私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


7月 ホームヘ 9月

8月31日 アカエリヒレアシシギ

アカエリヒレアシシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市

 昨日はかなり強めの雨が降った。雨など物ともせずに出かけようと思った、が・・・昔は、ほいほい出かけたのに、歳ですかね、億劫になり、室内で片付けなどする。ネコの「あけび」が極端に甘えん坊になり、やたらに「猫の手」を貸してくれる。たたんだタオルの山へ突撃したり、紙袋の中へ入ったり、毛布を前足でもみもみして、ごろなごと悦に入ったり・・・2歳を過ぎた猫なのに・・・。

 強い雨が降れば、何処かにシギが降りているはず。午後から休耕田巡りに出かける。先日コアオアシシギのいた休耕田は水を止められたのでほとんど乾いてしまい、もはやシギは望めない状態。今日も数羽のムクドリが歩いていただけ。

 そこで、水田2枚隣の休耕田へ移動。こちらは、鳥見休憩中に新たに水が入れられたらしい。さして期待していなかったが、チェック。すると、遠くに白い物が・・アカエリみっけ!アカエリヒレアシシギは、歩き回り(半分は泳いでいる)水面の何かを採食する。こちらが車から出さえしなければ、すぐ近くまで来る。何度も出会っているから、そのくらいの知識はある。農道に車を止めて待つと、予定通り目の前まで来た。


 

アカエリヒレアシシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市

 いつか、名にし負う趾のヒレをしっかり見たい、撮りたいと思っている。だが、まだ水上にいるアカエリしか見たことがないのでヒレを見たことがない。脚を水中から出して頭部を掻くときがチャンスと思い、じっと見ていた。

 1回だけ頭を掻いた。肉眼では、とてもヒレまで見えない。連写すれば画像のどこかに写るはずとチャレンジ。文明の利器のおかげ、1枚だけ、らしい姿が写っていた(上の画像 矢印の先)。確かにヒレみたいな幕が趾の間にある。これで見たことにするのは寂しい。いつか砂浜か岩の上に立つアカエリを見つけたら、しっかり見よう。

 それと、盛んに水面をついばみ、せわしく何かを食べているのだが、何を食べているのかまるで分からない。動物質なのか、植物質なのかも。こちらも利器の力を借りてと思い、連写するが、正体は判らず。何か緑色のものをくわえた(下の画像)。雑草の種子にも見えるし、小さな昆虫にも見えるし・・・これも、いつか・・・またひとつ宿題が増えた。



アカエリヒレアシシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市

 同じ田にクサシギもいた。この個体、21日にコアオと一緒にいた個体と思う。29日まで休耕田にいたが、乾いてしまったのでこちらへ引っ越したらしい。この個体は安曇野で越冬するのだろうか。

 アカエリがいると、クサシギは刺身のつま扱いになってしまうが、それでも、ちっとは絵心も込めて撮らなければ。ほとんどシギが降りない安曇野ではクサシギだって貴重な存在なのだから。



クサシギ  2015年8月31日  長野県 安曇野市


8月29日 優しいお兄ちゃん

カイツブリ  2015年8月29日  長野県 安曇野市

 この1週間で、どうやら夏が去り、秋になったらしい。平野部のススキも穂が出始め、最低気温が20度を割る日が現れました。

 23日の夜に海辺へ向かって出発する予定でした。交代要員のかあちゃんが来て、車に機材を積もうとしていた矢先、お婆が急に足腰立たず状態に。

 間がいいというか、悪いというか・・・激動?の1週間が始まりました。遠出は諦め、介護認定の変更申請やら、入院先の選択やら・・・てんやわんや。かくて、お婆は入院となり、その後のホーム入所のコースもほぼきまり、取り敢えずひと段落。7年間の老々介護?にひと区切り。

 久しぶりにフィールドへ出ました。写友によると、この1週間、コアオアシシギ以降、シギはトウネンが1羽降りただけとのこと。今日も、クサシギが1羽いただけ。そろそろタカブシギでも現れていい頃なのだが。

 

親から幼虫をもらう カイツブリ ヒナ  2015年8月29日  長野県 安曇野市

 相変わらず鳥は少なく、雨が来そうな曇り空なのでトンボも少ない。御宝田池には、渡りをさぼった?キンクロハジロの雄が1羽、早々やって来たコガモが2羽、飛べないホシハジロ・・・相変わらずの顔ぶれ。仕方がないので、別の場所へ移動してカイツブリの親子を眺める。

 ヒナが3羽いたはずだが、鳥見を休んでいる間に2羽になってしまったらしい。小さいヒナは甘えん坊で、まだ親の背中に登りたくておっかさんの周りでうろうろ。隙をみて背に乗ろうするが、おっかさんはすっと体の向きを変え、やんわり我が子の甘えをかわす(1枚目)。

 
※、カイツブリの雌雄は分かりませんので、ここ書いている雌雄の別は、あくまで想像です。

 そこへおとうちゃんがトビゲラの幼虫を運んで来た(2枚目)。大きいヒナ、お兄ちゃんがすぐに近寄り、受け取る。ここまでは、ごく普通、ありふれた光景。お兄ちゃんはすぐに食べてしまうはず・・・。

 

幼虫を受け取った カイツブリ ヒナ  2015年8月29日  長野県 安曇野市

 ところが、びっくりの行動をお兄ちゃんがしました。後から泳いで来た甘えん坊の妹に、もらったばかりの幼虫を、それこそ嘴渡しで与えたのです(4枚目)。親鳥がヒナにするように。

 カイツブリの親子はたくさん見てきましたから、たいていの行動は見知っている積もりです。しかし、ヒナがヒナに食べ物を与える行動を始めて見ました。いやはや、やさしいお兄ちゃんです。またひとつ、自然の奥深さをカイツブリに教えてもらいました。



幼虫を受け取った カイツブリ ヒナ(妹?)  2015年8月29日  長野県 安曇野市


8月22日 水浴び

コアオアシシギ 第1回冬羽  2015年8月22日  長野県 安曇野市

 今日も水田地帯をぐるぐる。8月下旬になると、休耕田などの雑草退治のため、機械を入れて耕す。そのために、ぱさぱさに乾いている休耕田や、畑作に使ったまま水稲栽培がされなかった田に水が入れられる。そして、雑草退治が終わった後もしばらく水が残る。

 しかし、ぱさぱさに乾いた土地に水を入れても、にわかに鳥の食料になる昆虫類やイトミミズなどは発生しない。しばらくでなく、1か月ほど水を入れ続けてもらえると、シギが降りる環境が整うのだが。そんな水田が15枚ほど出来ていて、今後が楽しみなのだが、さて・・・。

 私がチェックしている範囲で、今は、シギが降りそうな水入り休耕田は2枚しかない。1枚は昨日コアオアシシギがいた水田。コアオとクサシギは今日もいた。もう1枚は、ヒバリシギの好みにぴったしの水田。そちらにはサギしかいなかったが。

 皆さんが、2枚のチェックをまめになさってくだされば、タカブシギ、アオアシシギ、ヒバリシギ、トウネンなどが見つかると思う。雨降り日の翌朝など出現率が上がる、これは経験則。台風の後なども良いのだが、台風を期待したら、世間様に申し訳ないから、台風は来ないでと八百万の神様にお願いしよう。

 水田地帯をぐるぐる回り、御宝田池もチェックに行くが、シャッターを押すシーンがまるでなし。結局、午後一に確認したコアオのいる休耕田へ戻る。コアオはさして近くへ来てくれず、水浴びするサギを撮って今日はお仕舞い。次のシギはいつ降りてくるだろう、それを見つける楽しみに、休耕田巡りがしばらく続きます。



コサギ  2015年8月22日  長野県 安曇野市

チュウダイサギ  2015年8月22日  長野県 安曇野市


8月21日 コアオだぁ~♪

コアオアシシギ と クサシギ  2015年8月21日  長野県 安曇野市

 そろそろ安曇野もシギシーズンに入る。期待していた休耕田は水口が閉じられて1日で干上がり、雨が少々降った程度では元に戻らず。ヒバリシギの幼鳥が降りる場所がなくなってしまった。今年はヒバリ君に会えないかも。

 ちょっとブルーな気持ちで、あまり当てにしていなかった休耕田へ回る。遠くから、歩き回るチュウダイサギ4羽が見えた。もしかするとタカブシギくらい降りているかも・・・。ぐるっと農道を回り休耕田の横に車を着ける。

 さて、チュウダイサギ以外に何かいるかしらと見回す・・・。シギらしい個体が土手の草むらで休憩していた。しかし、遠くて肉眼ではよく見えない。タカブシギとアオアシシギのセットかしらと思いながら、大急ぎで双眼鏡を取り上げる。この時期のアオアシにしては白過ぎる・・・。もしや、と、双眼鏡を握り直す。コアオだ~♪ 今日はいい日だ!

 覚えている限り、安曇野のフィールドで、コアオアシシギとは初めての出会いです。もう1羽はタカブでなくクサシギでした。いよいよ、現れる数はとても少ないけれど、シギシーズンが始まりました。



コアオアシシギ 第1回冬羽  2015年8月21日  長野県 安曇野市

コアオアシシギ 第1回冬羽  2015年8月21日  長野県 安曇野市

コアオアシシギ 第1回冬羽  2015年8月21日  長野県 安曇野市

クサシギ  2015年8月21日  長野県 安曇野市

 クサシギ成鳥の冬羽個体と第1回冬羽個体の識別にはいつも悩んでしまう。山家で燻っていると、クサシギは年に数羽見られればいいほうだから、標準的な羽衣の斑や色具合が覚えられない。まして、8月は換羽中だから、なお分かりにくい。ということで、幼羽から第1回冬羽に換羽中の個体ではないかと思うけれど、全然自信がない。


クサシギ   2015年8月21日  長野県 安曇野市


8月19日 アオバト

アオバト 幼鳥?  2015年8月19日 長野県

 お盆協奏曲が終わり、孫台風も去り、酷暑の夏も去り、ようよう鳥見に出たものの、今日も、昨日も、肝心の鳥さんがいなくて。
 8月下旬、困ったときの頼みの綱はアオバトなんだけれど、ここの団体は警戒心が強くて、大磯や浜名湖みたいにいかない。

 今日は曇り。大気が何となく湿っぽく、画像がすっきりしない。8月は、ピンカンに晴れて風がないと、陽炎がゆらゆらで、撮れた画像の鳥さんも揺らいで映っている。それに比べたら、今日はましだったかも。天気予報が明日は雨だと言うから、今日中に何とかしたかったが、毎度の域を越えられず。腕が悪いから仕方がないか。


 

アオバト ♀  2015年8月19日 長野県

アオバト ♂3羽 と ♀  2015年8月19日 長野県

 アオバトで一番好きな部分は、尾羽の先端まで伸びる下尾筒の模様。下の画像で尾羽の内側の白い部分。白い部分に入る濃緑色の斑が幾何学的なところが、鳥の羽衣の模様らしくなくていい。
 昔々、大磯の海岸でアオバトの死体を見つけ、あれこれつついて、この下尾筒の模様を知った。

 尾羽と下尾筒をいっぱいに広げた瞬間を、真正面から撮りたい。それも成鳥と幼鳥のそれを。アオバトについての宿題はそれひとつ。いつか、片付けたい。


アオバト ♂  2015年8月19日 長野県


8月10日 チュウダイサギのこと

チュウダイサギ  2015年8月10日 長野県 安曇野市

 8月も中旬、気のいいというか、気まぐれなシギがふらりと現れる時期にさしかかった。残念ながら、フィールドには水を張った休耕田がほとんどない。そんな環境でシギを待つのは、はっきり言ってアホくさい。それでも、毎年1、2羽現れるヒバリシギを楽しみに、今日も水田回り。

 今年は、期待できそうな休耕田が2枚ある。まだ、水も深いし、オモダカなどが生えていないので、小さなシギは通過してしまうだろうが、やがてここへ誰かが降りそう・・・と、勝手に期待している。今は、カルガモとチュウダイサギのお食事場所になっている。

 ところで、チュウダイサギはややこしくて困る。日本の図鑑はほとんど、もしかすると全部が、チュウダイサギの夏羽個体は「嘴が黒い」としている。しかし、フィール出にたくさんいるチュウダイサギの多くが、上の画像のような黄色い嘴をしている(上の個体は先端だけ黒い)。

 図鑑に寄れば冬羽のチュウダイサギの嘴は黄色とされているから、上の個体は冬羽なのかしら、となるのだが、夏羽の特徴の飾り羽が背や胸にある。要するに、図鑑が言うような、婚姻色ぎんぎんの夏羽個体は少数で、上のような「どっちつかず」の個体がたくさんいるのです。夏羽だから「嘴は黒い」とは、フィールドではなかなか言い難い。

 上の個体、8月も中旬だというのに夏羽へ換羽中、または繁殖が終わり、婚姻色が薄れ、冬羽に変わるところ、などと無理矢理説明してもいいが、ちょとばかし怖い。たぶん、そんなところだろうと思っているが。

 

チョウトンボ ♂  2015年8月10日 長野県 安曇野市


8月8日 立秋!

リスアカネ ♂  2015年8月8日 長野県 安曇野市

 昨日、蚊をつぶし、殺生したから、今日は蜘蛛の巣に引っ掛かったミンミンゼミを助けてやった。これで貸し借りなしと・・・でも、振り払ったジョロウグモの巣は数知れず・・・私には天から蜘蛛の糸は垂れてこないだろう。 1時間ごそごそやっていたが、1匹の蚊にも出会わず。不思議な夏だ。

 ルリボシヤンマの雌がいないか探したが、空振り。そうそう上手くはいきません。今年はミンミンゼミとツクツクホウシの当たり年なのだろうか、雑木林は鳴き声のるつぼ。情緒も何もあったものじゃない。ただただ騒音。

 今日は立秋。めっちゃ暑いのに、自然はサイクルを忘れていない。ちゃんと赤とんぼが現れている。そして、我が家の庭で、昨日までひと声も聞こえなかったコオロギが、今夜突然鳴き始めた。エンマコオロギ、ミツカドコオロギ、ツヅレサセコオロギ、この3種だけは鳴き声を聞き分けられる。3種とも鳴き始めた。

 深夜0時。風とは言えぬ微かな、しかし涼やかな空気の流れを感じる。エアコンを切り、窓を開け放つ。昼の暑さが嘘のよう。
 赤とんぼにコオロギ。そして涼やかな空気。そう、秋がじゅうぶん見えます。立秋です。

 雑木林から出たところで、大きなヤンマが目の前を通過。おッ!見失うまいと目を見開き、飛び去る姿を追う。今日はラッキー。じゅうぶん撮れる高さの枯れ枝に止まった。逃げられないように、そっと、そっと近づき撮影。モニターで拡大・・・残念、オニヤンマ・・・1種増えず。でも、オニの雌を初めて撮れたから、今日はいい日だったとしよう。



オニヤンマ ♀  2015年8月8日 長野県 安曇野市


8月7日 真夏は鳥旱で

ホシハジロ ♀  2015年8月7日 長野県 安曇野市

 真夏は鳥旱で撮影もままならず。出会う鳥は少数のお馴染みさんばかり。せめてもの楽しみは、動物園にでも行かなければ、普通は見られない冬鳥の換羽を、自然状態で眺めることくらい。可哀想な傷病鳥だけれど、非生殖羽をたっぷり見せてもらえる。日本の図鑑には、こんな羽衣の写真やイラストは載っていないから、感謝しなければ。

 雑木林で、この夏初めて蚊に刺され、初めて叩きつぶした・・・南無阿弥陀仏。出会った蚊はこの1匹だけ。不思議なほど蚊の少ない夏である。まだ撮影できていないヤンマを探しているが、全然出会えず。ヤンマが飛び回る夕暮れ時は、お帰り時刻を過ぎてしまうので、出会いの機会が少なくなる。残念である。

 それでも、雑木林散策していると、今時はコオニヤンマと出会う。ハッとしてカメラを握るが、またコオニかとがっかり。でも、未撮影の雌ではないかと目を見開いている。

 今日は下のヤンマに出会った。銀白色の複眼、1種増えたかと、どきどき。頭なの中で図鑑のページをめくる。水色や緑色の複眼は思い浮かぶが白系の複眼は思い出せず・・・ともかく記録撮影。

 もっとよく見ようと一歩前に出たら、飛ばれてしまった。ヤンマ類はだいたい高い所へ逃げてしまうから、撮影できなくなる。しっかり目で追っていたら、ラッキーにも撮れそうな高さの葉に止まった。種が同定できるように、枝葉の隙間から角度を変えて撮る。

 オオルリボシヤンマは時々見かけるがルリボシヤンマにはほとんど出会えない。1種増えなかったが久しぶりの出会い。未成熟個体がいるということは、ちかくで羽化したはずだから産卵場所が近いはず。

 この時期、林はジョロウグモの巣だらけだし、下草が茂っているから、踏み分け道から外れて、林の中を歩き回りたくない。でも、他にすることがないから、見当のつく湿地を明日にでもチェックしてみよう。

 

ルリボシヤンマ ♂未成熟  2015年8月7日 長野県 安曇野市

ルリボシヤンマ ♂未成熟  2015年8月7日 長野県 安曇野市

カルガモ(左) と イソシギ  2015年8月7日 長野県 安曇野市


8月3日 暑いですね

オオシオカラトンボ ♂  2015年8月3日 長野県 安曇野市

ハラビロトンボ ♀  2015年8月3日 長野県 安曇野市

 いやはや暑いですね。松本も35度になりますから、涼しい信州のイメージは高原だけになってしまった。熱帯夜にならないだけ他所よりましですが。

 しかし、暑いからとエアコンの効いた部屋に引きこもっているのは、炎天下に出かけるよりしんどいです。今日はエアコン3機をかけっぱなしにして・・・電気代が恐ろしい・・・ババ様を缶詰にしてフィールド巡りへ。

 そろそろオオシオカラトンボが発生している頃だし、ヤンマも飛び出す頃だから、鳥よりトンボチェックに目が向く。オオシオカラトンボは雌のいい画像がないから是非とも出会いたい。しかし、今日も雄だけで、また空振り。鳥と違いトンボは発生する場所を見つけると、かなり狭い範囲で毎年発生するから、探し出すのは鳥さんよりは楽。オオシオカラも同じ。

 水田や隣接する林を回る。ラッキーなことは蚊が全然いなかったこと。いつもは撮影している腕に止まったり、顔に来たりでうっとうしくてならないが、暑さで蚊もダウンしてしまったらしい。防虫剤を携行しているが、出番全然なし。

 ヤンマを見つけて、一瞬ドキッ。1種増やせるか・・・飛ばさないようにそろりと近づき、シャッターを切りながらがっくり。小さい頭に角があり、長すぎる?脚、コオニか・・・でも、この夏初のコオニだから記念撮影。


コオニヤンマ ♂  2015年8月3日 長野県 安曇野市

チョウトンボ ♂  2015年8月3日 長野県 安曇野市

 「届かぬメール」解決しました。先方で初期設定をやり直した結果、めでたく「開通」しました。原因は??。アドレス変更をしていないが、「○○.○○@」でも届く。先日書いた理由も??。あれってなんだ。ちなみに先方は au 、当方のケーブルテレビのネットも KDDI 、つまり au。 「.」があると行かないこともあると答えてをくれたのも au 。どうなってるの?もうひとつ、「○.○.○@docomo」へはすんなりメールは届くのに。私の中で ezweb の評価の星がひとつ消えました。悪態はこのくらいで。

 御宝田池にいた、渡りをさぼっているホシハジロの雄が2羽消えた。ウキヤガラが茂っているので確実ではないが、蝶トンボを撮りながら小一時間、カモをチェックしたが、飛べないホシハジロの雄1羽以外現れなかった。

 次に白鳥湖へ行き、いつもの遊水池をチェックすると、ホシハジロが3羽に。飛べないキンクロの雄とホシハジロの雌はいつも通り。その横に雄のホシハジロが2羽・・・御宝田池から2羽が移動してきたのかしら。

 見ていて面白かったのは、ホシハジロの雌はキンクロと並んで行動するが、ホシハジロの雄が近づくと逃げてしまう。そう、同族の雄より、3年間共に暮らした腐れ縁?のキンクロの方が好みらしい。

 犀川本流に、今までチェックにかからなかったヒドリガモの雄が1羽。こんな色なので、一瞬、珍鳥が現れたかと思ってしまった。中州に茂るヤナギや雑草の中に隠れていたのだろうか。それにしてもこの夏は冬鳥がたくさんいる特異な夏である。

 

ヒドリガモ ♂  2015年8月3日 長野県 安曇野市

7月 ホームヘ 9月