私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


12月分 ホームヘ 2月分

1月31日 春が来て?

オシドリ ♂  2014年1月31日  長野県 岡谷市

 岡谷まで出かける用事が出来たので、用事をちゃっちゃと片付け、オシドリ君に会いに行った。前回は21日だったので、10日ぶりのオシドリ君。

 21日(下の画像)は、銀杏羽が見え始めた状態だったので、完璧までもう少しと書いた。銀杏羽はだいぶ大きくなり、完璧まであと一歩になっていた。他の羽衣は、頭部や首回りのふさふさ羽毛も、初列風切も完璧に成鳥生殖羽根になっていた。


  銀杏羽が見え始めた 2014年1月31日 岡谷市

 今春が来て君はきれいになった
 去年よりずっときれいになった

 雪は舞っていなかったが、氷が融けてしまっていたので、そんな感じ。これで、「なごり雪」が舞っていたら最高!だったが。

 立春は2月4日、ちょっと先だが、諏訪湖に氷が無く、さざ波が立っていると、春が来たと思えてしまう。

(下の岐阜県の画像は銀杏羽比較用)

        2010年12月3日  岐阜県

 オシドリ君とミコ太郎の他にややこしいカモがいないか探したが、相変わらず見慣れた顔ばかり。今シーズンはまだ1羽もややこし君に会えていない。

 毎シーズン、少なくても1羽はいるアメリカヒドリとヒドリガモの交雑個体も、今シーズンは全然見つからない。こんなシーズンもあるのだと、諦め半分で湖をながめた。

 あとは、渡り途中に立ち寄る休憩組の中に、ややこしいカモが入っていることを期待するしかなさそう。

 ちょうど通りかかったカンムリカイツブリはほとんど冬羽のままだったが、頬の後ろに褐色の羽毛が見え始めていた。カンムリ君にも春の兆しか。

 オシドリ君の換羽も間もなく完了、銀杏羽も整うだろう。カモを見て、写友や現場で出会ったおじさん達とおしゃべりをして、オシドリ君の撮影をして、ちょっとだけ春っぽく見える諏訪湖と彼方の八ヶ岳をながめて、午後が終わった。そして、1月の鳥見も終わった。


※ 真木広造さんの「日本の野鳥650」は出版が遅れ、2月10日になるとのことです。
  同書を紹介した責任上、連絡いたします。


1月30日 いたずら「あけび」

2014年1月30日

 このところ鳥の写真が撮れていません。古い写真でお茶を濁すよりも、猫の話題で・・・。

 「あけび」の大好きな悪戯は、椅子カバーの下へ潜り込むこと。伸縮性のあるカバーなので具合がよいのだろう。尾がのぞいていれば座るときに気付くが、全身すっぽり入っていると、まったく分からない。
 一度、うっかり腰掛たら、天地がひっくり返るような叫び声を上げた。そりゃそうだ、私の全体重がのっかったのだから。それで懲りるのかと思ったが、どうして、なかなか・・・悪戯は止まらない。自分の椅子に座るのにいちいち確認しなければならなくなった。

 古い写真で・・・と言いながら、古い写真を、しばらく手つかず状態になっていた「野鳥の写真集」にアップました。スタイルを変えて、大きな画像にしましたが、どんなものでしょうか。

 このHPを始めたときは、小さなノートパソコンを使用していた。ソフトもWin の Me で、大きな画像などとても処理出来ず、ちまちました画像を日に2、3枚が精一杯でした。送信方法も、Air−H だったし。Air−H なんて知らない方が大部分でしょうか。10年経てば、通信速度は「光」になり、パソコンの性能もレンズやカメラの性能もアップした。それで、大きめな画像で行ってみようかと。


 頭隠して何とやらの図


1月28日 「あけび」その後

2013年10月29日

 捨てられ猫の「あけび」を家に入れて3日目の夜。2日間は物陰から出て来なかったが、3日目の夜になると、すっかりこの部屋の主になった気分でいる。風邪を引いていたのだろう、盛んにくしゃみをして、右目は目やにでふさがっていたが、人間の抗菌用目薬は猫にも効くらしい、3日目の夜には画像の通り目が開いた。
 ともかくこの頃は、小さくて可愛らしかった。


2013年12月6日

 まだ子猫ちゃんだが、何にでも興味を示し、片端からかじり、あちこち走り回る。外付けHDを4台並べているが、その上を飛び石のように渡って遊ぶことを覚えたので、座っている台を新設した。これでひと安心と思ったら、次は後ろの鉛筆を引き抜き床で転がして遊ぶことを覚えてしまった。文具に届くように台を作ったやった結果に。
 野鳥の会の卓上カレンダーは、この後無惨にばらばらになってしまった。


2014年1月28日

2014年1月28日

 最近は、カーテンを登るし、本棚の最上段まで飛び上がるし、大事に育てたベコニヤをかじってしまうし、やりたい放題。信州でベコニヤを冬越しさせ、花を絶やさないようにするのはとても労力がいるのだが、そんなこと知るよしも無し。得意技は新聞くぐり。これはどこの猫でもよくやる悪戯だが。新聞をめくる音がすると、寝ていても飛び起きて、吹っ飛んでくる。「あけび」がいるとまず新聞は読めない。

 昔かっていた「あずき」という「あけび」とそっくりの猫は、カーテンを登りカーテンレールの上を歩き回った。カーテンを登るが降りることが出来ず、カーテンレールの上から寝ている私の上へ飛び降りた。夜中に私の腹の上にドタンと。「あけび」はカーテンレールの上まで登らず、途中から降りてくる。これはよいことなのか、はてさて。カーテンレール上を伝い歩くようになったら、今度はベットの移動もしなければならないだろう。

 「あけび」にとって一番の悲劇は、近所に猫がいないこと。いまだに猫と、つまり同族と会ったことがない。可愛そうに思い、BSの世界の猫番組を見せたが、2次元猫は所詮2次元。立体でなければ関心がないようで、鳴き声が流れても振り向きもしない。

 次は春になったら公園デビューならぬ、お外デビューだが。ここは田舎なので周囲は土だらけ。今度は泥足対策と掃除に追われそう。

 下は、6000円もはたいて買った猫タワーの最上部。狭いながらも楽しい我が家・・・。怒られるとここへ入って寝たふり?をしている。

 

2014年1月28日


1月27日 日暮れ時

モズ ♂  2014年1月27日  長野県 安曇野市

スズメ  2014年1月27日  長野県 安曇野市

タゲリ  2014年1月27日  長野県 安曇野市
 
 青いルリビタキを探して今日も歩くが、空振り。やれやれの午後。2日間ほどやけに暖かかったので、雪がほとんど解けてしまった。これでは、見つけても枯れ葉の中のルリビタキになってしまう・・・などと、悔し紛れに考える。
 なんだかんだで1月も終わりかけている。今さら思うけれど、本当に月日の経つのが早い。青いルリビタキと出会えぬまま、また春が来てしまいそう。

 12月後半は16時になると太陽が沈んでしまい、薄暗くなった。太陽も弱々しく、頼りなかったが、最近たいぶ強さが戻って来た感じがする。16時になってもまだ太陽は空にあるし。うっかりすると、お帰り時刻を忘れてしまう。

 山は諦めて、犀川の堤防へ。斜光の中で鳥見。さしたる鳥はいないが、強さを増した太陽に感謝して、いつもの巡回コースを回る。いつものところに、いつも通りの鳥たちがいた。それって、喜ぶべきことなのだろう。ある日、スズメが1羽も見当たらなかったら、自分の命も危ないと思わねば。

 久しぶりに河原にいるタゲリを見つけた。たった1羽だったが、ずいぶん新鮮に見えた。この冬、まだ雪が積もるだろう。するとここへ、タゲリが何羽も現れるだろう。その時は、たっぷりシャッターを押して・・・捕らぬタヌキの何とやら。

 今季はまだマヒワが来ない。カシラダカも数羽の群が2、3いるだけ。葦原へ毎冬来ていたオオジュリンの姿を、まるで見かけなくなって2シーズン目。今季もオオジュリンは来ないだろう。オオジュリンが減っているという話を何処かで聞いた。うなずける話だと思う。
 今季は本当に冬鳥が少ない。

 最後に、それでもと雑木林を通る。やはりフクロウ君はいなかった。戻らないのだろうか。3人さんと案内する約束があったのだが・・・。

 堤防に、半野良猫がいた。時々出会う猫なので顔なじみ。ちょうど我が家の猫用に乾燥餌を買い、車に積んでいたので、小分けされた袋をひとつ開けて猫ちゃんにあげる。顔なじみなので、猫ちゃんごろごろと喉を鳴らしながらやって来て、ぺろりと平らげる。しばらく、猫ちゃんをつついて遊んでいたら17時になってしまった。

 17時、いつもは台所で包丁を握っている時刻。急いで帰らねば。快晴の空がいつまでも明るかったから、お帰り時刻を忘れていた。

 戻り始めたところで、ふわりと鳥さんが!えッ、!!間違いなくフクロウが止まった。今までいたことがない林の外れに現れた。それも、前かぶりのごちゃごちゃな蔓などがない、すっきりした場所へ。そうか、夕飯食べに出て来たのか、ともかく、戻ってくれてありがとさん。
 日はすでに沈み、日暮れ時から黄昏時に入って、かなり暗くなっていたが、そこは文明の利器、大急ぎで感度を上げて・・・。

 最後の最後に「福」が。今日もいい日で終われました。

 

フクロウ  2014年1月27日  長野県 安曇野市


1月25日 チャレンジ・ワンチャンス

イスカ ♀   2014年1月25日

イスカ ♀   2014年1月25日

         イスカ ♂   2014年1月25日


 上の雌の画像、頭部の黒斑で雌と判断したが、胸や頭部の黄色が橙色がかっているのが気になります。

 私の回っている範囲での感想ですが、今シーズンは冬鳥が少なくて寂しい思いをしている。何となく伝え聞く話でも、各地で冬鳥が少ないとのこと。
 そんな状況だが、なぜかイスカは当たり年で、各地に出ているらしい。これもうわさ話なので真偽は定かではないが。

 私の回りでも、イスカがたっぷり撮れたという写友がいる。フクロウもいなくなったし、雑木林は閑散としているしで、遅ればせながら私もイスカにチャレンジすることに。皆さんがさんざん撮った残り滓でもいい。残り物には福があると言うではないか。

 まじにイスカを撮影したのは、もう10年以上も昔で、苫小牧でのこと。それ以後も、イスカを目にするが、うまく撮影出来たことがない。松の木の下から見上げて、ちらちら動く姿や、遙か彼方の梢に止まっている姿ばかりで、昼に撮影しては夜にゴミ箱へポイばかり。

 写友に撮影出来る場所を教わり、チャレンジに行く。まぁ、いつものゴミ箱行き画像の撮影となっても、イスカ見が出来るからいいじゃないと、期待半分で。そう、期待が大き過ぎると失望も大きいから、高望みはしないこと。

 13時少し過ぎに現地へ着く。着くなり目の前を10羽ほどのイスカの群が飛んで横切る。およよ〜、今日は案外いけるかもと、少し期待が膨らむ。しかし、その後は1羽の雄が50メートルほど彼方の梢でしばらく鳴いただけ。撮影したが、またいつものゴミ箱コース。

 それから、延々待つこと2時間以上。15時半を回ったので、今日のところは諦めて、またチャレンジしよう、イスカがいることだけは分かったからと帰えることに。17時までには家に戻らなくっちゃ、腹を空かした婆様と猫がふにゅふにゅ言ってるだろうから。

 レンズを担いで車の近くまで戻ったら、あらまッ!ごちゃごちゃな灌木の中に赤い鳥が1羽いるではないか。レンズを向けてさんざん待った方向とはまるで関係ない灌木に。取り敢えず証拠写真でも撮るかと三脚を立てたところで、目の前をわらわらとイスカの群が通過。おお大変と雪道を滑りながら後を付いて行く。群が何処かへ止まったら、その時が今日のワンチャンス。

 イスカの群はカラマツに止まった。イスカ撮影の定番は松に止まり、松ぼっくりをかじっているところ。何もないカラマツじゃ・・・いやいや、ワンチャンスをもらえたのだから感謝しなければ。気のいいイスカたちが、待ちぼうけじゃ可愛そうだと出てくれたのだろうから。苫小牧以来始めて20mより近い距離に止まったイスカを見た、撮った。ほんの2分間の出会いだった。でも、チャンスをありがとう、イスカ達にいっぱい感謝。

 その後のイスカの飛んだ方向などをしっかり覚え、何となく行動パターンが思い描けた。よし、次は松ぼっくりをかじっている姿にチャレンジしようと、単純な鳥馬鹿君は、ちょっとだけ期待を膨らませた。


イスカ ♂   2014年1月25日

イスカ ♂   2014年1月25日

この画像は 上と同じサイズの画像を大きくトレミングしています。


1月24日 夢は果てなく

仲良し3羽   2014年1月24日  長野県 安曇野市

左から ぴーちゃん のぶちゃん ふくちゃん

 傷病コハクチョウ3羽は、すっかり仲良くなり、いつも連れ立っている。顔を合わせてから3、4日は微妙な距離を保ってたが、すぐに馴染んだようです。最近は、連れだって、遊水池に面した駐車場まで上がって散歩をしています。

 「ふくちゃん」は年上の姉御で体も大きいので、一番活発に遊水池から出歩きます。「ぴーちゃん」は長年のよしみで、後に従う。「のぶちゃん」は、まだこわごわと草地の切れるところまでついて行くが、そこで逡巡している。

 保護されたとき幼鳥だった「のぶちゃん」の性別は不明です。ところが、先日雌と判っている「ふくちゃん」とハートを作りかけたと、世話をしている「白鳥かあさん」が興奮していた。求愛行動の予行演習をしたらしい。どうやら、「のぶちゃん」は男の子らしい。

 コハクチョウが集団で飛び立つときは、鳴き交わしながら、首を縦に振り合う。そして、気合いが揃ったところで一斉に飛び立つ。
 越冬しているコハクたちが飛び立つ前の鳴き交わしを始めると、その声は3羽まで届く。すると、3羽も合わせて首を振る。飛び立てないのだが、飛びたい衝動は十分あるようだ。しかし、もう空へは上がれない。はばたく「のぶちゃん」、元気で何より。飛べなくとも元気が何より。


はばたく「のぶちゃん」   2014年1月24日  長野県 安曇野市

突進するオオバン   2014年1月24日  長野県 安曇野市

 今日の午後の大半をフクロウ捜しに費やした。南風が吹き込んで、急に気温が上がり、春模様の陽気。出かける前から嫌な予感がしていた。春が来たとフクロウ君が勘違いをしなければよいのだが・・・。

 ちょっと留守にしたのか、よそへ移動してしまったのか分からないがフクロウ君はいなかった。婚活にでも出かけたのかしらなどと思ったりしてみたが、ともかく残念。

 ぼたん雪がぽたぽたと降る中で寝ているフクロウ君、頭にちょっと綿帽子をかぶったままで、寝ているフクロウ君・・・撮りたかったひとコマはお預け。またいつの日にかチャンスがあるだろう。

 もしかして、フクロウ君が婚活に成功して伴侶を連れて戻り、2羽が並んでいたら、そして雪が降っていたら・・・夢は果てなく・・・。

 帰りにちょっと白鳥湖へ立ち寄り、コハク3羽をスナップ。そして、弾丸ダッシュで突進するオオバンを2、3コマ撮る。今日はこれだけしか撮れず。
 オオバンが、それこそ死にものぐるいで突っ走ったのは、上空をオオタカが通過したため。先日オナガガモを捕らえたオオタカと同一個体だろう。パニック状態のカモやオオバンの上を、悠然と夕陽を浴びて通過していった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 白鳥との接し方について、最近のローカル紙。あれやこれやの提言?の中で、元東大の有名教授の提案を紹介している。曰く冬水田んぼを作れば、給餌をしなくてよくなる・・・そんな趣旨。でも、ここは安曇野、冷え込みは北海道並み。水田に水を張ったら、スケートリンクになる。凍った水田で白鳥が食べ物を採れるのか、はなはだ疑問。
 実際に、昨シーズン水を張った田んぼが何枚かあった。しかし、しっかり凍り付き、白鳥など1羽も降りていなかった。その田んぼ、今年は水が張られていない。

 さらに、安曇野では大半の水田が厳冬期前に耕されてしまうから、水を入れようが入れまいが、白鳥が落ち穂を拾える状態にはない。それが現実。有名教授はこの状況を知っているのだろうか。記者はこの状況を説明したのだろうか。
 
 そして、冬水田んぼと紹介している写真を使っている。その水田は凍っていないが何月何日に撮影したものなのか?

 さてさて、新聞記事とは・・・記者のねえちゃん、嫌いじゃないけれど、もう少し勉強して、しっかり詰めて欲しいな。

 


1月23日 明日も晴れ

フクロウ  2014年1月23日  長野県 安曇野市
 冬晴れの日が続き、寒いけれども鳥見にはもってこいです。しかし、水鳥以外の鳥が本当に少なくて、ひいこらと探してもくたびれるだけ。どうやら、白鳥写真を撮りなさいという天の啓示なのかも。

 結局、行き着く先はフクロウ君。夕方、鳥見の最後に雑木林へ入り、いたいた、今日も寝ていると、木立や蔓のあいだからのぞき見る。

 相も変わらず、絡み合ったごちゃごちゃな蔓の陰でひっそり。ほぼこの辺にいるはずと知っているから捜し出せるが、ただ通っただけなら、まず、フクロウがいるとは分からないでしょう。実際、1m右でも左でも移動すると、もう木立の陰に姿は隠れてしまう。

 冬季のエゾフクロウは、たいてい大樹の洞に入っている。それで、冬季のエゾフクロウの写真は、木の洞の中で眠っているシーンがほとんど。けれど、内地で見たフクロウはどれも洞に入っていなかった。それは、内地には大樹が少なく大きな洞がないからなのだろうか。

 3カット15コマ撮影して今日の鳥見はお仕舞い。

 明日の天気はどうだろうかと、フクロウ君が空を見上げる。もちろんそんなことはしない。頭上に何か気配を感じたのだろう。でも、私にはそんな様子に見えた。たぶん明日も晴れだよ。




1月21日 もう少し

水浴びをするオシドリ ♂  2014年1月21日  長野県 岡谷市

オシドリ ♂成鳥  岐阜県

 写友のブログを見たら、例の勘違いオシドリ君に銀杏羽らしき羽が出て来たとあった。撮影日は18日。それは、是非見に行かなくちゃ。

 なるほど、三列風切らしい羽がのぞいていた。だが、完璧色男まではもう少し。左が完璧な銀杏羽を付けた成鳥雄。換羽が完了するまで2か月ほどかかるらしいと、このオシドリ君を時々見て教えてもらえた。

 羽ばたく後ろ姿か、飛んでいる姿を撮りたかった。初列風切から三列風切までしっかり見えるはずだから。それで、2時間ほど粘ったが、ついに羽ばたいてくれず。水浴びをした後は、普通は羽ばたくのだが、いきなり陸へ上がって食べ物探しを始めてしまった。また挑戦しなくては。
 ともかく、同一個体を確実に見続けられ、有り難いことです。感謝しなくては。 

 ハヤブサがいて、トビと諍いをした。トビが止まっているハヤブサにちょっかいを出し、ハヤブサも負けじとトビに突撃。それが真上で行われたので、レンズを向けるのが間に合わず。ともかく撮れたのは怒っているハヤブサだけだった。
 

オシドリ ♂  2014年1月21日  長野県 岡谷市

ハヤブサ  2014年1月21日  長野県 岡谷市

 オシドリ君のいるところへ着く前にコハクチョウを撮っていたら、上に書いたブログの主さんが通りかかり、ここまで来て白鳥撮ってるの、と言われてしまった。そうなんです、いつも行く安曇野には500羽もいるのだから。しかし、安曇野では撮れないシーンが諏訪湖の氷上で繰り広げられるから、ここはここで楽しい場所です。

 オシドリ君が羽ばたくのを待つ間、たくさん撮ってしまった。最近ほとんどシャッターを押してなかったので、ストレスが溜まっていたらしい。鳥馬鹿の記録写真から、ちょっとだけ鳥写真屋気分になれた。


スタート  2014年1月21日  長野県 岡谷市

スタートダッシュ  2014年1月21日  長野県 岡谷市


1月19日 青い鳥を探して

ルリビタキ ♀  2014年1月19日  長野県 松本市

 青い鳥を探して、山道・雪道をてこてこと。登りは息切れ、下りは膝かっくん・・・情けない体になってしまった。

 幸せ探しをしているのではないが、青い鳥に会えたら、幸せ気分になれるから、撮影出来たら、やっほ〜〜な気分になれるから・・・てこてこ歩き回った。

 雪の中の雄を撮りたい、それも青くて綺麗な雄を。実は、久しく真冬に成鳥雄と出会っていない。そろそろ出くわしてもいい頃なのだがと思いながら・・・てこてこ。

 若い雄は、とくに昨夏生まれの雄は雌とほとんど同じ色の羽衣をしている。肩(翼角)が少し青いので識別可能だが、それは、近くでよく見えればの話。遠くで移動していたり、飛んでいるときには、私の眼力ではとても識別出来ない。

 画像の個体は、尾羽の青い部分がまだ成鳥雌の半分ほど。そして、翼角には青い色が見られなかったから、取り敢えず若い雌だろうと考えています。今日出会えたのは、こんな色の個体ばかりで、本当にくたびれた。若者が多いのは喜ばしいことではあるが。

 幸せは歩いて来ないから、てこてこ・・・。しかし、2時間も歩いたが、青い鳥に出会えなかった。幸せは宙に浮いたまま。

 (突然話が変わります。)

 日本では、種フクロウは4亜種に分類されている。ちょっとましな図鑑を見れば書いてあります。北海道に亜種エゾフクロウ、本州北部に亜種フクロウ、本州中・北部に亜種モミヤマフクロウ。本州中・南部、四国、九州に亜種キュウシュウフクロウが分布する。ある図鑑には県名まで記して分布を紹介している。

 これまで見た、亜種エゾフクロウと亜種キュウシュウフクロウは私でも違いが分かった。しかし、亜種フクロウと亜種モミヤマフクロウについては、私は識別出来ない。たとえば、世界中のフクロウを集めて公開している朝霧高原の「富士国際花園」で、種フクロウとにらめっこしたが分からなかった。

 この雑記で鳥名を書くときは基本的には亜種名で書いている。ダイサギではなく、チュウダイサギ、オオダイサギのように。
 しかし、最近登場している「フクロウ君」が亜種フクロウなのか亜種モミヤマフクロウなのか識別出来ないので、単にフクロウと「種」で書いています。諸々文献やらネットやらを漁ってみると、「フクロウ君」は亜種モミヤマフクロウではないかと考えていますが。

 「フクロウ君」について、どちらでしょうかという問には、上のような、情けない事情で、明快な結論は出せません。
 


1月18日 お休み日

ジョウビタキ ♀  2014年1月18日  長野県 安曇野市

 始めに訂正記事です。

 16日に常念岳他3山の名前を書きましたが、間違えましたので訂正します。写友に指摘を受けるまで、というより、生まれてこの方ずっと横通岳を東大天井岳だと覚えていましたので。
 ときどき、こんな思いこみ間違いをしていて、雑記に間違ったことを書いている恐れが、たぶんあると思います。皆様のお知恵でカバーして下さいませ。

 鳥見を始めたら、いきなり国交省と出会ってしまった。今日は、あかん!と14時頃から諦めムード。
 国交省の河川パトロール車が犀川の両岸を巡回している。別に恨み辛みはないが、なぜかあの橙色の車と出会うと、それ以後鳥さんとの出会いがぱったり無くなってしまう。 ジンクスという奴。
 占いだとかジンクスだとかは信じない人間だけれど、なんども同じ目に遭うと、統計学的に理解してしまう。

 ジンクスは越えればいいけれど、今日も撮影可能な鳥さんとの出会いは、上のジョウビタキの雌1羽といつものフクロウ君だけだった。やれやれの午後。今日は鳥見のお休み日。

 左は、ちょっと戯れの画像。昼間なのに夜のムードでフクロウ君を撮ってみた。これで白い部分に青白い色でも付ければ、満月の下で撮ったと見えなくもない。もっとも、目の肥えた方が見れば嘘八百と見破るでしょうが。

 フクロウ君、今日は目を細く開けてしっかりこちらを見ていた。またうるさい奴が来たよと思っていただろう。でも、私の巡回コースの横にいたから、目に付いてしまう。
 今日は邪魔な小枝などが前にない素通しの場所に止まっていた。ちょっとだけサービスしてくれたのかも・・・と、かってによい方に考えて、感謝。今度は背景もすっきりした場所にいて欲しいのだが。

 

フクロウ  2014年1月18日  長野県 安曇野市


1月17日 冬の斜光

ベニマシコ ♀?  2014年1月17日  長野県 安曇野市

ベニマシコ ♀?  2014年1月17日  長野県 安曇野市

フクロウ  2014年1月17日  長野県 安曇野市
 コハクチョウが520羽ほどになり、賑やかになりました。コハクは白鳥湖と御宝田池に別れて生活している。しかし、中には、白鳥湖から御宝田池へ引っ越す家族がいたり、その逆のケースもある。白鳥湖で給餌を受けてから御宝田池へ戻り夜を過ごす群もいる。ということで、マガンの幼鳥を含む家族は長く白鳥湖にいたが、今日は御宝田池へ移動していた。
 昨日いなくなったと書いたオオヒシクイの幼鳥も午後に御宝田池にいたそうです。しばらくはマガンとオオヒシクイが同時に見られそうです。

 午後からしか出かけられないので、朝焼けや朝霧などとは、ずいぶん長く会っていない。代わりに午後の光には度々出会えるから、なんとか日暮れ一歩手前の斜光の中で鳥さんを撮りたい、そんな想いをいつも温めているが、鳥さんが上手いこと逆光の中へ現れないので歯痒いばかり。黄金色の光の中で羽ばたく姿を撮れたら最高なのだが・・・。

 雑木林を回って鳥さんを探す。水辺でカモがわさわさといるのに、冬枯れの林は静まり返っている。毎度のことだが。それでも、決まったコースをゆっくり移動。今日はシメかシロハラに会いたかったが、2種ともいなかった。
 それでも運良く、ベニマシコ5羽の群と出会えた。相変わらず地面へ降りて、枯れ草やノイバラの茂みをくぐり、食べ物を探していたので待つことに。待てば、撮影可能な枝や茂みの上へひょいと出て止まると知っているから。しかも今日は、上手いこと逆光側にベニマはいた。

 今日もフクロウの横を通った。フクロウ君、相変わらず居眠り中。出会った頃はシャッター音に目を細く開けたり、顔をこちらへ向けたりしたが、今日は少しも動かず、目も開けずだった。それでも、うるさい奴がまた来たと思っていただろう。今日も、枝かぶり状態の場所にいたので、縦横それぞれ10コマほど撮ってお仕舞い。いつか、手前がすっきりした場所で撮らせてもらおう。

 冬の斜光は柔らかくていい。ただ、すぐに日暮れてしまうのが悔しい。

ジョウビタキ ♂  2014年1月17日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♂  2014年1月17日  長野県 安曇野市

シジュウカラ  2014年1月17日  長野県 安曇野市


1月16日 今日は快晴

今日は快晴  2014年1月16日  長野県 松本市

 今日は快晴。久しぶりに雲ひとつ無いと言う表現がぴったりの快晴。こんなにすっきりした山の姿を見られるのは、週に1度あるかないかです。我が家付近から見える北アルプスの一部。ちなみに槍ヶ岳や穂高岳は前山の陰で見ないし、もっと真っ白な鹿島槍ヶ岳や白馬三山は遠くて小さくしか見えないので、北アルプスの山と言えばこの常念岳が一番目に付き、記憶に残る山です。

 @ 常念岳   2857m
 A 横通岳   2767m
 B 東天井岳  2814m
 
 下は犀川。犀川白鳥湖、犀川ダム湖などいろいろ別称はあるが、間違いなく「川」である。私のカモ勉強のフィールド。

 C この蛇篭の堤防の上から鳥見をする。
 D こちら側の水辺にカモが並ぶと見やすい
 E 小さな中州。ここが一番観やすいポイント
    ややこしいカモは、ほとんどここにいるときに撮影する
 F 褐色の木はヤナギ。
    昔はこの D や F など中州が無く、すべて水面
    「湖」と言えるほど水面は広かった。

 (※ 上記緑色の山の名前は1月18日に訂正)

 

犀川風景  2014年1月16日  長野県 安曇野市

 と、快晴の景色の話をすると言うことは、さしたる鳥見の話題がないということ・・・ですが、最後にちょっと出来事が。

 今日も、ずっと C の左側、吹きさらしの堤防の上で、ちょっとややこしいマガモとその連れ合いが現れるのを待っていた。気温は2、3度程度か。

 ちょっとややこし君は、たいてい C の葦の陰にいる。つがいで、20羽ほどのマガモとそこにいる。そこにいると、憎いことに葦の陰で堤防の上からは見えない。何かのはずみで、D か E へ移動することがある。例えばこの蛇篭の石の間で生活しているイタチが顔を出すと、一斉に流れへ飛び出すのだが。そんなことはほとんど起きない。その起きないことを辛抱強く?待っているから「馬鹿」なのだが。今日もぜんぜん現れず・・・暇して終わった。

 その暇している間にも、いろいろ起こるから、「鳥馬鹿」をやめられないのだが。突然、上空からコハクが15、6羽降りて来た。快晴の青空に白い姿が眩しかった。かなり高い空から降りて来たので、遠くから飛来した小群だと思う。

 

コハクチョウ  2014年1月16日  長野県 安曇野市

ミコアイサ 幼鳥  2014年1月16日  長野県 安曇野市

 目の前を何か通れば、それなりに観たり、撮ったりはしている。なにせ、不要な画像はクリックひとつで消せばいいから。デジタルは便利です。毎日、シャッターは押している。ともかく、雑記のネタを撮らねばならないし。

 このミコアイサは12月からいて、いつも一羽単独で行動している。目の回りや目先が黒くないから、たぶん雌の幼鳥だろうと思いながら見ている。雄なら、時期的にもう少し雄らしい、白い羽毛が見え始めるはずだからとも考えながら。

 このところ、川の下流の方に成鳥雄3羽と雌2羽が滞在しているが、そのグループに全く加わらず、最近は上の画像の E の中州付近でカモや白鳥に混じって生活している。

 目先が黒い羽毛に換わり、女の子からお姉さんにいつ変わるか、ひょっとして、男の子に変身してしまうのかがこの子に関する関心事。

 皆さんから聞くに、オオヒシクイは今日はもう安曇野にはいなくなったらしい。少なくとも白鳥湖にはいなくなった。やはり、迷子が立ち寄っただけだったのだろう。

 勘違いマガンの幼鳥、ビデオで撮りたいほど面白いことをする。コハクが鳴き声を上げ、なにかしらの会話をすると、マガンもいっしょに首を振って鳴く。声が全然違うのに、会話に加わっているつもりになっていると見えてしまう。


マガン 幼鳥  2014年1月16日  長野県 安曇野市

オオタカ  2014年1月16日  長野県 安曇野市

a は幼鳥  b はオナガガモを捕らえた成鳥

 オオタカもカモの行動をしっかり学習している。以下はその話です。猛禽好きではないので、あまり集中してオオタカを観ていないが、それでも目の前でいろいろとしてくれるので、ついつい・・・。

 今日も、いつも通りカモの群の上を高速で飛び、カモをパニック状態にすること数回。上の E にいるマガモなど一斉に流れへ飛び出す。実は、その時に、寝ているマガモも一斉に飛び出し、首を揚げて流れに浮かぶので、ややこしい個体がいると発見出来る。最近目的のちょっとややこし君も見つけられることがある。好きではないが、オオタカ君に少しは感謝している。

 ところが、上の C にいるマガモは、オオタカの飛来にも動こうとしない。こちら側にいれば安全とでも認識しているのだろうか。それで、今日もちょっとややこし君を見られず仕舞い。

 早朝と15時30分過ぎに、コハクチョウに給餌がされる。すると、犀川本流や遊水池にたむろしているオナガガモやカルガモ・マガモ・キンクロハジロなどが、数波に別れるが、集団で飛び立ち給餌場へ飛んで行く。オオタカは、ほぼ毎日、その給餌場で右往左往するカモを狙う。昼間カモの上を飛び回っても、本気モードではないとさえ見えるから、おそらく、給餌場で狙うことをしっかり学習しているのだろう。今日の夕方は給餌場での捕獲に失敗した。

 そして今日、さらに学習していると思える場面に出会った。カモが遊水池から飛び立つ瞬間を知っているのだろう。給餌場で失敗した成鳥は、すぐさま転進、大回りをして川を横切り、雑木林を抜けて遊水池へ、一気に突入。給餌場へ向かって飛び立つ瞬間の、第3波目のカモの群へ突入、捕獲に成功した。雑木林にいた幼鳥も、成鳥の後から突入したが、こちらは失敗。幼鳥はただいま諸々を勉強中なのだろう。

 夕暮れ時の、しかも日陰での出来事。画像としては、色も出ないお粗末限りないものだが、面白い話題のために使います。上の画像、幼鳥は捕獲に失敗し、成鳥(たぶん親鳥と思う)をうらめしそうに、物欲しそうに眺めていた。しかし、成鳥は幼鳥を無視。獲物が逃げないよう翼を広げてカバー。これはよくする行動だが、ついでに幼鳥に背を向け、お前にはやらないと意思表示をしているかに見えた。

 下は、幼鳥が諦めて飛び去ったので、まだもがいているオナガガモを引きずり揚げているところ。食う者と食われる者、これが自然の営みとは言え、やはり食われる方に同情してしまう。しかし、よく学習しているオオタカ君に感心した。

 暇していても、目的が果たせなくても、何かしら起こるので、鳥見はやめられません・・・これが今日の結論、いつもと同じ結論。



1月15日 お客様

オオヒシクイ 幼鳥  2014年1月15日  長野県 安曇野市

 コハクチョウが2日間で一気に倍増し、450羽ほどになりました。その新しく飛来したコハクにオオヒシクイの幼鳥が付いて来た。どうやら迷子らしい。例の勘違いマガンの幼鳥は、特定のコハクチョウの後を相変わらずついて回っている。しかし、オオヒシクイの幼鳥は1時間ほど見た限りでは、特定のコハクチョウの後を追っていなかった。おそらく、短期の滞在で何処かへ飛び去ると思う。

 ともかく、お客様いらっしゃいです。ややこしい鳥さんではないが、安曇野ではオオヒシクイがひとシーズンに2、3羽も飛来すれば、それなりのニュースですから。退屈がちょっとだけ解消しました。サカツラガンやメジロガモほどビックなニュースではないですが、遙々おいでのお客様に感謝。

 16時35分頃、数羽のコハクチョウと共に北へ向かって飛び立った。たぶん、コハクチョウは御宝田池へ降りるだろうから、オオヒシクイも共に降りて、今夜はそこで過ごすだろう。

 今日の午後は、白鳥湖でずっとマガモを見ていた。何度か雑記に登場した、嘴の黒い斑が人間の顔に見える、ちょっとややこしいマガモを。オオヒシクイはその合間に撮影した画像です。

 問題のちょっとややこしい個体は、これまでは遠くてよく見えないマガモの群の中にいたので、いると確認出来るだけだった。ところが、コハクの他にカモも増え、たぶんマガモも増えて、コハクと一緒に近くへ来るようになり、間近で観られるようになった。

 今日は写真が撮れなかったので、また後日に挑戦するが、見ていた限りではずっと1羽の雌と行動を共にしている。その雌は、嘴の黒斑から、以前見たときに共に行動していた雌と同じ個体に見えた。前にも書いたが、行動を見ている限り、ちょっとややこしマガモ君は雄と思える。

 

1月13日 やはり寝てました

フクロウ  2014年1月13日  長野県 安曇野市

 松本盆地で暮らしていて、小寒が二十四節気中で、この地の気候と一番ぴったり感があると思う。小寒に入った途端に、最低気温がマイナス5度を下回り、最高気温も5度が相場。御宝田池が凍ったりする。今日も北風の中に立っていたら、鼻が霜焼けになりそうな寒さ。ともかく、寒い毎日。

 小寒に入ると、今季はカモの数が少ない、コガモが例年の半分もいない・・・などとぼやいていた12月が嘘のよう。カモが日に日に増えて、私が回るフィールド内だけでもカモの総数は2600〜2700羽。ちゃんと埋め合わせがされて、例年並みになった。



 ともかくカモ見にひと回り。ややこしいカモは見つけられなかったが、トモエガモが複数到着していた。オオタカが出現し、寝ていたカモがパニックに。撮影して数えたら、画像の中にトモエが9羽写っていた(下の画像の丸印)。これまで、トモエをほとんど見かけなかったから、カモが増えたひとつの証し。

 自分がマガンだと認識出来ないままでいる幼鳥君、相変わらずコハクチョウにべったり。そろそろ嘴の基底部が白くなってもいいころだと、お節介な鳥馬鹿は思うのだが、飛来当時とほとんど変わっていない。換羽も進んでいるとは見えない。マガンが換羽するにはだいぶ時間がかかるのだろう。

 フクロウ君、やはり寝てました。相変わらずごちゃごちゃな林の中。木々の間にのぞき穴を見つけ、そっと車から出て撮影を始めたら、しっかり気配を感じ取ったのだろう、こちらに顔を向けた。両の耳でしっかりシャッター音を聞き分け、うるさい奴がまた来たとでも思っているのだろう。そんな想像をしながら20コマほど撮った。

 大きな枝振りのいい樹が何本もあるから、出来たら大樹のすっきりした枝にも止まって欲しいのだが。昼間にぼたん雪が木々にも雪が積もるくらい降ったら、その時はもちょっとましな絵を撮るために接近戦をするから、よろしく・・・フクロウ君にいろいろな注文を念波で送っておきました。

 


1月11日 寒いですね

凍った諏訪湖 コハクチョウ  2014年1月11日  長野県 岡谷市

 今まさに二十四節気の小寒。冷え込みがきつく、寒いですね。それでも慣れとはたいしたものです。寒さに慣れたので、気温が5度にも満たない環境でも普通に鳥見をしています。

 毎日フクロウ君の邪魔をしてはいけないので、今日はオシドリであることを忘れかけているオシドリ君のその後を見物に出かけた。連日の冷え込みで、諏訪湖も凍ってしまい、わずかに残った水面で、カモたちがわやわや。

 通りがかりにコハクをスナップ。氷上のコハクを撮るなら、御宝田池などより、諏訪湖の方が断然いい。日の出前に行けたらきっといい写真が撮れるでしょう。午後撮れるのは青いだけの写真。雪でも降っていなければ平凡に尽きる。とか言いながらも、撮影しているのだから、まぁ、何をかいわんやです。


飛び立つ コハクチョウ  2014年1月11日  長野県 岡谷市

 オシドリ君が飛ぶのを待つ間、ややこしいカモがいないか探すが、見つからず。何かの交雑個体でもいいのにと思っているが、今季はまだ1羽も見つけていないので、手持ちぶさたというか、退屈というか・・・。

 パン食いミコアイサの「ミコ太郎」君は、もう1羽雄がいたのでどちらがそうなのか見分けられず。目の前を悠然と通った方が「ミコ太郎」だろうと決めてスナップ。

 ミコアイサは氷の下へ潜り込んで魚を追っている。氷の下からちゃんと水面へ戻るからたいしたものです。それでも、しばらく出て来ないと、大丈夫かしらと心配になってしまう。


ミコアイサ ♀  2014年1月11日  長野県 岡谷市

ミコアイサ ♂  2014年1月11日  長野県 岡谷市

オシドリ ♂  2014年1月11日  長野県 岡谷市

 オシドリ君は、ほぼ換羽を終え、いっちょ前の色男になっていました。頭部はほぼ換羽終了、残るは上尾筒と三列風切。三列風切の一番内側の1枚が、いわゆる銀杏羽根という特徴のある羽なのだが、飛ぶ後ろ姿を見る限り、三列風切はまだ生えていない。
 12月の始めに換羽が始まり、40日ほどで9分9厘換羽が終了するところまで見せてもらった。オシドリ君に感謝。
 人間が投げるパンを食べることを学習してしまったオシドリ君が、早くまっとうなオシドリに戻れるようにと思います。



1月10日 今日も眠ってました

ベニマシコ ♂  2014年1月10日  長野県 安曇野市

フクロウ  2014年1月10日  長野県 安曇野市

 「上雪」だったので、我が家の周りには雪がたくさん残っていたが、いつもの雑木林にはほとんど雪がなかった。思う時間帯に出かけられれば、雪降りの中での撮影が出来たろうが。まぁ、贅沢は先の日のために取っておこう。

 フクロウ君、土産物屋などで「不苦労」などと書かれ、グッツが売られている。苦労しないという意味だとのこと。しかし、このフクロウ君はたぶん苦労すると思う。不幸にして鳥馬鹿に見つかってしまい、1日おきに大きな目玉を向けられるから。

 雪が降ったからか、それとも何事かあったのか、今日は違う場所にいた。見つけたときには、顔は向こう向きだった。たぶん眠っていたと思う。50mほど離れた場所から雑木林へ入り、柔らかい草の上を伝い、音がしないよう気を配りながら近づいたが、さすがフクロウ君、かすかな足音を聞きつけたらしい。目は開けなかったが顔だけくるりとこちらに向けた。たぶん聞き耳を立てていたと想像する。

 今日で4度目の対面。いつも寝ているが、私の出す音で細くまぶたを開ける。フクロウに右利き、左利きがあるのか分からないが、もしあるとすればこのフクロウ君は右利きだろうと、勝手に想像する。先に右目を半分開き、左目は細くかすかにまぶたを開けるだけだから。

 右目だけを大きく見開いてくれたら、ウインクしていると見える楽しい写真が撮れるのに。今日も目を開けたので、睡眠妨害をしたので、そのまま後ずさってバイバイ。次はもっとすっきりした場所で寝ていて欲しいものだ。

 灌木の茂みの横まで後ずさったら、いきなりベニマシコが鳴いて、珍しく灌木の上へ出た。この雑木林で、ベニマシコはほとんど低い灌木の中、たとえばノイバラの茂みの中にいる。それも地面で雑草の種子などを食べているから、声はすれども姿は見えずの状態。久しぶりに赤い顔が見られたので記念撮影。人手の入っていない雑木林なので、すっきりした画像は望めず、悔しいけれど記念撮影ばかり。

 今季初顔のシロハラもいた。高木の梢付近に絡まっているツルウメモドキの残り少ない実を食べていた。こちらは記念撮影も出来ず、明日以降のお楽しみが1羽増えてよかったとしておこう。フクロウがずっといるとは思えないから、お楽しみが増えてなによりの雑木林。



1月8日 二度あることは

コハクチョウ  2014年1月8日  長野県 安曇野市

コゲラ  2014年1月8日  長野県 安曇野市

コゲラ  2014年1月8日  長野県 安曇野市

フクロウ  2014年1月8日  長野県 安曇野市
 
 午後は小雨だった。小雨程度なら鳥の撮影は可能だし、もちろん見るだけならもっと可能だし、人出もないだろうから好都合。で、お出かけ。鳥見日和とは言えなかったが。

 コハクチョウが約220羽に増え、水田へ出かける家族が現れた。よその飛来地ではこれが普通の状態なのだが、ここでは河原で雑草を食べていたり、給餌に頼っている個体が多く、水田へ出かける個体は少ない。もっとも、この地では、稲を刈り取ったままの状態の水田は少なく、ほとんどは機械を入れて耕してしまうので、落ち穂を食べることが出来ないから、白鳥が行かないのも当然なのだが。

 今季初の水田コハクチョウを見て嬉しくなった。飛来数は少なくてもいいから、自活組が越冬して欲しいものだ。

 期待半分で雑木林へ。まずはコゲラ君のアクロバットな虫探しを見物。虫を捕らえたか肉眼では見られないので、カメラの力を借りてと考え、バシャバシャ撮影した。ディスプレーで確認するが、嘴を枯れ枝の中へ突き刺している瞬間しか撮れなかった。嘴を枝から抜いた画像もあるが、虫をくわえていない。アオゲラやアカゲラだと虫を木から引き出す瞬間が撮れ、虫も写っているのだが、コゲラのそのような画像が撮れたことがない。今日もだめだった。いつか撮れるだろうと、夢を残しておくことに。

 いるかいないか、期待半分だったフクロウ君、思わず、むフフフ・・・。二度あることは三度あるの例え通り、フクロウ君はよほどこの場所が気に入っているのだろう、同じ枝に今日もいた。ごちゃごちゃな雑木林の中、のぞき見ることの出来る「穴」はたった2個。

 今日も目を閉じて居眠り中と思いきや、薄目でこちらを見ていたのだろう、うるさい奴がまた来たと横を向いてしまった。久しぶりに3日もフクロウに出会え、しかも同じ個体に出会え幸せです。
 
 雨は20時過ぎに雪へと変わった。しかも本格的な降りに。フクロウはどうしているだろう。あの枝で雪をかぶって寝ているとも思えないが。近くに大きな杉の木もあるから、杉の枝陰にでも避難していればいいのだが。


1月7日 あれッ!まぁ!

凍った御宝田池  2014年1月7日  長野県 安曇野市

凍った御宝田池とコハクチョウ  2014年1月7日  長野県 安曇野市

コハクチョウ  2014年1月7日  長野県 安曇野市
 昨日、今日と冷え込みました。気象庁の公式数字はさておき、我が家の付近では最低気温が−10度ほどでした。犀川の上流、我が家の近くを流れる奈良井川も川面が凍結、白くなりました。久しぶりに凍った奈良井川を見ました。

 犀川白鳥湖は水量が多く、流れも速いので凍結しませんが、溜め池の御宝田池は連日凍結し、NHKのローカルニュースで氷の上を歩くカモの映像が流れました。

  氷の上を歩くカモやコハクチョウは毎シーズン見ているので、私にはそう珍しい光景ではない。だが、昼に、安曇野ライブカメラ:で確認すると、まだほとんど氷が融けていなかったので、。ではではと氷の上のコハクチョウを見物に出かける。

 コハクチョウの他にカモもいるので、いつものように端から見るが、ごくごく普通種ばかり。コガモが100羽ほどいるので、特に念入りに見る。もしやトモエガモの雌が混じっていないか・・・アメリカコガモはいないか、アメリカコガモとコガモの交雑固体は・・・しかし、残念、まっとうなコガモだけ。

 やれやれ、退屈な日々が続くと思いながら、もたもた歩くオナガガモなどを見ていたら、緑色の鳥が氷の上へ降りて水を飲み始めた。なんと、この場所でも、この時期にも珍しいアオバト。こんな時に限って超望遠レンズをセットしていなかった。70−200mmでは撮ってもゴミにしか写らない。大急ぎで車から長玉を出して、カメラを付け替え・・・そこでアオバトは飛んでいきました。う〜〜残念の午後でした。

コハクチョウ  2014年1月7日  長野県 安曇野市

オオバン  2014年1月7日  長野県 安曇野市

フクロウ  2014年1月7日  長野県 安曇野市

 40分ほど氷の上の鳥を見て、移動。アオバトの飛んだ林へ行くが影も形も無し。地面へ降りていれば見つけられるはずもないし。

 次はコチョウゲンボウのいた水田へ。コチョウゲンボウ君はあれ以来姿を見せず。今日も見当たらず。スズメの群を確認して、することが無くなってしまった。

 15時30分、まだ帰るにはちょっと早い。素通りでもいいからと、フクロウのいた雑木林へ。ツグミが3羽いるだけで相変わらず静かな林状態は変わらず。鳥さんがいないという記録も、記録としては大切なので、チェックはしなければ・・・。

 車が、一昨日フクロウがいた場所へさしかかる。ここにフクロウがいたけれどと思い出しながら見ると、あれッ!まぁ!フクロウが同じ枝に止まっている。なんとも驚きの再会。なんの変哲もない、それこそ雑然とした雑木林、しかも何の特徴もない枝。ここをフクロウ君は気に入ったのだろうか。

 一昨日と少し違う角度からのぞき見するが、やはり前かぶりを避けられない。10コマほど撮って今日はさよならした。
 「探す」から「捜す」になるかもしれない、通りすがりではなくなるかも知れないフクロウ君。鳥馬鹿はしつこいからそのつもりで付き合ってくださいな。

 


1月5日 ハッと驚く

フクロウ  2014年1月5日  長野県 安曇野市

 鳥さんが少ないとぼやきながら、それでも雑木林の中を回る。猟犬の訓練、山芋堀り、ジムニー(軽の四輪駆動車)乗り回し、戦闘ごっこ・・・いろいろに使われる雑木林だが、一番繁く歩き回るのは私かも。

 今日出会った鳥さんは、シジュウカラの30羽ほどの群、アカゲラ2羽、コゲラ3羽、カワラヒワ20羽ほどの群、カシラダカ5羽、アオジ♀1羽、ツグミ10羽ほど、モズ♂1羽ジョウビタキ♂♀1羽ずつ。そしてオオタカ成鳥1羽、ノスリ成鳥1羽。

 1時間半かけてゆっくり回ると、そこそこの数の鳥さんと出会う。昨日カシラダカがいなくなったと書いたが、義理堅いカシラダカ君がわざわざブッシュの中から出て来て、ほらほらいるよ・・・。

 いつもいるはずのベニマシコとアオゲラが、今日は見つからなかった。15時を回り、日もかげったので、さて帰ろうかと思い、林の中の道をゆっくりと車で移動。結局、鳥見は出来たが、撮影はひとコマも出来ず。レンズを担いで歩き回っただけ。今日の雑記はお休みだなと考えながら。

 車で移動しながらも一応周囲を見回す。凸凹で四駆でなければ走行困難な林の中の一本道、前方の水溜まりでツグミ3羽が水を飲んでいた。一時停車、双眼鏡で確認。ふむふむ、ただツグミだけか。今季はハチジョウは現れないか・・・。ツグミが飛んでしまったので再スタート。

 再び林を見ながら進もうと右を見たら、白い固まりが。ハッと驚く、フクロウがいた!蔓などでごちゃごちゃの林、業界用語で言えば蔓が「前かぶり」で写真には不向きな状態だが、贅沢は言わず、ありがたく記念撮影。通りすがりのフクロウ君に感謝。

 さて、そ〜っと移動して、前かぶりの起きない隙間を探そうと、レンズを車内にしまい込んだところへ、ジムニーが1台、大きな音を立ててかっとんで来た。

 ちゃんちゃん!これで今日のフクロウ君との出会いはお仕舞い。フクロウ君は木々の間を縫って飛び去り、見えなくなってしまった。

 


1月4日 参った、参った

オオタカ 幼鳥  2014年1月4日  長野県 安曇野市

 フィールドの鳥が少なくて、参った、参ったの毎日。コハクチョウもまだ120羽ほどで、撮影意欲の湧く風景の中へ現れてくれず。昨年の今日は700羽ほどいたのだから、その差は歴然。

 カシラダカもいなくなり、ジョウビタキもたまに出会うだけ。ツグミも10羽ほど。カラ類は10羽ほどのエナガの群とたまに出会うだけ。 

 カモはそれなりの数がいるけれど、ややこしいカモには出会えず。コチョウゲンも暮れ以来姿を見かけず。暇というか、退屈というか。ついにオオタカの幼鳥君に雑記帳を手伝ってもらう羽目に。

 幼鳥君胸から腹の縦縞はまだ消えないが、褐色の地がだいぶ白くなった。カモの群の上を飛んでパニックを起こしているが、狩りに成功したところを見たことがない。生きているから、どこかで食べているのだろうが。

 今日は、遠くを飛んだオオタカの幼鳥しか撮れず、参った、参った。1月は、だいたいこんなものと思うしかない。2月になればと期待するしかない。



1月2日 写真は難しい

マガモ ♂  2014年1月2日  長野県 安曇野市

 15時過ぎ、久しぶりに西の山並を覆う雲がとれて、斜陽が流れて来た。撮りたいイメージがあり、斜陽が来るとチャレンジしているが、これがことのほか難しい。たとえば、もっと水と光が乱舞している瞬間を撮りたいのだが。もちろん、逆光で、メインの役者は鳥さんで。

 上の画像はかなりイメージに近付いているが、まだまだ。下の画像になるとただの逆光写真。だからなんなのさの平凡な画像と自分でも思う。写真は難しいと毎回痛感する。

 ピントはピン、写りはパッ・・・昨日のマガンのような画像もいいけれど、この程度の画像なら世間に溢れかえっているから、それなりの画像以上の評価は自分でも付けられない。つまり、写真のリアルさとか、記録性とか・・・そんなものは吹っ飛ばして、撮ろうとしているのでして。常識外れなことをしているのでして。

 斜陽が流れ込み、カモが飛び立つ瞬間、この条件が揃うのは15分ほどの間だけ。しかも、条件は週1回ほどしか揃わない。それでも1枚だけでいいから、イメージの写真が撮りたいとあがく・・・チャレンジしていれば、まぁ、そのうち何とかなるでしょう。


マガモ ♂  2014年1月2日  長野県 安曇野市

マガモ ♀  2014年1月2日  長野県 安曇野市

オナガガモ ♂  2014年1月2日  長野県 安曇野市


1月1日 ことしも

 皆様よいお年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 暮れから何事もなく、お出かけもなしで家に籠もり、のんびり、ぼんやりの2日間、そしてお正月が来ました。2日間もお籠もりしていると、焦れてきます。根っから外が好きですから。

 ことしも、フィールドを回り、相も変わらず鳥馬鹿をするつもりです。相も変わらぬ雑記が続くと思いますが、お付き合いのほどお願い申し上げます。

  

 家に来たときは、手のひらに載るくらい小さかった「あけび」ですが、いまや娘17・18の大きさになったのでしょう。借りて来た猫状態ならいいのですが、毎日辺り構わず走り回り、カーテンを登り降りする元気者です。

 上はよい子にしていると見えますが、実は虎視眈々とキーボードを打つ私の手を狙っているのでして。
 パソコンを始めると、必ず参加するのが日課です。おとなしくディスプレーの前に座っているだけなら、かわいこちゃんなのですが、キーを打ってくれるは、画面に飛びつくはで、いやはや。

 女房が帰省して言うには、隣家の猫は20歳まで生きたと。自分の歳を思い浮かべ20を加えてみる。さて、「あけび」私とどちらが長生き出来るのか・・・う〜むである。

 

 なんだかんだはさておいて、結局午後に脱走。元旦だろうが、正月だろうが鳥見に出かける、それが鳥見人魂。鳥馬鹿と言いたいけれど、写友が数人レンズを並べていたので、皆さんを馬鹿呼ばわりは出来ませんから、鳥見人魂と言うことで。

 コハクチョウの飛来数は依然100羽ほど、それで白鳥よりも見物人の方が断然多い白鳥湖でした。

 下は例のマガンの幼鳥、動物行動学のいう刷り込みの典型例だろう。マガンの幼鳥はこのコハクチョウを親鳥だと認識していると考えられる。後になり先になりするがいつもこのコハクにべったり。コハクチョウは嘴の黄色い部分で個体識別が出来るので、このコハクは特定可能です。

 今日は白鳥湖見物で終わり。白鳥湖へややこしいカモが来ていないので、ここでは退屈は続行中です。せめて、ヒドリガモとアメリカヒドリの交雑個体の1羽でも来ると楽しいのですが。
 

ややこしい関係 マガン 幼鳥 と コハクチョウ   2014年1月1日  長野県 安曇野市

マガン 幼鳥   2014年1月1日  長野県 安曇野市




 与那国で、もちろん内地でもたくさんお世話になった真木広造さんの 「日本の野鳥590」の後続版が、ついに、平凡社から出版の運びになりました。
  12月25日予定、もちろん、改訂版ではなく新刊です。

  ※ 12月25日予定は2月10日に変更になりました。

 いつも持ち歩いている「日本の野鳥590 初版第1刷」はすでにぼろぼろ。たくさん持っている図鑑類の中で、一番写真が鮮明・美麗。解説が一番正確かつ詳細なので、分からないことは、まず「590」を読んでいます。
 与那国で私が真木さんと並んで撮影した鳥の写真もたぶん載っているだろうなと想像しながら、予約をしました。

 予約は真木さんのHPから出来ます。噂によると、真木さんに予約するとサイン入りとか。

 予約はこのメールで
michinoku@ymail.plala.or.jp

 真木さんのHP 「みちのく映像社」は
http://www5.plala.or.jp/hirozo/

 平凡社のサイトはhttp://heibonshatoday.blogspot.jp/2013/10/650.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 内容は 出版元のHPを引用すると

■新しい分類体系を採用し、『日本鳥類目録 改訂第7版』(日本鳥学会)に準拠

■すべての写真は真木広造氏一人の撮影によるもの。『日本の野鳥590』以来13年、さらに新しい写真を撮り続けて完成した、前人未到の写真図鑑

■形態や識別のポイント、分類の新知見も織り込んだ的確な解説。種ごとの分布図も掲載

■巻末には便利な鳥類一覧(和名、学名、英名、中国語名、ハングル名)を掲載

■環境省レッドリストのカテゴリー、国の天然記念物指定も付記
厳選した美しい写真が満載で、写真集としても楽しめます。
初心者からプロまで、すべてのバードウォッチャー必携の図鑑です。


12月分 ホームヘ 2月分