私の雑記帳   風と光と鳥たちと   ホームヘ                                                  
 

思いつくまま、気の向くまま、今日もふらふらと駄文が続きます。
なお、駄文は1年ほどで消すことにしています。あまり、だらだらと続くのも芸がないと思いますので
Copyright (C) 2002-2015 Nobuyuki Ota All Rights Reserved
             


11月 ホームヘ 1月

12月31日 まずはややこし君

雑種ガモ ヨシガモ x ヒドリガモ 右はヨシガモ♂ 2015年12月29日  三重県

雑種ガモ ヨシガモ x ヒドリガモ  2015年12月29日  三重県

  2日間あればこれくらいは見られる、見てやろうとリストを作ってあった。予定外の鳥が見られればラッキーこの上なしである。

 コクガンを撮り終えて汀から堤防上へ戻ったら、鳥見友人とばったり。久しぶりの出会い、ラッキーでした。私の嗜好を知っている友人は、ややこしいカモの所在を教えてくれた。



    雑種ガモ ヨシガモ x ヒドリガモ  
          2012年2月10日  三重県





  自分のフィールドならカモの総数はせいぜい3000羽、暇を作って片っ端から見ている。
 しかし、三重の海辺は、あちこちに2千、3千とカモ団体がいる。始めはそれなりチェックを入れるが、だんだんチェックがおざなりになってしまう。それで、さらりと見てスルーした場所にややこし君はいた。友人に教えられなければ、スルーしたままだったから、とてもラッキーでした。感謝・感謝です。
 
 ややこし君はヨシガモとヒドリガモの雑種。遠かったがなんとか見られる画像は撮れた。人生2羽目の雑種との出会いでした。

 前回もやはり三重で会った。同一個体か帰宅後に画像を比較。嘴の白い部分が違うから別個体。しかし、よく似てます。前回の個体はヒドリガモと行動していたが、今回の個体はヨシガモの群れの中にいた。

 カモが、それこそ海に黒ごまをまき散らしたようにたくさんいるから、真剣に見れば、ややこしい個体がまだいると思う。しかし、毎日通える場所でないのが残念。

 

ウミアイサ ♀ 冬羽  2015年12月29日  三重県

カワアイサ ♀   2015年12月25日  長野県 安曇野市

 リストの上位にウミアイサを入れていた。カワアイサは安曇野で見られるが、ウミアイサはまず見られないから。

 ウミアイサの幼羽や1年目冬などまだ識別できないから、じっくり見たかったが、近くへ来たのは2羽だけ。残念。まぁ、鳥見ってだいたいこんなものだから。

 カワアイサと比べると嘴が細くて華奢に見える。これが第1感。体つきも小さめで華奢に見える。この程度で、ほとんど勉強はできなかった。

 1羽(♂1年目?)がカニを捕らえた。ウミアイサはカニも食べるのだと見ていたら、足をくわえて振り回し、脚を取り払ってから食べた。ホウロクシギなどがカニを食べるときにする行動とよく似ていた。

 ウミアイサをたくさん見られなかったが、面白い行動が見られてラッキーでした。


カニを捕らえた ウミアイサ ♂ 1年目冬?  2015年12月29日  三重県

足をくわえ、激しく振り回したり、水面へたたきつけたり、脚をもぎ取ろうとしている 

脚がもげたのだろう、勢い余ってカニは空中へ。この後、水面へ落ちたカニをくわえなおして食べた。

 今年も間もなく終わります。早いですね。いろいろありましたが、何とか鳥見だけは頑張りました。来年も雑記帳はだらだら続く予定です。皆様、お暇なときにでもお付き合いくださいませ。

 皆様よいお年をお迎え下さい。


12月30日 月に飛行機

赤い月  2015年12月27日  三重県

 すっかり鳥運に見放され全然撮影出来ずが続いていました。オオモズも挑戦していたのですが、出会えぬまま。

 ならば鳥がたくさんいる所へ行けばいい。行けば何とかなるだろうと、留守番交替に母ちゃんが来たので、毎度の三重までひと走り。

 鳥の話は明日以降として、まずは赤い月と飛行機。海から登る赤い月は、松本平では絶対に見られない。短期の鳥見に出かけると、夜は暇になる。長期の時は、撮影した画像をPCに取り込んだり、ノートの整理をしたりで、それなり忙しいが。暇に任せて夜間飛行機の撮影練習。

 赤い月を飛行機が横切ったら、ちょっといいではないかと、前々から想っていたので、それを狙う。ただ、空が晴れているか、セントレアへ飛行機がどの方向から着陸するかは風向き次第など、運試し的要素がいっぱい。


月に飛行機  2015年12月27日  三重県

月に飛行機  2015年12月27日  三重県

 そもそも空港の近くで挑戦すれば、月も大きく飛行機も大きく撮れるだろう。しかし、空港の近くでは赤い月は見えない。慣れないことに挑むにはデータ不足でした。幸い風向きは味方してくれ、5分おきくらいに飛行機は降りて来たが・・・。

 月はどんどん昇り、赤から黄色に。それでもいいからとチャンスを待つが、うまいこと月の前を横切らず。近くを通過する飛行機に露出を持って行くと、月は太陽みたいになってしまうし・・・やり付けないことは難しい。そのうち雲が出てくるし、月に飛行機は鳥撮りより難しかった。

 

月に飛行機  2015年12月27日  三重県

 27日には想うような赤い月を横切る飛行機は現れず。悔しいから28日も挑戦。赤い月の時に降下中の飛行機の高度がぴったしになる場所なんて考えても分からないから、27日より20kmほど北へ移動してみる。

 ところが、時間的に早すぎるのか、風向きが悪いのか、赤い月の時は飛行機がまるで現れない。かろうじて1機だけ月を通過したが、27日より飛行機の航路から遠かったので、飛行機はゴミみたい小さくなってしまった。
 初チャレンジだからこの程度でよしとしましょう。次はもっといい絵を撮ろうと思うのでした。

 

月に飛行機  2015年12月28日  三重県


12月22日 手強いやつ

カケス  2015年12月22日  長野県

 今度の相手は手強いやつで、姿も見せてくれなかった。9時から17時まで粘ったけれど、探す鳥さんとは出会えず仕舞い。旧知の鳥写真家さんには出会えたけれど。すごすご帰る暗い道。悔しい残念賞がまた1枚。

 有名な野鳥写真家さんも2羽いるとおっしゃっているとのこと。10km四方内にいるはずだが、出会えなかった。それこそドローンでも飛ばして、空から探したい気分。

 フクロウが見たいとおいでになった方々ともお会いした。皆さん会えたろうか。なにげに走っていれば、ちょこんとフク君は止まっているのだけれど。すぐに飛んでしまうから、皆さんに知らせにも行けず。

 探している鳥はオオモズ。もう15年も会っていない。ろくな写真もない。翼を広げ、初列風切だけに白い斑がある、その証拠写真が撮りたいのだが。夢は続く方が、簡単に叶わない方が楽しくていい・・・なんて、負け惜しみ。


 フクロウ  2015年12月22日  長野県


12月21日 宿題解決

「コンタクトレンズが外れかかったコハクチョウ」  2011年1月24日  長野県 安曇野市
瞬膜が外れかけている

 長く疑問のままになっていた「コンタクトレンズが外れかかったコハク」現象がなにか、謎が解けました。宿題ひとつ解決しました。

 私は現象を撮影し、あちこちにこの現象は何かと問い合わせただけで宿題解決には何も寄与していません。問い合わせ先からは「解らない」の答えしかもらえませんでしたから、偉そうなことは何も言えません。

 この現象に興味を持った獣医さん(望月先生)の努力でこの現象が解明されました。望月先生は、傷病白鳥の応急処置や手術を長年手がけていただいている、安曇野に飛来する白鳥の主治医. 恩人です。

 長年の疑問を解いて下さった望月先生他の方々に感謝・感謝です。

 詳細についてはいずれ書くことにします。


12月20日 黄昏フクロウ

フクロウ  2015年12月20日  長野県

 鳥を探しに行った。さんざん走り回ったが見つけられず。残念賞がまた1枚。仕方がないので、フクロウでも撮ろうかと、赤い夕焼けを背景になんて考えた。

 快晴だったが、夕暮れ時に雲が出て赤く染まった。期待通りのいい背景になったが、肝心のフク君が現れず。

 日没後、空は雲で覆われ、肉眼ではよく見えないほど暗くなってからフク君お出ましに。文明の利器のお陰で、黄昏フクロウの証拠写真は撮れたが、ガソリン代と高速料金に見合わない出来映え、トホホな1日でした。

 でも、嬉しことがあった。昔々、相模川で共に鳥見をした鳥見人さんと、20数年ぶりに、偶然出合えたこと。鳥見人さんが元気で鳥見をしていたこと。そして、探していた鳥が確かにいると教えてもらえたこと。

 いると分かったから、明日、再度挑戦しよう。


フクロウ  2015年12月20日  長野県


12月19日 寒い日でしたが

オオマシコ ♂成鳥  2015年12月19日  長野県

 急に寒くなり、外にいると鼻水が垂れてきます。ややこしいカモのぺアーを観ていますが、マルガモは寝ているだけで動かず、カルガモの方は姿を見せずで、撮影に進展なし。ただ寒かっただけ。

 昨日、御宝田池で珍事が。師走の中旬なのに、なんとツバメが1羽飛んだ。とても遠かったので、撮影できなかったが、写友と二人で確認したので、ツバメに間違いない。松本平で12月にツバメを見たのは初めて。恐らく、再び出合えないだろう珍事と思う。


オオマシコ ♂成鳥  2015年12月19日  長野県

 今朝雪が降った。1センチにも満たない積雪だったが、それでも瓦屋根は白くなった。

 ジョロウグモの骸に雪が積もったところを撮りたいと降雪を待っていた。生涯一度の経験になると思い。ところが、一昨日、骸は消えていた。恐らく、ナンテンやムラサキシキブの実を失敬に来るヒヨドリに見つかって、食われてしまったのだろう。残念だった。

 とにかく雪が降ったので、雪の中のオオマシコを撮ろうと朝から出かけた。かなり意気込んで。ところが、我が家から10kmも走らないうちに、降雪も積雪もなくなった。一瞬迷ったが、走り出したのだから、引き返すのも悔しくて、そのまま撮影地へ。やはり、寒いだけで雪は無かった。

 しかし、10羽ほどのオオマシコが、これまでより近くへ出てくれたので、行った効はあった。それに、先に撮影されていた方々が、この雑記をご覧になっているとおっしゃる。いい歳して、なんか照れてしまう。へろへろと長く続けているだけが取り得の雑記だが、読んでいると言われると、やはり幸せ気分になります。まぁ、コンビニの最寄り品程度の雑記ですから、お暇なときに暇つぶしにでもご覧いただければ幸いです。寒い日でしたが、心は暖かさをいただけました。ご一緒された皆様、ありがとうございました。

 

オオマシコ ♂成鳥  2015年12月19日  長野県

オオマシコ ♂ 第1回冬羽  2015年12月19日  長野県


12月16日 ややこしいことがたくさん

マガモとカルガモの交雑個体(マルガモ)右 と マガモ ♂  2015年12月16日 長野県 安曇野市

マガモとカルガモの交雑個体(マルガモ)  2015年12月16日  長野県 安曇野市

 ややこしい白鳥を書いたが、更にややこしいことを。そう、今年はややこしというか、悩ましいというべきか、とにかく、う~ん?!なことが例年よりたくさんあります。

 まず、画像はマガモとカルガモの交雑個体(雑種)、通称マルガモである。これだけならさしたることもないが、このマルガモがマガモの雌とペアーになっているからややこしい。少し前に気付いたが、確証が持てなかった。今日、1時間半観て確証が持てたので雑記することに。

 
※ 取り敢えず、画像の個体をマルガモ(マガモxカルガモ)としておく。(マガモxカルガモ)xカルガモの「戻し交雑」の可能性も考えられる。

 ペアーであると断定できる行動はいくつかある。まず、常に2羽が連れ添って行動していること。他の雄が近づくと、雄は近付く雄を追い払う。

 また、雌は斜め後方下向きに首を振り続ける。嘴で水面を掻くように。ちょうど櫂で船を漕ぐように。これは、「私は亭主持ちだから、近寄らないで」のサイン。

 更に、2羽が向かい合って首を伸ばし、お互い上下に首を振り合う。2羽の気分が合うと次に交尾へ進むが、今日は首振りまでだった。

 安曇野ではマガモとカルガモが同じ水田地帯で繁殖しているから、交雑が起こる確率は他所より高いと考えている。実際、毎冬マルガモが、それも別個体が現れる。

 しかし、マルガモ雄がマガモ雌とペアーになっているケースは初めて確認した。後は、交尾する瞬間を撮ることが宿題である。

 

マガモとカルガモの交雑個体(マルガモ) と マガモ ♀(左)  2015年12月16日  長野県 安曇野市
後日追記:マガモの♀ではなく、雌もマルガモである可能性がある。

カルガモ ♂(左) と マガモ ♀  2015年12月16日  長野県 安曇野市

 このペアーも前から気付いていたが、やはり確証が持てなかった。今日、上記のマルガモと同様の行動が観られたので、こちらもややこしいペアーと確認できた。

 そもそも、カモがうじゃうじゃいる御宝田池だが、カルガモはほとんどいない。今日はこの1羽だけだった。そもそも越冬ガモが増えると、カルガモとマガモは池から犀川などへ出て行くのが通例。今年はなぜかマガモがたくさんいて、未だに池に残っている。マガモの中にカルガモの雄が1羽混じっていると、それは目に付く。それで見続けていたら、マガモ雌とべったりだと見えてきた。

 このペアーも交尾の瞬間を撮る宿題が残っている。とにかく、ふた組もややこしい夫婦がいるのは初めてである。


カルガモ ♂(右) と マガモ ♀  2015年12月16日  長野県 安曇野市

マガモの雄? (中央)  2015年12月16日  長野県 安曇野市

 この個体は、換羽中のマガモ雄に見える。疑問は、なぜかマガモの群れではなく、カルガモに混じっていることである。

 たくさんカモがいても、同種で固まっていることが多い。たとえば、白鳥の給餌場へ餌を食べに行くときや、オオタカが現れたときなど、同種ごとの固まりはばらばらになるが、落ち着くとまた同種ごとに集まり、それぞれの固まりになる。

 この個体は、なぜかマガモの団体へ入らず、カルガモの団体の横に付いている。人様々のように、カモも様々なんだろうが、疑問なカモである。
 (こちらは犀川ダム湖横の遊水池にいる)



12月14日 ややこし君はややこしい

ややこし君(右) と コハクチョウ  2015年12月14日  長野県 安曇野市

 ややこし君はややこしい。オオハクチョウだと同定したくて2時間観ていた。しかし、結論は出せず。また明日へ観察は続く。

 まずは大きさ比較。ややこし君はコハクと比較すると明らかに大きい。オオハクと言ってもいい大きさ。ただ、頭部がやや小さく感じるし、首の長さがやや短かく見える。

 ところで、仮にオオハクだとすると、珍事が生まれている。上の画像の2羽はずっと行動を共にしている。どう見てもペアーの行動をしている。白鳥は全部で29羽いるが、上の画像の撮影時には、群れから100m以上離れ、2羽だけで行動していた。

 つまり、オオハクとコハクがペアーになっているのであり、これは珍事、悩ましい事態である。


ややこし君(中央) と コハクチョウ  2015年12月14日  長野県 安曇野市

ややこし君の下嘴  2015年12月14日  長野県 安曇野市

 例外もままあるので「一般的に」としか言えないが、オオハクは下嘴の下部に黄色い部分があり、その面積は下部全体の 1/3~1/2 ほどである。ややこし君の黄色い部分はずいぶんと狭い。

 おなじく「一般的に」コハクは下嘴の下部が真っ黒である(下の画像)こちらの例外は撮れたので下に載せておくが、ややこし君より面積が大きい個体もいる。

 ややこし君の黄色い部分がばっちし広ければ、オオハクだと言い切る根拠のひとつになるが、コハクの例外程度だと根拠にならない。

 ややこし君の鳴き声は、コハクよりやや低かったが、それが即オオハクだとの決め手にはならない。

 結局、正体は解らず仕舞いで、今日も終わった。ややこし君がコハクでない限り、オオハクにしろ、雑種にしろコハクと悩ましいペアーを組んでいることは確かである。


一般的なコハクチョウの下嘴  2015年12月14日  長野県 安曇野市

コハクチョウの下嘴  2015年12月14日 長野県 安曇野市

コハクチョウの下嘴  2015年12月14日 長野県 安曇野市


12月13日 白鳥にも

カワアイサ ♀1年目冬  2015年12月13日  長野県 安曇野市

 冬期、カワアイサが日本で一番多い場所が諏訪湖である。そのおこぼれか、安曇野の犀川にも厳冬期には20羽ほどのカワアイサが来る。かって、私の記憶ではカワアイサは安曇野にいなかった。下流にある生坂ダム湖で少数見かけた記憶はあるが。諏訪湖のカワアイサ増加と同時期に安曇野にも現れたと思う。少ないながら、最近は冬鳥の常連になった。


カワアイサ ♀1年目冬  2015年12月13日  長野県 安曇野市

ノスリ  2015年12月13日  長野県 安曇野市
 
 最近、松本平でぽつぽつとノスリを見かけるようになった。フィールドへ向かう途中、いつも河川の堤防上を走る。冬期には、たいてい2、3羽を見かけるが、この冬はなかなか現れず、暖冬が原因なのかなどと考えていた。常連が来ないと調子がでないなどとも。


 オオハクチョウ  普通、黄色い部分は鼻孔の下まである

 今、ややこしい白鳥がいる。白鳥にもややこし君はいるのだ。体はコハクチョウより明らかに大きく、オオハクチョウっぽい。しかし、首を伸ばし、姿勢を正した姿は、オオハクとちょっとイメージが違う。

 なにより嘴の黄色い部分がコハクっぽい。上の画像のようにオオハクは鼻孔の下まで黄色い部分があるのが普通だが、ややこし君はコハクの黄色い部分が広い個体と同じで、鼻孔の下まで黄色くない。

 白鳥の会の皆や鳥写真仲間と、解らないから、オオハクとコハクのハーフにしてしまえと冗談を交わした。
 
 はたして、オオハクなのか、とびきり体の大きいコハクなのか、それともハーフなのか。しばらく楽しめそう。



白鳥のややこし君  2015年12月13日  長野県 安曇野市

白鳥のややこし君  2015年12月13日  長野県 安曇野市


12月12日 たまには

水浴びするコハクチョウ  2015年12月12日  長野県 安曇野市

 松本平だけなのか分からないが、冬鳥の飛来数が伸びない。師走も中旬なのに、寒いはずの安曇野の雑木林で、まだアキアカネが生きている。近付くとへろへろと飛んで逃げる。記録的な?暖かさ故だろう。

 20羽前後だったコハクチョウが、やっと60羽ほどに増えた。それでも例年の半数以下。カモ見ついで、たまには白鳥でもとちょっとスナップ。さんざん撮って飽きちゃったシーンだが、たまには白鳥撮影も。手持ち撮影の練習に。


羽ばたくコハクチョウ  2015年12月12日  長野県 安曇野市

 得意の?「高瀬舟」。水面に浮かび、気まぐれな風にまかせて漂う頼りない「船」を見ながら、ふと思うけれど、いやいやときどき考えてしまうけれど、「皆」どこから来てどこへ行くのだろう。古今東西の賢人が考えて解らないのだから、凡な私に解ろうはずもないが。たまには悩まないと、難しいことも考えないと脳みそに黴が生えそう。



12月8日 赤い鳥

ベニマシコ ♂  2015年12月8日  長野県

 10羽ほどの群れがいると、見たと聞かされると、なんとかして会いと思う。昨日までに数羽と出会ったが、その群れに属す個体かは分からない。

 13時頃からひたすら待つが、現れたのは赤い鳥でもベニマシコが3羽。水分補給のためか日陰に残った霜を食べていた。16時までオオマシコは1羽がクマザサの中へ飛び込んだだけ、群れは現れず。

 16時10分、1羽が飛び込んだ斜面の枯れたオオイタドリに不意に数羽が現れた。クマザサやブッシュの下の地面で採食していたらしい。ほんの1分オオイタドリの種子を食み、群れは近くの針葉樹林へ飛び去った。塒へ向かったのだろう。数えたら8羽だった。たぶんこれが10羽の群れなんだろう。真っ赤な成鳥雄は2羽いた。

 沈みかけた太陽が赤く、やわらかな斜陽に紅色が映えて、これぞオオマシコ。ほとんど一瞬の出会いだった。


オオマシコ ♂ 第1回冬羽?  2015年12月8日  長野県

オオマシコ ♂ 第1回冬羽?  2015年12月8日  長野県

オオマシコ ♂ 成鳥冬羽  2015年12月8日  長野県


12月7日 冬を感じます

雪の北アルプス 爺ヶ岳 鹿島槍方面  2015年12月7日  長野県

ジョロウグモ  2015年12月6日  長野県 安曇野市 

 暖冬らしいが、北アルプスはしっかり冬衣をまとい、最近平野部も朝は零下の世界。

 フィールドの雑木林でも2匹のジョロウグモを見つけた。好奇心から、つんつんしてみる。陽が当たっているのに、2匹とも全然動かなかった。

 4日に載せた我が家の庭のジョロウグモは、頑張っていると感動したが、どうやら死んでいるらしい。気温が低いので固まっていると思っていたが、陽が当たってもまったく動かない。感動が寂しさに変わり、改めて冬を感じた。


テイク オフ  アオサギ  2015年12月6日  長野県 安曇野市

 暇だと言ってますが、鳥さんがゼロではない。ごく普通の鳥を観ていれば、それなりに撮影チャンスはある。その瞬間にシャッターを押す気分になるかの問題。あれこれ難しく考えず撮影すればいいのだと、脳の半分は考えているが、もう半分が、アオサギか・・・モズか・・・と投げやりになる。この日は、押す方向に脳が働いた。
 
 

モズ ♂  2015年12月6日  長野県 安曇野市

 流れの、例年の場所でクサシギを確認できた。この個体、春までいるだろう。フィールドを回っていて、いつもの場所にいつもの鳥が現れる、それだけのことだがホッとする。鳥馬鹿だから。


クサシギ   2015年12月6日  長野県 安曇野市

 なかなかすっきりと出合えないオオマシコ。今日もいよいよチャンスが・・・そこで車が通過。群れは飛んでしまった。もう一度も、すっきり全身がブッシュから出たところで車が。やれやれの冬の半日。


オオマシコ ♂ 第1回冬羽?  2015年12月7日  長野県

オオマシコ ♂ 第1回冬羽?  2015年12月7日  長野県


12月4日 暇です 2

ジョロウグモ  2015年12月5日  長野県 松本市

 昨日の朝方うっすらと雪が積った。そんな寒さの中、驚くことに、まだジョロウグモが生きていた。サザンカ(寒椿だと間違えていた)の花びらが散る中、しっかりサザンカにネットを張っている。12月に巣を構えているジョロウグモを見た記憶はない。頑張っている姿を見て、その生命力に少し感動した。次に雪が降るまで生き延びられるだろうか。

 フィールドの鳥見は相変わらず悲惨な状況で、いささかふて腐れ気味。そろそろコチョウゲンボウでも来てくれないと、延々暇ですと書き続けることになりそう。

 夕焼け雲の上を飛行機が、何処まで行くのだろう。明日も晴れそうだ。



12月4日 暇です

エナガ  2015年12月4日  長野県 安曇野市

 暖かい冬とはいえ、朝方うっすらと雪が積もり、1日中吹いていた強い南風も冷たかった。雪はすぐに消えてしまったが、大気は冬の肌触り。やはり師走ですね。

 フィールドに、例年はそれなりに冬鳥がいたのだが、今年はとても少なく、ぱらぱらのぱもいない。冬枯れの林は鳥も枯れて、鳥見は暇です。コハクチョウもまだ21羽で淋しい限り。鳥がいないと撮影も出来ず、早い日暮れがすぐに来てしまう。

 河原のヤナギの葉がまだ落ちきらず、暖冬の象徴?まだ虫が付いているのだろう、エナガの群れが盛んに食事。

 久しぶりにアカゲラのお姉さんと出会った。ほとんど瞬間だったが、今日一番の出会い。ちょっと幸せ。


アカゲラ ♀  2015年12月4日  長野県 安曇野市


12月2日 懐かしい樹

アキアカネ 2015年12月1日  長野県

 今朝は、さすがに我が家の周りの気温も零度になり、うっすら霜が降りました。しかし、この冬は暖冬なんですね。師走に入ったのに、まだ日だまりでアキアカネが飛んでいました。

 最近、鳥見は不調です。おとなしくカモを見ていればいいのですが、またぞろ風来坊の気が起きて、あちこちうろうろ。猫ちゃんがいるので、夜は家に戻らねばならず、連泊で何処かへとまでは漂えませんが。

 この数年行けなかった、昔懐かしの撮影場所などを巡ってます。今日は野辺山周辺をひと回りしました。フクロウが1羽いましたが、ごちゃごちゃなブッシュの中なので撮影せず。撮っても夜にはゴミ箱行きになるでしょうから。

 野辺山に行くと、まずこの樹を見に行きます。この樹は、そこそこ人気者らしく、いつも撮影者のものと思える踏み後が撮影ポイントに残っています。


2015年12月2日  長野県 南牧村
 
 4年ぶりだったので、バッサリとやられていないかと心配でしたが、懐かしい樹は無事でした。何よりです。フィルムの頃から撮っているので、思い出シーンはたくさんあります。雪の中、かんじきを履いて撮影に行ったことも。

 遊休地に太陽光発電のパネルが設置されていました。工事中の場所も。自然エネルギーの必要性云々は分かりますが、周囲の景観にそぐわないパネル群は好きになれません。野辺山までもか・・・の気分。


11月 ホームヘ 1月