私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


10月 ホームヘ 12

11月28日 今日はオナガガモ

オナガガモ ♀ 雄化個体(中央)  2015年11月28日  長野県 安曇野市

 日頃見ている範囲内にオナガガモが400羽ほどいる。これだけいれば、ややこしいやつが1羽はいるだろうと、今日はオナガガモをしっかりチェック。

 いました!ややこし君が。一見雄に見えますが、頭部の色は鈍くまだらで、嘴は雌と同じ色。大きさは、雄より小さめで雌と同じ。体側面の太めの波状斑は雄化個体に特有な形状。これだけ揃えば、雄化個体で間違いない。オナガガモの雄化個体は、この10年で3羽目です。今日もややこし君を見つけてしまった。わたし的には、それほどややこしくはありませんが。


  雄化個体の1羽目は6シーズン御宝田池へ来た。「彼女」と勝手に名付けた。2羽目はひとシーズンだけだった。2月に見つけたので「フェブ」とした。今日のややこし君は「霜月」としよう。名前をつけておくと、画像整理ややノート記録に重宝なので。

 腹を見せて首を掻いた瞬間。あれ、まぁ、しっかり足環を付けられていた。数字は読めないが、Tokyo Japan は読めた。オナガガモの雄化個体はカモ好きやカモ研究者には見つけやすいから、狙い定めて捕獲され、足環付きにされたのだろう。私のようなカモ見好きが、きっとどこかで見つけるだろうから。なんて意図のもとに。

 「霜月」は犀川ダム湖(犀川白鳥湖)横の遊水池にいます。お暇な方は足環の数字でも読んでやって下さい。


 23日に雑記したマガモなのか雑種なのか決めかねているややこし君が飛ぶのを堤防上で待つ。北風が冷たかったが、そこは鳥馬鹿だから、2時間ほど頑張った。。背面も撮ったが、そちらはピントが甘いので使えず。行動パターンがつかめたから、次はしっかり撮るつもり。脇や腹が褐色をしていると確認出来た。


マガモ♂タイプの ややこし君  2015年11月28日  長野県 安曇野市

 おまけの1枚。堤防の蛇篭の中に住み着いているイタチ君。だいぶ人慣れして、カメラマンや白鳥見物客がワイワイしていても、平気で顔を出す。今日は記念撮影に応じてくれた。君がオコジョだったら、かなり有名になるだろうが。



11月27日 北風の強い日

カンムリカイツブリ  2015年11月27日  長野県 諏訪湖

 突然と思えるほど急に冬が来て、我が家の周りも強風に雪が舞いました。この何年かは11月中旬に霜が来て、膨らんだ寒椿の蕾が開く前に凍てて落ちてしまい、開いた花を見られませんでした。今年は暖かく、今日まで霜が来なかったので、久しぶりに満開の寒椿を楽しんでいますが、明日の朝は白く化粧した深紅の花を見ることになりそう。

 雪雲に覆われ、強風と雪が舞う中での鳥見は思うに任せないので、峠を越えることに。不思議なもので、峠ひとつ越えただけなのに、諏訪盆地は青空に眩しいお日様。風は強く冷たかったが、久しぶりに湖畔で鳥見。

 松本平では、まれにしか見られないハジロカイツブリなど楽しむ。湖畔へ着いたのが15時過ぎ、ハジロの赤い目が、傾きかけた日射しを受けていっそう燃えていた。それで、目の色にこだわって撮ることに。

 寒かったが、赤い目、橙色の目、黄白色の目、色々見られて楽しかった。


ハジロカイツブリ  2015年11月27日  長野県 諏訪湖

ホオジロガモ ♀  2015年11月27日  長野県 諏訪湖

カワアイサ ♂  2015年11月27日  長野県 諏訪湖

 今日は富士山写真家には楽しい日だったと思う。諏訪盆地からも富士山がくっきり見えたから。富士山と諏訪湖のコラボを撮るポイントの高ボッチ高原は雪雲の中。晴れていれば、山を駆け上ったろうが。湖畔で夕焼け富士山になるまで待つ。年に一度くらいは世界遺産を拝さなければ・・・。久しぶりに見た赤い富士の赤味が消えるまで眺めて、今日が終わった。

 

夕焼け富士山  2015年11月27日  長野県 諏訪湖


11月26日 ちらりのオオマシコ

オオマシコ ♂  2015年11月25日  長野県

 昨日、オオマシコを見に行った。雨が降り出す前に短期即撮で決めようと思っていたが、肝心のオオマシコ達はブッシュの中にいて、すっきり全身を見せてくれなかった。6羽まで数えられたが、成鳥の雄はこの1羽だけで、残りは若い雄や雌っぽかった。

 成鳥の雄だけが、ほんの30秒ほど見上げる枝に出てくれただけで、これで顔見世興行はお仕舞いと、皆揃って飛んでしまい、オオマシコ見物は、チラリ見で終わった。ほぼ同時に小雨が来たので、自分のフィールドへ移動する。

 フィールドも到着後しばらくして小雨が落ちてきた。ツグミの小群が雑木林でツルウメモドキを食べていたが、雨だと鳥さんの出は鈍く、マユミにぶら下がるコゲラをスナップ出来ただけ。最近、天気が悪くて鳥見がままならない。オオマシコを見られたから、よかったとやせ我慢して昨日は終わった。


コゲラ  2015年11月25日  長野県 安曇野市


11月23日 今日はマガモ

マガモ ♂幼羽  2015年11月23日  長野県 安曇野市

 私が見ている範囲内に、正確には数えられないが、マガモが 200羽ほどいる。それだけいると、ややこしい個体が何羽か混じっている。今日はマガモ見。

 上の個体の脇羽を見ると、バフ色の中の濃い褐色の斑がV字状をしている。これは幼羽の特徴だから、換羽が遅い幼鳥だろう。また、嘴の色がばっちいけれど黄色で、橙色ではないから、雄でいいと思う。まぁ、あまりややこしい個体ではない。
 

ややこし君  2015年11月23日  長野県 安曇野市

ややこし君  2015年11月23日  長野県 安曇野市

 上の中央の雄はややこしい。換羽が終わり生殖羽になっている他の雄と比較すると、背は明らかに黒っぽく、脇腹も褐色です。さて君は誰だろう。

 実は、このややこし君を今春3月6日にも撮影している。前提として、ややこし君を3月の個体と同一と考えています。

 雑記帳の過去分を見ていただくと、下の画像他記事もあります。なお、3月時点では、識別できなかったので、換羽中のマガモ雄としています。また、マガモの雌とペアーになっていたのも確認しています。

 まず、カルガモとの交雑を考えた。ときどきいるカルガモとの交雑個体(マルガモ)雄の体色は、こんな感じに黒っぽい。また、体上面の羽にはカルガモの特徴がでている。一方、たいていマルガモの嘴は黒く、先端だけ黄色いカルガモ的な色をしているが、この個体の嘴にその特徴は見えず、マガモ雄の特徴をしている。

 嘴の先端部のサイドは橙色で他の部分の黄色より濃く、雌的な色である。この点から、マガモ雌の雄化個体では?という考えも浮かぶが、3月に雌とペアーを組んでいたから雌ではなさそう。

 極めてマガモの雄に近い体色をした雑種か、それとも、体色が異状な個体(黒変)か、悩ましいまま結論に至っていません。図鑑を買っても、カモの世界も難解です。


ややこし君  2015年3月6日  長野県 安曇野市

 次の個体は、マガモ雄の幼羽から第1回生殖羽に換羽中と見える。どう見てもマガモの雄だが、他のマガモ雄より、極端にとまでは言えないが、明らかにひとまわり半ほど小さい。そこに引っ掛かり、悩んでしまった。発育が悪かったのか?そんな単純な答えでいいとは思えず、またまた宿題が増えるばかり。

 たかがマガモ、でも見始めると、解けない問題がいろいろ見えてくる。カモ見も楽しくて止められない鳥馬鹿です。


マガモの雄のややこし君  2015年11月23日  長野県 安曇野市


11月22日 悩ましいヒドリ

チョウゲンボウ ♂  2015年11月22日  長野県 安曇野市

 そろそろコチョウゲンボウが現れる頃なので、水田で双眼鏡。例年電線に止まっているコチョウゲンを見つけ、それからずっと張り付いて、ヒバリを追いかけたり、棒杭に止まったりする行動を楽しむ。

 彼方の電線に、ぽつんと1羽。カラスじゃなくて、キジバトじゃなくて、もしかするとコチョウゲン?飛ばれないように、大回りしてそろりそろりと近付く。始め小さいと思ったが、近寄るにつれだんだん大きくなって、ついに普通のチョウゲンボウになってしまった。やれやれ、コチョウゲンに変身してよ
・・・。


ヒドリガモ  2015年11月22日  長野県 安曇野市

 今頃は、換羽中のカモがたくさんいる。種は判るが、雄か雌か、成鳥か、幼羽から第1回生殖羽に換羽中か、エクリプスか、エクリプス→生殖羽に換羽中かなどと見始めると、なかなか悩ましい。

 せっかく図鑑を買ったのだから勉強しなくてはと、ヒドリガモを見る。上の個体、額の色から雄と判るが、その先が難しい。赤褐色の脇羽の形とチラリ見えている雨覆が白いことから、エクリプス→生殖羽に換羽中の個体と識別したが、自信はあまりない。図鑑を読めば読むほど疑心暗鬼になってしまう。


ヒドリガモ  2015年11月22日  長野県 安曇野市

 次の個体、額から頭頂の色で雄。脇に残る褐色の羽の形から幼羽→第1回生殖羽と識別してみたが、雨覆が白く見えるので??。悩ましい。下も雄の幼羽→第1回生殖羽と思う。


ヒドリガモ  2015年11月22日  長野県 安曇野市

 次は雌の幼羽で、ほとんど換羽が進んでいない個体でいいと思う。

 ヒドリガモの綺麗な生殖羽になっていない、ばっちい個体は、識別を始めると悩ましい。ヒドリガモの群にはアメリカヒドリとヒドリガモの交雑個体も混じっているから、更に悩ましい。たまに、アメリカヒドリの雌幼鳥ではないかと思える個体もいて、もっと悩ましい。

 暇人だから、ヒドリガモだけ2時間も見ていた。もう脳みそがパニック状態。それでも、止められないから、ほんとに馬鹿なんだと思う。何となく判った気分になってヒドリ見を終わりにした。

 

ヒドリガモ ♀ 幼羽  2015年11月22日  長野県 安曇野市


11月20日 怪しいのよね

ホシハジロ ♂ 1年目冬  2015年11月20日  長野県 安曇野市

 先日紹介したカモの図鑑の雑種ガモの解説ばかり見ているので、そう、ややこしいカモが好きなので、ついつい怪しいカモばかり探してしまう。

 上のカモ、換羽中のホシハジロ雄と思ったが、ちょっとばかし怪しいのよねと、鳥馬鹿は目を凝らす
・・・疑い出すと切りがない。この個体、誰かの血が混じっているのかしら・・・虹彩の色が見えないとなんとも言えずもどかしい。

 すぐ近くにいたので、思い切りシャッター音を響かした。効果てき面、カモ君目を開いた。真っ赤な虹彩はホシハジロ雄の特徴。換羽が進んでいない1年目冬の個体でいいだろうと結論。

 こだわったのは、以前に胸が黒ではなく、赤褐色のホシハジロを見たことがあるから。もちろん雄タイプ。撮影する前に、大群の中に紛れてしまい、証拠写真も撮れず仕舞いで、悔しい思いを今も引きずっている。たぶん雑種だったと思っている。 

 

ホシハジロ ♂ 1年目冬 (上と同一個体) 2015年11月20日  長野県 安曇野市

 夜、図鑑を開く。昼の答えで間違いなし。ただ、図鑑には上の個体よりもう少し換羽の進んだ状態のイラストが使われている。運良く別個体も撮影していたが、その個体とイラストはどんぴしゃり。

 上の怪しく見えた個体の換羽がもう少し進むと下のようになるはず。


ホシハジロ ♂ 1年目冬(上とは別個体)  2015年11月20日  長野県 安曇野市

 参考までに、換羽が終わり、生殖羽になっている成鳥雄の画像を下に。

 ホシハジロの雄を見ながら、嘴がキンクロハジロの雄みたいに青灰色で、黄色い虹彩の個体はいないかと、はかない望みを追っている。もしそんな個体を見つけたら、それはアメリカホシハジロで、たぶん日本初記録になるはず。


ホシハジロ ♂ 成鳥  2015年11月20日  長野県 安曇野市

 日没後に白鳥湖へ行く。この秋は暖かいからか、白鳥が増えない。まだ12羽。河川敷のヤナギがまだ緑色の葉をつけている。例年だと、降霜があって、葉の大半が落ちているのだが。


コハクチョウ ただいま12羽   2015年11月20日  長野県 安曇野市


11月19日 遠出は楽し

クロジ ♂  2015年11月19日  岐阜県

 13日に途中で諦めた「遠く」へ。改めて片道3時間走り、鳥見&鳥撮りに。紅葉を映したみな面はレッドカーペット。その上で遊ぶオシドリの番を撮撮ろうと。

 しかし、かくも変わるものかと驚くほど、現地の環境は変化していました。もちろん、この暖かすぎる晩秋も一因でしょうが、レッドカーペットはなし、かってはたくさんいたオシドリも20羽ほど。

 前回撮影に行ったのは、2008年12月3日だった。7年も経ったから、多少の変貌はあるだろうと考えていたが、自然もどんどん変わってしまうと、またまた思い知った。


クロジ ♀幼鳥?  2015年11月19日  岐阜県

 オシドリは、かってのように気安く近くへ来てくれず。今日は空振り日になりそうと覚悟するが、気分は落ち込み気味。しかし、片道5千円も高速料金をかけたのだから、簡単に尻尾を巻くわけにはいかない。

 幸い、松本平ではほとんど撮れない晩秋のクロジやカヤクグリに相手をしてもらえた。灰色味のほとんど見えないカヤクグリは久しぶり。たぶん幼鳥なんだろう。クロジの雄はすぐ分かったが、一緒にいた灰色味のない個体は雌の幼鳥なんだろう。この色をしたクロジと初めて出会ったので、私に分かるのはそこまで。この2種に会えたので、少し元気が出た。


カヤクグリ 幼鳥? 2015年11月19日  岐阜県

 カワセミの水浴びシーン。魚捕りに失敗したのではありません。面白シーンは撮れたが、肝心の魚をくわえて水中から飛び出すシーンは、ピントが甘くて即削除。機敏に動く鳥を撮るのは難しいです。
 

水浴びをする カワセミ ♀ 2015年11月19日  岐阜県

オシドリの番 手前が♀ 2015年11月19日  岐阜県

オシドリが行く 2015年11月19日  岐阜県

 目的のレッドカーペットが水面に無かったので、黒絨毯にオシドリを撮ることに。役者が絨毯へ行かないので難儀したが、それはそれで楽しかった。


ドングリを丸呑みする ♂  2015年11月19日  岐阜県

娘1羽に婿候補がいっぱい 2015年11月19日  岐阜県

 水面にカマキリが落ちた。間髪を入れず近くにいた雌が食べてしまった。オシドリがカマキリを食べるシーンは初めて見た。驚きの行動だったので、地元の方に伺ったら、ときどきする行動で、ときには奪い合いになるとのこと。カマキリは美味しいらしい。

 松本平や近隣でオシドリを見るのは、晩秋、真冬、春先。ハッと驚く田植えのころ。その時期にカマキリはいないから、それを食べるシーンも見たことがなかった。

 いろいろ楽しい初見があるから、遠出は楽しい、そして止められない。それと、地元の方や私の好きな三重の海岸をよくご存じのご夫婦とも会話が出来て楽し時間が持てました。

 オシドリにはじゅうぶん遊んでもらえなかったが、なんだかんだで、高速料金の元も取れ、楽しい1日でした。


カマキリを食べる ♀ 2015年11月19日  岐阜県


11月18日 一瞬の出会い

霧の日  2015年11月18日  長野県

 オオマシコが来ていると連絡をもらい、いや~な空模様だったが山までひと走り。案の定、山は霧の中。それでも、オオマシコ3羽と出合えた。真っ赤な雄の成鳥もいて、上の細い木に止まった。しめしめでシャッターを切ったが間に合わず、悔しいけれど霧模様の林しか撮れなかった。諦めが悪いので、しばらく歩き回ったが、再会は果たせず。ちょっとだけアカゲラが遊んでくれただけ。

 一瞬だったがオオマシコに会えて嬉しかった。やけに暖かい晩秋ですが、いよいよ冬が見え始めました。


アカゲラ  2015年11月18日  長野県


11月13日 思わぬところで

不揃いな白樺  2015年11月13日  長野県

 少し遠くへ行こうと走り出したが、すっきり晴れず、どんどん薄雲が空を覆う。青空が消えたので、遠くは諦め。行くとこなくなった、どうしようと、コンビニの駐車場であれこれ思いを巡らし、上のような写真を撮ろうと考えた。たまには、風景写真もどきを撮って暇つぶしでもしよう。ついでに、まだ通ったことがない「権兵衛トンネル」など通ってみようと、大きく方向転換。

 上の池は目的地ではなかったが、白樺が水面に写り込むと知っていたので立ち寄った。地元の鳥見人さんなら、あそことすぐに知れる池です。


魚を飲み込む カワアイサ   2015年11月13日  長野県

カワアイサ   2015年11月13日  長野県

 白樺を撮ろうと車から出たら、いきなり飛んで逃げた鳥が4羽いた。まさか水鳥などもういないと思い込んでいたので、びっくり。しかも、山間にある小さな溜池なのに、いたのはカワアイサ。思わぬところでの出会い。即、風景写真から鳥写真へ、広角レンズから超望遠レンズへ変更。車に籠もって2時間、鳥見が出来ました。

 カワアイサの第1回冬羽個体の識別は難しい。上と下の画像、ぱっと見は2羽とも雌だろうと思ったが、見ているうちに、だんだん自信がなくなった。雄の第1回冬羽個体かも知れない。


カワアイサ   2015年11月13日  長野県

カワアイサ ♂ 生殖羽に換羽中   2015年11月13日  長野県

 上は、冠羽の長さから、雄成鳥のエクリプスから生殖羽根に換羽中の個体でいいと思う。ちょっとばっちい顔は、重油でよごれた可哀想な鳥の顔を連想してしまった。

 下の画像の中央は上の画像と同一個体。左の個体も雄成鳥でいいと思う。右は上から2枚目と同一個体。で、雄か雌か分かりません。とにかく、たくさん見ていないので、第1回冬羽個体の識別は、私には難しい。


カワアイサ 左の2羽は♂ 右は?  2015年11月13日  長野県

 この11月10日に出版されたばかりの図鑑です。鳥の図鑑は発売前からアマゾンがお買いなさいとばかりにメールをくれる。すぐ乗っかって買ってしまうのが鳥馬鹿。ときには、買ってから、う~ん・・・と思ってしまう図鑑もありますが。

 カモだけの図鑑ですが、カモについて、現在右に出る図鑑は日本にはありません。まずイラストがとても分かりやすく、かつ正確です(と思います)もちろん写真も鮮明です。なにより、1種ごとに生殖羽、エクリプス、第1回冬羽とステージごとのイラストが網羅されており、カモの勉強には、詳細で分かりやすい解説も合わせてとてもいいテキストです。なにせ、鳥見界の大御所様の図鑑ですから。3500円ではもったいないほどの内容です。

 何より嬉しいのは、私が熱を上げるややこしいカモが網羅されていることです。つまり、ハイブリットと雄化した雌が網羅されていることです。
 宿題のままだった、ややこしいホシハジロの雄が、たぶんメジロガモとホシハジロ♂の雑種だとさっそく分かりました。

 そんでもって、カワアイサのページを読む。今日の2羽は
・・・雄の第1回冬羽と、取り敢えずしておきます。

 


11月11日 それなりに

シジュウカラ  2015年11月11日  長野県 松本市

 平野の林も山麓の広葉樹も今が紅葉の真っ盛り。鳥がわさわさいると楽しめるのだが、遊んでくれたのはシジュウカラだけ。ツグミの団体はもう消えていた。雑木林や山麓のエノキが今年はひと粒も実をつけていない。それで、フィールドに入ったツグミの群れは逗留しなかったと思う。

 例年、ひとつの群れが数日間エノキの実を大騒ぎして食べていた。その群れが去ると、次に現れた群れも同じエノキでたむろしていたが。恐らく、今秋は次に来るツグミの群れもほぼ素通りしてしまうだろう。残念だが。

 山麓の小さな水場で待っていたが、ツグミは1羽も現れず。シジュウカラとウグイスが来ただけ。どうもこの秋はハチジョウツグミに会えそうにない。


水浴びに来た シジュウカラ  2015年11月11日  長野県 松本市

藪の ウグイス  2015年11月11日  長野県 松本市

 ツグミを探していたら、彼方にシロハラがいた。今秋お初のシロハラ。オオタカやフクロウなどに襲われなければ、ここに春までいるだろう。


シロハラ  2015年11月11日  長野県 安曇野市

ミコアイサ 左♀ 右♂  2015年11月11日  長野県 松本市

 フィールドで出会いが少なかったので、久しぶりに千鹿頭池へ回る。昨年の今頃、池は改修のため水を抜いていた。水位の下がった池でカワセミを相手に連日楽めた。

 今年も水を抜いていて、もう、かなり水位が下がり、水没していた杭や水門が現れている。だが、常連さんによると、カワセミは現れないとのこと。フィールドのツグミといい、池のカワセミといい、昨年同様がないのが自然。今年も美味しい思いをしたかったが、甘い夢はすぐに消えてしまった。

 代わりに、ミコアイサに遊んでもらう。ミコも今秋お初の出会い。それと、しばらく行方不明になっていた雑種ガモの「しろちゃん」夫婦が戻っていた。これは嬉しい出会いだった。「しろちゃん」は6歳、亭主の「三郎」も6歳、自然界に生きるカモとしては長寿である。

 あちこち回ると、何かしらの出会いがある。常連の普通種ばかりだが、それなりに楽しめるからフィールド回りはやめられない。


ミコアイサ 左♀ 右♂  2015年11月11日  長野県 松本市


11月9日 ツグミが来た

 ツグミ  2015年11月9日  長野県 安曇野市

 雨が上がったので鳥見に。一昨日に河原の中洲で鳴いていたベニマシコ、今日はフィールドの雑木林にいた。下草の中を移動するベニマは撮れず、眺めただけ。ちょっと悔しかったが、ようやくカシラダカ以外の冬鳥を林林で確認できた。

 続いて20羽ほどのツグミの群れがツルウメモドキにいるのを見つける。作年より1週間遅れで団体ツグミ到着。さっそくレンズを向けるが、こちゃごちゃな雑木林なので、思うに任せず。だいたい見上げる梢付近の実から食べ始めるので、さらに撮り難い。目線の高さのマユミへ降りてきた1羽をなんとか撮影でき、とにかく証拠写真を確保。

 今日の群れの中には、マミチャジナイもハチジョウツグミもいなかった。晩秋の楽しみは、通過するツグミの群れの中のハチジョウを見つけること。しばらくは、ツグミの群れと遊べそう。


 ツグミ  2015年11月9日  長野県 安曇野市

ムクドリ  2015年11月9日  長野県 松本市

 我が家の近くにたむろするムクドリの群れ。何羽いるか数える気にもなれないほどたくさんいる。いまのところ河原のニセアカシアを塒にしているから、人間とのもめ事は起きていないが、ニセアカシアが落葉してしまった後、ややこしいことになるかも。夕焼け空を背景に撮りたのだが、なかなかタイミングが合わず。

 

ムクドリ  2015年11月9日  長野県 松本市


11月6日 今日もセキレイ

争うセグロキレイ(左) と ハクセキレイ  2015年11月6日  長野県 安曇野市

ハクセキレイ 幼鳥  2015年11月6日  長野県 安曇野市

 走り回るとガソリンとタイヤが減る。歩き回ると靴底が減る・・・ なんて、突然けち兵衛になってセキレイ撮影ポイントで座り込む。キセキレイの飛び姿が撮りたいが、相変わらずセグロセキレイが威張り散らしているので、キセキレイは寄りつかず。キセキレイ専用のポイントを探さねば。今日はハクセキレイに集中。


特急ハクセキレイ  2015年11月6日  長野県 安曇野市

 一番撮りたいシーンは、羽虫を捕らえる瞬間。秋も深くなったが、まだカゲロウ類は飛んでいる。飛んでいる羽虫に飛びつく、水面に落ちた羽虫をくわえ捕る、そんなハクセキレイの行動を必死で追う。


上空の羽虫目がけて飛び上がる ハクセキレイ  2015年11月6日  長野県 安曇野市
(羽虫は写っていません)

 セキレイは、石の上で四方八方を見回し、羽虫を見つけると飛びつくが、人間の目には飛んでいる小さな羽虫などとても見えない。それで、セキレイがどの方向へ飛び出すか分からない。それと、飛び出す前兆がなく、いきなり飛び出すから、いつ飛ぶのかも分からない。ひたすらファインダー内のセキレイに目を凝らすだけ。途中で目薬など差しながら。

 動いたと見えた瞬間にシャッターを切るが、飛び立つスピードに反射神経が付いて行けず、たいていセキレイのいない河原の風景が写っているだけ。それでも、2時間も頑張れば、なんコマかはセキレイが写っている。

 下は水面に浮かんでいる羽虫を狙って飛びついたが、風が強かったので、嘴が水面の羽虫に届く前に、羽虫が飛ばされて移動していて、あれッ?と思っているハクセキレイ。羽虫は足の指先まで移動している。もちろん、これは画像を見て勝手に想像した説明ですし、画像を見るまでは羽虫を拾えたかも私の目では見られません。


水面の羽虫をくわえようとしている ハクセキレイ  2015年11月6日  長野県 安曇野市
(羽虫は足の指先に浮いています)

水面の羽虫をくわえようとしている ハクセキレイ  2015年11月6日  長野県 安曇野市

羽虫をキャッチする一瞬前の ハクセキレイ  2015年11月6日  長野県 安曇野市


11月5日 迷子ちゃん

セグロキレイ  2015年11月5日  長野県 安曇野市

 またセキレイ達と遊んでいたら、セグロセキレイに追われて飛んで来た鳥が・・・イカルチドリにしては色が違うとよくよく見れば、あれまッ、驚きのハマシギ君。ここは安曇野、信濃川の上流の犀川河川敷。たまにアオアシシギやトウネンが休憩することはあるが、ハマシギとの出会いは初めて。ここではハマ君は珍鳥である。嬉しいやら心配やら、複雑な気分。

 新潟県の日本海沿岸から長野県を縦断して伊勢湾へ抜けるシギの渡りコースがあると考えている。証明されていないが。コハクチョウが入って来るのだから、シギだって、たぶんオオダイサギもそのコースを通るのだろう。

 シギの渡りシーズンはもうほとんど終わったはず。このハマシギ幼鳥は、迷子ちゃんなんだろう。もう200kmほど飛べば、たくさんの仲間が群れ飛ぶ海辺へ出られる。この辺りには、オオタカのおばさん、ノスリの兄ちゃん、ハヤブサのおばさんと強面が周回しているから、出来たら今夜中に旅だった方がいい。無事に仲間と合流できることを祈るばかり。


ハマシギ 幼鳥 第1回冬羽に換羽中  2015年11月5日  長野県 安曇野市

 ここはセキレイ3種が20羽ほど集まっているから、それなりに食べ物は多いはず。たぶんハマシギの食料もあるはず。
 ハクセキレイが近くへ降りて、見慣れないやつだなと、しばらく見つめていた。(下の画像)


ハクセキレイ と ハマシギ 幼鳥  2015年11月5日  長野県 安曇野市

 セキレイ3種の中で、セグロセキレイが一番優位。つまり一番威張っている、喧嘩が強い。ハマシギの横へ降りて、ハクのように見つめるだけでなく、声を上げて威嚇。ハマシギが飛んでしまうのではと、セグロにイラっ!となる。しかし、ハマシギ君慣れてしまったのか、まるで平気。セグロを無視。


セグロセキレイ と ハマシギ 幼鳥  2015年11月5日  長野県 安曇野市

ハマシギ 幼鳥  2015年11月5日  長野県 安曇野市

 冬鳥が来なくて手持ち無沙汰なこの頃、ハマ君に救われた1時間でした。犬も歩けば棒に当たり、鳥馬鹿がきょろきょろしていれば、まれに珍鳥に当たる。そんな日でした。


ハマシギ 幼鳥  2015年11月5日  長野県 安曇野市


11月4日 ちょっぴり冬鳥増えた?

ジョロウグモ  2015年11月4日  長野県 松本市

 霧が深くて鳥さんは見えず。聞き耳だけの鳥見(?)。数回ツグミの声がして、ツグミがいると確認したが、姿は見えず。他は常連組のカラ類・メジロとジョウビタキの声。

 霧が薄くなったので、足を止め、月並みな光景をスナップ。氷が張り、霧も出なくなるほど寒くなったら、冬鳥も増えるだろうが、この秋はまだ暖かいままの日が続いている。

 探鳥会をした方に、聞いたら、ミヤマホオジロとベニマシコがいたとのこと。ちょっぴり冬鳥が入ってきているらしい。とにかく、ツグミの声が聞こえただけ冬へ進んだと確認した朝でした。


2015年11月4日  長野県 松本市

2015年11月4日  長野県 松本市

スズメ   2015年11月3日  長野県 安曇野市


11月1日 セキレイと

キセキレイ  2015年11月1日  長野県 安曇野市

 今日はオオダイサギを3羽しか見つけられなかった。4羽が移動して行ったと考えていいだろうか。鳥の移動コースにも、流行の防犯カメラなど設置してもらえれば、証明が楽になるのだが。

 雑木林の冬鳥はカシラダカ以外増えず。水鳥も工事で御宝田池の環境が変わったために、オナガガモが少し増えただけ。モズを見ているのも飽きたし、たびたびウグイスと出会うこともかなわず。で、セキレイたちに遊んでもらうことにした。しばらく練習してなかった飛び姿の撮影など。しかし、難しいですね。前ぶれなしに飛び立ったり、予測とは反対方向に飛び立ったり。

 

キセキレイ  2015年11月1日  長野県 安曇野市

セグロキレイ  2015年11月1日  長野県 安曇野市

セグロキレイ  2015年11月1日  長野県 安曇野市

ハクキレイ  2015年11月1日  長野県 安曇野市

10月 ホームヘ 12