私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


7月 ホームヘ 9月

8月31日 まだ幕は下りず

栗の実のるころ アオバト 幼鳥  2014年8月31日  長野県 安曇野市

 アオバトと実った栗のコラボを何とかものに出来ないかと、ときどき狙いに行くが。とても邪魔なやつがいて、未だ想う写真が撮れず。

 信じられないほどたくさんのアオバトがいる。20羽、30羽、あるいは5羽と飛来して、多いときには100羽ほども集合する。30分から40分かけて三々五々と集まるのだが、多数が集合し、栗の枝先に止まる個体も現れる頃合いにオオタカが突っ込む。アオバトは散り散りに逃げてしまい、また30〜40分かけて集合、そしてオオタカが・・・この繰り返し。最近はノスリの幼鳥まで現れる始末。

 栗の実が緑色のうちに1枚決めたいのだが。枝先に止まった、よしよしとピント合わせをしていると、オオタカが・・・。オオタカだけ追っ払う方法はないだろうか。


アオアシシギ 幼鳥  2014年8月31日  長野県 安曇野市

 「つかの間のシギシーズンの第1幕は終わったのかも」と29日に書いたが、どっこい今年はシギの飛来が少し多い。まだ幕は下りていない。

 「チンピラ幼鳥」のいるセイタカシギ5羽の群は占有したはずの休耕田だけでは物足りないらしく、あちこち飛び回っている。この2、3日は長径6km、短径1kmの楕円の中を移動している。伺った目撃談から5羽が飛び回っていると確認出来た。彼らはしばらく逗留するつもりらしい。

 遠くて識別出来なかった1羽をやっと近くで見られた。バフ色の羽縁がほとんど見えないが、羽を開いたら、初列・次列風切とも先端が白く、少しだが雨覆のバフ色も見えた。3羽のチンピラ幼鳥との関係は判らないが、この個体も幼鳥でいいだろう。5羽は行動を共にしているが、家族だと言い切るには、どんな証拠を揃えればいいのだろう。(なんで「チンピラ」かは27日の雑記をお読み下さい。)

 

アオアシシギ 幼鳥  2014年8月31日  長野県 安曇野市

 28日から今日までの間、アカエリヒレアシシギとタカブシギが降りていたらしいが、私は確認出来なかった。早朝にいたらしいが、私が午後から出勤したときには、すでに見当たらなかった。とにかく、ぽつぽつとだが切れ目なく新たなシギが現れるので、まだ第1幕は開いたままです。
 

 昨日1羽、今日2羽のアオアシシギの幼鳥が降りた。昨日のアオアシは見ていないので、今日の2羽の1羽が昨日からいた個体かは判らない。アオアシが来たからには、次は脚の赤いやつが・・・と欲が出るのですが。コアオアシでもいいし。

 アオアシがいると連絡を下さった皆さんに感謝。連絡をいただかなかったら、アオバトの所でオオタカを呪いながら、今日は終わっただろうから。2羽並んだ、ちょっといい絵も撮れたし。

 アオアシを撮っていたら、目の前にギンヤンマの連結が飛んで来て、産卵を始めた。何度も撮影したシーンだが、それでも「ときどきトンボ」心がくすぶっているので、有り難くスナップさせてもらった。

 

産卵中のギンヤンマ  2014年8月31日  長野県 安曇野市


8月30日 悲しきカイツブリ

カイツブリ  2014年8月29日  長野県 安曇野市 御宝田池

 カイツブリが抱卵している。8月24日頃に産卵したと写友から聞いている。安曇野で一番遅くに産卵した記録と思う。8月下旬に営巣して、はたしてヒナは孵化するだろうか。孵化したヒナは育つだろうか。心配である。

 ここに至る経過は悲劇である。この初夏。御宝田池にカイツブリがふた番いて、それぞれが営巣を始め、しっかり産卵もした。この雑記帳でも巣作り中のひとつ番を5月22日に紹介している。ふた番とも無事産卵したのだが、何者かに卵を取られてしまった。犯人はイタチかアオダイショウか・・・そんなところだろうが、不明である。悲劇はここから始まる。

 卵を取られたふた番のカイツブリは再び産卵した。そして再び何者かに取られてしまった。私が知っているのは2度産卵した所までである。2度失敗すればもう今年は産卵しないだろうと思いチェックに行かなかった。他の鳥の追っかけで忙しかったし。

 後日、知人からひとつの巣では、2度でなく3度産卵したと聞いた。そして3回とも何者かに取られてしまい、卵はなくなったとのこと。

 画像のカイツブリが3度卵を取られた個体なのかは判らない。しかし、8月下旬に抱卵を開始するのは、松本平では「普通」な状態ではない。おそらく卵を取られて営巣に失敗したどちらかの番が最後のチャンスに掛けているのだろう。しかし、いまごろ抱卵しなければならないなんて悲し過ぎる。無事にヒナが誕生し、育てばよいのだが。

 


8月29日 セイタカシギのこと

メジロ  2014年8月29日  長野県 安曇野市

 昨日いたツツドリを捜しに行ったが、影も形もなく、昨日見たのは夢、幻だったのかと思えしまう。まもなく数羽のツツドリが通るはずだから、撮影はその時まで待つことに。
 それでも一応雑木林内をチェック。出会えたのは、メジロ・カラ類とヒヨドリ。小さな鳥はいつ見ても可愛い。
 

エナガ  2014年8月29日  長野県 安曇野市

 休耕田もチェックしたが、マガモ・カルガモとバンの幼鳥だけだった。5羽のセイタカシギをもう少し観察したかったのに。飛来してまだ4日目だし、先客を追い出して休耕田を独占したはずだから、まだ旅立つには早いと思い、どこかにいるのではと付近を回ったが見つけられなかった。

 つかの間のシギシーズンの第1幕は終わったのかも。また荒れ模様の天候になって、飛行困難になったシギが降りるといいのだが。悪天候を期待するのは、やはり不遜かな。


バン 幼鳥  2014年8月29日  長野県 安曇野市

 27日にセイタカシギについて書いたが、私よりずっとセイタカを観ている鳥見人さんから「成鳥じゃないでぇ〜」と、ご指摘が来た。下が問題の画像(再掲)。幼鳥に見えないから成鳥で・・・と安易に判断し、書いてしまった私の知識不足でした。


セイタカシギ  (24日からいると思える個体) 2014年8月27日  長野県 安曇野市

 問題の個体が歩いているところ。脚の色がやや薄いが、成鳥に見えた。それで成鳥雄と考えてしまったので、それ以上細かく観なかった。それが失敗でした。風切羽を観るより、体がうすくピンク色をしている方が気にかかり、セイタカシギって夏羽はこんな色をしていたっけ?そちらの方に思考と記憶の再生が進んでしまい、細部の検討をおろそかにしてしまった。


セイタカシギ  (24日からいると思える個体) 2014年8月27日  長野県 安曇野市

 指摘は、風切羽の先端が初列(@)も次列(B)も白い。また、初列風切(A)が換羽中である。今の時期に、この状態なのは、成鳥ではなく、第1回夏羽から第2回冬羽に換羽中の個体である、というものです。
 ご指摘通りで、私の浅知恵が恥ずかしい限りです。

 下は同じ日に撮影した幼鳥。比較のために揚げます。上の画像と色が違うのは、撮影時のホワイトバランスの違いによるものです。

 

セイタカシギ 幼鳥  2014年8月27日  長野県 安曇野市

 下は問題の個体の背面です。雨覆に幼鳥の雨覆に見られるバフ色の羽縁はないが、風切羽の先端は背面から見ても白がハッキリしている。

 鳥見界では、用語の使い方を
 「幼鳥」は「第1回冬羽になるまでの、全身が幼羽の状態」の鳥
 「若鳥」は「第1回冬羽根になってから成鳥羽になるまで」の鳥
 「成鳥」は「成長過程で羽衣の変化が起きない年齢に達した」鳥
と整理している。

 これに従い、正確に記すなら、問題の個体は生まれて2年目の「若鳥」とすべきでした。
 

 参考までに、ストックをかき回して、同じように翼を伸ばしている成鳥の画像を探し出しました。雌雄の夏羽は色合いに差があり、雌は雄のように光沢がなく黒褐色をしている。雄頭部の黒色部は個体差が大きいが、雌は白またはわずかに灰黒色部がある程度とされている。

 ご指摘のおかげで、セイタカシギについて勉強し、鳥さんの識別は奥が深いと改めて認識しました。鳥見人さんに感謝です。


セイタカシギ 成鳥 雄  2008年4月2日  沖縄県 与那国町

セイタカシギ 成鳥 雌  2009年6月2日  三重県 松坂市


8月28日 クルミの実る頃

スジグロシロチョウ ?  2014年8月28日  長野県 安曇野市

 昨日残した宿題を片付けに休耕田へ行く。ところが、セイタカシギどころか鳥が1羽もいない。しつこく双眼鏡するが、カモさえいない。ひとつ推測出来るのは、カモやシギがぞろぞろいれば、捕って食おうと考えるやつがきっと現れるということ。そう、オオタカがかき回してしまった後に私が行ったのだろう。

 何もいない休耕田の横で、当てなく待つのは時間の無駄遣いなので、通常の鳥見コースを回ることに。

 犀川の上をミサゴが飛んでいた。川は水量が多く、瀬がほとんどない状態だから魚捕りが難しそう。8月下旬になると、渡り途中と思えるミサゴが現れ始める。今日のミサゴもその1羽だろう。

 シギが来て、ミサゴも来たから、そろそろ雑木林でも渡りのシーズンが始まる。通過するセンダイムシクイやオオルリの幼鳥などが見られる。今日は何に出会えるかと目を凝らしていたら、杜鵑(とけん)が1羽すっと現れ、すっと消えた。たぶんツツドリだと思い、再度のお出ましを待つ。

 待つ間、暇なので飛んでるチョウで撮影練習。黒い背景に白い花と白いチョウ、前ボケも入れて・・・一応絵心はあるが、思うように撮れないのが飛んでいる、ちょうちょ。

 この白いチョウは、スジグロシロチョウと信じていた。夜図鑑を開くと、う〜む・・・。実はアマゾンの商売上手に載せられてチョウの図鑑も買ってしまった。なんと7000円もはたいて。持っているポケットサイズの図鑑ではときどき判らないチョウがいるので。

 A4版の分厚い図鑑はチョウ1種ごとにたっぷり解説がされている。とても嬉しいのだが、読んでもちんぷんかんぷんで全然解らない。素人には難し過ぎる図鑑だ。

 松本平にはエゾスジグロシロチョウとスジグロシロチョウがいて2種はよく似ているので、素人にはぱっと見では判らない、ここまでは知っていた。画像の白いチョウはどちらかなのだ。

 ところが、図鑑を開くと、エゾスジグロ・・・群を検討した結果、エゾスジグロ・・・は北海道に分布し、本州以南の群はヤマトスジグロシロチョウとして独立したという解説。すると、撮影した白いチョウはヤマトスジグロ・・・かスジグロシロチョウかになるわけで・・・世の中進んでますね。チョウの追っかけはしない方がいいみたい。トンボよりずっと難しい。

 

スジグロシロチョウ ?  2014年8月28日  長野県 安曇野市

スジグロシロチョウ ?  2014年8月28日  長野県 安曇野市

メジロ   2014年8月28日  長野県 安曇野市

 ツツドリ?は再度現れなかった。センダイムシクイもオオルリやキビタキなども出なかった。クルミの実る頃、いつも彼らが通過し、続いて、杜鵑・エゾビタキやコサメビタキが現れる・・・手順はそうなっているのだが。

 現れたのは数羽のメジロだけ。小群で現れるメジロも、たぶん渡りの途中だろう。虫を探したり、エノキの実を食べたり、しばらく飛び回り、やがて林に消えた。

 クルミの実とオオルリの幼鳥なんて組み合わせ、いいじゃな〜いと皮算用していたが・・・。メジロがクルミの葉1枚につかまって、お得意の芸を見せてくれた。今日はメジロの芸を見て満足しなさいという日だったらしい。

 

メジロ   2014年8月28日  長野県 安曇野市

 夕方、再度休耕田へ行く。チュウダイサギ、コサギ、チュウサギとセイタカシギ5羽がいた。セイタカは何処かにいて戻ったのだろう。

 居合わせた写友によると、朝にはセイタカは6羽いたとのこと。昨日想像した通り、24日からいた1羽は追い出されてしまったようだ。

 宿題を片付けるべく、セイタカを1羽ずつ見ていく。5羽は昨日と同じ顔ぶれに間違いなし。雌か幼鳥か分からなかった1羽の正体が宿題だった。30分ほど見ていたが、相変わらず近くへ来ないので、虹彩の色まで確認出来なかった。しかし、雨覆に幼鳥のような斑点がないから、雌でいいのではと、今日はそこまでの結論。ダイサギの横にいる個体が雌と考えられる。

 つかの間のシギシーズン、次はタカブシギかアオアシシギが来るだろうか。それとも、クルミにセンダイムシクイかツツドリが来るだろうか。松本平は夏が終わり、秋になった。


5羽のセイタカシギ と コサギ(左) チュウダイサギ(右)   2014年8月28日  長野県 安曇野市


8月27日 どうみてもトウネン

トウネン 成鳥  2014年8月27日  長野県 安曇野市

 きのう写友からセイタカシギが6羽になったと連絡をもらった。雨降り、それも少し強めの雨降りだったから、セイタカ以外のシギが休憩に降りている可能性もある。
 何もなければ直ぐに行くのだが、暇人の割りには雑用があって、確認は今日の午後に回さざるを得ず・・・我が身を我がためにだけ使える日はいつになったら来るのだろうと考えてしまう。

 休耕田に着くと、まず2羽のシギが目に入った。1羽はクサシギ。もう1羽は・・・もしかしてヨロネン君ではないか!クサシギは後回し。早速小さなシギを撮影。願いかなってヨロネンが・・・とは行かなかった。どうみてもトウネン。もう少し足を長くて、嘴も気持ち長くて、先がもっと尖っていたら、ヨロネンなのだが。

 この地に降りるトウネンのほとんどが幼鳥なのに、今秋の1羽目が成鳥だなんて、やはりこの秋はラッキーが多そうだ。冬羽に換羽中のトウネン成鳥をこの地で見られるのは希なことだから、感謝しなくては。

 トウネンも2日以上は逗留しないから、明日はもう会えないだろう。元気に旅を続けておくれ。


トウネン 成鳥  2014年8月27日  長野県 安曇野市

セイタカシギ 若鳥 (24日からいると思える個体) 2014年8月27日  長野県 安曇野市

 セイタカシギは確かに6羽いた。小さなシギたちに比べると、セイタカは長逗留で、休耕田の水が干上がりさえしなければ、4、5日はいるはず。トウネンが遠くへ行ってしまい撮影不可能になったので、セイタカを見る。始め6羽の関係がつかめなかった。2羽が雄の成鳥で、4羽が幼鳥だろうと識別した。成鳥1羽は見覚えのある色をしていたので24日からいる個体ではないかと思えた。

 ※ 緑字は 後日追記・訂正
 24日からいた個体は「成鳥」ではなく「若鳥」です。29日に関連の記載あります。以下緑字の「成鳥」は「若鳥」です。


 3羽は第1回冬羽に換羽中だが、まだ幼羽が残っているので、今回は若鳥でなく、幼鳥と呼ぶことにする。

 しばらくすると、幼鳥3羽が24日からいる成鳥に威嚇・攻撃を始めた。休耕田から追い出そうとしているらしい。何度も成鳥を追ったり、蹴りを入れて攻撃した。後から来たのにずうずうしいやつらである。しかし、数の多い方がどうしても優勢で、24日からいる成鳥は逃げ回っていた。

 以下は、セイタカシギの喧嘩のやり方である。

 

セイタカシギ 幼鳥  2014年8月27日  長野県 安曇野市 

悪いことを相談している3羽のチンピラ幼鳥

 上の画像の3羽が攻撃をした幼鳥。

 下の画像は、4が24日からいると思える雄成鳥。幼鳥1、2が4を畦まで追い出した。盛んにピィピィッ、ピィピィッと鳴いて威嚇しているところへ、もう1羽の雄成鳥3も加わり、4を追い出そうと威嚇しているところ。
 この行動から、どうやら3は幼鳥3羽の親鳥らしいと推測出来る。

 もう1羽いる幼鳥と見えた個体は、こうした争いにはいっさい関わらず、離れた場所で採食をしていた。遠くてしっかり識別出来なかったが、幼鳥と考えた残りの個体は、雌の可能性もある。これは明日再度確認しよう。

 休耕田に雄成鳥が1羽いたところへ、雄成鳥とその子供の幼鳥3または4羽が飛来。前からいた1羽を追い出し、休耕田を占有しようとしている。これが6羽の関係と見た。

 蛇足ながら、休耕田にはカルガモとマガモが30羽ほど常時いる。またバンの幼鳥・ハクセキレイの幼鳥もいるし、ときどきチュウダイサギやアオサギもやって来る。広い水田地帯に、水の入った休耕田は2枚あるが、なぜか鳥たちはこの休耕田のみに集まっている。この状況を上空から見てシギはここへ降りるのだろう。


「踏みつけ攻撃」をしている セイタカシギ 幼鳥  2014年8月27日  長野県 安曇野市

 セイタカシギの攻撃方法は、蹴りを入れるか、上から踏みつけるかで、ときには嘴でつつくが、つつく攻撃は少ない。

 攻撃をかわす(受ける)側は、水面にはいつくばるようにして蹴りを避けるが、それをいいことに攻撃側は上から踏みつける。上の画像が踏みつけているところ。下の画像がつついているところ。


突き攻撃をしている セイタカシギ 幼鳥  2014年8月27日  長野県 安曇野市

 下は踏みつけ攻撃の連続シーンです。成鳥の奥に幼鳥が1羽伏せているが、これは先に攻撃をしたが失敗した幼鳥で、続いて飛来し攻撃した別の幼鳥の踏みつけを避けるために伏せている。



8月25日 虹彩

アオバト ♂ 成鳥  2014年8月25日  長野県 安曇野市

 シギを見に行くが、セイタカシギしかいなかった。伝え聞くところに寄るとヒバリ君は今朝はまだいたらしい。ヒバリシギは長くても2日間は逗留しないから、出会えたらラッキー。ヒバリ君、今頃は愛知県の藤前干潟か三重のボラ池あたりで休憩しているのでは。

 つかの間のシギシーズン、ラッキーなヒバリシギから始まったので、なんとなく「珍」なシギが現れるような予感が。ジロネンは安曇野で出会っているから、次は是非ともヨロネンが・・・。

 まだアオバトが群でいると写友から教わったので、シギ探しの後、帰路に寄ってみた。確かにまだ50羽ほどが群れていた。
 
 

アオバト ♂ 成鳥  2014年8月25日  長野県 安曇野市

 アオバトの虹彩は外側が赤色で内側が青色の二重、眼瞼と嘴はコバルトブルーというのが標準的な説明。そこまでハッキリと双眼鏡では見られないから、近くに来た個体を撮影、頭部を揃えてみた。もちろんトレミングした画像です。何羽か撮ってみたが、標準的な説明にぴったしの個体は撮れなかった。上の画像が一番近いだろうか。

 黒っぽい鈍い色をした個体が多かった。この時期幼鳥が多いからだろう。小雨覆に赤紫色が出始めていたので雄の幼鳥だと判ったが、雌の幼鳥はよく判らず。

 アオバトが50羽も群れていたら、当然食ってやろうと思うやつが現れる。ドバトの群と同じなのだから。

 雌の幼鳥を探している最中、オオタカが飛来、群は飛散し、小グループに分散して彼方へ飛び去った。1羽も捕まらなかった。「や〜い、ざまあみろ」とオオタカに言ってやった。

 写友がアオバトをむんずと掴んでいるオオタカの写真を、同じ場所撮っているから、オオタカが来るのは想定内だったが、私が楽しんだ後で狩りをして欲しかった。

 

アオバト ♂ 幼鳥  2014年8月25日  長野県 安曇野市

アオバト ♀ 成鳥  2014年8月25日  長野県 安曇野


8月24日 つかの間のシギシーズン

高みの見物を決め込む アサヒナカワトンボ ♀ 無色翅型  2014年8月24日  長野県 安曇野市

 3日間アサヒナカワトンボの勉強をした。シーズン末期なので、たくさんの個体を見られなかったが、3日間で5匹を確認できた。3か所のたぶん産卵しただろうポイントも確認し、来年、しっかり撮影するためのデータは集められた。

 カワトンボはニホンもアサヒナも同じ行動をする。低い場所よりかなり高い場所で休憩していて、雌は産卵しに細流へ降りて来る。このとき、近くに雄がいると、雄も足元まで降りて来る。雌雄とも危険を感じると、すぐさま高い場所へ飛んでしまう。上の画像のように、下でウロウロする人間を気持ちよさそうに見下ろしている。悔しいことに、何度も見下ろされた。この状態では撮影出来ず、お手上げ。

 カワトンボの追っかけは、来年に再度するとして、雨も来たので、谷間から出た。

 

アサヒナカワトンボ ♀ 無色翅型  2014年8月24日  長野県 安曇野市

ヒバリシギ 幼鳥  2014年8月24日  長野県 安曇野市

 谷間から水田地帯へ回る。そろそろシギが現れる時期だから。水が張られた休耕田が年々少なくなり、フィールドにしている地域にはほんの数枚しかない。そこへ、ごく短期間、ごく少数のシギが休憩に立ち寄ってくれる。越冬するタシギをのぞいて、渡りのシギが20羽も降りると、大賑わいと言える。だが、最近そんなことは起きない。

 休耕田に着くと写友の車が止まっていた。これは何か出ていると双眼鏡する。遠くにセイタカシギが1羽、近くにヒバリシギが1羽、タシギが3羽・・・。この地では上出来な数である。

 ヒバリシギは毎年8月末から9月上旬に1、2羽の幼鳥が現れる。毎日24時間の監視はしていないので、見落としもあるだろうが、とにかく毎年見られる貴重な存在である。今年も、来てくれて感謝である。大喜びでいっぱい撮ってしまった。つかの間のシギシーズンが始まった。


シャッター音に振り返った? ヒバリシギ 幼鳥  2014年8月24日  長野県 安曇野市

一応隠れたつもりの ヒバリシギ 幼鳥  2014年8月24日  長野県 安曇野市

水浴び中の ヒバリシギ 幼鳥  2014年8月24日  長野県 安曇野市

 現れるヒバリシギは、なぜか幼鳥ばかりである。また春の渡り期には現れない。セイタカシギもほぼ1羽で現れる。4羽の団体を見たのは1回だけである。ただ、セイタカシギは春にも現れる年もあるし、成鳥も幼鳥も現れる。ことしも律儀に来てくれた。

 セイタカシギは各地でたくさん見ているので、感激の度合いは低い。とは言え、とにかく撮ってしまうのは、飛来するシギが少ないから、ストレスが溜まっているからである。セイタカ君にも感謝。

 

セイタカシギ  2014年8月24日  長野県 安曇野市

タシギ  2014年8月24日  長野県 安曇野市

 タシギは安曇野で越冬している個体もいるが、この時期現れる個体は渡り途中の休憩組だろうと推測している。タシギが現れると、別のジシギ、オオジシギ・ハリオシギ・チュウジシギであってほしいと、一瞬期待し、すぐさまがっかりする。これもタシギだ・・・。今まで安曇野でタシギ以外は見たことがない。いつの日か、安曇野でチュウジシギが見たいのだが。

 草の中に頭だけ見えたジシギ、もしやタシギ以外の・・・期待して見続けていたら、数歩前へ歩いて尾羽を開き、「ほらッ、よく見なさい。私はタシギよ!」だって。ジシギの識別は開いた尾羽が一番の決め手になる。ただ、そう簡単に尾羽を開いてくれないから困るのだが。

 つかの間のシギシーズンが始まった。ときどきトンボは中断して鳥馬鹿に戻らねば。トンボ見は雨が降ったらお休みだが、シギ見は雨天決行だから、ちょいと忙しくなる。次に会いたいのはジロネン君(オジロトウネン)かヨロネン君(ヨーロッパトウネン)なのだが・・・。


タシギ  2014年8月24日  長野県 安曇野市


8月22日 ラッキー3個

アキアカネ   2014年8月22日  長野県 安曇野市

オオシオカラトンボ ♀   2014年8月22日  長野県 安曇野市

 さっそく教わったアサヒナカワトンボのいる谷川へ出かける。カワトンボ類は出現期のピークをすでに過ぎている。やや時期遅れと知りつつも、この8月15日頃見たという写友の言葉に押されて。

 下界は気温が34度を超え、残暑が厳しかったが、北アルプスの裾野へ入るとにわかに涼しくなった。谷川沿いの林道は更に涼しく、避暑に来ているアキアカネが群れ飛んでいた。

 始めはアキアカネ以外にヒメアカネでも紛れていないかと、近くにいるトンボをチェックしていたが、あまりにもたくさんいたので、飽きてしまいチェックはやめた。目的はカワトンボなのだから。

 教わったピンポイントの場所にはアキアカネ以外いなかった。付近を歩いてみるが見当たらず。その場所は10分で諦める。

 アサヒナカワトンボとニホンカワトンボよく似ていて、識別がむずかしい。図鑑によると「腹部第1節の棘」が有力な識別ポイントになるらしい。ただ、私のトンボ見をしている松本平の範囲で、ニホンカワトンボは北部の狭い範囲にしか分布していないと図鑑が言うから、今日の谷川にはいないはず。出会ったら、まずアサヒナだろう。もしニホンだったら、新発見!となるかも。

 6月に別の場所でもアサヒナを見ているから、生息していそうな環境は判る。それで、谷川沿いの林道をさらに上流へ進む。林道沿いにオニヤンマが何匹も飛行しているが、オニヤンマはパス。

 カワトンボがいそうな場所を見つける。なぜかオオシオカラトンボの雄がはしゃぎ回っている。こんな所にもオオシオカラがいるのだと思いながら、目で追っていたら、なんと雌が止まっていた。雌がいるので雄が飛び回っていたのだ。

 オオシオカラの雌が撮りたくて別の場所へ数回行ったが、未だ果たせぬ夢だった。思わぬ所で出会えてラッキー!後から数えるとこれが1個目のラッキー。

 しばらく雌を見ていたら、飛び立って林道を流れるわずかな水に産卵を始めた。ますますラッキーと撮影に没頭。しかし、飛んでるトンボは、まして小刻みに動く産卵行動中のトンボの撮影は難しい。70−200mmレンズでいけないならと、車中の短いレンズに交換しようと立ち上がった。瞬間、何かが視界の右斜め上方を横切った。


オオシオカラトンボ ♀   2014年8月22日  長野県 安曇野市

 最近は、トンボ見に傾倒しているが、そもそもは鳥見人。視界を横切った影が小さな猛禽だと直ぐに判断。木立の間を透かして見ると、いや〜ほんとにお久しぶり!ツミの幼鳥が止まっていた。2個目のラッキー。君は渡りの途中だろうか。白樺峠を目指しているのだろうか?

 600mmレンズを使っていたら、バッチし撮れる場所に止まってくれたのに、70−200を使用中。悔しいが、ツミ君、車へ戻って600に付け替えるまで待ってはくれないだろう。後で大きくトレミングするしかないと諦めて70−200で記念撮影。こんな出会いは、残りの人生にもうないかも知れない。


ツミ 幼鳥   2014年8月22日  長野県 安曇野市

 ツミは直ぐに林の奥へ飛んで行き、カメラのモニターを見ると、5コマだけだが、ちっちゃく写っていた。嬉しさ半分、悔しさ半分・・・まぁ、人生ってこんなもの。ツミ君に感謝。

 林道を更に詰める。またカワトンボの好きそうな細流を見つけた。車から出て周囲を見回す。カワトンボだから、流れの中の石にでも止まっていれば見つけやすいが、まずそんな偶然には出くわさない。たいてい近くの木々の葉や、茂った下草などに止まっている。

 大きなアブが私をかぎつけて、2匹も顔の周りを飛び回り、うるさいなんてものじゃない。追い払おうと大きくて腕を振り回したら、へろへろとトンボが飛び出した。

 気づけなかった自分が悪いのだが、近くにカワトンボがいたのだ。カワトンボは飛んで、撮影にはとても不向きな場所へ止まってくれた。たぶんアサヒナカワトンボ。とにかく証拠写真。とにかくカワトンボを見つけられて3個目のラッキー。

 この後、カワトンボはとても暗い日陰の中へ入ってしまい、撮るには撮ったが、出来は真っ黒な逆光写真。ただ救いは、夜にパソコンで拡大して見たら「第1節の棘」だけが輝いて写っていた。写真は不出来でほぼ全滅。ただ、アサヒナカワトンボの雌は始めて見たから、3個目のラッキーが3.5個に膨らんだ。

 アサヒナカワトンボがいるポイントが確認出来たし、ほかに2個もラッキーが拾えたから、今日もいい日だった。下の画像ふたつは恥ずかしい出来なので、アップしたくないが、一応証拠ということで。


アサヒナカワトンボ ♀ 無色翅型  2014年8月22日  長野県 安曇野市

アサヒナカワトンボ ♀ 無色翅型  2014年8月22日  長野県 安曇野市


8月21日 今日もトンボ見

ノシメトンボ   2014年8月21日  長野県 安曇野市

 気温は30度を超え、今日も汗が滴る。残暑というやつ。日照と暑さがなければ稲は不作になるから、トンボ見などしている暇人が不平を言うのはおこがましいが、そろそろ暑さも収まって欲しいものだ。
 ノシメトンボ、秋の代表トンボが平野部でも増えて来た。逆立ちするノシメトンボの向こうは、もう夏の空ではない。


コオニヤンマ と アリ   2014年8月21日  長野県 安曇野市

 今日の面白出来事。

 コオニヤンマが農道で昼寝?をしていた。そこへアリが来て、コオニの周りでうろうろ。さて、コオニはどうするか、興味津々。トンボがアリを食べるか、それについては全く知らない。逆に、アリがトンボをかじり始めるか。コオニがアリを補食したら、アリが生きてるトンボをかじり始めたら・・・もろもろのパターンを想像する。いずれの場合も、絶対撮影しなくてはと手に汗握り、右目はファインダー内を凝視。左目に額から垂れる汗が入るが、じっと我慢。

 アリはコオニの足を登り始めた。アリはどのくらい賢いか・・・そんな本はなかったか・・・目の前にあるものに登る、何でも登れがアリンコの精神か。背中まで登れば、それも面白写真になる、人差し指に更に緊張が。

 コオニは足にアリが付いたと、登っていると認識出来るらしい。やはり、気持ちが悪いのか、振り払おうと足を振った。アリは落ちると思ったが、どっこいアリンコ精神発揮。足に噛みついて離れない。コオニは数度足を振り、ついにアリンコは飛ばされた。

 という、どうでもいい出来事でしたが、面白い見ものだった。オオシオカラトンボの雌を探しに行ったのだが、コオニとアリンコに時間を食われてしまい、今日もみつけられなかった。


 白鳥飛来地の御宝田池は水面の半分ほどがヒシに覆われている。一昨年から急激にヒシが繁茂し始めた。ヒシが広がると、チョウトンボが増える。そんな関係が成立するかは知らない。

 しかし、千鹿頭池でヒシが繁茂した次の夏、チョウトンボがたくさん発生した。昨年ヒシを除去したら、チョウトンボがほとんど現れなくなり、今年もヒシが池の8割を覆っているが、チョウトンボは数匹しか現れていない。発生の減少はヒシを除去したからか。

 御宝田池で、ヒシが繁茂したらチョウトンボが現れた。昨夏は10匹ほど確認できた。今年は今日だけで5、6匹は見ている。
 ふたつの池の経験から、なんとなくヒシの繁茂とチョウトンボの増加に関係性があるように考えているが、まだデータ不足で結論は出せない。

 御宝田池でチョウトンボを撮っていたら、久しぶりに写友と出会った。聞けば、「ときどき蝶」をしていたが、「ときどきトンボ」も始めたとのこと。私の病気が伝染してしまったらしい。しかし、頼もしく、嬉しいことです。希少なトンボと出会ったら教えてもらおう。さっそく、アサヒナカワトンボの無色翅型らしいトンボがいた場所を教わる。是非行ってみないと。
 ますますトンボにのめり込んでしまうだろう鳥馬鹿なのでした。

 

交尾中のチョウトンボ 手前が♀  2014年8月21日  長野県 安曇野市

チョウトンボ ♂  2014年8月21日  長野県 安曇野市

チョウトンボ ♂  2014年8月21日  長野県 安曇野市

チョウトンボ ♂  2014年8月21日  長野県 安曇野市


8月19日 本日晴天なり

チョウトンボ ♀   2014年8月19日  長野県 上田市

チョウトンボ ♀   2014年8月19日  長野県 上田市

セスジイトトンボ ♂ 未成熟   2014年8月19日  長野県 上田市

 曇りや雨続きの悪天候と不平を書いたら、空が気を遣ってくれたのか、今日も昨日も夏空が戻った。それでも日本の何処かで豪雨が降り、被害も出ているから、晴天を喜んでよいのやら。しかも、暑さも戻ったので、ババ様の熱中症も考えねばならず・・・。

 残暑の午後、にわかにミンミンセミが鳴き出した。それも、久しぶりに数匹の合唱。歌い損ねた夏を懸命に取り戻すかのように声を張り上げて。

 しかし、松本平ではススキの穂がとうに出いるし、コオロギもたくさん鳴いている。空にはウスバキトンボが飛んでいるし、短冊をなでて通る風もすでに「涼」になっている。日差しをのぞけば、もう秋なのだ。

 突然の残暑。それでも、どこへ行こうかと鳥馬鹿は悩むのでした。

 松本平で見られないトンボを見に行くことに。もしかしたら、コウノトリの「0041」君に会えるかも知れないとの下心もあり。「0041」は昨年も飛来した雌で、ドジョウがたくさんいる池をちゃんと覚えているらしく、この夏もやって来た。

 久しぶりに大汗をかきながらトンボを見て回るが、見知ったトンボしか見つけられず。それでも青空を背景に飛ぶチョウトンボを久しぶりに見たし、飛んでるウスバキトンボも撮ったし、1時間の散歩としてはまぁまぁの出来としておこう。

 飛んでいるウスバキトンボを下から撮ったが、標本箱の中から1匹つまみ出して空へ置いた感じで、奇妙に見えてならない。この角度からの撮影はいただけない。

 大きなイトトンボが小さなイトトンボを捕食している写真が図鑑に載っている。いつかそんな、トンボがトンボを捕獲したシーンを見たいと思っていたら、もっとすごいシーンに出くわした。今日一番の見ものだった。
 
 シオカラトンボの雄がもたもたと飛んで来て足元へ止まった。交尾スタイルにしては雌が小さいなと思いながらレンズを向ると、なんとハラビロトンボを捕らえていた。大きめのアブを捕食したシオカラトンボを見たことがあるが、こんなに大きなハラビロトンボまで捕食するとは。このあと、頭からもぐもぐ食べ始めた。
 

ウスバキトンボ ♂   2014年8月19日  長野県 上田市

ウスバキトンボ ♂   2014年8月19日  長野県 上田市

ハラビロトンボの未成熟を捕食しているシオカラトンボ ♂   2014年8月19日  長野県 上田市

 暑くて、自分が熱中症になりそうなので、日陰を求めて小屋の陰へ入る。先客のお父さんとたっぷり雑談。

 コウノトリは朝夕池にいるが、昼は水田へ出かけてしまうとのこと。今日も、水田へお出かけしていて、私の帰り時刻までに戻らなかった。「0041」とは会えず仕舞い。

 お父さん曰く、「0041」の他にもう1羽いるという噂があるらしい。もう1羽の足環は何色かと聞くとそれは判っていないとのこと。どうも、怪しげな話。恐らく、ダイサギを見間違えているのだろうと推測する。もし2羽いるなら、それは結構な話だが、うわさ話は自分の目で確認しない限り信じなことにしている。

 

ミサゴ A   2014年8月19日  長野県 上田市

 お父さんがレンズを据えて待っていたのはコウノトリではなく、ミサゴとのこと。ミサゴが2羽いて、池で魚捕りをするから待っているのだが、全然来ないとぼやく。

 タカの渡りは9月が有名だが、8月中旬からすでに走りは始まっている。松本平で8月下旬に犀川を遡って来るミサゴを何羽も見かけている。今日行った上田市の池にも走りのミサゴが数日前から来たとのこと。ここでも秋が始まっていた。

 お父さん曰く、今朝方大きな魚を2匹山の方へ運んで行った。あちらに巣があるのだろうか。朝から待っているのだが、全然来ないなど。
 お父さんは初心者ので、まだ生態に詳しくないらしい。ここから、会話がミサゴの話になり、私の知る限りのミサゴ知識を話すことに。

 ミサゴの繁殖は終わっているから、渡り途中の個体が栄養補給をしているのだろう。たぶんあの辺の枯れた松が止まり場所で、そこで魚を食べるはず。止まる場所はほぼ決まっているから、一度見つければ、たいていそこにいる・・・。伺った話からすると、次は3時半過ぎ頃魚捕りに現れる。魚を食べた後、ミサゴは綺麗好きだから、水浴びと、足を洗いに来る・・・などなど。

 

捕獲に成功、水から出ようとするミサゴ B   2014年8月19日  長野県 上田市

 あの辺りと私が指さした山の端を双眼鏡する。枯れた松に止まっている2羽を見つける。確かにミサゴは2羽いた。お父さんに、あそこから飛び出すから、見ていればミサゴがやって来ると判ると話す。

 昨年来たときに、池でフナの養殖実験をしていると地元の方から聞いた。その実験フナをミサゴが失敬しているらしい、大きなフナを捕らえて、自慢げにレンズの前を飛んで行った。

 2羽のミサゴはいいやつで、私がホラ吹きでない証明に、話した通りの行動を見せてくれた。足を洗うところまで。

 トンボ見は成果なく、コウノトリにも出会えず、大汗かいてポロシャツはびしょ濡れ・・・。でも、青空が見られたし、楽しいお父さんとたっぷり話をしたし、大きなフナを運ぶミサゴも見たし、それなり楽しい日でした。本日晴天なり、でした。


フナを運ぶミサゴ B   2014年8月19日  長野県 上田市

フナを運ぶミサゴ B   2014年8月19日  長野県 上田市

フナを運ぶミサゴ B   2014年8月19日  長野県 上田市


8月17日 猫ちゃん1歳

 連日ひどい天候ですね。晴れて暑いのは関東だけのようで、松本平はほとんど雨雲の下。連日降ったり止んだり、雲が切れて日が射したかと思えばまた雨の繰り返し。朝から午前中はなんとか晴れ間がありますが、午後になると雨が来て。流星群などまるで見られず。

 今日は山向こうの飛騨高山が豪雨に見舞われたらしい。北アルプスのおかげで、雨は降ったが、豪雨の雲はこちら側まで来ず、被災地の方々に申し訳ないが幸いでした。

 猫の「あけび」はたぶん1歳を過ぎた。捨てられ猫なので、生まれた日は判らない。家に入れてた日から逆算して8月上旬頃生まれたと推測している。

 元気はつらつ、毎日庭を飛び回っている。それはいいけれど、お手伝いが好きで、キーボードを打ち始めると、すぐに「手を貸し」に来る。手だけならまだしも、体ごと貸してくれるので、作業は中断を強いられる。

 熟睡している間にちゃちゃっと終える積もりで作業を始める。だが、耳だけは眠っていないらしく、キーをたたく音が始まると、やおら起き上がり、しっかり伸びなどして、しっぽを振り振りお手伝いに来る。

 朝は5時前にかならず私を起こしに来る。耳元で鳴きながら、顔を手でつつく。空腹の合図なので餌を与え、再び寝ようと横になると、再び顔をなでに来る。今度は外へ行きたいという合図。外遊びを覚えてから、室内に用意したトイレをいっさい使わなくなった。代わりに外へ出たいと鳴きわめく。

 初夏は蝶を追いかけるのに夢中だった。次はオツネントンボ、最近はコオロギ探しに熱中している。そんな楽しみを覚えたから、外へ出たくてたまらないのだろう。雨の中へも出かけて行く。おかげで庭に住んでいた野ねずみがいなくなった。

 今は夏だから外遊びもいいけれど、雪が降る頃になったらどうなるだろう。昨冬はまだ小さかったから、雪の中を飛び回ってはしゃいでいても、直ぐに戻って来たが。
 厳冬期の朝5時に起こされ、付き合わされるのは勘弁して欲しいが、さてどうなるか。猫は炬燵で丸くなるなんて「あけび」には当てはまらないようだ。



8月14日 二尺飛んでは

ハグロトンボ ♀   2014年8月14日  長野県 安曇野市

 鳥を探しに行ったが、撮影出来そうな場面に出会えず。それに、盆のただ中、道路は混むは、御宝田池の周囲は花火大会の会場になっていて大賑わい、鳥見どころではない・・・毎度のやれやれで、トンボに助けを求める。

 翅の黒いカワトンボを見ると、むムムム・・・やな感じ。別種のアオハダトンボを撮影中に川へ、どぶ〜ん、一瞬でカメラとレンズが逝ってしまった。そのショックが癒えないままだから。それでも、カワトンボに挑戦。

 松本平では、アオハダトンボがまず羽化し、川筋などでひらひら飛んでいる。この時期ハグロトンボはまだ羽化していないので、7月上旬に黒い翅を見たらまずアオハダである。そして、7月末になるとアオハダは姿を消し、見事にハグロに入れ替わる。これが、ふた夏見ての結論。

 アオハダとハグロはよく似ている。2種が入り混じっていたらどう識別しよう、慣れるまで悩みの種だった。今は、識別ポイントを知っているし、2種が混じることもほぼないと知ったから、悩みは解消されている。

 一般には「尾」と言うが、腹の先端9、10節の裏側が白ければアオハダの雄で、ハグロは白くない。この1点で識別出来る。雌は翅の先端に白い縁紋があればアオハダで、なければハグロである。

 すっかりトンボおたくになったと最近思う。

 カワトンボの習性は、近付くと逃げるが、他のトンボのようにスイ〜と遠くへ飛んで行かない。ひらひらと飛んで1〜2m先へ止まる。再び近付くと、また1〜2m先へ。まさに、

      蜻蛉や二尺飛んではまた二尺  (一茶)

である。


ハグロトンボ ♂   2014年8月14日  長野県 安曇野市

オオシオカラトンボ ♂   2014年8月14日  長野県 安曇野市

 トンボ見もふた夏目である。昨年のデータから、この時期にここへ行けば、たぶんこのトンボと出会えると予測できる。すっかりトンボおたくになった。私の知る狭い地域での浅い経験だが、必ず同じ種が同じ場所にいる。たとえば、モートンイトトンボは蓮田1枚の範囲内に、オゼイトトンボも20m四方の沼沢地にふた夏ともいた。

 狭い範囲内で見つけられるから、とても楽しく嬉しいが、そのごく狭い範囲が開発されたり、大量の農薬が撒かれたりしたら・・・そう考えると、暗い気持ちになる。

 オオシオカラトンボも、少なくとも数匹を一度に見られる場所を昨夏みつけた。ただ、雌を見つけられなかったので、雌の撮影が宿題として残っている。データでは、そろそろ飛んでいる時期。訪ねると、今日も4匹の雄がいた。しかし、雌は見つけられず。シオカラトンボは雌雄に未成熟もたくさんいたが。


食事中のオオシオカラトンボ ♂   2014年8月14日  長野県 安曇野市

マユタテアカネ ♂   2014年8月14日  長野県 安曇野市

 付録のマユタテアカネ。まもなく赤トンボのシーズン。赤トンボを見るとなぜか秋を思い、ちょっぴり感傷的になる。歳を取ったからか、それともそんな質なのか。

 赤トンボも各種いる。マユタテの雄も腹は綺麗な赤で目につくが、胸も腹のように赤ければ、もっと赤トンボなのに・・・どうでもいいことを思う。

 ちなみに、マユタテは雌雄とも顔の白い部分に黒い斑(眉条斑)がある。正面から見ると、何ともユーモラス。この眉条斑が「マユ」タテアカネの由来とのこと。でも、眉が目の下にあるなんて・・・クロヒゲアカネのほうが・・・なんてトンボおたく初級者は思うのであります。


マユタテアカネ ♂   2014年8月14日  長野県 安曇野市

マユタテアカネ ♀   2014年8月14日  長野県 安曇野市


8月11日 声を上げけり

アブラゼミ   2014年8月11日  長野県 松本市

ミンミンゼミ   2014年8月11日  長野県 松本市

 台風がふたつも来て、ややこしい天候の夏です。思い返せば、松本平では、梅雨明け十日が暑かっただけで、あとは雲行き怪しい日々だった。不順な天候に、セミも声を張り上げるチャンスが少ないのでは。

 7年間も地中で我慢して、ようやく真夏の光と暑さの中へ出たはずが、小雨模様の空を見て、なんと思ったろう。気の毒なことで。

 8月と言えば、蝉時雨。子供の頃は、家の周りそこいら中でセミが鳴いていた。しかし、樹木が次々と切られてしまったので、今はたまに聞こえる鳴き声に、昔の蝉時雨を思い出す始末。

 行く先が思い浮かばず、千鹿頭池へ雑種ガモを見に行く。もしかして、ガビチョウが鳴かないか。台風で見知らぬ鳥が飛ばされて来ていないか・・・いろいろと思うところありだった。

 しかし、強い南風の空をミサゴが旋回して通過しただけで、カルガモと雑種ガモ以外見当たらず。鳥見は不調。トンボ見も雨模様、風模様の日は上手く行かない。悪天候だとトンボ達は見事に隠れてしまう。最近増えだした秋のトンボ、アキアカネやノシメトンボも隠れてしまう。トンボ見も不調

 風の中、セミだけが数匹声を張り上げていた。山麓にある千鹿頭池周辺は雑木林も健在なので、セミはまだそこそこ鳴いている。やはり暑さと、張り上げるセミの声がなくては夏の気分になれない。

     けふ切りの声を上げけり夏の蝉 (一茶)

 出会った写友や知人に、ガビチョウの話をして、もし声を聞いたら教えてと頼む。是非とも自分の目で確認したいし、撮影もしたいから。聞いたことのない大声で鳴く鳥がいる、姿は見えないが大声だけはする。あの声の主は何だろう・・・そんな質問が来ることを期待して。

 結局、風に吹かれただけ。することがないので、手近で鳴いているセミをスナップ。今日の午後はセミ見で終わった。
 今月は満足な鳥見も出来ず、めげてしまいそう。盆が来る、さして客もないが、新盆とか、ご先祖様の送り迎えとか、ひとりでこなさねばならず・・・ストレス溜まる数日間・・・やれやれ。セミのように大声を上げられたら・・・。

 


8月8日 ガビチョウ現る!

ガビチョウ   2014年7月28日  長野県 松本市  写真提供 浅川氏

 ガビチョウが現れた。とうとう!現れた。長野県では諏訪盆地、佐久地方で侵入が確認されていたが、ついに松本盆地への侵入が確認された。撮影場所は、なんと雑種ガモの千鹿頭池。しっかり記録しておかなければ。

 写友の浅川氏から「この鳥な〜に?」と写真が届けられた。見た瞬間、げッ!ガビチョウだ!来たか!の感想。氏は私のように鳥おたくではないので、この鳥の識別は出来なくて当然です。松本平には、2枚の写真を見て、間髪を入れずガビチョウと識別出来る鳥見人はほとんどいないと思う。これまで、いなかった鳥・外来種だから。ともかく、「珍鳥?」情報ありがとう、感謝。

 ガビチョウは「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」で特定外来生物に指定され、基本的に、輸入・譲渡・飼育は禁止されている。

 有り体に言えば「困ったちゃん」なのだ。7月末は、乗鞍高原でトンボ見に興じていたので、自分のフィールドにこんな「困ったちゃん」が現れていたとは、今日まで知りませんでした。しばらく、チェックに出かけなければなりませんね。
 (ガビチョウの詳細については下に縷々書きます)


ガビチョウ   2014年7月28日  長野県 松本市  写真提供 浅川氏

 (長くなりますので、興味の無い方はパスして下さい)

 ガビチョウ(画眉鳥  Chinese Hwamei (ホエビー) 中国正式名は画眉)は中国南部・インドシナに分布する鳥。日本では、九州・四国と関東甲信・東北南部の2地域に分布している。九州・四国に分布する理由は知らないが、関東地区等は明らかに飼育鳥が逃げ出したり、遺棄されて野生化・定着して分布を広げていると考えられる。

 中国・台湾ではガビチョウの鳴き声を愛でたり、「鳴き合わせ」のため飼育している。日本でも江戸時代から鳴き声を聞くために輸入されていたと言われている。

 だが、ガビチョウの鳴き声は、かなり騒々しく、例えば日本人好みのウグイスの囀りや地鳴きを「横笛の音」に例えるなら、ガビチョウのそれは「爆竹」並みである。

 比較的安価に輸入出来る鳥だったために、1970年代に大量輸入されたと推測される。しかし、騒々しい鳴き声は日本人に受けいれられず、結局遺棄されたと考えられる。

 ガビチョウは1990年頃から多摩丘陵の西端付近(八王子市)で存在が確認され始めた。私自身は1993年に山梨県上野原町で幼鳥連れのガビチョウを確認、それが初ガビチョウだった。同年町田市の西部でも町田野鳥の会の探鳥会で確認されている。以降高尾山周辺などで観察例がぽつぽつ報告され始めた。

 私の東京の家が、ちょうどガビチョウの広がり始めた地域の近くにあったので、裏山散歩中にときどきガビチョウと出くわした。ちなみに1974年からそこに住んでいたが、1980年代は一度もガビチョウを見ていないし、声も聞いていない。ガビチョウとの付き合いは1993年以降のことである。

 ガビチョウはもっぱら地面で食べ物を探す。ツグミ類とほぼ同じ行動をする。また、一定地域に定着する鳥で、渡りはしないので、冬季に積雪が常態化する地域では食料がとれないから定着はしないと考えられる。
 
 手入れがされず、下草やブッシュが繁茂する林を特に好む傾向にある。ただ、河原の堤防林や住宅地の竹林などでも活動しているから、適応力は強いと思う。現金なもので、雑木林の手入れが進み、下草などが一掃されると、その林からガビチョウはいなくなった。

 冬季、多摩丘陵西部の手入れが行き届いていない雑木林では数羽の群で行動しているガビチョウを時々見かけた。それらは、ツグミ、シロハラ、トラツグミと食べ物を巡って競合関係にあった。
 
 ところで、1996年にひとつのポイントがあった。それまでは、ときどき見かける存在だったガビチョウが、いきなりいつでも見られる鳥になった。高尾山南麓から甲州街道をまたぎ神奈川県城山町(現相模原市緑区)から町田市西端部にかけての地域である。そのころ、そこで鳥見をしていたので、とくにガビチョウの増加が印象深く記憶に残っている。
 高尾山の東部〜東北部でも同じように急増したと、後にその方面をチェックしていた鳥見人から聞いた。

 更に進み2000年代に入ると、東京の我が家の庭木でも、繁殖期にガビチョウが囀るようになった。雌雄とも大声で囀るようだ。大声で鳴くわりに警戒心の強い鳥で、鳴き声を聞きつけて、撮影しようと窓を開けると、とたんに逃げてしまうほど。

 私の鳥見歴の中で、ガビチョウの分布拡大とハクセキレイの分布拡大は特に印象深い2大出来事である。特定外来生物という「汚名?」を着せられたガビチョウだが、ついに、現住居地の松本でも見られそうである。私の鳥見歴のガビチョウ項に新しいページを加えられそうで、ちょっと興奮気味です。



8月7日 残暑お見舞い申し上げます

コシアキトンボ ♂   2014年8月7日  長野県 松本市

 立秋です。しかし、連日暑いですね。残暑お見舞い申し上げます。

 遠い台風の余波なのか、このところ毎日強めの南風が吹いています。それで、35度を超える日でも、エアコンをかけずに、生ぬるい風の中で頑張れます。

 孫台風がやって来て、お付き合い。例年だと、谷川で水遊びなど出来たのだが。今年は天候がいまいちで、ほとんど曇りの日ばかり、谷川へ出かけたが小雨が降って来て・・・。

 最近の流行は、ニンテンドーDSを持って人混みへ行くと、他人のDS内のキャラが「遊びに来る」ので、「遊びに来た」キャラとお友達になることなのだそうです。携帯電話のようにDSからも電波が飛び放題ということらしい。

 PS3のRPGまでしか分からないので、上手く説明出来ないが、暇さえあれば孫共はDSをタッチペンでつついて、きゃっきゃしていた。お付き合いで、雑踏へ散歩にかり出され、人混み嫌いなじじはへとへと。レジェンドの何やら武士が「遊びに来た」とかで孫共は興奮していたが。

 孫台風が帰り、ようやく午後から鳥見に復帰。しばらくぶりに千鹿頭池へ雑種ガモのチェックに行く。


縄張り争いをするコシアキトンボ ♂   2014年8月7日  長野県 松本市

 久しぶりなので、池をひと巡り。ノシメトンボやアキアカネが何匹も目につく。なるほど立秋と思う。なぜか分からないが、千鹿頭池の今の夏はトンボが少ない。昨夏はウチワヤンマが何匹も見られたが、今年はまだゼロ。チョウトンボも2匹見ただけ。

 例年通り、コシアキトンボの雄だけは、10数匹いつもいる。雌はほとんど現れないが、めずらしく産卵をしていたのでスナップ。たいてい産卵前に交尾をする。その瞬間を撮りたいのだが、交尾はほとんど数秒で終わってしまう。それで、残念ながらピントが合う前に、いつもことすでに終了となる。


産卵するコシアキトンボ ♀   2014年8月7日  長野県 松本市

産卵するコシアキトンボ ♀   2014年8月7日  長野県 松本市

 羽化後のトンボの寿命は、詳細については知らないが、3か月ほどとのこと。捕食されたり、事故死したりで、平均寿命はもっと短いらしい。原因は不明だが、雄が1匹浮かんでいた。天寿を全うしたのならよいのだが。屍の周りだけ時が凍てついていた・・・なんて思わなかったけれど、一抹の寂しさがみな面にいた。


「しろちゃん」と子供達   2014年8月7日  長野県 松本市   最後尾が「しろちゃん」

 雑種ガモ「しろちゃん」の10羽のヒナたちは、いまだに1羽も欠けずに健在。これは、奇跡に近いと言えるだろう。もちろん1羽も欠けないで欲しいと、どの親子についても思うが、自然は厳しいから、ぽろぽろとヒナが欠けて行くのが普通である。

 千鹿頭池は9割方ヒシに覆われてしまい、生活環境がよいとは言えない状態。しかし、成長したヒナはヒシを分けて泳ぎ、時にはヒシの若芽を食べている。

 カルガモ色をした5羽は、普通に成長し、風切羽もほとんど揃った。普通というのはカルガモのヒナと比較して、ほぼ同じテンポで成長していると言うこと。まもなく幼羽が揃い飛べるようになるから、ヒナではなく幼鳥と呼ぶことになる。

 ところが、同時に孵化したのに、白い5羽は成長のテンポが遅れ気味で、まだ風切羽が十分伸びていない。それに上嘴の形状も異常のままである。上嘴の成長が止まってしまったのかと一時は思ったが、どうやら成長はしている。

 

「しろちゃん」の子供達   2014年8月7日  長野県 松本市

 2羽の白いヒナに個体差が現れ始めた。それが成長している証しでもある。

 1羽は腰に2枚の黒い羽が現れ、嘴にも黒斑が現れた。腰に黒い羽2枚は行方不明になった白い雑種ガモ「バニラ」と同じである。
 また、上嘴に黒斑が現れるのは、この池で孵化し、成鳥になった白い雑種ガモ「しろちゃん」「バニラ」「バター」と共通な事象である。

 もう1羽は、頭頂にぽつんと黒斑が生じ、嘴にも黒斑が現れ始めている。頭頂の黒斑は、右目後方に黒斑がある親鳥「しろちゃん」の特徴と似ている。

 この2羽は識別が可能なので、そろそろ名前を付けてもよさそう。残りの3羽にも、早く識別可能な特徴が現れると名付けやすいのだが。

 嘴の黒斑は過去の例だとどんどん増えるので、まだ識別に使えない。今日時点で、上嘴に黒斑がない白いヒナは1羽だけである。今後も黒斑が現れなかったら、新しい事象として記録出来るのだが。

 「しろちゃん」の子供は、千鹿頭池のある町会が「神田」なので「神田10人集」などと地元の方達に呼ばれている。このまま成鳥になったら「奇跡の10人集」と呼ぶ方がよいだろう。

 

特徴が現れ始めた白いヒナ   2014年8月7日  長野県 松本市

特徴が現れ始めた白いヒナ   2014年8月7日  長野県 松本市


8月1日 真夏の夢

アマゴイルリトンボ ♂   2014年8月1日  新潟県 糸魚川市

アマゴイルリトンボ ♂   2014年8月1日  新潟県 糸魚川市

アマゴイルリトンボ ♂   2014年8月1日  新潟県 糸魚川市

真夏の恋

アマゴイルリトンボ交尾 上♂ 下♀   2014年8月1日  新潟県 糸魚川市

 やっと夏休みが1日もらえた。3日あれば海辺へシギ・チを見に行くのだが。さて貴重な1日、どこへ行こうか、何を撮ろうか・・・。

 乗鞍の畳平へライチョウやイワヒバリを見に行き、帰りにルリイトトンボの雌を探す。まず考えたプラン。しかし、遠い台風の余波と上空の寒気が雲と霧を生み、午後は雷雨が発生すると予報が出ていたから、このプランは即却下。

 そこで、ルリイトトンボより更にレアーなアマゴイルリトンボを撮影し、帰路に未撮影のキイトトンボの雌を撮影するプランを立てる。やはり午後の雷雨襲来が気になるが、乗鞍岳よりはましだろうと判断。

 アマゴイルリトンボは、私がトンボを見つけ出している範囲外にいるトンボだが、貴重な1日をフルに生かし、撮影リストにレアーな1種を増やすチャンス。ほぼ確実にアマゴイが撮れる場所はネット情報で確認済み。

 実は、トンボの図鑑を繰り返し見て、日本に生息する水色のイトトンボを全部見たいと、またまた途方もない夢を持ってしまった。水色のイトトンボを全部見るには、最後は北海道と与那国島まで行かなければならない。まさに鳥見と同じパターン。野鳥の撮影をしながら、「ときどきトンボ」の精神?にぴったり。真夏の白日夢だっていいじゃないか、夢はでかい方がいい。

 てこてこと、駐車場から30分ほど歩いて目的の池へ着く。その池がだめなら、更に30分山道を登って別の池に行けばいい。アマゴイはどちらかで撮影出来るはず。

 真夏の炎天下、物好きは私だけ。アマゴイの雄はたくさんいた。流した大量の汗は、すぐに報われた。
 予習が役立って、雄はすぐに見つけられたが、雌が捜し出せない。雄と連ながっている雌は数匹見つけたが、単独でいる雌はついに見つけられなかった。乗鞍のルリイトトンボや午後の目的のキイトトンボと同じ。

 ここでも宿題が残ったが、しかし青い眼の綺麗なアマゴイルリトンボを2時間半ほどだったが十分楽しめた。夢の実現が一歩だけ進んだ。


ルリイトトンボ 上♂ 下♀  2014年8月1日  新潟県 糸魚川市

アマゴイルリトンボ交尾 上♂ 下♀  2014年8月1日  新潟県 糸魚川市

キイトトンボ交尾 上♂ 下♀   2014年8月1日  長野県 大町市

 午後は雷雨との気象予報が出ていたので、後ろ髪を引かれたが、雷が鳴り出す前にキイトトンボのいる湿地まで戻ろうと、アマゴイ撮影を切り上げた。午後まで粘ったら、雌も撮れただろう。いつか雌の撮影に再訪しようと考えながら山道を下った。

 前回、キイトトンボの雌を見つけ出せず、宿題になっていた。今日はたぶん付いている日だったのだろう。始めに見たキイトトンボが雌だった。湿地に到着後5分で宿題が片付いて、後は連結やへこへこと飛び回る雄を見物して午後の1時間を過ごした。

 

キイトトンボ ♀   2014年8月1日  長野県 大町市

 トンボ学はズブの素人なので、トンボの行動が何を意味するのか、全く分からない。イトトンボの雄を見ていると、ときどき腹を天に向かって突き上げる。近くに雌はいないし、争う相手の雄もいないのに、なぜか気張って腹を突き上げる。この仕草は一体何のために?また宿題が増えてしまった。最近はすっかりトンボマニアになっています。


アマゴイルリトンボ ♂   2014年8月1日  新潟県 糸魚川市

キイトトンボ ♂   2014年8月1日  長野県 大町市


7月 ホームヘ 9月