私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


8月 ホームヘ 10月

9月30日 今日出会った鳥たち

キビタキ  2015年9月30日  長野県 岡谷市

 急に「涼しい」を越して「寒く」なりました。見事に腰が悲鳴を上げ始め、まだ9月なのに使い捨てカイロを探し出す。ちょっと惨めな我が身。

 秋の渡りのサメビタキと会いたいのだが、私の作戦ミスなのか、そもそも個体数が少ないのか、会えない秋が続いています。今日も、何種もの鳥と出合ったが、サメビタキは宿題に。エゾビタキはたくさんいたのに。


コガラ  2015年9月30日  長野県 岡谷市

エゾビタキ  2015年9月30日  長野県 岡谷市

エゾビタキ  2015年9月30日  長野県 岡谷市

ヤマガラ  2015年9月30日  長野県 岡谷市

エナガ  2015年9月30日  長野県 岡谷市

エナガ  2015年9月30日  長野県 岡谷市


9月29日 いきなり ややこし君

アメリカヒドリ ?  2015年9月29日  長野県 松本市

 千鹿頭池へ雑種ガモのチェックに行く。だいたい月に1回チェックしている。今日は12羽いた。「しろちゃん」と亭主の「三郎」が6月末から行方不明だったが戻っていた。この7月に2羽とも池にいなかったので、おそらく池以外で繁殖を試み、失敗したのではと想像している。真偽のほどは分からない。今夏はついに雑種ガモのヒナは誕生しなかった。

 驚くことに、ヒドリガモが6羽いたが、その中にややこしいやつが1羽いた。アメリカヒドリとヒドリガモの交雑個体というより、純粋なアメリカヒドリと思える。池に定着したら、換羽が終わるまで見届けられるが、おそらく6羽は移動中の小群で、しばらくしたらいなくなるだろう。千鹿頭池でアメヒが確認できたのは初記録と思う。



アメリカヒドリ ?  2015年9月29日  長野県 松本市

 6羽の中にもう1羽、頭部がかなり緑色になるだろうと推測できるやこしいやつがいた。たぶんアメリカヒドリとヒドリガモの交雑個体だろう。交雑個体と比べると、アメリカヒドリ?は純粋アメヒに見える。

 翼の下面が白かったらアメヒ、グレーだったらヒドリなのだが、これまで見た交雑種の中には、下面が白い個体もいたから、白くても100%純粋アメヒとも言いかねる。つまりは、ややこしいやつということ。まぁ、90%の確率で純粋アメリカヒドリとしておこう。

 6羽の行動を見ていると、アメヒと思える個体は他の5羽の中で浮いていると見えた。たとえば、休憩するときに5羽とは少し離れた場所にいた。小群だけで行動するときは、少し間隔を開けて5羽の後について行動していた。このような行動は、ヒドリの群れにアメヒが混じっているときに、ときどき見られる。

 ともかく、シーズン初めから、いきなりややこしいカモを見てしまった。これが、とんでもないカモが現れる前ぶれならいいのだが。


アメリカヒドリ?手前 と 雑種ガモ  2015年9月29日  長野県 松本市

翼の下面は白い   2015年9月29日  長野県 松本市


9月28日 今日はトンボ

キトンボ  2015年9月28日  長野県 松本市

 秋晴れ、雲一つない空。となればトンボだなと思い宿題をこなしに。キトンボとムツアカネの産卵シーンを撮りたかったが、なかなか上手く行きません。オオルシボシヤンマはいつでもたっぷり撮れるのだが。

 ムツアカネはとてもレアーなトンボで、本州ではごく限られた狭い地区にしか生息していない。そのわりに、この時期乗鞍高原にはたくさんいて、連結も産卵シーンもたくさん見られるのだが、撮るとなると小さなトンボなので上手く行きません。カメラとレンズの選択を間違えたようで、毎度のことながら、宿題が依然片付かず。



ムツアカネ  2015年9月28日  長野県 松本市

オオルリボシヤンマ ♀  2015年9月28日  長野県 松本市

産卵中のオオルリボシヤンマ ♀  2015年9月28日  長野県 松本市

秋色 オオルリボシヤンマ ♂  2015年9月28日  長野県 松本市

ベニテングタケ  2015年9月28日  長野県 松本市

 せっかく乗鞍まで行ったので、13時過ぎに白樺峠へ登る。数年ぶり。思いレンズを担いで坂道を登るのはもう嫌だから、広角レンズを下げてぶらぶらと。目的は、タカ見より、キノコ撮りと、タカ見広場で知り合いにご挨拶。遅く行ったが、渡るサシバとハチクマを30羽ほど見られた。

 白樺峠はキノコが多く、綺麗なベニテングタケも多い。食用キノコは採られてしまうからほとんど見られないが、ベニテングは有名な毒キノコだからさすがに残されている。周囲は秋模様までもう一歩。まだ緑色が多すぎたが、久しぶりに広角レンズの練習。鳥専門といいながら、結構浮気性で。

 ツグミなど冬鳥が来るまでもう少し、白鳥が来るまで2週間ほど、それまでキノコとトンボで繋ぎましょう。



薹がたったベニテングタケ  2015年9月28日  長野県 松本市


9月27日 シギ見は楽しい 3

メダイチドリ  2015年9月21日  三重県

 一度海辺へ行くと、ネタには困りませんが、長々続けてもつまらないので、駆け足で、シギ見録を終わります。いつも、どアップ画像を使っていますが、今日の2枚のような画像も撮るのでして。こういう絵も好きです。


ソリハシシギ  2015年9月21日  三重県

トウネン  2015年9月21日  三重県

キアシシギ  2015年9月21日  三重県

 もう越冬カモ達が来ている。どこでも、始めにたくさんのコガモが来るのは同じらしい。ボラ池にもコガモがたくさん来ていた。シギ見中にちょこっとコガモも見る。ここではコガモの群れの中にややこしいやつが混じっているから。

 白鳥飛来地の御宝田池にもまれに現れるシマアジ。今回はシギ見をしている目の前に4羽もいた。頭を背に入れて寝ているとコガモとの見分けは難しいが、ちらり眉が見えると、おッシマアジがいる!となる。白い眉斑のあるコガモはいないから。後で聞いたが、このとき8羽もいたそうだ。こんな楽しいボラ池がなくなるなんて(T_T)



シマアジ  2015年9月22日  三重県

カワウ  2015年9月22日  三重県

 海辺はスゴイ。カワウの食べ物も川と違う。シギ見中、この光景を二度見た。たぶんエイなんだろう。こんな大物、飲み込めないだろうと見ていたら、苦闘の末に飲み込んでしまった。お見事!カワウの悪食、大食いには恐れ入る。松本平では見ることが出来ない光景です。


カワウ  2015年9月22日  三重県

ミヤコドリ  2015年9月22日  三重県

 「とり」はミヤコドリ。この海岸で越夏している。食料が豊富なんだろう。12羽いるのだが、なかなか一堂に会してくれない。上げ潮で州がだんだん消えると、残った州に一時集まるが、どうしても来ないやつがいて。なんとか12羽勢揃いの図を撮りたかったが、10羽揃ったのが最高。

 青い海はいいですね。見ているだけでほんわかして来る。空も広いし、砂が綺麗だし・・・。次はいつ来られるか分からないと思うと去りがたく、薄暗くなるまで砂の上に座り込んでいた。



ミヤコドリ  2015年9月22日  三重県


9月26日 シギ見は楽しい 2

ホウロクシギ(左) と ミヤコドリ  2015年9月21日  三重県

 1日半で、バッテリーを1本と70%使った。大型シギの飛び姿など、松本平ではまず撮れないから、バシャバシャ連写してしまう。バッテリーが減るのはどうでもいいが、後で画像を整理するのが途方もなくしんどい。もう、うんざり。ならば、撮らなければいいのだが、久しぶりのシギ見が許してくれない。

 今日は、そんな連写の成果?だけ拾い出しました。画像は全部トレミングしています。


ホウロクシギ  2015年9月21日  三重県

ホウロクシギ  2015年9月22日  三重県

 ホウロクとダイシャクはよく似ているので、彼方の州にいると、ときどき見間違える。まぁ、私のシギ識別力はその程度。でも翼を上げるか、飛んでくれたら、背中や翼の下面が違うので、私でも識別が出来る。


ダイシャクシギ  2015年9月21日  三重県

ダイシャクシギ  2015年9月21日  三重県

チュウシャクシギ  2015年9月21日  三重県

 ダイシャク、チュウシャクといるから、とうぜんコシャクシギもいる。ただ、コシャクは飛来数が少ないので、飛来地で毎日目を光らせていないと見られないと思う。与那国で1羽を見たのが唯一の経験。いつか、大や中みたいに飛んでいる姿を撮りたい。いや、歩いてる姿を見るだけでもいいと願っている。


チュウシャクシギ  2015年9月21日  三重県

タシギ  2015年9月22日  三重県

 タシギは松本平でも見られるが、飛んでいる姿を上から撮れる場所はまずない。この池、通称「ボラ池」はとてもいい鳥見場所である。

 ところが、当地の大先輩のブログ「三重の野鳥 光昌のホーム」によると、ボラ池の葦原を整地し、池に太陽光発電のパネルを並べるとのこと。その工事のために重機が入って整地を始めたとのこと。がぁ~ん!!である。貴重な渡り鳥の休憩地が、楽しい鳥見場所が、また消えてしまう。下のような光景はもう見られなくなる。環境保全を言いながら、環境破壊を繰り返すのが、経済優先しか考えない人間達である。

 世の中、おしなべて太陽光発電がいいものみたいな流れであるが、本当にそうなの?原発を作ったときと状況は同じじゃないの。風力発電も、人里離れた場所ならともかく、住宅地の近くに作られると、住民は振動と重低音に悩まされる。

 たくさんのパネルの上では周囲より気温が上昇し、微気象に変化が生まれるはず。広くパネルを設置すれば上昇気流が生じるだろうし、それがつむじ風程度ならまだしも、小型な竜巻になり周囲に被害を与えるかも知れない・・・自然エネルギーで発電した電気の買い取り費用は、回り回って消費者が負担するのが今の制度。今の、空き地さえあればパネルを並べる太陽光発電には、諸手を挙げて賛成できないし、懐疑的である。



タシギ  2015年9月22日  三重県

コガモ3羽とオグロシギ


9月25日 シギ見は楽しい

オバシギ  2015年9月22日  三重県

 コオバシギがいると教えられた海岸で一泊。朝から捜そうと。海岸で寝ていて津波が来たら一巻の終わりだが、まぁ、それでもいいかといつも思う。車の窓を少し開けていた。まだ暑かったから。ところが、夜中に蚊が入って来て、例のプ~ンで目が覚めてしまい、朝までうつらうつら。

 夜が明けたが、磯にいるのはイソシギだけ。ダイゼン、オバシギの群れがいるはずなのに・・・堤防の上を行きつ戻りつ・・・。岩の陰にいたオバシギ2羽を見つけたが、他に鳥影なし。干潮時だから群れはお食事に出かけてしまったらしい。私もパンをかじり、群れが戻ってくるのを待つことに。

 30分ほどして、彼方の砂浜へ群れが飛来した。しめしめで、群れの方へ走り出したら、ハシボソガラスの群れが浜に現れ、せっかく降りたシギの群れは再び海上へ出てしまった。こんなときは待っていれば、しばらくして海岸へ戻って来る。

 そんなこんなで、なんとか群れに近づくことが出来た。どれがコオバかと見渡すが、鳥たちは岩の間へ入ったり出たりで、それらしき姿は見つけられず。



オバシギ と ダイゼン  2015年9月22日  三重県

オバシギ  2015年9月22日  三重県

ダイゼン  2015年9月22日  三重県

 粘ったがコオバを見つけられなかったので、諦めて場所移動。もう1時間も粘っていれば、友人が来て教えてもらえたはず。それは、後から知ったこと。
 家へ帰ってゆっくり見るつもりで、岩の上にいる群れをスナップ。もしかしたら、コオバも写っているかも知れないと淡い期待を持って。

 帰宅後、画像をチェックしていたら、見知らぬ1羽が写っていた。もしやこれがコオバ?少し期待が膨らむが、識別できず。友人に画像を送って、これな~に?結論、ハマシギでした。おなかの黒い夏羽や薄いグレーの冬羽のハマシギは見知っていたが、夏羽から冬羽に換羽中のややこしい色のハマシギは初めて見ました。結局、コオバシギは宿題になったけれど、オバシギとダイゼンをたくさん見られました。



ハマシギ(左) と オバシギ  2015年9月22日  三重県

コアオアシシギ  2015年9月22日  三重県

 21日もコアオアシシギをたくさん撮ったが、曇りだったので水面はグレー、ぱっとしない画像ばかりだった。青い水面上を飛ぶコアオを撮り直し。コアオは安曇野にも現れる。この秋も数羽現れたから、どきどきするシギではないが、見下ろして飛び姿は撮れないから、それを狙う。

 アオアシシギも安曇野へ降りるから珍しくはないが、コアオといっしょに撮るのは難しい。体の大きさ比べ、嘴の形状比べができる画像を撮るならここしかない。ともかく、撮れるときに撮っておかないと、次の保証はないのだから。

 シギがたくさんいて、見ているだけでも、たちまち1、2時間は過ぎてしまう。シギ見は本当に楽しい。



コアオアシシギの前を通るアオアシシギ  2015年9月22日  三重県

アオアシシギ(左) と コアオアシシギ 2015年9月22日  三重県


9月24日 やはりシギ・チは

メダイチドリ 幼鳥  2015年9月21日  三重県

 昨日の雑記で、さっそくチェックが入ってしまった。「シロチドリじゃないのでは?」やはりシギとチドリ(シギ・チ)の識別はきちっとやらないと。ぱっと見て、うんシロチと思ったのが間違いのもと。別角度から撮った画像を見たら、シロチではなくメダイでした。

 海辺の鳥見をほとんどしていないし、この2年間ブランクがあったし。しっかり、自信を持って間違えました。人様のことを言ってる場合じゃないですね、反省。シギ・チは難しいと改めて痛感。昨日の雑記は訂正しました。



オグロシギ 幼鳥  2015年9月21日  三重県

 オグロシギも数回しか見たことがない。友人からいると聞いていたので、是非みたいと探したけれど、オオソリの5羽が目に付くだけ。30分ほどあれこれ他の鳥を見ていたが現れず、残念、脱けてしまったのかと思う。

 さらに10分ほど経ったか、ジャンプ姿を撮ろうとコアオアシシギに向けていたレンズの視野へ、ホイホイと歩いて入ってきた鳥が・・・ずいぶん赤い鳥だが・・・あッ、オグロだ!久しぶりの出会いでした。22日は青空の下でも撮れて、幸せでした。オグロの幼鳥との出会いは、10年9月以来です。



オグロシギ 幼鳥  2015年9月22日  三重県

オグロシギ 幼鳥  2015年9月22日  三重県

ショウドウツバメ 2羽 と ツバメ 幼鳥  2015年9月21日  三重県

 シギ見する堤防や目の前の葦原へたくさんのツバメが来る。そして、アシに止まったり堤防の斜面へ降りて休む。シギ見の頃は、いつもショウドウツバメが混じっていて、すぐ側へも降りる。

 松本平では、上空を飛び回るショウドウツバメをまれに見かけるだけなので、この場所でショウドウツバメを撮るのも楽しみのひとつ。

 上の画像、ツバメにそこのけと迫られたが、このショウドウツバメは、体は小さいのに、がんばってツバメを撃退した。

 4羽が群れで飛び回っている様を撮りたいと奮戦。ツバメを撮った経験から何とかなるかと思い、いっぱいシャッターを切ったが、あえなく全滅。バッテリーの無駄遣いをしてしまった。



ショウドウツバメ   2015年9月21日  三重県

タカブシギ   2015年9月22日  三重県

 今日の最後はタカブシギ。松本平では休耕田を歩くタカブを撮るのが精一杯。やはり、青い水面上を飛ぶ姿は様になります、シギはこうでなくちゃ・・・などと、撮りながら思う。

 この場所にいたシギの中で、タカブが一番小さいからか、それともアオアシシギの性格が悪いやつがいたのか、タカブが採食出来る浅い場所へ降りると、すぐさま追い払う。タカブは何度かここへ飛来して降りたが、アオアシに追われてしまった。

 とにかく、ここは、シギ見に最高の場所。毎日座っていても飽きない場所。今回もいっぱいシギ見と鳥撮が出来た。悔しいのは、家から300kmも彼方だということ。

 今日は雨降りで、鳥見に行かず。でも、ストックがたっぷりあるから、当分雑記のネタには困らない。



アオアシシギに追われる タカブシギ   2015年9月22日  三重県

逃げる タカブシギ   2015年9月22日  三重県


9月23日 やっともらえた夏休み

 ”タイミルカモメ”左から2羽目   セグロカモメ 中央   右3羽はウミネコ 幼鳥

 1か月前の3泊4日のシギ見予定は、ババ様の入院騒動でお流れになった。シギ見シーズンの終わりに、やっともらえた夏休みが1日半。目的は、まだ見たことがないオオアジサシ、それと信州にはいないアオモンイトトンボ。結果は、ふたつとも叶わず。トンボは時期遅く、オオアジサシは曇りだったが、ほとんど風がなかったので海岸へ来てくれかった。

 それでも、海辺。カモメはいるし、渡りの最盛期は過ぎたがシギもいる。偶然出会った鳥見友達によると、セグロカモメは21日に入ったばかりとのこと。セグロカモメをいつ見たままか忘れてしまったから、たかがセグロでも嬉しくて、パッシャ、パッシャと撮影。ちゃんと脚の黄色のお馴染み”タイミル”君もいて。

 シーズン最終段階なので、水田にいるのはサギとケリくらい。水田回りをしなくていいので、満潮時には河口、干潮時にはいつも行く池と、2カ所を行き来して1日半はあっという間に終わりました。


ミヤコドリ 1羽はウミネコ   2015年9月21日  三重県

 ミヤコドリは越夏していて、12羽がいた。鳥見友人によると13羽いたが1羽欠けてしまったとのこと。友人はミヤコドの観察を続けているから、上の画像を見て、あの子と、あの子とあの子と識別出来るだろう。1年通してミヤコドリがいるなんてたいした海岸、羨ましい


キョウジョシギ2羽 と メダイチドリ   2015年9月21日  三重県

 シギ、チドリをたくさん撮ったので、2、3日はその紹介で雑記が持ちそう。キョウジョシギは4羽いて、上の2羽は幼鳥。成鳥の2羽連れは近くへ来てくれなかった。シロチドリも遠くにたくさんいたが、撮影しなかった。でも、松本盆地では見られない鳥だから、真剣に見なくてはならないのだが。

 オオソリハシシギはいつも行く池に5羽の群れがいた。嘴が上へ反っているからオオソリの名。後から来たおじさんグループの先達がオグロシギだと説明。確かに尾が黒い様に見える。でも、黒いのは初列風切。余りにも自信たっぷりに話しているので、横から嘴を入れるのも何だし、それに、私は「人が悪い人?」だから黙っていた。皆さん連写の音を響かせ、40分ほどで次の場所へ移動していった。

 オオソリ君、腰が白く褐色の斑がなければ、やっほッ~の亜種なのだが。5羽とも斑あり、残念賞。話題のオグロシギは明日へ。


オオソリハシシギ   2015年9月21日  三重県

オオソリハシシギ   2015年9月21日  三重県

ツルシギ 幼鳥   2015年9月21日  三重県

 ツルシギは1羽しかいなかったが、いかにもツルシギという個体。葦原の陰から飛んで来た。おじさんグループ、あれは何だ?アカアシシギかツルシギかと賑やか。嘴が上下とも赤ければアカアシ、下だけならツルと先達さん。今度は正解を言っている・・・やはり黙っていた。


ツルシギ 幼鳥   2015年9月21日  三重県

 ツルシギは、せわしく動き回り盛んに採食。水が深いところでは、歩いているのか、泳いでいるのかよく分からないが、とにかく動き回る。やがて、オオソリの群れの中まで入り込んだ。1羽のオオソリが数歩走り寄って背中をつついた。どう見ても意地悪をしたという光景。ツルはびっくりして飛んで逃げました。

 オオソリもツルも久しぶりに見た。たぶん2012年4月以来だと思う。海辺がもっと近ければ、毎日でも見に行くのだが。とにかく、半日も座り込んでシギ見が出来て幸せな午後でした。


ツルシギ幼鳥に意地悪するオオソリハシシギ   2015年9月21日  三重県

ツルシギ 幼鳥   2015年9月21日  三重県


9月18日 今日はタカ見

ハチクマ ♂ 黒色型   2015年9月18日  長野県 松本市

 今日はタカ見。もちろん有名観光地ではない。私のフィールド内で。そうそう、午前中から出かけられるようになったので、フィールドを少し広げた。その広げた場所で。

 9時半から13時半までのタカ見中、誰も来ず。静かな場所。有名観光地ほどタカは通らないが、「通」なら満足できる数が通った。ハチクマ10羽、サシバ27羽、ノスリ4、ハイタカかツミか遠くて識別できなかったが3羽。特記事項はハチクマもサシバもほとんど成鳥だったこと。途中、コサメビタキなどに気を取られた時間もあったので、見落としたタカもいたと思う。

 通過個体は西方の白樺峠方面へ向かわず、真っ直ぐ南下して行った。北アルプスが曇っていたので、そちらへ向かわず、晴天域の広がる南へ向かったのだろう。

 北アルプスの気象状況とリンクしているから、毎度タカ見が出来る場所ではない。しかし、我が家から近い、ちょっとそこのいい場所である。

 

サシバ ♀ 成鳥   2015年9月18日  長野県 松本市

蕎麦の花咲く  ノビタキ   2015年9月18日  長野県 安曇野市

ノビタキ   2015年9月18日  長野県 安曇野市

 夕方までタカ見をしたかったが、黒雲が湧きだし、遠くで雷が。にわか雨の襲来には勝てないので、早めに退散。昼飯を持参しなかったので、腹もぺこぺこだったし。

 雨を逃れて蕎麦畑へチェックに行く。なんとノビタキが3羽、待っていた。16日に河原にいた3羽なら、なんと律儀者と感謝したところだが、なんとなく顔つきが違うような・・・。

 それはともかく、花咲く蕎麦畑、土手のススキ、イヌビエと想定した場所に止まってもらえた。毎秋同じような絵を撮っているが、それでも16日のような記録・記念写真ではない「絵」が撮れるのは嬉しい。

 近くの水田で稲刈りが始まった。最近の稲刈りは、人力でなく、大きな機械でする。そのコンバインが通ったのでノビタは一斉に飛んでしまった。もちょっと付き合って欲しかったのに。

 雨が落ち出したが、まだ14時40分。帰るには早過ぎる時刻。ノビタは諦めて先へ進む。毛虫が集ってほとんどの葉が枯れてしまったオニグルミの枝でコサメビタキがジャンプ。なんだコサメかと、通過しかけたところへもう1羽が。あれッ!エゾ。

 ラッキーひとつ拾えた。今秋やっと旧フィールドでエゾビタキと出会えた。

 久しぶりにハチクマの黒色型を見たし、ちょっといかしたノビタの絵も撮れたし、エゾにも出会えたし、いっぱいラッキーが拾えた日だった。八百万の神様に感謝、感謝。鳥さん達にも感謝、感謝。



ノビタキ   2015年9月18日  長野県 安曇野市

エゾビタキ   2015年9月18日  長野県 安曇野市


9月16日 ノビタ来る

コサメビタキ   2015年9月16日  長野県 松本市

 コサメを見ていたら、元気のいいコサメで、ジャンプ一番アキアカネを捕らえた。さすがにコサメには大きな獲物なので、すぐには飲み込めず、何度もくわえ直して、美味しそうに?食べました。

 何度か見たシーンである。3年前、補食したトンボの名前が分からなくて、さすがに「アカトンボ」とは雑記できず、あれこれ勉強した。思えば、あれがトンボに嵌るきっかけだった。

 エゾビタキも同様の捕食をするが、その写真はまだ撮れていない。それもあって、エゾビタキを探している。だが、コサメはたくさんいるけれど、まだエゾをほとんど見ていない。これから増えるのか、それとも今秋は数が少ないのか、数日後には結論が出そう。



ノビタキ   2015年9月16日  長野県 安曇野市

 山の遊歩道でエゾを探していたら、散歩だろうか、通りかかったお姉さん(本当はおばさん)が、たっぷり香水をつけていた。私の後ろを通っただけだったが、頭がくらくら、鼻が飛んでしまいそうな強烈な匂いだった。香りなんてものじゃない、あれは「臭い(におい)の固まり」だ。おまけに、やけにゆっくりと遠ざかってくれたので、もう泣きたくなった。

 香水で戦意喪失するのもなんだけれど、山でのエゾ探しは後日に回し、フィールドへ向かって逃げ出す。香水の固まりが戻ってこないうちにと。
 
 14日はノビタキを見かけなかった。そろそろなのだがと、かなりしつこく見たから、フィールドにはいなかったと思う。

 白いそばの花が咲いていたり、オオマツユイグサの黄色い花が満開だったり、絵になる場所がいくつかある。だが、初お目見えのノビタは、洪水後のゴミだらけの河原がお気に入りのようで、河原から出てくれず、やがて本流の向こう側の中州へ飛んでしまった。

 今日のノビタは3羽。順当に、暦通りにやって来たノビタ達に、まずはお礼を言わなくちゃ。秋を1ページ進んめてくれてありがとう。次は、渡りのヒドリガモかホシハジロが現れるはず、私の暦によると。


 

ノビタキ   2015年9月16日  長野県 安曇野市


9月15日 トンボ見日和

マダラヤンマ ♂   2015年9月15日  長野県 上田市

 混雑すると聞いていたので、土日を外し、11日のリベンジにマダラヤンマの雌と連結を撮りに行く。現地で、前回もお会いした地元のトンボ道の達人と再会。達人さんはトンボだけでなく広く虫屋さんで、いろいろな虫の話を聞かせてもらいながら連結の飛来を待つ。

 昨日は数組来たと聞かされる。どうやら、マダラは縁が薄い?雄単独はいくらでも撮れるので、ましな絵になるよう撮り直し。9時頃から12時半まで頑張るが、今日も連結に出会えず。

 数時間は待たねばならないと覚悟はしていた。待つ間、松本盆地でなかなか見つけられないヒメアカネ、マイコアカネでも見ていようかと予定していた。ところが、達人さんによると今年は2種とも付近に少ないとのこと。例年だと、マダラを待ちながらマイコなどいくらも撮れたそうだ。どうも、私が疫病神かも知れない。

 上空にチゴハヤブサが現れた。出た!と声を上げ、通過してしまったが撮影。さすが鳥屋!と周りから声がかかる。そう、トンボ屋さんは上空の鳥など見ないから。チゴハヤで声を上げるなど絶対なさそう。



 宿題片づかず。今年もう1回来るか、また来年にするか・・・考えながら歩いていたら目の前に見知らぬトンボが。ともかく撮影、飛ぶな!逃げるな!・・・・腹の黄色い斑は記憶の中の図鑑にない。なにとかサナエなんだろうけれど。初見のトンボが1種増えたかも。

 車へ戻り。図鑑を開く。「側面に黄斑が並び第7節は特に目立つ」どんピシャ!オナガサナエの雌。松本盆地外だけれど、撮影出来たトンボが1種増えました。



オナガサナエ ♀   2015年9月15日  長野県 上田市

オナガサナエ ♀   2015年9月15日  長野県 上田市

ヒメアカネ ♂ 未成熟   2015年9月15日  長野県 上田市

ヒメアカネ ♀   2015年9月15日  長野県 上田市

 マダラは諦めて場所移動。昨年ヒメアカネとマイコアカネを見つけた場所へ移動。かなりトンボに嵌ってしまったと思いながら、汗だくで炎天下を歩く。ヒメもマイコも腹の赤い成熟した雄が撮れていない。目指すはヒメとマイコの成熟雄。

 トンボは発生場所を見つければ、次の年もそこにいる。3年の修行?で学んだこと。2種とも予想通りにいた。そして、悪い方の予想が当たってしまった。未成熟な雄はそこそこいるが、成熟した雄が見つけられない。昨年と同じ。赤い腹をしたトンボを見て回るが、ナツアカネにアキアカネばかり、ハッとしたがマユタテアカネ・・・ここでも宿題が片付かず。

 世に大砲レンズを担いで鳥撮りに熱中する御仁がたくさんいる。私もその一人。マダラトンボの発生池は有名な場所なので、鳥見同様に遠方からの撮影者が三々五々現れる。トンボを追いかける虫屋さんも大勢いると知った。有名撮影地には、人が集まり、やぁ、やぁ、お久しぶりなんて会話が始まる。鳥見の世界も、トンボ見の世界も同じである。

 久しぶりに1日トンボ見。片付かない宿題ばかり積み上がるけれど、それもよし、家から100km範囲内で遊べる場所が開拓できたから。


マイコアカネ ♂ 未成熟  2015年9月15日  長野県 上田市


9月13日 コサメビタキ

コサメビタキ   2015年9月13日  長野県 松本市

 4月中旬、渡って来たコサメビタキの声を聞いて冬を忘れる。9月の中旬、渡って行く無口なコサメビタキを見て夏を忘れる。

 雑木林の小道にはクヌギやコナラ、オニグルミの実が散らばり、気の早い葉が落ち始めている。風は北風。まだミンミンゼミが鳴いている夏の終わり。いや、もう夏は行ってしまったと、コサメビタキ。

 フィールドで、この9月は、まだコサメビタキにもエゾビタキにも出会えていない。運がないのか、縁がないのか・・・。

 フィールド近くの別の林へ行く。例年コサメやエゾがたむろしている樹がある。そこにいなかったら、異常事態だと思わなくては。

 コサメが5羽いた。枝から飛び上がって虫を捕らえ、再び枝に戻る、お馴染みの行動をしていた。ほら、いつも通りコサメはいたと、独りごち。しかし、エゾビタキは1羽も見かけなかった。

 エナガの若者グループがかしましく通り過ぎ、ひそっとキビタキの幼鳥が樹の陰に。でも、エゾの姿はない。運がないのか、縁がないのか・・・。

 次はエゾビタキを見つけ出さなければ。私の鳥見暦(とりみこよみ)の誤差が大きくなってしまう。



コサメビタキ 第1回冬羽   2015年9月13日  長野県 松本市


9月12日 杜鵑週間

ツツドリ  2015年9月12日

 今日こそ待ちぼうけを終わらそうと、杜鵑に再々チャレンジ。しかし、今日も遠くを飛ぶばかり・・・。ほうき草が生えないうちに勝負したいと、ヤブ蚊の襲撃に耐えて待つ。

 だいぶ待たされたが、飛んで来た!大急ぎで撮影。2コマピントが合った。やれ嬉しや♪モニターで拡大すると、あらまッ、ツツドリの成鳥。だいたい今時は幼鳥がほとんどなのに。待った甲斐があった。2コマとも大きくトレミングしてます。



ツツドリ  2015年9月12日

カッコウ 幼鳥  2015年9月12日

 FDA機が通過。それは16時になる合図。かってはお帰り時刻が16時だったから、渋々諦めたが、今は制限なし。真っ暗になるまで待ってやる、早く出て来い杜鵑君。

 ツツドリの成鳥1羽とカッコウの幼鳥が3羽いると確認できた。他に正体不明が1羽。全部で5羽もいるのに、葉隠れが上手で、どいつもこいつも姿をはっきり見せない。かろうじて枝葉の隙間から上半身をのぞき見るのが精一杯。日が傾き、光線が黄色くなり始めた。



カッコウ 幼鳥  2015年9月12日

カッコウ 幼鳥  2015年9月12日

カッコウ 幼鳥  2015年9月12日

 桜の下を行きつ戻りつ、枝葉の隙間からカッコウ幼鳥の全身が見えた。しめた!で、レンズを固定。きょろきょろしているのは毛虫を探しているから。毛虫を見つければ飛びつくから、飛ぶ瞬間を撮ろうと目を凝らす。翼が動いた瞬間に連写を始めると何とかなる。瞬きするのも惜しい。

 今日も夕焼けの前に雲がお邪魔虫。日没前に太陽を隠してしまった。葉っぱの影などが写らなくていいけれど、シャッタースピードが厳しくなる。そろそろ限界というときに、ふいっとツツドリが現れた。しめしめ。枝葉を避けて回り込む私を、ツツドリ君があれッと見た。目線が合った。この瞬間に飛んでしまうのだが、今日のツツドリ君はこらえてくれた。さんきゅう、どうもです♪で、記念撮影。

 予定通り?杜鵑週間が進行中。昨年も9日に杜鵑が現れ始め、杜鵑週間が始まっている。今年も杜鵑はほぼ同じペース。しばらく、杜鵑見物で忙しくなる。
 昨年と違って、この場所に、まだエゾビタキもコサメビタキも現れない。例年彼らと杜鵑はほぼ同時に現れるのだが。明日はエゾ探しをしよう。



ツツドリ  2015年9月12日


9月11日 今日もアカエリ

マダラヤンマ ♂ の顔  2015年9月10日  長野県 上田市

 ネット社会は怖いところもあるが、便利でもある。分からなかったハチの名前、あっさり見つけてしまった。スズメバチと当たりをつけ、「銅色スズメバチ」「赤色」「褐色」「赤褐色」と検索し「チャイロ」でヒット。諸々の名前って、案外適当に付けられている。

 昨日は、教えていただいた池へ。マダラヤンマの雌を見つけに。その池、有名なマダラ発生池で、トンボマニアが数名頑張っていました。鳥で言うなら、三番瀬か谷津干潟かの感じ。

 トンボ道の方々に混じり撮影を始めたとたんに雨が・・・。4シーン撮ったところで降雨ノーゲーム。でも、撮れなかったが、雌を見たし、交尾、連結も見られたので、トンネル通行料、往復1620円も惜しくなかった。ほんとは、ちょっと惜しいけれど。土日は人出がすごいと当地の方。雌を撮りに、土日は外して、また行こう。


ニトベハラボソツリアブ  2015年9月11日  長野県 安曇野市

 杜鵑の現れるのを待つ間、暇なので、虫に目が行く。このアブの脚なんでこんなに長いのだろう?この姿に進化したのだから、無意味に長いのではなく、何か合理的な説明が出来るのだろう。虫屋さんではないので説明云々より、ただただ感心して眺める。自然は複雑怪奇。

 カッコウとおぼしき鳥が一度木々の間を通過し、あとはシジュウカラの小群がワイワイ、ガヤガヤと通過しただけ。そろそろ杜鵑の団体さんが現れる頃なのだが。今日も待ちぼうけ。



アカエリヒレアシシギ  2015年9月11日  長野県 安曇野市

 杜鵑待ちに飽きたので、水田巡りへ。2週間ほど前に水が入れられた休耕田がある。少し水が深いので、トウネンなど小型のシギは降りないだろうが、もしかしたらセイタカシギが降りるかも。期待はそれだけ。

 途中で写友とすれ違う。アカエリしかいないと教えられる。他に行くところも思いつかないので、アカエリヒレアシシギのもとへ。この秋、アカエリが何羽降りたのか分からないが、延べで34羽を見た。安曇野でこんなにたくさんのアカエリを見たのは初めてである。

 

 ジャンプ一番、今日はヒレもどきは見えなかった(上)。

 しきりに水中へ首を入れ底から何かをくわえ上げて食べる。拡大して見ても、動物質なのか、植物質なのか分からない。連写の力を借りて、食べるたびに撮ってみる。下の画像の正体不明物を何度も食べていた。

 よく晴れていたので、夕焼けを期待。赤い水面に輝く水紋。そして羽ばたくアカエリ。イメージはしっかりあったが、今日も雲がお邪魔虫。夕焼けアカエリの撮影ならず。宿題にしても、恐らく永遠に終わらない課題になりそう。

 そろそろこの地のシギシーズンは終わるだろう。杜鵑が来て、エゾビタキが現れ、ノビタキが現れ、カモが増えて・・・秋が進む。今日もアカエリを堪能できて、いい日だったと記録しておこう。



9月9日 台風一過

エリマキシギ 幼鳥 2015年9月9日  長野県 安曇野市

 気象庁のレーダー・ナウキャストを朝から何度もチェック、台風はまだ山向こうにいたけれど、松本平は12時過ぎれば晴れると勝手に予想。ほいほい鳥見に出かけた。

 この秋は長雨と台風のおかげか、シギ類が例年よりたくさん降りた。ただ、私がフィールドにしている範囲内では、例年通りぱらぱら。
 お出かけできる時間が増えたので、シギ見期間限定で昨日から、昨日から、走り回る範囲を広げた。エリマキを見たかったし。

 昨日のエリマキシギがタカブシギといっしょにまだいたり、別の休耕田でタカブシギが6羽とクサシギ3羽がいて、そこへアカアシヒレアシが7羽飛来したり・・・今日は、久しぶりに楽しいシギ見が出来た。

 予想通り、雲が切れて日が射し始めた。台風一過というやつか。いそいでエリマキシギの場所へ戻り、ちゃちゃっと太陽光で撮影。これにて、今回のエリちゃん撮影はお仕舞いと、また走りだす。

 自分のフィールドで杜鵑3羽とサンコウチョウの幼鳥と出会う。杜鵑は、すれ違いざまで撮影できず。サンコウチョウはピントが会った瞬間に飛んでしまい。またまた雑木林の風景画像を撮ってしまった。悔しいけれど、駆け足チェックで回っているときはこんなものでしょう。

 最近の悩みの種は下のハチ。初めて見たこんな色のハチ。名前が知りたくてネット空間を彷徨ったが、未だに分からず。面構えや体つきからしてスズメバチの仲間だと思うけれど。奥歯に物が挟まった感じですっきりしないまま。ちなみに花は、嫌われ者、困り者の侵入者のアレチウリ。しばらくはハチの名前探しでネットサーフィンが楽しめそう。

 夜、久しぶりの星空が綺麗だった。
 

チャイロスズメバチ  2015年9月9日  長野県 安曇野市


9月8日 エリちゃん2羽

エリマキシギ 幼鳥 2015年9月8日  長野県 安曇野市

 毎日雨でうっとうしいが、その雨のおかげで、旅の途中のシギが降りて来る。フィールドにしている範囲内に、コアオアシ以降シギは降りないが、安曇野の別の場所にはそこそこシギが降りている。

 写友に教わりエリマキシギを見に行く。松本平でエリマキを見るのは初である。早朝、小雨の中で頑張ったが、ふたつ失敗した。

 ひとつはエリマキシギ2羽とヒバリシギとトウネン(らしい)がいた。エリマキを優先し、撮影を始めたところに、ハシボソガラスが現れて、ヒバリシギは飛んでしまい撮影できなかった。毎年撮影していたヒバリ、今年は確認だけで画像なしになりそう。

 ふたつ目はカメラのホワイトバランスの設定を失敗。あれこれやった結果、色がばらばらになってしまった。1枚目のエリマキの色が一番本物に近い。次は太陽の下で撮りたいものだ。ともかく、初めてのエリマキに会えたので、久しぶりの早起き鳥見は楽しかった。

 

水浴びをする エリマキシギ 幼鳥 2015年9月8日  長野県 安曇野市

水浴び後のジャンプ エリマキシギ 幼鳥 2015年9月8日  長野県 安曇野市

 エリマキの撮影後、飛んだヒバリシギを探したが、見つけられず、諦めて自分のフィールドへ回る。別の写友からエリマキシギがたくさんいると連絡をもらったので。

 この秋はアカエリヒレアシシギが当たりのようで、安曇野にたくさん現れる。今日はフィールドに14羽がいた。これだけアカエリが現れるなら、ハイイロヒレアシシギが混じっているといいのだが。かなり確率の低い望みだが。


アカエリヒレアシシギ  2015年9月8日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ 幼鳥 2015年9月8日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ 幼鳥 2015年9月8日  長野県 安曇野市

アカエリヒレアシシギ 幼鳥 2015年9月8日  長野県 安曇野市

水浴び後のジャンプ アカエリヒレアシシギ 幼鳥 2015年9月8日  長野県 安曇野市

 シギは水浴び後にジャンプすることが多い。アカエリが水浴びを始めたのでジャンプの瞬間を待つ。目的は例の水かきのような膜を撮ること。今回もなんとか膜が写っていた。フィールドでの膜撮影はこのくらいが限界のよう。次は海辺でチャレンジすることにしよう。

 台風18号が直撃し、秋雨前線と相まって大雨になると、天気予報が繰り返す。被害が出ないことを願うばかり。



アカエリヒレアシシギ  2015年9月8日  長野県 安曇野市


9月5日 季節は進む

トノサマガエルをくわえた チュウダイサギ  2015年9月5日  長野県 安曇野市

アキアカネ ♂





ノシメトンボ ♀

 チュウダイサギが、大きなトノサマガエルを捕らえた。飲み込むところを撮影しようとレンズを向けたら、飛んでしまった。いつものことだが、大きい図体の割には臆病者で、警戒心が強く、すぐに逃げてしまう。

 季節は進むなんて少しオーバーだが、平野部でも、秋の代表のアキアカネやノシメトンボがたくさん飛ぶようになった。どうやら避暑地から戻り始めたらしい。

 竿の先に止まった姿を撮りたいが、最近は竹製の竿などほとんど使われない。こんな鉄筋用の鉄棒とか、園芸用のビニール被覆の鉄棒ばかり。背景は実った稲の色。この色は秋の色。そう、気付けば濃緑色の水田はいつの間にやら黄金色。季節は進んでいます。

 御宝田池にコガモが25±、オナガガモが3。来ました冬鳥が。到着日はほぼ例年通り。少し前にコガモ達とバイバイしたばかりなのに、もう冬の先触れが。早いものです月日の過ぎるのは。歳取るわけだと思うこの頃。

 杜鵑には巡り会えず。そろそろ渡り途中のコサメビタキなどと出会う頃だが、今日は1羽も見ず。

 頼みの休耕田は乾いてしまい、わずかな水たまりに例のクサシギ幼鳥が頑張っていた。我慢強いのか応用力がないのか。そろそろ河原にでも移動した方がいいのに。

 昨年は、セイタカシギ、アオアシシギ、ヒバリシギが9月始めに現れて楽しかったが、今年は寂しい日々が続いています。

 雑木林のエノキは、猛暑の影響か実がほとんどない。これだと、渡り鳥が休憩せずに通過してしまうかも・・・困ったことだ。


 

オナガガモ ♂ 2015年9月5日  長野県 安曇野市

コガモ 幼鳥  2015年9月5日  長野県 安曇野市

 小さな溜め池に青い腹をしたヤンマが飛んでいた。やった!マダラヤンマを見つけた!と、喜んだが、どうも、昨日見たマダラ君とは行動パターンが違う。1点でホバる時間が短か過ぎる。5秒も留まらない。

 5秒以内でピントを合わせ、撮影までするのはかなりしんどいが、そこは毎度の100-400でなんとか。モニターで拡大してみたら、なんだオオルリボシヤンマか・・・のお粗末。

 オオルリボシとマダラは親戚縁者みたいな関係だが、希少度はかなり違う。松本平のどこでマダラは生まれているのだろう。


オオルリボシヤンマ ♂  2015年9月5日  長野県 安曇野市


9月4日 今日はどこまで

マダラヤンマ ♂  2015年9月4日  長野県 上田市

 介護の負担が激減したので、気軽にお出かけ。今日はどこまでいったやら・・・の暇人人生。ちょっと幸せ。

 松本盆地にもマダラヤンマはいます。しかし、すれ違うだけで、生息場所が分かりません。腕に覚えの100-400レンズでも、すれ違いざまのトンボは撮れません。悔しいこと限りなし。

 マダラヤンマのシーズンになったので、山を越えて撮影に行きました。松本盆地内で撮るという意地は棚上げにして。

 目的地に着き、双眼鏡で眺めると、やれうれしや、3匹も飛んでいる。さっそく100-400で撮影開始。マダラ君は一点で10秒以上ホバリングをしてくれる。とても嬉しい。10秒あれば、じゅう分飛び姿を5コマ以上撮影できるから。

 途中で、10秒あるなら840mmでもいいだろうとレンズ交換。トンボを超望遠レンズで撮るなんて阿呆なことするのは私だけかも。でも、840mmの方が断然画質も背景のボケもいいのでして。今日の画像は全部840mmで撮影したものです。


 止まった姿もたくさん撮影したかった。だが、赤とんぼみたいに、竿の先に止まってくれたら、ほいほい撮れますが、茂る葦やガマの中程まで入り込んで止まるので、すっきり全身が見えず、結構難しかった。


 雄が撮れたので、次は雌が現れないかと2時間池の端で待つが、ついに現れず。まぁ、宿題にしておこうと諦める。宿題を残しておけば、またここへ来る楽しみが続くから。。

 下はピクセル等倍まで大トレミング。マダラヤンマはとても綺麗なトンボです。

 綺麗なトンボをたっぷり堪能できて、今日もいい日だった。そろそろ杜鵑が現れる頃、明日は、お~いカッコウ~になるといいのだが。


 


9月2日 たかがトウネンされど

風が強い ヒバリシギ 幼鳥  2015年9月2日  長野県 岡谷市

ヒバリシギ 幼鳥  2015年9月2日  長野県 岡谷市

 久しぶりに晴れた。青空に太陽がまぶしい。うっかり、半袖シャツでいたので、腕が日焼けでヒリヒリ。今日は久しぶりに諏訪湖へ鳥見に行く。シギの1羽くらいはいるだろうと期待して。

 途中で、ばったり、諏訪の鳥見人さんと出会い、トウネンがいると教わる。この秋初のトウネンを見られると、ご機嫌で探していたら、ヒバリシギがいると鳥見人さんから連絡が。

 大急ぎで駆けつける。安曇野で出会う前に諏訪湖でヒバリシギと出会ってしまった。その場所、一応チェックしたのだが、私は見つけられなかった。やはり、地元の方にはかなわない。

 ヒバリ君が飛んでしまい、鳥見人さんも仕事に行ってしまった。でも、悔しいから、再び現れるのを待つ。20分ほどして、草の中から水辺に現れた。しめしめで近づくが、水辺はゴミが多く、なかなかシャッターが押せない。



 ヒバリシギと遊んでいたら、なにやら模型飛行機のデモをするとのこと。例のドローンなどもデモ飛行。県職員も見学に来ていたから、単なる好き者の遊びではなく、企業のデモらしい。飛行機が落ちると危険なので水辺から離れて欲しいと言わ、仕方なしなしヒバリ君とさよなら。

 木陰に入って、飛行機のデモを見物。ついでにピント合わせの練習。ツバメに比べれば模型飛行機にピントを合わせるなんてチョロいもの。ピンを外さずずっと追いかけていたら、突然トビが現れた。

 トビは好奇心が強いから、模型飛行機に興味津々。しばらく周りを飛び回ってから去って行った。トビ君が一発足蹴りでもしてくれないかと期待していたが、そこまでの根性はないらしい。


トウネン 幼鳥  2015年9月2日  長野県 下諏訪町

 トウネンを探しに行く。今度は簡単に見つけられた。たかがトウネンだけれど、この秋初見である。水辺にしゃがみ込んで、久しぶりのトウネンを堪能。トウネンがいるのだから、ヒバリシギも現れないかと期待していたが、それはかなわなかった。


トウネン 幼鳥  2015年9月2日  長野県 下諏訪町

休憩中  トウネン 幼鳥  2015年9月2日  長野県 下諏訪町

トウネン 幼鳥  2015年9月2日  長野県 下諏訪町

 久しぶりの晴れ、お帰り時刻の制限もない。となれば、とうぜん夕焼け小焼けを久しぶりに見ようと、夕焼け小焼けに染まったトウネンを撮ろうと、逆光側に回って座り込む。

 私一人の貸し切り状態、なかなかいいではないかと思っていたら、一人来て、二人来て、あらあらの撮影会になってしまった。たかがトウネン、されどトウネンというところか。海辺でトウネンなど見飽きた方々がこの光景を見たら笑ってしまうかも。たった1羽のトウネンを5人もで取り囲んでいるのだから。

 日が傾き、いよいよ夕焼けが始まる頃合いに、大きな雲の固まりが太陽を隠してしまい、夕焼け色に染まる水面は現れず。15時半から18時過ぎまで粘っていたのに。

 ヒバリとトウネン、2羽も出会えていい午後でした。




9月1日 鳥さんはいません

ジガバチ  2015年9月1日  長野県 安曇野市

 安曇野の白鳥写真仲間の写真展へ行く。昔に比べると、写真がまとまっている。毎年進歩しているから頼もしいけれど、やはり定番の枠を越えられないところが残念。どれとは言わないけれど、1枚だけいいチャレンジをしている写真があった。ただ、同じ作者の別の作品が、ごく平凡なのが残念だった・・・と、自分がろくな作品を創れないのにいっぱしのことを言ってしまった。まぁ、評論家は評論家ということで。

 その後、水田地帯を回る。シギはイソシギと例のクサシギだけ。だれか降りて来ないと退屈で。

 ぐるぐる回ってくたびれて・・・先日まで16時になると、お帰り時刻が来たと気もそぞろになったが、もう真っ暗になるまで外にいられるから、気楽なもの。鳥見の目から虫見の目に替えて、草原で休憩。

 雨模様なので、ウスバキトンボが飛び回っているだけ、トンボ見もままならず。ならばと、ハチなど撮って気晴らし。とにかくシャッターを押さないと、ぐったり疲れが来るから、なんでもいいから撮ることに。

 トンボ探しは行き詰まったまま。ハチやアブもたくさんいるから、トンボ見からハチに転向しようかしらなんて、ふと気弱になる夕暮れどき。まぁ、明日になったら、またシギ探しに戻るけれど。

8月 ホームヘ 10月