私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


2月 ホームヘ 4月

3月21日 遠い珍客

ニワハンミョウ  2015年3月21日 長野県 安曇野市

 ハンミョウは虹の七色に輝く綺麗な甲虫。玉虫厨子で有名なタマムシよりもずっとサイケデリックに綺麗である。そのハンミョウの半分くらいの大きさのニワハンミョウは渋い色をしている。でも、よく見るとハンミョウ族の一員らしく触角や脚などやはり金属光沢の美しい色をしている。

 日射しが強くなり、日向に座り込んでいると暑いくらい。日射しに誘われたかヒバリがさえずり始め、いきなり空へ揚がった。この地ではずいぶん早い揚げヒバリである。しかし、滞空時間はほんのわずか、すぐさま地上へ降りてしまった。レンズをなでながら、再度揚がるのを待ったが、2度目はなかった。ヒバリを待つ間に、目の前へひょいと跳び出したのがニワハンミョウ。ヒバリには振られたが、久しぶりにニワハンミョウを見られたので、ちょっと幸せ。



ミツバチ  2015年3月21日 長野県 安曇野市

 強くなった日射しに誘われたのは、ヒバリやハンミョウだけでなく、猫柳の花も開き始めた。広い河原の中に1本だけ花開いているヤナギを、どうやって探し出すのか不思議だが、ミツバチがわんさか集って、蜜や花粉を集めていた。

 ツバメが現れるのを待つ間、ミツバチを撮っていたら、ラッキーにもテングチョウまで現れ、蜜を吸い始めた。先日から撮影しようと探していたので、感謝感謝でした。テングチョウを撮ったので、「春が来た」撮影は一件落着。しかし、ツバメは現れず。


テングチョウ  2015年3月21日 長野県 安曇野市

テングチョウ  2015年3月21日 長野県 安曇野市

 河原から御宝田池へ回る。池の上へツバメが現れる可能性も捨てきれず。池に着くと写友がレンズを構えていた。ツバメを見たかと尋ねると、先ほど2羽飛んだし、朝は白鳥湖でも2羽飛んだとのこと。残念、私には縁がなかったらしい。

 写友がレンズを構えていたのは、シマアジがいたから。終わりかけている今シーズンで一番の珍客である。シマアジは3シーズンに1回ほどの割合で、1、2羽が御宝田池に現れる。雌はコガモの雌にそっくりなのと、1、2日しか逗留しないので、見落としたシーズンがあるかも知れない。

 シマアジの飛来はたいてい4月半ば以降なので、今日の個体はずいぶん早い到着である。長逗留してくれたら嬉しいのだが。


シマアジ ♀  2015年3月21日 長野県 安曇野市

  近くへ泳いでこないかと待つが、彼方の枯れた葦やマコモの間で眠っていて動かない。せっかくの珍客なのに。待つこと1時間ほど。写友は5時間も待っていたと・・・それまた大変なことで。

 ようやく少しだけ泳いだ。しかし、遠くて、かろうじて証拠写真になるくらいの大きさにしか撮れなかった。画像は大きくトレミングしてあります。地味な鳥だが、珍客到来に感謝しなければ。


シマアジ ♀  2015年3月21日 長野県 安曇野市

 遠い珍客はその後行方不明に。双眼鏡で探していたらヨシガモが現れた。雄は懸命にディスプレー。しかし雌は興味を示さず。何度も反り返るものの、雌は知らん顔。男は辛いよ・・・を今日も見てしまった。


ディスプレーする ヨシガモ ♂  2015年3月21日 長野県 安曇野市


3月20日 初物

マルガモ(マガモとカルガモの交雑個体)  2015年3月20日 長野県 安曇野市

 今日一番残念だったのは、初ツバメを目撃したが撮影できなかったこと。ピント合わせが間に合わず、ツバメは飛び去ってしまった。
 昨春の初認日は21日だったから、1日早い初ツバメだった。きっと明日は2、3羽を見られると思う。

 七十二候で「玄鳥至(つばめきたる)」は4月5日からだから、初ツバメは、暦よりいつも早めに来ていることになる。

 ついでに、明日から25日までは、七十二候の「雀始巣(すずめはじめてすくう)」である。松本平で営巣を始めたスズメがいるのか知らないが、キジバトが抱卵している話は2、3聞いた。スズメもどこかで営巣を始めているかもしれない。

 次の初物は、マルガモ。御宝田池に前からいたかも知れないが、今日始めて確認した。過去のマルガモの画像を引っ張り出して比較してみたが、一致する個体はいなかった。このマルガモも初物である。

 更に、昨日の雨で出来た水たまりにアメンボウが1匹いた。越冬から目覚めた個体だろう、これも初物。めっきり春めいた、雑木林はまだ冬枯れのまま、柳も枝先がようやく新緑
色に見え始めたところだが。


アメンボウ 2015年3月20日 長野県 安曇野市

 5日に案内した蔡さんの写真展以来、白鳥の流し撮りが流行っている。流し撮りを始めると、なかなか想うように撮れないので、はまり込んでしまうらしい。ツバメが再び現れないか待っている間、手持ちぶさただったので、私もちょっとチャレンジ。

 しかし、流し撮って何を表現したいのか・・・単に「スピード感」なんて答えじゃなくて。そう考えると、下の画像は、単に流し取っているだけだから、まぁ、大目に見ても50点の出来。底の浅い出来。


コハクチョウ  2015年3月20日 長野県 安曇野市


3月18日 春だ!その3

ヒオドシチョウ  2015年3月18日 長野県 安曇野市

 むむむ・・・と思ったが、HPビルダーのV19を買った。Win の悪口を言っていても問題は解決しないから。13,000円ほど使ってしまった。HPの維持は金がかかります、ふ〜・・・。
 コマーシャル付きのブログならただだよと言われもしたが、私は自分の薦められない商品のコマーシャルが横に張り付いているなんて、気持ち悪いから、ただブログは使いたくない。

 HPビルダーってソースネクストの製品じゃなかったっけ?いつからジャストシステムに替わったんだろう。世の中変わりますね。関心を持っていないと、付いていけません。ジャストは一太郎が好きで使っている他は一切関わりなし。今回もユーザー登録はしない。するとあれこれうるさいメールが来るから。ついでにYahooのツーバーのインストールも蹴っ飛ばす。あじゃこじゃツーバーだらけでうるさいのは嫌だから。

 早速 V19 で雑記帳を書く。使い慣れたV5以来のスタイルが継続されているので、ちょっと惑うところはあったが、無難に進んでます。クラシックスタイルを維持してくれたジャストシステムに、ちょっと感謝。

 昨日は、たくさんのテングチョウが飛んでいたのに、今日は1匹も見つけられず。スジボソヤマキチョウにも出会わず。曇りで太陽が出ていないからなのだろうか。代わりにヒオドシチョウとルリシジミと出会った。越冬明けのヒオドシはぼろぼろで可哀想。

 チョウおたくになったのではありませんが、春先は目に付いてしまい、撮影したくなります。そうそう、ツバメはまだ現れませんでした。気がもめます。


ヒレンジャク ♂成鳥  2015年3月18日 長野県 安曇野市

 今日はヒレンジャクをほぼ横から撮ることが出来た。ラッキーだったが、もちょっとすっきりした場所へ移動してくれないかと待っていたら、もっとごちゃごちゃに小枝が入り組んだ樹上へ行ってしまった。残念ながら、今日も記念撮影止まり。


ヒレンジャク ♂の頭部  2015年3月18日 長野県 安曇野市

 昨日と角度が違うので、少し見づらいが、ヒレンジャクの過眼線は冠羽まで達し、冠羽の下部まで黒い。キレンジャクの過眼線は冠羽まで達しない。これがはっきりした違いで、後はよく似た顔つきをしている。


キレンジャク ♂の頭部  2015年3月17日 長野県 安曇野市

 ともあれ、今日撮影に応じてくれた鳥はこのヒレンジャク君だけだった。ミヤマホオジロがまだいるが、相変わらず警戒心が強くて近寄らしてもらえず、またまた悔しい思いで見送った。

 なんとかV19をこなした。まずは上々と自画自賛。早くトップの画像を春らしいのに替えたいのだが、早くツバメが来ないかしら。


3月17日 春だ!その2

スジボソヤマキチョウ ♂  2015年3月17日 長野県 安曇野市

 Win 8.1 は本当に面倒くさい。HPビルダーのV11は動かず、仕方がないのでV9で作成していたが、ついに「HTMLエディターは動作を停止しました」になる。これV11と同じ。Winのファイアウォールで除外対象にしても、その先進まず。仕方がないので・・・そもそもHPビルダーの古いバージョンなどを使う方が悪いことは重々承知・・・またまた2時間かけて、ネットに接続し、ノートンを最新にして、サイトから Vista へダウンロードして、昔へ逆戻り。

 まぁ、愚痴はこのくらいで・・・続けようものなら、際限なくなるから。

 さて、今日は更に気温が上がり、道路横の例の標示板は22度を示していた。昨日後回しにしたスジボソヤマキチョウの後を追って、雑木林の中でごそごそ。汗がにじむ。久しぶりに暑いと感じた。

 スジボソは、冬眠からさめたばかりだけではないだろうが、へろへろと飛ぶ。時には枯れ草の間にはまり込んだり、地面に落ちたりしながら。手づかみ出来そうな頼りない飛び方なのだが、撮影となるとひと苦労。すっきりくっきの場所に止まってくれないから。しかも、止まると翅を閉じてしまうので、雌雄の別が判らなくなる。

 上は、雌を追いかけていた雄が、枯れ草の間に降りた(落ちた?)雌に、交尾を迫って、覆い被さったところ。馬乗り?状態。この前後の翅の色で、スジボソヤマキチョウの雄だと識別出来る。


交尾中のスジボソヤマキチョウ 上♀ 下♂  2015年3月17日 長野県 安曇野市

 馬乗り?雄君、上手いこと雌に受けいれられ、めでたく交尾成功。早春からご苦労様なことで。交尾状態で飛行を始める。単独の時よりもっとへろへろ。それでも飛んでいるところは撮影が難しく、全部ブレブレ画像でゴミ箱行き。ノイバラにひっかりながら止まるまでついて回り・・・鳥以外でも凝り性は止まりません・・・撮影。下はちょっと凝って逆光で。

 7DUの嫌いなところは、担いで歩いているうちにサブダイヤルが回ってしまい、絞り値が設定より浅くなっていること。私の担ぎ方にも問題があるかも知れないが。上は f10なので2匹ともピントが合っているが、下は f値のチェックを怠ったので f5だった。それで、雄はピントが合っていない。もちろん100−400mmの練習。

 今日撮れなかった蝶は、テングチョウとモンキチョウ。春ですね、蝶がたくさん飛び始めた。鳥さんもこんくらい現れて欲しいものだ。期待のツバメは見当たらず。初認は明日になるか。強い南風が吹くと、松本平へ確実に入って来るのだが。


交尾中のスジボソヤマキチョウ 上♀ 下♂  2015年3月17日 長野県 安曇野市

ヒレンジャク ♂  2015年3月17日 長野県 安曇野市

 同じ雑木林に、約束通り、と言うか、昨春同様にレンジャクが来た。彼らの目的は林床にあるヤブランの実を食べること。大食いのレンジャクは、とうにヤドリギの実など食べ尽くし、りんご園の廃棄リンゴも食い漁り・・・この時期、私のフィールドへはヤブランの実を食べに現れる。ヤブランを食い尽くす頃、タチヤナギの新芽が頃よく芽吹き、ヤブランの次は柳の芽をむさぼる。

 雑木林での撮影の困る点は、周囲がごちゃごちゃな環境であることと、高い樹上に止まっているため、いつも見上げてお腹側からしか撮れないこと。そんでも、久しぶりのキレンジャクだったから、ちょっと力が入った。

 レンジャクは常用の1Dx と600mmで撮影。正直7DUの画像では頭部のアップまでのトレミング出来ない。上のヒレンジャクとほぼ同じ大きさに撮れているキレンジャクをトレミングしたのが、下の3コマ。頭部の画像はピクセル等倍。感度が3200だったので粒子は粗い。

 庭の梅はいきなり11輪咲いた。寒い松本平にも春が巡ってきた。やっと、春だ!と叫べる。


キレンジャク ♂  2015年3月17日 長野県 安曇野市

キレンジャク ♂の頭部  2015年3月17日 長野県 安曇野市

キレンジャク ♂  2015年3月17日 長野県 安曇野市


3月16日 春だ!

ミツバチ  2015年3月16日 長野県 安曇野市

 不意に暖かさがあふれ、庭の梅が一輪咲いた。春が遅い松本平にもやっと春らしい春が、南風に乗って来たらしい。国道沿いの気温標示板をちらり横目で見る。18℃と告げていた。信じられない暖かさと思いながら通り過ぎる。
 
 ツバメが飛んでいないかとフィールド内できょろきょろ。ツバメはまだでしたが、スジボソヤマキチョウとキタテハが飛んでいました。オオイニヌノフグリが満開の斜面ではたくさんのミツバチが。スジボソには逃げられたので、証拠写真は明日に回し、ミツバチを撮ってみる。

 ミツバチの画像は大きくトレミングしています。キタテハはトレミングなしです。2枚とも、7DUに100−400を付けて(640mm相当)、1mほどの距離で撮影しました。いやはや、このくらい撮れるならマクロレンズ代わりに十分なります。トンボシーズンが楽しみ。
 
 

キタテハ  2015年3月16日 長野県 安曇野市

オオジュリン  2015年3月16日 長野県 安曇野市

 今日はオオジュリン4羽に会えた。渡り途中の個体が葦原で休憩しているのだろう。昨春の初認は4月1日だったから、今年は少し早めの到着である。越冬しなくなったので、渡り個体が現れるのを、それこそ首を長くして待っていた。この葦原を忘れずに立ち寄ってくれる律儀さに感謝。たった4羽でも嬉しい出会い。

 チョウが飛び、オオジュリンが来た。春だ!と、一人納得の午後でした。さぁ、次はツバメが早いかイワツバメが先か。そろそろフィールド内にレンジャクの群れが入る・・・忙しくなりそう。



3月15日 写真展の案内
キャノンギャラリーS
    (キャノンSタワー1F)
 東京都港区港南 2-16-6
 
 JR品川駅港南口より徒歩8分
 京急品川駅より徒歩10分

 3月27日〜5月11日
 10時〜17時30分
 祝日・5月2日休館・入場無料

 想うように写真が撮れず、所用も生まれ・・・ふてくされ気味のところへ楽しい案内はがきが来た。私の大好きな写真家の写真展である。また、一飯の恩義もあるので、ご案内いたします。
 楽しい、優しいまなざしの動物写真92点と4Kムービーの写真展です。
 
 エゾフクロウの撮影をしていた林で、入れ立てコーヒーをご馳走していただいた。あのコーヒーの暖かさと味は、今もしっかり記憶している。福田さんとは、そのとき一度お会いしただけである。もう私のことなど記憶にないと想う。でも、一杯のコーヒーの想い出がある。

 福田さんは、TBSの「情熱大陸」他、テレビで紹介されたり、写真雑誌でも作品を発表しているので、ご存じの方もいらっしゃると思います。

 福田さんの狙いは「動物たちの幸せな表情」。写真は撮影者の人柄を伺わせます。動物を撮影する優しい眼差しから生まれる、ほほえましい作品が会場いっぱいに並ぶと思います。案内はがきの写真は「うさぎじまのうさちゃん」という絵本に使われている写真です。

  詳しくは 福田さんのサイト「 Top Out Images 」をご覧ください。



3月13日 ベニマシコ

ベニマシコ ♂  2015年3月13日 長野県 安曇野市

ベニマシコ ♂ の団体  2015年3月13日 

 雑木林に、まだミヤマホオジロが6羽ほどいる。もう少し春らしい日和になれば、雄が歌い出すだろうが。今日も地上の草の中で食べ物を探していたから、見つけても撮影ままならず。恥ずかしい画像しか撮れなかったので、現場で即ゴミ箱行き。

 やれやれ、ミヤマの越冬グループにひと冬振られ続けたと思いながら、ちらちら見えるミヤマを片目に、不承不承引き上げることに。まだチャンスはあるだろう。たかがミヤマホオジロだが、撮れないと悔しくてならない。

 帰り始めたら、ベニマシコがばらばらと飛んだ。最近ベニマシコはノイバラの茂みにいることが多い。葉も実もすべてなくなったノイバラの茂みだが、その中にいればノスリやモズなどの攻撃から身が守れるし、芽吹き前の新芽を食料にできる。ただ、人間や車が近づくと、こらえきれずに飛んで逃げる。鳴かず飛ばずを決め込めば、人間は見つけられないのに。

 枝先の1羽が目に入り、撮影を始めたら、なんと下の方に雄ばかりぞろぞろいるではないか。画像は4羽だが取りあえず7羽まで数えられた。

 これまでこの団体は見かけなかったから、渡り途中の群れなのだろう。しかし、7羽いて全部雄というのも珍しい。ともかく記念撮影。
 下の3羽は、まだバフ色の冬羽が雨覆に残るが、頭部はほぼ夏羽に換わった成鳥雄、上の1羽は、第1回夏羽へ換羽が始まったばかりの若い雄個体。

 少し先へ飛んで逃げた1羽がもしかすると雌かもと思いそろりと近づく。遠くからは全身バフ色に見えたから。しかし、目先や腰が赤味を帯び始めていた。まだ小学6年生ほどの男の子とでも言おうか。もし、2週間前に会っていたら、雌と見てしまったろう。見返り美人ならぬ見返り男の子。

 数分間のお付き合いだったが、今日遊んでくれたのはこの団体ベニマだけだった。感謝。それに、私好みの色合いが撮れたから、重ねて感謝。ちょっとだけ退屈が忘れられた。

 

ベニマシコ ♂ 第1回夏羽への換羽が始まったばかり 2015年3月13日 長野県 安曇野市


3月12日 退屈な鳥見

雪の谷川  2015年3月10日 長野県 松本市

 車検をした。いつも思うのだけれど、車検制度って不要な制度じゃないかって。それで食べてる人もいるから、大声では言わないけれど。車検であれこれ指摘される問題より、リコールの方がずっと多いのでは。それに、重量税ってやつも気持ちよくない。持っているだけで毎春課税される自動車税と二重に税を払わされている気分。重量税って暫定措置なのに永久課税と変わらないんだから。ここで、なぞなぞ。
  問  「いつまで経っても減らないものはな〜んだ?」
  答え「国会議員定数と重量税」なんてね。

 日本人ほど日々の天気に一喜一憂する民族はいないかも、と思う。このところは「憂」の日が多い。
 2年続けてアオシギにこけにされた谷川へ行く。今春こそ撮ってやろうと。しかし、雪降りには参りました。3月だ、春だと、数日前は浮かれていたが、冬に逆戻り。出会った鳥は、道路で採食していたカシラダカと雪の谷川を飛んでいたカワガラスだけ。


夏服に着替え中の カシラダカ ♂  2015年3月10日 長野県 松本市

 下は谷筋から松本盆地へ出た場所からの眺望。周りは粉雪が舞っているのに向こうは日が差している。日が当たっているのは松本の市街地。こんな天気じゃトビも飛ばない。
 ちなみに、ここは、強い南風が吹くと土埃が舞い上がる畑作地帯。ちょうど下の画像の雪と雲が赤茶色の土埃に代わった光景になる。そして、毎春ローカル紙の記事になる。以上は10日の鳥見空振り記。


荒れ模様の盆地  2015年3月10日 長野県 松本市

 昨日の車検で、あれこれ注文を付けた箇所が直っているか、フィールドを周りながら感じてみる。なにせ、オフロードを走るから、あちゃこちゃナットは緩むし、ガタも来る。一番はエンジンから伝わってくる振動。これは静かになったから、よしと・・・。でも、重量税はよしではない。

 コハクチョウはただいま100羽ほど。減りました。今年はなぜか北帰行が早い。オナガガモも7割方消えました、「憂」な天候だけれど、渡り鳥たちは旅だって行く。しかも、早めに。早めの理由は分からない。

 13年の今頃は、暖かかったので、テングチョウが飛び、雑木林でレンジャクが群れていて、フィールド回りが忙しかった。白鳥は400羽ほど残っていた。
 14年の今頃は、10日に小雪が降り、今年同様「憂」な天候が続いて寒かった。白鳥は360羽ほど残っていた。
 
 エナガが巣材を運んでいた。ハシボソガラスも巣材と思える棒きれを運んでいた。これも例年通り。「憂」な天気でも鳥たちは繁殖行動を始めている。久しぶりにクサシギと出会った。寒暖には関係なく、夏服に着替え中。

 伝え聞くところに寄ると、オオジュリンが減少しているらしい。なるほどと言っていいか解らないが、今シーズンは、初冬に数羽が数日河原の葦原に滞在しただけで、その後一切音沙汰なし状態。葦をぱりぱりと割る姿をもうフィールドでは見られないのだろうか。3年前までは越冬していたのに。今日も葦原で20分ほど双眼鏡したが、ホオジロ、シジュウカラ、モズ以外現れなかった。

 オシドリを押さえた例のオオタカの雌に、あれ以来嫌われてしまったらしい。以前は車で30mほどまで近づけたのに、今は150m以上離れた場所で停車しても飛んしまう。まぁ、オオタカに好かれようとは思わないからいいけれど。

 今日も、退屈な鳥見でした。退屈な鳥見が続いています。4、5日以内にツバメが現れるはず。今はツバメの初認が楽しみ。早く暖かくなり、鳥見に忙しくなりたいものです。


夏羽に換羽中のクサシギ  2015年3月12日 長野県 安曇野市


3月9日 普通にややこしい

アメリカヒドリ x ヒドリガモ 交雑種 ♂ まだ換羽中  2015年3月9日 長野県 安曇野市

 このところ連日天候が悪く、出かけても野の鳥さんと巡り会えません。こんなときは、ややこしいカモを探すしかないと、またまた双眼鏡で端からカモを見る。

 6日にはいなかった、普通にややこしいカモ君が1羽、御宝田池にいました。誰が見てもアメリカヒドリとヒドリガモの交雑個体に間違いなしのカモ君です。

 今シーズンも、ヒドリガモが200羽以上飛来しました。しかし、これぞ典型的なと言える個体ばかりでした。雌も丹念に見たけれど、怪しい個体は見つけられずでした。毎シーズン、ヒドリガモの群れの中に1、2羽の交雑個体が入っていますが、今シーズンは1羽も現れずでした。今シーズンは現れないのかと、9割方諦めていました。

 3月は、北へ向かう途中にちょっと立ち寄り、休憩するカモのグループが現れます。ヒドリガモやキンクロハジロ他が増えたり減ったりするのは、ひとグループが現れ、早ければ数日しないうちにまた飛び去るからだと考えます。そんなグループの中にややこしいカモが混じっているのが3月。それを見つけて鳥馬鹿ぶりを発揮するのが3月でした。

 12年は、アメリカヒドリの雄幼鳥が、13年は、キンクロハジロとスズガモの雄交雑個体が、14年に、足環付きの、雄化したオナガガモの雌が現れました。彼らに比べれば、今日の交雑個体は、ややこし君のジャンルに入らないほど、普通にややこしいだけです。でも、ちょっと楽しい午後でした。


アメリカヒドリ x ヒドリガモ 交雑種 ♂ まだ換羽中  2015年3月9日 長野県 安曇野市

 コハクチョウも減りました。移動中の休憩組が入っているはずですが、総数はどんどん減っています。入りより出が多い、誰かさんの財布みたいに。
 御宝田池には、まだ10羽ほどのコハクが残っていますから、下の2羽が最後の2羽ではありません。でも、池の端に2羽だけぽつんとしていると、最後のペアーに見えてきて・・・。周りはまだ枯れ野ですが、季節はしっかり進んで、やがて、最後のペアーも北へ去るでしょう。


ラストペアー  2015年3月9日 長野県 安曇野市


3月6日 ついに?

マガモ ♂ 換羽中  2015年3月6日 長野県 安曇野市

 ついにややこしいカモ?が犀川白鳥湖に現れました。今シーズンはもう諦めかけていたので、ちょっと緊張。こんなカモに夢中になるのは、それこそ鳥おたく、鳥馬鹿なんです。

 さて、この個体は・・・現在普通に、辺りにたくさんいるマガモの雄よりかなり黒っぽく見える。それで一瞬ややこし君かと思い記録写真を撮る。しかし、観れば観るほど、こりゃマガモの雄だ・・・としか言いようがない。ややこしいカモを探していると、換羽中のカモまで怪しく見えて。重症のややこし病です。マガモの雄としては換羽がずいぶん遅い個体です。


マガモ ♂ 換羽中 と 連れ合いのマガモ ♀  2015年3月6日 長野県 安曇野市

マガモ ♂ 換羽中  2015年3月6日 長野県 安曇野市
 
 左上は今日の個体の正面顔。換羽中の個体はときどき上嘴に黒斑があるが、この個体はそれが「A」に見えるから面白い。

 左下は昨年のややこし君(下のD)。同じように黒斑がある。しかも「A」に見える。それも今日の混乱の一因です。モニターで拡大してみると、黒斑は全く同じではない。

 1年前には、犀川白鳥湖の同じ場所で下のようなややこしいカモのカップルがいた。今年も来ないかと期待しているが、いまのところ音沙汰なし。期待が大きいあまり、換羽中のマガモまでややこしガモに見えてしまった。

 (下のカモ達は、雑記帳の過去ログ14年3月24日に詳しいです。お暇でしたらご覧ください)

 ところで、これを書きながら、昨年のDも換羽中の個体ではないかと思い当たった。昨年は黒変個体?なんて考えて、雑記に書いてしまったが、それは間違いで、もしかすると、今年の個体とDは同一個体ではないか・・・。つまり、Dが換羽中個体のとして、換羽が進むと今日の個体のような頭部の色になるのではないか。

 換羽が遅いこと、しっかりマガモの雌とペアーになっていること、ピンポイントと言える同一の場所で行動していること、いろいろ推測してみる。結論は出せそうもないが、楽しい課題をもらえたことは確か。同一個体か否か、また宿題が積み上がる。

  

ややこしガモ  2014年3月24日  下のD

白鳥湖のややこしいかも達  2014年3月24日 長野県 安曇野市
 上の画像の登場人物(カモ)の紹介です。

  @ カルガモ♀ マルガモA が執着しているが、まるでその気なし
  A マルガモ♂ (通称カルガモ村のマルガモ)マガモ x カルガモの交雑個体
  B マガモ♂ 比較用 ごく普通のマガモ♂
  C マガモ♀ ややこし君D の連れ合い
  D ややこし君 マガモ♂ 体色が異常な個体(換羽中?)



3月5日 写真展へ行く
 白鳥写真展へ行った。安曇野の犀川白鳥湖で撮影している蔡さんの2回目の個展。

 今回は流し撮り、ズーミングなどのテクを使った作品が中心。この辺り、というか、松本平ではかなり斬新な作品である。であるから、失礼ながら、なんだか解らないと思いながら見た方もいるだろう。
 
 流し撮りもズーミングも特に新しい手法ではない。しかし、鳥関係の写真展で、この手法の作品がまとめて40枚もどっさりと展示されるのは珍しい。作者の努力と根性のたまものだろう。

 ところで、作品を観るときには、写真はかくあるべきなんて思いこみや自分の撮影スタイル、あるいは経験など、心にまとわりつく衣を何枚か脱いでから作品と向かい合った方がいい。でないと、作者の思いにたどり着けないだろうから。作品が好みに合うか、合わないかは、それからの問題である。

 一見の価値ある写真展だと私は思う。

 会場で、失礼ながら、問われるままに、作者を差し置いてお客様にあれこれ解説などしてしまった。
 作品の撮影方法、たとえばシャッタースピードはどれくらいかなどという質問をする方は、だいたいカメラマンさん。この色がいいとか、この色合いはどうやって出したのか・・・なんて難しい質問は絵描きさん。会場を一回りして、す〜ッと出て行くのは、衣が脱げない硬い方。

 たまには写真展をじっくり観るのもいいものだ。

  

宇宙(そら)を行く舟  2015年3月5日 長野県 安曇野市

 またまた迷画です。写真展を観てから15時過ぎに白鳥湖へ行ったので、今日も鳥さん写真は撮れず。しかし、早く新しいレンズに慣れたいので、周囲を見回してネタ探し。私は、開発者が意図しないような被写体を撮るのが好きな、困ったカメラマンである。

 探せば写真のネタはいくらでも周りに潜んでいる。探し出せるか否かは心次第。折良く傾いた日射しが水面に反射して、その燦めきは、まさにミルキーウエイ。

 『渦巻く混沌の狭間に輝く星々。星くずの中を流されまいと逆らいながら小舟が行く。その舟はどこに浮かんでいるのか、どこへ行こうとしているのか・・・。宇宙(そら)は燦めきの陰に悲しみが流れているところ。舟よ、その悲しみを越えて行け』


宇宙(そら)舟  2015年3月5日 長野県 安曇野市


3月2日 雑種ガモ

春の雪  2015年3月2日 長野県 松本市

 春の淡雪にしてはちっと多い雪が降りました。見慣れた山も白粉たっぷりの厚化粧。しかし、3月の太陽は強くなっている。午後には平野部の雪は大方消えてしまった。

 春が来たので、久しぶりに雑種ガモのチェックに行った。今日は超鳥馬鹿お宅の話なのでつまらないかも・・・です。

 何羽の雑種ガモが生き延びているだろうか。この冬、ものすごく寒い日は少なかった。諏訪湖の御神渡りも出来なかったほどだから。千鹿頭池も長期の結氷を免れたので、雑種ガモの生存率は高いはず。
 
 結果を先に書くと12羽の雑種ガモを確認できた。よくぞ生き延びたと思う。この夏もまた雑種ガモのチェックを続けなければ。雑種ガモの素性が判る人間は私だけのようだから。雑種ガモに興味を持っているのも私だけのようだから。

  

雑種ガモのつがい 手前「しろちゃん」 奥「五人組三郎(ガード君)」  2015年3月2日 長野県 松本市

 なんと言っても、この池のヒロインは「しろちゃん」。まずは「しろちゃん」捜し。いました、連れ合いの「三郎」共々健在でした。

 2羽は兄弟姉妹関係で、2009年7月25日生まれ。これまで4回繁殖をして23羽の雛を孵している。この池最古参の雑種ガモ。2羽を含めて、生まれた10羽の兄弟姉妹のうち、現在まで生存している雑種ガモは4羽である。この4羽が池の主導権を持っている。

 オシドリは毎年配偶者を替えると言われている。それで、なんとなくカモは配偶者を替えると思いがちだが、「しろちゃん」と「三郎」は2010年以降ずっとつがいを形成し続けている。


雑種ガモのつがい 前「ココア」 後「五人組四郎」  2015年3月2日 長野県 松本市

 一方、「しろちゃん」より3年後に生まれた頭部が黒っぽい雑種ガモの「コーヒー」と「ココア」も健在。この2羽は雌と判明している。だが、交尾はしたが産卵に至っていない。不幸は、2羽の配偶者が2羽とも「不明」になってしまったことである。不明とは「死亡した」と同義である。

 新たに、「コーヒー」は「五人組二郎」と「ココア」は「五人組四郎」とつがいを形成した。今日はそう見えた。この組み合わせで雛が誕生するとよいのだが。2013年以降、雛を孵したのは「しろちゃん」と「三郎」のカップルだけだから。


2013年生まれの白ちゃんの子供 奥左右「バター」 奥右「コーラ」 手前「白太郎」

 2013年に「しろちゃん」は6羽の雛をが孵した。現在3羽が生存している。そろそろ「色気づいて」もいい頃なのだが、3羽にその気配はまだなかった。兄弟仲良く「るんるんるん」状態。この夏の繁殖は期待薄。

 2014年は10羽の雛が孵り、白い個体が5羽も誕生した。一時は白いカモの総数が7羽になり、個体識別が困難になりそうだと不安だった。しかし、悲しいことに14年生まれの5羽全部が「不明」になってしまった。10羽生まれた雛で、今日生存を確認できたのは2羽だけ。自然界は厳しいと、またもや確認させられる。

 結局、白い雑種ガモは「しろちゃん」と「バター」の2羽だけになってしまった。2007年に雑種ガモが生まれて以来、雛を孵したのは「しろちゃん」とその親鳥「A子」だけである。「A子」はすでに「不明」なので、「しろちゃん」が雛を孵さなければ、あるいは他の雑種ガモが繁殖しなければ、千鹿頭池の雑種ガモは消滅してしまうだろう。

 最後に、背骨が湾曲した「人面魚」君も無事に生存していた。長らく見慣れた鯉なので、姿が見えないとなんとなく心配になる。元気そうでなにより。



3月1日 雨のち雪

あけび  2015年3月1日

 雨です。4、5月なら、雨の中でもさえずる鳥がいるから、ほいほい出かけるのですが、牡丹雪なら傘をさしてでも白鳥の撮影をするのですが、3月の雨はどうしようもない。

 あけびも雪なら外で走り回るが、雨だとさすがに出かけない。それはいいけれど、人間同様猫だって退屈する。おとなしく寝ていればいいが、あれこれ悪さを始める。ご機嫌取りにかわいい猫なで声を出しながら、キーボードの上を歩き、机上のボールペンを転がし、尾で私の顔をなで・・・。

 しかし、30分も遊び回ると、お気にの場所で休憩に入る。あけびただいま1歳半ほど。

 上は電球下で、ホワイトバランス太陽光で撮影。下は同じ状況下でホワイトバランスをオートに。要は、いろいろ考えずに、オートにすれば上手く撮れるということ。

 下は 640mm 相当で、最短距離0.98m で撮影した画像。もちろんノートリ。手持ち撮影の難しさは、手ぶれ対応。手ぶれ補正機構(IS)が付いているので、左右上下のブレには強いが、被写体に対して前後のブレへの対応は若干緩い気がする。あくまで個人の感想。
 下は ISO800 f7.1/13。ホワイトバランスはオート。

 16時頃から雨が雪に変わった。あけびは大喜びで外へ出て行った。犬を飼った覚えはない。私の部屋にこたつがないのが悪いのか、それともアケビが犬猫なのか・・・とにかく、ややこしい猫。元気だからいいけれど。


2月 ホームヘ 4月