私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


6月 ホームヘ 8月

7月31日 届かぬメール

夏色  トンボはコヤマトンボ

 暑いですね。最近は出かけていません。撮影もしていません。熱中症になりそうな年寄りがいるので。エアコンをいれている部屋にいればいいのに、わざわざ暑い部屋で昼寝を始める。その部屋もエアコンをいれて・・・ひとりのためにエアコン2台が稼働中・・・。

 話題が突然変わりますが、メールって便利なのか不便なのか。全然届けられないアドレスがある。初めはケーブルテレビ局のサーバーを疑った。あれこれやりとりをして、ひとつ結論めいたことが分かった。それが正解なのか分からないが。

 アドレスの@より前の部分に「.」(ドット)があるとだめらしい。つまり「○○.○○@○○.ne.jp」のようなアドレスは

 
I'm sorry to have to inform you that your message could not be delivered to one or more recipients.

となってしまう。

 先方と直接連絡を取れず、苦肉の奥の手。この雑記をお読みだから、ここで連絡します。返信が届かないのは上のような理由らしいとご理解下さい。

 これって、Outlook 2013 を使っている当方の問題なのかしら?とも思ってしまう。詳しい方、お教えいただければ幸いです。


飛行機雲


7月28日 やれやれの

ハリオアマツバメ  2015年7月26日  長野県

 26日、トンボを撮るつもりで家を出たが、空を見て目的地を変更。雲がない青空、間違いなくハリオがたくさん来る空。日曜日で撮影地は混雑するだろうが我慢しようとハリオの来る池へ行く。
 
 ハリオはそこそこの数が飛来した。しかし、満足な写真が撮れず、腕の悪さを再確認。ハリオの合間に来るイワツバメの水浴びの瞬間を狙う。水しぶきを上げている瞬間がどうしても撮りたいから。しかし、こちらも思うように撮れず。やれやれ、ご苦労さんな午後でした。

 楽しかったことは、偶然横へ座った方が、鳥の他にトンボも撮っているとのことで、トンボ談義が出来たこと。午前中はルリイトトンボを撮って来たとのこと。実は、家を出たときの私の目的がルリイトトンボだったから、話が弾んだ。


 26日は、満足な画像が撮れなかったから、雑記する気力が湧かず寝てしまう。
 

イワツバメ  2015年7月26日  長野県

ルリイトトンボ ♂  2015年7月27日  長野県 松本市

ルリイトトンボ ♂  2015年7月27日  長野県 松本市

カオジロトンボ ♂  2015年7月27日  長野県 松本市
 
 27日午後は、ルリイトトンボを撮りに出かける。目的はルリイトの雌とカオジロトンボの雌の撮影。打率がよい、トンボマニアには有名な牛留池へ。

 2時間粘ったが、雌を見つけられず。また次の機会へになる。トンボも早朝から撮影を開始しないと楽しいシーンが撮れない。ルリイトやカオジロの抜け殻がたくさんあったから、早朝から粘れば羽化のシーンが撮れるはず。

 牛留池でカオジロを撮ると、多くの個体にダニが付いている。たぶんダニだと思う、左の画像の翅に米粒みたいについているやつ。ダニの付いていない個体を探すのがたいへん。少数のルリイトにもダニが付いている。昨夏も同じようなダニ付きの画像がほとんどだった。今年も同じで、やれやれと思う。ダニ付きは気色悪いから、撮影地を換えた方がよさそうだ。

 27日夜、左目の上まぶたが腫れてきた。ちょうど蚊に刺されて腫れ上がった時のように。少し熱っぽく、片眼でパソコンをするのも辛いから寝てしまう。

 今朝起きたら、左目が開かない。え~ッと思い鏡を見たら、上まぶたが赤黒く腫れていた。何かに刺された記憶もないから、原因不明。とにかく冷やす。夕方になってようやく両目で物が見られるようになった。トンボのダニが付いてきたのではないだろうが、1日中目を冷やしながらごろごろ。やれやれの1日。



7月24日 白蓮

トノサマガエル  2015年7月24日  長野県 大町市

 今日はトンボ見に。悔しかったのは車で走行中にヤンマとすれ違ったこと。1匹なら、おやおやだけれど、3匹も。もちろんオニヤンマではなかった。オニなら、こんちわ!で惜しくもないが、??なヤンマなので、大急ぎで車を止めた。しかし、戻ってくるほどヤンマ君は暇ではなさそう。なかなか1種増やせないので悔しさいっぱい。

 探しているのは、ムカシヤンマ、カトリヤンマ、ヤブヤンマ・・・そろそろ飛んでいるはずなのだが。

 いつものイトトンボなどとの出会いで時間が過ぎ・・・見慣れたトンボばかりで飽きたので、蓮など見に行く。蓮の撮影は早朝、遅くても午前7時頃までが相場。午後だけカメラマンには辛い。でも、15時過ぎだって、白蓮は美しい。ピンクの大賀蓮もいいけれど、白い蓮の方が断然いい。

 実は、蕾の先にカワセミとは言わない、トンボの1匹でも止まっていないかなんて邪な心があった。見慣れたモノサシトンボだっていい。でも、蓮田にトンボの影もなく。白蓮の香りを嗅いで、極楽気分、邪な考えは消えました。


 蓮田にはちっちゃなトノサマガエルがたくさんいて、葉の上で極楽気分?はたまた瞑想中?「もとめても かかる蓮の露おきて 憂き世にまたは 帰るものかは(枕草子)」なんて。


白蓮  2015年7月24日  長野県 大町市

白蓮  2015年7月24日  長野県 大町市
 キイトトンボは「たいへん貧欲」と図鑑にある。確かにもぐもぐやっているキイトをたまに見かける。今日もお食事中の雌に出会った。

 今日の目的は産卵中のキイトの撮影。数組が産卵していたので、撮るには撮ったが、背景がごちゃごちゃで、恥ずかしい画像ばかり。とても使えない。来年また挑戦するしかない。


 

キイトトンボ ♀  2015年7月24日  長野県 大町市

キイトトンボ ♂  2015年7月24日  長野県 大町市

ハッチョウトンボ ♂  2015年7月24日  長野県 大町市

ハグロトンボ ♀  2015年7月24日  長野県 大町市


7月20日その2 イワツバメ

イワツバメ  2015年7月20日  長野県

 何度チャレンジしても撮影に失敗するシーンがある。例えば、イワツバメの水を飲むシーンと水浴びのシーン。

 ハリオを撮りに行った。休日なので人出の多さは覚悟の上。たぶん知人、写友もおいでだろうから、今日はおしゃべりタイムでもいいかと。

 御嶽山辺りでわき上がる雲が流れて来て、西の空は雲行きが怪しく、たぶんそれが理由だろう、ハリオは少数しか来なかった。しかも撮影できる目の前は通らなかった。こんな状況は、よく起きる。自然相手だから、そういうことと受け入れるしかない。

 そんなときは、たまに少数が飛来し、水浴びをするイワツバメの水浴びシーンを狙うが、ハリオの半分以下の小さな体なので、なかなか上手く撮れず、未だに気に入った絵は撮れていない。今日もまた、チャンスは数回あったが、残念賞・・・まだまだ未熟者と思うしかない。

7月20日 梅雨明ける
バン 幼鳥  2015年7月19日  長野県 松本市

バン 幼鳥  2015年7月19日  長野県 松本市

 梅雨が明けた模様と気象庁の発表。その割にはスカッと青空にならず雲ばかりの昨日。
 雑用で、お出かけが1時間遅くなった。せっかく梅雨が明けたのに・・・。一番近い鳥見場所の千鹿頭池へ行く。

 6月23日頃生まれたバンのヒナ6羽は健在。まだ翼が整わないものの、真っ黒黒すけは1か月ほどで一丁前になった。雑種ガモは10羽確認できたが、「しろちゃん」もご亭主の「三郎」も見あたらず。何処かで抱卵していて、ある日突然、ヒナを連れて池に現れたら・・・そんな楽しい想像をしてみる。夢が現実になればいいのだが。

 梅雨が明けたよと、何処かで「しろちゃん」を見かけなかったかい?スズメに話しかけたら、あたしゃ子育てで忙しいのよと、連れない返事。スズメは青虫をくわえて飛んで行った。



スズメ  2015年7月19日  長野県 松本市

 今朝はすっきり青空。そして朝からムッとする暑さ。確かに梅雨が明けたと感じられる。ねっとり感の大気。

 庭のナスを採りに行ったら、羽化間もないナツアカネが1匹、園芸棒の先端に。この夏の第1号を見つけ、なんとなく嬉しくなった。

 繁殖中のオナガは広範囲を飛び回らないし、大声をあまり出さないので静か。巣立った幼鳥が飛び回るようになると、また賑やかなオナガの群れが復活する。

 餌をねだる幼鳥を交えたオナガの群れが時々周回して来ると、真夏が来たと思う。今朝は幼鳥が1羽だけで、時々叫び声を上げながら飛び回っていた。もう自立しろと親鳥に追い出されたのか、それとも迷子になったのか。青空、朝から焼けつく日射し。梅雨が明けた。



オナガ 幼鳥  2015年7月20日  長野県 松本市


7月17日 雨上がり


産卵中のクロイトトンボ   2015年7月17日  長野県 安曇野市

 我が家の回りは、幸いにも、台風の影響は雨降りだけで終わりそうです。雨が上がったので、トンボ探しに行く。ややこしいヤンマが1匹飛んでいたが、高速で飛び回るので識別できず。やはり網で捕まえなければ識別は難しい・・・でも、腹部の黄斑からコヤマトンボだろうと思う。飛び回るので撮影も失敗。せめて10秒間一点でホバリングしたら撮れるのだが。50mmレンズでゴミみたいに小さな姿を撮り、PCで目一杯拡大したら識別出来るかも知れない。それはいずれ試してみよう。

 睡蓮のつぼみに幼虫(ヤゴ)が止まっていた。抜け殻にしては背中が割れていないな、これはたぶんクロイトトンボの幼虫だろう、などと考えながらスナップ。じっと観続けていたら、面白い写真が撮れたのに、つい横のいざこざに目に行ってしまい、そちらの撮影に集中してしまった。素人だから、次に起こることまで考えが及ばなかった。

 クロイトは10分ほどの間に羽化した。殻から抜け出る一番楽しいシーンを取り損ねた。しかし、ひとつ知恵が付いたから、今日はそれでよしとしましょう。



2015年7月17日 13時31分26秒

2015年7月17日 13時44分14秒

羽化後まもない クロイトトンボ   2015年7月17日  長野県 安曇野市

 目移りの相手は産卵するふた組のクロイト。産卵シーンだけなら、何度も撮っているからどうでもいいが、ふた組が場所争いをしながら産卵するので見とれてしまった。

 産卵出来そうな場所はいくらでもあるから、同じ場所を奪い合わなくてもいいと思うのだが。当のふた組は意固地になっているのか、片方が産卵を始めると、もう片方が回りを飛び回り邪魔をする。それの繰り返し。

 この堅いつぼみがよほど気に入ったのだろう、一方が産卵していると、他方が邪魔をして追い出し、産卵を始める。すると追われた方が、逆襲してつぼみを奪い返す。

 仕舞いには向かい合って止まり、雌は産卵、雄はど突き合いを繰り返す。雄の争いはボクシングの試合のよう、お互い6本脚だから、手数ならぬ脚数が多い。組んだり、離れたり、頭をぶつけたり・・・面白い見ものでした。つい見とれていたら、たちまち10分ほど時は経過。つぼみの幼虫に視線を戻したら、羽化が終わっていた。

 

産卵中のクロイトトンボ   2015年7月17日  長野県 安曇野市

産卵中のクロイトトンボ   2015年7月17日  長野県 安曇野市


7月15日 今日もハリオ

ハリオアマツバメ   2015年7月15日  長野県

ハリオアマツバメ   2015年7月15日  長野県

 突然真夏になってしまい、暑いのなんの。2日間は我慢しましたが、今日、松本も35度超。ついにエアコンのスイッチをオン。涼しくていいけれど、だれてしまいますね。ネコの「あけび」もフローリングの上で腹ばいになり、外へ出かけもせず、ダレ~としたまま。

 これではいかんと鳥見に。何処へ行こうか考えるが、候補地が浮かばず。天気予報がちょっと不安なことを言っていたが、ハリオの池へ。

 今日は平日なので、池には写友がひとりいただけで、静か。たくさんのハリオの飛来を期待して、日陰で待機。たくさん来たら、日陰から出て、炎天下で頑張るつもりでした。

 14時頃から、ぱらぱらとハリオが来始める。目の前を飛行してくれるよう願うが、相変わらず遠くで水浴び。撮っても背後からの追っかけで、背中ばかりで頭が見えない、つまらない画像ばかり。

 ここでは、ハリオは、15時過ぎからどやどやと団体で来ることが多い。ところが、雲行きが怪しくなり、15時過ぎると、空の半分を黒雲が覆ってしまった。こうなると、1羽も飛来しなくなるのがこの池。ハリオは黒雲の下で雨中を飛び回り、水浴び、給水を済ますらしい。

 今日は、天気予報が外れて欲しかったが、見事に当たってしまった。また、月並みな画像が数コマ撮れただけ。先へ送った方が、楽しみは倍になるから、次回に・・・やせ我慢で、今日も締めくくり。


ハリオアマツバメ   2015年7月15日  長野県


7月12日 晴れ上がったら

ハリオアマツバメ   2015年7月11日  長野県

 7月の晴れ上がった日は、日焼けをものともせず、ハリオアマツバメに挑戦。恒例の鳥撮り。我が家から車で50分ほどの場所だから、何とか2時間半は撮影時間が取れる。

 昨日は上空のハリオを狙うが力及ばず。水浴び後、上空で大きな音を立てて身震いし、体に付いた水滴を払い飛ばす。その瞬間を撮ろうと、またまた身の程知らずの挑戦。この日のために、ツバメで練習したのだから。

 上がちょうど身震いするために体を縮めた瞬間。ピントは合ったが、水滴がどこにも飛んでいない・・・残念賞がまた1枚。


ハリオアマツバメ   2015年7月12日  長野県

 撮れども撮れども、毎回同じような画像ばっかり・・・。間近を飛んだ個体はピントを外し、遠くを飛んだ個体も、正面向いて向かってくる個体がいなくて、背面を追いかける画像ばかり。それでも、いつかは気に入る絵が撮れるだろうと、汗をぬぐいながら奮戦。
 (今日の画像は全部トレミングしています)



7月9日 賑わいは続く

モズ 幼鳥   2015年7月9日  長野県 松本市

 雨の午前中、部屋でごろごろしていたら、近所で生まれたモズッ子が来た。毎日飛び回っては鳴き叫んでいるカッコウの嫌がらせにめげず、頑張ったモズの子。

 大喜びでベットに寝転がってモズッ子を撮影。雨にもめげずに外で遊んでいたネコの「あけび」も大喜びで木の下まで駆けつける。モズのおっかさんがけたたましい警戒の叫び声を上げ、撮影チャンスはほとんど瞬間に終わった。



バン ヒナ   2015年7月9日  長野県 安曇野市

 午後も雨。ごろ寝をしていてもモズは撮れるだろうが、出かけなくちゃと自分に活を入れ・・・フィールドを半分回り、結局、鳥が一番たくさんいて楽しい御宝田池へ辿り着く。

 この夏の御宝田池の賑わいはまだ止まりません。昨日画像をアップしたバン子とは別の親子が現れました。昨日か今日孵化しのでしょう。ヒナは6羽で、なかなか子だくさん。池の周囲の半分が除草され、実に見通しが良くなった。撮影者には好都合。でも、隠れるところが半減し、たくさんいるヒナ連れ親子には気の毒。

 この分だと、また何かのヒナが現れ、賑わいは続きそう。



バン 親子   2015年7月9日  長野県 安曇野市

一家総出  バン 親子   2015年7月9日  長野県 安曇野市

浮巣を建築中のカイツブリ   2015年7月9日  長野県 安曇野市

 ヒナを5羽連れているつがいとは別のカイツブリのつがいが巣作りを始めた。またまた丸見えの場所に。見物人には嬉し、楽しの近さ。このつがいは別の場所にも巣材を積み上げていた。どちらかがダミーの巣ということだろうか。熱の入れ方から、こちらが本命らしい。今から抱卵を始めると、孵化は8月に入ってからになるだろう。

 昨日は行方不明だったヒナ10羽のカルガモが戻っていた。草が刈られた人工島で休憩。多くの鳥がするように、親鳥がヒナを腹の下に入れて暖める。雨降りだからヒナが冷えるのも早いのだろう。残念なことに、ヒナは8羽に減っていた。



休憩中のカルガモ親子   2015年7月9日  長野県 安曇野市

 人工島の草が刈られて、一番得をしたのがハシボソガラスの親子。草が刈られ、巣が放棄されたのだろうか。草の間から卵をくわえだして食べていた。大きさと色からカルガモかマガモの卵だろう。くわえているのが4卵目。すでに食べてしまった殻が落ちていた(赤い矢印の先)。


ハシボソガラス親子 (卵をくわえているのが親鳥) 2015年7月9日  長野県 安曇野市   

親鳥から口移しで卵の中身をもらう幼鳥   2015年7月9日  長野県 安曇野市

 15時過ぎに雨が止み、無風状態。たくさんのツバメが池の上を飛び回り、水面にその影が映る。せっかくなので、また撮影練習をさせてもらう。今日は水面に映る姿も合わせて撮るという、またまた身の程知らずの挑戦。20分で肩と腕が痛くなった。


ツバメ   2015年7月9日  長野県 安曇野市


7月8日 雨の合間に

カワラヒワ   2015年7月8日  長野県 安曇野市

 我が家の回りは、今のところゲリラ豪雨的な激しい雨降りはなく、しとしと雨、曇り、雲の切れ間から薄日、しとしと雨を繰り返えす、ひと昔前の梅雨です。雨の切れ間にレンズを出してスナップ。

 河原は5月以降ずっとピンクや黄色の花畑。悲しいことに、目に付く花は全部外来種。一時河原を埋め尽くした黄色のオオキンケイギクは盛りを過ぎ、今は実りの時期。その種子をカワラヒワの集団が食べています。

 私の見ている河原には、60羽ほどのカワラヒワが集まっています。ほんの10年前はオオキンケイギクはなく、当然カワラヒワもイネ科植物の穂に集っていました。オオキンケイギクの種子が食べられるとどうやって知ったのか・・・本能的に分かるのか、勇気あるやつが食ってみたのか・・・そんなことを考えながらカワラヒワを見ています。


バン ヒナ   2015年7月8日  長野県 安曇野市

 御宝田池の周囲や人工島の茂った雑草が刈られました。バンが隠れていたウキヤガラもばっさり。隠れ場所がなくなってバン君は気の毒。でも、よく見られて私は幸せ。

 バンは6羽孵化したが、4羽になってしまった。ヒナ4羽を連れていたマガモが帰って来たが、ヒナが2羽に減っていた。ぽろぽろとヒナがかけて行くのは毎度のこと、自然界は厳しい。

 孵化後約10日、バン子も真っ黒な幼綿羽から褐色の幼羽が出始め、立ち姿もヒナから幼鳥らしくなりました。不釣り合いに大きい脚だけはすでに成鳥並。

 白鳥湖では、カイツブリのヒナが誕生していた。ずっと見ていたが、1羽しか現れないので、どうやら一人っ子らしい。毎度お馴染みのおんぶスタイルを記念撮影。


カイツブリ 親子   2015年7月8日  長野県 安曇野市

傷病鳥の キンクロハジロ♂ と ホシハジロ ♀   2015年7月8日  長野県 安曇野市

 腐れ縁とでもいいましょうか、2羽は仲良しで、よく一緒にいます。2羽とも傷病鳥で飛べません。同定の方法がないので、同一個体がずっと生存していると仮定すると、キンクロは5回目の夏、ホシハジロは4回目の夏を迎えました。

 この夏は、もう1羽ホシハジロの雌(下の画像)がいますが、やはり3年以上狭い遊水池で一緒だった「腐れ縁」は強いのでしょう、今年加わったホシハジロの雌との間に一線があるようです。

 雨の合間に出来る鳥見はこんなところです。雨だとアオハダトンボが水辺でひらひら飛んでいるだけで、他のトンボは見つけられません。


傷病鳥のホシハジロ ♀ 左はカルガモ  2015年7月8日  長野県 安曇野市


7月6日 もっと大賑わい

ヨシゴイ   2015年7月6日  長野県 安曇野市

 ツバメのアルビノ個体が近くにいると教わった。いつもなら、大喜びで見に行くが、雲行きも怪しいし、アルビノ君のいる場所が住宅地の真ん中なのでパスすることに。住宅地で大砲レンズを振り回すのは気が進まない。そのうちローカル紙が取り上げるだろうから、そちらへ譲ります。

 で、御宝田池へ。一昨日、カヌーにかき回されて、鳥が隠れてしまったので、改めて鳥見に。

 到着して、まずヨシゴイが目に付いた。この池でヨシゴイはとても珍しい。蓮の花も睡蓮もないのが惜しいけれど、ともかく証拠写真を撮る。昔は松本盆地に点在した溜め池などにそこそこいたのだが、現在は繁殖していないと思う。

 今日の個体は雌だと思う。早くもどこかで繁殖を終えたのか、それとも若い個体で繁殖をしなかったのか・・・あれこれ考えていたら、ウキヤガラの茂みに入り込んでしまい、それっきり。でも、珍客に会えて良かった。

 双眼鏡を振ったら、びっくり、コガモが2羽いるではないか。いくらなんでも繁殖地から戻って来た個体とは考え難い。すると、ホシハジロの雄同様ものぐさを決め込んだのだろう。この夏はいろいろ現れるので、どきどきして来た。メジロガモなんて贅沢は言わないが、アカハジロでも現れないかしら。


コガモ ♂ 奥の2羽はホシハジロ♂   2015年7月6日  長野県 安曇野市

オオヨシキリの親子   2015年7月6日  長野県 安曇野市

 池の周囲の葦原はオオヨシキリの集団営巣地なので、あちこちで大きくなったヒナたちが大口を開けて食べ物をもらっている。1羽でいいからカッコウのヒナがいないかと欲張っているが、可愛いオオヨシキリのお子様ばかり。とにかく賑やかである。


水面に落ちた虫を捕らえる オオヨシキリ   2015年7月6日  長野県 安曇野市

大きくなったマガモの幼鳥 先頭が母親   2015年7月6日  長野県 安曇野市

 6月末に池は大賑わいと2回雑記したが、今日はもっと大賑わいになっていた。6月初めに生まれたマガモの幼鳥は1羽減って6羽になったが、元気いっぱいで親鳥と同じほどの大きさまで成長した。それでもおっかさん先頭に集団行動をしている。

 6月27日頃孵化した4羽のマガモのヒナは見つからなかった。おそらく、池を出て犀川本流か、近くの農業用水へ引っ越ししたと思う。

 どこから来たのかオオバンが1羽いた。額板の大きさから若い個体と考えられる。オオバンの繁殖を期待していたが、5月中旬から、池と周辺の犀川にいたオオバンはいなくなった。今年も繁殖はなかったと思う。不意に現れたオオバンも賑わいの1羽である。
 

 

オオバン   2015年7月6日  長野県 安曇野市

カイツブリ ヒナ   2015年7月6日  長野県 安曇野市

 カイツブリのヒナは5羽いるが、2羽は大きくて、3羽は小さい。だいぶ差がある。2羽と3羽に分かれて別行動をしていても、ひと固まりで行動したりもするから、たぶん兄弟だろうと思う。カイツブリのヒナは、孵化が早い個体ほど早くから食べ物を与えられるので、成長の度合いに差が生まれる。腹違いのヒナが一緒に行動しているようにみえるが、まずそうではないだろう。

 6月25日頃孵化したカルガモのヒナは、8羽が7羽に減ったが、大きくなり、集団を組まず、個々に、やんちゃに行動している。

 7羽とは別に10羽のヒナを連れたカルガモがいた。この10羽は、行動パターンから昨日か今朝に孵化したと考えられる。先に孵化したやんちゃなヒナが近づくと、さすがに10羽のおっかさんはつついて追い払った。これは普通の行動である。ところが・・・。



6月25日頃孵化した カルガモのヒナ   2015年7月6日  長野県 安曇野市

カルガモの親子   2015年7月6日  長野県 安曇野市
総勢10羽 左から2羽目と3羽目の間に1羽いる

 ところが、難解な事件が起きた。ヒナ10羽の家族集団へ1羽の雌成鳥が近づいた。親ガモがその雌を追い払うだろうと思いながら見ていたら、なんと近づいた雌がヒナを3羽連れだし、それこそ親子同然の行動をした。下の画像がその状況。

 カルガモに、いわゆるヘルパー行動があるのか、私は知らないので、何とも理解に苦しむ光景を見てしまった。2、3分遊んで?ヘルパーもどきの雌ガモは去って行き、3羽のヒナは、すぐさま兄弟の集団へ戻った。世の中不思議なことがいっぱいです。


 

カルガモの親子   2015年7月6日  長野県 安曇野市
手前がヘルパーもどきの行動をした雌成鳥と3羽のヒナ

バンの親子   2015年7月6日  長野県 安曇野市

 バンはヒナを隠すのが上手いので、6羽いるはずだが、2羽しか確認できなかった。ウキヤガラの茂みの中を移動するので本当に見つけにくい。

 一方、池ではなく、犀川の河原に出来た水たまりに、ヒナ5羽のバンの家族がいた。こちらもすぐに葦の茂みへ入ってしまうので、家族全員揃った画像の撮影は難しい。だが、水たまりは小さく、親子まで10mほどの距離なので、茂みから茂みへ移るときに、まっ黒くろすけがよく見えた。ちょっとグロテスクな風貌だが、大きな瞳は可愛いかった。

 とにかく、普通種ばかりだが、御宝田池は近年になく賑わっている。どこかからオオバンの親子が入って来れば言うことないのだが。



バンのヒナ   2015年7月6日  長野県 安曇野市


7月4日 ツバメでも

アマツバメ   2015年7月4日  長野県 安曇野市

 曇り、雨が降りそう。こんな日はトンボも見つけられないから、カモッ子でも見ようと、御宝田池へ出かける。ところが、なんと、池にカヌーが10艇ほど。あれあれ・・・鳥は1羽もいない。そもそも、カヌーや釣りなどのレジャー用に作られ、後から餌を撒いて白鳥を集めた人工池だから、カヌー教室が開かれても仕方がない。

 諦めて、草原を飛んでいるツバメでも撮ろうと、撮影を始めたら、ツバメの群れにアマツバメが混じって飛び回り始めた。ならばアマツバメを・・・無謀にもレンズで追いかける。

 アマツバメの飛行速度はツバメの比ではない。全然ピントが合わない。でも、これも練習と頑張る。手持ちで1Dx+100-400mmを振り回したので、しばらくしたら肩が痛くなった。四十肩に、もとへ、七十肩になったら困るので、20分ほどで撮影はやめた。

 かろうじて2カット4コマだけピントが合っていたが、重苦しい曇り空の下だったので色はすっきりしなかった。次は口を開けて飛んでいる瞬間を撮りたいと、またまた無謀なことを考えています。

 飛び回りながらたくさん虫を捕獲したらしい。2コマとも喉がぷっくり膨らんでいる。これ、食べてしまわず、何処かへ運んでいくのだろうか。(下の画像はトレミングしています)
 

アマツバメ   2015年7月4日  長野県 安曇野市

ツバメの親子   2015年7月4日  長野県 安曇野市

ツバメの親子   2015年7月4日  長野県 安曇野市

 またまたツバメの親子。飽きないのと言われそうな画像を今日も撮影。3コマとも大きくトレミングしています。幼鳥が1回だけ飛び立ち、空中で受け取った。しめた!と撮影したが、ピントが合っていなかった。腕の悪さをまた痛感。曇天の良いことは、背中の色が白く飛んでしまわないこと。幼鳥も羽が揃い始めているのだろう、親鳥のように紺色光沢が綺麗。

 幼鳥がもらったのは、アキアカネの未成熟。最近、水田でアキアカネの羽化が始まっている。その生まれたてのアキアカネを食べて幼鳥が大きくなる・・・鳥も好きだし、トンボも好きだから、ちょっと複雑な気分。厳しいですね、自然界で生き抜くことは。それを摂理と言い切れるようには、たぶん私はなれない。



アキアカネをほおばる ツバメの幼鳥   2015年7月4日  長野県 安曇野市


7月2日 クマザサの上で 

アサヒナカワトンボ 左♂ 右♀   2015年7月2日  長野県 安曇野市

アサヒナカワトンボ 上♂ 下♀   
2015年7月2日  長野県 安曇野市
 昨年アサヒナカワトンボを撮影した谷川へ。他の地ではすでにたくさん発生しているから、この谷川にもいるはずと考えて。トンボ追っかけも3年目なので、だいぶデータも集められたし、勘も働くようになった。

 予想通り、雄が10匹ほど、雌は2匹確認できた。他所より撮影しやすいし、密度が濃いからいい場所だが、この時期、他のトンボがほとんどいないから、少し物足りない場所でもある。

 7月20日を過ぎると、アキアカネがたくさん飛んでいるが、今日は1匹だけだった。一昨日、平野部の水田でアキアカネが発生しているのを確認したが、まだたくさんではなかった。それから考えると、この1匹は避暑地到着第1号なのだろう。

 クマザサの上でデート中の2匹。出会う個体は雄がほとんどだから、雄はたくさん撮影してある。雌の画像はいまいちのものしかない。それで、雌を探していて出会ったのがこの2匹。さて2匹はどうなるか・・・しばらく見ていたら、もう1匹雄が現れ、雄同士が追いかけっこ。雌は少し高い場所へ飛んでしまい、デートはおしまいになった。

 今日もトンボを1種増やせず。56種を確認、撮影、再確認しているが、残った20数種は探し出すのも難しいやつばかり、限界を感じ始めた。

クジャクチョウ   2015年7月2日  長野県 安曇野市

チョウゲンボウ 幼鳥   2015年7月2日  長野県 安曇野市

 今日の目的は谷川チェックでなく、チョウゲンボウの親鳥が幼鳥に食べ物を与えるシーンを撮ることだった。頃合いの時期と思いチョウゲンの繁殖している場所へ行ったが、またまた読み違い、時期的に少し遅かった。

 アンテナにいた幼鳥が一番成長が遅いらしく、兄弟達は離れた場所で飛び交っていたが、そちらには一切加わらず、アンテナ付近でうろうろしていた。親鳥が来るのを待ったが、お帰り時刻が来てしまい、今日は幼鳥を見るだけでお仕舞い。毎日チェックできたら撮影できるだろうが、雨の日が多いし、家から遠いのでそれもかなわず。たぶんこの夏も宿題として残りそう。


 

チョウゲンボウ 幼鳥   2015年7月2日  長野県 安曇野市

6月 ホームヘ 8月