私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


5月 ホームヘ 7月

6月29日 今日の「しろちゃん」家族

「しろちゃん」家族岸で休憩中  2014年6月29日  長野県 松本市

 午前中、池の周囲の草刈りや、岸へ流れ着いていた浮島(筏)を池の中央へ戻す作業が行われたとのこと。大勢の人出に、飛べるカモは水田へ避難出来るが、子連れの「しろちゃん」とカルガモはそうも行かず、ヒナを連れて池の中をあちこち逃げ回ったと想像出来る。13時過ぎに池へ着くと、刈り倒された葦の上でヒナたちはぐったり、休憩をしていた。よほど疲れたらしく、1時間もこんな状態だと、ずっと見ていた方が教えてくれた。

 今日は日曜日。見物人もそれなりに現れて、携帯で撮影しようと近づく方も。「しろちゃん」家族は岸でゆっくり休めず、浮島へ避難。


浮島で勢揃い  2014年6月29日  長野県 松本市

改めて休憩モードに入った家族  2014年6月29日  長野県 松本市

 浮島で改めて休憩モードに入ったが、人間が近付かなくても、危険はある。アオサギが飛来、池の上空を旋回したり、浮島へ降りたりする。今日は3羽もやって来た。休憩中の親子の上をアオサギが旋回。まさに頭上の脅威。親子とも一斉に警戒モードに。幸いアオサギは浮島には降りず山の松へ降りた。

 ヒナもこのくらい大きくなると、かなりのスピードで水面を走ったり、潜水も出来るから、そうそうアオサギに襲われることもないだろう。しかし、もっと小さいときはアオサギに捕食される事態も起こり得る。昔、アオサギが水辺へ降りて水を飲み始めたカワラヒワを捕らえてそのまま飲み込んだ瞬間を見た。水田で、ネズミを補食した瞬間も見たことがある。「しろちゃん」は危険を認識しているのだろう、アオサギが現れた途端に警戒モードに入った。


警戒モードの「しろちゃん」家族  2014年6月29日  長野県 松本市

 頭上の脅威が去ったので、改めて親子でお昼寝。この浮島は岸辺から池の中央は移動されたばかりだが、そのくらいの環境変化にはカモたちは動じないらしい。しばらくの間、ここは「しろちゃん」家族の休憩場所になりそう。


皆で熟睡  2014年6月29日  長野県 松本市

 5羽になった「かも八」のヒナも元気でした。もしかすると、3羽が行方不明になった原因にアオサギが関係しているかも・・・。


「14−1かも八」家族  2014年6月29日  長野県 松本市

 下の2枚は付録です。

 カモ見をしていたら、いきなり直ぐ横の桜にカワセミが止まった。せっかく来てくれたのだからスナップ。千鹿頭池でお馴染みの個体だと思う。

 昨年に比べ、今年はトンボの発生が遅い。やっとコシアキトンボが飛び回るようになった。しかし、池の周りの雑草や葦、灌木が刈られてしまったので、しばらくはトンボを見つけるのが困難になった。雑種ガモを見て、トンボを見てと7月上旬はそこそこ忙しいはずだったが・・・。


カワセミ ♀  2014年6月29日  長野県 松本市

コシアキトンボ ♂  2014年6月27日  長野県 松本市


6月27日 千鹿頭池のカモたち

千鹿頭池  2014年6月27日  長野県 松本市

 雑種ガモのその後などを見に行く。上は千鹿頭池の3分の1ほど。ヒシがはびこり、青粉も広がって、池半分は環境が悪化している。花菖蒲が咲いている浮島(人工の筏)で「しろちゃん」と「14−1かも八」がヒナを孵したと考えている。そのヒナたちは「かも八」のヒナが3羽不明になった以外は不明者を出さずに大きくなっている。


休憩中の「14−1かも八」親子  2014年6月27日  長野県 松本市

「しろちゃん」親子  2014年6月27日  長野県 松本市

 「しろちゃん」の黄色いヒナは、黄色い幼綿羽から白い幼羽に換羽が進んでいるので、黄色が薄くなった。間もなく白い幼鳥になる。白い幼羽は尾羽から始まり、体全体の黄色い羽毛の下から伸びるので、白い羽毛の上に黄色い羽毛がついているように見える。

 「かも八」の親ガモの方が「しろちゃん」より優位なので、つまり強いので、ふた家族が出会うと「しろちゃん」は必ず騒動を避ける。「しろちゃん」の方からカルガモのヒナに攻撃することはない。

 ところが、「かも八」の親は、避けている「しろちゃん」のヒナを威嚇したり、ときには追いかけたりする。「しろちゃん」は争い事が嫌いに見えるが、「かも八」の親はどうも好戦的に見える。

 
 

 宿題にしていた、カルガモ色のヒナの顔を撮った。てんでにばらばらと泳ぎ回るので、顔がぴったり同じ向きには撮れなかったが、5羽の違いは分かると思う。カルガモのヒナではこんなに過眼線の差は現れない。カルガモのヒナは一番下の画像です。
 これまで、たくさん雑種ガモのヒナを見た経験から、5羽の中で、下の2羽が「色男」系になるのではと推測している。ほとんど直感的な推測だが。
 
 画像の整理や、雑記帳を書く都合上、5羽に名前を付けなければと思い考えた。鳥馬鹿の勝手な名付け行為ですから、名前はこの雑記帳だけで有効です。

 あれこれ思案したが、名案が浮かばなかったので、分かりやすい名前にした。信玄、謙信、信長、秀吉、家康。どのヒナにどの名前を当てるか後日また考えます。

 

カルガモのヒナ  2014年6月27日  長野県 松本市


6月26日 幸せ・不幸せ

サンコウチョウ ♀ と ヒナ  2014年6月26日

 サンコウチョウのヒナが巣立つのは、孵化から12・3日目と誤って記憶していた。それで、巣立ちはまだ2・3日先と思っていたが、正しくは11日前後だった。今日の午後、幸せにも巣立ちの瞬間に巡り会えた。サンコウチョウの巣立ちを始めて見た。感動!巣立ちは、他の鳥もそうだが、実にあっけなく始まり、あっけなく終わった。

 午後に現場に着くと、午前中から見ていた写友が、ヒナが巣の縁で羽ばたいて、落っこちそうになったという。他の鳥も巣立つ前にはそんな行動をする。子供の頃何度か見たアカモズの巣立ちでは、巣の中や縁で羽ばたいたり、翼を伸ばしたりし始めると、1・2日後に巣から飛び出して行った。それを思い出して、このヒナたちも、明日か明後日に巣立つだろうと考えた。

 ところが、予想外の事態はよく起こる。人間界では想定外とか言って責任回避に汗をかくが、自然界では予想外の出来事は日常茶飯事に起こる。

 巣の中で羽ばたいていた1羽が枝へ出た。下の画像が、巣から1羽が出たところ。両足とも巣から離れた。鳥見の業界では、巣から一歩でも離れるとそれを巣立ちという。何ともあっけなく巣から出て、枝の次は下の画像でヒナの横にある葉の茎へ、それから葉の上へ移動した。

 1時間かからずに、3羽とも巣から離れた。親鳥が何らかの誘導をしたのだろうが、特に目立った行為は見られなかった。


巣立ちした ヒナ  2014年6月26日

サンコウチョウ ♂ と ヒナ  2014年6月26日

サンコウチョウ ♂  2014年6月26日
 上の画像で、ヒナが2羽だけなのは、先に巣立ったヒナがすでの数m先の枝へ飛び移ってしまったからです。

 巣立ちに立ち会えて幸せだった。そして、雄2羽が見られ、1羽が雌に追われ、組んず解れずのバトルを何回もした。すべて雌が攻撃側で、雄は逃げる側だった。その追われていた雄がヘルパー君だろう。確認したかったヘルパー君を見られて、幸せだった。

 不幸せは、カメラが軟弱な7D だったこと。1Dx を自分で池ぽちゃしたから仕方がないが、かくもカメラに差があるとは・・・。明るい場所なら、色の出具合の差が気にかかるほどで、そう不便は感じないが、薄暗い林の中だと、放り投げたくなるほど差が現れる。

 まずは、感度を上げられないから、当然シャッタースピード(SP)が遅くなり、被写体ブレの画像がたくさん出てしまう。ISO800でSPが1/20なんて状態。レンズはF4なのに。生きている鳥は動くから、静止した瞬間に合わせてシャッターを切った積もりでも、タイミングが外れた画像がいっぱい。

 それに、画像処理エンジンの差で、切れの悪い画像が量産された。遠いものほど、クリヤーな輪郭が得られない。つまりは、ピントが合っていてもぼんやりした画像になってしまう。遠くのヒナはとても小さい。そんな状態なので、まともな画像はほとんど撮れず・・・悲しい。

 巣や鳥が、木々の間から射し込んだ斜陽の中にあるときだけ、かろうじて何とかなった。一番肝心な時に、大事なカメラを修理に出すような事態を起こした自分を呪うしかないが、実に不幸な午後でした。

 しばらく付き合ってくれたサンコウチョウに感謝。たぶん明日以降は捜しても見つけられないだろう。明日から雑種ガモに専念しよう。


巣立ったヒナ  2014年6月26日

巣立ったヒナ  2014年6月26日

サンコウチョウ ♀ と 巣立ったヒナ  2014年6月26日


6月25日 天候不安定

今日の空  2014年6月25日  長野県 松本市

 天候が不安定で、雨が来たり、雲に穴が空いたり、空いた穴に積乱雲が見えたり・・・撮影機材を出したり、車中へ運び込んだりで、気が休まらない午後。

 大粒の雨が来たので、撮影を諦めて、自宅近くまで戻ったら、また日射しが落ちて来た。やれやれの15時過ぎ。広角レンズをバッグから引っ張り出すのも面倒だったので、ガラパゴスの携帯で空など撮影してみる。本当のスナップ。

 遠くからおいでの鳥撮りの知人とばったり出会った。カメラ大変なことになったんですねと言われた。この雑記をお読み下さっている・・・嬉しかったです。反面、私の粗忽さが全国に知れ渡ってしまったことに・・・頭を掻くしかないですね、自分で書いたのだから。そう、ドジに悶々としているより、皆さんに大笑いしてもらった方がすっきりします。

 同じサンコウチョウを見ている写友が、どうもヘルパーがいるらしいと教えてくれた。是非ともそのヘルパー君を見たいと、今日は1時間ほど粘った。とても暗くて、目の前に止まったり、ひらひら飛び回ったりするが、全然撮れず。7Dの限界に挑戦しているみたい。

 偶然通りかかった、ジバチ探しのおじいさんと立ち話。おじさんからチョコレートなどもらう。おじいさんは昆虫の写真を撮ったり、ジバチを繁殖させて自然界へ放したり、ハチクマがジバチの巣を掘り返している現場を見たことがあったり・・・どんどん話が面白くなって、長話をしてしまった。折良く雄が来たので、ちゃらっと撮ってモニターでおじいさんに見て頂く。

 どうもヘルパー君とおぼしき雄が一度来て、ヒナに何かを与えた。尾の長さは、体の色は・・・確認する前に雌が飛んで来て、体当たりをするほどの剣幕で、その雄を追い払ってしまった。どうやら、確信を持てないが、ヘルパー君を見たらしい。

 捉えてた昆虫は、カトンボ、セミ、ハエ、アブまで分かった。1Dx だともっとシャキッと撮れるのだが。7Dと私の腕ではこれが精一杯の画像です。

 もう一度、しっかりヘルパー君を確認したいと待っていたら、大粒の雨が落ちて来た。


サンコウチョウ ♀  2014年6月25日

くわえているのは、たぶんエゾハルゼミ。頭はとれている。

サンコウチョウ ♂  2014年6月25日

くわえているのは、大きめのハエに見える。

サンコウチョウ ♂  2014年6月25日


6月24日 ちょっとだけのカモ見

ハナショウブ咲く  2014年6月24日  長野県 松本市

ウブ咲く  2014年6月24日  長野県 松本市

 気象予報がぴったり当たると、嬉しくなる日と、憎たらしく思える日がある。今日は後者。午後は雷雨という予報だったので、早めに千鹿頭池へ行く。「しろちゃん」の10羽のヒナの識別をそろそろ始めなければと思い、1羽ずつきちんと撮影しようと早めに行ったのだが、予報通り雷雨が来て、計画は頓挫。また明日のお楽しみ。

 カルガモ色のヒナは、名前付けてないので、そろそろ5羽分を考えなければと思っている。こちらはもう個体識別が出来る。それは、過眼線の眼の後方がどんな線になっているかがポイント。顔写真集を作れば、しばらくは識別が出来る。

 これまで、たくさんの雑種ガモをヒナのときから成鳥になるまで観察した。それで、カルガモ色のヒナが、成長してからもカルガモと見間違う体色になるか、「色男しろ」なんて名付けた個体のように、変に色白のカルガモ風な体色になるか、ある程度推測出来る。

 上の画像で「しろちゃん」の直ぐ横にいるカルガモ色のヒナと次のヒナは、おそらく「色白美男子」になる。後方の3羽はカルガモと見間違う体色になる。この推測が正しいか、後日確認するために、個別顔写真と名前が必要になる。

 黄色いヒナはまだ違いが現れないので識別不能である。黄色い幼綿鵜から、薄いクリーム色の幼羽に間もなく換わる。その時に何か違いが現れると期待している。一昨年生まれの白い「バニラ」と「プリン」も違いが現れたから。

 こんなことをしている鳥馬鹿は、全国で私だけだろうと思う。午後の2、3時間だけで出来る「研究?」はこれくらいしかないから。


「14−1かも八」のヒナ  2014年6月24日  長野県 松本市

 昨日「14−1かも八」のヒナが5羽になったと書いた。その5羽が仲良く並んだ記念写真を撮りたいが、もう生後1週間になるので、それぞれ動きが活発になり、おすましスタイルで並んでくれない。

 浮島にヒナが集まって休憩。しめしめとレンズを向けたが、4羽しかいない。1羽は芽吹いたばかりの木の葉みたいな翼を振っていた。これでも羽ばたきをしていると言えるだろうか。

 残りの一羽は、例のごとく無鉄砲なやつで、親鳥や兄弟など関係なく水面を走っていた。急ぐときは、飛べないヒナは泳ぐのではなく水面を走る。例えばアメンボウを捕らえようと追いかけるとき、危険を感じて逃げるとき、こんな風に走る。走る速さは、おそらく人間の短距離走にだって負けないと思う。走るほかには、潜水もする。4、5秒間だが。


 保育園で、訳もなく幼児が一斉に、しかもでんでばらばらに走り出したり、駆け回ったする。カルガモのヒナも同じ。1羽が走り出すと、残りのヒナもつられて走り出す。上の画像の無鉄砲なやつが走り出したので、せっかく浮島で休んでいたのに、一斉に後を追って走り出した。全羽が同じ方向へ向かって走ったので、まさに短距離走の様相。この一斉に走るという行動、単に「遊び」と考えていいのか悩んでいる。

 元気なことはいいことです。しかし、無鉄砲が過ぎたり、はしゃぎ過ぎると、怖い結末が待っていたりするから・・・安全そうに見える池も、決して安全ではない。

 カルガモっ子の競争を見たところで雷が鳴り、雨が来た。悔しいけれど、ちょっとだけのカモ見で、すごすご帰った。雨は降ってもいいけれど、雷と土砂降りは御免だ。もう、600mmレンズもカメラも濡らしたくないから。


「14−1かも八」のヒナ  2014年6月24日  長野県 松本市


6月23日 でも、です

アオハダトンボ ♀  2014年6月21日  長野県 安曇野市

 しばらく雑記帳をサボったら、また病気だったのかと問われた。お気遣い頂き感謝です。なるべくサボらないように頑張っていますが、写真が撮れないと書けないので。21日に何か書くつもりで撮影に出かけたのですが・・・。

 21日はなんとも情けない日でした。我が人生で、最悪の日ではありませんが、それに次ぐくらいのひどい日で、めげました。

 いまさらアオハダトンボを撮らなくてもと思ったが、それでも、これぞ図鑑写真という雌の画像がなかったので、撮影を始めた。

 撮影の最中、足を滑らせ、流れの中へドボ〜ん。以外に深かった。ハッと気付く前に、右手が、カメラを握ったままの右手が水の中。カメラもレンズもしっかり水の中。愛用の1Dx と70−200mmレンズが・・・。

 70−200はアウト。外見は何でもないが、内部で水がちゃぽちゃぷ。かくて長〜く付き合ったレンズは、ただのがらくたになってしまった。上が70−200で撮った最後の画像・・・。

 1Dx は、ほんの少し水が入ったが、他のレンズを装着してテストしたら、普通に画像は得られた。しかし、秒間10コマの連続撮影が止まらず。電源を入れると、パシャ、パシャ、パシャ・・・うなりを上げて50コマ。おそらくシャッターユニットの基盤がショートしたのだろう。ともかく、修理に出した。たぶんユニット交換で何とかなるのではと希望的観測。

 21日は最低の日だった。22日はふて寝状態。ショックでカメラに触る気持ちになれず。

 

サンコウチョウ ♀  2014年6月23日

サンコウチョウ ♂  2014年6月23日
 
 でも、です。このくらいで何日もめげるほど、鳥馬鹿は柔ではありません。1Dx がだめでも7D がある。600mmは健在だから、トンボは撮れなくても鳥さんなら。めげるのも早いけれど、立ち直るのも早いです。昨日は昨日、今日は今日と、ちょっと無理して、強がって、梅雨空を見上げる。

 ちょっとサンコウチョウにご挨拶。7Dは感度が上げられない。薄暗い林の中なので、当然シャッタースピードは20分の1だの、50分の1だの。絞り込む訳にも行かず、わずかにブレが出てシャープな画像が得られず。それでも頑張るのが鳥馬鹿、写真馬鹿。

 思い直して、お日様がかんかんに当たっている蓮池へ。蓮の葉はだいぶ大きくなったが、カイツブリ君は相も変わらず丸見えの巣で抱卵中。こちらは、シャッタースピードが稼げるので、それなりきっちり撮れた。

 最後に、千鹿頭池の雑種ガモを見に。「しろちゃん」のヒナは10羽とも無事でした。しかし、中に無鉄砲なやつがいて、浮島で休憩中に1羽だけで池の中央へ泳ぎだし、なぜかどんどん親と離れてしまった。何とも危険な行為。

 「しろちゃん」はベテランおっかさんなので、すぐに残りのヒナを連れて、無鉄砲なやつの後を追って池へ。間もなく合流、やれやれと見物人も安堵。しかし、数えると9羽しかいない。まだ1羽足りないと見ていると、浮島の反対側から1羽が必死で泳いで来た。どうやら、無鉄砲なやつが他にもいたらしい。

 生まれて9日目になるから、このくらいの無鉄砲なやつが現れても不思議ではないが、でも危険です。親と離れ、間違って他の家族に近付くと、その家族の親に殺されることも十分あり得ますから。

 カルガモは8羽のヒナ連れが2家族いたが、ひと家族は一昨日水田へ引っ越したとのこと。残りのひと家族のヒナはもう5羽に減っていた。なんとも厳しい現実です。池に3家族は多すぎたのだろう。賢いカルガモのおっかさんは家族同士の衝突を避けて水田へ引っ越したのだろうか。


カイツブリ  2014年6月23日  長野県 松本市


6月19日 これぞ証拠

サンコウチョウ ♂

 なにげにサンコウチョウの写真など。このところ、トンボも鳥も写真が撮れていませんので、ちょっとサンコウチョウをのぞいたときの記念写真を。どうやらヒナが誕生したらしい。2枚とも大きくトレミングしています。

 千鹿頭池の雑種ガモはアオクビアヒルの雌とカルガモの交雑によって生まれたと、何度かこの雑記に書いた。しかし、私は証拠写真を持っていないので、あくまで推測の域を出られなかった。

 長く千鹿頭池で撮影している方にお願いして、決定的な証拠写真がないかチェックをお願いしたところ、これぞ証拠と言える見事な写真を捜し出して頂いた。しかも雑記帳で使用する許可も頂いた。自分より遙かに大きいアヒルに交尾を挑むとは、見上げた?カルガモである。

 生まれた8羽のヒナは、カルガモのヒナによく似ているが、過眼線を見ると、眼の後方で綺麗に2線に別れている個体と、1線のまま太くなっている個体がいる。この過眼線の特徴は、その後生まれた「カルガモ色」のヒナにも見られる。

 また、アヒル「おおばあさん」の嘴に黒い斑があるが、以降生まれた「しろちゃん」ほか白い雑種ガモにも黒い斑がある。斑は生後4、5か月で現れ始める。この斑があるという特徴が継承されていると推測出来そう。

 これで、雑種ガモの発生原因はアヒルとカルガモの交雑によると断定出来た。

 千鹿頭池へ行くと、ヒナ8羽のカルガモ家族「14かも八」がヒシの原で食事中だった。生後4日目になったので、ヒナたちはばらばらになって泳ぎ回り、親ガモの回りに広がっていた。いつものようにヒナを数え、8羽を確認。皆無事だった。

 無事で何よりと思いながら、ヒシの原を双眼鏡で見回す。ギンヤンマくらいいてもいいのに・・・昨年よりトンボの発生が遅い。昨年の今日はコシアキトンボが数羽飛び回っていたのに・・・。

 そこで「14かも八」とは別のカルガモ親子を見つけてしまった。おそらく今日生まれたのだろう、ヒナの行動を見て1日目と判断する。1日目のヒナはひと固まりになって、親鳥の後ろにぴったりと付いて移動する。団子状態をほとんど崩さない。ヒナが勝手な方向へ泳ぎ出すのは3日目になってからである。

 さっそくヒナを数えるが、ハッキリしない。例のごとく、たくさん撮影して、モニターで頭数を数える。ヒナは8羽・・・これは困った「14かも八」がもうひと組現れてしまった。画像など資料を整理する上で、区分をしておかないと、自分が混乱してしまう。

 16日生まれを「14−1カモ八」、19日生まれを「14−2カモ八」とすることに。しかし、数日すると、どちらがどちらか判別出来なくなるだろうが。

 「しろちゃん」のヒナ10羽も健在、久々、池は賑やかになった。ヒナたち全部が無事に大きくなれるといいのだが、自然は厳しいから・・・。

 

アヒル「おおばあさん」と交尾するカルガモ♂  2008年5月15日  長野県 松本市 伊藤氏提供 

アヒル「おおばあさん」とヒナたち 2008年6月 長野県 松本市 伊藤氏提供  


6月16日 珍事?

「しろちゃん」と10羽のヒナ

 昨日、千鹿頭池へ行かなかったら、早速メールが数本来た。「しろちゃん」の子供が1羽増えた・・・。また1羽むけたらしい・・・など。メールを下さった方々、ありがとうございました。
 ちなみに「むけた」はこの地方の方言で、「孵化した」「卵が孵った」と同義です。

 はたして、カモの卵が1日遅れで孵化することがあるのだろうか。かって、コチドリやイソシギが1日遅れて孵化したケースを見たことがあるから、カモでも1日遅れはあるのだろう。

 孵化すると巣から出てしまうカモの親子と、1日遅れで孵化したヒナが、はたして上手く合流出来るだろうか?実際、一昨日は9羽連れで泳ぎ回っていた。

 「しろちゃん」の場合は、後から孵化した1羽が上手く合流出来たと考えられる。これは珍事と思う。そのヒナはとてもラッキーな子だったと言えるだろう。

 とにかく、自分の眼で確認しに、証拠写真を押さえに行く。どのヒナかは識別出来なかったが、確かにカルガモ色のヒナが1羽増えて、総勢10羽になっていた。

 他方、8羽のヒナを連れたカルガモのおっかさんもいた。


「しろちゃん」と10羽のヒナ  2014年6月16日  長野県 松本市

 常連さんや、10羽になった「しろちゃん」家族を、よ〜く見ていた方がおいでになるまで、珍事の原因を想像してみた。

 カルガモが昨日ヒナを孵していたら、もしかすると一昨年と同じ珍事が起きたのかしら・・・。
 一昨年の珍事とは、カルガモのヒナ1羽が間違えて「しろちゃん」親子に紛れ込んでしまった出来事である。他人の子の面倒は見ないか、殺してしまう。それが自然界の掟。2009年には「しろちゃん」の母親「A子」が子供らの目の前でカルガモのヒナを殺した。

 ところが、「しろちゃん」は、紛れ込んだカルガモのヒナを我が子同様に扱った。そのヒナは、「忠太郎」と名付けたが、5日後に行方不明になった。ヒナがぽろぽろと欠けるのはごく自然な成り行きなので、忠太郎も不慮の事故に会ったと考えられる。優しい「しろちゃん」を、慈母観音のようだと当時の雑記に書いた覚えがある。

 こんな昔話から、もしかしたら、またカルガモの子を拾ったのかしらなどと想像した。


カルガモ ♀と8羽のヒナ  2014年6月16日  長野県 松本市

 常連さんが来たので、昨日の経過を伺う。まず、カルガモは、今日孵化したとのこと。すると、上で書いた想像のような出来事は起きてはいない。

 昨日の昼過ぎ、「しろちゃん」が人工浮島(草の茂った筏だが)で、1羽のヒナをしっかり温めていた、他のヒナ達は勝手に動き回っていたが、1羽だけを特別扱いしていた、とのこと。どうやら、その1羽が遅れで孵化したヒナらしい。

 14日に、この雑記で使った休憩するヒナたちの画像の浮島は、遊歩道の直ぐ横にあり、ほとんど真上から身近に観察出来る。その浮島で、「しろちゃん」が1羽を特別扱いしていたとのこと。ヒナも「しろちゃん」にべったり寄り添っていたとのこと。

 「しろちゃん」家族が休憩する場所は、上に書いた浮島と巣のあった浮島、あとは池の回りのコンクリート壁の上である。
 このことから、推測してみた。14日の昼間、池を周遊して食べ物を探し回っていた家族が、夜は巣のあった浮島へ入って休んだのだろう。その夜、ラッキーなヒナがタイミング良く孵えって、家族と出会えたのだろう。

 1日遅れのヒナは本当にラッキーだった。孵化後「しろちゃん」を親と認識して近寄っても、「しろちゃん」が我が子と認識しなければ放って置かれたろうから。ラッキーなカモっ子、無事に成長しておくれと思う。

 例のごとく、黄色いヒナに、勝手に名前を付けました。今のところどれがどれだか識別できませんが。
 「ミルク」「シュガー」「クリーム」「チーズ」「マシュマロ」です。白い子達には、白い食品の名を付けることにしています。
 また、カルガモ親子は「14 かも八」です。


カルガモ ♀と8羽のヒナ  2014年6月16日  長野県 松本市

 下は「しろちゃん」の昨年の子供3羽です。左から、白くないが「しろ太郎」、白いカモが「バター」、そして「コーラ」。3羽は周囲の水田にいることが多く、時々しか池に戻らない。常に3羽で行動しているので、今のところ見分けが簡単に出来る。

 3羽が、現在の「しろちゃん」家族とすれ違った。親子関係はまるで感じないようで、お互い何の関心も示さずすれ違った。人間から見れば、薄情に見えてしまうが、自然界はこんなものなのだろう。



6月15日 また一種

ホンサナエ ♂  2014年6月15日  長野県 大町市

 日曜日なので、人混みを避けて昨日の続きに専念、しっかりトンボ追っかけになってしまった。「しろちゃん」のヒナを見に行きたかったが、たぶん見物人が大勢だろうから明日に回す。

 アオサナエを捜していて、ホンサナエを見つけた。サナエトンボのいく種かはよく似ているので、初心者には現場での識別は難しい。ともかく撮影し、車へ戻って図鑑に助けを乞うの繰り返し。この時も、コサナエとは胸の模様が違うし、さて何だろうと思いながらシャッターを押す。あとで、初見のホンサナエだと図鑑に教わった。出会ったトンボがまた一種増えた。初心者には嬉しい偶然の出会い。

 サナエトンボ科の○○サナエと名の付くトンボの識別には、翅胸上部(背中)の画像が一番使えるので、まず前面から撮影。網で捉まえることはしないから、いろいろな角度で撮るようにしている。次は真横から翅胸を撮ろうと角度を変えている途中に、お邪魔虫のコヤマトンボがちゃちゃを入れた。2匹は絡み合って水上へ出てしまい、コヤマトンボは帰って来たが、ホンサナエは戻らなかった。結局、ホンサナエの画像はこのひとコマだけに終わった。

 今日もアオサナエに出会えず。しかし、図鑑によると、長野県内でのホンサナエの分布はアオサナエと同じくらい狭く、県北部のわずかな地区に限られている。希少種に出会ったことに違いはない。瓢箪から駒というやつでしょうか。

 松本平と周囲の山地・山脈で見られるトンボは、図鑑の分布図を頼りに数え上げると85種ほど。昨年の6月から、イトトンボ科から始めて、なんだかんだで56種を撮影した。初心者にしては上出来と自画自賛。しかし、○○サナエというトンボがまだ7種も残っている。しばらくサナエトンボ探しに熱中しそう・・・なにせ凝り性だから。



6月14日 頑張る「しろちゃん」

「しろちゃん」と9羽のヒナ  2014年6月14日  長野県 松本市

 早朝からメールが来た。一番早い方は6時50分にネットのメールを下さった。「しろちゃん」がヒナを孵した、黄色が5羽と普通が4羽・・・。まずは、メール他連絡を下さった皆様にお礼を。ありがとうございました。

 今日はお買い物日なので、買い物の前に千鹿頭池へ行くことに。とか言いながら、8時にはしっかりカメラ構えていました。待ちに待った「しろちゃん」のヒナ誕生ですから。もちろん、私より前にファンの皆様はしっかり撮影なさっていました。

 「しろちゃん」のヒナ誕生は4年連続4回目です。孵化したヒナの数は、2羽、5羽、6羽と増え、今回はついに9羽になりました。黄色いヒナは、2回目に1羽、3回目に2羽でしたが、今回はいきなり5羽に増えました。

 黄色いヒナは成長すると白くなります。他の雑種ガモ(A子)も黄色いヒナを孵しているので、この池で誕生した白い雑種ガモ(黄色いヒナ)は全部で10羽になりました。今回の5羽が全部成鳥になると、誰が誰やら分からなること間違いなし。しかし、それもまた楽しいですね。

 黄色いヒナの他に、昨年は黒い子(コーラ)も生まれたのですが、今年はカルガモのヒナによく似たヒナが4羽だけで、黒い子は生まれませんでした。

 なお、マガモのヒナと、カルガモのヒナはよく似ていますが違いがあります。分かりやすい違いは、目を通過する黒いライン(過眼線)が、カルガモは眼の後方でふた筋に別れますが、マガモは1本のラインのままです。また、カルガモは嘴の付け根(口角)から頬へ短く黒い線がありますが、マガモにはこの短い線はありません。代わりにマガモは眼の後方の頬に黒い斑があります。あたかもほくろのような。

 「しろちゃん」ほか千鹿頭池の雑種ガモのヒナで、黄色や黒色でない個体の顔は、カルガモのヒナと同じ特徴を持っています。それで、雑記帳には「カルガモ色のヒナ」と書くことにしています。

 ヒナの顔の特徴から、雑種ガモの起源は、アオクビアヒルの雌(おおばあさん)とカルガモの交雑によると考えています。これまで誕生した雑種ガモの「カルガモ色のヒナ」でマガモのヒナ的な顔をしたヒナは1羽もいませんでした。ただし、過眼線が眼の後方でふた筋に別れず、1本のままの個体は数羽いました。

 鳥おたくの話はこのくらいにします。

 朝から駆けつけたのは、9羽のヒナが並んだ瞬間を記録しないと、ぽろぽろとヒナが行方不明になってしまうからです。9羽全部が無事に成鳥になって欲しいのですが、自然は厳しく、運が悪ければ明日の朝には9羽でなくなっているかも知れない、それが現実です。

 

 上の画像を物語風に見ると、お母さんが池の危険について言い聞かせているところ、とでもなりましょうか。こんなとき、たいてい話を聞かないで、勝手な方向を向いている子がいつもいます。そんな子、人間界の保育園にもいるような・・・。

 下は池に浮かぶ人工浮島で休憩中の親子です。


 休憩を終えて、ヒシの原へお食事に行くところですが、矢印の先で1羽が水草に足を取られて動けず、もがいています。それに気付いた「しろちゃん」は、さすがにベテランおっかさん、直ぐに駆けつけ、ヒナも何とか脱出できて事なきを得ました。こんな危険がいっぱいなので、いつ死亡事故が起きてもおかしくありません。12年には、黄色いヒナ(プリン)が、かなり大きくなり、白くなっていましたが、蛇篭の針金に首を突っ込んで脱出出来ず死亡しました。とにかく危険がいっぱいです。


「しろちゃん」と9羽のヒナ  2014年6月14日  長野県 松本市

スズメガ ホウジャク  2014年6月14日  長野県 大町市

モートンイトトンボ 左が♂成熟 他の2匹は未成熟 2014年6月14日  長野県 大町市

 ローカル紙に伊那地方で「アオサナエ」が見つかったという記事が載った。アオサナエは日本特産種、長野県のレッドデーターブックでは絶滅危惧種T類の数少ないトンボです。私もこれまで、たぶんあれがそうだったと思える個体を1匹見かけただけ。トンボ道初心者ですから、当然でしょうが。その個体には、カメラを用意している間に逃げられてしまった。緑色が鮮やかな綺麗なトンボです。

 午後は、新聞記事に触発され、天候も回復したので、アオサナエらしきトンボを見た場所へ行く。もたつかないよう、カメラをしっかり準備して。しかし、絶滅危惧種の希少種には、そう簡単には出会えません。空振り。

 車を止めて、休憩していたら、近くでホトトギスが鳴いた。すぐさま超望遠レンズにチェンジ。見えるところへ出て来ないか待つ。ホトトギスは、フィルムカメラの頃に1回遠い小さな姿を撮っただけ、機会があれば撮影したい鳥です。

 近くで鳴いているのに、林の中で姿は見えず。じっと待つも、やがて声がしなくなり、ホトトギスも空振り。座り込んだ場所の横にウツギが咲いていて、数匹のホウジャクが飛び回っていた。ホトトギスにも振られたので、気分転換にホウジャクを撮る。いつかある日、ハチドリに会いに行けたら、きっとこんなだろうなと、花から花へ飛び回るホウジャクを撮りながら想う。

 目的が定まらなくなったので、まだ撮れていないモートンイトトンボの雌成熟を撮りに行くことにした。モートンは昨年と同じ場所で、群れていたが、これぞ成熟した雌という個体が見つからず。雄や未成熟はそこそこいるのに。今日の午後は振られっぱなし。

 また後日ここへ来ることにして帰り始めたら、緑色の眼と胸をしたトンボが水面を巡回していた。ときどきオオトラフトンボと絡み合って、縄張り争いをしている。もしやアオサナエ?と一瞬思ったが、腹の先の方に環状の黄斑がハッキリ見えたので、こりゃ違うと考え直す。

 飛び回るだけでホバリングをしてくれない。仕方がないので目の前を通過するたびに連写。ピントが合っていなくても、識別くらいには使えるから。車へ戻って、モニターと図鑑を見比べながら、昨年を思い出した。やはりこのトンボが分からず連写したと、そしてコヤマトンボと昨年結論を出したトンボだと思い出した。

 長い1日が終わり・・・あちこち走り回ったが、草臥れ儲けだった。鳥見に戻らねばと反省したものの、この時期レンゲツツジにホオアカは飽きたし・・・「しろちゃん」を毎日見に行くのも何だし、さてさてと悩んでしまう。


モートンイトトンボ ♂成熟  2014年6月14日  長野県 大町市


6月11日 雑種ガモのこと

カワセミ  2014年6月11日  長野県 松本市

 大雨の予報が出ていたが、各地ほど強い雨は降らず。それでも草木がしっかり濡れしまったので、トンボは現れないと考え、雑種ガモを見に行く。そろそろ、「しろちゃん」の孵化「予定日」が近づいているし、カルガモのヒナもそろそろ現れる頃だから。

 雑種ガモ「しろちゃん」の繁殖は4回目になる。11年に2羽、12年に5羽、13年に6羽とヒナの数が増えているから、今年は10羽ほど生まれるのでは・・・。想像するだけでも楽しい。「しろちゃん」の他に黒い雑種ガモ「ココア」も抱卵中と考えられ、楽しみは倍になりそう。

 白い「しろちゃん」と雑種ガモ「三郎(ガード君)」の間には、白い雑種ガモと黒い雑種ガモが生まれた。そこで黒い雑種ガモ「ココア」とかなり白っぽい雑種ガモ「色男しろ」の間にどんな色のヒナが誕生するか、待ち遠しい。「ココア」は初産だからヒナの数は多くないだろうが。

 池は静かなもので、たまに「しろちゃん」と「ココア」が食事のために亭主同伴で現れ、池の堤で雑草を食べたり、水の取り入れ口で採食したりするだけで、ヒナ誕生の気配はまだ無い。

 雑種ガモを観察しながら、、カワセミファンの指定席にお邪魔して、カワセミを撮らせてもらう。雨が降り始めたので、土砂降りでも撮影するつもりで、機材にも自分にも雨具を付けて座った。雨が簾のように写り込んでいる写真が撮りたかった。それで、雨具を装備したのだが、小糠雨程度で雨は止んでしまった。


 以下は、鳥馬鹿のおたく話ですから、面倒でしたらスルーして下さい。

 今日、雑種ガモを見ていて、これまでの考えが9割方違っていると確信した。4月から、どうも間違えているのではと気付いていたが、確信を持てずにいた。

 少しややこしいですが雑種ガモの紹介から。

 2歳の雌「ココア」と2歳の雄「色男しろ」はつがいを形成している。同じく2歳の「色男バフ」と年齢不詳の「甲子」もつがいを形成している。「甲子」以外は同日生まれの兄弟姉妹関係にあるとハッキリしている。

 この池で、雑種ガモのつがい形成を観察して、これまで分かったことのひとつに、「つがいは、雑種ガモ間で、また兄弟姉妹の間で形成される」がある。このことから雑種ガモの「甲子」も兄弟姉妹の関係にあると類推しているが、証明は出来ていない。

 気付いた間違いは、これまで「色男バフ」を雄だとばかり考えていたことである。この雑記帳でもそのように書いた。それで連れ合いの雑種ガモを雌だと考えて「甲子(こうこ)」と名付けた。

 2羽が交尾する瞬間を一度も見ていないので、「つがいである」以上の識別は出来なかった。「色男しろ」が雄と早くから分かっていたので、羽衣の色が似ている「色男バフ」も雄だろうと考えていた。
 だが、4月中頃から、どうも立ち居振る舞いから、「色男バフ」が雌ではないかと考え始めていた。

 今日ふた組のつがいが堤の上で鉢合わせをした。4羽のうち、向かい合ってお互いを威嚇し合ったのが「色男しろ」と「甲子」だった。こうした遭遇の場合、威嚇し合うのは雄で、雌は知らぬ顔の半兵衛を決め込む。「色男バフ」は雄同士が威嚇し合っている間に、そそくさと池へ戻ってしまった。

 また、連れ合いの雌が食事中、雄は食事をせず周囲を警戒している。別の雄が連れ合いに接近しないように警戒していると考えられる。このガードマンをしたのが「色男しろ」と「甲子」であった。

 このような行動を目の辺りにして、9割方「色男バフ」は雌だろうと考えるに至りました。これまで何人かにお配りした資料に「色男バフ」が雄となっていますが、次回の「2014 6月版」で訂正したいと思います。

 ややこしい話はさておき、雑種ガモの黄色や黒色のヒナが早くみたいものです。



6月9日 それぞれの夏

傷病コハクチョウ ふくちゃん  2014年6月9日  長野県 安曇野市

 犀川白鳥湖から出てしまった「ふくちゃん」はダムの直ぐ下にある湿地と犀川本流で暮らしている。恐らく、白鳥湖から出たのは、脱出したかったのではなく、偶然ダムから流れ落ちてしまったからだろう。一時は、500mほど犀川を下った河原にいたが、翌々日にはこの場所へ戻っている。白鳥湖へ戻る気になれば、戻るルートはあるのだが、ここが気に入ったらしい。洪水が起きない限り、ここでこの夏を過ごすことになるだろう。

 同じく傷病コハクチョウの「のぶちゃん」と「ぴーちゃん」は、遊水池から犀川本流の白鳥湖へ脱出し、しばらくの間ちょぴり広い世界を楽しんだが、遊水池へ戻されてしまった。

 遊水池には2羽のコハクチョウの他に、3回目の夏を迎えたホシハジロの雌と4回目の夏を迎えたキンクロハジロの雄がいる。2羽は連れだって行動している。2羽とも同一個体と確認出来ないが、同一個体だろうと期待も込めて、推測している。
 
 下の画像は、それぞれが、それぞれに過ごす午後の図です。奥のオオバンは、1羽しか現れないが、繁殖をしている可能性がある。昨夏は、この遊水池で繁殖していたひとつがいが、ヘビに卵を食べられてしまい、惜しくも安曇野での繁殖成功第1号の座を別のつがいに譲ってしまった。今の夏は、ここで赤い頭のヒナが見られるだろうか。

 白鳥湖の周辺で、それぞれがそれぞれの夏を過ごすことになる。


ホシハジロ♀ と キンクロハジロ♂  2014年6月9日  長野県 安曇野市

 ホシハジロとキンクロハジロが羽ばたく姿を何度も見たり、撮影しているが、翼に異常があるようには、どうしても見えない。しかし、2羽は飛ばない。体の何処かに故障を抱えているのだろうか。

 2羽揃っての3回目の越夏になる。同一個体としたら、彼らが何年ここで生きるかそれを見届けたいと思っている。また、不遜にも2羽で繁殖しないかと思っていたが、どうやらその事態は起きないようだ。仲良く連れ立って行動しているのだが。キンクロハジロ X ホシハジロのヒナがどんな色をしているのか見たかったが。鳥馬鹿の雑念はそれとして、2羽がずっと無事で過ごせることを願っている。

 水が緑なのは、アオコやアオミドロの色ではなく、周囲の新緑が写り込んでいるからです。

 

キンクロハジロ♂  2014年6月9日  長野県 安曇野市

 白鳥湖横の雑木林にキジが生息している。ときどき母衣うち見せてくれた雄は、お気に入りの場所に立っているが、最近はもう母衣うちをしない。そろそろヒナが孵り、ぞろぞろ歩き回る頃なので、白鳥湖へ行くたびに雑木林をのぞいているが、この草木の茂り具合ではよほど運がよくないとみられないだろう。雌と同じ大きさになった幼鳥がひょっこり現れるのを待つしかなさそう。


キジ♂  2014年6月9日  長野県 安曇野市


6月8日 マガモっ子誕生

セスジイトトンボ ♀  2014年6月8日  長野県 安曇野市

セスジイトトンボ ♂  2014年6月8日  長野県 安曇野市

アジアイトトンボ ♀未成熟  2014年6月8日  長野県 安曇野市

 まずはトンボのことから。昨年は「ときどきトンボ」を始める時期がやや遅かった。それで、機を逸して、上手く撮影出来なかったトンボがいる。しかし、どこへ行けばどのトンボに出会えるかは記録出来たので、記録を頼りに、今年は早めにチェックに回ることにしている。

 天気予報は雨だったが、雲が切れ日射しもある、幸いな午後になった。これならイトトンボも出て来るだろうと水辺を巡る。始めの川筋でアオハダトンボの雌を見つけた。今季初のアオハダ。今日はたぶん付いてる日と気分は盛り上がったが、機材を用意している間に、木の上の方へ飛ばれてしまい、結局撮影出来ず。付いてない日なのかもと、膨らんだ気分がしぼむ。

 14時半過ぎ、最後にチェックする予定だった御宝田池へ。目的はセスジイトトンボの雌とアジアイトトンボ。2種とも昨年上手く撮影出来なかった。今日は付いてる日の方を信じて、池の端を巡る。白鳥の撮影で賑わった御宝田池も、今はだれも撮影に来ない。まして、梅雨の時期には。とにかく、静かでいい。

 クロイトトンボがたくさん羽化していたが、もうたくさん撮ったし、どこにでもいるからパス。モノサシトンボも今日はパス。ともかく緑色の体をしたセスジイトトンボの雌を探す。

 クロイトトンボの雌も緑色をしているので紛らわしい。くわえて、3cmほどの小さなトンボだから、老眼に近視と乱視が混じった眼では識別出来ない。なんとなくセスジのようなと思える個体を片っ端から撮影。デジカメは便利です。すぐさまモニターで拡大して確認。何度かクロイトを撮ってしまったが、セスジの雌もゲット。今日は付いてた日でした。

 トンボ撮影も少し慣れたので、識別ポイントがしっかり分かるように、ついでに図鑑写真だけれど、ちっとは彩りも考えて撮れるようになった。とにかく練習あるのみだと思う。

 同じ御宝田池の端で赤いトンボを見つけた。こちらも3cmほどのトンボだが、緑の中の赤は目立つので、すぐさまアジアと分かった。4日にモートンイトトンボとアジアイトトンボの識別を間違えたので、次は失敗しないように何度も図鑑に眼を通した。今日はその勉強が役立った。

 赤いのは雌の未成熟(※1)なので、雄と雌の成熟を捜すが、全然見つからない。どうも、この池ではアジアの羽化は始まったばかりと推測する。ならば、数日後にまた来ることにして、鳥見のためにレンズを交換する。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※1 羽化したばかりで、成熟した個体の色になっていない状態


アジアイトトンボ ♀未成熟  2014年6月8日  長野県 安曇野市

マガモ ♀とヒナ  2014年6月8日  長野県 安曇野市

 カルガモのヒナが誕生すると、賑やかにマスコミが取り上げる。それはカルガモが身近な場所でヒナを孵し、ちびちゃん達が人目に付く場所で行動するからだろう。カルガモ同様の行動をマガモもするが、マスコミに登場しない。それは、マガモが人目に付かない場所で行動しているからだと思う。

 マガモは冬鳥で、繁殖は北海道やシベリアなどで行うと、普通は考えられている。少数が本州で繁殖するとされるが、それも比較的海抜高度の高い場所とされている。

 ところがどっこいである。安曇野では水田地帯で繁殖しているし、御宝田池でも毎年繁殖している。トンボを撮っていたら、マガモの親子連れが眼に入った。今年も無事に誕生したかと、鳥馬鹿は嬉しくなる。9羽もマガモっ子が生まれたのだから、是非にも記念撮影をしなければ。


マガモ ♀とヒナ 手前はマガモ♂ 2014年6月8日  長野県 安曇野市

 カモの雄は雌が抱卵を始めると適当な場所へ行ってしまい、育雛には参加しないと一般的には考えられている。ところが、推測の域を出ない話と前提をおいて、上の画像の話になる。

 写っている画像の雄が、雌とヒナの回りをなんとなく行きつ戻りつしていて、別の雄が飛来したら、その雄を追い出す行動に出た。まるで男親が遠目に見守っているかのごとくに。この雄がヒナたちの男親なのか分からないが、なんとなくそんな風に見えてしまった。

 池には大きな鯉がいる。恐らくその鯉がヒナに接近したか、飲み込もうとしたのだろう。ヒナは大急ぎで逃げ、母親は何かを激しく攻撃した。水中に潜ってまでの、かなり執拗な攻撃だった。1時間ほど見ていて、2回この防御行動が見られた。
 鯉と母ガモの戦いは千鹿頭池の雑種ガモを見ているとたまに見られ光景である。それを参考に、水中の敵が見えなかったので、ここでも同様な鯉との戦いがあると推測した。

 9羽いるヒナの何羽が無事に成鳥になれるか、鯉以外の敵も多い。ともかく、今年もマガモっ子が誕生して、善きかな、善きかなである。次はバンのヒナ誕生の番である。

 

水中の??を攻撃する マガモ♀  2014年6月8日  長野県 安曇野市


6月7日 梅雨入りの頃

コムクドリ ♀  2014年6月7日  長野県 松本市

 今年は、南方からじわじわと梅雨入りが北上して来るのではなく、松本平も四国・九州などとほぼ同時に、いきなり梅雨入りした。
 
 雨降りが嫌いではない。それなり写真を撮ればいい。だが、今年の梅雨入りは5日間ほど早かった。この5日間が「ときどきトンボ」遊びに大迷惑。松本平ではちょうどイトトンボの羽化が始まる6月上旬、雨模様だとトンボは池周辺の林などへ避難してしまい、見つけにくくなるから。それでもあちこちの池を巡ったが、この2日間成果ゼロの草臥れ儲け。

 たぶんエゾハルゼミだろうが、どこへ行っても蝉時雨。セミだけは賑やか。小さなセミなので、見つけ出すまでひと手間が必要。鳥なら動くので居所がすぐに分かるが。このセミは雨が降ろうと、気温さえ上がれば鳴き出す。
 たとえば、林の中でサンコウチョウの地鳴き声、「ギィッ」などは蝉時雨にかき消される。葉が茂った林の中、声を頼りの鳥見には大いにお邪魔なセミたち。梅雨入りの頃、毎年悩まされる蝉時雨。


エゾハルゼミ ?  2014年6月7日  長野県 松本市

カイツブリ  2014年6月7日  長野県 松本市

 蓮池でカイツブリが巣作り中だった。松本平では梅雨入りした頃から抱卵を始めるカイツブリが多い。トンボを探しに行ったが、雨上がりで1匹も見つけられず、この池ではカイツブリを見物しただけ。

 田舎の松本でも、道路がほぼアスファルト化されている現在、土の道路に溜まった水溜まりや、潦(にわたずみ)は見られなくなった。ずっと昔、長靴の脚で水溜まりから水が流れ出るように「川」を作って遊んだものだ。小学校の校庭に幾筋もちっちゃな「川」が出来た・・・昭和は遠くなった・・・。

 今でも変わらぬのは、蓮の葉に出来る水玉。カイツブリの巣は丸見えなので、大丈夫かしらと思う。実際、上空をトビが通ったら、2羽とも大急ぎで水中へ潜った。
 しかし、蓮の葉はまだ水面に浮かんでいるが、間もなく茎が伸びて水面から立ち上がる。するとカイツブリの浮巣は上手いこと葉の下に隠れる。カイツブリはそれを知っているのだろうか。

 もう少し葉が林立し、蕾も水中から首をもたげる頃になると、カルガモもこの池に入り、日がなのんびりしている。水面に浮かんでいる葉の上に水玉とカルガモが載っている絵・・・これ、なかなかいいのでチャレンジしているが、まだ気に入った絵が撮れていない。またこの池に来ることになるだろう。

 やはり昔々、この池の周りに葦が茂り、ヨシゴイがいた。やがて、土手はコンクリート化されて葦がなくり、当然ヨシゴイは来なくなった。水玉を見ながら、昔もカイツブリがいたか思い出そうとしたが、まったく思い出せず、昭和は遠くなった・・・。梅雨入りの頃は、思考も湿っぽくなっていけません。

 


6月4日 振られ日

ニューナイスズメ  2014年6月4日  長野県

 もちろん鳥さんを撮りに出かけているのですが、6月上旬は撮れない日が多い。水田地帯を通過中にチュウサギ2羽を見かけたが、先日雑記帳で扱ったばかりだからスルー。

 チュウサギで妥協すればよかったと悔やんだが、後の祭り。目的の鳥さんには完全に無視されてしまい、電線上のニュウナイスズメにも笑われてしまった。鳥さんに振られた日だった。


モートンイトトンボ 未成熟 2014年6月4日  長野県

 鳥さんが遊んでくれないなら、「ときどきトンボ」に切り替えられるのが6月。そこで、モートンイトトンボを探しに行くが、1週間ほど時期尚早らしく見つけられず。橙色をしたトンボに思わずドキリとしたが、モートンではなくアジアのようだった。モートンにも振られた。今日はトンボにも恵まれないのかと気落ち。現場でそう思った。

 夜中に、どうもすっきりしないので、以前撮った画像などあれこれと比較して、これはモートンの未成熟だと判断した。モートンとは出会えたことになる。(この段落は後から追加しました)


 トンボを探していると、カエルに出会う。アマガエル君、まだ起きたばかりで世界が緑色に変わっていると気付かないのか、ホルモンのコントロールが上手く出来ず、緑色に戻れないのか・・・そのままだと危険だと思う。

 カエルが多いと、ヘビも現れる。久しぶりにシマヘビとご対面。ヘビ君私に驚いて、あるいは恐怖を感じて水中へ逃げた。水田地帯なので逃げ場が水中しかなかったのだろう。水に潜って隠れた(積もりの)ヘビも久しぶりに見た。

 意地悪して、何秒間潜水していられるか見てやろうと、カメラを構えて動かずにいた。ヘビ君30秒も潜っていられず、すぐに頭を出して、ふぅ〜と息継ぎ。案外に素潜りは苦手のようだ。

 ヘビと見つめ合うと、舌を出し入れして、こちらの匂いを確認する。その舌を出した瞬間が撮れるかもと、秒間10コマの撮影が出来るカメラの性能を頼りに連写。ひとコマだけ舌が写せた・・・鳥さん撮りに来て何やってんだろう・・・だんだん惨めな気持ちになる。


舌を出したシマヘビ  2014年6月4日  長野県

 ヘビと遊んでいる訳にも行かず、とにかく場所換えをする。目的はカワトンボ。昨年ニホンカワトンボの雄がいたので、今年はメスが撮りたいと。
 もう、すっかりトンボマニアに変身。鳥さんと偶然の出会いでもなければ鳥見人に戻れない状態。

 カワトンボがいた。翅が無色なニホンカワトンボは中部地方では雌だけと図鑑にあった。しめしめ、目的の雌が撮れると大砲レンズを向ける。湿地帯で入って行けない場所では、鳥撮影と同じ機材を使う。つまりトンボを840mmで撮影する。近付かないで済む分だけトンボが逃げないので、このセットもそれなり重宝。

 撮影しながら、何か変だと思う。しかし、撮れるとき撮らないと次がないのは鳥もトンボも同じ、いっぱい撮影。車へ戻って図鑑と画像を比較。ニホンカワトンボの雌の縁紋(翅の先端の紋)は「白い」と注釈が。そこまでは図鑑を読み込んでいなかった。あれあれ間違えた。

 ニホンでなければアサヒナだろう位の知識はあった。図鑑を読んでいたから。図鑑によるとアサヒナカワトンボ雄について、「中部日本の個体群は腹部背面全体が白粉を生じる・・・」。なるほど、まさにこれだ。ニホンの雌は見つけられなかったが、アサヒナがしっかり撮れたから、ちょっとだけよかったと、「ときどきトンボ」見人は満足することに。そんでも、帰り道は遠い・・・。

 しかし、鳥さんが撮りたい。毎日振られていては悲しいですから。

 

アサヒナカワトンボ ♂  2014年6月4日  長野県


6月2日 鳥無し日

ダビドサナエ  2014年6月2日  長野県

 「Air−H」を解約しに「ウィルコム」の出店へ行った。この 1行が分かる方はそれなりの「通」でしょう。もう使わないから、社名が「dion」のころからお付き合いしていたPHSを解約したということ。
 
 それはそれとして、対応したお店のお姉さんが、新しい機種や4Gルーターの説明を縷々してくれた。「いやいや、私はガラパゴスのドコモで十分」と答えると、お姉さん曰く、「そのガラパゴスでもこのルーターを使えば・・・」なかなか話がかみ合わなかった。

 だいたい自分の携帯を、一応卑下して「ガラパゴス」と言っているのに、お姉さんまで「ガラパゴス」だなんて。まぁ、出店のお姉さんには「Air−H」や「ガラパゴス」は難しかったか・・・。

 鳥見時間を「ガラパゴス」談義?で半分近く使ってしまった。今から鳥見も出来ないし・・・と考え、「ときどきトンボ」に変更。

 時季的にはまだ早いが、昨年マルタンヤンマを見た池へ行く。コバルトブルーの眼と体の印象は強烈だった。未だに目の前を残像が飛んでいる。その後、再会を願って、数度その池へ行ったが、夢は果たせずのまま。

 マルタンヤンマは長野県では希なトンボだから、そう簡単には出会えない。当然今日も空振り。代わりにサナエトンボを4匹見つけた。またコサナエかと思いながら近付いて見ると、翅胸前面(背中)の斑が、昨日勉強したばかりのコサナエと違った。こりゃ大変と、後で図鑑と照合出来るようにたくさん撮影。それと、4匹とも同じ種なのか確認するために、池の周りでうろうろ・・・。残念ながら、4匹とも同じダビドサナエでした。ともあれ、ダビドサナエは昨年1匹を見つけて撮影しただけだから、ラッキーな出会いだった。

 

ダビドサナエ  2014年6月2日  長野県

ハンミョウ  2014年6月2日  長野県

 トンボを追っていたら、足元で宝石が跳ねた。久しぶりのハンミョウだった。鳥見中は、どうしても目線は上向きで、足元には向かない。まして、ハンミョウなど地面にいる虫を真剣に見ることはほとんどない。今日は、トンボを探して目線が下を向いていたので、2cmほどの宝石に気付いた。

 神様は、特に力を込めて、ハンミョウの色付けをしたのだろう、頭部や背だけでなく、脚や触覚まで豪華な色を付けたのだから。

 ハンミョウは近付くと1〜2m飛んで地面へ降りる。不用意に再接近すると、また1〜2m先へ行く。それの繰り返しになる。それで、真上から撮影するには、そうとう慎重に近寄らねばならない。昔、マクロレンズで撮影しようとしてさんざん手こずったので、要領は会得している積もりだった。それでも、3回目のチャレンジで何とか真上から撮れた。

 機材は、70−200mmレンズに、1.4Xのエクステンダーを付け、更に25mmのエクステンションチューブを付けている。止まっているトンボもほとんどこの組み合わせで撮影している。もちろん手持ち。

 今日は鳥無し日だったが、ほぼお初のダビドトンボをじっくり見られたし、久しぶりにハンミョウを真上から撮れたので、それなり楽しかった。それに、お姉さんとの「ガラパゴス」談義も、まんざらではなかったし。

 


6月1日 付いていた日

チュウサギ  2014年6月1日  長野県 安曇野市

 白鳥湖から逃亡した、と言うより、うっかりダムから流れ出る水流に乗ってしまい、流れ出てしまったと思える「ふくちゃん」を捜しに行く。犀川の堤防上を走っていたら、チュウサギが視野に入った。

 この5月、チュウサギが来ていると度々教えられていた。それに、写友が画像をメールして来た。しかし、私は運が悪かったのか、まだ出会えずにいた。例年5月中には撮影出来ていたのだが。正直、ちょっと悔しい思いをしていたので、白鳥捜しは即中断、チュウサギの元へ。

 とくに珍しい鳥ではないが、毎年初夏と秋には撮影しないと、気分がすっきりしない。

 久しぶりなので、しばらく見ていたら、畦をつついて何かを捕らえた。撮影してディスプレーで拡大してみたが、昆虫らしいまでしか分からなかった。夜、大きなパソコンのディスプレーで拡大して見る。正体はケラらしい。

 私が子供の頃は、ケラは田の畦にたくさんいた。我が家の前を流れる農業用水の土手にもいて、夜間よく鳴いていた。用水がコンクリート化されると、身近なケラは即絶えてしまった。水田の畦のケラも、大量の農薬使用で激減したと記憶している。そんなケラがまだいたので、チュウサギと出会ったことより嬉しくなった。


ケラを捕らえた チュウサギ  2014年6月1日  長野県 安曇野市

コサナエ ♂  2014年6月1日  長野県 松本市

 チュウサギに会えたので、今日は付いてる日だろうと決める。ならば、「ふくちゃん」捜しより、まだ撮れてないトラフトンボを探した方が、もうひとつラッキーを拾えるかも。昨年から、6月は「トンボときどき鳥」になる。

 昨年トラフトンボを撮り損ねた池へ。探すがトラフは見つからず。まだ時期的に少し早いのだろう。代わりにサナエトンボが数匹、クロイトトンボがぱらぱらといた。クロイトはこの池でも一番早く羽化し始めるトンボらしい。

 サナエトンボは初心者の私には識別が難しい。こんなときは図鑑に頼るが、小さなトンボなので、肉眼でも双眼鏡でも識別が難しい。そこで、様々な角度からパシャパシャと撮り、画像を拡大して図鑑と比較する。

 コサナエは昨年撮ったので、ヤマサナエかヒメクロサナエならいいのだがと図版と比較。上の画像がかなり特徴を捉えていた。このトンボはどう見てもコサナエ。トンボ通の方なら、簡単に識別出来るのだろうが、図鑑のあちこちをさんざん見て、初心者はようやく納得。

 では、昨年コサナエだと思って撮ったトンボはなんだろうと疑問がわいた。夜、ストック画像を呼び出して、今日の画像と図鑑と3者を比較。なんと、昨年撮影したトンボは、コサナエでなくヒメクロサナエだった。1年経って間違いに気付いた。初心者はこんなところだろう。ともかく昨年の雑記帳(6月13日)を1年後に訂正しました。

 未撮影だったトンボが撮れ、しかも1年前のミスが分かり、今日は付いていたと言うべきだろう。真夏の暑さだが、明日はどこへトンボ見、いや鳥見に行こう。


コサナエ ♂  2014年6月1日  長野県 松本市

 下はヒメクロサナエとコサナエの比較写真。矢印の先、翅胸前面の模様が違う。ヒメクロサナエは中央に「 T 」字型の黄斑がある。
ヒメクロサナエ ♂  2013年6月13日  長野県 大町市  
コサナエ ♂  2014年6月1日  長野県 松本市


5月 ホームヘ 7月