私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2013 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


10月 ホームヘ 12月

11月30日 赤い鳥

オオマシコ  ♂ 第2回冬羽   2014年11月30日

 日曜日なので先客がいるだろう。ならばオオマシコの所在を教わろうと、昨日に続いて赤い鳥詣で。ところが、天気のよい日曜日なのに誰もいない。まだ出が悪いと情報が流れたのか、どこかに珍鳥でも現れたのか・・・。仕方がないので、またウロウロ。自分で探すしかない。

 今日は7羽の群と、単独でいる1羽を見つけた。それぞれの動きをしばらく見ていたが、雄の成鳥が現れなかったし、現れそうもない予感がした。それで、早めに赤い鳥詣でを切り上げた。

 今日見たオオマシコは全部が地面で採食していた。近くにハギがあるのに全然寄りつきもしない。どうも例年と勝手が違う。どうしてだろうと考えてしまった。

 今年はキヅミが全くの不作で、あちこち見て回っても実が全然付いていない。夏の天候不順が関係しているのだろうか。もしかすると、ハギも十分実っていないので、オオマシコが寄りつかないのだろうか。そんなことを考えながら、いつか走ってみようと思っていた林道へ入る。

  

オオマシコ  ♀(?)   2014年11月30日

オオマシコ  ♂ 第2回冬羽   2014年11月30日

 ちょっとひと回りのつもりで走り始めたが、オフロード車乗りには楽しい林道だったので、つい先へ先へと。

 鳥さんがいたら撮影しようと機材を片付けずに積んでいたが、鳥さんはヤマガラ1羽とすれ違っただけ。林道の周りは冬鳥好みの植生ではなさそう。当然鳥密度は低いかゼロ。撮影ならず、ただ楽しく走る。芽吹きの時季だと通過する夏鳥で賑わうだろうか。

 数キロの走行で終われず、20kmほど走ってしまった。途中で林道から出たかったが、降り口のない紆余曲折を繰り返す1本道の林道だった。車のナビも役立たず・・・。こんな時は行けるとこまで行ってしまえが私の流儀。人生と同じ、迷ったら前へ。1本道でなくても、前がどっちか分からなくても、前と思える方へ。走りながら、ろくなことを考えていない。

 もう走り飽きたし、そろそろ林道も終わりそう、そんな時に2羽目の鳥さんにバッタリと出会った。後ろ姿を見て、こんなところにオオマシコがと思った。ところが、横を向いた鳥さんの嘴は黄色かった。あれッ、ハギマシコだ。今シーズン初のハギマシコ君に思わぬところで出会った。
 
 相変わらず、ガソリンは値が高止まり。OPECが減産しないと決めたって、日本の価格はさして変わらない。価格にべたべたと税金が貼り付けられているから。それなのに、またまた林道など走ってガソリンの無駄遣いをしてしまった。林道が終わる頃は、そんなことを考えながら走っていた。ちょっと反省。でも、ハギマシコに会ったら反省などすぐに忘れた。


ハギマシコ  第1回冬羽(?)   2014年11月30日


11月29日 やっと出会えた赤い鳥

オオマシコ  ♀ 冬羽 (?)    2014年11月29日

 午前中は雨。しめしめと思った。雨のち曇り、または霧だとおじさんカメラマンはたぶんいらっしゃらないだろうから。予想通り誰もいなかった。しかし、オオマシコもいなかった。例のごとく、あっちをウロウロ、こっちをウロウロ。

 一昨日、綺麗な成鳥雄が4羽いたと聞いた。オオマシコと言えば、やはり真っ赤な雄の成鳥が見たい。これ人情というもの?

 だいぶ探して、12、3羽の半端に赤いグループをみつけた。成鳥雄も出て来ないかとしばらく見ていたが、どうも冬羽の雌成鳥1羽と、後は全部若い雄のようで、また真っ赤な成鳥雄と出会えなかった。しかし、今季初のオオマシコ、やっと赤い鳥に出会えた。

 第1回冬羽の雄と冬羽の雌成鳥の識別は難しい。第2回冬羽の雄は額に白い羽毛が見え始めているから判断出来るが、第1回冬羽雄は悩やましい。

 どの図鑑にも書いてないが、私は腰の色が雄と雌では違うと思っている。第1回冬羽雄の腰の色・光り具合は成鳥雄の腰の色に近い。雌は光らず、べたっとした赤橙色をしている。そんな風に見えるが、さてどうだろうか。あくまで私論の試論です。

 オオマシコと言えばハギに止まってお食事中の写真が多い。オオマシコはハギの実が大好きだから、当然そのシーンが多くなる。だが、今日の集団はハギより地面に落ちている何かの実を食べるのに熱中していた。

 一昨日、12、3羽の若者グループがいるという話はなかったから、昨日から今日にかけて、雨降りの中をやって来たのだろうか。
 
 誰も来ないと思っていたが、ちゃんと知り合いや、遠路遙々のお客さんも来て、まぁ、いつものようになった。若者者グループだったが、皆さんオオマシコを見られたから、よかった。次は真っ赤な雄をみなくては。
  

オオマシコ  ♀ 第1回冬羽 (?)   2014年11月29日

オオマシコ  ♀ 第1回冬羽 (?)   2014年11月29日

オオマシコ  ♂ 第2回冬羽   2014年11月29日

オオマシコ  ♂ 第2回冬羽   2014年11月29日


11月27日 珍鳥にあらず、珍客なり

ミコアイサ ♀(左) ホオジロガモ ♀ (右)   2014年11月27日  長野県 松本市

 小春日和に誘われて赤い鳥を見に行く。結論から先に。赤い鳥は見られませんでした。代わりに懐かし写友と再会、その他数名の鳥写真仲間と出会う。なかなか楽しい午後でした。15時、そろそろ赤い鳥が出て来るかと、周囲を見回していたら、千鹿頭池から電話が来た。「見慣れないカモがいる、頭が茶色で、目が白い・・・」

 「目が白い」カモで、すぐさまメジロガモとアカハジロを思い浮かべる。だったらこれは凄いこと・・・物事いい方にだけ考えるのもなんだが、電話では要領を得ない。赤い鳥撮影を断念、千鹿頭池までかっ飛ばす。

 池の水量は5割まで戻っていました。どれどれと見慣れないカモ君を探す。まず視界に入ったのがミコアイサの雌。なんだ、見慣れないやつはミコか・・・雄なら白く目立つので、たいていすぐ識別出来るが、雌は地味なので見知っていなければ正体不明でも仕方がない。

 しかし、目が白くない・・・間もなく白い目君を見つけた。ホオジロガモの雌だった。ミコアイサは千鹿頭池で数例目だが、ホオジロガモは初記録だろうか。珍鳥ではないが珍客である。2種とも諏訪湖なら毎冬見られる鳥だが、松本盆地では2種とも珍客である。ホオジロガモは、白鳥湖にたまに現れるが長くは逗留してくれない。

 珍客を見て、今日の午後は終わった。しかし、ミコとホオジロガモが並んで休憩するなんて、松本平ではとても希な組み合わせ、希な光景。そして、雑種ガモの群に入って休憩するなんて、この池ならではの光景。たぶん今夜はこのまま眠るだろう。

 

ホオジロガモ ♀(左) ミコアイサ ♀ (右)   2014年11月27日  長野県 松本市

雑種ガモ 色男バフ (左) ホオジロガモ ♀ (右) 手前も雑種ガモの1羽(名前は不明)  2014年11月27日  長野県 松本市

残った雑種ガモ クリーム   2014年11月27日  長野県 松本市

 そして、悲しい知らせを受ける。今年は白い雑種ガモが5羽生まれた。夏を越して、3羽が生き延び、ミルク、クリーム、シュガーと名付けていた。この22日にシュガーが行方不明になり、今日ミルクが不明になった。

 池の近くで、固まって落ちている、たくさんの白い羽がみつかったとのこと。おそらくミルクの羽毛なんだろう。何かに捕食されたと考えるのが妥当だろう。5羽がクリーム1羽だけになってしまった。

 残ったクリームも雑種ガモ10数羽の群から離れて単独でふらふらしている。この子も危ない・・・嫌な予感が当たりませんように。
 残っている白い雑種ガモは「しろちゃん」昨年生まれの「バター」、今年生まれの「クリーム」の3羽になってしまった。

 飛行機雲が長く伸びた。高層の大気が不安定になっている。明日も晴れるだろうか。


飛行機雲   2014年11月27日  長野県 松本市


11月24日 宴は終わり・・・

カワセミ ♀   2014年11月24日  長野県 松本市

ちょっと強めの風が通る  カワセミ ♀   2014年11月24日  長野県 松本市
 貯水が始まり、ゆっくりと水位が低下した10数日と大違い、水位はどんどん上がっている。下がる水面に伴って現れた楽しい光景や、水没していた石や棒杭などが、映画を逆戻しするように、再び楽しい舞台や小道具として見られるかと期待していた。

 しかし、水位はそんな夢を無視しする勢いで上昇している。上の5枚の画像を撮影するために座り込んでいた場所も、カワセミが止まっている石も、明日は水没してしまうから、もうこのシーンは撮れない。

 風も光もカワセミも、たくさん撮れた楽しい宴は終わり・・・黄昏が来た。夕焼け色の水面が撮りたかったが、夢はかなわず。いつの日にか叶うだろうと、次の機会まで夢は心のアルバムに入れておこう。

 左は水門を開くための金具に止まるカワセミ。明日にはこの金具も没しているだろう。さして楽しい舞台ではないが撮影した。水面に映る名残りの紅葉色といっしょに、楽しかった記念にと。

 1秒前は過去であり、1秒前には戻れない。せめて数秒戻れたら、もっと上手いこと撮れただろうに・・・そんな失敗が2千枚、3千枚。下手くそだなぁ・・・ディスプレーを見ながら己の腕を悔やんでも、時は1秒たりとも戻らない。
 

 下の古い水門も早晩水没する。やらせ棒と違い、なかなかの舞台、大道具だった。実は、この背景の水面が夕焼け色に染まらないか、ずっと期待していたが・・・夢はいつの日にか。


 そして師走間近な日々は、日暮れが早い。夕闇が迫る。カワセミの「おっかさん」は池の空っぽ状況を乗り切った。というより、池の底が見えているときの方が、底にいるドジョウを捕らえ易かったかも。

 今年生まれの白い雑種ガモ、3羽残っていたが、22日以降1羽が行方不明。「シュガー」と名付けた子。いつも1羽だけで雑種ガモの集団と離れた場所で採食していたから、危ないなと思っていた。案の定と言うのは切ないが、案の定行方不明になってしまった。

 宴の終わりを見届けるように、1.6日のお月様が西の空に。明日は雨だとテレビの中のお姉さんがいう。



11月23日 お久しぶり!

フクロウ   2014年11月23日

 写友から連絡をもらっていたフクロウに会いに行った。ツグミの群もすでに去り、10羽ほどのカラ類が時々通る程度、静になった冬枯れの雑木林の中に、ぽつんとフクロウはいた。

 本州のフクロウが、同じ場所で、毎年冬を越すかについては知らない。だが、この個体は昨シーズンいた個体だろうと思う。なにせ、ごく平凡な人手の加わらない雑木林の中で、ピンポイントと言えるほど、昨シーズンと同じ場所にいたから。

 例えば、北海道のエゾフクロウは何年も同じ洞で冬を越している。それから類推して、本州のフクロウも同じ場所で冬を越すと考えても、不正解ではないだろう。嬉しいことに、この個体は、このいい加減な雑木林が気に入ったらしい。

 フクロウは、今年の2月13日までいたから、半年振りの再会だと、勝手に決めてしまおう。そう、証明は出来ないが同一個体だと勝手に決めてしまおう。

 しきりに地面を見ては飛び降り、まだ枯れていない下草の中で、何やらごそごそとして、枝へ戻っていた。昼間から獲物を狙っていたのだろうか。一度はツグミがけたたましい声を上げて逃げて行ったから、ツグミを狙ったのかも。下草が茂っていなければ子細が見えるのだが。

 相変わらずごちゃごちゃな雑木林の中にいて、すっきりした写真は撮れない。15分ほど見て引き上げた。
 ともかく、また来てくれてありがとう。大雪が降るまで、時々付き合ってもらおう。



11月22日 斜陽に輝く

ほぼ空っぽになった千鹿頭池   2014年11月22日  長野県 松本市

 並々と水があった千鹿頭池、9部9厘水がなくなりました。今日の午後、5羽いた白い雑種ガモが4羽になっていた。不明の1羽が何処かへ移動しているならいいのだが。さすがにコガモは避難してしまい1羽もいなくなり、カルガモも10数ほどが残るのみ、19羽いた雑種ガモも減っていた。カワセミの「おっかさん」はわずかに残った水面で頑張っている。
 池を管理している水利組合のおじさんが、カモたちに「御免よ、もう水溜めるから」と話しかけていた。ここは優しい人ばかり。

 水門のチェックが終わり、15時頃から水をため始めました。とは言え、流入量が上の画像程度ですから、再び並々になるには15日以上かかりそうです。水位の低下に合わせてカワセミの楽しい行動がみられた。普段見られない池の光景も。今度は水が増えるのに合わせて、再び楽しい光景が見られるでしょう。

 ここまで書いたところで、グラッと来た。大きな風水害はあまりない地域だが、地震だけは怖い。なにせ、有名な糸魚川−静岡構造線の断層帯の真上に松本盆地はあるのだから。我が家は震度4ほど。以前の5弱の時より揺れなかった。

 下の画像、干上がった池にふたつ雑草の固まりがある。これが人工浮島で、かわせみ「かちゃん」はこの中へ入って休憩してしまう。

 

ほぼ空っぽになった千鹿頭池   2014年11月22日  長野県 松本市

カワセミ ♀   2014年11月22日  長野県 松本市

 今日もカワセミをいろいろ撮りましたが、ほとんど物にならない駄作ばかり。セグロセキレイが魚を数匹補食した。この行動は始めて見たので、興味深かった。その行動も撮ったが、あまり面白い絵ではない。今日は雑記帳をお休みかと思いながら、それでもカワセミを待っていたら、最後の最後に、大好きな斜陽の中で、「おっかさん」がグッドな場所に止まり輝いてくれた。数名いたカメラマンさん、今日は当たりでした。

 この枯れ木も水面が下がったから現れたのであり、水面が上がると再び水没してしまう。それまでの間、おそらく1、2日は楽しめるだろう。久しぶりに楽しい絵が撮れ、今日はいい日でした。


カワセミ ♀   2014年11月22日  長野県 松本市


11月21日 風の影

無風  カワセミ ♀   2014年11月21日  長野県 松本市

 いよいよ池の水がなくなりそう。残りの1割がなかなか減らなかったのは、水門の操作がよくなかったからとのこと。おかげさまで、普段は見られないカワセミの光景をたっぷり楽しませてもらえた。事情通のおじさんが、ちょいと操作をしたらしい。みるみる水は減り、底がくっきり見える。明日には空っぽになるだろう。

 カワセミの「おっかさん」は相も変わらず「息子」を追い回し、「息子」は息子で「おっかさん」の目を盗んでは池に現れ、ちょいとドジョウなどを食べている。

 100mほども離れていても、「おっかさん」は目ざとく「息子」を見つけ、池を縦断して突進する。堤の上からその飛び姿を狙うが、怒り心頭で突進する「おっかさん」の飛行速度は速い。なかなかピントが合わせられない。

 カワセミ(翡翠)は斜陽の中では、青ではなく、まさに翡翠色に輝く。零下の朝に耐えてまだ残っているコナラなどの黄色やモミジの赤色、それに松の緑色を使って、微風は水面をキャンバスにして、気ままに自分の影を描く。揺れる紋様の上を飛ぶ翡翠色。これを写さなくてどうしよう・・・。

 意気込みの割りには、まだまだの出来ですが、こんな組み合わせと、この地ではまれにしか出会えないから、目玉が乾燥してがさがさと感じるまで飛び回るカワセミを見つめ続けた。

 

微風あり  カワセミ ♀   2014年11月21日  長野県 松本市

微風あり  カワセミ ♀   2014年11月21日  長野県 松本市

微風あり  カワセミ ♀   2014年11月21日  長野県 松本市

カワセミ ♀   2014年11月21日  長野県 松本市


11月20日 赤い鳥

ベニマシコ ♂   2014年11月20日  長野県

 赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実を食べた・・・と。

 気象予報ほど曇り空は晴れず、カワセミを見に行っても、ぎんぎら逆光は望めそうもない。しからばと、赤い鳥を探しに行く。昨年も20日に見に行き、5、6羽を見ているから、今年もいるのではと。風の便りに来ていると聞いているし。

 さんざん探した。2時間も粘ったが、ついに出会えなかった。今日は運がなかった。そう言うこと。

 でも、赤い鳥はいました。クマザサの中にチラリと赤い影。ぴょいと枝に飛び上がる。オオマシコ見ッけ!カメラの視野に入れる。ピントが来る。ピントが合ったらベニマシコに変わっていた。やれやれ。

 ベニマシコは3羽いました。歌の通り?赤い実を食べました。赤い実を食べてもオオマシコに変わる訳もなく。しばらく見ていたが、今日は諦めて帰りました。山は寒かった!



11月19日 金盞花咲く候 斜光の中で

カワセミ ♀   2014年11月19日  長野県 松本市

 午後だけのカメラマン、しかも2、3時間しか撮影時間がない。そして、16時がお帰り時刻の目安だから、春から秋は夕焼け時間帯まで撮影が出来ない。しかし、立冬に入ると日没が早まり、お帰り時刻に夕陽が間に合うようになった。

 斜光が大好きである。ハイキーな写真が好きである・・・金盞香(きんせんかさく)候になって、撮影時間内に斜光が溢れるようになった。とても嬉しい時季である。

 最近、カワセミにどっぷりはまってしまった。毎日カワセミ嬢を眺めて撮影時刻が終わる。もちろん雑種ガモも見ているが。今日もまたまたカワセミ写真です。始めの3枚は、日陰の暗い場所で捕獲したドジョウを食べるカワセミ嬢。暗くても、高いカメラなら何とかなる。ちなみに画像は ISO10000。

 カワセミは、止まった木の枝や石などに捕らえた魚をぶつける。よく見られるカワセミの習性だが、このドジョウのぶつけ方は、なん言えばいいか。

 

 池の水が引くに従い、通常見られない光景が次々と現れる。それに合わせて、水面に映る紅葉色を背景のカワセミから撮影が始まった。残ったのは水中から飛び出す瞬間とホバリング中の姿。ふたつとも難しい。なにせ、めったにホバリングをしてくれないし、飛び出す瞬間はなかなかピントが合わない。

 水中から飛び出すところを・・・、斜光で、逆光で、バッチし決まれば、とてもいい。しかし、今日もピントが合わず、ゴミ箱行きになった画像は400コマほど。いやはや己の未熟さが恨めしい。


 最近お気に入りの止まり場所はこの花菖蒲の枯れた花軸。人工浮島の茂った雑草の中がカワセミ嬢の最近の休憩場所。草むらへ入り込まれると手が出せない。


 この花軸から飛び出す瞬間も撮った。始め上の画像で飛び出しを狙ったが、背景がぐちゃぐちゃで使い物にならず。
 それで、下の画像のように、撮影位置を替えた。今度は前方に飛び出か、手前へ向かってくるかで、全然ピントが合わず。たまに合っても、お尻の穴を撮った絵で、お嬢様に悪いから使えません。
 

 ぎんぎらの中を飛ぶカワセミを狙った。こんな露出オーバーな写真も好きだから。しかし、こんな逆光の中ではオートフォーカスはほとんど利かず、飛んでるカワセミにマニュアルでピントを合わせられるほどの腕はないし・・・偶然写ったひとコマというのが正解だろう。こんな写真がいっぱい撮れたらとても楽しいのだが。


 カワセミを撮り始めて、始めて逆光側から撮影した。なかなか面白い。しばらく病みつきになりそう。今日1回だけホバリングをしてくれたが、遠くて写真にならず。ぎんぎら逆光の中でホバリングしている絵が撮れるといいのだが。



11月17日 毎日池で

カルガモ ♀??   2014年11月17日  長野県 松本市

カワセミ ♂ 幼鳥   2014年11月17日  長野県 松本市

 昨日書いた、カルガモなのか雑種ガモなのか「悩ましい」2、3のカモの1羽です。一番カルガモに近い個体で、カルガモの雌だろうと考えています。しかし、上嘴基部の黄色い斑と、行動形態から判断が揺らぎ・・・「悩ましい」のです。

 カルガモは嘴の先端だけが黄色い。嘴の黒い部分に不定形の黄色い斑がある個体は、この池では雑種ガモである。

 何度も書いているが、雑種ガモは雑種ガモだけの集団で行動し、カルガモの集団とは一線を画している。もちろん、ふたつの集団が入り交じることも、度々ありますが。上の個体は、雑種ガモの集団内にいたり、すぐ横で付かず離れず行動しているやっかいな個体です。

 嘴の基部の黄色い斑以外に、外見上カルガモでないとする材料はありません。それで、カルガモの雌だろうと考えています。疑い出すと、カルガモの数羽が怪しく見え始め・・・悩ましい限りです。

 左はカワセミの幼鳥で、最近常連さんの間では「息子」と呼ばれています。普段は水中に沈んでいる石や杭が現れて、見慣れぬ池の姿が広がっています。

 「息子」は「おっかさん」に池を追い出され、池から流れ出た水が流れる用水路で魚を捕っています。下の画像は用水路のマスに止まり魚を見つけているところ。

 「息子」が用水路にいる限り「おっかさん」は威嚇したり、追い立てたりしません。しかし、「息子」はそろりと池に入り込みます。池の方が魚がたくさんいると思うのか、「おっかさん」が恋しいのか・・・。

 左は人工浮島の陰にいる「おっかさん」の近くで様子を伺っているところです。「おっかさん」からは死角になる杭なので、じっとしていればいいのに、魚が見えたのでしょう、飛び込みました。

 
 

カワセミ ♂ 幼鳥   2014年11月17日  長野県 松本市

 下は魚を狙って飛んだところ。周囲は池なのか河原なのか分からない世界。


カワセミ ♂ 幼鳥   2014年11月17日  長野県 松本市

 爪楊枝みたいな魚とおまけのゴミを捕らえて杭に戻ったら、「おっかさん」に見つかってしまった。「おっかさん」が突撃して来るので、逃げ出す瞬間の「息子」。


カワセミ ♂ 幼鳥   2014年11月17日  長野県 松本市

カワセミ ♀   2014年11月17日  長野県 松本市

 上は、「息子」を池の外へ追い出して、お気に入りの場所へ戻ったが、興奮状態が収まらない「おっかさん」。カワセミの怒り心頭の姿です。

 下は威嚇するポーズ。「息子」はすでに池外で、視野の中にはいないのだが、興奮が収まらず、いない「息子」を威嚇している。上の画像に続くシーンです。


カワセミ ♀   2014年11月17日  長野県 松本市

 今日も曇りで暗かった。そろそろおきまりの行為をするだろうと予測。では、それを撮ってやろうと、最悪でも飛び出す瞬間は撮れるだろうと感度を上げる。ISO10000。そうそう、今日は1Dxを使ってます。画質は荒れ荒れだが、狙った瞬間は上手いこと撮れた。

 上はペリットを吐き出す瞬間。かなり大きいペリットだったので、喉に引っ掛かって、ひと息に吐き出せず、ついに首を振って、なんとか吐き出した。ペリットが前方へ飛んで欲しかったが、首を振ったので向こう側へ落ちてしまった。しかし、大きなペリットを出すと言うことは、それなり魚が食べられているということで、それはなによりです。
 (※ ペリット=鳥学用語 胃に残った不消化物で、吐き出された物。カワセミは魚の骨が大部分。通常紡錘形、蚕のまゆ型をしている。吐き出された直後はとても臭い)

 下はカワセミ嬢「おっかさん」のあられもない?ウンチをした瞬間。ペリットを出すときは嘴を大きく広げる。ウンチをするときは、尾羽を立てるので、後はカメラの連写機構任せ。秒間10コマのスピードで、40コマも連写すればたいてい撮れるから、さしたる画像ではないが、たまにお遊びで。とか言いながら、雑種ガモを横目で見ながら、今日もカワセミに遊んでもらった。そろそろ山の鳥に戻らなければと思いつつ。

  


11月16日 今日もカワセミ

カワセミ ♀   2014年11月16日  長野県 松本市

 このところ不調です。空っぽになった千鹿頭池を撮りたくて、雑種ガモの生存している個体をしっかり把握したくて、日参しています。しかし、池はなかなか空っぽにならず、雑種ガモも19羽までは確認出来ますが、2、3羽のカルガモなのか雑種ガモなのか悩ましい個体がいて、思いは宙に浮いたまま。

 池を縄張りにしているカワセミ嬢は、毎日何十コマも撮影されている、池唯一のヒロイン。70DUの練習にあれこれモードを変えて撮っていますが、なかなか上手く撮れません。日陰のやや暗い場所で撮っていますから、難しいことは承知の上ですが。

 今日の2画像は 15時33分、曇り、ISO2500、パターン測光、シャッター優先 1/1600 600mmレンズ ノートレミングです。粒子の粗さが目に付きますが、まぁ、この程度ならの出来。

 飛んでいるカワセミの翼を、ブレがなくピッシリ撮るには、最低でも 1/2000のシャッター速度が欲しい。感度を上げれば速度は得られるが、感度を上げると画質が落ちる嫌な相関関係。どこで手を打つか、まだ手探り状態。

 千鹿頭池が空っぽになると、カワセミやカモたちは引っ越しをしなければならない。行く先は近くの生妻の池か薄川、縣の森公園の池などだが、生妻池は凍結してしまうし、縣の森公園の池も改修するとかで、今から空っぽ状態。鳥たちはこの冬どこで越冬するのだろう。最悪、雑種ガモが半減してしまう事態が起こるだろうか。雑種ガモ達を見ながら複雑な気分。



11月13日 今年生まれの雑種ガモ その後

3羽の白い雑種ガモ  左から シュガー クリーム ミルク   2014年11月12日  長野県 松本市

 11月7日の続きで、今年生まれの雑種ガモ10羽のその後についてです。カワセミがたまにしか遊んでくれなくなったので、暇な時間に雑種ガモをチェック。池の水は大幅に減ったが、約20羽の雑種ガモが池で頑張っています。他にコガモが40羽弱、カルガモ40羽弱、マガモの雌3羽も。

 今年生まれの白い雑種ガモは、2羽が行方不明になったが、残りの3羽は頑張っています。3羽は嘴の黒斑と先端の形状で識別可能です。上の画像のような、3羽並んでの行動は、最近ほとんど見られません。それぞれで、行動している場合が多い。

 白い5羽の兄弟姉妹で、カルガモのヒナとよく似た羽衣をしていた5羽のヒナ(カルガモ色のヒナと呼ぶ)のチェックを試みた。これまでも、毎年生まれるカルガモ色のヒナを追ってみたが、ほとんど見つけ出せなかった。カルガモに混じると識別がとても難しいから。ただ、12年生まれの、特別に白っぽい個体(色男しろ)や、バフ色の個体(色男バフ)はチェック可能で、2羽は現在も生存している。

 

今年生まれの雑種ガモ 手前から ミルク マロン ピア   2014年11月12日  長野県 松本市

 雑種ガモは、池でカルガモと混在しているように見えるが、ほぼ雑種ガモだけで集団を組んで行動している。また、兄弟姉妹で固まって行動する場合が多い。この1週間、カワセミが遊んでくれない間は、雑種ガモをチェックしていた。
 
 その結果、今年生まれのカルガモ色のヒナ5羽のうち、まず2羽を確認出来た。それが、マロンとピアである。実は、カルガモ色のヒナを、仮に信玄、謙信などと名付けていた。5羽はたぶん雄ではないかと考えたから。しかし、第1回冬羽が揃うと、雌ではないかと思えるので、戦国武将の名前は止めることに。

 バフ色の2羽と従姉妹関係の「色男バフ」が、現在そっくりな羽衣をしている。「色男バフ」は始め雄とばかり考えて「色男」なんて名付けてしまったが、交尾をした段階で雌と分かった。あくまで類推だが、第1回冬羽と非繁殖期羽がバフ色をした個体は雌だろうと考えている。

 このバフ色の2羽は、今年生まれの5羽の中の2羽で間違いないと思う。


今年生まれの雑種ガモ ピア   2014年11月13日  長野県 松本市

今年生まれの雑種ガモ  マロン  2014年11月13日  長野県 松本市

今年生まれの雑種ガモ  手前から ビア クリーム ??  2014年11月13日  長野県 松本市

 問題は上の画像の奥の個体である。ぱっと見カルガモに見える。池の雑種ガモをしつこく見ていなければ、まずカルガモと見てしまうだろう。しかし、以下のような点で、今年生まれの雑種ガモと考える。まだ、名前はない。

 @ 今年生まれの雑種ガモと行動を共にしていて、カルガモの集団には入らない。
 A 下尾筒(尾羽の下、尻の部分)の色が、この時期のカルガモよりマガモの雌に近い。また、マロン、ピアによく似ている。
 B 頭部はカルガモより白が強く見え、特に眉斑の白さが強い。
 C 腰(下の画像の矢印の先)に緑色の光沢がある。この光沢はカルガモにはなく、マガモの雄に見られる。
 D 緑色の光沢は池にいる他の雑種ガモの雄に普通に見られる。

 

今年生まれの雑種ガモ   ?? 奥はピア  2014年11月13日  長野県 松本市

 下は参考画像。雑種ガモの雄。左は2009年生まれ「五人組四郎」。右は「しろちゃん」と連れ合いの「五人組三郎」同じく2009年生まれ。2羽の腰に緑色の光沢が確認出来る。

 蛇足ながら、「しろちゃん」と「三郎(ガード君)」は2011年(10年?)以来ずっとペアーを組んでいて、四季問わず行動を共にしている。


2014年11月13日  長野県 松本市

2014年11月13日  長野県 松本市

 ごてごてと書きましたが、今年生まれの雑種ガモ、「しろちゃん」の子の10羽のうち、白い個体が3羽、カルガモ色だった個体が3羽生存していると、取り敢えず結論を出しました。

 「??」君は、男の子らしいから「信長」にしよう。また勝手に鳥馬鹿が遊んでいます。



11月11日 まだまだカワセミ

カワセミ ♀   2014年11月11日  長野県 松本市

 池の水が更に減り、紅葉の写り込む水面はほぼなくなりました。改修工事が終わり、池の水面が戻り始める頃には紅葉は散り終わっているでしょうから、そろそろカワセミの追っかけは終わりになりそうです。

 唯一残っている晴れ舞台は、上の画像の石から水面へ飛び込む瞬間と、水面から飛び上がる瞬間。しかし、画像の水溜まりは浅く、もう魚は一匹もいません。水浴びのために飛び込む瞬間しか望めません。

 2時間待って、1回カワセミ嬢が来ました。上の画像の状況から、左方向へ飛んで水浴びすると信じて構えていました。

 ところが、飛び込むどころか、カワセミ嬢は右方向へ飛び去ってくれました。かろうじて、飛び去る横顔を追ったレンズが間に合いました。今日は下の1枚が全て。上の2枚は付録です。なお、下は一見ストロボを使用しているように見えますが、自然光のママです。今日の3枚は全部トレミングしています。



11月10日 カワセミ・カワセミ・カワセミ!

カワセミ ♀   2014年11月10日  長野県 松本市

カワセミ ♂幼鳥   2014年11月10日  長野県 松本市
 千鹿頭池へ通うこと4日目。まだ水は脱け切っていませんが、水中に隠れていた杭や石がたくさん現れ、見知らぬ千鹿頭池が広がっています。

 ツグミチェックのフィールドワークを中断して、池へ通うのは、ひとつに、空っぽになった池が見たいから。常連さんからいろいろ話を聞いていますが、やはり我が目に光景を焼き付けねば。好奇心の塊のような暇人ですから、毎日3時間の池訪問。

 もうひとつは、現れた杭や石にカワセミが止まるから。そして、わずかに残る水面に紅葉末期の晩秋色が踊っているから。濃い橙色は桜。黄色系はコナラや紅葉。そしてコバルトブルーのカワセミ。こんな色の組み合わせは、都会の公園にでも通い詰めなければ、この地ではなかなか望めない。

 カワセミは2羽いる。雌の成鳥と雄の幼鳥。おそらく母親と息子。親離れの時期なので、雄幼鳥は雌に追い回されている。幼鳥は独り立ちをしなければならない時期だが、ママが恋しくて、つい近付いては追い払われている。

 8日と今日、久しぶりのカワセミ三昧。カワセミだけで500コマ以上。こんなにたくさんカワセミを撮ったのは、もう思い出せないほど昔のこと。しかし、期待する場所へ止まってもらえず。撮るには撮ったが・・・イメージした絵にはまだもう少し。

 今日は全部左向きで揃えました。撮影場所と風向きから、自然に左向きが多くなったからで、大意はありません。明日はもっと水がなくなるでしょうから、また違う舞台が現れるでしょう。明日も行かなくては。

 

 カワセミが休憩していました。そこへ・・・。


 コサギがやって来ました。1羽目は、サギなんて怖くない!と、平静を装っていたカワセミ嬢でしたが。2羽目が近付くと・・・。


 やはり、怖い!堪えられずに・・・


 飛んで逃げましたとさ。


 日が短くなった。16時を回ると、辺りは夕暮れモードになる。高い山々に囲まれた松本盆地は、太陽が山に係ると、たちまち夕暮れになる。最後の光で撮影。これにて、今日は打ち止め。また明日、追っかけするからよろしくね。



11月8日 立冬色

ジョウビタキ ♂   2014年11月8日  長野県 松本市
 
 太陽が出ていたら、昨日のコサギの画像のような燃える色が見つけられたでしょうが、今日はあいにくの曇天、渋い色しか見つけられませんでした。

 立冬色ってどんな色?南北に長い日本列島ですから、立冬に雪が降っている大地もあれば、紅葉真っ盛りの山並みもあるでしょう。松本盆地の東縁では、晩秋がまだ色濃く残っています。はたして、その色の中に冬を見つけられるのか・・・。大上段に振りかぶった割りには、平凡な晩秋色しか見つけられませんでしたが、これがこの地の立冬色でしょう。

 水が抜かれている最中の千鹿頭池、さほど大きな池ではないのですが、水位は意外にゆっくりと下がっています。2日も掛ければ空っぽになると思っていましたが、まだ3割ほど水が残っていました。

 水位の低下にともなって、水没していた杭や沈んでいた丸太などが現れ、これまで目に出来なかった光景がたくさん現れました。


コサギ   2014年11月8日  長野県 松本市

コサギ   2014年11月8日  長野県 松本市

カワセミ   2014年11月8日  長野県 松本市 

カワセミ ♀   2014年11月8日  長野県 松本市

カワセミ ♀   2014年11月8日  長野県 松本市

 昨日、水面からちょっとだけ顔を出した丸太にカワセミが止まった。そのシーンを撮り損ね、悔しかったので、今日はもっぱらそれを狙う。昨日より丸太が水上に現れてしまったので、カワセミ本体と影との間隔が開いてしまい、ちょっと残念だった。立冬色?晩秋色?の水面にカワセミのスカイブルーが映えたのが救い。


水浴びする カワセミ ♀   2014年11月8日16時3分  長野県 松本市

 またまたのカメラ談義です。

上は 1Dx ISO3200 f7.1 1/250  絞り優先
下は 1Dx ISO25600 f7.1 1/1600 絞り優先

 25600でも十分絵は出来る。ざらっとした感触が欲しい時に、あえて使えばいいかも。25600がメーカーの言う実用範囲の Max。


伸びをする カワセミ ♀   2014年11月8日16時4分  長野県 松本市

カワセミ ♀   2014年11月8日16時30分  長野県 松本市

 同じようなテストを、7DMarkU でもやってみた。

上は ISO5000  f7.1 1/125  絞り優先
下は ISO16000 f7.1 1/400  絞り優先

 7DUを悪くばかり書いてもなんですから、ISO5000 でも、何とか使えるとしましょう。16000は、メーカーの言う実用範囲のMax だが、ちょっと使うには度胸がいりそう。もっと明るいときに、もっと絞り込めば、もう少し鮮明な画像になるかも。ただ、粗い粒状はこのままだろう。


カワセミ ♀   2014年11月8日16時30分  長野県 松本市


11月7日 白いカモ その後

昨年生まれ バター   2014年11月7日  長野県 松本市
 白い雑種ガモたちのその後です。今年の4月に、白い雑種ガモは3羽いました。
 「しろちゃん」2009年生まれ、母親「A子」
 「バニラ」2012年生まれ、母親「A子」
 「バター」2013年生まれ、母親「しろちゃん」
 
 5月10日以降「バニラ」は確認出来ず、行方不明なりましたが、6月14日に「しろちゃん」が白い子を5羽孵化させたので、7羽となりました。足し算、引き算がややこしい今年です。

 今年生まれの5羽は、いずれも上嘴が変形していて、はたして大きくなれるのか、気のもめるところでしたが、5羽とも飛べるまでに成長しました。

 5羽のうち、9月25日に1羽が行方不明、さらに10月中に1羽が行方不明になり、現在確認出来ている白い雑種ガモは5羽です。



今年生まれ ミルク   2014年11月7日  長野県 松本市

今年生まれ シュガー   2014年11月7日  長野県 松本市

今年生まれ クリーム   2014年11月7日  長野県 松本市
 
 「しろちゃん」は昨日登場したので、今日は残りの4羽を。今年生まれの子に、そろそろ名前を付けようと、今日は個体識別に使える上嘴の黒斑を撮影。

 ヒナの時には黒斑はなく、嘴は一様な黄色だが、成長に合わせて黒斑が現れて、徐々に広がる。黒斑は、第1回冬羽への換羽が完成するころに、識別が可能になるほど個体に差がつく。

 これまで白い雑種ガモは11羽が誕生している。全羽に共通なのは、虹彩がグレー系の色をしていることである。この色は、直射日光を受けないと青灰色に、斜光を受けると褐色味を帯びた色に見える。

 今年生まれの3羽の上嘴は変形したままで固定した言える状況。これでもちゃんと採食しているから、生存に大きな影響はないと思う。なお、3羽と同時に生まれた「カルガモ色」をした5羽の嘴には変形は現れなかった。


コサギ   2014年11月7日  長野県 松本市

 今日は使い慣れた1Dxを使う。斜陽になったので、ちょっと凝って晩秋の色など狙ってみる。ハイキーな画像が好きな私としては、少々苦手な重い色だったが、何とかまとまったような・・・と、自画自賛しておこう。

 コサギの動きを追っていたら、突然コサギの前で大きなコイが跳ねた。跳ねた瞬間にシャッターを切ったが、運動神経が鈍いので、コイは写っていなかった。跳ねると分かっていれば、連写していたのに。後から悔やんでも仕方がない、まぁ、当然の結果だが。驚いているコサギは写っていた。


コサギ   2014年11月7日  長野県 松本市

 池の横にガラスがついた大きな箱形の廃棄物がある。経緯は分からないが、数日前からジョウビタキがその箱に入っては飛び跳ねていると常連さんから聞いった。

 昨日現場を見に行き、すぐに箱の中で飛び跳ねる理由が分かった。ガラスに映る己の姿を、縄張り内への侵入者と認識して攻撃しているのだ。時々見られるジョウビタキの行動そのもの。

 面白いから撮影するが、陽の入らない暗い箱の中で飛び跳ねているから、7Dでは対応出来ず。今日、改めて挑戦。感度さえ上げられれば、何とかなる。
 ちなみに、この画像は、ISO4000 f8 1/1000。

 こんな薄汚れたガラスに写る像でも侵入者と認識するのだろう。何度も箱へ入っては突撃を繰り返していた。ジョビ君、ガラスに映る己の姿だと、そろそろ気付けばいいのにと思う。しかし、楽しい見ものが毎日見られ、撮影にチャレンジ出来るから、暇つぶしには手ごろなお相手である。

 (※ 8日追加 ガラスではなくステンレスの板のようです。)

ジョウビタキ ♂   2014年11月7日  長野県 松本市

カワセミ ♀   2014年11月7日  長野県 松本市

 ジョビ君がいなくなったので、久しぶりにカワセミに挑戦。日没後の夕暮れ時なのだが、JPG ISO3200 f5.6 +0.7 1/200 で、真昼のように撮れた。画像に手は加えてありません。逆に嘘っぽい感じだが、綺麗に撮れたから、まぁ〜ね、の出来。で、下のトレミング画像はピクセル等倍。このカメラならこの位は撮れなくちゃ。

 かくて、立冬の午後は暮れました。風が冷たかった。やはり立冬。鳥さんはダウンを着ているから暖かくていいよね。明日から風邪引かないようにパッチはこうかしら。



11月6日 白飛び

大漁? アオサギ 手前は雑種ガモ「しろちゃん」   2014年11月6日  長野県 松本市

 寒くなりました。お出かけは、腰にしっかり使い捨てカイロを貼って。財布を忘れてもカイロは忘れません。やだやだ、腰痛持ちは。

 雑種ガモのその後をチェックに千鹿頭池へ行く。なんと、はびこったヒシを除く作業をするために水を抜いている最中で、水面はいつもの7割に縮小。雑種ガモは15羽ほどいたが、チェックは池の水が戻ってからに回す。

 それでも、5羽いた白い雑種ガモの素性だけは確認しようと座り込んで池を見る。水位が下がり、魚が捕りやすくなったのだろう、コサギ、オオダイサギがお食事中。後からアオサギもやって来て、魚を狙らう。

 魚の名前は分からない、ニジマスなんだろうか。犀川上流の薄川から水を取り込んでいる溜め池だから、川の魚が入り込んでも不思議はない。しかし、大きなコイはたくさんいるけれど、こんな大きなマスがいたとは。

 アオサギ君、大漁だったが、ちょと大き過ぎた。重くて下の画像より高くまでくわえ上げられず、落としてしまう。3度くわえ上げようとしたが、結局諦めてしまった。大きなマスがいると確認出来たから、アオサギ君の努力に感謝。撮影中、偶然雑種ガモの「しろちゃん」が通り、その後をご亭主の「三郎(ガード君)」が通過した。2羽の夫婦関係は2011年以来ずっと続いている。

 

オオダイサギとコサギ(手前)
 今日も、またまたのカメラ談義が続きます、悪しからず。

 偶然通りかかった「しろちゃん」が入ったが、白飛び。だいたいにおいて、こんな背景では、スポット測光でもしないと白飛びしてしまう。(※ 白飛びとは、本来明るさの強弱がある部分が、白一色になってしまう状態をいう。)

 しかし、スポット測光で白い部分を細部まではっきりさせると、今度は背景が真っ黒になってしまう。白い部分と背景とのバランスが上手く取れると申し分ないのだが。

 オオダイサギとコサギが並んだので、お試し。オオダイサギは白く飛んでしまったが、コサギはなんとか。
 
(15時09分 曇り f8 1/1600 ISO3200 −0.3ステップ 部分測光 絞り優先 白バランス太陽光 JPGラージ)

 まぁ、このカメラはこの位の性能と知った上で使えばいいでしょう。白飛びが全て悪い訳ではないから。スーパーリアルを求める方には不満が残るでしょうが。また、ハクチョウ撮影時にあれこれ白飛びについてテストしましょう。

昨年の「しろちゃん」子供  手前から「しろ太郎」 「コーラ」 「バター」   2014年11月6日  長野県 松本市

 「しろちゃん」の昨年の子供3羽は健在でした。今年生まれの、嘴が変形している白い子は3羽だけ確認できた。5羽のうち1羽は9月下旬に行方不明なっている。もう1羽も不明になったのだろうか。

 上の画像、手前の「しろ太郎」に露出を合わせた。やはり背後の「バター」は白飛び状態。「コーラ」の脇腹もすこし露出オーバー。証拠写真にしてもちょっと、ちょっとの状態。短いレンズで、評価測光を使うべきだろうか。池に浮いたヒシの残骸の色は気が入らない

 下のカルガモ画像。この位に撮れていれば、まぁ、まぁでしょうか。上の3兄弟の画像、下のカルガモの画像は、いずれも生画像です。


カルガモ   2014年11月6日  長野県 松本市

ジョウビタキ   2014年11月6日  長野県 松本市

 上は ISO3200、下は ISO5000。雨が降り出しそうな雲行きで、薄暗かったので、感度を上げてみる。上のような状況をカメラさんは苦手のよう。やはり、ジョウビタキは潰れ気味で、輪郭も少し不鮮明に撮れていた。それで、少し手を加えてある。

 下の5000の画像は、この位ならよしとは言えない。やはり、撮れてはいるが・・・の状態。作文の都合上、状況説明の画像として使うなら仕方がないが、普段は使いたくない粒子の粗さ。

 どうやら、今度のカメラは、わたし的には、ISO2000が限度。それでも、7Dの800が限度だったのに比べれば、いいだろうの評価。明るいところで、白いものにレンズを向けなければいいだろうか。



11月4日 ツグミの当たり年?

北アルプス  2014年11月4日  長野県 松本市

 今月初めの雨が北アルプスの北部では雪になった。じわりと冬が目に見え出した。しかし、低山帯は今が紅葉の真っ盛り。黄色はコナラである。こんな紅葉の中でツグミ見をした。

 個人的な感想だが、今年はツグミの当たり年で、マミチャジナイも当たり年と思う。私の見ている雑木林で150羽以上のツグミが飛び回っていた。マミチャもいた。そこからさほど離れていない低山なのでその群が移動したとも考えられるが、あっちへ、こっちへ、あっちへと走り回った結果、それぞれ違う群がいると考えた方がよさそう。

 低山で2日間、50羽ほどのツグミの群を見ていた。写真も撮りたかったし、カメラのテストもしたかったが、木々の海の中では簡単に鳥の姿は見えない。撮影ままならず。空を飛び回るツグミや、エノキに群がるツグミを紅葉の隙間から眺めて2日間が終わった。

 低山にいたツグミの群にもマミチャジナイの幼鳥、成鳥が入っていた。2日間で16回しっかり確認した。同じ個体を見ている可能性があるので、16羽とは言えない。
 山腹に水が溜まっている場所があり、群が水飲みに殺到した。そのとき、マミチャ6羽を確認出来たから、たぶんマミチャは少なくとも6羽はいる。

 こんな観察だけで、当たり年と言ってよいかは疑問がある。だが、私が回っている範囲内で、こんなにたくさんマミチャを見たのは初めてである。ツグミも、100羽を超える群を、この10年数回しか見ていない。それで、当たり年なんだろうと思う。

 

紅葉盛り  2014年11月4日  長野県 松本市

マミチャジナイ 幼鳥  2014年11月4日  長野県 松本市

 なんだかんだ言いながら、それでも撮影可能な鳥さんが現れたらシャッターを切り、テスト。1Dxで常用している感度3200で撮ってみた。7D MUの方が焦点距離が100mmほど長い(1Dxは1.4xのエクステンダーを使っている)。
 感度3200では、色の出はよいけれど、画質は劣ると思う。まぁ、3200なんて使う方が無理があるかも。しかし、7Dは感度800が限界だったが、3200で7Dの800よりはましな画像だから、その点はよしとしよう。それに、1Dxと比較すること自体間違っているかも。

 つまり、薄暗い林の中で使うには、わたし的にはちょっと苦しいカメラである。明るいところで、感度2000ほどで使って見て、次の判断をしよう。


ツグミ  2014年11月4日  長野県 松本市
 上の画像の部分。ピクセル等倍



 天候 快晴  撮影15時54分 EOS 7D MarkU
 絞り値  f 7.1
 露出時間 1/200
 ISO 速度  3200
 露出補正 +0.3 ステップ
 焦点距離 600mm (960mm相当)
 測光モード 部分
 露出プログラム 絞り優先
 白バランス 手動 太陽光
 JPG ラージ
 
 天候 快晴  撮影15時54分 EOS 7D MarkU
 絞り値  f 7.1
 露出時間 1/500
 ISO 速度  3200
 露出補正 +0.7 ステップ
 焦点距離 600mm (960mm相当)
 測光モード 部分
 露出プログラム 絞り優先
 白バランス 手動 太陽光
 JPG ラージ
 

下の画像の部分。ピクセル等倍

カケス  2014年11月4日  長野県 松本市


10月 ホームヘ 12月