私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


10月分 ホームヘ 12月分

11月30日 夕方に

アキアカネ ♂  2013年11月30日 長野県 安曇野市

 朝方冷え込み、霜が降りた。いつものようにフィールドを回る。珍しく快晴で、暖かさを感じる午後、それでも、もうトンボは飛んでいまい、なにせ明日から師走なのだからと思う。

 ところが、まだがんばっているトンボが、数匹ならず、20匹はいた。日だまりの地面で、枯れ葉や落ちた小枝などに止まり、日光浴をしていた。まだ飛べるのかと、ちょっと意地悪をしてつついてみたら、どうしてまだまだしっかり飛んで逃げた。ふむふむ、まだ元気だが、ラストトンボ達の命はあと何日・・・定めとは言え、小さな命に重い現実。11月が行き、12月が来る。

 雑木林では、ほとんど鳥さんに会えず。どうやら今日は運のない日と諦め半分、それでも何かいるかもと、根性だけは何とか維持して先へ進む。すると、あいや、またいつものノスリと出会ってしまった。またお前かと思ったが、それでもレンズを向ける。ノスリ君も私を見て、またお前かと睨んできた。


ノスリ  2013年11月30日 長野県 安曇野市

コクマルガラス 暗色型  2013年11月30日 長野県 安曇野市

 雑木林を出て河原の中の道へ。ハクセキレイ、ホオジロとスズメ、あとはカラスしかいない。取り敢えず、河原に群れているハシボソガラスの群を双眼鏡。ハシボソガラスを双眼鏡する酔狂な鳥見人はあまりいないでしょう。しかし、そこは年季の入った鳥馬鹿、もしかしてミヤマガラスでも入っていないかと。水辺で水浴びをしている群にややこしい個体はいなかった。

 次に、堤防斜面の木々に群れているハシボソの群へ視線を移すと、らッ!小さいカラスが2羽いる。遠い上に逆光で真っ黒け、もしかしてミヤマカラスかも知れない・・・大急ぎで車を走らせる。

 いつもは鳥を探しながらの走行だから、せいぜい毎時10kmに満たない速度。今日は砂利道を50kmでぶっ飛ばし、大回りして堤防の上へ上がる。たぶんカラスたちは落ち着いていたから、すぐに逃げはしないだろうと考え、順光側への回り込みに成功。

 カラスの群れる木の真下まで進み、車の中からそろりと見上げる。あれまッ、ミヤマではなくコクマルガラス。夕方間近に運が向いて来た。安曇野でコクマルガラスに出会ったのはこれで2回目。九州ではコクマルとたくさん出会ったが、信州では珍鳥の部類。2羽は木の芽を食べているように見えた。コクマルに会えただけで、今日はとてもいい日だったで終われそう。夕方になって運が青空から降りて来た感じ。


コクマルガラス 暗色型  2013年11月30日 長野県 安曇野市

鹿島槍ヶ岳  2013年11月30日 長野県 安曇野市

 16時近くなったので、白鳥湖へ回る。いつも最後に白鳥湖へ回り、白鳥の飛来数を確認し、写友と雑談する。

 今日は快晴だったので雪の積もった北アルプスの峰々がすっきりと見えた。ここへ白鳥が飛んで来れば言うことなしなのだが、そうそう上手い話はない。いつもは靄ってよく見えない冷池小屋まで、今日はよく見えた。今日の最後は夕日に染まった鹿島槍を撮って終わるつもりだった。
 (下は上の写真の部分です)


冷池小屋(矢印の先)から布引岳への斜面  2013年11月30日 長野県 安曇野市

 山の写真を撮っていたら、写友にカワウが魚を捕らえたと教えられる。大急ぎでレンズを向けたら、大きなウグイを捕らえていた。遠かったので、鮮明な画像は望めないが、証拠写真ならと連写。こんな大きな魚を飲み込めるのかと思う。何度か水中へ落としてしまい、それでもしっかり捕らえ直して、カワウ君は飲み込みました。
 今日は夕方に運が回って来た。コクマルとの出会いに、カワウのおまけが付いて、とても、とてもいい日だった。毎日こうだといいのだけれど、明日の反動が恐ろしい。


 これが本当の鵜呑みです。



11月29日 ややこし君?
マガン 幼鳥  2013年11月29日 長野県 安曇野市

 山の鳥さんに出会えず。困ったときは、ややこしいカモでもを探すか、になってしまう。進歩のない鳥見の繰り返しで情けないけれど。

 律儀者かと思ったホオジロガモは一緒にいたキンクロハジロ共々2日間いただけで飛び去った。律儀者でなく、飛来日が偶然重なっただけのお騒がせ君でした。

 11月13日前後に飛来したマガンの幼鳥は、コハクチョウを親鳥と思いこんでいるらしく、コハク一家族の後をずっとついて回っている。ずっと春までいたら、生殖羽に換わる様子が観察出来るのだが。なんとなく願いは叶いそうな感触。

 マガンは成鳥だと額から嘴の基部が白いのだが、幼鳥はその白い部分が逆に黒かったり、嘴の先端(嘴爪)や上嘴の中央部(嘴峰)が黒かったりで面白い。
 白鳥やカモに与えられた大根の葉を少しかじってみるが、お口に召さないらしく、ほんのひと欠け食べただけだった。


マガン 幼鳥  2013年11月29日 長野県 安曇野市

ややこし君?  2013年11月29日 長野県 安曇野市

ややこし君?  2013年11月29日 長野県 安曇野市

ややこし君?(一番奥)   2013年11月29日 長野県 安曇野市

2012年12月29日 長野県 安曇野市

 白鳥湖のカモもじわじわと増えている。そろそろややこしいカモが来ているのではと、例のごとく1羽、また1羽と端から双眼鏡。暇人というか、物好きというか。

 毎度の「ややこし君」話題で恐縮です。

 うん?!と見えたマガモが2羽いました!上の個体は換羽中に見えるが、どうだろう。左は昨年いたマガモで、雌が雄化した個体ではないかとメールを頂いた。追跡したかったが、1月中旬でいなくなってしまった。上の個体は、なんとなく昨年の雄化した雌に似ている。だとすればややこし君だが。
 今後、羽衣の変化を追えるといいのだが。1月になってもこのままの羽衣なら、雄化した雌と考えたいいだろう。

 もう1羽は、下の画像の個体。エクリプスから換羽中と言うより、雄幼鳥が生殖羽に換羽中と思える。特段ややこしいカモではないが、嘴の黒い部分と鼻の穴が、漫画に出てくる人間の顔のように見えて面白かったので記念撮影。しかし、換羽がこの段階だと言うことは、かなり遅れ気味。あるいは、ずいぶんと遅くになってから孵化した個体なのだろうか。

 白鳥湖で留意せねばならないカモは、合鴨農法の水田から紛れ込んで来た雄アイガモの2羽である。2羽は天然のカモと交尾をしなかった(出来なかった)と思うが、もしも交尾をして、雑種ガモが生まれ、白鳥湖へ来ていたら・・・千鹿頭池のようなややこし過ぎる事態が起きてしまう。風変わりなマガモが現れたら、その可能性も頭の隅に浮かべねばならないだろう。

 めっちゃ寒くなりました。風邪を引きたくないので、チラリとカモ見をしただけで帰りました。


マガモ ♂幼鳥?  2013年11月29日 長野県 安曇野市


11月26日 お食事中

アオゲラ ♀  2013年11月26日 長野県 安曇野市

 冬になった。ただでさえ鳥が少ないのに、いっそう鳥が減ってしまい、フィールドにしている雑木林は静まり返っている。それでも、鳥馬鹿は林へ。半分は意地で、半分は鳥見病の重症患者なので。

 風の音に混じって、かすかに木をつつく音がした。この時期は、視覚より先に聴覚が鳥を見つける。耳を澄ましていると鳥の気配が聞こえて来る。それから、じっと目を凝らし、動くものへ視点を集中する。残った枯れ葉が枝で揺れていたり、風に乗って落ち葉が飛んでいたり、いつも鳥以外の動くものの方が多い。

 かすかに木をつつく音、コゲラかしらと音のした方向を注視。すると、幹の反対側からアオゲラが顔を出した。おや珍しい!雌ではないか。春先には、数羽の雄が1羽の雌の周りで、婚活のためにから騒ぎをする。そのとき以外、雌とはほとんど出会えないから、今日はラッキーな日だ。アオゲラ君、めくれた皮の下へくちばしを差し込んで虫を捕らえた。


虫を引き出すアオゲラ ♀  2013年11月26日 長野県 安曇野市

ヤマウルシの実を食べるシジュウカラ  2013年11月26日 長野県 安曇野市

 この林で越冬するつもりか、はたまた通りすがりか、ツグミが5羽、団体でいた。この晩秋、渡りツグミが一番たくさん通過する時季に、不覚にも伏せっていたので、団体ツグミと久しぶりの出会い。
 当然、1羽ずつしっかり双眼鏡。この秋にハチジョウツグミと会っていないから、もしかして・・・もしかして・・・全部ただツグミだった。今日はちょっとだけラッキーな日。

 ツグミに見つかってしまい、一斉に飛ばれてしまった。でも、ツグミが現れるだろうお食事場所は何カ所か見当が付く。そこで、ヤマウルシとマユミとツルウメモドキがまとまって実を付けている場所へ先回りして待つことに。

 ツグミの前に、シジュウカラが群でやって来た。静かな林の中を、シジュウカラとエナガの群だけは、せわしく、騒がしく周回している。シジュウカラがいれば、ツグミも安心してやって来るだろうと、ものごといい方向へ考えねば。

 

アオツヅラフジの実を食べるツグミ  2013年11月26日 長野県 安曇野市

 シジュウカラの群と入れ替わりにツグミが、しっかり5羽やって来た。計算通りで、むふふ・・・やはり、ラッキーな日だと思う。この雑木林で、こんなにぴったし読みが当たることは極まれだから。

 先月、この雑記で、アオツヅラフジの実は不人気で、鳥もあまり食べないのか、ずっと残っていると書いた。ところが、私の観察力もたいしたことはないと証明されてしまった。1羽がアオツヅラフジの実を食べたのだから。しかし、食べたのは1羽だけで、それも2粒だけだけ食べて、すぐにマユミへ移動した。ほら、やはり美味しくないんだと思う。でも、食べたという事実はしっかり記憶した。

 林にたくさんあるツルウメモドキも、すべての実が食べ尽くされず、1月下旬まで残っている。レンジャクの大群でも林へ入ると、見ている間に食い尽くされてしまうが。ツグミはレンジャクほど貪欲でないから、ひと粒食べては、周囲を見回し、またひと粒ついばむ。


ツルウメモドキとツグミ  2013年11月26日 長野県 安曇野市

ツルウメモドキの実を食べるツグミ  2013年11月26日 長野県 安曇野市

 今日は鳥さん達のお食事を撮らせてもらい、ちょっといい日だった。ツルウメモドキにツグミは、もう少し絵になるシーンを撮りたかったが、嫌なやつが現れて、鳥さんが散ってしまい、明日へお預けになってしまった。

 嫌なやつからすると、私が嫌なやつだろう。大きな目玉を向けるので、気持ち悪いから少し移動すると、後から付いてきて、また大目玉を向けるから。このノスリは林で越冬するつもりらしい。10月下旬から林にいるから。虹彩の色が薄いから幼鳥だろう。


ノスリ  2013年11月26日 長野県 安曇野市


11月24日 律儀者

ホオジロガモ ♂(中央) 他はキンクロハジロ  2013年11月24日 長野県 安曇野市

 御宝田池で、ミコアイサ見つけたが、遠くの葦の中で寝ていて全く起きてくれない。ときどき持ち上げる頭部からすると♂と思えるが、識別出来なくてもどかしい。後頭部に茶色の羽毛が見える。♀の頭部と同じ色。しかし、頭頂は灰色に見える。♂の第1回冬羽か、それとも♂のエクリプスか?体に褐色味がなく灰色っぽいから、やはりエクリプスだろう・・・などと、ミコアイサを見ながら考えていたら、たちまち1時間経ってしまった。

 そこへ写友が来て、白鳥湖にホオジロガモがいると教えてくれた。ミコアイサは、明日以降にしっかり撮影するとして、白鳥湖へ移動。

 この時季、日の傾くのがとても早い。冬至まで1か月。日の短いのは仕方がないが、16時でお日様が山へ沈んでしまう。お日様に苦情を言いたくなる。せめて16時30分までは空にいてと。

 昨年も11月24日に白鳥湖でホオジロガモを確認した。実は23日が雨降りで、チェックをしなかったので、23日に飛来した可能性もある。

 昨年は成鳥♂と若い♀のコンビだった。半日で2羽は飛び去ったが、12月2日に再び現れた。組み合わせと♀の嘴の色から、たぶん同じペアだろと判断した。

 今回は♂の成鳥だけだが、写友達によると昨日の23日に来たとのこと。昨年の個体はかなり長く逗留していた。カモはほぼ同じ越冬場所へ飛来すると、何羽かのケースで、おぼろげながら信じている。すると、ホオジロガモの♂は昨年越冬していた白鳥湖を覚えていて飛来したのではと思いたくなる。昨年と同じ個体なら、なんと律儀者だこと。

 明日は雨だと各局の気象予報士が口を揃えている。雨だと鳥見に行けないし・・・猫ちゃんと遊ぶと、手が引っ掻き傷だらけになるし。さてさて、いかんせん・・・。



11月23日 今日は谷川へ

 「あけび」を拾ってからひと月。体は1.5倍になり、いたずらは3倍になった。この階段が下りられず、ミャミ、ミャミ鳴いていたが、ついに走り降りたり、駆け登れるようになった。あけびの宇宙が少し広がった。

 考えれば、可愛そうな子猫。私の部屋12畳と続く2畳の小部屋だけがあけびの全宇宙。宇宙の中の「生き物」はあけびと私だけだから。

 階段を下りて、生き物をもう1匹見つけたが、怖いらしく近付こうとしない。ババ様の部屋の障子の陰から中を覗くが、部屋へは一歩も入らず。覗いては走り去る様に、ババ様は喜んでいるが、いまに障子に穴を開けるのではと・・・。

 今日は谷川へカワガラスのチェックに。昨冬、雪と氷の谷川のカワガラスを撮りたかったが、失敗した。選択した川が悪く、雪が積もると駐車スペースが無くなり、カワガラスまで辿り着けなかった。この冬は違う谷川でと考えて下見に。

 初冬だから、枯れ葉とカワガラスなんて絵を考えていたが、綺麗な落ち葉はほとんどなくて、ただ岩の上のカワガラスしか撮れなかった。しかし、複数カワガラスがいると確認出来たので、成果有りだった。あとは、雪が降っても、氷が張ってもカワガラスがいることを願うだけ。

 カワガラス、水に潜るほかに、しきりに枯れ葉をつついていた。何をしているのか双眼鏡でも確認出来ず。たくさん撮影した中に、虫のようなものをくわえている画像が数コマあった。果たして虫なのか分からないので画像は使わない。虫なのか、またチェックする項目が増えてしまった。宿題は溜まる一方。

 帰り道でヤマガラに出会った。まだエゴノキの実が残っていて、しきりにくわえては運んでいた。皮をむいて食べているなら、少しは時間がかかるはずだが、くわえて飛んで行き、すぐに戻って来たから、恐らく何処かへ貯め込んでいる最中だったと思う。

 谷の夕暮れは早い。ただでさえ日没が早い時季、15時を回ると薄暗くなる。見るだけなら何とかなるが、撮影は無理な明るさ。カワガラスがいると確認しただけで今日の鳥見時間は終わってしまった。

 

カワガラス  2013年11月23日 長野県

カワガラス  2013年11月23日 長野県

ヤマガラ  2013年11月23日 長野県

ヤマガラ  2013年11月23日 長野県


11月22日 山道で

 このところ、北アルプスの峰々はほとんど雲の中。それは冬特有の光景で、雲の中では雪が降っているはず。雲の切れ間からちらりと現れる中腹も雪景色。いよいよ白と群青の世界が広がり始め、一歩、また一歩と真冬が麓を目指して下り始めている。

 

オオマシコ ♂ 成鳥  2013年11月22日

オオマシコ ♂ 成鳥  2013年11月22日

 出会ったオオマシコは、多くの場合ハギの実を食べていた。それは、たくさん見たし、撮った光景。群がハギから離れて灌木の中へ入ってしまうと、何をしているのかほとんど分からない。だが、地面へ降りたり、灌木の中を移動している姿が、ちらりと垣間見えることもある。たぶん地面で何かの種子を食べているのだろう。

 灌木や笹の茂った斜面を移動しているオオマシコを見つけた。こっそりと後を付けて行くと、灌木の中で赤い実を食べ始めた。先日はキミズミだったが、今日はカンボクの実である。この赤い実はカンボクの実と思うが、自信はない。

 ズミやカンボクなどの熟した実が食べ頃で美味しいので、それらを食べ尽くしてから、日持ちするハギの実に取りかかるのだろうか。そんな想像をしながら灌木の隙間から撮影する。

 周囲にたくさん実を付けているツルウメモドキもあるが、それは美味しくないのか、それともまだ食べ頃ではないのか、オオマシコは近寄りもしない。

 私のフィールドにあるツルウメモドキは、雪がちらつく12月末頃に、突然何者かに食べ尽くされてしまう。ツグミやシジュウカラ、ジョウビタキが食べているのを見かけたことがあるから、たぶん彼らが食べたのだろう。

 それからすると、ツルウメモドキを食べるオオマシコを1か月ほど後に見られるかも知れないなどと、オオマシコを見ながら思った。

 30分ほどオオマシコを見てから、山道を歩いてみる。夏以降、極めて運動不足だったし、11月に入って体調不良に陥りごろごろしていたので、さて歩けるかと。

 私の場合、山道を歩くときも重たい超望遠レンズに三脚に・・・およそ10kgは担いでいる。だって、突然鳥さんが現れたら、それがヤマドリだったら、大喜びで撮影出来るから。

 案の定、すぐに息が上がった。情けない・・・。歳だと言う前に、やはり運動をしなくては。毎度の反省をまたしているところでベニマシコに出くわした。不思議なもので、鳥さんが現れると、上がった息などすぐに戻る。もっとも、鳥さんが去ったあとで、倍返しでがっくり来るのだが。

 

ベニマシコ ♀  2013年11月22日

 目の前を鳥さんが横切り、少し先の枝に止まった。一瞬どっきり、じぇじぇ!。やけに頭部の色が褐色、顔も喉も黒くない。ジョウビタキの♂じゃなく珍しい鳥さんかしらと、一瞬無い物ねだりの夢を見る。図鑑の中の、中央アジアに分布する鳥さんを思い浮かべる。

 しかし、夢はすぐに覚めた。胸から下尾筒まで橙色で、翼に白斑がある鳥はたぶん中央アジアとアフリカの鳥さんとお馴染みジョウビタキ。中央アジアの種は白斑がもっと大きいはず。そうそう超珍鳥は現れないだろうから、これはジョウビタキ。

 たぶん♂の第1回冬羽。遅く生まれた個体で、換羽が遅れ気味なのだろう。顔や喉などは、これから黒い羽毛に換わるところなのだろう。一瞬だが夢を見せてくれたジョウビタキ君に感謝。

 山道で、一瞬夢が見られた。息が上がってへろへろだったから、余計に妄想が膨らんだのだろう。それでも楽しかったから、山道は草臥れ儲けにならなくて済んだ。

 

ジョウビタキ ♂ 第1回冬羽?  2013年11月22日


11月20日 キミズミが好き

キミズミを食べるオオマシコ ♂ 第1回冬羽  2013年11月20日

 11月20日はオオマシコの日。この数年、20日にオオマシコを見に行っているので、私の鳥見カレンダーや記録ノートで、今日は記念日になっている。行くと必ず会えたから「オオマシコ記念日」

 今年も出かけた。たぶん出会えるだろうと思って。現場に着くと、毎年おいでになる先輩鳥見人さんがいた。早々オオマシコが来ているか尋ねると、ここへ来ると、キミズミの木を教えて下さった。

 実は、この場所へ何度か来ているが、このキミズミを食べているオオマシコを見たことがなかった。不勉強なので、オオマシコがキミズミを食べると知らなかった。オオマシコはハギの種子やイタドリの種子、地面に落ちている雑草の種子を食べることは知っていたが。

 先輩鳥見人さんから、撮影してあった画像を見せて頂く。確かにキミズミを食べている。それから待つこと1時間以上。ときどき数羽が上空を飛び回るが降りて来ない。15時までに来てくれないとお帰り時間になってしまう。しかし、待つしか方法はなく。


キミズミを食べるオオマシコ ♂ 第1回冬羽  2013年11月20日

 14時40分頃、近くのカラマツの梢に2羽が現れた。やっと会えたとひと安心。なにせ、記念日なんだから、会わずには帰れない。2羽を見つめて、撮影出来る場所まで降りて来てと念波を送る。しかし、2羽とももったいぶって、梢から動こうとしない。

 しばらくして、横へマヒワが1羽止まる。続いてオオマシコが3羽現れ梢に集合。飛び回っていた数からして、近くにいるオオマシコが勢揃いしたと思えた。このように高い場所へ集合してから、ハギへ降りて来るのはよくあるパターン。だから、早く降りておいでよと念じる。

 初めは近くのハギへ降りて種子を食べ始めたが、まもなくパラパラとキミズミへ移動。キミズミはお気に入りの食料らしい。約20分間、5羽とも盛んに食べた。食べまくったとでも言おうか。

 たった20分ほどだったが、キミズミを食べるオオマシコを見られ、「記念日」にふさわしい日になった。ここへ来ると教えて下さった先輩鳥見人さんに感謝。オオマシコ君達にも感謝。

 オオマシコは、まだ5、6羽しか来ていないと見えた。それから、木の実については、そちら方面は暗いので間違えているかも。エゾノコリンゴの実も、ズミの実も黄色くならないはずだから、たぶんキミズミでいいと思います。

 

キミズミを食べるオオマシコ ♂ 成鳥  2013年11月20日

キミズミを食べるオオマシコ ♂ 第2回冬羽?  2013年11月20日


11月19日 御宝田池

今日の御宝田池  2013年11月19日  長野県 安曇野市

 南風なのに、身震いが出るほど冷たい風が強い日だった。今朝の最低気温は長野県の南部の方が、中部にある松本盆地より低く、ほぼ0度だった。その気温が影響して冷たい風になったのだろう。
 御宝田池は風通しがいいから、一段と寒く感じる。ついにダウンを着込んでしまった。いよいよ冬になった。

 昨夜もやや強い南風が吹いていた。その風をものともしなかったのだろう、オナガガモが昨日より70、80羽増えていた。オナガガモとヒドリガモはほとんどが陸上にいるので、水面上はキンクロハジロとホシハジロが、上の画像のように占有している。

 御宝田池へのカモの飛来状況が例年と違う点は、11月なのにやけにキンクロとホシハジロが多いこと。コガモがとても少ないことである。コガモは20羽に満たず、一時は100羽ほどいたのに激減してしまった。
 これだけキンクロがいるのだから、ややこしいカモが1、2羽混じっていないかと、先日から見ているのだが。今日も常連ばかりで、つまんないのでした。

 この池へ毎冬数羽のスズガモが飛来する。今年もすでに3羽、らしい個体がいる。その1羽が下の画像。たぶんキンクロではなくスズガモの幼鳥と思うが、嘴基部の白色部が小さいので、キンクロかもと半信半疑。たぶんここで越冬するだろうから、1か月もすれば正体を確かめられると思う。

 たいてい、1、2日で移動してしまうハジロカイツブリがまだいた。競合相手のカイツブリが1羽になったし、そこそこ魚もいるから、ハジロ君もしかすると住みやすい場所と思っているのだろう。

 今日は寒くて、いまいちの日だった。明日はいい日になりますように。

 

スズガモ幼鳥 ?  2013年11月19日  長野県 安曇野市

ハジロカイツブリ 第1回冬羽  2013年11月19日  長野県 安曇野市


11月18日 ホオジロ初見

トンボを食べる ホオジロ ♀  2013年11月18日  長野県 安曇野市

 昨日、新刊「日本の野鳥650」の紹介を書いたら、早速著者の真木さんから感謝のメールを頂いた。ちょっと紹介しただけだから、なんともこそばゆい。

 私は、貧乏人だから2冊しか予約しなかったが、メールによると予約がたくさん入っているとのこと。大勢さんが新刊の出版を待っていたのだろう。お正月の楽しみが出来、待ち遠しい限り。鳥見人さんは是非にも購入した方がいいと思います。

 南風が強い日で、カモ以外の鳥さん、特に葦原の鳥さんは潜んでしまい現れず。鳥見にはスカな日でした。それでも何かいいこと起こらないかと回っていたら、しきりに何か食べているホオジロ♀を見つけた。

 何を食べているのか逆光なのでよく分からない。いつもの手法、撮影してモニターで目一杯拡大して見るをやった。なんとホオジロ君、トンボを食べていた。(上の画像は大きくトレミングしています)

 思わず、う〜ん・・・考えてしまった。秋から冬にかけての時期、雑草の種子やススキの穂(これも種子)などを食べているホオジロは数え切れないほど見ている。だが、どう記憶の海をまさぐってもトンボを食べているホオジロを見た記憶はない。私にとっては始めて見る光景だった。春から夏は昆虫を食べているから、ホオジロがトンボを食べてもとっぴなことではないが、ともかく驚いた。これが今日のいいことでした。

 安曇野へ飛来しているコハクチョウが43羽になった。下の16羽が新しく来た集団らしい。この中州は、一昨日まで、マガンを交えた5羽の家族他が休憩していた場所である。そのグループは押し出されてしまったのだろう、上流で草を食べていたが、マガン共々16時前に何処かへ飛び去ってしまった。コハクも100羽に満たない間は、こんな出来事を観察出来る。しかし、100羽を超えると、もう何が何だか分からなくなる。

 
 今日は、トンボを食べるホオジロを見ただけで、写真は1枚も撮れなかった。でも、ひとつ初見が増えたので、今日もよかったと締めくくろう。

 

コハクチョウ  2013年11月18日  長野県 安曇野市


11月17日 「新刊」 日本の野鳥650

 与那国で、もちろん内地でもたくさんお世話になった真木広造さんの 「日本の野鳥590」の後続版が、ついに、平凡社から出版の運びになりました。
  12月25日予定、もちろん、改訂版ではなく新刊です。

 いつも持ち歩いている「日本の野鳥590 初版第1刷」はすでにぼろぼろ。たくさん持っている図鑑類の中で、一番写真が鮮明・美麗。解説が一番正確かつ詳細なので、分からないことは、まず「590」を読んでいます。
 与那国で私が真木さんと並んで撮影した鳥の写真もたぶん載っているだろうなと想像しながら、予約をしました。

 予約は真木さんのHPから出来ます。噂によると、真木さんに予約するとサイン入りとか。

 予約はこのメールで
michinoku@ymail.plala.or.jp

 真木さんのHP 「みちのく映像社」は
http://www5.plala.or.jp/hirozo/

 平凡社のサイトはhttp://heibonshatoday.blogspot.jp/2013/10/650.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 内容は 出版元のHPを引用すると

■新しい分類体系を採用し、『日本鳥類目録 改訂第7版』(日本鳥学会)に準拠

■すべての写真は真木広造氏一人の撮影によるもの。『日本の野鳥590』以来13年、さらに新しい写真を撮り続けて完成した、前人未到の写真図鑑

■形態や識別のポイント、分類の新知見も織り込んだ的確な解説。種ごとの分布図も掲載

■巻末には便利な鳥類一覧(和名、学名、英名、中国語名、ハングル名)を掲載

■環境省レッドリストのカテゴリー、国の天然記念物指定も付記
厳選した美しい写真が満載で、写真集としても楽しめます。
初心者からプロまで、すべてのバードウォッチャー必携の図鑑です。


 きょうは小春日和、どこへ行こうかと考えたが、その前にタイヤをスタットレスに替えなければと、鳥見は中止。なんとか体力も戻ったので、重たいタイヤをえんやらと運ぶ。愛車は大きなRV車なのでタイヤの重さも半端ではない。腰を痛めないように、恐る恐るゆっくりと。
 6月にトンボを撮りに行った松本平の北部はもう冬本番で、雪があります。我が家の周辺の道路も、次の寒波が襲来すると凍結するでしょう。

 猫好きの方って、本当にたくさんいらっしゃるのですね。頂くメールは「あけび」のことばかりで。この雑記帳は、あくまで鳥馬鹿の鳥見記事が中心です、悪しからず。



11月16日 初冬はパステル色

 このごろ、わっちの生写真の方が、主さんの鳥写真より人気だそうでありんすぇ。主さん気落ちしていんす。わっちが可愛過ぎるから、いけありせんのでありんす。可愛いことは罪でありんしょうか。



 
 フィールドチェックの前に、まず白鳥見学に。昨日と同じ水田でコハク26羽とマガン1羽がお食事中でした。毎日同じ水田で食べ続けて、よくもまぁ食料が尽きないことと感心する。

 14日に撮れなかったマガンの記念撮影を通り過がりにして、今日の白鳥見物はおしまい。

 雑木林を回るが、鳥影無し。正確に言えば、いたのはシジュウカラだけ。休憩していた渡り鳥達は移動してしまったようだ。次の鳥さんが休憩に寄るまで、また静かな林に戻ってしまった。

 

マガン 幼鳥  2013年11月16日  長野県 安曇野市

 鳥さんが少ないので、フィールド回りはするすると進み、御宝田池へ着く。ややこしいカモがいないか一羽ずつ見て行く、私は暇人だねぇと思いながら。

 ひと回り見終える。スズガモの幼鳥らしい個体を1羽見つけただけで、いるのは常連ガモばかり。それでもと、もう一度端からカモチェックをする。300羽ほどいるカモを全部見るのはそれなりくたびれる。やはり、興味津々にしてくれるカモはいなかった。

 やれやれ、次へ行こうと立ち上がりかけたら、ひょっこりカイツブリが水中から現れた。カイツブリはたくさんいたが、暖かい地方へでも移動したのだろう、最近は1、2羽見かけるだけになった。久しぶりのカイツブリの幼鳥かと双眼鏡で見る。橙色の目がまず目に付く。ありゃ、ハジロカイツブリだ!

 晩秋から初冬にかけて1、2羽のハジロカイツブリが御宝田池へ現れる。ほとんど1、2日で去ってしまうが。今シーズンも律儀に現れた。ややこしくも、珍鳥でもない鳥、諏訪湖へ行けばたくさんいる鳥だが、出会って今日は得をした、そんな気分になれた。ハジロ君に感謝。

  

ハジロカイツブリ 第1回冬羽  2013年11月16日  長野県 安曇野市

 河原の葦原でベニマシコの声がした。伏せっていたので10日ほどフィールドを回っていない。その間に来たのだろう、今年は今日がベニマシコの初認日になった。

 15時を回っていたので、傾いた日射しで葦原が輝く。私好みのパステル色の世界。何とかベニマシコを撮ろうと、まばゆい世界を眺めながら、出てくるまで待つことに。

 ベニマシコは♂1羽と♀4羽がいた。いたけれど葦や灌木の中をくぐっているばかりで、撮らせてもらえない。せっかく世界は輝くパステル色なのに・・・。初冬はなんたって、パステル色の輝く葦原が一番の舞台なのに。役者が演じてくれないことには、輝くススキを撮るだけになってしまう・・・これはよくあることだが。

 一回だけベニマの♀がお出ましになった。ちょっと日が傾きすぎていたので、渋めの背景になってしまうが、ベニマちゃん大好き、いっぱい感謝。初認のベニマが撮れたし、久しぶりのハジロにも会ったし、今日もいい日だった。

 それに、なんたって初冬はパステル色。斜陽に輝く枯れ野色。

 

スズメ  2013年11月16日  長野県 安曇野市

ベニマシコ ♀  2013年11月16日  長野県 安曇野市

ホオジロ ♂  2013年11月16日  長野県 安曇野市


11月15日 オカヨシガモのこと

 わっちの住まいは主さんの部屋だけ。玩具がいっぱいで、えらい楽しいでありんすぇ。主さんにひっぱたかれても、そんなのさらさら気にしんせん。わっちは朝から走りっぱなしでありんすぇ。


オカヨシガモ ♂換羽中  2013年11月14日  長野県 安曇野市

 オカヨシガモの♂はエクリプスから生殖羽にほとんど換羽を終えても嘴の色が真っ黒にならない。上の画像のように、ほとんど♀と同じような色をしている。

 昔、図鑑にこの橙色部分がある♂について記載がなかったので、鳥見を始めた頃は悩んでしまった。どう見ても♂なのになんで嘴だけ♀なんだろうと。最近広く出回っている写真を使用した図鑑でも、嘴が橙色の♂の写真は使われていない。たかがオカヨシガモのエクリプスか換羽中の状態だから、ごちゃごちゃ書く必要もないからか。

 私のフィールドで毎シーズン20羽ほどのオカヨシガモが越冬する。今どきは嘴の橙色の♂と真っ黒な♂が混在している。訳を知っているから、今は♂についてさして関心はない。

 今でも不思議に思っているのは♀の嘴の色である。日本の写真を使用している図鑑に載せられている♀の嘴は、橙色部分に黒斑がびっしりあり、下の画像の♀のようにすっきりベタに橙色ではない。

 アメリカの図鑑も、コリンズも黒斑がある図を載せている。すると、黒斑がある個体が標準で、下のようにベタに橙色な個体の方がまれなのかと考えてしまう。

 私のフィールドへ来る♀は、なぜか黒斑がなく、すっきり橙色と黒色のツートンカラーをした個体ばかりなので、う〜むと考えてしまう。
 まぁ、どうでもいい些細なことなんだけど。

 今日は、体調十分だったが、雨だったので猫ちゃん相手に遊んでいた。14時過ぎに、ハッと気付いたら、晴れているではないか。出損なってしまった・・・悔しい・・・。明日はまた白鳥でも見に行こう。


オカヨシガモ ♂(手前) ♀(奥)  2013年11月14日  長野県 安曇野市


11月14日 夕焼け

 主さん、まだ病が癒えぬのに、出かけていきんした。あした、ぐったりすると分かってありんすに。困った主さんでありんすぇ。


白鳥のいる風景  2013年11月14日  長野県 安曇野市

 しばらく休憩している間に、最低気温が零下になるし、霜がうっすらと降りるし、冬が始まってしまいました。

 昔から臓器の一部が弱くて、疲労が重なるとそいつが悲鳴をあげます。点滴を3パックもしてもらえば、治りが早いかもですが、困ったことに医者嫌いで。体が壊れる前に予兆があるのですが、その時に2日ほど寝ていればよいのですが、あいにく何事かがあって休めないと、10日ほどダウンとなってしまい・・・。

 1日中猫ちゃんと遊んでいるのも疲れるし、パソコンに長時間向かうことも辛いし・・・明日またぐったり状態になるかも知れないが、白鳥見物に出かけました。

 現在安曇野へコハクチョウが26羽来ています。少ないですが、例年、11月上旬はこんな数です。

 6日と同じ水田に26羽が揃っていて、付録にマガンの幼鳥1羽もた。26羽は、ほぼ半々に別れて御宝田池と白鳥湖で寝るらしい。しかし、昼は一か所に集まって採食するらしい。まだ数が少ないからなのだろう。

 まだ体に力が入らないので。久しぶりの鳥見はコハクだけにし、15時を回ったので、白鳥湖へ、傷病コハクの「のぶちゃん」とカモを見に行く。

 休んでいる間にオカヨシガモが来ていた。これで例年通りの常連ガモがそろった。数はまだ最盛期の1割ほどだが、裏日本で雪が降り始めたから、遠からずコハクもカモもたくさん移動して来るだろう。

 雲が多めだったが、なんとなく空の一部は焼けるだろうと考え、少し赤い雲を背景に帰って来るコハクを久しぶりに見ようか待っていた。

 ところが予想外。雲が切れて、久しぶりに夕焼けが広がった。この夕焼けを背景にコハクが飛べば、それこそ1年ぶりの光景を見られるのだが。

 しかし、そうそう上手くは行かない。夕焼けをしている方角とコハクチョウが戻ってくる方角が違うので、コハク達が大回りをして白鳥湖へ降りれば、夕焼け背景の飛行を見られるが。今日も、夕焼けだけを見送った。


夕焼け  2013年11月14日  長野県 安曇野市

 夕焼け雲のおかげで、遊水池が赤くなった。運良く「のぶちゃん」もやって来て、久しぶりの夕焼けコハクを見られた。幼鳥だった「のぶちゃん」もすっかり白くなって、遠目には健常なコハクと見分けが付かない。ともかく、一夏を乗り切った「のぶちゃん」である。


「のぶちゃん」  2013年11月14日  長野県 安曇野市

 赤味がほとんど消えたころ、ひと家族のコハクチョウと付録のマガンが戻って来た。マガンはこのコハク家族と行動を共にしているらしい。最後は、どうでもいい画像ですが、久しぶりの鳥見の記念です。

 久しぶりに綺麗な夕焼けを見られて、ちょっとだけ元気になれた気がした夕暮れでした。


コハクチョウとマガン(左から2羽目)  2013年11月14日  長野県 安曇野市


11月8日 また伏せっていんす

 あけびでありんすぇ。

 主さん、また熱で伏せっていんす。少うし調子いいとお出かけしたり、個人電脳しなさるんで、ぶり返したでありんすぇ。
 わっちが顔に乗って 温っためてありんすに、おとなしく寝ていんから いけありせん ので ありんすぇ。



11月6日 風が強くて

風の強い日  2013年11月6日  長野県 安曇野市

風の強い日  2013年11月6日  長野県 安曇野市

エナガ  2013年11月6日  長野県 安曇野市

モズ ♂  2013年11月6日  長野県 安曇野市

 風が強くて、鳥見には向かない日。南風だったので寒くはなかったが。時間さえあれば、風の当たらぬ谷筋へでも出かけるのだが。2〜3時間の鳥見タイムでは、さして遠くまで出かけられず・・・いっそ鳥見はやめにして、風の写真でも撮ろうかと思う。しかし、鳥馬鹿は諦めきれず。もしかすると、ツグミの団体が来ているかも、シメがいるかも・・・結局、雑木林の中へ。

 林の木々も風で大揺れ。鳥さん達は地上近くのブッシュの中にいて見つけにくい。風が強いとたいていこうなる。
 期待のツグミの群はいなかった。先日いたミヤマホオジロも移動したらしく、今日も、昨日もカシラダカしかいなかった。

 毎度のエナガとシジュウカラの群が通り、後を追うようにモズが枝を渡っていった。これ以上がないほど普通の鳥さんしか現れず。やれやれで2時間が終わる。

 たぶんこれは♂だろう、これは♀だろうくらいしか、ツグミの雌雄の識別には自信がない。昨日撮った個体は♂で、今日撮った個体は♀なんだろうと思うが、さてどうだろうか。

 下の画像は、昨日いた3羽のうちの1羽だと思う、薄い羽色に見覚えがあった。ヤマウルシの実を盛んに食べていたので、別の個体も現れるのではと、15分ほど待った。しかし、別の個体は現れず、昨日の2羽はこの個体を残して移動してしまったのだろうか。とにかく、11月は通過する個体がほとんどで、明日また会おうと思っても、再会はほぼ果たせない。そんなことからすると、この♀かしらと思う個体は2日続けて会えた嬉しい鳥さんなのだ。

 林を切り上げて水田へ。たまには白鳥を探さなくてはと考えて。現在26羽のコハクチョウが来ているとのことだから。
 たいてい、コハクは、近くに水溜まりがある、耕作されていない水田にいる。落ち穂などを食べた後、水を飲むから。これは経験上覚えたこと。水のある、コハクの行きそうな水田を思い浮かべ農道を走る。

 案外簡単に成鳥5羽、幼鳥7羽の団体がみつかった。ひと家族4羽だけは何となく判ったが、残りの8羽の構成は判らず。どうも、迷子や独り者の混成団体に見えた。

 水田を歩いていたり、休憩している白鳥を見ていると、晩秋だと感じる。冬近し。今朝は、濃い霧が立ちこめ、最低気温は2度ほどだった。いよいよ、ひと雨ごとに寒くなる季節だ。そうそう、明日7日は立冬だし。夕空に浮かんだ三日月さんも、なんとなく寒そうだった。


ツグミ ♀?  2013年11月6日  長野県 安曇野市

コハクチョウ  2013年11月6日  長野県 安曇野市

休憩中のコハクチョウ  2013年11月6日  長野県 安曇野市


11月5日 雑木林の葉が落ちて

名も無き山の紅葉  2013年11月5日  長野県 安曇野市
(実は、名無しではなく、芥子坊主山地の長峰山という名前がある)

 4日ほど休憩して間に、冷たい雨が降り、周りの名も無き低山でも紅葉が進行中になった。山肌がこの色になるとツグミがぱらりとやって来る。

 フィールドにしている雑木林もほとんど葉が落ちて、空が透けて見えるようになった。鳥さん達が葉隠れの術を使えなくなるので、たとえば、ツグミがいればすぐに見つけられる。ちらりと冬モードが見え始めた雑木林。


フィールドにしている雑木林の一部  2013年11月5日  長野県 安曇野市

 葉が落ちても、そもそも鳥が少ない林だから、エナガとシジュウカラ以外は探し回らないと出会えない。更に、見つけても、込み入った枝が邪魔をして、撮影には苦労する。それに、鳥の方からだって、私が丸見えだから、鳥が気付いて逃げるのが先か、私がシャッターを切るのが先かの競争になる。


アオジ ♂  2013年11月5日  長野県 安曇野市

アオジ ♂  2013年11月5日  長野県 安曇野市

ツグミ  2013年11月5日  長野県 安曇野市

 始めに出会ったのはアオジの♂。あっちの方を向いていたので、近付く私に気付くのが遅れた。なんじゃ?と振り返り、大きな目玉を見て一瞬たじろいだのか、逃げ損なったらしい。2週間前だったら、葉の中にいるアオジに私も気付かなかったろう。

 たいていアオジは飛んで逃げるのだが、この♂は少し枝を移動しただけで留まった。そして、逃げ損ねた照れ隠しにか伸びをした。翼と脚を伸ばしたので、生きているアオジの足の裏を始めて見た。
 もっと愛嬌を振りまいてくれるかと期待したが、伸びは飛んで逃げる為の準備だったらしく、次の瞬間あっちの方へ飛んで行った。

 やれやれと歩き始めたら、下草の中からツグミが飛び出した。ツグミは3羽いた。やはり来ていたと、ちょっと感激。しばし休憩組のツグミだろうが、運良く出会えてラッキーだった。ツグミが逃げるときに出す、ケケッという鳴き声も久しぶりに聞いた。この声で、やはり冬の始まりを連想する。

 昨年は11月6日に50羽ほどのツグミが林へ入り、エノキに群がっていた。シロハラとハチジョウツグミも1羽混じっていて、群は3日間滞在した。今年はこれから大きな群が入るだろうか。

 4月20日に思わぬ雪が降り、数日厳しい冷え込みもあった。そのためか、今年はエノキの実がとても少ない。ツグミの群が入っても、食糧不足ですぐさま旅立ってしまうのではと、嫌な予感がする。

 次に林へ現れる鳥は、シロハラか、シメか。これからの1週間内に答えは出るだろう。そんなことを考えながら歩いていたら、頭上でコツコツと音がした。どうせコゲラだろうと思ったが、それでもと見上げると、アオゲラがいた。

 アカゲラは10月に何度か出会っているが、アオゲラは春以来だった。今日ふたつ目のラッキー。是非とも記念撮影をしなくてはと、混み合う枝の隙間をぬってピントを合わせたら、なんだぁ?と見下ろすアオゲラと目線が合ってしまった。

 例年だとこれからアオゲラが数羽来て、♀の周りで♂が騒ぎ回るのだが。この冬はどうなるか。
 アオゲラは日本固有種。実は貴重な鳥なのだが、セグロセキレイ同様普通種扱いされているから、ちょっと残念な気もする。私のフィールドでは2種とも普通に見られる。これは喜ばしいことなのだ。


アオゲラ ♂  2013年11月5日  長野県 安曇野市


11月4日 伏せっていんす

 あっちは「あけび」でありんす。

 ぬし様、ただいま熱を出し、伏せっていんす。拾われネコのあっちが悪しき病をうつしてしまいんしたかも・・・。たびたびほっぺを引っ掻いて魂が脱けてしまわんようしていんすから、まもなく生気が戻るでありんしょう。

 


10月分   ホームヘ 12月分