私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


11月 ホームヘ 1月

12月28日 小さな猛禽

コチョウゲンボウのいる風景   2013年12月28日  長野県 安曇野市

 やけに車が重いと感じた。アクセルを踏んでも、もたぁ〜と加速。へんだなぁ?まだ9万kmまで走行してない車なのに、10年を超えた中古車だから壊れたかしら・・・コンビニの駐車場に入り、車を見ると、左後輪がしっかりパンクしていた。やれ困った、年末の土曜日、どこかで修理出来るかしらと不安になる。ガソリンスタンドでもいいけれど・・・ともかく行きつけの「黄色い帽子」が近かったので滑り込む。

 パンク修理で大事な午後を45分使ってしまった。時計を見ると、もうフィールド回りをするだけ時間が残っていない。仕方がないので、コチョウゲンのいる水田で過ごすことに。

 昨日のコチョウゲン君、いました。また電線に止まって四方を眺め回していた。電線コチョウゲンはパス。車を止めて、見逃さないようにずっと見続ける。

 猛禽類には撮影気力があまり湧かない私だが、コチョウゲンだけはちっちゃいので、なんとなく撮りたくなる。それに、冬季に1、2羽しか出会えない鳥だし。

 電線から飛んで、例のごとく水田の真ん中へ。一度チャレンジしようと車から出て、深い用水路に降り、水路の中を歩いて近付こうとしたが、すっと飛ばれてしまった。成果は、用水路の回りに残っていた枯れたセンダングサの種子が体のあちこちにたくさん付いただけ。この地で言う「馬鹿が付いた」状態。それもたくさん。鳥馬鹿が大鳥馬鹿になってしまった。

 (この地で「馬鹿が付く」とは、イノコヅチの種子が服などに付くことを言うのだが、センダングサの種子は大きく、一度にたくさん付き、取り除くのが大変で、イノコヅチ以上に「馬鹿」です)


何かを捕らえた、運んでいるコチョウゲンボウ ♂  2013年12月28日  長野県 安曇野市

 11月から、スズメやカワラヒワの群の動向をチェックしていた。もしコチョウゲンが来たら、その群に突入するはずだから。昨季、何度か突入するコチョウゲンを見かけている、実は撮影に失敗している。それで、今季もコチョウゲンが来たら同じ行動をするだろうと予測していた。

 コチョウゲン君、灌木の枝先から突入したが失敗。ヒバリが飛んで逃げたので、たぶんヒバリを狙ったのだろう。別の灌木の枝先に止まり、再び四方を眺め回す。こりゃかなり腹減り状態だろうと見た。

 次はスズメの群に突入。スズメがちりぢりに飛んで逃げた。ヒバリも数羽が鳴きながら上空高く飛び上がった。コチョウゲン君何かを捕らえたらしく、低空飛行で獲物を運び畦へ降りた。恐らくスズメを捕らえたのだろうと思えた。
 
 始めに降りた畦では草の陰になって捕らえた物が見えなかった。肉片を口にしているから、鳥なのだろうと推測したが、正体を知りたくてならない。そこで、車から降りて棒立ちで双眼鏡を構え、お食事の邪魔をした。コチョウゲン君、こちらを睨んでから、獲物をつかみ隣の畦へ低空飛行で移動した。

  

 もちろん私もすぐさま移動。今度は捕らえた物が見えたので、まずは遠くから撮影。しかし、遠いので超望遠レンズ越しでも獲物の正体は分からずじまい。
 夜に、下の画像をPCでピクセル等倍まで拡大したら、どうやらスズメではなくヒバリと思える。

 コチョウゲン君、盛んに羽毛をむしり取り、食べ始めたので、車から降りてそろりそろりと近付くことに。今度は、三脚を一番低くして、身をかがめたままで近付く。食べ始めると、ある程度の距離までは近寄れるはずと、別の鳥さんで経験しているので、たぶんコチョウゲンも大丈夫だろうと考えた。ともかく、お食事中のコチョウゲンへにじり寄るのは初体験。

 

 およそ30mまで寄れた。小さいけれどコチョウゲンも猛禽。お食事スタイルはオオタカが獲物を食べる様と同じだった。むしり取った羽毛が散乱。こんな時はデジスコなら、苦労なく撮れるだろうなと、無い物ねだりを、ふと思う。

 久しぶりに撮影に熱が入った。退屈が吹っ飛んだ。コチョウゲン君に感謝。次は、雪降りの中のハンティングか、雪原でのお食事風景を撮らせてもらえると嬉しいのだが。鳥馬鹿は欲張りです。



12月27日 コチョウゲンボウ

コハクチョウ  2013年12月27日  長野県 安曇野市

 なんだかんだで今年も間もなく終わる。暇人は暇なはずだが、何やかやとすることがあり・・・はぁ〜ぁ、です。

 真冬です、寒い日でした。太陽が顔を出せば、暖かさがじわぁ〜とやって来るのだが、雪雲が空の西半分を占めていたので、世界はねずみ色の冬景色。

 コハクチョウの飛来数が、ようやく100羽に。白鳥はダウンを着ているので寒くないのだろう。北風の吹きさらすみな面でも、のんびり浮かんでいた。白鳥写真も撮らねばならないと思いつつ、でも、写真家ではなく鳥見人だから、のんびり白鳥さんと付き合ってもいられないとも思う。

 見物人が誰もいなければ、白鳥達もカモ達も静に浮かんでいるのだが、人間が現れると、何か食べ物をもらえると思うのだろう、皆そわそわし始める。そうなると、私の撮りたい瞬間は無くなってしまう。

 

コチョウゲンボウ ♂  2013年12月27日  長野県 安曇野市

 いつものコースを移動していたら、彼方の枝に鳥がいた。キジバトではなさそうだし、もしやと双眼鏡。今季初めて出会ったコチョウゲンボウは雄の成鳥でした。例年の初記録は電柱か電線に止まった幼鳥だった。この雑記帳にも、また「電線コチョウゲン」だったと何度かぼやきを書いた。今季は、これまで冬鳥の飛来数が少なくて退屈していたので、コチョウゲン君に大感謝。撮影気分がぐっと湧いた。

 1時間ほどコチョウゲンの飛んで行く先を堤防上から眺める。初めの枝から飛んで、水田の畦に降りる。次は黄色と黒色のトラ模様のポールに止まる・・・。いずれも田んぼのど真ん中。そこは、道路を巡ってどの方から見ても遠い場所。キジバトほどの大きさの鳥だから、田んぼのど真ん中では、何を撮ったか分からない画像になる。敵も然る者、でも悔しいから、近寄れる場所へ行くまで待つことに。

 意地でも撮りたくなるのが鳥写真馬鹿。背中の青灰色をハッキリ撮らねば、雄の成鳥と言えないし。
 
 たいてい、犀川の対岸へ飛んでしまったり、地面すれすれに飛ぶので、見失ってしまったりする。双眼鏡で見ていても、見失う。しかし、今日は粘り勝ち。なんとか距離を詰められる枝先へ止まったと確認。ワンチャンス。
 車の中で大きく動かなければ、車から降りさえしなければ、コチョウゲンはそこそこ近寄れる鳥さん。

 今日のコチョウゲン君は、胸や腹の色が薄目、色白のいい男。むふふ、色男君こちらへ向かって飛んでおくれと願う。風はやや強め、私は風上にいる。枝先でこちら向きに止まり直した。よしよし・・・私は瞬きせず、レンズ越しに見つめ続ける。
 一瞬風が強まり、枝ごと大きく揺れてコチョウゲン君はバランスを崩し、そのまま向こう側へ飛んでしまった。もちろん連写したが、全部後ろ姿だった。残念、まぁいいさ、いると分かったのだから、チャンスはまたある。次の出会いを楽しみに。
 
  


12月24日 学習

オシドリ ♂ 換羽中  2013年12月24日  長野県 岡谷市

 ハッと気付けば、まだ年賀状を作ってない。どうしよう・・・パソコンでちゃちゃとやれば済むことだから、明日にし〜ようっと〜♪、で、ややこしいカモ探しに出かける。オナガガモの雌のような、オカヨシガモの幼鳥のような、何か混血個体のような・・・そんなカモがいるらしいので。

 前に一度探しに行ったが、見つけられなかった。そして、今日も見つけられず、残念。3日と空けずにチェックしている場所なら、2、3度見回せば、ややこしいのはあいつ!となるけれど。たまにしか行かない場所は、勝手が違い、上手いこといかない。

 仕方がないので、オシドリの換羽がこんな順で進むのだと見物。ばっちいオシドリ君だが、なかなかの見もの。オシドリ雄の特徴、銀杏羽(三列風切)はまだ影も形もない。

 このオシドリ君は、移動(渡り)中に迷って、この地へ降りたと思う。オシドリは警戒心が強い鳥だから、普通は人前へのこのこやって来ない。オナガガモやヒドリガモ、マガモ、カルガモなどに混じって、人間が投げるパンなどを奪い合って食べたりはしない。
 迷って一時的に降りるオシドリは、私のフィールドにもたまに現れる。しかし、足元まで近寄って来る個体はいない。

 オシドリ君、この地に降りて、オシドリとして尋常でない行動、他のカモに混じってパンをもらうを学習してしまったのだろう。それが、善いことなのか、否かは人間が勝手に判断することだから、何とも言えない。いろいろな奴がいるから、世の中楽しいのだと考えよう。
 オシドリ君、マコモの地下茎などを盛んについばんでいたから、パンだけに頼っているのでもない。本能的な行動にひとつプラスしてパン食いを学習したのだろう。

 

オシドリ ♂ 換羽中  2013年12月24日  長野県 岡谷市

オシドリ ♂ 換羽中  2013年12月24日  長野県 岡谷市

オシドリ ♂ 換羽中  2013年12月24日  長野県 岡谷市

ミコアイサ ♂  2013年12月24日  長野県 岡谷市

 ここには「ミコ太郎」という、やはり、ミコアイサらしからぬ行動を学習してしまった雄が一羽いる。昨シーズンを通してここにいたから、今季も律儀にここで越冬するのだろう。画像は「ミコ太郎」と思う。やはり人間が投げるパンを他のカモと争って何度も食べたから。
 「ミコ太郎」もパンだけに頼っているのではなく、通常のミコアイサの捕食行動をしている。

 上のオシドリも、「ミコ太郎」も、人間の行動で、尋常ならざる行動をひとつ身につけてしまった、つまり学習したのだろう。
 事の是非は置いて、オシドリ君の換羽の推移状況を間近に見られる。それは大いに楽しいことです。


ミコアイサ ♂  2013年12月24日  長野県 岡谷市


12月23日 刷り込み マガンのこと

マガン 幼鳥  2013年12月23日  長野県 安曇野市

 このマガンの幼鳥が飛来したのは11月の10日頃で、11月16日、29日にもこの雑記で扱っている。その頃と比べ羽衣の変化はさほど無いが、腹の黒色横斑が少し増えている。もう少し細かく見ると、嘴基部の黒色部分がわずかに白くなり始めていて、ちょっぴり大人になりかけていると言えよう。

 ひとシーズンに数羽のマガンが安曇野へ飛来する。それらはマガンとして飛来し、たいてい数日で飛び去ってしまう。迷い込んだ個体か、移動中に立ち寄った個体であろう。シーズンを通してこの地で越冬した例はまだ無いと記憶している。

 今いる幼鳥は、マガンとしてではなく、コハクチョウとして飛来したと言えばいいだろうか。行動を共にしているコハクの家族がこの地にいるかぎりマガンの幼鳥も滞在していると考えられる。

 生物学は高校のときに選択しなかったので、中学生並みの知識しかない。それで、あちこちからの聞きかじりや読みかじりで考えているので、間違えているかも知れないが、このマガンの幼鳥は、いわゆる刷り込みでコハクチョウを親と認識しているのだろう。なぜ親を間違えたて認識したのか分からないが、マガンとコハクチョウの繁殖地は重なっているから、間違いも起こりえるだろうか。

 2009年12月に飛来したサカツラガンも、コハクの家族と行動を共にし、特に幼鳥と行動していた。サカツラガンは12月26日に飛び去り、27日に琵琶湖へ現れたと聞いたので、琵琶湖まで同一個体か見に行った。すると、安曇野と同じコハクの家族、特に幼鳥2羽にべったり状態でいた。あのサカツラガンもコハクを、コハクの幼鳥を親鳥と認識していたのだろうと考えている。

 今回のマガンの幼鳥もサカツラガンに似た行動をしている。コハクの家族と共に行動しているが、コハクの幼鳥の後を追うことが多い。

 冬至を過ぎたばかりなので、16時を回ると薄暗くなり、撮影には不向き明るさになる。まして西の空は曇りがちなので、いっそう暗くなる。そんな16時過ぎになって、マガンを含むコハクの家族が飛んだ。腕ではなく、デジタル様のおかげで、薄暗い中で、コハクと共に飛ぶマガンが撮れた。

 刷り込みの話で、親を間違えたヒナや幼鳥の話はたくさん見るるが、そのヒナや幼鳥が成長する過程で自分は親と違う種だと認識出来るのか、または認識した例はあるのだろうか。その辺の話が知りたいところである。
 マガンは自分をマガンだと認識出来るのだろうか。興味は尽きない。


マガンの幼鳥 と コハクチョウの幼鳥  2013年12月23日  長野県 安曇野市


12月20日 雪のあと

アカゲラ ♂  2013年12月20日  長野県 安曇野市

 19日は雪の中のカワガラスを撮りに山の中へ出かけた。しかし、カワガラスは不在で・・・昨年も振られ、今年も。どうやら、カワガラス君は下流域へ下ってしまったらしい。
 雪降りの中をてこてこと歩いて、昨日の午後は終わってしまった。1羽の鳥にも出会わない日もたまにある。雪道を走って、スタッドレスタイヤの性能が確認できた。それが成果。

 今度の雪は、長野県の中部から南部へ下がるほど積雪量が多い、ローカル名「上雪(かみゆき)」だったので、安曇野は予想ほどの積雪量がなかった。それで、今日はもう融けてしまい、雨後と同じ風景が広がっていた。せっかくアカゲラ君に出会ったのに、ここに雪が積もっているか、雪が降っていれば、もう少しましな画像になるのだが。

 「上雪」の由来は知らないが、長野県らしい「言葉」です。長野県は南北に長く、各地で気候や気象が異なります。北部(長野・飯山・大町・白馬方面)、中部(松本)、南部(諏訪・伊那・飯田・木曽方面)と大きく区分すると、北部は新潟同様大雪地帯。中南部はほとんど雪が降らないか、降っても通常は積雪量が少ない。

 ところが、いわゆる南岸低気圧が通過すると、中部・南部の積雪量が北部より多くなり、しかも南部ほど量が多いという通常とは逆の雪の降り方になる。これが「上雪」です。ただ「雪が降る」という表現より、一歩踏み込んだ「言葉」です。

 「上雪」は春先に降ることが多く、湿った重い雪で、春を予告する感じがあります。しかし、なぜかこの冬は大晦日より前に「上雪」が来ました。このまま春になると嬉しいが、そうはいかないでしょう。

 海なしの長野県には、「凪」「時化」などの言葉はありません。そういう気象状況が無いですから。松本だと「アルプス颪(おろし)」というローカルな風の名前がありますが。「上雪」は方言とは違った意味で、ローカルな生活感のある言葉です。


コハクチョウ  2013年12月20日  長野県 安曇野市

 今季は白鳥の飛来が遅く、飛来数まだ80羽ほど。ハッとするカモも来てくれずで、午後だけカメラマンのレンズを向ける先がありません。とは言え、何も撮らないのも悔しいから、B級グルメでもよしとして、お復習いのつもりで、コハクチョウを相手に、シャカシャカシャカ・・・。1日1回連続シャッター音を聞かないと体調が悪くなる、なんて、鳥写真馬鹿は思ったり。これで、雪が降っていれば、もうひと味違うのだが。
 ちなみに、今日の3枚は、超望遠840mm相当で撮影しています。


コハクチョウ  2013年12月20日  長野県 安曇野市

コハクチョウ  2013年12月20日  長野県 安曇野市

ややこし君  マガモ ♂?  2013年12月20日  長野県 安曇野市

 11月29日に雑記に登場したややこしいマガモです。換羽が進み、頭部の色などが変わって行くか、追っかけていました。どうやら、これ以上体色に変化は起きないようです。このややこし君も嘴が黒斑と鼻孔で細長い人間顔模様をしていると見えます。

 ややこし君は何者ぞと考えいてますが、答えは見つかりません。まず、雌の雄化した個体ではないかと考えました。たとえば、嘴の先端に橙色が見える、これは雌の嘴の橙色の名残ではないか。嘴のY字型の黒い斑は雌の黒斑に似ているとも見える。

 ところが、常に雌のマガモとペアーで行動しているので、その点からすると雄ではないかと考えられる。雌同士が2羽だけで、四六時中ペアーのように行動しているとは、たくさんマガモがいるし、その群の中で生活しているから、普通は考え難い。

 とすると、何らかの理由で、体色が変化した雄、無理無理言えば「黒変」した個体ではないかとも考えてみたが、答えに至らずのままです。もうカモ語を練習してインタビーするしかなさそう。


 15時過ぎに雪雲が去り、快晴の空が戻ってきた。上は北アルプスの前山、さして高くない山だがしっかり雪化粧。これが松本盆地の冬の色。

 下の奥山は美ヶ原。2000mの山は厳冬期に入った。手前は名もない1500mほどの山並み。この群青色と白色が松本盆地の東縁の山々を染めると、盆地は厳冬期に入る。水道管を保温するヒーターのプラグをコンセントにさし忘れていると、凍てついて大変な目に遭うことに。



12月18日 雪が来た

アオゲラ ♀  2013年12月18日  長野県 安曇野市

 約束通りというか、気象予報通りに雪が来た。初めは小粒で小降りの雪だったが、それでもいそいそと出かる鳥馬鹿でした。今日は初めから鳥馬鹿に輪をかけた「鳥写真馬鹿」になって、雑木林へ一目散。雪が降ったら撮りたいイメージがありましたから。

 想いは雪降りの中でツルウメモドキの実を食べるツグミかアオゲラ。ツグミの団体がいたので、まだ残っていればチャンス有りと。しかし、彼らの胃袋はたいしたものです。たくさんあったツルウメモドキの実の7〜8割が無くなっていて、ツグミの群も消えていました。残念夢破れたり。

 それでもしつこく林を回っていたら、最近時々出会うアオゲラの雌がいた。たぶん同じ個体だと思っていつも見ている。今日は見るだけでは済まない・・・撮らなくては。車を止めて粘ることにする。アオゲラ君は木に止まったまま動かなくなってしまった。私を警戒しているのだろう。時々出会っているのに。

 あとは忍あるのみ。我慢比べ。ツルウメモドキへ行っておくれと願いながら、20分ほど待つ。アオゲラ君腹ぺこだったのか、ついにツルウメモドキの近くへ。しかし、雪がほとんど止みかけてしまい、おまけにツルウメモドキの赤い実はほとんど無くて・・・思うように行かないのが鳥さん相手の撮影。

 昔見たシーンは、ツルウメモドキの蔓にぶら下がって実を食べているアオゲラだった。それを期待していたが、木の幹から蔓へ移らず、おまけに実を食べるときは幹の裏側へ回り込んでしまった。そんなに恥ずかしがらなくてもいいのに。結局、実を口にしている画像は撮れず仕舞いでした。

 

3羽の傷病コハクチョウ  2013年12月18日  長野県 安曇野市

 傷病コハクチョウの3羽、雪が降って興奮したのか、鳴き声を上げたり、羽ばたいてみたり、遊水池の中をぐるぐると泳ぎ回ったり・・・やはり興奮気味なのかと思えた。
 右の翼が半分もない「のぶちゃん」が羽ばたくとそれなり迫力がある。しかし、何とも切ない光景です。


 15時を回ってから、雪は本降りになり、しかも一片が大きくなった。それに川霧も立ち始めたので、舞台のムードは盛り上がり、おあつらえ向きの写真日和になった。

 しかし、コハクチョウまだ50羽に達していないから、望む場所で、望む演技をしてもらえず。舞台がよくても役者いなければどうにもなりません。それでも、すごすご引き下がりはしない「鳥写真馬鹿」ですから、レンズとカメラに合羽を着せて、雪の中のコハクチョウに挑戦しました。

 見慣れたゴミだらけの河原も、雪と霧で世界が変わる。なんとか世界を切り取ったが、久しぶりなので、腕がと目が鈍っていた。結局、B級グルメの写真しか撮れなかった。また、修行のやり直しをしなくてはと反省。もっと暗くなってからの方が面白い絵が撮れるのだけれど。お帰り時刻さえなければ・・・。今季初の白鳥写真への挑戦は、B級で終わりました。

 おまけですが、こんな雪降りの夕方に、何を思ってか、オオタカが飛んで来た。いつもの雌成鳥でしょう。カモを1日1羽食べる目標でも立てているのかしらと思ってしまった。雪の日はじっとしていた方が腹が減らなくていいのに。


雪が降る  コハクチョウ  2013年12月18日  長野県 安曇野市

オオタカ  2013年12月18日  長野県 安曇野市


12月17日 明日は雪か

嵐の前の静けさ  2013年12月17日  長野県 安曇野市

 高積雲(羊雲)が出ると、いよいよ天気は下り坂。雲を見て明日の天気を予想するより、今は気象予報が事細かに教えてくれる。明日は日中は雨かみぞれ、夕方から雪との予報。ついに我が家の回りでも雪が積もりそう。明日は雪か、雪かきをしなければと考えると、うんざり。

 雪がバンバン降る中の白鳥は大いに写真になる。しかし、今年はまだ40羽ほどしか飛来していない。昨年の今日は190羽ほどいたのに。なんともままならない。野鳥相手の写真は、いつだってお天気任せ、鳥さん任せ・・・ままならないから面白いのだけれど。

 しかし、今年はややこしいカモも、はっとする鳥さんもいないから、たいくつで。2シーズン目の「カルガモ村のマルガモ君」は今年も遊水池にいるけれど、相変わらずのはにかみ屋さんで近くへ来ないから、毎回双眼鏡するだけ。フィールドは、ただ今暇です。

 3羽になった傷病コハクチョウ。初めは微妙な間隔を開けていたが、それも数日のことで、今は3羽そろって行動している。やはり同種は集合するのだろう。
 3羽を懸命に撮影している他県から来たカメラマンを見ると、なんとも複雑な気分。初めは、傷病鳥だと教えていたが、だんだん面倒くさくなり、今は遠くから眺めている。怪我をしていても白鳥にはかわりないのだから。


3羽の傷病コハクチョウ  2013年12月17日  長野県 安曇野市

マガモ ♂?  2013年12月17日  長野県 安曇野市

まだ換羽中で、カールした中央尾羽はまだ見えない。

マガモ ♂?  2013年12月17日  長野県 安曇野市

マガモ ♂ 2013年12月17日 長野県 安曇野市

 前にも取り上げたが、換羽が遅れている上に、嘴の模様が面白いマガモがいる。もしかして、ややこしいカモなのかと少し期待していたが、だいぶマガモの雄らしくなり、期待は外れたらしい。ただ、嘴の先端の黒い部分(嘴爪)の形が一般的なマガモの雄に比べて、ちょっと広いので、う〜ん困った、やはり、ややこしい奴なのかと、まだほんの少し思っています。左が一般的なマガモの雄。

 と、まぁ、カモの顔を見るくらいしかすることがないなんて、退屈してしまいます。せめて丸一日使えれば、山の中へでも行くのですが。

 雪が積もると、びっくりする数のヒバリやホオジロが雪の積もらないコンクリート製の用水路で食べ物を探していたり、普段はブッシュの中に潜んでいるベニマシコが雪の上へ出ていたり・・・明後日、どこかに楽しいことが歩いているといいのですが。

 

コハクチョウ  2013年12月17日  長野県 安曇野市


12月14日 寒い日

冬空  2013年12月14日  長野県 安曇野市

 突然真冬になりました・・・この2、3日そんな感想。今日は南風が入ったからか、松本の公式最高気温は6度。しかし、強い風だったので、風に熱を奪われて、体感的には零下の世界。もちろんアルプスは中腹まで雪雲の中。その雲が松本盆地の上まで広がったり、薄れて弱々しい太陽をのぞかせたり。ともかく今日も寒い日でした。

 ハッとする鳥さんとの出会いもなく、フィールドを回る。10日に20羽ほどいたツグミの群は、旅行中の休憩組かと思ったが、しっかり残っていて、雑木林のノイバラの実を片端から食べ尽くす積もりらしい。たくさんあるツルウメモドキもかなり実が減っていたので、彼らが食ってしまったのかも。この付近で越冬する気持ちになったのだろうか。

 下は、別の場所に単独でいたツグミ。おそらくこの地で越冬する個体だろう。残り柿の赤が目にしみる。零下の朝が続くと、間もなく、あちこちの木に残っている柿も凍ててどす黒くなる。もっとも、その前にこのツグミの胃袋へ入ってしまうだろうが。


残り柿 ツグミ  2013年12月14日  長野県 安曇野市

 長く鳥見をしていても、始めて見る鳥の行動に出会い、知らないことがたくさんあるのだと思い知る。雑木林の中にはマユミが何本もあり、赤い実がたくさん付いている。この実をいろいろな鳥が食べる。もちろんツグミもたまについばんでいる。

 今日は、モズの雌が実を食べるところを見た。ひと粒でなく、10粒以上は食べた。上空をツグミの群が通過したので、驚いたのかモズは飛んでしまった。もし、そのまま食べ続けたら、もっとたくさん食べたと思う。とにかく、マユミの実を食べるモズは始めて。モズも木の実を食べると噂には聞いていたが、この目で見られてラッキーでした。

 それにしても、それこそ普通種、ただのモズでも始めて見る行動があるのだから、鳥見の世界には底なしに面白いことがたくさんあるはずと、またまた確認してしまった。鳥馬鹿病は不治の病です。


モズ ♀  2013年12月14日  長野県 安曇野市


12月12日 もしかして

オオバン  2013年12月11日  長野県 安曇野市

 地面へぺたりと座り込んで食べ物を探しているオオバンがいる。座り込んで、嘴で枯れ草をかき分け、食べ物を探すオオバンなどそうそういない。10月下旬からこの個体が目についてならない。

 この御宝田池で7月にオオバンが1羽のヒナを孵した。安曇野初記録だと興奮したヒナ誕生だった。後日、白鳥湖で先に生まれたと思える5羽のヒナが現れ、惜しくも2番目の記録となった。そのヒナの成長を追っていたが、9月末によそからオオバンが入って来たり、ヒナも大きくなり、他の成鳥と見分けが難しくなって、追っかけはやめた。
 オオバン幼鳥の虹彩が1年経たずして成鳥のように赤くなるのか、確認出来ず仕舞いだった。

 地面へぺたりのオオバンは額板が小さいことから、若い個体と分かる。右足を痛めていて、歩行も泳ぎも不自由している。普通オオバンは立ったまま地面の食べ物を拾う。それは、ニワトリと同じ動作。しかし、このオオバンは立っているのがつらいのか、地面へぺたりとしてしまう。

 現在他のオオバン達は、池とは別の遊水池でたむろしていて、池ではこの1羽だけがカモに混じって生活している。

 このオオバンを見ながら、もしかして、この夏この池で生まれた子なのかと、たびたび思ってしまう。虹彩が半年で赤くなり、幼鳥は生まれた池から離れないと仮定しての話だが。しかし、赤い毛玉のようなヒナを思い出すと、この傷病オオバンがあの子かも知れないと思えてしまう。だとすると、いささか悲しい話である。


2013年7月19日  長野県 安曇野市

 午後、にわかに強風が吹き始めた。南風だったが、今は師走、ものすごく冷たく感じられた。御宝田池で昼を過ごすコハクチョウが現れた。安曇野全体でも少し飛来数が増えた。北陸、越後は雪降りのようだから、2、3日内に100羽ほどの飛来があるだろう。


コハクチョウ 2013年12月11日  長野県 安曇野市


12月10日 雪かが欲しい

ツグミ  2013年12月10日  長野県 安曇野市

 朝から雷が鳴って驚いた。冬の雷って久しぶり。昨日は、強い南風が吹き続け、なんとなく大気が生ぬるくなった。そのためだろう、雪ではなく雨が少し強めに降った。前線が通過するというので、雪を期待していたのだが。

 雨が上がったので、鳥さんを探しに出かけるが、まだ冬鳥の越冬組が来ていないらしく、どこも静なもの。それでも20羽ほどのツグミの団体に出会った。彼らは旅行中だと思う。20羽もいるから、もしかしてハチジョウツグミが混じっていないかと、ほとんど起こらないことを期待しながら双眼鏡で1羽ずつ見る。皆しっかりしたただツグミ。この秋から冬にかけて、ついにハチジョウを見られなかった。

 重い雲に一瞬隙間が生まれて、日光が流れ込んだ。上の画像は曇り。下は、弱い冬の日射しが射した瞬間。どちらでもいいから、小雪が舞って欲しかった。それを期待していたのだが、小糠雨が舞っただけ。大雪は困るが、ちらちらの雪は雨よりいい。そろそろフィールドにも雪が来て、越冬組の鳥たちがやって来るだろう。そろそろ雪が欲しい。
 
 

ツグミ  2013年12月10日  長野県 安曇野市

ミサゴ  2013年12月10日  長野県 安曇野市

 最近まで、冬にミサゴを見かけなかったが、この3シーズン、ミサゴがたまに現れる。ミサゴが増えているとか、内陸で越冬する個体が現れたとか・・・なんてデーターは知らないので、これは白鳥湖だけの経験ですが、真冬にミサゴが現れるようになった。。

 はたして同一の個体が周回しているのか、それとも別な個体がたまたま通過しているのか、これまではちゃんと見ていなかったので分からない。少し反省。ミサゴは胸の斑や翼下面の斑の形など、個体識別が可能な鳥と思う。今日から、少しまじめにミサゴもチェックしようと、北風に吹かれながら考えた。

 昨年は10、11日に寒波が襲来して、北陸や東北・北海道で大雪が降り、20羽ほどしかいなかったコハクチョウが一気に120羽ほど飛来した。今年は、今日までずっと40数羽のまま推移している。そろそろどっと来る頃なのだが。


コハクチョウ  2013年12月10日  長野県 安曇野市

 猫ちゃん(あけび)の体は拾ったときの2倍ほどに成長した。ジャンプ力は3倍、いたずらは5倍・・・机の上の鉛筆が全部何処かへ運ばれてしまい、2日1回は大捜索。ベットの下やカーテン、陰やカーペットの下・・・ごそごそ出てくる。ついに、机の上のものは全部タオルや風呂敷で覆うことになった。あけびは、風呂敷をめくって中を観察するまで、まだ知恵が回れないらしい。
 
 カーペットの端を噛んでいるいたずら猫を見ながら、こいつと10年は付き合うのだろうと、たぶん、こいつより私の方が死ぬのは後なのだろう・・・そんなことを考えてしまった。



12月7日 微妙な間隔

雑種ガモ 三郎(ガード君) 左 と しろちゃん  2013年12月7日  長野県 松本市

 今日はほとんど撮影せず、あちこちの溜め池を見て回った。来るべきカモが来ているか確認のため。
 トモエガモが1羽もいなかった。これから来るのか、すでに移動してしまったのか、例年だとこの時期に必ずいたのだが。オシドリは、例年通り10月下旬にいた全羽が移動してしまい、やはり1羽もいなかった。

 千鹿頭池の雑種ガモは、よそへお出かけしている個体がいるので、何羽生存しているのか正確には分からない。今日は8羽しかいなかった。雑種ガモ達は雑種ガモ同士で、平たく言えば、くっついたり、離れたりするのでペアーの確認がまだ出来ない。ただ、画像の五人組三郎(別名ガード君)としろちゃんはしっかり結ばれていて、すでに2回ヒナを孵している。今日も、仲良くペアーで行動していた。このペアーは来年もヒナを孵すと思う。

 昨年生まれの世代、バニラ、コーヒー、ココア、色男しろ、色男バフなどが、来夏は繁殖可能になる。白いバニラ、黒いコーヒーとココアは雌なので、さて何色のヒナが誕生するか、今から楽しみです。黒い2羽にがんばって欲しいと鳥馬鹿は願っているのですが。

 

白鳥湖脇の遊水池  2013年12月7日  長野県 安曇野市

白鳥の間に微妙な距離が・・・

 15時30分を回ってから白鳥湖へ着く。3羽の傷病コハクチョウがどうしているか、その後の様子を見に。

 ずっとビニールハウスで一緒だった「ふくちゃん」と「ピーちゃん」は2羽で行動していたが、先住の「のぶちゃん」との間には微妙な間隔が。なんとなく今後も微妙な間隔は埋まらないのではと思える。同病相憐れむなんてのは人間だけの話なんだろう。

 遊水池に住み着いたアイガモ2羽は相変わらず。超がつくほど元気。暇だったので、2羽を区別するために名前を考えた。下の画像の手前、背中が黒っぽい個体を「アイガモ太郎」、奥の背中が白っぽい個体を「アイガモ二郎」と勝手に呼ぶことにする。
 知る限りでは、この2羽はマガモの雌、カルガモの雌の尻を追いかけたが、いづれも拒否されて、交尾に至っていない。それでこの夏はややこしいヒナの誕生はなかった。この2羽は今後数年は遊水池に居続けるだろう。

 

アイガモ  2013年12月7日  長野県 安曇野市

傷病コハクチョウ 3羽  2013年12月7日  長野県 安曇野市

 夕暮れ時、少しばかりの給餌を受けて、3羽が集まった。奥から「ピ−ちゃん」「ふくちゃん」「のぶちゃん」。「ふくちゃん」は体が大きく「ぴーちゃん」よりひと回り大きい。「ふくちゃん」は少々乱暴者で、カモや「のぶちゃん」をつついたり、噛みついたりして追い立てていた。さすがのアイガモもたじたじ。ここでも、2羽と「のぶちゃん」の間には微妙な間隔があった。

 上の画像は、ちょっと悪戯半分に「ふくちゃん」を試したところ。ビニールハウスではずっと「茶碗」で餌をもらっていた。そこで、環境が変わったが、「茶碗」を覚えているか餌を入れて置いてみた。結果は画像の通り。しっかりを記憶していて「茶碗」を独占した。予想通りの結果でした。

 

「ふくちゃん」につつかれるアイガモ太郎  2013年12月7日  長野県 安曇野市

 夏は静だったのに、ゴミのようにカモは増えるし、人間もぞろぞろ来るようになったし、どちらかというと仲良くしたくない、乱暴なおばさん(「ふくちゃん」のこと)まで増えるし・・・ひとりの方が気楽だったのに。夕暮れの池で「のぶちゃん」は溜息をついていました。



12月5日 昔は昔、今は・・・

小春日和  カワセミ ♀  2013年12月5日  長野県 安曇野市

 たぶん、今日は旧暦で11月3日。季語や暦にうるさい人は、小春とは陰暦10月の異名だから、今日のように暖かくても、小春日和とは言わないと言うでしょう。

 しかし、昔は昔。むしろ、晩秋から初冬にかけ、移動性高気圧に覆われた穏やかで暖かい天候のことくらいに考えた方が、現実的だと思う。なにせ、温暖化とやらで、昔とは気候だってズレが生じているのだから。

 フィールドを半周した。小春日和の陽気に誘われて、鳥さんが葦の穂先へでも止まってくれたら、そりゃもう柔らかな斜陽を浴びて輝くだろうに。気絶するくらい嬉しい光景になるだろうに・・・。でも、鳥さんは現れませんでした。誰かさんが立てた「やらせ棒」で、カワセミ君がくつろいでいただけで。

 昔は、と言っても、5、6年前は、私が回っている範囲の犀川には、カワセミに止まってもらうための、カメラマンが立てた棒など1本も立っていなかった。例えば、関東だったら20年も昔から「やらせ棒」は立っていた。やっとこの地も「並!」になったかと思う。そんなやらせ棒に止まった画像や映像を、NHKのローカル局が使うものだから、いたるところに「やらせ棒」が立つことになる。やれやれですね。どうせ立てるなら、もっと絵になるましな棒を立てた方がいいと思う。昔も今も、関東でも安曇野でも、棒が立っていれば、カワセミは取り敢えず止まる。カワセミの性格は普遍のようだ。

 突然本の紹介です。信濃毎日新聞に連載されたコラムが単行本になりました。タイトルと帯で、ほぼ内容はお解りいただけると思います。丹念な追跡で長野県内の生態系の変わりようが紹介されています。
 ただし、記事は連載のミニコラムですから、環境報告書のような専門性より現場からのレポートと言えるでしょう。
 
 昔は昔、今は今の「今」のレポートです。

 鳥馬鹿は関心を持っている鳥から読む。自分の知っている状況と重ねながら。
 関心を持っている鳥のひとつはガビチョウ。

 昔々神奈川県藤野町の山林で奇妙な鳥を見つけた。しかも、親鳥が幼鳥に虫を与えていたから、繁殖していると確認した。その鳥が何という鳥かしばらく分からなかった。今のように図鑑が整備され、たくさん発行されていなかったし、もちろんPCなど普及していないから、その鳥の名前は不明なままだった。

 次のその鳥と出くわしたのは、当時所属していた探鳥会の鳥見の最中でだった。神奈川県城山町(旧名)でのこと。その場では、野鳥の会の世話人さんも名前が分からなかったが、写真撮影に成功したので、後日中国原産のガビチョウと判明した。以上は1970年代末のことです。

 1980年代に入り、風説によると、だれかが、高尾山の山麓へガビチョウを大量に投棄したらしいとのこと。真偽はわかりませんが、いきなり高尾山の山麓(八王子市)から、南に接する神奈川県城山町・相模原市、東京都町田市北部でガビチョウがたくさん現れ始めた。独特の大声で鳴きわめくので、所在はすぐに確認出来た。

 その高尾山麓と山続きの町田市北部に住んでいたので、80年代中頃には毎日ガビチョウの鳴き声(さえずり)を聞くようになり、90年代に入ると、我が家の庭木でもガビチョウが鳴くようになった。

 そして今、同書によると、私の住む松本盆地と峠ひとつを隔てた下諏訪町までガビチョウが進出しているとのこと。直線距離にして我が家から約20km。またガビチョウが迫って来ました。

 実は、いつ峠を越えて、私の縄張りに現れるか楽しみにしているのでして。不謹慎と言われれば、すんませんとしか言えませんが。あの大声を我が家の庭で聞かれる日が来るだろかと。

 そこで、変わり者の私は考える。ガビチョウになったつもりで。事の次第はさておき、人間の手を介してでも海を越え、新天地で種の分布を広げられて、数も増えたのだから、種としては願ったりではないかと。そもそも、人間という種がはびこり過ぎて、あたら多くの種を絶滅させたのだから、負けじとがんばる種があっても、地球は怒らないだろうと。

 

犀川白鳥湖脇の遊水池  2013年12月5日  長野県 安曇野市

 長い間ビニールハウスで飼育されていた2羽の傷病コハクチョウが遊水池へ引っ越しました。「ぴーちゃん」と「ふくちゃん」。2羽とも飛べません。ここで、先輩の「のぶちゃん」(画像の↑の先)が越夏をしました。3羽は挨拶の儀式を済ませたそうですが、まだギクシャクした関係のようで、「のぶちゃん」はわれ関せず、2羽は長く同居暮らしをしていたので連れ立ってあっちの方で。同種でも馴染むまでには時間がかかるのでしょう。

 そうそうこの狭い遊水池は7月にメジロガモが現れた池です。今はなぜかカモが溢れています。例年だと犀川本流でたむろしているカモたちですが、今年はなぜか本流へ行きたがらず、ほとんどのカモが遊水池で過ごしています。その理由は、今のところ分かりません。

 先日見つけたややこしいマガモ。この個体は雄だろうと考えています。常に手前の雌と行動を共にしているので、雄化した雌ではないでしょう。すると、部分的に羽衣が変化した個体なのか、これから換羽するのか、もう少し見続けると結論が出るでしょう。


2013年12月5日  長野県 安曇野市

2013年12月5日  長野県 安曇野市

 カワウと飛行機。かって絶滅寸前まで減少したカワウだが、今や通年犀川にいる、しかも多数が飛び回っている鳥になった。2002年に犀川へ現れたらしい。当時私は町田市に住んでいたので、いきさつは大先輩から教えて頂いた。昔、カワウは、松本盆地にはいなかった。東京湾と上野の不忍池にいる鳥だと思っていた。

 そして、いつ頃からか、たくさんの飛行機が松本盆地の上空を通過するようになった。昔は、飛行機が通ると真剣に見上げたものだが、今は、特に15時から16時頃に何機もの旅客機が通過し、飛行機雲が何本も引かれる。

 上の画像の飛行機はアシアナ航空機。安曇野の空で、カワウとアシアナが出会うなんて昔はまるで無かったことだ。

 昔は昔、今は今。歌の文句じゃないけれど、世の中は変わって行くものなのですね。


カワウ 2013年12月5日  長野県 安曇野市


12月4日 まだ、スカ続き

オシドリ ♂ 幼鳥  2013年12月4日  長野県 岡谷市

 猫ちゃんがキーボードの上を走ってくれた。丁寧に3回も。そして真ん中に座り込んでしまった。それで設定が滅茶苦茶になり、ちょうどPhotoshop を開いていたので、ポインターは消えてしまうし、元に戻すのに四苦八苦。30分もかかってしまった。猫ちゃんは遊び疲れて、白河夜船。怒るに怒れず・・・。

 先日、写友が言うには、オカヨシガモに見えるが、どうも雰囲気が怪しいカモがいて、なんだろうこいつはという感じ。
 ややこしいカモにはすぐに反応してしまう鳥馬鹿なので、今日捜しに行ったが、それらしいカモは見つけられず、残念の午後だった。

 しかし、自分をオシドリだと思っていないオシドリがいて、こちらの話も聞いていたので、よ〜く見たやった。なにせ、ラブリーと言おうか、土手に座っていたら、陸に上がると足元まで歩いて来たから。ついには、70−200mmレンズの焦点距離内まで来てしまい、おいおい君は野生のカモだろと言ってやりたくなった。

 こんなオシドリには動物園以外で会ったことがない。群からはぐれた幼鳥らしく、それで怖いもの知らずなんだろうか。それでも、オシドリの気質は保っているらしく、休憩するときは、枯れたマコモの陰、日陰の薄暗いところへ入り込んでいた。

 胸の黒い斑や背中に見えるブルーの羽毛から、たぶん第1回生殖羽へ換羽が始まったばかりの雄幼鳥だろう。今後、間近で換羽の推移が見られるから貴重なカモであると、鳥馬鹿は思う。

 

アオクビアヒル ♀  2013年12月4日  長野県 岡谷市

 オシドリよりもアオクビアヒルの雌を真剣に見てしまった。犀川白鳥湖にいた「歌舞伎」はヒナもろとも洪水で流されて行方不明になったまま。その「歌舞伎」と同じ色の雌アヒルだったから、ちょっと懐かしかった。それに、千鹿頭池の雑種ガモ達の、そもそもの元「おお婆さん」も同じ羽衣の色をした雌アヒルだったし。

 真剣に見てしまった理由は、懐かしさではなく、初列風切の真っ白な羽の枚数が違うと気付いたからである。上の画像のように、右はp7〜P10の4枚が白く、左はp5〜p10までの6枚が白い。矢印の先の黒い部分は、左右とも風切ではなく初列雨覆です。つまり、風切羽の色が左右非対称ということ。

 左右非対称に興味を引かれたのは、千鹿頭池の雑種ガモ「色男バフ」の初列風切がやはり真っ白で、左右の枚数が違っているからです。ふむふむ、アヒルに非対称な個体がいるのだから、その血筋の雑種ガモにも非対称が現れるのかと、妙なことに、どうでもいいことに感心してしまった鳥馬鹿でした。
 

 帰りは、山道経由で、もしかして鳥さんに出会えないかと・・・でもだめでした。冬枯れの雑木林に日射しだけが溢れていました。

 家へ帰り着き、空を見ると、お〜ッ!上弦の月。久しぶり、ほんとうに久しぶりに第1日目の、「朔」の次の日のお月様を見ました。
 鳥見は、まだまだスカが続いているけれど、今日は1日目のお月様が撮れてよかった、よかったとします。明日はハッとする鳥見があるように、お月様に願いを。



12月2日 スカ続き

カモシカ  2013年12月2日

カモシカ  2013年12月2日

 別にジンクスはないけれど、コクマルガラスを見て以来、鳥見の調子がいまひとつ。やはり、恐れていた反動が。

 昨日は、地面を歩いているコクマルガラスが撮りたくて、探し回ったが、見つけ出せなかった。まだ安曇野の何処かにいると思うのだが。コクマル捜しだけで昨日の午後は終わってしまった。

 今日は、コクマルは諦めて、山へ行くが、鳥さんに嫌われてしまったのか、撮影可能な出会いさえなかった。唯一の救いは、カモシカとの出会い。カモシカは普通の鹿のように警戒心が強くない。たいてい、のんびり歩いていたり、草を食べていたりする。

 今日は、山の中に作られた畑へのんびりと入り、雑草を食べていた。畑の作物(たぶんキャベツ)はもう収穫が終わり、残骸が残っていたが、カモシカはひたすら雑草だけを食べていた。

 カモシカは大きなレンズを向けて、シャッター音を響かせても動じないで、我が道を行く。カモシカのそんなおっとりした性格が好きだ。600mmレンズで撮影を始めた(下の画像)が、どんどん近付いて来たので、70−200mmレンズに替えた。そんな余裕が持てるほどゆったり行動してくれるからカモシカは好きだ。

 なにげに、ちょっと低山へ入ってカモシカと出会えるなんて、自然がいっぱいの感じなんだが、その割りには鳥さんが少ないのはなんとも。溜息が出てしまう。

 出会った写友と鳥を待ちながら雑談をして今日の午後は終わってしまった。今日はふたコマだけ鳥さんを撮った。と言うより、ピントを合わせて双眼鏡代わりにカメラで鳥さんを見ようとしたら、シャッターボタンを強めに押してしまったので、ふたコマ撮れてしまった。それが下のベニマシコ(カメラの機能上、シャッターボタンを軽く押すとピントが合い、そのまま深く押せば撮影出来る)。ベニマシコとの出会いは、だいたいこんな光景がほとんど。

 スカ続きだけれど、まぁ、明日は何かいいことあるだろう。久しぶりに出会ったカモシカ君に感謝。カモシカ君、道路を歩いていて車と衝突しないようにと願う。


カモシカ  2013年12月2日

ベニマシコ ♂  2013年12月2日





 与那国で、もちろん内地でもたくさんお世話になった真木広造さんの 「日本の野鳥590」の後続版が、ついに、平凡社から出版の運びになりました。
  12月25日予定、もちろん、改訂版ではなく新刊です。

 いつも持ち歩いている「日本の野鳥590 初版第1刷」はすでにぼろぼろ。たくさん持っている図鑑類の中で、一番写真が鮮明・美麗。解説が一番正確かつ詳細なので、分からないことは、まず「590」を読んでいます。
 与那国で私が真木さんと並んで撮影した鳥の写真もたぶん載っているだろうなと想像しながら、予約をしました。

 予約は真木さんのHPから出来ます。噂によると、真木さんに予約するとサイン入りとか。

 予約はこのメールで
michinoku@ymail.plala.or.jp

 真木さんのHP 「みちのく映像社」は
http://www5.plala.or.jp/hirozo/

 平凡社のサイトはhttp://heibonshatoday.blogspot.jp/2013/10/650.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 内容は 出版元のHPを引用すると

■新しい分類体系を採用し、『日本鳥類目録 改訂第7版』(日本鳥学会)に準拠

■すべての写真は真木広造氏一人の撮影によるもの。『日本の野鳥590』以来13年、さらに新しい写真を撮り続けて完成した、前人未到の写真図鑑

■形態や識別のポイント、分類の新知見も織り込んだ的確な解説。種ごとの分布図も掲載

■巻末には便利な鳥類一覧(和名、学名、英名、中国語名、ハングル名)を掲載

■環境省レッドリストのカテゴリー、国の天然記念物指定も付記
厳選した美しい写真が満載で、写真集としても楽しめます。
初心者からプロまで、すべてのバードウォッチャー必携の図鑑です。


11月 ホームヘ 1月