私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


3月 ホームヘ 5月

4月30日 手強いやつ

ヤブサメ ♂   2015年4月30日  長野県 安曇野市

ヒガラ   2015年4月30日  長野県 安曇野市

 ヤブサメは手強いやつ。上の画像、雄と言い切れるのは、囀っていたから。2羽のヤブサメがクマザサの根本を歩き回り、採食していた。つがいだろう。

 何とか撮りたいと、茂ったクマザサの中をのぞき込み、ちらちら見えるヤブサメにピントを合わせようと必死になる。しかし、簾のように林立するクマザサの中を素早く動き回るので、ピント合わせは間に合わず。もちろん、オートフォーカスなんか使えない。

 一瞬、落ちた枯れ枝の上で止まった。チャンス!懸命にピントを合わせる。ピント合わせに集中したので露出を補正する余裕がなかった。結果、写っているけれど・・・の画像になってしまった。使うにはちょっと恥ずかしい画像だが、ヤブサメが撮れたのは10年振りなので、使ってしまおう。また10年撮れないだろうから。ヤブサメに1時間使ってしまった。

 昨日から、ムシクイの勉強を再開した。目的はコメボソムシクイを、まず見ること。次は撮ること。それで、ムシクイのいそうな林道をうろうろ。手強いヤブサメはラッキーなおまけでして。

 センダイムシクイとエゾムシクイはいたが、メボソは声もせず・・・。保育園の幼児達みたいに、大勢でわいわいしていたのはヒガラ、ときたまウグイス、アオジ、コガラ・・・遠くでエゾが鳴いて。

 小さな水場があり、入れ替わり立ち替わり、ヒガラが水を飲んだり浴ていた。昔々の山中湖村の「大洞の水」を思い出す。(この例えが分かる方は、30年物の鳥見人です)

 待っていれば、メボソもやってくるだろうと、コバエが顔の回りでたむろするのを我慢して待つ。
 センダイとメボソはよく似ている。現れたので緊張の一瞬。しかし、頭頂部に白線が・・・ちぇッ、センダイかと、センダイ君には失礼ながら、内心思ってしまう。

 2日間うろうろして、まだメボソをしっかりみていない。やはり、午後だけ鳥見は打率が悪い。早朝なら、盛んに囀っているだろうが。それに、林道が1本進入禁止のまま。昨秋まで入れたのに・・・入り口でぶつぶつ言いながら引き返す。その林道にたくさんメボソがいたのに。

 しばらく、メボソや〜いが続きそう。メボソも手強いやつだ。


 

ヒガラ   2015年4月30日  長野県 安曇野市


4月28日 再挑戦

クロツグミ ♂   2015年4月28日  長野県 岡谷市

クロツグミ ♂   2015年4月28日  長野県 岡谷市

 今日もしだれ桜見物に行った。2時間半の間にコガラが1回止まっただけ。桜に鳥さんはなかなか撮れません。

 昨日いたクロツグミ、たぶん同じ行動をするだろうと構えていたら、予想通り昨日と同じ場所へ降りた。昨日は遠かったが、今日は20mほどまで近づいて来た。片眼で桜を見ながら、クロ君に再挑戦。

 クロ君が現れたところへ、実にタイミングよく、鳥見においでのご夫婦がやって来た。すたすた歩かれては、せっかくのチャンスが飛び去ってしまうので、私の横へ呼んで座ってもらう。

 たぶん鳥撮りを初めて間もない方だろう、20mの距離で歩き回るクロ君をたっぷり撮影し、クロ君が林へ消えたのを潮時に、15分ほどで「成果あった」と喜び、お帰りになった。

 それから待つこと1時間。再びクロ君が現れたので、接近戦を始める。昨日と今日の行動から、かなり近寄れる個体だと、おそらく第1回夏羽個体だと判断していたので。

 後は体力が問題、両膝を地面につき、尻をこすりながら、時にはぺたんこ座り込だりしながら進む。膝で歩くのは腰に来る。

 ほぼ15mの距離を保ち、クロ君の後をついて行く。クロ君、歩き回って、枯れ葉を嘴で掃き散らし、かなり大きなイモムシを数匹食べた。イモムシをくわえている画像はグロなので、今回は使いません。


 30分間ほどクロ君と付き合った所へ、別の鳥撮り人さんが現れる。手で懸命にしゃがむよう合図をし、クロツグミの所在を指差して教えたが、三脚をめいっぱい伸ばした棒立ち姿勢のままで歩き寄って来た。私が這っている意味も、合図も介してくれず。当然クロツグミは飛んでしまい、本日の挑戦はこれで終わりとなった。

 再々挑戦をするか悩むところ。連休中は人出も多いだろうし、連休が明ける頃にはクロ君はいなくなっているだろうし。久しぶりに這い回ったので、腰より背筋が痛くなってしまった。歳を考えて行動しなくては。



クロツグミ ♂   2015年4月28日  長野県 岡谷市

あと30m先にしだれ桜があるのだが

クロツグミ ♂   2015年4月28日  長野県 岡谷市

クロツグミ ♂   2015年4月28日  長野県 岡谷市


4月27日 ちょっとだけ

クロツグミ ♂   2015年4月27日  長野県 岡谷市

 暑かったですね。松本盆地も27度を超えました。まだ春なのに。こんな日は、平地よりちょっとだけでも高いところへ行くと涼しいのでして。それと、信州は平地の桜が終わっても、山を登れば、5月中旬まで各種の桜が楽しめます。

 で、しだれ桜がそろそろ咲く頃かと、ちょっと高い所にあるいつもの公園へ行く。そろそろクロツグミと会わなくてはと。

 しだれ桜は3分咲きほどか。薄桃色の花がたわわに咲く枝に、誰でもいいから止まらないかと待つ。毎春2、3回する恒例鳥見。朝から1日中待てば、数回はチャンスがあるだろうが、今日はチャンスゼロでした。まだちょっと時期尚早の感。

 それでも、クロツグミが1回、遠かったけれどお出まし。お見せできるほどの画像は撮れませんでしたが、クロツグミに向かって、初シャッター。人出がなければ、近くまで来たと思うが、そこは公園だから思うに任せず。

 キビタキ君もお出まし下さったが、ゴチャゴチャな小枝の中。キビタも今春初撮りだし、なかなか男前君だったので、ゴチャゴチャを透かし、枝かぶりを我慢して撮影。しだれ桜に止まってくれたら、顔しか見えなくても、バシャバシャとシャッターを切るのだが。男前君、ギャラリーの期待に応えてくれず。ちょっとだけ顔見世興行をして林へ消えた。
下は透かして撮った画像を大トレミング。
 
 久しぶりの写友数名と出会う。鳥を待つ間の四方山話。撮影はほとんど出来なかったが、ちょっとだけクロツグミと会えたし、四方山話も楽しかったし、たぶん下界より少しは涼しいところで午後を過ごせたし、いい午後でした。

 クロツグミも現れたから、ちょっとだけ鳥密度が上がった。次はトラツグミと会いたいけれど、さてどうなることやら。


 

キビタキ ♂   2015年4月27日  長野県 岡谷市


4月26日 カワガラス

カワガラス   2015年4月26日  長野県 松本市

 毎日いい天気が続いているが、望む鳥さんはなかなか現れない。我が家近くの横断歩道橋にイワツバメのコロニーがある。今日は30羽ほどのイワツバメが歩道橋の周囲を群れ飛んでいた。これだけの数は今春初めて。徐々に夏鳥が増えていると思える。

 しかし、今日も「春だけF」の雑木林は静か。林の横を流れる川にいるカワガラスと、ひらひら飛んでいるチョウを眺めて、午後は終わった。

 上の画像、カワガラスが枯れ葉をくわえて、何事かをしているところ。何がしたいのか、見ながら考えたが解らず。巣材に使うとも思えず、遊んでいるのでもなさそうだし・・・。何度かくわえては振り回し、最後はポイして川へ戻った。

 この間、もう1羽が近くでずっと見守っていた。恐らく枯れ葉をくわえていた個体が雌で、近くで見ていた個体が雄だろうと思えた。すると、やはり雌が巣材を探していたのだろうか。巣材を見つける前に、うるさいシャッター音を嫌って川へ戻ったのかも。おじゃま虫をしてしまったらしい。とにかく、説明できないカワガラスの行動を見てしまった。

 下は、雄だろうと思えた個体。



カワガラス   2015年4月26日  長野県 松本市

カワガラス   2015年4月26日  長野県 松本市

 古い図鑑だと、長野県には、もう少し狭めて松本盆地には、スジグロシロチョウとエゾスジグロシロチョウが分布しているとされている。そこで、下のチョウはどちらかとなる。

 ところが、鳥の分類もそうだが、チョウの分類も検討が加えられて改訂される。エゾスジグロシロチョウ群を検討した結果、北海道石狩川以西・本州・四国・九州に分布しているエゾスジグロは独立種のヤマトスジグロシロチョウという扱いになった。エゾスジグロは北海道の石狩川以東に分布するのみ。

 ということで、松本盆地にはスジグロシロチョウとヤマトスジグロシロチョウが分布するとなった。改めて下のチョウはどちらだろうと考えてしまう。もちろん、現場で解るはずもなく、夜に新しい図鑑を見ながら考えるが、このチョウは表面が見えないと同定が難しい。門外漢はギブアップ。何となくヤマトだろうと思えるので、今日の所はヤマトとしておく。


 

ヤマトスジグロシロチョウ?   2015年4月26日  長野県 松本市


4月25日 不調です

小声で歌う コサメビタキ  2015年4月25日
  長野県 安曇野市
 そろそろ雑記を書かないと、病気にされてしまいそうなので、今日は無理無理撮影して・・・・。

 この春は、夏鳥の渡来が遅れ気味なのか、それとも渡来数が少ないのか、なかなか鳥さんに出会えない。毎春巡るフィールドや山麓などを、3日かけて、ひと通り回ったが、鳥との出会いはとても少なかった。未だにクロツグミ、トラツグミと出会えず。出会いが少ないと、撮影もままならず、不調です。

 そろそろ、コマドリやルリビタキが現れてもいい頃だが、などと考えながら、今日は谷川へ。


 オオルリの雄は4、5羽いた。そろそろ縄張りを確保したいのか、ときどきさえずる。まだマヒワがうろうろしていて、思い出したように「焼酎一杯ぐぃー」とセンダイムシクイがひと声ふた声。コサメビタキは2羽だけ見かけた。キビタキは現れず。出ずっぱりの鳥はキセキレイとヒヨドリだけ。

 暇なので、キセキレイと遊んでしまった。踊る渓流の上を飛ぶ姿を撮ろうと、しばらく粘ったが、想うように飛んでもらえず。1回だけ、羽虫をキャッチした瞬間が撮れた。開いた嘴の先に羽虫が飛んでいるはずだったが、シャッターを切るのが0.1秒ほど(?)遅れたので、撮れた画像はしっかり羽虫をくわえた後だった。

 まだ夏鳥が少ないのは、単に渡来が遅れているだけと信じたい。

 今日写友から聞いた所によると、白鳥の目の異常の原因は、まだ確定ではないが、やはり寄生虫らしい。「ヒルのような生物」と19日に書いた「生物」は、ヒルの一種で、鼻孔から侵入して寄生するらしい。長年持ち越している宿題ひとつを解いてもらえそう。


さえずる キセキレイ ♂  2015年4月25日  長野県 安曇野市

虫を捕らえた瞬間 キセキレイ ♂  2015年4月25日  長野県 安曇野市


4月21日 谷川で

カワガラス   2015年4月21日  長野県 安曇野市

 松本盆地の平野部は晴れていたが、北アルプス山麓は重い雲の下、空気が冷たい。そのためか鳥たちはあまり活動せず。ミソサザイのさえずりもとぎれとぎれ。ヤマガラやヒガラもさえずらず、地鳴き声ばかり。オオルリがちょっとだけぐぜる

 第一目的はカワガラスの動向。まずは、いるかいないかのチェックから。もち、繁殖活動中と信じていたが。

 ラッキーにも現場に着いたとたんにカワガスが現れ、潜水を繰り返した。昨日の大雨と雪解け水が合わさり谷川の水量はいつもの倍以上。それでも流されずに潜水を繰り返す。たいした泳力です。

 しっかり水生昆虫をゲット。下流へ飛んで行った。食べてしまわず、運んで行ったから、孵化した雛がいるのだろう。この4月は雨が多く、川は増水状態のまま、巣が流されてしまわなければいいがと案じていた。どうやら無事のようで、なにより。

 飛び去った方向から、今春も近寄り難い崖で営巣したようだ。ザイルを使ってのぞきに行く勇気も体力ももう無いから、巣立ち雛が川を上ってくるのを待つとしよう。

 オオルリは6羽を確認出来た。毎度のことだが、一番綺麗な男の子は一番遠くにいて・・・。まぁ、オオルリはたくさんいるから、いずれ綺麗な個体も撮れるでしょう。



蛾?を食べる オオルリ ♂   2015年4月21日  長野県 安曇野市

ちょっと ぐぜる オオルリ ♂   2015年4月21日  長野県 安曇野市


4月19日 今日は雨降り

ノビタキ ♀   2015年4月19日  長野県 安曇野市

 あいにくの雨降り、それでも出かける。最近フィールドのチェックをしてなかったので。渡り途中のノビタキ3羽が雨に濡れていた。頻繁に身震いをして滴を振り落としていた。びしょ濡れで、お気の毒。近年の春雨は、しとしと降りをやめて、土砂降りで落ちてくるから始末が悪い。

 他には、20羽ほどのツグミの団体が入っていた。今回は普通のツグミだけで変わり種は混じっていなかった。そうそうハチジョウツグミは現れないのが現実。でも、期待して1羽ずつ真剣に見てしまう。

 雨が降ると増水するので、河原の中州が狭まる。すると普段は中州にいるコチドリやイカルチドリが犀川の横にあるくさ原などへ避難して来る。ツグミの群れとコチドリが、同じくさ原のタンポポの間を歩き回り、採食していた。この時期ならではの光景。

 以前はフィールド内でコチドリが繁殖したが、この2、3年繁殖が確認出来ない。4月中旬には10羽ほどのコチドリがいるのだが、徐々に減って、やがていなくなる。環境は洪水のたびに変化しているが、繁殖に不適なほど悪化していないと思うのは、人間の思い過ごしなのか。

 3月20日に見つけたマルガモ(マガモとカルガモの雑種)がまだ御宝田池に残っていた。可哀想に連れ合いが見つけられなかったらしく、雄ばかり数羽のマガモに混じって浮かんでいた。

 安曇野には、まだキンクロハジロが80羽ほど、ヒドリガモが100羽ほど残っている。いい加減に繁殖地へ向かったらとお節介を焼きたくなる。それに、じゅう分飛べるのに、帰ろうとしないオオハクチョウの幼鳥が1羽いる。今から北へ向かっても、たぶん途中で事故死する確率が高いから、このまま白鳥湖に残った方がいいと思ってしまう。

 

マルガモ   2015年4月19日  長野県 安曇野市

オオハクチョウ 幼鳥   2015年4月19日  長野県 安曇野市

 下は眼に異常のあるコハクチョウ。かって何度か雑記帳にも書いたが、結局、この状態がなんなのか判らず、ずっと解決できない問題として残っている。

 最近、日本白鳥の会の例会で話題になり、ようやくこの問題にも日が当たり始めた。安曇野では時々見かけるこの現象を、他の地区でも確認出来たから、話題になったとのこと。

 今日、傷病白鳥の世話している白鳥の会の会員さんから新しい話を聞いた。傷病白鳥の「ぴ〜ちゃん」が時々この状態になる。今回はこの状態の眼から落下物があり、それが地上だったので採集出来たとのこと。なんとその落下物は「ヒルのような生物だった」ので、白鳥の面倒を見てくださる獣医さんへ持ち込んであるとのこと。

 まだ、何も確定していないが、この異常な状態は「寄生虫?」の仕業で起こるのではないかという仮説が考えられる。謎解きが、一歩進んだなら嬉しいが。




4月18日 続いて夏鳥至

オオルリ ♂   2015年4月18日  長野県 松本市
キレンジャク ♂   2015年4月17日  長野県 松本市
 13時半頃、ちらりとコサメビタキを見たが、それっきり。今日は強い南風が吹き込んで、雑木林はざわめき続けていた。羽虫は低いところへ降りてしまい、それを追ってレンジャクも目線の高さまで降りて来た。レンジャクがいると黄色い尾がいないか双眼鏡を握りしめる。今日も30羽ほどの群れに1羽、たぶん昨日と同じ個体だろう、混じっていた。

 昨日のオオルリは移動したらしく、見つけられず。せっかくレンジャクが低いところにいるのに。そもそも、2種が並ぶなんて起こり得ないことかも。

 それから、コサメビタキを待つこと2時間。証拠写真を撮らねば、話が進まない。盛りを過ぎ、散り始めた桜の横で鳥を待つ。メジロの団体が通過した。大騒ぎしながら、桜の花に顔をつっこんで蜜を吸う。桜メジロも撮ったが、いまいち決まらず。

 メジロが通り過ぎ、思い出したように「ホーホケキョ」・・・ウグイスもちゃんと歌えるようになった。

 15時半ころ、桜に青い鳥が。れッ?オオルリは消えたはず、と見ていると、もう1羽綺麗な成鳥雄が現れた。昨日と同一の個体か識別できないので、想像でしかないが、2羽は今日の15時過ぎに、この林へ着いたのだろう。

 「春だけF」では、じっとしていると、特に風の強い日は、オオルリが目の前まで来て、羽虫を探す。時には焦点距離の内、つまり6m以内まで来たりする。近過ぎて撮れないことも。桜やヤマブキのつぼみとコラボ出来たらいいのだが、そんなチャンスは年に1、2回しか訪れない。結局、上のような、毎春撮っている画像になってしまう。もちろんトレミングなし。

 せっかくオオルリが現れたのに、レンジャクは何処かへ行ってしまい、「夢は夢」が今日もまた。

 15時49分。やっとコサメビタキが現れる。16時には帰る予定だったので、最後の最後でコサメと出会えた。

 オオルリに続き夏鳥至(きたる)。次はキビタキなのだが。キビタは、今までのデータから、たぶん4、5日後になるだろう。

 4、5日の間に、山の中の「スポット鳥見場所」へ行くか、「谷川F」へ行くか迷うところ。夏鳥が次々に現れるから、忙しくなる。


コサメビタキ   2015年4月17日  長野県 松本市


4月17日 ラッキーひとつ


オオルリ ♂   2015年4月17日  長野県 松本市

 雨が通り過ぎ、空は晴れたが、冷たい北風が吹きぬける午後になった。始めに行った山間は鳥が全ったくいなかった。昨年はコサメビタキなどいたが。

 仕方がないので、30分かけて「春だけF」へ回る。そこも、時折りウグイスが「ホケッ、キョ」とつぶやくだけで、レンジャクも姿を見せず。ハシブトガラスが数羽で争っていただけ。

 昨日の標準木にしているヤマブキは、まだつぼみのまま。しかし、少し離れた日当たり良好な場所のヤマブキはちらほら咲き始めていた。




 咲いたヤマブキに促され、雑木林の中をうろうろ。もしかして、ヤマブキが咲き始めたから・・・。

 立ち木やブッシュを透かし目を凝らす。右見て、左見て、前を見て、少し前進・・・を繰り返す。

 今日は勘が冴えていた。この辺りにいそうと思ったごちゃごちゃなブッシュの中に、鮮やかな青い固まりが。ラッキーひとつ拾いました。2、3日待たずに初オオルリを発見。とても男前の、綺麗な雄でした。

 オオルリは地上1、2mの高さを飛び回っていた。風が冷たく、気温も上がらなかったので、羽虫の居所が悪く、つまり食料が地上と、1、2mの高さ付近に集っていたので、オオルリ君はその高さから出ず。少しは春のいる場所へ行って欲しかったが、無視された。

 桜も咲いているし、ヤナギの若芽は高い樹上を新緑に染めているのに。でも、枝かぶりのもやもや画像になるのを我慢すれば、目線の高さで撮れるから、ありがたや、ありがたや・・・としよう。

 風が止み、気温が上昇すると、羽虫たちは、日当たり良好な、高い樹冠付近に集中するから、オオルリは見上げる高さへ行ってしまう。これ「春だけF」のいつもの悩み。明日は、桜に止まれと願いながら待つとしよう。それに、コサメビタキも入ってくるだろうから。



4月16日 まだレンジャク

ヒレンジャク ♂   2015年4月16日  長野県 松本市

ヒレンジャク ♂   2015年4月16日  長野県 松本市
  
 3日間も雨に降られ、家で燻っていると、足の裏がむずむずしてきます。

 与那国はコマミジロタヒバリが出たくらいで、ライファーには退屈な日々が続いていると風の便り。またいつの日にか「どなんはいつも風の中」の続きを書くべく飛行機に乗りましょう。

 関西ではオオルリ、キビタキが入ったとメールが。それでは、我がフィールドにもそろそろかと出かける。昨年は16日にオオルリが来た。初オオルリの確認は「春だけフィールド」と呼んでいる雑木林から始める。




 まだヤマブキはつぼみ状態。オオルリ、キビタキ到来にはほんの少し時期尚早。花が開く頃に夏鳥は到着する。今日の気温は22度にもなり暖かかった。南風も吹いた・・・とすれは、この2、3日の内に花は開花し、夏鳥も着くだろう。

 まだレンジャクが60羽ほど「春だけF」にいる。これ例年通り。世間では、レンジャクの撮影は冬期に集中する。でも、私はレンジャクとオオルリが並ばないかと、キビタキでもいい、コサメビタキでもと毎春うろうろ。花咲く桜の枝に止まっている姿もいいと、今日もうろうろ。

 そして、春らしくない舞台のレンジャクを、また、今日も撮る。私は、まだレンジャクを撮っています。

                                                                                                                                        

キレンジャク ♂   2015年4月16日  長野県 松本市

 キレンジャクも1羽混じっていた。4月4日に「春だけF」をチェックしたときにも1羽混じっていたから、同じレンジャクの群れがずっと逗留していると考えられる。

 もっと想像をたくましくすると、松本平で越冬した群れのある部分がここを最後の逗留場所にしている。3月17日に安曇野市のフィールドで、キレンジャクが1羽混じった群れをチェック、キレンジャクを撮影した。あの群れが、ここで逗留していると考えられる・・・想像は自由です。証明するのは至難の業ですが、あながち想像は外れていないと思います。
 レンジャクの群れは、毎春、5月に入る頃までいます。

 今時のレンジャクは、ヤナギの花を食べたり、花や若葉に付く虫を食べる。また、飛び交う羽虫をフライングキャッチして食べたりしている。つまり、独特のチリチリチリ・・・の声を聞いたら、ヤナギを見上げればいいのです。


 

ヤナギの花を食べる ヒレンジャク   2015年4月16日  長野県 松本市

イスカ ♂   2015年4月16日  長野県 松本市

 レンジャクを見ていたら、やけに赤い鳥が現れた。ハッとする前に、イスカ!とレンズを向ける。「春だけF」でイスカと会ったのは初めて。たぶん雌と思える個体も1羽いたから、つがいで渡りの途中だろうか。それとも、近くの山で越夏するのだろうか。昨年の5月にさほど遠くない松林で数羽のイスカを見ているから、もしかすると北アルプスの山麓で越夏していたり、繁殖しているかもしれない。

 目の前へ来たヒヨドリが何かをくわえていると見えた。昆虫の脚だろうかとレンズを向けたら、ドキリ。上嘴がない、下嘴も折れてしまいそう。何かの脚と見えたのはどうやら乾燥して固まってしまった舌らしい。これでも食べられるだろうが、不便だよね。何かに衝突でもして、嘴が折れてしまったのだろうか。凄い物を見てしまったとまとめるには、何とも鮮烈な出会いでした。


 

ヒヨドリ  2015年4月16日  長野県 松本市


4月11日 白いややこし君

 3日間、このややこしい白い鳥さんと付き合った。見事に真っ白で上面下面とも純白。嘴は先端がグレーで最先端は黒い。虹彩はまだ確認できていない。これだけ白ければ、白変というよりアルビノでいいだろう。

 1日目、初めの画像のように、約900m彼方で飛ぶ姿を撮影したり、双眼鏡したりしたが、正体不明。プロミナが欲しくなる。たくさん撮影したが、使えない代物ばかり。飛び方、頭部の形、行動などから猛禽類には違いないと判断したが、そこまでで、限界。

 2日目、同じく約900m離れた場所から行動範囲を確認。夕方接近を試みるが、山腹の込み入った雑木林の木々に遮られ見られず。一瞬、上空を飛んだ姿を見たが、鳥種は特定できず。

 3日目、おおよその行動範囲がつかめたので、昨日と同じポイントにいる写友に協力依頼。飛んだ先を携帯で連絡してもらう。

 たぶん来ると推測した谷筋へ入る。高い位置から見下ろして撮ろうと山道を登る。途中携帯がつながらず、困った事態。ドコモさん、まだ電波が届かない場所がありますよ!ってね。

 今日はたぶん憑きがあった。谷筋で飛んでいる姿を発見。機材を担いで接近を計るが、雑木の枝が邪魔して全身がすっきり見えない。山の斜面を少し登ってようやく撮影出来そうな隙間を見つけるも、枝かぶりの前ボケ入り。じりじり移動して、なんとか嘴の色が分かるまでの画像が撮れた。


 ややこし君は、たぶんノスリのアルビノと思う。
 (ちなみに、ややこし君の撮影地は与那国ではありません)明日、もう一度挑戦するか、迷っています。



4月11日 どなんはいつも風の中 2015 最終日 再見!どなん

田植えが済んだばかりの水田の上を飛ぶ ウスバキトンボ   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

 最終日は雲ひとつない快晴。風もほとんど止む。

 鳥撮りが上手く行かないときのために、トンボ図鑑のコピーを持ち込んでいた。与那国で見られるトンボは25種ほど。その内、通年見られるのは14種ほど。とにかく、大枚はたいて行くのだから、元を取らねばの精神と準備。

 24日以降、ずっと天候不順だったので、トンボはウスバキトンボ以外に現れなかった。ウスバキトンボはそれこそ島中あらゆる場所で群れ飛んでいた。松本平では9月上旬に、ウスバキトンボが大量に現れる。それこそ我が家の庭でも飛んでいる。その大量に飛んでいる状況が3月末の与那国で起きていた。

 ウスバキトンボは1年多世代なので、一時的な発生を繰り返して全国へ広がるが、越冬できず死滅する。八重山では幼虫で越冬する。与那国で発生したウスバキトンボが、発生を繰り返しながら北上し9月に松本平へたどり着くのだろうか。なかなか夢のある話であるが、そこまでの証明はされていないようだ。

 29日は、鳥を探しながらあちこち水辺をのぞいて回った。ウスバ以外、かろうじて2匹だけハラボソトンボを見つけた。このトンボは九州にも分布する。出来たら、八重山と宮古島だけに分布するヒメキトンボを見たかったのだが・・・トンボは6月ね、また来たらとレンタカー屋のご主人に言われてしまった。そう、出来るなら、与那国と西表だけに分布するアカスジベッコウトンボを撮りに行きたいが・・・。

 トンボについてはリスト派だから、なんだかんだいいながら1種増えたから、鳥撮りの副業としては、よかった!と記憶しておこう。


ハラボソトンボ   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

サルハマシギ   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

 快晴・無風なので水田が水鏡になった。サルハマシギが朝日を浴びて休憩していた。このサルハマ君は24日から29日までずっと付き合ってくれた鳥さんである。山家暮らしだと、次にサルハマシギと会えるのがいつになるか分からない。敬意と感謝の気持ちを表して記念撮影。

 シロガシラも、シマアカモズも、次に会えるのはいつになるか。綺麗に撮らなくちゃ。

 

シロガシラ   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

シマアカモズ   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

立神岩   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

 立神岩様に挨拶、また会いに来られますように。再見!

 それから、車の中へ雑多に放り込んでいた衣類や図鑑、ノートなどをキャリーバックに詰める。三脚も分解し、100−400mmレンズはクッション材でぐるぐる巻きにして詰め込み、お帰り準備を終える。それでも、機内持ち込みのザックに入れる600mmとカメラだけはしっかり出したまま。残った時間を畑回りに使う。あと1時間半、あと1時間・・・。

 最後の最後で、一瞬ドキリの鳥が現れる。頭の中で図鑑をくくる。腰が灰色、冠羽も立っている・・・どう見てもミヤマホオジロの雌にしか見えない。珍鳥のキマユホオジロの雌とかシロハラホオジロの雌に化けないかしら・・・でも、ミヤマはミヤマ。
 
 ミヤマホオジロは八重山では珍しいと以前聞いたから、ちょっとだけ、最後にいい思いをしたとしよう。


ミヤマホオジロ ♀   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

琉球エアーコミューター機   2015年3月29日  沖縄県 与那国町

 17時撮影やめ。18時空港へ。売店でお姉さんに挨拶。また来ますからよろしく・・・。

 画像のRAC機に乗り石垣へ、同機がそのまま那覇空港へ。ラストの画像は、機上から撮影。石垣島上空から西表島へ沈む夕日を見る。手前の島は竹富島。石垣空港でカメラをバッグにしまう。撮影すべて終わり。

 駆け足鳥見が終わりました。珍鳥には1羽も出会えず。常連の鳥にはある程度会えたが、シロハラクイナ、ヤツガシラ、クロウタドリには会えず仕舞い。セキレイ類も、キガシラ、マミジロツメナガ、キタツメナガなど4月に入ってから現れる種は見られず。まぁ、3月末の5日半の鳥見だと、こんなものでしょうか。

 久しぶりに、与那国の風に吹かれたし、おばぁの「クバ餅」も、「わかなそば」も食べたし、立神岩様にも挨拶したし・・・幸せでした。後は那覇から羽田への機内で眠るだけ。

 そうそう、那覇空港の売店は9時になると全部シャッターを下ろしてしまう。危うく夕飯抜きなるところ、大急ぎでまつり弁当なるパックを買いロビーで食べる。

 羽田着23時40分。それから荷物を受け取り、空港と駐車場内をさんざん歩いて愛車へたどり着く。長居は無用、駐車場を出て、一気に走ることに。新しく出来た首都高中央環状線を走ってみる。ずっとトンネルだけで、カーブも多いし、あまり快適ではなかった。後は勝手知ったる中央道を、休憩なしで、ひた走り、午前2時55分自宅着。



4月10日 どなんはいつも風の中 2015 夕空燃ゆる

イソヒヨドリ ♀   2015年3月28日  沖縄県 与那国町

 与那国の言葉は難しく、聞いてもほとんど理解できない。昔、空港売店のおばぁに少し教わったが、7年の間に全部忘れてしまった。

 宿の親父さんに聞くと、古来からの島の言葉は多くが消え始めていて、60代以上の島の人間でも忘れた言葉もあるという。独特の言語で、沖縄のどの島とも発音や抑揚が違うそうだ。親父さん曰く、朝鮮語の発音の方が近い感じがする。

 上の石碑の碑文も、何となくしか分からない。教われば簡単だが、それでは勉強にならないから、いつか自分で解読しようと思う。

 たとえば碑文の「三」は
 「ヨナ邦の島に 果報ゆ持ちたぼり ニライ神々ぬ 新降い所」
 なんとなく分かるような・・・。

 ニライは、南の島々に伝わる古くからの民間信仰の、彼方にある異界のこと。そこから「神」がやって来て豊穣をもたらす。また祖先の霊が「祖霊神」へと生まれ変わるところ・・・。
 ネットで「ニライカナイ」と検索すればもっと詳しく解説されています。

 天候が回復し、宿の近くの水田以外でも2カ所で代掻きが始まった。これで、鳥がたくさん出るといいのだが。午後は、しつこくシベリアアオジを探したが徒労に終わった。

  

セッカ   2015年3月28日  沖縄県 与那国町

 今日、懐かしい与那国鳥見の常連さんが島へ入った。鳥見団体ツアーも入り、鳥を見る目が増えた。鳥見シーズン到来である。きっと珍鳥が見つかるだろう。しかし、私は明日までの予定・・・久しぶりの方々とあれこれ会話を楽しめたが・・・これから鳥見本番というのに帰らねばならない・・・悲しかった。

 セッカはたくさんいて、あちこちでさえずっている。何度も撮ったから今更なのだが、それでも他に撮る鳥が見つからないので、真っ黒な口内をまたまた撮影。

 かってセッカは、安曇野でも繁殖していたが、いまや渡りの時にちらりと現れるだけの鳥。そう考えると、鳴き声がうるさいなんて思わず、撮れるときに撮っておくべきなんだろう。

 デイゴは沖縄の県花。ちょっと派手な花。3月末だったので、ようよう咲き始めたところだった。デイゴに鳥は、ヒヨドリよりメジロが希望なのだが、花が少ないので、やはりヒヨドリが占領。メジロは追われてしまった。この関係は内地と同じ。騒がしいヒヨドリの行動も内地と同じ。


デイゴの蜜を吸う タイワンヒヨドリ   2015年3月28日  沖縄県 与那国町

 なんだかんだで日が暮れて・・・宿へ食事に戻りながら西の空が赤くなり始めたと気付く。そう言えば、与那国で綺麗な夕日を見たのは、何年前か思い出せない。

 またまた大早食いで夕食を済まし、車をぶっとばす。宿は島の東の祖内にあるので、西端の久部良までは10分ほどかかる。

 走る間にも、空はどんどん焼けて行く。間に合ってくれと願いながらアクセルを踏む。軽自動車はまどろっこしい。

 久部良港に到着。間に合った。港は海も空も燃えていた。画像は5日にアップした久部良港の眺望をちょうど逆から見ている。彼方の灯台が西崎灯台。こんな夕焼けは、松本平では絶対に見られないから、超ラッキー、バシャバシャ撮影する。



久部良港   2015年3月28日19時8分  沖縄県 与那国町

 それから、大急ぎで今日のトップに上げた画像の「夕日が見える丘」へ走る。なんたって「日本最後の夕日」を見なくては。

 例年、観光客が何組も夕日を見ているが、こんな綺麗な夕焼けなのに、人出がなかった。もったいないこと。あとから、お兄さんが一人来たが。刻々と色彩を変え夕空が燃える。


 

日本最後の夕日が見える丘   2015年3月28日19時8分  沖縄県 与那国町

夕日が見える丘から西方を望む   2015年3月28日19時8分  沖縄県 与那国町

 水平線の向こうへ目を凝らす。雲が邪魔しなければ台湾の山並みが見えるのだが。過去、何度もここで眺望したが、はっきり台湾を見たことはない。うっすらと山の形を見たような、が、1回あったきり。ここに住まない限り、台湾を見るのは永遠の宿題なんだろう。

 花の色は うつりにけりな いたづらに・・・空の色も、すぐに夕闇色にうつり・・・

 今回は、久しぶりの島を楽しんだだけで、常連の鳥さん達を見ただけで、終わりそう。それもまたよしとしよう



4月9日 どなんはいつも風の中 2015 晴れた!

東崎(あがりざき)の朝   2015年3月28日7時17分  沖縄県 与那国町

 晴れた!与那国空港へ降り立った時から一度も見ていなかった太陽が見られそう。となると、昇る朝日を背景に立神岩様を撮らねば、いや崇め奉らねば。今回は、一度も立神岩を見ていなかった。験担ぎをしなくては。それに、朝日を背景にした立神岩はまだ撮っていなかったから。

 走り出したら、途中でムナグロの集団と出会ってしまった。撮影はともかく、群れの中に別の鳥が入っていないか確認作業。ムナグロだけだった。作業の途中でホシムクドリが現れる。おいおい、今は忙しいのだ、帰りに付き合うからと走り出す。

 結局、朝日は高く昇っていた。水平線から顔を出した瞬間がねらい目だったが。東崎の記念撮影をして戻る。マミジロタヒバリがいたが、朝食を優先することに。今日は晴れて暑くなるかもしれないから、しっかり食べておかないと、午後バテてしまうから。

 引き返す途中、また電線ホシムクに出会った。晴れたので、今日はすっきりした色で撮れた。



ホシムクドリ   2015年3月28日  沖縄県 与那国町

 宿までもう少しのところにある水田にツバメチドリがいた。こんな水っぽいところにいるツバチは与那国では珍しい。薄い雲を通して差し込む朝日が柔らかくて、好みの色合いだったので、また記念撮影。宿の朝食は8時半までに済まさないと、折り詰めにされてしまう。
 宿に駆け込み、大早食い。それでもコーヒーを2杯しっかり飲む。何処かの店で飲めば、一杯400円ほど。コーヒー飲み放題はとても嬉しい。



ツバメチドリ   2015年3月28日  沖縄県 与那国町

長命草の中の スズメ   2015年3月28日  沖縄県 与那国町

 コホウアカを撮った場所へ行く。再度美味しい話が枝先にいないかと。ついでにシベリアアオジがいないかと。
 残念ながら、スズメとシロガシラとセッカしかいなかった。

 7年前は長命草(ちょうめいそう)の畑は少なかった。どちらかと言えばほそぼそ栽培している感じだった。時代が長命草をよいしょしたらしい。聞いた話だと、大手の化粧品メーカーがバックに付いたとのこと。長命草栽培組合まで出来て、あちこち緑の「草」が栽培されていた。

 長命草は常緑の多年草。画像のように成長したら柄ごと半分ほど摘み取る(収穫する)。するとまた元のように茂る、まさに「長命」な植物。詳しくはネットで検索してください。大手メーカーの名もすぐに出てきます。

 綺麗な緑なので、写真写りがいいから、鳥さんが止まったら狙うのだが。スズメと比較すれば大きさが判るように、しっかり茂った畑は鳥の格好な隠れ場所兼食事どころである。つまり、ここへ逃げ込まれたら、チョウゲンボウもサシバも、オオノスリも手が出せない。カメラマンだってお手上げ。



長命草の上の シロガシラ ♂   2015年3月28日  沖縄県 与那国町

 シロガシラは住宅地や畑地など開けた場所で盛んにさえずっている。ちょうど内地のヒヨドリと生態が似ている。タイワンヒヨドリは山腹の茂った樹林が主な生活場所である。見慣れた内地のヒヨドリの生態を考えると、シロガシラに山腹へ追いやられたと思えてならない。

 シロガシラが自然の分布なのか、人為的に島へ運び込まれ、広がった人工分布なのか、両方の説を聞いた。私にはどちらか判らない。

 シロガシラは台湾の西部(大陸側)に分布し、東部(与那国側)には分布していない。飛翔力が弱いので、海を渡れないから人為的に持ち込まれたと考えるのが自然だと教えられた。ちなみに与那国から台湾まで100km。条件がよければ与那国から台湾が見える。

 また台湾の東部にシロガシラとよく似た台湾固有種のクロガシラが分布している。シロガシラが海を越えられるなら、クロガシラも八重山や沖縄本島などに分布するはず。クロガシラが分布していないから、シロガシラも海を越えていないはず。
 いろいろ聞かされたが、私には判断できない。


 とにかく、久しぶりに青空を見た。鳥がたくさん入ってくるといいと願った。

 

産卵中のツマベニチョウ   2015年3月28日  沖縄県 与那国町


4月8日 どなんはいつも風の中 2015 土砂降り

 予報では午前・午後とも降水確率40%だった。朝食前にひと稼ぎとホシムクとギンムクを探しに行く。ほぼ同じ場所でクロウタドリがいたという情報もあるので、まだ薄暗い世界で目を凝らす。

 ギンムクドリはガジュマルに群れていたが、車を見るなり電線へ。電線ギンムクはパス。中学の校庭にホシムクドリが2羽。遠いので、近づいて来るまで待つ・・・早く来ないと宿の朝食の時刻になる・・・しかし、彼方で行きつ戻りつホシムクはいっこうに近くへ来ない。仕方がない、トレミング画像でもいいと撮影する。これが、クロウタなら、宿へ連絡して朝飯抜きでも粘るのだが。ホシムクだし、光線具合も悪いし。

 8時頃までは霧雨程度。ところが、40%どころか100%に。風雨とも強まる。3月の与那国、一度はこんな悪天候に見舞われる。これ想定内。しかし、車から出られないのは辛い。

 下は空港の滑走路の西端から見た光景。こんな天候でもボンバルディアは降りてくるからすごい。こんな悪天候になると、小さい鳥はほとんど姿を見せてくれない。



ホウロクシギ  2015年3月27日  沖縄県 与那国町

 悪天候でも鳥見をやめない。はるばる果ての与那国まで来る鳥見人は、皆さん寸暇を惜しんで土砂降り雨の中でも島内を回る。チャリンコの兄ちゃんも風雨の中でチャリンコをこいで回っていた。たいしたやつだと思う。車に乗せてもいいけれど、同宿の大先輩の鳥見人さんも乗せなかったし・・・そう私は度量の狭い、「人が悪い」人間だから・・・

 シギがたくさん入っていれば、雨の中でもそれなり鳥見は出来る。風雨が強いと島へ降りる鳥も多いはずだが、何処にもシギ・チの影なし。見つけたシギはホウロクシギ1羽だけ。雨の中へレンズを突き出して撮影。

 与那国で初めてホウロクシギを見た。リスト派ではないが、与那国で会った鳥が1種増えた。コシャクシギでも降りていないかと付近を丹念に探すが、ホウロク1羽だけだった。

 シマアカモズは島内の各所にいる。与那国では普通の鳥。しかし、そこそこ警戒心が強いので、絵になるように、簡単には撮らしてもらえない。風雨のおかげでかなり接近出来た。雨を線状に入れたくて、シャッタースピードを遅くしたが、風で花が揺れるのでブレブレ画像になってしまった。風を止めれば雨も止まる・・・悔しいけれど仕方がない。


シマアカモズ  2015年3月27日  沖縄県 与那国町

キジバト ?  2015年3月27日  沖縄県 与那国町

 キジバトはたくさんいる。与那国ではリュウキュウキジバトが繁殖している。毎回悩むのだが、内地にいるキジバトと同じに見える個体を見ることがある。体色や眼瞼輪の差がリュウキュウキジバトの個体差によるのか、それとも越冬に来ている内地のキジバトを見ているのかと。

 リュウキュウキジバトは赤褐色味が強く、内地のキジバトよりずっと全身が赤黒く見える。毎回、与那国雑記で同じことを書いているが、依然として私には明快な答えが出せない。

 上の画像は内地のキジバトと同じに見えた個体。下はリュウキュウキジバトでいいと思える個体。たぶん、越冬に来ているキジバトが与那国にもいると考えていいと思う。



リュウキュウキジバト ?  2015年3月27日  沖縄県 与那国町


4月7日 どなんはいつも風の中 2015 少しだけ鳥が

パパイヤ  2015年3月25日  沖縄県 与那国町
 パパイヤの青い実を漬け物にすると美味しい。長く滞在していると1回は食卓に出るが、今回は短期間だったので味わえず。残念。
 この実にメジロでも止まってくれたら、いっぱい撮影するのに・・・いつも眺めた。でも、無い物ねだり。

 7年の歳月は果ての島にも変化をもたらす。
 スピードを出す車が増えた。かっては毎時40kmほどで、いやそれ以下でゆったり走っていた。内地から行くと、まどろこしかったが、今は60Kmが当たり前で走る車が増えた。
 
 皆さんシートベルトなどしてなかったのに、締めている車が増えた。レンタカー屋さんに尋ねる。「おまわりさんが頑張ってるの?」返事の代わりに、にこっと笑った。どうやら図星らしい。交番の前を通るときだけシートベルトをすることに(これは内緒話)。

 浴衣というやつは好かないので、寝間着用にトレーナーを買おうと思った。荷物がいっぱいで運び込めなかったので。
 ところが、島では肌着くらいしか衣料品を売っていない。土産品の T シャツは、空港の売店でたくさん売っているが。

 聞くと、今は、衣料品は通販で購入するか、石垣島まで行くか、石垣や内地の身内から送ってもらうとか。通販とは、時代ですね。
 


アカガシラサギ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

 代掻きが進んで、24日にシギやハクセキレイなどがいた水田へも機械が入って作業を始めた。小さな鳥たちは別の水田などへ避難したり、飛び去った。機械の周りはサギだけが群れていた。

 25日にちらり現れたアカガシラサギも代掻き中の水田で虫探しに懸命。嬉しいことに、20mの距離でバシャバシャとシャッターを切っても平然としていた。そう、これが与那国では普通なのだ。

 別の水田へ引っ越したシギは、驚くほど近くまで来た。そう、こう来なくっちゃ与那国じゃない。遠くて撮れなかったサルハマシギ、トウネンなど、目の前を行ったり来たり。26日の昼過ぎはちょっとだけ忙しかった。まだ、夏羽に、換羽を終えていないことが残念なんて贅沢は言わないことに。



サルハマシギ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

トウネン  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

オジロトウネン  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

 コホオアカはゲットしたが、シベリアアオジは姿も見ていない。チャリンコの兄ちゃんに見たら場所を教えてと頼む。彼は私よりずっと識別力がある。もしかすると、将来の日本の鳥見界を背負う人材かも。当人はカモメとシギが好きと言っていたが、シベリアアオジのさえずりを聞き分けられるのだから頼もしい。

 後に、シベリアアオジは、兄ちゃんからさえずっていた場所を教わったが、そこでは会えずじまい。他で1回見つけたが、すぐに畑の雑草の中へ入ってしまい撮影できず。結局、見られたのはこの1回きりで、シベリアアオジの撮影は次回送りになってしまった。次回があるといいのだが。

 午後になって、25日にはいなかった(と思う)、ギンムクドリの群れが入った。他にホシムクドリが3羽。少しだけ鳥が入り始めた。このまま続いてたくさん飛来してくれないかと、祈る気分。

 時間に余裕があれば、ギンムクもホシムクも地面を歩いていたり、ガジュマルの実を食べているところなどを狙うのだけれど。全部電線止まりの証拠写真で済ます。



ギンムクドリ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

 たまに、ギンムクドリの群れにカラムクドリが混じっている。シベリアムクドリが混じっていたら、他の鳥は一切見ずに追いかけるが。カラムクはいなかったし、シベリアムクドリは滅多に現れないから無い物ねだり。
 電線のギンムクドリの喉が赤く汚れているのは、ガジュマルの実を食べたから、と思う。

 ホシムクドリも電線止まり。せめて晴れていたら、もっと綺麗に撮れるのだが曇天の17時過ぎだったので色がもやってしまった。横にやや小さい鳥がいたのでハッとしたが、見慣れたコムクドリだった。コムクは我が家の周りで繁殖しているから、全然珍しくない鳥。

 総数は判らないが、26日16時頃見たギンムクの群れは30羽ほどで、27日9時頃に別の場所で見た群れは40羽ほどだった。

 3日目が終わった。珍鳥は1羽も現れず。でも、新たな鳥が入り始めたから、明日はきっと珍鳥を見つけられる、そう信じて22時に寝る。
家にいるときは午前2時頃までごそごそやっているが、与那国では、早寝早起きで実に健全な?生活。


ホシムクドリ 左はコムクドリ ♂ と ムクドリ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町


4月6日 6畳半!

ノビタキ ♂  2015年4月6日  長野県 安曇野市

スズメ  2015年4月6日  長野県 安曇野市

 与那国を休憩し、少しフィールドの報告を。

 松本平も春本番になりました。ソメイヨシノは満開の樹もあれば五分咲きもある状況。ヤナギの若芽をレンジャク30羽ほどが食べている。越冬ガモはほとんど繁殖地へ向かい、賑やかだった水辺は静かになった。ほぼ例年通りに、チュウダイサギが2日に現れた。夏鳥もそろそろ現れるころ。

 御宝田池周辺で、そろそろややこしいツグミが来ていないかチェック。まず、ノビタキ1羽と出くわす。例年より数日早い。ほとんど夏羽の初ノビタ君にこんにちは。初夏を運んでいるノビタ君、ご苦労さん、感謝。

 ツグミは30羽ほどの団体が入っていた。今春は池周囲の野焼きをしなかったので、ツグミの団体は通過するだろうと、半ば諦めていた。毎春野焼き後の原で採食するが、今年は枯れたススキがなびいているから採食場所には向かない。

 しかし、ツグミの団体は、マレットゴルフ場で採食していた。早速1羽、1羽チェックを入れる。と言うのも、なぜか毎春ハチジョウツグミがツグミの群れに混じって現れるから。今日も見つけてやろうと気力十分で双眼鏡を握る。

 動き回ったり、何かに驚いて一斉に飛んで若葉のまぶしいヤナギの中へ隠れたり、落ち着かないツグミたち。すべてをチェックするのはひと苦労。

 今春も、第1回冬羽と思える個体が混じっていました。真っ赤っかの成鳥ほど赤くない。言わば8畳の一、二歩手前の6畳半ほど。

 2種も見つけてしまい、ラッキーがいっぱいの日でした。

 

ハチジョウツグミ  2015年4月6日  長野県 安曇野市
                              

4月6日 どなんはいつも風の中 2015 コホオアカ、ゲット

コホオアカ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

 与那国へ行くこと、いることは、かみさん以外に話してなかった。何処で知ったのか、古くからの写友から電話が。「太田さん、完全復活?」なんて聞かれたり・・・。

 電話をしながら、機材をセットし、コホオアカの止まっている木の近くまで忍び寄る。大きな声で話していると逃げちゃいそうなので、このくらいで撮れば、トレミングして使えそうと思える距離で撮影開始。背後で山羊がめぇ〜っと大声。山羊にシーッと言っても通じない。

 左手で携帯を持ち、右手でシャッターを押す。とにかくコホオアカをゲット。背景が緑になる枝へ行かないかと願うが、5分ほど3羽で鳴き交わしながら空抜けの枯れ枝で飛び交うだけ。そして、ひょいと畑へ降りてしまった。畑は背の高い長命草が植えられているから、姿はまるで見えなくなった。(長命草は後日、鳥入りの画像をアップします)

 再び出て来ないかと、待つこと30分。音沙汰なしなの諦める。色気はないが、旧作よりかなりましなコホオアカの画像が撮れたので、目的の1種をゲット出来た。



コホオアカ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町


4月5日 どなんはいつも風の中 2015 もしかして!

ツバメチドリ  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 4月になるとアザミの咲いている牧草地などでツバメチドリが撮れるはずだが、今回はこの背景の悪い水田の3羽としか出会えなかった。いなくなる前にと撮った記録写真。ここでは、普通に見られる鳥なのだが。

 26日は朝からやや明るい曇り。26日も東風が強く、たぶん風速10mほど。鳥さえいれば、ピンカンの晴天下より光線が柔らかで撮影にはいい。問題は鳥さん次第。

 1枚の水田にたくさん集まっていたハクセキレイも減ってしまった。ホオジロハクセキレイの雌とシベリアハクセキレイの違いがはっきり分かる画像が撮りたかったが、宿題になりそう。

 畑や牧場を回るが、めぼしい鳥に出会えず。だんだん島巡りをしている観光客の行動と紛らわしくなる。牧場をチェックするついでに、馬さんの撮影などして、本当に観光客になりそう。

 「寝る子は育つ」なんて。前に紹介した写真家福田さんのタイトルのパクリ。こんな光景に出会い、初めて与那国を訪ねたときは、子馬が死んでるのではないかと心配した。子馬はくたびれるとすぐに寝てしまうらしい。

 この牧場にもイソヒヨドリしかいなかった。昔クロノビタキが出た場所などの探し回ったが、美味しいことは2度起こらない、徒労。馬の撮影などしていていいのかと、焦る気持ちがわいてくる。


 観光?ついでに西崎(いりざき)の灯台へ。ここにだって、かってヤツガシラやミヤマホオジロなどが出た。26日は観光客がいただけ。

 ついでに久部良(くぶら)港をスナップ。
 @水色のコンテナが並んでいるコンクリートの広場と横の緑の草地は、かっては砂礫地で、オオメダイチドリなどが見られたが、今回はスズメとホオジロハクセキレイ、イソヒヨドリだけだった。
 A久部良中学校緑の校庭は渡り鳥が降る。かって、コシャクシギ、ややこしいツグミ、ムナグロその他を見ているが今回はホオジロハクセキレイとハクセキレイだけ。
 B与那国で第2に高い山 久部良岳195m。画像で見えている山腹にオオノスリが毎日飛んでいた。
 C与那国で一番高い山 宇良部岳231m。

 鳥に会えないと、観光客になってしまう。西崎から、久部良中学と並びの小学校の背後の畑地帯へ、しつこく小さい鳥を探しに回る。


久部良港  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

タイワンヒヨドリ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

 いつものように、タイワンヒヨドリがかしましい山肌を見ていたら、ぽつんと止まっているオオノスリを見つけた。これはラッキー、今日は翼の上面を撮ってやろうと、そろりと近づく。

 

オオノスリ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

 畑があり、これ以上は寄れない場所まで行って車を止める。逃げないで、飛ばないでと願いながら。オオノスリ君こちらを見ていたが、飛ばずに頑張っていた。

 あとは忍耐力のテスト、飛ぶまで待とうオオノスリ。ファインダー越しに見つめ続ける。

 他の鳥の飛び立つ瞬間を撮ろうと構えていて、瞬きした瞬間に飛ばれてしまったり、シャッターボタンに置いた人差し指がくたびれたので、伸ばした瞬間に飛ばれたり・・・何度も失敗をしている。

 今日は、2度とないチャンスかも。ほんの数分で勝負あり。オオノスリ君飛び立った。初列風切の上面が撮れた。白いパッチがはっきり撮れた。今日の成果はこれ1枚でもいいとしよう。


オオノスリ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町

 飛んだオオノスリを追って車を走らせる。またネズミを捕らえた瞬間を撮りたいと思い。しかし、今日のオオノスリはあっさりと山陰へ入ってしまった。仕方ないので長命草の畑を眺めながら進む。畑にはホオジロの仲間やスズメが食べ物を探している場合が多い。

 彼方の枯れ枝の先に小さな鳥が3羽見えた。もしかして!超徐行で進む、3羽は枝先でなにやら鳴きながら飛び回っている。この分だと逃げないだろうと判断。思い切り近寄り双眼鏡。コホオアカ発見!。

 与那国で珍鳥を見つけるのはだいたいこんな具合。くるくる走り回っていると、ラッキーがポロリと枝先に止まっていたりする。それに気付けばラッキーを拾える。いよいよ撮影にかかろうと、車から降りて三脚を出したところで携帯が鳴り出す。う〜〜***忙しいのに!携帯で話しながら機材をセット。まずは証拠写真を・・・・。


コホオアカ  2015年3月26日  沖縄県 与那国町


4月4日 どなんはいつも風の中 2015 午後は辛かった

チョウゲンボウ ♂第1回冬羽?  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 チョウゲンボウは毎日数羽と出会った。与那国での繁殖は確認されていないから、恐らく越冬地として島を利用しているのだろう。あるいは、渡り途中の個体がいるのかも知れないが、よく分からない。

 もしかして、チョウセンチョウゲンボウなんて珍がいるかもとチェックする。果たして私に識別が出来るかという心配は置いておいて。幸い?ただのチョウゲンしか出会えなかったが。

 猛禽はほかにサシバもいた。関わると時間をロスしそうなので、ちらり見るだけで撮影はせず。スズメを捕らえたたり、東崎でオオチドリとマミタを追いかるのを目撃。最終日に空高く登り東へ飛び去る3羽のグループを見た。白樺峠で渡りのサシバを見送るのと同じ光景だった。

 与那国で昼を買い忘れると、売り切れ後免になる。パンやおにぎりセットは、よく売り切れ後免になる。25日も、畑の真ん中でツバメの群れを見ていて、買い出しの期を逸した。なんとか最後のパン1個とおにぎりセットひとつが買えた。

 パンを食べがら、なにげに包装袋の文字を読む。3月25日に購入したパンの賞味期限がなんと4月22日。一瞬勘違いして3月22日だと思い、期限切れのパンを買ったと、ちょっとムッとなるが、眼鏡をかけて読み直したら、あらら、4月だ。

 しばしば家の周りのスーパーマーケットやコンビニでパンを買うが、賞味期限が1週間以上先なんて商品にはまず出会えない。驚きましたね、4月22日には。

 そして、眼鏡をかけたついでに細かい文字を読んだら、販売者は群馬県の業者、これまた驚き。ついでに「国内工場にて製造」なんて記載を見つけて、笑いたくなった。実際何処で製造したのかは判らない。「DF」という製造所らしい。
 
 家へ戻って、ネットで検索したら、天然酵母のパンを製造している大きなパン屋さんで、このパンもネット通販をしっかりしていた。

 そうそう、味は普通でした。記念に、鳥撮をしないで、パンのパッケージを撮影・・・暇じゃないんだけれど。



ツバメ (ちょっと腹の色が淡橙褐色 右は普通のツバメ) 2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 ツバメは、小雨の中をたくさんが群れ飛んでいた。わやわやと、それこそウンカのようだから、おおよそ250羽なんていい加減に数える。与那国では、ツバメの群れに、タイワンショウドウツバメやアナツバメが混じっていることがある。

 昼食の買い出しを忘れたのは、ツバメの中に1羽ややこしい個体がいたので、撮影しようと悪戦苦闘していたからである。結局、撮影できずじまいだったが、どうも、アナツバメのように見えてならなかった。

 後にチャリで回っている高校生の兄ちゃんが、ヒメアマツバメを撮ったと画像を見せてくれた。もしかすると、ややこしい個体の画像かも知れないと思ったが、画像からはよく分からなかった。

 他に、群れの中に、腹がかなり赤いツバメを1羽、ちょっと汚れている程度を1羽確認できた。赤い方も撮りたくて、そう、このためにおニュウのレンズを持ち込んだのだから、粘る。しかし、飛んでいるツバメは簡単には撮れません。敗北。

 ツバメ達が草地へ降りるのを待つ。赤い腹のツバメは降りず、ちょっと汚れている程度の個体は降りた。ともかく証拠写真。でも、このくらいの腹の色の個体は安曇野でも見ることがあるから。

 オジロトウネンは24日に見つけ27日までいた。安曇野でも撮影しているし、三重でも見ているから、アカアシシギ同様、私には珍ではない。それでも、鳥が少なかったので、しばし時間を使った。他にトウネンもいたが、そちらは完全に無視。ノートに鳥名を書いただけ。


オジロトウネン 第1回冬羽  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 朝一度見かけたが、何処かへ潜り込んでしまい見つけ出せず仕舞いだった。アカガシラサギは4月になればぞろぞろ現れる定番の鳥さん。内地でもたまに見られるが、与那国では、それこそカメラのファインダーからあふれてしまうほど近くで見られる。

 もはや暗くなり始め、撮影が難しい時刻、高校生の兄ちゃんと立ち話をしていたら、用水路のホテイアオイの上へひょっこりお出ましになった。珍ではないが定番の鳥だし、午後はほとんど撮影できなかったので、ともかく撮影。与那国へ行った証になるか。



アカガシラサギ  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 鳥を撮らず蝶を撮っも仕方がないんだけど、お目当ての2種に出会えないし、周りでひらひらと飛ばれると気になるし、おニュウのレンズも使いたいし。与那国特産のチョウならいいのだけれど、イシガケチョウは関西でも飛んでいる。でも、信州では見られないから私には珍蝶・・・なんだかんだで撮影してしまう。

 ようは、久しぶりの与那国だから、何でもかんでも楽しんじゃを・・・の気分。なにせ、畑の中の農道を走り回ってばかりじゃ、腰は痛くなるし、疲れてくるし。25日の午後は辛かった。

 高校生の兄ちゃんに、コホオアカとシベリアアオジを見たら教えてと頼む。もう、短期決戦だから、人頼み。同宿の見るだけ人の大先輩からは、あの辺の木、程度の雑ぱくなお教えしかもらえず。
 明日はきっと出会いがたくさんあるだろう・・・なんて考える間もなく熟睡。



イシガケチョウ  2015年3月25日  沖縄県 与那国町


4月3日 どなんはいつも風の中 2015 君はだれだ?

タイワンハクセキレイ ♂成鳥 2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 朝から鳥見が出来るから、張り切って朝食前から近くの水田へ。代掻きが始まった水田で、サルハマシギ、オジロトウネン、シベリアハクセキレイ、タイワンハクセキレイ、ツバメチドリなどを、24日に確認していた。

 まずは朝食前にひと稼ぎのつもり。しかし、与那国は日の出が遅いので6時半を回らないと明るくならない。取り敢えず、24日の鳥が全部残っていることを確認して、一端宿へ戻る。

 普段、朝食は軽いパン食である。だが、与那国の宿では、ご飯は食べ放題、おかずは6品、コーヒー飲み放題なので、つい食べ過ぎてしまう。早く撮影に出たいし、コーヒーも飲みたいし・・・気もそぞろ。大飯食いの、大早食い。与那国で体重が増えるのは私だけかも。

 タイワンハクセキレイは、これまで何度か撮影したが、今回の個体が一番綺麗で、近くまで来てくれた。内地ではまず出会えないから、感謝、感謝である。



タカブシギ 夏羽 2015年3月25日  沖縄県 与那国町

アカアシシギ 夏羽 2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 代掻き中の3枚の水田に一番たくさん鳥がいた。しかし、近くへ来なければ撮影は出来ない。見るだけ派の方、リスト作り派の方は遠くてもよいが、写真派は近くに来ないと仕事にならない。余裕があれば半日水田で粘っているが、今回は駆け足鳥見なので、1時間ほどで移動する。それに、期待のニシシベリアはいなかったし。

 タイワンヒヨドリはたくさんいる。この時期はペアーになっているので、ほとんどが2羽で行動している。おまけに鳴き交わしながら行動するから、賑やかよりうるさい感じ。本土のヒヨドリよりも騒々しいと思う。

 警戒心が強いので、撮影には結構手こずる。まして、ハイビスカスの枝に止まったり、バナナやマンゴウの実に止まらないかなんて欲張ると、ヒヨドリ相手に1日が軽く終わってしまう。色気のない枯れ枝でも我慢しなければ。そのうちチャンスもあるだろうから。


 

タイワンヒヨドリ 2015年3月25日  沖縄県 与那国町

オオノスリ  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 撮りたい鳥はコホオアカとシベリアアオジ。どちらも小さな鳥で、畑の雑草の中で食べ物を探しているから、ほとんど姿は見られない。何かの弾みで、畑から飛び出して木の枝などに止まっているところを見つけなければ、撮影出来ない。

 と言うわけで、畑地帯を車でぐるぐる回ることになる。時々現れるジョウビタキにハッとしながら探し回るが、出会えず。小さな鳥を探し出す目もまだ準備中な感じだし、いるかいないかも分からずに探すのはしんどい。楽しいけれど、しんどい。

 そんなとき空でノスリがホバリングをしていた。おやノスリ・・・と思ったが、まてまて、与那国にはオオノスリがいるはず。しかし、下から見上げてもよく分からない。ノスリかオオノスリか迷う。オオノスリはノスリより大きいが、単品で、空高くでホバリングをしていると大きさなど分からない。

 オオノスリは、初列風切の基部が白いので、そこが上・下面ともパッチ状の白斑に見える。これが識別ポイントだが、逆光で下面から見上げていると、翼全体透けて白っぽく見えて、君はだれだ?識別に悩む。

 上の画像の矢印の先が大きく四角に白っぽく見える。これがパッチ状の白斑と言うやつなのだが、夜パソコンで拡大してようやくオオノスリでいいだろうと判断出来た。

 下はネズミを捕らえたオオノスリ。この後、空中でホバリングしながら丸呑みした。



オオノスリ  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 畑を回っている途中、彼方の電線に止まるツグミを見つける。やけに黒い。もしかしてノドグロツグミ・・・これは超珍鳥発見か!飛ばさないようにそろりと近づく。識別よりまず撮影と、2コマ撮ったところで、ツグミ君下の灌木の中へ降りてしまった。

 モニターで拡大して見る。ツグミ類に違いないが、なんだか判らず。夜に同宿の、与那国へ30年以上も通っているとおっしゃるベテランさんに画像を見せる。ベテランさんも「う〜ん」と言ったきり。判らず。二人であれこれ話した結果、ハチジョウツグミと(普通の)ツグミの交雑個体ではないか、あるいはハチジョウツグミの黒変型なのか・・・。

 結局、現在も判らないまま。君はだれだ?どなたか識別できる方がいらしたら、ご教授下さいな。


不明なツグミ  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

 苦労して100−400mmレンズを運び込んだ。実はトンボがいたら撮りたかったのだが、トンボはウスバキトンボがわんさか飛んでいただけ。鳥を待つ間、珍しいチョウがたくさん飛んでいるから、スナップ。望遠にもマクロにも使えるレンズは便利。

 現地では別種のチョウだと思って撮った。帰宅して図鑑を見たら、同種の雌雄だった。このチョウが一番たくさん飛んでいた。いわば、3月の与那国では普通種。

 25日も曇り、強くはなかったが全日東の風が吹き続ける。日焼けをしなくて済むが、鳥が想像以上に少なく、参ったなと思う。かっては、この時期たくさんのヤツガシラやツバメチドリが、牧草地や畑でうろうろしていたのに。


ナミエシロチョウ 低温期♂  2015年3月25日  沖縄県 与那国町

ナミエシロチョウ ♀  2015年3月25日  沖縄県 与那国町


4月2日 どなんはいつも風の中 2015 ついてる?

立神岩  2015年3月29日
 レンタカーの手続きを終えると、次は宿へ。持ち込んだパソコンや衣類など預け、宿泊費を払う。それから、島の東端の立神岩様へ挨拶に行く。これが、私の勝手な習わし。その後トカゲを見かければ、珍鳥に出会える。これ、私のジンクス。

 今回は、曇天で雨模様、東風も強かったので、立神岩様へ行かず、島の南側へ先に行く。悪天候の時は立神岩を撮影しても美しくなく、第一強風の中で断崖絶壁に立つのは危険だから。左は、快晴になった最終日に撮影した画像です。

 今回狙うと決めていた鳥は、しょぼい画像しか撮れていないコホオアカ、シベリアアオジと、まだ見たことがないニシシベリアハクセキレイの3種。珍鳥が出たら、それはそのとき。

 以前、コホオアカとシベリアアオジは島の南部でよく見かけた。それで、まず南西部の比川へ行ったのである。2種は見つからなかったが、昨日アップしたオオメダイやカワウを見た。

 この習わしを行わなかったことが、後々どう響いか・・・。なにせ、与那国は今も悠久の時が息づく「島宇宙」なのだから。


 レンタカー屋さんはぴかぴかの新車を用意していたが、どろどろべたべたな道路を走り回るから、ご辞退。以前にバンパーを割ったこともあるし、新車は・・・。軽の商用車アクティにチェンジ。ほんとはジムニーなど車高の高い車がいいのだが、ホンダさんでスズキの車はオーダーできず。アクティも4駆だし。

 しかし、軽は軽、坂道は登らず震動は大きいし・・・まぁ、普段乗ってるサーフと比較するのは間違いか。この車、なぜか蝶に好かれ、止めておくとやたら蝶が集まった。ホンダのご主人が無類の蝶好きなからかも。画像の蝶はたくさん飛んでいたナミエシロチョウ。


 

オオチドリ ♂ 冬羽から換羽中?  2015年3月24日  沖縄県 与那国町

 比川から島東端、東崎(あがりざき)へ向かう。途中、立神岩の横を通るが、強風にくわえて、ばらばら雨も降っていたので、挨拶は抜き。

 与那国では島全体が鳥見スポットだが、特に東崎周辺には鳥が集まる。そこから東の西表島、石垣島方面へ渡って行く。風雨が強いと、渡れずに待機している鳥が集まると思える。

 東崎の牧場へ着くと、目の前にオオチドリがいた。正直驚いた。お初の鳥見人さんが、与那国で見たがる鳥の1種はオオチドリである。オオチドリを見なくては与那国へ行った甲斐がないと言える鳥。
 かって、オオチドリが見たいと3泊4日がんばったご夫婦がいた。結局見られず、飛行機へ。その飛行機が飛び立つとほぼ同時にオオチドリが空港近くへ降りて来た。そんな鳥である。


 私は、なんども出会っているが、それでもいきなりの出会いにびっくり。しかも、3羽もいた。4月になるとそこそこの数が同時に入るが、3月だと、換羽中のばっちい個体がぽつんと1羽だけ、そんな場合が多い。3羽の中にほぼ夏羽の成鳥雄もいた。成鳥雄の頭部が真っ白だったら完璧夏羽だが、そんな個体はまだ見たことがない。恐らく、与那国では時期的に見られないと思う。

 撮影しながら、もしかすると、今回の駆け足鳥見は・・・ついている?と思った。

 
 

オオチドリ 冬羽  2015年3月24日  沖縄県 与那国町

オオチドリ ♂ 成鳥夏羽  2015年3月24日  沖縄県 与那国町

 オオチドリを撮っていたら、なんとマミジロタヒバリまで現れた。通称マミタも、見られるときは牧草地をぞろぞろ歩いているが、皆無の日もも多い。いきなり2羽も現れたから、ついてる?

 ふろくに、20羽ほどのアトリの群れもいた。信州ではほとんど見られない夏羽の雄や雌がここでは当たり前に見られる。

 与那国の夕暮れは18時過ぎ、朝が遅い分だけ日暮れも遅い。しかし悪天候なので、17時を回り周囲が暗くなり始めたので、初日の撮影は終わることに。23日から徹夜だから、ねむたくもなった。

 しかし、デジタルカメラの進化はすごいですね。オオチドリの画像など、すっきりくっきりしているが、悪天候の薄暗い状況下での撮影でした。昔は暗くて撮れないような。



マミジロタヒバリ  2015年3月24日  沖縄県 与那国町

アトリの群れ  2015年3月24日  沖縄県 与那国町


4月1日 どなんはいつも風の中 2015 7年ぶりの与那国

上空からの羽田空港  2015年3月24日

 10日間ほど連続の休みが取れるから、何処かへ出かけたら、と、かあちゃんからありがたいお言葉。で、7日間のお暇をいただく。迷うことなく、鳥馬鹿の行く先は与那国(どぅなん=どなん)。風に吹かれに、懐かし鳥見天国へ。

 20日間ほどもお暇をいただければ、のんびり楽しめるが、たったの7日間だから、強行軍するしかない。24日午前1時、小雪舞う零下の松本を出発、真夜中の爆走、一気に羽田空港へ。6時35分、石垣行きの機上の人になる。鳥馬鹿ですが、写真も好きだから、徹夜の強行軍で眠いのを堪えて、機上からの撮影。

 初めて見る羽田空港の新しい滑走路、昔、鳥見をしていた懐かし相模川、富士山は上空から見ても大きな山。
 航路上ずっと晴天が続いていたら、たくさん撮影出来たが、紀伊半島の上空から雲がびっしり。そのまま石垣島の上空まで下界は雲の下。途中、ほんの瞬間伊平屋島が見えただけで、石垣島まで退屈な空だった。曇り空の時は雲に写る飛行機のブロッケンを撮るのだが、これも雲との距離が悪くシャキッと撮れませんでした。



昔の鳥見フィールド 相模川  2015年3月24日 

富士山  2015年3月24日 

ブロッケン現象 石垣島上空  2015年3月24日 

 11時10分、石垣経由で与那国着。このフライトが一番短時間で果ての島まで行ける。しかも、午前中に鳥見を開始できる。前割の航空券を使っても経費は安くないが。

 降り立ったどなんは雲の下、東風が強く、時々小雨が来る。どなんはいつも風の中、24日もやはり風の中。観光には向かない天候だが、鳥見には悪くない。渡り鳥が東へ向かって飛び立てず、島に逗留するから。

 レンタカー屋さんも、宿の女将も7年の空白を越えて覚えていてくれた。嬉しかった。いろいろと物をもらった空港売店のおばぁは引退して、娘さんが店番をしていた。おばぁに会えず残念だったが、しっかり娘さんに取り入って?いつもの黒糖などもらう。もちろん、土産品はその店で買い、ついでに郵送もしてもらう。おばぁのときと同じパターン。

 その売店に繁く通うのは、おばぁが作った「くばもち」が好きだから。3本で500円。1本がだいたい内地の切り餅1個半ほどの量がある。もちろん内地の餅とは違います。3本食べて昼食に、いつものパターン。詳しくはネット「くば餅」を検索してください。黒砂糖味と紫芋味がある。私の好物は紫芋(当地ではベニ芋という)の方。



スズメ  2015年3月24日 沖縄県 与那国町

 与那国へ行く訳は、なんだかんだ言っても、内地では見られない珍鳥、超珍鳥を見つけること、この一点。力量のある鳥見人さんが先に入って、珍鳥を見つけておいてくれると、楽できるのだが。

 レンタカー屋さんの情報だと、鳥のリスト作りを専門にしているベテランさんが一人、チャリンコこいでる高校生が一人いるが他には見かけないとのこと。どうも、自力で鳥を探さねばならないらしい。

 スズメはどなんにもたくさんいる。じっくり見ても内地のスズメと変わらず。ただ、内地よりおっとりしている印象を受ける。この時期、渡り途中のサシバ、ハヤブサ、チョウゲンボウなどに襲われている。5日間の鳥見中で犠牲になったスズメを2羽見かけた。

 カワウも磯にいる。南の海らしい魚を捕らえたので、カワウはどうでもいいが、魚が珍しくて撮影。もちろん、こんな大きな魚を飲み込めるはずもなく、何度もくわえ直したが、結局食べられず。身の程ならぬ、のどの大きさ知らずのカワウは、何処にでもいるようです。


  

カワウ  2015年3月24日 沖縄県 与那国町

 カワウを撮っていたら、海面すれすれを3羽が飛んで来て、潮の引いた磯へ降りた。3羽とも第1回冬羽のままのオオメダイだと、すぐさま撮影。珍鳥ではないが、オオメダイは久しぶりの出会い。

 しかし、メダイチドリとオオメダイチドリは2種が並べば一目瞭然だが、いきなりオオメダイだけを見ると、もしかしてメダイ?と疑心暗鬼になる。松本盆地でうろうろしていて、最近は、シギ・チをほとんど見ていないから、いきなりオオメダイに出くわしてどきどき。今回出会えたオオメダイはこの3羽だけ、ほんの数分の付き合いだった。  


オオメダイチドリ  2015年3月24日 沖縄県 与那国町

ホオジロハクセキレイ  2015年3月24日 沖縄県 与那国町

 ともかく、島をひと巡り。7年の空白があったが、幹線道路は昔のまま、陸自のレーダーサイトの造成工事現場をのぞけば、おおむね7年前と変わらない風景。島民の皆様が変わらないことをどのように感じているかは別にして、私には嬉しいし、懐かしいし・・・。

 ホオジロハクセキレイは、畑、水田、芝生、牧草地などにいて、よく見かけるハクセキレイの仲間。内地では珍鳥に入るが、ここではごく普通種。それでも、ホオジロハクセキレイが10羽もぞろぞろしていると、与那国に来たんだと思う。

 ハクセキレイの仲間は、タイワンハクセキレイ、シベリアハクセキレイ、メンガタハクセキレイ、ニシシベリアハクセキレイ、それと内地にも普通にいるハクセキレイが、どなんで記録されている。

 今回見たい・撮りたい種にニシシベリアハクセキレイを入れていたので、ハクセキレイは特に丹念に見たが、ニシシベリア君には出会えなかった。

 下は普通のハクセキレイだが、どなんで会うと別種ではないかと目を凝らしてしまう。そして、どう見てもただのハクか、となる。コオロギ捕らえたところ。

 島を半周して、水田に水が入っていないと気付く。いつもだと、3月末になると田植えは終わっていて、早苗が風になびいているのだが、今回は雑草が茂っているだけ。かろうじて数枚だけ田植えが終わっていた。それと、代掻き中が数枚だけ。これには参った。田植えが終わり水が張られた水田がなければ、シギが降りてこない。

 夜に宿のご主人に伺うと、この2月3月は日照りが続き、雨がほとんど降らなかった。水不足なので田植えが始められないとのこと。シギ見は諦めになりそう。

 7年ぶりの与那国鳥見がスタート。しばらく、与那国日記が続きます。



ハクセキレイ  2015年3月24日 沖縄県 与那国町

3月 ホームヘ 5月