私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


5月 ホームヘ 7月

6月30日 池は大賑わい 2 

ハラビロトンボ ♂ 未成熟   2015年6月30日  長野県 安曇野市

ハラビロトンボ ♂ 未成熟   
2015年6月30日  長野県 安曇野市

 鳥を見たり、トンボを見たり、日の長い時期とはいえ、たちまち午後は終わってしまう。効率的にフィールドを周回せねばと思いつつ、見慣れたトンボに引っかかり・・・。

 今フィールドで一番目付くトンボがこの黒いやつ。犀川の堤防、白鳥湖・御宝田池の周り、水田などいたる所にいる。よく似た色をしたオオシオカラトンボがそろそろ出現する時期なので、もしかしてオオシオカラ?視線を奪われてしまう。オオシオカラはもっと大きいのだが、一応確認しないと。2種ともさんざん撮影したから、今更なんだけれど。

 水田を回ったので、育った稲に止まるトンボがやけに目について・・・目的はチュウダイサギの幼鳥の撮影だったのだが・・・目的外の行動ばかり。

 赤とんぼの代表アキアカネがすでに現れていた。フィールドでは、ナツアカネよりアキアカネの方が早くから羽化し、数も多い。水田でたくさん生まれ、真夏の間は高原などへ避暑に出かけ、酷暑の時期は涼しい場所で飛び回っている。日常生活に追われる人間にはちょっと羨ましい生活をしている。

 ヒナたちで大賑わいの御宝田舞台のチェック。新たにバンのヒナ5羽を確認できた。これで役者に子役も全部揃った。しかし、期待のオオバンの特別出演はこの夏もなさそうで、残念です。

 池の周囲にはオオヨシキリがたくさん営巣していて、親鳥の仰々しい鳴き声がとぎれることがない。昔は葦原をわけて巣をのぞいて回った。もしかしてカッコウのヒナが入っていないかと。しかし、ここでは、あまりにもオオヨシキリが多く、監視の目がたくさんあるからかカッコウも寄りつけないのか、宅卵された巣は一度も見つからなかった。恐らく、ここでは宅卵は起こらないだろうと思い、葦原にはいるのはやめた。



アキアカネ ♂ 未成熟   2015年6月30日  長野県 安曇野市

カルガモ 親子   2015年6月30日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♂   2015年6月30日  長野県 安曇野市

 昨日確認できたヒナは全部健在で、数を頼りかカルガモのヒナが一番活発に、それこそ縦横無尽に水面を泳ぎ回っていた。

 ホシハジロはなかなか3羽揃わない。上の画像の奥で寝ている1羽と他の2羽は別行動をすることが多い。想像するに、寝ている1羽が飛べなくて冬からずっといる個体で、2羽は後から加わった、飛べるのにものぐさを決め込んだ2羽だろう。
 
 左の個体は虹彩の色がまだ黄色味を帯びているから若いと思える。体や頭部の色、虹彩の色から中央の個体が先に来て、左の個体が後から来た個体と考えられる。たかがホシハジロだが、見ているといろいろ面白い。

 一度だけヒナ5羽が揃って池を横断したので、子バンの数を数えられた。しつこく1時間ほど見続けたが、ウキヤガラの茂みに入ったままの子がいて5羽揃いがここでも撮れず。バンの家族勢揃いの絵を撮るのは、どこでも難しい課題。

 

バンの親子   2015年6月30日  長野県 安曇野市


6月29日 池は大賑わい

ホオジロ 幼鳥   2015年6月29日  長野県 安曇野市

 昨日の庭仕事で体中が筋肉痛・・・草取りや花の移植などたっぷり残っていたが、午後から出かけたかったので、明日に回す。明日が雨なら明後日に・・・ものぐさ太郎は、鳥見以外はすぐにさぼる。

 しばらくチェックしてないフィールドへ。白鳥湖で2羽いたホシハジロの雌が見つからず。どこかの草陰に潜んでいればいいのだが。それとオオバンが見つけられなかった。巣作り途中で、交尾までしたのに、繁殖をやめてしまった。この夏もオオバンの繁殖は望めそうにない。

 いきなり、上の幼鳥と出くわした。一瞬誰だか判らなかった。巣立ったばかりの幼鳥だろう。

 御宝田池へ回る。2羽のホシハジロの雄がどうしているかと捜す。なんと3羽に増えていた。また、繁殖地へ行かないものぐさ個体が1羽増えた。私のものぐさといい勝負かも。これで、どれが誰やら判らなくなった。まぁ、たかがホシハジロだから、記録的には3羽になっただけでいいのだが。飛べるのに渡らない、ものぐさ個体が2羽も越夏するのは、たぶん初記録だろう。


 

ホシハジロ ♂   2015年6月29日  長野県 安曇野市

カルガモの親子   2015年6月29日  長野県 安曇野市

 しばらく振りの御宝田池は大賑わいでした。ホシハジロが1羽増えただけでも記録だが、カイツブリのヒナが4羽、カルガモのヒナが8羽、マガモのヒナが4羽誕生していた。15日に紹介したマガモのヒナ6羽も健在で、親鳥とほとんど同じ大きさまで成長していた。もう、ヒナだらけの賑わい。バンのヒナでも誕生したら、それこそ満員御礼状態になりそう。

 上はカルガモの親子。ヒナが7羽しか写っていないが、例のごとく、無鉄砲なやつがいて、離れた場所で勝手していたので、8羽そろいは撮れず。

 下はウキヤガラの葉に付いている小さな虫(? あるいは貝)を、飛びついて捕食しているカルガモのヒナ。ちびちゃんで、翼も未熟だが、なかなかのジャンプ力があり、感嘆する。アメンボウを追いかけて水面を走ったり、いろいろ楽しい行動を見せてくれた。



ジャンプするカルガモのヒナ   2015年6月29日  長野県 安曇野市

 次はマガモのヒナ。カルガモのヒナとよく似ているので、親鳥と一緒でないと一瞬見間違う。違いは過眼線の下、頰の黒斑が過眼線と繋がっていないこと。これが一番判りやすい。

 こちらも2羽が勝手な行動をしていて、4羽揃いの画像は次回にお預け。


マガモの親子   2015年6月29日  長野県 安曇野市

休憩中のカルガモ ヒナ   2015年6月29日  長野県 安曇野市

 カルガモでもマガモでもいいから、楽しいシーンが撮れないか、1時間ほど見ていた。カルガモが桟橋で休むと分かったので、先回りして待つ。

 上は、やはり、2羽が言うことを聞かず、あっちへ行ったしまったので、おっかさんが連れ戻しに行き、帰って来たところ。結局2羽は桟橋へ上がらなかったので、8羽揃いはお預け。

 下は、まだうろうろしている2羽を追って、おっかさんが水面へ戻り、みんな来るように呼んだので、水面へ戻ろうとしているヒナ。

 大賑わいだが、近くへ寄って来ないので、時間をかけた割にはシャキッとした画像は撮れずじまい。しかし、久しぶりに連写が何度も出来たので、このところ鳥が撮れず、ふて腐れ気味のだった気分は、晴れました。ついでに、バックに入ったままだった600mmレンズの日干しも出来ました。


 


6月28日 カッコウ

カッコウ   2015年6月28日  長野県 松本市

 5月14日以来ずっと我が家の回りで鳴いているカッコウ。朝から慣れない庭の草取りなどして、ぐったりしていたら、いきなり窓から見える隣家の木で鳴き出した。大急ぎでカメラを引っ張り出しす。

 日陰の上、17時30分を回っていたので色はくすんでしまったが、自分のベットに寝転がってカッコウが撮れるなんて、幸せ~♪
 カッコウって、けっこう怖い顔をしている。

 さて、夕飯の支度を始めなくちゃ・・・幸せ感も、日常に薄められ・・・


6月25日 待ちぼうけ

ツバメ    2015年6月25日  長野県 松本市

 ツバメの口移しシーンが撮れるのは4、5日の間。幼鳥は、自在に飛べるまで成長すると、もう止まり木で待たずに、親と一緒に飛び回り、飛びながら親鳥から食べ物をもらうようになるから。その瞬間も撮りたいが、途方もなく難しい。もの凄いラッキーがないと、その瞬間をレンズ内に納めることも出来ない。一応狙ってはいるが。

 バンの幼鳥は6羽いるが、親鳥が3羽ずつ分けて、離れた場所で面倒を見ているので6羽と親2羽が一緒になる機会はほとんどない。6羽をひとつ画像に入れる夢は追い続けるとしても、こちらも難しい課題です。



バンの親子  2015年6月25日  長野県 松本市

田んぼへ出かける 「しろちゃん」と亭主の「三郎」  2015年6月25日  長野県 松本市

 「しろちゃん」が戻った。ヒナ誕生を期待しているが、今日の行動からすると、希望がかなうのは50歩100歩。夫婦そろって田んぼへ出かけてしまうから。昨日書いた抱卵している可能性は、早くも疑問符付き。

 2羽は2011年以来ずっとつがい関係を解いていない。繁殖を終えても、そろって行動している。たまに「三郎」がふらふらと他の雑種ガモに混じっていると、「しろちゃん」が大声で鳴いて呼びつける。どうも、かかあ天下らしい。田んぼへ出かけるときも、「三郎」は「しろちゃん」の後から付いて行く。まぁ、仲良きことは良きかな良きかなである。

 下はツバメの幼鳥が水浴びをする連続画像。成鳥みたいにすらっと水面をなでられず。水面に激突して骨を折るのじゃないかと思うほど不器用な浴び方をする。

 さんざんバンに待たされて、その間に雑種ガモのチェックやツバメ撮影で暇つぶし。さしたることもなく、今日の午後も、待ちぼうけで終わった。明日こそ・・・と思う。晴れるといいのだが、予報は芳しくない。



ツバメ 幼鳥  2015年6月25日  長野県 松本市


6月24日 花菖蒲の頃

花菖蒲の頃  カルガモ   2015年6月24日  長野県 松本市
飛んでいるトンボ : 黒白の2匹はコシアキトンボ 右上隅の水色はシオカラトンボ

 カルガモが8羽のヒナを連れていると情報をもらった。昨日、見に行ったが、カルガモっ子は見られず。代わりに、孵化しばかりと思えるバンのヒナを見つけた。真っ黒くろすけが6羽、なかなか子だくさんである。歯医者の帰りだったので、撮影は出来なかった。

 今日、改めて真っ黒くろすけを撮りに行った。千鹿頭池は花菖蒲が盛り。トンボは少ないが、4種類を確認できた。しかし、くろすけは見あたらず。たいてい、池の縁に生えているマコモ林の中で行動しているから、簡単には見られない。それが、ここでのバンの行動の特徴。待つしかないので、ツバメの幼鳥を撮影しながら暇つぶし。

 後からおいでの常連さんから雑種ガモの「しろちゃん」が戻っていると教えられた。それは、確認せねば・・・いろいろチェック事項が多くなった。

 しばらくしたら白いカモが現れた。頭部の黒い羽毛と嘴の黒斑は間違いなく「しろちゃん」の特徴。後頭部から首にかけて羽毛がずいぶん抜けていた。これは、交尾するときに、雄が首をくわえて引っ張ったから抜けてしまったと考えられる・・・すると、また何処かで抱卵しているのでは。
 雑種ガモをチェックしていたら、「しろちゃん」の連れ合いの「三郎(ガード君)」もいた。ますます、抱卵している可能性が高くなった。楽しみが増えた。


 

雑種ガモ 「しろちゃん」   2015年6月24日  長野県 松本市

 16時少し前に、バンが現れた。6羽のヒナはばらばらに行動していて、ひとつ画像に3羽を入れるのが精一杯。でも、1年ぶりに真っ黒くろすけが撮れて楽しい瞬間でした。6羽がひとつ画像に入るまで、池に通うことになりそう・・・トンボ探しも行き詰まっていることだし。



バンの親子   2015年6月24日  長野県 松本市

バンの親子   2015年6月24日  長野県 松本市

ツバメ 幼鳥   2015年6月24日  長野県 松本市

ツバメ 幼鳥   2015年6月24日  長野県 松本市
 カワセミを撮らんがために、常連さんが立てた「やらせ棒」にツバメの幼鳥が止まり、ときどき親から虫をもらっていた。暇つぶしの被写体にはもってこい、100-400の練習にももってこい。

 この棒に最多で、同時に7羽が止まった。全部が兄弟なのかは不明。腹が薄い赤褐色をした上の画像の幼鳥は、親鳥から食べ物をもらわなかったし、飛び去ってはまた戻るを繰り返していたので、たぶん兄弟ではなさそう。

 1羽ずつ幼鳥を見ると、胸や腹の羽衣の色が少しずつ違う。これは面白い。あちこちで見かけるツバメの幼鳥は、下の画像のようにたいてい腹が白い。そして、まれに上のような薄い赤褐色の個体も見られる。この色の違いは・・・考えても分からない。誰か答えを書いていないか、ネットサーフィンをするのがベターな方法かも。


 
後はお決まりの口移しシーンの撮影。高性能な機材のおかげで、いくらでも撮れるから、いい時代です。フィルムの頃は、後で必要になる現像代が恐ろしくて、滅多に連写などしなかったが、今は気の済むまでシャッターを押し続けられる。

ツバメ 幼鳥   2015年6月24日  長野県 松本市

ツバメ   2015年6月24日  長野県 松本市

ツバメ   2015年6月24日  長野県 松本市


6月22日 雨の合間

「宇宙って、この辺りなのかなぁ~」アメンボウの子供がつぶやく  2015年6月22日  長野県 岡谷市

 雨降りにはかないません。土砂降り雷雨では、トンボは出て来ないし、カメラは出せないし。鳥さんだって木々の中。雨の中でもヒナのために食料調達に励むオオヨシキリも、たたきつける雷雨の中へはさすがに出かけません。

 加えて、外遊びが思うに任せない「あけび」は、昼間からくうすか寝ているので、朝が早くて。今朝なんて3時半に騒ぎ出し、1時半に寝た私は非常に寝不足。雨降りは週に2日と神様決めてくれないかしら。

 今日は雲が多いものの、晴れた。雨の合間の半日、ちょっとトンボをチェック。しかし、トンボには出会えず。代わりに綺麗どころが目に付いた。ハンミョウは時々出会うが、緑色のハチとは何年振りかの出会いなので、すかさず撮影。こんなことしていると、だんだん鳥屋から虫屋になってしまうかもと思いながら。

 耳には、キビタキの囀りや、ヤマガラの鳴き声、騒がしいエナガの団体の声など聞こえているが、緑色のハチを撮っている。
 そう、6月と言えば、北海道の原野でシマアオジの声を聞いているとか、沖縄でキンバト探しなどしている時期なのだから・・・キビタキの囀り声くらいでは、気力が湧かない。



ハンミョウ  2015年6月22日  長野県 岡谷市

タカネアオハバチ  2015年6月22日  長野県 岡谷市

 しかし、鳥馬鹿は鳥屋です。霧ヶ峰までは遠いし、雨にたたられたら泣きたくなるだろうから、近くの高ボッチへ鳥見に上がる。ここだって、レンゲツツジは咲いているから。

 かっては、たくさん鳥がいた。カッコウやジュウイチが飛んでいたり、ノビタキやビンズイがヒナに虫を運んでいたり・・・。しかし、最近は寂しくなった。やはり鳥は減っているとここでも確認できてしまう。

 それでも、律儀なホオアカだけは、毎年何つがいかが繁殖にやって来る。100-400を担いで高原を散歩。そう、たまには散歩もいいものだ。うろうろ、行きつ戻りつ・・・想像通り、ホオアカとモズにしか出会えず。ノビタキは来なくなったのだろうか。2時間で1羽も見られず。遠くでカッコウ、ホトトギス、ジュウイチの声はしていたが姿は見えず。月並みなホオアカのスナップ写真を撮って散歩終了。

 霧ヶ峰より遙かに人出も車、バイクも少ないから、静かな高原でいいのだが、鳥さんがいなければ、鳥屋は手持ちぶさた。
 下りの林道で、目の前の道路へリスが出て、ちょこんと座ってこちらを見ている。フロントガラス越しでは撮影できないから、眺めていたら、後へ追いついた車がぶーぶー・・・。
 リスに出会えたのが、今日一番のご馳走でした。


ホオアカ  2015年6月22日  長野県 高ボッチ山

ホオアカ  2015年6月22日  長野県 高ボッチ山

ホオアカ  2015年6月22日  長野県 高ボッチ山


6月18日(後半) コチドリ巣立つ

コチドリの巣(跡)  2015年6月18日  長野県 安曇野市

 雨が上がった。重たい黒雲の空だったが、コチドリを見に行く。残念ながら巣はもぬけの空、午前中に孵化して巣立ったらしい。周囲に親鳥もヒナもいなかった。

 コチドリのヒナは孵化後3時間もすれば歩き出し、自分で採食する。親鳥は安全な場所へヒナを誘導して行く。河原は草が茂っているから、その中へ入ってしまえばもう見つけられない。コチドリチェックは終了。抱卵していた日数から、無事孵化したと思う。ともかく、久しぶりにフィールド内でコチドリが繁殖に成功した。目出度し目出度しである。

 ホシハジロが2羽並らんだ。遠かったが、証拠写真には十分。左が先にいた個体(♂A)で、右が後から現れた個体(♂B)。
 そして、♂B はしっかり飛べると分かった。下の画像は助走したところ。この後島陰に入ったので、助走だけだろうと思っていたら、しっかりと飛び上がり、御宝田池の上空を3周して池へ降りた。

 ♂B は繁殖地へ向かわず、さぼっているやつらしい。飛べるから、いついなくなっても不思議ではない。♂B が安曇野で越夏するかは分からなくなった。


ホシハジロ ♂  2015年6月18日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♂B  2015年6月18日  長野県 安曇野市


6月18日(前半) 雨の日

狭いながらも気楽な我が家  2015年6月18日

 もう2歳なのに、やることは子猫。雨で外遊びに出られないと、悪戯の連続。猫タワーで寝ていればよい子なのだが。

 雨の日は、パソコン作業。たまった画像の整理。そこへ退屈した「あけび」が、猫の手を貸しに来る。手伝い無用なのに、モニターと私の間に割り込む。尾を振って顔をなでてくれる。キーボードの上で横になる・・・。

 それでも飽き足らないと、資料をかき回す。A4を4枚貼りつないだ資料の中に入り、ごろ寝をするのが大好き。カメラを向けられると、得意顔。

 雨の日は、猫ちゃんのお守りで・・・結局、画像整理は遅遅として進まず。未整理の画像は1年半分たまったまま。早く雨上がれ。

 


6月17日 待ちぼうけ

オゼイトトンボ  2015年6月15日  長野県

 長野県では、まして私のトンボ追っかけの範囲内では、オゼイトトンボはレアーなトンボ。しかし、発生している場所を一度見つけると、環境変化が起きない限り、毎年そこで発生する。しかも、ごく狭い範囲で発生を繰り返すらしい。3年同じ場所でオゼを見て得た知識。

 谷川で、1種増えそうだった。しかし、飛び回るトンボを撮影するのは至難の業。いつかプロにノウハウを教わりたいものだ。見た目、ムカシヤンマだろうか?撮影できず、識別もできずで終わった。トンボが飛び去ってしまったので、戻らないかしばらく待ったが、待ちぼうけ。

 振り返ったら、カワガラスがいた。なんでこんな所にいるのだと思える、どうでもいい谷川。今年生まれの幼鳥とも思えないし、翼があるから何処へでも飛んでいけるだろうが、こんな谷川まで入り込むなんて。


カワガラス  2015年6月15日  長野県

マガモ ヒナ  2015年6月16日  長野県 安曇野市

 そろそろコチドリは孵化するはず。抱卵現場を見つけたのが5月26日、コチドリの抱卵期間は24~25日だから、そろそろ。チェックに行くが、16日はまだしっかり抱卵していた。
 御宝田池のマガモの雛は6羽に減ったが元気だった。この池で3年マガモが繁殖した。

 ホシハジロの雄が1羽残っていると6月6日に確認した。その後、池の周りでトンボのチェックをしていて、何度かホシハジロを見かけた。気のせいか、体の色がなんとなく黒っぽかったり、白っぽかったり、日によって違って見えた。変だと思ったが、光線の角度に寄るのだろうと、さして気に止めなかった。ところが、16日に、ホシハジロの雄が2羽いた。目の前に2羽現れたから間違いない。

 下の画像のAが6日に確認した個体で、Bが確認できた2羽目の個体。この夏、安曇野で白鳥湖の雌2羽と合わせて4羽のホシハジロが越夏することになった。
 

ホシハジロ ♂B  2015年6月17日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♂A と抱卵中のカイツブリ  2015年6月17日  長野県 安曇野市

2015年6月17日  長野県 安曇野市
 この3日、雨にたたられました。静かな雨降りならまだしも、黒雲がわき、土砂降り。ただ、お帰り時刻頃に降り出したので、トンボのチェックや、鳥見はなんとか出来ました。

 土砂降りでも、1時間に30mmほどで、狭い範囲だったので、騒ぐほどでもありません。
 もし、1時間50mmを超える雨が、広範囲に5~6時間も降ると、犀川は洪水になり、コチドリの営巣場所も水没する恐れがあります。今のところほとんど増水していないから、なんとかコチドリの孵化は間に合いそうです。

 今日、コチドリが孵化するはずと信じて、1時間以上も見ていました。しかし、一度だけ親鳥が交替しただけで、ヒナ誕生は見られませんでした。河原の中で待ちぼうけ。

 座り続けるコチドリを見続けるのもくたびれるので、周囲に来たホオジロやカワラヒワの幼鳥を撮って暇つぶし。オオキンケイギクの花で黄色一色だった河原も、8割方咲き終わったので、だいぶ色合いが違ってきました。

ホオジロ 幼鳥 奥♂   2015年6月17日   長野県 安曇野市

カワラヒワ 幼鳥 下♂   2015年6月17日   長野県 安曇野市

カワラヒワ 幼鳥  2015年6月17日   長野県 安曇野市


6月14日 拾い物

ホソミオツネントンボ ♂(上) 水色みの強い♀(下)  2015年6月14日  長野県

 松本盆地を出てトンボ撮り。昨年ヤマサナエを見たが、撮影できなかったので、リベンジに。盆地外で1種増やしても、カウントの対象外だが。
 それと、ホソミオツネントンボがたくさんいるので、その産卵シーンを撮ろうと。トンボ観を始めた頃は、ホソミオツネンが撮れればいい程度だったが、だんだん要望が増えてしまうのは、嵌ってしまったから。
 
 ホソミオツネンの連結はたくさんいたが、産卵中は見つけられず。雌が雑草の葉や茎に腹の先を付けて産卵するのだが、上のように雌が腹を伸ばしている連結ばかりでした。粘って池を2周したが、目的は達成できず。

 飛んでいるサナエトンボを見つける。しめたヤマサナエの雌と思い、撮影開始。雑草の間を飛び回るので、AF は使えず、MF で懸命にピントリングを回す。数コマ撮れたのでモニターで拡大する・・・ヤマサナエではなさそう、腹の黄斑が多すぎる・・・車へ戻り図鑑を広げる。残念ながらダビドサナエの雌でした。

 結局、池を2つ巡ったが、目的は果たせず。積み残しの宿題はまたもや片付かず。

 ダビドを撮影しているとき、聞き覚えのある鳴き声がした。トンボを探しているときはトンボ見観の目になっている。大急ぎで鳥見の目に切り替え、周囲を見回す。記憶は違っていなかった。ハリオアマツバメが2羽、水面めがけて降下中。大急ぎでAFに切り替えレンズを向ける。

 まだハリオの時期ではないと思っていたし、今日の空は雲がいっぱいだったから、ハリオの飛来は予想外。毎度の絵しか撮れなかったが、100-400で初めてハリオを撮影した。慣れないことをしたから、全部ピントが外れているだろうと、出来映えを期待しなかった。でも、何とか使えそうな画像があったから、思わぬ拾い物をしたと喜ぶべきだろう。ともかく、機材様々である。それにしても、トンボ探しは骨が折れる。


 

ダビドサナエ ♀  2015年6月14日   長野県

ハリオアマツバメ   2015年6月14日   長野県


6月11日 今日もまた、また

ツバメ  2015年6月11日  長野県 安曇野市

ツバメ  2015年6月11日  長野県 安曇野市

 今日は鳥のチェック、時々トンボの予定で出かけたが、やはりトンボチェックの方に時間をかけてしまった。

 それはさて措き、上のちょっと近過ぎたツバメ画像2コマは連続の画像です。2コマともシャッタースピードは6400秒分の1。ツバメはこの短時間にこれだけ飛び上がれる。撮影後モニターを見ながら、いまさに驚いた。

 白鳥湖の傷病ガモ3羽は健在。4回目の夏を迎えたホシハジロの雌「ホの子」が、カワウに驚いて水面を走った(下の画像)。初めて「ホの子」がまるで、10cmも飛び上がれないとわかった。左へカーブしてしまうのは左の翼が痛んでいる証。また悲しいひとつ知ってしまった。

 オオバンは抱卵をやめてしまったらしい。もし、抱卵中と見た6日のチェックが誤りで、巣を作っている最中だったら、これから産卵するのならよいのだが。1週間もすれば、結論は見えるでしょう。


ホシハジロ ♀  2015年6月11日  長野県 安曇野市

 道路上で抱卵中のコチドリは無事で、まだ抱卵中だった。抱卵開始日が分からないが、営巣確認日から数えて、孵化は来週初めと推測している。雛誕生までもう少し、頑張ればコチドリ。

 御宝田池では、カイツブリがウキヤガラの茂みの中で抱卵中。バンもふたつがいいるはずなのだが、茂った草むらに隠れているので、営巣の確認も出来ていない。そのうちにひょこひょこ泳いでいる雛を見つけて営巣したと確認するしかなさそう。


抱卵中のカイツブリ  2015年6月11日  長野県 安曇野市

ハラビロトンボ ♂未成熟  2015年6月11日  長野県 安曇野市

 鳥見のフィールドの水辺がトンボシーズンに入った。今日もまたまたトンボのチェック。
 6日には1匹もいなかったハラビロトンボやアオハダトンボが、それぞれ10匹以上見つけられた。御宝田池ではセスジイトトンボがたくさん発生していて、その多くが今朝羽化したばかりと思える未成熟だった。

 そうそう、聞き間違いでなければ、アブラゼミが鳴いていた。まだハルゼミが盛んに鳴いているのに。しばらく聞き入ったが、聞き馴染んだジリジリ声はアブラゼミに違いなかった。

 今日は入梅。周囲はすっかり夏になりました。



アオハダトンボ ♂  2015年6月11日  長野県 安曇野市

アオハダトンボ ♀  2015年6月11日  長野県 安曇野市


6月10日 今日もまた

ニホンカワトンボ ♂  2015年6月10日  長野県 大町市

ニホンカワトンボ ♂  2015年6月10日  長野県 大町市

アサヒナカワトンボ 無色翅型 ♂  2015年6月10日  長野県 大町市

オツネントンボ  2015年6月10日  長野県 大町市

 今日もまた、飽きもせずにトンボ追っかけと分布のデータ集め。松本盆地内で観察しやすいトンボはほとんど見たし、撮影もした。
 悔しいのは、次の1種が全然見つけられないこと。トンボ修行3年目。6月上旬は2年目だから、そうそう簡単に制覇出来るとは思っていないが、今年まだ1種も増えていない。

 観察範囲の松本盆地を「降った雨が最終的には犀川へ流れ込む範囲」、つまり分水嶺の内側と定義している。西は上高地、槍、穂高、東は美ヶ原、北は仁科三湖、南は塩尻峠、かなり広い範囲である。使える時間上上高地までは行けないが。

 ニホンカワトンボを完璧撮影できたのは初めて。松本盆地内の分布は北端のみとされているので今日はラッキーだった。何度か通った中綱湖だが、いままで1匹も出会わなかった。発生時にタイミングに合わなかったからだろう。中綱湖はたくさんの種が発生するから、毎日観たい場所だが、片道1時間かかるので、そうそう行かれない。

 雌もいたが、撮影前に逃げられてしまった。近くの別の場所で、見つけたと思ったが、こちらは毎度のアサヒナ君だった。無色翅型のニホンとアサヒナはよく似ている。最近、脳みそが硬くなって、一度図鑑を読んだくらいでは識別ポイントを覚えられず、現場で図鑑と首っぴき。そして、やっぱりアサヒナかとなる。

 今はコサナエが盆地の各地でたくさん発生している。よく似たヤマサナエ、ホンサナエ、ヒメクロサナエを見つけたいので、1匹ずつ観るが、コサナエばかり。鳥で言えば、たくさん聞こえるメボソムシクイの鳴き声の中にオオムシクイの声がしないかと、雲をつかむような努力をしていたのに似ている。凝り性だからどっちもやめられない。

 そろそろ、鳥さんのチェックもしなければと思いつつ、トンボを1種増やしたいし・・・どうでもいいことで悩めるなんて幸せ、と思います。

 

ホソミオツネントンボ ♂  2015年6月10日  長野県 大町市

サラサヤンマ ♂  2015年6月7日  長野県 大町市

サラサヤンマ ♂  2015年6月10日  長野県 大町市


6月6日 繁殖シーズン

オオバン  2015年6月6日  長野県 安曇野市

 時はまさに繁殖シーズン。私の見ているフィールド内で抱卵を始めたオオバンがひと組。犀川本流の中州までチェックできないが、恐らく安曇野で繁殖中のオオバンはこのひと組だけだろう。

 安曇野でのオオバン繁殖は4例目。2例は成功し5羽と1羽の雛が成長した。3例目は上の画像とほぼ同じ場所に営巣。残念ながらアオダイショウに卵を食べられてしまい失敗に終わった。今回は成功して欲しいが、アオダイショウ退治まで出来ないし、無事を祈るしかない。

 この池で、暮らしていた傷病コハクチョウの「ぴーちゃん」は5月18日にキツネに襲われ死亡した。悲しい別れでした。同じくこの池で暮らしている傷病ガモ、ホシハジロの雌2羽とキンクロハジロの雄1羽は健在で、今日もいつもの行動をしていた。ただ、オオバンの1羽がやけに乱暴者で、ホシハジロを追い回している。自分の巣を守るためだろうが、カモよりアオダイショウに気を付けねばと忠告してやりたい。

 道の真ん中で営巣しているコチドリは、まだ無事で、ひと安心。たぶん抱卵期間の半分は過ぎたはず、あと10日間ほど頑張れば雛が誕生するだろう。梅雨になり、人出も減るだろうからなんとか雛誕生まで辿り着けそう。

 

抱卵中のコチドリ  2015年6月6日  長野県 安曇野市

ホシハジロ ♂(左) と マガモ ♂  2015年6月6日  長野県 安曇野市

 この夏残っているカモは白鳥湖の傷病3羽だけと思っていたら、御宝田池にホシハジロの雄が1羽いた。これまでチェックにかからなかったのは、池の人工島の雑草の中に潜んでいたからか、何処かから飛来したからだろう。たぶん後者だと推測する。

 一昨年の7月に、ふらりとメジロガモが現れた例からすると、ホシハジロがふらりと現れても不思議ではない。この雄が白鳥湖まで移動し、雌と出会い、楽しいことが起こらないかと、そう、ホシハジロの雛なんて見たことないから・・・鳥馬鹿の好奇心は止まりません。

 今年も御宝田池でマガモが雛を孵した。ただいま雛は7羽。中に無鉄砲なやつがいて、ついつい先走るので、おっかさんは気が気ではない。7羽揃ったところを撮りたいと見ている鳥馬鹿も気が気ではない。



 帰路、コンビニに寄ったら、育ち盛りが5羽、ヒーヒー大口を開けて鳴いていた。フンが落ちるからとか、衛生的に云々とか言って巣を撤去してしまう店もあるが、軒先を貸している優しい店に拍手。

 いまや繁殖シーズンまっさかり。鳥がたくさん繁殖できる環境は、人間にとってもよい環境なのだ。おじゃま虫のカワウやアオサギの繁殖を含めても。環境が昔より悪化しているとはいえ、まだ松本平の環境は快適である。環境がよりよい方向へ変わって行くよう願うのは、鳥も人間も同じだろう。



6月5日 雨シーズンは

 雨シーズンが始まりそうです。雨が降らなければ、それはそれで困るが、もっと困るのが「あけび」の乱暴狼藉。

 雪降りの中を平気で走り回る犬並の猫なのだが、雨は苦手らしく、外へ出してもすぐに帰ってくる。泥足で歩いた後の雑巾がけと、逃げ回る「あけび」を捕まえて、ふぎゃふぎゃ言わせながら足裏の泥を拭き取る。これ、ひと仕事。

 外に出さなければ済むのだが、室内にあるトイレではいっさい用足しをしない。外に出せと毎朝4時半には騒ぎ出す。私はいつも寝不足。

 退屈して、遊ぼ~!と擦り寄る。それはいいけれど、キーボードの上を歩いたり、尾で私の顔をなでたり・・・私は飼い主で、君の猫友ではないのだ。

 そして、相手をしてやらないと、脅迫を始める。左のように置物風に澄ましている間はいいが、上のように写真を引っ掻くまねをする。爪は立てないが、肉球でしっかり擦るから、私の傑作?が!!クリスタルプリントは傷だらけ。これは、外に出せと言う「あけび」の脅迫行動。泣く子と脅迫猫には勝てません。晴れている日はいいけれど、雨だと、また雑巾がけをする羽目に。雨シーズンは嫌ですね。

 下は、「我が家」でふて腐れている「あけび」の図。子猫の時はちんまりと収まっていたが、今は体があふれ出す。

 


6月4日 トンボ撮り

シオカラトンボ ♀ 未成熟 2015年6月4日  長野県 松本市

シオカラトンボ ♂ 未成熟?
 2015年6月4日  長野県 松本市

 6月になり、トンボがどっと羽化するのではと期待していたが、家から近い池はその気配もなく、今のところがっかり状態。自然は簡単なメカニズムで動いていないと知らされる。もちろん人為的な原因も加わるし。

 千鹿頭池では、昨秋、水抜きがされ、水面を覆い尽くしていたヒシを引き上げて処分した。池の水質保全には重要なことだから仕方がないが、水生植物がなくなったので、トンボもいなくなった。現段階ではそうとしか思えない。さんざん探して、クロイトトンボを2匹みつけただけ。

 カイツブリが抱卵していると5月22日に書いた。日数数えて、今日あたりに孵化すると予想していた。しかし、とんだ計算違い。すでに雛は誕生していて、しかも、もう親の背に乗れないほど大きくなっていた。孵化後一週間は過ぎている。抱卵を開始した日を教わっていたが、どうも誤差が大きかったらしい。早めに雛が誕生したから、もう一回繁殖する可能性がある。楽しみは先にとっておくことに。

 雑種ガモは4羽しか確認できず。「しろちゃん」がいなくなったので、黄色い雛の誕生も起こりそうにない。カワセミも来なくなった・・・集っていた写真家!達も現れず・・・池は静かになってしまった。

 隣の生妻池もチェック。こちらもトンボはまだのよう。シオカラトンボの羽化したての個体がへろへろと飛んでいた。他にはコシアキトンボが一匹。コシアキは今期初認。どうやら、トンボ発生もワンステージ進んだ。今日の成果は、その確認が出来ただけ。まぁ、自然相手のお仕事?はこんなものでしょう。



コシアキトンボ ♂  2015年6月4日  長野県 松本市

6月2日 トンボ撮り

アサヒナカワトンボ ♂ 無色翅型 2015年5月30日  長野県

 トンボ撮り、今日はどこまで行こうかしら・・・で、あちこち池や谷川を回っていますが、普通に見られる種はほぼ撮影済み、1種増やす、あるいは形態に差のある個体を見つけるのはとても難しく、空振り続きの毎日です。トンボは囀らないし、小さいから、鳥よりずっと探しにくい。それに、たいてい水辺で探すので、水へ落ちるの怖くって・・・。

 松本盆地内では、いないかもと思いながらも、アサヒナカワトンボの翅が褐色の個体を探している。しかし、無色翅型しか見つけられず。

 木々は茂り、イタドリなど背が高くなる雑草も茂りに茂っているので、トンボのいる水辺は暗くて撮影が辛い。それで、池ぽちゃが怖いけれど、カメラを7DⅡから1Dx に代えた。絞り込めるので、画像の出来が全然違うし、シャッタースピードが稼げるので撮影も楽になった。

 キビタキの叫び声を聞きながら、今頃叫んでいるやつは嫁探しにあぶれたやつ、気の毒に・・・などと思いながらアサヒナを撮る。



コサナエ ♀  2015年5月30日  長野県

うん?何か用事か!  ダビドサナエ ♂  2015年6月1日  長野県

 今年は、トンボ探しを早めに始めたからか、あちこちでダビドサナエを見つけてしまう。ついには、初夏にオオルリなどの鳥見をする、渓流にある烏川緑地公園でも見つけてしまった。図鑑の分布図を見る。青森から鹿児島まで何処にでもいるとの表示。なるほどと納得。

 鳥の採食を見ていると、とても虫などいないと思える針葉樹の葉裏からたくさん虫をくわえ出すので、見とれてしまう。トンボをしつこく見るようになったら、トンボも草の間でホバリングをしながら、たくさん虫を捕らえる。やはり、見とれてしまう。小さなハエやカのような羽虫の他に、大きなイトトンボが小さなイトトンボを食べたりする。図鑑に記載があるが、目にするとやはり驚いてしまう。ワシ・タカが小鳥を補食するのと同じなんだなどと、ひとり納得してしまう。



草の間で虫取り中  ダビドサナエ ♀  2015年6月1日  長野県

エゾイトトンボ ♂  2015年5月30日  長野県

 上は小さな虫を食べているエゾイトトンボ。やはり、草の間をホバリングしながら虫を探し、金魚が口で水槽をちょんとつつくような動作で虫を捕らえる。それが撮れたらとレンズを向けるが、このトンボ4cmほどの全長だから、ピントが全然会わず、腕の悪さを嘆くばかり。

 松本盆地に生息するイトトンボで、どうやらクロイトトンボの発生が一番早いと思える。早めにチェックを開始したの分かったことのひとつ。クロイトトンボはすでに産卵をしている。

 鳥もそうだが、トンボも、絵になるような場面に遭遇しない。図鑑写真ばかりで、新しい種でも見つけないと、マンネリもいいところ。鳥も撮りたいし、トンボも見つけたいし、せっせと出かけたいが・・・明日は雨との予報。溜まった未整理画像でも整理しよう。

 

クロイトトンボ 連結 右♂ 左♀  2015年6月2日  長野県

5月 ホームヘ 7月