私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


8月 ホームヘ 10月

9月30日 千鹿頭池2014 雑種ガモその後

秋色  オオルリボシヤンマ ♀  2014年9月30日  長野県 松本市

 雑種ガモ達をチェックに行った。千鹿頭池に白い雑種ガモが4羽しかいなかったので、隣の生妻池まで足を伸ばす。

 カモを見に行ったのに、いきなりトンボの撮影。目の前で産卵をしているので、これは撮らねばエチケットに反する?と。恥ずかしながら、瞬間ルリボシヤンマと誤認。それで撮影を始めた。ルリボシの雌をしっかり撮っていないから。しかし、目の前でホバリング、なんだオオルリボシかと気付く。ルリボシヤンマも広く分布しているはずだが、出会うのはオオルリボシばかり。


オオルリボシヤンマ ♀  2014年9月30日  長野県 松本市

 生妻池で雑種ガモを8羽を確認できた。白い雑種ガモの「しろちゃん(09年生)」「バター(13年生)」黒い「コーヒー(12年生)」「ココア(12年生)」、それから「色男しろ(12年生)」「一郎(09年生)」。2羽はよく判らなかったが、たぶん「一郎」と兄弟の雑種ガモ。

 カモ達は、千鹿頭池と生妻池の間をよく移動するので、チェックに手間がかかる。カモチェックの後、しばらく周辺でトンボを見て、千鹿頭池へ戻る。

 池へ戻ったら、なんと「色男しろ」と「ココア」が先に戻っていた。この2羽は繁殖しなかったが一応ペアーである。兄弟でペアーになるから雑種ガモはややこしい。

 下は12年生まれの兄弟姉妹。@「色男しろ♂」A「ココア♀」B「色男バフ♀」C「甲子♂」の2ペアーである。BとCは名前と性別がしっくりしない。それは、誕生から半年後、性別が判らないまま、山勘で性別判断をして命名してしまったのが原因です。

 12年生まれの雑種ガモで、当時「先輩」家族と名付けた。この4羽と「コーヒー」が現在まで生き延びている「先輩」の兄弟姉妹。いまや「花の12年組」とでも言いましょうか。


雑種ガモ  「花の12年組」の 4羽  2014年9月30日  長野県 松本市

今年生まれの雑種ガモ達 兄弟姉妹  2014年9月30日  長野県 松本市

 今年、「しろちゃん」は白いヒナ5羽とカルガモ色のヒナ5羽、合わせて10羽を孵した。「しろちゃん」は子育て上手なので、6月末までヒナは1羽も欠けなかった。

 他の鳥さんの追っかけに入り、雑種ガモのチェックは6月末で中断したので、その後は常連さんにご教授願うしかない。

 今日教わったことによると、カルガモ色のヒナは7月中に1羽欠けた、白いヒナの1羽は釣り糸が絡ん、かなり衰弱しているところを発見され、常連さんが釣り糸を解いて池に戻したとのこと。そのとき脚をいためたらしく、そのヒナは以降不自由な歩きをしていたとのこと。そして、そのヒナは数日前から姿が見えなくなったとのこと。

 今日確認出来た今年生まれの「しろちゃんのヒナ」は6羽。上の画像の白い幼鳥4羽と、カルガモ色をしていた2羽の幼鳥(A、B)。もう2羽、らしい個体がいたが、今日は判断を保留。下は A である。

 

今年生まれの雑種ガモ  2014年9月30日  長野県 松本市

 10羽の名前は考えてあるが、まだ識別がじゅう分出来ないので、名前を固定出来ない。上のA、B は「秀吉」と「家康」としたいが、雌雄の判別が出来ないので、命名はまだ先になるだろう。

 上のカルガモ色の個体は、現在生きている雑種ガモのそもそものおっかさん「A子」(※1)によく似ている。すると、雌の可能性もあるから「秀吉」「家康」ではなく、「淀」か「お愛」の方がよいのかも・・・なんて、勝手に遊んでます。

 ※1 A子の子供が「しろちゃん」、「五人組一郎」、「先輩」の5羽である。

 白い子達は、相変わらず上嘴が変形したまま。成鳥になってもこの状態のままと推測出来る。現在は、上嘴の黒斑で識別可能だが、成長すると黒斑がさらに増えると推測出来るので、現状の黒斑で今後も識別が出来るかは未知数。

 半年以上生きた白い雑種ガモ3羽(※2)は、いずれも上嘴に黒斑が現れた。下の幼鳥4羽にも黒斑があるのは、遺伝的に資質が継承されているからだろうか。4羽には「ミルク」「シュガー」「クリーム」「マシュマロ」を考えている。

 この子達みなが来夏まで生き延びるといいのだが。

 ※2 「しろちゃん」「バニラ(12生)」「バター」の3羽



9月28日 秋本番

乗鞍高原 偲ぶ池  2014年9月28日  長野県 松本市

 過去の記録をもとに、日本晴れの天気だったし、トンボ探しに行った。まだキトンボがしっかり撮影出来ていないので。ところが、池の端をうろうろするが、目当てのキトンボは見つからない。データ通りにならないのが自然を相手の撮影。そんなこと百も承知だが、いざ自然に無視されると、情けないやら、悔しいやら。

 トンボが何処から現れるのを待つ・・・これ自体、当てのない賭のような行為だが・・・周囲は紅葉が始まっていて、風景写真家が大勢。だれもが撮影する角度から私もパチリ。誰が撮っても、とにかく綺麗に写せるのが紅葉。

 この「偲ぶ池」と並ぶ「まいめの池」は、そこそこ有名なトンボの撮影地なのだが。最近、この池での発生が減っているのだろうか、以前のようにトンボと出会えなくなった。(これは前にも書いた)

 

乗鞍高原 偲ぶ池  2014年9月28日  長野県 松本市

小さい秋  2014年9月28日  長野県 松本市

 暇なので・・・つまり、風景写真家が去らないとトンボは現れないのだ・・・小さな秋など撮って暇つぶし。団体撮影旅行の賑やかな御一行様がいないだけまし。

 しかし、風景写真家って、みな三脚を立てて、同じような立ち姿で(へっぴり腰で)撮影するのだろう。見る角度を少し変えるだけで随分と風景の印象は変わるのに・・・と、まぁ、ひと様の趣味はどうでもいいが。

 下の湿地のように見える池が「まいめの池」。かなり乾燥化が進んでいる。トンボが減ったのは乾燥化が原因なのだろうか。


小さい秋  2014年9月28日  長野県 松本市

オオルリボシヤンマ ♂  2014年9月28日  長野県 松本市

 趣味の風景写真家は、ちゃちゃと撮影してすぐに帰る。14時半を回ったら、池の周りがぽっかり無人になった。ようやく出番と思ったのか、オオルリボシヤンマがすっと現れた。毎度お馴染みのトンボが現れたので、少しほっとする。ぎんぎらの逆光で飛び姿を撮りたかったが、7D を使っていたので、全然ピントが合わず。

 下は産卵に現れたオオルリボシヤンマの雌。


オオルリボシヤンマ ♀  2014年9月28日  長野県 松本市

ムツアカネ ♂  2014年9月28日  長野県 松本市

 木々の高い場所にでも止まっていたのだろうか、ひと気がなくなったら枯れ草へ数匹が降りて来た。全然赤くないのに「ムツアカネ」という、全長が4cmに満たない小さなトンボ。一見真っ黒く見え、冴えないトンボに見えてしまう。ただし、産地がごく限られている、珍しいトンボ。

  

ムツアカネ ♂  2014年9月28日  長野県 松本市

 1時間半かけて、結局キトンボは雌を1匹、しかもほんの1、2分見かけただけ。撮影もままならず。宿題は来年回しになってしまった。

 年に一度は紅葉の山を見るのも悪くない。見慣れた平地のニセアカシヤの黄色や褐色のケヤキとは、ひと味もふた味も違う秋がいるから。たまに小さい秋を見つけるのも楽しいし。

 

キトンボ ♀  2014年9月28日  長野県 松本市


9月27日 ノビタキ日和

ノビタキ  2014年9月27日  長野県 安曇野市

 御嶽山が噴火しました。幸いにも、今のところ松本盆地には降灰もありませんが、風向きが変わると、少しは飛んで来るでしょうか。時々小爆発をしていたが、改めて御嶽山は活火山だと認識させられた今日です。



 この1週間、ぽつぽつとノビタキが現れていたが、秋晴れの今日、ついに大挙して現れました。さして広くないフィールド内の河原や堤防に20羽ほどが飛び回っていました。まさにノビタキ日和。

 秋らしい場所へ止まった姿をと、毎秋狙いますが、敵もさる者で、期待する場所へ簡単には止まってくれない。黄緑色から黄色へ衣替え中の、咲き始めたセイダカアワダチソウやピンク色のイヌタデなどに止まるよう願っているのだが。

 例年必ず何羽もが止まる場所はトラロープ。いつもは赤トンボが並んで日向ぼっこをしているが、天敵ノビタが現れると、トンボは1匹もいなくなる。

 移動する集団ノビタの後について行き、先回りしてススキの原で待ち伏せ。50歩譲って、今日はススキで我慢。
 実は、飛び出す瞬間を狙ったが、1コマもピントが合わず。必ず横へ飛び出すなら、撮影は簡単なのだが。ノビタはどの方向へ飛び出すか予測不可能だから、難しい。
 

 ノビタの群が犀川の向こうへ飛んでしまったので、帰り支度を始めたら、FDAの定期便が頭上を通過した。なにげに見上げると、珍しく「ティー・グリーン」の8号機だった。この機体を目にしたのは3度目。どうということないけれど、なんとなく得した気分になれた。



9月26日 世にも不思議な?
今日の空  2014年9月26日  長野県 安曇野市

 久しぶりに爽快な巻雲が広がった。これぞ秋の雲、秋の空と眺めながら、ふと思い出した。昔、こんな巻雲を背景にして渡るサシバの群を白樺峠で眺めたと。いつかまた、綺麗な雲を背景に大空を行く渡りのタカを見たいものだ。
 刻々と変化するので、大急ぎでススキやコスモスなど小道具を探し回る。青空に巻雲だけでも十分なのだが、ちょっと悪戯心がわいたので。綺麗な雲に敬意を表して。


カイツブリ 4羽のヒナ  2014年9月26日  長野県 安曇野市

 世にも不思議な物語。16日に孵化した2羽のカイツブリのヒナが4羽になってしまった。孵化したヒナは確かに2羽だった。何人もの鳥好き人が確認しているから、ヒナが2羽に間違いはない。

 16日以降、時々チェックしていた。なにせ9月にカイツブリが孵化するなんて、安曇野ではちょっとした出来事だから。22日には、巣の上に2羽ともいて、親から魚をもらっていた。

 ところが、23日に巣が沈没、ヒナは何処かへ引っ越したらしく、なかなかヒナを見つけられなかった。さんざん双眼鏡したら、なんとヒナが4羽いるではないか・・・。2羽が4羽になった?キツネにつままれた感じ。17日に撮影した子ギツネに化かされたか!なんて思ってしまった。

 ともかく、訳が分からなかったが、確かに4羽いた。2羽が4羽に増えるなんて、これぞ世にも不思議な物語でなくてなんだろう。


カイツブリ 親鳥と4羽のヒナ  2014年9月26日  長野県 安曇野市

 4羽になっていると、数人の写友に話した。訳が分からないけれど、とにかく4羽いると。

 23日に撮影した4羽の画像は出来が悪いので、今日改めて撮影に行く。確かに4羽は兄弟。一か所に集まって親鳥から魚をもらっていた。証拠写真の撮影完了。
 
 御宝田池の周辺をチェック。ノビタキが来ていないか、ヤナギの巨樹に杜鵑は来ていないか・・・ひと回り。さしたる鳥は見つからず。再び池へ戻ると、知り合いの鳥好き人ふたりがカメラを構えて撮影中。およよ・・・?何かいるのかしらと隣へ。

 「何がいるの?」「カイツブリ」「カイツブリはあっちに4羽いるけど」「え〜〜?そこに2羽、背中に乗ってるよ」

 確かに親の背にヒナが2羽。そこで、愛用の超望遠レンズを出して先ほどのヒナ4羽を確認。確かに4羽いる。で、目の前には親鳥の背に2羽。

 世にも不思議な物語の謎が解けました。目の前の2羽が16日に孵化したヒナで、4羽は、大きさから、16日より少し前に孵化した別の巣の子供という、解ればどうということない謎でした。

 情けないことに、4羽のヒナの巣の存在に全く気がつかなかった。何度も御宝田池をチェックしていたのに。カイツブリの成鳥が4羽以上いると知っていたのに。少しだけへこむが、すぐに気を取り直し、ヒナ2羽の親子を撮影。毎度のカイツブリ写真ですが。
 (今日のカイツブリの画像は全部大きくトレミングしています。)

 9月にカイツブリが2巣も孵化した。これは安曇野では記録だと思う。今年はオオバンの繁殖はなかったが、代わりにカイツブリが頑張ってくれた。毎夏、特記すべき何事かが起こるから、フィールド巡りは止められない。
 

16日に孵化したヒナ2羽と親鳥  2014年9月26日  長野県 安曇野市

16日に孵化したヒナ2羽と親鳥  2014年9月26日  長野県 安曇野市

 親の背中で大あくびをするヒナ。親の苦労も知らないで・・・。


16日に孵化したヒナと親鳥  2014年9月26日  長野県 安曇野市


9月21日 カッコウのコメディ?

メジロ  2014年9月21日  長野県 松本市

 予定外の時間が生まれたので、もちろん鳥見に行く。一昨年の20日に、渡り途中のサメビタキと出会った。私のフィールドと近隣では、秋に渡りサメビタキをまず見られない。出会ったら超ラッキー。それで、サメビタキと出会った場所へ探しに行く。柳の下のドジョウ探し。

 若い鳥たちの渡りは今がピーク、エゾビタキが20羽ほど、コサメビタキも10ほどいた。識別は出来ないが、ほとんど幼鳥だろう。探すサメビタキはいなかった。そう簡単に出会っては、ラッキー感の興奮がなくなってしまうから、いなくてもよかったとメジロを撮りながら負け惜しみ。

 キビタキやオオルリもいたが、ごちゃごちゃな自然林の中、しかも逆光なので撮影が上手く行かない。背景のすっきりした枝があちこちにあるが、鳥さんには不人気らしく、全然止まってくれない。終わりかけの夏と始まった秋の色を背景に撮りたいのだが、ひたすら通うしかないのだろう。


オオルリ 幼鳥?  2014年9月21日  長野県 松本市

コゲラ  2014年9月21日  長野県 松本市

毛虫を捕らえた カッコウ 幼鳥  2014年9月21日  長野県 安曇野市

 ヤブ蚊に追い出されて、サメビタキ探しをやめる。それから、またまたの杜鵑見物へ。よく似ているので、数日前と同一個体なのか難しいが、初列風切の白い斑から別個体と思う。今季は、カッコウの幼鳥を何度も見せてもらえてとても幸せと、八百万の神様とカッコウの神様に感謝。こんな経験は今年だけかも。

 カッコウやツツドリは毛虫が大好きで、毛虫ばかり食べている。その食べ方は、捕まえたら即飲み込めばいいのに、くわえたままでさんざん振り回す。ついには内蔵が飛び出す有り様。それからやおら飲み込む。ときには内蔵が出てしまい、皮しか残っていないことも。それを美味そうにパクリと飲み込む。そんな皮だけで美味しいのかいと聞いてみたくなる。


毛虫をねらう カッコウ 幼鳥  2014年9月21日  長野県 安曇野市

 ときには、思わず笑っちゃうドジもする。上は毛虫を探している幼鳥。毛虫は矢印の先にいます。この距離だから当然毛虫が見えていると思い、くわえる瞬間を撮ろうと連写する。
 
 ところが、何を間違えたのか、飛びついて、パクリとくわえたのは毛虫ならぬ小枝。さすがに小枝は食べませんでした。悔し紛れに小枝をかじったら、もっと笑える画像になったでしょうか。このあと改めて矢印の毛虫を捕らえて食べました。

 他者のドジを笑ってはいけません。自分はもっと大間抜けなドジをしていますから。でもカッコウ君コメディ?を演じてくれてありがとう。たぶん、生涯一度のいいもの見ちゃった瞬間でした。

 

間違えて?小枝に飛びついた カッコウ 幼鳥  2014年9月21日  長野県 安曇野市


9月20日 秋です

2014年9月20日  長野県 上田市

 用事が出来て山向こうまで。用事終わりの帰り路、真っ直ぐ家へ帰るにはまだ日が高い。鳥見をするまでの余裕はなかったので、少しだけ遠回りしてトンボを見ることに。車の中で、滅多に着ないマジ服をいつものぼろ服に着替える。実は、たぶん時間に余裕が生まれるだろうと予測して、ぼろ服と撮影機材を積んでいました。

 秋です。どうと言うことない空も、ススキに止まるノシメトンボも、イガが開いた栗も・・・みな秋です。3枚の画像は、お目当てのトンボが撮れなかったときの保険で撮ったスナップです。

 田園地帯は稲刈りが盛んに行われていた。働く方々を横目にカメラをぶら下げて、小1時間のトンボ探し。ぶらぶら歩きも、たまにはいいものです。

 

秋です  ノシメトンボ  2014年9月20日  長野県 上田市

秋です  ノシメトンボ  2014年9月20日  長野県 上田市

ヒメアカネ ♀  2014年9月20日  長野県 上田市

 自分で決めたトンボ探しのフィールド(松本盆地)外だが、どうしても見たい赤トンボが2種あった。どうもその2種は松本盆地では少ないようで、未だに見つけられない。しかし、山向こうには、そこそこの数がいるとのこと。

 図鑑の図譜ではなく、なんたって生きている、飛んでいるトンボを見なくては。パソコン開けば、ネットでいくらでも画像を見られる。しかし、それらは全部2次元。なんたって、指で突くと飛んで行く3次元の生身を見なければ。素敵な画像から生が感じられても、所詮2次元では命は見えない。命は野辺にいるのだから。

 見知らぬトンボがどんな環境にいるのか、図鑑とネッからの予備知識があっても、いざ現場を歩くとぜんぜん見つけられない。農道を300mほど行きつ戻りつ。ノシメトンボばかりが目につく。

 2往復目で、やっと、足元の枯れススキにちっちゃなトンボを見つけた。頭の中で図鑑をめくる。大きさからして、ヒメアカネかマイコアカネと思った。そう、この2種を探していたのだ。

 マイコアカネは、祇園の舞妓さんが化粧した顔のように白いそうだ。ただ、図鑑には「青白い」と書かれている。それが一番先に思い出された。目の前のトンボは、青白くはない。どうもマイコではなさそう。

 次に思い出した図鑑の記載は胸部の黒斑。これがヒメアカネなら、見知ったマユタテアカネとほぼ同じ。顔に眉(黒斑)がないからマユタテではない。横から胸部を見たいのだが、足場が悪くて横へ回れない。ちょっとだけ飛んで場所移動をして欲しいと、そっと指を出したら、なんと気のいいやつ、手の甲へ止まった。おかげで、しっかり胸部の黒斑が見られた。ヒメアカネに間違いなし。

 しかし、レンズの焦点距離は1.2m。どうやっても自分の手の甲にピントは合わせられない。それで、手に載せたままそっと場所移動。目線の高さのススキに止まるよう腕を伸ばす。しかし、ヒメ君すっと飛んで降下してしまった。

 このヒメアカネは、高いところが嫌いらしい。また足元へ止まってしまった。仕方がないので、農道に腹ばいになって、自分の目線を低くする。


ヒメアカネ ♀  2014年9月20日  長野県 上田市

 雌ヒメを見つけたので、次はやはり腹の赤い雄がみたい。それに、マイコも・・・。うろうろを小1時間した結果。高い木の上にいたマイコの雄らしい個体と、下の雌を見つけた。赤トンボなんだから、赤い腹の雄が撮りたかったが、時間切れでお帰り時刻に。

 伝え聞くほど2種がわさわさとはいなかったが、短時間で2種の雌がしっかり見られたので、ラッキーでした。少しは噂も信じよう。次は自分の縄張り内で是非とも2種を探し出さねば。「ときどきトンボ」にもしっかりはまったままの鳥馬鹿は思うのでした。明日は・・・町会の仕事が・・・明後日は鳥にしようか、トンボにしようか。ともかく、秋の野辺で、秋風に吹かれよう。
 
 

マイコアカネ ♀  2014年9月20日  長野県 上田市


9月17日 ノビタ現れる

ジョロウグモを食べるカマキリ   2014年9月17日  長野県 安曇野市

 今日の予備画像。カマキリ対ジョロウグモはカマキリの勝ち。勝負はカマキリの一方的なアタックで終り。勝者は敗者を頭からむしゃむしゃと食べ始めた。アレチウリの葉の上から、カマキリの鎌が届いてしまう低い場所に網を張ったジョロウグモの作戦が失敗だった。
 マクロレンズで近づいたら、「なんか文句あっか!」とカマキリが睨らんで来た。

 

ノビタキ   2014年9月17日  長野県 安曇野市

 ノビタキがついに現れ、秋の渡りもいよいよ佳境に入った。私の勝手な季節暦では「稲刈りが始まるとノビタキが現れる」となっている。もちろん私のフィールドでのみ有効な暦だが。
 ところが、最近は稲刈りが徐々に早く始まるようになったので、暦通りに行かず、暦の修正が必要になっている。

 渡りノビタの初出現、昨年より5日早いが、稲刈りはすでに3割は終わっている。この数日、稲刈りが始まったので、3日と空けずにノビタ探しをしていた。そして今日、やっと出会えた。
 「稲刈りが3、4割終わるとノビタキが現れる」と改訂しよう。


ノビタキ   2014年9月17日  長野県 安曇野市

ノビタキ   2014年9月17日  長野県 安曇野市

 ノビタは4羽いた。なかなか近寄れず、ノビタの追っかけで今日の午後は終わってしまった。杜鵑のチェック、エゾやコサメビタキなどのチェックもしたかった。ツツドリの写真も撮りたかった。けれど、やはり初物には勝てず、いつものことながら、証拠写真を撮らねば雑記が進まないとノビタについて回る。たかがノビタ、されどノビタ。

 コスモスやワレモコウが咲いていたり、ススキだっていい感じ。エノコログサの茂みに転がっている錆びた鉄柵や風雨にさらされた廃材だって、格好の小道具なのだが。そんな小道具には見向きもせず、色気のないところばかりにノビタは止まる・・・ふぅ(ため息)。まぁ、明日現れる気のいいやつがきっと止まってくれるだろう。

 ノビタの他にキツネも現れた。畦でイナゴなど昆虫を食べていたらしい。シャッター音に気付き、口を開けて威嚇したつもりなのだろうか。小さかったからたぶん子ギツネだろう。がんばれ子ギツネ、安曇野の秋は短い。すぐに冬が来る。


子ギツネ?   2014年9月17日  長野県 安曇野市


9月16日 カイツブリ誕生

カイツブリの親子   2014年9月16日  長野県 安曇野市

 諏訪の鳥写真仲間の写真展を見に行く。皆さん頑張っておられ、最近、雑記帳用の証拠写真しか撮っていない自分が少し悲しくなった。

 写真展の会場へ向かう途中、写友から、御宝田池のカイツブリの1卵が孵化したと連絡をもらった。16・17・18日のいずれかで孵化すると宣言してあった。雑記帳では中を取って17日を予定日にしていた。8月24日に2卵目を産んで抱卵に入ったので、その日から数えて23日目に孵化すると推定した。計算(推定)がどんぴしゃの当たりで、ちょっといい気分。

 カイツブリは普通4月〜8月に産卵・育雛をする。信州よりずっと暖かい地方ではもっと遅くに繁殖活動をする例もあると聞く。ただ、9月の今頃、越冬カモの先陣が到着している時季に、安曇野で育雛を始めるケースは珍しいはず。9月孵化が初記録なのかは分からないが、とにかく、今回は卵を捕られることなく無事に孵化した。まずは目出度し目出度し。生まれてくれてありがとうと言おう。

 写真展を見せてもらってから、御宝田池へ向かう。久しぶりに高速をぶっ飛ばす。やはり、なんだかんだでストレスが溜まっていたのか、ちょっとアクセルを踏み過ぎた。一般道を使うより50分ほど短縮できたが、高速料金は1000円も。50分を1000円で買った訳だが・・・それにしても高速料金は高い。

 ヒナ1羽はすぐに確認出来た。毎度の、さんざん撮った親子の図だが、ともかく証拠は押さえた。これで、今日のネタはOK。しかし、もう1卵はどうなっているかを見極めなければと、池の端で粘る。

 座ったままの姿勢を続けていると、親鳥もくたびれるのだろう、たまに立ち上がり伸びをしたりする。その瞬間に残りの1卵の状況も確認出来るはず。20分ほど粘ったら、予定通り?親が立ち上がった。足元にヒナがもう1羽いた。2卵とも無事に孵化したと確認。

 下の画像で、手前にいるヒナが先に孵化した子で、親鳥の腹の下から顔を出しているヒナが後から孵化した子である。2羽ともまだ上手く脚が使えず、先の子は親の背から落っこちるように出てくる。後の子は、まだ腹の下から出て背に登らない。たぶん、1、2時間前に孵化したのではと推測する。

 御宝田池へコガモが20羽ほど新たに到着していた。いよいよカモシーズンが始まる。越冬ガモとカイツブリのヒナのコラボは是非撮らなくてはと、あれこれイメージしながら家路につく。

 そうそう、御宝田池の端に桜が1本生えているが、カイツブリを見ている間に、そこへも杜鵑が1羽飛んで来た。背中の色の濃さからツツドリではないかと遠目に見たが、正確ではない。やはり渡り杜鵑の多い年なんだろう。



9月15日 続々杜鵑

カッコウ 幼鳥   2014年9月15日  長野県 安曇野市

 目が杜鵑ばかりを探しているからか、それとも私のフィールドが、今季だけ渡りのメインコースになったのか、ともかく次々に杜鵑が現れる。13日のカッコウ成鳥と見えた2個体までで、確認した個体は10羽になった。13日までの杜鵑の実数は10羽でいいと思う。

 今日は、カッコウかツツドリか不明な杜鵑2羽と、カッコウとツツドリの幼鳥がそれぞれ1羽、合わせて4羽がいた。私のフィールドで、過去に、渡り途中の杜鵑の中には、まれに2、3日逗留する個体がいたと記憶している。もちろん1日も滞在しない個体もいた。

 12日以降は同じ場所で観ているので、同一個体を見ている可能性がある。それで、実数は言えなくなったが、今日の4羽で延べ14羽を見たことになる。例年の5、6羽に比べたら倍である。

 今日のカッコウ幼鳥の画像は同一個体です。1日1回は葉隠れの術が解けるので全身を撮れるチャンスがある。背景がうるさくて・・・なんて考えず、カッコウ君に感謝しなくては。


カッコウ 幼鳥   2014年9月15日  長野県 安曇野市

 どこでだったか忘れてしまったが、ツツドリの幼鳥にも後頭部に白斑のある個体がいると記載があった。真偽のほどは分からない。また、最近出版されている野鳥図鑑には後頭部の白斑について記載がない。(日本野鳥の会のフィールドガイド、コリンズのBIRD GUIDE には識別ポイントとして記載がある)
 というわけで、識別には白斑以外のポイントもチェックしなければならない。と言いながら、私は後頭部の白斑に、取り敢えず頼っています。

 

カッコウ 幼鳥   2014年9月15日  長野県 安曇野市

カッコウ 幼鳥   2014年9月15日  長野県 安曇野市

 とにかく、例年よりカッコウが多い。その分だけ杜鵑の延べ数が多いと今のところ言える。今季はまだツツドリを撮っていないから、しつこく同じ場所で粘っているのだが・・・。

 今日は曇天で、飛んでいる杜鵑の背面が日光で白く光らない。それで、下の個体が飛んだとき、随分黒い背をしていると見えた。私の力量では、遠くを飛んでいる姿だけでは、カッコウとツツドリを識別出来ないと先日書いた。しかし、今日はちょっと力量が上がった(感じがした)。飛んでいる姿を見て、あの背の色はツツドリと見えたから。

 

 撮影中はツツドリの成鳥と思っていたが、家のパソコンで拡大してみたら幼鳥だった。現場で気付かなかったが胸がまだ白いし、風切羽に褐色の斑がある。それに虹彩が橙色ではなく濃い茶色をしている。どうやら、第1回冬羽に換羽中の、いわゆる普通型幼鳥と思う。

 ツツドリの幼鳥も撮れたから、粘った甲斐があった。飛び出す瞬間も撮ったが、シャッターを切るタイミングが 0.0何秒ずれたしまった。上のカッコウのように翼の下面が撮れたらよかったのだが。

 ツツドリ君、明日もいるだろうか。今度は翼下面にチャレンジさせてもらおう。続々と杜鵑が現れるので、とても嬉しいのだが、すっきりした背景で撮れないことがなんとも悔しい。



9月13日 杜鵑は難しい

  2014年9月13日  長野県 安曇野市

 2014年9月13日  長野県 安曇野市

 今日は完全に予備画像、得意の空を歩くバッタの図。バッタの名前は全く知らないが、河原にたくさんいて、近付くと盛んに飛んで逃げる。
 
 撮影方法は企業秘密、なんて言わない。種明かしをすれば、実に単純。

 河原のバッタの多いところに車を止めて鳥見をしていると、時々何かに驚いて飛んだバッタがフロントガラスへ降りる。それを車内から、思い切り絞り込んだ70mmレンズ(マクロ機能)で撮影しただけ。雲が絹雲とかうろこ雲だともっと秋らしくなるが、今日の空はごく普通、平凡な空だった。

 チョウゲンボウが通ったので、バッタを捕まえて倒木の上で食べないかと、そうしたらバッチし撮ろうと待機した。しかし、チョウゲン君は上空でホバリングをしたが、すぐに行ってしまった。バッタはその後に、チョウゲンとは関係なく飛んで来た。

 昨日のカッコウの幼鳥を捜したが、見つけられなかった。もう、旅立ったのだろう。代わりに成鳥と思える杜鵑が2羽いた。私のフィールドに限れば、杜鵑の当たり年。ただし、相変わらず葉隠れの術が上手く、警戒心がとても強いので、今日も撮影出来ず。

 恥ずかしながらの証拠画像を1枚。手前のかぶっている葉を避けて、腹と下尾筒を撮ろうと、そろりと2歩右へ移動したら飛んでしまった。その後は、飛び回るものの一度も近くへ来ず、今日も敗北。

 私の力量では、葉っぱ越しに、遠くを飛んでいる姿を双眼鏡で見ても、カッコウかツツドリか識別出来ない。この2種は腹の横縞斑や下尾筒をしっかり見なければ識別出来ない。

 下の画像で、たぶんカッコウだろうと思うが、「だろう」までにしておく。ツツドリなら腹の横縞斑がもっと太いし、背の色がもう少し濃いはずだから。ともかく、私のフィールドで、杜鵑は撮るのも、識別するのも難しい。


カッコウ 成鳥??   2014年9月13日  長野県 安曇野市


9月12日 カッコウが3羽も

こんちわ!  アキアカネ ♂ と ツノアカカメムシ  2014年9月12日  長野県 安曇野市

 今日の予備画像は、カメムシとトンボのお見合い。アキアカネは枯れ木の先へ止まりたかったらしく、何度も接近を試みるが、その度にカメムシが触覚を動かすので止まれず、お見合いのまま終わった。

 16時までスカの日でした。予備だけだと寂しいと思いながら、帰りかけたら、目の前を杜鵑が飛んだ。この秋は杜鵑の当たり年のようだと思いながら、止まった枝が判ったので、そっと近付く。


カッコウ 幼鳥  2014年9月12日  長野県 安曇野市

 葉の隙間からのぞき見る。腹や首の横縞斑からカッコウらしい。しかも、3羽とも赤っぽい幼鳥。9日に幼鳥と出会った場所から1km以上離れているから別個体だと思う。ともかく、全身を見ようと少し動いたら飛んでしまった。

 それから待つこと10分。2羽の杜鵑が飛び回った。あれまッ、今日は2羽もいる、これはラッキー、どちらかを是非にもバッチし撮りたいとレンズを構える。しかし、2羽とも葉っぱの中で体の一部分しか見えない。都会の公園で桜やクルミに飛んで来る杜鵑を待つのと大違い。雑木林の中は見通しが利かずなんとも悔しい。

 2羽のどちらかが移動して、全身が見えるまでこちらは動かず、じっと我慢するつもり。ヤブ蚊を払いながら見つめていたら、なんと、もう1羽現れ、3羽で追いかけっこ。まったく、お帰り時刻が来るのに遊んでいないで1分間でいいから全身を見せてくれ・・・。


カッコウ 幼鳥  2014年9月12日  長野県 安曇野市

 3羽とも腹の横縞斑の太さからカッコウと思えたが、飛び回ったり、葉隠れの術を使ったりで、決定的な識別ポイントを見せてくない。帰り時刻が過ぎてしまったし・・・撮影を諦めるか、夕食を1時間遅らせるか・・・発想が所帯じみて嫌だけれど・・・諦めないと決める。そりゃもう、鳥馬鹿だから。

 気のいい1羽が、やっと枝先へ出てくれた。やれ嬉しや!で撮影を始めるが、後頭部も見えなければ、腹も見えない。腹と下尾筒が見えるように止まり直すか後頭部を見せてくれと、念波をいっぱい送る。幼鳥君は毛虫を探し始め、首を動かしきょろきょろと周囲を見回し始めた。

 ついに、と言っても、撮影を始めてほんの10秒後だが、後頭部が見えた。はっきり白斑がある。この個体はカッコウに間違いなし。1羽は確実にカッコウの幼鳥。3羽で飛び回った時、大きさに違いがなかったから残りの2羽もカッコウでいいだろう。

 カッコウの幼鳥は連れだって旅をするのだろうか。もしかして3羽は兄弟なのかしら。それともここで偶然出会ったのか・・・いろいろと答えの出ないことを考えてしまった。

 今季、これで杜鵑を8羽見たことになる。私のフィールドでは、もうじゅう分杜鵑の当たり年になった。次はツツドリをしっかり撮影したいが、それより前に、もっとたくさんカッコウを撮影したい。鳥馬鹿は欲張りです。ともあれ30分ほど遊んでくれた3羽に感謝。

 

カッコウ 幼鳥  2014年9月12日  長野県 安曇野市

矢印の先の白斑が、カッコウの幼鳥の決め手

カッコウ 幼鳥  2014年9月12日  長野県 安曇野市


9月11日 コガモ到着

アキアカネ ♂  2014年9月11日  長野県 安曇野市

 最低気温が20度を下回るようになると、急激にトンボが増える。空を飛び回るもの、張られたトラロープに行儀よく並んで日光浴をするものなど様々。高原や山間で避暑をしていたアキアカネがどっと里へ降りて来るのだろう。ウスバキトンボも増えて、よく目に付く。

 河原に月見草がたくさん生えているが、案外に月見草の花や蕾にトンボは止まってくれない。一番撮りたいのは月見草にとまるミヤマアカネの雄なのだが。
 今日も鳥に恵まれなかったら、トンボの話でお茶を濁そうかと用意したアキアカネと月見草。平凡でどうという画像ではないが、それなり探さなければ撮れないシーンである。


コガモ  たぶん♂  2014年9月11日  長野県 安曇野市

 樹の上の方ばかり見ているからか、今季は通過する杜鵑がよく目に付く。と言っても今日で5羽目だが。ひとシーズンに6・7羽が例年の目撃数だから、今シーズンは通過する杜鵑が多いのかも。今日も、昨日も杜鵑を見た。悔しいのは撮影出来なかったこと。
 
 逆に8、9月と通過するミサゴがいつもより少ない。ミサゴは、9月に入って白樺峠を10羽ほどが通過したらしいが、犀川でほとんど見かけない。もっとも、午前中に通過していれば出会えないが。

 代わりに、昨日も、今日もエゾビタキを見た。こちらは例年より早い。このテンポで通過するなら、たくさんのエゾを見られそうだ。

 一番の番狂わせがコガモ。例年、8月末には御宝田池へ数羽が到着しているが、今季はなかなか現れなかった。池の水面の7、8割がヒシで覆われているため、池へ降りずに通過してしまうのかなどと考えてしまう。8月31日に休耕田で8羽を見かけたが、翌日には姿を消してしまった。

 秋めいて、池を占領し謳歌していたヒシも枯れ始め、水面がだいぶ見えるようになった。そろそろと来てもいい頃とほぼ毎日池を見渡していたが、昨日まではまるで音沙汰なしだった。

 今日もだめかと思いつつ、それでもと御宝田池へチェックに。コガモが来ていました。始めに見つけた1羽を撮影。これで雑記のネタは拾えたと嬉しくなる。サービスよく羽ばたいてくれたし。

 その後、池を回ってチェックしたらコガモは11羽来ていた。これで、遅ればせながら、そう例年より遅れること10日で、御宝田池もカモの渡来期に入った。11羽が、次のコガモグループが到着するまでいてくれますように。

 コカナダモなどで巣を補強して、カイツブリは頑張って抱卵中。孵化予定日まであと6日。さて、推測は当たるでしょうか?
 わやわやと泳ぎ回るコガモやヒドリガモの間を泳ぎ回るカイツブリのヒナなんて、これまで見たことがない。そんな絵が撮れたら面白いと、大いに期待しているのだが。がんばれカイツブリ。


抱卵中のカイツブリ  2014年9月11日  長野県 安曇野市

クサシギ 第1回冬羽?  2014年9月11日  長野県 安曇野市

 休耕田のクサシギはとうにいなくなったが、犀川の河原でクサシギを見かける。そろそろ越冬組が着く頃だろうか。この個体は御宝田池にいたが、さて休憩組か、越冬組か。越冬するなら仲良くしたいものだ。雪と氷の舞台に立つクサシギの絵をたくさん撮りたいから。

 下はおまけのカワセミ。カワセミって軽いんだといつも思う。なにせ、葦に止まれるのだから。

 コガモが到着した。白鳥飛来まではまだ1か月あるが、飛来するカモをチェックしている間に1か月などすぐ過ぎてしまう。次は、コガモに混じってシマアジの幼鳥でも降りないかと夢を見る。


カワセミ  2014年9月11日  長野県 安曇野市


9月9日 三度目の

カッコウ 幼鳥??   2014年9月9日  長野県 安曇野市

 目の玉2個だけの小さな網だけれど、張っていれば何かが引っ掛かる。全く突然に杜鵑(とけん)と遭遇した。今季3羽目の杜鵑。先の2羽はツツドリらしいと見ただけで撮影出来ず。三度目の正直は、ワンシーン5コマだけ。でも証拠写真は撮れた。

 助手席から愛用の超望遠レンズを持ち上げ、鳥さんに向ける。ピントが来る、シャッターを切る。この操作に約7秒かかる。だから鳥さんが10秒静止していればものに出来る・・・はず。今日は、ラッキーにも、10秒間ほどこちらを見つめていた。この後、す〜っと林の中へ消えて、それっきり。無愛想なやつだった。あとに残るは証拠写真5コマ。でも、三度目の正直に感謝。

 この鳥さんは誰か。見た瞬間は、カッコウの幼鳥だと思った。キジバトより大きいと見えたから。しかし、カメラのモニターで拡大して疑心暗鬼。杜鵑の幼鳥は識別が難しい。カッコウの幼鳥は後頭部に白斑があるはずだが、後頭部が見えず。下尾筒の横斑も見えず。喉まで横斑があるはずだが、あるようには見えず。虹彩の色は、なんとも識別用の色をしていない。識別ポイントあとはなんだっけ・・・大いに迷ってしまった。

 頼みは雨覆の羽縁の白色部が広いこと、わずかに見える腹部の横斑が細いことでカッコウの幼鳥だろうと考えますが、自信はありません。明日もいてくれたら、もう少し細かく観察するのだが。

 ちなみに、カッコウの赤色型成鳥は、日本にはいない(来ない、通過しない)とされているが、赤っぽい、あるいは赤色型に近い幼鳥はそこそこ各地で見られます。この個体は赤っぽい個体なんでしょう。

 

エゾビタキ   2014年9月9日  長野県 安曇野市

 コサメビタキが早めに現れたから、エゾビタキも現れるのではと、都合よく考えた昨日は、空振り。しかし、今日、今季初エゾを見つけてしまった。念ずれば叶うというやつか。

 木々の隙間から、枝に止まるお馴染みの縦縞服の鳥さんが見えた。遠くで、チラリしか見えなくても、識別に悩むことはまずありません。見た瞬間エゾだ!ややこしい杜鵑の幼鳥より実に判りやすい。

 2時間で、小さな網にふたつもラッキーが引っ掛かった。こんないい日は月に3回はない。次はノビタキだが、その前にヒドリガモが到着するだろうか。水田で稲刈りが始まった。稲刈りが始まるとノビタキが来ると私の我流暦には書いてあるが、さてどうなるか。杜鵑探しにノビタキに、忙しくて?幸せです。


エゾビタキ   2014年9月9日  長野県 安曇野市

 おまけの満月の画像です。中秋の名月は昨日なのに、満月は今日。微妙にずれているのはなぜだろう・・・なんて考えないことにしましょう。



9月8日 赤い実

赤い実 メジロ   2014年9月8日  長野県 安曇野市

 休耕田にシギ・チドリが1羽もいなくなった。恒例の渡りノビタキが現れるまでまだ15日以上ある。御宝田池のカイツブリの孵化予定日は9月16〜18日だし、ツツドリも現れる時季だが、いつ現れるか当てがない。遊び相手の鳥さんがいないと辛い。

 例年より早めにコサメビタキが現れたから、エゾビタキも早めに来るのではと都合よく考えて雑木林に行く。コサメは1羽いたが、エゾはいなかった。まだまだ時期尚早なんだろう。

 今日も安全牌にチョウを撮らねばならないのかと、諦め半分、期待半分で鳥探しをしていたら、メジロの群に遭遇した。相変わらずの賑やかさでエノキの枝を飛び回り、実を食べ始めた。これはラッキーとレンズを向けるが、素早く動き回るのと、茂った葉の陰に入ってしまうので、シャッターを切るチャンスがなかなかない。

 今年のエノキはたくさん実が付いている。このまま実が残っていると、渡り途中のツグミが群がり、中にちょっと珍しいハチジョウツグミが混じっていたりするので、なるべく実が残って欲しい。でも、ヒヨドリが盛んに食べるし、メジロの集団も食べるので、ツグミの現れる頃にはほとんど実はなくなっているだろう。

 メジロの群はほんの3、4分エノキの実を食べると移動して行った。実を食べるシーンが1回だけ撮れた。画像は4コマ連続。赤い実は熟しているのだろうが、まだしっかり柄に付いているらしい。メジロ君、ぱくりとひと口で食べられず、体をひねってもぎ取った。


 エノキの実はメジロやヒヨドリだけでなく、イカルも食べるらしい。車からレンズを突き出したので、警戒心の強いイカルはエノキから素早く飛んで逃げた。しかし、未練があるらしく近くのニセアカシヤに止まってこちらの様子を伺っていた。逃げるまではよかったが、葉の陰に入らず体を晒したのは失敗だったと思う。しっかりと撮影されてしまったから。

 イカルが里まで下りて来るようになると、秋です。3羽のグループで行動していたが、2羽は第1回冬羽に換羽中の、つまりこの夏に生まれた個体でした。第1回冬羽に換羽中の個体が見られるのは、晩夏または初秋だけなので、久しぶりに、いいもの見ちゃった!気分になれました。

 鳥さんに恵まれなくても、しつこくフィールドを回っていると、何かしら楽しいことに巡り会える。だから、毎度鳥がいないとぼやきながらも、フィールドの巡回はやめられない。


イカル 手前は第1回冬羽に換羽中の個体 後は成鳥  2014年9月8日  長野県 安曇野市

イカル 第1回冬羽に換羽中   2014年9月8日  長野県 安曇野市


9月7日 初物は遠かった

モンキチョウ ♀  2014年9月7日  長野県 安曇野市

 昨日は、秋祭りの準備。労働力に駆り出され、子供相撲の土俵造りなど。3時間ほど砂をえっさと積み上げた。前日は雨降り、短時間だったが豪雨もあり、砂はびっしょり濡れていて、重いこと。

 日頃たれんこたれんこ生きているから、今日は朝から腰が、腕が・・・こちんと固まって、体を思うように伸ばせず。やれやれです。歳は取りたくないですね。

 それでも、出かける、午後。久しぶりの青空は秋の色。しばらく雑記帳をサボったから、そろそろ何とかしないと。「伏せってる?」なんて親切な方からメールが来る前に。フィールドもしばらく回ってないから、何かシギが来ているかもだし。

 シギ・チはクサシギだけ。相変わらず遠くにいるので撮影ままならず。もしかすると、鳥は1枚も撮れないかも。すると作文に窮する。それで、保証のためにモンキチョウをスナップ。光はだいぶ柔らかくなった。センダングサが咲き始め、ミンミンゼミがまだ鳴いているけれど、光はもう秋色。


コサメビタキ  2014年9月7日  長野県 安曇野市

 休耕田のチェック一旦切り上げて、雑木林へ。今シーズン、ツツドリを2羽見かけているから、そろそろ3羽目に出会わないかときょろきょろ。すると、小さな鳥が前方を横切った。見慣れた、しかし、この秋初のコサメビタキ。これはゲットしなければと、レンズを車中から担ぎ出すが、遠くて想うように撮れず。ちょっと、いらッ。

 林の中はヤブ蚊が多くて、レンズを構えているとすぐに寄ってくる。昨年までは、ヤブ蚊なんてさして気にもしなかったが、今はなんとなく薄気味悪い。用意した虫除けスプレーで、鼻が痛くなるほどまき散らす。そんでも、しつこい蚊はやって来るから叶わない。

 コサメビタキは3羽いた。3羽とも木の高いところで虫を探していて降りて来ず。遠い初物を、少しは初秋のムードも背景に写し込んで・・・いろいろあがくが、証拠写真程度。


コサメビタキ  2014年9月7日  長野県 安曇野市

コサメビタキ  2014年9月7日  長野県 安曇野市

 それから御宝田池へ。例年コガモが数羽は来ている時季なのだが、どうもヒシが水面を覆っているので、嫌われているらしい。カルガモとマガモが、水のなくなった水田などから引き上げてきて池にたむろしている。他のカモはいないかと探すが見つけられず。茂った草の中にいると見えない場合もあるので、立ち位置を変えて双眼鏡。しかし、見つけられず。

 やむなく、池周辺でトンボのチェック。「ときどきトンボ」もデータが積もり始めると、それなりチェックとデータ集めが止まらなくなり。まだ、チョウトンボがいて、クロイトトンボ・セスジイトトンボ・・・もいて、凝り性です。

 周辺をひと回りして、池へ戻ると、池内の人工島からカモが押し出されて、ヒシの原へ飛んで降りた。どうも、マガモに意地悪された感じ。降りたカモは、マガモよりひと回り小さいかった。

 一瞬、コガモみっけと思い双眼鏡。ピントが合う。おッ!コガモじゃなくてオナガガモ。この秋初のオナガガモでした。御宝田池でコガモより先にオナガガモを見つけたのは初めてのこと。この後、オナガガモはそそくさと人工島の草陰に入ってしまい、遠いお姿を記念撮影出来ただけ。それでも、嘴の雄の特徴まで確認出来た。


オナガガモ ♂ エクリプス  2014年9月7日  長野県 安曇野市

 帰りにもう一度休耕田をチェック。クサシギは相変わらず遠い。茂り始めた草の間を見ていたら、コチドリがいた。先ほどチェックしたときは何処かに隠れていたのか。それとも、犀川の河原から飛んで来たのか。冬羽に換羽中の成鳥だろう。

 コサメビタキが来たし、オナガガモも来た。渡り途中だろうコチドリも。どうやら「つかの間のシギシーズン」は第2幕が開かないまま終わり、フィールドは次のステージ、越冬ガモの飛来へと進んだらしい。秋です。


コチドリ 成鳥  2014年9月7日  長野県 安曇野市


9月2日 当たり年?

クサシギ 幼鳥  2014年9月2日  長野県 安曇野市

 昨日、2羽だったクサシギが3羽になっていた。昨夜に1羽が来たのだろう。同種なんだから仲良くすればいいのに、後から飛来した1羽を先着の2羽が追い出していた。この場所は8枚ほど水が張られた休耕田があるし、休耕田1枚もかなり広い。1羽増えても食いはぐれることなどないだろうに。セイタカシギもそうだったが、渡りの途中でも、縄張り意識が脱けないのだろうか。


先着組の2羽  クサシギ  幼鳥  2014年9月2日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ  成鳥  2014年9月2日  長野県 安曇野市

 この秋は飛来するシギが多めである。当たり年というやつか。有名探鳥地に比べれば、笑ってしまうほど少数のシギしか降りないが、ヒバリシギの幼鳥が少なくとも2羽降りた。セイタカシギが6羽も来たし、アカエリヒレアシシギも4羽も来た。これらはひとシーズンの飛来数としては、私の知る限りで記録だと思う。

 画像はアカエリヒレアシシギ4羽のうちの1羽。この個体は冬羽に換羽中の成鳥である。そこまでは判るが、雌雄の識別は難しいので、首の赤褐色の濃さから、なんとなく雌らしいまででやめておく。ちなみに残りの3羽は幼鳥である。

 16時頃、この休耕田には何もいなかったので、御宝田池へチェックに回った。上空をミサゴが通過しただけで、新顔のカモは見当たらなかった。今日も渡りミサゴが通った。カイツブリは抱卵中。まだオオヨシキリがごそごそしている。そんなメモしか出来ず。
 
 帰路、再度休耕田の横を通ったら、写友の車から大砲レンズが出ていた。この間およそ1時間。およッ!と、レンズの先を双眼鏡。あらまッ、さっきはいなかったのにアカエリが、それも成鳥がいるではないか。とうわけで、先着の写友の後ろに車を止めて、1年ぶりのアカエリを堪能した。

 第1幕は終わってしまったと考えていたが、どうやらまだ幕は下りていないらしい。今年は当たり年かも、そう想えて、ちょっと嬉しくなった。


アカエリヒレアシシギ  成鳥  2014年9月2日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ  成鳥  2014年9月2日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ  成鳥  2014年9月2日  長野県 安曇野市


9月1日 雨降りだったけれど

モズ 幼鳥  2014年9月1日  長野県 松本市

 我が家の庭に時々来るモズッ子。猫の「あけび」が庭へ出ると、目ざとく見つけて、キチキチキチ・・・と大声を上げる。その声で、猫の居所とモズの居所が分かる。高い木の上で鳴いていればよいものを、猫の近くまで来て鳴き叫ぶのはモズの性なのか。幼鳥でもモズはモズなんだろう。「あけび」は大喜び、モズの下で跳ね飛びするが、幼鳥とはいえ猫につかまるほどモズッコもドジでない。間もなく騒ぎは収まる。
 この2、3日急に涼しくなった。最低気温が20度を下回った。幼鳥君早く冬羽に着替えなければ、信州はすぐ寒くなるから。
 

クサシギ  2014年9月1日  長野県 安曇野市

 昨日アオアシシギのいた休耕田にコガモが8羽いた。シギに目を集中したので、コガモをマジに見なかった。

 コガモがそろそろ飛来する頃と雑記する前に現れてしまい、手順前後の感じだが、今日しっかり撮影してコガモ初認を書こうと、雨降りだったけれど、休耕田へ出かけた。コガモの幼羽とエクリプスの識別の勉強もしたかったし。

 ところが、休耕田は流入する水が止められていて、ほぼ干上がっていた。いたのはチュウダイサギだけでシギもコガモもいなかった。5羽のセイタカシギとアオアシシギは近くの休耕田にいたが、そちらも水の流入が止められていて、明日には干上がってしまうだろう。いよいよ第1幕は閉じるのか。

 別の地区の休耕田を見に行く。こちらも水が止められると、フィールド内に水の入った休耕田はなくなってしまう。第2幕が開かないままシーズンは終わってしまう。

 雨降りの中、かなり気合いを入れて鳥を探す。最近白いサギが水田地帯に増えている。たぶん渡り途中のサギが入っているのだろう。今日もサギだけかと諦めかけていたら、彼方にシギが。タカブシギであって欲しいと双眼鏡・・・残念ながらクサシギでした。クサシギは越冬する個体もいるが、この個体は旅の途中だろうと思う。クサシギの幼鳥は2羽いた。

 

クサシギ 幼鳥  2014年9月1日  長野県 安曇野市

コチドリ 幼鳥  2014年9月1日  長野県 安曇野市

 何とか近くまでクサシギが来たので、やれ嬉しやと撮影を始めたら、お節介なハクセキレイがモビングをした。ハクは近くにいたキセキレイにモビングをしたのだが、2羽がクサシギすれすれを高速で飛んだので、つられてクサシギも飛んでしまい、はいそれまで。

 飛び回るクサシギと一緒に飛んでいる小さな個体が目に入った。いつの間にどこから飛び上がったのか判らなかったが、2羽が揃って飛び回り、小さい方は別の休耕田へ下りた。

 しめしめと駆けつけたら、コチドリの幼鳥だった。なんだコチドリかと思ったが、この秋初認のコチドリだったから、記録撮影はしておかなければと連写。雨が跳ねている瞬間が写り込むといいのだが、そう思いながら連写したが、案外写らないものですね。

 御宝田池をチェックするがコガモは見えず。最後に白鳥湖もチェックしたが8羽のコガモモはついに見つけられなかった。もう、この地にはいないのだろうか。

 脱走して連れ戻され、以降大人しく夏を過ごした傷病コハクチョウを秋雨ムードで撮る。たくさんいるマガモやカルガモが写り込まないよう頑張る。「ぴ〜ちゃん」を撮って今日の鳥見はタイムアウト。雨降りだったけれど、コガモは見られなかったけれど、クサシギを見たから、今日もよかったことにしておこう。

 

傷病コハクチョウ ぴ〜ちゃん  2014年9月1日  長野県 安曇野市


8月 ホームヘ 10月