私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


3月分 ホームヘ 5月分

4月30日 初夏になった

マガモの夫婦  2014年4月30日  長野県 安曇野市

マガモの夫婦  2014年4月30日  長野県 安曇野市

 桜が咲いて、メジロだ、レンジャクだ、オオルリが来たとウロウロしてる間に、はや4月の最終日。松本平では4月29日あたりから多くの田に水が入れられる。冬枯れ色だった林も、畦や堤防の法面も、緑の初夏色になり、初夏になった。

 にわか雨の降る中を出かけたが、さすがに鳥は声だけで姿を見せず。「春だけフィールド」で、まだレンジャクがいると確認しただけで、山際や谷川はあきらめて本来のフィールドのチェックにコースを変更。

 初夏色の光景の中、さすがに冬鳥たちは渡去してしまった。そう書きたいけれど、まだまだウロウロしているカモがいたり、傷つき飛べないカモが残っている。例年通りだが。

 ちなみに、キンクロハジロ♂30、♀27 ヒドリガモ♂6、♀11 ホシハジロ♀2、♂1 オナガガモ♀1 コガモは5つがい、以上が白鳥湖と御宝田池に残っている。コガモは犀川の川筋を丹念に探せばもっと残っているはず。

 オナガガモの雌は翼が折れているので、白鳥湖で夏を迎えるしかない。3羽の傷病コハクチョウの友達になれそう。

 白鳥湖にいるホシハジロの雌は恐らく一昨年・昨年とここで越夏した個体だろう。昨年の今頃と同じく雄がついている。昨年は、ここへ現れたメジロガモと共に雄のホシハジロは姿を消し、雌だけが越夏した。今年も最後は雌だけが残りそうな予感がある。

 マガモとカルガモは松本平の水田地帯や犀川で繁殖する。水が張られた水田で早速つがいのマガモやカルガモが泳いでいた。マガモについて、図鑑では「日本でも少数が繁殖する」などとされているが、その少数の内の何つがいかは安曇野にいる。

 5月の連休は、多くの田で田植えが行われ、土世界だった水田地帯が水世界に変わる。初夏色が水鏡に映える時季、次の作業は間違えて降りてしまったシギを見つけること。そして、アマサギの到着を待つこと。アマサギはまだ松本平では繁殖していない(と思う)。いつか繁殖第1号が確認出来ると嬉しいと想いながらアマサギを眺めること。


マガモの夫婦  2014年4月30日  長野県 安曇野市

オナガガモ ♀ 14年4月30日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♀(左)♂(右) 4月30日  長野県 安曇野市


4月28日 川の向こう

オオルリ  ♂  2014年4月28日  長野県 安曇野市

 歳を取ったと思う。お呼ばれが弔事ばかりで、慶事がなくなったから。またひとり縁者が川の向こうへ旅立ってしまった。自分もそろそろ川の近くまで辿り着いているかも・・・ふと、考えてしまう。

 昨日「谷川」でコマドリが出たと写友が。これで、今季3羽が通過したが、どうもコマドリとは縁がないらしい、どの個体とも出会えなかった。「谷川」の今季は昨年ほど華やかでない。青い鳥もぽつりぽつり、黄色い鳥もぽつりと現れるが、これぞイメージぴったりの場所に行ってくれない。昨年が良すぎて、今年は普通の状態と考えるべきだろう。

 今日の青い鳥は川の向こうにいるか、高い木の梢付近にいるかで、見るだけが多かった。幸せはいつも遠くに眺めるもの・・・なんて思わない。やはり、青い鳥は近くに来てくれたら嬉しい。
 明日は雨との予報。雨が上がったら団体で青い鳥が来るといいけれど。


ルリビタキ ♂  2014年4月28日  長野県 安曇野市

 世の中進むので、ついて行くのが大変です。図鑑「650」は「日本鳥類目録 改訂第7版(2012年7月)」に準拠した分類を使っている。目録は最近の分子系統学による分類の見直しで、大きく見直おされた。それは学問の世界のことだから、写真の世界とは別物と言えばそれまでだが。

 例えばルリビタキは、旧分類では「スズメ目ツグミ科」だったが、新分類では「スズメ目ヒタキ科ルリビタキ属」となった。コルリやジョウビタキも旧分類では「ツグミ科」に分類されていて、彼らを見ながら、ツグミとそんなに近縁の鳥なんだろうかと思った。むしろ、オオルリやコサメビタキ、キビタキなど「ヒタキ科」の鳥が近縁に思えた。

 ところが、新分類で、ツグミは「スズメ目ツグミ科」から「スズメ目ヒタキ科ツグミ属」となり「ツグミ科」がなくなり「ヒタキ科」に統合された。ルリビタキがツグミに近いのではなく、ツグミがルリビタキに近いとでも頭の中を整理すればいいのだろうか。頭の中はしばらく混乱状態だろう。

 

カワガラス  2014年4月28日  長野県 安曇野市

カワガラス  2014年4月28日  長野県 安曇野市

 季節は進み、コサメビタキが巣作りを始めた。なかなか上手い場所を選んだようだ。

 「谷川」でセンダイムシクイ、メボソムシクイ、エゾムシクイまで現れた。外見では識別に難儀する鳥だが、ひと声ふた声と鳴いてくれたので確認出来た。残るは、ここを通過しているらしいコムシクイを確認、出来たら撮影したいのだが。これはとても難しい宿題です。



4月25日 今日は山へ

トラツグミ  2014年4月25日  長野県 岡谷市

トラツグミ  2014年4月25日  長野県 岡谷市

トラツグミ  2014年4月25日  長野県 岡谷市

一応隠れたつもりのトラツグミ。でも、ばればれ。
 コマドリに振られて憑きが落ちたので、「谷川」詣は中断。今日は、気分を変えて山へ行く。嘴が鉛色になった夏羽のシメを撮りたくて。シメはたくさんいた。1、2羽だったら、様子を伺いながら接近出来るが、30羽以上が団体でいると、上手く近寄れない。多くの目が警戒しているので、接近する私はたやすく発見されてしまう。すると、すぐさま警戒の叫び声を上げられて、一斉に飛ばれてしまう。遠くからしか撮影出来ず、結局、使い物にならない画像ばかりだった。

 シメを諦めて、毎春いるクロツグミやトラツグミの撮影に切り替える。トラツグミはそこそこ接近させてくれるから、好きな鳥だ。ただ、日の当たる場所より日陰が好きなので、羽衣の色が沈んでしまう。その点は厄介な鳥である。

 今日のトラ君は、喧嘩をしたのか、猛禽にでも襲われたのか、左脇腹の羽がごっそり脱けて皮膚が露出していた。普通に飛べるから、生存に支障なさそうだが、なんとも痛々しい姿だった。

 下は嘴で土を枯れ葉ごと飛ばしたあと、露出した昆虫か何かに飛びつく瞬間。1、2歩歩いて近付いても食べ物を拾えるだろうに、なぜかジャンプして飛びつく。これはツグミ属の習性なのだろう。下に揚げたクロツグミも同じ行動をした。クロツグミが飛びつく瞬間も撮れたが、ブレブレ写真なので、恥ずかしいから使わない。
 こんな画像でも撮らなければ、ツグミ属の写真はおすまし姿のポートレートばかりになってしまう。

 今日は、ツグミ属見学で終わってしまった。アカハラにも出会えたら、この場所での、春のトラツグミ属・ツグミ属との出会いは完璧になったが。毎春アカハラもいるのだが、今年はまだ時期尚早なのか出会えなかった。

食べ物に飛びつく トラツグミ  2014年4月25日  長野県 岡谷市

シロハラ  2014年4月25日  長野県 岡谷市

クロツグミ ♂  2014年4月25日  長野県 岡谷市

クロツグミ ♂  2014年4月25日  長野県 岡谷市


4月24日 空(から)の日

カワガラス  2014年4月24日  長野県 安曇野市

 コマドリを待つが、ついに出会えず。空(から)の日でした。旅の途中だから、何日、あるいは何時間滞在するかは鳥さん次第、おそらくコマドリは脱けてしまったのだろう。昨年も25日に雌が現れたが、その日限りだったから、ここは1日限りの滞在場所なのだろう。コマドリが来るか来ないか、会えるか会えないかは運次第。運がなかった。

 待つ間、カワガラスをスナップ。まだ頻繁に飛び回らないから、ヒナが小さいか孵化間近の状態なんだろう。
 カワガラスがまぶたを閉じると、写真では白く写るが、見た目には銀色に見える。飛んで来たので、岩の上へ降りる瞬間を狙ったが、タイミングが一瞬遅れてしまった。かわりに、目を閉じた瞬間が撮れた、あまり嬉しくはないが。

 フィールド「谷川」は小さな公園になっている。昨日今日と、管理のためだろうか、何本も立木が伐採された。チェーンソーの音がうるさかった。それ以上に、切られた樹は少なくても40年以上は経過した大きなヤナギだから、残念だった。オオルリやキビタキが止まり、たくさん写真が撮れる樹だったから。本当に切る必要があったのか、素人には分からない。伐採された跡は、ぽっかりと穴が空いたような、谷川には似合わない空っぽな空間が出来た。



4月23日 過ぎゆく春

ツグミ  2014年4月23日  長野県 安曇野市

 長野県のローカルテレビ情報では、まだ花粉情報が流れている。暖地の方々からすれば、へぇ〜!の話だろう。さすがに4月も下旬、花粉の量は減っていて、飛散量は「少ないでしょう」の予報がほとんどになった。杉花粉が飛ばなくなると春が行く。鼻孔内のむずむずも消えて行く。

 コマドリを探しに行ったが、見つけられず、他の鳥も少なかったので、早めに退散。このところチェックしていなかったそもそものフィールドを回る。

 白鳥やカモが溢れかえっていた御宝田池も静かになった。そろそろシマアジでも休憩に立ち寄っていないかとのぞいたが、うまい話は毎春続かない。ヒドリガモが10羽、キンクロハジロが38羽、あとはまだ昼寝を楽しんでいるカルガモとマガモだけ。オオバンがまだ残っているから、この夏またヒナ誕生を見られそう。

 松本平では黄色が目立つ時季になった。タンポポが田の畦や草地・荒れ地の春色を黄色一色に塗り替えようと頑張っているから。その黄色い原をツグミが歩いていると、なかなかの絵になるが、ツグミが歩いて来るまで待つのも何だし・・・で、今日もスルー。まだツグミはたくさんいます。明らかに渡り途中と見える群も入って来る。至極当然のことだが、ウタツグミは来なかった。ハチジョウツグミは2羽通過したが。

 上の画像の黄色は外来種のハルザキヤマガラシ。この花が咲き乱れると、春の中にはっきりと初夏が顔を出す。


スズメ  2014年4月23日  長野県 安曇野市

 春を謳歌した桜も散り時をわきまえているらしく、過ぎゆく春に合わせて花びらを落とし、葉桜へ衣替えを始めた。春の繁殖期を迎えたスズメだけがさわがしい。

 最後に雑木林へ。そもそも鳥の多くない林は今日も静かだった。渡りヒヨドリの群が通過しただけで、交尾をしていたオオタカの夫婦もいなくなり、ときどきさえずるシジュウカラの声がよく通る。

 ところが、まだ、10羽ほどのレンジャクがヤナギの花を食べていた。4月も20日を過ぎたから、もうレンジャクは渡ってしまう頃なのに。北へ上って行く春とともに移動して行くのだろうに。それとも春特有の強い南風でも待っているのだろうか。風に乗って移動すれば渡りも楽だろうから。

 雑木林で、鳥好き仲間さんと出会った。今日の11時頃「谷川」でコマドリを見たと言う。ゲッ!だった。その後行った私は早々に引き上げてしまったから。出会いの状況を詳しく聞く。これまでのコマドリ情報は伝え聞くところばかりで、目認者から直接聞いてはいなかったので。

 コマドリのいた場所は他の情報と同じだった。ただ、動き回る様を詳細に聞くことが出来たので、私が見つけられなかった理由が納得出来た。
 どうも、コマドリは雌のようだ。雄に比べて実にひっそりと行動する雌は見つけにくい。岩の間や倒木の下などを声も立てずに移動し、ひょっこり姿をみせても、すぐに倒木の下などに潜ってしまうから。

 これで、明日の鳥見場所は決まった。過ぎゆく春など楽しんでいる暇はなくなった。渡り途中の雌コマドリを見つけ出すには、その場所で座り込んで周囲を注視しているしかない。


ヒレンジャク  2014年4月23日  長野県 安曇野市

ヒレンジャク ♂  2014年4月23日  長野県 安曇野市


4月22日 あした天気に

センダイムシクイ ♂  2014年4月22日  長野県 安曇野市

 写友に会った。昨日コマドリを見たという。それは、是非にも行かなければと、目的地を変更。天気予報は午後は晴れると言っていたが、谷川は重たい曇り空で薄ら寒く、夕刻まで日射しはなしだった。

 我が家から30分で行ける範囲内で、コマドリに会えるほぼ唯一の場所が「谷川」と呼んでいるフィールド。「春だけフィールド」でコマドリと出会える確率は限りなくゼロに近い。まして撮影は100%不可能。「谷川」は貴重な場所。昨春の今頃はコマドリが出ていたし、他の夏鳥もたくさんいた。

 ヤナギの花は満開を過ぎ、散り始めた。黄色いヤナギの花に青いオオルリの取り合わせは綺麗で、たくさん撮ってしまうシーンである。もちろん、他の鳥だっていい。だが、たくさんの渡り途中のオオルリが「谷川」を飛び回る頃は、花は若葉に代わっている。黄色と青色の組み合わせは今なんだけれど。

 メボソムシクイかセンダイムシクイか、瞬間に識別出来るほどの力量が私にはない。メボソだといいなと想いながら見ていたら、頭央線がちらり見えた。残念センダイかと思う。すると、追い打ちをかけるように、ひと声、ふた声鳴いた。まだ「焼酎一杯ぐい〜」までは歌えず、「一杯ぐ〜〜」程度に。


オオルリ ♀  2014年4月22日  長野県 安曇野市

オオルリ ♀  2014年4月22日  長野県 安曇野市

ヒガラ  2014年4月22日  長野県 安曇野市
 
 曇りで寒ければ人出がない、まして平日だから。しかし「谷川」はちょっと有名だから、そこそこ鳥見人がやって来る。遠路遙々おいでの写友に、コマドリが出ていないか尋ねる。朝からいたが見ていないとのこと。それから、3時間待っていたが、コマドリは現れなかった。移動してしまったのだろう。次の個体が入ることを願うだけ。

 代わりに、オオルリの雌がいた。久しぶりの出会いだった。雌がいると周囲に雄が数羽、親衛隊よろしく付きまとっている場合が多い。渡り途中ならではの光景なんだろう。ときどき雄同士でいがみ合うが、雌はいつも我関せずで虫を探している。色気より食い気そのもの。

 今日の午後、初めはオオルリの雄が2羽と雌が1羽いた。雌の親衛隊は2羽だけのよう。15時過ぎに、雄が5羽入って来た。どうやら新しい団体が「谷川」へ着いたらしい。5羽が雌を見てどうするか、興味があったが、今日のところは全く別行動で何もなしだった。明日は、親衛隊が増えているか、それともごそっといなくなるか、いろいろと楽しく想像する。まぁ、鳥さん次第だけど。

 デジタル技術が進んでいるので、曇天でも撮影にさして困らない。むしろ、「白飛び」しなくていい。しかし、ときには青空も欲しいし、キラキラ飛び散る流れの飛沫も欲しい。曇天下の谷川の流れはただ白いだけでつまらない。キラキラ輝く飛沫の上を飛ぶ青い鳥・・・昨春撮影に失敗したシーン。そのまま宿題になっているシーン。今春は何とかしたいけれど。

 鳥写真屋のわがままなんだけど、夢もあります、欲もあります、あした天気になれ。

 


4月21日 青柳

 スーパーマーケットへ行ったら青柳を売っていた。生の青柳は松本平の店頭にはほとんど出回らない。ボイルしてあるが身全部の生食用が店頭に並ぶのも希である。そんな珍しさに加えて「三重産」と標示されていたので、ちょい懐かしく、ちょい高いが買ってしまった。

 青柳が海で生きているときはバカ貝と呼ばれる。シギ見に通っていた三重県の浜でもたくさん採れ、干潮になると、シギ見には邪魔だけれど、大勢の人間が干潟へバカ貝採りに繰り出す。山家育ちの人間には珍しい光景だった。当地では潮干狩りなどと言わず「貝採り」という。ゴールデンウィークなど干潟いっぱいに人間が溢れ「貝採り」に興じていた。そんな光景が、パックの向こうに浮かんだ。

 もっと懐かしいのは、ミヤコドリがこのバカ貝をくわえて砂浜を走る様を何度も見たこと。ミヤコドリはバカ貝が大好きなようで、よく食べていた。セグロカモメは殻ごと丸呑みにしていた。固い殻を消化出来るのか、未だに分からない。一度だけ原型のままの貝を数個吐き出す瞬間を撮影したことがある。さすがのセグロカモメも貝殻は消化出来ないのだろうと思った。ただ、吐き出す瞬間を見たのは一度だけだから、本当のところは分からない。

 今頃は、赤い夏羽になったオオソリハシシギが砂浜を歩いているだろう。チュウシャクシギの群も歩き回っているだろうか。そうそう腰が褐色のハドソンは来ているだろうか。この夏ミヤコドリは何羽が越夏するだろうか・・・いろいろなシーンが目に浮かぶ。またシギ見が出来るのはいつになることやら。
 ボイル青柳の味は、まぁ〜ね、程度だった。青柳は寿司屋の握りか、わけぎとのぬたがいい。

 今日は天候が悪く、鳥見はお休みでした。

  


4月20日 キビタや〜い

オオルリ ♂  2014年4月20日  長野県 松本市

オオルリ ♂  2014年4月20日  長野県 松本市

オオルリ ♂  2014年4月20日  長野県 松本市

オオルリ ♂  2014年4月20日  長野県 松本市

オオルリ ♂  2014年4月20日  長野県 松本市

 曇り、西風が強い、気温も低く肌寒い。こんな状況はオオルリなどの撮影に好都がいい。まず、天候が悪く、寒いとなれば人出がない。とても静でいい。

 雑木林の梢でわやわやしている羽虫は地上付近へ降りてくる。それを食べようと鳥も降りてくる。地上に落ちる羽虫もいて、それを食べるために鳥が地面へ降りることもある。

 まだ葉の茂っていない雑木林に射し込む日の光は、木々の影と相まって、まだらな模様を鳥に投影する。また、鳥の全身が日射しの中にあると、光の当たる側が白く光り、鳥の色が飛んでしまう。業界用語でいう「白飛び」が甚だしくなる。適度な曇り空が撮影に好都合なときもある。

 風でゆさゆさと揺れる梢で頑固に頑張っているのはヒレンジャクくだけで、オオルリはそれこそ目線の高さより低い位置にいる。今日はまさにそんな状況だった。3羽いたオオルリの綺麗な雄は、後ろから近付き、背中を指でつんつん出来るほど、すぐそこにいた。惜しむらくはたくさん咲いている桜の枝に止まらないこと。桜の花葎で虫を探すのは、メジロとムシクイ類。

 「春だけフィールド」では毎年同じ状況が生まれる。それで、オオルリは撮り放題になるが、肝心のキビタキが見つからない。林の中を行きつ戻りつ、キビタキや〜い!

 キビタキもオオルリ同様の行動をするから、たくさんいればあちらでひょこり、こちらにひょこりと目に付く。オオルリほど目立たないが、枯れ木色が基調の雑木林では、キビタキの黄色と橙色も目立つ。

 キビタキより先にコサメビタキを見つけた。コサメは林の色調と同じ色合いをしているので、木々と同化してしまい見落としてしまう。幸いにも食べ物を探して盛んに飛び回るから、近くにいるとたやすく見つけられる鳥である。ただ、少しでも春めいた舞台で撮りたいと願う鳥馬鹿を笑うように、枯れ枝ばかりに止まるから厄介な鳥でもある。小さい鳥なので、桜に止まると花に埋もれて見えなくなってしまう。


コサメビタキ  2014年4月20日  長野県 松本市

 桜の花の中でせわしく動き回るのはメジロ。メジロは先日撮ったから、今日はキビタキや〜い!だから、パス。そう思いながら見ていたら、メジロではない鳥影が見えた。

 なんとなく頭央線が見える気がしたので、センダイムシクイだと思う。しかし、しっかり確認出来ていないので、センダイムシクイか、メボソムシクイか自信が持てない。さえずればすぐに識別出来るが、この時期はまだ無口なのでなんともなやましい。


センダイムシクイ ?  2014年4月20日  長野県 松本市

キビタキ ♂  2014年4月20日  長野県 松本市

 コサメビタキが4、5羽、まだヒレンジャクが20羽ほどいた。ウグイスもさえずりが上手くなった。アカハラが団体で入ったのだろう、あちらでケケッ、こちらでケケッと鳴いていた。普段は1、2羽なのだが今日は5、6羽いた。相変わらずヒヨドリはうるさいほど賑やかに飛び回る。こんな状況は、例年通り。キビタキもいるのが例年なのだが。

 1時間ほど歩き回って、キビタキと出会えた。例年、色の薄い若い雄をまず見るのだが、今年は綺麗な成鳥雄が初認だった。しかし、ものすごく恥ずかしがり屋のキビタキだった。上の画像を6コマ、くるりと向きを変えたので、下の画像を8コマ撮ったところで、彼方へ飛んでしまった。以後、林の彼方、それも地面すれすれのブッシュの中を飛び回る姿がちらりと見えるが、撮影可能な場所に来てくれなず、くやしいけれど双眼鏡するだけだった。

 ともかく、キビタキを確認出来たから「春だけフィールド」での確認作業は一段落。冬鳥が少なかった先の冬に比べると、夏鳥の出足は今のところ好調に思える。好調が続くとうれしいのだが。今春こそ、コムシクイを見たいと思っているが、これはとても難しい宿題で、数年かけているがまだ解決の糸口も見つからない。


キビタキ ♂  2014年4月20日  長野県 松本市


4月19日 おまけは猿

オオルリ ♂  2014年4月19日  長野県 安曇野市

 昨日は雨上がりの曇り空だったので山麓の鳥さんは期待出来ないと考えた。それで、このところご無沙汰のフィールドを、ちゃちゃと回って、チェックをしようと出かけた。さらりとひと回りのつもりが、御宝田池の近くで一羽の鳥にひっかかってしまった。

 ツグミの群がまた入ったらしく、10羽前後のツグミが団体で歩き回っていた。その群の横に、なんとハチジョウツグミが。10日に見つけた個体と似ていたが、すぐに飛んでしまい、撮影も出来なければ、近付くことも出来なかった。なんとか撮影して10日の個体と同一なのか確認しようと奮戦。結局ハチジョウ君に振り回されて午後が終わった。

 今日は谷川へ行った。そろそろオオルリの4、5羽も入っているかと期待して。だが時期尚早、いたのはオオルリ2羽、ルリビタキ1羽だけだった。証拠写真を撮ってお仕舞い。一昨日いたイスカがまた巡って来ないかと期待していたが、そうそうラッキーは続かない。

 出会った写友が言うには、昨日「春だけフィールド」にキビタキがいたとのこと。失敗でした、谷川でなく「春だけフィールド」に行けばよかった。ちょっと残念。明日はキビタキを探しに行こう。


ルリビタキ ♂  2014年4月19日  長野県 安曇野市

 16時を回ったので、帰ろうと駐車場まで戻ると、日本猿の群がいて、盛んに木の芽やヤナギの花を食べていた。ひと通り見回したが、雄の姿は見えず、小さな子猿とおばさん猿ばかりだった。

 鳥さんが撮れなかったので、おまけの猿で気張らし。雄にレンズを向けると歯をむき出して怒ったり、威嚇して来るので、ちょっと怖い。雄がいないのをこれ幸いと、たくさん撮った。たまに鳥さん以外を撮るのも悪くない。今日はおまけの方がボリュームがあります。


「おッ!」

「沈思黙考中」

「ママに甘える子猿」

「親子」

「食事に専念」

「食事に専念」

「美女の素顔」
 ヤナギの花を食べたので、花粉が付いて、口の周りや手が黄色い。


4月17日 赤い鳥

イスカ ♂  2014年4月17日  長野県 安曇野市

 この冬はイスカが当たり年だったらしい。いくつかのブログ等がそう書いているので、そんなシーズンだったのだろう。

 文献等で確認していない、伝聞の耳知識ですが、国内でもイスカの繁殖記録があるそうです。古い話ですが、岡谷市にある塩嶺野立公園付近で、国内初の繁殖が確認されたそうです。長野県では、この公園と飯綱高原で繁殖記録があるとのこと。

 今年の1月31日、今日イスカを撮影した谷川の少し上流部で30羽ほどの群がいたとのこと。これはローカル紙が報じていた。私は行かなかったが、野鳥写真好きが撮影に出かけたらしい。

 イスカについての前置きはさておき、昨日「春だけフィールド」でオオルリを確認したので、谷川へも到着していないかとチェックに出かけた。管理事務所のお姉さんに尋ねると、「まだで〜す。」

 14日に、流れの上を飛んでいるキセキレイの撮影が上手くいかなかったので、再挑戦と谷川を眺めていたら、写友とバッタリ出会う。この辺りでウグイスとルリビタキがいたなどとと話していたら、対岸の松に赤い鳥が。

 この谷へは何度も来ているが、イスカと出会ったのは初めて、雄2羽と雌1羽まで確認出来た。1月に見つかった30羽ほどの群の一部なんだろうか。それにしても、冬鳥だから、もう旅立ってしまったと思っていたが、驚きの出会いだった。図鑑によれば、国内で越夏するイスカもいるとのこと。すると、今日の3羽は越夏するつもりなのだろうか。
 毎日ウロウロしていると、たまに驚きの出会いがあります。

 赤い鳥に今日の運を使い果たしてしまったらしい。「幸せの青い鳥」、オオルリやルリビタキには全く出会えなかった。しかし、赤い鳥に会えたから何倍も「幸せ」でした。

 

ミソサザイ  2014年4月17日  長野県 安曇野市

 14日にはまだ無口だったミソサザイがさえずり始めた。谷川の大きな水音に、負けじと響き渡る声にはいつも感心してしまう。何度も撮影しているミソサザイだが、さえずり声に引かれていつも撮影したくなる。

 さえずる雄を見ていたら、横を巣材をくわえた別の個体が視界の中を横切った。付近で巣作り中らしい。すると、2、3週間はこの付近で雄がさえずるだろうから、何も撮れないときは、この雄君に遊んでもらおう。

 青い鳥に出会えなかったので、青いラインが綺麗なルリタテハを撮って、今日は諦め。



4月16日 青い鳥

隠れんぼ中のオオルリ ♂  2014年4月16日  長野県 松本市

 昔、メーテルリンクの青い鳥はどんな鳥なんだろうと思った。単純に生物学的に。ヨーロッパにどんな青い鳥がいるのか図鑑の中を彷徨った。しかし、日本のオオルリや合衆国のマウンテン・ブルーバードのような真っ青な鳥は、ヨーロッパの図鑑の中にはいなかった。いないからこそ、作者は追い求める「夢」の象徴として架空の青い鳥を生んだのだろうと勝手な解釈をした。

 昨日の続きで、コサメビタキを探しに行った。春だけチェックに行く「春だけフィールド」に来る夏鳥は、コサメビタキ、オオルリ、キビタキの順が普通。クロツグミが入るときは、まずクロツグミから始まる。山間部から平野部への出口にある「春だけフィールド」は渡り鳥の通り道にある。

 相変わらずヒレンジャクがヤナギの梢付近を飛び回り、さえずり始めたウグイスが、つっかえながら歌っていた。ヒヨドリの渡りの群が賑やかに鳴きながら通過して行く。歩き回ったが、まだコサメビタキは見当たらなかった。到着は2、3日後になるかと思いながら帰り始めたら、桜の中に青い鳥が。どきッ!オオルリがいる!

 それからが大変、見失うと再び捜し出すのが大変なので、雑記帳用の証拠写真を撮るために、オオルリが移動する後について行く。

 気温が高く、風もない、いわば穏やかな日だったので、羽虫が雑木林の樹冠付近にたくさん飛んでいた。大きなヤナギの花や新芽は樹冠に集中している。そこにたくさん羽虫がいて、オオルリはそれを食べていた。つまり、高いところを移動していて、目線の高さまで降りて来なかった。

 この行動は毎春同じ。もう1週間もすると足元付近でも花が咲き、たくさんの草木が芽吹くので、虫が地上付近にも溢れる。すると、オオルリは地面へ降りて採食するので、撮影しやすくなるのだが。

 ともかく、証拠写真は撮れたからよしと。1時間半上を向いて歩き回ったので、首がいたくなった。

 ところで、メーテルリンクの青い鳥だが、絵本では探し求めた青い鳥が家にいて、目出度し目出度しで終わる。しかし、そもそもの戯曲「青い鳥」では、せっかく見つけた青い鳥が餌を与えようとしたら逃げてしまう。なんとも、含みのある、難解な終わり方である。

 どう読み解けばよいのか、難問である。人間は永遠に青い鳥を手に出来ないとか、数々の体験を通して青い鳥の実態を知ったから、青い鳥はいらないとか・・・。
 
 鳥馬鹿は馬鹿だから、毎春青い鳥を探す。馬鹿だから、それでいいのだ。たぶん、青い鳥は自分なんだろう。
 オオルリを見ると、なぜか青い鳥のラストシーンを思い出してしまう。

 


4月15日 満開

メジロ  2014年4月15日  長野県 松本市

 松本市は広い。松本城のある市街地も、上高地も、槍や穂高の南面も松本市。標高差は2600mほど。だから桜が満開と言っても、松本市全域で一斉に満開にはならない。ある木は満開、別の場所では咲き始めと。平野部でも随分とばらつきがある。

 そんな満開の桜にメジロが群れていた。満開の桜にメジロ、定番な、ありふれた被写体だが、やっと松本でも桜メジロが撮れる時季になった。暖地の桜メジロとの差は半月か、1か月か。メジロも暖地から引っ越して来たに違いない。

 春本番が眩しくて、桜メジロが嬉しくて、ただそれだけでいっぱい撮ってしまった。


キレンジャク  2014年4月15日  長野県 松本市

求愛中のヒレンジャク♂(左)と♀(右)  2014年4月15日  長野県 松本市

 桜メジロを撮っている上でレンジャクが飛び回っていた。レンジャクは桜よりヤナギの花や新芽がお気に入りらしく、高い梢で鳴き交わしては食べていた。桜へ降りて来ないかと、大いに期待したが、1羽も来てくれなかった。満開の桜はレンジャクには美味しくないらしい。

 レンジャクがいたら、取り敢えず尾羽の黄色い個体がいないか探してしまう。松本平ではキレンジャクは希少だから。

 レンジャクは20羽ほど、中にキレンジャクが1羽いた。キレンジャクが1羽混じっているこの群、もしかすると3月29日にフィールドで出会った群かもしれない。そんなことを考えながら見ていたら、ヒレンジャクがラブラブを始めた。

 雄が盛んにヤナギの花を雌に口移し。種族を問わず、雌のご機嫌を取るには、プレゼント作戦が常套手段。せっせとプレゼントを運ぶ、男は辛いよ?の瞬間。この後交尾をするかと、かなり期待して見続けたが、秘め事は見せないよと、2羽は彼方へ行ってしまった。

 図鑑に、ヒレンジャクの雌雄の差として、尾羽の先端の赤い部分が雄は雌よりやや広い、喉の黒色部の胸との境界が雄は明瞭、雌はやや不明瞭とある。求愛行動中の2羽を見比べて、なるほどと納得。以前からこの差をしっかり確認出来ず、歯痒かったが、2羽のおかげで勉強が出来た。ひとつ宿題が片付き、ひとつ知識が増えた。

 日射しが強くなった。ずっと上空を見上げていたので、鼻の頭がヒリヒリしている。どうも日焼けをしたらしい。これから、日焼けで鼻がヒリヒリしたら、きっとラブラブのヒレンジャクを思い出すだろう。
 桜も満開、ヒレンジャクの恋も満開。目出度し、目出度し。

 

ラブラブなヒレンジャク♂(左)と♀(右)  2014年4月15日  長野県 松本市


4月14日 谷川へ初夏が

キセキレイ ♀  2014年4月14日  長野県 安曇野市

シジュウカラ  2014年4月14日  長野県 安曇野市
 
 春だけフィールドへチェックに行こうと走っていたが、考え事をしていて、曲がり角を通過してしまった。引き返すのも悔しいから、そのまま谷川まで行く。コサメビタキの到着チェックは後日に回すことに。

 谷間はまだ春が始まって間もない。ヤナギやキブシ、サンシュユが花盛り。ヤナギはよく分からないが、花の形から4種類以上はあり、あちこちにたくさん生えている。鳥さんには、大振りの黄色い花を付けたヤナギへ止まって欲しいのだが、特定のヤナギにしか行かない。しかも、ごちゃごちゃな枝振りの。たぶん、そこに虫がたくさんいるのだろう。

 夏鳥の到着まで、まだ数日あるかと思っていた。キセキレイ、カラ類、カワガラスがいればそれでいいと歩き始めたら、鳥見の先客・知人がデジスコを構えていた。ウグイスがいるらしい。夏鳥が来ているかと尋ねたら、ルリビタキが4日前から入っているとのこと。予想に反して、すでに春の谷川へ初夏が到着していた。前回8日に来たときには、春が始まったばかりで、いるのはカラ類とキセキレイだけだったが。

 それではとルリビタキを探すが、なかなか見つけられず。簡単に見られ、撮影の相手をしてくれるのはキセキレイとシジュウカラくらい。カワガラスも1度鳴いて通過しただけ。

 キセキレイが飛んでいるところを撮ろうとしばらくチャレンジするが、全滅。飛び出す方向がまったく定まらないので、ピントが合わない。そもそも超望遠レンズで狙うこと自体乱暴なことなんだろう。しかし、きらきら光る谷川の上を飛んでいるキセキレイなんて、とても魅力的なんだけれど。

 谷川沿いをひと回り。ルリビタキの若い雄を見つけたが、川向こうにいて撮影出来ず。しばらく待つが、こちらへ来るそぶりは全く見せず、ときどき流れの上へ飛び出して羽虫を捕らえるだけで、愛想の悪いやつだった。でも、ルリビタキがいると確認出来た。

 

ルリビタキ ♀  2014年4月14日  長野県 安曇野市

ルリビタキ ♂  2014年4月14日  長野県 安曇野市

 鳥見の知人がデジスコを構えていた場所へ戻る。ウグイスが、谷川の上を飛ぶ羽虫を捕らえようと盛んにフライングキャッチを繰り返す。フライングキャッチをしている瞬間を撮影出来たら、それはすごいけれど、キセキレイで出来ないことをウグイスで出来るほど私の腕はよくない。それでも、一応チャレンジするが、案の定全滅。

 対岸のウグイスを狙って座り込み、結局1時間半座っていた。ウグイスは、さえずるとき以外は、藪の中が好き。フライングキャッチも、ノビタキのように背景がすっきりした場所で行わず、藪の中から飛び出して、藪の中へ戻ってしまう。
 静止している瞬間を狙っても、ごちゃごちゃな背景の中にいるので、どこにウグイスがいるのか分からない画像ばかり。

 しかし、諦めずに、ヤナギの枝先へウグイスが出るのを待つ。そこなら、なんとかまとめられそうと思い。待つ間に、ルリビタキの雌が加わった。ときどきウグイスと同様にフライングキャッチをするが、やはり藪の中から飛び出して藪の中へ戻ってしまう。撮影出来ず悔しい。

 そうこうしていたら、綺麗な成鳥雄が谷川の向こう側を通過した。すーっと現れ、一度全身がハッキリ見える場所へ止まり、そのまま彼方へ飛び去った。瞬間の出来事だったが、証拠写真を10コマ撮れた。とにかく、ルリビタキは若い個体も成鳥も到着している。確認出来たルリビタキは3羽。

 自然は埋め合わせが上手い。谷間の春はゆっくり来るが、すぐさま夏が追いつく。春盛りの谷間へ夏鳥がどっと現れて、鳥馬鹿が興奮する間もなく周囲は緑の濃い初夏になる。今日はその走りに出会えた。青いルリビタキが通過したように、夏がどんどん走り込んで来る、その走りと。


ウグイス  2014年4月14日  長野県 安曇野市

ウグイス  2014年4月14日  長野県 安曇野市

ウグイス  2014年4月14日  長野県 安曇野市

ウグイス  2014年4月14日  長野県 安曇野市


4月12日 あれこれ

ベニシジミ  2014年4月12日  長野県 安曇野市

 今日はあれこれ盛りだくさんです。

 まず白鳥湖へ行った。予想通り白鳥はいなかった。16時過ぎに再度白鳥湖へ行き、毎日白鳥の世話をしている方に聞く。やはり、今朝からいなかったそうです。無事に北帰行出来るといいですね。

 白鳥がいなくなると、周囲で食べ物欲しさにたむろしていたカモたちも散り散りになる。それは、カモ見のシーズンが終わるということ。ややこしいカモ達、マルガモや黒変個体のマガモなども見つけ出せなくなる。初冬に彼らと再会出来るように、八百万の神様にお願いしよう。

 今春始めてフィールドにベニシジミが現れた。春がどんどん進む。残るはアゲハの仲間と近年減ってしまったツマキチョウが現れると、春は最盛期となり、初夏の匂いが感じられるようになる。

 今日一番驚いた出会いは、フィールド内にカモシカが現れたこと。先に到着していた写友が見つけて教えてくれた。近くの山際での目撃談は聞いたことがあるが、まさか犀川河川敷までお出ましになるとは。安曇野は自然が豊かだからと喜ぶより、なぜこんな平地まで出歩くようになったか、それを知りたい。

 

カモシカ  2014年4月12日  長野県 安曇野市

抱卵中のカワラヒワ♀  2014年4月12日  長野県 安曇野市

 上の抱卵中のカワラヒワは、大きくトレミングしています。ほとんどピクセル等倍。寄れないときは、機材の性能を信じて遠くからチョロスナをして、大きくトレミングをすることにしている。

 しかし、こんな場所で営巣しているカワラヒワを始めて見た。こんなに丸見えでは、近くをハシブトガラスが徘徊しているから、危険きわまりないのだけれど。無事にヒナが巣立つといいのですが。
 そうそう、前に紹介したエナガの巣も近くにあるから、ハシブトガラスに出会うと大砲レンズを向けて連写している。ブトガラスが嫌がって近付かなければ、それでいいのだが。ブトガラスはとてもしつこく、ずる賢いから・・・。

 今日の午後は、鳥見が半分、春のフィールド散策が半分だったが、ウロウロしながらも、白いサギのチェックに一番神経を使った。オオダイサギとチュウダイサギの交替時期だから。

 まず、オオダイサギが3羽いた。白鳥湖に1羽。アオサギが中心のコロニーに、なぜか2羽いた。ちょっと寄り道している3羽なのだろう。コロニーの2羽は繁殖するとは思えない。2羽とも、嘴の色、目先の色、脚の色、飾り羽根の状態などから若い個体のように思える。これは、かなり私の独断と偏見による見立てだから疑問符だらけだが。ただ、2羽が渡らずにコロニーで越夏すれば、ちょっとしたニュースのはず。しばらくチェックせねばならない。また宿題が増えた。

 矢印の先にいる2羽はゴイサギです。ゴイサギはコロニーに若鳥2羽、成鳥4羽がいた。毎年ここでゴイサギも繁殖している。
 

サギのコロニーに残っているオオダイサギ2羽   2014年4月12日  長野県 安曇野市

 撮影する前に飛ばれてしまったので、言葉だけになるが、白鳥湖にチュウダイサギが5羽、団体でいた。昨日はいなかったから、今日来たと考えられる。コロニーには1羽。チュウダイサギも少数がコロニーで繁殖する。
 他にコサギが4羽。いずれも趾(脚の指)が真っ赤で、目先の色も赤味を帯びていたからここで繁殖する個体だと思う。

 驚いたことは、アオサギの多くが抱卵中、まだ巣を作っている最中のつがいもいるのに、すでに大きなヒナがいる巣があった。下の画像の矢印の先がヒナ。この地で、こんなに早くヒナが誕生しているのを始めて見た。もっとも、たかがアオサギと、あまり真剣に見てこなかったから見落としも十分あると思うが。いい勉強をさせてもらった。

 今日もあれこれあり、勉強になりました。とにかく、出かけて、目を凝らすと何かしら新しいことが見つかるから、鳥見はやめられません。そろそろ水辺の鳥から、山の鳥へシフトする時季なのだが、オオダイサギに髪を引かれて、困ったと、たわいもないことで悩んでいる鳥馬鹿です。


ヒナのいるアオサギの巣   2014年4月12日  長野県 安曇野市


4月11日 今日はメジロ

虫を探すメジロ  2014年4月11日  長野県 安曇野市

 もちろんハチジョウを捜しに行く。せめて10mの距離で、焼けこげ跡の葦原ではなく緑の草の上にいる姿を・・・いろいろ思い描いて捜し回ったが、ハチジョウが入っていた10羽ほどの群はそっくり消えていた。滞在期間が短いことはいつものことだから仕方がないと知りつつ、それでも付近を3回りした。

 3周ともヤナギの下を通り、メジロが虫探しをしている下を通ったが、もちろん無視。脇目もふらずハチジョウを。しかし、4週目で、ハチジョウを諦めてメジロに遊んでもらうことに。昨日は曇り空で、ヤナギもメジロもぱっとしなかったが、今日は青空だから、ヤナギの花もメジロも綺麗に撮れるから。

 ヒヨドリがヤナギの花にたかっていたら、それは花や若芽を食べていることがほとんどだが、メジロは虫探しが目的。密や花粉も舐める鳥だが、ヤナギには食欲を誘う密も花粉もない。かわりに花に虫が付いているらしい。
 私にはまるで見えないが、たくさん虫がいるらしい。下枝から梢まで丹念に探し回り、大きなヤナギをひと回りして次の木へ。

 20分ほどメジロに遊んでもらった。今日はこれで鳥見は終了。

 

虫を探すメジロ  2014年4月11日  長野県 安曇野市

虫を捕らえたメジロ  2014年4月11日  長野県 安曇野市

虫を探すメジロ  2014年4月11日  長野県 安曇野市

虫を捕らえたメジロ  2014年4月11日  長野県 安曇野市

 帰路の途中で白鳥湖へ寄る。「湖」でなく「河原」なのだが。昨春は11日に最後の白鳥が北帰したから、もしかすると誰もいないかもと思いながら。
 この場所を含め、溢れ返っていたカモも白鳥も9分9厘が渡去し、河原は閑散としている。それでも白鳥が3羽残っていた。

 9日までいた、例の自身を白鳥と勘違いしていたマガンの幼鳥は、10日に2羽の幼鳥と共に帰ったらしい。下の3羽も10日の朝は共に飛び立ったとのこと。いったん全羽がいなくなったのだが、この3羽は戻って来たとのこと。

 中央にいる成鳥は、翼を少し痛めているようなそぶりをしていた。翼がじゅうぶんでないと感じて引き返してきたのだろうか、いろいろ想像してしまう。他の2羽は幼鳥。3羽は赤の他人で、はぐれ者同士の寄り合いグループ。はぐれ者同士なんとなく気が合うのだろうか。明日にはいなくなっているかも。

 おまけで、手前にいる、一見マガモの雄に見えるややこしいカモは、マルガモの「第三の男」君。彼は独り身のまま夏を迎えそう。おそらく安曇野の何処かで夏を過ごすだろう。
 


4月10日 ハチジョウ出る

広い河原に二人だけ カルガモ ♂ と マガモ ♀  2014年4月10日  長野県 安曇野市

 強風が吹いたり、雨がパラパラ来たり、ひどい天候だった。こんな日は鳥見もままならない。ネットでウエザーリポートなどを見て、寒冷前線が通過してしまえば、やがて天候は回復するだろうと勝手に予測。河原で先日来気にかかっているカモを見ることに。

 今、犀川のあちこちにマガモとカルガモがパラパラといる。2種が入り乱れていることもあるが、多くは2種がそれぞれに少数で固まっていたり、つがいで行動していたりする。
 
 まだ何も確定的なことは言えないが、数羽のカルガモの中に1羽だけマガモの雌がいて、カルガモの1羽とかなり「仲良し」関係にある。そう見えてしまう。

 広い河原を2羽だけで移動したり、寝ていたり、カルガモが他のカルガモを追い払う行動を見ると、君たち怪しい!と見えてしまう。偶然そう見えたにしては、数度見かけているし、カルガモは雄だから・・・2羽がつがいになっているのではと、期待も込めて疑っている。

 カモが流れ下ってしまったので、河川敷を移動。昨日は初ノビタと興奮したが、なんと、今日は違う場所に10羽以上のノビタキが飛び回っていた。ばらばらに行動しているが、彼らは移動中の群である。昨日なら、大喜びでノビタを撮ったろうが、今日はもう食傷気味。

 ヤナギにメジロが10羽ほど。メジロも集団で飛び回っていたから、暖地で越冬し、繁殖地へ向かう途中の群だろう。春はどんどん進んでいる。

 

メジロ  2014年4月10日  長野県 安曇野市

ハチジョウツグミ  2014年4月10日  長野県 安曇野市

 今日のメイン・・・水の一滴岩をも砕き、鳥馬鹿の一念ハチジョウを出す・・・です。

 久しぶりに、10羽ほど渡りツグミの群が現れた。例によって端から双眼鏡。もしかして、相模原に出たウタツグミが入っているかもと、大いに高望みして。背を向けている3羽目に焦点が合う。その背の色ですぐにピンと来た。ハチジョウだ!

 何度もこの雑記帳で、ツグミも少ない、ただツグミしかいない、ハチジョウでいいから出ないかとぼやいている。夢が叶いハチジョウツグミが出た。

 毎シーズン、1羽はハチジョウツグミがフィールドを通過する。秋の渡り期だったり、春の渡り期だったり、シーズンによって違うが。今の冬はとてもツグミが少ないので、ハチジョウの出現を半分は諦めていた。しかし、鳥馬鹿精神で「見るだけ」は続けていた。

 野焼き跡の原にツグミがよく現れる、虫を捕りやすいのだろう。それで、この場所は通るたびにチェックする。

 車に籠もって、近付いて来るのを待つ。しかし、上の画像程度しか寄ってくれない。他のツグミは10mほどまで来るのに・・・20分、40分・・・辛抱溜まらず車をちょろり移動したら、飛ばれてしまった。今日はこれだけの出会いだった。まさに一期一会。

 越冬個体だったら、じっくり構えて、あの手この手を思案出来るが、渡り途中の個体だと、ほぼ1日でぬけるから、飛ばれてしまった、らそれっきり。でも、今シーズンもハチジョウと出会えたから。今日はとってもいい日だった。下は大きくトレミングした画像です。

 
※鳥見界の業界用語

 「出る」「出ている」
 鳥がいる、現れること。鳥見をしている方に尋ねるときに、「何か出ていますか?」のように使う。

 「ぬける」
 鳥が移動してしまい、いなくなること。越冬個体が渡去したり、珍鳥がいなくなった場合などに使う。

ノビタキ ♂  2014年4月10日  長野県 安曇野市

 おまけのノビタキ。ハチジョウのいた場所にもノビタキが数羽いて、目の前を飛び回る。気が散るから来ないでと思う。しかし、目の前に来ると、やはりシャッターを押してしまう。鳥写真馬鹿の性です。

 夏季に、ノビタキの雄は頭部も背も真っ黒になる。黒くなるのは、黒い羽毛に換羽するのではなく、羽毛の先端(羽縁)の褐色部がすり減り、黒い部分が残るからだと言われている。この個体を見て、褐色の羽縁がすり減っている状況が見えたので、ハチジョウツグミがうまく撮れていなかった場合の保証に、雑記のネタの保証に撮影。


4月9日 夏鳥至

チュウダイサギ  2014年4月9日  長野県 安曇野市

チュウダイサギ  2014年4月9日  長野県 安曇野市

 今は、七十二候の「玄鳥至(つばめきたる)」なのだが、ツバメもイワツバメもすでにたくさん来ているとか、今日松本で桜の開花宣言があったとか、私も開花したソメイヨシノを見たとか、まだレンジャクがいるとか、蛙が鳴いたとか、5日にウグイスの初鳴きを聞いたとか、今日出会ったエナガの尾羽が曲がっていたとか、昼間から飛び回っているコウモリがいたとか・・・春の話題はたくさんありますが、それらは置いて・・・。

 昨春と同じ9日に「春だけフィールド」へ出かけた。昨春は、畑にツグミが30羽ほどぞろぞろと歩いていたり、雑木林にルリビタキ、クロツグミ、ヒレンジャクがいた。ぞろぞろツグミは毎春のことで、ハチジョウツグミが混じっている春もあった。

 だが、今日はヒレンジャクが8羽ほどいただけで、ウグイスの声も聞かれなかった。このフィールドでは、遅れた春の埋め合わせが、まだカレンダーに追いつかないらしい。そんなことを考えながらレンジャクを撮っていたら、写友から連絡が来た。ノビタキが数羽いると。

 昨春の初ノビタキは、11日に「春だけフィールド」で見た。それもあって、そろそろノビタが来ていないかとチェックもしていた。

 4月は、ヒヨドリの渡りグループが来て、チュウダイサギが来て、ノビタキが来て、まもなくコサメビタキが来て、それからキビタキ、オオルリが来てと、夏鳥の渡来が続く。鳥ひでりの3月に比べると、4月はチェックと撮影が忙しい。

 ノビタキを撮影しようと、教えられた犀川の堤防へ向かう。途中でキジバトの群と遭遇した。数えたら20羽ほどいた。キジバトも冬季は暖地へ移動し、4月にヒヨドリ同様群で移動して来る。移動中の群と今春初の出会いだった。

 そして、先日通過個体を見かけたものの、その後確認出来なかったチュウダイサギとも出会った。オオダイサギの見間違えではないかと目を凝らす。しかし、婚姻色と飾り羽根が現れている、紛れもないチュウダイサギだった。

 その先で、2羽のイソシギが向かい合っていた。イソシギも秘め事を始めるかと期待してレンズを向けたが、2羽は同性だったらしく、秘め事どころか、挨拶もなしに喧嘩を始めてしまった。これも春ならではの縄張り争いなんだろう。

 なかなか、ノビタキへまで行き着けず。


争うイソシギ  2014年4月9日  長野県 安曇野市

ノビタキ ♂  2014年4月9日  長野県 安曇野市

ノビタキ ♀  2014年4月9日  長野県 安曇野市

ノビタキ ♂  2014年4月9日  長野県 安曇野市
 写友が別の鳥さんを狙って頑張っていた。ノビタキの場所を改めて教えてもらい、お邪魔虫をしないようにノビタのいる場所へ接近する。

 ほとんど夏羽になった雄、顔だけ真っ黒で体は冬羽の雄など、ノビタは6羽(と思う)いた。犀川周辺では、チュウダイサギ、ノビタキと夏鳥の渡来が一段進んだ。どうやら、ここでは春の遅れは取り戻されたようだ。

 改めて構えるほどノビタキは珍しくない。毎春、毎秋フィールドを通過する。そして、毎年同じような写真を撮り、同じような画像を雑記帳へアップする。進歩がないと言われても仕方がない画像を。

 それで、今日は少し粘り、ノビタキが羽虫を捕らえる瞬間を撮ろうと頑張ってみた。デジタル様々でノビタキが飛び上がるたびに連写する。50コマ撮って、ノビタにピントが合い、羽虫も写っているコマはひとコマあるかないか。まさに、デジタル様々。

 お見せするには、まだまだの出来と思いますが、フラインングキャッチの瞬間はそうそう撮れないから、3コマ使います。ノビタまで距離を詰められなかったので、小さくしか撮れませんでした。それで、画像はトレミングしています。

 フィールドの夏鳥の到着が続いて、次はコサメビタキの番ですが、毎春の習いに従えば、まだ10日ほど待たねばならないでしょう。松本平でキビタキ、オオルリを確認出来るまで、あと10日の辛抱でしょうか。少し高い場所へ行けば、クロツグミもコサメビタキもそろそろ来ていると思いますが。


羽虫に向かって飛ぶ ノビタキ ♂  2014年4月9日  長野県 安曇野市

羽虫を捕らえようとしている ノビタキ ♂  2014年4月9日  長野県 安曇野市

羽虫を捕らえようとしている ノビタキ ♂  2014年4月9日  長野県 安曇野市


4月8日 続、オオタカ

シータテハ  2014年4月8日  長野県 安曇野市

ヒガラ  2014年4月8日  長野県 安曇野市

 フィールドを離れて、久しぶりに山麓へ行った。渡りヒヨドリの群が通る時季になったから、林道を登るとカケスがたくさん飛んでいたり、カヤクグリが道路脇で採食していたり・・・そんな時季。家から少し遠いのでガソリン代が気がかりだが、そこは我慢して林道へ辿り着いた。
 
 ところが、安曇野市の係がしっかり仕事をしていて、林道の入口にゲートを新設。4月下旬まで通行不可だって。そんなぁ〜〜、昨春までは、落石ごろごろでも雪のある場所まで行けたのに・・・。

 仕方がないので、カワガラスのチェックに変更。こちらは公園仕様の場所なので・・・ところが、駐車場からの遊歩道が工事中で通り抜け出来ませんだって。そんなぁ〜〜!仕方がないので、別の駐車場へ入り直して、逆から通り抜け不可の場所まで歩く。

 カワガラスは飛び交っていなかった。たぶん抱卵中なのだろうと、都合よく解釈し、ネコヤナギの花が咲き始めた遊歩道を巡る。雪が積もっている時期には、それこそ出会うのはヤマガラ数羽程度だったが、春です、ちょっぴり出会いが増えた。ヒガラ、シジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、コゲラ、キセキレイ。ごくごく普通種だけだが、いないよりはまし。やはりカワガラス撮影には20日ほど早かったと確認。

 一番の収穫は、ほぼ1年ぶりにシータテハを3匹も見たこと。このチョウだって、さして珍しくはない。それでも1年ぶりだから、なんとなく得した気分で記念撮影。ルリタテハも飛んでいたが、こちらはパス。ここいらでは、シータテハよりずっと普通種だから。

 結局、山麓まで行って、シータテハを見ただけ。帰えろうと時計を見たら、まだ15時。せっかく出張って来たのだからとフィールドへ回る。30分でもいいからチェックしようと思い。

 雑木林を通過中、昨日と同じ場所にオオタカの雌がいたらお笑いだと思う。ところが、例の叫び声がするではないか。これはお笑い、笑いついでに見てやれと、昨日の場所へ行くと、3本ほど隣の木に雌がちゃんと止まっていた。

 

オオタカ ♀  2014年4月8日  長野県 安曇野市

羽繕い中鳴くオオタカ ♀  2014年4月8日  長野県 安曇野市

 ワシタカ類については、ほとんど追っかけたことも勉強したこともないので、オオタカの生態についての知識はほとんどない。だから、なぜ雌が飛び回らずに鳴き叫んでいるのかも分からない。なぜ、ほとんど同じ場所にいるのかも分からない。

 林道へ入れなかったし、カワガラスも飛んでいなかったから、することがなくなっていた。それで、残りのお出かけ時間いっぱいオオタカの雌を観察することにした。行動が昨日と同じなら、鳴き叫んでいる雌のところへ雄が飛んで来て交尾をする。今日は飛んでくる雄を見落とさないようにしようと四方を警戒。

 雌を見つけてから40分ほど経過。その間何度か雌は叫んだが、雄は来なかった。雌は自分で捕食せず、雄が食べ物を運んでくるのだろうか?それで、腹減った〜と叫んでいるのかしら・・・いろいろ考えた。もちろん、私の勝手な推測。

 昨日は雄が雌の横へ飛んで来た。今日も来るだろうと予想。今日の枝なら2羽が並んでも十分撮影出来る、しめしめだ・・・。

 羽繕いをしていた雌が、向きを変えて止まり直し、身を乗り出すような姿勢になり、前方を注視した。しめしめ、雄が来るらしいと人差し指に神経を集中。

 ところが、雄は来ず、代わりに雌が30mほど飛んで、枝へ止まった。例のごとく枝が混み合っていて、雌の止まった場所は分かったが、枝が邪魔して見えない。大急ぎで車から出て双眼鏡。枝の隙間にはっきり雌が見え・・・なんと雄も来ていた。

 食べ物の受け渡しがあったかは確認出来なかったが、しっかり交尾をしている後ろ姿は見えた。ほとんど瞬間の交尾を終え、雄は地面すれすれの高さで木々を縫って飛び去った。
 なるほど、こういう行動をするのだと、ちょっとだけ知識が増えた。

 雌君、今後は、交尾をするなら、あっちの山の中でした方がいいと思うよ。明日も林で鳴いていたら、それこそ鳥馬鹿にしつこく付きまとわれることになるから。


たぶん飛んでくる雄を見ている オオタカ ♀  2014年4月8日  長野県 安曇野市


4月7日 オオタカの秘め事

ソメイヨシノ  2014年4月7日  長野県 安曇野市

 昨日は重い黒雲が通るたびに雪が舞った。間もなく桜の時季だから、雨なら花時雨とでも。それは乙なのだが、雪まじりの雪時雨でも、まぁ、許そう。しかし、世界が霞むほどのぼたん雪が舞い踊ると、風も強かったし、戻った冬にうんざり。戻り冬なんて季語にもなさそう。とにかく寒い松本盆地、桜の開花まで、もうちょいです。

 今日は、渡りヒヨドリの群をふたつ見た。約30羽と約50羽のヒヨドリが鳴き交わしながら、ことさら忙しそうに、犀川沿いに繋がる雑木林の梢付近を縫うように、北へ向かって飛び去った。例え雪が舞う日があったとしても、渡り鳥たちは着実に移動を始めている。

 相変わらず、鳥が少なく、レンズを向ける相手がいない。河原で賑やかに飛び回っていたセグロセキレイやハクセキレイも、どこかへ潜んでしまった。営巣場所を見つけて、巣作りを始めたのだろう。

 先日見つけたシジュウカラの巣も、静まりかえっていた。巣材を運び込んでいたから、間違いなく営巣しているはず。巣穴への出入りがないのは、抱卵を始めたからか。それとも、まだ本気で巣作りを開始していないのか、判断に迷う。それで、20分ほど眺めていたら、穴の中から雌が現れた。巣材運びをせず、巣穴に籠もっていたということは、産卵の最中なんだろうと勝手に決めて移動する。


巣穴から出てきたシジュウカラ  2014年4月7日  長野県 安曇野市

オオタカ 左♀ 右♂  2014年4月7日  長野県 安曇野市

 鳥を探して移動中、聞き覚えのある叫び声がした。いつもは、ああ、オオタカが鳴いていると思うだけで先へ進んでしまう。しかし、全然鳥さんに出会えず、ふて腐れ気味だったので、気分一新オオタカ捜しをすることに。たまにはオオタカでも撮ろうと。

 連続して鳴く声の方へ、順光側から大回りをして近付く。相変わらずの雑然とした雑木林、木々の間を透かし見ながら声のする方へ。見つけるのはそう難しくはなかったが、どう透かしても、手前の枝が邪魔をして撮影出来る状況にない。あまり近付くと、飛んで逃げてしまうから、ともかく証拠写真をと撮ったのが上の画像。

 雌雄並んでいたのだが、目ざとい雄は近付く私に気付いて飛んでしまった。あら、あら、証拠写真でお仕舞いかと思ったが、雌は逃げず、逆に大声で鳴き続けた。(下の画像)


オオタカ ♀  2014年4月7日  長野県 安曇野市

交尾するオオタカ 上♂  下♀  2014年4月7日  長野県 安曇野市

 しばらく雌は鳴き続けていた。雌の連続する叫び声は、雄を呼んでいるに違いない。ならば、再び雄が横へ並ぶだろうと、出来たら獲物を運んで来て雌にプレゼントしないかしら。都合のよいシーンをあれこれ想い描いて待つ。

 雄の飛来は瞬間でした。レンズ越しに雌を見続けていたので、雄の接近に気付けなかった。手前の枝へ降りた雄は間髪を入れず、雌の背に飛び乗り交尾スタイルに。行為は1〜2秒で終わってしまい、はたして交尾出来たのかさえ分からず。シャッターを切り続けたので10コマ画像が残ったが、どうも失敗したとしか画像上では見えない。

 交尾の後、しばらく雄は雌と並んでいた。個体差もあるが、この雌の背はやけに褐色が強く、雄の青灰色とは対照的だった。手前の枝が邪魔をして、明らかに雌の方が大きいと分かる程度の画像しか撮れず、ちょっと残念。

 この後、雄は少し離れた木から枯れ枝をつかみ取り、あちこちの枝にぶつけながら何処かへ運んで行った。雌は同じ場所に残り、あちこち見回すだけで何もしなかった。もう一度雄が戻るのではと期待して、30分ほど雌を見ていたが、何事も起こらず、そのまま私のお帰り時刻になってしまった。

 オオタカ夫婦も春ですね。しっかり子作りを始めましたから。しかし、この雑木林の中で営巣しない方がいいと思う。営巣などしたら、鳥馬鹿にのぞかれ、パシャパシャとやられるのが落ちだから。


交尾するオオタカ 上♂  下♀  2014年4月7日  長野県 安曇野市

オオタカ ♀  2014年4月7日  長野県 安曇野市


4月6日 千鹿頭池の春

セグロセキレイ  2014年4月1日  長野県 安曇野市

 この春は、記憶にないほど鳥ひでり。鳥少なしに「とても」を付けていい。一例を上げると、毎春この時期、芝生や河川敷、雑木林、水田や畑にツグミがわらわら歩き回っている。ところが、今春はぱらぱらしかいない。意識してチェックしていても、フィールドを2時間走り回って15羽ほどしか出会えない。そんな毎日で、撮影もままならず、すると雑記帳のネタも拾えず。
 ぼやきながらも、フィールドを回っています。

 4月上旬の安曇野では、ダイサギの2亜種、ダイサギ(オオダイサギ)とチュウダイサギが交替する。4月10日を過ぎるとオオダイサギは見られなくなり、チュウダイサギが現れる。この交替を見届けるのが楽しみで、白いサギをチェックする。

 今春も、4月に入るとオオダイサギを1羽も見られに日があった。次の日また2、3羽がいるので、その2、3羽が越冬個体なのか、北上中の個体なのか、悩んでしまう。ともかく、いたりいなかったりを繰り返し、オオダイサギは渡去してしまったと確信を持てるころ、チュウダイサギが現れる。

 まだオオダイサギは2、3羽いるが、4月3日にチュウダイサギと思える個体が白鳥湖を通過した。17時近かったので、後を追って確認しなかったが、大きさ、足の色などからチュウダイサギだと思う。
 昨日、探し回った。オオダイサギは2羽いたが、チュウダイサギはいなかった。幻を見た気分。夢は、2亜種のダイサギとアオサギが並んだ写真を撮ること。コサギも加わればやっほ〜〜だが、ほとんど無い物ねだりの世界。

 

チュウダイサギ ?  2014年4月3日  長野県 安曇野市

 4月上旬に雑種ガモのチェックに行く。ここ数年、恒例となった鳥見。どの雑種ガモがくっついた、もとへ、つがいになったかを確認するため。それと、冬を生き延びた雑種ガモは誰なのかを確認するため。
 マスコミ受けする表現だと、白い雑種ガモ3羽と黒い雑種ガモ3羽は無事かと。

 4日は、黒い個体は3羽無事だったが白い個体は1羽しか確認出来なかった。地元の方の情報だと、白は2羽いるとのこと。どうやら、白い雑種ガモの1号、「しろちゃん」は行方不明らしい。

 下は2013年6月8日に生まれた「しろちゃん」の3回目の子供の3羽で、左から名前を付けてない個体、「バター」、「コーラ」。6羽生まれた中で生き延びているのはこの3羽だけです。兄弟仲良くいつも一緒に行動している。3羽はこの夏繁殖はしない。

 雑種ガモを長く見て来て、彼らの行動の特徴がいくつか分かった。まず、兄弟姉妹は固まって行動し、それは数年経っても繁殖活動中以外は変わらない。また、基本的には雑種ガモ同士で団体を組み、池にたくさんいるカルガモとはほとんど交流しない。さらに、つがいの相手として雑種ガモを選択し、カルガモにはほとんどディスプレーをしない。これまで、つがいの相手は兄弟姉妹であった。
 こんなことを、更に確認するために、今年もこれから千鹿頭池へ通うことにしている。


兄弟雑種ガモ  2014年4月4日  長野県 松本市

左から、名前の付けてない個体、バター、コーラ

兄弟雑種ガモ  2014年4月4日  長野県 松本市

手前 「しろバフ」 後ろ 「しろしろ」

 上は2012年6月13日生まれの2羽。「しろちゃん」の2回目の子供。3羽生まれた中の2羽。このべったり感は、つがいになったと疑えるが、まだ分からない。

 下は、明らかにつがいを形成している雑種ガモ。1羽はカルガモに見えるが、嘴の黒い部分に黄色い斑点があり、3列風切の白色部がとても広いから雑種ガモと識別している。雑種ガモが何羽も誕生しているが、ヒナの時期に、羽衣の色が黒や白以外の多くのヒナは、カルガモのヒナとそっくりな色をしている。その「カルガモ色」の個体が成長すると一見カルガモにみえる個体になる。

 下の2羽はまだ同定出来ていない。こん後の追っかけで正体を突き詰める積もり。奥の個体は「2012年生まの「色男バフ」か「しろバフ」のどちらか。2羽の行動をみると、明らかにつがいを形成している。この2羽の間にヒナが誕生すると、どんな羽衣の色になるか、楽しみである。

 

雑種ガモのつがい  2014年4月4日  長野県 松本市

 そして、新しい関係が生まれそう。下は兄弟姉妹関係、つまり母親は同じだが生まれた年が違う2羽の組み合わせです。2羽は交尾をしたから、おそらくつがいになるのではと考えます。

 「五人組一郎」は2009年生まれ、千鹿頭池の雑種ガモの中で最古参。「しろちゃん」と兄弟姉妹関係。「コーヒー」は2012年5月生まれの黒いヒナの1羽。問題は、昨春「一郎」は「カルガモ色の雑種ガモ」とペアーになり、交尾もしたのだが、結局この池ではヒナは確認出来なかった。今春は相手を替えたようだ。この年の差3歳のつがいがどんな色のヒナを孵すか、興味津々。


雑種ガモのつがい?  左「五人組一郎」 右「コーヒー」  2014年4月4日  長野県 松本市

 そして、昨春からカップルになっていて、関係を続けている2羽。2羽は2012年生まれの兄弟姉妹。上の「コーヒー」とも兄弟姉妹。この2羽にはヒナ誕生を期待出来そう。

 昨春まで、白い「しろちゃん」の子供はどんな色か、ギャラリー皆で楽しみにしていた。白い「しろちゃん」の子供に白い子が生まれるのは普通に考えられるとして、黒い子(上出の「コーラ」)まで産まれたのには驚いたし、とても興味深い結果だった。

 そして今春、黒い「コーヒー」と「ココア」の子供の中に白い子がいたら、驚き以上に自然界の摩訶不思議を感じてしまうだろう。「ココア」の相手がかなり色白の「色男しろ」だから、白い子を期待してしまう。

 千鹿頭池に春が来て、いくつかつがいが生まれた。雑種ガモを見始めた頃は、雑種ガモとカルガモの交雑がたくさん起こり、遺伝の実験場になるのではと考えたが、どうやら、いまのところカルガモとの交雑は起きていないと思う。雑種ガモ間の絡み合いみたいな関係が続くのだろう。それはそれで、大いに興味をそそられる。
 

雑種ガモのつがい?  奥「色男しろ」 手前「ココア」  2014年4月4日  長野県 松本市


4月1日 イカルチドリの秘め事

雌を誘う イカルチドリ ♂  2014年4月1日  長野県 安曇野市

 早いですね、もう4月です。振り返れば、冬鳥の少ないシーズンでした。夏鳥がたくさん来てくれるといいのですが。その前に渡り途中の、例えばシマアジなどが寄らないかと夢を見ている4月です。
 昨年は1日に桜が咲き始め、2日にアメリカヒドリの雌が、3日にはホオジロハクセキレイが現れた。それなり楽しかったが、さて、この4月は誰が現れるか。

 フィールド内で1羽も見かけなくなったオオダイサギがまた現れた。しかも4羽も。もしかして、チュウダイサギが到着したかと双眼鏡を握りしめるが全部オオダイサギで、残念。移動中のオオダイサギだろうか。そろそろ南から渡ってくるチュウダイサギが現れてもよい頃なのだが。

 河原を走っていたら、聞き覚えのあるイカルチドリの鳴き声がした。昔、相模川の河原でなんども聞いた、そして観たイカルチドリの声。雄が雌を誘っている声。

 鳴いているイカルチドリを捜し出して、観察開始。鳴き声の次は交尾をするはず。記憶に間違いなければ、雌が寄って来て・・・。

 上の画像は、くぼみで巣作りのまねごとをして、雌を誘っている雄のポーズ。雌がその気になれば近付いてくる。

 下は足で石を蹴り出すまねごとをしているところ。くぼみの中の小石や砂を蹴り出して巣を作るが、まだ雌を誘うための行為なので、この場所に巣は作らない。巣と言っても、河原にへこみを作り、小さな木くずや砂粒を少し持ち込むだけの簡単なもの。


雌を誘う イカルチドリ ♂  2014年4月1日  長野県 安曇野市

雌を誘う イカルチドリ ♂  2014年4月1日  長野県 安曇野市

 雄の誘いに引かれて雌が近付くと、雄はあたかも日傘のように尾羽を広げる。雌が広げた尾羽の下へ入れば、めでたく婚約成立となる。

 鳴き始めてから上の画像、雌が寄って来るまで15分かかった。その15分は長そうだが、過去の観察例だと、もっと時間がかかった場合もあった。30分も雄が努力したのに、雌が近付くだけで逃げてしまったことも。男は辛いよ!そのシーンも何度か見た。

 今日は、雌がプロポーズを受けた。雄の開いた尾の下へ雌が入る。巣作りが上手いか、雄が作ったへこみを点検しているように見える。


雄の誘いを受けた雌 イカルチドリ ♂  2014年4月1日  長野県 安曇野市

雌(左)に迫り、交尾しようとしている雄カルチドリ ♂  2014年4月1日  長野県 安曇野市

 開いた尾羽の下へ入るのが雌からのOKサイン。雌はゆっくり歩いて移動。雄が胸を反らし後を追う。そして、片足で雌の尾に触り、雌の背に乗るタイミングをうかがう。ここまで儀式が進めば、雄はほぼ交尾をさせてもらえる。

 下は雌の背に乗った雄。交尾する寸前。秘め事は人様に見せないのよと、雌は石の陰に入ってしまった。へこみを作った場所から2、3mほど離れている。


雌の背に乗り、交尾寸前のイカルチドリ ♂  2014年4月1日  長野県 安曇野市

 上のように背に乗るまで行って雌に逃げられた例も過去見たことがある。ほんと、男は辛いよ!その時は雄にとても同情してしまった。

 交尾の瞬間はバランスを崩さないように、もしかするとバランスを崩しているから、雄は翼を広げ、交尾はほとんど瞬間で終わる。この後、たいてい雄は飛び去り、雌だけがその場に残る。雌も別の方向へ飛び去る場合もある。

 ともかく、無事秘め事は終了しました、めでたし、めでたし。雄が鳴き始めてから18分でした。ちなみに、コチドリもほぼ同じ行動をします。何回か交尾をして雌は産卵する。安曇野では4月中旬に産卵するケースが普通である。巣の場所が洪水の被害を受けない場所ならよいが、例年洪水で流されてしまう巣がある。また、カラスに見つかって卵を食べられてしまう場合もある。この2羽の繁殖が上手く行きますように。
 
 4月初日の河原は初夏の暑さだった。


交尾の瞬間 上がイカルチドリ ♂  2014年4月1日  長野県 安曇野市


3月分 ホームヘ 5月分