私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


4月分 ホームヘ 6月分

5月31日 鳥馬鹿の世界

 始めに、行方不明の傷病コハクチョウ「ふくちゃん」について。
 この雑記帳も、少しは役に立つことがある。「ふくちゃん」行方不明と一昨日書いたら、写友から、犀川の少し下流で見た、撮影もしたと連絡を頂く。まずは写友に感謝。

 「ふくちゃん」の安否確認のため、昨日犀川白鳥湖の中州を白鳥の会の会員が捜査。キツネの侵入形跡無しを始め、手がかり全くなしだったとのこと。

 今日頂いた情報は2点、
 28日に白鳥湖(ダム湖)の水が流れ出る堰堤から1羽の白鳥が流れ出た、それを目撃した白鳥見学常連の方がいる。
 29日14時32分、写友が、白鳥湖からおよそ500mほど下流に白鳥がいたので撮影した。画像データから14時32分。

 さっそく白鳥の会へ連絡。明日、下流域を捜すことになった。


サンコウチョウ ♀

 サンコウチョウのお家がほぼ完成した。まもなく葉が茂り、見えなくなるので、記念撮影。
 サンコウチョウの巣は、古来からの伝統的な作りである。だから好きだ。とかく、ビニール紐などの化学繊維やコンビニ袋の切れ端が様々な鳥の巣材に使われる昨今である。山中のノジコが巣材の化繊をくわえた画像を先日載せたばかり。カイツブリの巣にはしっかりコンビニ袋の切れ端が・・・。

 しかし、サンコウチョウはかたくなにスギかヒノキの樹皮を編み、周囲にクモの糸でウメノキゴケを貼り付ける。この建材と工法をかたくなに維持しているから、好きである。


クロイトトンボ 左♀ 右♂  2014年5月31日  長野県 松本市

 今日は千鹿頭池へ雑種ガモのチェックと「ときどきトンボ」に行く。ほとんど鳥馬鹿の世界の話です。

 昨年から始めた「ときどきトンボ」、そこそこトンボの名前を覚えたが、1年経つとすっかりて忘れてしまい、28日にはしっかりエラーした。交尾している画像に「モノサシトンボ」と記してしまった。もう訂正してありますが。改めて、今日千鹿頭池で撮影した交尾中のクロイトトンボ。少し歪んだハートで、あいらぶゆ〜〜?

 

「色男バフ」と「甲子」のペアー  2014年5月31日  長野県 松本市

 雑種ガモ、今日は8羽がいた。池への出入りが激しいので、どの雑種ガモが生存しているか実態をつかみにくい。3羽いるはずの白い雑種ガモは最近1羽も確認出来ていない。人伝に3羽とも千鹿頭池の周辺にいるらしいのだが。

 今日いた雑種ガモは、最古参の雑種ガモ「五人組」の、「二郎」「三郎」「四郎」「五郎」とペアーがふた組。「色男しろ」「ココア」組と、上の画像の「色男バフ」「甲子」組。なお、「色男バフ」の相手の雑種ガモはずっと名無しだったが、データー整理上の都合で、勝手に「甲子」と名付けた。
 人の恋路をじゃまする鯉は・・・の図

 下は「色男バフ」が羽ばたいたところ。注目点は、初列風切の外側の羽(右はp8〜10、左はp10)が白いこと。この4枚の白い風切羽は、繁殖期の羽衣でも、非繁殖期の羽衣でも変わらない。雑種ガモは体色が大きく変わるので、個体識別がとてもややこしい。羽衣だけでなく、嘴の色や斑の形まで変わる。だが、「色男バフ」は4枚の白い風切羽で識別がたやすい。どうという問題ではないが、通年4枚が白いと確認出来て満足している鳥馬鹿です。

 雑種ガモは兄弟姉妹で固まって行動する。これは繁殖のためにペアーを組んでいる時期以外は通年変わらない。「五人組」は推定5歳であるが、この間ずっと行動を共にしている。そして、千鹿頭池の雑種ガモの実権は最古参の「五人組」にあると見える。つまり、その後生まれた雑種ガモは池から追い出される傾向があるから。


羽ばたく「色男バフ」  2014年5月31日  長野県 松本市

 「三郎」は初代白い雑種ガモ「しろちゃん」のパートナーである。現在「しろちゃん」の所在は分からないが、もしかすると、千鹿頭池の人工浮島の中で抱卵しているかも知れない。

 「三郎」が「色男バフ」のパートナー「甲子」に横恋慕した。しばらくの間、しつこい迫ったが、交尾までには至らず。
 始め「三郎」に合わせて「甲子」も鳴き交わし、首を振り合ったから、つまり少し色気を見せたから、「三郎」は大いにその気になったのだが、結局つれなくされてしまった。逃げる「甲子」を追いかけ、最後は年下の「色男バフ」においかえされてしまった。3羽の関係は生年は違うが同じ母親から生まれた子供なので、兄弟姉妹関係である。

 今、一番期待していることは、黒い雑種ガモ「ココア」の子供の誕生。次が「しろちゃん」が再びヒナを連れて現れること。どうでもいいことに熱中する鳥馬鹿精神はまだまだ続きます。「ときどきトンボ」も。

 

「甲子」に交尾を迫る「三郎」  2014年5月31日  長野県 松本市


5月29日 そして2羽に

星くずの中を行く キンクロハジロ ♂ と ホシハジロ ♀  2014年5月29日  長野県 安曇野市

 カモで溢れかえっていた犀川白鳥湖とその横の遊水池。とうとうカモは2羽になった。先日まで、ホシハジロの雄がいたが、どうやら北帰行に出たらしい。カルガモやマガモもいたのだが、今や全部が水田などへ散って行き、そして遊水池のカモは2羽になった。

 残った2羽はキンクロハジロの雄とホシハジロの雌。2羽は越夏する、いや、越夏せざるを得ない事情があるのだろう。外見的にはなんの異常も見えないのだが。何処かが悪いのだろう。

 キンクロは2011年から4回目の越夏。ホシハジロは2012年から3回目の越夏。もちろん、ネームプレート着用などしていないから、 同一個体が越夏しているのか識別は出来ない。でも、心情的に、同一個体だと思っている。

 白い星くずは、ニセアカシヤの落花。ニセアカシヤの満開が過ぎたので、少し強い風が吹くと、散リ落ちる花は風に舞う雪のように見える。

 2羽は、いつも連れだって行動している。これは2012年の夏から変わらない。警戒心が強くなり、キショウブが咲くコーナーへ逃げ込むのも同じ。このコーナー傷病コハクチョウ「のぶちゃん」の避難場所だったのだが・・・。


キショウブ咲く  キンクロハジロ ♂ と ホシハジロ ♀  2014年5月29日  長野県 安曇野市

 傷病コハクチョウ2羽が遊水池から脱走した話は前に書いた。1羽残された「のぶちゃん」は、しばらく遊水池でひとり暮らしをしていた。しかし、寂しさに耐えられなかったからか、遊水池から堤防へ上がり、犀川本流へ入ろうかと、2羽のところへ行こうかと、堤防上を行きつ戻りつしている姿が目撃されている。

 そして、最近、ついに「のぶちゃん」も犀川本流(白鳥湖)へ出て行ったそうな。

 今日、白鳥湖を訪ねると、白鳥は2羽しかいなかった。ヤナギの茂った中州に入ってしまうと全く見えないので、1羽がどうしているか分からない。2羽が鳴き交わしながら行動していたので、しばらく様子を見ていた。2羽の鳴き交わす声を聞けば、もう1羽も出てくるはずと思ったから。

 30分ほど見ていたが、ついに1羽「ふくちゃん」は現れなかった。少しばかり、嫌な予感がしたが、お帰り時刻になったので、最終的な確認は出来なかった。
 白鳥も「そして2羽に」なってしまったのだろうか。

 カモは越夏する2羽しかいなくなったと書いたが、実はもう2羽、いわゆる番外のカモがいる。2012年の5月にふらり現れたアイガモである。いわゆる合鴨農法で使用されるカモ。外見はマガモの雄そっくりなので、正体を知らない人はマガモと見てしまうだろう。

 12年の5月には、「歌舞伎」と呼ばれていたアオクビアヒルの雌を追いかけ回して、強引に交尾した乱暴者である。その後、カルガモの雌やマガモの雌にちょっかいを出したが、すべて断られ、アヒル以外のカモとは交尾していないはずである。

 5月16日には遊水池に残された「のぶちゃん」と並んで昼寝をしていたが、アイガモは飛べるので、遊水池にいたり、犀川本流にいたりする。今日は、本流を悠然と泳いでいた。犀川白鳥湖で飛び回るカモはアイガモ2羽だけになった。

 「ふくちゃん」が無事であればよいのだが。2012年には、白鳥湖の中州で暮らしていた傷病コハクの「あづみ」が突然消えてしまった。その二の舞だけは勘弁して欲しい。


2羽になった白鳥  2014年5月29日  長野県 安曇野市
左 「ぴーちゃん」 右 「のぶちゃん」

2羽のアイガモ  2014年5月29日  長野県 安曇野市


5月28日 トンボ練習帳

積乱雲  2014年5月28日  長野県 安曇野市

 昨日、今日と暑かった。まだ季節遅れの服を着ているから、余計に暑いのだ。とうに「早苗植え渡す、夏来ぬ」なのに。真夏の装いで歩いている若い子の対応力に感激する。

 入道雲と雷が現れ、いよいよ夏だと叫び始めた。そう言えば、5月もまもなく終わる。久しぶりに汗を拭き拭きの鳥見。

 ヒバリが空でなく、月見草の残骸の上で歌っていた。あちらでも、こちらでも。雌が抱卵しているこの時期、河原のヒバリはこんな場所でさえずっている。夢中で歌っているから、忍び寄られても気付かず、シャッター音で我に返ったりして。

 ぽつりぽつりと来たので、ザッと来ないかと期待して車の中で待機。雨が降る中でもヒバリは歌うから、下の絵に雨を加えたかった。しかし、まだ半端な夏で、雷様はやる気が出なかったらしい。一時、空が黒雲で覆われたが、ぽつりぽつりで終わってしまった。


さえずる ヒバリ  2014年5月28日  長野県 安曇野市

換羽前の アマサギ  2014年5月28日  長野県 安曇野市

 写友に会ったら、アマサギがいるとのこと。それも数羽、綺麗な個体とまだ白い個体がいるとのこと。この初夏、まだフィールドでアマサギを撮影していない。夏羽のアマサギが白い小振りな花のハルジオンの中に立っていると、絵心がくすぐられるのだが。

 農家の方々は勤勉で、少し雑草が伸びると草刈りを始めてしまう。ころ合いに伸びたハルジオンなどたちまち倒される。刈るならまだいい。たっぷりの除草剤を撒く家もあり、畦が枯れ草に覆われて、見るも無惨。撮影する気力も出ない光景はいただけない。

 さんざん待たされた揚げ句、クローバーの白い花で妥協した。ハルジオンが林立する畦は1本しかなく、7羽いたアマサギ達のだれもそこへいかずじまい。やれやれ。でも、この初夏もアマサギに会えて撮影出来たからよかったとしよう。


換羽前の アマサギ  2014年5月28日  長野県 安曇野市

換羽が終わり、夏羽になった アマサギ  2014年5月28日  長野県 安曇野市

捕らえたアブを食べる セスジイトトンボ ♂  2014年5月28日  長野県 安曇野市

 5月も末、2日続けて暑かった。ならば、そろそろトンボが羽化し、「鳥ときどきトンボ」または「トンボたまに鳥」の季節に入ったのではと思いつく。手始めに御宝田池の縁を歩いてみた。予想が当たったのか羽化したばかりのイトトンボがたくさんいた。ちなみに、トンボの羽化と気温に関係があるかは知りません。勝手に暑くなったから羽化するだろうと推測しただけ。

 たくさん撮りましたが、手始めに、面白そうな個体を紹介します。

 上のセスジイトトンボは、安曇野では分布が狭く、やや珍しいトンボ。昨年も御宝田池で見つけたが、数が少なくて、上手く撮れなかった。今日の1匹目にこの個体と出会ったので、今日はついている日と嬉しくなる。もしかすると、この夏はトンボについているかも・・・なにごと、いい方向に考えるのがよろしいので。

 下は、クロイトトンボの体色が青色の個体(♂型)。これは、安曇野でもよく見られる。そもそも雌は緑色の体色をしているから、こんな♂型がいると知るまで、名前が分からず、昨夏の初めは悩んだ。トンボ道は昨夏始めた入門者だったので。


クロイトトンボ ♀(♂型)  2014年5月28日  長野県 安曇野市

早くも、交尾中のクロイトトンボ ♀(♂型)  2014年5月28日  長野県 安曇野市

 下は羽化したばかり(トンボは未成熟という)のクロイトトンボ♂。トンボの未成熟の識別は、鳥見界の幼鳥識別より難しい。昨年、図鑑を頼りに勉強したので、少しは分かるようになっていると、この未成熟を見ながら自己満足。

 トンボシーズンが始まった。練習帳という名の記録帳、昨年の続きを今日から書き足していくことに。これで、鳥が見られなくても、出かけた先にトンボがいれば幸せになれる・・・暇人は極楽蜻蛉なんだろう。


クロイトトンボ ♂(未成熟)  2014年5月28日  長野県 安曇野市


5月27日 ササゴイのこと

ササゴイ  2014年5月25日  長野県 下諏訪町

ササゴイ  2014年5月27日  長野県 諏訪市

ササゴイ  2014年5月27日  長野県 諏訪市

 まだオオハムがいるかと行ってみたが、珍鳥の滞在期間はたいてい短い。オオハムも例に漏れず。

 それはそれとして、オオハムを撮っているときに、目の前をササゴイが横切った。地元の方々には、さして珍しい光景ではないだろうが、ひと山越えた松本平では、私の知る限り、ササゴイは希にしか現れない鳥である。

 昔、相模川で鳥見をしていた頃は、ササゴイは無理をしなくても見られる鳥だった。警戒心が強いので撮影は上手く行かないことが多かったが。

 松本へ引っ込んでから、5年になるが、この間ササゴイを自分のフィールドを含め、松本平で見たことがない。早朝・夜間の鳥見が出来ないので、見落としている可能性もあるが、まずササゴイは松本平で繁殖していないと思う。

 5月12日頃、写友2人が犀川で見かけたとのこと。その後目撃談がないから、彷徨っていた個体だろう。
 
 諏訪湖にササゴイがいて、しかも繁殖しているが、なぜか松本平では繁殖していない。その理由は?難しい課題である。ただ、ササゴイの繁殖している環境を何カ所か見ているので、「なぜ」について、松本平には、ササゴイが営巣したくなるような場所がないのではと推測している。

 安曇野にサギのコロニーがあり、アオサギ、チュウダイサギ、コサギ、ゴイサギが繁殖している。かって、今とは別の場所にあったコロニーではチュウサギも繁殖した。これだけサギが集まるのだからササゴイが混じっても不思議ではないと思えるが、どうも、ササゴイは大きな集団で繁殖するのが苦手のようである。

 犀川流域でササゴイ探索をいつかせねばと思っている。しかし、この時期はサンコウチョウ見物や、千鹿頭池の雑種ガモのヒナ誕生など、それなり忙しくて、ササゴイ探しは後回しになったまま。体が三つも四つも欲しいと、この時期は特に思う。


ササゴイ  2014年5月27日  長野県 諏訪市

ササゴイ  2014年5月27日  長野県 諏訪市


5月25日 珍客オオハム

夜明けのオオハム  2014年5月25日4時34分  長野県 下諏訪町

 昨夜、鳥撮り写友からオオハムが出ている、それも夏羽・・・と情報をもらった。まずは写友に感謝。

 オオハムは黒褐色と白色のツートンカラーの冬羽個体しか見たことがない。しかも、昔々のこと。銚子や九十九里浜などで。
 夏羽個体が、しかも我が家から駆けつけられる諏訪湖に来ているなんて。だいたい海洋性の鳥だから、海なし県に来ること自体が青天の霹靂。昨年のメジロガモよりずっと珍客。
 (詳しい方によると、過去長野県での記録は2例あるとのこと)

 夏羽オオハムなら諸々をほっぽり出して駆けつける価値大いにあり。それで、久しぶりの朝駆け。新聞配達員さんより早く家を出た。

 現場へ4時20分頃着く。もちろん私が一番乗り。まず、カワアイサ3羽が目に入る。そして、沖に浮かぶオオハムが・・・遠いじゃん、遠い個体を記念写真して、待つしかないかと腰を下ろす。家を出るときから、待つのは覚悟の上。10時までに何とかなればいいと算段していた。

 オオハムは昨日発見されたとのこと。私とほぼ同時に、私よりもっと遠くからの鳥撮り写友が来た。その後、ぽつぽつと顔なじみの鳥撮り写友が現れる。
 しかし、オオハムはどんどん沖へ出てしまう。集まった写友から昨日の成果を聞かされる。すぐそこまで来たとか、大きな魚をくわえているところを撮ったとか・・・これは10時で帰れないかも・・・私だって同じような写真を撮りたい・・・それが本音。


夜が明けたけれど 遠いオオハム  2014年5月25日5時14分  長野県 下諏訪町

2時間半待たされ、やっと近くへ来たオオハム  2014年5月25日7時14分  長野県 下諏訪町

 昨日はすぐ近くで魚を食べた、それも大きなウグイを食べたとのこと。ならば、同じ場所へ今日も来るだろうと、写友皆で推測して、近くにいるコチドリを眺めながら待つこと2時間45分、やっと近くへ来た。なるほど夏羽。

 彼方から徐々に近付いて来る間も、いっぱい撮影。気が変わって何処かへ行ってしまったら、全然撮れなかったになってしまうから。ともかく証拠写真を量産。後で捨てることになるとしても、取り敢えず押さえておかねば・・・。

 近くへ来たので、まずはおすまし写真が撮れた。これで一安心と思っていたら、お待たせの詫びにか、胸を突き出して羽ばたいてくれた。感謝、感謝。朝駆けの甲斐があった。残るは魚を捕らえて、くわえているシーン・・・人間だんだん欲が深くなる、鳥馬鹿写真屋ならなおさらのこと。


羽ばたく オオハム  2014年5月25日7時14分  長野県 下諏訪町

おすまし オオハム  2014年5月25日7時17分  長野県 下諏訪町

 ディスプレーで拡大してみると、まだ目の下辺りに白い羽毛が残っていた。正面から見ると前頸にも白い羽毛が点々とある。完璧夏羽まであと少しの状態のようだった。その後も撮っては拡大してみると、まだ冬羽があちこち残っている。

 せっかく近くへ来たのに、また沖へ出るそぶり。オイオイ、そりゃないぜ。まだ魚も食べてないのに・・・。オオハム君、行きつ戻りつを繰り返し、それでも顔を水中に入れて魚を探しながら近くへ来た。


遠ざかる オオハム  2014年5月25日7時18分  長野県 下諏訪町

ウグイを捕らえた オオハム  2014年5月25日7時42分  長野県 下諏訪町

 今日はラッキーな日、朝駆けの甲斐があった日でした。噂通り大きなウグイを捕らえ、ほぼ1分間の格闘の末に飲み込みました。途中、飲み込めずに3度水中へ戻し、いち度は片方の前びれだけくわえて水中から引き出したり、苦労していました。この食べるシーンだけでも65枚ほど撮ってしまった。ともかく、期待した写真が撮れたから、いい日だった。


飲み込むのに苦戦する オオハム  2014年5月25日7時42分  長野県 下諏訪町

ウグイを飲み込む オオハム  2014年5月25日7時42分  長野県 下諏訪町

魚を飲み込んだあと羽ばたく オオハム  2014年5月25日7時43分  長野県 下諏訪町

 大きなウグイを飲み込み終わると、まんぞくしたのか再び沖へ出てしまった。また、早朝と同じようにギャラリーは待つだけになった。


素知らぬ顔ですれ違う オオハム と カイツブリ  2014年5月25日9時6分  長野県 下諏訪町

 ウグイを消化するまで2時間かかったのか分からないが、再び近くへ戻ったのは2時間後。どうやら、チャンスは2時間ごとに来るらしい。

 現場まで持って行き、参考にしたハンドブックには、生殖羽(夏羽)のオオハムの前頸はダークグリーンをしている図がある。さんざん撮ってはディスプレーで拡大してみた。F値を変えて明るめにも撮ってみた。しかし、前頸の色は赤紫がかった色にしか見えなかった。どちらかというと、同じハンドブックに載っているシロエリオオハムの前頸の色に近かった。

 ハンドブック曰く「前頸に弱い緑色光沢があるが野外では目立たないことが多い」。なるほど、図のようには見えないのかと納得。でも、へそ曲がりだからすぐに疑念が。「野外で目立たない」なら、どこで「緑色光沢」が見られるのだ?それとも、まだ換羽中なので「目立たない」のだろうか?完璧夏羽になるまで、オオハム君、ここにいてくれるといいのだが。緑色光沢が見たいから。

 オオハム君、魚が捕れないまま沖へ出てしまった。時計も10時を回ったので、撮影も終わりにした。明日も明後日も雑用がいっぱいなので、珍客オオハムとの出会いはこれで終わりになりそう。

 

再び沖から戻ってきた オオハム  2014年5月25日9時46分  長野県 下諏訪町


5月23日(午後の部)  サンコウチョウ

サンコウチョウ ♀  2014年5月23日  長野県

サンコウチョウ ♂  2014年5月23日  長野県

 15日のチェックで、サンコウチョウの雌雄を確認した。この時期雌雄がいて、雄がさえずっていれば、まず付近で繁殖すると考えられる。昨年は25日頃から巣作りを始め、27日にほぼ完成した。今年も同じ時季に巣作りをするはずと推測し、チェックに行った。この場所で、かなり昔から繁殖している、細々とであるが。

 ところが、今年はやけに行動範囲が広くて追跡出来ず。3時間見ていたが、どこに巣を作ろうとしているのかまるで分からなかった。雄がほとんど鳴かず、雌雄とも15日ほど姿を見せなかった。もしかすると、もう巣作りは完了したのかと、逆に、まだ巣作りを始める気分になっていないのかも。疑心暗鬼になるほど、今日の出会いは少なかった。

 林の中でひたすらサンコウチョウのお出ましを待つ。昨年はノウサギやテンが現れ、なかなか楽しかったが、今年は何も現れず。ヒヨドリとキビタキがうるさかっただけ。今どきさえずっているキビタキは雌に恵まれなかった個体だろうか。ならば少し気の毒だが。

 声も立てずにオオルリの雄が飛び回っていた。付近でオオルリの繁殖を確認したことはない。付近の地形や植生などを環境を思い起こしてみる。オオルリが繁殖出来ない環境ではないが、さてどうだろう。彼も雌に恵まれず、やもめ暮らしをしているのだろうか。ならば少し気の毒・・・サンコウチョウが現れないので、よしなし事ばかり浮かぶ林の中。

 サンコウチョウは松本平周辺の山麓で時々出会う。環境省の報告書(※1)に記載されているより、ずっとたくさん繁殖している。しかし、暗い林にいるので上手く撮影出来ない厄介な鳥である。明るい広葉樹林で行動してくれると何とかなるが、チェックしている場所は、このところ手入れがされていない針葉樹林なので、左のような画像ばかり。

 結局、いろいろな鳥の声を聞きながら、あれこれ空想して3時間が過ぎた。森林浴をしたと思えばいいだろうか。それでも、ちょっと悔しい午後だった。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ※1 第6回自然環境保全基礎調査 鳥類繁殖分布調査報告書 2004年3月
 

サンコウチョウ ♀  2014年5月23日  長野県

5月23日(午前中の部)  カッコウが来た その2

カッコウ ♀  2014年5月23日  長野県 松本市

 自宅の窓から見られるカッコウは、どうしても電線カッコウ。だから、どうと言う画像ではないが、雌が来たので記念撮影。窓から撮って、飛びそうもないので、ほぼ真下まで行って記念撮影。

 カッコウの雌雄は見た目では判らない。頼りは鳴き声だけ。今日はラッキーにもこの個体が「ピピピピ・・・・」と鳴き、30mほど離れた電線で別の個体が「カッコ 〜〜」と鳴いたので雌と確認出来た。

 例年、我が家の周囲へ、まず雄が来て、雌は後から来る。そこまでは知っているが、雌がいつ来たか記録してなかったので、何日遅れで来ていたかは分からない。いろいろメモってはいるが、穴だらけの記録。今日もまた反省した。だが、生来の粗忽者だから、反省はしてみるものの・・・。



5月22日  丸見えカイツブリ

母衣うちする キジ ♂  2014年5月22日  長野県 安曇野市

 カッコウとアマサギのどちらが先に来るか、毎年どうでもいいことをチェックしている。暇人だから。今年もカッコウが先だった。カッコウが松本盆地の平野部(松本平)に現れたのは17日だった。そして、20日にアマサギが来たと写友からメールをもらった。

 今日、そのアマサギを捜しに行った。確かに、1羽だけだが完璧成鳥夏羽の個体が水田にいた。撮影するつもりだったが、遠くてどうにもならないので、見るだけで諦め。水田地帯をひと回りして、他のサギをチェック。次はチュウサギがいつ着くか知りたいので。

 私が子供の頃は、アオサギ、ダイサギ、コサギ、アマサギ、チュウサギは松本平で見られない鳥だった。今は、アオサギは留鳥になった。ダイサギは2亜種が見られ、「迷鳥」から「普通に見られる鳥」になっている。コサギも少数が繁殖しているし、年中見られる。
 しかし、アマサギとチュウサギは10羽ほどが通過するだけで、知る限りまだ繁殖はしていない。水田に短期間滞在するだけである。

 時間に余裕があったので、水田回りの後御宝田池へチェックに。1羽だけ残っていたホシハジロの雌がいなくなった。飛べなくて越夏する個体と思っていたが、安否不明になった。

 昨夏繁殖したオオバンはいないので、この夏ここでの繁殖はないだろう。2年連続の期待は潰え、残念である。オオバンの繁殖は白鳥湖だけになりそう。

 カイツブリが、とんでもないと思える場所で抱卵を始めるようだ。ニオの浮巣はしっかり出来上がっていた。サービス精神旺盛なのはいいけれど、あまりにも丸見えで、見る側が恥ずかしくなる。

 

カイツブリ  2014年5月22日  長野県 安曇野市

 この5年に限って言えば、繁殖するオオヨシキリが徐々に増えている。繁殖する鳥が減っている中で、頼もしい。私のフィールドで、毎夏確認出来ていたコチドリの繁殖が、今年は確認出来ない。たぶん、コチドリは繁殖していないと思う。繁殖する鳥が1種減ってしまった。寂しい限りである。

 コチドリのことなど関係なく、今日もオオヨシキリのさえずりが「行々し」かった。ようやく伸びた葦の先で相変わらずの大口と大声。


オオヨシキリ  2014年5月22日  長野県 安曇野市

 葦原で縄張りを確保出来ず、はじき出されたオオヨシキリがオニグルミの枝先で叫んでいた。下は、大河ではないが犀川の流れ。どこに巣を作るのだろう。

  行々し大河はしんと流れけり (一茶)
  能なしの眠たし我を行々子  (芭蕉)



5月19日(午後の部)  またまたノジコ

ウグイス ♂  2014年5月19日  長野県 大町市

 新しい鳥見場所を探しに行った。車で近くまで入れて、鳥種が多く、個体数も多く、撮影がしやすく、ついでに珍しいトンボがいて、何より人間が来ないこと・・・、そんな都合のいい場所はそうそう見つからない。

 候補地のひとつで、さえずっているウグイスに出会った。上の画像は「ホー・ホケ・キョ」の「ホケ」を叫んでいるところ。夢中なので、近付く私に気付かず、しっかり撮られてしまった。

 下はおすまし顔、実は大いに警戒しているウグイス。上と同じ個体が、私に気付き、びっくりして枝から下の倒木へ飛び降りて、なんだお前は!と見ているところ。

 こんな具合に、いろいろな鳥が次から次と撮れる場所があるといいのだが。


ウグイス ♂  2014年5月19日  長野県 大町市

ノジコ ♂  2014年5月19日  長野県 大町市

ノジコ ♂  2014年5月19日  長野県 大町市
 ウグイスと同じ場所で、ノジコも大声でさえずっていた。やはり夢中で歌っているらしく、堂々と歩いて近付いても、歌い続けていた。またまたノジコを撮ることに。

 1時間ほどで、あちらでさえずり、こちらでさえずる姿がたくさん撮れた。こんなチャンスはそうないから、お帰り時刻が過ぎたけれど、あと5分、もう5分と・・・。
 日が長くなったので、深い谷間でも日暮れが遅い。出来ることなら、真っ暗になるまで付き合いたいけれど・・・。

 これまで、ノジコのさえずりを何度も聞いている。そよ風みたいにソフトな歌声とでも言えばいいだろうか。ところが、今日のノジコ君は、聞き慣れたソフトな歌声でなく、ウグイスやクロツグミと堂々と渡り合える声量豊かな歌い振りだった。

 1時間で17種を確認出来たから、ここは鳥見にかなり有望な場所。ただ、我が家から50km以上走らねばならない。1週間毎日通い詰めれば、たくさんの出会いがありそうだが、700km走ることになり、ガソリン代が・・・。

 17種もいたが、クロツグミ、サンショウクイ、エゾムシクイは、葉っぱの簾の中を動き回っていて撮れず。サンコウチョウは声だけ楽しんだ。それと、やはり、雌のノジコは出て来なかった。
 びっくりしたのは、オシドリのつがいがいきなり川へ飛び出して来たこと。こんなところにオシドリがと見ている間に流れを下って行った。

 さて、ここを「初夏だけフィールド」にしようか、悩むところ。それにつけても、時間と金がいっぱい欲しいと、帰り道で思ったのでした。

ノジコ ♂  2014年5月19日  長野県 大町市

5月19日(午前中の部) カッコウが来た

カッコウ  2014年5月19日  長野県 松本市

 律儀にも、年中行事のように、カッコウが我が集落へ来た。今年は17日だった。’11年と同じ。昨年は12日だった。

 撮影可能な場所まで来ないので、毎日窓辺に機材をセットして置き、鳴き声が聞こえるたびに駆けつけていた。画像の枯れ枝がカッコウの止まる場所、毎年ここに止まって鳴く。大きなケヤキの梢の先に突き出た枯れ枝で、長年風雨に耐えている。この枝よりもう少し近くに電線があり、そこへ止まれば、もう少しましな画像が得られるのだが。

 今朝、やっと定位置に止まり、しばらく鳴いていたが、通過する電車に驚いて飛んでしまった。午前中の陽炎が立つ前だったので、なんとか撮影出来たが、なにせ100mも先の枯れ枝だから、大きくトレミングしています。

 


5月17日 またノジコ

ノジコ ♀  2014年5月17日  長野県 大町市

ノジコ ♂  2014年5月17日  長野県 大町市

 またノジコを見に行った。先日は雄しか撮れなかったので、目的はノジコの雌の撮影、だだひとつ。鳥馬鹿は凝り性というか、しつこいというか。

 そろそろノジコは抱卵を始める。合わせて木々の葉が茂り、下草が伸びきる。すると、ほとんど雌は見られなくなる。何度かここでノジコを見て、そう学んだ。一番撮りたいシーンは、水芭蕉の花に止まったノジコだが、まずそんなことは起こらない。

 ここで待てばノジコが確実に現れる、前回の観察で、目星を付けたポイントが3か所あった。ひとつ目で待つことおよそ10分、ノジコの地鳴きが聞こえ始める。地鳴きをしながら、地上で食べ物を探すのがノジコ。今日は読みが当たる日だと、気分は上々。ちなみに、ノジコは「野地子」と書く。

 予想通りノジコの雌が現れ地面で食事を始めた。たぶんヒノキの種子を食べているのだろう。その雌の連れ合いが、すぐ横の枯れ枝に止まり、さえずりながら警戒。両方頂きで、出会い好調の日。気分ますます上昇。だが、希望の場所へノジコが行ってくれないので、気分の割りには画像の出来はいまひとつ。

 2番目の場所は、かなり暗く、しかも、もろに逆光なので、雌が現れたが、凝り過ぎな画像しか撮れず(一番下の画像)。すぐに諦め。

 3番目のポイントで、姉ちゃんノジコのお出ましを待つ。カメラを構えていたら、遙々遠くからお越しのカメラマンさんが来た。全然撮れないとぼやくので、ここで辛抱していれば、ノジコなら何とかなると話す。

 話せば、戸隠で撮影してからここに来たとのこと。それは順番が逆ですね。立っていれば鳥がやって来て、撮影に忙しい戸隠とここは大違い。ここは、忍の一字の場所だから。

 3番目のポイントも正解でした。なんと、雌が巣材をくわえて現れた。カメラマンさん大いに撮れたと笑顔。
 しかし、運んで来た巣材は全部化学繊維。近くの人家の庭先で拾ったのだろう。でも、周囲は自然がいっぱいの湿原、もっとましな巣材がいくらでもあるだろうに。

 カメラマンさんとてもよい方でした。雌が巣材をくわえたまま警戒していたので、可愛そうだから、このくらい撮れればいいですと、撮影をやめる。私も同感、10コマほど撮ったので、今日はこれで終了。

 絵的な出来映えはいまいちだったが、雌が撮れたし、予想したポイントに雌が現れたし、カメラマンさんがいい人だったから、今日は上機嫌で終われました。またまたの挑戦はどうしよう。

 

巣材を運ぶ ノジコ ♀  2014年5月17日  長野県 大町市

ノジコ ♀  2014年5月17日  長野県 大町市


5月16日 

モズ ♂  2014年5月16日  長野県 安曇野市

 自分のフィールドをひと回りした。オオヨシキリがずいぶん増え、さえずり声がまさに「仰仰子」の大合唱。まだ葦が伸びていないので、周囲の木立や枯れ草の先でさえずっていた。眺めるだけで通り過ぎようとしたら、あれッ!のモズがいた。雌も一緒だったが、シャッターを切ったときには雌は飛び去っていた。

 このモズ君冬場に見かけるモズより茶色味が少なく、違う種のモズに見える。だが、鳥見の世界で俗に「高原モズ」と呼ぶ普通のモズです。自分のフィールドでこの色の個体と出会ったのは久しぶりなので、「あれッ」だった。

 春に暖地で繁殖を終え、初夏になると高原などへ移動して再度繁殖行為をするモズがいるらしい。まぁ、避暑に出かける贅沢なやつらである。2度目の繁殖を始める頃になると、羽毛の茶色の部分が摩耗して、ほとんど灰色の鳥に見える、そんなモズである。

  

「のぶちゃん」とアイガモ  2014年5月16日  長野県 安曇野市

 5月9日のチェックで2点誤認してしまった。まず、遊水池から犀川本流(白鳥湖)へ脱走した傷病コハクチョウは「ふくちゃん」と「ぴーちゃん」でした。残った白鳥は「のぶちゃん」で、居残り1羽と脱走2羽はそれぞれ元気でした。「ぴーちゃん」と「のぶちゃん」を見間違えていました。

 「のぶちゃん」は遊水池でふた夏めを迎えるので、住み慣れた池から離れたくなかったのだろうか。「ふくちゃん」と「ぴーちゃん」はビニールハウスで一緒に生活していたので、やはり気が合うのだろう、連れだって脱走したと思える。

 ふたつめのミスはアイガモが1羽欠けたと認識してしまったこと。今日は、2羽揃って「のぶちゃん」と一緒に寝ていました。推測するに、アイガモは飛べるので、1羽が犀川本流の方へでも出かけていたのだろう。

 それにしても、飛べない白鳥とアイガモが並んで寝ている様は、奇妙な光景である。

 

「のぶちゃん」とアイガモ  2014年5月16日  長野県 安曇野市

一時いなかったのは右のアイガモ

 御宝田池と白鳥湖にそれぞれホシハジロの雌が1羽いる。2羽とも、体の何処かに異常があり、渡りが出来ず、余儀なく越夏する個体だろう。

 さすがに5月中旬、コガモはいなくなった。しかし、白鳥湖の遊水池にキンクロハジロが4羽残っている。その中の雄1羽はたぶん昨年も越夏した個体だろう。他にはカルガモとマガモが出入りしているが、彼らは地付きのカモたちだろうから、とうとうカモシーズンは終わった。

 御宝田池にいたオオバンはいなくなった。昨年に続き繁殖が見られると思ったがどうやら期待は外れたようだ。
 遊水池にはオオバンが2羽いたが、今日は1羽だけだった。どこかで抱卵を始めたのでは、こちらではヒナ誕生が期待出来そう。昨年は蛇に卵を食べられて繁殖に失敗しているから、今年は成功して欲しい。
 ただ、オオバンが増えると、わさび畑のわさびの芽を食べるなど問題が起きるからそれは困るが。

 

オオバン  2014年5月16日  長野県 安曇野市

水へ潜る瞬間 オオバン  2014年5月16日  長野県 安曇野市


5月15日 笑わないで

笑うな!  2014年5月13日
 笑うな (≧ヘ≦) と「あけび」が言っています。しかし、もそもそと歩く姿を見ていると、おかしくて。

 東京の家の猫が避妊手術をしたときは、実にあっさりさっぱりだった。こんなにぐるぐる巻きにされなかったし、カラーも付けられなかったので、抜糸のため病院へ行く前に、猫が自身の口で縫合した糸を引っ張って抜いてしまった。もちろん入院なんてしなかった。

 今の病院は、最先端?の犬猫病院で、CT や MRI を設置しているほか、白内障(もちろん犬猫の)手術もする設備もある、すっごい病院。それこそ松本にある地域医療支援病院(いわゆる拠点病院)・・・テレビドラマ「神様のカルテ」のモデルになった・・・A病院にもまけない設備がある。
 そんな病院だから、当然医療費はお高いのでして、私のお小遣いがばんばん減ってしまった。

 「あけび」は甘ったれなので、いつでも私の後をついて回り、寝るときは手の届くほどの場所で寝ている。だが、決して布団の中へ入って来ないし、寄り添って寝ることもない。

 3月に怪我をして、カラーを付けられたときは、私の頭のすぐ横で寝ていた。甘えが倍になった。今回は3倍になって、私にくっついて寝ている。横長の大きな枕を使っているので、枕の半分で寝ている。初めは私に背中かお尻をくっつけて寝る。それはそれで構わないが、私も「あけび」も寝返りをうつから、夜中にカラーが私の顔に当たる。なんだか寝不足。ちょっと参った。

 早いこと回復して夜遊びに出かけて欲しいものだ。
 

外に出たいけれど・・・  2014年5月15日

ウスバシロチョウ  2014年5月15日  長野県

 そろそろサンコウチョウの時季なので、山麓へ探しに行った。サンコウチョウより先にウスバシロチョウ数匹を見かけたので、スナップ。「鳥時々トンボ」が「チョウときどき鳥」になりそうと、ひとり苦笑い。笑ってる場合じゃなくてと林へ入る。

 夜に記録ノートを開くと、昨年も15日にウスバシロチョウがたくさん飛んでいたと記録してあった。
 ついでながら、’13年は12日に我が家の周りにカッコウが来たが、今年はまだ来ていない。山麓へ入ったが、カッコウの声はしなかった。ちなみに、’12年は23日、’11年は17日。そろそろカッコウの声がしてもいい頃なのだが。

 サンコウチョウの雄は確認出来たが、雌の姿は見られなかった。ただ、ヒノキの梢付近を移動し、食べ物を探しているので、下からは見えなかった可能性もある。雄も雌も同じような声で鳴くから、声だけでは判断出来ない。
 3時間粘ったが確認出来たのは、薄暗い梢で飛び回る雄だけ。ちらちら見えるので、何とかしようと構えていたが、ピントの甘い、笑ってしまうほどの出来の証拠写真がやっと。首が痛くなった。何とか証拠は撮れたので、今日はこれまでと帰る。

 この場所、昨年は偶然アサヒナカワトンボを見かけたので、今年も、もしやと期待しているが、さてどうだろう。


サンコウチョウ ♂  2014年5月15日  長野県


5月13日 悲しきおじさん

 寝不足です。「あけび」がドスのきいただみ声で「男が欲しい〜〜」と叫び声を上げるので、昨夜はよく眠れず。いわゆる「盛りの付いた」状態なので仕方がないが。今日犬猫病院を予約していたので、外へ出して帰って来ないと困る。それで部屋の中へ閉じこめておいたのだが、耳元で「男が〜〜」。参った、参ったです。

 「あけび」は入院中です。丁寧な病院というか、あれこれ考えて稼いでいるのか、猫の不妊手術で入院お泊まりなんて初めての経験です。ともかく、女になった!「あけび」がお子様に戻されるので、ちょっと可愛そうですが、子猫がぞろぞろ生まれると、それはとても困るので、入院手術となりました。

 昨日と今朝、網戸越しに外へ向かって「あけび」がなんども叫び声を上げた。しかし、現金なもので、若い雄猫は1匹も来なかった。やるだけやったら、後は知らん・・・なのだろう。律儀におじさん猫だけがやって来て、外で待ったいた。しかし、「あけび」は全く無視。

 このおじさん猫、一昨日「あけび」や若い雄猫2匹が戯れている横でじっと待っていたが「あけび」に振り向いてもらえず。たぶん夜遊びの仲間に入れてもらえずだったろう。「あけび」が小さい頃から、ときどき挨拶に来ていたのに。悲しきおじさん猫は、ひとり座っていました。


シオヤトンボ 未成熟  2014年5月13日  長野県 大町市

ノジコ (中央にいます)  2014年5月13日  長野県 大町市
 ノジコを探しに行った。偶然の出会いを期待していては、鳥見人魂にもとる。ついでに、ムシクイに会えるかも、そろそろトンボが羽化しているかも・・・いろいろ雑念はあったが、第一目的はあくまでノジコ。

 行けば必ずノジコがいる場所を知っている。何度かチャレンジして空振りしている場所だが。空振りしたのは、木々の葉が茂ってから訪ねたので、声はすれども姿は見えずだったから。それで、今回はいつもより早めに訪ねた。

 ノジコより先に、羽化したばかりのシオヤトンボが目に入ってしまった。シオヤは何度も撮っているが、ザゼンソウの葉に止まっている未成熟は初めてだった。記念に1枚スナップ。「鳥時々トンボ」なのだが、またまたトンボが先になってしまった。

 ノジコはいた。ところが、早めだったので、さえずる個体が見当たらず。上の画像のように低灌木を伝いながら地上へ降りて、下草の間を歩き回って食べ物を探している個体ばかり。と言っても4羽しか見つけられなかったが。

 勝負の時間は120分。足音を忍ばして、草の間を動き回っているノジコに忍び寄り、ころ合いの高さの枝に止まってさえずるまで待つ。じっと双眼鏡で草の間を移動する姿を追うが、しばらくすると見失ってしまう。あとは時々聞こえる地鳴きの微かな声が頼りで居所を推測するだけ。

 120分頑張って、2回だけ枝へ止まってさえずる瞬間に会えた。静かに近付けば、逃げずに歌い続けるから、見つければ何とかなる。問題は周囲が湿原だと言うこと。湿原内は立ち入り禁止だから遊歩道の上しか移動出来ない。悲しいかな、ベストポジションへ移動して三脚を立てられない。それでも、何とかするのが鳥馬鹿魂。更に悪いことに、強い風が吹いていて、枝ごとゆさゆさ揺れるので、たいてい数分は歌い続けるのだが、ノジコはすぐに降りてしまった。あれこれ画面を整理して鳥の位置を考えてなどする暇もなかった。左は大きくトレミングしてます。ノートリだと下の画像。

 120分で2回撮れたから、今日はよしとしました。またチャレンジしなくては。


5月11日 お友達以上

お友達以上の・・・  手前が「あけび」  2014年5月11日

お友達以上の・・・  奥が「あけび」  2014年5月11日

 「あけび」に友達が出来た。2匹ではね回っている。仲良きことは善きかな・・・なら目出度いが。お友達以上の猫ちゃんで、すでに恋人以上の関係にまで発展していそう。つまり、やっちゃたのね!「あけび」より小さいので、どこかの子猫かと思って見ていたら、どうしてどうして、しっかり玉玉を下げて「あけび」の背中を追っていた。
 また獣医へ行かなくては、やれやれ。


お友達以上の・・・  手前が「あけび」  2014年5月11日

ウグイス  2014年5月11日  長野県 松本市

 夏鳥の通過は終わり、それぞれ繁殖場所へ散ってしまった。他所の動向は分からないが、この春、私の回っている野山では、通過する夏鳥の出現は低調だった。出足はそこそこだったが、後が続かずの状況。オオルリは谷筋の梢でさえずり、メボソムシクイやエゾムシクイは1500mより高いところへ上がって、唐松林でさえずっている。長野県の北部へ行けば、まだ山裾で見られるだろうが、そこまで行く時間がないので、春の渡り鳥の撮影はお仕舞いになった。

 昨日、今日と低山の山腹を回った。林道を行きつ戻りつ鳥探し。近年は林業が低迷していて、手の入っていない山林が多かった。手入れのされない唐松林の林床に雑草や灌木が生い茂っていた。

 最近、手入れが行き届き始め、唐松林の間伐や下草狩りが広く行われている。山腹の林がすっきりして、遙か彼方まで見通しがきく。林業の再生や山林の手入れが行き届くのはいいことである。

 しかし、林がすっきりくっきりしてしまうと、ヤブサメやウグイス、コルリなどがいなくなる。鳥見屋には、困った!状況になった。これでまた鳥見場所が減ってしまった。

 昨年は「鳥見時々とんぼ」だったが、この初夏は「とんぼ時々鳥見」になりそう。だが、トンボの出現まで、まだ10日ほどある。カッコウの到着が早いか、アマサギの到着か、アカモズは今年も来るかしら・・・いろいろチェック項目はあるけれど、消化不良気味の初夏が進行している。



5月10日 寂しくなった千鹿頭池

雑種ガモ  2014年5月10日  長野県 松本市

左から しろ太郎 バター コーラ 3羽は「しろちゃん」の子供で兄弟姉妹 2013年6月8日生まれ

 千鹿頭池へチェックに行った。定期的に見ていないと、雑種ガモたちの動静がつかめなくなるので。とても平たく言えば、誰と誰がくっついた(ペアーになった)かのチェック。

 4月始めにチェックしたとき、「しろちゃん」がいなくなっていたが、白い雑種ガモの「バニラ」と「バター」はいた。黒い雑種ガモは3羽とも健在だった。しかし、今日バニラはいなくなっていた。

 今日は雑種ガモは7羽いただけ。とても寂しくなった。この春、雑種ガモ3組のペアーが出来ていた。

五人組一郎(09年7月生)と ーヒー(黒い個体12年5月31日生)
色男しろ(12年5月31日生)とココア(黒い個体12年5月31日生)
色男バフ(12年5月31日生)と名前のない雑種ガモ

 この3組で色男しろとココアのペアーだけが残っていた。他の2組は行方知れず。なんとか繁殖して欲しい。黒い雑種ガモのヒナがどんな色になるか見たいので。

 上の画像の3羽は、昨13年6月8日に生まれた「しろちゃん」の3回目の子供たちで兄弟姉妹関係。3羽は一緒に行動している。雑種ガモを見続けてきて、兄弟姉妹で固まって行動する傾向が極めて強いと分かっている。カルガモ色をしていて名前を付けてなかった個体を「しろ太郎」と呼ぶことにした、たぶん雄だろうという思いこみで。「バター」と「コーラ」はこれまで生まれた雑種ガモの性別から、2羽とも雌だろうと推測している。

 とにかく、雑種ガモが溢れていた千鹿頭池は、とても寂しくなった。一時は遺伝の実験場になるかと思えたのに。
 


5月9日 福ちゃん脱走す

犀川(白鳥湖)と光城山  2014年5月9日  長野県 安曇野市

 ややこしい天候で、アルプスの裾野は遠目に雨模様、こんなときは、じっくり自分のフィールドを回ろうと、まず白鳥湖へ行く。3羽の傷病コハクチョウのご機嫌伺いに遊水池をのぞくと、あれまッ!池には1羽もいない。

 先客が、犀川本流に向かって撮影していたので、先客が帰った後に、何かいるかのと堤防に上がる。ついでに、笑う光城山(上のA)などスナップしようと。

 白鳥やカモがたくさん浮かんでいたが静かになったと辺りを見回したら、中州に白鳥が2羽いた(上の@)。どうやら遊水池から脱走して犀川へ入ったらしい。狭い池より広い世界がよかったのだろう。しかし、洪水になると流されてしまう危険度がとても高い。広い世界にはより危険が多いのだが、2羽がそんなことを認識している訳はないだろうし。

 脱走した2羽は「ふくちゃん」と※「のぶちゃん」と見えた。背景の黄色い花は帰化植物のハルザキヤマガラシで、今が盛りと犀川のあちこちで咲き誇っている。この中に白いサギでも立ってくれると撮影意欲がぐんと湧くのだが、そんな光景はまず起こらない。

 ※ 16訂正加筆 脱走したのは「のぶちゃん」でなく「ぴーちゃん」でした。誤認しました。

脱走した2羽の白鳥  2014年5月9日  長野県 安曇野市

奥の2羽はマガモのペアー、手前の2羽はカルガモ

 ※残りの1羽「ピーちゃん」は池の端でアイガモと寝ていた。いちばん気弱だったので、堤防を登り犀川本流に飛び込む勇気がなかったのだろう。それにしても、傷病コハクチョウとアイガモとは、奇妙な組み合わせ。
 
 ※ 16日加筆訂正 
 残りの1羽は「のぶちゃん」でした。遊水池でふた夏めをを迎えるので、慣れた池から離れたくないのだろうか。「ふくちゃん」と「ぴーちゃん」は一緒にビニールハウスで保護されていたので、やはり気が合うのだろう、連れだって脱走した。それにしても、傷病コハクチョウとアイガモとは、奇妙な組み合わせ。

 2羽いたアイガモは、昨春はアオクビアヒルの雌を追い回していた。その後、雌アヒルは洪水で流されていなくなり、交尾を迫る相手がいなくなったので2羽連れだって遊水池で過ごしていた。

 この4月下旬にアイガモが1羽欠けたのではと気付いたが、なにせアイガモだからと、さして関心を払わなかったので、いつ1羽が欠けたのか分からない。ちゃんとチェックすべきだったと、今から思っても遅いが、1羽がいなくなったことは確かのよう。いなくなった1羽が、どこかでマガモの雌とぺーになっていたりすると、それまたややこしい事態が起こるが、今のところ確認するすべがない。

 ※ 16日訂正 アイガモ1羽は欠けておらず、2羽揃っていました。

 置いてきぼりで1羽になった白鳥と1羽になってしまったアイガモはなんとなく気が合うのだろう。並んで寝ていた・・・。なんて物語風に考えると面白いが・・・。
 白鳥は世話をしている「白鳥かあさん」から餌をもらっている。その白鳥に付いていれば、食いはぐれしないとアイガモは認識している、そんなとこだろうか。


アイガモと残された白鳥  2014年5月9日  長野県 安曇野市

 まだ、遊水池に雄9羽雌6羽のキンクロハジロが残っている。そして、ホシハジロも雌雄1羽が残っている。雌のホシハジロは、2年連続で越夏した個体だろう。ただ、同一個体と確認する方法がないので、推測の域を越えられないが。たぶん、この夏も越夏するだろう。雄がずっと一緒だと、もしかするとここで繁殖するかも。すると、ホシハジロのヒナが見られて・・・。そんなことを考えている鳥馬鹿は不埒でしょうか。
 昨夏、キンクロハジロの雄が1羽ここで越夏した。この夏はどうかと、期待する鳥馬鹿は奇人変人のたぐいかも。

 翼が折れて飛べず、やはり池に残っていたオナガガモの雌は見えなかった。何かに食われてしまったか?


手前からホシハジロの♀ キンクロハジロ♂ ホシハジロ♂  2014年5月9日  長野県 安曇野市

ほろうちするキジ♂  2014年5月9日  長野県 安曇野市

 キジも鳴かずば撮られまい、と。今時はキジの雄が盛んに母衣うちをする。この雄の縄張りはとても狭いので、すぐに見つけ出せる。そして、しばらく待っていると、たいてい母衣うちが見られる。しかし、雑木林の中ばかりで、すっきりくっきりした場所でないのが悔しい。

 昔々、広い水田地帯の満開のレンゲの中で母衣うつキジを撮った。とても懐かしい光景。いまや、松本平ではレンゲを見られなくなり、レンゲの中のキジも見られない。世の中変わり過ぎたと思うのは私だけだろうか。


ほろうちするキジ♂  2014年5月9日  長野県 安曇野市

ムクドリ  2014年5月9日  長野県 安曇野市

 母衣うちを見ていたら、ウンチを落としたやつがいた。見上げたら、むかしアカゲラが掘っただけで使わなかった穴からムクドリが顔を出していた。どうやら、ここで営巣しているらしい。ウンチなど落とさなければ、見つかることもなかったのに。ヒナが顔を出す頃、きっと、ウンチのお返しに鳥馬鹿に連写されるから。

 最後は私の友達?。この左右の目の色が違う白猫ちゃん、私の車の音を聞きつけると必ず現れて、ごろにゃご、にゃごにゃごと寄って来る。はじめは捨てられ猫かと思った。野良だったら、連れ帰ろうかと思ったが、どうやら飼い主がいるらしいので、そうもいかなかった。ごろにゃごするのは、毎回一緒にカロリーメイトを食べるからなのだが。



5月8日 カワガラス

カワガラスの幼鳥  2014年5月8日  長野県 安曇野市

 フィールド「谷川」でカワガラスの繁殖を確認出来なかったので、今年はカワガラスの巣立ちビナを見られないと諦めていた。昨年は、ほぼ10mの距離で親鳥から食べ物をもらう可愛らしい仕草をたくさん見られたが。

 ところが、今日、写友が巣立ちビナを見つけて連絡をくれた。是非是非幼鳥を撮ろうと教えられた場所へ。そこは3年前に営巣した場所の近くで、高さ10mほどの高さから谷底をのぞかなければ見られない場所。最近は運動能力が著しく低下しているから、自分が断崖の上から落っこちないように、今日はロープを用意した。自分を立木に結んで、木々の間から谷底をのぞく。

 頑張って、張り出した岩の先端まで行ったが、それでも幼鳥までは遠くて、おまけに砂防ダムの横なので飛沫が霧のように舞って、画像のような証拠写真しか撮れなかった。もし、5歳若かったら、ザイルを使って谷底まで降りるのだが、もう歳だから・・・今年は証拠写真で諦めました。
 
 2羽はしっかり飛べて、7、8mの砂防ダムを難なく飛び越えて上流へ飛んで行った。その飛翔力からすると、孵化後1週間は過ぎていると思える。これでは、谷川沿いを遡って追いかけても到底追いつけないし、再度見つられないだろう。諦めが肝心なときもある。ともかく、今年も繁殖が確認出来た。ノートに記録して、「谷川」のカワガラス見はお仕舞いにします。


カワガラスの幼鳥  2014年5月8日  長野県 安曇野市

ノジコ  2014年5月8日  長野県 安曇野市

 今日もノジコと会えた。「谷川」内の遊歩道を、ムシクイ類がいないか探しながら歩いていたら、ふいっと現れて、ロープに止まった。10秒間ほどの出会いだったが、数コマ撮れた。ちょっと色気のない場所だったが、逆光が良かった。ノジコ君ありがとさん。

 昨日は、ムシクイ類を探しに林道を登った。彼らは繁殖する亜高山帯付近まで登ってしまい、「谷川」ではほとんど会えなくなったから。コムシクイと何とか出会えないかとムシクイ類を見るたびに聞き耳を立てるのだが、ほとんどが無口なので、私の能力では識別不能。ただ、「焼酎いっぱい・・・」と鳴くから、ああセンダイムシクイね・・・。それと、独特の声で鳴くからエゾムシクイは判る。

 連休に来たかあちゃんに、ICレコーダーを買ってもらった。さっそく、コムシクイ、オオムシクイ、メボソムシクイのさえずり声を入れて、ときどき聞いている。山道でも鳥さんを待つ間聞いている。なんとか違いが分かるかな程度まで耳が慣れた。しかし、いざ本番で聞き分けられるか、本番にならないとなんとも。

 「谷川」は静になって、鳥影はほとんど見られなくなった。どうやら、春の渡りシーズンは終わった。今日もひと回りしたが、営巣中のコサメビタキとキセキレイ以外鳥の姿を見なかった。

 蝶は、ルリタテハ、クジャクチョウ、テングチョウ、シータテハ、キタテハ、キベリタテハ、スジグロシロチョウ、カラスアゲハそれと画像のツマキチョウがいた。蝶の写真を撮った方が打率が稼げるかも。

 ツマキチョウは小刻みに羽ばたきながら舞い続け、なかなか止まらないやっかいなやつ。
 遊歩道を歩いていたら、今日は何の気まぐれか、足元に止まった。ちっちゃな蝶を840mmの超望遠レンズで撮るなんて滑稽だが、案外うまく撮れるから時々挑戦する。もちろん、大きくトレミングして使うことになるが。

 「春だけフィールド」と「谷川」のシーズンは終りのようだ。次はどこへ行ったらいいか、新しいフィールドを見つけ出さなくては。

 

ツマキチョウ ♂  2014年5月8日  長野県 安曇野市


5月6日 林、半分消える

キジ ♂  2014年5月5日  長野県 安曇野市

 いよいよシーズンが来たと、昨年オオアカゲラの巣立ちを見られた林へ行く。サメビタキ、エゾムシクイなども撮れた林だった。片道50km先なので、そう頻繁に通えないが、ともかく様子を見に。

 林に着くと、あらまッ!林が半分伐採されて地ならしされていた。平たく言えば造成されていた。また、撮影ポイントがひとつ消えてしまった。代わりのポイントを探し出すまで、また2〜3年かかる。

 それでも、しばらく造成地の横で鳥見をした。オオアカゲラが通り、ムシクイが1羽通っただけで、オオルリもキビタキもサンショウクイも姿も見かけなければ、声も聞かれず。諦めて自分のフィールドへ戻る。ガソリン単価は160円を超えている。100kmもただ走りをしてしまった、がっくり。

 フィールドへ戻ったのが15時30分、ゆっくりと鳥見も出来ず、それで今日の鳥撮りはゼロ。現れたチョウをスナップして、ここでも鳥見を諦め。上の母衣うちをしているキジは昨日撮影した画像。
 
 やけに早いコミスジの出現、もしかして記憶違で違うチョウかもと思い、ともかくスナップ。夜に図鑑「信州の蝶(信濃毎日新聞社刊)」で確認した。コミスジで正解だったが、成虫の出現は5月中旬以降との解説図。やや早く羽化した個体と遭遇したらしい。
 
 ついでにキアゲハもスナップ。こちらは4月中旬から成虫が出現するとの図鑑の解説図。なので、特に問題はないが、わたし的には今季初見のキアゲハで、しかも春型なので、目を引く小ささだった。夏に見かける成虫の半分くらいに見えた。それで、記念スナップ。

 鳥見がままならなくても、まだまだ自然はたくさんあるのが松本平、そうとでも思わないと、造成された林を思い出し、悔しくて・・・。


コミスジ  2014年5月6日  長野県 安曇野市

キアゲハ  2014年5月6日  長野県 安曇野市


5月5日 久しぶりのコムクドリ

コムクドリ ♂  2014年5月5日  長野県 安曇野市

 今日は立夏。今日から立秋までが暦では夏。と言うには終日小雨模様の肌寒い日でした。まぁ、嵐が来るよりはましですが。メイストームならぬ「孫ストーム」が襲来し、じじはくたびれたのであります。「ストーム」が帰り、午後から鳥見に出かけましたが、鳥さんのお出ましが少なく、フィールドにまだ残っているカモを数えて終わりました。

 フィールへ行かなかった5日間の間に、「緑の初夏色になった」野山は、まさに「山笑う」に進み、フィールドの雑木林も大笑いしている。オニグルミは今が一番綺麗。近くでキビタキが鳴いていたので、ここに止待って欲しいと待つこと20分。通りかかったコムクドリの群が瞬間遊んでくれた。

 コムクドリは子供の頃から家の回りで繁殖していた。大樹が次々に切られたので、繁殖する番数は激減したが、今も近くのケヤキで繁殖している。かって、1本の大きなケヤキでムクドリとコムクドリが繁殖した。4月下旬に渡っ来たコムクドリが、抱卵中のムクドリの巣をのぞいて喧嘩になった様を偶然見たこともある。怒り狂うムクドリに、及び腰ながら叫び返したコムクドリの雄の姿を今も覚えている。

 コムクドリは、スズメ、ムクドリ、カワラヒワ、アカモズと同列の身近な鳥だった。アカモズはとうに消え、スズメは減り、カワラヒワとムクドリもほんの数番を見かけるだけ。今年、近隣にコムクドリが3番いるだろうか。昭和は遠くなりました。

 久しぶりにコムクドリを撮りながら、昔を思い出してしまった。

 

奥にチラリと見える赤い花が雌花、緑の房状の花が雄花です


5月2日 久しぶりのノジコ君

ノジコ ♂  2014年5月2日  長野県 安曇野市

 フィールド「谷川」の季節が1ページ進み、ヤナギの花盛りだった林が、新緑の世界に変わりました。

 鳥出現の状況は、年によって、日によって、時間によって違いがあるので、一概には言えないが、ひとつはっきりしていることがある。4月下旬に現れるオオルリは無口で、ひたすら食べ物を探している。木々の低い枝に止まるし、地面へも降りる。希にさえずっても、歌い続けない。
 1ページ進んだ5月上旬、オオルリは盛んにさえずり続け、梢付近から降りて来なくなる。

 鳥が少ないとは言え、今日もオオルリが数羽いた。しかし、梢でさえずっているので、若葉が邪魔をして、声はすれども姿は見えずの状態。そろそろ「谷川」でのチェックと撮影は終わりにしたほうがよさそう。期待していたカワガラスも、別の場所で巣作りをしたらしく、「谷川」にはたまにしか現れない。

 13時50分に「谷川」へ到着し、鳥を求めてうろうろ。鳥の姿を見かけることなく時間が過ぎる。シャッターを切るチャンスがまるでない。さえずり声でオオルリやカラ類・ムシクイ類がいると分かるが、みな葉隠れが上手でした。今日は何も撮れずに終わりそう、そんな予感がわく。

 15時23分、聞き覚えのあるさえずり声が、すぐ横のヤナギの茂から流れて来た。若葉の隙間をのぞき込むと、ノジコがいた。すぐ近くだった。ノジコと会うのは、昨年の5月以来、久しぶりの出会いに嬉しくて興奮。飛ばないでね、逃げないでねと祈りながらシャッターを切り続ける。

 ノジコは、しばらく茂みでさえずってから、高い枝へ移動して再びさえずり、彼方へ飛んでしまった。ほんの2分間の出来事でした。そして、この2分間が今日のすべてだった。スカ日になりかけていたが、久しぶりのノジコ君に救われた。ノジコ君に感謝をしなくては。

 「谷川」での鳥見も、そろそろ終わりだと、ノジコ君に念を押された感じがした日でした。


ノジコ ♂  2014年5月2日  長野県 安曇野市


5月1日 困ったときのキビタ君

キビタキ ♂ 第1回夏羽  2014年5月1日  長野県 岡谷市

 午前中は快晴だったのに、午後になると暗雲が空を覆い、ついには走行中に雨が。通り雨程度だったので、鳥見を続行。ただ、またまた目的地を変更。14時過ぎにひょっこり行って、確実に見られ、撮影出来る場所と鳥は、お馴染み公園のキビタキ。そう、困ったときのキビタキ頼み。そろそろ枝垂れ桜も咲く頃だし、運が良ければ、クロツグミにも会えるし。

 枝垂れ桜は3分咲きほどだった。そこへ止まるキビタキを撮るのが第1目標。桜の前でばったり出会った写友が言うには、午前中から待っていたが、キビタは1回来ただけとのこと。これまで何度も枝垂れ桜の前で待ちぼうけをしたから、今日は枝垂れ桜にキビタをすぐに諦めた。

 公園は海抜1300mほどの山腹にあるので、ただ今春が進行中。まだヤマザクラが咲いているし、白樺などの広葉樹も芽吹き始めたばかり。


キビタキ ♂  2014年5月1日  長野県 岡谷市

 先日いたトラツグミはもういなかったが、代わりにアカハラとクロツグミの雌がいて、彼方の地面で落ち葉をかき回していた。私はクロツグミの雌のいい写真を持っていない。これぞチャンス到来と思い、太い赤松の根元に身を寄せて、近付いて来るのを待つ。

 雌君、いつものように落ち葉を嘴でかき分けて虫を探しながら、行きつ戻りつ、右に左にジグザグしながら、それでも撮影可能な距離まで来た。いったんクマザサの茂みへ入り見えなくなったが、すぐに体半分がクマザサからのぞく。しめしめ、いい絵が撮れそう・・・。
 今日の運はここまででした。カメラを提げたお兄さんがクロツグミの向こうから歩いて来た。クロツグミは、ケッのひと声を残して、あっちへ飛んで行った。

 

キビタキ ♂  2014年5月1日  長野県 岡谷市

キビタキ ♂  2014年5月1日  長野県 岡谷市

キビタキ ♂  2014年5月1日  長野県 岡谷市

 キビタキは3羽いた。2羽は若い個体で、まだ後頭部や風切羽が黒くなかった。若いお兄さんはパスして、成鳥の後からついて行く。この成鳥は気のいいやつで、近寄っても逃げず、地面で虫を捕っては近くの枝に止まって食べ、たくさん撮らせてくれた。困ったときのキビタ君、大助かり、1時間も遊んでもらった。

 

虫を捕らえた キビタキ ♂  2014年5月1日  長野県 岡谷市


4月分 ホームヘ 6月分