私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


12月 ホームヘ 2月

1月31日 今日はアトリ

アトリ ♂成鳥冬羽?  2015年1月31日  長野県 安曇野市

 早くも1月が終わります。人生、終わりが近くなると、1日が、1月が短いこと。月初めはフクロウと、25日過ぎはルリビタキと我慢比べをした外は、さしたる鳥見も出来ず、写真も撮れずに2月を迎えます。ややこしいカモの1羽でも来てくれるといいのだが。今年はこれぞ雑種というカモも現れない。

 ルリビと我慢比べをしていたので、ミヤマホオジロの小群のチェックに行けなかった。今日探しに行ったが、中4日も空けてしまったので、ミヤマの動向はつかめず、結局会えずじまい。もうフィールド内にはいなくなったかも。

 代わりにアトリの群れと遭遇したので、少しばかりアトリのお勉強をしてみた。成鳥冬羽と第1回冬羽、それに雌雄の別・・・いろいろと識別の練習をしたが、難しくてよく分からなかった。とくに地面へ降りるとごそごそ動き回るのでしっかり見られず、倒木などに止まるが、すぐに地面へ降りてしまうので、これぞと言える個体の撮影もままならず。

 上は雄成鳥冬羽、下は雌第1回冬羽だろうな程度しか識別できませんでした。雄と思われる個体はどれもだいぶ頭が黒くなっている。夏羽に換わり始めているのだろう。やはり春は近い、などと思う。

 今日はアトリを1時間以上も眺めて終わった。


アトリ ♀第1回冬羽?  2015年1月31日  長野県 安曇野市

アトリ ♂第1回冬羽?  2015年1月31日  長野県 安曇野市


1月29日 また一歩

ルリビタキ ♂  2015年1月29日  長野県 松本市

 用事を済ませてから昨日のポイントへ行く。幸いにどなたもいなかったので、14時から16時まで2時間粘る。またまた我慢比べ。曇りなので雪のキラキラは見られず、影も生まれず、少し残念。

 15時を回ってもルリビ君は音沙汰なし。天気が悪いためか、外の鳥もほとんど現ない。今日はハズレ日かと、少し諦めかけたら、ルリビ君がひょっこりブッシュの中からお出ましになった。

 今日はジョビ男が現れず。それで、昨日より手前まで来て、しばし雪の上で食べ物探し。おかげさまで、70点ほどの画像が撮れた。70点なら、まぁ、自己採点では及第。しかし、1回目の出演はすぐに終わった。


 2回目の出演は30分後。ところがシロハラも現れた。ルリビ君は追われてしまうだろうと思った。なにせ体の大きさがまるで違うし、毎度ジョウビタキに追い回わされているから。

 ところが、驚いた。枝に止まってシロハラとにらみ合い、お互いに声を上げ、翼を振るわせて、互角ににらみ合う。そうほう逃げず、譲らずが1分ほど続く。
 そこで、怒っているシロハラを撮影したら、シャッター音に驚きシロハラは逃げてしまった。私がルリビの援護射撃をしたことになるか。

 まだまだ、思い描く雪の上の青い鳥の絵には遠いが、ともかく雑記帳にアップ出来画像が撮れるまで、また一歩進んだから、頑張った甲斐があったとしよう。どうも明日は大雪になるらしい。ルリビ君が大雪で食べ物が採れず、いなくならなければよいのだが。

 

シロハラ  2015年1月29日  長野県 松本市


1月28日 手強いやつ

シジュウカラ  2015年1月28日  長野県 松本市

 13時に現場に着いた。写友が上手にルリビタキを撮った場所をお借りして、今日も粘ることに。ルリビがブッシュの中にいるのは見えるけれど、姿を現すとジョウビタキの雄がふっ飛んで来て追い払ってしまう。ジョビ男君などいまさら・・・いや、上のシジュウカラみたいな芸をしてくれたら撮ってもいいけれど・・・13時が14、15・・・ルリビ君雪の上に出て来ない。

 ヌルデ(と思う)の実がほとんどなくなった。それでも鳥たちには貴重な食料なのだろう、残った実を食べに代わる代わる鳥が来る。久しぶりに、もろ逆光の撮影。ときどきひどい条件下でも撮らないと腕が落ちると思いながら。しかし、今は腕云々よりカメラの性能に頼った方がことは簡単かも知れない。

 昔々、使用していたフィルムの感度は ISO64か50。あの頃は、上のような、シジュウカラの飛び出す瞬間など、ストロボを使わない限りまず撮れなかった。今は、それこそ、ちょちょっと感度を上げて、連写すれば撮れてしまう。いい時代になった。

 昔も今も変わらないのは、鳥が出て来るまで待つ、ひたすら待つこと。途中30分ほど中座したが、ルリビ君が雪の上へ降りてくれたのは16時20分過ぎ。太陽は山の向こう側へ降りてしまい、周囲は夕暮れモード。ともかく、証拠写真をとシャッターを切る。

 おそらく青がシャキッと出ないだろうと思い、常用の部分測光をスポットに変えようと、連写を中断し、ボタン操作をしようとしたら、ヌルデの実をくわえたままで飛んで行ってしまった。これにて今日の我慢比べは終了。3時間半かけて、なんとか使えそうな画像、まぁ、55点の画像が撮れた。前回のチャレンジより一歩進んだから、よしとしよう。

 ルリビ君は手強いやつだ。でも、手強いほど鳥撮り魂が燃える。次は逆光にきらきら光る雪の上を歩く姿を・・・鳥馬鹿の夢は尽きない。

 (コゲラが雄と判るのは、別の画像で頭部の赤い羽毛が見えているからです。シジュウカラ以外の画像は大きくトレミングしています)

 

コゲラ ♂  2015年1月28日  長野県 松本市

アカゲラ ♂  2015年1月28日  長野県 松本市

ルリビタキ ♂  2015年1月28日  長野県 松本市


1月26日 大寒の中に

アカゲラ ♂  2015年1月26日  長野県 安曇野市
 今は、大寒の最中、確かに寒い。松本盆地はとても冷え込む土地柄。特にこの時期は寒く、谷川は凍り、山中の滝は氷柱の壁になっている。

 七十二候の「沢水腹堅(さわみずこおりつめる)」に大いにうなずく。だが、せっかちな人間は大寒の中に春を見たがる。「春隣(はるとなり)」なんて言葉があるそうな。春がそこまで来ているという意味なのだが、「春と成り」にかけていると、とある書に解説があった。春近し、春淡し、春めく・・・日本人は微妙な気配が好きなのだ。

 中国の宣明暦ではこの候を「鷲鳥試セ(鷲、鷹が空高くを早く飛び始める)」というそうな。これはネット知識。鳥見をしていると、うなずける猛禽類の行動がある。いわゆるディスプレーが始まる。平たく言えば婚活に目覚める候なのだ。

 私のフィールドにしている河原でも、イカルチドリが鳴き始めた。今年の初鳴きは21日に聞いた。今日は鳴きながら飛び回るイカルチドリを2羽見た。フィールドで、この声に春の兆しを感じるのは私だけかも知れないが。

 今日はもうひとつ兆しをみつけた。

 久しぶりに出会った写友と鳥話。ミヤマホオジロの話になった。写友はミヤマホオジロの群れを見たことがないという。確かに、この地ではカシラダカに1、2羽混じったミヤマを見かける機会はたまにある。しかし、ミヤマだけの小群はある時期まれに現れるだけだから、出会う機会はかなり少ない。 

 雑木林でアカゲラがいたので、近くへ来ないかと待っていたら、地面でチッ、チッと鳴き声がした。おや、カシラダカがいるよと目線を下げたら、ひょいとミヤマホオジロが現れた。ちょっと出来過ぎな話みたいと思いながら、証拠写真を撮る。

 ミヤマだけの6、7羽の群れだった。写友に見せたかった。私のフィールドでは、12月初めと春に群れがまれに現れる。移動中の群れが休憩していると思う。鳥も春を感じて越冬地からの移動(渡り)を始めたらしい。

 ミヤマの群れが現れたのは春の兆しなのだ。しばらく逗留してくれたら、もう少しましな写真が撮れると思うが。

 今日は、大寒の中にちらりと春が見えた。


ミヤマホオジロ ♂  2015年1月26日  長野県 安曇野市


1月25日 飛行機雲

カワセミ ♀  2015年1月25日  長野県 安曇野市

カワセミ ♀  2015年1月25日  長野県 安曇野市

 フィールドを回っても、カモ類とホオジロ、カワラヒワ以外の鳥さんとの出会いはぱらぱらほど。この時期は、だいたいこんなものだから、カワセミと出くわすと驚いてしまう。まして、さぁ、お撮りくださいなんてポーズを決められるとどぎまぎしてしまう。
 それでも、午後2時間で、ガン・カモ類をのぞいて21種と出会ったから、今日は、まぁまぁの鳥見でした。

 フィールドに、そろそろマヒワやレンジャクが現れてもいい頃なのだが、まだ見つけていない。今の冬はオオジュリンが越冬しなかった・・・ノートに記録することもゼロではないから、今日もまぁまぁの鳥見日和。


ホオジロ ♂  2015年1月25日  長野県 安曇野市

 昨年と同じ「アメコちゃん」が来ていると聞いていたが、以前ほど真剣に1羽ずつ白鳥を見ていないので、これまで「アメコちゃん」と出会わなかった。御宝田池で写友が撮影していたので、挨拶に行ったら、偶然目の前に「アメコちゃん」がいた。久しぶりなので、いっぱい撮ってしまった。

 アメリカコハクチョウと折り紙をつけるには、くちばしの黄色い部分が大きいので、私は交雑個体だと思っているが、結論は不明。でも、愛称は「アメコちゃん」でいい。


飛行機雲  2015年1月25日  長野県 安曇野市

 天気は下り坂なので、上空の大気は不安定らしい。空に薄雲が広がり、幾筋も飛行機雲が現れた。もしかすると、どきどきする夕焼け空が現れるかと空を見続けた。普段は気付かないけれど、飛行機ってたくさん飛んでいるのですね。飛行機雲を見ながらそう思う。ついでに、遠くへ行きたくなった。


飛行機雲 コハクチョウ 2015年1月25日  長野県 安曇野市

はぐれ鳥 コハクチョウ 2015年1月25日  長野県 安曇野市

 今日のお題は「飛行機雲」として、赤い夕焼け空に赤い飛行機雲、そして沈む太陽とお帰りコハクチョウ、以上の組み合わせを撮ろうかと、空を見続ける。欲張りな組み合わせだけれど、はまれば、すごい絵が撮れるはず・・・。

 お帰りコハクチョウがうまい位置を飛ばなかったり、思ったほど赤い空にならなかったり、飛行機雲が消えてしまったり、期待通りに行かないのは毎度のこと。それでも、えいやぁ〜とまとめてしまうずうずうしさ。まぁ、60点ほどの出来ですが。

 どきどきするほどの真っ赤な夕焼けとお帰りコハクチョウの組み合わせは、ひとシーズンに3、4回しか現れない。そのとき現場にいられたら、もっとすごい絵が撮れるのだが。


お帰りコハクチョウ 2015年1月25日  長野県 安曇野市

1月25日 その2 昨日の続き

ホオジロ ♀  2015年1月24日  長野県 安曇野市

 昨日のドッキリホオジロについて少し補足します。一次チェックでゴミ箱へぽいした画像を、空にする前に見直した。すると、隅の方に小さく、問題の個体が飛んで逃げる瞬間が写っていた。大きくトレミングしたら、昨日の記述の不備が見つかりました。

 このホオジロは何者かに襲われたのでしょうか。かわいそうに左翼の次列風切、三列風切がなくなっていました。初列も一部欠けている。内縁が白く見えたのはP1ではなく、P6のよう、ということです。

 こんな翼でも飛べるのだから、たいしたものです。感嘆!



1月24日 雪の後

キンクロハジロ  2015年1月24日  長野県 安曇野市

 昨夜は冷え込んだので、昼を過ぎた御宝田池にも、まだ氷が残っていた。見慣れたキンクロハジロだが、何をしているのか説明できない行動をしていた。氷の縁で盛んに何か食べていると見えた。氷を食べているのではなさそうだし、藻の残骸でも凍りついていて、溶け出したそれを食べているのか・・・鳥見をしていて、解らないことがたくさん見つかる。一応宿題にするが、宿題が多すぎて、忘れてしまうことも。


ホオジロ ♀  2015年1月24日  長野県 安曇野市

 辺り一面雪の原だが、日差しに暖かさが感じられる。南向きの畦は雪が溶けて枯れ草が現れ、暖かそう。しかし、陰の部分は青く、こちらは寒々しい。
 こんな雪原、少数のホオジロと数羽のヒバリしかいない。群れていたハシボソガラスもどこかへ行ってしまった。

 上は見慣れたホオジロの雌、顔を出している枯れ草をくぐって食べ物を探していた。下もホオジロの雌だが、まず翼の明瞭な白線が目についた。普段こんな白線が見えるホオジロはいないから、一瞬ドキリ。とにかく証拠写真とシャッターを切る。いわゆる珍鳥ならヤッホー!なのだが。

 モニターで拡大して見る。大雨覆の羽縁が白いとこんな白線に見えるのが普通。もちろんホオジロの大雨覆の羽縁は白ではない。どんどん拡大したら、翼羽が乱れていて、白線が現れていると判った。
 
 少しお宅風に書くと、初列風切が次列風切の上に出てしまい、P1の内縁部がすべて露出していた。内縁は薄いグレーなので、それが白線に見えたのである。
 
 つまり、なぁ〜んだの結末。久しぶりにドッキリとさせてもらえたホオジロ君に感謝、としておこう。


ホオジロ ♀  2015年1月24日  長野県 安曇野市

 一昨日、大雪の中、出かけようとしていたら、ラッキーな連絡が来た。修理に出していた、12月にぶっ飛んだVista の修理が完了し、中継の電気店に届いたとのこと。

 大雪の中のフクロウを撮りに出かけたかったが、PCを受け取りに行く。

 修理はマザーボードの交換だけで済み、HDは無傷だったので、諦めていた画像やデータは全部残っていた。修理代の6万円は痛いが、ラッキー♪♪。さっそく窓の8.1から外付けHDを移し、画像もデータも全部コピーした。当分壊れることはないだろうが・・・。

 お気の枝にフク君がいたと写友からの情報。フィールドを一周してから、最後にフク君の前を通ったら、なんとフク君が待っていてくれた。

 大寒の最中、日が沈んでしまうと、さすがに冷え込みます。地面の雪は表面が凍り、水溜まりも薄氷が張り始めていた。そこを車で走るので、どんなにゆっくり進んでも、バリバリと音が。それでフク君目を見開いて警戒していた。これはやばい!飛んでしまうかと、恐る恐るシャッターを切る。しかし、フク君撮られ慣れているのか、また眠ってしまった。1.4Xのレンズを外す余裕ももらえた。

 今夜も冷え込んで、雑木林は零下10度を下回るだろう。ダウンを着ていてもさぞかし寒いだろう。フク君頑張れ。



1月20日 2羽のマガン

マガン  2015年1月20日  長野県 安曇野市

 かって、マガン見たさに、夜の高速を500kmほど走り通し伊豆沼まで行った。明け行く空へ飛び立ち、あかね色の上空で渦巻く万を超すマガンの群れに、ただただ感動した。伊豆沼や蕪栗沼へ何度行ったか、もう記憶は薄れてしまったが、朝焼けの空と、沼から万のマガンが一斉に飛び立つ轟音に近い羽音は、今も五感に残っている。

 松本盆地へもたまにマガンが迷い込んで来る。しかし、多くても20羽前後で、数日の滞在で去っていく。ほとんどの場合、数羽、あるいは1羽が数日滞在するだけである。

 昨シーズン、コハクチョウを親と思い込んで、コハクの家族と行動を共にする1羽のマガンの幼鳥がいた。たぶん業界用語でいう「刷り込み」なんだろう。幼鳥は、3か月弱コハクの家族と共に行動し、コハクと共に去った。これは特異な例である。


   今シーズン、ややこしいカモや、楽しいカモは未だに1羽も現れず、鳥馬鹿には退屈なカモ見の日々が続いている。そんなシーズンで、この2羽のマガンは特別な存在であり、唯一の楽しみである。

 2羽は11月に来た。11月は、千鹿頭池のカワセミに凝っていて、ほとんど御宝田池へ行かなかったので、いつ飛来したかは記録してない。この2羽は飛来して以来今日までずっと御宝田池で暮らしている。しかもカモに混じって池の周囲で雑草を食べていて、静かに近づけば30mでも逃げない。なかなか貴重な存在である。

 マガンは大きいので、カモがちょっかいを出すことはないが、さらに大きいコハクは時々意地悪をする。下は草を食べている最中に尻をつついた悪たれコハクと、びっくりして羽ばたいたマガンです。

 2羽のマガンが、来シーズンは家族を伴って飛来し、御宝田池で越冬してくれたら・・・いろいろ想像して楽しんでいます。


 <お知らせ>
 12月19日にPCがクラッシュし、すべてが消えてしまったので、新しいPCへプロバイダーからHPをダウンロードしました。ところが、かなりの量の画像やページを移動したので、画像が消えたり、リンクが切れてた箇所が生じました。見つけ次第修正していますが、完全には復旧していません。お見苦しい箇所があると思いますが、ご勘弁のほどを。


1月18日 あさっては大寒

 あさっては大寒、毎日冷え込んでいます。最近は、かって真冬の北海道で撮影したときのダウンを着ています。松本平は冷え込みます。今朝も零下10度ほどでした。それでも、北海道の原野ほど冷え込みませんから、これまで「北海道仕様」の「もこもこダウン」は、クローゼットにしまったままでした。

 しかし、やはり歳です。今年は「信州仕様」の薄手のダウンでは寒さが凍みてならないので、意地を張らずに「北海道仕様」に替えました。風邪引きたくないですから。

 3日ほど雑記帳をさぼると、病気してました?なんて聞かれます。お気遣いいただき感謝、感謝です。鳥さんの撮影さえ出来れば、毎日書きますが、全然写真ならずの日が多くて。一応、今日撮影した写真を使って今日書くを、意地を張って続けていますので、お休み日が出てしまいます。

 雪が降ったので、雪の上を歩く、または雪の積もった小枝に止まるルリビタキの雄を撮ろうと粘っていました。ルリビ君はいるけれど、数カットは撮れているけれど、アップするレベルの画像はまだまだです。

 夏のルリビタキなら、たとえば富士山五合目でいくらでも撮れますが、雪の上を歩いているルリビとなると・・・手強い。チャレンジは続きます。

 上は、冷え込んだので、我が家の軒にも垂氷が下がり、「朝日さす軒の垂氷はとけながら・・・」で、きらめきが綺麗だったので、迷画を。


モズ ♂  2015年1月18日  長野県 安曇野市

 今日はフィールド回りをせず、白鳥湖で午後を過ごしました。大寒間近の、しかし、じんわり暖かさが増している日の光と遊びながら。


モズ ♂  2015年1月18日  長野県 安曇野市

オナガガモ ♂  2015年1月18日  長野県 安曇野市

ハヤブサ 幼鳥  2015年1月18日  長野県 安曇野市

 最近時々現れるハヤブサの幼鳥です。オオタカが現れると、群がるカモは一斉に飛んで逃げますが、ハヤブサだとカモは動きません。カモ達は、瞬時に違いを判断するのでしょう。ハヤブサだと襲ってこないと。代わりに、河原の中州に群れているスズメがパニックに。


コハクチョウ  2015年1月18日  長野県 安曇野市

 日が傾き、徐々に日がかげり、白鳥のいる水面を最後の光が照らす。2羽の白鳥が、そろって羽繕い。たぶんつがいなんだろう。

 日はさらに後退し、白鳥も陰に入る。しかし、まだ日が当たっている向かいの山が水面に映り込み、みな面は昼間には見せない顔に変わる。いっ時煌びやかに輝き、やがて夕闇色に変わっていく。2羽の白鳥も眠りについた。

 あさっては大寒。今夜も冷え込みそう。

 

コハクチョウ  2015年1月18日  長野県 安曇野市


1月15日 雪の日

コハクチョウ  2015年1月15日  長野県 安曇野市

 昼から雪が来た。予報がぴったり、まさに1時間の誤差もなく雪が降り、そして止みました。惜しむらくは、いっとき雨に変わったこと。下のカワセミを撮っているときはみぞれでした。

 ただでさえ食料が少ない厳冬期、雪が降ると鳥さんは食べ物探しに大忙し。カワセミはシャーベット状になった水面を懸命に見つめていた。鳥馬鹿はみぞれが早く雪に戻らないかと願いながら見ていた。結局、カワセミは魚が捕れず、みぞれは雨に変わり、雪降りの中のカワセミ撮影はまたお預け。やれやれ。


カワセミ ♀  2015年1月15日  長野県 安曇野市

 普段は数羽の群れしか見かけないカシラダカも、食べ物が採れる場所が見つかると、たちまち集合する。5羽が10羽、10羽が30羽となる。この時期のカシラダカの雌雄の識別が、私には分からない。これぞ雌という個体を撮りたいのだが。春まで待つしかなさそう。


カシラダカ  2015年1月15日  長野県 安曇野市

ハシボソガラス  2015年1月15日  長野県 安曇野市

 カラスには悪いことをした。せっかくのお食事タイムを邪魔してしまった。少し殺気が強かったらしい。


アトリ  2015年1月15日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♂  2015年1月15日  長野県 安曇野市

 いつもの雑木林も雪に埋もれていた。フクロウが頭に雪を乗せて・・・の絵を撮りたいのだが、残念ながら、今日もフク君はお留守でした。雪の中で寝ているほどフク君は酔狂ではなさそう。

 雑木林の中で車を止めて、誰か出て来ないかと待つ。普段はゴチャゴチャと枝や灌木がうるさい林も、雪の効果で白い世界に変わり、白抜き背景になる。寒い雰囲気を出すか、冷たい雪の中でも体温39度の暖かい鳥さんの雰囲気を出すか・・・鳥さんを待ちながら考える。ホワイトバランスを変えるだけでどちらも可能だからデジタルは楽しい。今日は暖かい色で撮ることに。

 雪に埋もれた野バラの藪をくぐり、わずかに残った実を食べていたシロハラ君、よっこらさと藪の上に出たら、すぐ近くに大きな目玉がにらんでいた。ギョッとしたのだろう固まってしまった。おかげさまで、記念撮影が出来ました。普段は、ノートリでこの大きさに撮るにはかなりの労力を要するが、雪のおかげです。

 雪の日は、雪の日の楽しさがある。

 

シロハラ  2015年1月15日  長野県 安曇野市


1月11日 色白君

フクロウ  2015年1月11日  長野県 安曇野市

 明るい時間帯に、フク君は河原の中州へお出ましにならなくなった。昨日は、薄暗くなった17時過ぎに飛んでいた。中州の獲物を猟り尽くしてしまったのではと思う。

 よらば、こちらから会いに行ってやると、雑木林の中をごそごそ。自分がフィールドにしている林だから、フク君のいそうな場所の心当たりはあった。

 案の定と言おうか、ラッキーと言おうか、フク君がいた。念波を送って、ネズミ5匹で中州劇場へ出演してくれないかと依頼したが、食べ物に不自由はしていないと、あっさり断られてしまった。

 ごちゃごちゃな蔓の中なので、10コマほどスナップをして引き上げる。モニターで拡大してみたら、脚が見えた。色と形からキジバトと思う。なるほど、大きな獲物を食べている最中に、出演交渉をしてもだめか。

 白鳥湖に、正確に数えてないが、白鳥を除き、カモ類が1500羽以上いる。ときどき、ややこしい個体がいないか双眼鏡するが、今シーズン1羽も現れてくれない。退屈なカモ見が続く。

 しいてあげると、色白なカルガモが1羽いる。白変とまで言えないが、明らかに色白である。何年か前も色白なカルガモがいて、「ホワイティ」と名付けていた。その個体はもっと白く、すぐに目についたが、今日の色白君は、かなり目をこらして探さないと見つけ出せない。

 フク君の中州劇場も、そろそろ幕のようだから、ややこしいカモが1羽でいいから現れてくれないかしら。

 吹きさらしの堤防上は、「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」の候なれど、小寒の寒さが身に凍みる。

 

色白君  カルガモ  2015年1月11日  長野県 安曇野市


1月9日 待ちぼうけ?

ハヤブサ 幼鳥  2015年1月9日  長野県 安曇野市

 今日こそ、もっとばっちしフク君をと、脇目もふらず白鳥湖へ。気合い十分・・・。しかし、フク君現れず。ハヤブサの幼鳥とカラスのバトルをスナップしたり、空の雲を眺めたり、それなり暇つぶしは出来るけれど、フク君が現れなければ・・・。かなり近くを通過したハヤブサの幼鳥、しっかりこちらを見ていた。

 14時、15時、太陽は午後の部から夕方の部へと傾く。依然として、フク君現れず。まぁ、快晴の真っ昼間から飛び回る方が、フクロウの行動としては普通じゃないから、夕暮れ時まで待たねばならないだろうと腹をくくる。

 空は真っ青、白鳥が飛んでくれたら、それを撮ろうと、いつもの大砲レンズの外に70−200も用意していたが、白鳥も飛んでくれず。どうやら今日はハズレ日モード。

 15時を回り、5羽だけ白鳥が飛んできた。まだまだ完成度が低く、恥ずかしながらの画像ですが、太陽のゴーストも好きなので、敢えてこんな瞬間も撮っています。まだ、迷画の段階ですが。依然フク君現れず。


さざめく光  コハクチョウ  2015年1月9日  長野県 安曇野市

 16時30分。日は山の端に落ち、辺りは夕暮れモードに入り始める。フク君現れず、諦めた方々がぽつぽつとお帰りになる。「俺が帰ると出るから」などと冗談を飛ばしながら。いやはや参った状況。

 フク君13時頃にちらりと見え、その後も群生する柳の若木の向こう側を飛んだので、いることは確かなのだが。昨日昼前から飛んだのは、異例な行動だったのかも。もしかして、今日は待ちぼうけかもと、少し情けなくなった。北風も冷たくなったし。


夕空トンビ   トビ  2015年1月9日  長野県 安曇野市

 16時35分。意地っ張りと言おうか、根性があると言おうか、いや、とても熱意があると言おう、自分も含めて。撮影者は4人残った。

 日はとうに落ち、世界は夕暮れの部に突入。16時37分、やっとフク君がお出まし。お気に入りの灌木に止まって周囲を伺い、少しずつ移動。16時57分、お気に入りの倒木へ止まる。しかし、暗くて撮影ギブアップ。

 待ちぼうけにはならなかったが、何度も撮影したおすましフク君で今日はおしまい。でも、この画像、フクロウのいる風景、結構気に入ってます。

 努力はちょっと実ったが、またまたお帰り時刻をオーバー。またまた570円の高速料金。フク君詣では高くつく。


フクロウ  2015年1月9日  長野県 安曇野市


1月8日 今日もまたフク君

モズ ♀  2015年1月8日  長野県 安曇野市

 フク君が現れるのは15時頃からと決めて、フィールドを回る。この冬、まだややこしいカモや、悩ましいカモが1羽も現れない。図鑑に載っていないややこしいカモが好きな私には、手持ちぶさたな冬です。

 今日は、タゲリを1羽見た。およッと思ったのはこの1羽だけ。相変わらずハシボソガラスとトビが多い外、野辺の鳥さんは少ない。あとはモズを眺め、フィールドを半分回り終えて、フクロウ見へ行く。

 なんと、フク君、今日は昼前からお出ましになっていて、ハヤブサとにらみ合いまでしたそうな。それは惜しいシーンを見落としたと、モズを眺めていたことを悔やむ。

 しかし、フクロウが昼前から獲物探しをするなんて、よほど空腹なんだろうか。

 

獲物を狙う フクロウ  2015年1月8日  長野県 安曇野市

カラスの嫌がらせを受ける フクロウ  2015年1月8日  長野県 安曇野市

 夕日が届いている間、世界はゴールデンな色。しかし、フク君の行動する範囲が徐々に日陰になり、やがて、視界から夕日が引き上げてしまうと、とたんに世界は色を無くし、寒々とした枯れ野原に変わる。雰囲気としては、寒色の方が好みなのだが、こうなると感度が上がらず飛び姿の撮影は苦しくなる。

 そして日没。世界は闇の衣に包まれ始める。感度をどんどん上げれば撮影は可能。51,200にすれば、ファインダー越しでもよく見えないフク君が撮れる。しかし、画質は著しく低下し、とても使い物にならない。左は ISO5,000。これにて今日の撮影はほぼ終了。

 毎日フクロウが見られ、しかも白鳥や夕焼けを見ながらの贅沢、鳥馬鹿には久しぶりの幸せいっぱいの日々です。一方、そろそろフクロウは移動してしまうのではとも思い、不安な気持ちにもなる。

 15時から16時半まで見ていて、2回糞をしたから食べられてはいるだろう。しかし、さして広くない河原の中州、そんなにたくさん獲物がいるとは思えない。
 
 雪が積もった河原で狩りをしてくれたら、とても楽しい絵が撮れるだろうが、フク君が雪の積もるまでいてくれる保証はまるでない。

 そうそう、関東でカラスが大量死したそうな。原因は鳥インフルではなく餓死だと。数も50羽以上とのこと。ほんとうだろうか、水田や河原でたむろしているハシボソガラスを見ていると、こいつらが餓死するなんてあり得ないと思えるが。


1月7日 今日のフク君

フクロウ  2015年1月7日  長野県 安曇野市

フクロウ  2015年1月7日  長野県 安曇野市

 山の端へ日が落ちる時刻が、徐々に17時に近づいている。冬至からひと月も経たないのに、日が長くなったと感じられる。

 日没後の夕暮れの空が、柔らかな色に染まるわずかな時間帯が好きなので、外にいれば必ず空を見上げている。その色を背景に、鳥さんを撮りたいと、いつも夢見ている。叶えば、もう最高!なのだが。

 日が長くなるにつれて、お帰り時刻より日没が遅くなり、やがて、まだお日様が山の端にかからないうちに帰路につかねばならなくなる。最近はパステルカラーの空が現れるのが先か、お帰り時刻になるのが先かの状況。つらいな〜と、つい愚痴りたくなる。

 今日のフク君は気前よく全身を見せてくれた。フク君は犀川の本流を隔てた中州にいる。中州は撮影している堤防の東側にあるから、背後へ夕日が沈まない。それは仕方がないが、せめて斜陽に世界が染まっている時間帯に現れてほしい。

 フクロウは黄昏時にならないと行動を開始しないのが普通。4日も今日も16時を回ってからの登場。登場からまもなく、夕闇に河原は沈み、フク君がどこにいるのか肉眼で探し出せなくなる。でも、お帰りハクチョウの声を頭上や背後に聞きながら、フク君を撮影できるなんて幸せである。

 フク君が見えている間は、どうしても撮影してしまう。すると、撮影終了がお帰り時刻を過ぎてしまう。こんな時は、普段は使わない高速道路を突っ走って帰るという奥の手を使うことになる。今日も570円使ってしまった。フク君撮影は経費がかかる。

 

フクロウ  2015年1月7日  長野県 安曇野市


1月5日 今日の福は

コハクチョウ  2015年1月5日  長野県 安曇野市

 フク君は、中州の葦原でごそごそやっていたが、夕闇が迫まっても、昨日のようには飛んでくれなかった。フク君撮影はまた後日。

 西の空は薄雲だけだったので、夕空がパステル色になった。私好みの空の色。ここへコハクチョウが大挙して帰ってくれば、とても楽しかったのだが、今日は「福」が休みの日だった。

 今日お会いした方、何度かお会いしているとのこと。この雑記帳をお読みとのこと、千鹿頭池でもお会いしているとのこと。大変失礼ながら思い出せず、恥ずかしい限り。夏に600mmレンズでトンボを撮っているときに出会い、少し会話をしたと言われ、そう言えばと思い出した。

 その方がおっしゃるには、ステージ4の癌だったが、毎日100回『私は死なない』と念じたとのこと。その思いが実り、また外に出られるようになったので、撮影に出ているそうだ。

 たまに熱を出してヒーヒー言う程度で、さしたる病気の経験がない私には、想像もつかない重い話をさらりとされて、ただただたじろぐばかり。たれんこたれんこ生きてきて、そのまま鳥馬鹿している自分が恥ずかしい。

 そう、今日の「福」は、こんなすごい人と改めて会話が出来たこと。

コハクチョウ  2015年1月5日  長野県 安曇野市

 急激に降下する時は、翼・尾羽でコントロールしてブレーキをかける。たいてい脚もブレーキに使う。時には、脚で大きくブレーキをかける。その姿は、まるで空中をを歩いているように見えるから面白い。


コハクチョウ  2015年1月5日  長野県 安曇野市


1月4日 来福再来

フクロウ  2015年1月4日  長野県 安曇野市

 フィールドを巡っていたら、50羽ほどのツグミの群れと遭遇した。この時期にしては数の多い群れである。1羽でもいいから、普通のツグミ以外の、はッとするツグミが混じっていないか、必死に双眼鏡する。しかし、残念ながら、見慣れた普通のツグミだけだった。これ以外はミヤマホオジロの雄を1羽見かけただけで夕暮れ時になった。

 習慣通りに最後は白鳥湖へ。土手に居並ぶ鳥撮り写友たち。聞けばフクロウが犀川の中州に、今日もいると言う。しばらく雑談をして、私も大砲レンズをセットする。撮れたらラッキーくらいのつもりだった。

 

フクロウ  2015年1月4日  長野県 安曇野市

 今日の最後に福が飛んで出た。来福再来とでも言おうか。どうもこの個体は、雑木林にいる個体とは別個体らしい。ということは、私がチェックしている、さして広くない範囲内に、フクロウが2羽いることになる。これは、初の経験。白鳥湖で飛んでいるフクロウが撮れたのも初、嬉しいですね。惜しむらくは、中州がちょっと遠いこと。でも、十分楽しめました。

 近くにいたトビがちょっかいを出しに近づいた(下の画像)。フクロウは羽をふくらませて身構えた。それ以上のことは起きなかったが、なかなかの見ものでした。

 このフクロウもしばらくいてくれると、出来たら雪が降っているときに現れてくれるといいのだが。

 今日も鳥さんが少ないとぼやきつつ、それでもフィールドを回っていると、何かしら楽しいことに出会える。コチョウゲンにチョウゲンボウに、そして今日のフクロウ。明日は何が現れるだろう。


夕暮れ時のフクロウ  2015年1月4日  長野県 安曇野市

フクロウのいる風景  2015年1月4日  長野県 安曇野市


1月3日 チョウゲンボウ

チョウゲンボウ ♂  2015年1月3日  長野県 安曇野市

 昨日の出会いに味をしめて、今日もコチョウゲンに会えるかと、水田地帯へ。ついでにハシボソガラスの群れもチェック。まれに1、2羽のミヤマガラスやコクマルガラスが入っているから。

 しかし、そう毎日ラッキーが続くわけもなく、コチョウゲンにもややこしいカラスにも出会えず。チョウゲンボウの雄が枝先で揺れていただけ。

 満ちるまでもう少しの月が顔を出したので、その前をトビでもいいから通らないかと待つ。安曇野はトビが多く、特に犀川沿いにたくさんいる。レンズを構えていない時は、ときどき月の前を横切るのだが。撮ろうと思うと全然通ってくれない。
 チョウゲンボウの飛び出しだけで今日は諦めろとお月様が。



1月2日 コチョウゲンボウ

コチョウゲンボウ  2015年1月2日  長野県 安曇野市

 毎シーズン、12月の中旬から下旬にかけて、コチョウゲンボウと出会っている。たいてい電線か電柱に止まっているので、電線コチョウゲンと勝手に呼んで、雑記にも書いた覚えがある。

 昨年の12月末に、初めて獲物の捕獲シーンを見て大いに興奮した。それで、今シーズンも狩りが見たくて、しつこくチェックに回っていたが、12月中は1羽も見られず、今シーズンは出会えないまま終わるのかと、半分諦めていた。

 暮れに会った「青い鳥」の御利益がまだ残っているらしい。ニセアカシヤの梢に止まっているコチョウゲンとばったり出くわした。ラッキー!幸せ幸せ!でした。

 車から降りると飛んでしまうだろうし、さりとてフロントガラス越しでは撮影できない。意を決して、ドアをそっと開け、ドアの陰から手持ちで撮影。気のいいコチョウゲン君だった。たっぷり撮らせてくれ、おまけに、さぁ飛ぶよと合図までくれた。

 この個体、雌の成鳥か幼鳥か私には識別できない。背中の褐色斑が大きいこと、眼瞼輪が青緑色なので、幼鳥と思うが。こういうときに便利な用語がある。「雌タイプ」、そうこの個体は「雌タイプ」ということで。

  

コチョウゲンボウ  2015年1月2日  長野県 安曇野市

 おまけの、蛇足です。

 年賀状のコハクチョウは、まどろんでいます。「色は匂へど・・・」は「いろはにほへと・・・」の「いろは48文字」で作られた歌です。
 平安時代末期に、ものすごい天才がいたのでしょう。48文字を使い、「今様」という様式で歌を詠みました。その内容が平安末期に流行した「涅槃経」の「諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽」を表すとされています。


1月1日 今年もよろしくお願いします

 はたして日本はどこへ行こうとしているのでしょう・・・なんてことを書き始めると、際限がなくなりますので、相も変わらずの鳥馬鹿のだらだら鳥見話を今年も続けていきます。適当にお付き合いください。


12月 ホームヘ 2月