私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


1月 ホームヘ 3月

2月27日 Save a Mandarin?

あけび  2015年2月26日

 レンズ(100−400)を買った。最短撮影距離が0.98m。これが第1の決め手。つまり、7DUを付けると、640mm相当で0.98だから、トンボを撮るときにずいぶん楽になる。600mmレンズでイトトンボを撮って笑われる?こともなくなりそう。

 さっそく夜にあけびに挑戦。子猫の頃はレンズを向けてもいろいろな仕草をしてくれたが、いまや大人猫なので、フン!という顔をしてそっぽを向くか、そそくさと逃げ出してしまう。画像は、1Dx使用で ISO3200、もちろん手持ち。f8/25 100mm  撮影距離1.5m 蛍光灯下 ノートリ。


オオタカ  2015年2月27日  長野県 安曇野市

 7DUに100-400を付けて、鳥さんを撮ろうとフィールドを回る。どのくらい使えるレンズか、いやどのくらい使いこなせるか試してみなければ。

 久しぶりにオシドリの雄がいた。今の時期とくに綺麗である。しめしめ、さっそく640mmを手持ちでとカメラを持ち上げたら、横からオオタカが突入、なんとオシドリを押さえ込んでしまった。おのれ、私の獲物を横取りしやがって!

 手持ちはいいですね、レンズつかんで堤防を駆け下る。600だと三脚担いで、えっちら、おっちらと・・・ひと苦労するが。
 オオタカの正面に座り込んでやる。オオタカ君、せっかく捕らえた獲物を残して飛ぶに飛べず固まる。オシドリは完全に水中へ押さえ込まれていた。オオタカ得意の溺死作戦。

 下はトレミング画像。オシドリは頭部だけが見えています。


 オシドリを解体する現場など見たくはないし、私の獲物を横取りしたことも許せない。押さえ込んでいる姿を、だだっと撮影し終わったので、いきなり立ち上がってやった。鳥は人間の急激な動きには敏感に反応する。オオタカも同じ。さすがのオオタカもオシドリを放して逃げ去った。

 押さえ込まれてから1分以上経過していたろうか。オシドリは死んでしまったかと思ったが、オオタカが飛び去るや、大あわてで泳ぎだした。なかなかしぶといやつで、よしよし、よく頑張ったとほめてやろう。


 しかし、飛んで逃げないで、うろうろ泳いでいるから、翼でも痛めたかと思った。しかし、岸辺から犀川の本流へ出たところで羽ばたいた。見たところ、次列風切などが乱れているが、特に異状なさそう。オシドリ君、そのまま流れ下って行った。

 新レンズの鳥撮り初使用が、オオタカの狩りで、しかもオシドリを押さえ込んだ姿なんて、思わぬテスト撮影をしてしまった。
 まぁ、このくらいの画像が撮れたから、私の腕でもどうやら使いこなせそう。それに、あまり好きくないオオタカから、Save a Mandarin したから、なんとなくいい気分。オオタカが餓死したって知るもんかってね。



2月25日 春めいた日の午後

キセキレイ  2015年2月25日  長野県 安曇野市

アオジ  2015年2月25日  長野県 安曇野市

ヒゲナガカワトビケラ

 毎日カケスの追っかけも辛いので、今日はミソサザイを撮ろうかと河原へ行った。こんな河原の土手で1羽のミソサザイが越冬している。何度か試みたが、いつも物陰に隠れてしまい撮影出来なかった。
 今日も待っていたが、樹の株から株へ移動を繰り返し、ピント合わせの間すらもらえなかった。さえずっているときは、簡単に撮影出来るのだが。

 待っている間に、アオジとキセキレイが現れた。彼女らもここで冬を過ごした。
 南風だけでなく、あちこちに春の気配が見え始めている。そろそろ3羽とも繁殖場所へ移動する時期が来ている。さよならの前に記念撮影。

 ありふれた河原だが、鳥たちの食べ物はたくさんいる。春が来たので、小さな羽虫以外に大きな羽虫もうごめくようになった。

 アオジの捕らえたトビケラの幼虫は、冬の間セキレイ類がさかんに捕食している。補食を免れ、どうにか成虫になれたのに、気の毒にも、アオジに見つかって食べられてしまった。自然は過酷です。

 

コハクチョウ  2015年2月25日  長野県 安曇野市

 快晴だったが、霞がかかり、もしかすると黄砂かもしれないが、空全体が薄ぼんやり。こんな時は光線がソフトでいいから、白鳥写真を撮ろうと小1時間白鳥を見ていた。しかし、撮影意欲がわくような演技をしてくれない。それでも、熱心な?カメラマンが数名が頑張っていた。

 のんびりと休憩する白鳥達から、春めいた日の午後の雰囲気がちょっとだけでも感じられるだろうか。雰囲気を出そうとソフトタッチに仕上げたが。


春めいた日の昼下がり コハクチョウ  2015年2月25日  長野県 安曇野市

春めいた日の昼下がり コハクチョウ  2015年2月25日  長野県 安曇野市

 ひと冬を御宝田池で過ごした2羽のマガン、なんとなくつがいなんだろうと考えているが、証明のしようがない。
 
 飛来当時は警戒心が強くて、近寄寄って来なかったが、1月初め頃から白鳥の周りにたたむろする人間との間合いを覚えたのだろう、白鳥ギャラリーのすぐ後ろで草をはんでいたりする。下の画像(もちろんノートリ)くらいなら毎日でも撮影できるほど慣れてしまった。

 この2羽もそろそろ故郷への旅に出発するだろう。その前に記念撮影をしておこう。来シーズンは子連れか、親戚一同で飛来して欲しいものだが、さてどうなるか。

 春めいた雰囲気を撮りたいが、難しくて。わざとらしく、オオイヌノフグリとかタンポポでも写し込めばそれなりだろうが、それじゃ芸がなさ過ぎるし・・・写真は難しい。


マガン  2015年2月25日  長野県 安曇野市


2月23日 カケスは手強い

カケス  2015年2月23日

桜のつぼみもふくらんで カケス  2015年2月23日

 カケスは賢い、と言うより警戒心が強いと言うべきか。20日よりましな絵を撮ろうと粘ったが、またいなされてしまった。周囲には20羽ほどのカケスがいたが、1羽も撮影可能な範囲を飛んでくれず。右を向いていると左側を飛ぶ。大急ぎで左に向きを変えると、別の個体が右側を飛び・・・。小枝がゴチャゴチャな場所で、ひょいひょいと枝から枝へ、食べ物を探しながら、素早く移動する。カケスは手強いやつだ。

 昨日は強い南風が吹き、鳥見どころではなかったが、気温が一気に上昇した。桜の老木を移動するカケスを追っていたら、ふくらみ始めた桜の蕾が目に入った。南風の効果は絶大のよう。足下へ出て来たトラツグミを撮ったら、コバルトブルーのオオイヌノフギリの花がたくさん咲いていた。

 カケスにはいなされてしまった。しかも、曇天の空は重かったが、「春隣」から「春めいて」まで進んだ野辺が楽しかった。


カケス  2015年2月23日


2月20日 カケスは賢い?
 アマゾンは商売上手、鳥の本が発売されると、あるいは予約注文が始まると、すぐさま案内メールをよこす。もちろん本だけでなく、カメラのレンズや付属品、外付ハードディスクやCFカード・・・。
 
 アマゾンの持っている私の個人情報は、嫌らしいほど多い。ちなみに3年前ほどに購入したCDがどこかへ紛れ込んで、見つからないので、注文しようとしたら、即座に○○年○月○日にそのCDを購入していると表示が出た。ご親切様か、いらぬお節介か。便利だけれど、気持ちが悪い時代です。

 などと言いながら、左の図鑑の案内にすぐさま飛びついて購入してしまった。アメリカの図鑑なので多くが日本では見られない鳥だが、ぱらぱらくくっているだけでも楽しい。

 旧版と比較して、図版や解説文がたくさん改訂されている。文字が小さくなり、印刷の色がやや薄めなので慣れるまで違和感があるだろうが、楽しい図鑑である。笑い話ですが、英語は全然だめなので、鳥1種の説明を読むのに、辞書と首っ引きで軽く1時間はかかってしまう。それでも楽しい。日本でも、ハンディサイズにこだわらず、このくらいの図鑑を出して欲しいものだ。

 昨日よりもっと近くでアオシギが撮れないかと行ってみた。ヤマシギは不在、アオシギはいたが、昨日と同じくらい遠かった。しばらく撮影したが、だんだん遠くへ行くので、今日は諦めて、前から撮りたかったカケスの飛んでいる姿に挑戦した。
 

今日のアオシギ  2015年2月20日

カケス  2015年2月19日

 少し高いところへ登って、目線の高さを飛ぶ姿を撮ろうと構える。カケスは数羽いたが、賢い鳥なのだろう、レンズを構えていると、後方を通過したり、いきなり方向転換をしたり、とにかく上手にいなされてしまった。私が全身丸見えで構えているのも悪いが、すばやく対応し、再び同じ場所へ現れないのは、やはり賢いのだろう。ツバメなら、待っていれば何度でも通るのに。短時間の挑戦だったので、今日は3コマしか撮れなかった。明日また知恵比べをしてやろう。



2月19日 久しぶりの鳥さん

アオシギ  2015年2月19日

アオシギ  2015年2月19日

アオシギと足跡  2015年2月19日

アオシギのいる谷川  2015年2月19日

 写友から、ヤマシギとタシギが同じ谷川にいると連絡が。谷川にヤマシギなら分かるが、タシギは変だなと思う。タシギは9分9厘谷川には現れないはず。ヤマシギが2羽いるのだろうか。

 ともかく、大急ぎで昼食を済ませ・・・急がされた婆さんは可哀想だったが・・・ヤマシギが撮れるなんて、この盆地に住んでいると、そうそうないチャンス。

 現場に着く。ヤマシギは枯れ草の陰でお休み中だったが、頭部の太いバーコード模様は間違いなくヤマシギ。50mほどと遠かったが、しっかり見られた。久しぶりのヤマシギとの出会い。今日はいい日だ。

 このところ、鳥ひでりとぼやいていたので、神様がちょっとサービスしてくれたのかも。ともかく、写友に、ヤマシギに感謝。八百万の神様にも感謝。

 で、タシギと連絡を受けたシギは、更に遠くにいた。双眼鏡で見る限り、タシギではなく、アオシギっぽかった。先に撮影していた写友のモニターで拡大して腹部を見せてもらう。波模様の斑が腹全体にあるように見えた。それに、背中や体側の模様は間違いなくアオシギ。アオシギは谷川にいるのが普通。

 お休みしていたアオシギが歩き始め、体を上下にゆすり始めた。これで間違いなくアオシギ。体を振り振り食べ物を探すのは、トラツグミとアオシギ。トラツグミのそれは「トラツグミのダンス」と鳥見人の間では言われている。「アオシギのダンス」という隠語があるか知らないが。

 アオシギは、北アルプスの麓で何度かチャレンジしては飛ばれてしまい、つまり何度もこけにされているから、撮影出来たのは5年ぶり。久しぶりの鳥さんを一度に2羽も見られ、今日は久しぶりに楽しい鳥見が出来た。

 (今日の画像は全部大きくトレミングしています)

 

ヤマシギのいる谷川  2015年2月19日

ヤマシギ  2015年2月19日

残照 ヤマシギ  2015年2月19日


2月18日 暇です

タヒバリ  2015年2月18日  長野県 安曇野市

タヒバリ  2015年2月18日  長野県 安曇野市

 この冬は、これまでにない鳥ひでり。もう2月も半ばなので、移動中にひょっこり現れるややこしいカモも望めそうもなく、白鳥は帰り始めるだろうし、浅い春の訪れに合わせて、約束通りに現れてくれたのはタヒバリ1羽だけ。7日に見つけたタヒバリ君は、ずっと同じ場所にいる。でも、毎日タヒバリだけを見ているわけにも行かず・・・。

 午前中大粒の雪が降った。午後まで雪降りが続けば、白鳥を撮るつもりだった。しかし、憎たらしいほどに、天気予報がよく当たり、午後は時々雲が切れるが曇り空が重たい。雪は降らず。白鳥撮影もままならず。

 でも、出会うツグミ属の鳥さんもホオジロ属も1羽ずつちゃんと双眼鏡はしています。しかし、ただのツグミとシロハラ、ホオジロとカシラダカだけ。暇です。参った、参ったの午後です。

 興奮できる鳥さんに巡り会えなかったので、家路につく。我が家の近くまで帰ると、霰が落ちて来た。黒雲が更に重く、いやな空模様。夏なら夕立になる状態だろうか。

 空の一隅が裂けて、盆地の東側の低山帯、美ヶ原付近だけが夕焼け色に染まる。珍しい光景なので記念撮影。ここを白鳥が飛べば、ちょっと力が入るけれど、などと無い物ねだりを思う。我が家付近には白鳥はいない。

 暇でも鳥見を続けるから鳥馬鹿なんだけれど、ちょっと焦れてきます。そろそろ移動途中のトラツグミが現れる頃なのだが、明日はトラツグミと出会えるかも。

 


2月16日 寄らば大樹・・・

エナガ  2015年2月16日  長野県 松本市

樹液をなめる エナガ  2015年2月16日  長野県 松本市

 毎日寒いです。昨日の午前中は雪が降ったし、明日も予報は朝から雪降りとのこと。それでも日射しは強くなり、春のぬくもりを肌で感じられる。

 鳥さん達も、しっかり春を感じているらしく、シジュウカラがさえずり初め、イカルが「お菊二十〜」と繰り返す。まだ「二十四」まで声がのびないのは、春が浅いせいだろう。イカルの歌声を「お菊二十四」と聞きなすのは、古株の鳥見人です。

 快晴の空は雲がまったくなくて真っ青。これだと夕焼けも起きないだろうと、白鳥撮影を諦め、山路へ入る。日陰は残雪が凍っていて怖い。

 先日もろに滑って転び、しこたま右膝の外側を打撲。まだ青あざが消えない。それで、いつもは大砲レンズを三脚に付けて担いで歩くが、今日は怖いからザックに入れたまま担いで、そろそろと坂道を上る。

 目的は、鳥さんが樹液を飲む(なめる)姿の撮影。一番はメジロを撮りたいが、メジロは暖かい地方へ移動してしまい、この地ではほとんど出会えない。それで、エナガを撮ることに。

 山路をただ歩いても、そうそう鳥さんと遭遇しない。だが、樹液がしみ出している樹にはエナガなどが集まる。寄らば大樹の陰ならぬ、樹液をサービスする樹が頼り。

 二番目の目的は、樹液をなめ終わったエナガが飛び出す瞬間を撮ること。これは練習課題。300発もシャッター切れば、1コマくらいは何とかなるだろうか。今日こそ何とかしてやろうと思いながら、山路を登る。


エナガ  2015年2月16日  長野県 松本市

エナガ  2015年2月16日  長野県 松本市

 一番たくさん樹液をサービスしている樹の前に陣取る。植物にはとても暗いので、この樹が何の樹か分からないが、ともかく大きな老木である。やはり、寄らば大樹でした。

 20分に1回ほど、10羽前後のエナガの群れが飛来して、わいわいがやがやと賑やかに、でも、ほんの1、2分樹液をなめると飛び去る。これの繰り返し。同じ群れが周回しているのだろうか。たくさん撮ったが、ものになったのは、10コマほど。エナガが去るとモニターを見て、不出来なコマを削除、削除・・・。1コマも残らないことも。私の腕はこんなものかと、ちょっとめげる。


 エナガの他は、ヤマガラが1羽来ただけ。今日の午後は、真っ青な空を眺め、イカルの歌声を聞きながら、ときどきエナガと遊んで終わった。こんな時間を過ごすと、昔は、焦りの固まりが腹の底の方からこみ上げて辛かった。しかし、最近は十分幸せに思える。歳食ったからだろうか。


ヤマガラ  2015年2月16日  長野県 松本市

ヤマガラ  2015年2月16日  長野県 松本市


2月14日 マンネリですが

ただいま降下中  コハクチョウ  2015年2月14日  長野県 安曇野市

 2、3日雑記帳をさぼったり、4、5日写真仲間の前に顔を出さなかったりすると、彼は死んだんじゃない、などと言われてしまう。殺されないうちに顔見せをして、雑記帳を書いて・・・とにかく、写真を撮らなくては・・・強迫観念に襲われている気分。

 さりとて、ぱぱっと撮影出来る鳥さんの当てもなく、最後に頼るのは白鳥さんなのだが、白鳥さんと向かい合っても、そうそういい演技はしてくれない。おまけに、15時頃から北アルプスにかかっていた雪雲が西の空に広がって、太陽を隠してしまい、今日もまた赤い夕焼け水面はお預け。

  

着水体制  コハクチョウ  2015年2月14日  長野県 安曇野市

 そんでも、なんとかまとめたけれど、またかの画像ばかり。なんとか、マンネリを脱しなければと考えているのだが、新しいイメージが浮かばない。


しぶきを上げて着水  コハクチョウ  2015年2月14日  長野県 安曇野市

 降下してくる白鳥、水面を走る白鳥・・・撮り慣れているから、白鳥さんが演技さえしてくれたら、そつなくまとめられる。これで、水面が赤かったり、白鳥が夕日に染まって翼が赤かったりしたら、飛び散る飛沫がもっとはっきり見えたら、ポイントが高い絵になるのだが。ちなみに今日の画像が全部ノートレミングです。


爆走  コハクチョウ  2015年2月14日  長野県 安曇野市

爆走  コハクチョウ  2015年2月14日  長野県 安曇野市

 困ったときの孤舟シリーズ。毎シーズン1回は漂う羽を舟に見立てた画像をアップしている。マンネリのさいたるものですが。
 これを出してしまうと、本当にネタ切れになってしまうので、まだとっておきたいけれど。そうも言っていられない状況です。

 これでちらつく雪でも写り込んでいれば、柳宋元の「紅雪」など連想できるのだが。とりあえず「高瀬舟」程度で。

 マンネリ画像ですが、どアップ白鳥も孤舟もそう簡単には撮れませんから。


高瀬舟  2015年2月14日  長野県 安曇野市

もやい舟  2015年2月14日  長野県 安曇野市


2月12日 暇です

ジョウビタキ ♀  2015年2月12日  長野県 安曇野市

 暇です、というか、手持ちぶさたというか。12ヶ月で、一番暇なのが2月。例年2月上旬は鳥さんと出会えず苦戦している。ややこしいカモでも現れれば別だが。

 過去の記録ノートを見ても、熱を出してひっくり返っているか、タヒバリを探しているかくらい。海辺へ行って、カモメや越冬シギを見た日だけノートにぎっしり書き込みがあるが。

 6月から8月も暇な日が多い。カイツブリやオオバンの雛を見る以外に手持ちぶさたなので、雑種ガモかトンボの追っかけをすることにした。それで、そこそこアウトドアを楽しめた。しかし、2月はいけませんね。レンズを向ける相手が見つからない。

 アリスイは見つからず、ミヤマホオジロもいるのだが、撮れる距離まで近づけない。雑木林で籠もっていても、近くへ来てくれるのは、愛想のいいこのジョビ子君くらい。ジョビ子君に感謝しなければ。

 ぼやいていても仕方がない、飽きたと言わずに白鳥撮影に精を出すことにしよう。当分ややこしい鳥さんも現れそうにないから。



2月9日 尋ね鳥

ベニマシコ ♀  2015年2月8日

 フィールドにアリスイが出たとの情報。確認者と話してないので、正確なことは分からない。「あの辺りの雑木林にいた」までの情報。アリスイ出現の情報は、これで2回目。

 この5年間、フィールドに出た鳥で、私が確認出来ていないのは、ヤマシギだけだった。かなりしつこく回っているから、たいていの鳥は見ている。確認者が私だけの鳥も。たとえば、コクマルガラス、オジロトウネン。ヤマシギは写友の画像で確認したが、まだ出会えていない。

 そこにアリスイの情報が。そりゃもう、是非にも見なければ、撮らなければ・・・尋ね鳥や〜いと探し回るが、いたのはベニマシコとツグミ・ホオジロだけ。2日間探したが出会えず、寒さが身に凍みた。

 明日も探しに行くか、諦めるか・・・夢の中で考えよう。

 

ツグミ  2015年2月9日

コハクチョウ  2015年2月9日


2月7日 たかがタヒバリ・・・

タヒバリ  2015年2月7日  長野県 安曇野市

 ようやくタヒバリ1羽を見つけた。たかがタヒバリ、されどタヒバリ。4日にチェックしたときにはいなかったので、それ以降に来たと思う。この冬、何度かチェックしたが、私のフィールドでは越冬タヒバリを見つけられなかった。それで、4日以降に移動して来た個体と思う。

 2013年は2月2日に5羽が現れた。2014年は2月11日に3羽を確認。今年も頃合いに現れたと言える。毎日零下の冷え込みが続く2月上旬だが、春を察し、渡り鳥は移動を始めたのだろう。タヒバリは、そんな鳥たちの先駆けとして、私のフィールドに現れる。タヒバリを見つけると春が来ていると思う。だから、されどタヒバリなのである。

 タヒバリは4月上旬まで見られるが、たびたび数が変わるので、渡り途中の個体が次々と現れるのだろうと考えている。


 初めの画像の位置までタヒバリが来るまで30分かかった。待てば必ず近くへ来ると、毎春見ているので確信はあったが、それでも30分は焦れる。近づいては遠ざかり、また近づくを繰り返す。これも毎度のこと。ひたすら待ち、ついには目の前を通り過ぎて行った。

 足下を覆う緑色の植物は外来種のオオカワジシャ。増え続け、厄介者だが、タヒバリは必ずオオカワジシャの上で羽虫を食べる。だから、厄介者だが鳥馬鹿には嬉しい存在。コハクチョウがたくさん飛来し、食料が乏しくなると、このオオカワジシャも食べる。白鳥が食べるのだから毒はないだろうと、私も湯がいて食べてみた。歯応えはクレソンに似るが味も風味もなし。さして美味い植物ではない。

 話が脱線、元に戻ろう。2月に入ると、河原では小さな羽虫がたくさん発生する。羽虫はオオカワジシャの葉の上などに止まっている。タヒバリはそれを盛んについばむ。

 下の画像でタヒバリの頭上に飛んでいる羽虫が写っている。近づくタヒバリを察知して逃げた羽虫だろう。羽虫だって食われるためにいるのではないから。

 オオカワジシャの群生をチェックしていると、タヒバリと出会える。今日は、出会えただけでラッキーだったが、次は羽虫をくわえている、羽虫をついばんだ瞬間を撮りたいと思っている。今日も数回チャンスはあったが、ものに出来ずで、ちょっと悔しい。
 たかがタヒバリ、されどタヒバリである。



2月5日 そこそこ

エナガ   2015年2月5日  長野県 松本市
( f4.5 1/1600 ISO800 +1 部分測光 絞り優先 )

春が・・・  福寿草   2015年2月5日  長野県 松本市
( f5.6 1/1250 ISO800 +0.7 部分測光 絞り優先 )

 雪が降るって、どのテレビ局の予報も言うものだから、雪の中の・・・を思い描き、出かけた。でも、雪はひらりも降らず、青空が広がる。ちょっと当て外れ。

 車の中に籠もっていても退屈なので、7DMarkUに70−200 Uを付けてお散歩。適当にスナップ。エナガは200mm、福寿草は70mmで撮影。 ISOは800。そこそこ撮れている・・・それほど酷くはないと思う。

 感度を1000以下に押さえていれば、画質は酷くならない。下は上の画像をピクセル等倍まで拡大。カメラのコストからすれば、こんなもんでしょう。4kとか8kテレビで見たら、カサついた画像になるかも知れないが。
 

ジョウビタキ ♂   2015年2月5日  長野県 松本市

 次は600mmUにつけて、ホバリングをするジョウビタキを撮った。
ちなみに ISO800 f/7.1 1/640 +0.7 部分測光 絞り優先。

 感度を上げないとシャッタースピードも上がらないので、ホバリングは撮れず。翼がブレているのはいいけれど、頭部のブレが止まらないとゴミ箱行きの画像になってしまう。ここが、鳥馬鹿の鳥撮りにはつらいところ。しかし、逆光でも、崩れた酷い画像にはならない。これは、旧型7Dより進んでいると思う。まぁ、17〜18万円のカメラなんだから、そこそこだと思う。

 下はピクセル等倍。実は、この画像を見ながら、今更に気付いたことが。尾羽の中央2枚が黒褐色だと知っていたが、最外側尾羽の外弁の一部も黒褐色、内側の尾羽の外縁も黒褐色をしている。どうでもいい細かいことですが、またひとつ疑問が。成鳥冬羽と第1回冬羽でも同様に黒褐色をしているか。宿題ばかり増えます。

 本題に戻ると、7DMUは、私にはそこそこのカメラです。



2月4日 相変わらずです

降下中  コハクチョウ  2015年2月4日  長野県 安曇野市

 そろそろタヒバリが現れる頃だと思いながら、フィールドの半分を丹念に回った。越冬組のイカルチドリはいたが、タヒバリはまだのよう。立春なのにめっちゃ寒いです。早く暖かくなって春の渡り鳥が来てほしい。

 相変わらず、さしたる鳥さんはいなかった。代わりに知り合いの鉄砲打さんが粘っていた。キジを狙っていると。困るんだ。母衣打ちシーンを撮ろうと、お立ち台を用意しておいたのに。キジ君、弾に当たるなよ。もちょいで猟期は終わるから。

 昨シーズン越冬したオオジュリンは、越冬せず。昨シーズンからホオアカも越冬しなくなった。だんだん撮影したい鳥さんが減り、オオバン、カワウ、アオサギなど、いまいち食思の起こらない鳥さんが増えている、そんな傾向が見えてならない。それはそれで、鳥見のデータなのだが。

 御宝田池のカモをじっくり見ながら、7DMarkUの練習。このカメラ、メーカーのサイトではめっちゃいいカメラみたいだが、ユーザー側の悪評も耳に届く。常用していないので私にはうんちくは難しい。70−200 Uで降りてくる白鳥をスナップ。まぁ、このくらいに撮れれば、値段相応によろしいのでは。

 今シーズン、まだややこしいカモは現れない。こんなシーズンもあるんだと、もう半分諦め気分。キンクロハジロの雄を102羽、1羽ずつ見てるなんて暇人だよね。全部紛れもないキンクロの雄でした。やれやれ。

 ずいぶん前から、ちらちら見えていたヨシガモの夫婦が、やっと並んで姿を見せてくれた。今日はこれがせめてもの慰め。
 ヨシガモの雄は綺麗になった。「今 春が来て 君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった」なんて。でも、明日はまたどか雪が降るとか。まだまだ、なごり雪とはいかない立春です。雪でもいいから、ハッとするカモが現れないかしら。

 

ヨシガモのつがい  2015年2月4日  長野県 安曇野市


2月1日 続けてアトリ

アトリ ♂第1回夏羽  2007年4月12日  沖縄県 与那国町

 アトリの識別は難しい。今日もチャレンジしたが、雌雄の別まではなんとかなりそうだが、成鳥冬羽と第1回冬羽の違いは分かりませんでした。今日の画像の下の記述は「だろうな」程度です。

 識別も、「この鳥はアトリ」までにしておけば、さして問題はない。ちょっと進んで雌雄の別まで考えると、夏羽以外は難しくなり、もう少し進めて、成鳥と第1回冬羽・第1回夏羽の識別となると、私には手に余る。特に今時は冬羽から夏羽へ換わり始めているので難しい。

 上はかって与那国で撮影した夏羽の雄。このくらい黒ければひと目で雄と判る。しかし、離島以外で、こんなに黒い個体はそうそう目に出来ない。

 外国の図鑑を見ると、夏羽成鳥のくちばしは黒い。日本の図鑑で、成鳥夏羽と記載してある個体のくちばしは黒くない・・・こんなところでつまずいているのは素人なんだろうけれど。繁殖地で繁殖中の個体を見たくなる。


アトリ ♂   2015年1月31日  長野県 安曇野市

 今日は飛び立つ瞬間を撮りたかったが、1枚もものに出来ず。仕方がないので昨日の不出来な画像を使います。翼下面の下小雨覆は綺麗な黄色をしている。成鳥か第1回冬羽かを問わずみな黄色をしているのか?一斉に飛び立つ群れを見ても、飛び立つスピードが速くて、1、2羽が黄色をしていた程度しか見られず。素人はどうでもいいことに凝ります。

 2日続けて、50羽ほどのアトリの群れを見たのだが、識別は難しいと痛感。またまた宿題をいっぱい抱え込んでしまった。

 

アトリ ♀第1回冬羽?  2015年2月1日  長野県 安曇野市

アトリ ♂第1回冬羽?  2015年2月1日  長野県 安曇野市

アトリ ♂成鳥冬羽?  2015年2月1日  長野県 安曇野市

アトリ ♀第1回冬羽?  2015年2月1日  長野県 安曇野市

アトリ ♂成鳥冬羽?  2015年2月1日  長野県 安曇野市

1月 ホームヘ 3月