私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


9月 ホームヘ 11月

10月31日 カメラおたくの話

キンクロハジロ ♀  2014年10月30日  長野県 安曇野市


 天候 快晴  撮影14時27分 EOS 7D MarkⅡ
 絞り値  f 7.1
 露出時間 1/5000
 ISO 速度  3200
 露出補正 0 ステップ
 焦点距離 600mm (960mm相当)
 測光モード 部分
 露出プログラム 絞り優先
 白バランス 自動
 JPG ラージ
 

 カメラ屋さんで、開店早々から鳥写真仲間とワイワイガヤガヤと大騒ぎして新機種を購入する。その店、初回分は5機入ったそうな。そのうち4機をお馴染みの鳥写真仲間で買ってしまった。

 バッテリーグリップをただでくれると言うキャンペーンに載せられて、半ば衝動買い?商売上手なのか、はなからグリップ代を引いた価格で出荷出来るのに、グリップ代を込めて価格を設定したのか・・・まぁ、食い付くのは鳥写真屋が多いでしょうか。それにしても、グリップ1万個のサービスを、2万個に増やしたということは、キャノンさん商売上手なんでしょうね。

 ちなみにボディのみで20万円ほどの機種だから、2万台売れたら、もうけは・・・??。グリップは約3万円。

 個人的には、映像エンジンのDIGIC 6 の威力に、秒間10コマ撮影可能より興味がある。パワーショットの6より、少し手を加えてあるとのうわさ話もあるが・・・さて、1Dx の5+と比較してどうだろう。

 気に入らないことは、ごまめの歯軋りだが、付属のCDやカメラの機能が、Win の7以降のバージョンでないと動かないこと。まだ、Vista で頑張ってる私は捨てられた感じ。

 カメラおたくの話が続きます。早速テ自分が一番多用するモードや設定でテスト。滅多に使わない、生画像をアップします。元画像はもちろんノートレミング、加工いっさい無し。

 キンクロハジロが記念すべき初撮りひとコマめ。レンズはいつもの愛用600mm。天候は快晴。データーは左にあります。感度が高いのは、その付近を常用しているからです。

 画像の評価は、色の再現も、悪くはない。当然7Dよりいい。しかし、快晴の順光では、そう違いは見つけられないかも。


キンクロハジロ ♂  2014年10月30日  長野県 安曇野市
 この時は、ハイライト部分の処理についての設定はしていなかったので、白飛びはかなり顕著。中央部で部分測光をしているから水滴が白飛びするのは仕方がない

 これを参考に、ボタンをちょんちょんと押し、ダイヤルをぐるぐる回して、初期設定を自分好みに変えて行く。

 天候 快晴  撮影14時30分 EOS 7D MarkⅡ
 絞り値  f 7.1
 露出時間 1/2500
 ISO 速度  3200
 露出補正 0 ステップ
 焦点距離 600mm (960mm相当)
 測光モード 部分
 露出プログラム 絞り優先
 白バランス 自動
 JPG ラージ


キンクロハジロ ♀  2014年10月30日  長野県 安曇野市
 
 測光モードを「パターン」に変えてみる。水面の青さがどのくらい再現出来るか、カモが黒く潰れないか・・・なんて、技術屋さんには失礼な話だろうが、自分で確認しなければ先へは進めないから。「部分」で撮るか「パターン」で撮るか。ほとんど「パターン」は使わないが、こんなシーンは「部分」よりいいかも。7D(DIGIC4)より色の再現はずっといい。

 天候 快晴  撮影14時35分 EOS 7D MarkⅡ
 絞り値  f 7.1
 露出時間 1/8000
 ISO 速度  3200
 露出補正 +0.7 ステップ
 焦点距離 600mm (960mm相当)
 測光モード パターン
 露出プログラム 絞り優先
 白バランス 手動 太陽光
 JPG ラージ


アオサギ  2014年10月30日  長野県 安曇野市

 アオサギがやって来たので、早速試し撮り。露出補正が1/3オーバーだったので光の当たっている部分が少し飛んでしまった。いつもの補正無しの「部分測光」で撮る方が手慣れているから、もう少し白飛びは少ないと思う。

 天候 快晴  撮影14時46分 EOS 7D MarkⅡ
 絞り値  f 7.1
 露出時間 1/8000
 ISO 速度  3200
 露出補正 +0.7 ステップ
 焦点距離 600mm (960mm相当)
 測光モード パターン
 露出プログラム 絞り優先
 白バランス 手動 太陽光
 JPG ラージ


ツグミ  2014年10月30日  長野県 安曇野市


 天候 曇り  撮影16時36分 EOS 7D MarkⅡ
 絞り値  f 7.1
 露出時間 1/60
 ISO 速度  3200
 露出補正 +0.7 ステップ
 焦点距離 600mm (960mm相当)
 測光モード 部分
 露出プログラム 絞り優先
 白バランス 手動 太陽光
 JPG ラージ

 マミチャがまだいるか見に行く。雨が降り出しそうな暗い曇り空。梢のツグミ類は全部真っ黒に見えて、種は分からず。それでもうろうろしていたら、マミチャがまだいた。当然29日以上の画像をと粘ったが、相変わらず葉隠れが上手で、お見せ出来るような画像の撮影はならず。

 雑木林、今日は大変なことが起きていた。ツグミの渡り途中の群がどっと入ったのだろう、物凄い数のツグミ。何羽いる数えられず、いっぱいいるとメモ。

 そのうち、何かに驚いて、たぶんオオタカが通過したのか、狙ったのだろう、一斉にツグミが飛び立ち空を飛び交った。鳥馬鹿は100までは数えられる。100を超えるとかなり雑になり、150を超えると数えるのが嫌になる。ツグミは150羽以上いた。 

 ハッキリしたのは、その飛び回る150羽以上のツグミとは関係なくエノキに群れている20羽ほどがいて、その中にシロハラやマミチャが入っていた。

 ツグミが水溜まりで水を飲む。それで水溜まりの近くで待ち伏せる。シロハラと普通のツグミは来たがマミチャは来ずで、今日も振り回されて3時間が終わった。

 16時半を回ると、厚い雲のせいで、遠くを歩いているツグミの色が肉眼でハッキリ見えないほど薄暗くなった。そこで、カメラのテスト。昨日は三脚を使用していたが、今日は車の窓にレンズを載せて撮ったから、少し手ぶれしている。

 色はしっかり出た。晴天下ではないから、画像は荒れる。肉眼で色がよく見えない状況でも、これだけ再現してもらえれば十分。7Dだと、感度は800が限度だから、今日の状況だと撮れなかった。本体価格が倍になった分このくらいは頑張ってもらわなければ。

 薄暗がりでは、1Dx と比べると、画像の質は落ちると思う。ただ、AFのスピードはほぼ変わらないと感じた。細かい比較はこれからゆっくりすることにして、取り敢えず7Dの倍の価格で購入したMarkⅡだから、倍の働きをしてもらわなければ。でも、常用するのは、やはり1Dx になりそう。



10月29日 手強いやつ

マミチャジナイ 第1回冬羽  2014年10月29日  長野県 安曇野市

 マミチャは手強いやつだった。3時間粘って、撮れたのは上の画像、ワンシーン8コマのみ、1回シャッターボタンを押し、連写しただけ。暗い林の中、たっぷり露出補正をして、感度も上げて、証拠写真ならこれでいいだろう程度は撮れた。昨日の証拠写真より一歩進んだ。

 マミチャは下のような環境でひたすらエノキの実を食べていた。下の画像はシロハラだが、全身がよく見えた方で、どの鳥も葉や小枝がじゃまして、体の半分も見えない。見えなければ撮影もできない。よくもまぁ、3時間もエノキを見上げていたものよ、と自分で自分に感心する。首が痛くなった。

 下のシロハラも第1回冬羽だろう。全身が見えた瞬間は、マミチャの2羽目かと思った。見たいと念じていると、なんでもマミチャに見えてしまう。マミチャが1羽なのか、複数いるのか、まるでわからない。シロハラは成鳥も含め複数いると確認できたが。

 マミチャが雑木林に入って何日目か分からない。エノキの実はまだたくさんあるが、そろそろ脱けそうと、なんとなく嫌な予感がする。明日も手強いマミチャに挑戦出来るといいのだが。


シロハラ  第1回冬羽  2014年10月29日  長野県 安曇野市

 帰路に白鳥湖へ寄る。コハクチョウはただ今5羽。10月下旬は、だいたいいつもこんな数。下の2羽が今季初撮りの白鳥写真。毎度の平凡な1枚です。HDの中には、同じような画像が溢れている。それでも、目の前を飛ばれると、撮ってしまう。北アルプスがもっと低くて、夕日がもっと赤ければ、もちょっと気分が出るのだが。


コハクチョウ  2014年10月29日  長野県 安曇野市

 残りの3羽。2羽と1羽の合同。たぶん、2羽、2羽が番で、1羽(下の左の個体)がはぐれ者だろう。

 今朝、初霜が降りた。冬がにじり寄って来る感じ。我が家の庭へもジョウビタキが現れた。猫の「あけび」にやられなけばいいのだが。明日の朝も冷えそう。明日の朝、白鳥が増えている予感が。


コハクチョウ  2014年10月29日  長野県 安曇野市


10月28日 マミチャ!

ツグミ   2014年10月28日  長野県 安曇野市

 ツグミの追っかけに行った。ツグミはふたグループいて、総数30から40羽。ひとつのグループは見えた限りだが普通のツグミだけ。鳴き声も、例の「ケケッ」しか聞こえず。1羽を記念撮影して追っかけは終わり。

 もうひとグループがややこしかった。イカル、ヒヨドリも混じって高いエノキの上部で盛んに飛び回っていた。聞こえる鳴き声も「ケケッ」以外に「ヅィー」が聞こえる。見上げてもほとんど姿は見えず、葉陰にチラリと見えるのは腹部ばかり。腹と脇腹の色や斑を頼りに識別をするが、よく見えないのでイラッ・・・。

 普通のツグミがいる・・・腹が白いからシロハラ?と思ったら、チラリ見えたのはイカルのお腹・・・普通のツグミ以外に、聞き慣れない声がしたから、絶対にややこし君がいるはず。

 その混群は、すぐに移動してしまう。雑木林のあちこちにエノキの高木があり、あちらへ、更にあちらへと移動するから、ついて行かざるをえない。始めのエノキで待ってもよいが、戻る保証はないし。
 ときどき全身がしっかり見えるので、しめたとレンズを向けると、ヒヨドリだったり、普通のツグミだったり・・・。

 

アオジ   2014年10月28日  長野県 安曇野市

 雑木林の夏から初秋は、ジョロウグモの巣がたくさん張られていて、歩き回るとすぐに引っ掛かってしまう。あの、べたッと顔に貼り付くクモの巣の気持ち悪さ。それと、地上一面に、更に立木の中程まで、びっしりとアレチウリが繁茂しているから、歩けるルートを探すのにひと苦労する。

 アレチウリは全国的に分布していない外来種だから、想像出来ない方もいらっしゃるだろう。クズの蔓が渦巻いて、土手や灌木を覆っているシーンとよく似ている。ただ、クズは触ってもどうと言うことはないが、アレチウリは繊毛がびっしり葉や茎に付いていて、触るとちくちくと痛い。それも、いつまでも痛いから、へたに素手で触ると、「えらい目」に会う。それで、夏は林の奥へは入らない。

 秋も終わりかけの時期になると、アレチウリは9割方枯れてしまい、存在したのさえ忘れてしまうほど、すっきりとなくなる。ジョロウグモの巣も、真剣に探さねば見つけられないほど、少なくなる。いや、ほとんどなくなる。それで、雑木林内はとても歩きやすくなる。ただ、木々の葉がまだしっかり残っているので、見通しは悪い。

 ついに、ツグミの入った混群に追いつけなくなった。仕方がないので、群がひと回りして戻って来ると信じて、灌木の陰で待つことに。
 そうそう、今日は猿より賢かったので、始めからしっかり重たい機材を担いでいた。それもあってくたびれたので、ひと休み。

 休んでいても、鳥見はします。アオジが出て来た。たぶん第1回冬羽個体だろう。カシラダカも10数羽の群が「チッ」「チッ」と鳴きながら枝先へ飛び上がったり、地面へ降りたり。やけに胸や喉の斑が黒い個体が目の前へ。どうもクモを捕らえたらしい。地面で種子類を食べるだけかと思っていたが、動物食も摂っていた。この個体も、たぶん第1回冬羽。今どきの林には若者が多いらしい。


カシラダ   2014年10月28日  長野県 安曇野市

 混群が戻って来た。やれ嬉しやと、また双眼鏡で見上げる。普通のツグミが数羽見えて・・・アカハラもいる!と脇腹の色から思う。ところが、全身が見えたら、そのアカハラは、白い眉がある。ワッ!マミチャだ!

 マミチャジナイというツグミ属の1種。言いにくいので、業界では普通マミチャと略して会話する。普通のツグミほど簡単に出会えるツグミではない。この雑木林でマミチャと出会ったのは始めて。これは記録である。

 マミチャとなれば、絶対証拠写真を押さえねば。ふたたび混群の後をついて行く。マミチャは高い所が好きらしく、全然降りて来ない。梢付近で見え隠れ。見えても前かぶりが多くて写真にならず。1時間、ひたすら、出て来いマミチャと念じながら梢を見上げる。

 いつもお帰り時刻の目安にしているFDA機が上空を通過した。そろそろ帰らなければ・・・いや、もちょっと・・・16時を回る。まもなく陽が山に落ちて色が分からなくなる・・・16時12分、マミチャが彼方の枝に。2時間半粘って、やっと全身がすっきり見られた。枝1本前かぶりだが、証拠写真は撮れそう。

 このマミチャジナイも第1回冬羽個体と思う。明日はもっとましな画像が撮れるように、雑木林の神様にお願いして、山の端へ落ちる太陽を見ながら林を出る。今日はいい日だった。

 

マミチャジナイ   2014年10月28日  長野県 安曇野市


10月27日 アオゲラ

アオゲラ ♀   2014年10月27日  長野県 安曇野市

 川筋を離れ、今日は雑木林。南風が強くて生暖かい。10月下旬なのに薄着で出歩ける。それは楽でいいが、風が強いと、鳥さん達は茂みの中へ潜ってしまったり、地面近くへ降りてしまう。鳥見には不向きな日。

 今日の特記事項は20羽ほどのツグミの群が来ていたこと。まだ着いたばかりらしい。落ち着きがなく、あちこち飛び回るからチェックが上手く出来ず。

 取り敢えず10羽を確認したが、全部普通のツグミ。内心がっかり。春と秋に雑木林を通過するツグミの群に、毎年ハチジョウツグミが混じっている。50羽通過して1羽入っているほどの確率だが。それを見つけるのが楽しくて。それを撮影出来ると、やっほ~~!なのだ。ツグミチェックは明日以降の楽しみに。

 

   最近林で目立つのはアオゲラ。この秋は数羽がいつも林を回っている。おそらく5、6羽いると思う。アオゲラは風が強くても普段通りの行動をするから、今日のような風吹き日に遊んでもらえる嬉しい存在。

 なんとか秋らしい背景で撮りたいと、知恵比べ。ご馳走のある場所へ先回りして待ちかまえる。しかし、敵も然る者、たいていレンズを構えている場所をスルーして、ちょっと先の幹でキョ、キョと鳴き声を立てる。笑われているみたい。

 でも、たまには作戦勝ちの日もある。ヤマウルシで待っていたら2羽がやって来た。レンズが見えたのだろう、雄の方はいつもパターン。素通りしてしまった。こんなとき雌の方が根性がある。しっかり食事をしてから飛んでいった。

 アオゲラは日本固有種。それこそ日本列島にしかいない。しかも、北海道・沖縄にもいない。外国の通な鳥見人が見たがる鳥はオシドリ、セグロセキレイ、アオゲラ、カヤクグリ・・・この辺りは、我らには普通種なのだが。アオゲラをご指定なさるような通は、すでにヤンバルクイナ、ノグチゲラなどはクリヤーしていたりする。

 アオゲラは普通は昆虫を食べる。木の幹をつついて幼虫を引っ張り出すシーンはよく見かける。聞くところに寄ると、クモも食べるらしいが、未だにクモを捕食したアオゲラは見たことはない。

 木の実も食べる。ヤマウルシやマユミの実が好みらしく、秋にはどきどきついばんでいる。今年は、マユミ、ツルウメモドキ、ヤマウルシなどは不作で、アオゲラを始め鳥たちにはご馳走の少ない冬になりそう。



10月25日 主(ぬし)君現れる?

オオダイサギ   2014年10月25日  長野県 安曇野市

 上の画像の拡大

   ①の部分が脛(すね)
   ②の部分が跗蹠(ふしょ)

 鳥の各部の名称は難しくて、面倒くさい。今どきのオオダイサギは跗蹠まで肉白色をしていないが、2月末になると、跗蹠まで肉白色に変わる。

 昨日の続きで、白いサギの追っかけに午後を使う。鳥馬鹿の幸せな午後3時間。

 昨日、白いサギが10羽ほどの団体で中州にいた。昨日の朝か午前中に、私の回っているフィールドへ到着したと思う。1日経つと、だいたい団体は犀川の各所へばらける。そして、御宝田池へも入り込む。普通そんな経過をへて越冬場所へ散らばる。彼らは犀川や周辺の川筋で食べ物を探し、まず水田地帯へは入らない。

 先のふた冬、1羽のオオダイサギが御宝田池を占領した。通過したり、入り込む他のオオダイサギを執拗に追い出し、独占を続けた。それで、御宝田池の主さんと呼んでいた。もちろん、私の勝手に着けたあだ名である。

 今日、御宝田池にオオダイサギが1羽いた。この脚の肉白色は間違いなくオオダイサギの証し。主さんが現れたと推測している。もちろん個体識別は出来ないから、昨冬と同一の個体が来たと推測しているに過ぎないが。そうした方が、夢があっていいではないか、と鳥馬鹿は勝手に決めている。

 ちなみに、チュウダイサギも渡り途中の個体がまだ現れる。そんな個体が1羽単独でいると、遠目にはどちらのダイサギか迷う。しかし、今どきのチュウダイサギで、脛がここまで肉白色をしている固体はまずいない。まれに脛がちょっと白っぽいかなと見える個体もいるが、ほとんどのチュウダイサギは脚全体が黒い。

 

魚を捕らえたアオサギとそれを見ているオオダイサギ   2014年10月25日  長野県 安曇野市

 アオサギと並ぶと、オオダイサギは気持ち大きいから比較して識別が出来るが、なかなか2種はぴったりと並んでくれない。オオダイサギが近付くと、アオサギが離れてしまう。見た目に自分より大きいやつを避けているかに見える。

 池の人工島で休憩していた主君、アオサギが食べ物探しを始めると、その近くへ飛んで行き、やはり食べ物探しを始めた。アオサギが魚を捕らえると、主君は早速アオサギのいた場所へ移動し、占領。


魚を捕らえたオオダイサギとそれを見ているアオサギ   2014年10月25日  長野県 安曇野市

 その場所で、オオダイサギも魚を捕らえる。アオサギがそれを見ている。

 俺が見つけた場所なのに、横取りしやがって・・・でもあいつの方が強そうだから・・・。アオサギ君はそんな風に見ていましたとさ。

 このあと、アオサギは諦めたのか、横の用水路へ移動して行った。


たぶんチュウダイサギ   2014年10月25日  長野県 安曇野市

 御宝田池から、犀川本流へ移動。昨日サギが群れていた中州をチェックに行く。白いサギは、チュウダイサギと思える個体が1羽いただけ。
 それから、昨日いた10羽前後の白いサギ、6羽まで数えられたオオダイサギはどこへ行ったか、犀川沿いに遡り白いサギ探し。

 御宝田池近くの犀川と高瀬川の合流点に3羽を見つける。遠いのと陽炎で画像がクリヤーにならないのとで識別が難しかったが3羽ともチュウダイサギと見えた。サギを見ながら、高性能のプロミナを買わないと、双眼鏡ではこんな時は不便と思う。しかし、先立つものが・・・。

 ここまで、白いサギを5羽確認出来たが、肝心なオオダイサギは1羽しか見つけられず。


たぶんチュウダイサギ   2014年10月25日  長野県 安曇野市

 オオダイサギを探して移動中にムクドリが柿に群がっていた。15時を回り陽はだいぶ傾いて、柿が綺麗だった。サギ探しをちょっと中断してムクドリ撮影。たわわな柿と混み合った枝で、ムクドリはたくさんいるのに全身が見えない。おまけに、レンズを向けると、見えない方へ、見えない方へと移動してしまう。せっかくの斜陽で柿が輝いているのに・・・。


ムクドリ   2014年10月25日  長野県 安曇野市

ムクドリ   2014年10月25日  長野県 安曇野市

 16時を回る頃、最後に白鳥湖へ辿り着く。堤防に大砲レンズがいっぱい。顔なじみの鳥好きさんがいっぱい。久しぶりに長玉の並ぶ光景を見た。

 白鳥湖(犀川ダム湖)にもサギが集まる場所がある。下の画像の柳を中心に、9月中の2、3週間、渡り途中のチュウサギやコサギ、チュウダイサギが50羽以上も群れてねぐらをとる。柳に白い花が咲いたと遠目に見えるほど集中する。
 稲刈り前の水田にイナゴなど昆虫類がたくさんいる時期、昼は水田で採食、夜は犀川ダム湖でねぐらをとる。これが、白いサギの毎秋繰り返す行動パターンである。

 10月15日を過ぎると、白いサギは渡ってしまうので、ぱったりといなくなる。コサギさえ見かけなくなる。そして、10月20日を過ぎると、北から渡ってくるオオダイサギが現れる。

 今日、その柳に5羽の白いサギがいた。5羽ともオオダイサギでいいと思う。左から2羽目の奥にいる個体は後から飛来した。チュウダイサギに見えたが確証はない。とにかく、白いサギ11羽を見つけた。うち、オオダイサギは6羽でいいと思う。この数字、昨日中州で見た数にほぼ同じである。どうやら、昨日飛来した白いサギは散ったけれど、オオダイサギ5羽はまだ団体を崩していないようだ。

 推測だが、御宝田池の主君は、昨日中州にいた団体とは別に、今朝飛来したのではないか。それなら、犀川ダム湖のオオダイサギの団体に加わらず、単独で御宝田池にいる説明がつく。

 物好きの白いサギ追っかけ、今日の部は終わりました。今日いたチュウダイサギは間もなく姿を消し、オオダイサギはもう少し増えるだろう。犀川ダム湖にいた5羽の団体は、さらに南下するために、まもなくいなくなるとも考えられる。

 下の画像、なにげにオシドリの雄が写っていました。どこにいるか、お分かりになりますか。

 


10月24日 オオダイサギ?

オシドリ 中央   2014年10月24日  長野県 安曇野市

 毎度お馴染みのカモばかり、しかしオカヨシガモが10羽ほど入ったから、御宝田池も例年通りの顔ぶれとなった・・・例年通りオカヨシガモと交替にヨシガモが消えた・・・オオバンは30羽になった。昨日の倍・・・例年と違ってオナガガモが増えない・・・キンクロハジロとホシハジロも増えているのに・・・7日に来たスズガモの幼鳥はしっかり馴染んでいるから、ここで越冬すると決めたのだろう・・・。

 こんな具合に池を双眼鏡しながら考えたり、メモしたり。池に突き出すように作られている桟橋、そこはカモたちの昼寝の場所である。たいていオナガガモが占領していて、ヒドリガモが数羽混じっている。いつも見るのは最後。どうせオナガガモだらけだからと思い。

 ところが、今日はどっきり。珍しい顔が1羽いた。オシドリは毎秋数羽が、数日池で休憩し、何処かへ去って行く。ただ、桟橋に上がって休んでいる姿は今まで見ていない。それで、どっきり。そろりと近付いて記念撮影。

 平凡な人工池だが、しつこく見ていると、毎日何かが起きているから楽しいものです。たかがオシドリ1羽でも。

 

オシドリ 中央   2014年10月24日  長野県 安曇野市

 昨日、明日オオダイサギが来ているかもと書いた。それで、オシドリのスナップはちゃちゃっと切り上げて、お楽しみのサギチェックに回る。

 犀川の流れの真ん中にサギの集まる洲がある。ダイサギ、アオサギ、たまにコサギが入り、かなり賑わう。昨日はそこも含めて、私が見ている範囲内に白いサギは1羽も見かけなかった。それで、チュウダイサギは渡ってしまったのだろうと書いた。

 今日その中州をチェックすると、白いサギが何羽もいるではないか。あれあれである。下の画像のように雑草の中で休憩していて足先まで見えない。それでも、アオサギと大きさを比較して、オオダイサギが来たのだろうと、取り敢えず判断した。御宝田池へ現れるようになると、それはまもなくだろうが、識別可能になるのだが。

 昨年は24日に6羽のオオダイサギが現れた。くしくも、今日は24日、話が出来すぎていると自分でも思うが、偶然の一致はたまに起きる。ただ、気圧配置など気象条件が昨年と似ているから、あながちオオダイサギの出現は偶然でもなさそう。

 白いサギが何羽いるか、あちこち場所を変え、角度を変えて数える。中州へ近づけないので、雑草の中までしっかり見えない。それでも、白いサギは10羽まだ数えられた。その中で、明らかにアオサギとほぼ同じか大きいダイサギは6羽まで数えられた。雑草の中にすっぽり入っている個体は、頭部の一部しか見えないので、正確な数は分からない。またアオサギと共に飛び出した白いサギ3羽はチュウダイサギだった。たぶん、南へ移動中の個体が休憩しているのだろう。とにかく、オオダイサギはアオサギより気持ち大きいから、たぶん6羽はオオダイサギでよいだろう。

 明日になるとあちこちに散らばるから、しっかり識別が出来るはず。とにかく、オオダイサギがフィールドへ来たと、仮の記録をしておこう。たかがダイサギで興奮出来るのだから、明日の楽しみを拾えるのだから、鳥馬鹿は単純です。


左から2羽目と右から2羽目が オオダイサギと見えた   2014年10月24日  長野県 安曇野市


10月23日 越冬組?

オオジュリン   2014年10月23日  長野県 安曇野市

 数日続いた冷たい雨がやっと上がった。悪天候の中でも渡り鳥は移動しているらしい。60羽ほどいた御宝田池のヒドリガモが増え、もう数えるのも困難。それでも数えたら100羽を超えたので、面倒になり止めた。オオバンも渡って来たのだろう、6羽ほど増えていた。オオバンはどこから移動して来るのか分からないが、この2、3年、越冬する個体が倍々ゲームよろしく増えている。

 10年来オオジュリンが越冬していた葦原はヤナギが繁茂し、葦が半減以上に減ってしまった。昨冬、オオジュリンは越冬しなかった。ちらり初冬に姿を見かけたが、12月の始めにはいなくなった。

 代わりに昨冬からオオジュリンが越冬を始めた葦原がある。10数羽が越冬した。まだ早いかと思ったが、30分ほどチェック。今日は二十四節気の霜降。つまり節気で言えば今日から冬なのだから、越冬個体がいてもおかしくはない。越冬カモはもうたくさん来ているし。

 葦原の葦が1本不自然に揺れる。少し離れた葦も小刻みに震える。これは、葦の根元で鳥が移動している証し。問題はそれが、ホオジロかも知れないこと。極まれに、ウグイスだったり、セッカだったりしたことも。

 柳の枝でホオジロがぐぜり始めた。初夏の囀りほどではないが、一応「一筆啓上仕り候」と聞こえる。葦原に潜っている鳥さんはやはりホオジロか、残念・・・それでも、諦め悪く葦原を見ていたら、ひょっこり鳥さんが現れた。やはり、オオジュリンがいた!この3、4日の間に来ていたのだろう。最終的に2羽を確認出来た。別の場所でも葦が揺れていたから、もう何羽かいる可能性も。2羽はたぶん越冬組。春までお相手をしてもらおう。

 ホオジロがぐぜっていた柳の枝先にノビタキが止まった。このノビタが今秋の終認個体になるかも。昨年も23日に2羽見かけ、それが終認だった。今頃信州を通過する個体は、想像するに、寒い国からとても長い旅を続けて来たのだろう。それでもまだ旅の中程、無事に越冬地までたどり着けますように。傾いたお日様に願おう。

 

ノビタキ   2014年10月23日  長野県 安曇野市

 フィールドをひと回りして、チュウダイサギが1羽もいないと気付く。この雨の中を南下したのだろう。昨年は24日にオオダイサギが6羽も来た。ついでに台風27号も。今年はもう台風は来ないだろう。
 明日、オオダイサギが来ているか、チェックが楽しみ。

 今日も最後にセキレイの虫捕りを撮る。毎度ハクセキレイでは飽きるのでキセキレイで。悪戦苦闘、とにかく羽虫が写ったという連続のふたコマ。続くコマでは羽虫はセキレイの喉の入口辺りにいる。嘴の中間に虫がいると3コマ並べられるのに。0.0何秒かシャッターが遅かった。

 

キセキレイ   2014年10月23日  長野県 安曇野市


10月18日 暇つぶし

ジョウビタキ ♂   2014年10月18日  長野県 安曇野市

 私の回っている雑木林には、まだ、冬鳥の越冬個体はいないと思う。今どき見かける冬鳥は渡り途中の休憩組ばかり。

 今日はとても暇だった。一昨日10羽以上いたビンズイは1羽も見られず、ジョウビタキの雌も見えずなど、また林は静になった。それでも、また悩ましいメボソムシクイにでも出会えるかと歩いていたら、ジョウビタキの雄がいた。今秋初顔のジョビ男君、雑記帳のネタに記念撮影。君も2、3日で南下して行くだろう。

 カシラダカは7、8羽の群がいた。彼らが一昨日いた群なのかは分からない。11月上旬まで、カシラダカは増えたり減ったりする。たぶん渡り途中の小群が、つぎつぎと入っては脱けて行くのだろう。

 暇なので、セキレイが虫を捕る瞬間でも撮ろうかと粘ってみたが、肝心の羽虫が写らなかった。


ハクセキレイ 第1回冬羽   2014年10月18日  長野県 安曇野市

 ハクセキレイの尾羽は12枚である。第1回冬羽では外側から2枚だけが白く、3枚目は黒色。わずかに白い斑が見える程度。
 面白いのは、成鳥になると外側から3枚目が半分以上白くなること。上の個体は顔が黄色い。これは幼羽と、第1回冬羽の特徴。

 どうでもいい些細なことだが、大昔、ハクセキレイの追っかけをして気付いた。成鳥は尾羽の白い枚数が多いようだと。その程度で真剣には観なかったし、それ以上追究もしなかった。それよりも、ハクセキレイの分布地の拡大やねぐら入りの方に関心があったから。

 ハクセキレイの虫取りを見ていて、何十年ぶりかで、そんなことを思い出した。今は文明の利器がある。秒間10コマで1000枚撮っても、いらなければ全部削除すればいい。取り敢えず経費はかからない。それで、暇つぶしに尾羽を開いている瞬間を撮ろうと乱写。なんとか違いが写っていた。

 暇つぶしに付き合ってくれた沢山のハクセキレイに感謝して、今日の鳥見はお仕舞い。明日はもっと忙しくなって欲しい。


ハクセキレイ 成鳥   2014年10月18日  長野県 安曇野市


10月16日 林は賑やかに

オオムシクイ ??   2014年10月16日  長野県 安曇野市

 鳥見にはしつこい質ですから、当然昨日の雑木林へ直行。まず、昨日最後にカケスが止まっていた木の所へ行く。その木にも周囲の地面にも、カケスはいなかった。羽根1枚落ちていなかったから、なんとか生き抜いたのだろう、そう信じることに。

 昨日のややこしいツグミを捜し始める。まだいてくれるといいのだが。しかし、ツグミ類はまったく見つからず。代わりにメボソムシクイがひょっこりと・・・待てよと考えてしまった。

 今は10月中旬、メボソムシクイの渡りにはちょっとばかし時期が遅くはないか?中にはのんびり屋がいて、遅くれて渡っているとも考えられるが。だいたいメボソの渡りは9月中旬で終わるはずではないか。もしかすると、オオムシクイかも・・・。野外で2種の識別は囀らない限り困難と言われているから、とうてい私には識別出来ない。

 実は、車の中にボイスレコダーを積んでいて、メボソムシクイ、オオムシクイ、コムシクイの囀りが入っている。こいつを聞かせて反応を見てやろうと思いついた。さっそく試そうとボイスレコーダーを引っ張り出していたら、肝心の鳥さんが消えてしまった。

 夜、パソコンで画像を拡大して、あれこれ悩む。とにかく日陰にいるので羽衣の色は正確ではなさそうだし、頭央線がないからセンダイではないことは確か。下嘴の黒斑が長めだから、この一点だけでオオムシクイだと、自分の記憶の中だけは、そうしておこう。


カシラダカ   2014年10月16日  長野県 安曇野市

 昨日の何倍も林の中は賑やかになっていた。撮影は出来なかったがジョウビタキの雌2羽を今日はハッキリと確認出来た。昨日の声の主としておこう。

 カシラダカが10羽ほど、ビンズイが目にしただけでも10羽ほどいた。たぶん昨夜から今日の午前中に群が入ったのだろう。アトリも2羽いた。とにかく、木々や枝にぶら下がっている枯れた蔓草などの隙間から証拠写真を押さえる。絵的にはつまらない画像だが、とにかく証拠を並べないと話が進められないから。

 この鳥さん達は全部渡りの途中だろう。今日賑わっていても、明日はいなくなるかも。例年繰り返される、ある日突然賑わって、数日すると誰もいなくなる、あの晩秋の日々が、また今年も始まった。


ビンズイ   2014年10月16日  長野県 安曇野市

アトリ   2014年10月16日  長野県 安曇野市

キビタキ   2014年10月16日  長野県 安曇野市

 黄色いものが草陰に、何とか透かしてみたら、キビタキの雄だった。キビタはこれまで11月になっても現れたから、いても不思議ではない。

 さんざん捜し回って、ようやくツグミ類を1羽見つけた。昨日のノハラに似ていたが、クロツグミの幼鳥だった。たぶん雌の幼鳥だろう。昨日の個体は背中が茶色だったし、脇腹や胸の黒斑の模様が違っていた。この子は別人(鳥)・・・。

 なんだクロツグミかと思ったが、いやいや、この林では滅多にクロツグミは入らないから、珍鳥扱いにしなくてはならない。な~んだなんて思って御免なさい。

 寒気団が下がって来た。最低気温が10度を下回り、気圧配置が西高東低で・・・。まだ、ヤナギもニセアカシアも紅葉していないが、現れる鳥さんはしっかり晩秋モードに入った。超珍鳥は、結局、幻に、はかなく終わったようだ。まぁ、記憶のアルバムに画像1枚を残こして、それでよしとしよう。いつだって、一番いい画像は記憶と心のアルバムの中にあるのだから。


クロツグミ 幼鳥 ♀?   2014年10月16日  長野県 安曇野市


10月15日 ごまめの歯軋り

今季初飛来の コハクチョウ  2014年10月15日  長野県 安曇野市

今季初飛来の コハクチョウ  2014年10月15日  長野県 安曇野市

 予想通りコハクチョウが来た。たった1羽だけれど。台風が去り、大陸性の高気圧が張り出し、風は北風となれば、早晩白鳥が飛来する。昨日からやや冷たい北風に変わったから、白鳥が来ると予想した。山勘で雑記を書いたのではない。鳥の飛来もデータを積めば、それなり予測が可能である。

 コハクが来て、池は人出で賑やかになるだろう。ゆっくりカモ見が出来る時間帯とスペースがあるといいのだが。コハクの他に午前中にマガンが4羽来て、しばらく池にいたが飛び去ったとのこと。迷子のマガン幼鳥も4羽について行ったとのこと。迷子状態が解消出来て、それは何より。

 白鳥見物はほどほどにして、雑木林へ行く。白鳥が来る状況ならば、いわゆる山の鳥の冬鳥だって顔を見せる。昨年はミヤマホオジロの幼鳥(11日)、アトリ25羽(13日)、カシラダカ(17日)と現れた。今年もそろそろである。

 雑木林をチェック中、あの甲高いジョウビタキの声が聞こえた。随分早いジョビ君である。これは探し出さねばと、双眼鏡を片手に林の中を声のした方へ進む。

 反省だけなら猿でも出来る!また失敗してしまった。私は猿並か、猿以下らしい。撮影機材を持たずに歩いて、シャッターチャンスを何度も逃した。その度反省したのだが、またまたまたのまた失敗。今日の失敗は大きかった。

 木の陰から、「ケッ」のひと声を残して2羽の鳥が飛び出して逃げ去った。おやおや随分早くにツグミが来たよと、飛び去る後ろ姿を見る。げッ!!頭と腰が水色!

 そして、やや遅れてもう1羽が飛び出し、前方の枝に止まった。げッ~~~、ツグミにあらずノハラツグミではないか!双眼鏡でしっかり見る。どう見たってノハラツグミ。大急ぎで機材取りに車へ、そして現場へ戻ったが、ノハラ君はそれっきり、20分ほど待つが姿を見せず、音沙汰もなし。ここ数年で一番悔しかった。ごまめの歯軋り!それもごまめ100匹分の歯軋り。

 証拠写真が撮れなかったが、ノハラツグミの出現はたぶん安曇野初記録と思う。返す返すも残念至極。

 根性があると言えば聞こえはいい。普通に言えば諦めが悪い。重たい機材を担いで林の中をノハラが飛んだ方向へ。しかし、ノハラはおろかジョウビタキにも出会えず。何度も歯軋り。

  

コゲラ  2014年10月15日  長野県 安曇野市

コゲラ  2014年10月15日  長野県 安曇野市

 幼鳥だろうか、コゲラが2羽で追いかけっこをしていた。歩き回ってくたびれたので、座り込んでコゲラを見ていたら、目の前までやって来た。せっかく近くへ来てくれたのだからと、気晴らしにコゲラを撮る。2画像ともノートリです。

 16時を回ったので、帰ろうと歩き出す。それでも、もしかしたらと、来たときとは違うコースで歩いていたら、彼方にカケスが落ちていた。まさに落ちていたという表現がぴったりな状況。うずくまって微動だにしない。カケスは、機材担いで歩いている人間を見かけた、逃げ去るのが普通。

 始めは遠くから撮影し、ジリジリと近付いたが、まるで動かない。下はノートリ画像。どうやら、深傷を負って動けないのだと分かった。ノスリかオオタカにでも襲われたのだろう。下腹部に傷を負い、右足が血染め状態だった。

 悲しいものを見てしまった。もし動けないなら、拾い上げて、帰路の途中にある獣医さんへ連れて行こうかと、更に近付いたら、何とか飛んで枝へ移動。そこでまた固まってしまった。地上にいると、それこそイタチか野良猫の餌食になってしまう。枝にいれば少しは安全度が増すだろうか。それとも、力尽きて落ちてしまうだろうか。
 そのままにして、帰路についたが、悲しいものを見てしまった。ごまめの歯軋りの後だけに、よけいに悲しかった。


深傷を負った カケス  2014年10月15日  長野県 安曇野市


10月14日 今日はごった煮

枯れ草を食む  マガン  2014年10月14日  長野県 安曇野市

マガン  2014年10月14日  長野県 安曇野市

 台風がふたつも来ました。19号と孫。じじは鳥見もままならず、くたびれたのであります。ふたつとも昨日中に去り、今日は台風一過で、すっきり青空かと思いきや、御宝田池でカモ見中に小糠雨が降り出し、やれやれの午後でした。

 池に、マガンもカンムリカイツブリも残っていた。マガンは唯我独尊よろしく島を独り占め状態。カンムリカイツブリは、魚が豊富なのか、長逗留で11日目。7日に来たスズガモの幼鳥もしっかり池に慣れていた。

 スズガモ幼鳥は、キンクロハジロに混じって渡来し、毎冬数羽が越冬する。たいてい、キンクロハジロが30羽以上に増えてから渡来するのだが、今季は初飛来のキンクロハジロ5羽と一緒に来た。さしたることではないけれど、ちっちゃな初記録である。

 某有名な方のブログで、外国の研究者の論文が紹介されていた。内陸湖へ飛来するスズガモは幼鳥が多いという内容。確かに、御宝田池や白鳥湖へ飛来した個体は幼鳥ばかりである。いつか成鳥が越冬しないかと観ているが、未だに越冬成鳥は現れない。諏訪湖だと越冬中とおぼしき個体を見かけるから、おこぼれが安曇野へ来てもよさそうなのだが。

 今どきのカモは、ほとんどがエクリプス(非生殖羽)から生殖羽に換羽中である。それで、図鑑に載っているような綺麗なカモは1羽もいない。雄なのか雌なのか、雌なのか幼鳥なのか、悩ましい時期である。たとえば、コガモの幼鳥と雌の識別に確信が持てない場合が度々ある。私の力量が足りないからでもあるが。

 たくさん来るオナガガモやヒドリガモは比較しやすいから、識別はさほど難しくないが、せいぜい5、6羽しか来ないハシビロガモにもときどき混乱させられる。幼鳥で雌だろうと考えていたら雄だったり・・・自信をなくしてしまいそう。
 

マガン  2014年10月14日  長野県 安曇野市

10月7日に来たスズガモ幼鳥  手前はキンクロハジロ ♂  2014年10月14日  長野県 安曇野市

 雄成鳥のハシビロガモは、エクリプス(非生殖羽)から生殖羽に換羽する途中で、生殖羽になりかけのような羽衣になる段階がある。この羽衣をサブエクリプスという・・・。ハシビロガモの雄に特有の特徴である。これは、どの図鑑にも記載のある特徴である。

 サブエクリプス状態は短期間なので、これぞサブエクリプスという雄がタイムリーに現れると楽しいのだが、数羽しか来ないハシビロガモだと、そうそう見物人の注文通りにはならない。

 今季は、ラッキーにも、サブエクリプスと言えそうな個体が池へ来た。この個体がずっと越冬していると、生殖羽への換羽が観られるのだが。(下の個体、サブエクリプスでいいと思うが、自信は90%ほどです。)


ハシビロガモ ♂ サブエクリプス   2014年10月14日  長野県 安曇野市

換羽中の オナガガモ ♂   2014年10月14日  長野県 安曇野市

アオサギ(奥) と チュウダイサギ   2014年10月14日  長野県 安曇野市

 今日は、話題がごった煮状態ですが、御宝田池が、まさにごった煮状態だからです。数日内にコハクチョウが到着すると、今度はテレビや見物人がやって来て、もっとごったに状態になる。

 上手いことアオサギとチュウダイサギが並んだので記念撮影。これにオオダイサギも加わったら、さらに欲を言えばコサギも並んだら、大きさ比べの実に楽しい写真になるのだが。寝ているカモに比べると、チュウダイサギは大きいが、アオサギは更に大きい、それだけの写真です。

 9月16日生まれのカイツブリのヒナは大きくなりました。さすがに、親鳥の背中へ乗ろうとはしなくなったが、まだ親から魚をもらっている。
 ヒナが小さいときには、カモの間へ入らなかったし、親鳥が近付くカモを追い払っていた。しかし、今は、親子してカモの間をすいすいと泳ぎ回っている。今は、ヒナがカモに近付くと、カモの方が嫌がって逃げる有り様。

 小さなカイツブリのヒナとカモのコラボは上手く撮れなかったが、今度は白鳥とのコラボが撮れるかもと皮算用。縞模様をしたカイツブリのヒナが白鳥の間を泳ぐ様はまだ見たことがないので、しっかり皮算用をしています。

 白鳥は、すでに鶴岡の大山下池、最上川、新潟の瓢湖、加賀の大聖寺川、湖北、米子水鳥公園と渡来しているから、もしかすると明日の朝には御宝田池に到着しているかも。


カイツブリ親子   2014年10月14日  長野県 安曇野市


10月9日 珍客来る

マガン  2014年10月9日  長野県 安曇野市

 珍鳥ならぬ珍客が来た。安曇野でのマガンの出現については、越冬コハクチョウに付いて来たり、迷飛行中にカモや白鳥の集団を見つけて降りた、そんなケースが考えられる。東北の日本海側や北陸地方が豪雪に見舞われた折りには、数羽から10数羽の群が現れた冬もあったが、迷子の1羽が、それも幼鳥か若い個体がひょっこりと現れたケースがほとんどである。従って、マガンの出現は、白鳥の初飛来後であった。

 寒露に入り、小さな菜園のナスもそろそろ実らなくなったので、引き抜いて片付けていたら、写友からマガンが来たよと連絡が。それは珍客と、いつもより1時間も遅く家を出た。これが11月の飛来なら、「明日にでも見に行くね」なのだが、随分と早い飛来なので、一見の価値有りと駆けつける。


ウキヤガラを食べる マガン  2014年10月9日  長野県 安曇野市

 マガンは毎冬現れるから、数こそ少ないが珍鳥ではない。サカツラガンが現れたときは TV まで集まって来たが、マガンではローカル紙も来ない。しかし、こんなに早く来たのは、たぶん新記録である。それで珍客なのだ。池の端に座り込んで2時間ほどマガン見物。

 10月4日から池にいる、やや珍客のカンムリカイツブリが、羽繕いをしているマガンの前を通ったので、記念撮影をした。すると、去りゆく秋の戯れか、偶然にギンヤンマが写っていた。ギンヤンマは夏から、それこそ白鳥初飛来まで池の上を飛んでいる常連。来たばかりのホシハジロやヒドリガモのおまけも付いて、御宝田池も賑わい出したというひとコマになった。

 

 家へ戻り、節気の一覧表を開いたら、8日~12日の寒露の初項は「鴻雁来(こうがんきたる)」だった。珍客君、まさに時を知っている!拍手を送ろう。

 飛来したばかりの幼鳥なのだが、さすがに体が大きいので、並み居るカモなど押しのけて・・・図々しくもあり、頼もしくもありである。

 古川柳に 「関取の乳のあたりにひとだかり」なんて句があったような。初雁の腹のあたりに鴨だかり・・・なんて。



10月7日 赤いお月見

カンムリカイツブリ  2014年10月8日  長野県 安曇野市

カンムリカイツブリ  2014年10月8日  長野県 安曇野市

 たまにはこんな撮り方もします・・・という2画像。縦位置は、練習不足なので、いまいち、何が撮りたいかが曖昧な、落ち着きのない写真ですが。早く水面のヒシがなくなると、もっとすっきりするはず。

 下は、水面に浮かんでいるカモの羽を食べようとしているカンムリカイツブリ。実際は食べませんでしたが、これが魚に見えたのか分からない。ともかく捕食行動に出たことは確か。鳥さんは、ときに不思議な行動をする。なぜ?何をしたいの?そんな疑問を持つと、またまた解けそうにない宿題が積み上がります。


カンムリカイツブリ  2014年10月8日  長野県 安曇野市

ノビタキ  2014年10月8日  長野県 安曇野市

 秋の光は、なんたって15時過ぎの斜陽。傾く日差しが黄色味を帯びる頃が一番いい。時間に余裕があり、鳥さんが遊んでくれるなら、もう少し赤くなった光線だともっと面白いのだが。

 関東平野で撮影していた頃には、橙色の日没直前の光線を待った。松本盆地に住んで、辛いのは、橙色や金色の光線が現れないこと。赤いお盆のような太陽が地平線へ沈む光景が見られないこと。

 北アルプスの高い峰々に、集中豪雨や強風などから守ってもらっているから、不平を言ってはいけない。しかし、あの地平線へ落ちて行く赤い太陽が恋しい。赤い光の中の鳥さんが懐かしい。


ノビタキ  2014年10月8日  長野県 安曇野市

ノビタキ  2014年10月8日  長野県 安曇野市

 ちょっと気張って、風と光を捉まえようと、まえから狙っていたススキの原でノビタキの現れるのを待つ。例年だと、何羽もここを通過するのだが、今秋は、なぜか現れない。もしかすると、私の殺気が強すぎるからなのか。

 斜陽になった16時過ぎ、気のいい2羽がちょっとだけ遊んでくれた。ほどよい風もススキを傾けてくれ・・・あとは、私の腕次第、そんな状況。10分ほどの挑戦だったが、まずまずの出来と思う。

 どちらかと言えば、明るめ、白飛びOKな、ハイキーな写真が好きなので、どうしても露出をプラス補正して、露出オーバー気味な写真を選択してしまう。もちろん、マイナス補正して、もっとアンダーな暗いコマも撮っているが、ほとんどHDの肥やしになっている。


ノビタキ  2014年10月8日  長野県 安曇野市

 欠け始め、お月様は雲の中。その後も、ちらりと顔を出すが、たくさんの雲は減らず。天頂は晴れているのに、なぜか東の空はびっしりと雲。このままでは、赤い月を見られないのではと思う。

 それでも、今日は当たり日だった。きっと、自分では分からないが、何かひとついいことしたのだろう。ノビタキが遊んでくれたし、いざ皆既月食本番になったら、不思議に雲が切れて、赤いお月様が綺麗に姿を現した。

 松本での食の最大は19時54分6秒と天文台のHPにあった。画像の時刻はカメラの内蔵時計が示した時刻。たしか15秒ほど標準時と違っていたはずだが、下がほぼ食の最大時のお月様。

 庭で撮影していたら、近所のおばさんも出て来て、ちょっとした赤いお月様のお月見。次は見られるか分からないからとおばさんが言う。でも次は来年の4月だから、また見られますよって・・・。


皆既月食 今日の赤い月  2014年10月8日19時53分32秒  長野県 松本野市


10月7日 秋が行く

チュウダイサギ  2014年10月7日  長野県 安曇野市

キンクロハジロ  2014年10月7日  長野県 安曇野市

スズガモ 幼鳥 ?  2014年10月7日  長野県 安曇野市




 この夏と秋は、珍鳥も現れず、いつものフィールドチェックが続く。退屈と言えば退屈なのだが、次々と到着するカモたちとカイツブリのヒナの記録取り(撮り)で満足している。

 台風の風雨をついて、御宝田池と白鳥湖へキンクロハジロが来た。残る常連のカモはオカヨシガモだけ。コガモ、オナガガモとヒドリガモが増え、オオバンも越冬組と思える個体が4羽現れた。たぶんスズガモの幼鳥と思える個体も1羽、例年より早めに着いた。などなど、相変わらずの記録がノートに並ぶ。
 
 秋はカモが増えるごとに去って行く。間もなく、最低気温が10度を下回り、露が降りる朝が来ると、カモがどっと増えるはず。去りゆく秋の思い出に、1羽でいいから、ハッとするカモが現れないかと双眼鏡を握る・・・でも、今日も見慣れた顔ばかり。

 あちこちにたくさんいたチュウサギとチュウダイサギがパラパラしかいなくなった。まもなく越冬するオオダイサギも現れるはず。チュウダイサギの残っている間にオオダイサギが到着して、アオサギと合わせて3羽の並んだシーンを撮るという宿題を、ずっと抱えているのだが。さて、この晩秋はどうなるか。

 到着するカモ類は、この数年ほぼ同じ頃に、ほぼ同じように現れる。変わった点は、以前はほとんど見られなかったエクリプスのヨシガモや幼鳥が9月末に数羽現れるようになったこと。また、越冬するオオバンが数羽から20羽、40羽と増えているのも最近の傾向である。

 カイツブリのふた家族。4羽のヒナの1羽が行方不明。サギに食われたか、イタチに食われたか、トビにさらわれたか・・・。2羽の家族のヒナは無事。今日の画像は4羽だった家族のヒナ。相も変わらぬ写真だが、それでも、ヒナが大きくなって、食べる魚が少し大きくなったと撮りながら思う。この大きさの魚を飲み込むのに、数日前は悪戦苦闘していたが、今はするりと飲み込む。

 

カイツブリ親子  2014年10月7日  長野県 安曇野市

カイツブリ親子  2014年10月7日  長野県 安曇野市

 キンクロハジロが着いたので、いよいよキンクロとカイツブリのヒナのコラボを・・・今日は、ハシビロガモが背後を通過しただけ。相変わらず、カイツブリ側のガードが堅くて、視野内にヒナとカモが一緒に入らない。
 ヒナが大きくなって、かなり勝手気ままに泳ぎ回るようになったから、キンクロとのコラボも何とかいけるのではと期待はしているのだが。こんな経験は、たぶんこの秋だけだろうから。


カイツブリヒナ と ハシビロガモ  2014年10月7日  長野県 安曇野市

 とこでも見られる、どこにでもいる甘えん坊。こんなに大きくなっても、まだ親の背中に乗りたがる。この後、こっぴどく親に怒られ、尻を突つかれ、追いかけられたが、そんなことぐらいでめげる甘えん坊ではない。間もなく、また親の背に乗ろうと背後から近づき頭を載せる。そして、また親鳥に追い回され・・・やれやれの光景。これまで、汗を拭き拭き真夏に見た光景を、去りゆく秋に見るとは。これも今年限りの経験だろうか。


甘えん坊   カイツブリ親子  2014年10月7日  長野県 安曇野市


10月4日 ちらりと冬

カンムリカイツブリ  2014年10月4日  長野県 安曇野市

カワセミ  2014年10月4日  長野県 安曇野市
 毎秋、御宝田池にカンムリカイツブリが現れる。池が凍るまでいてくれると楽しいのだが。一時滞在型なので、しばらくすると消えてしまう。諏訪湖へ行く途中の個体だろうか。

 カンムリカイツブリは冬鳥。越冬ガモとカンムリカイツブリが現れると、秋たけなわの中にちらりと冬の顔が見える。まだ晩秋特有の濃霧や初霜まで間があるのに。

 ホシハジロの雄が1羽増えて3羽になった。別にどうこう言うほどの出来事ではないが、渡りノビタの通過もほぼ終わったので、1羽でも新顔のカモが到着すると嬉しくなる。

 今日の午後は、御宝田池白鳥の会のメンバーが人工島や周囲の草刈りをした。白鳥の飛来に備えての準備作業。草刈り機の騒音に驚いて、カモやカイツブリは池の片隅へ避難。そして、草刈り機が徐々に近付くと、カモの多くは池外へ避難して行った。

 カンムリカイツブリは、この個体の個性なのか、逃げるそぶりも見せず、潜っては食べ物探し。他の地ではカンムリカイツブリはもっと警戒心が強い鳥なのだが。

 今日はチャンスと、池の隅でカメラを構える。カイツブリのヒナとカモのコラボが撮れるのではないかと。ところが、狭い範囲にわやわやと密集しているのに、カモとカイツブリの間の微妙な距離は縮まらない。

 ヒナが勝手に泳いでカモへ近付くと、親鳥がくわえた魚をちらつかせて呼び戻す。カモが近付くと親鳥が追い払う。ずっとカイツブリと共に池にいるマガモは、親鳥が怒って突っかかって来ると知っているのか、ヒナを避けて通る。なかなか希望通りに役者が揃わない。

 北海道のクッチャロ湖へ白鳥が到着したそうな。昨秋の安曇野への初飛来は10月15日だった。今秋は何日だろう。だんだん冬が近づいている。


9月16日生まれのカイツブリ ヒナ と ホシハジロ ♂  2014年10月4日  長野県 安曇野市

9月16日生まれのカイツブリ ヒナ と マガモ  2014年10月4日  長野県 安曇野市


10月3日 日常は

2014年10月3日  長野県 安曇野市

 セイダカアワダチソウが色づき、周囲はしっかり秋模様。御宝田池に2羽の雄ホシハジロが来ていた。今秋はキンクロハジロがしんがり、まだ到着していない。カモの到着はほぼ例年通りに進行中。
 
 ルリボシヤンマがうまく撮れていないと書いたら、あそこにいるよと教えていただいた。今日行ってみた。1時間水辺で待つ。しかし、ルリボシは現れず。オオルリボシは2匹来たが。どうやら、ルリボシは来年への宿題になりそう。

 図鑑によると、オオアオイトトンボの成虫は11月まで見られるとのこと。確かに鳥見をしている各地で最近も見かける。今日も、もう秋なのに、まだお暑いカップルを3組見かけた。すでに葉が落ちた枝に、夏の名残がぶら下がっているみたい。


オオアオイトトンボ  2014年10月3日  長野県 大町市

9月16日生まれのカイツブリ ヒナ  2014年10月3日  長野県 安曇野市

カイツブリ 親子  2014年10月3日  長野県 安曇野市

 9月16日に誕生した2羽のヒナはだいぶ大きくなった。先に生まれたと思える別家族の4羽のヒナも、大きな鳴き声を上げているから皆元気そう。10月にカイツブリのヒナがピーピー鳴いている光景を始めて見るので、なかなか興味深い。

 カイツブリの親は、カモたちのいない場所へとヒナを誘導するので、カモとコラボの図を撮るのは難問である。今日も、毎度のおきまり画像しか撮れなかった。咲いているアワダチソウかススキを背景に入れられれば、これぞ10月の絵となるが、それもけっこう難しい注文である。

 するすると、季節は秋へ流れ込み、ただ今、秋の盛りを進行中。日常は、さしたる変わりもなく、ゆるゆると、しかし季節に合わせてするすると流れ・・・明日もまた過ぎゆく秋を眺めることに。


伸びをするカイツブリ ヒナ  2014年10月3日  長野県 安曇野市

カイツブリ 親子  2014年10月3日  長野県 安曇野市


10月1日 秋色

ヨシガモ  2014年10月1日  長野県 安曇野市

 なんだかんだで、早くも10月。あと10日もすると白鳥が到着する季節になった。手近なフィールドを回り、通り過ぎる鳥達を眺めて、秋本番を迎えた。

 律儀に今年もヨシガモとハシビロガモがやって来た。ヨシガモかハシビロガモとカイツブリの幼鳥のコラボ、そんな夢を描いてレンズを構えていた。しかし、カイツブリのおっかさんはとても勝ち気で、ヒナに近付くカモがいると追い払ってしまう。水中に潜って、水中からカモをつつく攻撃はかなり有効で、カモは驚いて飛び上がり、カイツブリの親子から離れてしまう。とても思い描く状況は生まれそうにない。

 ヨシガモもハシビロガモも一時休憩組なので、しばらくするといなくなる。ヨシガモの雄の換羽をじっくり見たいと、毎秋願うが、未だに果たせぬ夢である。ヨシガモは3羽、ハシビロガモは5羽も来ているから、1羽ずつでも残って欲しいものだが。

 下の3羽のハシビロガモ、左から雌の成鳥、幼鳥、雄の成鳥と見た。まさか親子ではないと思うが、可能性がゼロではない。3羽を見ながら、いろいろ想像してしまった。


ハシビロガモ  2014年10月1日  長野県 安曇野市

 カイツブリのヒナの前で、夢の瞬間を待っていたら、たちまち太陽は傾き、世界は斜光の中。午後の斜光は秋色を強調するから大好きなので、いざ写真を撮ろうとなるが、難しくて、駄作ばかり。

 カイツブリを諦めて、帰りかけたら、例の場所に例のごとくノビタキが数羽。トラロープに止まったノビタはかんべんしてもらい、逆光の秋色舞台でノビタが演技するのを待つ。早く帰らねば、ノビタが飛ぶまでもう少し、・・・焦る心、千々に乱れ。それでも、頑張る。午後だけ写真家なのだから、午後の光をものにしなくてはと。


ノビタキ  2014年10月1日  長野県 安曇野市

ノビタキ  2014年10月1日  長野県 安曇野市

ノビタキ ♂  2014年10月1日  長野県 安曇野市


9月 ホームヘ 11月