私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


4月 ホームヘ 6月

5月28日 やばいお家

サンコウチョウ ♂  2015年5月28日  長野県

蜘蛛の糸をくわえたサンコウチョウ ♀  2015年5月28日  長野県

サンコウチョウ ♂  2015年5月28日  長野県

 先日書いた尾羽の長くない雄。気分はしぼんだままだったが、写友から巣作りが始まったと連絡を受けて、見学に行く。雄が杉の皮を運び、雌が、接着剤代わりの蜘蛛の糸を運んで、ウメノキゴケを貼り付けたり、巣を強化する。なかなか楽しい見ものだから。
 
  上の画像の拡大

    蜘蛛の糸をくわえたサンコウチョウ ♀

 お家はすでに9分通り出来あがっていた。そのせいか、2時間見ていて雄が巣材を運んだのは2回だけ。雌がせっせと高木の梢を飛び回り、蜘蛛の糸を集めては補強工事を繰り返しているのに、怠け者の雄みたい。というか、どうも尾羽の長さから若い雄のようで、巣作りに慣れていないのかも、などと想像する。

 やばいのは、下の画像のように、この巣が常緑樹の枝に引っかかった枯れ枝に作られていること。宙ぶらりん状態だから、大風が吹くと枯れ枝ごと落っこちてしまう危険性が大である。なぜこんな場所を選んだのか不可解である。これから産卵し、抱卵期間が12〜14日、孵化後巣立ちまでに8〜12日、その間大風が吹かないようにと願うばかり。



資材を運んできた サンコウチョウ ♂  2015年5月28日  長野県


5月27日 熟女おらず

アジアイトトンボ ♂  2015年5月27日  長野県 松本市

アジアイトトンボ ♀未成熟  2015年5月27日  長野県 松本市

アジアイトトンボ ♀  2015年5月27日  長野県 松本市

 暑い日でした。炎天下に2時間いたら、顔がヒリヒリ。鼻の頭の皮が剥けるかも。それでもトンボ探し。たかがトンボ。日本全国に分布する普通のトンボだが、凝り性なので、撮りたいと思ったら止まりません。

 アジアイトトンボだけを撮ろうと、昨日と同じ場所へ行く。昨日たくさんいたのに、今日はほとんど見あたらない。赤い体をした未成熟♀が数匹、雄が数匹いるだけ。この変わり様には驚く。昨日サナエでなくアジアを撮るべきだった。後悔先に立たず。

 ともかく、成熟♀を探す。なんとか未成熟よりは大人になった個体を2匹見つけた。まだ体の一部に赤橙色が残っているから、完全に成熟していない。結局、完全に成熟した雌は見つからず、宿題になった。

 なぜ、熟女がいないのか、手持ちぶさたなので、座り込んで考えた。昨日はクロイトトンボもたくさんいたが、今日はクロイトもほとんどいない。昨日私ががさごそしたので、この場所に嫌気が差して、皆引っ越してしまったのか?そんなこともあるまい。サナエトンボは昨日同様いるのだから。

 ひとつ答えが出そうな状況を見つけた。昨日今日と、池の周りの雑草や灌木、池の端のキショウブの群生の中でトンボを見た。昨日は水面を飛び回るイトトンボはほとんど見かけなかったが、今日は雌雄が連結したクロイトトンボがたくさん飛んでいた。たぶんアジアもいただろう。遠いので識別できず。

 成熟した個体は、産卵のため水面近くへ行ってしまい、探している場所にはいないから、見つけ出せないのではと思い当たる。水面をのぞき込んで池に落ち、またカメラとレンズをパァにしたくないので、熟女ならぬ姉ちゃんを撮って、今日は諦めた。当然違う場所で、いつかリベンジしよう。



アジアイトトンボ ♀  2015年5月27日  長野県 松本市

 コサナエは今日もたくさんいた。この場所にいるのはコサナエだけで、ダビドサナエがたまに現れるだけ、他のサナエトンボはいないようだ。そう結論を出し、次のサナエを探そう。松本盆地の中で探し出すのは大変だけれど。


およッ!  コサナエ ♂ と ミツバチ  2015年5月27日  長野県 松本市

コサナエ ♂ 2015年5月27日  長野県 松本市


5月26日 困ったコチ

コチドリのいる風景  2015年5月26日  長野県 安曇野市
矢印の先で抱卵している

 始めに、23日のトンボの名前を間違えていましたので、訂正します。トンボは初心者なのでとちりますm(_ _)m (トラフトンボ→ダビドサナエ♀)

 この2年ほど安曇野でコチドリの繁殖が確認できなかった。私がフィールドにしている範囲内でも確認できなかった。この春からコチドリ2つがいがフィールド内の犀川にいた。繁殖するのではと期待していたが、洪水が2度起きて、コチドリが行動していた中州全体が濁流の下になり、洪水後は地形も変わってしまった。中州で繁殖準備をしていたと思うが、まさに水泡に帰した。

 洪水中、ひとつがいは御宝田池の周辺で、もうひとつがいは模型飛行機の飛行場へ避難して、そこで採食していた。その後の行方はつかめていなかった。

 24日に鳥チェックにフィールドを回ったときコチドリがいたので「どこかで繁殖しているか?」と、メモった。
 今日再度チェックに行く。すると、道の真ん中で抱卵しているコチを見つけてしまった。困ったコチだ。

 大昔、相模川で鳥見をしていた頃、こんなケースに何度か出会った。なぜか、こんな場所を好むコチドリやイカルチドリがいて、結局卵は踏まれてしまった。このコチの卵が無事に孵化するとよいのだが。

 営巣中の画像はアップしない方がいい。それは知っているが、敢えてアップします。私の行動範囲を知っている方は、画像の場所が何処か見当が付くと思いますので、別の道を通ってくださるようにお願いします。ともかく、まだ安曇野でコチドリが繁殖していると確認できました。



抱卵中のコチドリ  2015年5月26日  長野県 安曇野市

コサナエ ♂ 2015年5月26日  長野県 松本市

コサナエ ♀ 2015年5月26日  長野県 松本市

コサナエ ♀ 2015年5月26日  長野県 松本市






 3枚の画像は翅胸の上面の斑からコサナエと判断したが、横から見ていないので、別種の可能性もあるかも m(_ _)m


 コチを確認したので、トンボ探しへ。23日に誤認したダビドサナエの雌を探しに。それと、アジアイトトンボの、雌の未成熟はたくさんいたが、なぜか成熟した雌が見つからなかったので、アジアの熟女を撮りに。

 3cmほどのちっちゃなトンボなので、老眼+乱視の私には裸眼で識別できず。撮影し、ディスプレーで拡大して確認の作業を繰り返す。雌アジアは見つけ出せず仕舞い。アジアだと思って撮影し、モニター出拡大して見ると、全部クロイトトンボの雌でした。

 サナエトンボは見つけ次第撮影して、モニターで確認。デジカメは便利です。やはりコサナエの雄が多かった。片っ端から撮ってみると、背中の斑が微妙に違うと分かった。トンボも1匹ずつ個性(個体差)があるのだ。初心者はこんな些細なことでも、知ると嬉しくなる。

 木々が茂り、鳥はほとんど見えない。午後だけ鳥見には辛い日々が続いています。

 昨年と同じ場所にサンコウチョウが来ているが、今年の雄はなぜか尾が短い。あの長〜い尾が楽しみなのに。撮影に行く気持ちが萎えた。

 某雑誌によると、繁殖するリュウキュウサンコウチョウの雄には、尾の長い個体と尾の短い個体がいて、二型の可能性があるとのこと。

 この地でも、尾の短い雄が繁殖したら、なるほど二型あると言えるか・・・その目的で撮影するのも悪くないかとも思うが・・・でも、一端萎えた気力は簡単には・・・。明日も、アジアの熟女探しに行こう。


 ※多型 動物において同一種の個体間で形態が異なること。2通りに分かれる場合を二型という(某雑誌より)


ダビドサナエ ♂ 2015年5月26日  長野県 松本市


5月23日 トンボ撮り

オオトラフトンボ ♂  2015年5月23日  長野県 松本市

ダビドサナエ ♀  2015年5月23日  長野県 松本市

アジアイトトンボ ♀未成熟  
2015年5月23日  長野県 松本市

 なんじゃかんじゃで1時間しか空き時間がなかった。1時間でチャチャっと出来る撮影はトンボ撮り。

 で、サナエトンボを探しに行く。松本盆地と周辺の山地に生息しているサナエトンボのうち、まだ8種を見たことがないから。早苗植え渡す5、6月がサナエトンボの撮影期。
 しかし、1時間では広範囲のチェックは出来ないから、勝手知ったる溜め池へ行く。

 まずは飛び回るオオトラフトンボにしばし挑戦。まだ7DU+100−400mmを十分使いこなせないので、ピントが合わせられず、苦しむ。やはり、AFで撮れる止まった個体を狙う方が、短時間で収穫が得られると考え直し、キショウブの群生を見回す。

 1匹止まっていた。しめしめで撮影開始。ピントが来る。おやッ、オオトラフではなく
トラフトンボではないか!と気付く。これはラッキー、トラフは未撮影だったから。数コマ撮って、背面から撮ろうと動いたら逃げられてしまった。しかし、撮影済みが1種増えたから、上出来、上出来。

 
(26日に訂正加筆 トラフトンボは間違い。ダビドサナエの♀でした。1種増えませんでしたが、雌は初撮りなので、やや上出来)

 目的のサナエトンボを探すが、地味な色のトンボより、小さくても赤橙色のイトトンボの方が先に目に付いてしまう。すでに何度か撮影したアジアだが、道具使用の習熟度を上げるために挑戦。ちなみに左の画像は実物の3.5倍ほどの大きさです。実物は全長24〜34mm。

 そのため池でコサナエが生息している。これは昨年確認済み、撮影済み。狙うは未撮影の8種。いるかいないか、全くデータなし。更にラッキーが起こるか、いぶかしげな顔をして見ている魚釣りのおじさん達を尻目にキショウブや葦をのぞき回る。


コサナエ ♂ 2015年5月23日  長野県 松本市

 50mほどの距離を行きつ戻りつ。トンボはふらりと現れて、ひっそりと止まっている。行きにいなくても、帰りには止まっていたりする。

 コサナエは数匹いた。コサナエばかり・・・つまんないのと思っていたら、ダビドサナエがふらり現れた。すると、ほかのサナエトンボもいるのでは、期待が膨らむ。しかし、早くもお帰り時刻に。1時間じゃ何も出来ない。

 鳥見をさぼって今日はトンボ撮り。でも、撮りながら聞こえてくる鳥のさえずりはちゃんとチェックしています。池の横の山でアオバトが繁殖している。昨年アオバトを探しに山道へ入ったが、草木・灌木が生い茂る荒れ放題の山なので、奥まで進めず。声を聞いただけで引き返した。今年もアオバトが鳴いている。どうしようか迷うところ。

 トンボ撮り、明日はどこまで行こうかしら。いやいや鳥見に戻らねば。しかし、サナエトンボ探しも楽しいから・・・暇人は人に妬まれそう。


ダビドサナエ ♂ 2015年5月23日  長野県 松本市


5月22日 ただいま11羽

クロイトトンボ ♂  2015年5月22日  長野県 松本市

 初物はいいですね。千鹿頭池でもトンボの発生が始まりました。初のクロイトトンボです。下はオツネントンボ。オツネンは越冬するトンボで真冬でも池周辺でも見られる。オツネンも恋の季節に入ったようです。


オツネントンボ 上♂  2015年5月22日  長野県 松本市

 カイツブリも抱卵中です。昨夏とほぼ同じ場所で抱卵中。たぶん同一個体が営巣していると推測しています。まもなく雛が誕生し、池が賑やかになるでしょう。別に、人工筏の上でバンも営巣中。こちらは、茂った草の中なので、どの方向から見ても見えません。こちらも遠からず雛が現れるでしょう。アオダイショウだけが天敵です。


カイツブリ  2015年5月22日  長野県 松本市

2013年6月8日生  雑種ガモ バター  2015年5月22日  長野県 松本市

 千鹿頭池の雑種ガモのその後です。現在確認できている雑種ガモは11羽で、5ペアーが出来ています。この池の雑種ガモは、同じ日生まれの兄弟姉妹でペアーになるケースがほとんどと、足掛け8年の観察で確認しています。

 昨夏6月14日に生まれた5羽の白い雑種ガモは全滅しました。その親の「しろちゃん」も、連れ合いの「三郎(ガード君)」と共に、この3月から行方不明です。何処かで生きていて、ふらりと池へ戻るといいのですが。昨年も、一時行方不明になったが、5月20日頃池へ戻り、その後池で繁殖した。今年も同様だといいのですが。

 現在、池の白い雑種ガモはバター1羽のみです。バターを含め、生存している13年生まれの雑種ガモは3羽ですが、残りの2羽はペアーになっているので、バターは毎日孤独な暮らしをしています。たいてい人工筏の草むらに隠れています。

 下は13年生まれの「白太郎」(左)と「コーラ」。バターと同日生まれの兄弟姉妹で、現在ペアーです。これまで、頭部の黒い個体(黒い子)は繁殖しませんでした。生殖能力がないのではと推測しています。恐らく、このペアーが継続しても繁殖は望めないと思う。

 以下5組のペアーを紹介します。

 

2013年6月8日生  雑種ガモ 「しろ太郎♂」(左) 「コーラ♀」  2015年5月22日  長野県 松本市

 11羽の雑種ガモの中で下の2羽だけが「しろちゃん」と兄弟姉妹です。「五人組」が池の第一世代で、一時は池を占有していましたが、今はその勢いはありません。
 
 

2009年7月25日生  雑種ガモ 五人組「二郎♂」(左) 「五郎♀」  2015年5月22日  長野県 松本市

2012年5月31日生  雑種ガモ 「色男しろ♂」(左) 「コーヒー♀」  2015年5月22日  長野県 松本市

2012年5月31日生  雑種ガモ 「色男バフ♀」(左) 
「甲子♂」(右)は出生が確定していませんが、12年5月31日生まれと考えています。  
2015年5月22日  長野県 松本市

2014年6月14日生  雑種ガモ 「ピア♀(?)」(左) 「信長♂」  2015年5月22日  長野県 松本市

 これまで、「五人組」が池を占有し、「仕切って」いた間は、雄がディスプレをするとき以外は、雑種ガモ同士で争うことはなかった。ディスプレ時も取っ組み合いの喧嘩は見られなかった。後年生まれ組は、「五人組」に従って集団行動をするか、池を出て行くかの選択をしていた。

 「五人組」の勢力がなくなったからか、この春から争いごとがたびたび起こる。雑種ガモの世界も、人間の世界に似ている。というか、人間がカモ並みだったら情けない話だが。所詮人間も「生物」の端くれだから・・・。

 雑種ガモ、ただいま11羽。彼らに繁殖は望めそうにない。この池で雛を孵したのは、そもそもの源、アヒルの「おお婆さん」とその娘の「A子」、2羽はすでに生存していない。それと「A子」の娘の「しろちゃん」の3羽だけである。「しろちゃん」が戻らない限り、繁殖はのぞめない。



争う 「色男しろ」左 と 「信長}  2015年5月22日  長野県 松本市


5月20日 ちっちゃな幸せ

オオルリ ♂  2015年5月18日  長野県

 始めに、昨日の雑記の追記です。最新の図鑑で、ウスバシロチョウは「ウスバアゲハ」とされています。学問が進むと、ややこしいです。なお、「別名ウスバシロチョウ」と説明も付いています。

 さて、谷川彷徨の成果ですが、まだトンボは1匹も発見していません。まだ時期的に早いのか、そもそもいないのか、データの蓄積がないので、初心者は無謀な行為を繰り返しているのでは、そんな気分です。

 7DUに100−400mmを付けて、担いでいました。今日の3枚はそのセットで撮影した画像で、すべてノートリです。このくらいマクロレンズ的にも使えれば、トンボがいたら楽勝で撮れるのだが・・・。
 7DUをあまり評価していませんでしたが、明るいところならいろいろ楽しめます。下の2枚はすべてカメラ任せ、つまりプログラムオートにAWB。スポット測光、ISO 800 。


 

ヤマキマダラヒカゲ  2015年5月20日  長野県

?  2015年5月20日  長野県

 さて、本業の鳥見ですが、ちいちゃな幸せがありました。トンボに振られたので、谷川は1時間で切り上げて、アカモズ探しを2時間。かってアカモズを見た場所やその周囲、更に範囲を拡大して、行きつ戻りつ走り回る。

 60年以上昔の話ですが、アカモズは我が家の庭の柿の木で繁殖していました。アカモズはごく普通の鳥で、調査していた方のレポートによると、当時、松本平で繁殖していたモズの半分はアカモズとのことでした。

 今や、アカモズは絶滅危惧TB類(EN)です。でも、松本平では1A類(CR=ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めてたかいもの)に分類されてもおかしくない鳥です。それほど減少してしまった。普通に見られる鳥から、探し回っても簡単には見つけられない鳥になりました。

 2時間走り回り、出会えたのはたった1羽でした。それでも、ゼロではなかったので、ほっとしました。興味のない方には馬鹿馬鹿しい話でしょうが、鳥馬鹿は幸せでした。ちいちゃな幸せをひとついただきました。



アカモズ ♂ 2015年5月20日  長野県


5月19日 夏は来ぬ

ウスバアゲハ(ウスバシロチョウ)  2015年5月19日  長野県

 山裾のウツギが咲き始めた。松本平の里山では、なぜかホトトギスの声はほとんど聞こえない。托卵相手のウグイスはたくさんいるのだが。ホトトギスが忍び音を漏らさなくても、卯の花が咲けば「夏は来ぬ」だ。

 湿原にサワオグルマが咲き乱れ、ウスバシロチョウが来ていた。アサギマダラとアサヒナカワトンボを見かけた。今は初夏から真夏へ移ろい中。

 メボソムシクイは亜高山帯へ登ってしまい、山麓では声もしなくなった。少し遅れて渡来するというオオムシクイに会いたいが、草木大いに茂り、もはや姿を見ることは至難の業だろう。

 ノジコも新緑に紛れて、囀る姿を撮るのも、見つけるのも難しくなった。この初夏も、証拠写真でもいいから雌を撮りたくて粘ったが、雄の並な写真しか撮れずに終わりそう。

 次は、サンコウチョウのシーズンだが、その前にトンボを2種見つけ出さねばと、この数日ほとんど鳥撮りをせずに、谷川をうろうろ・・・熊に出会わないことを祈りつつ。



ノジコ ♂  2015年5月19日  長野県

ノジコ ♂  2015年5月19日  長野県

ノジコ ♂  2015年5月19日  長野県


5月16日 たかがホシハジロ

キビタキ ♂  2015年5月15日  長野県

 15日はサンコウチョウの日。3X5(さん・こう)15(じゅうご)なんて。ダジャレはさておき、15日はサンコウチョウを探し回る日と決めている。今年も、3カ所で見つけたが、どこも高い杉の梢付近を移動していて降りて来ずじまい。ひとコマも撮影できなかった。
 松本平周辺の山麓では、サンコウチョウが増えているように感じている。増え続けると嬉しいのだが。

 緑の中のキビタキしか撮影できずで、15日の午後は終わった。


 

キビタキ ♂  2015年5月15日  長野県

ホシハジロ ♀  2015年5月16日  長野県 安曇野市

 フィールドを回り、最後に犀川白鳥湖の遊水池で越夏カモのチェック。5月8日にチェックしたときにホシハジロの雌が3羽いた。14日には1羽しか見えなかったので、2羽は渡去したものと思い込んでいた。

 ところが、今日は2羽いるではないか。これは参った、14日はチェックミスをした。それで、3羽にならないか遊水池を見ていたが、2羽のままでした。

 池を見続ける間に、どちらが4回目の越夏をする個体なのか識別を試みる。たかがホシハジロだが。鳥馬鹿は、こんな些細なことに興味を持つ。

 結論を先に書くと、4回目の越夏する個体を「ホの子」と名付へ、もう1羽の1回目の越夏をする個体を「シの子」とする。もし、3羽目が現れたら「ハの子」とする予定。

 

ホシハジロ ♀ 「ホの子」  2015年5月16日  長野県 安曇野市

 2羽の差違は、首回りの褐色が、「ホの子」より「シの子」のほうが若干赤味が強い。嘴の白斑の形、アイリング、目の後方の白斑などに差が見られる。「ホの子」は見慣れているので首回りの色で、こちらが4回目の越夏個体だと見当を付けた。しかし、夏が進めば羽衣の色は変化するし、嘴の白斑は消えてしまうから、これらは物差しにはならない。

 

ホシハジロ ♀ 「シの子」  2015年5月16日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♀ 「ホの子」  2015年5月16日  長野県 安曇野市

 そこで、羽ばたくのを待つ。3回越夏した個体は、翼を広げても外見上どこにも異状が見えず、普通に飛べるのではと見えた。しかし、なぜか飛ばなかった。3年同じことを雑記した記憶がある。まず、羽ばたいた(上の画像の)個体を見て、4回目の越夏個体に間違いなしと判断、「ホの子」と名付ける。

 もう1羽が羽ばたくのを待つ。「ホの子」と同じように翼に異状が見られなければ、識別は不能になる。だいぶ待たされたが、もう1羽も羽ばたいた。正面向きなので比較に難ありだが、それでも「ホの子」との違いがはっきり見えた。

 羽ばたいている間中、右翼は下の画像以上に開かなかった。連続撮影の画像を順に見ても、右翼の開き具合はこのままで、左翼だけが普通に延びている。右翼を痛めて飛べない個体だろう。「シの子」と名付ける。飛べないから、遊水池で1回目の越夏をするしかない。

 たかがホシハジロに1時間以上かけてしまった。おかげでお帰り時刻に大幅な遅れが。


 

ホシハジロ ♀ 「シの子」  2015年5月16日  長野県 安曇野市


5月14日 初夏到来

チュウサギ  2015年5月14日  長野県 安曇野市

 今朝、カッコウが来て、運んで来た初夏を大声でまき散らしました。節気に従えば、初夏は立夏(5月6日)から夏至(6月22日)の前日までですが、春の遅い松本平では、5月上旬は春本番、夏まであと数歩の感じです。そして5月中旬、田植えが始まる頃、平野も山も爽快な緑の衣装に衣替え、平らは一気に夏模様。それを知らしめるように、カッコウが大声でふれて回る。カッコウが鳴いた日からが初夏だと、私は勝手に決めている。初夏到来である。

 今日も南風の強い日でした。ノジコにチャレンジしたかったが、昨日の突風の恐ろしさがまだ消えず、自分のフィールドをチェックすることに。田植えの済んだ水田に、チュウサギが3羽、アマサギが1羽来ていました。彼らも、初夏に現れる鳥です。繁殖しないかと期待しているが、南風に乗ってふらりと現れ、1週間もしないうちにいなくなる。アオサギ・ゴイサギ・チュウダイサギが繁殖している鷺山を丹念に見ても、2種は見つけられない。松本平では、2種は旅鳥です。


  

アマサギ  2015年5月14日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♀  2015年5月14日  長野県 安曇野市

 白鳥飛来地の御宝田池と犀川白鳥湖付近は、地つきのカルガモとマガモを除けば、カモはすべて渡去し、冬期の喧噪が嘘のよう。今は、静寂そのもの。

 「そして、誰もいなくなった」と言いたいところだが、御宝田池にハシビロガモが2羽、白鳥湖にホシハジロの雌が1羽とキンクロハジロの雌雄が1羽ずつ残っている。

 ハシビロガモはまもなくいなくなると思うが、ホシハジロの雌は4回目の越夏、キンクロハジロの雄は5回目の越夏に入るはず。2羽とも個体識別が出来ないので、あくまで同一の個体が残っているとの推測だが。

 雌も越夏して、ここで子育てをしたら、キンクロの雛が見られ、とても楽しいがのだと鳥馬鹿は期待している。でも、例年の例だと、雌はやがていなくなると思う。13年は、ホシハジロの雄が残って連れ添っていたが、突然現れたメジロガモの雄とともにいなくなった。14年はキンクロハジロの雄が1羽残って、雄2羽で仲良くしていたが、6月中旬にいなくなった。

 御宝田池のオオバンはいなくなった。また、繁殖しないかと期待していたが。白鳥湖の方はひとつがいが残っている。たぶん繁殖行動に入ると思うが、また卵をアオダイショウに食われるのではないかと気がもめる。

 
 

キンクロハジロ ♀(手前)と♂  2015年5月14日  長野県 安曇野市


5月13日 緑の季節

ノジコ ♂  2015年5月13日  長野県 大町市

 毎春、5月12か13日に行くスポットがある。目的はノジコだが、なかなかいい絵が撮れない。台風に邪魔され、昨日行く予定を今日に変更。山は濃淡様々な緑色がジグゾウパズルのように入り組んで、今はまさに緑の季節。
 
 ノジコは北アルプスの山麓にたくさんいるが、私の知る撮影可能なスポットは多くない。いると分かっても、悔しいけど撮れない。そんな場所ならたくさんある。

 今日もノジコが囀っていたが、台風の余波だろう、強い風がお邪魔をしてくれた。邪魔どころか酷い目に遭った。谷筋に入れば風は収まるだろうと安易な判断をしたが、これが大失敗。風が全然吹いていない場所と、強く吹いている場所があり、ノジコポイントは風が通り抜ける場所だった。

 風の中で撮影を始める。そこそこ撮れ始め、アカゲラやニュウナイスズメもいて、しめしめと思っていたら、いきなり突風に見舞われた。強い風なんてものじゃない。立っていられない。周囲の木々が折れんばかりに曲がり、枯れ枝や若葉を付けたままの小枝、それに若葉や枯葉、どこから来たのか土埃、そんな物どもがいきなり横殴りに襲って来た。吹き飛ばされる物どもが、流し撮りの写真のように線になる。風が見えた。そして、周囲は霧がかかったように土埃の中に沈む。

 大急ぎで三脚を付けたままカメラとレンズを地面に寝かせ、尻を風上に向けてカメラとレンズの上に覆い被さり、頭を抱えてうずくまる。車まで戻る余裕などまるでなかった。ほんの数分で、もっと短くて1分くらいだったか、突風は通り過ぎた。尻と背中に2発、枯れ枝の直撃を受けた。アウトドアの撮影は、時には命の危険もある・・・だから楽しくてやめられないのだが。伏せていた場所から10mほど先の大きな立木が2本、根元から倒れていた。

 いやはや、ノジコだって突風に驚いたろう。何処かへ潜ってしまった。せっかく撮れ始めたのに・・・今日は諦め。また突風は来たら今度は楽しいどころじゃないかもと思い。また明日挑戦しよう。



囀る ノジコ ♂  2015年5月13日  長野県 大町市

 風に邪魔され所替え。やはり12か13日にチェックに行く場所がある。そこから、私のトンボシーズンが始まる。一昨年から凝り出した、鳥見の隙間でトンボ追っかけ。松本盆地と周囲の山で見られるトンボは80種ほど。制覇まであと25種。私はトンボについてはリスト派。

 1Dxと70−200を待ったまま川に落ち、一気に80万円ほどをおじゃんにした。トンボ追っかけは金がかかっているから、もう後には引けない。もっとも、鳥見の方は、ちいちゃな家を1軒立てられるほど使ってしまっている。

 いつもの場所で、ちゃんとシオヤトンボが発生していた。それを確認。トンボシーズンも始まった。信州は緑の季節。春から初夏へ衣替え中。


シオヤトンボ 未成熟 ♂  2015年5月13日  長野県 大町市


5月10日 高原ノビタキ

高原はまだ早春  2015年5月10日  長野県 諏訪市 池のくるみ 

 今日も鳥見場所探し。ビーナスラインまで辿り着いたので、引き返すのもなんだしと思い、霧ヶ峰までドライブ。ビーナスラインはたくさんのバイクがバリバリ通るから、結構怖い。途中の林で耳を澄ますが、ウグイスとヒガラの声がしただけ。まだ、林の鳥たちは来ていないらしい。

 高原はまだ早春。大部分が枯れ野原。点在する木々の芽吹きが始まったところ。レンゲツツジの花芽は、まだ蕾とも言えないほど小さくて硬そう。しかし、ノビタキは早くも縄張り争いを始めていた。場所取り合戦は早い者勝ちだから、ノビタキは4月下旬には高原へ到着している。

 道を少し下り、湿原の横でUターン。わずかな距離しか見なかったが、ノビタキは5つがい以上いた。あとはヒバリがひとつがい。枯れ野のノビタキも悪くないと、ちゃちゃっと撮影。なにせ霧ヶ峰は家から1時間30分もかかるから、のんびり鳥見も出来ない。すぐにお帰り時刻が来てしまう。楽しい鳥見場所なのだが。次はレンゲツツジが咲く頃に来よう。



ノビタキ ♀  2015年5月10日  長野県 諏訪市

近づいた別の雄を威嚇する ノビタキ ♂  2015年5月10日  長野県 諏訪市

ノビタキ ♀  2015年5月10日  長野県 諏訪市

ノビタキ ♂  2015年5月10日  長野県 諏訪市

ノビタキ ♂  2015年5月10日  長野県 諏訪市


5月9日 物好きのムシクイ見

ニュウナイスズメ ♂  2015年5月7日  長野県 大町市

メジロ  2015年5月6日  長野県 安曇野市

 ほとんど撮影せずにあちこち回っていました。

 何年も鳥見をしていた場所が開発されて林が消えてしまったり、林床が綺麗に手入れされて、林が素通しになり、ウグイスやヤブサメの声もしなくなったり・・・時の移ろいにため息が出ます。新しい鳥見場所を探し出さねばなりません。

 ムシクイの追っかけも合わせて、新しい鳥見場所を探していたのですが、候補地は家から遠くなるばかりで。片道1時間もかけなければ行けない場所では通いきれないし。困っています。

 そこそこの数のムシクイに会いました。

 センダイムシクイは里山から1800mほどの山中までたくさんいて、そこいら中で酒宴の真っ最中。「焼酎一杯ぐい〜」

 エゾムシクイ、あの高音の金属的な囀りもたまに聞こえた。

 メボソムシクイとコムシクイは外見では識別できないから(そう図鑑が言うから)、懸命に鳴き声を聞く。姿が見えると、囀ってと願う。ボイスレコーダに入れてあるコムシクイの囀りを聞いて確認しながら。

 コムシクイは少数が日本海側を通過するとされている。北アルプスの東縁を通過しているかは、まるでデータなしだから、かなり無謀なことをしていると知った上での鳥見。結局、聞き覚えのあるメボソムシクイの囀りしか聞けなかった。

 もう1種のオオムシクイ、いわゆる「ジジロ、ジジロ」と鳴くムシクイ(かってはコメボスムシクイとされていた)は、やはり外見ではメボソと識別できないが、囀りで識別できる。この種は北アルプスの東縁を通過するし、秋には私のフィールドも通過する。ただ、春の通過時期が5月の中旬以降なので、まだ現れていないと思う。

 結局、メボソムシクイの近縁3種、メボソ、コムシクイ、オオムシクイはメボソしか出会えなかった。こんなことに熱中しているなんで、物好きの極みです。

 最近は、YouTubeで各種の囀りを聞くことが出来るから便利です。声撮り専門の方々に大いに感謝します。



ウグイス ♀   2015年5月9日  長野県 安曇野市


5月5日 花より

メジロ  2015年5月5日  長野県 安曇野市

 ゴールデンわいわいウィーク!なので、どの方向へ向かっても車と人が。確かに日本は人口が多いと、車の普及率が高いと確認できる。普段はスイスイ通過している道路が渋滞していた。メボソ探しの目的地にとても着けそうにない。貴重な午後を渋滞にはまって消費したくないから、急遽方向転換。誰も来そうもない低山の谷筋へ。

 センダイムシクイはたくさん囀っていたが、メボソは見つけられず。藤が綺麗に咲いていたので、キビタキかオオルリが来ないかしらと、虫のいいことを考えて待っていたら、メジロが来た。もちろん花より団子のメジロ君、あちこち見回して虫探し。そして、隠れていたいも虫をみつけて、期待通りのアクロバットな虫捕り。

 早くも、新緑が木々を覆い、それこそ山笑う風景。鳥はたくさんいたけれど、みんな葉隠れの術が上手くて、撮影が難しい季節になった。


 春早くから枯れ野を緑にしたナズナなどの雑草が、使命を終えて枯れ始めている。「麦秋」ならぬ新緑の中の秋。傾いた日射しの中にスズメが1羽。今日という1日の幕が下りようとしている。


スズメ  2015年5月5日  長野県 安曇野市


5月4日 憂さ晴らし

キセキレイ ♂  2015年5月4日  長野県 安曇野市

 雨が来るのは夕刻過ぎだろうと、安易に予測して、北アルプスの山麓へ入ったが、14時過ぎたら小雨が降り始めた。また読み違えた。松本盆地の平野部も東縁の低山も日が当たっているのに、雨の降る場所へ出かけたのだから。

 雨が降るような状況下では、鳥達はさえずりをやめ、飛び回りもしない。やむなく少し下山して、谷川でカワガラスでも出て来ないかと待つが、カワガラスも現れず。
 雨模様でも飛び回り、いつも通りに行動するのはキセキレイだけ。しかし、雌は抱卵中なのだろう、雄しか現れない。

 何も撮らずに返るのもしゃくだから、キセキレイの水浴びシーンを撮って憂さ晴らし。憂さ晴らしなんてキセキレイ君には失礼だった。
 秒間10コマのスピードでシャッターを押しっぱなし。たちまち100コマほど撮れてしまった。

 明日は晴れると、天気予報のお姉さんが言うから、またまたムシクイに挑戦しよう。今日は「凶」だった。明日は、たぶん「吉」だろう。



キセキレイ ♂  2015年5月4日  長野県 安曇野市

水浴びをする キセキレイ ♂  2015年5月4日  長野県 安曇野市


5月2日 クロジと出会う

クロジ   2015年5月2日  長野県 安曇野市

 ムシクイを探して山道を登る。高度1100mほどまで登ったが、全く会えず。まだ繁殖地まで来ていないのか、それとも、すでにもっと高い場所にいるのか。昨年まで、深い谷の向こう側にある林道沿いにはそこそこの数がいた。高度的にはさほど違いはないのに。今年は、その林道が進入禁止のままなので鳥見に入れない。

 あれこれ考えていたら、目の前に突然クロジが現れた。かなり驚いたが、ラッキーな出会いと記念撮影。そこは、一昨日も鳥見をした場所で、ヒガラはたくさん出たけれど、クロジは1羽も出なかった。

 小さな水場があり、そこへ水を飲みに来たらしい。ムシクイも来るかもと思い、しばらく見ていたら、今度はクロジが2羽同時に来た。これは、超ラッキーなのかも。新緑の時期にクロジ数羽と出会うなんて、そうそうないことだから。

 ムシクイは棚上げにして、クロジを待つことに。コバエが顔やファインダーの周りでわやわやとうっとうしい。

 コバエを追い払いながらクロジと遊ぶ。手入れがされていない自然林の中なので、ブッシュの中、枝の向こう側、葉陰と全身が見えない場所ばかり移動するから、思うように撮影できなかった。

 1時間半同じ場所で頑張った。同一の個体が2度来たかも知れないが、とにかく延べで15も羽来た。どの個体も初列風切が褐色で、中には背や喉にまだ褐色の羽が残っている個体もいた。どうも、渡り途中のクロジの若者グループと遭遇したらしい。

 ムシクイの勉強は全然進まなかったが、思わぬ出会いに興奮でき、いい日だった。ただ、ずっとお日様に照らされていたので、顔と腕がヒリヒリ・・・どうやら日焼けをしたらしい。




5月1日 サンショウクイ

サンショウクイ ♀   2015年5月1日  長野県 岡谷市

 5月になっちゃいました。季節は緑と花の洪水。山の春は只今氾濫中。かっては、鳥の声も溢れ返っていたが、年々減少の一途。洪水がせせらぎ程度になってしまった。垂れ桜見物をしながら寂しく思う。

 今日も垂れ桜に誰か来ないかと待つが、16時少し前にコガラが来ただけ。キビタキもサンショウクイも、数こそ数羽に満たないが、いることはいる。ちょっと立ち寄ってくれないかと期待しているのだが。

 かって、サンショウクイやキビタキ、オオルリなどが止まった。その思い出シーンの再来を期待して居待ちしているが、一番よかったシーンを思い出し、それ以上を望むから、ため息が出てしまう。そもそも、ベストシーンが頻繁に現れたら、それはベストじゃなくなるのに。

 サンショウクイがつがいになった。まだ巣材運びをしていないから、雌が来たばかりだろうか。とにかく、どん欲に食べている。虫を探して目線の高さまで降りて来る。撮影チャンスなのだが、ゆっくり止まってくれないし、若葉の陰に入ってしまうので、なかなかすっきりした画像にならない。今日のふたつは出来がいい方。


サンショウクイ ♂   2015年5月1日  長野県 岡谷市

キビタキ ♂   2015年5月1日  長野県 岡谷市

 キビタキがぽつぽつと現れ始めた。数日前にいた綺麗な雄成鳥は見えなかったから、抜けたのだろう。代わりに、褐色の幼羽が残る若い雄が2羽いた。鳴き声を上げ、牽制し合ったり、勘違いをしたのか、シジュウカラとバトルをしていた。幼いながら男の子です。


キビタキ ♂   2015年5月1日  長野県 岡谷市

 ヤマガラが大きな蛾を捕らえた。ヤマガラの食事はよく見かけるが、こんな大きな蛾を捕らえ、食べるシーンは初めて見た。今時は、若葉の中の小さな青虫など食べているが、蛾まで食べるのだと、少々驚く。

 目移りするほど鳥がいて、撮影に忙しく、休む暇もない。オオルリが周囲に3羽もいて、どの個体を撮ろうか迷っちまう・・・そんな鳥見は、記憶というアルバムの中のこと。もう、そんな春は来ないだろう。
 それでも、春たけなわになれば、少なくなったとはいえ夏鳥が現れ、待ち時間が多くて欠伸も出るが、何とか撮影も出来る。この状況がいいとは言わないが、これ以上悪くならないで欲しいものだ。


ヤマガラ   2015年5月1日  長野県 岡谷市

4月 ホームヘ 6月