私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


2月分 ホームヘ 4月分

3月31日 第三の男

テングチョウ  2014年3月31日  長野県 安曇野市

 快晴になった。勇んで一昨日のキレンジャクを捜しに行く。しかし、レンジャクは、どこにも、1羽もいなかった。雑木林を歩いてみると、ヤブランの実が見事に、それこそ一粒残さず消えていた。やはり80羽ほどの群の食欲はすごかったと言うしかない。

 すごすごと引き返す道すがら、テングチョウとモンキチョウがいたのでスナップ。今日の雑記はチョウ物語でもと、運転しながら、いつものように頭の中で雑記の下書きを考える。


モンキチョウ  2014年3月31日  長野県 安曇野市

傷病コハクチョウ のぶちゃん  2014年3月31日  長野県 安曇野市

 根性が少し萎えたとは言え、それでも鳥馬鹿精神はまだまだ・・・。何かいるかと白鳥湖へ行く。残っているコハクチョウは26羽。いよいよ白鳥シーズンも終わりそう。
 遊水池で飛べない「のぶちゃん」が羽ばたいていた。昨夏と違って、お友達が2羽いるから、この夏は孤独ではない。とは言え、一抹の寂しさが水面に。

 久しぶりのハシビロガモが、たぶん渡り途中で迷ってしまったのだろう、遊水池にたった1羽浮かんでいた。雑記をチョウからハシビロガモに差し替えようと、撮影を始めたら、飛び去ってしまった。久しぶりに飛び姿をサービスしてもらいラッキーだったのか、頭の中で作文を始める前に飛ばれてしまい残念だったのか・・・完璧夏羽のハシビロ君は綺麗だった。


ハシビロガモ ♂  2014年3月31日  長野県 安曇野市

マルガモ ♂ (第三の男)  2014年3月31日  長野県 安曇野市

 そして本題「第三の男」

 3月24日に、ちょっとややこしいカモの正体を突き止めるという宿題を終わらせた。このままシーズンが終わるかと思っていたが、どっこい自然は、あの手この手を繰り出して、簡単には宿題を終わらせてくれない。

 24日、雑記のタイトルを「ややこしい者ども」とした。2羽だけで「者ども」という表現はオーバーである。実は、24日に書かなかったが、ややこしいカモがもう1羽、いわば「第三の男」がいるはずと記憶していたので「者ども」としたのである。

 映画「第三の男」ほど劇的ではないが、カルガモ村の住人の「マルガモ」は2羽いるはず、しかも24日に雑記したカルガモの雌と番になった個体より前に見つけた個体がいるはず、と記憶していた。
 宿題はその個体と、黒変マガモの雄と考えられる個体の正体を確認することだった。しかし、現実は後から現れた別のマルガモの確認になってしまった。

 毎回、200コマ、300コマと、多いときは1000コマも撮ってしまうので、画像整理がとても遅れている。恥ずかしながら、貯めに貯めて、1年遅れで整理をしている。それで、今シーズンの始めに撮影した大量の画像の中からマルガモを捜し出せないまま、今回の確認作業に入ってしまった。確認の内容は24日に書きました。

 そして今日、再度「第三の男」を見つけてしまった。記憶違いはしていなかった。

 上の画像で、マルガモの横で寝ているのはマガモの雌。マルガモとマガモの雌がもしペアーだったら・・・興味津々で見続けた。どうやら、偶然近くにいただけらしい。しばらくしたら、2羽は離れてしまい別行動をした。

 下は、3羽のちょっとややこしいカモを比較する画像です。しばらくマルガモ「第三の男」を観察する宿題が生まれてしまった。

 ※マルガモとは
 マガモとカルガモの交雑個体のことです。

24日に雑記した マルガモ ♂  2014年3月24日  長野県 安曇野市

マルガモ ♂ (第三の男) 2014年3月31日  長野県 安曇野市

 体色異常(黒変?)のマガモ ♂ (ややこし君) 2014年3月24日  長野県 安曇野市


3月30日 春本番入口

抱卵中のハシブトガラス  2014年3月29日  長野県 安曇野市

ヒヨドリ  2014年3月29日  長野県 安曇野市

 お出かけも、雨ではどうしようもない。昔は土砂降り雨でも出かけていたが、最近は根性が不足気味。昨日撮影した、春本番入口のスナップを。

 ハシブトガラスは、昨春と同じ巣で抱卵を始めた。カラスは人間以外天敵がいないので、素通しの木の上でも平気で抱卵している。快晴で20度を超えた気温、直射日光が暑かったのだろう、大口を開けて、ゼーゼーハーハーと体温調節をしていた。

 突然の暖かさにネコヤナギも咲き始め、目ざといヒヨドリがさっそくパクついていた。ヒヨドリは何でも食べるが、この時期はネコヤナギの花が特に美味いらしく、ネコヤナギの群落では何羽ものヒヨドリがたかっている。花の他に新芽も食べてしまうから、ネコヤナギには大いに迷惑なヒヨドリだろう。

 カラスの大口開きも、ネコヤナギの花を食べるヒヨドリも春本番入口の光景である。



 下は昨日使おうか迷って棚上げにしたキレンジャク、瞬間でもていいから横を向いてと願ったが、思いは届かず。斜陽の中のキレンジャクは綺麗だった。


キレンジャク  2014年3月29日  長野県 安曇野市


3月29日 レンジャクを追って

ヒレンジャク  2014年3月29日  長野県 安曇野市

キレンジャク  2014年3月29日  長野県 安曇野市

 レンジャクを探しに行った。昨日30羽ほどいたから、まだフィールド内の何処かにいるはず。経験的に確信があった。

 フィールド内にヤドリギはひと株もないが、林床の所々に群生するヤブランの実を食べにレンジャクの群はやって来て、もろもろの条件が揃うと、10日間ほど飛び回っている。
 たとえば、ヤブランの実が豊富なこと、実を食べ尽くす頃にヤナギの新芽がたくさん芽吹いていると。実から新芽へ移るから滞在期間は延びる。

 まず、昨日出会った場所へ行く。写友が林を透かしてカメラを構えていた。うん、まだいるみたい・・・。しかし、私が林の中まで行く間にレンジャクは消えてしまい、1羽だけが梢に残っていた。しばらく探すが群には会えず。

 諦めて第2ポイントへ。耳を澄まし、目を凝らし・・・雑木林の梢にたむろしているレンジャクは、なかなか見つけにくい。そこには1羽もいなかった。ヤブランの実が残っていたから、ここへはまだ来ていないらしいと判断。

 第3ポイントへ移動。数年見続けているので、レンジャクが現れるポイントをいくつか記憶している。冬に群が現れると、ツルウメモドキへまず行く。春はヤブラン。この3年は冬には現れなかったが3月末から4月上旬に群が通過した。

 第3ポイントですぐに群を見つけた。騒々しく鳴き交わしながら地上へ降りたり、木々の間を飛び回っていた。初めは昨日と同じ30羽ほどと思い、例のごとく、そろりと近づく。

 手入れがされていない雑木林だが、先の大雪でブッシュや枯れ草がぺしゃんこになったので見通しはいい。その分、レンジャクからも丸見えだから、簡単には寄れない。それと、大きな倒木や風で落ちた大きな枝がごろごろしているから、それらを回って避けたり、くぐり抜けたり、障害物レースに腰が痛い。

 撮影し出来そうな距離まで近付いたら、30羽どころか80羽ほどいると分かった。これは大変と思った。例年せいぜい20、30羽の群が来るだけだから、ヤブランの実はすぐにはなくならない。しかし、80羽もが一気に、よってたかって食べたら実はすぐになくなってしまう。とうぜん彼らの滞在期間は短くなり、楽しめる期間も短くなる。



キレンジャク(奥)とヒレンジャク  2014年3月29日  長野県 安曇野市

 80羽もいるなら、キレンジャクも混じっているはずと、興味の対象はキレンジャク探しに移行。右往左往しているレンジャクの中から見つけ出すのは難しいが、探し出す方法を経験的に覚えている。この方法は万能ではないけれど。

 レンジャクのほとんど、あるいは全部がヒレンジャクであり、キレンジャクはごく少数しか混じっていない。それが最近の傾向である。もし、混じっていたら、群の中心ではなく、外れにぽつんと1羽止まっていたりする。今日も、右往左往の群は後回しにして、付近の枝を見回す。黄色君いないか〜いと。

 嬉しいことに、80羽ほどの中に黄色君が1羽いた。たぶん1羽だろう、1羽しか見つけられなかったから。もう、キレンジャクをどう撮るかしか頭になく、キレンジャクへ接近しようと必死。苦心惨憺、引っ掻き傷数個・・・それでも、うまく撮れず、なかなか近寄れず。

 

水を飲むヒレンジャク  2014年3月29日  長野県 安曇野市

ヒレンジャク  2014年3月29日  長野県 安曇野市

 群へ接近を始めたのが15時40分ころ日が長くなったとは言え、すぐに夕方は来る。ごそごそ動き回っている間に、雑木林の中は暗くなり始める。見失ったキレンジャクを見つけ出せないまま今日の午後は終わってしまった。

 明日は雨だと予報が出ているし・・・レンジャクの群、せめてあと3日は滞在して欲しいが、ヤブランの実は残り少ないし・・・気がもめる。

 帰り道、空を見回すと、常念岳へ日が沈むところだった。冬には見られない雲が横たわり、空もすっかり春になった。この雲行き、確かに明日は雨になりそう。



3月28日 春が来た、来た

クサシギ  2014年3月28日  長野県 安曇野市

 最高気温が20度を超え、汗ばむくらい。暖かさが、すぐに越冬昆虫に伝わったのでしょう、昨日チョウが現れないと書いたことが、すぐにひっくり返りました。松本平はまだ梅が5分咲きにもなっていないのですが、春が来た、来たと感じた日でした。

 いつものように午後だけのお出かけでしたが、モンシロチョウ、キタテハ、ヒオドシチョウ、テングチョウ・スジボソヤマキチョウを見かけた。クサシギを撮影中にモンシロチョウがひらひら・・・撮りたかったけれど、クサシギを優先。そりゃ、鳥馬鹿だから当然です。エナガを撮影中にテングチョウが現れた。どちらを撮るか、エナガでしょう!鳥馬鹿だから・・・でチョウの写真は後日回しに。

 まだほとんど冬羽のクサシギを先日見つけたが、なかなか近寄れず、撮影出来ないままでいた。ストレス溜まるぅ〜〜状態。たかがクサシギなのですが。

 今日、ようやく撮影可能な距離まで近づけた。クサシギが顔まで水中にいれて食べ物を捕る瞬間や、背を向けている間に、じりっと距離を縮めて。久しぶりに300コマ以上も撮ってしまった。ストレスが解消出来た。

 撮影しながら、腰が黒くないかと・・・また無い物ねだりの夢を見る。なかなか腰の色まで見られなかったが、粘っていたら水浴びをした。お陰様で、久しぶりに複雑な翼の裏面や脇腹の波状斑まで見られた。腰は白かった。当然なんだが、もし黒かったら、超珍鳥なんだけれど。


クサシギ  2014年3月28日  長野県 安曇野市

水浴び中のクサシギ  2014年3月28日  長野県 安曇野市

 巣作り中のエナガの画像を3月12日に雑記に載せた、そのエナガの巣は1週間も経たたずに壊されてしまった。破壊の現場を見ていないので、特定出来ないが、犯人はたぶんハシブトガラスだろう。

 今日は、別の番が巣作り中だった。この巣も丸見えで、鳥見人には観察しやすい場所で嬉しいが、その分危険度も上がる。ここも、カラスに襲われなければよいのだが。


巣作り中のエナガ  2014年3月28日  長野県 安曇野市

 モンシロチョウとテングチョウの撮影が出来なかったので、雑記帳のネタはクサシギとエナガだけでもいいかと思いながら、それでも河原や雑木林をうろうろ。暖かさのおかげで、ここでもいろいろな昆虫に出会ったが、名前が分かり、撮れたのはヒオドシチョウとオツネントンボだけ。昆虫はまるで勉強してないから、名前が分からなくても仕方がない。しかし、あの大雪の中、どこで越冬していたのだろうと不思議になる。
 
 

ヒオドシチョウ  2014年3月28日  長野県 安曇野市

オツネントンボ  2014年3月28日  長野県 安曇野市

 16時を回りお帰り時刻が。しかし、最後の最後、雑木林の外れで、ハッとする声を聞いた。やったと思いながら、そろりと近づく。そもそも林の外れへ行ったのは、そこがレンジャクの来る場所だから。南風が吹き込んだし、汗ばむほどの陽気になり、春本番が来たと感じたから。

 ヒレンジャクが30羽ほどいた。最近、各地でレンジャクが渡来していると、何件ものブログが検索にかかる。うらやましかった。
 しかし、ついに安曇野にも、私のフィールドにもヒレンジャクが到着した。嬉しさのあまり注意散漫になり、地面の枯れ枝を踏んでしまい、ボキッ、バキッと大きな音を立てしまった。レンジャクは飛び去ってしまい、証拠写真が3コマしか撮れなかった。残念、でもまぁ、明日もいるだろうから、明日は慎重に近寄ろう。


ヒレンジャク  2014年3月28日  長野県 安曇野市

 お帰り時刻をずいぶん回ってしまった。いそいで車へ戻る途中、ベニマシコが地面から飛んで逃げ、冬枯れのままのノイバラへ止まった。逆光が綺麗・・・私の好きな光景。お帰りがどんどん遅くなる。


ベニマシコ  2014年3月28日  長野県 安曇野市


3月27日 やったね、マルガモ君

カワラヒワ  2014年3月27日  長野県 安曇野市

 我が家から一番近いイワツバメのコロニー、それは横断歩道橋だが、やっとイワツバメが戻って来た。昨年は3月16日だったから、およそ10日ほど遅れている。今さらだが、寒い初春だった。
 雑木林に、キタテハが現れただけで、チョウは未だ1匹も現れない。昨春はモンシロチョウやモンキチョウが飛んでいたのだが。
 自然は、埋め合わせをする。10日遅れたら、それを4、5日で取り返す。つまり、すぐに一気に春本番が来るだろう。

 カワラヒワが巣材だろうか羽を運んでいた。急いで巣作りをしなければならないのか、ずいぶんと欲張った量を運んでいた。


カワラヒワ  2014年3月27日  長野県 安曇野市

マルガモと連れ合いのカルガモ  2014年3月27日  長野県 安曇野市

マルガモと連れ合いのカルガモ  2014年3月27日  長野県 安曇野市

 24日には、カルガモの雌に嫌がられていたマルガモ君、どんな手を使って口説き落としたのか、しっかりカルガモとペアーになって、それはもうラブラブ。一押し、二押し、三にごり押しで口説き落としたのだろうか、ともかく、やったね、マルガモ君。2羽の間に子が生まれたら、どんな体色になるだろう。次の冬が楽しみだ。

 これで、カルガモ村のマルガモは、自分をカルガモと認識していて、連れ合いにカルガモを求めた、と理解していいだろう。24日に書いた「ややこし君」はマガモの雄なので、当然マガモの雌とペアーになった。これで、2シーズンかかった、2羽のちょっとややこしいカモの追っかけに一応の区切りが付けられる。宿題がひとつ片付いた。


羽ばたくマルガモの連れ合い 手前はややこし君夫婦  2014年3月27日  長野県 安曇野市

マルガモと連れ合いのカルガモ  2014年3月27日  長野県 安曇野市


3月25日 あけび病院へ行く

 あけびが怪我をした。医者の見立てだと、何処かのネコと喧嘩をして引っかかれたのでは、とのこと。最近、大喜びで庭を走り回り、屋根の上でハシブトガラスと対決していたのは知っているが、近所にネコはシャム崩れの雄が1匹いるだけだから、喧嘩したと言われても・・・。

 昨日の昼、後ろ足から血が出ていた。どこかで引っかけて来たかと思い、ヨーチンを塗っておいた。そこまでは普通に飛び回り、新聞紙の下へ潜り込んで遊んでいた。

 ところが、夜様子がおかしくなった。後足でなく、前足を床に付けずに、ひょこ、ひょこと歩く。捻挫でもしたかと触ると、ものすごい声を上げて痛がる。おさえてチェックしたら、特に傷口は見えなかったが、幾分腫れていた。

 今日は、いつものようにはしゃがず、朝からごろんとしていた。毎朝5時半には寝ている私の顔をつついたり、鼻を舐めたりする。腹が減ったから何か食わせろの合図なのだが、今朝は何の挨拶も無し。いつも通りカリカリ餌を与えても、食べない。好物の缶詰を開けたが、食欲ゼロ。

 あけびをつれて病院へ。レントゲンを撮るが骨には異常なし。体温が少し高いとのこと。腫れているので、前足の毛を剃り検査。傷口が見つかり、化膿していた。どうやら、2、3日前に怪我をしたらしい。

 ぎゃ〜〜とか、みゃお〜〜んとか大騒ぎして、治療が終わった。犬猫病院は健康保険がないから、私の5年分の医療費より高額な費用が・・・。

 足をぐるぐる巻きにされ、エリザベスカラーを付けられ、あけびはふて腐れ。カラーを外そうと、後ずさりで部屋をぐるぐる回るが外れない。いつも通れる隙間が、カラーがひっかかって通れない。あちらでごつん、こちらでごつん・・・可愛そうだが仕方ない。

 普段は絶対入らない布団の中へ潜り込みふて寝している。
 


3月24日 ややこしい者ども

ややこし者ども  2014年3月24日  長野県 安曇野市

 まず、本日の登場人物(カモ)の紹介です。上の画像で

  @ カルガモ♀ マルガモA が執着しているが、まるでその気なし
  A マルガモ♂ (通称カルガモ村のマルガモ)マガモ x カルガモの交雑個体
  B マガモ♂ 比較用 ごく普通のマガモ♂
  C マガモ♀ ややこし君D の連れ合い
  D ややこし君 マガモ♂ 体色異常な個体(黒変?)


マルガモ  2014年3月24日  長野県 安曇野市
 
  残っているコハクチョウは50羽になり、越冬していたカモの9割以上が渡去した。白鳥湖が静かになり、特定のカモを観察しやすい状況になった。加えて、連休が終わり人間もほとんどいない。更に加えて、実に春らしい陽気になり、あちこちで、マガモが交尾をしている。これだけ条件が揃うのを、心待ちにしていた。山積みに残っている宿題のひとつを解決する時期が来た。

 宿題は、2羽いるちょっとややこしいカモの正体を突き止めること。その1羽、マルガモ♂(画像のA)は交雑個体で間違いないだろう。これは早くから分かった。カルガモの群の中にいて、常にカルガモと共に行動している。それで、カルガモ村のマルガモと愛称を付けたのだが、最近とみにカルガモの雌を追いかけては逃げられている。

 問題はDのややこし君。この個体、マガモの雌の雄化した個体なのか、それともマガモとカルガモの交雑個体なのか、それとも・・・。今日最終的に、ややこし君Dはマガモの雄であると判断した。以下縷々考えたことを書きます。

 まず、ややこし君は雌のマガモと交尾をした。ご丁寧に、観察していた2時間ほどの間に、2回もいたしていただき、ご馳走様!でした。これは宿題解決の大きな糸口でした。ややこし君は雄であり、雌ではない。ただし、下のような疑問はまだ残ります。

 まず、問題点をひとつ。雄化した雌が、雄と同じ行動、つまり交尾をすることがあるかという設問が浮かぶ。これについて、私はまるで知識がない。しかし、ほとんどそのようなことは起こらないだろうと考える。6シーズン、オナガガモ雌の雄化した個体を見続け、交尾するような行動を一度も見ていないからである。

 次の問題点は、マルガモの雄は、カルガモともマガモとも交尾するかという問題。これも答えを知らないので、何とも言えない。
 仮に、Dのややこし君がマルガモだとすると、マガモの雌と交尾したことになり、今日の結論に至れない。
 
 しかし、別の視点として、外見的にAはカルガモの要素が嘴や背中などに残っているからマルガモでよく、Dはカルガモの要素が見つけられないから、マルガモ(交雑個体)ではなくマガモの雄でよいと考えます。 

 いろいろ書きましたが、ややこし君はマガモの雄で、色彩異常の個体でしょう。以前に「黒変個体」とこの雑記に書きましたが、そう呼んでよいものか、知識の乏しい私には断言は出来ません。

 

ややこし君  2014年3月24日  長野県 安曇野市

すれ違う マルガモとややこし君  2014年3月24日  長野県 安曇野市

広い河原に二人だけ  ややこし君と連れ合い  2014年3月24日  長野県 安曇野市

交尾する ややこし君と連れ合い  2014年3月24日  長野県 安曇野市

 今日は宿題をひとつ片付けた。黒っぽいややこし君とマガモ雌の間にどんな子供が生まれるのだろう。まさか真っ白な子供は生まれないだろうが。想像してみたが、まるでイメージが浮かばなかった。子供を見てみたいが、それは無理な注文だろう。

 白鳥湖にいるもう一羽のちょっとややこしい子まで現れた。水面で伸びているマガンの幼鳥。この幼鳥は、シーズン初めの頃に、共に行動していた(ついて回っていた)コハクチョウの家族とは別行動をするようになった。未だに自分をマガンだと、白鳥ではないと認識出来ていないのだろうか。

 コハクの家族がまだ残っているのか分からないが、もたもたしていると帰り損ねてしまうのではと、いらぬ心配をしてしまう。帰らずに、ずっと残って越夏したら、それはそれでまた楽しいけれど。

 春の午後が、ちょっとややこしいカモ見だけで終わった。それでも鳥馬鹿には楽しい2時間だった。もっとややこしいカモが立ち寄ってくないかしらと青空を見た。宿題も増えるだろうが、楽しさは何倍にもなるだろうに。



3月23日 ヒバリ揚がる

揚げヒバリ  2014年3月23日  長野県 安曇野市

オオジュリン  2014年3月23日  長野県 安曇野市

 予定通りと言うか、予想通りと言えるか、ヒバリがさえずりながら青空へ揚がった。北風だったので、顔を太陽の方へ向けてもらえなかったのが残念だが、とにかく2羽のヒバリが揚がった。移動性高気圧がしっかり日本列島を覆う明日は、さらによく揚がるだろう。そして、松本平へ南風が入って来る明後日は、新しい旅鳥が入ってくるだろう。

 揚げヒバリはともかく、今日はオオジュリンに午後いっぱい張り付いていた。

 フィールドの一隅で10羽前後のオオジュリンが昔から越冬していた。ところが、2シーズン前から、葦原に灌木が育ち、洪水で葦原が半減したので、オオジュリンが越冬しなくなり、フィールド内にオオジュリンはいなくなった。毎シーズン楽しみにしていた出会いがなくなり寂しかった。

 この冬、別の葦原でオオジュリンを見つけた。やれ嬉しやで、時々チェックしていたら、大雪の前に10羽ほどがいると分かった。大雪の前は愛想がいい個体が多くて、かなり接近出来、この雑記にも画像を載せた。

 その後、大雪に葦原のほとんど埋まり、オオジュリンは見られなくなった。何処かへ行ってしまうだろうと想い、また寂しくなった。しかし、雪が融けて枯れた葦が現れると、再び何処かからオオジュリンは現れた。やはり10羽ほど。たぶん同じ小群が戻ったのだろうと推測している。

 オオジュリンは戻ったが、愛想が悪くなり、前ほど近づけない。それで、撮影は諦めたが、チェックだけはしていた。
 最近、背後から見ると、やけに白っぽい個体が目に付く。よもや、そんなことあり得ないと思いつつ、もしかして1羽だけシベリアジュリンではないか・・・また、鳥馬鹿の無い物ねだりだが顔を出し、しばし夢を見る。正体を突き止めるという宿題が生まれた。

 越冬中のシベリアジュリンは、フィルムカメラの頃、九州でほんの2羽を見たのと、2002年に愛知県で1羽を見ただけ。もしシベリアなら久しぶりの出会い、夢は少し膨らむ。

 かなり根性入れて数羽を見た。ほとんどが葦の根元付近で行動しているので、全羽を見ることは出来なかったが、怪しいやつと思った白っぽい個体(左の画像)はよく双眼鏡出来た。残念ながら、シベリアジュリンの特徴はひとつもなく、どうみてもオオジュリンだった。無い物ねだりは夢のままでお仕舞い。

 ヒバリの揚がった午後、夢がひとつ消え、宿題がひとつ終わった。(画像の3羽は別個体です)
 


3月22日 コチドリ現る

コチドリ  2014年3月22日  長野県 安曇野市

ツバメ  2014年3月22日  長野県 安曇野市

 我が家の梅が3輪咲いた。それでも、最低気温は零下の毎日。毎春この句を思い出し、雑記帳に書く。日射しは春本番だが、空気は早春のまま。
 
   梅一輪一輪ほどの暖かさ (嵐雪)

 今日の新顔はコチドリ君。昨春も初コチドリは22日に現れた。記録をくくって、一致に驚く。昨日のツバメもそうだが、空気の冷たさ、北風の冷たさに関係なく、渡り鳥たちは律儀に渡って来る。
 例年より1週間以上遅れているのはヒバリのさえずり。賑やかな揚げヒバリもそろそろ聞かれるだろう。

 今日はツバメを2羽見かけた。暇だったので、840mmで飛んでいるツバメを狙ってみる。まさに暇人。昨日よりツバメらしく写ったが、まぁ、写真と言うにはほど遠い出来。長い尾羽から成鳥なんだろうと想う。

 
 今季、ややこしいカモは、オナガガモの雌異常体が一羽来ただけ、退屈なシーズンだった。特記事項として残るのは、200羽ほど越冬するヒドリガモのこと。

 これまで、安曇野へ飛来する雄ヒドリガモの半数ほどが頭部に緑色の光沢がある、なんとなくアメリカヒドリの血が入っていると想像出来る個体だった。確かに交雑個体と判る個体も数羽いた。多いときには、図鑑に掲載されている標準的な、つまり頭部に緑色の羽毛がない個体を探し出す方が困難なくらい「交雑個体っぽい」個体が多かった。この雑記に「普通のヒドリを探し出すのが難しい」と書いた冬もあった。

 この状況が昨シーズンから変化し、ついに、今シーズンは頭部に緑色のない標準的な雄ヒドリガモばかりになった。ややこしい個体を探し出せなくなった。この変化は今後も続くのか、飛来するヒドリガモのグループが替わってしまったのか・・・鳥馬鹿に、また宿題が増えました。


イソシギ  2014年3月22日  長野県 安曇野市

 車に籠もって、セキレイを見ていたら、イソシギが車の下を通り過ぎた。あまり自信のない見立てだが、雨覆の波状斑は幼羽の名残、肩や背中はすり切れた羽は第1回冬羽だろう。鳥の羽衣も冬が終わり春が来ている。

 セグロセキレイ、褐色の風切が残っているので、第1回冬羽個体だろう。ここまでは私でも識別可能だが、先日買った図鑑「650」にはセグロセキレイの雌雄の別が記載されている。こいつは困ったと読みながら思った。セグロセキレイは雌雄同色で、雌雄の別は交尾の最中しか判らないと考えていた。またまた、宿題が増えた。それで、暇人はセグロセキレイを見に行ったのである。
 
 

セグロセキレイ  2014年3月22日  長野県 安曇野市

 幸い私がフィールドにしている犀川流域にセグロセキレイはたくさんいる。車を止めた場所でも5羽いた。5羽を見比べたが、う〜ん・・・皆同じじゃん・・・光線具合にもよるが、どれも背中は真っ黒。

 苦肉の策で、露出オーバーに撮影してみる。そうすれば背中の黒い部分がいくらかでも明るく写り、「第1回冬羽」の「雌は背が灰色がかる」が見えるかも。例えば、上の画像、雌第1回冬羽かしらと思ったが、光線の具合で色は変化するから、結局、よく分からず。識別は難しい。宿題は山積み。

 下は、逃げ遅れたタヒバリ。今日は5羽の群がいて、4羽は釣り人の車が近付いたので、飛んで逃げたが、逃げ遅れて、どうしようか思案中。車が通過するまでこのままたたずんでいた。
 3月末から4月上旬、旅の途中のタヒバリが少数の群で立ち寄る。越冬個体とは明らかに別個体。タヒバリの雌雄は識別不能、どの図鑑にも記載がないから。

 春分を過ぎ、河原も少し賑わいだした。コチドリも、タヒバリも来たから、明日はヒバリがさえずるだろう。

 

タヒバリ  2014年3月22日  長野県 安曇野市


3月21日 弦鳥至

オオダイサギ(ダイサギ)  2014年3月21日  長野県 安曇野市

 オオダイサギは嘴が少し黒ずみ、目の周りが緑色に変わり始め、夏色(夏羽)に移行中。春ですねぇ〜と言いたいところですが。

 春分だというのに雪が舞い、北風は冬の冷たさ。やっと、日だまりにタンポポが咲き始めました。松本平の春はここまで進んでいますが、今年は寒い春が続いています。

 七十二候で「玄鳥至(つばめきたる)」は4月5〜9日ですが、松本平では例年3月20日頃に初ツバメを見かける。イワツバメはツバメより1週間ほど早く来る、つまり春分より前に来る傾向にある。

 今年はイワツバメの渡来を確認出来ないまま春分になった。もちろん100%のカバーを私だけでは出来ないから、見落としている可能性もあるが。
 昨春、初イワツバメは16日、初ツバメは21日に確認している。ならば、2種とも、もう来ているはず。それで、今日は根性入れてツバメ探し。

 まず、イワツバメ5羽の集団を見つけた。この5羽が今春の初イワツバメ。ツバメが混じっていないかチェックしたが、見当たらず。ツバメの渡来はまだ先なのかと、少し気落ち。

 しかし、その後もしつこくツバメ探し。御宝田池近くでやっと2羽のツバメと出会え、今春も初ツバメは21日と記録できた。そう、春分以前に来てくれないと、私の我流鳥暦とずれてしまう。
 午後いっぱいかけて、ツバメは3羽確認できた。まずは、頂上!

 うまく撮れませんでしたが、下が今日確認した3羽目のツバメです。ツバメたち雪の舞う中を、本当にご苦労様、鳥馬鹿の意地に付き合ってくれて。

 小雪の舞う中で、一歩春が進みました。

 

ツバメ  2014年3月21日  長野県 安曇野市


3月17日 ゴールデンタイム

オオハクチョウ 幼鳥  2014年3月17日  長野県 安曇野市

 にわかに暖かくなったが、鳥見の方は相変わらず。今日も「さしたる事もなく」状況。昨年の今頃はイワツバメが飛び回り、古巣へ出入りしていたのだが、今年はまだイワツバメも現れない。

 昨年の今頃は、ヒレンジャクの群が安曇野を回っていたし、コウノトリの「えっちゃん」がふらり大町市へ現れたり、何よりハチジョウツグミの第1回冬羽個体が白鳥湖で長逗留していたり、忙しかったが・・・今年の鳥見はどん底状態。

 御宝田池で、例のごとくカモをチェックしながら写友と雑談していたら、目の前へオオハクチョウの幼鳥が現れた。カモは真剣に見ていたが、白鳥は全然見ていなかったので、このオオハクがいつ来たのか分からない。しかし、お客様いらっしゃ〜いでしょうか。

 別の写友の話だと、今朝40羽ほどのコハクが北へ帰って行った。このオオハクはその群と一緒に飛び上がり、北へ飛び去ったが、しばらくしたら戻って来たとのこと。写友曰く「なに考えてるんだろうね」その白鳥大好き写友に寄ると、このオオハクはこの冬諏訪湖で越冬していた個体だという。

  

夕陽を浴びて コハクチョウ  2014年3月17日  長野県 安曇野市

 さしたる事もない時間がゆるゆると流れ、春霞を通した夕陽が水面で輝き始めた。久しぶりのゴールデンタイム・・・しかし、白鳥は飛ばず、ゴールデンのきらきら水面へはカモしか行かず・・・憑いてない日だ、今日はと思いながら、それでもお帰り時刻を大幅に延長して、何か起こらないかと待つ。今日は鳥見馬鹿から鳥写真馬鹿に変身して。

 下は、遊んでいるのではなく、お食事中です。たまに、ハシビロガモがするように、首を真っ直ぐに伸ばして、水面に浮いた食べ物をすくい取って食べます。この行動はごくたまにしかしませんので、君は何してるのと聞きたくなります。水面に食べ物はほとんど浮かんでいないはずから。


夕陽を浴びて、お食事中 コハクチョウ  2014年3月17日  長野県 安曇野市

ゴールデンタイム オナガガモ ♂  2014年3月17日  長野県 安曇野市

ゴールデンタイム ホシハジロ ♂(左) ヒドリガモ ♂(右)  2014年3月17日  長野県 安曇野市

 太陽が常念岳へ沈むまで待ったが、キラキラ水面から飛び立った白鳥はたった3羽だけ。なんとか捉まえたが、まだまだ想いの丈に届かず。それでも、飛んでくれた3羽に感謝。

 さらに時は過ぎ、キラキラ水面が消える頃、常念岳の頂へ太陽がかかり、いわゆるダイヤモンドリング。この夕景の中をコハクチョウに飛んで欲しかったが・・・夢はいつか叶うでしょう。

 冬季は雲がかかるので、こんな光景は希に現れるだけ。現れても白鳥が夕日の前を飛ぶのはもっと希だから、撮りたいイメージはいっぱいあるのだけれど・・・夢はいつか叶うでしょう。

 春になると、こんな光景が時々生まれる。移動性高気圧が日本列島の真上にあるときは、たいていこの光景が生まれる。ところが、白鳥の大半は北へ帰ってしまった後・・・夢をいつか叶えようと今日も思う。


常念岳へ沈む夕日  2014年3月17日  長野県 安曇野市


3月16日 チョウゲンボウ

コハクチョウ 家族  2014年3月16日  長野県 安曇野市

 今日は御宝田池周囲の茅を野焼きしたので、白鳥もカモも白鳥湖へ避難してしまった。中には根性のあるやつがいて、火が消えるとすぐに池へ戻ったが、大半は引っ越してしまったのでカモ見が出来なかった。それで、あちこちウロウロしたが、さしたることもなくの午後・・・まぁ、最近は、さしたることもなくの日々が続いているが。

 コハクチョウの家族、右端と右から3羽目が親鳥。2羽は、嘴の黄色い部分(ビルマーク)が嘴の上部で繋がっている個体と、しっかり左右に分かれている個体である。

 子供4羽の嘴を比べると3羽はよく似ていて上部で繋がっている。1羽だけ、気持ち上部で繋がっているが、左右に分かれている親鳥に近い。これで何かを言うつもりはないが、ひとつだけふむふむと思うことがある。

 たくさんいるコハクチョウを見ると、上の個体のようにビルマークの繋がっていない個体が、ビルマークの繋がっている個体よりとても少ないということ。この家族を見てなんとなく納得出来る。ただし、きちんと数百羽以上をチェックした上での結論ではないから、単なる直感の話ですが。

 

チョウゲンボウ   2014年3月16日  長野県 安曇野市

 道路を走っていたら、電柱にチョウゲンボウが止まっていた。普段は通過してしまうが、今日は何も撮れていなかったので、久しぶりに600mmレンズに1.4倍になるレンズも付けて、手持ちで挑戦した。たいてい上の画像くらいの距離で逃げてしまうのだが、今日は機嫌がよかったのか、こちらを見ているだけで飛ばない。ならばと、すたすたと近づいてパシャ、パシャ。下の画像もトレミングなしです。

 最近の図鑑は、チョウゲンボウとチョウセンチョウゲンボウの2亜種に分けている。はたして、松本平までチョウセンチョウゲンボウが越冬に来ているか、全く分からない。大陸で繁殖しているコチョウゲンボウが越冬に来るから、来ている可能性はゼロではない。一度でいいから、チョウセンチョウゲンボウを見てみたいものだ。ふと、そんなことを考えた。考えるだけの余裕をくれた、飛ばずに我慢してくれたチョウゲンボウ君に感謝。


 下は上の画像をトレミングしたもの。さすがに撮影者までは写らなかったが、大きな目に薄雲の中で光る太陽が。チョウゲンボウの目は大きくて、なんとなく愛らしい。コチョウゲンは、流し目というか、ちょっとシニカルな目線を向けて来るので、可愛さ半減と思う。

 小学生だった頃、自転車を飛ばして、我が家から5、6km先の丘陵までチョウゲンボウを見に行った。松本の市街地近郊にある中山丘陵の崖で数番が繁殖していた。今から思えば、鳥馬鹿はあの頃から始まっていたのだろう。東京に出てしまったので、その後いつまで中山丘陵で繁殖が継続したのか知らない。今は、崖は木々に覆われ、前面に広がっていた水田や畑はすべて市街地に飲み込まれている。当然チョウゲンボウは繁殖していない。

 当時は、カメラどころか双眼鏡もなかったから、こんなにハッキリとチョウゲンボウを見られなかった。あの頃に比べ、今は幸せです。


 飛ばないなら、正面から撮ってやろうと、さらに1、2歩移動したら、さすがに気持ち悪くなったのだろう、チョウゲン君、彼方の電柱へ移ってしまった。



3月14日 そろそろお別れ

カシラダカ  2014年3月14日  長野県 安曇野市
 
 いきなりですが、国税庁のホームページによると、
 「その年において公的年金等に係る雑所得を有する居住者で、その年中の公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その年分の公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には確定申告の必要はありません。」
 とされています。

 お上の言うことを愚直に信じるなら、例えば、公的年金しか収入がない私は、もちろん年金を400万円も受給していませんから、確定申告の必要はありません。
 しか〜し!お上の言うこと、マスコミの言うこと、世間の常識、そんな者どもについては、一度眉につばを付けて、よ〜く考えなければいけません。

 もちろん確定申告をしました。結果、約11万円が還付されます。つまり、取得税を11万円も多く徴収されていたわけで、申告しなければお国の総取りになります。

 その11万円で、Win8入りノートパソコンが買えました、という落ちの話です。私がアホなのは、先を考えずにPCなど買ってしまったこと。これから、自動車税や市民税、国保・・・たくさんの納入通知書が来るのに。


ジョウビタキ ♀  2014年3月14日  長野県 安曇野市

 鼻がとれてしまいそうなほど風が冷たく、一昨日の「春うらら」は幻だったのではと思えるほど寒い日でした。それでも、フィールドの半分をチェック。相変わらず数少ない鳥さんを眺め・・・そろそろ、この鳥さん達ともお別れかなどと、なぜか感傷的な気分になる。雪が時々舞ったり、雲に覆われて太陽が見えなかったから、そんな気分になったのだろう。

 することがないから、そろそろお別れの鳥さんを撮る。このところ増えたカシラダカ、ミヤマホオジロが混じっていないかと目を凝らすが、今年は外れ年、雄が2羽通過しただけで、ミヤマはさっぱり現れない。

 たぶん雑木林で越冬したジョウビタキの雌、12月以降ほぼ同じ場所で度々出会った。そろそろ消えるだろうから、記念撮影。

 そろそろ気の早いチュウダイサギが現れる頃。オオダイサギと2亜種が並んだところを撮りたいと、やはり目を凝らしてダイサギを見ている。これまで2回(1回は三重県)撮影出来たが、まだまだの出来映え。
 犀川では、オオダイサギが去った後にチュウダイサギが現れるのが普通なので、なかなか2亜種が揃わない。今春はなんとか・・・と、思うのだけれど、オオダイサギはどんどん減っている。

 コハクチョウは、360羽ほどになった。遅くまでいるごく少数のコハクは、背後のヤナギが新緑になるまでいるのだが、さて今春はどうだろう。新緑を背景に飛ぶ姿を何度も撮っているが、まだ気に入る絵は撮れていない。

 自分を白鳥だと勘違いしているマガンの幼鳥は、まだ自分がマガンだと認識出来ないらしく、コハクに混じって水田へ出かけたり、御宝田池にいたり、白鳥湖にいたり、時にはコハクの群の先頭を切って安曇野を飛び回っている。
 換羽がどのくらい進むかときどきチェックしているが、飛来した11月中旬から腹の黒斑はほとんど増えず、嘴基部の白い部分も、ほとんど大きくならずで、ぱっと見ほとんど変わっていない。マガンの換羽は時間がかかると教えてもらえた。

 今日の画像は、そろそろお別れの鳥さんたち。明日にはもう会えないかも知れない。

 気象予報だと、明日からは気温が平年より高めになり、春らしくなるとのこと。ツバメが来るか、コチドリか・・・去る鳥あれば、来る鳥あり。鳥見で忙しい春になって欲しいものです。

 

オオダイサギ(ダイサギ)  2014年3月14日  長野県 安曇野市

コハクチョウ  2014年3月14日  長野県 安曇野市

マガン  2014年3月14日  長野県 安曇野市


3月13日 いたずら娘

 2014年3月13日

 うつらうつらしながらテレビを見ていたら、何かのコマーシャルで、ネコの行動を4コマ漫画風に仕立てていた。それが「あけび」の行動と全く同じなので、夢うつつに笑ってしまった。

 その1、毎朝、寝ている私の顔を前足でつつく。ほぼ5時半頃。腹が減ったという合図。毎朝私は6時前に起こされる。寝入るのが1時、2時でも「あけび」は容赦してくれない。かくて、私は寝不足状態が続くことに。

 その2、パソコンを始めると、かならずマウスを占領し、コードをかじったり、右手にじゃれついて操作の邪魔をする。机上から床へ降ろしても、すぐさま机上へ飛び上がり、同じ事を繰り返す。

 その3、仕方がないので、パソコン操作を中断して、新聞紙を広げると、今度はその上で寝転がる。寝転がるだけならいいが、そのうち新聞紙の下に潜り込む。あげくに、新聞紙をかじり、ぐしゃぐしゃにしてしまう。

 ここまでは、テレビと同じだった。そして4コマ目がどんなであったか、眠ってしまったらしく記憶がない。

 小さな子猫なら可愛らしくていいが、大人の大きさになった「あけび」に、どたっと寝転がられると、すべてお手上げ。生後6か月くらい、そろそろ子猫っぽい行動はやめて、棚の上辺りで、われ関せずと惰眠をしていて欲しいのだが。当分いたずら娘の習性は変わらないだろう。今まで付き合ったネコの中で、一番いたずらなネコである。

 

2014年3月13日


3月12日 春うらら

エナガ  2014年3月12日  長野県 安曇野市

エナガ  2014年3月12日  長野県 安曇野市

 南風が吹き込んで、突然、春うらら状態。今年始めて蝶を見た。暖かさにさそわれて、越冬から目覚めたのだろう、キタテハが石の上で日射しを浴びていた。撮りたかったが、カメラをバックから出している間に何処かへ行ってしまった。

 そろそろ、越冬から目覚めたテングチョウやスジボソヤマキチョウが雑木林の日だまりに現れる頃。一番乗りのツバメが犀川に現れる頃。このところの寒波で忘れていた春の生き物暦を南風に思い出した。

 犀川にたくさんいたオオダイサギが、ほんの数羽になった。北へ帰るのは白鳥だけではない。カモもずいぶん減り、ときどきオシドリが現れ、見慣れないカモがひょっこり現れたり、3月中旬から4月上旬は、鳥見もそれなりに忙しい。

 そろそろと思い、雑木林内を歩き回る。さすがに雪は全部消えている。枯れた下草や、木々にからみついていたアレチウリの残骸などが、大雪の重さで地面へ張り付いてしまった。お陰様で、見通しは利くし、歩きやすくなった。

 ハシボソガラスが枯れ枝をくわえて古巣の上でこちらを見ていた。今年も同じ場所で営巣するのだろう。この地では、ハシボソガラスもエナガも3月10日前後に巣作りを始める。

 耳をそばだてて、エナガの声を探す。そろそろ巣作り中のエナガと出会えるはず。
 獣毛、鳥の羽毛などをくわえて飛んでいるエナガを見つけたら、双眼鏡で追うと、ほぼ作りかけの巣が見つかる。

 今日見つけたエナガの巣は完成間近らしく、内装用の獣毛らしき物を盛んに運び込んでいた。雌雄は識別出来ないので、どちらが働き者か分からないが、2羽でせっせと運んでいた。

 巣の壁は弾力があり、エナガが巣材を運び込んで内装工事をすると、膨らんだりへこんだりする。ちょうど毛布の下に手を忍ばせて、あちこちで持ち上げて猫をじゃらすときの、あの毛布のもこもこ盛り上がる様に似ている。

 このエナガの巣がカラスにみつかりませんように。


巣の出入り口から出かけているエナガ  2014年3月12日  長野県 安曇野市

ちょっとお洒落な ホシハジロ ♀  2014年3月12日  長野県 安曇野市

 雄化したオナガガモの雌は、何日か探したが初認以後見つけられず。数日休憩しただけで旅立ってしまったのかも。

 代わりに、ちょっとお洒落なホシハジロの雌が現れた。越冬していたホシハジロの雌は、御宝田池と白鳥湖を合わせても100羽もいなかったから、越冬していたら見つけたはず(と自負するが)。

 右はごく平均的なホシハジロの雌、嘴の基部から喉にかけてのごく狭い範囲が白い個体は、ままいる。しかし、下のように首をたたんでいる状態でも、襟巻きでもしているように白い羽衣がハッキリしている「お洒落さん」は始めて見た。ほんの一部分が白変した個体だろうが、目立つので見とれてしまった。この個体も移動中の休憩組なんだろう。

 羽ばたいた瞬間などもう少し撮影したかったが、白鳥撮影グループがバスで到着。白鳥やカモに餌を蒔いたので、池は大騒動になり、「お洒落さん」を見失ってしまった。数日滞在してくれたら、また撮影チャンスがあるだろう。普通種でも、よ〜く見ていると、なかなか個性的な個体がいて楽しめます。

 春うららの陽気ではいいですね。北風に凍える指でシャッターを押していた昨日が嘘のよう。このまま暖かくなると幸せなのだが。


ホシハジロ ♀  2014年3月12日  長野県 安曇野市

ちょっとお洒落な ホシハジロ ♀  2014年3月12日  長野県 安曇野市

親子 コハクチョウ  2014年3月12日  長野県 安曇野市


3月11日 どたばたWin8

日暮れ時 コハクチョウ  2014年3月11日  長野県 安曇野市

 8年前に買ったWin XP のノートPCは、大量の画像処理が苦しく、おまけに XP はサポートを終了すると言うし、4月からは消費税も上がるし・・・なんやかんやで、型落ちのノートを買った。与那国まで一緒に旅したノートだから愛着はあるが、世の流れに少しは乗っていないと。

 世は Win の8.1らしいが、型落ちなので Win の8が入っている。8を購入すれば、無償で8.1をくれると言うから、8でもいいやと。

 さっそく、古いPCからノートンなどを移そうと、新しいPCをスタートしたら、あらら・・・ごちゃごちゃなモザイクタイル張りみたいな画面になり、なんのこっちゃ、さっぱり分からん。常用しているデスクトップは Vista、あまりの変わりように眼をぱちくり。タイル・・・つまりいっぱいあるアプリはお買い物用とか使うこともないものが大半、いらないアプリは消してやろうと思ったが、消去法が分からない。だいたいスタート画面にゴミ箱がない。

 困ったときはマウスで右クリック。これまでは、結構これでしのげたのだが、あちこち右クリックをしても、何も起こらず。はれはれ、困った。いったん終了して、夜に作業しようと・・・ところが、どうやったらシャットダウン出来るのか分からない。こんにゃろめ・・・マウスのポインターであちこちつついていたら、右側からふにゅっと何か出てきた。出てきた物をひとつずつクリック・・・地図記号の工場みたいなやつの中に、やっと「シャットダウン」を見つけた。あちこちつついていれば、何となく分かるような・・・ともかく昼休み休戦。


日暮れ時 コハクチョウ  2014年3月11日  長野県 安曇野市

 ノートPCの使用目的は、遠征先でカメラから画像を取り込み、不出来な画像はゴミ箱へ、残りはハンディタイプの外付けHDへコピーする。それと、雑記帳の下書きをすること。あとはインターネットが使える環境なら、雑記帳を書いて転送し、現地の気象予報を見る・・・これくらい。

 XP だと、カメラとPCをつながなくても、CFをリーダーに入れてUSBへ接続すれば、あとはPCが勝手に読み込んでくれた。8も同じ手法でやったら、数コマしか読んでくず、おまけに読んだコマが勝手にフォトギャラリーに入っていて・・・やれやれ。
 仕方がないのでカメラのUtility ソフトと DPP をインストール、結局カメラとUSBケーブルで読み込みが可能になった。

 奮戦は続く。インターネット接続は、XPだとポートを開いて設定をしなければならなかった。8はその点は楽だった。ケーブルを接続して、はいOK。設定作業はいらなかったので。

 とにかく、分からないことばかりなので、デスクトップでWin8 の解説ページを開き、右見て左を操作し、右見て・・・の繰り返し。大人の玩具は慣れるまで大変ですね。これで、9日は終わった。


日が落ちて コハクチョウ  2014年3月11日  長野県 安曇野市

 さて問題のウイルス対策。ノートンの使用期限がまだ250日以上あるから、購入したPCに入っているウイルスバスターはポイして、ノートンをを入れようと、古いPCのアカウントを取り出そうとした。ところが大変、シマンテックのページが文字化けしてしまいアカウントが取り出せない。記録ノートをひっくり返したが、アカウントは見つからない。チャレンジすること3回。文字化けは変わらず。PCを再起動して試みるも、だめ。ついにアクセス回数が多すぎるとシマンテックからおこごと。いやはや困り果てたが、始めたことはやり遂げないと・・・。

 コールセンターに電話。そう、困ったときはアナログが一番。5分待たされてお姉さんと繋がる。状況を話し、遠隔操作でノートンを入れてくれとお願い。これが一番楽だから。

 電話番号と氏名を告げただけで、私のノートンの使用状況がすぐに把握出来るらしい。便利なのか、ちょっと怖い気もしたが・・・それではとお姉さんが操作を始める。電話でいくつか受け答えして、あとは操作画面に窓が開きチャット方式で作業が進行。これなかなか面白かった。

 対応してくれたお姉さんは中国の方。電話での会話は、少しアクセントが違ったが、インチキな日本語をしゃべる日本人よりずっとましだった。チャットに変わってからは、驚いた、私よりずっと丁寧な日本語を使うから。「○○さんは日本語上手いですね」とお世辞を書き込んだら「ありがとうございます。まだまだ勉強が足りません」だって。これを遠隔操作をしながら書くのだから、たいした日本語の実力です。

 お陰様で、無事ノートンが移行出来ました。ついでに、古いパソコンのノートンが自動継続にならないよう手続きもしてもらう。

 「まだ252日有効ですので、その期間ご安心して旧のPCもお使い下さいませ。以上で作業は終了しましたのでチャットを終了したいのですが、よろしいでしょうか」「了解しました。どうもありがとうございました」「いいえ、こちらこそありがとうございました。こんごもシマンテックをよろしくお願いします」
 なにかさわやか〜な気分になった。

 夜半にシマンテックから、対応したお姉さんについてアンケートが来たので、会話のアクセント以外は10点満点をつけて、記述欄にはいっぱいよいことを書いた。

 こんなどたばたで10日の午後が終わった。で、Win 8は使えるかというと、まだあれこれ頭を抱えています。デスクトップの解説だと分からない点もあるので、今日解説本を買ってきた。これから、いらないタイルを消し去ってやろうと思う。



3月8日 たまに白鳥

コハクチョウ  2014年3月8日  長野県 安曇野市

 昨日のややこしいカモを捜しに行ったが、見つけられず。彼方の人工島で、たくさん寝ているカモたちの間に混じっていると捜し出すのは難しい。30分ほどうろうろしたがだめだったので、久しぶりに白鳥をじっくり見ることに。

 アメリカコハクチョウ(アメコ)が安曇野の水田で採食していると書いた。まずはそのアメコ君を捜しだそうと、コハクの群のいる水田へ行く。

 多くの水田が暮れのうちに田起こしをしてしまうが、中には耕さないままの水田も残されている。コハク達はその水田で落ち穂や残っている稲株の根を食べる。大雪が融けて水が溜まった水田は格好の場所になる。厳冬期なら全部凍り付いて嘴を土の中まで差し込めないが、さすがに3月、朝のうちは凍っていても、強くなった日射しで昼には融ける。気温が5度に満たない状況下でも。

 水田いっぱいに広がった白鳥。これが、「自然の姿」であり、人間に餌をもらっているのは正常ではない姿だと思う。安曇野のコハク達も、いっ時「春だけ」はよそ様並みの生活スタイルに戻る。
 「自然の姿」と「」を付けたのは、水田自体が人間の造った自然ではない改造物だから。自然を改造し続ける人間という生物の業は罪深い。人間以外にこれほど自然を改造した生物はいないから。

 

コハクチョウ  2014年3月8日  長野県 安曇野市

採食中のコハクチョウ  2014年3月8日  長野県 安曇野市

 未耕作のままの水田は少ない。従って、白鳥が集中する。現在、安曇野に500羽ほどのコハクチョウが残っていて、そこへ諏訪湖で越冬していた群も加わり、560羽から600羽ほどになった。この水田以外にも、あちこちの水田に分散している。
 久しぶりにカウンターを使い、この水田に何羽いるか、まじめにカウントしてみた。たまには数える練習もしています。ここには252羽いた。

 競艇ボートに驚いて諏訪湖を離れたコハクの群と、今日諏訪湖を離れた群の大部分が安曇野に降りていると思う。下の画像、嘴に泥がこびりついて見えにくいが、捜し出せたアメコ君です。彼がいると言うことは、諏訪湖からの群も混じっているという傍証になるでしょう。252羽の中から1羽を見つけ出すのに30分以上かかった。ともかく、アメコ君を見つけて満足、鳥馬鹿です、こんな些細なことで喜ぶのは。

 伝え聞くところに寄ると、諏訪湖には7羽しかコハクは残っていないとのこと。あのプラスチックざるの残骸を首にかけた幼鳥もどこかにいるのではと、アメコ君以上に目を凝らして、双眼鏡の曇りを綺麗に拭き取って捜したが、252羽の中には見つからなかった。ざるの残骸がとれていればよいのだが。

 久しぶりに、まじめに白鳥を見た鳥馬鹿でした。


アメリカコハクチョウ(またはコハクとのHb)  2014年3月8日  長野県 安曇野市


3月7日 ついに、ややこしいカモが
 ついに、ややこしいカモが来ました(左画像の手前のカモ)。ちょっとだけややこしいカモですが。これまで見かけなかったので、前回まじにオナガガモを見た3月3日以降に来たと推測ます。何せ目立つカモですから、いれば絶対に私が見つけ出しているはずですから。

 オナガガモの雌ですが、ホルモンバランスの異常で雄化した個体です。一見雄のオナガガモに見えますので、目立ちますが、うっかりすると見落とします。04−05シーズン以降、御宝田池他で、つまり安曇野で3例目の個体です。まずは過去の2例をアップします。

 下は「彼女」と名付けたオナガガモの雄化した雌。06−07シーズンから11−12シーズンまで6シーズン御宝田池で越冬した。

                   オナガガモ 雄化した♀  2012年1月11日  長野県 安曇野市

 下は、2月に見つけたので、「フェブ」と名付けた。この個体は、2011年2月22日〜3月19日の間、御宝田池と犀川白鳥湖に滞在した。

                   オナガガモ 雄化した♀  2011年2月23日  長野県 安曇野市
  (右は比較用の、今どきのオナガガモの雄の画像です)

 今日見つけた個体は、なんと足環を付けられていました。偶然捕まったのか、特異なカモなので狙われたのかは判りませんが。
 足環は「TOKYO JAPAN ○○B00228」です。山階に確認すれば、この個体が雌だと記録されているでしょう。面倒くさいので照会などしませんが。まず、雄化した雌でよいと思います。

 とにかく、フィールドへ、楽しいカモ・ややこしいカモが、まるで来なかった今シーズン、頼みは渡り途中の休憩組と、諏訪湖まで出かけてカモ見をしていた甲斐がありました。昨日は諏訪湖でHbをみたし、今日はちょっとややこしいカモを見つけたし。まだまだ3月中はカモ見も気を抜けません。

 話は変わりますが、昨日、諏訪湖でコハクチョウが飛び去った話を書きました。その飛び去ったコハクの中で、アメリカコハクチョウ(もしくはコハクとのHb)がしっかり安曇野の水田で採食しています。どうやら、このアメコ君は行きも帰りも安曇野で一服するグループの一員らしい。

  (下が今日見つけた雄化したオナガガモの雌)

2014年3月7日  長野県 安曇野市

オナガガモ 雄化した♀  2014年3月7日  長野県 安曇野市

オナガガモ 雄化した♀  2014年3月7日  長野県 安曇野市

オナガガモ 雄化した♀  2014年3月7日  長野県 安曇野市


3月6日 初物ですが

八ヶ岳  2014年3月6日  長野県 岡谷市から

 3月なのに、昨日また雪が降って、八ヶ岳は真冬より白くなった。2月末は一時的に暖かくなって、渡り鳥達の渡去が加速するかなどと考えたが、また冬に逆戻り。このところ、最高気温は5度を超えず、最低気温はマイナス10度前後の日々が続く松本平です。

 今日は諏訪湖へ行った。例のごとく、ややこしいカモが来ているのではと思って。たとえ天候が冬へ逆戻りしても、冬鳥達の移動は始まっているから、旅の途中の休憩組が休んでいる可能性があります。

 始めに目に付いたのはオオバン。オオバンの額板は白い、これはどの図鑑にも書いてあること。では、このオオバンの額板が黄色なのはなぜか。私は、額板が成長、つまり大きくなる過程だと考えている。この個体は額板の大きさから若鳥だと考えられる。成鳥の額板はもっと大きいから、ただ今額板が拡大中なのだろう。春先、オオバンを見ていると、たまにこんな個体に出会う。

 数年前までは、春先に、現在のようにわさわさと周囲にオオバンがいなかったから、額板がどのように大きくなって行くかなど考えもしなかった。しかし、最近はオオバンを見ると額板はどうなっているかと見つめてしまう。


オオバン  2014年3月6日  長野県 岡谷市

スズガモ ♂ 右はキンクロハジロ ♀?  2014年3月6日  長野県 岡谷市

 前回来た2月26日には、スズガモの換羽中の雄は見つけられなかった。いなかったと思うから、たぶん渡り途中の個体だろう。

 換羽の時期が遅れているが、取り敢えず第1回夏羽(生殖羽)に換羽中だろうと考えた。上の画像で、向かい合っているキンクロハジロも同じように第1回夏羽に換羽中。

 キンクロハジロは虹彩が橙色だから、若い個体と言えるが、スズガモは虹彩の色がかなり成鳥に近いので、もしかすると、換羽が遅れた成鳥なのかとも考えられ、ひとり悩んでしまった。あれこれ勉強途中のことがたくさんで、分からない、判断出来ないことだらけです。ややこしいカモではないけれど、悩ましいカモではありました。


スズガモ ♂  2014年3月6日  長野県 岡谷市

アメリカヒドリ x ヒドリガモの交雑個体(Hb) ♂  2014年3月6日  長野県 岡谷市

 そして初物?がいました。今シーズンは、交雑個体などややこしい、または楽しいカモが、安曇野でも諏訪湖でも越冬しませんでした。ごく普通種ばかりで。

 これまでは、毎シーズン、アメリカヒドリとヒドリガモのHbが越冬しました。しかし、今シーズンは、実に典型的なヒドリガモだけで、これぞHbという個体の越冬は確認出来ず。初冬に諏訪湖でしばらく休憩したHbがいたと聞きましたが、私は見ていません。

 それで、この個体が、私にとっては今シーズンの初物な訳で。たかが、アメヒとヒドリのHbなのですが、いかにもHbという個体との出会い、久しぶりの楽しい出会いでした。ひとシーズンに1羽はHbを見ないと・・・なんて鳥馬鹿は思っていましたから。


アメリカヒドリ x ヒドリガモの交雑個体(Hb) ♂  2014年3月6日  長野県 岡谷市

奥はヒドリガモ ♂

アメリカヒドリ x ヒドリガモの交雑個体(Hb) ♂  2014年3月6日  長野県 岡谷市

 2時間程度の鳥見では2種を見つけるのが精一杯でして。後は、やはり久しぶりに見たユリカモメが、可愛そうに左足が欠落していたこと。コハクチョウがずいぶん減っていたこと、カンムリカイツブリが彼方の水面で追いかけっこをしていたことくらいでした。

 そうそう、諏訪湖のコハクチョウが「早い北帰行」で少なくなったというローカル紙の記事があった。なぜ早かったのかは書いてなかったが。
 「早かった」のは、白鳥が越冬している湖岸へ、何処かの高校の競艇用ボートが団体で近づいたからだと地元の方が言っていた。監督の教員の乗ったボートはエンジン付きで、驚いたコハクが一斉に飛び立ったらしい。
 安曇野でも、白鳥湖へカヌーが侵入し、一気に白鳥が帰ってしまった春があった。あのときと同じなのだろう。

 そんな会話をしたおじさんが、そのとき始めて北帰行をする白鳥を見たと、輪を描いてどんどん高く登り、飛んでいったと話してくれた。初めての経験だったが、喜んでよかったのか・・・と。それでも、まだ50羽ほどのコハクチョウが残っていた。


ユリカモメ   2014年3月6日  長野県 岡谷市

コハクチョウ  2014年3月6日  長野県 岡谷市


3月3日 今日の出会いも

”ただの”ツグミ  2014年3月3日  長野県 安曇野市

 先日、「珍しいツグミがいないかと1羽ずつ双眼鏡した」とこの雑記帳に書いた。そんなことしているのは、鳥馬鹿の私くらいかと思ったら、なんと私の雑記帳に感化された?方がいらして、よせばいいのに、まじツグミを見たらしい。

 私は、ハチジョウツグミを見つけただけだが、なんとその方はウタツグミを見つけてしまった。じぇ、じぇ、じぇのじぇ !!(ちょっと流行遅れか)。
 いまやウタツグミの情報は全国へ流れ、今日は120人が集まったとのこと。いやはや、出るところには珍鳥が出るものですね。

 20年以上昔に、同じ相模原市でウタツグミが出たから、出てもおかしくはないけれど。ともかく、冬鳥が少なかった今シーズン、三指に入る珍鳥でしょう。

 昔の私は、出ていると聞いた10分後には車を走らせていたのだが、最近は日常という荷物が重くて・・・たった200kmほど先なのに、今回も皆様にお任せです。見つけた方に、画像を下さいと、それを見て、行った気分になるからとメールした。

 そんでもって、私も負けじと?自分のフィールドでツグミを双眼鏡。今日は13羽と出会ったが、全部普通のツグミだった。上の画像は、一番目に出会ったツグミ君です。ウタでなくていい、ワキアカでも、ヤドリギでもいいから変身してくれないかしら・・・なんて願ってしまった。

 下は私の回っている雑木林で越冬した、たった1羽のシロハラです。大雪にもめげず、シロハラのねえちゃんはがんばり通しました。警戒心が強いので、いつもこんな写真しか撮らせてもらえない。
 世界的に言えば、ウタツグミよりシロハラの方が生息域がずっと狭く、個体数だって少ないはずだから、貴重な鳥なのだが・・・。

 

シロハラ  2014年3月3日  長野県 安曇野市

コハクチョウとマガン幼鳥  2014年3月3日  長野県 安曇野市

 自分を白鳥だと勘違いしているマガンの幼鳥、しばらく姿を見かけなかったので、もう渡去したかも、自分をマガンだと認識出来たのかもなどと想像していた。ところが、まだ白鳥と一緒に、相変わらずの行動をしていた。腹の黒い横斑の形と位置から、勘違い君と同定出来た。大雪にもめげなかったから君は偉い、けれど、そろそろ自分がマガンだと気付かなくちゃ。

 タヒバリは少なくても1羽が、御宝田池近くの犀川で越冬した。2羽以上を同時に見なかったので、たぶん1羽だろうと判断している。この個体が、たぶん越冬した1羽だろうと、胸や腹の黒斑の位置から考えるのだが、本当のところはよく分からない。今日も1羽で盛んに採食していた。

 こんな河原で、まだ雪が融け残っていて、気温も低く、北風も冷たいのだが、羽虫がたくさん発生している。その小さな羽虫が水面や石の間に落ちている。髪の毛の先ほどの小さな羽虫なので、腹の足しになるのかと、いらぬ心配をするのだが、タヒバリはお構いなし、盛んについばんでいた。

 そろそろ渡り途中の休憩組が現れるから、このタヒバリがここで越冬した個体だと同定し難くなる。この個体だって、まもなく渡ってしまうだろうし。今日が見納めかも知れない。


タヒバリ  2014年3月3日  長野県 安曇野市

 最後にミヤマホオジロを見かけた林縁へ行った。ミヤマ君がまだいた。しかも雄が2羽になっていた。どうやら「春告げ鳥」の渡り途中休憩組が現れ始めたらしい。近くにカシラダカの20羽ほどの群もいた。カシラダカの団体は初冬に出会って以来久しぶり。3月だもの、そろそろ鳥さんが増えなくっちゃ。

 そうそう、一昨日、安曇野でソウシチョウが庭へ来たと写友から聞いた。とうとう松本平でもソウシチョウが飛び回り始めたらしい。綺麗な鳥だが、増えては困る外来種。ウグイスと競合し、ウグイスを追い出す傾向が強い。いい声でさえずるが、ウグイスの「法法華経」が聞かれなくなるのは勘弁して欲しい。そのうち、私もフィールドでもソウシチョウと出くわすかも。それも楽しみのひとつだが、やはり困ったことだ。

 今日の出会いも、ごく普通種ばかりで、退屈でしたが、現れ始めた渡り休憩組がさらに増えることを期待しています。


ミヤマホオジロ ♂  2014年3月3日  長野県 安曇野市

カシラダカ  2014年3月3日  長野県 安曇野市


2月分 ホームヘ 4月分