、この地で越冬する個体もそこそこの数がいると思う。この冬にアオサギを数える、これは宿題にしよう。

 池や川筋が退屈だったので、雑木林を回ってみる。先日いたジョウビタキ♂は見当たらなかった。移動してしまったのだろう。でも、久しぶりにアオジに会えた。

 ごく少数のアオジが、冬季もフィールドの雑木林にいる。しかし、ほとんど灌木や枯れ草の下にいて、撮影出来るチャンスはほとんどない。
 秋色の背景でアオジを撮りたいと、ずっと思い続けているが、今日も秋色には遠かった。それでも、久しぶりなので、撮れただけでもよしとせねば。
 いつも悩むのだけれど、アオジの♀と第1回冬羽個体との見分けるポイントはどこだろう。この個体もどちらなのか判らない。

 普通種ばっかりの鳥見を続けていると、正直飽きが来る。それでも、あれこれ考えると分からないことだらけだし、自然界の小さな変化なども垣間見えることもあるし・・・結局、鳥見はやめられない。

 

アオジ   2013年10月30日  長野県 安曇野市

シジュウカラ ♀  2013年10月30日  長野県 安曇野市


10月28日 ややこしガモ達のその後

マコモの髄を食べる バニラ  2013年10月28日  長野県 松本市

2009年生まれ しろちゃん 2013年10月28日 長野県 松本市

 今日は、鳥馬鹿の熱中している、他人様からすると本当にどうでもいいことについての話です。

 雑種ガモの目立つ個体に、かってに名前を付けて、雑記でその名前を使っています。画像の整理をして、いづれ「千鹿頭池物語」へ雑種ガモ一覧表を載せようと考えています。ただ、恥ずかしながら、雑種ガモを毎回500コマ以上も撮影してしまうので、昨年の8月分を整理中です。一覧表が出来るのはいつのことやらです。

 昨日今日の午後、久しぶりに千鹿頭池と付近で雑種ガモをチェック。今年生まれた「しろちゃん」のヒナのことなど6・7月に雑記した。その後、たまにチェックはしていたが、さしたることもないので、雑記は書いていない。

 夏場は雑種ガモ達が水田や河川などへ分散してしまい、どこにいるか見つけ出せなくなる。10月に入り、稲刈りが済むと、散っていた雑種ガモが千鹿頭池へ集まる。これから池が結氷する2月までが雑種ガモのチェック期間になる。

 2007年から今年までの間に、千鹿頭池で35羽~40羽の雑種ガモが誕生している。チェックする第1の目的は何羽が生き残っているかである。そのために2日間、雑種ガモを見続けたが、まだ、完全には数をつかめていない。
 
 孵化して数日で行方不明になるもの、1年を経ずして行方不明になるものが多い。おそらくそれらは死亡していると考えられる。2日間で確認出来たのは14羽です。

 今日は、見つけやすい個体と識別ポイントを書きます。白い雑種ガモは、これまで7羽が孵化し、3羽が残っている。3羽は嘴の黒斑で識別出来るが、今年生まれの「バター」は今後黒斑が増える可能性があるので、追跡していないと判らなくなる。

 ちなみに、「バター」は「しろちゃん」の子供で、「バニラ」は「しろちゃん」の姪です。「しろちゃん」「バニラ」とも♀なので「バター」も♀だろうと推測している。

 昨年「しろちゃん」は5羽のヒナを孵し、昨年末まで3羽が生存していた。現在は「しろ並」と名付けた1羽だけが生存している。「しろ並」は今年の6月以降、千鹿頭池の近くの生妻池で暮らしていて、他の雑種ガモが千鹿頭池へ戻っても、生妻池から離れようとしない。

 雑種ガモが増えて、周囲にたくさんいるカルガモとどのくらい交雑するかがひとつの関心事であった。ところが、雑種ガモは雑種ガモだけで、しかも同じ親かから生まれた兄弟姉妹が固まって行動することが多く、今のところカルガモとの交雑は起きていない。

 正確に言えば、そもそも雑種ガモが誕生した2007年の「おお婆さん」とカルガモ、2008年に同じ組み合わせの交雑があっただけと推測している。

 交雑が起こるとしたら、生妻池でカルガモに混じって生活している「しろ並」が次の例になるのではと考えている。現在生存している雑種ガモは、雑種ガモ間で交尾して生まれたものです。


2012年生まれ バニラ  2013年10月28日  長野県 松本市

2013年生まれ バター  2013年10月28日  長野県 松本市

2012年生まれ ココア  2013年10月28日  長野県 松本市

2012年生まれ コーヒー  2013年10月28日  長野県 松本市

2013年生まれ コーラ  2013年10月28日  長野県 松本市

 白い個体同様目に付く頭部が黒い個体は3羽いる。これまで4羽が孵化し、3羽残っている。ヒナの時期は真っ黒で、かなり目に付いたが、成長するに従い体はカルガモ風に変化した。

 3羽の識別も、嘴の黄色い部分の形状でする。「ココア」と「コーヒー」は同じ親から生まれ、2羽とも♀。「コーラ」は「しろちゃん」が今年生んだ1羽。たぶん♀と推測している。

 以上の6羽は目立つので、生殖羽でも非生殖羽でも識別は容易です。

 下は、今年生まれた「しろちゃん」の子3羽です。6羽のヒナが誕生したが、現在は3羽になってしまった。兄弟姉妹なので、固まって行動することが多い。ばらばらになっても、画像のように休憩するときなどには集合している。

体に付いているのはヒシの実で、盛んに振り落とそうとするが、いつも簡単にはとれない。
 白と黒の2羽は雑種ガモと識別が容易だが、カルガモによく似たもう1羽は、今後識別が難しくなる。

 

 下の画像、3羽とも雑種ガモです。左から「五人組の一郎」「五人組の五郎」「色男バフ」です。「五郎」は見続けていないと、カルガモと識別してしまいそうなほどカルガモ似です。

 嘴の橙色の部分が、カルガモと違い濃いめの橙色、背に白く見える三列風切が、カルガモだと風切羽の外側(外弁)が白いが、「五郎」は三列風切のほとんどが白い。

 「一郎」「五郎」は「しろちゃん」と兄弟姉妹関係、「色男バフ」は2012年生まれの「バニラ」や「ココア」「コーヒー」と兄弟姉妹関係です。

 「五郎」のような、カルガモそっくりさんが他にもいて、その識別が難しく、午後2回だけでは、雑種ガモの数をしっかり把握しきれませんでした。

 昨年、千鹿頭池はメンデルやダーウインも真っ青になるだろう、遺伝実験のるつぼになるのではと想像していましたが、どうやら、雑種ガモ同士の近親結婚が多発する池になりそうです。

 今日は、本当に、どうでもいい話でした。長々とお付き合い下さりありがとうございました。



10月26日 台風のあと

スズメ  2013年10月26日  長野県 安曇野市

スズメ  2013年10月26日  長野県 安曇野市

 最近、自分の中の言葉がやせていると感じてならない。本を読まなくなったし、新聞も3分の1ほどしか読まなくなったからだろう。言葉に愛想尽かしされても仕方がない状態。

 言葉がやせ細ると、文章がつまらないものになる。感性的な文章が消え、散漫なレポートに落ち込む。雑記帳を書きながら、表現力の乏しさにキーボードの上で指が空を打つ。そんな状態から一歩でも抜け出さなければ、お読み下さる方々に申し訳ないと思っています。それでも、だらだら今日も駄文を・・・。

 台風で強い雨が降り、到着したばかりのオオダイサギがどうしているか、それが今日の一番の関心事。暇人はどうでもいいことばかり考えつきます。

 今回は、台風26号より降水量が少なかったので、増水の量は26号のときより少なかった。それでも、フィールドの犀川は濁流に変わっていた。午後からの鳥見だったので、川の水位はだいぶ下がっていたと思う。すでに中州が現れ始めていた。 

 御宝田池で2羽、犀川本流で2羽、オオダイサギを確認出来た。その中の1羽を40分ほど見ていたが、捕れた魚は1匹だけ。なかなか厳しい状況。この泥水の中を泳いでいる魚がいることが不思議なくらい。その魚が浅瀬を通るなんて、見ていて奇跡に思える。その奇跡的な一匹の魚を捕らえたことになる。
 カワウが何度も横を通過したが、一切関心を示さず、ひたすらがんばって流れを見続けていた。生きることは大変なんだと、当たり前のことを今さらに目にした。
 
 犀川の濁流が、御宝田池へも流れ込み、池の水位が20センチほど上がった。飛来したコハクチョウがどうしているかと見に行ったが、御宝田にはいなかった。

 そこで、白鳥湖へ回ったが、やはり見つからず。飛び去ってしまったのかと思っていたら、昨日土砂降りの中を白鳥を見に来た方がいて、昨日は2羽いたとのこと。私よりずっと熱心な方がいらしゃいます。

 結局、16時過ぎに1羽が白鳥湖の上を飛んだので、1羽の無事は確認出来た。たぶん、一番君だと思う。

 移動の途中で、水田を覗くと、タヒバリがいた。大雨の中、隠れる場所もない水田の何処かでがんばり通したのだろう。数は5羽まで数えたが、おそらく23日に出会った8羽のタヒバリ達の一部だろう。大雨の中、小さな体で、耐え抜いたタヒバリに、心で拍手した。

 今日も、レポートで終わってしまい・・・反省・・・明日は何とかしようと思っていますが、さて・・・。


魚を飲み込む オオダイサギ  2013年10月26日  長野県 安曇野市

カワウ オオダイサギ  2013年10月26日  長野県 安曇野市

タヒバリ  2013年10月26日  長野県 安曇野市


10月24日 オオダイサギ来る

オオダイサギ  2013年10月24日  長野県 安曇野市

オオダイサギ  2013年10月24日  長野県 安曇野市

チュウダイサギ  2011年9月17日  長野県 安曇野市
 予定通り?オオダイサギが来ました。かなり走り回って、あちこちで7羽を見ました。1羽は遙か高くから旋回しながら降りて来るところでした。もしかすると、いずこからか、はるばる飛んで来て、ただ今到着の瞬間だったかもしれない。昨日見かけたチュウダイサギは見事にいなくなっていた。旅立ったのだろう。惜しくも、2亜種のダイサギが並んだ光景は見られなかった。

 私の周りでも、チュウダイサギとオオダイサギ(ダイサギ)を分けて話す方は少ない。ただダイサギといい、ダイサギは年中見られる鳥という扱い。しかし、2亜種とも渡り鳥なのだから、年中見られると言い切るのは、すっきりしない。
 昔は2亜種とも松本盆地には来なかった鳥で、年中白い大きなサギが見られるようになって、さほどの年数が経っていないから、細かな区分などしなくても仕方がないとも思える。

 今どきのオオダイサギは脛が黄白色だが、1月を過ぎる頃には脚の先の方(跗蹠=ふしょ)まで黄白色になる。チュウダイサギの足は全体的に黒く、今どきの脛は幾分灰色がかって見える。体の大きさの他に、この時期は脚の色が識別に使えると思う。

 雨降りだったので、林には行かず。河原ばかり見て回ったので、クサシギやホオジロには出あったが、他にはこれという鳥と会えなかった。

 ともかく、オオダイサギが来て、一歩冬が近づいた。

 

クサシギ 幼羽  2013年10月24日  長野県 安曇野市

ホオジロ  2013年10月24日  長野県 安曇野市

 おまけのセグロセキレイ。誰かさんがカワセミ撮影用に立てた枯れ枝にセグロセキレイが止まった。盛んに上空を見回し、首を回転させている。上空を何かが飛んでいるのかと目を凝らすが見当たらず。そこで、10コマほど撮ってみたら、小さな羽虫が飛んでいて、セグロ君どうやらその羽虫を見ているようだった。鳥は目がいい。それだけの画像です。


セグロセキレイ  2013年10月24日  長野県 安曇野市


10月23日 リベンジ

ジョウビタキ ♂  2013年10月23日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♂  2013年10月23日  長野県 安曇野市

 ダイサギを探した。4、5日前までは10羽ほどのチュウダイサギが犀川に点在していて、自然に目に入って来た。しかし、今日は探さなければ見られないほど減っていた。この数日で、多くが渡って行ったのだろう、4羽を見かけただけだった。

 オオダイサギ(※1)はまだ見つからなかった。この時期、ラッキーなら、オオダイサギ、アオサギ、チュウダイサギを同時に見られる。大きさ比べが出来る。私の鳥暦ではそろそろオオダイサギが来るはずなのだが。

 ※1 日本鳥学会発行の「日本鳥類目録」では「ダイサギ」とされる。私のフィールドでは2亜種のダイサギが一時期混在する。雑記帳では混乱しないように「オオダイサギ」と書くことにしている。

 ジョウビタキにリベンジ。昨日さんざんだったから、全身をすっきりと撮ろうと。たかがジョウビタキ、入れ込むこともない普通の鳥ですが、それなりに撮れないと悔しい!遊ばれたままで、すごすご引き下がっては、カメラマンの名が廃る・・・と。証拠画像だとしても、いい加減な出来では気分がすぐれない。

 ジョウビタキは渡りの途中の個体でも、2、3日は同じ場所でうろうろしている。これまでの経験から、昨日のジョビ君もまだいるだろう考えて、昨日の場所へ。

 昨日と同じ場所にジョビ君いました。今日はすっきり全身が見られ、まずはリベンジ成功。しかし、秋色している場所へは止まってくれず。ただの枯れ枝に止まった姿なら、冬にだって撮れるから、成功も8割くらいか。

 昨日との違いは、同じ場所にジョウビタキの♀が2羽いたこと。昨日は全く見かけなかったから着いたばかりなのだろう。♀の2羽はちょっと顔見せだけで林の奥へ入ってしまった。

 3羽ともあの独特な甲高い叫び声を上げて縄張り宣言をしなかった。全く無口で、ひたすら食べ物探しを続けていた。ここで越冬するつもりなら、雌雄関係なく、追い出し行為をする。そうしないから、まもなく3羽とも移動して行くだろ・・・撮影しながらそんなことを考えた。

 

ジョウビタキ ♀  2013年10月23日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♀  2013年10月23日  長野県 安曇野市

 ジョビ君、昨日の無愛想な応対のお返しか、入浴シーン(水浴び)を見せてくれた。面白シーンは瞬間だから双眼鏡ではよく見えない。しかし、秒間10コマ撮れるデジカメのおかげで、30コマも連続撮影すると、いろいろなシーンが写っています。


 秋に移動しているタヒバリは、ほとんどチェックにかからないので、まだ鳥暦に入っていない。農道を走っていたら、聞き覚えのある鳴き声がした。タヒバリがいると車を止め双眼鏡するが、林立する稲の切り株でよく見えない。

 しばらく水田を眺めていたら、数羽のタヒバリが、足早に歩き回っているのが見え始めた。しかし、撮影となると、難題。ここでも、チラリ姿が見えたらかまわず連写。数打ちゃ当たる作戦。しかし、ほとんどが切り株しか写っていない。尾羽だけとか、ピントの合っていないぼんやりした姿だけとか・・・それでも証拠画像が数コマ残った。

 画像をカメラのモニターで拡大して確認。もしかして、腹が白いのでムネアカタヒバリでは。まだ、フィールドでムネアカタヒバリを見たことがないから、どうしても、ムネアカであったらいいのにと思ってしまう。もちろん、もっと珍なタヒバリ類なら大万歳だが。
 なんとかムネアカにしたかったが、どう見てもタヒバリ。それに鳴き声がタヒバリだから。しかし、貴重な出会いでした。

 オオダイサギはまもなく来るとして、次は鳥暦ではツグミ、続いてベニマシコが来るはず。全部ごく普通の種ばかりですが。来るものが来ないとすっきりしませんから。
 ツグミの中にハチジョウツグミが混じっていると楽しいのだが。


タヒバリ  2013年10月23日  長野県 安曇野市


10月22日 進む鳥暦

ノビタキ  2013年10月22日  長野県 安曇野市

アオツヅラフジ  2013年10月22日  長野県 安曇野市

 外付けHDが満杯になってしまった。急ぎ2テラを1台買って来た。外見は1テラのHDの半分、とてもコンパクトになった。価格は1テラを買ったときと同じ。1テラが5千円の時代になった。世の中進んでいると思った。

 おまけというか、転送速度を高速化するソフトが付いていて、USB3.0だとUSB2.0の6倍ほど速く転送するとのこと。あいにく私のPCは2.0。それでも、書き込み速度が速いのだろう、以前したお引っ越しより随分短時間で転送が済んだ。世の中進んでいると思った。

 今日はフィールドをひと回るする積もりだった。私の鳥暦(とりごよみ)だと、ジョウビタキとオオダイサギがそろそろ来るはずだから。

 昨日の雑草畑の横を通ったら、ノビタキがまだ5羽いた。昨日いたメンバーだろう。今日は忙しいからノビタと遊ぶ暇はない。それで、数コマ撮影して通過。雑木林へ。

 
 20羽ほどのカシラダカの群がいたが素通り。ジョウビタキがいないかのチェックが優先だから。

 ところが、先に2羽のビンズイと出くわしてしまった。そうそう、昨年も22日にビンズイと出会っている。ビンズイも鳥暦に加えようとノートにメモ。

 ビンズイの証拠画像を撮ろうと、木から地面へ降りるのを待つ。15分ほど頑張ったが、ビンズイ君はあっちの方へ飛んでしまい撮影ならず。思わぬ時間を食ってしまった。

 林の中は、赤色、黒色、橙色、青紫色・・・いろいろな実が熟れ始めている。片っ端から鳥さんが食べるなら、とても豊饒な林である。しかし、多くの実が冬を越して残っているから、見た目ほど豊かではなさそう。アオツヅラフジの実も、私の目には美味そうに見えるのに、最後まで残っているから、鳥さんには不人気らしい。
 

ジョロウグモ  2013年10月22日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♂  2013年10月22日  長野県 安曇野市

 林の中は、まだジョロウグモの巣がいっぱい。うっかり歩くと、顔に糸がべたっと張り付いたり、担いだレンズがクモの巣を払ってしまいべとべとになる。なるべく巣にかからないように歩くが、たまにべた~っとやってしまう。

 さんざん歩いて、ジョウビタキの♂1羽を見つけた。鳥暦通りで、よしよし。かなりの自己満足。ビンズイで失敗したから、せめてジョウビタキの証拠画像をと粘る。

 敵も然る者、灌木や込み入った枝の間にいて、全身をすっきり見せてくれない。彼方へ飛んでしまえば、ノートに記録して、はい次へと移動するが、見える範囲で地面へ降りたり、枝へ戻ったりする。 一旦消えたかと思うと、少し先の方で赤橙色の腹がちらちら見えて。撮影を諦めきれず。
 ジョビ君に45分も使ってしまった。その割りに、左のような恥ずかしい証拠写真しか撮れず。大いに悔しかった。

 しかし、鳥暦が進んでいると、冬鳥が次々に到着していると確認が出来、それなり満足。ジョビ君に振り回されて、水辺まで辿り着けなかった。明日は、ダイサギを見て回ろう。たぶんオオダイサギが来ているだろうから。

 


10月21日 あれは・・・

飛来二羽目のコハクチョウ 二番君   2013年10月21日  長野県 安曇野市

マルガモ    2013年10月18日  長野県 安曇野市

一昨シーズンのマルガモ  2012年5月17日  長野県 安曇野市


ノビタキ   2013年10月21日  長野県 安曇野市

 白鳥湖、つまり犀川本流からチェックを始める。あらら、コハク君今日は御宝田池じゃないのと洲にいたコハクを見る。なんだか汚れが落ちて綺麗になったみたい・・・あれッ、顔つきが違うような・・・一番乗り君とは嘴の黄色い部分の形が違うと見えた。

 観察小屋の掲示板を見に行くと、白鳥飛来数が「2」になっていた。ふむふむ、やはり一番君ではなく二番君なんだ。
 二番君も1羽だけで飛来したはぐれ者か迷子らしい。やはり「のぶちゃん」を無視していると見えた。

 遊水池へ移動。「のぶちゃん」は相変わらず雑草の中で休憩中。飛来コハクは2羽とも薄情な奴のようだ。ひとりぼっちで夏を過ごした同族がいるのに、挨拶にも行かないで。

 遊水池にいたヨシガモ2羽は行方不明。この時期、ちょっと休憩のカモが入れ替わり、立ち替わり交替する。またもやヨシガモは旅立ってしまったのだろう。せっかく換羽の推移が見られると期待していたのに。

 遊水池にいる楽しいカモはマルガモだけになった。この交雑個体、嘴の黄色い部分や後頭部だけが緑色の特徴から、一昨シーズンにいたマルガモに似ているが、はたして同一個体かは判らない。

 雑木林へ回るが、カシラダカが7羽いただけで、空振り。こんな時はどんどん先へ回る。つきのない場所でうろうろしても時間の無駄使いになるから。

 すっかり刈り取りが終わり、冬バージョンになった水田、だが用水や畦には、まだ背の高い雑草も残っている。3枚そば畑があり、その1枚はほとんど雑草に埋まって雑草畑になっている。その用水と1枚の雑草畑が大切なチェック場所。

 19日にノビタキの見納めかと書いた。例年20日を過ぎるとノビタキは見られなくなり、代わりにジョウビタキが現れる。それで、見納めと書いたのだが、「いつもと同じ」は自然には通じない。なんとノビタキが6羽もいた。
 毎度のどあっぷ画像はやめて、今日は小さく撮ろうなどと考えながら雑草畑で撮影を始める。

 ノビタキは畑を縦横に飛び回わり、頃合いのセンダングサなどがたくさん立っているのだが、簡単には止まってくれない。少し、いらッ。

 そのとき、ノビタキとは違う鳥が2羽、ひょいと雑草の上へ現れた。あれは・・・だれだ?と双眼鏡を握り直したら、横からノビタがその鳥を追ってしまった。おのれ!ノビタ、手討ちにしてやる!そこに直れ!そんな気分。
 あれは、何だったろう。見られたのは一瞬だが、姿形はホオジロ科の鳥さんだった。もし、珍な鳥さんなら万歳だが。

 その鳥の潜った雑草付近を注視して待つこと10分ほど。再び現れたが、雑草の陰。それでも撮影。第一感はホオアカ。双眼鏡で見るより、撮影画像をモニターで拡大して見た方が識別がしやすい。

 目一杯拡大する。どう見てもホオアカ。眺めている間にオオジュリンとかまさかのシベリアジュリンとかに変わらないかと、欲張りは目を凝らすが、ホオアカはホオアカ。
 それでも、この水田地帯でホオアカと出会ったのは初めてだから、今日も最後の最後に、いいことあった日になった。鳥馬鹿は単純だから、これで今夜は楽しく寝られる。


ホオアカ   2013年10月21日  長野県 安曇野市

ホオアカ   2013年10月21日  長野県 安曇野市


10月19日 杜鵑探し

ノビタキ   2013年10月19日  長野県 安曇野市

オオヨシキリ   2013年10月19日  長野県 安曇野市

 犀川左岸へ。曇天で撮影条件は悪かったが、杜鵑探しに。昨日3羽いたと言うことだから、少なくとも1羽は今日もいるだろうと、ものすごく楽観的に考えて。これまでの経験だと、杜鵑がフィールドの雑木林に入ると、半数が2日間は滞在するから。ただ、広い林のどこにいるかは鳥さん次第だから、林の中を彷徨しなければならない。

 林に入る直前でノビタキが1羽いた。おやおやまだいたのね、今日は忙しいから遊んでいられないの・・・と思ったが、もしかすると、このノビタがこの秋の見納めになるかもと思い直し、記念撮影。

 ノビタを撮っていたら、目の前を茶色の固まりが通過した。見慣れぬ茶色。もちろん鳥だと見えたし、ノビタキではないと判断出来た。正体を見届けるまでは動けないと鳥見魂が叫ぶ。杜鵑探しになかなか行けない。

 茶色の鳥はオオヨシキリでした。10月中旬に犀川の葦原にいてもおかしくない鳥だし、過去何度か10月に見ている。でも、鳥馬鹿は欲張りだから、珍鳥に化けないかと真剣に見てしまった。たとえば、ハシブトオオヨシキリに化けないかしらなんて。

 ノビタキとオオヨシキリで30分、貴重な午後を使ってしまった。いざ、いざ杜鵑をと林を回るが、見つけ出せず。

 一旦休憩しようと林から出たら、ハクセキレイが盛んにフライングキャッチをしていた。飛んでいるセキレイを撮ろうなんて、暇人のすること。でも、杜鵑が見つからなかったので、しばしピント合わせの練習。

 30コマほど撮ったら偶然羽虫をくわえる瞬間が写っていた。こんなシーンはまぐれでなければ撮れない。惜しむらくは曇りでなく青空だったら、日が射していたら、もっとシャキッとした絵が撮れたのに・・・鳥馬鹿、写真馬鹿はどこまでも欲張りです。
 

ハクセキレイ   2013年10月19日  長野県 安曇野市

ツツドリ 幼鳥   2013年10月19日  長野県 安曇野市

 15時を回ってしまった。お帰り時刻が近づいてしまった。さて、どうしようと考える。今日は根性が座っていた。林をもう一回りして、杜鵑に出会えなかったら諦めようと歩き出す。

 林の中で山芋堀のおじさんがスコップで石を掘る音が聞こえている。河川敷の石ころだらけの林なので、山芋は握り拳ほどしか成長していないが、それでも好きな方がいて毎年あちこちを掘り返している。気をつけないと堀跡の穴に片足落っこちる。

 昨年出会った方は親切で、汗を流して掘った芋をふたつくれた。畑で栽培された長芋とひと味違って美味しかった。食い気が出ると鳥見がおろそかになる。杜鵑が出なかったら、私も芋掘りしようかなんて雑念が。

 突然ハトくらいに見える鳥が視界を横切った。飛び姿から瞬間に杜鵑と判る。しめしめと忍び寄る。杜鵑に間違いなし。後頭部に白斑がぽつんとあるし、翼の羽先にも白い部分がある。腹の黄斑が見えるともっとハッキリするが、ツツドリの幼鳥に間違いなし。たぶん昨日からいる個体だろう。

 何の管理もされていない、自然のままの雑然とした雑木林なので、すっきりと全身を見られない。ツツドリ君、枝に止まってあちこち見回して、毛虫や青虫を探すが、じっと止まっている時間が結構長い。シジュウカラみたいに頻繁に移動しないから、飛んで次の枝へ移るまで随分と待たされる。こちらが下手な動きをすると、彼方へ飛ばれてしまい見失ってしまうから、忍の一字。

 混み合う枝の隙間を通して、なんとか全身が撮れるまで、30分もかかった。満足出来る画像は撮れていなかったが、先にお帰り時刻が来てしまった・・・悔しいけれど撮影終了。

 ともあれ、久しぶりにノビタキやオオヨシキリと出会ったし、ツツドリとも出会えたから、今日はついていた。何度もドキドキ出来たから、いい日だった。

 

ツツドリ 幼鳥   2013年10月19日  長野県 安曇野市

ツツドリ 幼鳥   2013年10月19日  長野県 安曇野市


10月18日 読み違い

鹿島槍ヶ岳   2013年10月18日  長野県 安曇野市

 先日は白馬岳まで雪が降った。昨夜は冷えたので、今日はさらに南にある鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳まで白くなっていた。一歩一歩北から冬が進んで来る。

 今日は犀川右岸と水田をチェック。少し早いがコチョウゲンボウが来ていないかと、かなり大胆に期待をして。しかし、いつものスズメとカワラヒワの群がいただけ。やはり11月に入らないと来ない鳥さんなのだろう。

 犀川右岸の堤防上で、四方を双眼鏡していたら、左岸の堤防上で双眼鏡している写友を見つけた。おやおや、川向こうで頑張ってるな。カシラダカを見つけられるといいのだが・・・などと思いながら、河原のススキの原へ降りる。

 ススキの原でオオジュリンが毎冬越冬していたが、昨冬は見かけなかった。この冬はどうなるだろうとチェックしている。

 植生が以前と変わってしまい、ススキだけの広い原だった河原は、ヤナギやポプラなどの灌木が伸びて、ススキと灌木が混在してしまった。この冬もオオジュリンが現れなかったら、この環境変化に原因があると考えてよいのだろうか。オオジュリンが通過だけする可能性もあるから、時々チェックしている。

 撮りたい鳥さんに出会えず。雪山にシャッターを押しただけで白鳥湖へ回る。左岸にいた写友も来て、ツツドリが3羽もいたと画像を見せてくれた。お~!読み違い。今日も左岸のチェックをすべきだった。残念至極。

 エゾビタキやコサメビタキが例年より少ないと何度も書いたが、杜鵑、とくにホトトギスは例年より多い。例年5羽も出会えば驚きだったが、今日の3羽が全部ツツドリだとすると、私が知る範囲でも、すでに12羽は通過している。明日は左岸へ行かなくっちゃ。

 白鳥湖の横の遊水池にヨシガモが2羽来ていた。飾り羽根(三列風切)がちょっと長めの個体と、まだ目立たない個体。2羽とも、ひと気がないと近くまで来るので、頭部が緑色のナポレオンハッとになるまで、換羽の推移を見られそう。御宝田のヨシガモが去ってしまったので、しばらくこの2羽に相手をしてもらうおうと決めた。

 

ヨシガモ 奥の2羽 他の3羽はヒドリガモ   2013年10月18日  長野県 安曇野市


10月17日 雑木林で カシラダカ来た

カシラダカ   2013年10月17日  長野県 安曇野市

 北風と大気が急に晩秋モードになった。この秋始めて、カメラを握る指先が冷たくなり、手袋が欲しくなった。今どきは、北海道に次いで冷え込むのが信州だから、さもありなんです。今夜は、収納ボックスの奥へ押し込んだフリースを引っ張り出さなくちゃ・・・撮影しながら考える。

 カシラダカが2羽来ていた。そろそろ来てくれないと、私の鳥暦が乱れてしまう・・・なんて考えながら雑木林を歩いていたら、足元から飛び出して、彼方の枝に止まった。
 カシラダカとの出会いによくあるパターン。これでこちらが動くと、チッとひと声鳴いて、更に向こうの高い枝へ行ってしまう。秋初めての出会いはだいたいこんな具合で、こんにちわの挨拶もそこそこに証拠写真を撮るのが精一杯。

 カシラダカが行ってしまったので、林の中で最近お気に入りの場所へ移動。台風の置き土産で、落ちた枯れ枝をぼきぼき踏みながら歩く。これじゃ鳥さんが逃げてしまう。

 耳を澄まし、エナガかシジュウカラの声を探す。カラ類の群の中に、他の鳥が混じっていることが多いから。


シジュウカラ ♀   2013年10月17日  長野県 安曇野市

エナガ   2013年10月17日  長野県 安曇野市

 賑やかシジュウカラとエナガの団体が虫を探しながら移動して来た。およそシジュウカラ10羽、エナガ10羽、しめしめの状況。だが、写真を撮れるような場所で静止しないのが彼ら。今日も動き回るので、よし!のチャンスがなかなか生まれない。お願いだから、5秒でいいから、秋の始まりが見える舞台で静止して・・・。

 コゲラもいた。普通の行動は、木をつついて虫を探すのだが、たまに木の実も食べる。マユミの実などもちょっと食べる。そう、マユミの赤い実がそろそろ顔を出す時季。マユミの実をアオゲラやアカゲラもつつくから、たぶんお口直しのデザートによいのだろう・・・なんて勝手な想像をしてみる。

 

コゲラ   2013年10月17日  長野県 安曇野市

オオムシクイ   2013年10月17日  長野県 安曇野市

 今日もオオムシクイが混じっていた。カラ類の混群に入る鳥ではないのだが、今は広い林にわずかな鳥しかいないので、安全保障のために団体に加わっているのだろう。カラ類よりもっとこせこせと動き回る鳥なので、撮影出来るチャンスをなかなかくれない。今日のメボソは気前のいいやつで、サービス満点だった。

 なぜか今日はコサメビタキまで混じっていた。コサメは全く偶然通りかかったのだろうが、周りをカラ類やオオムシクイが飛び回っていると、混じっていると思いたくなる。

 今秋、この雑木林を通過するエゾビタキやコサメビタキの数は、例年の半数にも満たなかった。渡りのコースが変わったのか、たまたま出会えなかったのか・・・原因は分からない。久しぶりのコサメだったので、記念撮影をしてしまった。

 林の中には、この時期キセキレイがいたりする。水辺で暮らしている鳥なのだが。
 これは推測です。林の中にまだトンボがたくさんいる。稲の刈り入れが済み、何もなくなった水田から、アキアカネやノシメトンボが林へ入って来る。霜が降りる頃までトンボはたくさんいる。羽虫も飛んでいる。それらをコサメが狙っているように、キセキレイもそれらを食べている。

 キセキレイ君、たぶん第1回冬羽に換羽中の幼鳥だろう。まだ経験が浅いので、大きなレンズを担いだ人間を見て、成鳥のように即飛んで逃げず、枝の上を歩いていた。


コサメビタキ   2013年10月17日  長野県 安曇野市

キセキレイ 幼鳥   2013年10月17日  長野県 安曇野市

一番乗りのコハクチョウ   2013年10月17日  長野県 安曇野市

 帰り道、白鳥湖へ立ち寄ると、昨日は御宝田池にいたコハクが白鳥湖にいた。

 白鳥湖と言っても、犀川の流れを小水力発電のために堰き止めて作った小さなダム湖で、とても湖ではない。それでも30年昔は、水面が広がっていた。しかし、洪水のたびに砂礫が堆積し、小さな洲が島になり、島に樹木が生え、今や、犀川の流れと砂利の河原に変貌してしまった。

 コハクの一番君、この地に慣れた個体のようで、飛来した朝は上の洲にいて、昼には御宝田へ移動。そして今日はまた白鳥湖へと移動していた。

 夕方白鳥湖でたらふく給餌を受けてから御宝田池へ戻り、そこでも給餌を受けて、夜は御宝田で過ごすという、要領がいいというかサラリーマンのような通勤生活をするコハクが毎冬いる。一番君は、そんな奴かも知れない。

 あるいは、たった1羽なので、仲間が飛来していないか探し回っているのかもしれない。しかし、堤防ひとつ隔てただけの遊水池に「のぶちゃん」がいるのに、2羽はお互いを呼び合ったりしない。一番君は遊水池の上空を飛んでいるから「のぶちゃん」の存在に気付いているはずなのに。

 いろいろ考えさせられる一番君です。

 16時10分過ぎ、定期便よろしく、一番君は白鳥湖の上を一周してから御宝田池へ戻って行った。まだ緑が濃い林を背景に飛ぶ白鳥は、なんとなく場違いに見えてしまう。

 夕方、寒くなった。今夜は、月も明るい十三夜。明日の朝は、きっと一番君の仲間が数羽来ているだろう。



10月16日 一番君

一番乗りのコハクチョウ   2013年10月16日  長野県 安曇野市

  

 最近の豪雨や台風の落とす雨の量は桁違いで、いつも大きな被害が出る。その異常さが当たり前になるのは怖いことです。被害に遭われた方々には言葉もありません。

 我が家の周りは幸い何事もなかったので、のんびり鳥見が出来る。それだけでも感謝しなければ。

 しかし、ある日突然、我が家の下で千年に1度の地震が来たら、こんなのんびりしたことは言っていられないでしょう。命の保証も危ういですから。

 我が家の下には、日本列島を東西に分ける大きな断層帯が走っている。正断層か、逆断層か、水平右ズレ断層か分からないが、20mもずれれば、震度6にはなるだろう。

 最近の調査で「約700mの落差をともなう岩盤のずれを発見した」と某ローカル紙。我が家の付近は海抜630mほど、それより大きな落差があるなんてちょっと信じがたい数値。いずれ信州大学の紀要にでも載るだろうから勉強しよう。

 それにしても、松本で起きた震度5強の地震後のアンケート調査の回答で一番多かったのが、「地震雲を見た」というもの。「地震雲」なんて何の根拠もない、いわば「エセ科学」なのだが。

 コハクチョウの1番君に会いに。朝に犀川白鳥湖へ降りたが、犀川にはカモさえ1羽もいないので、居心地が悪かったのだろう、昼には御宝田池へ引っ越してしまった。すぐ横の遊水池には帰れなかったコハクの「のぶちゃん」や100羽ほどのカモがいるのに、無視されちゃったみたいで「のぶちゃん」可愛そうです。

 一番君、勝手知ったる御宝田池のようで、白鳥の会の方が呼んだらすぐに近くへ寄って来たそうです。私が行った13時過ぎには、しっかり水浴びをしてから島へ上がり、盛んに羽繕いをしたり、羽ばたいていた。換羽中なのだろう、まだ翼の裏側は羽がそろっていなかった。

 飛び去ったヨシガモやオカヨシガモは、池へ戻っていなかった。1時間も双眼鏡したのに、ハシビロガモもいなかった。
 ホシハジロやキンクロハジロが約10羽ずつ到着していたのに。ヨシガモの換羽をじっくり見たかったが、この秋も無理そう、残念。

 寒気が南下して、北海道の富良野では雪が積もっているとのこと。まもなく、コハクも群で来るでしょう。



10月15日 白鳥来る

コゲラ  2013年10月14日  長野県 安曇野市

 トップページのアクセスカウンターが突如クラッシュ。訳分からないが、たぶんニフティがサービスを打ち切ったからだと思う。そんで、自力で作ろうかとHTMLソースを・・・面倒くさいので途中で放り出す。カウンターが無くても、どうということはないからなしで行きます。

 今朝コハクチョウが1羽来ました。またシーズンが始まります。カモ見の場所を白鳥写真家に占領されそう。鳥見の人口が増えるとよいのですが。鹿を追う者山を見ず、白鳥見る者カモを見ず・・・ちょっと言い過ぎたかな。

 台風、被害が出ないとよいのですが。松本も昼前から雨降りになりました。白鳥を見に行こうかと思いましたが、雨なので明日に延期。根性が少しだけ無くなりかけてます。まぁ。珍鳥君なら、土砂降りだって出かけますが、白鳥だから・・・。明日の午後にでも一番乗り君に会いに行きます。
 ということで、白鳥写真は明日以降になります。



10月14日 コリン君に感謝

コリンウズラ ♀  2013年10月14日  長野県 安曇野市

 御宝田池へ行ったら、カモが半分以下に減っていた。せっかく見始めたヨシガモ、向こう傷のハシビロガモ、来たばかりのオカヨシガモとホシハジロの♀、オナガガモの大半・・・何かがあった。何があったか分からぬまま引き上げる。今日のカモ見は、10分もかからずに終わった。

 後で聞いたところによると、近くの神社で祭りがあり、音だけの打ち上げ花火をバンバンとやったらしい。それでは、カモは逃げ出してしまう、飛来間もないカモはなおさらのこと。

 カモ見を諦めて、雑木林の鳥見に変更。上手くしたら、もう一度コリンウズラと出会えるかしらと都合よく考えて。

 ミヤマホオジロはいなかった。旅立ったのだろう。アトリも姿を見ず。今日は徹底的についてない日らしいと、鳥見の気合いが半減。それでも、コリンウズラがいるとしたらこんな環境・・・そんな場所を覗いて回る。
 
 途中で足早に・・・いや、羽根早やに、カメラを用意する間もなく通過して行ったキビタキが1羽。たぶん幼鳥だろうと見送る。これまでのキビタキとの出会いの記録は、ひと秋に1、2羽だけ。これで、この秋の分は終わりだろう。

 塞翁が馬、あざなえる縄!アンラッキー続きの日だったが、最後に福が歩いて来た。多少予備知識があったから、出会える確率が少しはあったと思う。だが、コリンの方からのこのこ歩いて来るとは思わなかった。出会っても、またすれ違いだろうと、その瞬間に、いかに素早く撮るか・・・などと考えていた。

 今日の画像はすべてノートレミングです。最後は、超望遠レンズの撮影可能な最短距離内まで来たので、見るだけになった。昨日は15年ぶりの出会い、今日はマクロレンズが必要なほどの間近で見られる初体験のおまけが付いた。日本の野鳥ではないけれど、コリン君にいっぱい感謝。

 コリンウズラには亜種があり、昨日アップした♂はフロリダに分布している亜種と図鑑を開いて改めて知った。15年前はアメリカの図鑑など手に入らなかったから、亜種があるなどは知らなかった。雌はどうやら違いがほとんど無いらしいので、今日のコリンの亜種までは分からない。

 この林や、付近には、キジだけでウズラもコジュケイもいないので、交雑の恐れはない。犬の訓練もまれだから、コリン君のんびりとやってくれと思う。ただ、今日のように開けた場所をのこのこ歩いていると、オオタカに襲われるから、それだけは要注意ね。

 

 コリン君が去って、雑木林の小さい秋が輝いていた。



10月13日 超珍鳥 !?

ミヤマホオジロ ♀幼鳥?  2013年10月13日  長野県 安曇野市

 白馬岳に初雪が来て、霞んだ山並みの頂が白く光っていた。いよいよ秋本番でしょう。

 いつもの雑木林へ行く。一昨日のミヤマホオジロがほとんど同じ場所にいた。この子はしばらく滞在しそう。イノコズチの種子をさかんに食べていた。

 実は、ミヤマは渡来するとイノコズチが繁茂している場所へ行く。他のフィールドの様子は分からないが、私が見ている雑木林では、まずイノコズチへ行く。それを知っているから、イノコズチが繁茂している場所は特にチェックする。

 ほとんど地上で食べているので、うっかり近づいて、飛んで逃げられることもある。今日も飛ばれたが、すぐ近くの灌木に止まったので、挨拶代わりに記念撮影。
 カシラダカもイノコズチに来る。うかつに近づくと、やはり飛んで逃げられてしまう。

 アトリが20羽ほどの群で林に来ていた。雑な証拠写真しか撮らせてくれない嫌な奴らだったが、今年も来てくれてありがとう。

 昨日の午後から吹き始めた北風は今日もずっと吹いていた。その北風に乗って、アトリは来たのだろう。昨年は初認日が11日だったから、ほとんど同じ頃に来た。林に冬鳥が到着すると、秋本番です。
 
 冬鳥のアトリが来た。誰かに感謝をするのなら、この北風に言わなきゃね。残るはカシラダカとシメ、こちらも北風にお願いしよう。

 

アトリ  2013年10月13日  長野県 安曇野市

エナガ  2013年10月13日  長野県 安曇野市

 シジュウカラとエナガの混群が通過した後は、風の声がするだけで、静かな林に戻ってしまった。することがなくなったので、水溜まりをチェックしに行く。アオジが来ていたら、水飲みに来るから。

 しかし、今日はホオジロが1羽いただけ。仕方がないから車へ戻ろうと振り返ったら、目の前にとんでもない鳥が歩いていた。超珍鳥というか、困ったちゃんというか。

 大急ぎでレンズを向けたが、ピントの合うすんでに茂みへ入られてしまった。まずは、茂みの中の目玉だけを。この画像で鳥名が分かる方は超ベテランの鳥見人さんです。もっともハンターなら判るかも、これがヒントです。


 キジの♀ではないし、コジュケイでもないし、ウズラでもありません。過去の経験から私は見た瞬間に識別出来ました。

 正解は、和名コリンウズラです。アメリカの鳥で、英名は鳴き声からボブ・ホワイト。大きさはキジバトくらいです。猟犬の訓練用に放されます。その行為は認めたくないが、現実ハンターが放したものでなければ、安曇野の雑木林にいるはずのない外来種で、定着すると困ったちゃんになります。

 20~15年ほど昔、神奈川県座間市の相模川河原や、座間新田宿の畑を歩いているコリンウズラを何度も見ましたので、即識別出来たのです。座間のコリンウズラがどうなったか知りませんが、現在も深谷市の利根川で繁殖しているとネット情報にあります。

 林には♀が1羽しかいませんでしたから、ここでは繁殖はしないと思いますが。♂も放されると・・・ややこしい事態が起きるかもです。

 下にどんな鳥か、懐かしフィルムをアップします。ネットで検索すれば、たくさん画像は転がっていると思いますが、自分のHPですから、自分の画像で説明しなければと、ちょっと片意地張って。


コリンウズラ ♂  2000年5月21日  神奈川県 座間市

コリンウズラ ♀  1993年6月12日  神奈川県 座間市

コリンウズラ ♀  1993年6月12日  神奈川県 座間市

 最後は斜陽に光るムラサキエノコログサ。この光景が犀川の河原に広がると、ノビタキがたくさん来る時季なのだが。まだ例年の半数も来ていない。今年はやはりはずれ年なのだろうか。


ムラサキエノコログサ  2013年10月13日  長野県 安曇野市


10月12日 分からないことだらけ

ハシビロガモ達   2010年1月7日  岡山県

 昨日の続きです。ハシビロガモの「向こう傷」、もちろん怪我をしているのではなく、換羽の途中で白線が現れるのです。記憶を頼りにHDの底の方を捜して、上の画像見つけ出しました。

 岡山県までコバシチドリを見に行ったとき、コバシの後ろでわやわやとやっていたハシビロガモ達で、何かの折りに使えるだろうと撮影したおもしろ画像です。正面を向いて並んでいる♂3羽の「向こう傷」や虹彩の色、頭部全体の色など、いろいろ勉強させてもらったハシビロ達でした。
 なぜ、白斑が出るのか?分からない。自然は、簡単に目に出来ることでも、分からないことだらけ。

 昨夜、御宝田池へハシビロガモが4羽やって来て、現在6羽になった。6羽という数はこの池では記録ものです。そして、4羽の中に「向こう傷」持ちがちゃんといました。今どきはこんな個体も多いのでしょう。


ハシビロガモ   2013年10月12日  長野県 安曇野市

 ハシビロガモの他に、オカヨシガモの♂が1羽、ホシハジロの♀が1羽、キンクロハジロが8羽が増えていた。オカヨシガモの飛来で、御宝田池に来る通常のカモは全種揃い、カモ全体の数も昨秋並みになった。暑かったり、南風が強かったり、渡りには悪条件だったろうが、御宝田池では、ほぼ例年同様にカモたちは来ている。

 午前中は南風だったが、午後から北風に変わった。早く来いと願った秋本番が来そう。今夜から冷えそうと、なびくススキを見ながら思う。

 カモの数を数えるのに手間取り、御宝田と周辺しかチェック出来なかったが、昨日は見かけなかったノビタキが、北風の中10±、8±、3、と小グループで、御宝田池の周りに来ていた。
 やっと渡りノビタのふた山目が来た感じ。こちらは例年よりやや遅れ気味だが、まぁ、なんとか秋らしくなった。

 秋の代表格はモズの高鳴き、今週に入ってから、あちこちでモズの叫び声を聞く。昨日までは、暑いのにご苦労さんと思っていたが、空気が冷えてくると、やけに叫び声が通るから不思議だ。小さい秋見つけた・・・なんて表現出来る才能があれば、もう少し情景を上手く書けるのだが。

 このモズは、高鳴きの後で、通称ぐぜりという鳴き方をした。モズ(百舌)は名の由来通り、小声でいろいろな鳥の声をつぶやく。春に、雌の耳元でつぶやく(歌う)ことが多い。それは、♀を必死に口説いているのだと分かる。

 だが、なぜ、秋にもぐぜるのか分からない。秋・冬は、雌雄それぞれが縄張りを構えるから、♀のそばで歌っても喧嘩になるだけ。追い出されるのが落ちなのだから。

 秋にぐぜるのは百舌だけではない。ホオジロが小声でさえずったり、ハクセキレイがぐぜったり・・・それはなぜ?といつも思うが、答えを知らない。自然は、すぐ横で起きていることでも、分からないことだらけ。

 このモズは♂だと過眼線が黒いから分かる。しかし、胸から腹にかけては、♀成鳥に特有の赤褐色の波状横斑(波模様)がある。♂成鳥は胸から腹にかけては明るい茶色一色で、斑はない。
 ややこしいところだが、モズの幼鳥は雌同様に波状横斑があるから、この♂は幼羽から第1回目冬羽へ換羽中なのだろう。嘴の基部の黄色い部分からも窺える。

 すると、また疑問が。生まれて半年しか立たないのに、早くも他の鳥の鳴き声をまねることが出来るのか。そんなに記憶力がいいのだろうか?自然は分からないことだらけ。

 そして、秋は空にいっぱいトンボが飛んでいて、この時期ハクセキレイがよくトンボを捕らえる。これも秋の光景。このトンボがアキアカネの♀だとわかるだけちょっぴりトンボ勉強の成果があった。

 そして、今夜は上弦の月。お月様がちょうど半分。そうそう、今日もツバメが飛んでいたと写友が。


トンボを捕らえたハクセキレイ   2013年10月12日  長野県 安曇野市

上弦の月   2013年10月12日  長野県 安曇野市


10月11日 「のぶちゃん」瞬膜とれる ※下の追記参照

「のぶちゃん」  2013年10月11日  長野県 安曇野市

 9日に「コンタクトレンズがとれそう状況」の「のぶちゃん」について書いた。そろそろとれそうだったので、コンタクトが外れる瞬間を見られるかと思って。

 昨日のチェックしたら、もうしっかりとれていて、また貴重な瞬間を見逃してしまった。昨日はうまく撮れなかったので、今日改めて挑戦。すっきりまなこの「のぶちゃん」を撮れたので、アップします。虹彩がグレーなのは、まだ1歳数か月の若い個体だからです。

 「のぶちゃん」何事もなく瞬膜がとれて、よかった、よかったです。

 ※ 後日追記 瞬膜がとれたのでなく、瞬膜と眼球の間に寄生していた「水鳥ヒル」が落ちたので、外れかかった(とれかかった)瞬膜が元に戻ったということです。2016年追記

 下は瞬膜が動く瞬間です。デジカメは便利ですね。秒間10コマの勢いで50枚も連続撮影すると、たいてい瞬膜の動く瞬間がひとコマは撮れています。人間で言えば、瞬きをして、まぶたが閉じた瞬間を撮ってしまったのと同じです。


 今どきのカモの続きです。昨夜、「のぶちゃん」のいる遊水池へハシビロガモが1羽入った。「のぶちゃん」の目玉を撮りながら、ついでにハシビロガモも。換羽中の♂なのだが、頬に入った白い向こう傷、これには楽しい思い出がある。

 ハシビロガモがたくさんいる池で、この向こう傷のある個体を見つけた。偶然、運良くか、悪くか、前夜にオーストラリアの野鳥図鑑でオーストラリアには向こう傷のあるミカヅキハシビロガモなるカモがいると「勉強?」していた。そして、向こう傷持ちを見たのだから、これは珍鳥を見つけたと大いに興奮したのだが、ぞろぞろいるハシビロガモの中に、向こう傷持ちが数羽いた。興奮は数分で水をかぶってしまい、なぁ~んだの笑い話になった。珍鳥がぞろぞろいる訳がないもの。仮に珍鳥ぞろぞろだとしたら、黒山のカメラマンだらけのはずだし。

 久しぶりに向こう傷持ちのハシビロガモを見て、昔を思い出して、笑ってしまった。

 

ハシビロガモ ♂  2013年10月11日  長野県 安曇野市

オオムシクイ  2013年10月11日  長野県 安曇野市

 今日は、ちょっとばかし緊張した、楽しい日でした。南風が強く、ヒシが裏返ったり、水面が波立っている御宝田池は撮影に不向きなので、白鳥湖のチェック後は雑木林へ行った。

 昨年の今日、雑木林へアトリとカシラダカが来ていたので、今年も何か来ていると思い、ヤナギの下に2匹目のドジョウがいるかと。
 風の強い日はヤナギの巨木の下はかなり危険です。強風で折れた枯れ枝や細い枝が落ちてくるので。それでも2匹目のドジョウを求めて、ヤナギの下へ。

 ヤナギの巨樹でシジュウカラとエナガが賑やかに虫を捜していた。この時期カラ類が集団になり始め、賑やかにしていると、何かが混じっていることがある。それで今日もじっくり見ていたら、緑色の鳥が見えた。11月だとメジロなのだが、雑木林にまだメジロは来ていない。それで、緑色からすぐにムシクイだろうと判断、姿を現す瞬間を待つ。

 ほんの10秒ほどムシクイが姿を見せた、上手いこと一発でピントが合い、5コマ撮れた。ムシクイは識別が難しいので、ましてこの時期さえずらないから、たぶんオオソムシクイだろうと識別するのが精一杯です。
 センダイムシクイは9月上旬頃までに渡ってしまうし、頭央線が見られなかったからセンダイではない。しかし、メボソムシクイかオオソムシクイかなどというレベルの識別は私には出来ませんので、時期的に考えてオオムシクイとしておきます。

 藪の中の地上で褐色の鳥が動いた。今日一番緊張した瞬間。いるのはカシラダカか・・・息を殺して見つめていると、ひょいと枯れ枝へ出た。冠羽が見えたので、一瞬カシラダカと思ったが、脇腹や胸の縦斑の色から、これはミヤマだと訂正。
 嬉しいことに羽繕いを始めたので、腰の灰色がハッキリ見えた。これでミヤマホオジロ間違いなし。まだ冠羽に黄色がわずかしかないから、♂の幼鳥だろう。
 カシラダカよりずっと少ない鳥さんだし、10月初旬の確認は初めてだったので、ラッキーな出会いでした。


ミヤマホオジロ ♂幼鳥  2013年10月11日  長野県 安曇野市

ラストツバメ?  2013年10月11日  長野県 安曇野市

 10月5日に白鳥湖で2羽のツバメを見た。この2羽が終認(見納め)だろうとノートした。それ以降ツバメは見ていなかった。
 ところが、今日の16時半ころ、白鳥湖で5羽のツバメが飛んだ。今日が終認なのか、まだ先はあるか、悩ましいところ。

 例年、白鳥が飛来したときはツバメはいない。今年は、もしかすると、ツバメの終認が白鳥飛来より後になるかも。そんな期待が少しわいた夕方でした。

 今日も暑く、夏日になった。もう、秋よ来い、早く来いの気分。月齢6.1のお月様が夕焼け雲の中。明日は上弦の月。雨が欲しい。



10月10日 今どきのカモは

ヨシガモ  2013年10月10日  長野県 安曇野市

 3年連続で10月10日にコハクチョウの初飛来があるか、期待の10日でしたが、残念ながらコハクは来ませんでした。白鳥湖に人出がないのは、最近気温が高いから、白鳥見物の気分にならないからか。今日も最高気温は28度ほど。カモの飛来も、例年より少なめなのもこの高温に関係しているのだろうか。

 今どきのカモは、幼鳥やエクリプスの個体が入り混じっているので、識別がとても難しい。ともかく、種の識別までは出来るが、その先の雌雄や幼鳥と成鳥の識別は実に難解な問題です。

 ヨシガモの連続写真を4コマ使います。さてこの個体は♂か、♀か?成鳥か、幼鳥か?取り敢えず♂だろうと考えていますが。10日も経てば、♂なら胸に鱗模様の羽が、脇腹には波状模様の羽が出てくるはずです。

 御宝田池に今日はヨシガモが4羽いて、3羽のグループとこの個体に別れて行動しています。この1羽だけ離れている個体をしばらく見続けようと思います。3羽の方は、なんとなく気まぐれに飛び去ってしまう感じがしますが、この個体は池への適応状況を見ると、ここで越冬しそうです。これも、かなり大胆な推測ですから、大外れになる恐れも十分あります。


ノビタキ ♂  2013年10月10日  長野県 安曇野市

 ノビタキは、2羽、3羽と現れては通過している。ノビタキの好きな雑草が混在するそば畑や大豆畑、いずれも休耕田の転作地だが、今年はとても少ない。耕作放棄された水田は、この時期雑草が茂って、ノビタキには好都合な場所になるが、そんな水田もフィールドに2枚しかない。

 犀川の川原にはオオマツヨイグサやセイダカアワダチソウなどが林立し、そこもノビタキが採食する場所なのだが、今年は洪水でほとんどが流失してしまった。

 最後の望みは、犀川の堤防に繁る雑草や灌木だが。最近パラパラと現れるノビタキは全部堤防沿いに採食しながら移動していた。今日出会った3羽と2羽のノビタキも堤防の斜面にいた。

 堤防沿いに移動するノビタキは、堤防上に車を止めて待っていると、かなりの確率で、希望する場所に止まってくれる。写真を撮るのに好都合な場所に。

 今日もその積もりだった。しかし、なんと言うこと、草刈り作業が始まって、あッと言う間に堤防の左右斜面は丸坊主。
 背景に犀川のキラキラが入るセイダカアワダチソウに今日は無風なので絶対にノビタキが止まると考えていたが、1時間ほどで刈り取られてしまった。

 ノビタキも行き場を失い、水田の脇に小さく作られている家庭菜園のオクラに止まっていた。3羽の団体とはそれきしでバイバイ。3羽とも川の反対側へ飛んで行った。

 諦めが悪い鳥馬鹿なので、耕作放棄された水田、右岸にあるたった1枚の水田へ行く。毎秋、ノビタキを見ているから、ノビタキがいそうな場所、今夜眠るだろう場所はおよそ見当が付く。

 アカザが茂った放棄水田に、予想通りノビタキが2羽いた。雲が多い空だったが、雲間から瞬間日が射し、アカザガが燃えた。まだ太陽が高かったので、射し込む光は無色透明。もう少し斜陽ならもっと赤くなるのだが・・・欲張りなことを考えてしまった。広い平野で、周囲に山がなければ、真っ赤な夕陽を背景に撮れるのだが、そんな背景で撮りたいと夢を見ている。北アルプスは背が高いので、強風や大雨の雨雲や、PM2.5を遮ってくれる。有り難いことだが、赤い夕陽も遮ってしまうので、痛し痒し。

 今日、日本海沿岸は北東の風が吹いていた。つまり、北からの渡り鳥には好都合な風向き。明日の朝、白鳥は来ているだろうか。



10月9日 「のぶちゃん」ピンチ?

「のぶちゃん」ピンチ?  2013年10月9日  長野県 安曇野市

 白鳥湖の遊水池で越夏した傷病コハクチョウ「のぶちゃん」はただ今ピンチ?。「コンタクトレンズ(瞬膜)」が外れかかっている。

 数年前、この現象を始めて見たときは、かなり驚いた。なにせ瞬膜がとれてしまいそうなのだから。しかも、1羽ではなく、数羽が同じ状態だった。眼病が流行しているのか、眼球は大丈夫なのか・・・。

 何人かに、この状況を説明した文献やリポートがないか伺ったが、見当たらないとのことだった。そんなところまで白鳥を見ているのかと言われて、このくらいまで白鳥を見ないのかと聞きたかった。

 数年観察して、この現象はどうということはないと分かった。少なくとも、私が追っかけた個体は、「コンタクトレンズがとれそう状況」で何の支障もなく生活し、帰って行った。中には、とれてしまった個体もいた。

 2回、驚きの瞬間を目撃した。記録画像も動画もないので、私の目撃談として書くしかない。誰にも信じてもらえないだろう話だが。

 1回目は、コハクが首を振った瞬間に、頭部からゴミのようなものが飛んで水面へ落ちた。あれっ!と思いコハクを見ると、とれかかっていた瞬膜が無くなっていた。

 2回目は、脚で頭部を掻いた瞬間に、とれかかっていた瞬膜が落ちた。とれる瞬間がはっきりと見え、落ちて行く固まり(瞬膜)が見え、水面へぽちゃんと落ちるところまで、スローモーション映像を見ているように見てしまった。その個体も、何の変化もなく生活し、北帰行した。

  私のフィールドでは、鳥インフルエンザなどなにするものぞで、水鳥たちをかなり近くで見ている。コハクは2、3mの距離でも見られる。それで、「コンタクトレンズがとれそう状況」を見つけてしまったのだが。

 そんな経験をしているので、「のぶちゃん」がピンチではないと分かる。おやおや、目にゴミがついたみたいに、うっとうしいだろうなとは思うが。いつか「コンタクトレンズ」がとれた横顔をアップ出来ると思います。


チュウダイサギ  2013年10月9日  長野県 安曇野市

 「コンタクトレンズがとれそう状況」はカモでも数例確認している。コハクも、カモも、カモ目カモ科に属するから同じ現象が起こるのだろうと考えている。
 では、カイツブリとか、サギ、バン、オオバンでは起きないのかと、変な期待をしているが、それらではまだ見たことがない。

 今日も、どちらかといえば退屈な日でした。退屈紛れにチュウダイサギとオオバンの虹彩の色などを撮ってみる。

 このオオバンは、犀川本流で生まれ、9月下旬に遊水池へ引っ越して来た、安曇野生まれ初記録の幼鳥です。虹彩の色はほとんど成鳥と同じになったが、額板はまだ成鳥より小さい。嘴の先もまだ黒い部分が残っている。越冬に来るオオバンと混じってしまうだろうから、間もなく5羽が「初記録の子」だと識別出来なくなるだろう。


オオバン   2013年10月9日  長野県 安曇野市

ノスリ ♂(上) ♀(下)   2013年10月9日  長野県 安曇野市

 帰り道で2羽のノスリと出会った。いつもは、「ああノスリね」程度にしか見ないし、車を止めることもない。
 今日は、1羽の脛毛(すねげ)がやけに褐色をしていると見えてしまった。もう1羽は随分色白なのに・・・車を止めて双眼鏡。ふむふむ、これは図鑑通りの♂と♀。レンズを構えたら、うまいこと♂が♀の上を飛んだ。

 ノスリで手間取った。空を見上げると三日月様が。明日も晴れるだろうか。



10月8日 ホシハジロが来た

ネコ  2013年10月8日  長野県 安曇野市

 秋です!という画像を2枚。

 今日もフィールドをひと回り。出会ったノビタキは2羽。エゾビタキやコサメビタキはゼロ。相変わらず寂しい状況が続いている。昨年の今日はノビタキが30羽もいたのだが。

 スズメの50羽ほどの群がみっつ。カワラヒワの50羽ほどの群がふたつ、ハシボソガラスの100羽ほどの群がひとつ。普通種というか、隣の鳥さんはフィールドにたくさんいる。群がだんだん大きくなるのが秋の今頃。

 フィールド内で生息しているハグロトンボは、ついに2匹になった。ギンヤンマとシオカラトンボはまだしつこく飛び回っているが、それぞれ数匹に減ってしまった。トンボにも秋が来た。

 フィールドに半野良の猫がいる。顔なじみは7匹。3匹は外飼いのネコで、4匹はよく分からない。7匹とも勝手気ままに野良を闊歩している。いや、忍び歩きをしていて、バッタなどを補食している。7匹とも顔なじみなので、出会うと、遠目に、またお前かと私を眺めている。ネコの話はまた後日書くとして、チェック回り最後の御宝田池の話題へ。


アオサギ  2013年10月8日  長野県 安曇野市

昨夜来た ホシハジロ ♂2羽 と キンクロハジロ  2013年10月8日  長野県 安曇野市

 チェック回り中に写友から御宝田池にホシハジロがいると連絡が入る。ホシハジロついに到着。昨年は15日過ぎに来たので、早めの到着といえるだろうか。昨日の16時過ぎまで、ホシハジロもキンクロもいなかったから、昨夜来たのだろう。残るはオカヨシガモの渡来だけになった。オカヨシガモが最後になるのは例年通り。

 カモの渡来をチェックしていると、毎年何かしらの違いが見える。昨年の8日にはオナガガモが約50羽いたが、今年はまだ10羽そこそこ。同じ方向から渡ってくるヒドリガモやコガモは昨年と変わらない数が来ているのに、なぜオナガガモだけが、この原因は考えても分からない。


ハシビロガモ  2013年10月8日  長野県 安曇野市

ハシビロガモ  2013年10月7日  長野県 安曇野市

 ハシビロガモは1羽増えたのだろう。昨日と違う個体がいた。左が昨日の個体で、今日は姿が見当たらず。昨日の個体は嘴に黒い斑点があるので、今日の個体と違うとハッキリ言える。

 今日はホシハジロが以外何もない、退屈な日だった。つい、早く雑木林の冬鳥が来ないかしらと思ってしまう。
 昨年は11日アトリとカシラダカが来た。カシラダカの後ろの枝にエゾビタキなんて、昨年と同じ光景が今年も起こらないかしらと思ってしまう。

 退屈しない出来事が、毎日起これば、そんな嬉しいことはないが、自然はそうは甘くない。1週間を考えれば、退屈な日が5日で、ちょっと緊張する日が1日、ハッとする出会いがある日が1日、そんな割合で日々が過ぎて行きます。

 


10月7日 秋なんですけど

モズ ♀  2013年10月7日  長野県 安曇野市

チュウダイサギ  2013年10月7日  長野県 安曇野市

チュウダイサギ  2013年10月7日  長野県 安曇野市

 秋なんですけど、なんとも滅茶苦茶な陽気ですよね。10月も1週間が過ぎ、そろそろ薄手のフリースでも羽織らないと・・・の時季なんですが。ババ様がそろそろ炬燵が欲しいというので、昨日、中程度の掃除をして炬燵を設えた。作業中に温度計を見れば室温が27度ほど・・・何やってるんだろ、まだ夏じゃんと思いながら汗を拭いた。

 涼しいはずの信州ですが、今日も夏日で、最高気温は28度ほど。真夏と同じぺらぺら T シャツ1枚で、汗だらだらでした。悔しいから少しは秋らしい画像を撮ろうと周囲を見回すが、熱気で陽炎がゆらゆら。参った参った。

 モズの叫びも、セイダカアワダチソウの黄色も、枯れ草の色も、オナガガモやコガモが池に浮かんでいるのも、秋なんですけどねぇ。

 この時期は越冬のために飛来するカモ達、ちょっと休憩して旅を続けるカモ達、そろそろ南へ旅立つ日が来ている白いサギ達など、御宝田池は急に賑わい始めます。

 9月23日以来久しぶりにオシドリが立ち寄りました。まだ換羽が終わらず、ばっちい姿のカモ達の中で、しっかり正装したオシドリの♂は、掃き溜めになにとやらの例えのようでした。明日まで、あるいは明後日まで滞在して欲しいのだが、オシドリはすぐに旅立ってしまうのが常です。

 チュウダイサギが20日過ぎまで残っていると、越冬に来るオオダイサギ(鳥学会では単にダイサギと言う)と並ぶ姿が撮れる。アオサギと3種がきちんと並んだ姿を撮りたいという夢を、例年、今頃に思い出す。御宝田池で、1度だけ2種のダイサギが並んだ瞬間が撮れた。でも、まだ3種が並んだ瞬間は撮れていない。夢はまだまだ夢のまま。

 ちなみに、3種は大きい方から、オオダイサギ、アオサギ、チュウダイサギの順で、並べば違いははっきり分かる。

 
 

オシドリ ♂(中央)  2013年10月7日  長野県 安曇野市
他は、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ アオサギ

ハシビロガモ  2013年10月7日  長野県 安曇野市

 5日のややこし君を見に行ったが、今日は島の陰から現れず、確認出来ませんでした。

 代わりに、ニューフェイスが。まずハシビロガモが1羽。成鳥か幼鳥か、♂か♀か、いつも悩んしまう。今日の個体も、♀の幼鳥か?う~~分からない、としました。ずっとここにいれば、12月に入る頃にはハッキリするが。入れ替わり、立ち替わりが起こるので12月までいるか分からない。

 次はヨシガモ。こちらは3羽いました。3羽とも♂で、エクリプスから換羽中と思うが、こちらもハシビロガモ同様に、今日は「と思う」までで、それ以上は分かりません。ヨシガモも、定着するとよいが、白鳥が来ると池の周りに人間が増えて、池の周りを歩き回るので、定着してくれるか分かりません。

 ここで繁殖した親子3羽の他に、今日はオオバンが3羽増えていた。この10年ほどの間に、御宝田池と犀川白鳥湖で越冬するオオバンは増加を続けていて、昨冬は御宝田池と周辺だけでも50羽を越えました。
 御宝田池でも、陸に上がり、人前でもカモと一緒に餌を食べるオオバンが昨冬から現れました。ここでは、まだカワウやアオサギほど嫌われていませんが、やがて嫌われ者になるでしょう。


ヨシガモ  2013年10月7日  長野県 安曇野市

 御宝田池のこの夏の変化で、とても困ることは。ウシガエルが繁殖し、かなり増えたこと。昨夏までウシガエルはいなかったから、この夏、誰かが池へ離したのではないかと疑っています。池に繁茂しているヒシの上でのんびりしている姿は可愛らしくもあるが・・・。

 ウシガエルは特定外来生物で、日本生態学会の「日本の侵略的外来種ワースト100」に入っている。貧欲な捕食者で、昆虫やザリガニなどの他に小型のほ乳類や鳥類までも捕食すると報告されている。カイツブリのヒナくらいならじゅうぶん捕食してしまう。

 特定外来生物に指定されているから、飼育・売買は禁止されている。にもかかわらず、ネットを少し検索すれば、「ウシガエルの飼い方」なんてブログがぽろぽろ。飼った人間が最後まで面倒を見ればよいが、アカミミガメ同様に、気軽に池などへ放すから、後からとんでもないことになってしまうのだ。自然界にとって、人間が一番の困りものなのだ。

 ちなみに、飼育している個体を野外に放した場合、3年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられる。御宝田池では、解決策はもう無いかも知れない。それこそ、嫌われ者のアオサギに食べ尽くしてもらうしかないのかも。

 


10月5日 ややこし君

ややこし君は アメリカヒドリ ? 交雑個体 ? 2013年10月5日  長野県 安曇野市

アメリカヒドリ ♀?  2013年4月2日  長野県 安曇野市

 雨降りの気象予報がはずれて、終日曇り。1日得した感じの日は、じっくり1羽を見ようと決めました。

 ノビタキ3羽を見かけ、今日はいい日だと思った。夕暮れ時、白鳥湖でツバメを2羽見かけた。そろそろツバメも見られなくなる。まもなく、いわゆる終認日が来る。ツバメの終認が先か、コハクチョウの到着が先かと、どうでもいいことを確認したい鳥馬鹿です。

 さて、本題です。9月29日以降、御宝田池に目に付くカモが1羽いる。ネタ切れの日のために使わなかったややこしいカモ、ややこし君の話です。

 見つけた瞬間に、アメリカヒドリの幼鳥か♂エクリプスかと思った。遠かったし、すぐに人工島の陰に入ってしまったので、29日はそれで終わった。ややこし君、アメリカヒドリか、アメリカヒドリとヒドリガモの交雑個体か、ややこしさだけがもやもやと残った。

 今日は座り込んで、じっくり見ながら、羽ばたいて脇羽を見せてくれるのを待つ。40分ほど待つが、一度も羽ばたかず、いつものように島陰へ入ってしまい、またもやややこし君のままで終わった。

 左の画像の上は、4月上旬に御宝田池にいたアメリカヒドリの♀と思える個体。嘴の付け根に黒く細いラインがハッキリ見えるので参考に出しました。この黒いラインはアメリカヒドリの特徴のひとつ。
 下は今時のヒドリガモの♂。大部分がこんな色をしている。

 そこで、ややこし君の嘴の付け根はと見ると、黒いラインがあるような無いような。今日は曇りなので影は出ないから、薄く見えている細い黒いラインは影ではない。しかし4月の個体に比べると、薄いラインはいかにも貧弱、無いに等しい。すると、アメリカヒドリでは無いとなる。
 
 残るは、脇羽が白く見えればアメリカヒドリで、灰色に見えればヒドリガモなので、羽ばたくのを待ったのですが。そうは簡単に正体は明かさないと、ややこし君、島陰に入ってしまいました。

 今日見た感じでは、ややこし君は、純粋なアメリカヒドリではなく、交雑個体ではないか。これが今日の一応の結論です。しばらく、ややこし君の正体を突き止めるまでチェックしましょう。


2羽は今時のヒドリガモ♂ 右はオナガガモ♂ 
2013年10月5日  長野県 安曇野市

アメリカヒドリ ? 交雑個体 ?  2013年10月5日  長野県 安曇野市


10月4日 秋は進んで

犀川白鳥湖の横にある遊水池  2013年10月4日  長野県 安曇野市

白鳥湖近くの桜  2013年10月4日  長野県 安曇野市

 コウノトリJ0041のその後情報です。2日に何処かへ飛び去ったと書きましたが、再び「北の入池」へ戻り、ローカルテレビにも出演しました。今日午後もいたそうです。

 J0041のいる上田市の「塩田平」には溜め池がたくさんあります。約10km四方に大小合わせて100個ほどあると聞きました。古くは、かの有名な真田氏が作ったそうです。雰囲気的には、讃岐平野のミニチュアとでも言えましょうか。

 今日ご覧になった方の話によると、J0041君は相変わらずドジョウを食べ、驚いて一時何処かに飛び去り、再び戻った。その後、再度飛び去ったが近くの電柱の上に止まっていた・・・とのこと。まさにコウノトリの行動様式をしています。

 どうやら、この地域にしばらく滞在しそうです。

 ミニ情報ですが、上田市とJ0041の故郷豊岡市は姉妹都市なんだそうです。

 秋は進んでいます。白鳥湖付近でも早めの桜はすっかり秋になりました。しかし、この秋は、どうやら渡り鳥のはずれ年の雰囲気が濃くなったと感じています。

 

 これまで、10月に入ると、どんなに悪い状況でも、渡り途中のノビタキやエゾビタキを1、2羽は見かけた。だが、今日はとても鳥運のない日で、ノビタもエゾも1羽も見かけず。ついに1コマも撮影出来ず仕舞い。「今日は」運がなかったと信じたい。明日は雨だから、雨が上がれば、きっとノビタの次の山が来る。

 トップの画像は、よく雑記帳に登場する、白鳥湖の横にある遊水池です。さしたる場所ではありませんが、私の大切な勉強場所です。7月にメジロガモが来た池、飛べない白鳥「のぶちゃん」が暮らしています。

 この夏、ここでカイツブリが2回ヒナを孵し、オオバンが抱卵中に卵をアオダイショウに食われた。今は、犀川白鳥湖で生まれた、安曇野初記録のオオバンの幼鳥5羽が引っ越ししています。

 右は、。ひどい画像なので24日には使わなかった、この秋安曇野へ飛来した2羽目のキンクロハジロ。草刈り騒動で飛び去ったまま、ついに戻りませんでした。

 下の2羽のキンクロハジロ♂は、現在遊水池にいます。右側が越夏した個体で、左側が10月2日頃に飛来したキンクロ3羽目の個体。ただし、この夏、越夏個体の他にあちこちをふらふらしているキンクロ♂が1羽いたので、その個体の可能性もある。
 例年10月5日を過ぎると、キンクロがぱらぱらと飛来するのだが。秋も進んでいるから、そろそろ、カモ見シーズンが始まって欲しい。

  

キンクロハジロ  2013年9月24日  長野県 安曇野市 御宝田池

キンクロハジロ ♂ 越夏個体右 と 飛来3羽目?  2013年10月2日  長野県 安曇野市

バン 幼鳥  2013年10月4日  長野県 安曇野市

   この夏に白鳥湖のどこかで生まれたバンの幼鳥。チェックミスで、どこで営巣していたかは分からない。

 オオバンはヒナの段階から体色が黒く、そのまま大きくなるので、ずっと黒い。バンはヒナの時(幼綿羽時)は黒いが、幼羽~第1回冬羽は褐色になる。2種ともヒナの時は頭頂に羽毛がなく肌が露出している。これは共通。似たもの同士なのだが、違いが面白い。秋が進み、バン子もすっかり若者になりました。


バン  ヒナと親鳥

オオバン  ヒナと親鳥

 クッチャロ湖にコハクチョウが5羽飛来し、今日は2羽いるとのこと。一昨年、昨年と安曇野への初飛来は10日だった。もうすぐ白鳥シーズンも始まり、御宝田池も白鳥湖もカメラマンで賑わい出す。この秋も、初飛来は10日だろうか。

 最後は、松本空港へ来る、ただ1種(?)だけの定期便、FDA。鳥さんに巡り会えない日は、飛行機を眺めて・・・秋は進む。


松本空港へ向かう FDA機  2013年10月4日  長野県 安曇野市


10月2日 ハクセキレイのこと

ハクセキレイ ♀? 第1回冬羽  2013年10月2日  長野県 安曇野市

 昨日アップしたコウノトリのJ0041君は、もう、何処かへ去りました。今日の午後、「北の入池」まで出かけた方によると、地元の方が朝からいないと言っていたとのこと。なんとも、忙しいJ0041君でした。

 アキアカネを捕らえたハクセキレイ。この個体が♂か♀か、なかなか悩ましいところ。顔に黄色味があるから第1回冬羽である、そこまでは容易に識別出来るが。
 今日は、宿題にしてあった、第1回冬羽の雌雄の識別について、ちょっと勉強しました。


ハクセキレイ ♂ 第1回冬羽  2013年10月2日  長野県 安曇野市

ハクセキレイ ♂ 第1回冬羽  2013年10月2日  長野県 安曇野市
 

 某図鑑に『♂第1回冬羽』について「顔に黄色味があり、下嘴基部は淡黄色。頭上と後頭は黒く、額は白くてその範囲は♀より広い」とある。『♀第1回冬羽』については「♂同様に顔に黄色味があり、下嘴基部は淡黄色。頭上は灰色味が強く、額は汚白色」と記されている。

 つまり、第1回冬羽で、額の白い部分が♂は♀より広いということ。ほんとにそうなの?と疑問を持った。となれば、自身で確認するのが一番。それが宿題でした。

 以前に、成鳥ではそんな傾向が見られるとこの雑記で書いた。成鳥夏羽では、ほぼそんな感じに見える。だが、冬羽でもそうなのか・・・これは宿題として残しておこう。

 上と左の画像(2枚は同一個体)が第1回冬羽の♂であるとして、♀第1回冬羽の額の白色部はこれより狭くなければならない。

 そこで、♀と思える個体を撮影。下の2枚の画像(2枚は同一個体)。額の白色部と頭頂の灰色部の境界が明瞭ではないので、少しもどかしいが、♀の白色部の方が狭く見えることは確か。
 
 これはあくまでひとつの試論です。♀は、目の中心から、過眼線に対して垂直な線を頭上に向かって引くと、頭部の灰色部がその垂直線より嘴側まで広がっている。
 他方、♂の黒色部は、垂直線を越えない。よって、額の白色部は♂の方が♀より広いと言える。

 一番上のトンボを捕らえたハクセキレイは♀でいいと思う。参考までに下に幼鳥と今時の♀成鳥の画像をアップします。幼鳥は雌雄の識別が出来ません。
 ♀成鳥は冬羽への換羽が進行中。頭上の灰色部と額の白色部の境界は、第1回冬羽個体と同様に不明瞭だが、やはり目の中心から引いた垂直線より嘴側まで灰色部があります。

 
 暇人にして鳥馬鹿は、こんなどうでもいいことに夢中になり、2時間もかけて、某図鑑の記述は正しいと確認しました。12月になってから、成鳥冬羽でも比較して、残りの宿題を片付けます。

 

ハクセキレイ ♀ 第1回冬羽  2013年10月2日  長野県 安曇野市

ハクセキレイ ♀ 第1回冬羽  2013年10月2日  長野県 安曇野市

ハクセキレイ 幼鳥  2013年7月23日  長野県

ハクセキレイ ♀ 成鳥  2013年10月2日  長野県 安曇野市


10月1日 コウノトリが来た

 こんな状況の溜め池にコウノトリが来ました。矢印の先にいます。

 水が少ないのは、魚類の調査のために水を抜いている最中だからだそうです。コイ、フナ、ワカサギの稚魚を放流したので、その成長具合をチェックするために、水を抜いている最中にコウノトリが来てしまった。昨日の朝からいる。以上、地元の方から伺った話。


コウノトリ ♀ J0041  2013年10月1日  長野県 上田市

コウノトリ ♀ J0041  2013年10月1日  長野県 上田市

 鳥見の知人から電話が来た。
 「コウノトリが来てるんだけど、足環が黄色、青、黄色なんだけれど、分かるかしら」
 「黄色、青、黄色?」思わず聞き直してしまった。
「黒、青、黄」なら、懐かしの「えっちゃん・J0016」なので。しかし、「黄、青、黄」に違いがないとのこと。

 大急ぎで、コウノトリの郷公園のHPを開き確認する。飛来個体は、J0041で2011年5月17日生まれの♀でした。父親はJ0405、母親は野生個体。コウノトリの郷公園内の仮設人工塔で生まれた・・・そんな素性でした。
 知人に折り返しの電話で知らせる。

 昨日ノビタキがうじゃうじゃいた場所も気にかかったが、コウノトリを確認に行こうと決める。
 目的地の池へは、有料トンネルを3個通らねばならない。片道800円也で約45km。通行料金が高いので行きそびれていた場所である。

 溜め池の多い地区で、コハクチョウが飛来したり、カモが越冬するのでいつか行きたいと思っていた池のひとつだったから、下見かたがたと自分に言い訳をする。それに、時季は逸しているが、その地区には珍しいトンボがいる溜め池もあるやに聞いているから、雰囲気だけでも見てこよう・・・。

 足環の「黄、青、黄」は間違いなし、ハッキリ見えた。右足には「JPY J0041」とあるはずだが、泥がこびりついて判読できず。一度着水したときに足環の部分まで水に浸かったので、泥が落ちたかと、画像をカメラのモニターで拡大して見たが、やはりハッキリ読み取れなかった。J0041と知っているから、そう見ようと思えば見えたが。しかし、カラーリングでじゅうぶん個体識別は出来た。

 地元の方の話によると、ドジョウがたくさんいるとのこと。さもありなんで、撮影中何度かドジョウを泥の中から引き出した。コウノトリは綺麗好きな鳥さん。泥だらけのドジョウを水溜まりでなんどもすすいだり、一度離してくわえ直したり、随分時間をかけて料理?して食べていた。

 コウノトリの好みに合いそうな溜め池だから、しばらくは逗留するだろう。明日は地元紙に記事が出るはず、すると見物人が集まる。近寄り過ぎずに見て欲しいものだ。

 

9月分   ホームヘ 11月分