私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2014 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


11月 ホームヘ 1月

12月31日 青い鳥

ヒヨドリ  2014年12月31日   長野県 松本市

イカル  2014年12月31日   長野県 松本市

オオダイサギ  2014年12月31日   長野県 松本市
 青い鳥になかなか出会えないとこぼしたら、写友がいる場所を教えてくれた。今日、久しぶりに午前中から鳥見に出られたので、青い鳥が現れるだろう場所で粘ることにした。

 ところが、天候の変わり目からか、時々強い南風が吹くからか、鳥さんの出が悪い。2時間半頑張ったが、近くのヌルデの実にイカルとヒヨドリが来ただけ。地表近くはジョウビタキの雄が時々現れるだけ。

 余りにも暇なので、昼食を買いにコンビニへ行き、ついでに少し離れた池を見に行く。池の周りでも、青い鳥は見られる可能性があるから。

 池の周囲には、カシラダカの群れとそれに混じったミヤマホオジロの雌がいたが、青い鳥は見つからず。池は9割方凍っていて、残ったわずかな水面にマガモなどがいた。こんな凍てついた池で食べ物が捕れるのだろうか、サギが2羽凍っていない葦の元をのぞき回っていた。

 再び午前中にいた場所へ戻る。午前中同様に、ジョウビタキの雄が周回していた。ルリビタキの雌が現れたが、すぐさまジョウビタキが追いかけ回して、追い払ってしまった。見ている場所は、どうも、ジョウビタキの縄張りになったらしい。これでは、青い鳥(ルリビタキの雄)が現れても、追い出されてしまう。


 14時を回り、晴れていた空はいつの間にか曇ってしまった。予報通り天気は急変するようだ。空を見ていたら、目の前を青いものが横切った。

アオサギ  2014年12月31日   長野県 松本市

ルリビタキ ♂  2014年12月31日   長野県 松本市

 一瞬だったが、この冬やっとルリビタキの雄成鳥に出会えた。綺麗な青い鳥だった。

 ヘクソカズラはあちこちに生えているが、その実を食べている鳥をこれまで見たことがない。目にしたかも知れないが、記憶にない。ルリビ君は藪の中から飛び出すと、実をひとつ食べ、飛び去った。ヘクソカズラも食べるのだと、ひとり納得。

 ルリビタキが一瞬で飛び去ったのは、ジョウビタキが追ったから。ジョビ君が憎たらしいやつに見えた。そのあと、ジョウビタキもヘクソカズラを二粒食べた。ジョビ君、午前中から何度もここ通ったが、そのときはヘクソカズラに見向きもしなかったのに。

 ともあれ、大晦日に青い鳥と出会え、いい鳥見で終われから、来年はもっと楽しい鳥見が出来るでしょう。

 それでは、皆様よいお年をお迎えください。


ルリビタキ ♂  2014年12月31日   長野県 松本市


12月28日 招福・招福

フクロウ  2014年12月28日   長野県 安曇野市 70mmで撮影

フクロウ  2014年12月28日   長野県 安曇野市 600mmで撮影

 フクロウは特別に人気のある鳥。全国で売られているフクロウグッズの多さからもそれが知れます。しかし、人気の割にはたやすく見られない鳥である。

 昨年から今年の2月13日まで雑木林にいたフクロウ君、洞でもない吹きさらしの小枝で頑張っていた。さすがに大雪で雑木林が覆われると何処かへ移動してしまったが、長い間楽しませてもらえた。こんなにフクロウと付き合えるなんて、今後もう無いだろうと、2月に思った。

 そしてこの11月、フクロウ君は雑木林に再び現れた。私は昨シーズンと同一の個体だと、証明ぬきで信じている。飛来当初は、今日の画像の枝ではないがすぐ近くで寝ていた。

 経緯は分からないが、フクロウは雑木林から一時消えた。1回だけかなり離れた雑木林の端で見かけたが、それきり会えなかった。もっとも赤い鳥や青い鳥を訪ねて回っていて、雑木林へほとんど行かなかったこともあるが。

 ところが、フクロウ君が戻って来た。しかも、昨シーズンよく止まっていた枝の、それこそ20cmと違わない同じ場所に今日は止まっていた。そして、いつものように眠っていた。本当は細く目を開けて、こちらを伺っているのだが。

 この小枝がよほどお気に入りの場所なのだろう。雑記帳の今年の1月15日の画像をご覧いただけば、同じ場所・同じ枝だと判ります。

 大晦日近く、フクロウ君が再び来てくれたなんて、来年はいいことがいっぱいありそうです。招福、招福です。


12月27日 やはりアウトドア

クサシギ  2014年12月27日   長野県 安曇野市

 PCのディスプレーばかり見ていると目がくらくらして来る。そもそもテレビも見られる仕様のPCを買ったのだから仕方がないが、自分の顔が写り込むようなぴかぴか画面は好きになれない。

 やはり、アウトドアがいい。風に吹かれながら、枯れ葉を踏み、真っ白になった北アルプスを、冬枯れの雑木林を通して眺める。なんたって、これが一番、外はいいですね。しかし、鳥さんがぐっと減っていて、困った事態。鳥さんがいなければ鳥見ができない。いないというのも記録のうちなんてうそぶいても、鳥さんがいないとつまらない。

 フィールドを半分回る。誰か相手をしてくれないか、あっち見て、こっち見て・・・。ベニマシコがひょこり顔を出すが、連れないやつで、すぐに茅の茂みに潜り込んでしまった。

 愛想のよかった鳥さんは、冬羽のクサシギ君だけ。ストレスが溜まっていたのだろう。上のようなシーンを100コマも撮ってしまった。

 新しいパソコンの色彩はド派手でなかなか慣れることが出来ない。特に、クサシギの画像のような青色は、青空が水に映っているのだが、嘘っぽい再生色で嫌いだ。次から、こんなシーンはなるべくパスしよう。


クサシギ  2014年12月27日   長野県 安曇野市

 夕日が世界を染め始めた。冬至を過ぎたけれど、16時近くなると、雑木林は早くも夕暮れ。慣例に従い最後に白鳥湖へ寄る。写友と会うのも久しぶり。成果はどうですかと5分も話したろうか。犀川の中州に広がるさして広くない葦原すれすれに飛んで来る鳥さんが・・・チュウヒかと思い、カメラを構えていた写友に、あれ撮ってと言う。

 近づくチュウヒ。顔が肉眼で見え、腰の白部が見え・・・あッ、ハイチュウだ。大急ぎで車から機材を出す。三脚を出す暇はなさそうだったから、840mmを手持ちで、ひとコマピントが合えばいいやと言いながら20コマほど撮った。日没直前に手持ちはきつかった。ピントが合っていたのは、本当にひとコマだけだった。

 私の回っているフィールドでハイイロチュウヒが現れることはごくまれである。長年うろうろしていて、まだ成鳥は見たことがない。この個体、夕日で全体に赤味を帯びていることを差し引いても
虹彩が褐色をしているから幼鳥だろう。これまでフィールドで見かけたハイチュウは全部幼鳥だったと記憶している。

 写友はハイチュウがいると知っていて、ずっと待っていたとのこと。ほんの5分もいないでおこぼれに預かり、恐縮です。まぁ、鳥見ってこんなものでしょうか。運がいい日、悪い日といろいろ。今日は、最後の最後に、特別に運がよかったから幸せでした。やはり、外に出なければ!


ハイイロチュウヒ 幼鳥  2014年12月27日   長野県 安曇野市


12月26日 やれやれ続き

ヒヨドリ  2014年12月22日   栃木県 大田原市

  「新御霊」のお勤めも終わり、やれやれと。しかし、なんと言うことはない生活をしているのに、年の暮れはそれなり雑用が・・・もう、うんじゃり。

 Vista がぶっ飛んだので、住所録も飛んでしまった。情けないことに、バックアップしてあった住所録が古いので、年賀状の宛先を作り直す。賀状の裏面も飛んだので作り直そうとしたが、Word の最新版は使ったことがないので、これまたあっぷあっぷ。苦肉の策で、すでに印刷してあった裏面をプリンターでスキャンして、それを印刷することにした。

 ところが、プリンターがスキャンしたデータをPCに送ってくれない。何でだろう・・・考えつくまでに10分かかった。買ったときは最新機種だったが、「窓」の7までしか対応していないと、取説をくくって分かる。やれやれで、メーカーのサイトから8.1のドライバーをダウンロード・・・本当にやれやれの毎日。早く年賀状を出さないと年が明けてしまう。

 全然鳥見に出られないので、体がむずむずしています。それで、今日も22日の画像です。池の之端のピラカンサスの実をヒヨドリが食べ始めた。居眠りクビキンを横目に見ながら、ヒヨドリをねらう。



 池は公園になっているので、散歩の親子連れなどが通る。レンズを向けたら折良く、ヒヨドリ君にすればと折り悪く、お母さんと女の子が通りかかった。身構えるヒヨドリ。逃げなくては、しかし食べたくもあり。


 ヒヨドリ君は賢かった。食べるのと逃げるのを同時に遂行。ひと粒くわえて飛んでいった。1日フルにレンズを構えていると、いろいろ撮れます。

 そうそう、さっそくアボセットの居場所を教えいただきありがとうございました。1月2日までいてくれるといいのだが、鳥馬鹿にはお正月も関係ないのです。前回出たときに観ているが、もう一度観たい鳥です。




12月25日 苦しみますです


クビワキンクロ ♀  2014年12月22日   栃木県 大田原市

クビワキンクロ ♀  2014年12月22日   栃木県 大田原市

 世間はチキンをかじっている日。でも、我が家はローストチキンなど食べられないババに基準を合わせるので、挽肉がせいぜい。

 一日数時間もディスプレーと向かい合っていると、頭がくらくらしてきます。とりあえずの積もりで買った今様のパソコンなので、ディスプレーが鏡面。クリスタルプリントの写真みたいに、てかてかで目が痛くなる。これまで使っていたナナオのディスプレーは見やすかったのに。

 大いに愚痴れば、クリスマスなのに、苦しみますです。

 古くからの土地に住んでいるので、「新御霊」なんて行事があります。今年ご不幸があった家へ挨拶に行かねばならない。○○さん宅からは△△円もらっているから、△△円を包んで線香をを上げに。当然挨拶だけでは帰れない。しばらくお話をして・・・しばらくが1時間に、2時間になり、皆さんお話好きなので。

 帰宅して再び「窓」の8.1と向かい合う。脳みそが溶けちゃいそう。ともかく画像の取り込みと、修正・加工と、雑記帳の記述だけはなんとかこなさないと。Vista は使いやすかった、なんて愚痴ってる場合じゃないと、分かっているけれど・・・ついつい・・・。

 クビキン以来撮影していませんので、クビキン君の画像から見繕ってアップします。画像のサムネイルを見るのも慣れないので大変です。

 そうそう、三重でアボセットがまた出たそうな。どなたか場所をご存じでしたら教えてくださいませ。<(_ _)>
 メールは使えるようになりました(^_^;)


 

クビワキンクロ ♀ と オオハクチョウ   2014年12月22日   栃木県 大田原市

 池にはオオハクチョウもいました。肝心なときにお邪魔虫を決めてくれて、ありがとさんでした。うまく2羽の間にはまったので、ちょっとだけおもしろ画像になったから、感謝。
 なにせ、1日観ていてクビキン君が羽ばたいたのは5回だけでしたから。貴重な瞬間でした。


クビワキンクロ ♀  2014年12月22日   栃木県 大田原市

 ほとんどの時間、クビキン君は寝ていました。しかも首を背に入れて。下のように、頭を上げてうつらうつらの瞬間もそう多くはありませんでした。


クビワキンクロ ♀  2014年12月22日   栃木県 大田原市


12月23日 大弱りです

朝日を浴びて コハクチョウ  2014年12月22日   栃木県 大田原市

 突然 Vista が逝ってしまった。朝起きてくれない。あれやこれやしたが、だめ。かなりの量のデータがぶっ飛んだ。どこまでバックアップしてあるかも、調べるのにひと苦労。まだ手つかず。結局、「窓」の8.1を買った。

 XPとVista からいきなり8.1ですから、正直ちんぷんかんぷん。8のノートは持っているが、ほとんど使っていなかったので、とうぜん8もちんぷんかんぷん。

 しかし、ぶつぶつ言ってはいられないから、電源を入れて、例のアカウントを入れる作業から取りかかる。これがとてもじゃないけれど手間がかかり・・・入っていたHPビルダーはもちろんHPごとぶっ飛んだから、ニフティのサーバーからダウンロードせねばならず。これがまたひと苦労。

 いろいろなアプリがほとんどバージョンアップ版でアップしていから、HPビルダーだけでも3回入れねばならず・・・もう泣きたい。一番さらりと入ってくれたのがATOK。しかし、これまで育てた辞書はそっくり消えた。また変換に難儀するだろう。特に鳥の部位に関する用語なんて、絶対に単語登録しなければ変換できないから。

 さらに、画像の取り込みをしたのだが、取り込んだ画像がどこへ入ったのか行方不明。探し出すのに小1時間。ホルダーを開いて選択するのに、方法がわからず・・・で、まぁ、なんとか、雑記帳がお留守になっていた言い訳だけはサーバーに送れるところまでこぎ着けました。

 しかし、Vista と同じバージョンのHPビルダーを使っているのに、文字が同じ色に指定できなかったり、表に勝手に色がついたり、まだ???がいっぱいです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Vista が逝ったショックのさなか、やっと巡ってきた夏休み!2日間。気晴らしにはちょっと足りなかったが、350kmほど走って、久しぶりの珍鳥ウォチング。

 昨年見に行けなかったクビワキンクロの雌を撮りにはるばる栃木まで。同じ池にもう1羽珍鳥がいるはずだったが、5日前に抜けたとかで、そちらは見られず。しかし、第1目的のクビキンを夜明けから日没過ぎまで見続けたられから、幸せな鳥見ができました。

 下は、水中から浮上したキンクロハジロの雄に驚いて飛び上がったクビキンの雌です。朝から日暮れまで付き合って、飛んだのはこのとき1回「だけでした。続きの画像は次回へ回します。


 

クビワキンクロ ♀  2014年12月22日   栃木県 大田原市


12月17日 雪降り

ジョウビタキ ♂  2014年12月17日   長野県 岡谷市

オオジュリン  2014年12月17日   長野県 岡谷市

 テレビから各地の風雪のすごさが流れて来る。関東甲信も大雪、長野の予想積雪量は90cm・・・。ところが、なんと我が家の周りは粉雪が舞っただけ。もちろん積雪はゼロ。これを書いている23時にも、雪はなし。寒風だけが吹き抜け、エアコンだけの我は部屋は、底冷えが足元から登ってくる。

 遡ること10時間前、我が家の周りに雪はなくても、山は雪があるだろうと思い、雪の中のオオマシコを撮りに出かけた。久しぶりに曲折の多い圧雪路を走り、ちょっとご機嫌。

 ところが、山道に、今日から春まで閉鎖と書かれた真新しい看板と、行く手に立ちはだかる鉄柵。じっかりゲートが閉まっていた。やれやれです。積雪は20cmほどか。かんじきを積んでいなかったので、歩いて目的地まで行くのはしんどい。仕方がないのでUターン。

 後で聞いた話によると、午前中はまだ通行可能で、オオマシコの撮影も出来たとのこと。やはり鳥見は朝からでなければ。私の「午後から鳥見」では、チャンスのいくつかがこぼれてしまう。雪の中のオオマシコの撮影は1年後にまたチャンスを拾いましょう。


 

キジバト  2014年12月17日   長野県 岡谷市

ハクセキレイ  2014年12月17日   長野県 岡谷市

セグロセキレイ  2014年12月17日   長野県 岡谷市

 することがなくなった。今から自分のフィールドへ行くには時間がないし、雪の山道でウロウロしていると、もらい事故がありそうだし・・・家に帰るにはまだ早いし・・・諏訪湖の鳥を見に行くことにする。吹雪いているならそれもよしで。

 久しぶりに、諏訪湖の白鳥渡来地で、カモ見・鳥見。雪は小降りになり、やがて止んだ。ここも、ハッとするカモは見当たらず。空腹だったので、カロリーメートをかじっていたら、スズメが集まって来た。スズメも食べ物探しに雪降りで大変なんだ。

 かじりかけのカロリーメートを1本砕いて雪の上に撒くとスズメが食べ始めた。しばらくスズメと遊ぶ。ついでにスズメの記念撮影と、雪の中での7D MarkUの初練習。感度はさておき、露出補正の加減がまだよく飲み込めない。使い慣れた機種とそう違いはないと思うが。下の3枚は、大きくトレミングしてあります。そこそこ明るければ、画質は悪くならないと感じる。

 雪の中で、スズメと遊んでしまった。たまには、スズメと遊ぶのもいいかも。



スズメ  2014年12月17日   長野県 岡谷市

スズメ  2014年12月17日   長野県 岡谷市

スズメ  2014年12月17日   長野県 岡谷市

スズメ  2014年12月17日   長野県 岡谷市


12月15日 空振り

モズ ♀ 2014年12月15日   長野県 松本市

 始めに、昨日の雑種ガモの記載で間違いがありましので訂正しました。うっかり・・・いつもの粗忽者がまた失敗して、「一郎」と「二郎」・「四郎」を混同していました。「一郎」は今年の6月以降行方不明です。従って、雑種ガモは15羽です。

 今日は山へ。青い鳥探しに行くが、また出会えず。探す場所を変えた方がよさそうと思いながら歩いていたら、聞き覚えがあるか細いけれど綺麗で複雑な鳴き声が聞こえて来た。数秒かかったが、ミヤマホオジロのぐぜり声に違いないと思い出した。青がだめなら黄色でもとブッシュをのぞき込むが、声はすれども姿は見えず。地面に座り込んで、出て来るのを待つ。

 頭上の高い梢付近を、エナガやシジュウカラが食べ物を探しながら賑やかに飛び回る。いったん途切れたミヤマのぐぜりがまた聞こえるが、やはり姿は見えない。山の西向き斜面は北風が冷たい。

 黄色い鳥が現れる。ハッとしたがカワラヒワ。続いて、何に怒っているのかモズの雌がけたたましく叫び始める。私を警戒しているとも思えないし。暇なので、そう、ミヤマが出て来ないか20分も座っていたから、退屈しのぎにモズをスナップ。

 モズが叫んでいる間も、ぐぜっていたミヤマの声が途切れた。痺れをキラして、そろりと遊歩道を前進。これが失敗だった。思いの外ミヤマは近くにいた。座り込んでいた場所からは樹の陰になって見えなかった斜面の落ち葉の上で食べ物を探していた。目が合った。

 ミヤマはレンズを向ける前に飛んで、少し先の斜面に降りてこちらを見つめ・・・黄色い眉斑が綺麗・・・林の中へ消えて行った。残念、ミヤマ撮影は空振り。このところ空振りばかりで、めげそう。しかし、私がウロウロ回っている範囲内で、今季始めてミヤマと出会えたから、よかったとしよう。寒かった、手袋をはめていたが指先が凍えた。


 


12月14日 ただいま15羽

 2009年7月生まれの「五人組3羽」と「しろちゃん」
 12日と今日、千鹿頭池の雑種ガモをチェック。現在15羽が生存しています。

 2007年以降推定54羽以上の雑種ガモが生まれた。早い個体は1週間も経たずに、1年以上生存した個体も、次々と行方不明になった。行方不明の内容は、ほぼ死亡と考えられる。

 その原因の一端は「五人組」と「しろちゃん」にある。チェックを続けて、千鹿頭池は「五人組」の縄張りで、ある程度成長した雑種ガモは追い出されると判った。追い出された個体が何処かで現れた記録がないかぎり、死亡したと考えられる。カルガモそっくりな個体が何処かで生存している可能性も考えられるが、それは確認のしようがない。

 今日は15羽のカタログ写真をアップします。

 なお、「五人組」と「しろちゃん」は兄弟姉妹関係で、「三郎」と「しろちゃん」は2011年以降ずっと番を形成しています。

 「五人組一郎」は2014年5月以降行方不明です。
 「五人組五郎」は2014年6月以降行方不明です。
 


五人組二郎

五人組四郎

五人組三郎

しろちゃん

  2012年生まれの「先輩」

 「先輩」は「五人組+しろちゃん」と同じ母親「A子」の子供です。3羽とも雌です。「色男バフ」は始め雄だと考えたので「男」としてしまったが、後に雌と判明。

 10羽生まれた中で3羽が生存している要因はよく判らない。「コーヒー」は「五人組一郎」と番を形成したので、「五人組」保護下にいると考えられる。他の2羽については、「五人組」と行動を共にして、時に交尾の対象になっていたから、番形成に至らなかったが、受けいれられていると考えればいいだろう。

先輩コーヒー

先輩ココア

先輩色男バフ

 2013年生まれの「しろちゃん」の子供。父親は「三郎」

しろちゃん3 バター
 「しろちゃん3」は「しろちゃん」が3度目に孵した子供という意味。「しろちゃん」の子供は、2011年の2羽、2012年の5羽とも行方不明。

 2013年は6羽生まれ、この3羽が残っている。現在は雑種ガモの群の中にいるが「しろ太郎」はいじめを受けている。おそらく「追い出し」が始まっていると推測。

しろちゃん3 しろ太郎

しろちゃん3 コーラ




 2014年生まれの「しろちゃん」の子供。父親は「三郎」

 10羽生まれて4羽が残っている。「信長」は腰が緑色に光ること、三列風切の白い部分がカルガモより遙かに広いこと以外にカルガモとの違いは見つけられない。「ピア」とコンビを組んでいることが多く、雑種ガモの集団と行動を共にしている。
 「マロン」と「ピア」はそもそもの親鳥「A子」によく似た羽衣の色をしている。
 

しろちゃん4 クリーム

しろちゃん4 信長

しろちゃん4 マロン

しろちゃん4 ピア

 不明な1羽
 「信長」同様に腰が緑色に光り、三列風切の白色部が大きい以外カルガモとの違いは見つけられない。「五人組」に追われず、雑種ガモの集団と行動を共にしていることから、「五人組」の兄弟の1羽ではないかと考えられるが、証明出来ない。

 以上15羽が生存している雑種ガモです。暇な鳥馬鹿のお仕事ですが、いまや雑種ガモの素性をぺらぺら話せる人間は私だけになりました。50数羽も次々と生まれ、次々と行方不明になると、そうとうチェックを入れなければ説明出来ませんから。


12月13日 藪の中

オオマシコ  ♀(?) 2014年12月13日   長野県

オオマシコ  ♀(?) 2014年12月13日   長野県

 予報が大雪だと言うものだから、不謹慎ではあるが積雪を期待して出かけた。南に行くほど雪はなくなり、オオマシコのいる山はほとんど雪無しの状況。当てが外れたが、撮りたいシーンがあったのでチャレンジ。

 雪が積もっていないとき、オオマシコ達は地上で食べ物を探している。定番のハギにたかっているシーンはたまにしか起きず、たいてい地面にいる。そう知っていても、クマザサや諸々の灌木が繁茂しているので、なかなか見つけられない。おまけに周囲の落ち葉と同化してしまい、いわゆる保護色というやつなので、目を凝らしていても見失ってしまう。

 探し出すには目より耳が頼り。オオマシコが、落ち葉の上を歩いたり、落ち葉をかき分けて食べ物を探すと、カサコソと音がする。その微かな音が頼り。見つけても、オオマシコの前面で小枝や枯れ草などがじゃまをして、思うように撮影出来ず。ともあれ、オオマシコの生活の一端を撮れたので、少し目的が達成出来た。鼻水が垂れそうな寒い山で、藪の中をのぞき込んでの、絵にもならない撮影なんて、誰もやらないでしょう。でも、鳥馬鹿は好奇心いっぱいですから。

 

オオマシコ  ♂ 第2回冬羽(?) 2014年12月13日   長野県

オオマシコ  ♂ 第2回冬羽(?) 2014年12月13日   長野県


12月11日 ヤマガラ

ヤマガラ  2014年12月10日  長野県

 ヤマガラが松笠から実をくわえだした。恥ずかしながら、マツの実を採る場面を始めて見たので、興味深かった。たかがヤマガラでも、知らない行動がたくさんあると思う。鳥見は底なし。

 その場で食べるだろうと思い、バシバシと連写したが、くわえたまま飛んしまった。そして、近くのカラマツの枯れ枝に行き、割れ目に実を押し込んだ。ヤマガラが食べ物を隠す(蓄える)行動は何度も見たことがある。隠した食べ物を、シジュウカラが見つけて食べた行為(光景)も面白く見たことがある。鳥の世界もなかなかシビアーだねと、一緒にいた写友と笑ったものだ。

 押し込んでいるシーンも撮影したが、何をしているところか分からない写真しか撮れず、しかも暗いのでブレブレだった。残念。

 実は、イスカがいないか探していて、出くわしたヤマガラの行動でした。イスカは声もせず、カラ類ばかりが元気に飛び回っていた午後でした。

 


12月9日 白鳥シーズン

ないしょ話 または ちいさな恋  コハクチョウ  2014年12月9日  長野県 安曇野市

 青い鳥、赤い鳥と追っかけをしたから、次は黄色が順当?だろうか。しかし、黄色い鳥にはこの冬まだ出会っていない。今季はミヤマホオジロが当たり年との風評を聞くが、私の周りにはまだ現れてくれない。マヒワは年が明けなければ現れないだろうし。

 御宝田池で2日間カモ見をした。ややこしいカモがいないかしらと。まだ換羽中で、全身薄い褐色をしたホシハジロの雄が1羽いた。虹彩が赤でなく褐色をしていたから幼鳥だろうと思う。昨日は撮影出来なかったので、今日こそと探したが、どこかに雲隠れ。今日も見つけられず。

 パッと見アメリカヒドリに見える雌が1羽いたが、撮影して拡大して見たら、ヒドリガモだった。外にややこしいカモは見当たらず、退屈。

 北陸や新潟など日本海側で雪が降り、白鳥が南下して来る時季になった。現在150羽ほどが安曇野へ飛来している。白鳥ーシーズンが始まった。

 カモ見も飽きたので、白鳥撮影に転向。腕が落ちていないか、得意のハイキーな、どアップ写真を撮ってみる。半年ぶりの白鳥撮影だったが、まぁ、そこそこ腕は落ちていない・・・と自己満足。ちなみに3枚目の「松本平の冬の色」以外はノートレミングです。

 「ないしょ話 または ちいさな恋」・・・白鳥通でなければ分からないタイトルですいません。画像が小さいのではっきりと見えませんが、2羽とも頭部に黒い羽毛があります。これは、昨年生まれの個体の特徴です。まだ幼いので、繁殖は不可能ですが、一人前に恋愛ごっこはします。


我ら三銃士  コハクチョウ  2014年12月9日  長野県 安曇野市

松本平の冬の色  コハクチョウ  2014年12月9日  長野県 安曇野市

 北アルプスの前山を背景に飛ぶコハクチョウの親子。この青と白の寒々とした色が松本平の冬の色と私は決めている。雪の多い地方の冬の色は白色。長く暮らした関東の冬の色は茶色。地方ごとに冬の色がある。


帰り鳥  コハクチョウ  2014年12月9日  長野県 安曇野市

 青空の所々に雲がある。そんな背景で、白い白鳥を白く撮るのは、以外に難しい。頻繁に露出補正をしないと白鳥が黒鳥になる。特に太陽を背に降下してくる白鳥は、スポット測光を使うと、腹部は白くジャストに撮れるが、翼や背面は白飛び以上に飛んでしまい、翼の先端は周囲に溶けてしまう。

 普段は部分測光を使っているが、今日はパターン(平均評価測光)で撮ってみた。「ないしょ話・・・」以外、測光は全部パターンです。普段と違うモードでも勝負が出来たから、自己満足ということでして・・・。

 13−14シーズンはサボって、ほとんど白鳥を撮影しなかった。今シーズンはどうしよう・・・今日のような写真ばかり撮っていても仕方がないし。白鳥シーズンが始まったのに、どんな写真を撮ろうか、悩んでしまう。




12月7日 赤い鳥やぁ〜い、ひと区切り

オオマシコ ♂ 成鳥  2014年12月7日  長野県
 周囲を見回しながら山道を走るる。雪がだいぶ融けてしまい、あまり楽しくない雰囲気。

 日曜日なのに人出がなかった。オオマシコ達が分散してしまい、カメラマンも帰ってしまったのか・・・。ひとり残っていた知り合いに尋ねたら、午前中、近くで樹の伐採作業をしたので、皆さん諦めてお帰りになってしまったとか。

 オオマシコは7、8羽いたが、同じ場所からほとんど移動せず仕舞い。こちらも同じ場所に立っていればいいから、楽なのだが・・・ごちゃごちゃのハギの中から出てくれず。代わり映えのしない光景ばかり。何とか頑張ってみたが、これぞと言える絵は撮れなかった。でも、真っ赤な成鳥を3羽もたっぷりと見られたから、よかったことにしよう。

 本当は、イスカが見たかったのだが、今日は1回上空を飛んだだけだった。伐採作業で騒音が出たろうから、イスカは離れた場所へ避難してしまったのだろう。

 次の雪が来るまで、しばらく赤い鳥はお休みして、自分のフィールドのチェックに戻らねば。千鹿頭池の白い雑種ガモのチェックもしなければ・・・暇人なのに、いろいろ忙しくて。取り敢えず、赤い鳥は今日でひと区切りに。


12月6日 続けて、赤い鳥やぁ〜い

オオマシコ ♂ 成鳥(手前) ♂ 第2回冬羽(奥)   2014年12月6日  長野県

風で樹から雪が落ちた  オオマシコ ♀(?)  2014年12月6日  長野県

 夜半から降り出した雪は、12月上旬にしては大雪で、車の屋根に15cmほど積もりました。午前中から出かけたくてそわそわ・・・でも、日常は重たい。

 午後から、赤い鳥やぁ〜いの続き。里の雪は止んだが、山はまだ降っているかも。大いに期待したが、雪降りは午前中だけだったとのこと。土曜日なので、人出がいささか多く、道路にレンズが並んでいた。御陰様で捜し回る手間が省け、ありがとさんでした。

 雪が降っていないので、HDの中にたくさん眠っている画像とさして違いのない画像をまた量産。そのうちに、月並みな画像の撮影に飽きたので、再び雪が来ないかと期待しつつ、オオマシコの面白行動を撮ることに。



オオマシコ  ♂ 第2回冬羽 2014年12月6日  長野県

水を飲むオオマシコ  ♂ 第2回冬羽(手前)  奥は♀成鳥 ?  2014年12月6日  長野県

 面白いかは疑問だが、普段は見られない行動。道路に積もった雪が融けて、小さな水溜まりが出来た。その水溜まりで10羽ほどのオオマシコが代わる代わる水を飲んだ。さすがに、この程度の溜まりでは水浴びは出来ない。水浴びも見たいのだが。
 雪が来る前は、どこで水を飲んだり、水浴びをしているのか分からない。一度、水場がないか探しに行ったが徒労に終わった。



雪を食べるオオマシコ  ♂ 第2回冬羽  2014年12月6日  長野県

 水分補給のため、水を飲む外に、雪を食べる。その食べ方はかなり豪快である。地面で種子をついばむように、雪をひと口パクリとすればいいと思うが、目一杯首を振り、雪を散らして食べる。ちょうどニワトリが嘴で土を跳ね除けて虫などを探す行為とよく似ている。あたかも、積もった雪の中の方が新鮮だと信じているかのよう。


イスカ  ♂  2014年12月6日  長野県

イスカ  ♀  2014年12月6日  長野県
 オオマシコの外にも赤い鳥がいる。声は時々聞こえるが、ほとんど姿は見られない。今日は雪に感謝すべきなんだろう。雌雄2羽ずつがなんとか撮影可能な距離に止まった。

 ごくまれにしかないチャンス。オオマシコをそっちのけで、皆さん狙うが、遠い松の梢だから、はたして成果のほどは・・・。皆さんから、撮れたぁ〜と言う声は聞こえて来なかった。デジスコの方は撮れたと思う。今日の3画像はトレミングしています。

 マツの梢で求愛給餌をしたらしい。私は上の画像を撮っていたので、その貴重な瞬間を見られなかった。イスカの求愛給餌をまだ見たことがないので、ちょっと残念。でも、上の画像が撮れたから差し引きゼロとしよう。

 さて、明日はどこへ行こう・・・とにかく、午後の2、3時間の鳥見だけが楽しみの日々だから。記録ノートをくくると、この時期は白鳥とややこしいカモとオオマシコしか撮っていない。明日も赤い鳥やぁ〜いの続きになりそう。
 

松の実を食べる イスカ  ♂  2014年12月6日  長野県


12月5日 赤い鳥やぁ〜い

樹氷の輝き   2014年12月5日  長野県

 昨日山に雪が降りました。雪降りの中へ行きたかったのですが、野暮用が出来て、外出叶わず。せっかくスタッドレスを履いたのに・・・。

 午後に、まだ雪が残っているだろうかと思いながら赤い鳥を探しに行く。現地に着くと、すでに常連さんが待機状態。常連さんによると、昨日は数羽のオオマシコが取り放題だった、雄の成鳥もいたとのこと・・・残念無念。

 昨日の雪が樹氷となって、午後の日差しを受けて輝いていた。こんな輝きの中に赤い雄がいたら、さぞかし・・・・思い描くが、肝心のオオマシコが出て来ない。

 常連さん達と1時間以上待つ。一度チラリと姿を見せただけで、後は姿も見えず、声もせず状態。今年はオオマシコが少ないらしい。半分諦め掛けたが、それでもと車でひと回り。

 前回、前々回、若い個体の群を見た場所も探すが、そこでも鳴き声もない。今日も空振りかと思いながら走っていたら、真っ直ぐ午後の太陽に向かって延びる眩しい道路上で、小さな黒い固まりが動いていた。直感!オオマシコが歩いている。サンバイザーを降ろし、眼を細めて見ると、確かに赤い鳥がいた。今季初の雄成鳥との出会いでした。出会いはいつも突然に・・・。

 下の2枚がその時の雄です。これぞオオマシコの雄成鳥、綺麗な個体で、ドキドキしました。

  

オオマシコ ♂ 成鳥   2014年12月5日  長野県

 車から出ると飛んで逃げるだろうと考え、そろりと車のまま近づく。鳥さんが逆光から外れるところまで近付く。3羽いて、雌色の2羽は近くの枝へ飛んだが、綺麗な雄はそのまま地面で食べ物を探し続けていた。車の窓からレンズを出し、オオマシコが近付くのを待つ。他の車が来ませんようにと願いながら。

 背景がごちゃごちゃでうるさい。地面すれすれの位置から撮れば、もっとすっきりするだろうが、車から出たら飛んでしまうから、仕方がない。背景は諦めた。

 最後は、ファインダー内から溢れるほど近くまでやって来た。2枚はノートリです。ついに、今季初の赤い鳥さんを見た、撮れた。三度目の正直と言ってしまおう。


 車が来たので、路上の雄も、近くの枝に止まっていた2羽も飛んでしまった。

 車をUターンして、飛び去った方へ向かう。3羽だが綺麗な雄がいると分かったからには、次のチャンスを捉まえなければ・・・。

 少し走ると常連さんがレンズを並べていた。やや遠いマツの梢に雄が1羽、少し手前の樹に3羽が止まっていた。
 しばらく待つと、お決まりのハギの実を食べに降りて来た。ハギには融け残った氷が付いていて、これはいい感じ。

 陽が当たっていたら、きらきらの中のオオマシコが狙えたが、あいにく日陰だった。でも、今季初の赤い鳥だから、ハギがごちゃごちゃでうるさいのも気にせずに、気分爽快でたくさんシャッターを切った。

 雪降りの中か、降った直後だと、もっとたくさん雪があって、もっと楽しい写真が撮れただろうが・・・やはり、雪が降っている最中に来なければ。


 


12月3日 青い鳥やぁ〜い

ルリビタキ ♀   2014年12月3日  長野県 松本市

ルリビタキ ♀   2014年12月3日  長野県 松本市

 突然真冬に。昨日、雪が降ると気象予報が真剣に言うものだから、あわてふためきスタッドレスタイヤを車に積んで、「黄色い帽子」や「橙色バックス」などを回る。履いているノーマルタイヤは車検に通らないほど山がすり減っている。とても怖くて雪道を走れない代物。それで大あわて。

 考えることは皆同じ。どの店もタイヤチェンジで混み合っていて、3時間待ちと言われてしまった。
 仕方がないので、自分でチェンジすることに。私の車は大きいからタイヤも大きくて重たい。私の車のタイヤ1本で普通乗用車のタイヤが4本買える大きさ。重くて大変だが、自分ですれば何千円かの儲けと思い、北風が吹き抜ける中で小1時間の作業。

 案の定、今朝から腰がギシギシ。それでも、使い捨てのカイロをふたつ貼り付けて鳥見に出かけた。なんと言えばいいか、やはり馬鹿なんです、私は。

 赤い鳥が思わしくないので、青い鳥を探しに。私が鳥見に回っている範囲で、なぜかルリビタキの青い雄に出会えない。出会うのは雌か雌に見える第1回冬羽の雄ばかり。この冬こそ青い鳥を見つけ出そうと、今日も冬枯れの林をうろうろ。でも、出会ったのは雌だった。


  

ルリビタキ ♀   2014年12月3日  長野県 松本市

 都会の公園にデビューしているルリビは、狭い範囲を周回しているから、見失っても待っていればまた会える。しかし、山ではそうはいかない。越冬するための縄張りを決めたルリビでも、周回する範囲がめっちゃ広いから、見失うと再会は1時間以上後になる。まして、通過中の個体なら、見失ったら、それっきり。

 ブッシュの隙間にルリビが見えた。また雌だと、少しがっかり。でも、後をついて行く。くりくりお目々が可愛いから、久しぶりの撮影だから、何とか1枚決めたいと。
 
 荒れ放題一歩手前の山では、すっきりした背景は望めない。それでも雲を通して流れて来る弱々しい冬の日差しがいい感じ。
 ルリビ嬢、藪から枝へ出た。飛ばないでと念じながら、枯れ葉の上を膝で歩き、にじり寄る。ルリビ嬢、ピントが合うまで待ってくれたが、私が見えたのだろう、およッ!と身を丸め、ひと声発して林の中へ消えた。

 彼女がここで越冬するなら、度々会いに来れるが。さて、どうだろう。20分ほど待ったが、林から戻って来なかった。
 予報通り空は雲に覆われ、日差しもなくなった。雄の青い個体なら、間違いなくもう一度訪ねるが、どうしたものか。



ルリビタキ ♀   2014年12月3日  長野県 松本市


11月 ホームヘ