私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


9月 ホームヘ 11月

10月31日 光も秋色

残り少ない アキアカネ ♂  2015年10月29日  長野県 松本市

 トンボが少なくなった。日だまりで温まっているアキアカネも間もなくいなくなるはず。北風が冷たくなって、暑くて遣り切れなかった日なたが、いつのまにか暖かくて心地よくなった。眩しかった夏の色の光も柔らかな秋色になった。

 まだ暖かい秋なのだろう。それに山に食べ物が豊富なのか、ツグミが山から下りてこない。例年だと、フィールドの雑木林や近くの山麓でツグミが飛び回っている時期なのに、この秋は1羽を見かけただけ。ツグミの中にマミチャジナイやハチジョウツグミを見つけるのが楽しみなのに。

 

秋の光 ジョウビタキ ♂  2015年10月29日  長野県 松本市

ウグイス  2015年10月31日  長野県 安曇野市

 ジョウビタキが増えて、我が家の庭にも現れた。ジョビの透る鳴き声を聞きつけ、猫の「あけび」が大喜びで木を駆け上っていったが、ジョビは更に高見の電線へ移動して鳴き続けている。しばらくして、ばつが悪そうに、「あけび」がこっそり降りてくる様がなんともおかしくて・・・。

 オオダイサギは増えたり減ったり。14羽いた翌々日は2羽に減り、今日は7羽数えられた。渡り途中の個体が去り、補充の個体が入っいると考えたらよいのだろうか。

 カシラダカとジョウビタキしか冬鳥が見つからない雑木林で、欠伸をしていたら、ウグイスが鳴きながら近付いてきた。藪の中で小刻みに移動する姿が見える。

 全身がしっかり現れるまで、レンズで捉えることが出来るまで、どのくらい待ったろう。一瞬、藪から出た。脚が見えないのは我慢しよう。ウグイスは好きだ。10秒以上同じ場所にと止まってくれるから。連写したら、その音に驚いたのか、一回翼を広げた。だが、そのまま飛ばずに残った。ほんとは飛んで欲しかったのだが。鳥が撮れない日が続いていたから、遊んでくれたウグイス君に感謝。


ウグイス  2015年10月31日  長野県 安曇野市


10月28日 明日も晴れそうだ

オオダイサギ  2015年10月28日  長野県 松本市

 用事の帰りに、夕方の千鹿頭池に寄ってみた。なんと、1羽のオオダイサギが待っていた。昨日犀川で会った集団の1羽だったら、話題としては楽しいが、それは確認できない。

 たぶん別個体と思う。フィールドでのオオの初認は昨日だったが、この個体は少し前から来ていたかも知れない。

 犀川と千鹿頭池は離れているし、山陰にある池は犀川沿いに移動する(南下する)オオには見つけにくいはず。昨年、池の水が抜かれたときに、楽してしこたま小魚を食べたオオが、池を覚えていて、松本盆地に入ると、犀川などでうろうろせずに池へ直行したのでは。鳥は記憶力がいいから、食べ物の多い場所はしっかり覚えているはず
・・・ いろいろ想像出来て楽しかった。
 
 手前のカモは、
13年6月生まれの雑種ガモ。左が「しろ太郎」右が「バター」コンパクトカメラで撮影したので、白飛びの酷い画像になった。でも、オオの脚の肉薄色は確認できる。
   
 

オオダイサギ  2015年10月28日  長野県 松本市

 まだアキアカネはいるけれど、もう夕焼け空を飛んだりしない。比較的暖かな夕方だったが、トンボには冷たい空なのだろう。代わりに飛行機が2機飛んでいた。地上から見るとニアミスしているように見えるが、高度差は保たれているのだろう。
 明日も晴れそうだ。



10月27日 鳥暦の1ページ

七色カエデ  2015年10月27日  長野県 池田町
 季節外れの強い南風が吹いた。風が吹き抜ける河原に止めた愛車、ハイラックスサーフという図体の大きな車が揺れるほど。こんな日は、雑木林へ行っても、鳥達は潜んでしまい鳥見にならない。仕方がないので、紅葉狩りと洒落てみる。たまの物見遊山も悪くない。

 ローカルでは有名な「大峰高原七色大カエデ」まで辿り着く。ローカルと思っていたら、記念切手まで発行されていて、今やちょっとだけ全国区らしい。あいにく楓は8割方散っていて、カエデ狩りには遅かった。

 そこで、たまに鳥見で回る、勝手知ったる大峰高原だから、2km ほど移動して別の楓を訪ねた。こちらは色付始めたところで、ちょっぴり七色楓狩りの気分を味わえた。

 山道をうろうろしたのは、そろそろベニマシコでも来ていないかなんて下心もあったから。でも、風が強くて、結局1羽の鳥にも巡り会えなかった。赤い鳥は鳥暦(とりごよみ)のまだまだ先の方だからいなくて当然なんだけど。

 真っ直ぐ帰宅するのもしゃくなので、犀川のフィールドへ回る。川に架かる橋を通過しながら河原をチラリ見。らッ!白くて大きいサギがいる。これは大変と大急ぎで河原へ。もうチュウダイサギは渡去したから、チュウなら渡り途中の個体なのだが、たぶんオオダイサギだろう。オオなら初認、わくわくで河原を突っ走る。

 

オオダイサギ  2015年10月27日  長野県 安曇野市

 これまで、チュウダイサギは9月下旬に渡りのピークがあり、渡りの群れが通過する。ときには50羽ほどの群れが現れ、1日で消える。この地で繁殖した個体群もその頃いなくなる。以後はパラパラと現れるが、10月上旬で渡去し終える。オオダイサギは10月末に現れるから、秋には2亜種はかぶらない。

 今年は20日にチュウダイサギ1羽がいた。例年よりかなり遅い終認だった。それで、まだチュウがいたら、これは記録だし、オオとかぶる可能性がある。それは楽しい見ものだが。

 河原で2羽を見つけた。上がその1羽。脚の肉白色、アオサギとの大きさを比べて、オオダイサギと確認した。

 上をトレミングした下の画像、①が脛節(脛)で、②が踵。春にはチュウダイサギでも①が肉薄色をした個体もいるのでややこしいが、②の踵の内側まで肉薄色をしていない。


オオダイサギの脚  2015年10月27日  長野県 安曇野市

オオダイサギ  2015年10月27日  長野県 安曇野市

 ところが、自然はややこしい。渡ってきたばかりのすべてのオオダイサギの踵までが、上で書いたような肉薄色をしていればことは簡単なのだが。もう1羽(上の画像)のように、春先のチュウダイサギのような脚の色をした個体もいるから、ややこしい。

 2羽が並んだとき、飛んでいるとき、アオサギと並んだとき、しつこく見て、もう1羽もオオでいいだろうと判断した。

 その後堤防上を走り上流へ。御宝田池から白鳥湖までで14羽のオオダイサギを確認できた。渡りの団体が入って来たのだろう。1羽ずつ脚を見て、アオサギと大きさを比べて、ダイサギ同士の大きさも比較して・・・14羽もいると確認に1時間以上もかかった。たかがダイサギなんだけれど、間違って?チュウが混じっていないかと。画像の4羽はすべて別個体です。

 オオダイサギが現れて、私のフィールドの鳥暦が1ページ進んだ。昨年は26日にマミチャジナイが現れ、ツグミもたくさんいたのだが、今年はまだツグミを1羽確認しただけ。マミチャの暦はまだ進まない。次に現れるのは、ミヤマホオジロとベニマシコなのだが。そうそう、まだアトリも見ていない。早く来い来い冬鳥達、暦を早く進めたい。そんな気分。

 

オオダイサギとアオサギ  2015年10月27日  長野県 安曇野市

オオダイサギ  2015年10月27日  長野県 安曇野市


10月26日 つかの間の2種

シメ  2015年10月25日  長野県 安曇野市

   シメが来た。今日ツグミを1羽見かけた。東京では、木枯らし1号が吹いたそうな。私のフィールドでも、昨日は少し強い北風が冷たかった。ゆっくり進んでいた秋は、このところ足早になり、緑一色だった山肌を3,4割黄色や褐色に変えている。

 晩秋に入ったが、まだ夏鳥のキビタキが何羽もいて、ミズキの実を食べたり、茂みの中で地鳴きをしている。戸隠では、ミズキは葉を落とし、実は鳥たちに食べられてかなり減っていたが、私のフィールドでは、まだ葉は健在だし、実もどっさり残っている。


キビタキ  2015年10月26日  長野県 松本市

 ジョウビタキが増え、あちこちで鳴いている。キビタキは11月に入ってもうろうろしているやつがいるから、つかの間、冬鳥のジョウビタキとかぶる。夏と冬が、つかの間の出会うことになる。

 ミズキの実の上でキビタキと鉢合わせなんてことが起こらないかと、野次馬根性でちょっと期待。でも、一瞬すれ違ったが、お互い無視で、面白くも何ともなかった。こんなこと期待するのは、性悪な鳥見人なんだけれど。



ジョウビタキ ♂  2015年10月26日  長野県 松本市

林の色彩は、まだ緑色が優勢で、紅葉の時期までもうしばらく。

 ミズキを通過したジョビ男君はヤマウルシの実へ直行。こちらの方が好物らしい。実を飲み込み、しばらくして種を吐き出す。種をプイッとする瞬間も撮りたかったが、プイするときだけあっちを向いたから、いっぱい連写したが成果はゼロだった。

 1枚の画像の中に、2種を写し込めたらなんて思う。チャンスは今月いっぱい。

 

ジョウビタキ ♂  2015年10月26日  長野県 松本市


10月24日 ムギマキ詣で

ミソサザイ ♂  2015年10月24日  長野県 戸隠

戸隠は晩秋なのに、ミソ君、突然歌い出した。お陰で撮影でき、感謝。

ゴジュウカラ  2015年10月24日  長野県 戸隠

ゴジュウカラは働き者で、木の実をせっせと運んでは樹皮や苔の下へ隠していた。

キバシリ  2015年10月24日  長野県 戸隠

 秋にムギを撒く頃現れるので「ムギマキ」なんだそうで。英名は「Mugimaki Flycatcher」はたして、日本人以外の方に「麦撒き」が分かるのかしら。なかなか面白い名前と思うが。

 この時期、戸隠へ鳥見に行くのはムギマキを見たいからである。なんだかんだ言っても、結局ムギマキ詣である。霊験あらたかな戸隠神社に顔を向けることもなく、ひたすらムギマキ詣でに汗を流す。

 ところが、ムギマキの数より鳥見人やカメラマンの数の方が数10倍多いのでして。しかも、出現場所が日々あちこち変わるので、どこそこにいると情報が伝わると、ぞろぞろと鳥見人の移動。そして、人垣が出来、ずらっと並ぶレンズ。

 正直、そんな人の群れの中へ入るのは気後れするし、人疲れでへとへとになる。だが、そこでなければムギマキを撮れないから、今日の鳥見の半分は人混みの中で過ごした。

 人混みに草臥れると、林の中をぶらぶら歩き回った。キバシリとの遭遇を期待して。もちろんムギマキがいたら御の字。今日は2羽のキバシリと出会えた。簡単に会えない鳥だから、ラッキーな出会いに感謝しなければ。

 ムギマキの雌成鳥と幼鳥は似ているので、識別に自信がない。今日撮った個体は全部幼鳥だと思うが、さていかがなものか。
 日本の、どの野鳥図鑑の写真も、撮影は5月、撮影地は舳倉島であり、幼鳥の写真はない。推測するに、幼鳥と雌の識別は困難なので、秋に撮影した写真は使わないのだろう。

 今日は成鳥雄と出会えなかったが、そこそこの数の幼鳥と会えたから、草臥れたが楽しかった。これで今年の戸隠行きはお仕舞い。また来年ムギマキ詣でに行かなくては。雌と幼鳥の識別を勉強しに。

 

ムギマキ  2015年10月24日  長野県 戸隠

ムギマキ  2015年10月24日  長野県 戸隠

ムギマキ  2015年10月24日  長野県 戸隠

ムギマキ  2015年10月24日  長野県 戸隠

ムギマキ  2015年10月24日  長野県 戸隠


10月21日 秋スズメ

ヨシガモ ♂  2015年10月21日  長野県 安曇野市

スズガモ ♀  2015年10月21日  長野県 安曇野市

スズメ  2015年10月21日  長野県 安曇野市

 昨日、常連のカモが揃ったと書いたが、スズガモが欠けていると気付いた。キンクロハジロの群れに、毎シーズン数羽が混じっている。今日、御宝田池で改めてカモ見。頭部を背に入れて、寝ている個体が多く、キンクロハジロの雌と見間違えている可能性が考えられたので。

 この時期としては、ずいぶん三列風切が伸びているヨシガモがいた。秋期に御宝田池へ来るヨシガモはほとんどが幼鳥である。彼らの換羽の進行を観るのが楽しみだが、12月になると、なぜか彼らはいなくなってしまう。今日の個体はたぶん成鳥。この池では珍しい例で、これから換羽の進行が楽しみです。

 何度もカモ達を見直して、ようやくスズガモを1羽見つけた。これで、常連が揃ったと改めて言えます。この池で越冬するスズガモは、換羽が進まないと雌雄の別が分からないような幼鳥がほとんど。たまに現れる成鳥は、数日滞在するが、越冬はしない。

 ところが、今日見つけた個体は成鳥の雌で、しかも換羽もだいぶ進んでいた。ヨシガモといい、スズガモといい、この池では例外的な成鳥だから、春まで逗留して欲しいと願うが、さてどうなるか。

 今日の空は快晴なのに、アルプスの山並みが見えないほど靄っていた。中国からのPM2.5などの影響もあったのだろうか。こんなもやもやな日の夕方は、斜光の赤味が強くなり、枯れ草などいい雰囲気の色合いになる。そう信じて、赤いスズメを撮ろうと待っていたが、期待するほど赤色は強くなず、太陽は消えて行った。でも、秋ムードのスズメが撮れたから、ちょっとだけいい夕方でした。



10月20日 ジョビ君到着

カシラダカ  2015年10月20日  長野県 安曇野市

カシラダカ  2015年10月20日  長野県 安曇野市

 カシラダカが増えて、フィールドのあちこちで見かけるようになった。伝え聞くところに寄ると、アトリやイスカが白樺峠付近にはたくさんいるそうだ。まもなく平野部へ降りてくるだろう。

 夏場はたまにしか見かけないモズも増えて、あちこちで叫んでいる。いわゆる高鳴き。モズの個体数は今頃が一番多い。モズを見つけると、速贄(はやにえ)を作るシーンが撮りたいので、いつも見つめているが、意外に警戒心が強くてすぐ飛んでしまう。

 たくさんいたチュウダイサギがいなくなった。1羽もいなくなったと雑記する予定だったが、まだ1羽残っていた。この1羽が終認になりそう。日々秋は進んでいる。


 

叫ぶ モズ ♀  2015年10月20日  長野県 安曇野市

ジョウビタキ ♀  2015年10月20日  長野県 安曇野市

 カシラダカの次に現れる冬鳥はアトリのはずと、過去のデータを思いだしながら雑木林内を歩いていたら、突然ジョウビタキの雄が枝へ飛び上がった。急ぎレンズを向けたが間に合わず、再びブッシュの中へ消えてしまった。是非とも証拠写真を撮らなくてはと、その場に15分ほど立っていたが、ジョビ男君は再び現れなかった。

 素早くピント合わせが出来なかった自分の技量を悔やみながら、林内を進んだら、ごちゃごちゃな灌木の枝に雌が現れた。10秒じっとしていてと願いながら、ピント合わせ。今度は間に合った。半分憑いてる日かなと内心苦笑い。証拠写真を撮らせてくれたジョビ子君に感謝。

 ジョウビタキの初認日は、2013年は21日、14年は18日だったから、ほぼ同じ頃に来ている。ただ、例年はジョビよりもアトリの方が早いのだが。この2日間雑木林のチェックをしなかったから、アトリを見逃したかもしれない。

 御宝田池に、ヨシガモが4羽、オカヨシガモが3羽いた。コハクチョウは7羽になった。これで常連のカモと白鳥が揃った。秋のページが進んでいます。


コハクチョウ  2015年10月20日  長野県 安曇野市

7羽いるのだが、上手いこと7羽揃ってくれなかった。


10月18日 ヨタカは寝ている

眠るヨタカ  2015年10月18日12時58分  長野県 松本市

 日曜日はあちこち人出が多く、雑木林も、運が悪いと猟犬の訓練をしていたり、戦争ごっこをする兄ちゃん達がごそごそしていたりする。それで、お出かけはしない積もりで、家で雑用を片付けていたら、写友から電話が。ヨタカがいるけれど・・・。押っ取り刀で、いや押っ取りレンズで駆けつける。ヨタカはいつ見たか思い出せないほど久しぶりだったし、デジタルカメラになってからは撮影したことがなかったから。

 ヨタカ君、午後の光を浴びて、これぞヨタカのスタイルでお休み中。しばらく撮影していたが、目を開けてくれないし、もちろん翼を伸ばして伸びをするなんてこともしない。ひたすら樹の瘤になって寝ているだけ。たいてい夕方になるまでこのまま寝ているのがヨタカの習性。

 夕方までずっと付き合うのもかったるいので、ひと回り鳥見をする。途中で、鳥見をしている、ちょっと年配のお姉さん二人連れと出会う。冬鳥がまだ来ないなど話し、話題がカシラダカになった。すると、よく見ているブログにカシラダカが来たと書いてあったとお姉様が。で、そのブログは太田さんという方のブログで・・・げッ!また読者様に出会ってしまった。以降の会話はご想像に任せします。


 

眠るヨタカ  2015年10月18日15時43分  長野県 松本市

 お二人とヨタカの場所へ戻る。ヨタカ君、向きを変えていた。逆光ぎんぎらの昼下がりには上手く撮れなかったが、寝ている枝が日陰に入っていたので、シックな色合いになっていて、撮影はばっちし。顔もしっかり見えた。しかし、何とも複雑な羽衣の色をしてますね。

 上空を何かが通過したのか一瞬目を開けて空を見た(下の画像)。瞳に秋の空が綺麗。ヨタカ君も旅の途中だろうから、明日はもういないだろう。夕方飛び立つところまで見たかったが、残った雑用を片付けねばならず、タイムアウト。

 久しぶりのヨタカ。たっぷり堪能しました。見つけてくれた写友に感謝。楽しいお姉様二人にも感謝、感謝。何よりこんな見やすい場所にいてくれたヨタカ君にいっぱい感謝の午後でした。


瞳に秋の空  ヨタカ  2015年10月18日15時6分  長野県 松本市


10月17日 静かに秋は進む

ビンズイ  2015年10月17日  長野県 安曇野市

ビンズイ  2015年10月17日  長野県 安曇野市

 昨日コハクチョウが1羽飛来した。地元紙曰く「冬へ一歩」。雑木林では14日にいたカシラダカの小群が頑張っているが、他の冬鳥はまだ現れない。昨年より到着が少し遅れているのだろう。

 歩き回ったが、杜鵑もオオムシクイにも出会わなかった。どうやら彼らの通過期間は終わったようだ。静かな林、出会えた渡り鳥はビンズイ1羽だけ。普通松本平でビンズイは越冬しないから、この個体も通過中だろう。

 オニグルミの葉が秋色になった。まだ緑が濃い林の中、斜陽に輝き美しい。こんな光景の中にいるオオムシクイが撮りたかったが、タイミングが合わなかった。代わりにシジュウカラが、僕ではだめ?と現れた。君でも十分、秋色萬華。静かに秋が進んでいる。



シジュウカラ ♂  2015年10月17日  長野県 安曇野市


10月16日 最後のオオムシクイ?

メジロ  2015年10月16日  長野県 松本市

 そこそこの数のオオムシクイが通過していると、今更であるが確認できた。昨日は松本盆地の南端付近でオオムシクイが通らないか、てこてこ歩き回ったが、スカだった。

 今日は松本市のアルプス公園をてこてこ歩き、鳥見。もしかしてオオムシクイがいるかもと期待しながら。これまで2か所で出会ったから、きっとここにもいるだろうと。

 キビタキが3羽、いがみ合っていた。渡りの途中で喧嘩しなくてもいいのに。茂みの中で、メジロの夫婦がいちゃついていたので、撮影していたら、横の枝にひょいと現れたのがオオムシクイ。今日は無言。ひと声も無かったので、地声で確認の手順は踏めなかったが、10月中旬のムシクイだから、オオムシクイでいいと思う。

 公園内には紅葉している樹もある。そこで出合えたら、かなり楽しい絵が撮れそう、いや撮ってやるのに。雑木林は、まだ赤より緑の方が多い。オオムシクイ、こんどこそ、今シーズン最後の出会いになるだろうか。


 

オオムシクイ   2015年10月16日  長野県 松本市


10月15日 スカ日

アキアカネ   2015年10月15日  長野県 松本市

ホウジャク   2015年10月15日  長野県 松本市

 今日はスカ日。鳥さんとの出会いはなし。正確に言えば、シジュウカラとカルガモ・オナガガモ・カイツブリと出会っただけ。たまには紅葉を見て、秋の光を見て、午後を終えるのもよしする。

 下のカルガモは千鹿頭池。8月末までは13羽の雑種ガモがいたのだが、1今は4羽だけになった。白い「しろちゃん」と「バター」もいなくなった。何処かへ移動していると思う。暇を見て探し出せねばと、カルガモたちを見ながら考えた。


 

カルガモ   2015年10月15日  長野県 松本市


10月14日 冬鳥来る

オオムシクイ   2015年10月14日  長野県 安曇野市

オオムシクイ   2015年10月14日  長野県 安曇野市

 何となく嫌な予感がしていたが、オオムシクイに再々挑戦。予感はあたり、オオムシクイは見あたらず。諦めきれずに探し回り、1時間かけて、なんとか2羽を確認出来たが、撮影は更に難しくなった。どうやら、一瞬の出会いも終わりのようだ。オオムシクイ達は旅の続きを始めたらしい。インドネシアはまだまだ彼方の地。次は来初夏、5月末に「ジジロ、ジジロ」と囀る主を探そう。

 ムシクイ探しをしている途中で、カシラダカと遭遇した。10羽ほどの群れ。いよいよ、カモ以外の冬鳥がやって来た。七十二候は「鴻雁来」、新潟県までコハクチョウやマガンが来ている。安曇野に彼らが現れるのも、今週中か。カシラダカはその露払い。フィールドに先ずカシラダカが現れたのは、例年通り。いよいよ平野部でも霜が降りるか。
 明日出会うのは、ツグミか、アトリか、コハクか・・・。


カシラダカ   2015年10月14日  長野県 安曇野市


10月13日 杜鵑の幼鳥はややこしい

オオムシクイ   2015年10月13日  長野県 安曇野市

 オオムシクイと会える期間は短い。恐らく、今週中で終わるだろう。今日こそバッチし撮ってやろうと再挑戦。今日は4羽いたが、愛想の悪いことは相変わらず。目線の高さまで降りて来ない。上程度の画像が精一杯。本当にオオムシクイ?と疑う事なかれ。ちゃんと地鳴きを確認しました。

 オオムシクイを待つ間に、アオゲラやコゲラ、杜鵑も現れた。暇なので、ちょっと浮気。アオゲラの止まっている樹がタチヤナギです。こんな巨樹の上の方でオオムシクイはせわしく移動している。見上げているだけで首が痛くなる。



アオゲラ ♂   2015年10月13日  長野県 安曇野市

カッコウ 幼鳥   2015年10月13日  長野県 安曇野市

 私のフィールドでは、この秋、杜鵑が多い。今日も2羽と出会った。上はカッコウの幼鳥でいいと思う。背面が見られなかったので、後頭部の白斑は確認できていないが、胸や喉の横斑はカッコウに見える。ところが、下尾筒の横斑は太めでカッコウらしくない。杜鵑の幼鳥は難しいです。これはカッコウの幼鳥だと言った者勝ちみたいなやつ。

 もう1羽はもっとややこしかった。背面の羽を見ると白い羽縁はほとんど見えない(下の画像)。これはツツドリの特徴。たぶんツツドリだろうと見ていたら・・・。


ツツドリ 幼鳥   2015年10月13日  長野県 安曇野市

 いも虫を捕らえて、どうだ!と自慢顔。頭部や首回りは赤色が入った羽衣をしていて、ちょっぴり赤色型な感じ。喉まで横斑が無いし、腹部の横斑は太い。まずはツツドリの幼鳥に見える。


ツツドリ 幼鳥   2015年10月13日  長野県 安曇野市

 ところが、後頭部にぽっちりと白斑が(下の画像)。うそでしょと言いたくなった。後頭部に白斑があるのはカッコウの幼鳥。するとツツドリではなくカッコウ?この個体はツツドリでいいと思う。白斑は羽の乱れとしておこう。杜鵑の幼鳥はややこしいやつがたまにいるので悩ましいです。

 上手く撮れないオオムシクイ。今日は午後からお出かけだった。悔しいから、明日は弁当持ちで張り付いて・・・でも、渡ってしまっていたら来年回しの宿題になる。う~ん、オオムシクイは手強いやつと、改めて思う。


ツツドリ 幼鳥   2015年10月13日  長野県 安曇野市

 蛇足のおまけです。

「私の持ってる図鑑にはオオムシクイなんて載ってないけれど・・・」という質問を頂きました。

 それは、どれとは言いませんが、その図鑑が、日本鳥学会による『日本鳥類目録 改訂7版』(2012年7月)に準拠していない、改訂6版(2000年)以前の目録に寄っているからです。恐らくその図鑑には「コメボソムシクイ」が記載されているでしょう。

 分子系統学が進み、野鳥も分類が見直されています。6版の「メボソムシクイ」「コメボソムシクイ」が、改訂7版では「メボソムシクイ」「オオムシクイ」「コムシクイ」と分類されています。

 かって、「ジジロ、ジジロ」と3拍子で鳴くのが「コメボソムシクイ」とされていましたが、その囀りは「オオムシクイ」の囀りです。

 図鑑は1冊だけを鵜呑みにしない方が、それと、鳥名と写真だけを見るのもいいですが、たまには記事も読んだ方がいいと思います。


10月12日 オオムシクイは手強いやつ

オオムシクイ   2015年10月12日  長野県 安曇野市

 秋の渡りはまだ続いています。強い南風をものともせず、ヒヨドリの団体が三々五々南下していきました。見た範囲で、延べ300羽以上が通過した。こっそりと、ツツドリ成鳥がタチヤナギの高木の林を抜けていき、コサメビタキも5羽見かけました。ツバメが1羽飛んでいた。もしかすると、終認の個体かも。

 今日の目的は、オオムシクイ。昨年は16日に出会ったから、そろそろ頃合いかと。昨年はオオムシクイと確信が持てず、「自分の記憶の中だけで、オオムシクイ」とした。今年は、絶対正体を見極めようと林へ入る。

 フィールド内に、渡り鳥が低山帯から平野へ出る通路がある。平野部への入り口いると、ヒヨドリなどわさわさと通過して行く。たぶんオオムシクイも通るだろうと予測。

 ムシクイの識別は難しいが、センダイムシクイは頭央線があるから分かるし、8月中に渡ってしまうから、10月には出会わないはず。コムシクイは長野県を通過する個体はほとんどいない。メボソムシクイも9月中頃には渡り終えるから、10月中旬にはまずいない。残るはエゾムシクイとオオムシクイ。地鳴きを聞ければ、オオムシクイと確認できる。



オオムシクイ   2015年10月12日  長野県 安曇野市

 この時期、毛虫がたくさんいるのはヤナギである。ムシクイがいれば、ヤナギに取り付いて食事をするはず。林の中にタチヤナギの高木が何本もあるから、そこがチェックポイント。

 耳を澄ましながら、ヤナギ巡り。コゲラの木をつつく音、通過するヒヨドリの喧噪。モズの叫び声、アカゲラの叫び声、シジュウカラのおしゃべり声・・・。しばらくして「ジッ」と大きな声が聞こえた。雑木林の常連さんの声ではない。耳を澄ますと、あちらで「ジッ」こちらで「ジッ」、どうやら声の主は3羽いるらしい。昨夜予習で覚えたオオムシクイの地鳴きにそっくり。

 姿を捜す。ヤナギの高いところで声がしているが姿は見えない。声の主がムシクイの姿をしていれば、オオムシクイに9分9厘間違いないのだが。姿を見つけるまでに10分かかった。証拠写真が撮れたら、今年は確信を持って、オオムシクイを見つけたと雑記に書ける。撮影開始。

 それから、粘ること1時間。1枚目の画像をしか撮れず。高い場所を頻繁に動き回りじっとしてくれない。すぐに枝葉がかぶる場所へ入ってしまう。10秒間静止してくれたら何とか出来るのに・・・オオムシクイは手強いやつでした。出会ったオオムシクイは5羽、なんとか使える画像、今日の3枚を撮るのに4時間かかりました。草臥れましたが、オオムシクイを堪能できました。

  

オオムシクイ   2015年10月12日  長野県 安曇野市


10月10日 念願のオオアジサシ 2

オオアジサシ   2015年10月8日  三重県

アジサシ 幼鳥  2015年10月8日  三重県

水浴び中 アジサシ 幼鳥  2015年10月8日  三重県

 潮が満ちて州が消え、鳥さん達は飛び去った。まだ時刻は13時半だが、たっぷりオオアジサシを見られたし、青い海に青い空もたっぷり見られたので大満足。強風で吹き飛ばされてくる砂粒が顔にあたり痛かったが、そんなことでめげていては写真は撮れない。

 オオアジサシの他にアジサシもたくさんいて、座り込んでいる目の前にも降りた。脇目もふらず、オオアジサシに集中していたので、他の鳥はパス。それでも、せっかくだから記念撮影程度は撮らないと申し訳ないかと思い、アジサシにも少しだけレンズを向ける。

 昔、波崎の浜でアジサシと出会ったころは、まれに脚の赤い成鳥がいると、もしかしてアカアシアジサシではないかと胸が躍った。全部普通のアジサシだったが。この浜では、脚の赤いアジサシ成鳥をぽつぽつ見かける。そんな個体を見つけると、昔が懐かしくなる。幼鳥は脚や嘴が赤や赤橙色をした個体がほとんど、これは波崎も同じだった。



アジサシ 幼鳥  2015年10月8日  三重県

アジサシ 成鳥  2015年10月8日  三重県

ダイゼン 幼鳥  2015年10月8日  三重県

オグロシギ 手前♀ と 奥♂  2015年10月8日  三重県

 車へ戻り、オオアジサシの撮影条件を教えてくれた友人に、オオアジサシが撮れたと、お礼方々報告メールをする。すると、河口の対岸でオグロシギのペアーが撮り放題との返信。それは是非にもお邪魔しなければ。鳥は20秒もあれば対岸へ行けるが、人間は不便。ぐる~と大回りして川を渡り対岸へ。

 

オグロシギ 左♀ と 右♂  2015年10月8日  三重県

 挨拶もそこそこ、地元のベテラン鳥見人さん達に混ぜてもらい、オグロシギを撮る。大きな雌に小さな雄のオグロのペアーを見るのは11年5月以来。10月になってもいろいろなシギ・チが見られてここはいいところです。

 強風が吹き続け、砂が顔にあたり痛い。風が一段強まると、小さな雄が雌の陰に入る。偶然かと見ていたら、何度も同様な行動が見られた。ちょっと情けない雄。オグロを1時間ほど見て8日の鳥見を終えました。

 久しぶりの突撃鳥見でした。行きはよいよい、帰りは何とやらで、帰路の渋滞にはうんざり。1時間半のノロノロ運転に、ぐったり疲れる。でも、念願のオオアジサシをたっぷり見られたから突撃大成功でした。



オグロシギ 左♂ と 右♀  2015年10月8日  三重県

オグロシギ 左♀ と 右♂  2015年10月8日  三重県


10月9日 念願のオオアジサシ

オオアジサシ  2015年10月8日  三重県

 リスト派ではないけれど、お初の鳥さんとの出会いには心が躍る。オオアジサシはまだ会ったことがない鳥。9月21・22日にチャレンジしたが、敢えなく敗北。鳥見を長くしているので、それなりの数はこなしています。それで、リストに1種加えるには、かなりの費用と労力が必要です。最近会える確率が一番高かったお初鳥がオオアジサシでした。

 地元の方からお教えを受ける。出会うための必要条件はふたつ。まず満潮時であること。加えて強い北西風が吹き、海が荒れ模様になるなこと。もちろん海岸まで行かねばならないし、昼間でなければならない。

 21日以降、毎日潮汐表と三重県の風予想をチェックしていた。台風23号の動き次第で、条件は整うはずとチェックを強化。北西風が強まり、伊勢湾に波浪注意報も出た。8日の昼ならかなりの確率で会えると判断する。後は走るだけ、得意の朝駆け。気の毒な愛車は、ノンストップで高速走行の重労働を3時間半。


  現地到着8時30分。まだ干潮で干潟が広がり、飛び交うカモメとウミウしか双眼鏡に入らない。遙か沖にアジサシの仲間らしい影が見えたが、カモメと見間違えていたかも。
 昼まで3時間あるから、勝手知ったる海岸を回り、ダイシャクシギやアオアシシギ、ソリハシシギなどを見て時間調整。


州に集まった鳥たち  2015年10月8日  三重県
砂浜に降りてチェック。黄色い嘴、黒い冠羽が見えた。オオアジサシがいると確信できた。

 11時30分、広がっていた干潟が消えて、残った州に海鳥が群れるている。堤防上から双眼鏡。遠くてよく判らないが、群れるユリカモメなどの向こうにオオアジサシらしき鳥が見える。よしよし!愛用の大砲レンズを担いで砂浜へ。


水浴びするオオアジサシ  2015年10月8日  三重県

水浴びするオオアジサシ  2015年10月8日  三重県 (上とは別個体)

 初めは150m以上離れて撮影していた。白波も撮りたかったし、波の上を飛ぶ姿も撮りたかったし。河口の対岸でスコープをしている人、望遠レンズを据えている人が見えていたので、飛ばしてしまってはばつが悪いし、申し訳ないと思い。ところが、地元の方が来て、どんどん近づいていく。それなら、遠慮はやめて、後ろに着いていかねば。最終的には20mほどまで近づいて砂浜に座り込み撮影できた。いやはや、お初の鳥をたっぷり見られて幸せいっぱいの2時間でした。オオアジサシは15羽まで数えられた、飛び去ったり、飛んで来たりしたので、全部で何羽いたかは分からないが、20羽はいたと思う。



10月7日 ムギ様 お久しぶり

キバシリ  2015年10月7日  長野県 戸隠
 あれこれが落ち着いて、朝から出かけられるようになったので、乗鞍へライチョウとイワヒバリでも見に行こうかと家を出る。が、走り始めてから気付いた。台風が来ていて、風が強いと気象予報が出ていたっけ。3000mの山の上はかなり風が強いはず、冬物防寒着を着なければまずいかも。あいにく、車に防寒着を積んでいなかった。

 ライチョウ見物は中止・・・何処へ行こうか考える。コリンウズラ捜しじゃつまらないし・・・サメビタキには振られっぱなしだし・・・思い切って戸隠まで行くことに。

 この前戸隠へ行ったのはいつだったか思い出せない。もう、3、4年は行ってないはず。まだ冬鳥シーズンではないが、何かいるだろう。キバシリにでも会えれば御の字と高速にのる。

 戸隠もあれこれ変わっていました。駐車場が有料になっていた。森林学習館は「八十二 森のまなびや」なんて銀行名をかぶっていた。木道が壊れて一部通行止めに・・・世の中移ろっているのですね。

 今日はたぶんついていた。いきなりキバシリが現れたから。10分で御の字。

 しかし、ツグミ類は1羽もいない、カラ類もたまに声がする程度で、鳥さんは少ないどころか、いないんじゃないのと思えるほど。それでも、木道をゆっくりと聞き耳を立てながら歩く。かなり遠方で、アカゲラだろうか「ケッ」とひと声・・・まぁ、秋冬はこんなものと思いながら先へ進む。鳥屋さんは二人にお会いしただけ。森林植物園内は人間もごく少なく、これはいい気分。



カケス  2015年10月7日  長野県 戸隠

 カケスが洞の縁にとまり中をのぞき込んだ。ドングリをくわえてきたなら、洞銀行に貯蓄なのだが、中に溜まった水でも飲んでいるのか、説明出来ない行動を見せてくれた。カラ類やメジロが洞に溜まった水を飲む行動は見たことがある。たぶん同じだろうと推測。


カケス  2015年10月7日  長野県 戸隠

ムギマキ ♂  2015年10月7日  長野県 戸隠

 10月中旬の森林植物園で、人気ナンバー1はムギマキ。かっては、ムギマキを撮影しに鳥屋が集まっていたが、最近はどうなんだろう。まだ上旬だからムギマキに会えたら、御の字の2乗だが、余り期待はしていなかった。キビタキが飛んで、おやおや、早く渡っていきなよと思う。

 ムギマキ撮影ポイントに着く。ツルマサキの実がとても少ない。これじゃムギマキは素通りだろう。私もそこを通過しかけた。すると、キビタキの警戒音が聞こえた。おやまたキビタキ?と目を凝らすと、橙色が見えた。おっと、ムギマキがいるではないか。今日はついてる日だ。

 ムギ様、ごちゃごちゃのツルマサキの中から出てくれない。そして、木の向こう側へ行ったきりこちらに来ない・・・数分後、地上のブッシュの中へ降りてしまい、それっきり。

 待つこと40分。また声が聞こえた。どうやら、去らずに近くを周回している模様。木道に座り込み、ブッシュを透かしてみると、ちらり姿が。更に10分、目の前の枝にひょいと現れた。ムギ様、お久しぶり。まずは感謝。もちょい、かっこよく止まってくれないか、背中も見たいしと願うが、再びブッシュの中へ。ツルマサキの実が少ないのがいけないんだ。

 再び待つこと30分。ムギ様現れず・・・昼飯抜きで頑張っていたので、空腹に負けて退散。しかし、数年ぶりにムギマキに会えていい日でした。



ムギマキ ♂  2015年10月7日  長野県 戸隠

ムギマキ ♂  2015年10月7日  長野県 戸隠

 下はおまけのビンズイ君。4羽いて、愛想がいい子達だった。


ビンズイ  2015年10月7日  長野県 戸隠


10月5日 雑木林では

工事中の御宝田池  2015年10月3日  長野県 安曇野市

 このところ鳥見が上手くいきません。つぎはぎの雑用というかあれこれがあったのも一因ですが、御宝田池が工事に入り、渡来したカモが白鳥湖と横の遊水池へ回ってしまったからです。ほとんどのカモが狭い遊水池に密集して、渋谷のスクランブル交差点みたいで、何がなにやら識別がむずかしい状態です。

 ハシビロガモが7羽を始め、キンクロハジロ、ホシハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ、コガモと10月上旬の常連は揃いました。そこまでは確認できています。そして、オカヨシガモとヨシガモが到着すると季節は晩秋に入り、霧が立ちこめるか、霜が降ります。


コリンウズラ   2015年10月5日  長野県 安曇野市

 雑木林では、冬が近づくと、バイク乗りが現れ、ジムニー乗りに猟犬訓練のおじさん達、戦争ごっこの兄ちゃん達も現れます。そんな輩で賑やかになるのは不愉快ですが、林が貸し切りでない以上はなんともはや・・・。

 またコリンウズラと遭遇した。換羽中のぼろぼろな個体が2羽。2013年の10月にも、この林でコリンウズラを撮影した。たぶん猟犬の訓練用に放されたのだろう。林にはノスリやオオタカがいるから、犬から逃げ切っても早晩猛禽類に捕獲されてしまうだろう。なんとも哀れな鳥である。

 杜鵑の渡りは、例年10月中旬まで見られる。今日いた個体はツツドリ赤色型の幼鳥だった。しっかり撮りたかったが、下の不出来で恥ずかしい証拠写真が精一杯。渡り中のノスリだろう3羽が飛び回り、おまけにオオタカの成鳥まで来てしまったので、幼鳥君何処かへ飛んでしまった。大いに悔しい。だから猛禽は嫌いなのだ。
 
 確認できた赤色型は今秋2羽目である。1羽目は、9月下旬に白鳥写真仲間が飛んでいる姿をバッチし撮影した。目の前を飛んだので撮ったけれど、この鳥はなんだろうとモニターを見せられ、げッ~!おったまげた!だった。


 雑木林では、いろいろなことが起きます。


ツツドリ 幼鳥 赤色型  2015年10月5日  長野県 安曇野市

9月 ホームヘ 11月