私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


1月分 ホームヘ 3月分

2月28日 春がいた

ビンズイ  2014年2月28日  長野県 安曇野市

 ひと雨来て、だいぶ雪が融けた。それに空気が暖かくなった。しかし、雑木林はまだ冬枯れの姿のまま。下草のショウブの新芽が顔を出し、春の走りは見え始めているが、大雪でフクロウ君は何処かへ行ってしまったし、10羽以上いたベニマシコも消えてしまった。今日は、証拠写真を撮るので精一杯、たかがの鳥2種で2時間を使ってしまった。

 ビンズイもミヤマホオジロも「春告げ鳥」ではない。一般的には冬鳥だが、私のフィールドにしている雑木林では、2種とも越冬していない。食べ物がないからだろう。しかし、初冬と春先に、渡り途中の個体が立ち寄る。それで、この雑木林では、2種は「冬告げ鳥」であり、「春告げ鳥」でもある。

 シジュウカラが頻繁にさえずり、雄同士がいがみ合っていた。しかし、相変わらずの鳥の少なさ。鳥見場所の選択を誤ったと悔やみながら、それでも鳥馬鹿根性で林を回っていたら、シジュウカラの群が通過した後、彼方の枝に見覚えのある鳥がいた。

 そもそも、冬のビンズイは、地面を歩き回って食べ物を探している鳥。松林で枝の上を歩いている鳥である。雑木林で滞在中は、林の中を流れる川の岸を歩き回っていることが多い。

 ところが、今日は2羽のビンズイが雑木の枝にいた。それもかなり高い場所に。なにか、いつものイメージと違うなと想いながら、雑然とした枝の隙間から、証拠写真をぱちり。「春告げ鳥」が来たから、春も来たのだと強引な論法。ともかく、雑木林に、春がいました。

 ビンズイが飛んでしまったので、御宝田池へでもカモ見に行こうかと、帰り始めた。すると、聞き覚えのあるか細い歌声が。それからがひと苦労。双眼鏡で周囲を見回すが、どこにもミヤマホオジロはいない。しつこく探しても見当たらない。空耳だったかと半分諦めかけたら、再び歌声がした。こうなれば意地でも見つけ出してやると、残雪を踏んで、声のした方へ三脚担いで忍び寄った。

 もう1種「春告げ鳥」がいました。ごちゃごちゃの灌木の中でつぶやくように歌っていました。ともかく、雑木林に、もうひとつ春がいました。

 証拠写真を数コマ撮っただけで2時間。ストレス溜まると思った。でも、春がいたから、ふたつも春を見つけたから、まぁ、よしとしよう。

 

ミヤマホオジロ  2014年2月28日  長野県 安曇野市


2月26日 今日はクイナ

 本の紹介です。

 江口さんが10年以上かけて撮影したヤンバルクイナの生態写真が「小学館の図鑑(NEO)の科学の絵本」として発売されています。あくまで科学絵本で、写真集ではありません。しかし、生き生きとしたヤンバルクイナの姿に魅了されます。

 江口さんの手紙から
 「今回の写真絵本の企画を持ち込んだ際の写真は半分も使用してもらえておらず、撮影者の見せたい写真と見る方の視点の違いを編集者を通してつくづく思い知らされ、私的には大変よい勉強になりました。」
 この感想、私も撮影者(のつもり)なので、うんうんと納得です。

 編集担当者からのおすすめ情報
 「著者の江口さんは、最初に取材に行った時、ヤンバルクイナを毎日探し続け、ようやく23日目にして、始めて見つけたそうです。それから10年、やんばるに通い続け、ご苦労を重ねて、ヤンバルクイナの貴重な姿をカメラでとらえてきました。図鑑などでもあまり見ることのできない、ヤンバルクイナの生態写真が満載の写真絵本です。」

 全国の図書館や小学校の図書室に並べて欲しい本です。

 

クイナ  2014年2月26日  長野県 岡谷市

 最近は、自分のフィールドをほったらかして、諏訪湖へ出かけることが多い。渡りのシーズンが始まり、ややこしいカモやおよよと目を見張るカモが諏訪湖へ降りて休憩するのでは・・・などと甘い考えを秘めて。今のところ、毎度お馴染みのカモたちしか見当たりませんが。

 今日は、久しぶりに暖かかった。湖岸のネコヤナギを見ると、しっかり花芽が膨らんでいた。湖面の一部は凍っているし、足元にはまだたっぷり残雪があるけれど、春は来ている。

 有り難いことに、親切な地元の方がクイナが出ていると教えてくれた。カモを見始めていたが、大急ぎで愛用の超望遠レンズを引っ張り出してクイナに挑戦。地元のカメラマンさんと、枯れ葉の斜面で食べ物を探すクイナに、雪の上を歩いてよと注文を付けつつ、せっせと撮影した。


 なかなか愛想のいいクイナ君で、注文通り雪の上をすたすた歩いたり、望み通り葦の間を歩いたり、積もる雪の中から顔を出している緑の新芽の前を歩いたり・・・いろいろしてくれた。感謝、感謝のクイナ君でした。

 いつでもこうだといいのだけれど。私のフィールドにいるクイナは、とても警戒心が強く、体のほんの一部をちらりと見せてくれるだけ。一度隠れると、30分待っても再び出て来ない。

 このクイナ君は第1回冬羽から第1回夏羽に換羽中のところかと撮影しながら考えた。これまで見た数少ないクイナの記憶と、図鑑から得た知識で、胸や腹の色や上嘴の色などからそう考えたのだが、自信はない。

 ヤンバルクイナの本を見たばかりだったので、このクイナが、何かの間違いヤンバルに化けるといいのになどと、起こりえない、とんでもないことも考えてしまった。

 久しぶりで、鳥を撮った気分、久しぶりでドキドキの気分を味わえた。クイナ君と地元の皆さんに感謝。お陰様で、久しぶりに、今日はいい日だったで終われた。



2月25日 ノスリ2羽だけ

コハクチョウ   2014年2月25日  長野県 安曇野市

 大雪の後遺症がまだ続いています。ともかく、愛車の馬力と私の技術を駆使して・・・と言うほどのこともないが、大雪以降誰も入っていない雑木林の一本道へ突入、道造りをした。もちろん鳥見のために入ったのだが、悲しいかな、鳥さんがいない。何のために雪かきをしたのか分からず。

 2月も終盤、例年なら芝生や田の畦、畑や河原など、あちこちにツグミがひょこひょこ歩いている頃。ツグミが増えたと感じる頃。そして、珍しいツグミがいないかと1羽ずつ双眼鏡したのだが、今年はツグミも少なかった後遺症がまだ続いていて、依然ツグミも増えたとは言えない状況。

 それでも、2月上旬よりは、ぱらりほどだが増えて来た。雑木林の下草が残雪からのぞいている地面にもツグミはいた。今日見かけたツグミは全部普通のツグミ。それは至極当然のことだが、せめてハチジョウツグミくらいは現れて欲しいと願いながら、出会うたびに双眼鏡。そしてがっかり。また、ただツグミか・・・。

 白鳥湖の遊水池にいる3羽の傷病コハクは、毎日給餌を受けているが、その餌を横取りしている「天然物」のコハクが数羽いる。シースン中頃まで一番体の大きい「ふくちゃん」が「天然物」を追い払っていたが、最近は数的に劣勢なので、押され気味。しっかり横取りされている。

 その「天然物」を双眼鏡したら、虹彩が白い個体がいた。それだけのことだし、虹彩の白い個体は時々いるから珍しくもないが、久しぶりだったし、今日は1コマも撮影してなかったので記念撮影。

 その後、頭上で2羽のノスリが、近付いたり、離れたりしながら旋回を繰り返す。地面が残雪に覆われているので、そもそも白く見えるノスリの下面が、地面からの反射光でいっそう白く見えた。恥ずかしながら、一瞬だが、この白さはケアシノスリかと思ってしまった。しかし、よく見れば、尾羽に輪のひとつもないから、残念、ただノスリ・・・。

 2羽が盛んに絡み合うので、もしかするとディスプレーかと思う。しかし、撮影して拡大してみると、2羽とも脛毛に横斑が見えないから、どうやら雌のよう。単に、ねえちゃん同士がいがみ合っていただけらしい。
 
 こんなんで、今日の午後はお仕舞い。残雪の中を走り回って、アホな四駆乗りごっこをしただけで。ちょっと情けない日でした。でも、まぁ、綺麗なノスリが2羽も見られたから、よかったとしよう。


ノスリ ♀?   2014年2月25日  長野県 安曇野市

ノスリ ♀?   2014年2月25日  長野県 安曇野市


2月23日 クビワコハク !?

コハクチョウ家族   2014年2月23日  長野県 岡谷市

幼鳥はプラスチックざるの残骸を首にかけている

 このところ、連日諏訪湖へ出かけている。安曇野では得難い色や光がそろそろ生まれそうだから。なかなか想いの光景が現れないので、白鳥を見たり、オシドリを観たり、ややこしいカモがいないか探したりで、半日はすぐに終わり、さざめく青い波達と北風の冷たさだけが記憶に残ることに。

 「クビワコハク」なんて鳥はいませんが、可愛そうに、底の抜けたプラスチックざるを首にかけてしまったコハクチョウの幼鳥がいます。まるで首輪をしているかのよう。首との輪の間に余裕があるから、食べ物を飲み込むことは出来るし、少しは飛べるようだ。しかし、不自由至極なことだろう。ときどき輪を抜こうとしているが、逆毛ならぬ逆羽状態になるので、もがいても結局輪はそのまま。

 地元の方々が捕獲して外そうと試みたが、捕獲に失敗したらしい。北帰行までに外れるとよいのだが。


首輪がはまってしまったコハクチョウ幼鳥   2014年2月23日  長野県 岡谷市

首輪がはまってしまったコハクチョウ幼鳥   2014年2月23日  長野県 岡谷市

 アメリカコハクチョウ(アメコ)もしくは交雑個体は渡りの途中で数日安曇野に滞在する。また来たと話している間に諏訪湖へ移動する。まだ幼鳥を連れていないから、番(たぶん)になって間もないのだろう。来シーズンは幼鳥連れで渡来するだろうか。すると、子供達の嘴の黄色い部分の大きさはどのくらいになるだろう、興味がわきます。

 昔々、北上川にアメコとコハクのカップルが子供連れで渡来していた。古い野鳥図鑑のアメコの写真はこの個体。交雑個体である幼鳥の黄色い部分はコハクチョウの半分よりは小さいかったが、親のアメコよりは遙かに大きかった。

 そんな昔々を思い出させるカップルである。


アメリカコハクチョウまたは交雑個体とコハクチョウのカップル   2014年2月22日  長野県 岡谷市

マガモの後について回るオシドリ   2014年2月22日  長野県 岡谷市

 オシドリの雄がときどきディスプレーをする。相手は定まらないが、このマガモの雄をお気に入りのようで、後ろについて回っている。21日に「1羽の雄マガモ」と書いた個体が画像のマガモです。マガモの雄が飛ぶとオシドリも後を追って飛んでいく。ただ、四六時中行動を共にはしていないので、やや、ややこしい関係とでも言えばよいだろう。

 安曇野の御宝田池でアオクビアヒル雄の「がー子」に1年中ついて回っていたマガモの雄がいた。冬季だけでなく、真夏も一緒で、それこそ四六時中一緒だった。そんなややこしい関係も生まれるのが自然らしい。昨晩夏ころから「がー子」が行方不明になったので、現在はこの関係を観られない。オシドリとマガモ、やや、ややこしい関係が生まれても、そんなものなのだろう自然界はと想う。

 

マガモの後について回るオシドリ   2014年2月23日  長野県 岡谷市

 そして、陽が落ちかける。この時期、諏訪湖から見て西側の山並の一番低い部分に日が落ちるので、安曇野では見られないオレンジ色の斜陽が流れて来る。その斜陽が好きなので、今日は、お帰り時刻を一時忘れて、もっと赤くなれ、赤くなれと願いながらコハクチョウを見続けていた。

 みな面はコバルトブルーで、白鳥は赤い・・・そんな光景を撮りたいのだが。うまいことコハクチョウが来て、色が濃くなり始め、よしよし、もう少し風が収まり、みな面が鏡になれば・・・。
 そこへパンを撒くカメラマンが来て、せっかくの静寂をかき回してくれた。やれやれ。今日はここでお仕舞い。

 


2月21日 今日はオシドリ

オシドリ ♂  2014年2月21日  長野県 岡谷市

 松本盆地は、最低気温が連日零下5度以下、ここ数日は零下10度以下が続いているので、1週間前の大雪がまだ山と残り、消えるのはいつのことか想像も出来ない。
 
 午後だけ鳥見は遠くへ行けず。積雪に阻まれ、フィールド回りもままならず。さて今日はどうしようと考え、諏訪湖のオシドリ君を見に行くことにした。2時間ほどは見ていられるだろうから。

 オシドリ君、完璧な生殖羽根になっていた。銀杏羽根も完全に出来上がって!いい男ぶり。お陰様でカタログ写真は十分撮れました。
 飛ぶときは、銀杏羽根や頭部の冠羽、首周りのふさふさな羽が体にぴったり張り付く様も。

 ところで、オシドリ君も、少し遅めだが春を感じているらしい。突然ディスプレースタイルをとった。しかし、オシドリの雌はいないから、誰を相手にしているのか・・・鳥馬鹿はこんなことに、余人からすればどうでもいいことに、興味を持ってしまう。

 今日観たかぎりでは、ディスプレーの相手は分からなかった。ただ、マガモのひと番に興味があるらしく、何かと番の周りでうろついていた。それと、1羽の雄マガモにも興味があるらしく、雄が飛ぶと後について飛び、雄が着水すると間近へ着水、雄と並んで泳いだ。上の飛んでいる画像は、雄のマガモ追って飛んでいるところです。

 番の雌か1羽の雄に向かってディスプレーをすれば、取り敢えず相手と考えられるが、なんとなくマガモの間でしたので、対象は絞れなかった。もしかすると、単純にディスプレースタイルをとっただけかもとも思う。

 下の2枚の画像の上は、警戒をしているときも同じスタイルを取るので、ディスプレースタイルと決めつけるのも問題有りとしても、もう1枚は明らかにディスプレースタイルです。

 気温は低く、雪はたっぷり残っているが、あちこちに春が・・・という落ちにしておきます。1時間以上もオシドリを観察出来て、いい鳥見でした。

  

ディスプレイのスタイルをするオシドリ ♂  2014年2月21日  長野県 岡谷市

ディスプレイのスタイルをするオシドリ ♂


2月20日 今夜も冷えそう

コハクチョウ  2014年2月20日  長野県 安曇野市

 鳥はいると思う。しかし、大雪の後遺症で、常連のカモ以外の鳥さんまでたどり着けない。なんとももどかしい。しかたなく白鳥でピント合わせの練習。時々練習をしていないと、いざというときに失敗するから。

 コハクチョウが減り始めた。こんな天候なのに、北行きが始まったのかも。すると、ピント合わせの練習も間もなく終わってしまいそう。自分を白鳥だと思いこんでいたマガンの幼鳥も、いつの間にやらいなくなった。自分をマガンだと認識出来るよいのだが。

 昨日は1時間半ほどミコアイサを見ていた。毎度の並写真は撮れたが、さして面白くもなく、さて帰ろうと立ち上がり、歩き始めたら、なんとも間の悪いことに、1羽の雄が大きな魚をくわえて水面へ出た。それを見た別の雄が、横取りしようと、後を追いかけ回し、2羽が水面を走り回った。大急ぎで三脚を立て直したが、時すでに遅し、ピントが合ったときには争いごとは終わっていた。憑いていない、運がなかった・・・少し惨めな気分の帰り道。

 

スズメ  2014年2月20日  長野県 安曇野市

 今日はスズメを見ていた。ややこしいマガモを捜しに行ったのだが、ちらり見かけただけで、右往左往するカモたちの中へ紛れ込んでしまい、ゆっくり観られず。それで、スズメに変更。

 夕陽が雪をほんのり赤く染める。雪の中で食べ物を探すのは大変だ。やがて太陽が雲の中へ。世界は綺麗なライトブルーと白に変わる。今夜も冷えそう。

 先日から気付いていたが、撮影チャンスがなかった面白スズメ(左の画像)が目の前へに来た。何が面白いかというと、尾羽が1枚もない。原因は分からない。換羽でも尾羽が全部一斉に抜けてしまうことはないだろうから、何かに襲われでもしたのだろうか。

 これでも普通に群れと共に飛び回っているから、支障はあるだろうが生きて行けるだろう。今夜も冷えそう、がんばれ尾羽のないスズメ君。


「あけび」  2014年2月20日

 猫らしい顔というか、たまに憎たらしい顔つきもする。「ふん!またモデル撮影か、モデル代は高いわよ・・・」そんな顔。拾ったばかりはこの階段を上がれず、み〜み〜と鳴いていたのだが。猫はたちまち大きくなる。

 最近外へ出ることを覚えて、玄関の戸を開けると、するりと足元をすり抜けて脱走する。それを知っているから、脱走阻止のために、部屋へ閉じこめてから玄関を開けて、カメラバックを積み込んだりする。

 なにせ、子猫ちゃんから娘になったから、うかつに外へは出せない。少し離れた家にシャム猫くずれの雄猫がいて、巡回中に「あけび」を見たらしい。何かと我が家の周りを回っている。
 「あけび」にお友達が出来るのはいいことだが、ご懐妊でもされたら大弱りだから、監視付きでなければ外遊びをさせないのだが。
 
 ババ様は、そんなことはお構いなし、というか、すでにもそもそとしか動けないから、雨戸の開け閉めのたびに「あけび」が脱走をしていると気付いていない。

 今日の夕方も、いつもなら「腹減った」と足元で騒ぐ「あけび」が見当たらなかった。案の定、ババ様が気付かなかったらしい。たっぷり2時間は外で遊んで来た。帰るなり、がつがつと「ネコ缶」を食べ、すぐさまお眠むに。新聞をゆっくり読め、邪魔が入らずキーボードを打てるから好都合なのだが。


 輪ゴムが大好きで、輪ゴムを見ると引っ張ったり、足でつつきまわしたり、夢中で遊ぶ。それで、しっぽに1本輪ゴムを付けてやったが、全然気付かず拍子抜け。こんなところはまだ子猫ちゃんなのだ。

 これまでに、何匹かの猫と生活した。どの猫も冷え込むと、たいてい布団の中へ潜り込んで来たのだが、「あけび」は絶対に入って来ないし、電気炬燵のランプがついていても入らない。猫らしくない猫に見えてくる。今夜も冷え込んで来た。それでも猫タワーのてっぺんで寝ている。



2月18日 春はまだ先のこと

コハクチョウ  2014年2月18日  長野県 安曇野市

 大雪の後遺症がまだまだ続きそうです。自然の猛威に弱い現代社会がまた露呈したと言えるでしょう。今回は「想定外」という単語で逃げることもままならないらしい。報道も「想定外」は使っていませんから。

 しかし、14日の午後から止まった特急「あずさ」や「しなの」はまだ運休したまま。私の部屋は静かでよいのですが。どうやら、中央東線を所管するJR東日本の八王子支社は、山梨県内が豪雪地帯ではないので、除雪車を持っていなかったらしい。ところが1mを超える雪が降ったので、ギブアップ状態になったのでしょう。5日間も特急は止まったまま。

 道路も大雪に弱かった。今日もまだ、例えば、牛乳は品切れのまま、パン類は食パンがようやく出回ったところで、ババ様の好物のクリームパンなどはどこの店にもない。スーパーのパンの棚にインスタントラーメンが並んでいたのは笑えた。新聞も2日間来なかった。

 まぁ、雪に弱い世の中はさておき、鳥見の話です。こちらも大雪にたたられています。午後、フィールド回りに出かけたのですが、まだ70〜80cmの雪が積もったままで、河原も雑木林も水田地帯の農道も、つまりフィールドのどこへも車で入れなかった。
 かんじきを履いて徒歩で入る方法もあるが、よほどの鳥さんでもいなければ、骨折り損の何とやらになるから、用意はしたけれど使わず仕舞い。

 結局、車を止められるスペースがあり、鳥見が出来たのは、御宝田池と白鳥湖だけ。得意のパステルカラー調で白鳥を撮ってみたが・・・撮ってみただけという感想。大雪の後遺症で鳥見もギブアップ状態です。しばらくは、白鳥を撮ることになるのだろうか。


ミコアイサ  2014年2月18日  長野県 安曇野市

 見た限りで、ハッとするカモはいなかった。ただ、珍しく御宝田池にミコアイサの雄が5羽もいて、雌にちょっかいを出しては、追い払われていた。ディスプレーをして迫るが、雌はけんもほろろに雄をつついて追い払った。雄の飛び姿を撮りたかったので、飛んで逃げることを期待していたが、一度も飛ばず。当てが外れた午後でした。


ミコアイサ ♂  2014年2月18日  長野県 安曇野市

魚(ドジョウ?)を捕らえたミコアイサ ♂  2014年2月18日  長野県 安曇野市

ミコアイサ ♀  2014年2月18日  長野県 安曇野市

 明日は二十四節気の「雨水」だが、雪は未だに深く、この地では、春はまだまだ先のこと。昨日の朝は冷え込んで、最低気温が我が家の付近は零下15度ほど。松本空港付近は零下17.3度で全国の観測点の中で2番目に低かったと、今日は来た新聞が書いていた。

 今日の最高気温は、松本で1.1度。しかし、北風がとても冷たく、体感的には零下の世界。これでは雪がいつ融けるかなどと想像する気にもなれない。

 猫は水や雪が嫌いなはずだが、我が家の「あけび」は、喜々として積もった雪の中を走り回っている。猫は猫と思うのは、木登りがとても上手くて、あっという間に7〜8mは駆け上がる。その先が愉快で、上手く降りられず、途中から雪の中へどさっと落ちる。飛び降りたつもりらしいが、見た目には落ちたと言う方が正確である。そして、雪まみれになるのだが、それが楽しいらしく、また喜々として木へ駆け上がる。雪まみれになってはしゃぐのは犬で、猫は炬燵で丸くなるはずだが。

 それに、水遊びが大好きで、植木鉢の受け皿に、ほんの少しでも水が溜まっていようものなら、全部掻き出したり、舐めたりして遊び、辺りをびしょ濡れにしてしまう。。
 蛇口から流れ落ち、シンクの中で広がる水に触るのも大好きで、自分の頭が蛇口から落ちる水で濡れようがお構いなし。猫らしくない猫である。育て方を失敗したとは思わないが。

 春猫の叫びは数日で収まった。あれは何だったんだと思うほど、子猫状態に戻ってしまった。ちょっとだけ「春」だったのか。、「あけび」の春もまだまだ先のことらしい。

 

水遊び?をする「あけび」  2014年2月18日


2月15日 大雪はもう結構

雪に埋まった愛車  2014年2月15日10時19分  長野県 松本市

 降りました。本当に大雪でした。昨日は鳥さんに会えたので感謝したのですが、今日は降り過ぎの大雪に恨み辛みがどっさりです。とにかく、雪かきで体中がボキボキです。こんなに降ったから、2、3日は雑木林へたどり着けそうにない。鳥見はしばらくお預けになる。

 画像の通り、どっさり積もったので、車を掘り出すだけでも大仕事。豪雪地帯の方々からは、何だこのくらいの雪と言われそうですが、我が家の周りでこんな量の積雪は記録的な出来事です。

 豪雪地帯のように、道路の融雪装置や家の周りの雪を流す河川など全くありませんから、こんなに降ると、雪を積んでおく場所の確保もひと苦労。家の周りに富士山がいくつも出現することに。この富士山が消える頃には春が来ているでしょうか。

 我が家の横を走るJR篠ノ井線は全日運休。特急「あずさ」や「しなの」が通らないと本当に静かです。ディーゼルのラッセル車が通っただけで、踏切は開きっぱなし。うるさくて閉口している踏切の警報音も鳴りません。大雪はもう結構ですが、このしばしの静寂だけは頂けました。

 

ラッセル車  2014年2月15日11時18分  長野県 松本市

 猫ちゃん画像掲載の要望もたまにありますので、「あけび」のその後です。

 「あけび」は捨てられ猫なので、生まれた日は分からない。拾ったときの大きさから10月の始め頃に生まれたと想像している。
 最近、例のだみ声、春猫の叫び声を上げ始めた。夜中に、枕元で、突然「きゃお〜〜、きゃお〜〜!」とやるものだから、たまったものじゃない。まぁ、1週間もせず収まるだろうから辛抱出来る範囲だが。猫の成熟は早いですね。拾ったときは手のひらに載るほどの大きさだったのに。

 タオルがほつれているのは掻きむしって遊ぶのが大好きだからです。春に芽生えたのに、やってることは子猫のままです。
 今日は女の子なのにあられもない?姿を。

 


2月14日 また大雪

キジバト  2014年2月14日  長野県 安曇野市

 前回の大雪がまだ2、3割しか融けていないのに、前回よりもたくさん雪が降り、23時の今もまだ降り続いています。前回は、ちょっとビビって出かけなかったが、今日は下準備もしておいたので、早昼を食べて雑木林へ一目さん。

 今日大雪になると気象予報が言うので、雑木林の中を走行出来るように轍を付けておいた。大きめの4輪駆動車に乗っているが、それでも40cmを越える雪が積もっている凸凹道に、さらに40cmも積もると、走行不能になる。それで、昨日のうちに轍を付け、車体で40cmを30cmほどに削っておいた。フクロウ君への一本道を造っておいた。

 第1目的は雪の中のフクロウだった。しかし、残念ながら、フクロウを見つけ出せなかった。せっかく準備までして雪中走行したのに。3月までにもう1回チャンスがあるだろうから、雪は嫌だが、再度挑戦することに。

 雑木林の中に車を止めて、四方八方を鵜の目鷹の目、鳥見人の目で見回していると、雪降りの中でも鳥さん達と出会える。フクロウは撮れなかったが、雪の中の鳥さんに挑戦。ごく普通種だけれど、雪の中で頑張る姿は撮りたいテーマですから。今日の第2目的ですから。


ツグミ  2014年2月14日  長野県 安曇野市

わずかに残ったヤマウルシの実を食べていた

ジョウビタキ ♀  2014年2月14日  長野県 安曇野市

カワセミ ♀  2014年2月14日  長野県 安曇野市

 雑木林を一回り、昨日のオオカワラヒワとアトリを捜したが、こちらも見つけられず。もたもたしていると、いくら轍を付けてあっても、林から出られなくなる恐れが。そのくらいせっせと雪は降り続けた。

 林を切り上げ、犀川の河原へ。行けばカシラダカかホオジロなら撮れるだろうし、タゲリ、タヒバリ、タシギはもいる場所が分かっているから、林より打率は上がるはず。

 始めにタヒバリを撮ろうと支流をのぞいたら、なんと、30羽ほどのコハクチョウが流れに生えているオオカワジシャをせっせと食べていた。参った、コハクチョウを蹴散らす訳にはいかないので、そろりと後退。

 次は先日見たオオジュリンはいないかと車を進める。河原の中に造られた工事用の道路だから、普通に走行すれば問題ないのだが、大雪で一面真っ白な状況、降りしきる雪で視界もよくない。脱輪だけはしたくないので、そろりそろりと前進。

 このそろり走行と視界の悪さが助けてくれた。カワセミが飛んで来て枯れ枝に止まった。私のことは全く無視。雪降りの中でホバリングするカワセミは25年以上昔に相模川で撮っただけ。チャンス到来かとレンズを構え、さぁ、さぁ・・・がんばれカワセミ君。だが、ホバリングはせず、いきなり水中へちゃぽん。魚を捕って食べるところ見せてくれた。親切にも、誰かさんの「やらせ棒」ではなく、河原の石に止まって。カワセミ君ありがとね。
 
 

カワセミ ♀  2014年2月14日  長野県 安曇野市

カシラダカ  2014年2月14日  長野県 安曇野市

 今日一番の出会いは、20羽ほどのオオジュリンとの遭遇だった。カワセミの先へそろりと進んでいたら、カシラダカがたくさんいた。ほら、考えた通り、カシラダカなら撮れるもんねと群を双眼鏡で見た。双眼鏡するまで、カシラダカの群と思っていたが、あらまッ!カシラダカは1羽で、他は全部オオジュリンじゃないか。

 2月も半ばになると、そろそろ渡り鳥が移動を始める。今年は大雪続きだが、それでも移動は始まっているのだろう。私のフィールドに、この冬オオジュリンはいなかった(はず)。10日に1羽見つけて、感謝、感謝だったが、いきなり20羽だもの。大感謝ものです。恐らく移動途中にこの葦原で休憩していたのだろう、そして大雪に遭遇したのだろう。

 大雪の中を2時間走り回って、普通種だが、たっぷり楽しめた。いつもの2〜3時間の鳥見より密度が濃かった。誰かに感謝をするのなら、鳥さん達はもちろんだが、鳥さん達を見える場所へ出してくれた大雪にもしなくちゃね。


オオジュリン  2014年2月14日  長野県 安曇野市

オオジュリン  2014年2月14日  長野県 安曇野市

オオジュリン  2014年2月14日  長野県 安曇野市


2月13日 難しいです、識別は

オオカワラヒワ  2014年2月13日  長野県 安曇野市

 この間から気になる鳥がいたが、識別に自信が持てなかった。いくつか持っている図鑑を参照しても確信を持てずにいた。単純にカワラヒワとしてしまえば一件落着なのだが、三列風切羽縁の灰白色部がやけに広く、見慣れたカワラヒワとは違う。オオカワラヒワでいいと思ったが確信が持てなかった。(面倒なので「亜種○○」の「亜種」は省略しています)

 「参考までに : 日本では亜種カワラヒワ(C.s.minor)が繁殖し、亜種オオカワラヒワ(C.s.kawarahiba)は冬鳥として飛来する」 

 昨日、待ちに待った「日本の野鳥650」が届いた。昼間は鳥見をしていて受け取れなかったので、23時に本局の夜間窓口へ行き「ゆうパック」を受け取った。
 さっそくオオカワラヒワを開く。バッチしグ〜!背面の写真が載っていて、三列風切の灰白色部はまさに昼間見たカワラヒワ。

 となれば、是非とも撮影しなければ、証拠写真を撮らねば・・・今日1時間ほどかけて、なんとか撮れ、記録ノートにオオカワラヒワ4と書き込めた。これでフィールドにオオカワラヒワが渡来していると確認が出来た。


アトリ ♂  2014年2月13日  長野県 安曇野市

 オオカワラヒワ4羽とアトリ3羽が、混群とまでは言えそうになかったが、行動を共にしていた。アトリは苦手な鳥。かって4月の与那国で出会った成鳥夏羽なら雌雄の識別はそう難しくはないが、冬季に第1回冬羽個体や成鳥冬羽個体が入り混じっていると、雄なのか雌なのか、成鳥なのか若い個体なのか、頭の中がチカチカしてくる。識別をアトリで終わりにすれば、悩まないで済むが、その先へ行きたくなるのが鳥見根性。

 今日撮影した2羽の性別までは私の力量でも識別出来る。雌は、目から後頭部に向かって頭側線(黒い線)があり、頬から首にかけて灰色をしている。さてその先となると、上は雄の第1回冬羽、下は雌成鳥冬羽ではないかと思うが、まるで自信がない。難しいです、識別は。

 

アトリ ♀  2014年2月13日  長野県 安曇野市

ホオジロガモ ♀  2014年2月5日  三重県

 90時間のお正月休みの鳥見話も、もう昔話になるし、書いている本人も飽きてきたので、ホオジロガモをアップして終わりにします。以後の鳥見は、セグロカモメなど、ちょっとマニアックな話になってしまい、あまり面白い画像もありませんから。

 信州でもホオジロガモは見られます。フィールドの犀川にもたまに現れますが、やはりたくさんいて、近くに来る場所は楽しくていいですね。いろいろな行動が見られ撮影もできるから。飛んでいる姿も撮れるし。

 

ホオジロガモ ♀  2014年2月5日  三重県

ホオジロガモ ♂  2014年2月5日  三重県

ホオジロガモ ♂  2014年2月5日  三重県

 ホオジロガモの求愛行動は面白い見ものです。頭が背中に付くまで逆エビ型に反り返り、水面を走るのですから、雄はさぞかしくたびれるだろうと、気の毒に思います。今回はそんな激しい求愛行動は見られませんでしたが、割りに近いところで、雌が求愛を受け入れたところが見られました。

 雄 「ねぇ、ねぇ、結婚しようよ!」
 雌 「う〜ん・・・どうしようかな・・・」


雌が求愛を受けいれる  2014年2月5日  三重県

 結局、雌は求愛を受けいれました。すると雌雄で同じ行為をして、確認をします。

 雌A 「あいしてるわよ〜〜ちゅッ!」
 雄  「僕もだよ〜ちゅッ」
 雌B 『ふん!ま昼間からべたべたしちゃって、いい気なものさ』

 こんなシーンを見ると、くすぐったいというより、可笑しくなって笑っちゃいます。くすぐったく思ったのは、もう昔のこと。人生下り坂、愛だの恋だの思い出話の世界のことに思えてきますから。

 遠出をすると、たくさん鳥見が出来ていいですが、そんな環境に浸ってしまうと、鳥馬鹿はどこまで走って行くか分かりません。家に帰らねばという記憶さえなくなってしまいそう。次はいつ遠出が出来るか・・・八百万の神様にお願いしよう。

 


2月12日 フク君健在

フクロウ  2014年2月12日  長野県 安曇野市

フクロウのいる雑木林  2014年2月12日  長野県 安曇野市

 大雪が降って、フクロウ君は食事にありつけただろうか。健在だろうか。心配だったが、雪が深くて雑木林へ入るのを躊躇していた。今日、意を決して雑木林へ入る。

 左の縦画像の何処かにフクロウがいますが、お分かりになるでしょうか。ほんの2m、左右のどちらへ動いても、木立に紛れてしまい、フクロウ君は見えなくなります。12月から付き合って、いや、押しかけているので、なんとなくこの辺りにいそうと勘が働くようになり、遠くからでも見つけられるようになった。

 上は20mの距離まで寄って撮影した画像。もちろん車中から。手前に邪魔な小枝などない「抜け穴」を探して撮ったが、今日は枝の影が顔を横切っていた。すっきりした写真はなかなか撮らしてもらえない。またまた、うるさい奴がちょこまかとやって来たとフク君が見ていた。ともかく、フク君健在で何より。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 しつこく90時間のお休みの続きです。

 北風が強くて、寒く、雪も舞うので、砂浜に並べられた消波ブロックの陰へ入って鳥見。実は、ミヤコドリの飛び姿を撮るという宿題を片付けたかったのだが、ミヤコドリは寝ているだけで全然飛ばず、待ちぼうけ。夕方までがんばれば、引き潮で干潟が現れ、「貝採り」に動き出すだろうが、とても寒くてがんばれそうになかった。暖かいはずの三重なのに、信州並に寒かった。

 それでも、消波ブロックの陰に座り込んで2時間ほどがんばる。ミヤコドリの他に、ウミアイサとホオジロガモの飛び姿を撮るという、手を付けたまま残っている宿題もあったから。

 ホオジロガモは目の前で動き回っていたが、ウミアイサは沖にいて、まるで撮影可能な距離まで来ない。それでも、30分に1回ほど目の前を飛んだ。

 しかし、緊張を解いてだらけている時と、ホオジロガモにピントを合わせている時にばかり飛んで来たので、大あわてでレンズで追いかけたが、間に合わず。数コマ撮ったが、満足出来るまでにはあと数歩。次は、ここへいつ来られるか分からないけれど、また挑戦することに。宿題は続きます。

 下は粉雪舞う砂浜のシロチドリ。日射しはあったが、北風が強く寒かった。写真で何が難しいかというと、風を上手く撮れないこと。スローシャッターにして雪を流せばよかったと後から気付いたが、またまた後の祭り。

 ホオジロガモは明日に回します。


シロチドリ ♂  2014年2月5日  三重県

ウミアイサ ♂  2014年2月5日  三重県

ウミアイサ ♀  2014年2月5日  三重県


2月11日 影あり

カシラダカ  2014年2月11日  長野県 安曇野市

 雪が積もると、こんな写真を撮ろうと時間を使います。まぁ、余白たっぷり、青い影有り・・・好きなんです、こんな写真が。

 コントラストはきついし、鳥さんは思うように舞台へ立ってくれないし、長めの影が出るのは14時過ぎで、晴れていなければならないし、条件はなかなか揃いません。
 今日は、カシラダカの横で1時間ほど粘りました。

 降ったばかりの雪では、表面がただ真っ白で、のぺ〜となってしまう。昼間に融けて、夜間に再び凍ってを2、3日繰り返すと、表面にざらざら感が生まれる。今日当たりがころ合いと、天候も快晴だったのでカシラダカに張り付きました。こんな時は鳥見人ではなく鳥写真屋です。

 

カシラダカ  2014年2月11日  長野県 安曇野市

カシラダカ  2014年2月11日  長野県 安曇野市

ユリカモメ  2014年2月5日  三重県

 90時間のうち、30分ほど、ユリカモメと遊んだ。夜明け前から走り回り、ファインダーをのぞき続けていたので、頭がぼお〜っとなり、目が霞んでしまった。
 最近は、目が霞むだけでなく、色彩も怪しく見え始めると感じている。それで、右目で見た色彩と、左目で見た色彩に大きな差が感じられたら休憩することにしている。

 幸い小雪も止んで青空が広がったので、防波堤上に車を止めて、青い海を眺めて目を休めようと思った。
 車から出ると、浜にいたユリカモメがワッと飛び立った。経験から、すぐに状況が読めた。防波堤上で誰かが餌を与えているのだ。それで、人間が現れるとユリカモメが集まって来る。

 目の疲れなど忘れて、撮影することに。右手でカメラを持ち、左手で物を放り上げる仕草をする。読み通り、ユリカモメの群が鼻先まで飛んで来た。撮りたかった写真は、2枚目のようにフレアーが出ているもの。もっとハッキリと出てほしかったが、太陽の位置がよくなかった。

 たまに、広角レンズを使用してこんな写真も撮ります。しかし、フレアーやゴーストでも入って、ややこしくならないと、カモメがたくさん飛んでいるだけの影無し写真になってしまう。1枚目と3枚目がそれ。わたし的にはどちらかと言えば、つまらない写真の方に入る。

 休憩するつもりで車を止めたのに、撮影してしまい、目は全然休まらなかった。そのうちに目がごろごろし始めた。ルームミラーに写して見ると、右目が真っ赤。最近、ファインダーをのぞき続けていると、このドライアイ状況になってしまう。こんな時は、目薬を差してしばらく目を閉じているしかない。歳なんだと諦めているが、かなしいですね。

 結局、1時間ほど防波堤場で休憩した。
 


2月10日 久しぶりのオオジュリン

オオジュリン  2014年2月10日  長野県 安曇野市

オオジュリン  2014年2月10日  長野県 安曇野市

 今日は憑いていた。そん日が毎日なら言うことなしだが、現実は週に1度あるかないか程度。

 私の回っているフィールドで、今季はオオジュリンを見られないと諦めていた。もうオオジュリンは越冬に来ないかも、そんな気持ちになっていた。葦原は、洪水やヤナギの繁茂で狭まったが、まだ越冬には十分の広さがある。

 葦原の横を通過中、聞き覚えのあるやさしい鳴き声がした。ハッとして周囲を見回したが、何もいない。空耳だったかと思いながらも葦原を凝視していたら、葦の根本から茎づたいに1羽の鳥がせり上がった。紛れもないオオジュリン。よくぞ来てくれた、感謝・感謝の気分。

 周囲の葦原も双眼鏡でしつこく見たが、オオジュリンは1羽だけだった。この葦原は時々チェックしていたが、これまでオオジュリンは見られなかった。先日の大雪で、葦がずいぶん倒れたから、別の葦原から引っ越して来たのだろうか。

 冬のオオジュリンは全部雌に見えてしまう。雄の冬羽は雌に似ているから。さてこの個体はと撮影しながら考える。上嘴が黒っぽくなく、下嘴と同様の色をしているので、第1回冬羽の個体だろう。ここから先は、私の知識や経験では識別出来ない。無理して識別すると間違えるので、たぶん第1回冬羽とノートすることに。

 憑いている日は、いろいろ起こる。犀川で越冬していると思われるミサゴが魚をつかんで頭上を通過した。右翼のp2が千切れて短くなっている。この特徴は12月から変わっていないので、同一個体だと判断している。
 時には、片足でつかむだけで千切れてしまいそうな小さな魚を運んでいるが、今日はかなりの大物を捕らえたようだ。

 ミサゴが厳冬期にも安曇野の犀川へ現れるようになって3シーズン目。今シーズンはp2の傷み具合から、1羽が越冬していると判断して、間違いなさそうだ。


ミサゴ  2014年2月10日  長野県 安曇野市

 御宝田池の一部が凍って、3羽いるミコアイサが氷の縁を回って近くまで来ていた。さして珍しくもないミコアイサだが、、近くで撮れるなら飛ぶ姿を撮ろうと、30分ほど粘った。憑きのない日は、ミコアイサが警戒して遠くへ泳ぎ去ってお仕舞いになるが、今日は憑いていた。


着水するミコアイサ ♀  2014年2月10日  長野県 安曇野市
 位置について・・・Ready・・・go!
 あたしだって、氷上かけっこなら、ソチへ行けるんだから・・・と、ミコアイサ君、氷上を走って行きました。

Ready・・・ミコアイサ ♀  2014年2月10日  長野県 安曇野市

 さて、90時間のお正月休みの続きです。

 夜明け前に、いつもの海岸へ到着。当地の方のブログで見知っていましたが、なるほど流木やらゴミやらで、綺麗だった海岸は無惨な姿をしていました。それでも、昇る朝陽を撮りながら鳥さんを探す。

 東の空は晴れていたので、朝陽の輝きや、黄金色の朝焼けを見られたが、背後と上空はどんよりとした重い雲。そして、なんということか、小雪が北風でどんどん舞って来た。気象予報だと、5日の三重はまだ晴れのはずなのに。三重まで来て雪に遭うなんて。

 上げ潮に、やがて没してしまう小さな砂州にダイシャクシギがいました。これはこれは、天候は別にして、今日は憑きがあるらしい。夜明けからラッキー。下の画像中、白いゴミのように写っているのは、舞い踊る粉雪です。

 ダイシャクを見つけたので、いっそ降るなら、朝陽の中を、ぼたん雪がぽったぽたの方が面白い絵になるのに・・・などと、人様の迷惑など考えずに、よからぬ望みで空を見上げた。


夜明けのダイシャクシギ  2014年2月5日  三重県

 砂州が波に沈んだので、ダイシャクシギは飛び去った。しばらく他の鳥を探したが、他に鳥影は無し。ちょっとだけ憑いて、後はだめな日もある。もしかすると、それかしらと少しへこむ。強めの北風と舞う粉雪が恨めしくなった。

 海岸の堤防の上を移動。ミユビシギやシロチドリが飛ぶが、流れ着いたゴミの陰へ入ってしまい、すぐに見えなくなる。
 やれやれ、別の場所へ移動した方がいいなと思い始めたところで、明け方飛び去ったダイシャクシギを再度見つけた。ダイシャク君ぽつんと1羽で休んでいた。やれ嬉しやと撮影。周囲の白い部分はうっすらと積もった雪です。三重まで来て雪を撮るなんて、初めての経験。でも、なにか奇妙な気分。三重って、松本よりずっと暖かいはずなのに。

 (「90時間のお正月休み」まだ続きます)


ダイシャクシギ  第1回冬羽  2014年2月5日  三重県


2月9日 続々・海鳥は遠く

イカルチドリ  2014年2月9日  長野県 安曇野市

 大雪でした。私の車の屋根に積もった雪は、最終的に52cmでした。この地では久しく記憶にない一気降りの大雪でした。
 雪かきは怠けた体に応えます。体のあちこちがぼきぼき状態。それでもお日様が出れば、いそいそと鳥見に出かけるのでした。

 鳥たちにとっても迷惑至極な大雪。普段は見向きもしない、雪の上に出た枯れ草の、残り滓のような種子を食べるホオジロや、雪原を歩き回って虫を探すイカルチドリなど、見慣れぬ行動をしていた。

 雪の上に幾筋も、イカルチドリやセキレイ類の足跡が縦横無尽についていて面白かった。それで、歩き回るイカルチドリをレンズで追い、歩いた軌跡もいっしょに撮ろう試みたが、小さな足跡は写ってくれない。写ってもほとんど見えないほど微か。写真は難しい。

 

ホオジロ ♀  2014年2月9日  長野県 安曇野市

ホオジロ ♂  2014年2月9日  長野県 安曇野市

ヒメウ  2014年2月4日  愛知県

茶褐色の個体は幼鳥

 そもそも、ヒメウをしっかり撮りたいとこの地へ行ったのだが、ヒメウも遠くて、飛んでいる姿には歯が立たず、またまた宿題が残ってしまった。もっと近くで撮れる場所へ行くべきだろうと撮りながら思う。

 見た目にほとんど真っ黒に見えるヒメウだが、光線具合では光沢のある青緑や紫色に見える。その綺麗な色を出したくて、かなり露出オーバーで撮影するのだが、補正し過ぎると、何か、嘘っぽい画像になってしまう。

 光線状況はどんどん変化するし、ヒメウはたまにしか飛ばないし、やれやれでクロガモやシノリガモへレンズを回してしまった。

 それでも、たまにでも飛んでくれば、とにかく撮った。そして何とか撮れたと拡大してみれば、翼の裏面が褐色で・・・光線具合でこう見えるのか、それとも換羽中の個体なのか解らない。

 そうこうしているうちに、日は傾き、波飛沫が黄金色になった。岩礁に止まるヒメウも夕日に染まる。こうなると、もう黒くしか撮れない。そんな夕暮れ時になって、沖から何羽も帰ってくるのだから、参ったねと苦笑するしかなかった。

 日が沈んだので、もう1日ここでがんばるか、それとも何処かへ移動するかと考える。ナビのテレビで天気予報を見ると、次の日は近畿地方まで天候が悪化するとのこと。湖北へ行こうかと考えていたが、雪の湖北はあまり撮影出来そうにない。雪降りの中のオオヒシクイやコハクチョウには食指が動かなかった。

 しからばと、鳥さんのいそうな場所をいくつか思い浮かべるが、ずいぶん昔に行った場所なので、現況がどうなっているのか分からない。無制限に時間があれば、取り敢えず行ってみるのだが、タイムリミットつきのお出かけなのでそうも出来ない。

 結局、しばらく行っていない三重の海岸へ行くのが、鳥さんもいるし、手ごろでいいと結論。では、フェリーで渡ろうかと乗り場へ向かう。

 これが大ドジでした。最終便は19時半出航と思い込んでいたので、フェリー内で食べようと、通りがかりのコンビニで弁当を買い・・・。しかし、フェリーの最終便は17時半出航でした。

 どこで、19時半と記憶したのだろうと、来た道をを引き返しながら考える。そして、東京湾フェリーのダイヤと思い違いをしたと気付いた。自分がドジをしたのだから仕方がないと思いつつ、それでも腹立たしくて・・・さっきのコンビニで肉まんを2個買い直し、誰もいない道の駅の駐車場でやけ食いをした。

 (2月5日の鳥見へ続きます)


ヒメウ  2014年2月4日  愛知県

ヒメウ  2014年2月4日  愛知県 (トレミングしています)


2月8日 続・海鳥は遠く

               車の屋根に積もった雪
 いやはや驚きました。1年分の雪が1日で降った感じです。NHKのニュースで、積雪量の多い都市が並びましたが、トップが松本でした。松本がトップなんて、今までになかったことです。

 これを書いている24時に、まだ降り続けているから、刻々と積雪量は増えています。左を撮影した時刻は16時53分です。ちょうど積雪量が45cmでした。今は、55cmを越えているでしょう。豪雪地帯の方々からすれば、屁の河童程度の積雪量でしょうが、ここではごく珍しい降りり方です。

 雪が降ったら、あれこれ撮影したいシーンがあります。雪の中のフクロウとか。しかし、ちょっと雪が多すぎで、今回は諦めました。たぶん、安曇野の方が我が家周辺より積雪量は少ないだろうし、国道へ出れば車は十分走行出来たでしょうが、リスクの大き過ぎることはしない方が無難でしょう。
 それより、雪かきをして車を堀り出すだけで息切れしてしまいました。

 さて、90時間のお正月休みの続き、シノリガモです。
 クロガモと同じ場所にシノリガモもいて、楽しかったのですが、やはり遠くの波の上にいるので、撮影が上手く行かない。しかも、波飛沫がざぱぁ〜〜だし。悔しいから、飛沫を利用して、飛沫の中のシノリガモの図などと考えたが、これも想うようには撮れませんでした。
 オートフォーカスの性能がいいので、波頭か飛沫へピントが合ってしまう。マニュアルでと思っても、波に揺られて上下するし、波間に沈み込むので、ピント合わせはなかなか難しい。

波飛沫の向こうのシノリガモ ♀  2014年2月4日  愛知県

 シノリガモは20羽ほどいたが、雄がほとんどで、雌は4羽までしか見つけられなかった。10羽ほどの群がひとつ、後は2、3羽ずつで別行動をしていた。
 その10羽ほどの群の構成は、成鳥雄と第1回冬羽の雄が多数で、雌は2羽だけだった。その雌も群の外へ出ていることが多かった。

 下は、雌がいないのにディスプレーをしている成鳥雄。羽ばたいている個体は第1回冬羽の雄と考えられる。


シノリガモの群 全部♂  2014年2月4日  愛知県

シノリガモの群 全部♂  2014年2月4日  愛知県

中央のの2羽が成鳥で、他は第1回冬羽個体と思える。

はばたくシノリガモ ♂第1回冬羽  2014年2月4日  愛知県

 10羽ほどの群とは別行動を取っていた2羽。2月だから、幼鳥はすでに第1回冬羽に換羽しているはずだから、2羽とも成鳥雌だろう。

 実のところシノリガモをほとんど見たことがない。銚子で3回、北三陸で2回、ここで昨年1回そんなところか。そして、どうしても綺麗な成鳥雄に目とレンズが行ってしまい、雌をじっくり見たり、撮影したことがなかった。今回始めて雌をじっくり見ただけなので、2羽とも成鳥雌だろう、それ以上は識別出来なかった。

 ともかく、第1回冬羽個体が5羽以上いたから、数年はこの場所へ越冬しに飛来するシノリガモは絶えないだろうと思う。来季のクロガモは期待出来そうにないが、シノリガモの観察は来季も期待出来そう。しかし、我が家から遠い場所だから、おいそれとはこれないし・・・海鳥は我が家からも遠い。


シノリガモ 雌 成鳥?  2014年2月4日  愛知県

シノリガモ  つがい  2014年2月4日  愛知県

2羽だけで別行動を取っていたので、つがいだろうと判断


2月7日 クロガモのこと

クロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県

 大波小波がざんぶりこで、おまけに飛沫がざばっと飛んで来たり。撮影条件がよいとはとても言えない。それに、クロガモ君は、海岸線から近からず、遠からずの距離を微妙に保って浮かんでいたり、潜水して食事をしていたので、大きく撮れず、画像は全部トレミングしています。

 昔、北三陸の漁港で見たクロガモは、すぐそこにいた。言うなれば、ちょっと石を投げたら当てられるほどの距離にいたのに。もちろん石など投げませんが。関東以西で見かけたクロガモはいつも遠いのが当たり前。

 海にホシハジロがいるのは特に不思議ではない。岩ノリやアオサなどが繁茂しているとそれを食べている。しかし、こんな荒海で、クロガモのまねをして波乗りなどしなくてもよいと思うが。

 ホシハジロの雌は、13時に見始めて日が沈むまで、ほとんど同じ場所にいたから、ここで越冬しているのだろう。特に、クロガモと親しくしているとは見えなかった。まさか、この2羽がペアーになるとは想えなかったが、自然は不思議なことがたくさん起こるから、なんとも。そんなことを考えていたら、クロガモの雄の方が行動に出た。

 下の画像、クロガモが尾羽を立てている。これはクロガモ雄のディスプレースタイルだから、ややこしいことが起こる前兆なのかと想えてしまう。なんとも、いやはや・・・。


ホシハジロ ♀(左)と クロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県

 クロガモ君は続いて、水面を飛沫を上げて泳いだ。そして、水面で伸び上がった。もう間違いなくディスプレーをしている。あらあら、ややこしい話だこと。

 後で知ったが、少し前までここにクロガモの雌もいて、その雌に雄はディスプレーをしていたらしい。この日は雌は見当たらなかった。すると、このクロガモ、浮気をしていたのか。それとも、雌が現れたときに備えて、ホシハジロの雌でディスプレーの練習をしていたのか。

 カモの交雑個体はこんなきっかけで生まれるのだろうかと、考えてしまう。


ホシハジロ ♀にディスプレーをする クロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県

ホシハジロ ♀にディスプレーをする クロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県

 日本の図鑑には載っていない(と思う)クロガモの面白い行動がある。かって見たときには、羽ばたいている途中で前のめりに転けたのだろうと思った。

 下は、羽ばたきを始めた直後、前のめりになっている瞬間。2枚は連続撮影したコマです。

 この、水中へ突っ込んでしまいそうな姿勢をなぜとるのか?もしかしてディスプレーなのかなどと想像してみるが、本当のところは知らない。周りに一羽の鳥もいない水面で行っているのだから、ディスプレーではなさそうだし。

 「SIBLEY」の「Guide to Birds」に、意味は書いてないが、この行動が紹介されいる。訳すと間違えるので、原文を

 「Black Scoter throws head downward when exercising wings, a distinctive motion.」

 (クロガモ=Common Scoter だが、米の図鑑では Black Scoter)


羽ばたくクロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県

羽ばたくクロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県

 前のめり姿勢で羽ばたいた後、下のように正立してはばたく。ならば初めからこうすればいいのにと、お節介な鳥馬鹿は思ってしまう。


羽ばたくクロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県

 そして、夕陽が流れてきた。一度でいいから、岩場へ上がってくれないかと期待していたが、ついに波乗りをやめなかった。夜も海に浮かんだまま波に揺られているのだろうか。

 お陰様で、半日(4時間)クロガモをじっくり見られた。次に会える機会は、いつになるのか分からないから、4時間は惜しくなかった。自分の日常を考えると、もう会えない鳥かも知れない。大波小波は日が暮れても収まりそうもなかった。


夕陽にクロガモ ♂  2014年2月4日  愛知県


2月6日 海鳥は遠く

ワシカモメ  2014年2月4日  静岡県

 時は足早に過ぎ行く。されど、ババ様との時間はゆるゆると、かったるいくらいゆっくりと過ぎて行き・・・。そんなとき、かあちゃんが休みが取れたので交替してくれると言う。やっともらえたのが90時間のお正月休み。

 気象情報をにらみ、行く先を考える。ともかく、吹雪だろうと嵐だろうと、そんなものはへっちゃらだけど、目的地までに要する時間を少なくしなければ。雪道は倍の時間を要するから、雪降りの予報が出ている地方は避けなければ・・・。

 中部国際へ行き、那覇へ飛び、レンタカーを借りてヤンバルへ・・・90時間だと現地で2日間は撮れるが、経費は軽く10万円を超える。悪くない企てだが・・・またにしよう・・・。
 いろいろ考え、ほとんど見たことがない、ウミスズメやアビなどを探そうかと考えた。しかし、時期的にはもう遅いかも知れない。
 それでもいいやと出かける。

 夜明け前に候補地へ着いた。風が強くて波が高いから、静かな湾内へ入っていないかと、行きつ戻りつ、かってウミスズメなど撮った場所を中心に海を見て回るが・・・やはり時期的に遅かったのだろう、お目当ての海鳥は見当たらず。残念・・・12時間のロス。この地での海鳥探しは終了。

 それでも、久しぶりに、車をぶっ飛ばしたし、ワシカモメと出会えたから、ちょっとだけよかったとしよう。


ワシカモメ  2014年2月4日  静岡県

ユリカモメ  2014年2月4日  静岡県

海にもたくさんいる カンムリカイツブリ  2014年2月4日  静岡県

 峠を越えて、東進して別の海へ行こうと東名まで戻ると、なんと、峠は雪が降っているとのこと。雪雲は東へ移動して行くから、東進すると雪雲と追いかけっこになってしまう。

 すぐに西へ方向転換・・・走りながら、どこで東名を降りて何を見ようか考えるが・・・珍鳥情報など集めていないから、候補地が思い浮かばず。むやみに走っていても時間をロスするだけだし。勝手知ったる三重までは遠いし。それなら、まだ撮れていないヒメウの飛んでいる姿を狙いに行こうと決める。ちょっと有名になっている場所だから、だれか撮影していたら、珍鳥情報でも聞こう。

 新東名が出来たからか、昼間の(旧)東名は交通量がかなり少なかった。快適なドライブが出来・・・ドライブに来たのではないが・・・悪くはない。

 ともかく、ヒメウのところへ到着。ここも風が強く、大波小波がざばざば。それでも華奢な体つきなのにヒメウ達は沖へ出かけて行く。どう考えても、カワウが行かないような沖まで出かけているようだ。ヒメウ君は偉いと言いたいが、沖へ向かって飛ばれては、浜辺では撮影が出来ない。海鳥は遠い、やれやれの状況。

 そこには、ちょっと有名になっているらしいクロガモが1羽いるが、干潮で潮が引いたせいもあり、沖にいて、やはり遠い。こちらもやれやれの状況。しかし、強風以外は天気もいいし、クロガモをじっくり見るのも久しぶりだから、夕陽が沈むまでがんばることにした。

                         (続きます)


大波小波がざんぶりと クロガモ ♂ 2014年2月4日  愛知県


2月2日 夕陽のころ

カワアイサ 中央♂ 他は♀  2014年2月2日  長野県 安曇野市

 この頃の天候、なんとも陽気過ぎますね。暖かいに越したことはないですが、2月上旬に雨が降るなんて、おまけに気温が15度を超えるなんて。なんじゃらほいと思います。

 お陰様で、平地の雪は全部融けてしまった。雪が降ったら、頭に雪の帽子をかぶったフクロウ、河原に現れるタシギやタゲリ・クサシギ、雪の舞う谷川のカワガラス、雪降りの中でホバリングするカワセミ・・・秘めたる撮影予定が数々あるのだけれど、雨では何とも。

 また、カワガラスを探しに行ったが、雪が残っている渓流にはまだ戻っておらず、ずっと下流のどうでもいい川にいた。カワガラスだって、雪と氷の冷たい渓流よりも少しでも暖かい中流域の方が暮らしやすいだろうから仕方がないけれど。

 雪の中のカワガラスは、小谷村の姫川まで出かければ、グッドな背景の中にいるのだが、積み上げられた雪がたっぷりあって、駐車スペースがない。以前手ごろな河原の空き地で撮影していたら、ここは雪捨て場だから駐車してはだめと追い出されてしまった。

 いつものように、日が傾く頃に犀川白鳥湖へ辿り着いた。コハクはただ今550羽ほど。例年の半分にも満たない。レンズを出したものの、撮るものがいない。時季が来たのだろう、マガモのカップルが盛んに交尾をしている。昔はそんなシーンもせっせと撮影したが、最近は飽きてしまって眺めるだけ。

 頭上をカワアイサが通ったので、ピント合わせの練習。ついでに降りてくるコハクチョウも練習。練習をしていないと、いざというときに失敗しますから。日頃の練習は大切です・・・とか思いながら。

 何事もない午後が過ぎ、お帰り時刻に。日が長くなった。1月上旬の帰り道は薄暗かったのに、最近は沈む太陽を見ながら車を走らせる。

  

コハクチョウ  2014年2月2日  長野県 安曇野市

コハクチョウ  2014年2月2日  長野県 安曇野市


2月1日 バーコードカラス?

ハシボソガラス  2014年2月1日  長野県 安曇野市

 体の脇が白いカラスがいた。
 それってコクマルガラスの淡色型?図鑑を開き、こんな感じ?

 答えはそうだと言うので、探しに。昨年の11月30日に安曇野で暗色型を2羽見つけている。淡色型が来ても不思議はない。ともかく、自分で確認しなければ何とも言えないので、教えられた場所へ捜しに行く。

 冬鳥が少なくて、手持ちぶさただったので、もしコクマルが居たら、数日間は通って楽しめそうと、かなり期待して現場へ着く。

 すぐに目に付いたのは画像の部分白化個体。この個体は、見つかってから4年目になる。すでに居なくなったと思っていたが、どうしてどうして、しぶとく生き抜いていた。しかも、始めに見つかった場所と同じ場所で。当時と同じ電柱や民家の屋根に止まり、さして広くない範囲内を数羽のハシボソガラスと周回していた。

 以前撮影したときは翼を開いた状態が撮れなかったが、今日はレンズを向けた途端に飛んで逃げたので、上手いことバーコード模様の翼が撮れた。

 もちろん、バーコードカラスなどというカラスはいないが、この部分白化個体は、そう呼びたくなる翼をしている。
 
 その後、水田地帯や住宅の散在する地区を捜したが、ハシボソガラスだけで、コクマルガラスは見つけられなかった。いるかも知れないし、このバーコードカラスの見間違いかも知れない。

 いつか、私のフィールドで淡色型のコクマルガラスと会いたいものです。




※ 真木広造さんの「日本の野鳥650」は出版が遅れ、2月10日になるとのことです。
  同書を紹介した責任上、連絡いたします。


1月分 ホームヘ 3月分