私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


6月 ホームヘ 8月

7月30日 ルリイトトンボ その2

真夏の午後  ネキトンボ ♂   2014年7月30日  長野県 松本市

ルリイトトンボ ♂   2014年7月30日  長野県 松本市

ルリイトトンボ ♂   2014年7月30日  長野県 松本市

ルリイトトンボ ♂   2014年7月30日  長野県 松本市

 乗鞍高原3つ目の池へ。意地を張って「まいめの池」で粘るのはやめた。トンボがたくさんいた過去、とても少なくなってしまった現在、「まいめの池」と随分付き合ったから、そろそろ卒業してもよかろうと思う。

 3つ目の池は「牛留池」。駐車場から10分もかからず着け、周遊出来るように遊歩道が綺麗に整備されている。だが、観光客の多いのが難点。賑やかで、質問攻めに会ったり。素人の私が答えてよいものやらと思いつつ、トンボの名前を並べる。

 目的のルリイトトンボはたくさんいた。それこそ目と鼻の先にまで飛んで来た。意地を張らずに、始めからこの池に来ればよかったと思う。
 ごく近くまで来るので嬉しかった。だが、機材の組み合わせで、最短撮影距離が1mほどなので、近過ぎて撮れない。贅沢な悩み。

 それと、雄ばかりの状態なので、縄張り争いが頻繁に起きる。1匹が止まると別の雄が横やりを入れ、とにかく落ち着きなく飛び回る。ころ合いの場所に止まる個体を待つが、たくさんいるのにすんなり止まってくれない。たくさんいるから、綺麗に撮らねばと思い、えり好みをするから、よけいに撮れない。

 雌も撮りたかったが、撮影可能な場所に来なかった。彼方のミツガシワの間を飛んでいる姿は見えるのに。最後まで単独の雌は撮れず。午前中に来なければだめなのかなど、いろいろ考えてしまった。

 しかし、青くて綺麗なルリイトトンボをたっぷり楽しめたので、わずか1時間だけの撮影だったが、キイトトンボ以来の達成感を味わえた。宿題をまたひとつクリアー出来て、楽しい1時間だった。

 次のトンボはマイコアカネなのだが、私の線引きした松本平の範囲内のどこにいるのかさえ分からない。図鑑の分布図ではしっかり産地と表示されているが。山を越えた範囲外の、上田・佐久地方や諏訪にはいるのだが。


ルリイトトンボ ♂   2014年7月30日  長野県 松本市

 ルリイトトンボの雌は交尾後に単独で潜水して産卵する、しかも頭を下にして潜ると、図鑑に写真入りで解説がある。それは是非にも見たい瞬間である。それで、雌にこだわったのだが、1時間の観察では、無理な望みだった。

 ミツガシワの間にはクモが巣を張っていたり、それなり危険なのだと見ていたら、連結の雌の方が腹の末端を糸にひっかけてしまった。しばらくもがいていたが、無事に脱出出来てひと安心と休憩したところ(下の画像)。雌が撮れたのはこのひとコマだけだった。やはり、再チャレンジしなくっちゃ。

 

ルリイトトンボ連結 上♂ 下♀   2014年7月30日  長野県 松本市

カオジロトンボ ♂   2014年7月30日  長野県 松本市

 カオジロトンボもレアーなトンボで、高地の池塘に分布する。分布域はルリイトトンボより狭いかも。
 やはり、昔は「まいめの池」にもそこそこいたのだが。今年は1匹も見ていない。

 今日はフレンドリーな個体がいて、遊歩道にある休憩所でワイワイガヤガヤしているおばちゃんグループの帽子に止まって大サービス。顔が白いのでカオジロトンボ・・・と説明したので、おばちゃん達がお仲間の帽子にコンパクトカメラやスマホを向けて撮影会。ほんと鼻が白いわ!こんなトンボ始めて見たわ!!おばちゃんグループは意気盛ん。普通に言えばかしましい・・・。でも、みんなでレアーなトンボが見られて幸せでした。

 

カオジロトンボ ♂   2014年7月30日  長野県 松本市

 休憩所の木製手すりに止まったカオジロ君。白い顔を記念撮影。もちろん大きくトレミングした画像です。案外毛深いですね。


カオジロトンボ ♂の顔   2014年7月30日  長野県 松本市


7月29日 ルリイトトンボ

エゾイトトンボ ♂   2014年7月29日  長野県 松本市

アオイトトンボ ♂ 未成熟  2014年7月29日  長野県 松本市

アオイトトンボ連結  上♂ 下♀  2014年7月29日  長野県 松本市

 昨日今日と、短時間だが炎天下にいた。腕と顔が日焼けでヒリヒリ。日焼けなんて、今どきはやらないだろうが、アウトドアの写真屋さんが色白美白なんてあり得ない話。

 ルリイトトンボ探しのリベンジ。昨日今日と乗鞍高原の池をチェック。昨日こだわっていた池は「まいめの池」、今日は「あざみ池」付近。ふたつは徒歩20分ほどの距離だから、朝から1日かければふたつともチェック可能だが、午後から出勤なので、残念ながら1日にひとつしか見られない。

 「あざみ池」は遊歩道が整備されているので一周できるが、観光客も通るから、撮影しにくい。一周したがイトトンボ類を見つけられず。木道をアカハラが歩いていたり、横の林でノジコやウグイスがさえずっていたり、本業?の鳥撮り向きに思えた。

 もちろんヨツボシトンボやタカネトンボが池の上を飛び回っていた。アキアカネ・シオヤトンボも飛んでいたが、それらは目的外なので、隣接する池へ移動。
 この池は名前がない。ただの湿地扱いなのか。しかし、世の中同類の士は必ずいるもの。湿地の横にしっかり踏み後。ふむふむ、この辺りで見回すと・・・。

 すぐに水色のトンボが目に入る。ラッキー!とレンズを向ける。日の当たり方もなかないいではないか。ピントが合う。あちゃ、エゾではないか。(一番上の画像)

 周囲にアオイトトンボはたくさんいたが、目的のルリイトトンボは見つからない。いるはずだが、時期が悪かったか、はたまた時間帯が悪く、林の木々の中へ入ってしまったか・・・汗がどっと出る。

 結局、雌を1匹見つけて、今日は時間切れ。ちょっと消化不良だが、ともかくトンボ探しのために線引きをした範囲内で、ルリイトトンボを見つけられたからよしとしよう。最近すっかりトンボにはまってしまった。乗鞍高原で、トンボのいる池は、あとふたつある。乗りかかった船?明日は別の池をのぞきに行こう。

 

ルリイトトンボ ♀(♂型)   2014年7月29日  長野県 松本市

ルリイトトンボ ♀(♂型)   2014年7月29日  長野県 松本市


7月28日 ・・・ 

ヤナギラン と 八チ   2014年7月28日  長野県 松本市

 ひどい「梅雨明け十日」です。いきなり猛暑になるものだから、ババ様の熱中症対策にどたばた。大人しくエアコンの利く部屋でじっとしていればいいのに、ついふらふら部屋替えなどするから・・・。
 加えて他家の葬儀まであって、黒い服を着て炎天下を歩くのは辛かった。ひどい梅雨明け十日です。

 梅雨明けと同じ日にカッコウが我が家の周りからいなくなった。鳴き声が毎日騒がしいほど聞こえていたのに、急に聞こえなくなると、なんだか寂しくなる。

 久しぶりに出かけることに。鳥は・・・と考える。午後の3時間で撮影可能なのはハリオアマツバメ、千鹿頭池の雑種ガモ、松本城のアオバズク・・・どこも、今日は気乗りせず。

 それで、高原へルリイトトンボ探しに行くことに。途中で一年ぶりに満開のヤナギランを見た。満開と言うことは、そうか、もう7月も終わるのだ・・・ふと思う。トンボが止まっていたら撮影しようと見回したが、ハチがいるだけだった。

 ルリイトトンボは、2009年にしょぼいひとコマが撮影出来ただけで、以降一度も出会っていない。是が非でも同じ池で撮影しようと、何度か通ったが、果たせぬ夢のまま。

 今日もヨツボシトンボやネキトンボはたくさんいたけれど、ルリイトトンボには出会えず仕舞い。もしかして、この池では絶えてしまったのかと想えてくる。奥にある別の池にはいるだろうが、そちらへ回るだけの時間がないので、今日は諦めて帰って来た。なにせ、1時間15分走って、1時間撮影して、1時間30分かけて戻るという、午後だけ撮影だから。
 悔しいから明日は別の池へ行くことにしよう。


ヨツボシトンボ ♂   2014年7月28日  長野県 松本市

アカセセリ?   2014年7月28日  長野県 松本市

 高原のアザミにたくさんいるアカセセリ。トンボがいないので、ちょっと脇見をしてスナップ。
 たくさんいるので、雌雄の出会いもたくさん起こる。雌の横で盛んに雄が気を引いていた。クマザサの上の恋は果たして実るのか・・・。雌は小刻みに体を震わせて、たぶん交尾を拒否したのだろう、雄は去っていった。努力もむなしく、雄君お気の毒様。


アカセセリ? 手前♀ 奥 ♂   2014年7月28日  長野県 松本市


7月23日 ゴイサギ

ゴイサギ 幼鳥   2014年7月23日  長野県 松本市

 昨日、またカルガモ色の子が3羽生まれたとメールを頂いた。あいにく庭で雑草退治の最中だったので返信出来ずじまい、すみませんでした。

 今日確認に千鹿頭池へ行ったが、待てども待てども現れず。いつも散歩で通るおじさんがヒナ1羽を見たとのこと。更に待つが、現れず。池には、雑種ガモの成鳥が10羽あまりと、ヒナ10羽を連れた「しろちゃん」がいるし、バンの親子、カイツブリの親子もいるから、ヒナ連れの親鳥は怖くて浮島の中から出て来られないのだろう。

 代わりにゴイサギの幼鳥を撮影して暇つぶし。ゴイサギは7月16日に確認して以来千鹿頭池に住み着いている。ゴイサギが住み着いたのは初記録ではないだろうか。

 16日に見たときは目(虹彩)が真黄色だった。巣の中や周囲にいるゴイサギ幼鳥の虹彩は黄色い。これは見知っていたが、飛び回る幼鳥、独り立ちをした幼鳥で虹彩が黄色い個体は見た経験がなかった。たいてい橙色をしていた。背中や翼の白い斑点がもう少し消えている、つまりもう少し成長した幼鳥は、成鳥に近い赤い色の虹彩をしていた。

 それで、一瞬アカガシラサギが頭に浮かんでしまい、しばし悩んでしまった。そもそも、アカガシラサギの幼鳥が、繁殖地から遠く離れた松本平にいるはずはない。そう知っていても、それでも日本の何処かで間違って繁殖した個体がいるのではないか・・・。都合よく、いい方向へだけ思考を進めると、ゴイサギがアカガシラサギに見えてしまい・・・。

 愚かな笑い話です。飛べばアカガシラは翼が白いから直ぐ分かるのだが、そんなことはすっかり忘れて、アカガシラサギならいいのに・・・なんて。千鹿頭池にアカガシラサギが現れた(2012年6月10日)こともあるから、夢を見てしまった。

 居着いたゴイサギの幼鳥の虹彩はだいぶ橙色になった。今からでも遅くないから、アカガシラサギに化けてくれないかしら。

 

上空のアオサギを警戒する ゴイサギ 幼鳥   2014年7月23日  長野県 松本市

 池にはアオサギがよく現れる。撮影中、上空にアオサギが現れ、ゆっくり旋回した。ゴイサギは警戒モードに入り、首を伸ばして上空のアオサギに視線を集中。アオサギの移動を目で追って、伸ばした首をゆっくりと回す。大昔、相模川で時々見た懐かしい光景だった。微笑ましいというか、思わず笑えてしまう仕草で、懐かしかった。


 「しろちゃん」の白い5羽のヒナの上嘴が異常だと前に書いたが、更に5羽は発育も遅れている。発育不全と言いたいほど。困ったというか、悲しいというか、これが現実の厳しさか。

 下の画像は一番発育の遅れた白いヒナです。奥の2羽は同時に生まれたカルガモ色のヒナです。こんなにも大きさが違ってしまった。
 カルガモ色のヒナはすでに翼の一部に第二幼羽(第1回冬羽)が揃い始めている。他に、体の半分以上が幼綿羽から幼羽に換っている。しかし、白いヒナは、まだ第一幼綿羽(黄色い羽)から第二幼綿羽(白い綿毛)に換羽が終わり、翼に幼羽がわずかに見え始めた段階。この差がやがて埋まるとよいのだが。

 様子を見続けるしかないのがもどかしい。ホルモン剤かビタミン剤でも飲ませたい気分になる。



7月22日 梅雨が明けた

食事中の キイトトンボ ♂   2014年7月22日 長野県 大町市

 昨日は、草刈り機で雑草退治など。慣れない仕事をしたものだから、腕が痺れてしまい、今日も幾分筋肉痛が残っている。それでも、梅雨が明けたと、テレビの中で予報士のねえちゃんがしきりに言うものだから、午後から出かけてしまった。

 古い格言がある。「梅雨明け10日」。梅雨明け直後の10日間は天気が安定し晴れが続くというもの。北アルプスなど山登りには好都合の期間である。高山へも鳥見に行きたいが、午後だけではとてもとても行ける山はありません。鳥見はさておきトンボ見には晴れは嬉しい。

 目的はハッチョウトンボ。一昨日、2番目に赤いトンボと書いたから、その姿をアップしなければと思い、ハッチョウトンボの居る湿原へ。鳥を探すよりハッチョウトンボの方がずっと容易だし。

 目的地に着く。機材を用意して一歩踏み出したら、足元に黄色いイトトンボがいた。超ラッキー!昨年捜し回って、ついに見つけられなかったトンボだから。青森から鹿児島まで広く分布しているトンボだから、いつかは出会えると思っていたが、いきなりのご対面、梅雨明けに感謝。テレビの中のお姉さんにも感謝。

 居るところには居るものですね。昨年は7月の上旬に訪ねたので時期的に早く、羽化前だったのだろう。今日は10匹ほど見られた。ただ、雄の成熟と未成熟だけで、雌は見られず残念だった。雌を見つけるまで通うにはちょっと遠いが、それでもあと2、3回はこの湿原へチェックに来ようと思うのでした。

 これで、松本平で見られるはずのトンボ82〜84種のうち57種を撮影出来た。「ときどきトンボ」も凝り出すと・・・。


食事中の キイトトンボ ♂   2014年7月22日 長野県 大町市

ハッチョウトンボ ♂   2014年7月22日 長野県 大町市

 ハッチョウトンボはとても小さいトンボで、体長(頭部から腹の先端まで)は、わずか2cmほどである。上の画像のハッチョウは葦の葉に止まっている。それで大きさを想像出来るだろうか。ちなみに、上の画像は実物の2.5倍ほどである。下は4倍ほど。


 雄に比べて雌は地味である。大きさは同じだが、目を見開いて周囲を端から端まで見回しても、容易に見つけられない。
 この場所にいると、昨年のデータからピンポイントの場所を特定出来るので捜し出せるが、ただ見回しただけでは、まず見つけられないだろう。
 

ハッチョウトンボ ♀   2014年7月22日 長野県 大町市

 下は仮面ライダーのような雄の正面顔である。なかなかユーモラスな顔をしている。複眼の下半分が真っ黒。これで世界が見えるのだろうか。


メスグロヒョウモン ♀   2014年7月22日 長野県 大町市

 湿原にはチョウも数種類いる。平野部では見られチョウも。「ときどきトンボ」に「ときどきチョウ」まで加えて凝り出すと、鳥のことは忘れてしまいそうなので、チョウはお遊び程度にしている。
 しかし、普段滅多に見られないメスグロヒョウモンがわらわら飛んでいると、やはりレンズを向けてしまう。

 上の雌は口吻を花に刺して密を吸っているのだろう。面白いのは目は花を見ないで空を見ていること。「明日のお天気どうだろう」って。明日も晴れですよ、梅雨が明けたのだから。

 チョウって、私が知っている数字では、日本の土着種が237、迷蝶が63種。長野県では149種が確認出来るらしい。数字は研究者によって違いはあるが、鳥に比べたら半分以下。蝶に凝るのも悪くはないか。
 トンボは私の持っている図鑑では203種だそうで、鳥に比べたらなんと少ないことか。


メスグロヒョウモン ♂   2014年7月22日 長野県 大町市

 下は名前も種族も分からない昆虫。あまり人が入らない静かな湿原は目を見開いていると、楽しいことだらけ。これで、2、3種鳥さんが現れてくれたら言うことなしだが。藪から出て来ないウグイスと騒がしいモズ、遠くの唐松林でさえずるホトトギス・・・では、ねぇ〜。
 明日は鳥見に戻らねばと思いながら湿原を出た。さて、明日はどこへ行こう・・・。



7月20日 「餌」ということば

チョウトンボ ♂   2014年7月20日 長野県 松本市

 このところ午後になると雷雨が来て、それも土砂降り。鳥見も出来ず、撮影も出来ず状態。雨降りなど何のそのですが、カメラを濡らすのは懲り懲りですから、車か家に引きこもり・・・。

 今日、今季初のチョウトンボが千鹿頭池の上を飛んでいた。30分ほど見ていたが、飛び回るだけで全然止まって休まない。飛んでいるトンボを超望遠レンズで撮るなんて、ちょっと邪道でしょうが、証拠写真を。背景が緑色なのは、ヒシが広く繁茂しているからです。

 下は、日本で真っ赤な色彩の 1、2を争うショウジョウトンボの雄です。私は、ショウジョウトンボが1番赤いと思います。ハッチョウトンボの雄も赤いが、胸に黒斑があり、複眼の下半分やあごが黒いから、ハッチョウトンボが2番目で、3番目がベニトンボ・・・と、まぁ、どうでもいいことですが。


ショウジョウトンボ ♂   2014年7月20日 長野県 松本市

 どうでもいいことついでに「餌」ということばについて。他の世界はさておき、鳥見の世界では「餌」ということばが頻繁に使われる。しかし、堅苦しく言えば用法を間違えていると言える。

 「餌」を広辞苑で引くと、@鳥獣虫魚を飼育し、または捕らえるための食物。え。「小鳥に─をやる」 A転じて、人を誘惑するために提供する利益。「景品を─に客を寄せる」
 つまり、日本語としては、親鳥がヒナに与えるのは「餌」ではなく「食べ物」である。

 しかし、言葉は変化する。現実社会は広辞苑のように堅苦しくないので、しばしば「餌」は使われる。

 「・・・(セキレイの)ひながかえり・・・餌を求めて口をぱくぱくと開けている・・」これは某ローカル新聞の記事から。もちろん人間が飼育しているセキレイではありません。これは記者が勉強不足。

 「環境庁」の「日本産鳥類の繁殖分布(昭和25年3月発行)」でも「餌」は使われている。例えば、「・・・餌は、昆虫類の幼虫の他、植物の種子を好む。」(ノゴマの説明文) お国の出版物でも「餌」は使われているが、これは浄書係のミスだろう。

 鳥類学の世界でも「求愛給餌」という専門用語が使われる。もちろん広辞苑に載っていないが、これは学術用語。だが、その説明に「求愛行動の中で、雄が雌に餌を与えることを求愛給餌と言います」(某博物館のHP)となれば、これはいただけない。

 私も、かってはたくさん「餌」使った。このHPでも数年前まで「採餌」なんて造語まで作って作文をしている。いささか反省して、最近は使わないようにしているが。

 ところで、すごいと感嘆するのは、NHKのネイチャー番組、多くはNHKエンタープライズが制作しているが、「餌」は使わない。「食べ物」とか「・・・を食べる」と表現している。民放はいろいろあります。

 NHKは統制が取れていると感心していたら、NHK長野のアナウンサーがぽろり、「餌は何を食べるのでしょう」とやった。ありゃ〜と思った。NHKもほころび始めている。

 野鳥図鑑も、きちんとしたそれなりのものは「餌」「採餌」は使っていない。立派だと思う。
 「採食」はある。だが、この単語も広辞苑に載っていない。下で書く「三国」にも。新造語である。私もたまに使うが、正しい日本語からはまだ外れている。「採餌」より少しましだが。「食べ物をとる」「捕食する」でいい。

 言葉は変化する。従って、誤った使用例でも一般化すれば、それもやがて正しい用例となる。たとえば「一所懸命」と「一生懸命」どちらも正しい用例とされている。「一所」がそもそもなのだが。

 三省堂の国語辞典、通称「三国」は、こうした言葉の使用例や変化、新語、造語などを機敏に拾い上げることで定評がある。その改訂版「七」が今年の1月に出版された。「餌」をどう扱っているか知りたくて、すぐにネットで購入した。我が家近辺の本屋さんには辞書など売っていないから、立ち読みも出来ない。
 
 「三国七」でも広辞苑とほぼ同じ記述だった。おやおや「餌」の用例は、まだ市民権を得ていない。

 いつの日か、広辞苑の説明が『B鳥獣虫魚などが捕食または採取する食べ物。「親鳥がひなに─を与える」』なんて、説明が増えるといいのだが。それまでは、「餌」は人間が与えるものである。

 夏の夜長?雷雨が去って涼しくなったので、筆が滑りました。 


7月16日 千鹿頭池物語

「ココア」 ♀   2014年7月16日 長野県 松本市
 2009年以降、千鹿頭池で「黒い」雑種ガモは4羽生まれた。「しろちゃん」と一緒に2009年に孵化した「黒い子」はその年のうちに行方不明になった。現在、画像の3羽が生存している。3羽は頭部の色が微妙に違うが、何より嘴の黒斑模様が違うので個体識別は容易である。

 「ココア」と「コーヒー」は2012年生まれの姉妹。交尾した状況から2羽とも雌と判明。それぞれ交尾した雄の雑種ガモと行動を共にしていた。「コーヒー」は今年の5月に雄と共に池から出て行ったが6月末に池へ戻った。

 「ココア」はずっと池にいて、浮島の中に籠もっていたので、抱卵しているのかと想像していた。白い雑種ガモから黒いヒナが生まれたのだから、黒い雑種ガモからはどんな色の子が生まれるか、ギャラリー皆が興味津々だった。しかし、残念ながら「ココア」繁殖をしなかった。池へ戻った「コーヒー」も繁殖しなかったと推測している。

 推測に推測を積むようだが、「黒い」雑種ガモは繁殖能力がないのではと考えてしまう。すると昨年生まれの「コーラ」も雌で、繁殖能力がないのではと、更に推測してしまう。


「コーヒー」 ♀   2014年7月16日 長野県 松本市

「コーラ」 ♀?   2014年7月16日 長野県 松本市

 雑種ガモは2007年から2012年までに38羽以上生まれている。12年で切ったのは、12年までに生まれた雑種ガモは、現在繁殖可能な年齢に達しているからである。

 しかし、実際に繁殖した雌は「しろちゃん」と「A子」の2羽だけである。「しろちゃん」とペアーになった雄は「しろちゃん」と兄弟関係の「三郎」である。「しろちゃん」の親「A子」の相手は不明だが、雑種ガモと推測している。

 同族婚姻というより、兄弟同士で繁殖行動をしているので、繁殖能力のない子が生まれる事態が生じているのだろうか。

 さらに、今年は、先にも書いたが「しろちゃん」の黄色いヒナ5羽全ての上嘴が正常でない。始めは成長過程の一時の事象かとも考えたが、どうやら5羽とも上嘴の発達が正常でないと言える。これも、兄弟婚に起因しているのだろうか。

 昨年生まれの「しろちゃん」の白い子「バター」は現在も嘴に異常は見当たらない。嘴に黒斑が現れるのは、1年以上生存した「白い」雑種ガモ3羽に共通している。

 このまま推移すると、雑種ガモは自然消滅するだろうと最近考えるようになった。雑種ガモはたくさん生存しているが、今年繁殖したのは「しろちゃん」だけだから、「しろちゃん」が欠けると、新しい子は誕生しなくなる可能性が大きい。

 雑種ガモを追いかけ始めた動機は、池にたくさん来るカルガモとの交雑が進み、メンデルも真っ青な遺伝の実験場が生まれるのではというものだった。
 しかし、そんな事態は起きなかった。どうやら、雑種ガモというひとつのグループが生まれ、現在は池を席巻する集団を形成しているが、数年後にこのグループは自然消滅するだろうと、最近考えている。千鹿頭池物語もそこで終焉することになる。今、物語は終盤へ差しかかったらしい。

 数年後の話より、嘴が異常な5羽の「白い」子が今後どうなるか、もっかの関心事はそこにあります。


今年生まれの「しろちゃん」のヒナ    2014年7月16日 長野県 松本市

昨年生まれの「しろちゃん」の子供  「バター」   2014年7月16日 長野県 松本市

バンの親子  2014年7月16日 長野県 松本市

 7月5日に生まれたバンのヒナがその後どうなったか確認したかった。しかし、浮島や池の周囲に生えているショウブやマコモの群生の中にいて、なかなか出て来ないので確認出来ずにいた。今日元気な2羽が1羽の親鳥と現れたので、無事を確認出来た。

 上の画像は、親子仲良しの図である。このままの状態ならどうと言うことはないが、期待に応えて?説明が難しい行動をやってくれた。

 親鳥が我が子をつつき、さらに、逃げるヒナを追いかけてつついた。ヒナがもっと成長すると、親鳥が自立を促すのだろう、身の回りから追い払ったりするが、まだその時期ではない。

 ヒナはびっくりしたろう。ちょっと食べ物をねだって近付いただけなのに、いきなり親につつかれたのだから。勘弁してぇ〜〜とひっくり返ったが、親鳥は許さず、追いかけてつつき、ヒナはマコモの群生の中へ逃げ込んだ。

 さて、親鳥はなぜ我が子をつついたのか・・・解けそうもない宿題がまたひとつ。



7月14日 空振り続きで

ハチクマ ♂   2014年7月12日

ハチクマ ♂   2014年7月12日

 12日の青空が一変し、梅雨空に逆戻りした。鳥撮りはだめだろうと、「ときどきトンボ」に行くが、なんと降水確率30%の場所ばかり選択してしまった。走り始めたときは雲間から青空がのぞいていたのに、現場に着くと雨が追いかけて来て、トンボも全然撮れず。。空振り続きで、鳥もトンボも画像なし。
 それで、今日は12日に撮ったハリオ以外を使うことにします。

 ハチクマはハリオを撮っているとたまに上空へ現れる。秋に白樺峠で見上げるよりは近いかも知れない。
 

カワセミ   2014年7月12日

 大き過ぎる?魚をゲットしたカワセミ。本人が食べるのか、それとも・・・。そうとう苦労しないと、この魚を飲み込めないのでは。人(カワセミ)ごとだけれど、心配になってしまう。

 撮影の練習台になってくれるツバメは幼鳥が多い。池の周囲にはたくさんの幼鳥が飛んでいる。下は尾羽がだいぶ伸び始めているので、早い時期に巣立った幼鳥だろう。撮影すると、皆しっかりこちらを見ているのが面白い。


ツバメ 幼鳥  2014年7月12日

ツバメ 幼鳥  2014年7月12日

 イワツバメもたくさん飛んでいる。そのイワツバメが水を飲もうとする瞬間は、ハリオアマツバメ同様に大口を開ける。これは、撮影して画像を見るまで分からなかった。ハリオよりずっと小さいので、双眼鏡で見ていてもよく見えないから。次は普通のツバメがどんな顔をして水を飲むか撮らなくては。


イワツバメ 幼鳥  2014年7月12日

 今日、最後の最後、16時過ぎにアオバトを見に行った。まだいるか、半信半疑で。案の定1羽もいなかったが、せっかくだからとしばらく待つことに。すると、ラッキーにも16羽の団体がやって来た。

 大磯のアオバトよりはるかに警戒心強い。少しでも動くと一斉に飛んで行ってしまう。人間が浜辺にたくさんいる状況を承知の上で海水を飲みに来る大磯とは大違い。飛んで来ても茂った木の中へ入ってしまい、なかなか出て来ない。この段階で動くと飛び去ってしまうので、車の中でじっと我慢。

 飛んでいるところが撮りたいので、三々五々降りてくる瞬間か、一斉に飛び立つ瞬間を狙うが、アオバトってこんなに飛行速度が速かったのかと今更に驚いてしまう。前回よりちょっとだけましな画像が撮れ、空振り続きで、ちょっとばかりふて腐れ気味だったったが、最後にアオバトが見られて、ちょっとだけいい日になった。


アオバト ♂   2014年7月14日


7月12日 ハリオ日和

ハリオアマツバメ   2014年7月12日

 昨日今日と晴れて暑くなった。さすれば、そろそろハリオのシーズン。7月始めに行ったときには、ハリオはほとんど飛んで来なかった。どちらかと言えば、トンボを探しに行ったのだが。トンボも今年は発生が遅いのか、少ないのか、ほとんど見られずで、2日間暇をもてあました。

 今日はハリオがたくさん来ると予想。暑いし、雨雲もないから。現地に着くと、車がいっぱい。そうか今日は土曜日だったと気付く。普段は、休日を外して平日に行くことにしている。人出が少ない方がいいから。

 着くと、いきなり知り合いと、こんにちは。あらら・・・先日アオバトでお会いして・・・。関西ナンバーの車もいて、やはり休日は混みます。

 予想通りたくさんハリオは来た。来たけれど、そうそうピシッと撮影出来ない。腕の悪さもあるが、希望の位置を飛んでくれない。やれやれ今日もただツバメを撮るはめになるのか・・・。

 そうこうしていると、知り合いの鳥写真好きが次々とおいでになる。皆さん考えることは同じらしい。この時期撮影に熱中出来る場所はほとんどないから、集まってしまうのも当然だろうか。
 
 普段は、ひとりでひそっと撮影しているが、今日はお知り合いとわいわい会話しながらの撮影。久しぶりに、楽しい撮影会に混ぜてもらった。

 皆さんこの雑記をお読み頂いているそうで、感謝、感謝だけれど、それはプレッシャーでもあるのでして。
 並んで撮影したのだから、皆さん条件はほぼ同じ。なんだ、この程度しか撮れないのかと言われそうな画像をアップするのは、度胸がいります。そんでも、アップしてしまうずうずうしさ・・・。

 今日、自分が一番気に入った画像は上の花菖蒲が咲いている「絵」です。背後にピントを取られずに、高速で飛ぶハリオを押さえるのは、私の腕では難しい。前々から狙っていたのですが、撮っても、撮っても全滅でした。今日一歩前進出来たので、アップしちゃいます。

 今日はハリオ日和でした。オオハム以来、楽しい皆様混ぜて頂きいい日でした。皆様に重ねて感謝。

 


7月11日 傷病コハクチョウのこと

今日の空   2014年7月11日  長野県 安曇野市

今日の遊水池(白鳥湖) 小さく白鳥が写っています   2014年7月11日  長野県 安曇野市

傷病コハクチョウ 左「とみちゃん」 右「ぴーちゃん」   2014年7月11日  長野県 安曇野市

 台風一過、蒸し暑くなり、夏本番が立ち現れました。信州が涼しいなんて高原の別荘地のこと。今日の松本平はしっかり32度以上。9日はしっかり35度を記録しています。汗だくで鳥見、熱中症だけは勘弁してもらいたいと、「伊右衛門はん」をがぶ飲み。

 久しぶりに白鳥湖へ行く。昨年の今頃は、メジロガモが突然現れ、とても楽しかったので、今年も・・・と。ヤナギはたくさん生えています。ドジョウもたくさんいるはずですが、2羽目の珍鳥はいませんでした。

 6月中頃に、キンクロハジロの雄が1羽現れた。キンクロでなく珍ガモだったらどんなに嬉しいか・・・そう思いました。とは言え、越夏4回目のキンクロ雄と3回目のホシハジロ雌にキンクロの雄が加わり、チェックする対象が増えて、それなり楽しくなりました。
 しかし、どちらが加わったキンクロか識別出来ず、これには困っています。 

 犀川に傷病コハクチョウが4羽います。犀川白鳥湖の遊水池に2羽、下流の生坂ダム湖に2羽。

 お読みの方が、突然白鳥の名前が変わったと混乱なさると思うので、今の状況に至るまでの経緯を書いておきます。自分でも混乱しそうです。

 この春は、遊水池に「のぶちゃん」「ふくちゃん」「ぴーちゃん」そして犀川の下流に「とみちゃん」がいた。遊水池の3羽は何度か脱走しては戻されていた。

 何度目かの脱走で、「ふくちゃん」は保護出来ず、遊水池へ戻せず。仲良しの「のぶちゃん」は後を追って犀川へ脱走。

 1羽でいた「とみちゃん」が、なんと道路をてくてく歩いていると、住民から役場へ通報があり、連絡を受けた白鳥の会が保護をした。
 イノシシや熊を捕獲する鉄の檻をセットしたら、ほとんどためらわずに「とみちゃん」は檻に入ったとのこと。保護に当たった方や、役場の方が話すには、ひとりの生活に疲れたのだろう・・・(笑)。「とみちゃん」は遊水池へ放され、現在は「ぴーちゃん」と一緒にいる。

 一方、脱走した「のぶちゃん」と「ふくちゃん」はペアリングもどきの行為をするほど仲良しで、行動を共にしていたのだろう、犀川の増水時に一緒に流されたと想像される。
 現在は犀川下流の生坂ダム湖の水鳥公園付近で生活している。

 以上が、傷病コハクチョウの現在に至る経緯です。ともかく、4羽とも元気で長生きして欲しいものです。

 

カルガモ「かも八」親子   2014年7月11日  長野県 松本市

 白鳥湖から千鹿頭池へ回る、カイツブリのその後が知りたかったので。

 「しろちゃん」のヒナは10羽とも健在だったが、カルガモ「かも八」のヒナは2羽に減っていた。水田へ出かけては、用水路にヒナが落ち、何度か住民の皆さんに救い出されていたが、ついに2羽になってしまった。カルガモのおっかさんは危機管理能力が少しばかり足りない?ようである。

 カイツブリの孵化には驚かされる。12年は1卵ずつ4日かけて孵化した。13年は2卵ずつ2日で孵化した。そして今年は、8日に3卵が孵化し、巣に残っていた2卵がなんと2日間も開けて今日孵化した。このランダムな孵化状況に驚くばかり。

 どうやら子育ては先に生まれたヒナに合わせるらしい。背中に5羽も乗せていると、そりゃ肩は凝る、腰は痛くなる?なんだろう、観察中2回全羽を水面へ降ろした。降ろすというより落としたと言う方が正確だと思う。落とすときは無作為、今日生まれた2羽を残すなどの行為はいっさいしなかった。

 水面へ「落とす」行為があったので、5羽を確認出来た。明らかに2羽は小さかった。ヒナは生まれた初日でも泳げるから問題はないが、大きな3羽と一緒に降ろされると、小さなヒナはさすがに直ぐに背中へ入りたがっていた。5羽が無事に大きくなるように。1羽の親の背中に5羽のヒナの顔が並んだ瞬間が撮りたいが、それは恐らく無理な願いだろう。
  
 

カイツブリの親子   2014年7月11日  長野県 松本市

カイツブリの親子   2014年7月11日  長野県 松本市


7月8日 カイツブリ ヒナ誕生

雑種ガモ「しろちゃん」のヒナ   2014年7月8日  長野県 松本市

 「ご飯食べに行くわよ〜〜」と池から「しろちゃん」とヒナたちが上がる。こんなとき、たいてい勝手なことをしていたり、ぼんやりしていて皆の動静やおっかさんの声を聞いていない子がいる。周囲に兄弟がいないことに気付き、大あわて。おっかあさんを呼んでピーピーと鳴く。カモも人間も似ていて、笑ってしまう。

 皆が堤に上がっていると気付き、大あわてで石積み堤を駆け上がるヒナ。「しろちゃん」は、こんなドジ坊を忘れて先へ行ってしまわない。そこがおっかさんとして偉いところ。

 下の画像。ヒナが背後の雑草の茂みで食事中に、「しろちゃん」が集合の合図をした。もちろん「しろちゃん」は草むらへは入らず、道路上で見張りをしている。
 短い声で「ぐッ、ぐッ」と鳴いてヒナを集める。草むらの中で、どこにヒナがいるかは見えないが、ヒナたちは小声で「ピー、ピー」鳴いて居場所を知らせているので、近くにいると分かる。

 何を食べたのか、口の中を泥だらけにしてヒナが集まった。しかし、3羽が草葎から出て来ない。黄色のヒナ2羽とカルガモ色のヒナ1羽が、勝手な行動を取る傾向にある。ときどき集合に遅れたり、とんでもない方向へ行ってしまったり。野良猫がいないからいいけれど、猫がいたらたちまち勝手な行動をするヒナは食われてしまう。

 全ヒナが揃うまで「しろちゃん」は集合の合図を送っていた。「しろちゃん」が数を認識出来るとは思えない。10羽いる、黄色5羽にカルガモ色5羽、人間なら即座に認識出来るが。
 「迷子」の3羽は姿も見えなければ、声も立てていなかった。「しろちゃん」は我が子が足りないと、どうやって認識するのだろう。とても不思議である。

 「しろちゃん」は全羽が揃うまで歩き出さなかった。おっかさんとして偉いところと言う前に、見ていて摩訶不思議、正直そう思った。


「しろちゃん」とヒナ   2014年7月8日  長野県 松本市

「しろちゃん」とヒナ   2014年7月8日  長野県 松本市

 皆揃ったので、帰り始める。先ほど登った石積みを降りた方が早いのだが、そこにカメラを構えた変な人間が座っているので、別方向へ向かう。全羽揃ったと「しろちゃん」は認識したのだろうか。それとも、集合の合図に、まだこっちにいると鳴き叫ぶヒナの声がしないので、出発したのだろうか。アヒル語が出来たら「しろちゃん」に聞いてみたいところだ。

 下は、池へ戻って行く「しろちゃん」家族。雑種ガモのいる風景。たいてい、太い桜の向こう側にある丸太ベンチに座って雑種ガモを見ているが、今日は珍しく違う角度から雑種ガモを見た。

 摩訶不思議な母性本能?で、ヒナを1羽も行方不明にしない。「しろちゃん」は偉いと思う。


「しろちゃん」とヒナ   2014年7月8日  長野県 松本市

 カイツブリにしてやられた。20日頃孵化するだろうと考えていたが、大外れ。カイツブリの策にしっかり騙された。

 カイツブリは、産卵後巣から離れるときには、卵を周囲に積み重ねてある巣材を掛けてから出かける。遠目に卵はないと見えてしまう。巣に座ったり、池へ出たりを繰り返していたので、まだ産卵はしていないだろうと考えていた。6月末に長く巣に座り始めたので、指折り数えて孵化は20日ころと推測していたが・・・。実は6月20日前に産卵を終えていたのだ。

 ともかく、今日、ヒナが3羽誕生した。巣にまだ2卵残っているから、明日以降ヒナが増える可能性が大である。2年続けて2日以上かけて孵化したから、おそらく今年もと考えている。

 なぜ1日で全卵孵化しないのか、これも難しい問題で、答えは分からない。単なる推測だが、たびたび濡れた巣材を掛けて外出するので、全卵が均一に温められていないからではないか・・・なんて考えてみたが・・・さて。

 下は恒例の背中に乗ったヒナに小魚を与えているところ。ヒーヒー言って高いカメラを買い直した成果。下の2枚は、大きくトレミングしています。ほとんどピクセル等倍ほどに。それでも画像が崩れない。大金はたいたのだからこのくらいは撮れなくちゃ。

 この後、背中に載せている方の親がヒナを水面へ降ろし、魚捕り係を交替した。画像で魚を与えている方の親鳥が、3羽のヒナを背中へ載せた。カイツブリは雌雄共同で子育てをする。教科書通りを見せてくれた。

 さて、明日ヒナは5羽になっているだろうか。


ヒナに魚を与える親鳥  カイツブリ   2014年7月8日  長野県 松本市

ヒナに魚を与える親鳥  カイツブリ   2014年7月8日  長野県 松本市


7月6日 なんか変だよ

雑種ガモ「しろちゃん」とヒナ   2014年7月6日  長野県 松本市

「しろちゃん」のヒナ   2014年7月6日  長野県 松本市

雑種ガモ「しろちゃん」とヒナ   2014年7月6日  長野県 松本市

「しろちゃん」の今年のヒナ   2014年7月6日  長野県 松本市
昨年の「しろちゃん」のヒナ   2013年6月28日  長野県 松本市

 久しぶりに千鹿頭池へ行く。「しろちゃん」のヒナ10羽は健在でなにより。カルガモの親子「かも八」は、池の縁で3時間見ていたがついに現れなかった。水田へ引っ越したのだろうか。今日は消息不明だった。

 「しろちゃん」の黄色いヒナ5羽の嘴が奇妙な形をしていると気付いた。なんか変だよと5羽を丹念に見る。5羽とも上嘴の発育が遅れているのか、下嘴の方が長い、変な感じの嘴をしていた。まるで、ドナルドダックの嘴のように見える。

 昨年の「しろちゃん」の黄色いヒナ(左の画像下)と比較すると上嘴が異常な形状だとハッキリ分かる。ふたつの画像は、孵化後ほぼ同じ日数を経たヒナの画像である。

 1羽ならず5羽とも同じ状態なので、カルガモ色の5羽のヒナも真剣に見る。こちらは、とくに異常は見られなかった。代表で1羽を下に載せます。

 ヒナが池の堤へ上がり食事をしたので、上手く食べられるか1羽ずつ見る。雑草の中を移動しながら何かをしきりに食べたが、問題なく採食出来ていた。取り敢えずひと安心。食べられないと、即、死亡につながるから。

 千鹿頭池の雑種ガモは同族・兄弟同士で繁殖行動をする。「しろちゃん」も兄弟の「三郎(ガード君)」との間に4回ヒナをもうけた。昨年まで13羽のヒナを孵したが、嘴がこのような個体は1羽もいなかった。近親結婚の影響が、今年の5羽に出たのだろうか。5羽の嘴が今後どのようになるか追跡する宿題が生まれた。

 

「しろちゃん」のカルガモ色のヒナ   2014年7月6日  長野県 松本市

雑種ガモ「しろちゃん」とヒナ   2014年7月6日  長野県 松本市

雑種ガモ「しろちゃん」とヒナ   2014年7月6日  長野県 松本市

バンの親子   2014年7月6日  長野県 松本市
 
 バンのヒナが2羽孵った。毎日池を見ている方に伺うと、どうやら昨日孵化したらしい。2012年は4羽、13年は6羽とヒナは多かったが、今年は2羽だけ。同じ人工浮島で繁殖したから、同じ親鳥だろうと推測している。同じ親鳥なのに、今年はヒナが少ないのは何か理由があるのだろうか。

 3日に1m50を超えるアオダイショウがいた。しかも胴が異常に膨らんでいた。バンの卵を飲んでしまったのではと半分冗談で話したが、もしかすると2羽だけの理由はアオダイショウかも。

 ヒナが2羽なので、親鳥が1羽ずつ面倒を見ている。親子4羽が揃った写真が撮りたいが、親鳥がそれぞれに移動するので、なかなか4羽揃わない。分散している方が安全であると親鳥は知っているのだろう。昨年もヒナが小さい間は、ふたつの浮島に分散していた。

 カルガモのヒナがいなくなり、寂しくなった池が、バンのヒナでまた少し賑やかになった。

 他に抱卵中のカイツブリがいる。12年は15〜18日にかけて4羽、13年は25・26日で4羽のヒナを孵した。カイツブリは23日前後で孵化するらしいから、今年は20日頃に孵化するだろうか。また、ヒナが親の背中に乗る微笑ましい光景が見られ、池が見物人も含めて賑やかになる。

 カイツブリは3年ともほぼ同じ環境、水面へ垂れているヤナギの下で営巣している。根拠はそれだけだが、バン同様に同じ親鳥が連続で繁殖していると推測している。

 7月は住居の近くで見られる鳥がぐんと減る。遠いからたびたびハリオアマツバメまで出かけられないし、ライチョウ見物に乗鞍岳まで行く時間の余裕もない。そんな状況で、千鹿頭池の雑種ガモやバン、カイツブリは嬉しい存在である。



7月5日 アカモズ

アカモズ ♀  2014年7月5日

 50年以上昔は、松本盆地のあちこちにアカモズがいて、存在数は普通のモズと50:50だった。その頃は、屋敷森や樹木がたくさん植えられていた古くからの集落が、水田や畑の中に点在している、そんな環境だった。アカモズは家の回りで普通に繁殖していた。我が家はいつもアカモズの縄張りの中にあった。

 30年ほど東京暮らしをしている間に、松本盆地のアカモズは激減してしまった。その原因は、ベトナム戦争、東南アジアの環境悪化など越冬地の変化が言われる。だが、松本盆地では繁殖地の激変が激減の原因だと思う。

 アカモズは水田地帯では繁殖しない。畑や草地で周囲に灌木がある場所を好む。我が家の庭で営巣していたアカモズは、周囲の畑でもっぱら食料を得ていた。ところが荒れ地や河川敷の林、桑畑などの畑地は、米増産の政策の元、多くが水田化された。これが減少を招いた第1歩だろうと考えている。やがて構造改善事業などで水田の何割かは宅地になり、やがて道路沿いに商業施設が林立した。アカモズが営巣していた環境はほとんど消滅した。

 我が集落も、私が留守の間に、柿やケヤキ、栗などの大きな広葉樹は切られ、畑には家が建ち・・・アカモズは渡来しなくなっていた。悪化したとは言え、まだ昭和の農村集落の体を保っているので、アカモズの穴埋めかモズは毎年近隣で繁殖している。

 それでも松本盆地で、少数が細々と繁殖をしていた。しかし、この数年でその少数も更に減ってしまった。今年はこれまでアカモズに出会えていなかった。先輩の鳥写真人に、昨年とは違う場所で見たと教わり、今日は教わった場所へ行ってみた。

 遠くの電線に、アカモズが2羽。アカモズかモズか必死で双眼鏡。目の上(眉斑)と額がハッキリ白かった。アカモズに間違いなし。証拠写真を撮りたかったが、2羽ともリンゴ園の中へ消えてしまった。待つこと10分、1羽が遠くのリンゴの枝に顔を出した。ともかく証拠写真。10コマほど撮ったところで、またリンゴの木のなかへ消えた。

 モニターで確認。一瞬モズかと思う。背中の色が地味だし、脇腹に鱗模様が・・・モズの雌?いやいや額がこんなに白いモズはいない。アカモズに違いないと考え直す。図鑑に鱗模様があると記載されているが、こんなに鱗模様がハッキリしている個体を見たのは始めてである。

 下は上の画像のトレミング。このアカモズが松本盆地での見納めになりませんように。願うばかり。

 


7月4日 アオバト

アオバト ♂  2014年7月4日

 走っていたら、アオバトが飛んでいた。梅雨の時期、松本盆地周辺の低山ではあちこち鳴き声がしている。繁殖していると思うが、木々がしっかり茂り、下草も藪になっているので、近付いて確認も出来ない。独特のアオ〜ア〜アオ〜の声だけ聞いて、「アオバト(声)」と記録するだけだった。もちろん時々飛んでいる姿も見かける。だが、撮ろうと思う前に通り過ぎてしまう。

 今日は飛び回っていたので、機材を出す。飛んでるツバメを撮影する練習は、たいてい背景の色と明るさが一定している場所だったから、そうそう露出補正をしなくて済んだ。今日は、青い山麓や曇り空、木々の緑など、どんどん背景が変わるので、露出補正が間に合わず失敗の連続。せめて晴れて青空が背景なら・・・梅雨空が恨めしい。

 それに、ツバメも速いが、アオバトの飛行速度も決して遅くない。超望遠レンズで追っていると、たちまち近付いて来て、すぐさま遠ざかる。数回練習させてもらえば何とか出来ると思うのだが。

 今日はスナップでお仕舞い。またの機会に練習させてもらおう。

 


7月3日 「修理不能」君

ツバメ 成鳥  2014年7月2日

ツバメ 幼鳥  2014年7月2日

ハリオアマツバメ  2014年7月2日

ハリオアマツバメ  2014年7月2日

カルガモ「かも八」親子  2014年7月3日  長野県 松本市

 昨年と比べると、今のところ、どこへ行ってもトンボの発生数が少ない。トンボの勉強を始めてまだ1年半なので、蓄積データも見た範囲も狭いから、どう考えてよいか分からない。年によって1、2週間の差が生じるのだろうかと素人考え。

 昨年は、ノシメトンボが6月28日に我が家の庭に現れた。今年は7月2日だった。こちらは差があるとは言えない。

 そんなこんなで、トンボばかり探していたので、鳥見はおろそか、写真も満足に撮らず。あちこち移動して、高いガソリンを無駄遣いしているこのごろ。少し反省。

 千鹿頭池のカルガモのヒナがまた1羽減った。理由は分からない。水田へ出かけて迷子になったのだろうか。それに比べると、「しろちゃん」は子育てが上手いのか、ときどき水田へ出かけるらしいが、まだ1羽もヒナが欠けていない。

 下の画像で、ヒナ一羽が飛び上がっている。千鹿頭池で時々起きる出来事です。大きな鯉がいて、ヒナの足を食べ物と間違えるのか吸い込もうとするらしい。すると、ヒナは飛び上がって逃げる。画像はその飛び上がった瞬間。ヒナもこのくらい大きくなれば鯉に飲まれることはないが。

 

雑種ガモ「しろちゃん」家族  2014年7月3日  長野県 松本市

 修理不能の1Dx が戻って来た。改めてあれこれ操作してみる。修理不能=使えない、ではないので不思議な気分。なにせ、ちゃんと撮影出来るのだから。シャッターが連続に切れて止まらない不具合も収まっているし。

 一番の障害は、バッテリーと本体との情報交換が上手く行かず、「バッテリーと通信できません このバッテリーを使用しますか?」というエラーメッセージが出ること。「はい」を選択すると、あとは普通に使える。
 う〜〜む??の状況。

 水がちゃぷちゃぷ入った70−200レンズをどうしようか考えて、各部のねじを緩めてカメラの乾燥保管庫へ入れて置いた。1週間で水気は切れた。不思議なくらい綺麗に水分が脱けた。レンズが何枚も曇った状況のままなのは仕方がないとして、オートフォーカス機能もちゃんと動くし、ピントも来る・・・。

 それで、「修理不能」に「水ちゃぷレンズ」を付けてお試し撮影してみた。上はプログラムオート、200mm。レンズが曇っているので、ソフトフォーカスフィルターを使った感じに撮れた。左上の黒点はセンサーに付いた水滴の跡。
 下は ISO 51200で撮影。雨降りの夕方で薄暗い。当然ノイズは出る。画像の2分の1ほどを取り出してある。

 これだけ撮れるなら、使用目的を限定すれば、わたし的に言えば「写真でない写真」を撮るには十分使える。別な見方をすれば、7Dよりよほど使えそう。

 どうも、1Dx が2機になったようだ。急いで購入してしまった・・・やや複雑な気分。明日以降、「修理不能」君をもっとテストしてみよう。



7月1日 さしたることもなく

エゾイトトンボ ♂(上) ♀(下)  2014年6月30日  長野県 松本市

エゾイトトンボ   2014年6月30日  長野県 松本市

 1年の半分が終わっちゃいました。「光陰矢のごとし」でしょうか。あわただしく1日が過ぎて行く・・・ただただ日々を送る毎日。しかし、今更じたばたしても仕方がないから、鳥を見て、空を見て、それでいいじゃないかと思う。世の中きな臭くなっても、空は変わらない。鳥も変わらない。

 6月はサンコウチョウの巣立ちに立ち会えて幸せでした。カメラとレンズをスクラップにしてしまい、とても不幸でした。「禍福はあざなえる縄のごとし」を地で行った感じです。そう、カメラも「修理不能」のご神託を頂きました。キャノンの策略にはまったかなと邪推しながら、また買ってしまった。まぁ、電柱に衝突して車を全損したと思えば安い失敗だったと思うことに。

 ルリイトトンボを探しに行ったのですが、トンボ自体がとても少なくて、くたびれただけでした。ライトブルーのイトトンボを見るたびにハッとしたが、ぜんぶエゾイトトンボでした。

 ルリイトトンボは一度だけ出会った。そして、ひとコマだけ撮れた。もっとしっかりした画像がたくさん欲しいので、出会った場所へ何度か行ったが、再会は叶わずのまま。
 キイトトンボも探しているのですが、こちらは未だに出会えず。図鑑によると松本平でも生息しているはずなのだが。

 トンボは、それこそ遠方の有名な蜻蛉池へ行けば何種も見られでしょう。しかし、松本平で見つけるというこだわりがあるので、悪あがきをしています。一応、降った雨が松本平(犀川)へ流れ込む範囲、つまり分水嶺内で探すことにこだわっています。

 しかし、西は槍や穂高、乗鞍に上高地、東は美ヶ原、北は仁科三湖、南は木曽路の入口までと、めっぽう広いので、とても全体は回りきれず。この範囲内で、図鑑で広うと83種見られるらしい。現在まで56種まで撮影したから、もう一踏ん張りなのだが、残ったトンボはレアものばかりなので、83まで辿り着くのはいつの日か・・・です。

 トンボに出会えないので、今日はツバメを見に行く。そろそろハリオツバメが水を飲みに池へ来る時季なので。


ホソミオツネントンボ ♂   2014年7月1日

ツバメ 幼鳥   2014年7月1日

 ハリオアマツバメは天気が悪いと現れない。どうも、雨雲の中を飛んで、水浴びや水飲みの用を足すらしい。これが正しいかは分からないが、実際に厚い雲で上空が覆われると、ハリオは来ない。ただのツバメは小雨の中でも水浴びをするのだが。

 池へ来るのは、ハリオの気分次第。いつ来るか分からないハリオを待ちながら、暇だからツバメでピント合わせの練習。久しぶりにツバメと対決したので、ぜんぜんピントが合わず・・・これじゃハリオが来ても、1枚も撮れないかもと、少し暗くなる。


ツバメ 幼鳥   2014年7月1日

 さんざん待たされた。せっかくの青空が雲に覆われ始める頃にハリオはやって来た。しかし、ピンカンの晴天でものすごく暑い、そんな日ではなかったので、1回水を飲んだだけで飛び去る個体、上空を周回しただけで去ってしまう個体、水浴びを2回しただけで飛び去る個体・・・ぜんぜん撮るチャンスがない。いらッとする間もなく雨が降り始めた。最近の気象予報はよく当たる。
 まだ7月始めだし、今年初めての挑戦だから、こんなものかと諦める。

 かくて、さしたることもなく、私の今日は終わった。世間的には、後から振り返れば、今日が大きな変節点だったとなる、そんな日かも知れない。のんびり鳥見などしていて、ちょっとは後ろめたくもあり・・・

 

ハリオアマツバメ    2014年7月1日

ハリオアマツバメ    2014年7月1日

6月 ホームヘ 8月